◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年11月



しらなせて、しなり戻して打つ
個人的には クラブの性能も生き難いし、
しなり戻すには どうしても
からだの回転なり、グリップの移動を止めなくてはならず
ドンぴしゃでのタイミングは合いにくく、安定性が見込みにくい、
高速動作中に「止める」という動きがからだへの歪みが起こり易い
などの理由から 好みではないですけれど、
そういう風に打つのは、方法論の一つ としては面白いと思う。 
色んな打ち方があった方が面白い。


打撃論としては否定できないけれど、
多くの、その実践方法は
あまりにクラブの構造を無視しているように思う。
しならせて しなり戻して打て と言いつつ
 実際にはそれで打てず、それとは違う打撃が主になる実践法だ。


445
シャフトをしならせて しなり戻すコト
をダイレクトに打撃、インパクトに持ってくるのには
出来るだけシャフトの捻じり、
ヘッドの回転を押さえ、ロフト方向(黄色矢印)
にしならせて しなり戻さないとダメ。
トゥ〜ヒール方向、ライ方向に
トゥアップ方向にしならせ、
トゥダウン方向にしなり戻したら
ボールはこすられるだけで、
ドライバーで打っても 8番アイアンのようなロフトになっちゃう。
本当に 煙が出るほどのこすりになっちゃう。

シャフトをしならせて、しなり戻すは
ヘッドを回転させるというコトとつながっていく と思えるんだけど
ライ方向にしなりもどりは
ヘッドが閉じていく方向ではなく
ヘッドがより開き、グリップを持ち上げるように
作用するから
その後に そのしなり〜しなり戻すとは 全く別な
ヘッドの回転が必要になるんだけれど
それをするのに は マイナスなしなりもどり になっちゃうけど…
どうなの?

シャフトを ロフト方向にしならせる には
クラブを捩じらない、ヘッドを回転させない様な
テークアウェイやトップが必須になるのですが
【シャフトは捩じる…ヘッドを回転させると
そのしなりは トゥ~ヒール方向・ライ方向のしなり
になってしまう構造 重心位置とシャフトの関係があります。】
それには 胴体をひねらず
 両肘の高さを上半身、前傾した上半身に合わせる
必要があるのですが、
シャフトをしならせて〜しなり戻して打て
 に関係する どの文献、どの動画を見ても
左腕ばかりを使って 胴体をひねる
  今風なテークアウェイやトップ しか出てこないのが
なんとも納得がいきません。

普通に考えれば その シャフトをしならせて〜しなり戻して
と言う行為が 打撃の肝 になる筈 な話しなのに
実はそれは恰好だけで 打つコトにはあんまり関係がない…
関係がないどころか 最終的な打撃になる
 インパクト直前直後の フェースターンにはマイナス って
なんかの試練?拷問ですか? って思うんですけど…。


前述の通り、その打撃論は「決して」推奨していませんし、
むしろ反対しているスタンスを取っているのですが、
ハミングバードのおススメしている 胴体をひねらず
両肘の高さを前傾なりに揃える

 ⇒右向きの時は前傾分、右サイドの方が高い(右ひじが高い)
打撃の方が しならせて〜しなり戻して打つ には適合してる という
なんとも言えない 喜劇のような、悲劇のような。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブに教わる のが早いのは確か、ですが
基礎知識として、あくまでも イメージ として
どう しなると有効なのか
どう しなると良くないのか

たとえ (推奨しませんが) しならせて しなり戻して打つ 
 にしても、有効なしならせ方をしておかないと
クラブ、ヘッドやシャフトは機能しません。




▲良くあるパターンは。。。。。。

ph01_15ボールとヘッド、
ボールとフェースの関係は
こういう関係です。
おそらく ゴルファーの大半、ほとんどの人は
横ビンタを食らわせるように
しならせ、しなり戻して叩く と思っていますが、
 シャフトは「意図的に」しならせるモノ
 と思っているフシがありますね。


その一方で
テークアウェイやトップ、ダウンスイングでは
シャフトをトゥ〜ヒール方向(→コッキング方向)
しならせてしまっています。

2020-11-26_20-10-22_Moment(3)2020-11-26_20-10-22_Moment(4)









シャフトはトゥ〜ヒール方向、
この方向にしならせると 
例え からだの回転やグリップを止めて
シャフトをしなり戻したとしても
フェースが閉じる方や フェースがボールの方(下)を向く
方向にはしなり戻らず
重心位置をより下に潜り込ませるような
 しなり戻り方をします。
✋このシャフトのしなり戻りではフェースは閉じません

ですので 推奨はしませんが、
シャフトをしならせ〜しなり戻して打つ と考えていても
トゥ~ヒール方向にしならせたのでは
その しなり&しなりもどし の動き(クラブやシャフト)が
打撃には至りません。
✋この ライ方向のしなり〜しなりもどし だけで
 打撃を迎えると ボールの底をフェースでこする だけ
 になってしまいます。

⇒そののち、その行為の後 捻じれたシャフトを捻じり戻す
クラブ自体を回転させる 別な動き が 打撃には必要になります

445


推奨はしませんが、例え シャフトをしならせ、しなり戻して打つ
シャフトを使って ヘッドで弾いてボールを打つ にしても
クラブであれば フェース〜バックフェース(ロフト方向)に
しならせないと その運動が打撃につながりません。

2020-11-26_20-10-22_Moment2020-11-26_20-10-22_Moment(2)









そして この二つ
 トゥ~ヒール方向(ライ方向)
 フェース〜バックフェース(ロフト方向)
   アイアンで言えば フェース〜キャビティ方向でしょうか
の しならせ方 の大きな違いは
 ライ方向は グリップに対し、ヘッドを上下に動かす
 つまり シャフトをしならせようとする意志が働くか
 ロフト方向の動きは グリップ自体の高さは変えても
 グリップとヘッドの相対関係は殆ど変えず、
 シャフトをしならせようとはしません。
 単に自然な遅れ が しなり になるだけで
 その遅れのまま 打撃を迎えるのが基本です。

シャフトは 先端にある重さ(へっど)のせいで
しなりますが、意図的にしならせて使うのは
 機能として良いアイディアではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場などで 個々の方が
簡易式、ハンディ弾道計測機 などを使って
スピンを測ったり、ヘッドスピードを測ったりと…
それはそれで楽しいと思いますが、
その中で気になるのが
 一般的に 
『ミート率』 と呼ばれている項目です。
BAUoIFgCcAA1GTf

その言葉が正しいのか、正しくないのか は
本当に微妙な感じで。。。
  🔴
少し 注意が必要な項目 と言えます。🔴


その数値は
分母が ヘッドスピード
分子が ボールスピード で数値化されます。
例で言うと
☑ボールスピード55ms / ヘッドスピード40ms 
  ⇒ 1.375 

☑ボールスピード60ms / ヘッドスピード42ms
  ⇒ 1.428

 と言う数値で表示されます。


主にドライバーショットで意識されますが、
 一般的には そのミート率 と名付けられた数値 は
 ⇒1.500 に近い数値か、それ以上が望ましい と
言われていますが、正直、なんとも言えません( ;∀;) 



ボールスピードはロフトと密接な関係にあり
ドライバーから順に ウッド、ユーティリティ、アイアン
ウエッジと打って行けば 同じ人が打っていても
その数値は どんどん下がってきます。
ドライバーで 1.4を超えていた としても
ウエッジまで行けば 1.0 を下回る数値が出たりします。
かと言って 本当の意味でのミート率が 変わった訳ではありません✋

ドライバーにおいては、飛距離や弾道を無視するのなら
ロフト0度やマイナスのロフトで打てば
 その数値は 高くなり、数値として
 おそらく 1.60を超えるでしょう。

002


ロフトを開かないで
そのゴルフクラブの『ロフト通り』に打つ
 と言う意味では
ミート率と言う言葉は間違ってはいませんが
漠然と 良い当たりかどうか を表す数値であるか、どうか は
本当に微妙です。

例えば…です、
ヘッドスピード 35ms 40ms 45ms
 の似たような技量の3人がいたとします。

45msの人は 一番立ったロフト、
 例えば 9度のドライバーが使える可能性が高い です。
35msの人は 一番寝た、大きなロフト
 例えば 11度のドライバーになる可能性が高いでしょう。
そうなると ミート率は 一番立ったロフト を使える人が
一番高くなる可能性
引いては 速いヘッドスピードの人が高くなる可能性があります。

本当のミート率という意味合いでは
 ロフトを寝かさず そのロフトなりに打つコト
 自分のヘッドスピードなりに 安定して打つコト
 自分のヘッドスピードに適したロフトを使うコト

の方が ミート率の語彙は相応しい と思うのですが、
正しい意味合いを理解していない状態で
単に数値として ミート率を追いかけると
 無理に立ったロフトのクラブを 開いて使う
と言う方に誘導されがちです。

ヘッドスピード 35msの人が
無理やり 9度のロフトのドライバーを使うことが
良いことがどうか。。。。。。
数値は高くならないけれど 11度のドライバーを
 ちゃんと そのロフトなりに打つコトが良いのか、
本来は上がらず、失速しがちな 9度のドライバーを
 無理やり 開いて打つコトを覚える のが良いのか…

後々の弊害、
地面からボールを打つウッドやアイアン、
アプローチなどにショット全般に多大な影響を与えるでしょう。
✊日本のゴルファーは 数値 好きですから
「ミート率」と呼ばれる その数値が
自分のやっていることを間違った形で
  裏付けてしまう可能性があります。
445TL-2

そう考えると この数値を一概に 『ミート率』
 と呼んでしまうには 問題があるような気がします。


昨今は カチャカチャ装備 のドライバーが多く
⇒ネック調整で ロフト角度やフェースアングル をいじれる
それと 簡易計測器 を組み合わせた場合、
ロフトを開いて こすって打つ 設定
ロフトを開いて こすって打たないと上がらないロフト設定
に辿り着いてしまう匂いがプンプンします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員に当てはまる とは思えないですが、
ショットに悩む多くの方の動作 を見る限り、
体を回す、からだの回転を勘違いしている ように見えます。 

からだの向きの変更 とは、その言葉の通り
腕の生えた肩 を 胴体ゴト
からだの向きを変えるというコト というコトです

少々オーバーな例で言えば
maenarae『前ナラエ』をした状態で右を向き
その『前ナラエ』のまま
 正面(ボールと正対する瞬間)を介し、左を向くのですが、
腕やクラブには重さがありますので
胴体の向きの変更に対しては
 腕は徐々に遅れていきます。
胴体通り にイメージしていても
重さによって 自然に遅れるのは放っておいて良いのです。

その遅れ は 技術的には ロフトの立ち
 フェースの下向きにさえしていれば そのまま打つコトが可能 で
スイングは 腕を振るコトradio
 その遅れた腕を…この場合、右打ちの人 ですから
 からだの右に腕が遅れるのですが、
 からだの左に振るコト ではありません。


これでは そのまんま
 腕で、手で打つコトになりますし
からだの回転は腕の振るためのきっかけ にしかなりません。


V字を維持してみよう 上編_Momentスイング の動作のからだの回転は
右打ちの人の場合、
上から見ると 反時計周り の回転
でボールを打つ訳ですが、
からだの回転の一部 である
腕やクラブ、特にこの場合は腕
を 左右に振ってしまおうとする
二重の角度運動は
当然 軸点を移動させてしまいます。

重さのせい、運動のせいで 腕やクラブが遅れるのはわかります。
それは 物理的に当然の作用です。
ですので その遅れのまま 回転を持続すれば良いだけ。
重さである腕を(同じ方向に)振るには
 回転そのものを止めなくてはならなくなります。

 頭の使いどころはそこじゃない

☑問題なのは 腕やクラブがからだの回転に対し、
反時計回りの運動に対し遅れた時、
 フェースが上を向くか、下を向くか
ボールを向いているか、向いていないか

どの道 遅れは発生するのですから…


☑遅れ に敏感なのは ヘッドの重さや 腕の重さ
よりも その長さ です。
遅れを出来るだけ 少なくしたいのなら
長さを極力長く使わない・・・せめて 打つまでは…
 と考えてた方が良いです。

 ♠ ソコがポイントなんです。

トップの位置 もそうですが、
テークアウェイにおいても
端から 腕を振ろう 腕を振るための準備 を
している方がとても多く見られます。

腕を左右の振ろうとすれば
腕は打つ前から 長くなりガチ なので
より一層 遅れは増えてしまいます。



腕の付け根は からだの横幅分
 離れて 胴体にくっついていますので
その離れ分、腕を振る ということは
常時、フェースの向き、ロフトが動き続けている
というコトになりますし、
クラブはその構造上、右打ちの人の右側に
 重さが残り易い性質を強く持っています。
ですので スイングは腕の振り と思っている方は
フェアウェイウッドが尻もちついてしまいます。

445TL-5-1


また 腕は自分ではないクラブと言うモノに近接
接点であるため、そのクラブが造り出す重さをモロに
受けてしまうので 良くも悪く(良い点は殆どないですが…)も
管理しきれません。
これでは 自分の動作 と別な速度…管理しきれないクラブの速度
が発生してしまうので アプローチが難しくなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



445TL-5-1機種などによって異なり、
多少の違いはありますが、
ゴルフクラブのヘッドの重量は
だいたい こんなトコロにあります。
 
握っている棒〜シャフトから
トゥヒール方向に 3cmから4cm
奥(重心深度)に3cm半 程度です。

445TL-4
テニスのラケットや野球のバットのように
棒(シャフト)の延長線上に打点、
この場合は重量の中心点(重心)が無い理由は
第一に 安全上の問題にあり、
重心位置が棒からズレているコトによって
向きや角度など 打面の状態を把握、感知
するコトが出来るコト です。

第二に 各クラブ、番手によって
ロフト角度 に種類を持たせるコト によって
力量や技量などで 大きな距離調節をせずとも
ゴルフを楽しむコト が出来るコトです。
重心位置(シャフト軸から打点がズレているコト)がないと
大きなロフトのクラブは 距離だけでなく、どこに飛ぶか分かりません。


しかし この重心位置、
シャフト軸から打点がズレているコト
ヘッドの重量点がシャフト軸からズレているコト が
同時に、ゴルファーを悩ませる訳…なのですが…。

このヘッド重量のの有効な使い方 が
 イコール シャフトの使い方であり
 『 からだの回転 』  になってきます。



実は アドレスの基本姿勢 の中に答えは隠れています。
-
股関節を境に 胴体をひねらず 右を向くと井上2020725_Moment
『前傾姿勢分』
左サイドは右サイドよりも低い位置関係 になります。
ヘッドの高さは変わっても 打面であるフェースは
 下・・・ボールの方を向いている状態です。


ところが からだ・胴体をねじって漆原_Moment
主に左肩や左腕の伸ばし のような形で
テークアウェイを取ると
アドレス時にあった前傾姿勢の利点が
「左サイドの方が右サイドよりも低い」
   が消えてしまいます。

テークアウェイやトップの位置での
両肘の位置関係〜上下関係を見て下さい。

このまま からだの向きを 右向き〜理想、正面を介し、左向き
にしたとすると
「からだの回転」で右向きを作っているケースでは
ヘッドがその重さによって 遅れた としても
それは ロフトの立ち〜下向き にするコトが可能ですが、
「手で上げてしまった場合」
×重心位置が右に倒れてしまっており ヘッドがより重い
×それによって シャフトがねじられてしまっている

455T-1などもあり、ヘッドが遅れれば 遅れるほど
 クラブは開くコト
 シャフトはひねられるコト になります。
この場合は フェースの開きやロフトの開き を超え
フェースがボールに向いていない になってしまいます。
体を回転させればさせるほど →ボールを打てない
になってしまう訳です。

ですので 「ヘッドが遅れているのと 待つ」 や
「ヘッドを返して その遅れを取り戻す」 になるのです。

その言葉を訳すと
「体を回転させたけど 打つために止める」
「からだの回転で遅れたモノを 手さばきで取り戻す」
 です。


体を回転させれば 重量物であるヘッドは 「普通に」遅れます。
その遅れが ロフトの立ち とは言わなくても
☑フェースがボールを向いている状況
☑ボールを打てる状況
 の中にあれば
からだの回転 のまま ボールを打つコトが可能です。
そうした方が 下方向にかかる「重さ」にチカラ が
利用出来ます。

多くのゴルファーは 手で振りたくない
手打ちは辞めたい と言いつつ、
からだの回転では打てない 準備 をしてしまっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


足使い フットワーク を 実際のスイング、ショットの中で
意識するのは難しいと思います。
クラブ無しや腕の動かし無しの
シャドースイングでその感じを掴む のが おススメです。


右向きの質 と言う意味では
右向き時の軸足【右脚】 に 対する骨盤の向き差 が
正しい意味を表してはいないけど、俗に言う「捻転差」
「向き差」であって、
2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)足を回転させてしまっては
ひねられるのは足首 になってしまう。

平らなトコロで打つ練習場では良いけど、
足場も緩く、傾斜もあるコースでは
 使えない回転になってしまう。


からだを回す 回転する
と言う言葉から 動作を想起すると
ついつい フットワークで回転しようとしてしまう、
それは半分正しくて 半分間違いになる〜。

0e4d0881足は 靴というか、足の並びが
こうである限り、
主体的に運動できるのは左右へのスライド
左右へのダッキングの動きで
ボールの方やその反対の前後 には
それを耐えるという動きになりがち・・・。
特に 足場が緩く、傾斜のある現場では
そうなるでしょう。




勘違いを生み易い言葉ではあるけれど
からだの回転、からだの向きを変える は
『肩をまわす』 で正解で
ただ 補足説明の部分が抜けてしまうと問題!
補足は 
『肩辺りを使って 胸の向きを変えるけれど
 足の補助によって 骨盤と同期させる、
 骨盤と肩周りとのねじれ を作らないようにする』
 です。

よって 良くあるパターンで
ダウンスイングで 足を積極的に使って
足から、足の先導から 回転をしてしまえば
足より上にある 骨盤、胴体、肩まわり、腕、クラブ
はすべて その動作の負荷になるので
その順番通り 
1骨盤、2.胴体、3肩まわり、4.腕、5クラブ
遅れてしまい からだは捩じられてしまう。
切り返しで 右向きを最終的に左向きにしたいのに
足から順に動かして行ったら よりねじれは多くなり
ある意味 右向きを解こうとしているのに
より一層の右向き(胴体の捻じれ差)が増えてしまい、
結果として それを取り返すのに
  腕を、 手を、 クラブを 振るコトになります。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)





からだの回転で足は
『確かに』使いますが、
それは
 捻じれを作らない範囲で
骨盤とのねじれを作らない範囲で
 肩を横に水平(傾きなりに)に回す補助行為
というか、無意識な反応程度、
 自然な動作程度で良い
 と思います。

ややこしいですが
 からだの向きの変更に
結果的には 足は使いますが、
意識として、
『足が先行するわけでは無い』と思います。

前述の通り、そうしておいた方が
無自覚な遅れが起きにくく、
練習場とは違う、地面が緩く、傾斜のある現場で
自然に対応してくれるようになり易い と思います。



シャカリキに 足を使って回る のは
練習場でのドラコン にのみ 使える手段
と考えた方が良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分の頭の中に思い描いているイメージ
 スイング、スイング動作、軌道などなど と
実際にビデオなど 映像を取って
 振り返ってみるのとでは かなりの違いがあります。
思っている通りの動いているケースはとても少ない… ですよね
葛谷 2017-2020_Moment(2)

その多くは 想定されていない重さ、不可抗力がかかり
それを調整、修正、相殺していると予想されます。

打ちたいモノ →ボール
打ちたい箇所 
→ヘッド・フェース
打ちたい方向 / 打ちたくない方向
打ちたい高さや弾道 
と言う前提条件があるうえで
動作が始まってから それを阻害するような重さがかかれば
当然、それを修正する能力が人間にはあります。
 ♠ ♠ 特に切り返し以降、ダウンスイング中に
不用意な重さがかかれば ボールに当たりません。
それを修正・調整しない訳にはいきません。


その中でも 長さと運動が加わり
 重さの増え方が大きく、
そしてハッキリ確定できない
 腕とクラブの重さは スイング動作を決めてしまう、
スイングの全体像を決めてしまう、
と言っても 言い過ぎではありません。




♠重さに支配されないために…

2020-10-19_21-38-40_Moment(3)(インから振るのがすべて!じゃない_Moment








右向きの質
『体をまわす』『体の向きを変える』
『カラダをねじる』
の決定的な違いは
体の捻じると本来、前傾姿勢によって
生まれるはずの『フトコロ』の空間が無くなるか、
維持出来るか の違いが大きいでしょう。

その
『フトコロ』の空間は
重さとしての腕の長さを消す、消せる
最大のポイント、空間 で
ソコが有るのと無い、とでは大違いだ。

その
『フトコロ』を使うことが
インサイドから振る コトで
フトコロの無い、見た目のだけの インサイドは
腕とクラブの重さも非常に重く、
ロフトもフェースも寝るので 
さらに重くなります。

クラブが長くなり 重くなれば
遠心力も必要以上にかかりますので
前傾を保つことは難しくなります。
当然、ディッシュアングルも解けます。
力むな と言うのは酷で
その後の仕事が増えるばかりです…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一番大きな「誤った誤解」は
 円弧 の作り方 でしょうね。
IMG_1015_Moment(2)

何度も書きますが、
ゴルフクラブは 約1mの棒の先に
 その全体の重さの 6~7割以上が集中している打撃部分
 ヘッドが備わっています。
打ち手とクラブの接点は「グリップのみ」です。
ヘッドを動かす→移動させる には

グリップの位置移動を行い、
 シャフトでつながっている ヘッドは
 その移動に伴い移動する

⊃涌拇に 棒(シャフトまたはクラブ)に
 角度運動を加える

➂,暴爐犬泙垢、
自分自身が移動する(例:歩くとか 飛ぶとか)


はゴルフのルール許されていませんし
 固定された位置にあるボールを的確に打つ
 というコトには不向き・適切ではありませんので
 除外します。

つまり 二つしか方法はない というコトですが、
,両豺隋△修旅渋ぞ紂
 ヘッドの重さは運動/移動によって かなり増えます。
 重さは 重さ×速度の二乗分で増えます。
 つまり グリップの移動よりも
 増える重さも含め ヘッドは移動しない、
 グリップの移動量 > ヘッドの移動量
 が 原則です。
キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(4) - コピー

ですが スイング・ショットは その場で
しかも 出来るだけ速い速度で行うために
体の向きを変える 回転運動にしました。
その為に ヘッドは外周に位置しまうので
単純な 移動量は 外周分、グリップよりも増えます。
ですので その移動量は  角度運動量 というコトになります。

△離院璽垢和燭の人が陥ってしまうケースです。
回転運動が故に 外周に当たるヘッドがたくさん
 しかも速く動く という
正しいような、誤っているような思い込みの為、
誰もが 速く、たくさん ヘッドを動かそうとします。
その為に起こる 棒に対する角度運動 です。

ヘッドをたくさん動かそうとすると
 棒の途中にトルク(チカラ)を加えようとします。
そういう意味で 左グリップよりもヘッド側も握る
薀哀螢奪廚賄垤腓領匹ご愀検,覆里任靴腓Α
しかし、ここで忘れてはイケナイのは
棒の途中に力を加える角度運動は
 棒の両端は逆に動く というコトになります。
つまり ヘッドを動かそうとすれば
 グリップはその反対方向に動こうとする、
ダウンスイングで ヘッドを 横でも、下でも
棒のトルクを加えることによって 角度運動を誘発すると
グリップは移動を辞め止まる、もしくは逆方向に動こうとします。
ゴルフクラブは 長い棒の先端に重さのある構造です。
その逆方向のトルクは 打ち手にかかってくる 訳です。
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(3)

この時点で 一番大きな
 からだの向きを変えるコト によって
 移動するグリップ
 その移動するグリップにつながったヘッドも移動・・・
という関係は断ち切られてしまい、
からだの回転で クラブを動かす事が出来なくなります。
 要するに 重さに動作意志は勝てない というコトなのです。

遠心力なんて言うのも その一つ です。
遠心力は 軸点に対し、外に膨らもうとするチカラ
運動が加われば その重さは積算で増す のですが、
ボールは決まった場所にあります。
ですので 不用意に、
または 適切なタイミングで遠心力が掛からないと
ボールを当てるために 遠心力と真逆な方向に引くチカラ(求心力)が
必要になってしまい、遠心力が打撃を阻害する力にしかなりません。

遠心力を全く使わない とは言いませんが、
多くの人が考える 遠心力を打つ は
物理的・科学的にも馬鹿げている というか
方向や高さ、距離などが司る「角度」が重要な ゴルフショットで
打ってみないとどうなるか分からない方法に頼るのは
あまり効率的な方法ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ミスを減らす、安定感を増す、
距離を伸ばす、弾道を良くする など
ショットやスイングを改善する と言う点において
根源的な「勘違い」や「誤った思い込み」 の
影響は 技術的なモノ を遥かに上回ります。
正直に言えば スイング改造は
 からだの動かし方の問題よりも
 頭の中にある情報の誤った解釈を修正するだけ
とも言えます。



Rさん との会話の中でも出てきたのですが、
『体の正面で打ちたい』と思っている  のなら
体の正面にクラブを固定して置いて、
クラブは動かさず(クラブと体の関係は変えず)、からだを回せば
良い球になるか、どうかは別として 課題はこなせます。

それをクラブを振って、
⇒からだに対して クラブを動かして
タイミングや技術、通り道などで
体の正面、からだがボールと正対したタイミングに
 インパクトを作る のとでは 全く意味が異なり、
本当は必要の無い技術を一生懸命練習することになります。
まだ 完成!とは言えませんが、
多少なりとも からだの回転で打てるようになった Rさん
今までよりも 腕の振りで打てるようになった Rさん
「こんなにもクラブを動かさないんだぁ…」 って
いやいやいや からだの回転で打つ、
体の正面でボールをとらえる って そういうことでしょ!
体に対してクラブを動かさず からだの向きで円弧描くんだから
そうなるに決まってますよ…



これは一つの参考例…ですが、
グリーン周りなどの短めのアプローチを
振り子のアプローチで行っているゴルファー が
「ダフリやトップのミスを無くしたい…」と願う場合、
あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment







そのミスの確率が高い、
特に現場で、傾斜が絡んだ時などに
ダフリやトップのミスが出がち…な訳ですが
その理由は
☑振り子の動作が故に
 回転式のアプローチよりも ヘッドの上りが急激
☑振り子の動作が故に
 軸がその重さによって振られるので
 俗に言う最下点が右にズレがち 
   なので
根源的には 「振り子のアプローチ」そのものの誤解 が
 一番の修正ポイントは筈、です。
(東西アプローチ対決_Moment(東西アプローチ対決_Moment(2)






スイングは向きを変えるから そう見えがち なのであって
実際に 大元の「からだとクラブ」の相関関係は変わらず
自分が向きを変えているだけ な筈なのに・・・
からだの回転 と言いつつ、からだは固定して
肩と腕で作る三角形を揺さぶって からだをきしませている、
回転ではなく 肩を上下に揺さぶっている、
肩と腕の三角形を動かす事が「からだの回転?」

その手の誤解を解くことが 一番の処方箋 です・・・・が
ダフリやトップが多いから
◌左肩が上がるのを抑制したり
◌右肩が下がるのを抑制したり
◌イマイチ どれがそうなのか分かりませんが 茲諒匹魄媼韻靴燭
◌軸ブレ 軸の倒れが起こるからミスるので それを制御したり
 と
どれもこれもが その「振り子のアクション」ソノモノを
 否定する動きで 修正しようとしています。
良い悪いは別として
 肩と腕で作る三角形を 肩を上下に揺さぶって
 振り子をしなければ ボールが打てないのに
 肩を揺さぶっている訳ですから
 左肩が上がったり、右肩が下がったり
 その三角形を振り子にした分、軸点に相当する頭が傾きますから
 それらは動き ソノモノ・・・なのに
 それを抑制したら どう動いて良いのやら…。



とは言うモノの
多くのゴルファーは そこまで根源的な修正は求めておらず
チョちょっと のアドバイスで改善することを望んでいる のも確かで
そういうトコロ… 全国のレッスンプロの方々は
 どう対処しているのか、アンケートを取ってみたいモノ…です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



バンカーショット にしても
フェアウェイウッドにしても
過去の経験から来るトラウマ…など
精神的な部分は否めませんが、
総じて
「寄るかどうかは別として バンカーは出る」 と
「フェアウェイウッドは苦手、出来れば使いたくない」

は 共通している部分は多いです。

36682818


最近、よく記事にしている
☑スイング中、フェース面を円の中に向ける 
☑地面にあるボールをこそぎ取るようにフェースを使う

と言う打撃法(俗に言う しゃくり打ち・煽り打ち)
 は 良い悪いを別として。。。とても一般的です。
平均的なアマチュアのスイングと言っても良い程です。

グリーン周りなどの 短い距離のアプローチを
振り子式に行う などは その典型です。

☑スイング中、フェース面を円の中に向ける ように
ボールを打っても ボールは打てます。
しかし、ロフトを大きめに使うので
どうしても クラブの厚み、バンスなどが邪魔になり
打撃前にちょっとダフル(通称いっちょ噛み)ので
スピードで打ちぬくか、ダフリ気味になっても負けない腕力
などが必要になります。
また そのロフトを多めに使うことによって
ハイボール ハイスピン の分の割増のスピード、
逆にスピードが無いと
 ボールが浮かなくなる欠点ももっています。

この 打撃法の一番のよろしくない点は
ロフトを開いてしまうコト、フェースを上に向けて振ってしまうコト
ではなく、打撃を肩も含めた 手さばきで完結させてしまう
それを覚えてしまうコトです。




4bc4dc1974

手さばきでスイングをするコトを覚えると
体を 肩とそれ以外(胸よりも下)に分けて使うコト
になるので、
クラブヘッドを下げようとする時、
それと同じ分だけ 両肩のラインは莨紊り(右打ち)になり
上を向きながら ヘッドを下に振る
という 瞬間の中で 下げながら上げる という
微調整が必要になります。
バンカーのように 多少、ダふるコトが効果的な場面では
高さも取れ、距離も必要以上飛ばないので よし ですが、
長い距離を長いクラブで打ち、
 しかも ウエッジではバンス幅に相当する ソールの奥行きがある
フェアウェイウッドはかなり不得手になる可能性が高いでしょう。
https___media_gettyimages_jpg

アプローチにおいても
 上げる、やや高めのショットは得意 とするも
その高い球を打つのには ボールと地面の隙間にヘッドを入れる
という スピードを必要とするショットになりますから
中途半端な距離、スピードを上げられないほどの距離になると
 打つ球、球種がありません。
前述の通り、上を向きながら、ヘッドを下に振る という
スイングは傾斜に弱く、グリーン周りでOB以上の打数を稼ぐこと
になりがち・・・ です。
現代の 一般的な市販のクラブ、特にウエッジは
ヘッド重量も軽く、シャフトも硬い、ものすごく硬い ですから
強く速く振るコトに適していても、緩く加減するのには不向き ですので
チカラの無い人にはかなり辛い可能性も否めません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

意外にこの点が
スイング改造のポイント…になるや、も知れませんが

手打ち、手で振る、  と
『肩をまわす』 は ほぼ同じコト
です。


radio
この場合の『肩をまわす』
ラヂオ体操のように 脱力してブランブランした腕を
肩をまわすことで左右に振る感じ に似ています。

腰回りと肩の間をひねる、ストレッチする感じ…ですね。

脱力している分、腕で振っているとは自覚出来ませんが
『腕を振っている』には変わりありません。


体操・ストレッチのこの動作 と
☑前ナラエの姿勢 底は抜けていますが、腕で四角形を作る
両手が同じような場所を握るゴルフスイング型 とでは
☑腕で尖った二等辺三角形を作る
動作をした場合 違う点が生まれます。

体操・ストレッチの動作では
脱力した腕は 似たような面 を動き
右向き・左向きでは 傾きの反転する四角形を造りますが
ゴルフスイング型 は 三角形の造る面が
ローリングしてしまいます
。 …自分でやってみるとわかります
 スイングで言うところの 開いてあげて、閉じて振る
IMG_0517IMG_0516








クラブを持った場合、
ゴルフクラブの先端になるヘッドは
重心距離 と 重心深度 が有るため
それは増幅してしまいます。

大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)

右を向き ローリングした腕 の状態
で そのまま打ったのでは
フェースではなく、ソールで打つコト になってしまうので
左の壁を作り ローリングを元に戻す が
この 体操・ストレッチ風のスイング です。


つまり 肩をまわす
その肩(胸)が骨盤と同期 してしないと
腕を脱力して、積極的に腕を使っていなくとも
結果、腕で振る・手打ちを同じ なのだ というコトなのです。

肩をまわす は悪いコト ではありません。
それに 骨盤の向きが同期 していれば 良いだけです。
両腕の長さ には制約がありますので、
 胴体をひねると クラブは捩じられます。
肩をまわした際、
 それに応じて 骨盤の向きも変えて置けば良いのです。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







逆に言えば、
 よく言われる ダウンスイングは左足のリードだ
みたいに 足や骨盤が「先に」動いて
 『その後』 肩が動く では
 動作そのものが大きくなるだけで 運動としては同じ、
リードする訳ではないかも知れませんが、
 肩が動いて、骨盤はそれに同期していれば良い のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが
ドライバーも…ですが、
アプローチで苦しむのは
スイングを覚える初期、覚えた頃、
ボールを上げる、自身でロフトを作ってしまう
クラブ使いから入ってしまうコト なのでは、
と考えています。



これもイメージなのですが、
その延長線上で ヘッドを
地面、もしくはマット とボールの隙間 という
物理的には存在しない場所に入れよう
 としています。
本来、ボールは球体、つまり 立体ですから
ボールのセンター(中心部)と地面の接地面の 間 
歯、リーディングエッジが入れば良い訳ですが…、
ボールと地面の隙間… ボールはコイン(二次元)じゃありません。
そういうイメージでゴルフが育ってしまうと
ボールが沈んでしまう洋芝やラフで苦労する・・・
 という「プロ」も多く見かけます。 
090804_01

まあ 逆に そのイメージだと
バンカーショットは苦労しないのかも 知れませんが、
バンス角度やバンス幅のあるウエッジでのアプローチや
 クラブそのものに奥行きの有るフェアウェイウッド
永年、苦労してしまうというコトも付いて回ります。
445TL-5-2

ボールを上げる、フェース面を円の中に向ける
というコトは インパクト間際で よりロフトを付けるコト
になりますから、滑りというか抜けが良いマットでは
上手くできても、抵抗の強い現場では苦労することになるかも…。


ボールをこそぎ取るような…
フェース面を円の中に向ける打ち方 は
食器を置いたテーブルクロスを食器を倒さず引き抜く ようなモノ で
絶対的な抜くためのスピード、
バンスも含めた ヘッドやフェースの厚みが邪魔になる前に
打ち抜いてしまうスピードが必要になります。
ところが アプローチは「加減」が必要…
速く振らないと ミスになり、
速く振ると 距離が合いにくい・・・

それに加え、ロフトを増やす打ち方 であるが故に
速いスピードが距離にならず 高さやスピンに変換されてしまう
可能性が高いので 上手く打てた時、上手く打てた時ほど、
 ショートするのは必然です。



「ボールをスイングの最下点でとらえる」
と言う意識もあるのでは、と思いますが、
その最下点は 手さばきで作るイメージじゃありませんか?
手の返し、ヘッドの返しで 両腕の長さが都合付いたところ、
両腕の長さが揃ったトコロ あたりを 最下点
と思っているかも 知れませんが、
その時の からだの姿勢はどうなっている のでしょう?

特に グリーン周り のような
短いアプローチを 肩を揺さぶった「振り子」式で打つと
ヘッドがグリップを追い越し、前に出る は
イコール 左肩が高くなる のですから
上手く行き難い可能性は否めないのですが…。


元来、スイングの最下点 もさることながら
円弧を描くのは からだの向きを変えるコト によって
成されるモノ な筈…ですが、
『手打ちは嫌』 と言いつつ
スイングを 手で振るコトで決着させてしまっている訳です。



(番手間の距離差が出にくい)
BDNy9S3CYAAO44N

ロフト角度で言うと

5番アイアンとピッチングは流石に差が大きいですが、
(平均的には 20〜25度位の開きがあります)
8番とピッチングでは 差は『8度』しかありません。
長さも1インチ程度しか違いませんから、
 ヘッドスピードに差もありません。
フェースを円の中に向ける、ボールをこそぎ取る打ち方 では
その『8度』のロフトの差は 逆転する可能性もあり、
流石に最高飛距離は8番アイアンの方が飛ぶ、とは思いますが、
明確な距離差が生まれない可能性は高いでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 " この道に進んでからTVのゴルフ中継を全く見なくなりましたが、
秋のオーガスタに惹かれて久しぶりにマスターズを見ました。

出場選手のショットのイメージが、
上から被せたフェースが、
体の回転によって遅れながら立ち上がっていく過程で
球をとらえているように(地中に打とうとしているように)見えます。
手を返してる選手などいないことがわかります。
前に店長から映像の見たいところだけ見ようとすると言われましたが、
見え方が以前と違っています。"



コメントに頂いた通り、
距離とスコアの両立が必要なプロ
そして 何年も、十何年も続けなければいけない職業ゴルファー で
アマチュアによく見られる
地面に置いてあるボールをこそぎとるような
(フェース面を常時、円の中心、自分の方に向ける)
前に飛ばすのではなく、ボールを浮かせることに注力
したような打ち方をする人は 殆どいません。
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)








ただ アプローチなど、一部特殊な弾道などが必要な場合、
そういう フェース使い、クラブ使い をするケースもあります。
しかし なんと呼べば良いのか分かりませんが、
仮の このヘッドファースト、フェースを中に向けるアプローチは
成功率の低さ に加え、
距離のロスが非常に激しく、距離感が掴みにくいコトから
振り幅や振り速度、振る大きさと距離が噛み合い難く
試合の中で イチかバチか の挑戦になりますし、
多くの場合は 上手く当たっても かなりショートします。
ボールを拾うボールを拾う 正誤表








蛇足ではありますが、
フェースを中に向けるような
ヘッドファースト、ボールをこそぎ取るような打ち方 は
当然、インパクトロフトが増えます。
イコール バンス角度 も増える訳です。
また ヘッドファースト にしますから
体も右に残り 上を向くコトになるでしょうから、
ボールを打つ前に クラブが地面に尻もち する可能性が高い。
速い速度で振れば 少々ダふっても なんとかなりますが、
アプローチなどの 距離調整、速度調整が必要な場合、
とても困るコト になる訳です。
速く振らないと 地面につっかかる、
そこで よりロフトを寝かし、距離を高さに変え
なんとかする訳ですが、距離を高さやスピンに変える というのは
ほんのちょっと 0.何ミリ 0.0何秒のズレで
その配分は大きく変わってしまいますので
いつまで経っても 距離感が掴めない というコトに陥る訳です。


それを フルショットに採用しているのです…。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





マスターズに出ているような選手に比べると
年齢も親子ほど離れている アマチュアゴルファー は
女性なども含め 体力も無く、練習量も少ない …
にもかかわらず ヘッドスピードが無いですから
ボールを上げるコト に苦労する
地面にあるボールを浮かせるコト に苦労する
痛し痒し…ですが、そこから始まるんだと思います。

ネットの中のアマチュアのアプローチ 投稿動画 などを見ると
「悩んでます‥」
と言う方の多くが その フェース面の使い方、
ボールを浮かせようとする、ボールを拾おうとする、 です。
(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







昔から
「ボールはクラブが上げる」
「自分でボールを上げるな」と言われますが、
ボールが上げにくい が故に
クラブにはロフト角度があり、
それが故に 棒の延長線上に打点がなく
重心距離というオフセットがあるのです。

ボールをしゃくる、フェースを円の中心、自分の方に向ける
フェースの使い方では ロフトを自分で作ってしまうので
角度の違う番手が有る必要が無くなってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




あくまでもイメージのお話しなので
伝わるか、どうか微妙 ではあるのですが、
多くの方が
スイングを「改良」したい場面において
あまりに 技術的なコトに「ハマりすぎている」気がします。







☑手で振らない
☑ヘッドターンをしない
 →→…出来れば からだの向きの変更で…

 は 技術的なコトではなく
 ショットやスイングのイメージに左右されているトコロが
 少なくないと思います。



スイングは 手で振ったとしても
体の向きの変更で振ったとしても
結果として、ヘッドは流れの中で弧を描きます。
それは 傾いた まん丸 ではありませんが、
 ややヨコに潰れた 円弧 です。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

それを一般的には スイング軌道 とか
 ヘッドの軌跡 と呼ばれています。




始められたばかりの方が
 練習場で 7番アイアン などを打っている姿(動画など)を見ると
多くの方が 地面(この場合はマットですね)
に置いてあるボールを フェース面で地面からこそぎ取る ように
ボールを打っている訳ですが…

 確かに 初心者の段階では
速い速度で打つコトが難しいですし、怖いですから
当たるコトは勿論…ですが、実は飛ぶコト、前に進むコト
よりも ボールを浮かせるコト
上げる とまでは行かないまでも ボールを浮かせるコトに
苦労しているのです。
Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment

後から考えれば分かるのですが、
ボールは そこそこの速い速度で打たないと 浮きません。
ロフトの有るクラブで打てば まあ なんとかなる のですが 
初心者のおっかなびっくりの速度で 7番アイアンあたりを打てば
 上手に当たったとしても 地を這うライナー、ゴロ になるのは
致し方無いのです。


『手打ち』というのはここら辺から始まっている可能性があります



002ボールをマットからこそぎ取る ように打つ は
スイング軌跡、その円弧の中心に向かって
フェースを向けようとしている訳
 です。
グリップ よりも ヘッドを 同軸移動、同角度運動 以上
動かさないと 円の中心、自分の方をフェースは向きません。
 つまり 手で振るか、主の運動のからだの回転を止めないと
 フェースは円の中を向かないのです。

 ⇒ 一番 簡単には グリップはその場 で止め
   手さばきで クラブ/シャフトをぐるっと回転させるコト で
   それは達成します。 

あくまでもイメージですが、
正しいショット、クラブ扱いは
持っているクラブのロフトは度外視し、
そのフェースを常時 円弧の外 に向ける感じです。
腕の役割は フェースを向けることを維持するコト。

IMG_0727そう

それだけでは ボールは打てません。

だから からだの回転を使い、
フェースでボールを外に打ち出す のです。


ところが フェースを円の中心、中に向ける
そのイメージは からだの回転と関係なく、
腕さばきのクラブの回転、フェースの回転で
 ショット/スイングが
完結してしまっています。

ここに からだの向きを変える動き が入る余地がない。
  円弧は既に出来てしまっているのですから…。
 腕の役割が全く反対 と言えばよいのか、
 腕でからだの仕事も全部取ってしまっています。
 これでからだの回転も加えたら 円は二つになってしまう…。


昨日の パッティングストロークの切り返し の話も
そうなのですが、
体の向きを変える という 一番主になる運動に対し、
硬さは関係なく 長い棒の先に重さのあるクラブは
その先端が 運動の積算も含め 重さ分、遅れていきます。
主たる運動が持続されている限り、
その 遅れ、ズレ を取り返す方法はありません。

棒の角度運動 である限り、
途中で 角度運動に別のチカラを加えたり、
角度運動中にその向きを急に変えたり すると
軸点そのものがズレ インパクトポイントが変わってしまいます。


e00bf7e6
8658a3e6-s








スイングの中で ヘッドが遅れれば
ロフトが立つ、、、この場合はフェースは円弧の外を向きます。
それを維持し、からだの向きを変えれば
ボールは打てますが、その遅れを取り戻す、
 つまり フェースを円の中に向けようとする動きです。


そして その別な動作をスイング中に取り入れると
腕(この場合は肩周りも含まれます) と
へそから下の腰も含め、下半身は分離してしまいます。
IMG_0728

スイング中 クラブを持っているが故に
腕には その遅れていくクラブの重さがモロにかかります。
その遅れを ロフトの立ち・・・ フェースの円弧の外向き
に変えてあげるだけ、それを維持する・・・
つまり 腕の仕事はクラブを動かさない、
 その働きを維持するコト が仕事、
 あとは からだの向きが打ってくれる
というのが からだの回転で打つ方法 です。
非常に簡単な理屈です。


Rさんのスイングを見ていても
回転も、フェースの向きも全部
肩周りを含め 腕周りでしようとしているのが
非常に強く見て取れます。
腕の仕事は その維持だけで
 それだけでは打てないから からだの向きを変えるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ