◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年09月



本日…のトライは ドリル、と言うわけではなく
是非、一度-体験し、認識して貰いたい部分 です。

見た目 というか、作業〜動作は地味〜〜ではありますが、
実は スイングの重要な部分、
多くの方が勘違いして おまけ である"筈"の部分を
 ゴルフスイングの主 
と考えてしまっている部分 です。

今回の体験 は
ボールは全く強く打ちませんので
十分、自宅で可能ですし、ゴルフボールでも問題はありません。
素振りよりもより実践的…現実的 ですので
 是非、ボールを置いて トライしてみて下さい。
(こすり球克服ドリル_Moment

.棔璽襪離札奪肇▲奪廚蓮,笋箟β寄り。

極端すぎない程度の ハンドファーストで 構えて下さい。

そこから 一切テークバックを取らず
 ボールを転がします。
 転がす距離は 1ⅿでも 2mでも 3mでも構いません。
 単に ボールに当てる(触る)コトがポイントで
 距離はどうでも良い ですから
 自宅で行う際、ガラスを割ったり、電気を殴らない ような距離感、
 本当に ボールの移動距離は1ⅿで十分、です。



>>>動画の中では 22秒以降の部分 になります

この 体験 のポイント の一つ は
『からだの回転のタイミングと意味』 にあります。

◉ボールをつかまえる とは
 極端に言えば フェース面でボールを地面に押さえ込むコト です。
 ですが、それでは 打撃後、ヘッドは地面に潜り込んでしまいます。
 
 ですので そこから先に左向き があるのです。

 からだの回転には前傾姿勢がありますので
 左を向けば 回転の、ヘッドの進行方向には 上/高さ が加わっていきます。
 単純に言えば、上がっていく訳です。
 これによって ボールを地面に押さえつけた、押さえつけようとしていた
 ヘッドは 同じ進行方向(感覚)のままで 地面にのめり込まず
 運動を途切れさせるコト無く、持続して
 上に「逃げる」コトが可能になります。

 ですので この体験 では
 ボールを打つのに ヘッドは「当然」動き(移動)ますが、
 それは 単に からだが左を向くコトによって
 グリップが移動する分、だけ
 です。

 スイングの軌道、で言えば
 インパクト以降、ヘッドはボール位置より 左斜め上方 に移動しますが、
 それは からだの向きが変わるエンジンで
 グリップが移動するからに過ぎません。


 多くの方は このテークバック無しのボールの転がし をして貰うと
 インパクトから ヘッドだけを動かします。
 ヘッド「を」上に振るのです。
 スイング用語〜間違ったスイング用語ではありますけれど、
 ヘッドがグリップを追い越す かのように
 手の送り、グリップの返しで ヘッドを『上』に送ることで ボールを転がします。

 この行為 には 非常に重要なポイント(駄目ポイント)があり、
 その手で ヘッドを上に送るコト によって
 からだの回転の必要性が失われます。

 逆から言えば、からだを回転させたら ヘッドが送れないから です。
 キツい言い方をすれば、からだの回転でボールを打ちたい と言っていても
 この「ボールとヘッドのコンタクト、そして、それ以降」の重要な部分で
 からだの回転は使わない、使えない、必要ない を実行してしまう
 のですから…。
(こすり球克服ドリル_Moment(4)

 インパクトを体の正面で!
 その行為ソノモノには実は重要性はありません。
 多くの部分は結果論です。
 しかし 『インパクト以降に左向き動作がある、左向き動作が残っている』
 と言う意味においては インパクトは
 右向きと左向きの中間にあたる ボールと正対する は重要です。
 ボールを フェースと地面で挟む、地面にボールを押さえつける
 と言う行為を途切れさせるコト無く、地面につっかえさせるコトなく
 同じ方向性のまま 上に逃がすことが可能になります。
 (上に振るのとは ものすごく大きな違い…なのです) 

 ですので インパクト以降の左向きの無い
 形だけ ボールと正対した、インパクトはからだの正面で には
 なんの意味もない、形の真似事です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手振り というか
フェースの使い方のイメージ 分りますね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールをつかまえる……逮捕する には
ちょっと まどろっこしい かも知れませんが、
まずは からだの向きを変えるコト の意味
を掴んで欲しい と思います。

からだの向きを変える、
簡単な言葉にすると "からだをまわす" ですが、
意味不明かも知れませんが
からだを回すコト ソノモノには大きな意味はありません。

ですので 型や形のからだを回す や
左サイドのリード とか、腰を切れ、 なんて言葉は
あまり意味を成しません。

◉◉◉ からだを回す…からだの向きを変えるコト は
ボールを打つための 『グリップの移動』 の手段に過ぎません。


ですので 『グリップの移動』 を差し置いての
単なる からだの回し には何の意味もありません。




【こすり球克服ドリル  …動画では16秒過ぎの部分です
そして ここからは ドリル
というか、ボールをつかまえるコトの感覚 というか
雰囲気を掴むためのドリル
 になります。
スイングの形 や フォーム とは
直接的に関係ありませんので、思いっきり オーバーにやってみましょう。


,修海修灰蹈侫箸領った 5.6番位のアイアン を使いましょう
 ユーティリティやFW,ドライバーでもOKです。 

▲棔璽襪涼屬位置は 右足、右足よりも右 でOK
 自宅で出来ますが、ゴルフボールではなく テニスボールとか
 ピンポン玉なんかが良いかも知れません。

そのボールの位置…に対し グリップの位置は
 目一杯 ハンドファーストの位置
セットアップ
 言うなれば 地面と平行なシャフト 位の感覚です。

グリップの移動 特に横移動は からだの向き に任せます。
(こすり球克服ドリル_Moment(3)

ゥ▲廛蹇璽繊,箸聾世い泙擦鵑、それに似た位置
 シャフトが地面と平行以上の状態 と その分の右向き をつくります。

Δ海両態から シャフトの角度…地面に対するシャフトの角度は
 出来るだけ変えず シャフトそのものを地面に押し付ける「ような」感じ
 と からだの向きの変更 で グリップを移動させます

Гらだの回転が入っているので …シャフトが地面と平行、とは行きませんが
 兎も角 腕のリリース、右腕の伸ばしで シャフト角度を変えたり、
 無理にグリップを体の左に送ったりしてはイケマセン。
 右腕は グリップの移動の補助をしない とは言いませんが、
 あくまでも グリップの移動は からだの向きに寄るもの と言う認識で‼
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

┗Δ鮓いている内に シャフト・クラブを地面に押し付ける 感じ なので
 ボールに当たっても ヘッドは地面に押し付けたまま の感じ…
 それより先 地面があるので 抜けドコロが無い感じです。


このドリルのポイントは大きく二つ。
◉右を向いている内に 先に 右ひじのリリースで
 シャフトを地面に押さえつけ「始める

 右の手のひら〜左手の甲 を地面方向に押さえつける感じ です。
→グリップ…クラブを横に押すタイミング →遅いタイミング
→スイングで言うと 先に体を回してからリリースをすると
 そのリリースする分、左肩が上に逃げます。
◉前述しましたが、グリップの横への移動は
 からだの向きがします。

この二つを実践すると
からだの回す役割、
からだの回し始めるタイミングと右ひじの伸ばしのタイミング
クラブを押す方向 を掴める「かも」知れません。

この動作 は スイングの中に
はっきりと出ては来ませんが、この動作 を
大きく、速く、強く 行うのが スイングそのもの
  と考えて間違いでは無いと思います。
スイングの原型 と考えても良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 "逮捕する"
ゴルフ業界での 『ぼーるをつかまえる』 の隠語ですね。


まあ… 要は『ロフトを立てればいいんです』…
このロフトを立てる を ちゃんと理解するトコロから
始めてみましょう。

良く思われている
 ロフトを立てる → ハンドファースト
は 半分合っていて、半分間違っています。
誤解を生み易い です。

このロフトを立てる、 形でなく効能としての「ロフトを立てる」 は
分解写真〜静止写真 ではなく、 連続写真〜動画 の考えが必要です。
ヘッドには ボールに対して、入ってくる方向〜角度 があります。
この場合は アウトサイドインとか、インサイドアウトとかの左右、ではなく
上下の角度 です。
IMG_0607

◯ドライバーはクラブの中では一番長いので
 その入ってくる角度(入射角度)は緩くなり、
傍目からは 掃(はら)って打っているように見えます。
◯ウエッヂはクラブの中では一番短いので
 その入ってくる角度(入射角度)はキツクなり
傍目からは 上から潰すように、よく言う「ダウンブロー」に見えますが
両者は 長さ による 円弧の大きさの違い なだけで
特別な差はありません。 技術的にやるコト ではなく
同じコトをクラブを替えるだけで行える というコトです。

厳密には クラブの長さ…というよりも
それによって 構え、前傾姿勢が違うコトとクラブの長さの複合 によって
その入射角度の差は生まれます。



ゴルフクラブは 正しく扱う前提で
上から入ってくる分 シャフトは前(飛球線方向)に傾きます。
例えば ロフト角度30度6番アイアン で
シャフトが ハンドファースト状態、
 前に10度シャフトが傾いていると
当然、地面に対してのロフトは 20度 ですが、
入ってくる軌道に対しては オリジナルの 30度 の状態です。
これが 基本となる 「ロフトの立った状態」 です。
そこからは 個人差があり、ややキツイ入射 で立った人もいれば
やや緩めの入射で ロフトの立ちもその分、緩やかな人もいます。

ココの理解が難しいのかも知れません。
【分からないコトが分らない/分かり難い のです】
e00bf7e6002





スイングは原則、からだの向きの変更 で行われ、
それには 前傾姿勢と言う条件が付帯します。

→からだの向きを変えるコトでショットする と
クラブ、ヘッドの描く円弧は その前傾姿勢分に相応し、傾いています。
と いうコトですから それで ヘッドは上から入射してくるわけです。


→ヘッドに適切(以上)な重さがあり、
シャフトに適切(以上)な柔らかさ があれば
ヘッドはそれに対し 遅れますので
放っておいても 入射は取れ、ロフトは立ちます。
重いヘッドほど、柔らかいシャフトほど
より入射をキツクし、
より見かけ上のロフトを立てることが可能ですが、
そこらへんは お好み次第 です。

「上からボールを潰す」
「ヘッドを上から入れる」

 を勘違いし
てさばきで ヘッドを、シャフトを、クラブを 下に振ってしまうと
その遅れは 無くなってしまいます。
手で円弧を作ってしまうコト によって
そのクラブの長さなり、長さに対する構えなりの入射ではなくなり
入射角度、上からヘッドが入ってくるコトを無くす動き です。
左グリップを支点に シャフトを振る、クラブを振る、ヘッドを返す
動きは フェースが上からボールを見て入ってくる動きを
横から、もしくは 下から に変えてしまう動き です。
からだの回転の移動 だけで 移動するヘッド に比べ
手先のリリースは ある段階までは ロフトを増やす動き です。
これは悪い意味のボールを上げる〜すくう動きになり
昔から ボールは手で上げるな、クラブに任せろ と言う言葉が有るのです。
IMG_0665

グリップをヘッドが追い越すと
ヘッドは左を向き始めますので
ロフト自体は立つ・・・と言うより 数値として少なくなりますが、
その度合いを比例して、からだは左向き、上向き
ヘッドも上に動き始めますから
少なくなったロフトを 左足上がりで打つ状態に近づき
 オリジナルの
「上から入ってきた分 フェースは下を向く(ロフトが立つ)」とは
全く別物になってしまいます。


ボールを逮捕するコト を実践するのは 実は簡単です。
精神的に? か、従来の自分のゴルフ理論から逸脱? 脱却し
ヘッドにかまわず、放置して置けば良いのです。
どの道 ヘッドはシャフトでグリップとつながっています から
重さ分を差し置いても
 グリップが動かした量、動かした方向に移動します。

鍵になるのは 
精神的にかどうかは分かりませんが、
 従来の自分のゴルフセオリーを捨てられるか、どうか
要は脳内革命を起こせるか、次第 です。
 技術的にも、肉体的にも作業は圧倒的に減ります。無くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールをつかまえる
 というコトを 履き違えて覚えてしまうと
ゴルフは大変。


【つかまえの作法】_Moment


ローテーション ヘッドを返すショットも
多くの人は 開いた(右を向いたフェース) を
閉じる(左に向ける) と大いなる勘違い をしている人が
ほとんどだけど 基本はロフトを閉じている コト、
ロフトを閉じようとしているコト
 自体、本質は同じ。


でも 言葉の通り、
 開いて →開いていないモノを開いて
 閉じる →開いているモノを閉じる

と言う行為は その性質上もとても複雑で
副作用も非常に多い。

約束の時間に 約束の場所
それを決めているのに
不安になっているからと うろうろと探し回るようなモノで
その約束の時間と場所を信じて
そこにいるのが 最善と考えて良いと思う。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





からだを回す
それに応じて 重さは遅れる というコトであれば
右打ち として
重さがあり、長さもある ヘッドは
右向き→左向き に対して
 からだの右に残ります。留まるとも言える。
からだの向きを変える から それが円を描く訳で
開いて閉じる というコトは
その遅れである ヘッドを
重さの法則に反して からだの右から左に移し替えないと
打つコトが出来ないのですから
からだの回転とクラブを切り離さないと出来ないのは
どう考えても明白なのです。



ヘッドも、クラブも、まして腕ですら
重さがあって、長さもあって、
運動が加わると その重さは積算で増すから
遅れようとするのは ごく自然なコト であって
その 物理的に、自然法則で発生する「遅れ」
そのまま 利用する方が 再現性は当然高くなる。

自然法則に乗っ取って、
そのまま「遅れ」を "ロフトの立ち" に変える方が
からだには断然楽だし、
アプローチなどの 距離を調整するショットにも
非常に簡単に応用できる。

フェースローテーション、手やヘッドの返し は
その 遅れを取り戻そう とする行為に当たり
それは クラブやシャフトの使い方・選び方にもつながっていきます。
遅れを放置し ロフトの立ち にするのと
遅れを取り戻すコト を前提にしたのでは
選ぶシャフトの硬さも異なってくると思います。
遅れを放置するのなら シャフトはある程度、柔らかい方がいいし、
逆に その遅れを取り戻すなら
シャフトの硬さに応じて、その量、行き帰りの作業、作業時間の長くなる
柔らかいシャフトは当然、選ばれない。

達人のココから盗め_Moment(5)


からだの回転 その動作速度が
 イコール ヘッドスピード になるのか
ヘッドを振ってボールを打つ では
 からだの動作速度と関係なく 腕先のヘッドの振り感
 を 距離感にするのか
その差になると思うのです。

また ヘッドを振る ローテーションでのショットは
 からだの姿勢も含め ロフト効果、ロフトの変化が激しく、
からだの大きな動作速度とあまり繋がりの無い
 ヘッドスピード調整が当然 より微妙になります。


正しいショット とは言えませんが、
 ロブショットを打つ時の感覚に近く、
大きく 速く振らなければいけないのに 飛ばしてはイケナイ
そんなに振っているのに 飛ばさない(飛ばせない
というのが 通常のショット になるのは
ちょっと 辛いんじゃない と思う訳です。


確かに アプローチなどのショットには
 その「わざと飛ばさない方法」を駆使しなければいけない場面
もあるにはあるけれど、それを通常のショットに使うには
あまりに複雑で 再現性が低すぎる としか言えない。
言葉遊びの様に感じるかも…だけれど
「飛ばさない」と「飛ばせない」は一文字違いだが
大きな違いになると思うな…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:ショット全般ですが、
テイクアウェイで右肘を後ろの人にエルボーする感じでと

読んだ気がして認識していたのですが、どこら辺の後ろでしょうか?


身体の遠いほうの後ろ? 近いほうの後ろ?

田中どら_Moment(5)
A:質問ありがとうございます。
テイクアウェイ時、のクランチのひじ使い のコトを
指しているのだと思いますが…。

まずは あまり形にこだわらない で下さい。

右ひじを "やや" 外側に張り目 にあげる、外目にする、
には その後の行為に対する目的、役目があり
 そちらの方がより重要です。

,泙此▲肇奪廚琉銘屐△發靴は そう呼ばれるような位置
スイング時間で言うと 切り返し (行きと帰りの折り返し点)で
クラブの重さ 腕の重さが ダウンスイングやインパクト に向け
より良い方向にかかっている、
自分の行きたい方向、行かせたい方向にかかっているーような
位置にクラブが有るコト
がポイントとなります。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)この写真、で言えば
ここから からだの向きは変化しますが、
この写真上で言えば
右肩の前にあるグリップエンドは
左腰の方に移動させたい訳 です。

そう言った方向 に クラブの重さが
かかっているような位置 の方が
力まずに スムースに クラブの重さを利用しつつ
ダウンスイングに入れますから ベター と言えるでしょう。

200811__Moment(3)手や肩だけで上げる テークアウェイ では
左ひじ が 右ひじ よりも高くなる 状態になります。
これでは クラブは倒れ
 ダウンスイング時、右サイドの下がり易い、力み易い
左サイドの上がり易い 重さのかかり方になってしまいます。

蛇足…にはなりますが、
この 『上げ方』 が グリップ(握り)に 大きな影響を及ぼします。
自分の 上げ易い・動かし易い グリップになっていきます。




右ひじを やや外目に やや高めに 張って頂く のは
からだ (肩だけを回す〜胴体を捻る のではなく)
 ・・・股関節を境目とした胴体 の向きを変えるコトを促進し、
左右の肘の関係が からだの姿勢を作り得る! からです。

M20191011suburi_Moment(6)

特に からだの右向き の促進 は 非常に大きく、
それ以外のコトは 今まで通り でも
右ひじを やや外目、やや高め にするだけで
右向きの質、右向きの量 が向上するので
 結果がすぐに伴ってきます。
◯そう言う意味では 右ひじを高め にする コトよりも
 やや外目に張る 方が重要かも知れません。

◯高さ…に関しては 高いことが重要なのではなく
 左ひじよりも 高いコト(傾きなりに)がポイント になります。


自分のアドレス、前傾姿勢のある状態で
右を向くと どの位 蕁扮θ梢函砲離皀里茲離皀痢,茲蠅
◯高い位置関係になるか が 右ひじの行く先を決める
 と言っても良いでしょう。
◯右ひじの向かう先 が 右半身の行き先を決める
 と言っても良いでしょう。
前傾姿勢の無い状態であれば、両肘の高さに 上下差はありません。
葛谷 2017-2020_Moment(2)葛谷 2017-2020_Moment(3)





固定電話を取って 右耳に受話器を動かす
 からだに対し 手を真っ直ぐ耳に移動する、邪魔なひじは外に逃がす…
 そんな感じに近く、窮屈な程、曲げ過ぎず、
ひじ自体も無理に上げる必要はありません。
右向きの際、その傾き通り、左ひじ よりも 高ければ良い
だけです。 そう言う意味では やや遠め と言う感じでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【質問頂きました】
Q:パターでは、体の向き転換だけで打つのか?
 グリップも動かすのか?


A:パッティングの方向は
アドレス〜スタンスの向きでほぼ決まります。
ヘッドを振る人のスイングのように
動作を始めてから インパクト…ショットによって
方向を決めることは(ミスを除き)一切ありません。

…というコトになると
パッティングストロークの重きを置くところは
やはり「距離感」というコトになりますよね。
ショットでも同じですが、距離感にとって
とても大切なのが、概ね "いつも" 同じロフト で
打てるか、どうか にかかっています。

パターのロフト角度はどれもが 4度前後 となっています。
ですので 2〜3度ロフトが増えてしまう…減ってしまう…
というのは 40度の9番アイアンを打つよりも
遥かに 距離に影響を与えます。

パターのインパクトロフトを目で見るコトも
体感することも 簡単ではありませんが、
その目安になるのが シャフトの角度です。



質問にもありますが、
からだ…をまわす・・・ とは
正確には 「からだの向きを変えるコト」 です。
スイングでもパッティングストロークでも
前傾姿勢はありますが、基本、からだの向きを変える というコトは
右を向く、左を向く という横方向の動き です。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)







このように 腕と胸で作る三角形を維持し、
肩を揺さぶる 「振り子のストローク」を多く見かけますが、
このシャフトの振れ幅、振れ角度 であると
ロフトの変化が激しく 距離感が掴みにくい ですし、
この動きによって、ヘッドが 縦に弧を描きますので
ヘッドの上下変化が激しく、ボールの当たる箇所 も
縦方向〜上下方向にズレが発生し易くなります。

加えて、この肩の揺さぶるストローク…では
本当の からだ は固定した状態で
 文字通り 肩を揺さぶります。
この肩の揺さぶりは 上下 の動き・・・
本来のからだの回転 とは 90度方向の違う 縦動作 です。
アプローチなども含め、ショットは
 出来るだけ…理想的には からだの向きの変更で行いたい、
と願うのならば からだと肩、からだと腕が分離してしまう
非常に悪影響の大きい
  この 肩のストロークは するべきではないと思います。

また、肩を上下に動かしている とは言っても
肩の可動域が限られている為、
左肩が高くなる は イコール からだが左を向く
 につながります。
左を向く〜からだが開くコト が無自覚に行われてしまいます。 
 ひっかけ の隠れた原因になるでしょう。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)




お薦めするのは ハミングバードで言うところの「刷毛塗」のストロークで
ガラスや鏡に映る自分の姿を見ながら
肩が上下に動かないよう・・・
そして、ストローク中、出来るだけ シャフトの角度が変化しないよう…
にしてみて下さい。

「刷毛塗のストローク」では
肩の関節に対し、腕を振るコトになります。
大きな力を作るのが得意な背中で微妙な距離感を出す
ショルダーストローク に対し、
利き腕の伸ばしで距離感を作れる
刷毛塗ストロークの方が 楽だと思いますけどね…。



動き…としては インドネシア辺りの踊り に近いかも しれません。

◌ポイントは
 右ひじが伸びていく と
 茲亮蠎鵑手のひら側に折れていく、
 アドレス〜トップ時 は 手の甲側に折れた左手が
 インパクト〜フォロー側では 手のひら側に…。
 重さと言うヘッドを残す動きです。
 自分の動作分 だけ 重さ分を差し引いて、ヘッドが動く 
 というコトになりますが、
 一方、肩のストロークの場合、
 先端にあるヘッドを動かすコトがメインですので、
 その振り子の動きが ストロークテンポを作ってしまいます。
 テークアウェイが大きい! または、小さい!
 リズム〜テンポが速い! または 遅い!
 と分かっても ヘッドの重さにテンポも
 ストロークの大きさ も司られてしまいますので
 動作が始まると修正が効きません。
 (これは意外に大きい問題です)

パッティングストロークをする為に
アドレスの前傾は出来るだけ 浅め に。
両腕を延ばした状態ではありませんが、
 曲げたー!と言うほど 曲げず
かるく 肘が曲がった緩やかな姿勢がお薦めです。
深く取ると 腰を痛める原因にもなりますし、
 腕が動かし難くなり、
 現場で緊張感が増す 可能性があります。
ご指摘の通り グリップを動かすコト が主 になり、
ヘッドへの意識 は 殆ど無い と考えて下さい。
◌極力、両肩のラインが変わらない
◌トップの位置から 極力 シャフト角度が変わらない

こうすると ヘッドの高さ変化が緩やかに、少なくなりますので
ロフト変化だけでなく、当たりによるミスも減らせられます。

方向においても ゴルフクラブは ライ角度とロフト角度の複合体 立体です。 リーディングエッジは真っすぐ だったとしても ロフトが上を向く(ロフトが増える)と  立体としてのフェースはかなり左を向きますので スタンスの向き通りに ボールを打ちたい のなら パターヘッドを真っ直ぐ動かすコト よりも ロフト変化を減らすコト の方が圧倒的に有効です。  ショットにおいても、パッティングストロークにおいても ロフトの変化だけでなく、大きなミスにつながるのは からだの姿勢 肩の上下関係です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 が ありましたので、私(店主)の書きました
返答を記載致します。

限定版記事⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1723288.html
オリジナル版L型ブリストルパター⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1658107.html



御手紙有難うございます

お返事遅くなり、申し訳ありません。

弊社のL型ブリストルパター ですね。

自身で書いてしまいますと、手前味噌のオンパレードに

なってしまいますが。。。

軟鉄で仕上げました こちらのパター

ヘッド重量は 470gあります。

従来のピンタイプの重いモノが330g位

L型などシンプルな構造のものですと 300g程度です。

それを 違和感のない形で 増量するための比重の重い異物などを

一切使わず 仕上げるには 相当な工夫が必要です。



最終的に 軟鉄を使いまして
(実は開発当初は 925銀 スターリングシルバーで
 造る予定だったのですが 予算が合いませんで)

粗い鍛造一回の後、二種類の旋盤(俗にいうNC加工)で

、一体成型 削り出しで造りました。
IMG_0032

この形状、大きさですから 何かモデルになるような

サンプルは一切なく、形の参考として

ジョージローのスポーツマン、ブリストル などを

使いましたが、ほとんど一からデザインをしたのと同じでしょうか。。。



シンプルな形状ですので、一切ごまかしが効かず

大きさを感じさせない と言うコトと共に

テークバックの引きやすい、動かす方向のガイドが

イメージできるようなデザインに仕上げました。



また 従来のパターよりもロフトを多め

バンス角度も強めに設定して、

自然にロフトの立った状態(微妙なハンドファースト?)に

なるようにも仕上げました。



テークバックの取りやすい と言うデザインと

フェース面がストレート というのは かなり難しく

遊びの無い形状の中で、かなり自分の過去の知恵や経験を

盛り込んだと思っています。



L型のパターは右に押し出しやすいイメージ
を醸し出しやすいので
実際はオフセットは無いのですが

重心を高くするという構造を含め、
ネックを違和感のないところまで

長く、太くして グースネックに錯覚する 形状にも

苦労したところです。



100g弱の このパター専用のグラファイトを

お使いになることをお薦め致しますが

このシャフトですと 従来のパターシャフトに比べ

手元を緩めて、逆に先端を締めてありますので

手元の暴れにパターヘッドが反応しにくく

より安定した、落ち着いたストロークが出るかと思います。



よく雑誌等で書いてあります パターストロークで

オーバースピンを生む と言うコトには自分は賛成できません。

本来、きれいなストロークは ボーリングのボールと同じく

打ち始め〜転がり始め はある程度スキッドする区間があり、

推進力が薄れてくると、今度は回転で前に進む

と言うコトを実践するためのパターです。

ボールが低速で、等速で、ゆっくり遠くに転がる と言うコトを

実践するためのパターにしてありますので

このパター以外で打つボールとは 明らかに転がり様が異なります。



是非 ご検討ください    野澤


 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問を頂きました】

Q:迷ったショットがあります。
『グリーン周りのバンカーです。』

距離感をどう考えれば良いのでしょうか?

10y飛ばしたかったら30y飛ばす感じで打てばよいと

初心者の頃教えてもらったものが頭の片隅に残っていますが、

いつもエクスプロージョンのバンカー距離感は何が正しいか悩みます。

クラブも今回新調したので、益々どう考えれば良いかわかりません。

IMG_0002

A:質問、ありがとうございます。
距離感…をどう答えて良いか 難しいトコロ…ですが、
一般的には 芝の上のショットに比べ
ソールが滑らず、潜り込み易い状況ですので
お薦めしている訳、ではありませんが、
ややダフリ気味のショット と考えて良いと思います。

ただ バンカーの場合、
◌砂の種類
◌砂の状態 …湿り気など
◌ライ…ボールの状態
によっても異なりますので、経験値が必要にはなりますが、
通常の「芝」の上、よりも どう入射させるのか、
どういうロフトで入れてくるのか に左右されます。
現実的!な話で言うと、
バンカーショットの一番の問題は『足場』の悪さ で
それが故に 手で振ってしまう率が高くなりますので
緩めの入射、開き目のロフト になり易い
というコトを考えますと 3倍!とは言えませんが
打撃力が高さやスピンに逃げる分、倍位の…
やはり 通常の「芝」の上
よりも 強めの距離感、長めの距離感 になるのは
致し方ないトコロ だと思います。

☆決してお薦めはしませんが、ロブショットの距離感
に似ているのかもしれません


悶絶クラブ のウエッジ、
サンドウエッジのヘッド重量は
HBS-10改ですと 360g強
HBS-16ですと 385g強
 あります。
一般的な スチールシャフト仕様のヘッド重量は
 300g前後 になりますから 30%増しの重さ があります。
どうしても 慣れ は必要になりますから
どの位…とは申し上げにくいですが、
その足場ゆえに 通常のショットよりも
やや緩めの入射、やや開き目のロフト になり易いですので
(ヘッドを振るショットになり易い…)
ヘッド重量は重くとも 同じような距離感で
距離ではなく 高さ や スピン になり易いので
問題ないのでは…と考えています。
iron-shot-green

***注意事項 ですが、
バンカーショットは 決してインパクト で止めず
特殊な状況を除き、必ず 振り抜く、
振り抜く と言う言葉ですと 強いインパクト、
速いヘッドスピード のイメージがありますが、
インパクトで終わらせない という意味合い です。

重いヘッド&柔らかいシャフト のウエッジの方が
軽いヘッド&硬いシャフト のクラブよりも
オートマチックに フォロー…振り抜きが出易いので
脚力の無い、握力の無い方(女性など) には
非常に適しているかと思います。




蛇足…にはなりますが、
通常のショットの距離感 は
ヘッドを振らない、からだの回転なり で打つ方は
ボールのスピード と 回転の速度 とのリンクです。
別な言い方であれば グリップの移動速度 とも言えます。
ヘッドの振る人は
動作速度とヘッドスピードに直接リンクが無く
 その人、その人によって異なります。
足場のせいで ヘッドを振るショットになり易い のですが、
バンカーとは関係なく、
同じ距離を打つのに ヘッドを振るショットの方が
速いヘッドスピードが必要になる というコトでもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手痛いミスショットをした とします。
その原因は
クラブ選択を間違えた のもミスですし、
スタンスの向きを間違えた 、
風の判断や距離の判断を見誤ったのもミスです。
ショットを上手くできなかった ミスも
物理的、機械的に間違えたのか
集中出来ていなかったのか
欲をかいていたのか
商談が上手く行かなかったのか
奥さんに浮気がばれてしまったのか
それらも ひっくるめて のミス です。


野球やテニスで 練習では打てるけど 本番では打てない
と言うのもありますし、
接触型の対人スポーツ のサッカーやラグビーなどでは
より その差は大きい と思います。

サッカーで言う 技術、テクニックとは
ボールをける、止める、運ぶなどの個々の技術 で
それを試合の中で「実行する」技術、
相手があり、欲や感情が強く影響する場で「発揮」するのは スキル と呼ばれ、
諸々の理由・事情はあるので 一概には言い切れませんが、
日本のサッカーテクニックは 世界水準 であるが
日本のサッカースキルは まだかなり課題がある と言われている、そうです。


アマチュアゴルファーの 生涯ショット数の9割以上 は 練習場で行われる、
と言うデータがあります。
アライメント

ゴルフにとっての 技術論は まさにその「練習場」での技術 であって
現場へ出た時に それが「発揮」されるためのモノ
 になっていないと思います。

現場へ出た時に 発揮される スキル には
コースの読み方 や 自分の状態も含めた状況判断、確率
自分の感情、欲求、その対応に仕方 や 自信 も含まれ、
スイング動作としての技術は その一部分に過ぎません。
確かに 練習場で数多く、頻度多く、球を打つコトは
 現場での自信につながりますが、
現場で より「ミスの幅の狭い」「ミスの幅の狭くする」
「使えるミスの確率アップ」「使えないミスの確率ダウン」

を目指した 技術論、テクニック ではなく、
まるで 練習場の為の練習のような
「実戦で発揮できそうもないナイスショット」を追い求める技術論
を追いかけている傾向を非常に強く感じます。

昔、名古屋グランパス(サッカー)の監督をしていた著名なヴェンゲル監督は
「日本人選手のボールテクニックは非常に高く、世界でも有数だ。
しかし、シュートも含め 接触があると その技術レベルの落ち幅が大きすぎる。
それが 世界との差のように思える。」と言っていました。
日本のゴルフテクニック論も、それに非常に似ていると思います。

ゴルフでは 相手という対人はいません。
ボールも止まっており 毎回、ペナルティキックやフリーキックのような
静止したボールから始まるセットプレー状態 です。
が故に 余計、自分の思惑や欲望が入り易く、
それが、ある意味、自分の頭や心の内の接触プレー、対人プレーに
成り得る訳です。
(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

フェースを開いて閉じるショット は
インパクトのその瞬間の状態にかかっています。
使えないミスが出た時も、使えるミス(ナイスショット)が出た時も
再現するための 材料、修正するための 要素が
あまりに瞬間の、あまりに複合要素な為
言語化するコトが出来ません。
言語化出来ないので 再現性はいつまでも 良くなりません。
まさに 練習場の為の技術論 と言って良いと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




SNS、ネットの時代です。

世の中にはいろんな人がいます。

例えば、リシャフト…
ドライバーのリシャフトをする人 は
勿論、メーカーや機種で選ぶこともしますが、
シャフトの硬さ では
●同じ硬さを選ぶ人もいれば、
●今までより 硬いシャフトを選ぶ人、
●今までより 柔らかいシャフトを選ぶ人 

 割合は別として 3種類の人がいます。

割合としては 硬いシャフト
特に わざわざ リシャフトする場合、
 より硬いシャフトにする人が多い、とは思いますが、
さて SNS上で
 リシャフトしたことを写真付きで 告知する「ような」人は
 その どれが一番多いと思いますか❓
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

何らかの理由で 今までよりも柔らかいシャフト を
リシャフトした人が 写真付きで SNS上で告知する でしょうか…。

また、どうですか と質問されたら
俺には使いこなせないよ
「○○社のなんとかってシャフト
(自分のシャフト)は全然ダメ」 と言うでしょうか❓

ヘッドスピードはどの位ですか と聞かれたら
背伸びした数字を言わないのでしょうか❓

と、同時に リシャフトをしよう と思っている人が
それを参考にしないのでしょうか❓
硬いシャフトがリシャフトされるコトに影響しているのでは…❓

ネットの上の ヤフオクもメルカリ、
 ネットオークション系や中古の個人売買市場は
硬いシャフトの墓場状態 です。


厳しく言えば ヘッドスピード1割増し が
SNSゴルファーの現状。。。ですし、
例え そのスピードが出た としても
 車で言うところの 最高速度で、巡航速度 ではありません。
コースへ出たら くたびれもしますし、
 疲れた時に助けて貰いたい のなら
若干、柔らかめの方が圧倒的に楽です。
硬いシャフトは 肘や手首、
場合によっては 首や腰 などにもキマス ので
くれぐれもお大事に。

004

現実、20年前に比べ ドライバー…だけ ですが、
硬さの基準は かなり大幅に下がっています。
現状の Xシャフトは モノによっては
 20年前のRシャフトよりも柔らかい…なんてのはザラにあります。
現代の硬い…シャフトとは言っても
 ドライバーに 振動数300cpmオーバー のシャフトを
 指す人は プロでもそう居ないでしょう。

アマチュアの場合、硬いシャフトが必要
(本当に怪力、超Highヘッドスピードの人を除き)
と言う方の多くは 必ず ロフトもプロ並み、
場合によっては プロ以上にきついモノを使う例が多いでしょう。
つまり ロフトを開いて こすっている というコトです。
そこから 考えると 柔らかいシャフトで
 がっちり つかまえると スピン過多 になってしまうので
つかまえきれず こぼれる 硬さが 必要、
フェースにのせきれない、つかまえきれない硬さが 必要、
 というのがプロとしての 私の意見です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋後日 解説いたします
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「どう グリップするか?」
グリップ(握り)を覚える際のポイントの一つに
クラブヘッドは自身の重さや運動によって
自然に遅れる。。。右打ちの人であれば
からだの右にズレる訳ですが
その遅れ・遅れるコトを どうするのか?
というのがあります。

(両手離し



ベースボールは幾つか理由から論外としますが
(読んでいけば理由は分かると思います)
よく言われる オーバーラッピング、ベースボール、インターメッシュは
握力や手の大きさ など応じて 好みで良いと思います。


.悒奪匹涼戮譴鬚匹Δ垢襪里❓ どうしたいのか❓

スイングの動作中、シャフトの押しにも手伝って貰いますが、
自分の動作によって グリップを移動させ、
ヘッドは その重さと運動分 遅れます。
右打ちの人の位置関係で言うと
グリップはからだの幅の中にあっても
その遅れ分、ヘッドはからだの右にズレます。

その遅れによって ヘッドがどういう姿勢を取るのか❓
その遅れを どういうヘッド姿勢にしたいのか❓

それを表現するのが グリップ(握り) と言っても良いでしょう。


ヘッドが(からだの右に)遅れたのを
 ヘッドの開き、フェースの開き にしたいのか❓
ヘッドが(からだの右に)遅れたのを
 ロフトの立ち、フェースの下向き にしたいのか❓
によって グリップは大きく変わってきます。

また スイング全般と関わりますが、
▲ヘッドの遅れを 「遅れっ放し」のまま、ボールを打つのか
それとも
▲ヘッドの遅れを「取り戻すコト」で、ボールを打つのか
によって グリップ(握り方)は大きく影響を受けます。

大森201904_Moment(2)


逆を言えば スクエアに握っていた としても
 自分のショットを数度して どう握り変わっているのか
が 自分のクラブ扱いを表している と言っても良いほどです。

【既にグリップの形があり、過度なフックグリップの場合】
スイングの中に
 左グリップを支点として ヘッドを振る動きが有る限り、
 必ずと言ってよいほど 左だけフックグリップ傾向が強くなります
 そして これは
 →ラウンド中の握力低下
 →フックグリップ度合いの増し
 →アドレスやボールの位置の乱れ

 につながるので 形としての過度なフックグリップを消すのではなく
 ボールをつかまえる行為の間違いを是正し、
 支点としての左グリップを辞めるコトをした結果の
 過度なフックグリップの是正の道をお薦めします。


*過度なフックグリップとフックグリップ気味の違いは
 左右のグリップの離れ具合
 アドレス時の左手首の甲側への折れ で判別下さい。


握り に伴う 両手首の動き ですが、
よく言う ディッシュアングルも含む、縦方向の ライ方向の動き
言葉では 「コッキング」と呼ばれるモノですが
これは元々 遊び程度 にしか 稼働領域が無く、
意図的にするモノ ではありません。
クラブヘッドの形状、構造上、ヘッドの方が高くなっていれば
鎌首をもたげたその形状が 自然なコッキングを生みますし、
逆に それはロックして、全く無くても問題ありません。


グリップはどうしても ゴルフクラブの機能を活かす都合上、
左右のグリップが同じ場所を握らず、ズレて握ります。
IMG_0794
そのズレは そのまま アドレスに影響します。
左のグリップを支点に ヘッドターンさせる人は
 ラウンド後半、握力の低下…によって
>>>より 深いグリップが必要になります。

左グリップを深いフック にすると
右手が入る場所を失いますから
より 左右のグリップは離れ、
>>>それがアドレスの乱れ 崩れ につながり
 セットアップ時の向きやボールの位置がズレ
 ミスショットの大きな要因になり得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



不思議に思うコトはないでしょうか❓

世の中のゴルファーの多くが
開いて 閉じて、フェースローテーションで
ヘッドターンでボールを打つ、ボールをつかまえる

と思っているにもかかわらず

未だ「ハンドファースト」と言う理論や言葉が残っています。
開いて閉じて打つ
開いたまま では 当てたくない のに です。

フェースローテーションにとって
ハンドファーストは イコール 「開いた状態で当たる」
ヘッドがグリップを追い越していない状態です。
つまり スライスを打て と言っているのと同じです。
(つかまったボール  こすったボール_Moment

先日の記事 で書きましたが、
そこらへんは やはり 初めてのゴルフクラブ、
スイングを覚える時のクラブの影響はかなり大きい のでは
と推測しています。(おそらく 合っています)


適切なヘッドの重さ
適切なシャフトの柔らかさ のクラブで
ゴルフスイングを覚え始めれば
放っておいても シャフトはしなり、
ヘッドの重さ分、運動量分
グリップに対しては ヘッドは遅れます。
右打ちの人であれば 右にズレます。

ヘッドは遅れますが、グリップは押されますので
(右打ちの人であれば 左に、打撃方向に押される)
軽いヘッド、硬いシャフトのクラブよりも格段に
ボールには当たり易い、振れやすい、届き易い状況です。

ですので その遅れを「ロフトの立ち」
「フェースの下向きに」すれば 良いのです。

c33a9ae1

少ない動作、少ない動作量、少ない運動量 で
「球体であるボールをつかまえる」のは
フェースと言う板と地面で球体を挟んでしまうのが一番。


当たる/届く と ボールをつかまえる が
同時に実行できます。
そして これは ボールの方向性にも進んでいけます。

勿論、これは ヘッドが軽くても、シャフトが硬くても
実行することは可能ですが、つかまえるコトがどういうコトで
量は少なくても ヘッドの遅れがどういうコトか、
実行する人や助言できる人が理解していないと
お約束の 間違った方向に進み易い状況 ではあります。


クラブは別としても 多くの人のゴルフの別れ道 は
ここにあるんじゃないかな と思います。

ゴルフクラブと言うモノの単純構造を使って
ボールを打とうとすれば 重さの有るヘッドがグリップに対し
遅れるのは当然です。
遠くに飛ばしたい と言う普通な心理があれば、
打撃時、インパクト時は最大の、最速の状態で迎えたい
のですから その遅れも最大になるでしょう。
その遅れ と つかまえる を融合し、
その先にある 方向や反復性 を考えれば
本来、自ずと「つかまえる」と言う行為は見えてくる筈…ですが…

その 遅れ を敵として、クラブと闘う道に進んでしまうのですから。

理解すれば ハイ‼すぐに出来ます とは言えませんが、
その遅れを「ロフトの立ち」「フェースの下向き」にする のは
スイングの基本を守れば良いだけ です。

◌アドレス姿勢には前傾姿勢があり
◌その前傾姿勢は股関節、骨盤と大腿骨の角度差
◌からだの向きは 股関節を境に 蕁銑茵,鮓く

つまり スイングで言えば ヘッドの遅れは主に
トップからの切り返し〜ダウンスイング〜インパクト という
右向き〜右向きの戻り〜正面あたり という
左サイドが右サイドよりも低い時間帯に訪れる のですから
グリップで言えば 左グリップが右グリップよりも低ければ
自然に訪れるモノです。

シャフトにも押されますから、
そのまま からだの向きの変更を持続し、
左グリップを動かしていけば 遅れは フェースの下向きを生み、
球体であるボールをつかまえられる のです。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





ヘッド、言い換えれば 重さの遅れ という
自然現象を 無理やり解消し、ヘッドがグリップを追い越す という
無謀とも言えるコトをすれば いろいろと問題が派生するのは当然で
まして フォロー方向になれば
そのからだの向きによって ヘッドの方が先に行って「見える」のを
動作によって そうさせてしまう人には理論もク◯もありません。
ゴルフクラブから見れば 単なるエゴに過ぎません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチの練習には
スイング、ショットを改善するたくさんの要素が入っています。

まずは こちらをご覧ください
Desktop 2020.08.17 - 13.20.59.01_Moment

このデータは 使用クラブ 56度のサンドウエッジ で
 ほぼ真っ平なグリーンに向かって
30ヤード前後のアプローチをした際のモノです。

全体としては悪い結果ではないのですが、
見ての通り バックスピン/トータルスピン には
かなりの幅があります。
スピンで言うと 最大のモノ と 最小のモノ では
30%近くもの差が生まれます。

➀スピン最大のモノは 約4000回転
最高到達点(高さ)は 3ヤード
キャリーボール 21ヤード  ラン 12ヤード
➁スピン最小のモノは 2850回転
最高到達点(高さ)は 5ヤード
キャリーボール 24ヤード  ラン 6ヤード です。



アプローチの場合、
ボールが着弾する時の角度、弾着角度
弾着面の傾斜
ボールのスピード、ボールの回転数
それらの複合要素によって 止まり易い、止まり難い
が決まるので 一概にスピン量 どうのこうのではありません。
今回はその話し ではなく
これを基本に ショットを考えた時、です。

アバウト(ちょっとオーバーですが)ではありますが
➀のショットと➁のショットは こんな飛びざま になります。
iron-shot-green

同じクラブを使って
同じような感じ、同じようなヘッドスピードで打った場合
アプローチの時とは異なり、
➀のショット(赤線)の方が キャリーが多くなり
 弾着角度が急になるので 止まり易くなります。
 →最高到達点(一番高くなるところ)が弾着点に近い
➁のショット(黄線)の方が キャリーが少なくなり
 弾着角度が緩くなるので 止まり難くなります。
 →最高到達点が弾道の真ん中位になる

フルショットの場合 ボール速度があるので
スピンの多いものは 途中で浮力を得て
飛んでいる角度が上昇します。
 

アイアンで打った弾道とフェアウェイウッドで打った弾道
との違い に近いと考えて下さい。

例えば ユーティリティクラブ と フェアウェイウッド
同じロフト角度(例えば24度)だとしても
この違いはなにで生み出されるか というと
 入射してくる角度 が一番大きい です。

ロフト角度は製品の角度
その測定方法は シャフトに対して
フェース面がどの位 上を向いているか というコト ですが、
それが ボールの飛び方 にどう影響を与えるか は
ヘッドの入射してくる角度 によって 異なります。

IMG_0607

同じロフト角度 であっても
緩めな入射であれば 回転数は少なくなり、打ち出し角度は増えます。
同じロフトの UT と FW であれば FWに相当します。
きつめな入射であれば 回転数は多くなり、打ち出し角度は減ります。


その原理原則が 各番手の ロフトとクラブの長さ の関係
に相当します。

ボールを飛ばしたい …特にドライバー ですが
それを考える時、同時に
どうすると ボールを飛ばさないよう にするかではなく、
その同じ打撃方法・打ち方で制限した距離、抑えた距離を打つか
距離を管理(コントロール)するか
が ゴルフと言うゲーム性 には必要です。
距離を殺す のではなく 生かすのです

それが よりドライバーショットの距離向上につながります。





その一番の例が
56度のサンドウエッヂを長尺…例えば38インチにしたら
いったい どうなるのか?
 実際にやってみた人は少ないと思いますが、
35.5インチの筈のSW を 38インチ
2.5インチ長尺にすると ヘッドスピードは2m/s上がります。
しかし、距離は元々の長さのモノと殆ど変わらないか、
高さが増えるか、伸びても誤差範囲程度 です。

(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





それは 入射角度が緩くなり、

よりインパクトロフトが増え、高さは取り易くなるが
ボール速度は上がらず、水平距離 には影響を与えない からです。
場合によっては より飛ばなくなる可能性すらあります。

本来、クラブの長さは ボールに対する
 ヘッドの進入角度、入射角度を決めるモノ ですが、
ヘッドを開き〜閉じたり するような打ち方では
 その入射角度は自在に変化してしまい、
クラブの長さ機能
(無意味化)を壊してしまいます。

トップやダフリのミス その頻度も
 長さの無意味化によって 発生する確率が増えます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ