◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年10月



スイングのからだの回転、
からだの回転を 肩をまわす 胴体をひねる ではなく
胴体まるごと、上半身一体、骨盤より上 と
限定した場合、
からだの向きの変更と腕使い を
 思い違い しているケースがあります。


その 「思い違い」が理解出来れば
ダウンスイングから
 左へのシフト(右打ちの人)〜◎〜からだの左向き

その間、のどこか!にインパクト があります。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







そこにはなにか止まるような動作は一切無く、
単なる通過点でしかありません。

つまり どこかで意識して 腕を使う、腕を振る、
や手を返す と言う動作 は一切無く、
傍目から 腕を振って見えるのは
「腕の生えた胴体が向きを変えている」からであって、

言葉にしてしまうと、当り前過ぎて、凡庸ですが、
 からだの向きを変える動きが
  そのまま、腕を振る動きに見えます。



刷毛塗 を意識するのは理解出来ますが、
先日の記事でも書いた通り、
刷毛塗は からだの回転 を補助したり、
その方向を決めたり するモノで
向きの変更の流れの中で 補助的に行われ、
からだの回転 と 刷毛塗 が別々なタイミング、
特に 回転先行、インパクト前後に刷毛塗 があるのでは
腰・骨盤、胴体と肩が 別なタイミングに、別な方向に行われるコト
になり、動画のこの場合では
 より緩い入射、よりロフトを増やす動作 になってしまいます。

刷毛塗を含め、どこかで腕を使う、腕を振る、
腰・骨盤と別に肩をまわす
という 従来の打撃意識 がある限り、
腕使いの亜流である 刷毛塗も 別な手打ちを促すだけ です。



からだの向きの方向に応じて
そちら側の肘を外に逃がしていく 刷毛塗 は
何度も書きますが、からだの回転の一部であり、
補助、促進剤、方向の決定 などをしますが、
その腕さばきで ボールを打つ インパクトする と言う感覚は
ほぼ全くありません。

あえて言うのなら
動画を造りましたから ご覧いただくと良いのですが、
原則、腕の付け根、腕はからだの回転とともに移動します。
クラブも持たされていますし、腕ソノモノにも重さがありますので
その分、腕自身、もしくは 肩も 『からだの向きの変更』 とともに
移動している…と言う意識が ない! とは言いませんが、
基本、からだを動かせば
 少なくとも 腕の付け根は動きます(位置を変えます)


一旦 短くし、回転し易くなった 腕やクラブ
それを からだの向きの変更 「だけ」 で打とうとすると
腕が短くなっていますから…ボールには届きません。
クラブや腕を元の長さに戻す のは嘘ではありませんが、
グリップが肩に近づいてしまった分、ボールからは離れています。
ですから そのグリップを 肩、腕の付け根から離さなければ なりません。
 ヘッドは全くの無視で良いと思います。

時期的に、それはダウンスイングに行われますので
下! と言う感覚に陥りガチですが、
それは 下 ではなく 肩から離れたところ、
スイングの軌道の外周に対し と言う感じです。 
  (めっちゃ 伝わりにくいでしょうね…)



グリップとともに、ヘッドまで下に振れば からだは起きますので、
結果、腕でさらに下に振らなくてはならなくります。

刷毛塗は 回転と言う流れの中で
インパクト以降の 逃げ道、収め先 も考えた腕使い で
短く収納した腕やクラブを グリップ位置を
 回転の中で 届く長さまで戻している と言えます。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(2)











アドレス、で言うと グリップは左の◌ンタマ前辺りにあります。
それを テークアウェイでは、
 右の胸なり、右の肩 の前に移動させていますから
だいたい ですが 元の位置に戻さないと
その 長さ と言えば良いのか、高さ と言えば良いのか
それによって 届きませんので
スイング動作の中 において 刷毛塗は
グリップを からだの横 方向ではなく 完全な縦ではありませんが
縦方向に 右肩から上下に離す と言う方向が正解になります。


そこまでは…もしかしたら 理解出来るかも知れませんが、
今の状態では からだの回転と腕使いの「約束」が
守れていないので 苦しむかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちょうど4年前に
育児を優先するためにゴルフを休眠しました。


ひょんなことからラウンドの予定が入ったので事前練習レポです。

 

約1年前からフリーウェイトの筋トレ
(バーベルに円盤状の重りをつけるトレーニング)を始めました。

筋トレにおけるBIG3種目、
デッドリフト5RM140kg
スクワット1RM130kg、
ベンチプレス1RM100kg
(1RMRM換算表で1回だけ上げられる最大重量、5RMなら5回)
などなど筋力アップして
全てのバランスが崩れたのでおさらいからじっくりと取り組みました。

 

グリップ・ボール位置から
再度考えつつ50球ほどウォーミングアップ。

良い球も悪い球も安定せずに出ます。

 

どこからか声が聞こえて来ます。

「クラブに逆らってはいけません、クラブの声を聴くのです」
はい、そうでした。

 

このあたりでYouTubeにて
ハミングお兄さん達
(店主:オジサンたち)の動画視聴タイム。

とても勉強になります。

スタンス、広角打法

体重移動、軸足に乗る

初動の目線移動

鼓笛隊

刷毛塗り

じっくりと240球ほど打って、
なんとなく思い出してきました。


Image20201006185024 (002)

 

自分の感覚では

「かつてのゴルフスイングとは全く異質な、
グリップエンドを目標に突き刺す様な感じ」が感触としてはしっくり来ます。
※その時はアイアンで何球打っても同じ弾道で同じ着弾。


体重移動と回旋の連続の中で
外から見るとちゃんとスイングになるけれど、
先輩方のスイングを真似して打とうとしても
別のスイングになるという感じでしょうか?


やっていることと結果がこんなに違うのは異次元で有り、
魔術で有り、大混乱です。


しかし、組んで頂いてから
何年もたつのにいつでも新鮮な気づきが有るので素敵な相棒です。


もう少し筋トレと練習しつつ、うれしはずかしの本番レポもしていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




02_bアドレスは前に傾き03_b
 下にクラブを落として構えるので
錯覚しますが、
前傾を解き、少し腕を上げてみると…
茘蕕離哀螢奪廚隆愀犬蓮
薀哀螢奪廚諒が 左グリップの上
 にあります。
菴道悗茲蝓\茵⊂紊豊蕕琉り(グリップ)が有ります。


スライスの源、スライスの発生源 は
この左右のグリップの高さ関係の逆転
 から始まります。
2020-10-19_21-38-40_Moment


ゴルフスイングは
アドレス時、前傾姿勢があるので
右を向いた時、
その前傾姿勢の境目 になる 股関節よりも上にあるものは
右側が左側 よりも高くなる性質をもっています。

骨盤も左右の胸や肩、肘も 右側の方が やや高い位置取り です。



一般的なスライス は
アドレス時、構えた時に、開いていなかった
俗に言う スクエアだった ヘッド・フェース の
向きやロフトが開くコト から 始まる訳 ですが…。

前傾姿勢 そして 右向き
それによって 作られる 左右の高さ関係
からだの部位の多くのモノが それを守っている時は
クラブ、もしくはヘッドが高くなるだけで
開きも、閉じもしません。

2020-10-19_21-38-40_Moment(3)ところが… 俗に言う クラブが寝る と言う状態ですが、
前傾姿勢 〜 右向きの法則 による
左右の高さ関係が崩れてしまった時、
フェースが開く、ロフトが開く
 が始まります。

アドレス時、前に傾き
クラブが下にある時は
感覚的には…茱哀螢奪廚諒が高く
右グリップの方が下にあるように感じますが、
テークアウェイやトップの位置 では
腕やクラブそのものが 高くなっているので
グリップ本来の関係 と 感覚がつながり
茱哀螢奪廚諒が隋,砲覆詒Α,覆里任垢…
フェースを開く、ロフトを開く のは
茱哀螢奪廚 薀哀螢奪廚痢‐紊鉾錣襪茲Δ雰舛砲覆蠅泙后 
右肩の方が左肩よりも高い 筈 なのに
肘は左の方が高い…のです…。

今はコレを何と言うか知りませんが、
従来通り であれば
コレ を 
手上げ / 手振り / 手打ちの始まり
と言います。


二つのからだとクラブの関係を見れば
判るのですが、
片方は クラブ 特にグリップは からだの幅の中にあります。
当り前…と言えば 当たり前 なのですが、
右向き を 自分の胴体 で行い、
クラブ単体は動かしてないから です。
一方、左右の逆転が発生してしまう 方は
かなり 早い段階で グリップが体の外、
右打ちの人であれば 右に外れてしまいます。
この時点で からだの向き がなんなのか?
前傾姿勢 ってなんなのか? …その意義を失ってしまいます。


☑ ココ いつも問いたいのですが、
スイングの軌道が水平でも、垂直でもなく、斜めになるのは
前傾姿勢 (股関節…骨盤と大腿骨の前方への傾斜差) が
あるからなのですが、
それを無視して 手だけで上げてしまったら
 軌道が斜めになっているコト自体、
 無意味なんじゃないでしょうか…
単に 形だけ真似て、なぞるだけ になってしまうのは❓



2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











また この二つ の状態を比較すると分かり易いですが
仮想トップの位置 で
クラブの重さ は からだに、腕にどうかかっている
でしょうか❓

これから ダウンスイングに入り、
少々高くなったグリップ
(特に茱哀螢奪廖を 元の高さに戻したい
薄くですが、下方向に進行したい
その時の クラブの重さ は どう掛かっている でしょう❓

からだの向きで右向きを作っている場合、
クラブの重さは主に左腕(左グリップ)にかかっており、
右腕やクラブを吊る というか 起こすコトに使っています。
掛かった重さ通りに左グリップを下げれば
 ボールを打つ方に行けそう…です。
それに伴い からだの向きを変えていけば 打てそう…ですが…。

一方、骨盤の向きはアドレスのまま、
腕だけ、肩周りだけで 偽装右向きを作った場合、
クラブの重さは主に右腕で支え、
左腕はグリップを上げることにかかっているので
重さが掛かっていません。
左グリップには『上がる』負荷が掛かっています。
ここから ダウンスイングに移行すれば
 からだの外(右)に外れたクラブの重さは
まともに姿勢にかかりますので 右サイドは潜ります。
からだの向きを変えても その後
 手作業がないと ボールを打つコトが出来そう にないですね。
2020-10-19_21-38-40_Moment(2)2020-10-19_21-38-40_Moment(3)









テークアウェイ 一つとっても
こんなに難易度が異なり、クラブの機能面でも違いが有るのに
なぜ その道を選択するのか とても疑問です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『スラ〜〜イス』
ゴルフを始めたばかりの人や
伸び盛りの人にとっては かなり重大な問題、
多くのゴルファーを長年苦しめる 忌まわしき弾道…

克服したい大きな課題…になりますね。

ゴルフクラブは構造的には…「普通」に使うと
 ボールに左回転が入るよう出来ています。 
ですので 少々、シビアな言い方 をすると
右回転の入った弾道・ボールが
 イコール スライス ではなく、
多くの右曲がりの弾道は、打ち損ね、打ち損じ、当たり損ね
 であって、スライス にまで至っていないかも知れません。

まあ、それはさておき…

スライス があまり好まれない、
忌み嫌われる理由は
 スライスは フェースの開き による右曲がり よりも
ゴルフクラブ(特にクラブヘッド)の構造上、
 ロフトの増え による 距離ロス 
 物理的には 打撃エネルギーがボール速度ではなく、
 回転や高さに逃げ…
 が付いて回ります。
ハンドターン

ですので、チカラの有る、元気のある若い人の場合、
 スライスが低い弾道で右に曲がることは少なく、
高い、前に伸びず 上、もしくは横に伸びるスライス で
飛距離が出ない という悩みに直面するのでしょう。

IMG_0549IMG_0548








スライス 右回転の入る弾道は
☑物理的には ヘッドの進行方向に対し
フェースが開いている、ロフトが開いているコトによって
発生します。
よく スライス = アウトサイドイン の信じている人、
オウムのように アドバイスとしてそれを繰り返す人、
がいますが インやアウト などの 軌道そのもの
人による軌道の違い と 右回転(スライス)/左回転(フック)
は ほぼ "全く関係ありません"。

☑インサイドアウト であろうが、アウトサイドイン であろうが
その進行しているヘッドの方向に対し
閉じていれば 左回転が入りますし、
開いていれば 右回転が入る『だけ』です。

 正しくインから入れてくるのなら
 飛球線に対して かなりフェースが開いていても
 右に飛び出た 左回転の球 になるだけ です。
 逆に 手で開いて上げる人が
 形式上のインサイド、
 まるで他人に見せるため、だけのインサイド
 では よりフェースやロフトが開くので
 相当 激しいフェースターンが必要になります。


ですので オウムのようなアドバイスを信じて
ヘッドの姿勢を変えずに
アウトサイドイン を インサイドアウト にしても
右回転は全く変わらず、
からだの回転と関係なく、無理に軌道だけを
インサイドに変える というのは クラブを寝かす
→よりロフトを開く、よりフェースを右に向ける(右打ち)
になりますので、より強い右回転が入る可能性も否めません。
93564c62-s

次に 
軌道に対し、フェースの向きが開いている(右打ちの蕁
から というのは確かにそうですが、
それを ヘッドのターン…手の返しで
フェースの向きを閉じれば…
 と 考えがち…なのですが、
ゴルフクラブのイジワルな構造(本当は便利な構造) は
ヘッドを返せば返すほど、
右回転/左回転 の 基準になる軌道が
 内に切り込むが故に より一層の
閉じ
が必要になります。


スライスを防ぐために フェースの閉じ を積極的に行い
スライスと反対の フックボール
 巷ではドローボール と呼ばれる
「上手く見える」弾道を
 願望しているゴルファーが非常に多いと思うのですが…
スライスが出るかも…と言う前提の上での
フックボールは アドレスの向き、狙いドコロ、距離感、
ランの出具合 があまりにも違い過ぎます。
ガラガラポン で出る球が良い当たりだったのに
狙いが全然違うが為にOB というのは勿体ない です。

手の返しによる フェースの閉じ は
ラウンドの疲労 に 大きく左右されます。


その打撃方法は同じく アプローチにも反映されます。
アプローチはスピードで解決し難いので
 ガラガラポンで出るミスはフルショットよりも
 はっきりと出ます!


IMG_0607IMG_0610







また、ショットの場合 フェースの向きや弾道のミス
は ショットの方向や曲がり の繋がりますが、
ロフトの開き の場合、距離や方向だけでなく、
バンスの張り、リーディングエッジの出
ヘッドの縦軌道、横軌道の最下点、最ふくらみ点のズレ 
など
『より手痛いミス』につながり易くなります。

wedge-bounce




☆☆☆どうせ スライスを撲滅したい と 考えるのなら
こう考えてみては如何でしょう
 ☆☆☆

アドレス時、特別な場合を除いて
 フェースやロフトを開いて構えるコトはありません。
まして ドライバーではほとんど皆無です。

にもかかわらず どこかで『
開く』『開いてしまう』から
閉じる必要性」が生まれるのです。

アドレスで開いていないモノを 開いてしまう
 と言う箇所は 修正も容易で、動作で管理しきれます。

一方、閉じる行為の箇所はスイング動作の中では
 一番高速な 動作把握、姿勢把握の最も し難い時期
 に当たります。
見方によっては 問題を先送りし、より難易度を上げている
とも言えます。

閉じる必要性の生まれない スライス防止 の方が
 いろいろと確率が高く、再現性が高くなるのでは ないでしょうか❓

✋それによって アプローチショットの向上も望めます。





それと もう一つ
 スライスの「本当の問題」は
 
フェースの開き、ではなく ロフトの開き です。
(飛距離ロスと右回転に直接関係はありません)

→フックボールの方が 飛距離が出易いのは

 スライスのソレ と比べ ロフトが締まっているからのみ です。
(飛距離の伸びと 薛莢鹽召歪樟楷愀犬砲△蠅泙擦鵝

→ロフトの開き の問題を解決せず
 距離を延ばすのに ヘッドスピードに走る…と
 スピードは上がったのに 高さ や スピン ばかりが増え
 より曲がりが大きくなったり、大きなミスになったり…
 ヘッドスピード と 飛距離 のつながりが無くなってしまいます。



スライスの発生原因については

 先ほど書きましたが、
ヘッドの進行は 二次元の平面上を動く のではなく555
 立体に動く訳です。

トップ、や切り返しの箇所から

 インパクトに至るまで
ヘッドは 斜め下へと進行して行きます。

 ですので、水平軌道に対し、フェースを開かない
だけでなく、
 垂直とまでは言えませんが、縦方向の移動 に対しても
 フェース、この場合はロフトも開かない
 というのを 忘れては スライスの一番の問題は解決しません



多くのレッスンでは 横方向の開き ばかりを問題にしていますが
ゴルフショットの最大の魅力である 飛距離 に対して
ダイレクトに効くのは 縦方向のロフトの閉じ
(正確には開かない)です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングおたく でもある私が
 なんとなくの感想 を…。

この動画 を見ると
からだの回転でグリップが移動する、
その移動には 前傾姿勢があるので
→グリップの位置の移動に伴い
クラブが高くなったり 低くなったり
フェースは常時、円弧の外を向いている ように
自分とボールの間の狭い空間…やや自分寄り
(説明長くて大変ですが )
を 上下にクラブごと移動しているだけ を
お薦めしていますが、

大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)










_に回転させたい フェースターンする人の気持ち
もよく判るんです。
で、最近 レイドオフ… 流行ってたり…しますけど…
 レイオフ だと 一時解雇 なんですが、
 本当の意味はソッチに近いと思いますよー。

あの横振り って
 足元よりも 高い所にある ボール を打つと
 ライも、ロフトですら フェースを左に向けるので
 スイング軌道に関係なく
 スライスになり難い、
 気持ちとしても スライス出難そうに感じるのでしょう。

ロフトって 横にしたら 強烈なフックフェースに変身しますから
それで 飛ばせ って言うか
スライス解消しちゃいましょう という奴でして、
なんて言うか名称は忘れちゃいましたけど、
左を向く勢いで ヘッドをインから飛び出させろ って言うのも
ごちゃまぜになってますよね。

コレねー、確かに 空中にあるボールはそれで打てますけど
地面にあるボール打つのは めっちゃ辛くなりますし、
アプローチやバンカー ボロボロになるんじゃないでしょうか❓

左を向くコトで 寝かしたクラブをインから出す
なんかを盛んにする女性…バンカー出るの❔ って感じです。

伸び上がりながら 地面を蹴ろ なんて
ナンの呪いよ って思います。
年配者や女性の場合、地面から打つフェアウェイウッド、
そして グリーン周りが勝負なのに
それ 捨てて ぴょん吉打法 でドライバーショットですか
って感じです。

アプローチがボロボロになる ショットなんて
正直、真似するのも怖いです。


(本日のサンプル)

横回転 をさせるほうに比べ
縦回転は 腕力とか 過激な動作があんまり要らないんで
要領覚えちゃうと ハマっちゃうパターンです。

コレも大きな欠点あって、
横回転よりも ロフトが大きくなるんで
距離を出すには スピードがより必要で
方向性はいいんですけど…ね。

それとともに やはりアプローチの距離感が掴み辛く、
バンカーは上手いんですけど
ショート癖 上げ癖が強くなって
乗るけど 寄らない ってパターン。
ロブショットとか上手いですよねー。

縦回転の癖のあるの人 が
加齢とともに スピード落ちてくると
今まで 得意だった高さが取れず
 失速気味の球になるんですねー。
ここらへんが スコアが落ちる境目 なんでしょね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これに関しては
もう笑っていいのか、悲しんでいいのか、
ギャグなのか、それともホラーなのか、
安価なプリンターを売って、インクジェットで稼ぐ式レッスンなのか、
とっても 微妙なお話し です。


ミスショット、
スライスが出る、
ボールが飛ばない、
 などなど
上手く打てない、ショットが安定しない打撃として
『アウトサイドイン』
 が代表例 と思われていますが、
その
『アウトサイドイン』
そして 上手く打てる、上級者の証 とも呼ばれる
『インサイドアウト』 とはどういったモノ なのでしょうか❓ 





先に正解から行きます。
スイングは 基本、からだの向きが変わるから
ヘッドが大きく移動
します。
インサイド とか アウトサイドを発生させる 円弧 は
からだの向きによって
 形成されています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(2)









右を向いても、左を向いても、
ヘッドはボールから離れ、自分の方に入って来ます。
問題の アウト とか イン は
飛球線を基準に考えられているフシが強いですが…

そうではなく、
自分が右を向いている内に
 ヘッドがボールにアプローチしてくる
 から
それを インから と呼ぶのです。
 つまり そのヘッドの移動、クラブの移動 が
からだの向きで行われているコト が大前提
 になっている『筈』です。

では アウト の場合 はどうでしょう❓
 本来は右を向き、 それが元に戻る、と言う行為で
打撃になる訳ですが、
 右向きのタイミング で打撃に入らず
 左を向いてカラ 打つコトになる と
アドレス時に構えている目標方向(飛球線方向)
 より 左を向いて打つコト になるので
飛球線ラインよりも 外から ヘッドが入って来ます。
打ち遅れ ている訳ですね。

しかし、これがそのまま →スライス になるか というと
答えはノーです。

これは単に アドレスに対し、打つ方向、振る方向、
振るタイミングをズレている と言うだけで
結果、ヘッドと軌道の関係によりますが、
 その方向にボールが出るに過ぎません。
オリジナルの飛球線に対し、
 斜め外から振ってきた…としても
その実軌道に対し、フェースが開いていれば 右回転(スライス)
フェースが閉じていれば 左回転(フック)
ですので、アウトから入ってきたコトと 曲がりは
ほぼ全く関係がありません。 問題は方向だけ です。
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)

でも それですら あらかじめ
どの位 斜めに振ってしまうか、理解していれば
実飛球線とアドレスの向きを調整すれば 良いだけ ですので
スイングそのもの と ショットの良し悪し とは
深い関係がありません。

✋この「アウトサイドイン」「インサイドアウト」問題の
 もう一つの欠点、問題を生じさせる点は
 インとか、アウト、からだの開きを避けたいがため
 どこかの時点で からだの回転を止めてしまう、
 特に からだの開きを避けたいが為、
 ボールと正対するトコロで 我慢してしまう というコトです。
 もう、お分かりと思いますが、
 その軌道問題の原点は
 「からだの向きの変更でクラブが動いているか」ですので
 からだを止める は クラブも止まる になる筈なのに
 それを利用して打つ、なんて 本末転倒にも辿り着く訳です。




IMG_0755


☀☀☀☆☆☆さて、ここからが問題なのですが、
実際、世の中で言われている
ほぼ100%に近いゴルファーが信じる
上級者の証❓と呼ばれる 「インサイドアウト」
インからヘッドを入れる は
からだの回転とは全く関係なく
 単にヘッドを 飛球線よりも自分側 から入れる

というコトを指しています。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











インサイドアウト アウトサイドイン の問題の本質は
,らだの向き、からだの回転でクラブを動かしているか
⇒想論で言えば 右向きの内にボールにアプローチしているか

であって、最優先は,任△蝓
 実軌道に関しては 大きな問題ではないのです。

先ほども書きましたが、
打ち遅れてしまい、からだが左向きになってから
ボールを打つコトを便宜上、「アウトサイドイン」と言いますが、
これは 実軌道とアドレスの向きのズレを知っておいて
その分、右向きに立てば 問題は解決します。
出る球筋や距離の問題は 軌道とは無関係、別の問題です。

その正しい「アウトサイドイン」が好きか、嫌いか、
治すべきか、放置すべきか は個々人が考えるコトで
その状態でも 非常に簡素な修正(ズレの認識のみ)で
 十分、ショットも、ゴルフも楽しめます。

ところが 一般で言われる からだの向きには関係なく
 からだの向きでクラブを直接移動させる と関係なく
単に 飛球線の内側から ヘッドを入れる、
のが インサイドから と言う理論は
ほぼ100% 手打ち、手振り を強要し、
その自分では インサイド と思っている場所が
 クラブを寝かせ、ロフトも、フェースも開く、
誰を満足させるために 疑似インサイド を作っているのか
判りませんが、インパクトのロフトも、フェースも、
その軌道を作ったコト、その後に修正改善、
もうインパクトまで コンマ.0何秒しか残っていないトコロで
理想的なロフトの向き、理想的なフェースの向き を
手の返し で修正する必要が絶対に生まれます。
軌道を放置している方が格段に楽、
 その後に訪れる ヘッドの返し技 は
 50年以上、おそらく 一億人を超えるアマチュアゴルファーを
 今も、それから これから先も苦しめ続けます。

現場へ出れば、スイングは兎も角、
スイング軌道なんてモノは 目に見えませんし、
殆ど意識もしていません。
あえて言うなら スイングが分らない人が
他人のミスショットが出た時に
『アウトサイドインだったから』と知ったかぶり される
その程度のモノで、
その誰の為にやっているか分からない
本質とはずれた 的外れなスイング軌道変更 の為に
1/3000秒というドライバーの ヘッド姿勢調整が
永遠に続くコト になるのです。
「軌道を変更」とは随分、上手そうに見えるモノ言いですが、
 単にクラブを手で外に倒しただけ です。

2020-10-19_21-38-40_Moment(2)2020-10-19_21-38-40_Moment(6)











飛球線より自分側 から ヘッドが入ってくるコト
 をインと規定した としても
◌クラブ、グリップやヘッドは からだの幅の中にあり、
 自分が右を向いているから イン
 なのと
◌自分のからだの向きは関係なく
 グリップも、ヘッドもからだの外、からだの右 にあるのが イン

とは あまりに別なモノで
 どちらが インパクトのホンの一瞬手前 として
 適切なのか、繰り返し易いのか
インサイドアウト/アウトサイドイン論争を そう判断しないと
 スイングを形だけで、自分ではなく、レッスンプロや
他人に満足させるためのモノ …徒労に終わってしまいます。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


二つを比較してみましょう。




まず 気になる点 です。

.肇薀い靴討い觝巴罎癲△修谿柄阿
ダウンスイングで グリップを腕の動きで
ボール側に出し過ぎ
です。

V字を維持してみよう 上編_Moment(2)この方向で見た場合、
アドレスに比べ、
グリップ位置は テークアウェイに伴い
写真薀棔璽訛Α,ら
写真茵.棔璽襪ら離れていく方向に移動します。

これは 確かに見方によっては
グリップがボールから離れる方向に動いた のですが
その原動力は からだの向きが変わったから です。

ですので クラブを縦にも横にもターンさせない
をしようとすると ボールに届かない
というのは からだの回転とグリップの移動が伴っていない、
もしくは からだという胴体、骨盤、腰 と
肩の回転が別なモノ、別なタイミングに動かすモノ
と言う感覚があると思います。

また 逆に テークアウェイ では
 からだの回転でグリップをボールから離れた方向に移動させている
は繰り返しますが、向きが変わったからで 高さは兎も角
からだとグリップの相関関係は大きく動いていません。
にもかかわらず、グリップをからだの回転でない 別なモノで
ボールに近づかせたら、何かが離れるボールとの距離感の相殺
が行われてしまいます。

V字を維持してみよう 上編_Moment実際、グリップがボールと一番近づくのは
インパクト付近です。
それよりも先の時期、時間に
グリップが前(ボール側・写真上〜蕁
に出てしまえば ボールから離れながら
打つコトは必須となってしまいます。

グリップを下げる・・・ であっても
その位置は からだの幅の中 で
からだの向きが変わるから グリップはボールに近づく です。

まあ スイングイメージが 横にボールをとらえる
である限り、それをする為に 一度クラブを寝かさないとイケナイ ですから
それによって グリップが無自覚で出てしまっている
と言う可能性も否めません。 動画上でも その寝具合、グリップの出具合
の差ははっきり見えるところですね…。




次に 刷毛塗 で 押していく
移動させるべき グリップの方向
 です。

パターストロークや小さなアプローチの場合、
からだの回転と言う 大きな移動手段がありません。
よって からだに対し 横方向、
スイング用語で言うと 軌道上進行方向 になりますが、
ショットの場合は 若干、そのイメージは異なります。
…刷毛塗〜肘使いの本当の役割は
 回転の補助・方向決めであって
 打撃行為 ソノモノではありません。

 ダウンスイング以降、
 左ひじをからだの外目に抜く…感じは
 それでボールを打つコト ではなく
 からだの回転を止めず、その動きの中で
 グリップの逃げ口を作り
 からだの回転と馴染ませる為です。


(クラブ扱いのイメージの比較_Moment

ショットの場合、一番 肝心なのは からだの向きの変更力 です。
腕さばきによって、クラブ扱いによって
それを阻害するのは 出来るだけ避けたい のです。
ですので テークアウェイで
 一般的に言われる クラブを上げる、振り上げる は
クラブや腕の長さが 向きの変更力を妨げる ので
速度に応じて その長さを収納 している と考えて下さい。

 しかし 短くなった…
収納されてしまった腕やクラブは
この場合 腕の付け根に近づいてしまった状態のまま、
本当にそのもま からだの回転だけ したら
当然、ボールの上を空振り します。
ですので 腕は グリップのあるべき高さ
 もしくは 届くべき腕の長さ、
イメージとして グリップを上下に動かす というのはあまり良くないので
 グリップのあるべき腕の付け根 から距離
に戻してあげないと ボールに届きません。
 ですから ちょっと ややこしい ですが、
その腕の付け根が回転で移動する分も考慮した
 からだに対し やや斜め下 の方向にグリップを押してあげるコト で
軌道上、からだに対し横にグリップを押す行為を
土台が動いている、全体が移動している最中に行うと
肩と胴体が分離してしまします。
 刷毛塗で押す方向を間違えては 別な手打ちになってしまいます。

◌土台が回転・向きを変えている というコトを考慮し
 右肩に近づいたグリップを 元の長さに
 右肩から離れる方向に押してあげる。
 (目的は打撃そのもの ではなく 届く長さに
 届く高さにしてあげるコト)
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)






動画で見ると 片方(Rさん)は
 はっきりと 横、飛球線方向に 右腕の伸ばしで
 グリップを押していますが、
もう一方(店主)は なんだか はっきりしない 方向性が掴めない
そういう 押している?(つもりはないですけど)
そんな感じに見えると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



兎も角 騙された と思って
 
この素振りをトライしてみて下さい。

実際のショットでも可能です。
ごくごく ゆっくりした…
 フルスケールのショットで「転がし」程度 から
始めると良いと思います。
この手の改造で
 いきなり フルショット/フルスピード にトライするのは
車の運転免許を持っている人が
初バイク免許の教習にいくのに
 初教練が 高速道路 みたいな
あまりに無謀で、
スイング動作という条件反射に近い動作の変更を軽く見過ぎている
 のかとも思います。



からだ は 胴体・骨盤・腰・お尻 は
イメージ上、頭や顔も含め 胴体丸ごと 向き を変えます。

トップらしき 位置から
単に からだの向きを変え、
 グリップを移動させるだけ です。


フェースは 常時、軌道面、スイングの外側に
 向けて置くイメージ・・・

 ロフトの大きいクラブではイメージし難い…かも?

グリップの移動に伴い、ヘッドも引きずられるように移動しますが、
その遅れは 開きやシャフトの倒れ になる可能性もあるので
それは そのからだの向き度合い・割合 なりに
右腕でサポートします。

素振り…であれば 特に右腕の伸ばしの意識は必要なく、
適度な回転で ほのか であっても 腕に、クラブに遠心力が
かかったら 左腕が進行方向に逃げるよう な クラブ姿勢で
グリップを肩から(上下に)離します。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







✋✋✋回転のあるポイントを掴む …と
(記事上では書きません、ご来店下さい
 もしくは ご要望が有れば セミナー開きます)

如何に 自分が 外からガブって 振ってきているか 判ります。
肩の回転が 外から振ってきている分、
腰は相当早め、切り返した途端、開くことになりますが、
外から振るのは嫌なので シャフト/クラブを寝かし、
便宜上の 「偽インサイド」から振っている のです。

そうなると ロフト・フェース共に ダダ開き になりますから
フェースターンが無いと
マン年 どスライスから脱出出来ません。



外から振れ、と言う意味ではありませんが、
からだの向きが変われば
自然と 無自覚で、グリップよりもヘッドは
 ボールの方に出ます。

『自分でするコト 自分の腕でするコト ではありません』


スイング動作 としては
ただ ただ 向きを変えただけ です。
どこかに チカラを入れる と言う感覚は皆無 でしょう。
飛ばしたいのなら ロフトを考え
 ロフトを増やさない、軌道の上下を崩さない範囲で
如何に 早く、時間をかけずに 向きを変えられるか
回転できるかが勝負になりますが、
 それも 力技でどうこうなる と言うモノでもありません。
スイングで 頭を使うべきトコロ は
その腕さばきやクラブさばきが
 回転、向きを変えるのを邪魔しないか どうか です。
腕やクラブの重さを使って
 いかに 短時間でからだを回させるか で、
力技で…つまり からだで引っ張って 腕を動かすのとは
 かなり違いがあります。





チカラを入れたいのなら からだの回転で直に打つ は

辞めた方が良いです。 入れドコロがありません。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



本日の記事は おおよそ言葉で説明するのが難解な
スイング 動作というか、そのイメージを 言語化してみます。
  ……伝わらないだろうな…とは思っています。

☑長い棒状のゴルフクラブ
☑重心距離と言う 棒とズレたところのある打点
☑回転と言う横 と 上下 が混じるゴルフスイング動作

多くの人が スイングには縦・横 の動作 があり
それは別々に同時進行していくようなイメージを抱いている
と思います。
からだの回転は前傾があるとは言え 横
腕の振りは 縦。。。みたいな感じで
なんとかプレーン と言って、それを理論化している人もいます。
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)







多くのゴルファーが
その スイングの見た目 に騙され
本人も見た目通り、そう動こうとしますが
何度も説明していますが、ゴルフクラブにはその長さ、
そして 棒とズレたところの存在する重心位置(概ね打点)
と 運動による積算の不可抗力が働きます
 から
それを やり損ねてしまう というよりも 必要以上に、必要以上に、
必要以上に その見た目をコピーしようとする傾向 が強くあります。



重力には当たり前の法則があって
空気抵抗を無視すれば
重かろうが、軽かろうが 落ちる速度は同じです。
よって ヘッドの方が先に落ちる なんてことはありません。
勿論、人間は重いモノほど 支えているのは嫌い です。

トップの位置 から
そのクラブの重さ を考慮しつつ、
からだ が 向きを変えると
そこで 半固定された グリップは
そのからだの回転の方向や速度に応じて移動します。

人間はそのグリップの相対関係を
 自動で「固定」することは出来ないので
少々、それをお手伝いして まるで相対関係を固定したようにします。

ヘッドには重み や その形状的特徴があり、
それは シャフトと言う棒状のモノで ゴルフクラブの部位であるグリップ、
人間の手、人間の腕 とつながっていますから
その重さを利用し、
☑『移動している腕の付け根』に対し
 相対関係が同じようなトコロ に グリップを移動 させます。
→→→見た目には動かしていないように見えます。


ヘッドの重さは
ボールをどかすチカラとしての機能 とともに
グリップを動かすのに促進する機能、
使い方…によって その移動をさたまげる働き を持っています。


故に スイング中、打ち終わって減速 に入る部分を除き
あくまでも 打つまでの間、
クラブは 横方向にも 縦方向にも ターンするコト は
あり得ません。

だって グリップの移動でヘッドが動いているんですもの…。
ヘッドの重さは促進剤にはなっても、速度の「原動力」ではありません。

よって 
クラブは 縦に 回転に伴って
その連結部分である グリップの移動により、
高くなったり、低くなったり するだけ

ヘッドがその回転による グリップの移動で ターンするコト は
物理的には、恣意的にしない限り あり得ない 訳 です。

ティーアップして やや空中に浮いたボールも含め、
低いトコロにある、地面にあるボールを 効率よく
そのロフト構造も含め、確率良く、再現性良く
人間と言う構造物が打つのには
 この 縦にも、横にも クラブをターンさせない
単に 連結部 である グリップの
 回転による 斜め横への移動によって
クラブ自体が高くなったり、低くなったり
 するコト が 一番シンプル と見ています。
これは クラブを縦にターンもさせませんので
 縦振り とか、横振り とか の分野とは異質でしょう。

しかし… 多くの人は
クラブは横、
特に軌道なりのターンは絶対 と思っています。
なんと言えば良いのか
俗に言う スイング軌道 に対し、
ロフトのを 常時 センター 自分の方に向けて置くような
地面のボールを 土ごと こぞぎ取るような イメージです。
スイングプレーン打法 なんて言うのは
その典型的なモノで
 あの 自分の周りにある 円周に対し
それをなぞるように振る訳 ですが、
それでは ロフトが大きすぎ、何十度も余計なロフトで打たない
といけなくなるので ヘッドスピード、ヘッドスピード と
連呼する訳になるのです。

あくまでもイメージですが、
 ヘッドは   グリップのからだの向きの変更による移動に対し
 遅れるんです。その遅れは ロフトの立ち、
 つまり スイングの軌道に対し 外に向いた状態になるのですから
 その状態のまま ただ からだを回し
 グリップを移動させ続ければ良いだけ です。

ボールをつかまえる
 のイメージ通り なのですが、
ボールを縦にとらえる というか
あくまでもイメージですが、ボールを地面に押さえつけていくような
フェースを下向きのまま からだを回していく というか…。
×クラブを回転さえるイメージでは
ボールを横にとらえる 感じになってしまい
縦にとらえるに比べると 90度もロフトの多い状態です。
【つかまえの作法】_Moment

必ず どこかの時点で
 腕なり、特に右打ちの人の 
右腕の伸ばし(リリース)なり
 胴体ではなく、からだの急激な回転による
 グリップの移動ではなく、ヘッドの移動〜クラブのターン
が入ります。

スイングは横だ、縦だ、
 といろいろ言われますが、
振り と言う意味では 縦でも横でもなく
クラブ と言う形状と
人間 と言う構造物・機能がある限り
そう多く種類の答えは無いと思います。

味付け…としては
切り返し、ダウンスイングでの
からだの回転 と 腕の振り
腕の付け根をどう動かそう としているのか
やはり 見た目 に影響され過ぎている ような気がします。
      (…詳しくは ご来店下さい)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



練習場ではちょっと勿体ない…かも知れませんから
片手での素振り、をしてみましょう。

どちらの手でも構いません。

スイングの円弧は
からだの向きの変更とつながっています。
腕の振り ではありません。
その 円弧、曲線 に腕が一切携らないか と言うと
まったく と言うわけには行きませんが、
基本、腕使いで円弧を描くことはありません。

どちらの手でもそうなのですが、
多くの誤った その片手での振りは
ボールの有る インパクト付近、以降で
左サイドの回転を止め 腕で円を描くコト です。

腕を振って 円を描くのには
グリップに対し、ヘッドが追い付かなければ
実行できないのですが、
実際のショットでは 速く、強く、振れば
(動けば…が正しいですが)
振るほど ヘッドは重くなり、グリップに対し、遅れ易くなります。
まして これはドリルですが、片手です。
持っているのも やっとな程 なのです。
(片手での素振り と クラブの格納_Moment

素振りでのイメージは
アドレス時 からだとシャフトは垂直(約90度) な関係ですが、
トップの位置へ行くと
右打ちの人であれば やや右に近づきます。
角度 としては そうですね 60度位の関係になります。
ダウンスイングを始めると
 その角度は より狭くなり、
インパクトから フィニッシュにかけて
 その角度は 0度、胸やからだと平行になります。
(片手での素振り と クラブの格納_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3)






(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(5)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(6)






多くの人は その角度を 逆の角度
右サイドとシャフトの関係であれば
本来 どんどん それは近づき、最後はくっ付く のですが、
それ(角度)をどんどん開いて
 最後は左サイドとくっつけようとしています。
・・・・・・物理的には不可能です。

そこで登場するのが、どこかの時点で
左サイドの動きを止めてしまうコト。
そうすれば 支点になる左グリップの移動は止まり
ヘッドはグリップに追いつき 追い越します。


フィニッシュ以降 如何に腕とクラブを収納するか、が
からだの回転の速度の鍵になり、
そこで 左サイドを止め、腕を振って円を描くのは
スイングらしく 繕っているだけ です、よ。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プロや誰かのスイングを見て
何かの参考にする際、誰もがそうですけれど
「自分の気にしている、見たい部分」に目が行きます。

ヒトは見たいモノを見てしまうモノ、なのでしょう。

それは仕方ありません。
この動画を見ても 刷毛塗(肘さばき〜腕さばき) で
ボールを打っているように見えてしまう…でしょう。
でも、実際には 刷毛塗は からだの回転を促したり、
その方向を定めるだけで 直接、右肘さばきではボールを打つ、
と言う感覚や意識は全くありません。
 
 …でも そこが見たいんですよね…。


ハミングバードの唱える「刷毛塗」という『腕使い』
これは 両方の肘を外目に逃がし、
クラブを角度運動させず、からだと垂直にスライドさせる
と言うモノですが、
この 基本概念 は あくまでも

✋✋✋からだの回転を促す、助けるモノ 方向を定めるモノ です 。


確かに パッティングストロークや小さなアプローチでは
この刷毛塗だけでボールを打つ〜小さく移動させるコト は
可能ですが、ある程度の強さでボールを打つ場合、
刷毛塗は からだの回転の補助であり
打撃の主エンジンは からだの向きの変更 という
足腰あたりの大きな筋肉を使う
 ゆったりした大きな動作
 です。

手で振っていた、ローテーションをしていた
悪く言えば、手でこねていた方の場合、
腕というか、肩周りに力感 が 打撃の感覚 というか
その力感が『強く打つ』『強く叩く』 筋肉記憶 のようなモノで
その 昔、付き合っていた 別れたのか曖昧な状態の彼女(彼氏)の
思い出 からなかなか離れてくれません。
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)









インパクト、ボールさばきをする事を
刷毛塗主体で行ってしまうと
腰は横(水平)、肩は縦(垂直でないけど)
腰回りを肩周りが別々な方向に動くコト になり
結果、別な形の手打ちになってしまうだけ です。

感覚を言葉で表現するのは難しいですが、
例えば 右を向いて〜左に向きを変える と言う動作 に対し
刷毛塗も 同時進行というか
どこかで それを強調して行うのではなく
右向き(スタートー0) 左向き(フィニッシュ-100)
の進行と同じ割合で 動作を強調せず、全般に渡って薄めた動作
で行っていく必要があります。

おそらく…なのですが、
俗に言う……からだの回転で打つ 方が 難しく、
本格的で、アスリートチック と思っている人が多いと思うのですが
手で振る、フェースターン、ヘッドターン、手でこねる で
ボールを 『遠くに、確率性/再現性高く』打つ方
 が遥かに難しく、
要らない技術と言うのを除けば 圧倒的に高度な技術 です。

コメントの中で
腕にもエンジンが必要なのか、とありましたが、
今まで からだ・胴体・骨盤・腰 に対して
フェースターンをするために遅らせて 肩周りの力感を出していた人
にとって、先に腕を送れ、は
その感覚を相殺する為のモノで、
遅らせているのが当たり前 だったのを
先に動かす「位」でないと 同期しない(肩と腰が一つで動かない)
という意味合いですが…。
腕や肩を全く(自分の意志で)動かさない とは言いませんが、
それは 足腰を使った 骨盤〜胴体〜からだ の移動なり に
同期させるため のモノであって
どこかで 腕だけを強く使う とか、
自分では体だと信じている 「肩回り」を強く動かす というのは
元来、スイング動作の中には存在しません。

からだの向きの変更に 「同期させる為」「遅れさせない為」
腕や肩も稼働させてはいますが、
慣れてくれば それは からだ の動作と一体なので
特に意識は必要が無くなります。

ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Moment


動画を見ていて 感じる のですが、
刷毛塗の感覚 クラブを体に対し、出来るだけ垂直に
クラブに角度運動をさせず スライドさせて使おう 
 とする意識は見て取れるのですが、
足による骨盤・お尻の向きの変更、
それが その後の肩をまわす、腕を使う、刷毛塗する為の
場所や位置の確保になっており、二重に回転があります。
これでは 今までと違う形の手打ちになってしまうだけです

トップの位置から グリップは
体の中(体の左サイド)に、
ボールの方に出してはイケマセン。
ボールの方にグリップを出すのは
からだの向きの変更の仕事 なので
似ていますが そこには注意が必要です。



腕は使わない は理解できても、
やはり 🔴足を使った骨盤の動作(向きの変更)と
肩周りの向きの変更が 別なモノ 別なタイミング、
🔴からだの向きは ボールを打つための準備 に過ぎず
ボールを打つのは 肩の回転、
従来の「当たり前」の発想から抜けられないと
からだの向きの変更で直にクラブを移動させ ボールを打つ
と言う言葉ですら 意味を成しません。


手打ち は出来るだけ避けたい
で思っていても からだの回転が肩の回転
足腰の動きと肩が 別な時期に動く となると
結果、手打ちをするコトになってしまいます。

キーポイントはそこらへん なのだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転 と ゴルフスイングは
良くも、悪くも ついて回ります。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)
多くの人は ゴルフスイングにおける『からだの回転』
向きの変更を このように考えている…のではないか
と思うのですが…。

しかし、これに 速度を加えたらどうなってしまうでしょう❔

速度を増すと 重さは掛け算で増えます。
そうなると より長さが増し易くなり 重さも増え易くなります。


重さが増えれば、向きの変更の主エンジンである
足の動きに対し、腰、肩、腕、クラブはどんどん遅れていき
最終的には その分、腕で取り戻す
 腕さばきで振らなくてはならなくなります。


大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)









あくまでも 想像の領域 なのですが、
数百年前 ゴルフらしきモノ のスタートは
単に 棒で石やなにか を打つコトから始まった のでしょう。
そして その先端に硬い重量物を付けると
より遠くに、より強く打てる・・・そんな感じだったのだと思います。

現代のゴルフにもつながるのですが、
長さがあり、その先端に特出した重さの付いた
ゴルフクラブと言う構造を考えると
上から打つ なんて言葉はありますが、
始めの写真の通り、からだの回転どおりに 肩も腕もクラブも
遅れないように 主エンジンを足腰だけ にしておくには
腕の上げる動作、下げる動作は
上げ下げ することではなく、
クラブの重さ、腕の重さを増やさないよう
遅い速度だと遅れない 腕やクラブ を
速い速度にした分 短くしておくためのモノ
なのではないかと思います。

その例…として 短い距離、中途半端な距離を打つ際は
運動速度、回転速度も早くないので
クラブを格納する、短くするような動きは多くありません。
しかし 一旦 フルショットになると
 腕やクラブを短くし、遅い状態の長いクラブと同じような
 重さに収納しておくコト がポイントのように見えます。
video_Momentvideo_Moment1video_Moment2video_Moment3








だから クラブの下に振る とか
気持ちは分からないではないのですが、
道のりが長くなり、クラブや腕の重くなり量も増えますから、
よりクラブや腕、そして問題の肩 を 腰から切り離してしまう
結果として インパクトは腕で振らなくてはならなくなる
というコトもあるんだと思います。

手の返し、フェースローテーション で振る人の特徴は
ダウンスイングの道のりが長く 時間が掛かっています。
場合によっては、フェースローテーションをする為
 一旦 クラブを寝かす行為まで取り入れている人もいます。
まあ 元々 フェースローテーション、手の返し無し では
ボールは打てないと信じ切っているので
 そこ以外の何が変わっても、その部分は捨てられないのでしょう。


少なくとも 私の個人的印象では
上げる と言う行為の本意は 長さの収納で
スイングでよく言われる 遠心力やクラブの重さに手伝って貰い
その長さを打てる・届くところまで戻し、
打ち終わった後 やはり 出来るだけ早めに収納・格納する
と言う感覚です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



両手離し(スプリットハンド)ドリルの一つのテーマ として 「つかまえる」と言う行為を通し からだの向きの変更 と 手さばきの合体(融合)があります。 クラブの縦廻り(クラブが単独で!と言う意味ではありません)  というのを 如何に からだの回転 で行えるか を 体感する良いドリルかと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ボールを体の正面でとらえる』 がキーワード
になって 多くのゴルファーはからだの回転を
構成〜構築、イメージしています。




一番多く、
年齢によってはからだを壊してしまう典型的な例は
コレ
imageCAX9G566

回すのは肩だけ/腰はいつもボールを見てる…つもり
 ひねるのは胴体
(からだはゴムか、雑巾か…)
 肩だけを回し 腰/骨盤はいつもボールを見てる
(ありえません)
 …マシーンじゃないんですから 無理無理無理
スナップショット 2 (2012-11-04 10-59)スナップショット 2 (2012-11-04 11-08)スナップショット 4 (2012-11-04 11-08)




 テークアウェイ で 腰は正面に残し、
 肩・胸・腕(含むクラブ)だけを 右に向ける

「確実にボールを当てるには
 腰は常時、ボールを向いている方が良い」

 という おまじない …実は呪い
 (おまじないだけで試験に合格出来たら世話ないです…)

 腰/骨盤をボールに向け、ダウンスイングを始めます。
 腰は動かしていないつもり でも
 スイングは 腕やクラブの元々の重さ、長さ、運動 が加われば
 積算で重くなり 300g余のクラブはすぐに
 何キロ のモノになり、それには遠心力が加わります。

 ダウンスイングで やや下方外方向に 遠心力も含め
 不可抗力がかかりますので、定点にあるボールを打つのには
 それを相殺する動き(からだを開く、引く)が必要になりますし、
 元々、腰/骨盤は固定、肩胸腕だけ回すなんて "不可能" です。

 故に テークアウェイ初期(始めの30僉法,砲いて
 勢いをつけて上げたくなるのは 仕方ないでしょうね…。
…だって 本来「痛み」のある動作ですので、勢い付けないと
 始められないですよー  
ええええ〜い! って。

 からだはだだ開き、開き=左サイドの上がり・右サイドの下がり
 になる訳ですから そりゃ こすり(ロフトの開いた)スライス
 から始めるのは もう定番、お約束。

 その右向き、左向き で
 胸肩腕の回転に 腰/骨盤は回さず ずっとボールに向けたまま、
 実質、不可能な、危険な動作 の その腰/骨盤 の固定度
 と その開いたロフトとフェースの閉じ具合 が
 上達の証し って なんの我慢比べ ですか?

 まあ 確かに、フェースを閉じるには
 左サイド、左グリップが止まらないと
 ヘッドがグリップを追い越しませんから そうなんですが…。


からだは一体、胸も肩も腰も一つの胴体
 その『正面自体の向きを変える』
 ひねる ひねらないの境目は股関節
 速く動けるか、強く打てるか は さておいて
 右向きは本当に右向き
 左向きは本当に左向き
スナップショット 2 (2012-11-04 11-40)スナップショット 2 (2012-11-04 11-46)スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)





 アドレス時はボールと正対していますが
 トップ時では ボールは左腰の横 にあり
 フィニッシュ時では ボール(もうそこにありませんが)右腰の横
 にあるという感覚です。

…腰痛もち、腰が怖い…ぎっくり腰気味の人がやるべき です。

 こう動くと インパクトは自然に ボールと正対した時、トコロ
 になると思いませんか?
コレが「ボールを体の正面でとらえろ」の真意です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今回は たまたま Rさんも言っていましたが、
『からだの正面でボールをとらえる』
『ボールと正対した時、インパクト!』
『からだの正面で打つ‼』

そう思っている〜願っている人はとても多い、
出来る・出来ないは別にして、ほとんど全員❔
 なのではないか、と思います。


✋✋✋
はっきり言います。

その言葉、そのゴルフ用語、格言、アドバイス
 すべて捨ててしまって下さい。
 忘れてしまって下さい。

もしくは "正しい意味合い" で覚え直して下さい。



MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)


からだの正面で打つ の正しい意味合いは
からだの回転、からだの向きの変更でクラブを動かす
そして ボールを打つ と
結果として、からだの正面でボールをとらえる
概ね ボールと正対した時、ボールを打つコト になる

と言う意味で、
手で振っているのに
 ボールと正対した状態を維持して、我慢して
 からだの正面で打つ コトではありません。


そもそも 手を主体で、クラブを動かしている場合、
アドレス時を除いて
スイング動作中、インパクトにかかわらず
 ボールと正対する時期、姿勢は一瞬たりとも訪れません。
手で振る限り、
左を向いて、からだを開いて しか
 ボールを打つコトが出来ません。
それを無理やり、正面を維持して…なんて
 それは拷問か、何かの耐久戦でしかありません。
バイク(オートバイ)にパワーウインドウのオプション
  のようなモノです((笑) 

大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)









また、手を主体でクラブを振る
 →手を返す、ヘッドをturnさせる、フェースローテーション
のスイングタイプの人は
 からだ、胴体を捩じってスイングをするので
腰がボールと正対した時が その時…なのか
肩がボールと正対した時が その時…なのか
はたまた その双方を正対させようとしているのか
『からだ』と言う定義が 非常に曖昧 です。


多くの 手を主体でクラブを振る方 は
 →手を返す、ヘッドをturnさせる、フェースローテーション
そもそも 腰はボールに向けたまま、
 肩だけを右に向けようとしますが、
ココから ダウンスイングをスタートして
 腰はそのまま ボールに向けっ放し にして
肩だけを左に向ける という エクソシスト…と言うか、
雑技団技を本当に信じているのでしょうか❓

downswingmhdohirakihiraki







そう唱えている人の多くが、

 腰はど開き で 肩だけ変な風にボールと正対の気分…
という 奇妙な姿勢、いかにも からだを壊しそうな姿勢
になっている訳ですが、 腰痛の怖い 我々の年齢で
そんな事にトライするコト自体、ナンセンスです。

ゴルフ用語、スイング用語 として
『からだの正面で打つ』 は
イコール からだの回転を主で、
からだの回転で直にクラブを動かすコト を指しているので
手で振っている人、手で振りたい人は
『からだの正面で打つ』 なんて言う
人間技を超えたコト は まるっきり 無視、捨てて下さい。

そして、概ね からだの回転を主に、
からだの向きの変更で直にクラブを動かせるようになれば
放っておいても、無自覚であっても
『からだの正面でボールは打てます』
概ね…ですが、『からだの正面で無いと ボールに当たりません』


課題にすら、する必要が無いのです。

逆に 正面で打つ意識よりも
🔴インパクトも含め、そこから しっかり 左を向くコト
🔴そして それを行うために しっかり右を向くコト

の方が 圧倒的に重要です。

からだの正面でボールをとらえましょう! は
からだの向きで直にクラブを動かしましょう
手で振るのは辞めましょう と言っている ので
手で振るけど 正面を維持して我慢してね では決してありません。




からだを捩じって、肩と腰を別な向き具合、
何処が「からだ」の正面、相対している向き なのか
判然としない振り方に アドレス以外、
からだの向きを意識する必要があるのでしょうか❓

忘れて下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ