◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年07月




昨日の記事を強く「感じる」のは
前提条件 として

「ボールを叩く、強く打つ には
 ヘッドを振らなければならない」


と言う感覚が結果、として抜けない
自覚は無いけれど そうしている人

というのはあるんですけれど…
(自覚がないのが一番厄介でしょうね…)
(技術ではなく 感覚やからだの記憶、思い込み の部分なので
 解消するためのヒントは 自分自身の体の中にしかありません)

胴体そのものを 自意識として 「まわそう」
としているスイングでは
必ず インパクト付近で
自分とボールとの距離感 の 修正 が
かなり強く入って スイング動作 として
とても目につくトコロ にあるのです。


実例をあげましょう。

20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)









拡大度合いが同じではないのですが、
これは フルショット ではなく
フルショットを行うための ドリル で
おそらく 打つ距離、狙いの距離は無視している筈 です。
腰を悪くするといけないので
この手のドリルは長めのクラブですることを推奨していますから
6番アイアンで 結果、としては 50ヤードとか80ヤード
どっちでもいい距離を打つ
まあ ボールとフェースが当たれば良い 程度に考えている
と思います。

にもかかわらず
必ず ダウンスイング後半、
インパクト直前で からだの起こし、
上に蹴る とまで行かない ですが、
上下方向に 空間を確保する ような動きが入ります。
動画、動いている映像 で見ると
インパクト直前、インパクト前後に
ピョコンと伸び上がるような動きが入る訳 ですね。

手で振る、フェースローテーション をする人の
例外の少ない 典型的な動き で、
最近では そうやっても 遠くにボールを打てちゃう人が
『地面反力』なんて めっちゃ不快な造語 で
アマチュアゴルファーを◯◯しているケースも見られます。



フルショットを打つ 時の順次解説 をしていくと

1.ダウンスイングの初動
 多くの人が からだを 左肩(胴体内部の感じ)
 胴体の左上隅で回そうとし始めます。
 
2.左上腕の付け根は動かそうとしますが
 付け根だけ動かし、左腕(上腕)は置き去り にします。
✋ 人に寄っては ここがポイント かも知れません。

3.左腕が取り残されてしまえば
 腕やクラブの重さが蕕忙弔襪里
 右軸になって 左サイドだけが開きます。

4.すでに からだの向きは ボールを通り過ぎていますから
 それで移動する筈の 腕やクラブは
 その 機能を使う時期を逸しています

5.そこから からだの向きの変更の代わりの仕事 を
 フェースローテーションでするのですが
 取り残された 腕やクラブの重さのお陰で
 想定よりも 右サイドは下がっています。

6.フェースローテーションや腕の返し、フェースの返しは
 利き手、利き腕を伸ばさないと 行えませんが
 下がった右サイドの空間では
 それを行うための十分な空間が得られません。
 特に 下方向に振るのは必須条件になるので
 左右よりも 上下方向の空間が必要 です。

7.右腕を使おうとしているので より一層右サイドは動きますが、
 それを左サイドを連動させると
 既にボールから離れている 左サイドが更に離れるため
 空振りしてしまいます。

8.左サイドの横移動を 縦移動に変え ボールを打ちます。
 左サイドを横には動かさず、上に逃がして空間を作ります。
 (これを巷では 左サイドの壁 と誤解しています)

9.左サイドの横移動は止まるので それをきっかけにヘッドを返す
 ヘッドでグリップを追い抜きます。
 故に インパクト時の左サイドと左腕の締まり は
 多くの人のインパクトの動作記憶 だと思います。


これが一般的な、結構、普遍的なゴルフスイング です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)




ここの中には 多くのアマチュアの よく耳にする「悩み」が
含まれています。
そのまんま…ですが
「インパクト時の伸び上がり」
「ディッシュアングルの欠如」
「よく判らない 左サイドの壁」
「左への体重移動の欠如」
「からだの開き」
「左わき/左腕の締まり」

と同時に
このスイングには 左サイドを上に逃がし、
横移動を止めるコトによる 左サイドと左腕の締まり
によって 首を痛めたり、左ひじを痛めたり、
体重の逃がしどころが無く、
 潰れた右サイド、右腰 の痛み など
アマチュアの多くの 体の故障 は
この動きによって 生み出されています。

ユーチューブなどの動画を
 スローで 上記解説通りに見てみると
かなり多くのゴルファーが、プロも含めて 当てはまる
と思いますよ。

良い悪い の問題ではなく、
オジサンおばさんゴルファーが率先して目指すべき動作
では 無いというだけのコトで
好きでやっている人に どうのこうの
言うつもり もありません。
『お好きにどうぞ』

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転
ハミングバード的には「からだの向きの変更」
というのは 自分がその動作をしようとした時、
意識し辛い、難解なモノ だと思います。

これはあくまでも 私個人の感覚なので
誰にでも適応できるか、どうか というのは
判断がつきかねますが、
からだの向きの変更
一般に言われる「からだの回転」は
からだ そのもの で 行うモノでは無い と思います。

……正直 書きたくないんですがね…
 このテーマは次回のセミナーのメインテーマです


✊この場合のからだの言葉の定義 は
 肩関節から股関節までの間の胴体
の部分を指します。 
gaikotsu-612x612

ゴルフで言う からだの向きの変更が重要 な点は
その四隅 にあたる
 左右両サイドの肩関節 と 股関節 の位置
だと思います。

位置そのものが大切 というよりも
 その位置によって
 左右両腕や左右両足の長さ が決められてしまう 
と言うところがポイントです。

アドレスやスタンス によって
自分の位置は決まっており、
コースで傾斜やライ条件などがあっても
ボールの位置も決まっていますから
 自分とボールの離れ具合 というのも
打つ前に決まっている 打撃の絶対条件 です。

上手く打てるか どうか は
両腕で握っているゴルフクラブ
そして それを支えている両脚 位置によって決まる訳で
その距離感は 作法 としての スイング動作 とともに
瞬間の距離判断に対する 反応 というのも 必ず 加わってくるわけです。

ミスは必ず起こりますが、
事前に その 瞬間の距離判断に対する修正 が行われにくくして置く方
もしくは 極力、少なくなるよう にして置いた方
  が ミスが起こる可能性はグンと下がります。


からだを 体自身で向きを変えようとする、
例えば 肩でからだをまわそう とする とか
腰でからだをまわそうとすると
胴体 両肩関節から股関節 の間までの からだは
ひねられてしまい 長さ短さの調整が必要になります。
傾斜や打つ加減(強さ弱さ、速さ遅さ)による
 胴体のひねられ具合も異なってくると思います。
置き去り君_Moment

それならば どの道、
両腕で持ったクラブでボールを打つ訳ですから
四肢 〜この場合は 両上腕 と 両大腿 で
からだの向きを造った方が理に適う と思うのです。

漠然・・・としている話で
頭に入り難い かも知れませんが、
からだ 胴体
この場合 その四隅 両肩関節と両股関節 の間の部位
は 意識的に何も使わず
四肢 両上腕 両大腿・・・
両肘と両膝 と言う感覚もアリ かも知れませんが、
そこで作った方が 腕や脚の長さの調整 が
不必要になるのでは…、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨日 の続き…になりますが、
からだの向きを変える という円動作 に対し、
実感しやすいのは
ボールを打つ、打たない 関係なく、
足をつかって ラヂオ体操 のように
 からだの向きを変え、腕を振ってみた時 です。
radio

脚をつかって 骨盤の向き を変えますが、
からだの重み分、肩ラインは 骨盤より遅れます。
長さの有る 腕は それよりもさらに遅れます。
故に 骨盤の向きを変え終わっても
逆に、骨盤の向きが変わり、その動きが止まり始めて
初めて 肩ラインが向きを変え、肩ラインの動きが止まり始めて
初めて 腕が振られる という
随時、順次、と言う動き です。

ゴルフスイング で考えてみると
ゴルフクラブの打撃部は
上下左右、方向や距離、高さを司る角度 が付いているので
出来るだけ 大きく その角度を変えたくありません。

角度が変わる 一番の要素は
左右の腕の長さの違い です。
ボールを打つ前 の状況であれば
左腕が短くなって(曲がって)いれば
  ロフトは立ち、 フェースは左を向き
右腕が短くなって(曲がって)いれば
  ロフトは増え、フェースは左を向き
 ます。
また 左右の足の長さも 手の長さを決定する要因 になります。
02

ですので ラヂオ体操の腕振り のような動かし方 をすれば
クラブで言えば ロフト変化もフェースの向き変化も激しくなりますし、
からだをねじって ゴムのような使い方、
脚を基点に 腰〜肩〜腕〜クラブ の順に動くコト になります。
これが俗に言う ローテーションする打ち方 です。

腰に対し肩、
肩に対し腕(グリップ)、
腕(グリップ)に対しクラブ(ヘッド)、
は 各各の重み(負担)になりますので
放っておけば 遅れます。
 重さの分 遅れは自然の法則上、当然と言えば当然です。

腰に対し肩を遅れさせると
ロフトは開き、フェースは右を向きます。
肩に対し腕(グリップ)を遅れさせると それもやはり同じ です。

腕(グリップ)に対し、クラブ(ヘッド)を遅れさせる、その状況は
傾き(前傾姿勢)があるので 肩の遅れを造らなければ
ヘッドの遅れは ロフトの立ち に転じるコトができます。
キーになるのは やはり 腰に対する肩
肩に対する腕・・・・・・つまり両腕の長さ です。

だから 昔から 両腕で作る三角形の話がある のです。

詰まるところ、
手打ち とは
からだを 骨盤と肩 に分解して、分けて 使うコト を指し

ラヂオ体操のように 各部分、
運動の主エンジンである、からだ(骨盤)の動きが止まってから
遅れた肩、遅れた腕を振り、遅れたクラブを順次振るので
結果として、手でしか打ってないように見える というコト です。

逆にからだの向きの変更で となると
重さによる遅れ を考慮に入れ、
重さ、動作で積算される重さによる 遅れ を
腕の長さが影響受けないように
遅れがちになる 腕や肩 を先回りして
結果、として同調出来るように動かしおく というコト になります。


まあ どの道、
円を描いたら からだの回転角度分、
グリップの移動角度分、ヘッドも動く(同じ角度動く)
と考えている限り、
どんな手段を使っても 手でクラブを振るコトからは
卒業するコトが出来ません。約束します。

そこはスイングの技術 と言うよりも
圧倒的に 思い込みからの脱却 にかかっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この画像は 切り返しの直後 です。
2013-04-30 10-21-17.464__Moment


この時の 自分の胸の面 と シャフトの関係 
 ・・・この場合は 90度弱位(角度は重要ではありません)でしょうか


それがスイングが進行していくと
 その角度は ドンドン詰まっていきます。

図2 (002)


2013-04-30 10-21-17.465_Moment

時間は進行していきますが
その角度は変わらず、単に体の向きが変わっていくだけ
シャフトと胸(シャフトより右側/後ろ側)の角度は
逆に スイングの時間進行が進むにつれ 重さ分、狭くなっていきます。


2013-04-30 10-21-17.466_Moment

インパクトに入っていく場面ですが、
胸の面とシャフトの角度(相互関係)は依然変わりません

トップの位置では 90度に近かった その角度は
 45度…のような、60度…のような
ヘッドの重さ分 詰まっていくのです。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment2013-1







角度が何度・・・というのは曖昧で良いのですが
この 50〜60度位の角度は
 ボールを打つまではだいたい誰もかれも同じになる筈です。


20161215_Slomo_Moment


そして・・・ フィニッシュ になれば
胸とシャフトは平行に、
角度で言えば 0度の関係になってしまう、のです。



ネットやスマホによって より視覚情報を手に入れる機会
は増えていますが、
その資格情報も正しく読み解かないと
変な思い込みを刷り込んでしまいます。

達人のココから盗め_Moment(4)この角度から
スイングを見た時、
確かに ヘッドはグリップよりも
 進行方向(右)側にあります。



達人のココから盗め_Moment(2)しかし、これはヘッドがグリップを追い抜いた、
のではなく、からだの向きが変わったから!です。

実際には グリップとヘッドの関係は
この状態と同じです。


達人のココから盗め_Moment(5)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

✋正解はココにあり! って感じかしらね。
  ………素振りのイメージ に秘密アリ かな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013-04-06 12-19-18.455_Moment



諸悪の根源は
「ヘッドを振る」感覚が抜けない というか
その自覚がないコト、なのかな とも思います。

そこが理解出来ると
ほとんどのコトが氷解する、と言えば良いのか
そこが理解して貰えない痛いトコロ と言えるでしょうか…。



私、個人は
スイングを円運動とは思っていません。

傾いた・・・ それも希薄な感覚ですが、
あくまでも「横移動」「横運動」だと思っています。


ゴルフのルール、を度外視し、
少ない〜短い距離〜数メートルの距離 を打つのであれば
クラブを持って 向きも変えず、からだも回転させず
左右にステップして、
左右にステップを踏みかえて ボールを当てる でしょう。

しかし それでは距離が打てない、
もっと高速に動作するため
横移動、横運動の亜種、変型版 として
からだの向きの変更がある
  と考えています。

からだの回転 による 円有りき とは考えていません。
高速の横移動を実現するために
 結果として、傍目から 円を描いている程度 です。

円を描く にしても
横移動する にしても
棒の先端に重さ のあるモノを動かす とすると
☑その重さ分、
☑その長さ分、
☑運動の速度分

 先端部は 動きたがりません。

例えば…ですが、
 横移動 としましょう。
✋根元である グリップが1ⅿ移動した とします。
 先端部の重さ、そして長さ、そしてその移動速度 で
 積算される先端の実質量分、
 先端であるヘッド部は 90cm とか 80cm
 重さによっては それ以下 しか動きません。

これを 円動作 に置き換えてみると
 からだの向きの変更 によって
 グリップ部が 90度 の角度運動 したとしましょう。
👉先端に重さが有る分、その実重量分
 先端部の ヘッドは 85度とか 75度しか
 移動できない という この地球上にいる限り、
 ゴルフだけを、例外にするコトが出来ない、物理現象 があります。


横移動に比べ、円の角角度運動は
 その棒状のモノの長さに相当する分、
外周に当たるので 多く動かせる というのが
ゴルフスイングを横移動のステップ打法 ではなく
からだの回転による 円移動 にさせた のでしょう。


それであっても
 決して 重さ分、モノは動きたがらない と言う法則は
 誰であっても 逃れることは出来ません。
images

高さ〜上下動 の割愛して 考え、
テークアウェイをして
 アドレスから 棒(クラブ)を90度右に向け準備をします。
そこから 基点部分である グリップを90度角度運動させた時、
ヘッド部分、そして ゴルフクラブは
『絶対に』 90度 角度運動しません。
重さの分、そこは 90度未満
 速度や長さ、ヘッドの重さ にもよりますが、
半分とは言いませんが 60~70度の角度運動 だと思います。


 それが 絶対に逃れることの出来ない  モノ の大原則 です。

端から グリップをからだ、であっても、手であっても、
肩であっても 90度 角度運動させた時、
横移動に例えるなら 90cm移動させたとき、
ヘッド、シャフト、クラブも 90度 角度運動する
横移動で言うなら 90cm移動する、
と考えるのなら
 それとは違う動きが必要になります。

角度で言うのなら 30(90-60)度から20(90-70)度
横移動で言うのなら 同じく 20〜30cm
物理法則を無視して 「余計」に動かさなくてはならない ので
元に 円運動、
横移動であっても 平行移動 が 実現できなくなります。

スイングで言うところの 『軸ブレ』『支点・基点ブレ』を起こす
というコト ですが、
それは 自分の思い描いてる通りの動作 なので
ヘッドを動かすのなら 軸ブレは同時に付いてくる のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



mhよくある こういうインパクト…ですが、


腰のラインはど開き、
左右の向き としては左を向き
上下の向きをしては 上向き です…が

肩のラインが それ通り だと
downswing
ボールに届かなくなってしまうのもアリ、
左右の向き としては 相当 こらえており
その分、上下の向きは 腰のラインよりも
かなり上に向いています。



手で振る と言うのはこういうコト です。
ある一定のヘッドスピードを越えている場合、
そのクラブを打つのに より緩い入射角度
場合によっては 少々 煽り気味(上昇気味)で
ボールをとらえるコトが出来、飛ばし には有利…かも
知れませんが、見ての通り、上半身を右に倒し、体重をかけ
からだの右サイド(右側帯/右腰)を潰し
からだの左サイド(左側帯/左腰)と伸ばしていますから
よほどの得られるものがないと アマチュアには不適切 です。

アマチュア、特に オジサンおばさんゴルファーの
ヘッドスピードでは 逆に飛ばなくなってしまう可能性も高く、
割に合わない可能性の方が高いでしょう。


そして 最大のデメリット は
長さの関係上 どうしても 緩いヘッドスピード、
高くないヘッドスピードで打つ アプローチやショートアイアン が
本来、飛ばせる距離まで打てず(飛ばず)
より 強い、不必要な速いヘッドスピード、動作速度 が
常態化 してしまうので 距離感を覚えにくく
からだの左右の開き と からだの上向き/下向き に
規則性が無いため、安定したショットがし難くなるコトです。


ゴルフスイングの
からだの回転 は 肩をまわすコト ・・・が
アマチュアに呪いをかけてしまった次第 ですが、
安定して、効率よく遠くに飛ばす
 そして からだを痛めない という条件から
一番離れた方法 と気づいて頂けると良いかな と思います。



からだ この場合、定義付として
腕の付け根〜足の付け根 その四隅を基点とした
胴体、その胴体そのものの向きを変えるコト が
からだの回転です。

結果、として 傾いた 円を描く訳ですが、
その円を描く 主エンジンを「それ」だけ にするのが
体に優しく、安定性、効率性を同時に生む最大の方法です。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




手で振る となると
ここから ボールを打ち終えるまでの円弧 を
●骨盤の動き
●肩の動き
●グリップを支点としたクラブの動き(小手先さばき)

という 3個の支点を持った円 になり
それらは相互に影響し合いますので
円の大きさや最下点の位置がズレやすく
ミスを生み易くなってしまいます。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)












円を描くイメージ は
間違ってはいないのですが、
そうで あるのなら余計
支点 は一つ にした方が良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




二つの画像は

 スイングの進行上、ほぼ 同じ箇所 です。

ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment











飛球線後方から撮影したモノ では
ヘッドはグリップよりも遅れた、後方にありますが、
見る角度を変え、からだの正面から撮影したモノ では
ヘッドがグリップを追い越した「ように」見えます。

こうではありません
20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)












607a83e4-s

ですので スイングを覚える時やイメージする時、
注意して頂きたいのは
このアプローチは
基本的には
腕やクラブを動かさず
自分が 自分のからだの向きを変えただけ
自分が動いただけ です。

これは振り子に振ったのでも
ヘッドがグリップを追い抜いたのでもありません。

これを なんとなくの見た目 で
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)





こう振ってしまったのでは まるで違うモノの完成 です。



フルスケールのスイングであったとしても
達人のココから盗め_Moment達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)









全く同じです。


この角度から見た時の
 クラブの「反転」
そればかりを再現しようとすると 
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)





やはり 全く別なモノになってしまいます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


効率よく『ボールを飛ばす』のには
そのメカニズム を知っておいた方が良いかも知れません。


裕紀2020309_Moment(2)
ゴルフのショットの大半を占める
地面にあるボールを打つのに
打撃、インパクト ボールの接触(衝突)方法 は
この角度から見た時、
ゴルフクラブが ヘッドはどうであれ、長い棒 ですので
良い悪いは割愛し、三種類の方法しか ありません。


IMG_0093_Moment(4)
❶クラブ、シャフト 棒が 下に向かっている
  下を向いている時に当たるか



IMG_0093_Moment(2)

❷時計の針 で言うと 6時
 下にも、上にも向かっていない
 ちょうど 真ん中、
 この角度で言うと 地面に垂直な状態 で当たるか


IMG_0093_Moment(3)

❸クラブ、シャフト、棒が 上に向かっている
 上を向いている時 に当たるか




この3種類 しかありません。
想像上、で行くと ❸のクラブが上に向かっている状態…
これでは 当たりそうにありませんが、
現実には 多数存在します。

3つのインパクトを比較するとします。
同じクラブ〜同じ長さ/同じロフト
そして 動かす、簡単に言うとヘッドスピードは同じ とします。
当然 ❷は ❶と❸の中間になります。

❶は 3つの中で 一番 出球は低め
 回転数で言うと スピンは多め になります。 それに対し
❸は 3つの中で 一番 出球は高め
 回転数で言うと スピンは少なめ になります。

なんと言うのでしょうか
 メカニズムとしては 共通部分もあるのですが、
 速度の速い ロケットやジェット機を効率よく飛ばす方法と
 推進力の弱い セスナ機を飛ばす方法は 異なる
と考えた方が良いと思います。

皆さんが良く見ているプロの、そのプロが
職業として活躍するための
 ヘッドスピードのボーダーライン は48ms遥かに超えます。
昔のように 飛ばなくてもフェアウェイからセカンドを打つ方が…
というよりも、ラフであっても グリーンに近づけてしまった方が、
というのが 現代の「プロのゴルフ」です。
…飛ばし馬鹿のアマチュアのような状態 とも言えます。

クラブのメカニズムは
 ロフトの大きなモノは シャフトが短く
 ロフトの小さなモノは シャフトが長く
👉❶下に向いている時、打つ
👉❸上に向いている時、打つ と似た関係にあります。

手で振っている 多くの人は
 理想やイメージは❷  👉 現実は ❸ というのが現状です。

(少なくとも ❶の間にインパクトを…と言うイメージで
 結果、❷になるようにした方が良いです)


手打ち と からだの向きの変更 で打つ の
最大の「違い」
この 最下点に対し、上向きと下向き が
からだの左右の向き 右向きと左向き に
ちゃんとリンクしているか どうか とも言え、
からだの向きの変更で打つ場合、
下向きの時 は からだの左右の向きは右向き
上向きの時 は からだの左右の向きは左向き

という 多くのことに置いて つながりのあるシンプルな仕組み です。

そして からだ! で 打ちますので
その下向き(右向き)、上向き(左向き) は
からだの腰のライン と からだの肩のラインが
当然、ほぼ一致しています。

置き去り君_Moment

ところが 手で振る人の場合、
からだの腰ライン と からだの肩ライン が
共通ではなく、別々 というか
肩のラインしか動かさないので
クラブが下向きなのに からだは左向き であったり
クラブは上向きなのに 体の左向きは制御 されていたり と
からだへの負担もさることながら、規則性が乏しく
タイミングなども含め、自分以外、修正するのが難しくなるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



シャフトの使い方・・・
 って話になる訳ですが、
通常、お店で売っているようなシャフトは
よほどの マッチョな人でない限り
 その性能を発揮させることは不可能です。

硬すぎます。
まるまる 硬すぎ です

日本の男性の平均ゴルファーの年齢は
 約64歳
おそらく ヘッドスピードの実測は
 40ms行くか 行かないか
って トコロだと思います。
V字を維持してみよう_Moment


その 平均値の方で
 シャフトの性能が使用可能な 硬さ は
 45インチ で 振動数 180〜190cpm以下
   ってトコロだと思います。

その硬さ、
ドライバーだけでなく セットの流れ
セット全体も それに応じた硬さ のシャフト を使っていれば
放っておいても スイングにあまり悩まず
からだの故障を恐れるコト なく 楽しくゴルフが出来ると思います。

不可能ではありますが、そのシャフトの硬さ
 45インチ で 振動数 180〜190cpm以下
が 本当に使われていたら
 レッスンプロの大半 は失業することになる かな とも思います。
 
運動不足解消やストレス発散のための
打ちっ放し・・・練習場は必要かも知れませんが
スイングの練習をする為の 練習場は要らなくなるかな と思います。


しかし 現実は 45インチ 240cpm 位・・・
理想値の 50cpm以上 5フレックス分も硬いシャフト です。
理想値のモノをR とすると R.SR.S.SX.X...
Xのシャフトを無理やり 使っている というコトになります。

それを 軽いヘッド で打っているんですから
自分が頑張って ヘッドを振り回さなきゃ そりゃ 飛びませんよね・・・。

置き去り君_Moment


放っておいても たわむシャフトであれば
逆に たわませないようにボールを打つようになり易い
 と思いません?
たわませなければ 自然なヘッドの遅れで
 ロフトは立ち、ボールを上から打てることも覚えやすい・・・

しならないシャフトをしならせる?

言葉は悪いかも知れませんが、
ゴルフクラブの形状、
そして そこにある角度 と言う存在を考えたら
頭 大丈夫? って聞きたくなります。

そもそも ですよ
ゴルフクラブは L型の形状のモノで ボールを打つんです。
そんなの 回転させたら
 おんなじ球 打てないじゃないですか?

飛ばすことは大切です。
男性? 男の子にとっては ゴルフの命題 と言っても良い位。
でも その形状のモノ(L型の形状)を
 回転させて たまに出る ショット が 狙うべき距離ですか?

スコアがすべて、 とは決して言いませんが、
ゴルフの「ゲーム性」を考えたら
安定して 計算の立つ、可能性として高い方法を模索 するのが
目指すべき上達目標 じゃあ ないんでしょうか?

ヘッドを回転させて たまたま 偶然出る 飛ぶショット
その偶然の確率を上げるコトを目指すのか、
確率として 一番同じ球が出易い方法の
その距離を伸ばす練習をするべきなのか、
ゴルフクラブの形状特性と角度のコトを考えれば
 正直、選択の余地は無いと思うんですがね…。

しならない硬いシャフトを無理やりしならせて
 それをしなり戻す、言い換えれば 元に戻して打つ
   って ホント 大丈夫?  って思うんですね。
だって・・・
練習して、努力して も 得られる結果は
 『元に戻す』 なんですよ。

放っておいても しなるシャフト を 
 逆にしならせないように使う方が 安定すると思いません?
それの距離を伸ばすコト を考えた方が
 安定と距離 双方得られる可能性が
少ない労力なり、少ない努力で得られる …かも
って発想は湧いてこないんですかね〜。

硬くて使えないシャフトを無理やりしならせて
元々のシャフトと全然違う使い方 を論じても・・・
 なんだかなぁ と感じます。

シャフトとヘッド、ゴルフクラブの形状から考えても
ボールとスイングの関係から考えても
ショットは 人間の動作 と クラブの多少の助け で
 グリップを移動させることによって生まれます。
シャフトも ヘッドの形状が作り出す 重さ感 などで
 グリップの移動の促進、移動方向の誘導
というのが 最も大きな仕事 です。
mv

シャフトをしならせて しなり戻して 弾いて打つ
意図的にしならせないと 打てないクラブの行き着く先 には
 クラブの移動と人間の動作 に直接的なつながりがなく
 人間は単なる発射台、土台 でしかなく
   如何に 止まっていられるか が勝負になる。
つまり 人間の動作と何の関係もない
 あの スイングマシーン ヒッティングマシーン があるだけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


硬いシャフト でスイングを覚えれば、
ヘッドを振りまわし、
そのしならないシャフトを しならせて
そして しなり戻して打つ コト を覚える と言うか
強要・・・そうしないと ボールを打つコトも
ボールに届かせることも、飛ばすコトも出来ません。

ハミングバードで考える 『アマチュアにとって』良いスイング とは
「からだに負担なく」
「出来るだけ 遅く動いて飛距離を出せ」
「出来るだけ 安定して繰り返せる」
コトが基準です。
具体的に言うと
 自分の動作、体の各部位、グリップやヘッドなどのゴルフクラブが
同じ流れ、一貫した動作の中にあるコトでしょう。

✋全体が一貫した流れ 一貫した動き の中 にあるから
 結果、として アドレス通り、インパクトがからだの正面になるのです。

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)














一方 『アマチュアにとって』あまり望ましくないスイングは
動作の中で 体の部位のどこか とか クラブだけ とかが
全体の動作とは違う 局所的な部分だけが動くスイング です

ゴルフは 見た目… の良いスイングの品評会では
決して!ありませんが、良いスイングの方が
長年に渡り、安定して、からだを痛めず 楽しめます。
一見 ゆったり振っていても 満足できる距離が打てますし、
その弾道は 柔らかいシャフト 重いヘッドでしか出し得ない
んじゃ ないでしょうか…。


硬いシャフト、軽いヘッドの ハードスペック、
オーバースペックなクラブでゴルフをする限り、
飛距離の追及を断念しない以外
かならず どこかで からだを止め 先端だけを
からだの局所だけを、腕や肩だけ動かさなくてはならなくなります。

からだをひねったゴム。。。のように使うのですから
当然、体の部位にも、動きにも無理と言うか 負担がかかります。

スイングタイプの好き嫌い は有ると思いますが、
私個人の目には オーバースペックなクラブで作られるスイング
きたない・・・とまで言うのは控えておきますが、
目に優しくない、なんだか痛そうなスイング です。

からだを痛めそうなスイング に
行き着くようなクラブを わざわざ お金を出して
購入するのは どうなの❓  っと思います。


mhその方が どんなスイングが好きか にもよりますが、
腰は 飛球線を向いて ど開き状態 なのに
肩ラインはボールを向いている ような インパクトは 
「アマチュア」が目標とすべき スイングではありませんし、
結果、そうなってしまうような
そうさせてしまうような ゴルフクラブを
業者・プロであるコチラがお客様に
お金を払って頂いて お渡しし、使って頂くのは問題だと思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近のスイングの話でのテーマの多くが
「からだの向きの変更」
となっていますが、
(人によりますが)
これは おうちでの素振り や 主に 鳥かご の中での
練習で非常に有用だと思います。
(ちょっと難解かもしれません)


スイングマニア の 店主:私としては
最近のプロのスイングや主流になっているモノ(スイング)の
「からだの回転」 
あまり 目に優しくない と言えば良いのか、
からだを痛めてしまいそうで とても怖いのです。

主に からだの回転 というと
(からだの向きの変更ではなく あえて からだの回転…と)
背骨 とは言わないまでも
からだの真ん中(左右の幅に対し)に軸を置き、
イメージで言うと 左右対称に使おう と思っているフシ が
有ると思うのですが、
その思いが 結果、として 歪な回転を生んでいるような気がします。

20200621 編集済み_Moment(8)


✖手で打ってしまっている
✖腕を振ってしまう
✖クラブを振ってしまう
✖ヘッドを振ってしまう
✖フェースターンが多すぎる


この手のクラブ扱いに共通しているのが
テークバックで あれば、
藜瓦砲靴董〆献汽ぅ匹鯑阿す
ダウンスイング以降 であれば
莠瓦砲靴董 ̄Ε汽ぅ匹鯑阿す
結果論ですが、左右対称に「回転」しているのではなく
どちらかに 軸 が寄ってしまっている 動きです。
動かそう とする腕側に軸が寄ってしまっている 感じです。

それは おそらく…なのですが、
左右対称に回転しよう! と言う意志の元
テークバック時には 主に 左腕で
ダウンスイング以降には 主に 右腕で
クラブを動かそう とするコト によって
重さ 不要な遠心力が働くコト を
からだが自然に相殺しようとする動きの 成れの果て
なのだと思います。

☀☀☀自覚は無いと思いますが、
腕の返し/フェースの返しを 打撃 と感じている人
ダウンスイング以降、まず 左サイドを開いて
その後 右腕/虍梢箸蚤任舛帽圓ため
それを 行う空間を作っているように見えます。
ダウンスイング以降の 回転が二段階なのです。

テークバックの場合は
正直、解消はそう難しくないので
今回は話をして省略させて頂きますが、
ダウンスイング以降 フェースローテーションや手打ち
とは 右腕のかいなの動き
 肘や肩の回内や内旋 の動き です。
kainaikaigait02200129_0656038611088836941











その動きは
利き手 の動きなので
打撃に充実感、満足感 が得られ
利き手に感覚として インパクトの重み感 や
クラブを操作したことの重み感 として
残り易いモノ だと思います。
そこが スイングの筋肉記憶 の主な部分 かも知れません。

いずれ それは要らなくなりますが、
今回はその話ではなく、
その 利き腕のかいなさばき を いずれ 忘れ去る、
スイングの中から抹消するための ステップ として
スイングの軸意識
👉からだの左右の幅の真ん中 に 軸を持っている意識
ではなく!
軸感覚を 今までと逆に 片側に寄せる感覚をお薦めします。


✋✋✋今までは からだの真ん中に軸を置いた感覚で
テークバック時は 左腕を振る 左腕でテークバックを取る、
その行為のお陰で
結果として 右軸で左半身だけを動かしていたのを
軸を左に少しずらす 左肩とまでは行かないまでも
左側に寄せた軸に対し、右半身を動かす。
 この場合は右グリップや右ひじなどを積極的に動かす
肩甲骨_3

✊✊✊ダウンスイング以降は
右半身をそこに置き去りにして
右半身軸 感覚で 左半身だけを
 左上腕〜左ひじ の 誘導で 動かしていく感覚 です。
ダウンスイング〜インパクトでは
 利き腕のかいな 回内や内旋 を使う にしても
 その動作の空間が いままでとは大きく異なってくる感じ
 になると しめたもの‼ です。

右半身はそこに置いたまま、
移動する左半身、その空間の中で腕を使うのです。

今までの がぶってインパクトに入ってくる感じ
・・・体を開いて入ってくる感じはフトコロが使えていません。
✋ゴルフスイングで言う フトコロ とは
 前傾姿勢を取った その自分の上半身の空間 です。
 
からだを開いて 右手で叩きに来る 外からの打ち方では
その空間の中を 腕が通せず よく言う 外から入ってくる
そう言う感じになります。

あくまでも からだの向きを変える感覚や
 利き腕で叩きに行く時、それを行う空間 を養うため や
 最終的に 利き腕の不必要、無駄な 内旋や回内 の動き を
 抹消するためのステップ   ・・・ドリル です。
【からだの向きの変更 としては不完全ですが、
 現在の自分の からだの廻し方 は認識できる? かも…です】

まあ 問題なのは軸感覚 ではなく
その時間進行に対し 打撃を終えられるか
にかかって 要るのですが…


非常に言葉では伝えにくく、伝わり難い部分 ですので
 ヒントになりそう!とお考えの方は
是非、ご来店くださいませ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




例を出して考えてみましょう。


ここに
○75歳で ハンディキャップ 11 のゴルファーと
○35歳で ハンディキャップ 25 のゴルファー
 がいたとします。


巷に流れる「恐怖の呪い」通りに
「上手くなるほど 硬いシャフトを使う」にすると
40歳も年齢が上の 75歳の人の方が硬いシャフト を使うことになります。
少々 極端かも知れませんが、その「呪い」はそう言うコトです。

常識的に見繕って
75歳の人の体力 と 35歳の人の体力 を考えると
シャフトの硬さ の観点では 35歳の人の方が硬いシャフトを
使用していて 然るべき でしょう。


IMG_0361


スコアの多い、少ない ハンディの多い、少ない 
ゴルフを始めたばかり、長い経験を持っている などに関わらず

バッグに入っているクラブの 硬さ等 の流れは
統一とまでは行かないまでも 流れが有る方が良いです。
ある許容範囲の中の違い にあるに越したことはありません。



スコアのみを考える、と言う前提で
スコア が良くなってきた時、
スコア を向上させたい時、
考えなければいけないのは
『自分のスイングなどの欠点はとりあえず棚にあげ、』
☑苦手 を何か補う方が良いのか
☑逆に その苦手 を回避できる方法はないのか

というコトに為ります。
自分の頻繁に行っているコース
メンバーとなっているコースで
高い頻度で打たなければいけない距離 などを
どう攻略するのか

特に スコアが 100切り から 〜90前後 になるところ は
ドライバー と アプローチ の比重、重要度が高くなります。
460TL-3

ドライバーが苦手なのであれば
シャフトを硬くするよりも
ロフトを大きく したり、
長さを短め にしたり、
(今使ってるクラブを切っちゃ ダメですよ)
 するのも 一つのアイディア です。

それを シャフトを硬くする とか、
 ロフトを少なくする とか、
ハードルを更に上げる選択は
 どうにも トンチンカン だと思います。

アプローチなども
 正直、ロブウエッジは すべてのクラブの中で
一番 リスクの高いクラブです。
アプローチを苦手にしているのであれば
 ロフトは56度まで と考えて
同じセッティング(硬さをちゃんと統一)にしたうえで
 アイアンに比べ やや柔らかめ のセッティングで
 45〜48〜52〜56度 を細かくしてみたり、
グリーン周り の チッパーやジガー なども
活用してみると 良いのではと思います。


私は古い人間ですので
 なんとなく そうなのかな と思うのですが、
車やテレビを新しく買い替える時、
 以前の車よりも高級にする。。。とか
 以前の車よりも大きくする。。。とか
なんとなく そう思い込んでいるフシ があったり、しますが
ゴルフクラブは道具 なので
スコア という 数字 を向上するには
数字(数値)を考えないで
 厳しい言葉ですが
「他人から 上手く見える」というフィルター を
外さないと 結果がついてこない と思います。

実際には 新しく購入出来たことを「羨ましく」思われても
貴方のクラブのスペックなんで 誰も気にしていません。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショップをして約30年、
この業界にかかわって35年位が経ちますが、
いまだ 巷で使われる
 「フィッティング」 と言う言葉の意味が掴めません。

59010005_1



私個人、ハミングバードが考える「フィッティング」とは
良い悪いを除き
 「年齢も含め 自分の体力に合っているのか」
 「セットとしての 流れはどうなのか」
 「行き着きたいスイング〜クラブの扱いに導かれるか」

これが基準点です。

スイングは主にクラブによって造られてしまう、導かれてしまう、
を念頭に置いて、どんなスイングを造りたいのか
というのが 一番重きを置くところ かも知れません。


✊✊✊ところが 一般的なアマチュアゴルファーの場合
クラブを選んでいく過程で
「上手くなると 硬いシャフトを使う」
「上手くなると 少ないロフトを使う」
「スチールシャフト⇒上級者 カーボンシャフト⇒初心者」

という おそらく スコアを目安にしているのだと思いますが
上手い/下手 が クラブ選びのフィルターとして 重きを置くので
 フィッティング イコール フィットする フィットさせる
と言う言葉の意味が難解になってしまいます。


なんと言えば良いのか…
背伸びしたい気持ちは分からないでは無いのですが、
年齢や体力などを棚に上げてしまうのは
正直、おススメしかねます。

そして そのクラブは 今日から先の、未来の…
恐ろしい言い方をすれば ゆっくり ではあっても
日々衰えていく自分が使うコトになるのです。
自分にとって キツイクラブ、シャフトの硬いクラブ、
それは 必ず どうボールを打つか、
 即ち スイング・クラブ扱いに影響を及ぼします。 
必ず

IMG_0083

プロの立場から言わせて貰うと
まず フィッティングの基本〜原則順 は


❶ セットが一貫した流れ になっているコト
 バッグに入れた 10〜14本
 パターも含めた クラブの 特に「シャフトの硬さ」
 「ヘッドの重さ感」などが 流れになっているコトが肝心 です。

❷ 自分の年齢、体力なりに無理のないモノ
 多くの方が 捻じり鉢巻をして
 自分の 最高ヘッドスピード を基準に シャフトを硬さ
 を選んだりしていますが、
 そんなのは 生涯を通して、コースでは 「出ません!」
 二日酔い気味で回る日もあれば
 途中から土砂降りになる時もあります、
 微妙に 腰痛を気にしながらゴルフすることもあるでしょう
 少なくとも 自分の最低限を基準にして ゴルフクラブを選ばないと
 コースに行ったときに クラブに助けて貰えません

❸ 良くも悪くも クラブ によって スイングは影響を受けます。
 おそらく 本当のフィッティングの意味はここにある と思いますが、
 巷の ゴルフ では 完全に無視されています。
 
✋どんな風にクラブを振りたいか、扱いたいか、
 は その人の体力とクラブスペックの関係 によって
 ほぼ 決まってきます。

 仮想の未来 を考えるとすると
 全くゴルフをしたことのない人に
 軽い(小さい)ヘッド〜硬いシャフト のクラブ
 重い(大きい)ヘッド〜柔らかいシャフト のクラブ
 の二種類 を渡した時、
 同じ人 であっても 双方の一年後の未来 は
 全く別なスイングが出来上がってきます。



 体力を無視し、無理やり クラブを、ヘッドを振りまわしたい
 のであれば 硬いシャフトを選ぶと良いでしょう。
 ただし こちらは 肘や手首、首や腰 など を痛める可能性 と
 練習の頻度、量を調整する必要が生まれます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スチールシャフトが良い悪い ではありません。

ゴルフクラブのシャフトにとって単なる素材にしか過ぎず、
良いでも、悪いでもありません。

シャフトの素材を「スチール」にした場合、
その特性は 強度の高いモノが安価で、
しかも 均一性が高く量産できる という一点でしょう。
故に 弱点は 柔らかさ を作るコトが難しい と言う部分です。

その「スチール」シャフトの 硬さ に問題が無ければ、
 単体として、 セットの流れとして、
  それぞれの人に対し、硬くないのなら 言うコトは何もありません。




フェースターンやローテーション、ヘッドを返す、
ヘッドがグリップを追い越す など
色んな呼ばれ方をする その根強い 打撃法 では
「柔らかいシャフト は遅れる」
「インパクトを待たねばならない」
と言います。

そこ 疑問に思うことがある のです。
ほぼ 例外なく アマチュアゴルファーが持つセットのシャフトは
☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドが柔らかく
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジが硬め

状態です。
その硬さの差は ウッドがR--アール アイアンがX-エックス
位の開きがあります。
その差は ほぼ ボールの置き位置(左右)に出てきます。
硬さが開いていれば ボールの置き位置は 離れていきます。

67d2f002-sbbd8de35-s








そこで質問(疑問)なのです。

☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドが柔らかめ
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジが硬め

な訳ですから アイアンに比べ、ドライバーの方が
インパクトでヘッドが遅れる、来ない・・・ 
      というコトになる筈 なのですが、

総じて ドライバーはうんと左めに置き、アイアンは右め、
真ん中よりも…… アイアンでは右足よりに置く人 
      
が多いと思うのですが、
インパクトまでにヘッドが遅れ、来ない筈のドライバーを
左に置いたら より一層来ない、待つ時間が長くなりませんか❓

 タイミングで言えば 逆になると思うのですが・・・

ティーアップなどをすることを踏まえても
 言っていることとやっているコトが一致しません。


逆に その(右め)ボール位置でドライバー打つのは 不可能 というか…
  どう考えても打ち辛くなるのは理解できますが、
なんだか 変ですよね。
同じボールの位置 で打っている方が
 双方の練習にとって プラスになると思うのですが…。

シャフトの硬さの関係によって
☑シャフトの長い・ヘッドの大きい ドライバーやウッドを茲瓩縫札奪
☑シャフトの短い・ヘッドの小さな アイアンやウエッジを蕕瓩縫札奪

した場合、ご自分でやってみると分かりますが、
自分の普段置いているボールの位置 よりも
右めにセットした場合、 特殊なショットを打つコトを除外すれば
自分とボールの距離感が 狭め、窮屈、近く感じられる でしょう。

逆に 左めにセットした場合、自分とボールの距離感が
遠く〜離れているように感じる
 のではないでしょうか❓

普段の練習は 主に 右側のボールを置かなくてはならないアイアン
✋✋✋左に置くと 届かなくなるから が一番の原因でしょう…。
それで 自分のスイングの基礎は造られていきます。
0e4d08811

球数 で言えば たまに打つ ドライバーを
 30cmもアイアンの置き位置よりも 左に置いた場合、
なんとなく 遠く感じられる訳 です。

そう感じた時、
○果たして 右めを向いた形のクローズスタンス になり易い か
○はたまた 左めを向いた形のオープンスタンス になり易い か

だいたい想像がつきますよね

遠く感じているのに ボールに離れるような感じを生み易い
オープンスタンス になることは現実的ではありません。
まして 練習場や鳥かごのように 線などの目安がない
コース・・・ になれば 自然とそうなり易い でしょう……

ですので アイアンに比べ うんと左足寄りに置くドライバーを
無意識で、なんとなく構えた時、疲れてきた時、
うんとクローズスタンスだったり、右を向いて構えている可能性…
それって 結構あるんじゃないか と思うのです。
 シャフトの硬さの差、
それによって造られる ボールの位置の違いが

  ミスショットの遠因 だったり する訳です。
0e4d0881

それは スイングが悪い から…
 上手ではないから… ミスになったのでしょうか?



✋✋✋知らない内、気付かない内 によって
スイングそのものやタイミング、ボールの位置 まで
クラブによって決められてしまっている、
それも含めて スイング だ! と呼ぶのなら
・・・スイングなのですが、
本来、アマチュアゴルファー エンドユーザー・購買者 としての
ゴルファーが知っておくべき ゴルフクラブの選び方 の基礎情報…
スイングやアドレス、ボールの位置やタイミングなどは
クラブから受ける影響は少なくない を無視して
あまりに安易なうわべな情報に踊らされている かも知れません



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






ちょっと 下げ過ぎ か (とは言うモノの 下げる量の調整はあまりに微妙) 左上腕の動き出しの遅さ から (むしろ コッチだろうね) 👉下げざるを得なくなっている 👉グリップの横(左)移動が足りなくなってしまっている か ものすご〜く惜しいと思う



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


丹念にレッスンを受けて スイングを造る人も例外
と言う人数です。
おおかた アバウトに 雑誌やネットで
その格好を刷り込み、なんとな〜く
出た球を見ながら スイングを形成していく訳です。

つまり スイングにとっての先生 であり
生涯のアドバイザーは
自分の持っているクラブで打つ
 ○練習場で出る「弾道」 というコトに為ります。

こうちゃんの憂鬱_Moment(2)

先日の記事の続き… で言うと
知らないで使っている 練習場で大半の数を打つ
アイアンのシャフトが オーバースペックな相当硬いシャフト
 だとしましょう。 
実際にそうです✊

今や 安く売るため、安く買うため、 と
「硬いシャフト、スチールシャフトを使うほど上手」
という カルト宗教の教え を頑なに信じる日本のゴルファーの
ほぼ 全員が その手のスペック です。

硬いシャフトのアイアン には
ものすごく軽く、小振り
重心距離の短い「軟鉄のアイアンヘッド」が装着されています。
硬いシャフト、軽いヘッド のクラブ で
それ相応の距離、それ相応の高さ の球 を打つには
ある程度、速いヘッドスピードが必要 になるので
速いテンポ、速いリズム になり易くなります。

硬いシャフト、軽いヘッド のクラブは双方の相乗効果 もあり
テークバックが速く、早いリズムで 深く なり易い傾向 にあります。

よほど 機械的にスイングを造らない限り
(ジュニアが造っていくような 型を、数で、覚えるパターンです)
弾道を見ながら スイングの是非を構築していくと
速いテークバックの、深いトップの位置が形成されていきます。

雑誌などで かいつまんでみた スイング論 などでは
「からだをまわせ」
「左肩を入れろ」

などありますから 当然、それは助長されていく訳 です。

例外もある とは思いますが、
どうでしょう?
練習場で 自分の周りのゴルファーを見回してみて下さい。
大半が その通り ではありませんか?

これって その言葉の通り
「ゴルフクラブから レッスンを受けている」 のです。

大枚叩いて購入した 自分のゴルフクラブを使って
良い球、良い距離を打ちたい と思うのは
当たり前の感覚で 『自分のクラブを使って どう打つか」
 という スイング創りの前提論は 絶対 なのです


090804_01


🚀🚀🚀それは アプローチにも悪い意味で発揮されます。
軽いヘッド、硬いシャフトのクラブで
ボールを打つには 速いスピードが必要です。
しかし 距離の加減 が要になる アプローチとは
半ば 相反する関係です。
本来、速度を遅くしても ヘッドの重量や
シャフトのたわみ〜ヘッドの遅れ などによって
ボールは飛び、ボールは浮き、ボールは拾えます。
✋しかし 硬いシャフトによって培われた
ヘッドを返す打撃では
👉練習場で言えば ボールとマットの間、
👉コースで言えば ボールと芝の間、
に ヘッドを滑り込ませなければなりません。

地面にあるボールを拾う ように打つ その打ち方は
イコール ロフトを寝かせて打つ、
クラブを薄べったくして その隙間に入れる その打ち方では
速い通過、急いでインパクトを終わらせないと
だふったり トップは当然、付いて回ります。

✋ご存知‼ とは思うのですが、
ロフト「角度」を寝かす というコトは
イコール 同じ分量 バンス「角度」を増やす というコトで
入射を緩く取り ロフトを増やせば
ヘッドとボールが接触する前に
バンス部(ソール)が地面と 『必ず』 接触します。
形式上、ナイスショットもどき …特に練習場に置いて
そのナイスショットは 絶対にダふったショット
 俗に言う 「いっちょ噛み」 の状態になります。

そのショットをしている多くのゴルファーは
自覚は無いかも知れませんが、
ロフトを増やして 上げ目、高めのボールを打つ場合、
遅い速度、インパクト付近で時間を喰えば
トップかダフリになってしまうので
インパクト付近の加速、
 もしくは全体に速めのスイングは絶対に必要です。

しかし アプローチショットの距離加減は
ヘッドスピードであったり、動作速度 します。
そのアクセル加減で、スピード加減 で距離を調節するモノです。

インパクト付近の加速、
 もしくは全体に速めのスイングが必要な アプローチ の
距離加減は ヘッドスピードや動作速度 『加減』 なのです。

言うなれば 古〜〜いスポーツカー のような扱いの難しい、
回転数が低すぎると ノッキングやエンストを起こしてしまう、
高回転を得意とする車で 枠のない狭い橋 を渡るような
曲がり角ばかりの狭い道を走るような そんな感覚 に近い のです。


コト この手の問題になると
厳しい言い方ですが、
余計な知識は満載なのに
肝心な知識が空白な状態であると
アプローチの練習を色々な形でするコトになります。

正しい クラブ扱いでは ヘッドは永遠にグリップを追い越しません。
しかし 使っているクラブ、使ってきたクラブによっては
ヘッドがグリップを追い越さないと ボールは飛ばず、
地面にあるボールは拾えず、スライスしか出なくなったりします。

問題なのは
ショット全体を ヘッドターンしないと打てない様な、
ヘッドを返さないと捕まらない様な シャフトの硬さ や
強く打たないと飛ばない ヘッドの軽さ によって
無自覚に作られてしまったコトがベースに合って、
そこから先 部位と言う意味ではない 小手先の技術で
対応するコトが 問題をより深みに追い込んでしまう
 というコトに 
殆ど誰も、ゴルフの業界にいる人間ですら
気付いていないことが 一番の問題 だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチュアゴルファーは
  ゴルフクラブのコトについても 殆ど知りません。


ごく一部、
%として数えることの出来ない程度の「ゴルフクラブ好き」を除き
自分の使っているクラブのシャフトの硬さ も知らない、
もしくは興味のない人が大多数、ほとんどと言えます。

良くあるパターンで
シャフトには工業規格の安全性を記したマーク
(セーフティグッズ)マークが付いていて
それを見て シャフトの硬度 は  だと思っている人もかなり居ます。

また メーカーや機種を問わず
シャフトがS表示なら共通して 「同じ硬さ」と信じていますし、
手に負えない
 日本のゴルファー共通のBGM(バックグラウンドミュージック) として
✋ゴルフが上手になる 👉シャフトを硬くする
✋上手くなるほど硬いシャフトを使う

という カルト宗教の教え を秘かに信じています。
(弊社のソレ の方が遥かに害が無いと思います)

まあ アマチュアゴルファー、趣味や娯楽で
ゴルフを楽しんでいるのですから 
そのシャフトの硬さ信者論は害があるから 少々、頭痛がしますが、
ゴルフクラブのコトに詳しくないのは普通でしょう。

006


ただし 最低限の知識 として
知っておいて頂きたい、
普及? 啓蒙? するにはかなり無理があるかも 知れないのですが
知っておいて頂きたいコト があります。


通常で言うと 要らない・必要の無い情報ばかり を集め
ゴルフクラブに関する シンプルで もっともな情報は
殆どしらないまま ゴルフクラブと付き合うコト になってしまっています。



✋✋✋それは 良くも悪くも

「スイングはゴルフクラブから影響を受けていく」
「ゴルフクラブによってスイングは造られてしまう」


というコトです。


弊社は ものすごく柔らかいシャフト、重いヘッドを専門
としていますが、ポジショントークとして それをお薦めしたい
というコトではなく、
使っているクラブ、使ってきたクラブ によって
 スイングは ある程度、否、ある程度以上 作られます。

先日体験した フィッティングの話し です。

1.新しく フルセットを購入されました。
2.硬さを揃えるため 表記上、 Sシャフトの硬さに統一しました
3.内情では 軽量スチールのアイアンが遥かに硬く
 ドライバーのソレと比べ 4〜5フレックス 硬い状態 です。
 (ドライバーをRとすると アイアンはX、もしくはXXの状態です)
4.セットの中では フェアウェイウッドが一番柔らかく、
 2本あるユーティリティ 同じメーカー、同じ機種、
 同じシャフトの硬度表記にもかかわらず 硬さ に差があります。

ラウンドも数をこなし
「スコアも良くなってきたので 次のクラブのシャフトは硬くする」
という 例のカルト宗教の教え に沿い
新しいクラブは 表記上 硬めに設定しましたが、
それは ✋番手によってかなりのばらつき がありますし、
機種によっては 実質、シャフトが柔らかくなったモノ すらあります。

まず こうなると
ヘッドの大きな、シャフトの長い ドライバーを苦しみます。
何故なら 練習場での練習、
アプローチも含め 7割以上のショットは
X,XX相当のシャフトの硬さのアイアンで行うから です。

練習量や頻度、期間によっても異なりますが、
アイアンとドライバー
(シャフトの硬さの違い)では ボールの置き位置、
 左足寄り、右足寄り 加減は大きく異なってきます。
👉ドライバーが左足寄り 👉アイアンが右足寄り
✊多少、であれば いいですが、
その差が大きくなれば、同じタイミング、同じ感じ、
同じスイングでは対応しきれなくなりますから
ゴルフをするのに 2種類のスイングが必要になってきます。

さらに問題になるのは・・・
 セット中で ダントツに柔らかいフェアウェイウッド です。
シャフトの硬さから 考えると 左足より にボールを置きたい
ところ……ではあるのですが、
根本的に オーバースペックのクラブを
フェースターンで打つコトを目標に 練習してきている人
にとっては ヘッドに奥行きのある(重心深度方向)のある
フェアウェイウッドを 左足寄りのボール位置で打つ
というのは ダフリ、ダフリトップ、チョロを誘発する原因になります。
0e4d0881

フェースターンでスイングすることを基本 とする人
にとっては シャフトの柔らかさ は
インパクト時のヘッドの来なさ加減を増やすコトになります。
しならせる〜しなる量が増える は
クラブが短くなる というコト です。
しなり戻す は クラブの長さが増える というコトです。
ドライバーは まだ 空中のボールを打つので
それを許容する空間がありますが、
地面にあるボールで それを行うとなると
 地面がそれを邪魔します。



・・・と言う話 なのですが、
この体験を経て、お金や時間をかけて
レッスンを受ける以上の「秘かな教え」がからだに染み込まれます。

それは スイングの技術以前の
もっと根本的なショットにおける概念のようなモノ で
知識と実体験を持って 時間をかけて払拭しなければならないほど
深く、おそらく生涯のゴルフを通して 解消できない感覚でしょう。

練習場で数多く打つ XX相当の硬さ のシャフトのアイアン
を打つのには 速いリズムの無茶振りが必要 です。
当然、それが自分のリズム、テンポの基本 になります。
「ゆっくり振れ」
「ゆったり振りたい」

と思っても、そう打ったら 当たらないのですから。

しかし、ドライバーをそれと同じように振れば
 硬さが異なりますから 上手く行きません。
ですので アイアンのショットが良くなってきても
 自分のスイングの自信 にはつながり難くなる訳 です。
また 年齢や練習頻度 にもよりますが、
その硬さ(XX相当)のオーバースペッククラブを
打ちこなすには かなりの練習量、定期的な頻度 が必要で
それは 肘や手首、腰などに相当な負担を生みます。
 それも ショットの自信を失わせていく要因です。


ドライバーにおいては
違うテンポや間の取り方 など 工夫が必要ですので、
スコアを重視するのなら 飛ばしはあきらめ
ただ 当てるだけの ドライバーショットを作るしかない訳 です。
4〜5フレックスも柔らかい ドライバーに照準を合わせると
アイアンが打てなくなってしまい…、
練習場で打つ 大半のショットが気持ちよく 無くなりますので…。

フェアウェイウッドに至っては
「俺はフェアウェイウッド苦手!なんだ」
という 苦手意識が払しょくできず、
生涯 付きまとうコトに為り、
次のセットを買い替える時は
ヘッドに奥行きの有る フェアウェイウッドは除き
ユーティリティで固める セットの可能性も匂います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ