◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2020年08月



この腕さばきを ハミングバードでは
 15年位前から 「刷毛塗」と呼んで、推奨しています。

(両手離(両手離し(両手離し(




一度、ローテーションを覚えてしまった人 には
 取っつき難い かも知れませんが、
初めてゴルフをする、スイングを覚える人 にとって、
体力に自信がなく、練習を繰り返せる時間や余裕のない人には
飛距離とアプローチ、飛ばしとスコア を両立させる
一番 簡素な方法だ、と思うから、です。

ハミングバードは ゴルフショップ、
重いヘッド、超柔らかいシャフトを専門とする
カスタムメイドのお店ですが、
クラブを売るために(勿論、たくさん売れると嬉しいですけれど)
そう言ったスイングを提唱しているのではなく、
その逆で、そのスイングを簡単に覚えて頂く為、
もしくは スイングを変えようと思っていなくとも
 そう言うスイングに近寄っていくために クラブを変化、
 ハミングバードなりに改良し、製造販売しているのが本質 です。


シャフトはグリップを移動させる、移動を促すモノ、
ヘッドの重さやその形状は
 そのグリップを望むところに移動させるためのモノ、
それが感じられる、それが理解できる だけで
 相当量、動作を減らし、仕事をクラブに任せられます。

手を返し、グリップを止め、回転を止め、
手さばきでヘッドばかりを動かす打撃法では
 その全く反対で
よりグリップが動かさない、ヘッドを動かし易いクラブ
 に行き着くのは 当然の帰結。
しかし、それでは クラブの進化も、スイング進化も減衰してしまい、
運動性能に頼ったショットやスイング、ゴルフクラブ、

 ゴルフが プレーする人を選ぶ遊びになってしまう と危惧しています。

そう言うスイングやゴルフもあって良いとは思いますが、
折角 他のスポーツと異なり、道具を使い、
 知恵で対処できる遊びなのですから
体力に自信の無い女性や年齢の方が
 下克上で楽しめる ゴルフの良さが薄れてしまう のではと思っています。

73d28d33


多くのレッスンでも
 手で振るのは辞めましょう、からだは使いましょう と
言っていますが、その方法論には眉をひそめてしまいます。

からだの回転 と言っても
現代のゴルフスイングの多くは
腕を振るために その付け根である 肩が動いているだけ で
胸から下 の 本来のからだ は
 それを支えておく土台 でしかなく、
あのスイングテスト用のロボット が理想的なスイングの状態です。
腕を振った時に、動かず、それに耐えられるコト を
 からだを使う という拷問耐久がからだの役割 となっています。

胴体はねじれない 訳ではありませんが、
ねじるコトにはあまり強くありません。
自分の身だけなら良いですが、
腕も含め 長い棒の先に重さの付いたモノを
時速で言うと 100~150舛魃曚┐襪茲Δ並度で振るのには
耐えられるように出来ている とは思えません。

スコアで争うゲームです。
どんなスイングをしていても
練習の数、練習の頻度、球数 が多ければ
スコアは造れますし、ゲーム、と言う勝負ゴト ですので
スイングの是非 だけが すべてではなく、ほんの一部 に過ぎません。
ゴルフトーナメントの運営、メーカーなどは
各選手のからだや選手寿命には興味がなく、
 からだが壊れようが、力任せの飛距離勝負の方が
興行としては魅力があり、選手の側も
フェアウェイをとらえる精密機械よりも
 例え 曲がってラフに入れても より近ければ何とかなる
 という オリジナルのゴルフからはかなり変質したモノになっています。
それはそれで楽しいですが、
 体力が違う、練習量が違う、取り組みが違う、
アマチュアがそれを真似るかべきか、どうかは別物です。
SNSの時代になって そこの見分けがつかなくなる人が
 加速度的に増えている気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングと腰痛…悩んでいる人多いですよね。



両手離し(スプリットハンド)ドリルの映像を見ていて
 ちょっと気になるコトがありました。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(4)

フェースローテーションをする
左右方向としては 左肩を残しておかなければなりませんが、
ターンする為には左腕の長さは邪魔です。
が故に 左肩はその位置で 上に逃げなければ当たりません。

からだを廻して 逃がすと 当たらないから
からだの回転は一時止めなければならないため、
からだを右に傾けなければなりません。
置き去り君_Moment

多くのゴルファーの腰痛は右サイドが多いようです。

体重がかかり 潰れた右サイドに負担が増える、
と言って良いでしょう。

スプリットハンドドリルはその名の通り、
両手を離して握りますから、
その離れた分、菠は上に逃げようとします。
ですので ドリル であって
 本番で打つのには不向きな訳です。

グリップに関して、オーバーラップであっても、
インターロックであっても、インターメッシュでも
左右の離れ具合 は最小限に、
出来るだけ無い方が良いですよ
 と提唱しています。
ミス、の原因にもなりますが、右腰への負担や
左ひじへの負担を出来るだけなくしたい からです。

左右が離れていればいるほど、
手を返すスイングで有れ、そうでないにしても
左肩は上に逃げやすく、その分 からだは右に反り
右腰への荷重が増えます。

IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)










ミスにおいては
特に ヘッドターンをする人に多いですが、
ターンをするには 支点、
 スイングの場合は左グリップがそれに当たりますが
ラウンド中盤、終盤に差し掛かってくると
疲労〜握力の低下から
 左グリップが深く握るようになり
左右のグリップの密着度が薄れ、両グリップ間が離れます。

それによって 気付かないうちに、気付かない程度
アドレスが乱れ、からだの向きやボールの位置がズレます
 ボールの置き位置で言うと 前後1〜2個程度 ですが、
プロも例外ではなく、終盤のミスの原因 になっています。
元々 左グリップを フック気味に握る人に多い傾向ですが、
 ラウンド中、グリップを注意してみて下さい。

また、グリップの握り 特に左が深くなってきた というコトは
握力の低下、疲労 が出ている証でもあり、
そうなった時、自分の従来の距離を期待しない
 一番手分位距離が落ちる と言う想定をして
ゴルフをすると良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





この二種類の画像の比較をご覧ください。
(両手離(両手離し(両手離し(



腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2





上がハミングバードの推奨している
両手離し(スプリットハンド)ドリル
で、
下が ごく一般的なスプリットハンドドリルです。

動画では判り難い かも知れませんが、
右グリップの移動する量 と 左グリップの移動する量 が
かなり異なります。
スプリット…両手を離して持っているので
 強調されていますが、基本は同じです。

ハミングバード式
(仮称)では
右グリップと左グリップの移動量も、移動方向もほぼ同じ です。
それによって 腕の長さの調整などが要らず、
左半身 と 右半身が同じ量だけ動き易いので
意識は一切していませんでしたが、 
(結果論ですが)
よく言う 軸運動 というコトになります。

それに比べ 一般的に行われる ハンドターン式
(仮称)では
倍とまでは言えないですが、明らかに
右グリップの移動量の方が左グリップより多いです。

また、ターンが必要な為
移動していく方向も 右と左では異なっています。

この 両グリップの移動法 では
右/左のそれぞれ半身 は同じように動くことが出来ません。
また 両グリップの移動方向が異なるため、
茱哀螢奪廖塑姑梢箸浪J向の移動が強く なりますが、
薀哀螢奪廖善θ梢箸禄鎚向の移動が強く なりがちです。
右グリップの移動量を増やしたいので よりそうなる傾向は強いでしょう。
これでは 軸が左右の真ん中にある運動は難しくなります。

!肩を縦にまわす なんて理論は
ここから派生しているのかも…知れません。

逆に言えば 左右のからだ、左右のグリップが
同じ量、同じ方向に動いてしまっては
手を返すこと
(フェースローテーション)が出来ない訳ですから
からだ の役割は それを耐えるため 止まる
動くのを我慢する というコトになるのですが、
それを「からだを使って」と言うのは、ちょっと的外れに思えます。



からだの厚みのコトは抜き にしても
菷梢/虍梢函△修琉榮阿同じように
同じ方向に 同じ量 動くからこそ
からだの真ん中に 「軸」 が形成されるのでしょう。

だとするならば、からだの両脇にある腕
そして 両グリップは
同じ量、同じ方向に動かさないと
それを作り出すのは難しくなる
…と思いませんか❓

両腕が、そしてその付け根が、
そして 両グリップが
似たような量、似たような方向に動くことが
『からだの回転で打つ』 なのではないでしょうか❓

ハミングバードでは この両手使い を
「スイングに組み込んだ形の刷毛塗」と呼びます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛ばす と 安定したショット
を両立する上で、少々、科学的に考えてみましょう。

ボールとヘッドのコンタクト には
 オリジナルのロフト に対し
●立った状態
●寝た状態

 ざっくり分けて 二つの状態があります。

と同時に、ヘッドの入射角度 には
●鋭角に上から
●鈍角に上から
●下から(あおり、しゃくり)

 ざっくり分けて 3種類がある訳ですが、

特殊なショットを除き、
『ロフトの寝た状態』 と 『下から煽る、しゃくる』 は
前者は論外、
後者は 空中の浮いたボールはまだ良くとも、
地面にあるボールを打つには適しませんから、
これも理想としては 除外しなければなりません。

ドライバーは空中に浮いたボールだから…
 と言う理由で 意図的な煽り打ち、その練習は
地面にあるボールを打つショットを苦手にさせてしまう可能性が高く、
双方の練習がお互いに良い作用を生みにくくなります。

BlogPaintBlogPaint








ショットの少し複雑なトコロは
●出来るだけ ロフトを立てる〜ロフトを開きたくない と
 ヘッドの入射角度が鋭角 は親和性が高く、
●ロフトを寝かせる と 鈍角な入射角度 は
 親和性が高い
 というコト です。

前者は アイアン等には良いですが、
 ウッド、特に現代のドライバー においては
 打ち出しが低く、スピンが多めになるので 不利 です。
しかし、鈍角な入射角度は 道のりが長くなりがちで
 ロフトが寝やすい可能性があります。



理想論 ではありますが、
『出来るだけ寝てない(立った)ロフト で
緩めの入射角度(鈍角)』
 で ヒットするコトが
空中のボール〜地面のボール
フルショット〜ハーフショット〜アプローチショット
共通して 飛距離と安定性の両立を生む のです。

ここが ゴルフショットの難しいトコロ です。

からだの動き、スイングやフォームなどが先にありき ではなく
「ロフトを立てる〜〜緩めの入射角度…それでも上から」 という
物理的目標 を 達成する為に
どうゴルフクラブを動かせばよいか 考えた方が建設的でしょう。


その上で 掴み辛いのが入射角度 です。
入射角度を作る要素は数種、
●スイングの弧の大きさ(大きければ良い訳ではない)
●手先
●からだの回転(主に腰回り〜足回り)
●左右の肩の関係

とありますが それらが相互に干渉しあっているので
実動作としては とても掴みにくい のですが、
入射角度…ヘッドのボールに対し 入ってくる角度
飛行機の着陸する角度に相当する訳ですが、
そちらで考えるよりも
飛行機で言うと 離陸する角度 離陸するサマ で
考えた方が分かり易い、というか
実現し易いのではないかと思います。
123

スイングの弧 自体は大きければ良い 訳ではなりませんが、
打った後の弧は 大きさよりも
 そのあがり方(上昇の仕方) がポイントになると思います。
急激に上がる弧 は
緩すぎる入射角度、きつすぎる入射角度、煽り打ち
等を起こし易いですが、

緩やかに 大きな弧で上昇していく のには
スイングの七癖を隠す
 と言う作用もあります。


世間で言われる スイングの遠心力 もここに活用出来ます。

スイング用語にも昔から
「前(フォロー)を大きく取る」
「左側で振る」 
なんてのもあります。

ココが面白いトコロですが、
そこで両手を伸ばしたから 弧が大きくなる とは限りません。
逆に グリップを早めに高く取る意識の方が 弧は大きくなるのです。
インパクト〜インパクト以降 で
左サイド、左腕がからだにくっついてしまう、絞られてしまう 場合、
弧は小さくなり、その上昇も急激になりガチ です。
多くの場合、肩のライン、腰のライン 共に上向きが強くなるから、です。
個人的には その 左サイドのしぼり を改善できる、
改善するための、それ以前の動きを作る のが
 結果として スイングの改善、飛ばしと安定性の両立 になる
のでは と考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



両手離し〜スプリットドリルの意図の一つに
スイングの源である、誤解を生み易い言葉ですが
『回転力』の育成、『回転力』の増強 があります。

https://youtu.be/fsCzN9IKH9E

ボールを飛ばすのは
ヘッドスピード と言われますが、
それは確か に 「ヘッド」スピード ですが
その クラブヘッド にばかり意識が行くが故に
手さばきで、クラブに近い部位で
 ヘッドばかりを振ってしまう弊害 があります。

クラブに近い部位〜手や腕で ヘッドスピードを上げる
 は イコール
◔からだの回転を止める
◔左サイドの進行を止める

に つながります。

その動きは 労力 というか、充実感が伴うので
そこに行き着き易い のですが、
ヘッドスピードを上げるために
 そのヘッドから出来るだけ離れた 足まわりや
 (上半身の協力を得た脚)
腹筋や背筋などをつかって 向きを変えるチカラ で
ヘッドスピードをあげたい
回転力を付けたい
 のです。

ここも誤解、勘違いし易いトコロなのですが、
回転力も
 速く、スピードを上げる と言う意識よりも
👉素早く回る
👉素早く回りきる
👉出来るだけ短時間で回りきる
 意識の方が有効です。

そう言った意味合いで
小手先で クラブをターンさせるのではなく
文字通り、からだの回転 ぼでいた〜ん で
クラブを 素早く向き変え するためのドリル
と考えて良いと思います。

(両手離(両手離し(両手離し(




多くの方が無意識に行っていますが、
フェースターン、ローテーションというのは
クラブを横に回転させる だけでなく
クラブを縦に回転させる のも含まれています。
その行為 には 左グリップの減速、しいては
左サイドの進行の減速が伴い
からだを止めて 右手で叩く と言う習慣が
刷り込まれています。


右腕で叩くコトは決して悪いコトではありませんが、
それに 左サイドの進行を止める が加わると
右腕で叩く、それを受け止める左サイドのどこか に
故障を生んだり、
その姿勢によって(上を向く姿勢)
右腰を痛めたりする原因になりますから
やはり 自然に 大きなもの(からだ)が動くチカラ を
打撃エネルギーの源 にする方がベターでしょう。

(両手離(両手離し(両手離し(




腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2




スプリットドリルは
右腕を伸ばす その動きを
左腕が下がる〜間髪入れず、上げる によって
回転に逃がします。

インパクト以降、意識としては インパクト以前に
左上腕が上に逃げ、
からだから離れるコト によって
チカラの逃げ先が出来、
 それを回転力に付与するコトが出来ます。

ドリルをして頂くと分かるかも知れませんが、
右腕を伸ばす、
それによって左グリップが前方の押され、
それを止めず、常時、その力を
高さ方向(時によっては隋∋によっては紂
に逃がすコト によって
いつの間にか からだの向きを変える
意識をしなくても 向きを変えられる感じ
を掴んで頂けると幸いです。


別な側面では
 今までよりも 叩けるスイングにする事も可能です。



自分の実感〜経験則 からすると
加齢による 腕の、腕力の劣化 は 他の部位よりも
激しく劣化するように感じます。

ボールを飛ばすのも
弾道の高さを生むのも
ランを生むのも
ショットの安定度、繰り返し性 も
回転力〜向きを変えるチカラ が基本になり
腕でのアクションは極力 おまけ程度に考えた方が
未来の苦しみは少なくなると思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



➀素振り 両手離し(スプリットハンド) ➁軽いショット 両手離し(スプリットハンド) ➂軽いショット 通常のグリップ(握り) *好き嫌いはあれど 無理な形を除けば  フォローを大きく取る方法…はこれしかないかも❓❓❓


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



突然 やってくる 『シャンク』・・・・・・困ったモノです。

コースで出ると 予防策が見つからず
縮こまってしまい 
シャンクを出さないようにした動きが、
 より「シャンク」を生んでしまったり…

BlogPaint


クラブ屋さんの目で言うと
『シャンクというのトップの亜種』 です。
そして それは ロフトが寝ている時に出やすく、
ロフトが寝る状況 というのは
スイングの動作の進行、からだの向きに対して
より遅い「タイミング」でのインパクトから生まれ易いモノ です。
(スイングスピードを速くする、遅くする 速度ではなく、時期を指しています)

具体的には
 インパクトが からだの右にズレるほど
 シャンクは起こり易い というコト
 です。

まあ 確かに ボールの位置やボールとの間合い によって
スイングに関係なく シャンクが出る のは出ますが、
より ロフトを寝かす、ロフトが寝ている時間の長いタイプの
スイングの方が 頻度はかなり多くなります。



IMG_0068SNSなどを見ていると
「どうしたらよいですかねー」みたいな質問に
「からだが突っ込むから」
「からだがボールに近づくから」
こんな回答がたくさん見られます。


とても真面目に質問して、やはり真面目に答えられているので
微笑ましく 見ているだけ ですが、
間違いではないですが、回答にもなっていない のです。
風邪を引いた時に、鼻水が出たり、咳が出たりしますが、
鼻水を止めたり、咳を止めたり すれば
即ち 風邪が治るのか と言うと そうも行きません。
それは 症状に過ぎないから です。

シャンクの主な原因というか、
その症状を見ても
「からだが突っ込む」とか
「からだがボールに近づく」
 は確かにあります。

その からだ と言うのはいったい どこを指しているのでしょうか
大きく分けると 左サイド(左半身) と 右サイド(右半身)
がある訳ですが、 左半身がボールに近づき過ぎ…
左半身が突っ込む というのは
正直、あまり聞いたコト がありません。

【 突っ込む、近づく 】 というのは 右サイド というコトになります

手で打つにしても、からだの回転で打つ にしても
どこかの時点で 右サイドはボールと近づきます。
それは 本来、左を向いた状態…… 打ち終わった後の筈 です。

つまり シャンクは からだの回転、からだの向きの変更
という動作の進行に対し、
インパクト、打つ時期が 「 遅い 」コトによって 生まれます。
(ヘッドスピードが速い・遅いの遅いではなく 時期が遅い の意)
ee213269f2e5a758

ここがスイングの意地悪なトコロ なのですが、
で、あれば ヘッドをどんどん出して 振り遅れ ないように・・・
と思うと、それと同調して からだは向きを変えてしまうので
その振り遅れは解消されません。
腕の長さは 決まっていますから
右腕を伸ばして ヘッドを出そうとすれば
その右腕を伸ばした分、左腕を格納、どかさねばならず
それは体を開く、左向きを早めますので
右サイドがボールと近づくのがより強くなるから、です。

この症状は手で振っている人、
フェースターンで振っている人に より強く 出ます


からだの回転で直にグリップを動かして 打っていても
シャンクは撲滅しきれませんが、より少なくなるのは確か です。

手で振るよりも ロフトを寝かさない、寝かす時間が短い から です。


また 自分ではインサイドと思っている
クラブを寝かすタイプのスイングの人は
(インサイドではなく からだの右外にクラブがあるので
 より 右がボールに近づいたタイミングにインパクトが来ます)

シャンクとナイスショットは紙一重なので
一度出ると コースでの修正には難儀するコトになります。
方向とかを考えると 実現は不可能…かも知れませんが、
グッと 自分のイメージの 外から、アウトサイドから
振ってくるようにすると とりあえずは解消し易くなります。


寝かし癖の強い人は
概ね 硬いシャフト、オーバースペックな硬さ で
スイングを覚えているコトが非常に多いので
そこは要注意ですが、だからと言って
それを 柔らかめのシャフト にすると
寝かし度合いが減ってくる
(いずれ減ってきます)までは
柔らかい分、より シャフトが寝る〜ロフトが開く ので
シャンク連発なんてコトにもなります。
それと同じコトが 季節の変わり目
 10月末〜12月あたりにも 良く起こります。
一番手 飛ばなくなるような そんな気温の変化の時期 です。

シャンクの改善、撲滅とは言わないまでも
頻度をグッと減らすには、実は付け焼刃とは行かず、
根本的な クラブ扱いを変えなければならない のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フットワークのトレーニング をするにしても
その足の生えている 股関節の位置 が
どの状態 から始まる、始めるのか
 によって 異なってきます。

➀骨盤ごと 右を向いて
両股関節が右を向いているのか
➁肩は右を向いているけれど
骨盤、両股関節は 中途半端な状態・・・。

M2019810L!_Moment➀肩と両股関節(骨盤)の向き が揃っていれば
その両方は 似たような方向に 同じ動きをすれば
良いだけで済みます。
また 胴体が捩じられていないので
 両腕の長さもつり合い易い状態ですので
手で振るという意味ではありませんが、
 腕の使い方 にも自由度が生まれます。

240➁一方、テークアウェイ、準備としてのテークアウェイにおいて
肩だけ回し、両股関節(骨盤)が中途な場合、
右向きの解き、ボールを打つため、正面を向いていく
回転の戻し は どこかだけを「速く」、どこかだけを「遅く」動かすコトは
ほぼ不可能で、全体が似たような速度で進行していきます。
故に、右向きが中途、不完全な股関節は
ボールを打つ前に 左が上がり始め、距離関係で言うと
ボールから遠ざかり始めます。(開き始めます)
ですので どこかの時点で 止める動作 が入ります。
 特にここには 「茲諒鼻廚覆鵑童斥佞ありますから
その止める動作が入り易いでしょう。

AZEJ5123_Moment

そうなれば その止まった左半身 に対し
腕を振る、クラブを振る というコトになりかねない のです。

この場合での フットワークは
止めるタイミングや位置 というコトになります。

ですので 右向きを 股関節で考えて
肩ラインと骨盤ラインのギャップを少なく取るのとは
違う フットワーク というコトになる訳です。




私たち オジサンおばさんゴルファーは
学生の部活のように 闇雲に(今はそうやらないのかも?)
私たちが学生時代の部活のように 理屈は分からなくても
とりあえず 回数を重ね からだの刷り込ませる
と言う練習が なかなか出来ません。
その練習が悪い とは言いませんが、
それよりも ちょっとだけ頭を使って
 次の展開 を考え、 本来の目的のために
 動作を構築していく 大人のやり方 をお薦めします。



左股関節の方が低い時間を確保する
は イコール 前傾姿勢の形成、維持
 になります。

最近では 横 の傾き 〜側傾
(造語ですね)
 を前傾姿勢
(の成れの果て)と呼んだりもしますが、
人間の姿勢として 痛い というか 美しくありませんし、
故障の原因になります。
前傾姿勢 とは その言葉の通り、
からだの前(からだの向き)への の傾き ですから、
そのからだの前 が からだが捩じられ
どこなのか、どの向きなのか 判別できないのでは
当然、形成、もしくは維持することは出来ません。


インパクトはからだの正面で
 は ある意味、茲鮖澆瓩詁阿になるケースが多いので
左股関節の方が低い時間を出来るだけ準備、確保! の方が
 結果として インパクトを体の正面で作り易くなります。
snap-lock_Moment(4)

左股関節の低い時間を出来るだけ確保する
それが 右向きの目的の一つ であり、
胴体に負担を掛けず(特に腰)
 上から打つ近道 とお考え下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ま これは それを信じていない私の偏見…
 と言えなくも無いんだけれど
『シャフトをしならせて しなり戻して打つ』
は ものすごく精神論的なイメージを拭えない のです。
ゴルフクラブの形状を考えると
 その打撃論に合理性が見えないというか、
苦労して覚えるだけの
 科学的とは言わないまでも、物理的根拠が
未だ 何も見つからない…のです。


u=341495341,3618090510&gp=0

『シャフトをしならせて しなり戻して打つ』
それを信じている人や
そうやって打って 上手く行っている、悩んでいない人は
それが その人のゴルフ理論 なんだと思う。
それを否定も出来ないし、それで楽しんでいるのに
何か意見するつもりもないですね。
理論なんて 環境や状況、その人のポジションによって
適応されるモノは色々あって当然でしょう。
全員に共通のモノ なんて 成立し得ない でしょう。

ただ これから ゴルフを、ゴルフスイングを覚えよう と
思っている人 や
『シャフトをしならせて しなり戻して打つ』コトが上手く行かない、
そのコトを疑問に思っている、矛盾を感じている、
もしくは その動作によって からだを痛めている人には
より 動作のシンプルな、からだを痛めずとも
飛ばしたり、安定させたり する打撃論 『も』 アリ というコト。

パッティングするのに
ヘッドを開いて ヘッドを閉じて打て
シャフトをしならせて しなり戻して打て
と言う人はいないでしょう。
結果、において パッティングは簡単ではなく、
奥深さもあるとは思うけれど
コト打つコトだけに関しては パッティングのそのシンプルさ で
ショットが打てた方が楽、
それで飛ばせる方法を考えた方が良いんじゃないのか?
と思うのが 新しい打撃理論の始まり…なんじゃないでしょうかね。

多くの人は自覚はないけれど、『硬くて使いきれていないシャフト』を
無理やり使っているが故に、
選択肢無しで シャフトを無理やりしならせて、
無理やりしなり戻して使わざるを得ない人もいる でしょう。

ゴルフクラブを創る、考える立場 からすると
打撃部である ヘッドには 距離や方向、弾道を決める
角度 というものが 複合して備わっており、
ドライバーで言うと 1/2500秒以下
アイアンであっても 1/500秒以下 の
ボールとヘッドの接触時間で
飛ばしたい気持ち と 真っ直ぐ行かせたい気持ち、
安定させたい気持ち を 同時に満たすには
その方法『シャフトをしならせて しなり戻して使う』は
 非常に危うい選択肢、危ない選択肢 だと思います。
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット


クラブを握っているのは人間で、機械じゃない、
動作中に シャフトをしならせる/しなり戻す というコトは
グリップの移動量よりも ヘッドの移動量を意図的に増やす
というコトになります。



となると そのグリップ/ヘッドの移動量分の遠心力などの負荷 は
まるごと 持ち手が支えるコト
負荷がかかっても それに負けない グリップの移動、支え を
する必要になるコトを忘れているか、考えていない 発想
と言っても良いと思う。

グリップよりもヘッドをより多く動かせば、
より多くの遠心力が発生し、当然、それによって
グリップは円周の外に引っ張られますが、
それを考慮した ライン取り や
それに抵抗するための動作 というのが
当然、生まれると思うのですが、
 そこについての言及は殆ど見られません。

ヘッドと言う打撃部の 端にシャフトは付いており
しならせれば シャフトはねじられます。
ロフトやライ角度やフェースの向きも変わる上、
しなる ということは クラブ自体が短くなる というコトでもあり
『それらを毎回 似たような状態でのインパクト』 を考えると
この形状の 【打撃の道具】 としては
物理的に そう使うのが正しい! と信じ切れない
というのが 正直なアマチュアの気持ちだと思います。
460TL-2

豊富な修練や天性の運動センス によって
その難しさをこなしきれている人の 打撃理論 は
それが出来ない人にとっては 難解 です。

難しいコトを覚えるのが好きな人もいるでしょう。
それも当然、否定できませんが、
ゴルフクラブ、ヘッドの形状を考えると
もっとシンプルに
飛ばし〜真っ直ぐ行かす〜安定 を両立出来る
そう言う方法があるのなら
その方が 上手く行かない人 や これから覚える人 に
とっては 良いのではないか と思うのですけどね。


私も オジサン真ん中高め ですが、
私たちの頃 よりも 若い年齢層は
スポーツを根性と結びつけて 体験してきていません。
お金と時間を要する 贅沢な遊びに位置するゴルフ
それを より簡単に出来るようにした方が
ゴルフ人口は減らない(今や増えるとは言い切れないので)
可能性が増す と読んでいます。
体力自慢の人が少ないのが
ある意味 ゴルフをやるかも知れない層 なのですから
覚えるのが難しく、からだを痛める可能性の高い方法、
道具やその機能をより合理的に使える方法
そう言うモノを好むように思えるのですが・・・・・・ね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日に書いた 足、下半身のドリル は
あくまでも ドリル です。


足のなんとなく の使い方、通り道、
手順として ドリルでやるのは 良いと思いますが、
素振りまでは出来ても
実際の ショット となると
 足使いに神経を使うのは 難しいでしょう。

足はどちらか というと
ボールを当てる、ボールを打つ、強く振る
というコトの補助動作、
その動作をする上で 不自然な動きをしても
からだを痛め無いように逃げたり、
バランスを取ったりする、反射的な補正動作が主になり、
意識的な動作は難しくなります。



ですので 素振りや軽いイメージショットまで が良いと思います。
その際、気にして頂きたいのは

【テークアウェイ時】 左足が 茲慮坿慇瓩

 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 (左股関節を右股関節の下に潜り込ます)
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

tksswing_Moment(2)

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です


と書きましたが、
下半身の動き、アクションは クラブや腕などを含めた
上半身の重さのかかり方によって 左右されます。

つまり、そうなるような 上半身の重さのかけ方 で
造っていく意識を持ってください。
クラブや腕を どこに動かすか、いつ動かすか
 によって 下半身にかかる重さは 変わってくると思います。




スイングの右向き、ダウンスイングには
どうしても 胴体の捻じれ、上半身の上部の重さによる遅れ
が発生しがち です。
ゼロにする事は不可能ですし、体を痛めない為
自然なねじれは許容するべき とは思いますが、
出来るだけ少なく、意図的なねじれは造らない方が良いと思います。

IMG_0013_Moment(2)


肩ラインと骨盤ラインのねじれが少なければ
ダウンスイング〜インパクトにおいて
🔴左半身の方が低い(概ね 多くのモノが下に向かって進行)
🔴左半身の方が高い(概ね 多くのモノが上に向かって進行)
この二つの時間が 肩ライン、骨盤ライン に
同じように進行していきますが、
ねじれが大きいと 左股関節が上がり始める時間が
早く訪れますから、上を向きながら、下に振る
と言う時間が必要になってしまいます。

現代のスイング論の中には
骨盤の傾きと肩の傾きを変え
肩は縦に回転する という奇妙なものまで存在するほど です。
それは スイング動作の初期 の 捻じれ があるから
その後処理として 起こるモノで
決してからだに良い動き とは言えません(痛めやすい動き)から
アマチュアが率先して やるべきモノ ではありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードでは
骨盤、胴体ゴト、股関節を境目に
からだ、上半身をねじらずに
右を向くコト
をお薦めしています。

20191006_Moment(3)


 それは何故か というと
ポイントの一点には『股関節』があります。

プロがどうであるか、他人がどうであるか、に関係なく
練習量が豊富でなく、からだのメンテもし難い、
筋肉の鎧で骨や関節を守り難い
アマチュア、オジサンおばさんゴルファーの場合、
上半身をねじらず、
股関節を境目に 骨盤〜胴体ゴト 右を向いた方が
体も痛めにくい上に
スイング動作 の時間の中で
 ✋右股関節よりも 左股関節が低い時間を
 たくさん確保するコト が可能になります。


インパクト時の 前傾姿勢
➽具体的には 左股関節部での
 大腿骨と骨盤の傾き差 を
 維持したいと持っているゴルファーも多数います。
➽先日の記事でとりあげた
 ディッシュアングル (左腕とクラブの角度差)
 こちらも維持、意識しているゴルファーもたくさんいます。
✋運動が激しく、運動速度の速い
 ダウンスイング後半、インパクト前後で
 その双方を意識することは 非常に難解 です。
 不可能 と呼べるほどの領域です。
✊しかし、ねじりの少ない良質な右向き、
 胴体ゴト、骨盤の右向きが多くあれば
 その双方の問題は格段に解決し易くなります。





今更、になりますが
スイングの軌道と呼ばれるモノは斜めに傾いており、
ダウンスイングで 進行は 斜め下に向かい
フォローでは その進行は 斜め上に向かいます。
20191006_Moment(4)

出来るだけ それを からだの回転で というコトになると
その 斜め の源は 前傾姿勢
 股関節を境目にした、骨盤と大腿骨の角度差
 によるものです。

つまり 右向きのポイントは
胸とか肩が右を向く…たくさん右を向く
と言うよりも
いかに トップオブスイング以降、
切り返し、ダウンスイング以降
左股関節が右股関節よりも 低い時間を確保出来るか
左股関節の方が低いか というコトになります。
その為に 準備にあたる テークアウェイの時点で
右股関節の方が荼坿慇瓩茲蠅盥發ぞ態をつくり、
その状態がより長く維持されるように
 しておいた方がベターでしょう。


故に テークアウェイを
◔トップの形や、
◔テークアウェイの為に、
       するのではなく
ダウンスイング以降の その股関節の関係 
 それを考えて 形成すると良いと思います。

角度で言う何度 は 好き好き ですが
深い『骨盤の右向き』 
胴体の捻じりの少なさ 
 (肩周りの右向きと骨盤の右向き差の少なさ)

スイングの七癖を隠す ほど
 アマチュアにとっては 生涯の財産になります。


sample2018 (2)_Moment(2)

😢 捻転・・・ 捻じり と呼ばれる
肩と腰の向き差 ですが、
「からだがまわらない」 
とよく耳にしますが、
その部分は 意識的にねじり差を創るのは非常に難しいです。
ある意味 「まわらなくて当然」と言えば良いのか、
廻ってしまったら 痛めてしまう可能性や重大な故障
になる可能性すらあります。
からだの構造的に、
 率先的に 胴体を捩じるように出来ていませんし、
痛み が伴うので、拒否する気持ち、
怖い気持ちから逃れられないから です。
それに比べると 股関節 は可動域が格段に広く、
繰り返し慣れていけば 
 かなり 股関節の可動域は広げるコトが可能 
です。
私たちの年齢にとって 歩くコト や 姿勢やバランスを取るうえで
とても重要になる箇所で
可動域が広がることは ゴルフ以外にも大変役立ちます。




あまり 具体的な動作… の解説は好きではありませんが、
スイングではなく、下半身、足のドリル と言う意味で
 左足が 茲慮坿慇瓩
 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

https://youtu.be/mPoHWTzMeCk


画像の解析、再生速度が完全に同じ…ではないのですが、
二つのスイングを見ると
やはり グリップ、というか
 左グリップの進行、下がり具合に差が有るように思えます。

両手離しドリル(比較映像)_Moment


ソコの部分、自分でもやってみた、のですが、
インパクト以降 左上腕、左グリップを間髪入れず上に抜く、
(インパクトが来る前に…位の気持ち)の方が
ダウンスイングにおいて
 左腕の下がりは格段に早くなります。
✋上げるには下げなければならないので…


早い段階で左腕が下がると
左ひじが 下向き になり易く、
その向きは それ以降の からだの回転の方向と似ます。
フェースの下向き〜シャット〜ロフトの立ち
も速い段階で生まれ易く、
その点、フェースローテーションの必要性が薄れます。

ダウンスイングで 左腕の下がり が遅い、
もしくは からだの向きの変更への「付き」が悪い と
左ひじややや上目を向いてしまうので
からだの回転の方向から離脱し易く、
ダウンスイング後半〜インパクト前後で
処遇に困るコト、その長さに困るコトになります。



当たらない、届かない の恐怖 はある、と思いますが、
肘から先のアクションで 『ヘッド』の位置 を下げるよりも
より クラブから遠いところの方が
 アクション自体 少なくて済みますし、
ボールに届く、というか
 低いトコロにあるボールは 前傾姿勢と向きの変更で届かせる
と言う基本に立ち返ると
 その前傾姿勢がからだの向きの変更とつながる には
ヘッドを下げる のような 動作 は
体を起こす につながりますから 出来るだけ避けたい です。

ダウンスイングの早い段階で 左腕が下がらないと
廻ることで 左腕がからだに張り付き易く
ダウンスイングの後半ではより下げ難くなってしまいます。

インパクト、それ以降やフォローで 左脇を開ける
 のは 多くの人 にとっては 禁忌な動き と感じているでしょうし、
インパクトの 左腕〜左脇 左ひじの『締まり』
もしくは、左腕の『しぼり』 
 インパクトの目安 になっている可能性も高いので
条件反射的に覚えている ゴルフスイングにおいて
 簡単には 離れてくれない かも知れません。

インパクト以降のリリースは 全く問題ないと思いますが、
ダウンスイングにおいて 左グリップが下がってくれないと
低いトコロにあるボールには届かなくなってしまうので
どうしても リリース と言う名の フェースローテーションが必要に
なってしまいます。
両手離しドリル(比較映像)_Moment(2)

フェースローテーションは ヘッドがグリップを追い越す
というコトですので、グリップの制動、静止、減速 が必要になり
追い越したクラブの負荷 は 肘や肩にかかり
ヘッドが下がるコト と 左肩が上がるコト は
同時に発生します。
クラブが下がる〜落ちるエネルギー を
 回転に使いたいのに
クラブが下がる〜落ちるエネルギー が
 上方にかかってしまう、逃げてしまうため、
 ボールに届かなくなる可能性が生まれ、
 からだの回転を止めざるを得ず
 からだの負担にもなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

 


あれ? これって
あの例の「達人リートレビノ」の雰囲気と似てるかも…、
って感じたら かなりいい線 行ってます。




当たらない、打てない、
こんなのゴルフスイングじゃない、
そう感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし、この素振り を通して
 ❷点 気付いて頂きたいのです。
 
➀.自分のスイングは インパクト前後、そして以降で
 左を向けていない〜左半身が止まる

➁.もしかすると
 フェースローテーションよりも
 ヘッドとグリップの上下反転 という
 意識がぬぐえない



➀.は既に何度も説明しているので
 簡単にしておきます。
 フェースローテーションをするには
 支点が止まらないと出来ません。
 多くの場合が 左グリップ です。

 運動の中で 左グリップを止めるには
 左半身の移動も止めなくてはなりませんし、
 左腕が硬直するような動き が必要で、
 それが インパクトの目安、目標地点であり
 目標動作 になっていませんか❓


➁.は頭の体操 です。
上の➂っの動画には すべて
 ヘッドとグリップの上下反転は存在しません。

ややこしいですが
 腕さばきでの ヘッドとグリップの上下反転はなく、
 前傾姿勢とからだの回転 によって
 ●テークアウェイ~トップ~ダウン前半 で
 ヘッドの方が「位置関係」として高くなり、
 ●ダウンスイング後半~インパクト~フォロー前半
 ヘッドの方が「位置関係」として低くなり
 ●フォロー以降
 ヘッドの方が「位置関係」として高くなっているだけ。


腕とクラブの関係では
 常時、スイングを通して ヘッドの方が高い のです。

ですので、両手を離した素振り であっても
 それをスイング化したものであっても
フォローでは 左上腕をあげ、左グリップが上げますが
 ヘッドは放置、低いままにしておきます。

✋そこを反転させれば 左上腕は上げられませんし、
 判定と言う行為は 支点である 左グリップの移動を止めます。


その2点を気付いて頂いた だけで
 この両手離しの素振りの意味は十分あります。
それだけでも スイングにはとっても有用です。


では、その2点を着目し、ショットを見てみましょう。
 


このスイングにインパクト前後で
 左サイド、左グリップの止まる気配がありません。
よく言われる
「フォローは低く、出来るだけ長く出す」は
左サイド、左グリップが止まったら 実現出来ません。

真っ直ぐ行かせる、
繰り返し似た球を打てる、
条件とも言えます。


このスイングに 腕さばきで
グリップとヘッドの高さ関係を反転させる動き は
テークアウェイにも、ダウンスイングにもありません。

スイング軌道という
前傾姿勢   …股関節を境に 骨盤と大腿骨の 前への傾斜『差』
によって 傾いた、 その軌道 に沿って
かかる重さや不可抗力は考慮に入れている と思いますが、
その軌道通り、手は押しているだけ、です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



●腕でのクラブさばき と からだの回転を同調(同期)させる
というよりも
●腕さばきで からだの回転を造る と言った方が良いでしょう


✋✋✋それでは その為の素振り…から。



こちらは橋爪プロからお借りした動画を元に造りました。
これって、説明がないと
「なんのこっちゃ」
って思うのが、普通かも知れません。

打てる気,ボールに当たる気がしない…でしょうね。

コースの前の準備体操か、なんかですか? って聞かれそうです。
       ……流石のパクリー君もこれは真似ないでしょうね💦


素振りしてみる、そのイメージのポイントは大きく二つ です。

1.右腕が伸びていくと 左グリップはどんどん逃げていきます。
 蕾,靴進、萋┐欧襪里
 萋┐欧進、蕾,垢里 は 微妙です。
 正しくは後者…と思いますけど。

 切り返しから 蕕亮蠅里劼蕕
 地面に向かって 伸ばしていく感じ がポイントです。

2.フルショット、フルスイングにおいて
 左上腕は インパクト以降 上に逃げます。
 インパクト前から 上に逃げる
 というイメージで良いと思います。

 兎も角 左上腕と左側帯、からだをロックせずに
 左上腕が上に逃げるコト が 回転、
 左向きを作り出す と考えて下さい。

 ✋回ってから 左上腕が逃げる のではなく
  左上腕が上がることによって 左を向く 感じです。


 インパクト以降、左腕(左上腕)が上に逃げるには
 ダウンスイングで 左上腕が下がらない(動かない)と、
 左グリップが下がらないと 上に逃げるコトが出来ません。

ローテーションスイングから改良する場合、
この 左腕とからだのロック が
インパクトの目安 となっている筈 です。

ですので 騙された と思って、
右が押したら、左上腕は上に逃げる を
やってみて下さい。

👉そうすると インパクト以降 左向き がないと
それが出来ないことが判ります。
同時に インパクト以前に からだが左向き になると
左上腕を上に逃がすことが出来ません。

切り返し…から ダウンスイング で
左上腕が 胸に張り付く と やはり左上腕をあげられません。

✋形…としては出来ますが、
ボールを打てません、空中を空振りか、
ボールをフェースで打てません。
フェースがボールを向く機会が生まれません。


右手が伸びるコト によって
 ヘッドがボールの方へ出てしまったら
左グリップ〜左上腕 は 上に逃げることが出来ません。
からだに張り付いてしまいます。
その時点で 腕とからだは分離します。

右手の手のひらを 地面に押し付けるように伸ばす と
左グリップは軌道上、前に押されます。
それが インパクト以降は上軌道になるだけ です。


それを実際に行い、
 ショットをしたモノと重ねたのが この映像 です。


この素振りを ショット化した 単独映像がコチラ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ