◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年07月



今日のお題は 意外に忘れられてる(知られていない?) と思われる
スイング全般に対しても 結構、大切なコト。


ゴルフのスイング
その構えの アドレスには
一般的に『ディッシュアングル』呼ばれるモノがあります。
  …今のスイング論では、あまり使われる言葉ではないのかも…。

それは かまえた時、
この場合、分かり易いので 左腕 としますが、
その左腕を シャフト(クラブ) は 一直線 の関係ではなく
スープ皿の底のような 薄〜い角度が付いています。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(2)








その角度は アバウト で 特に何度 なんてのは
 気にする必要はありませんが、
その角度は存在する のは重要です。

ゴルフスイングのややこしい トコロ ではありますが、20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット
アドレスには 前傾姿勢(骨盤と大腿骨の前に倒れる角度差)があるので
グリップとヘッドの関係で、ヘッドの方が低い位置がありますが、
実際には グリップとヘッドの上下関係は
左腕とクラブの角度 があるので
 ヘッドの方が 紂,砲△襪里任后

腕を地面と平行まで上げた時、
その角度 によって
 ヘッドの方がグリップよりも上、高い位置になります。
アドレスは、 その腕を下げ、前傾しているので
 感覚的にはヘッドの方が 隋,砲覆襪世院,任后



🏴🏴🏴10ヤードや20ヤード、グリーン周りのアプローチ
などをする場合、グリップもヘッドも上げず、
からだの回転だけ で打つような場面が訪れます。
 (もしくは 刷毛塗で)

そう言った場面で陥り易いのが、
  ヘッドを下げてしまうコト です。

分かり易いので からだの回転を主に で考えてみると
打ちたい分、からだは右を向きます。
これは からだの回転を股関節を境に正しくするのも
肩周りだけでする時も 基本は一緒 です。

前傾姿勢があるので 動かしてはいない、上げてはいなくても
グリップの位置は アドレスよりも 若干、ほんの少しですが、高くなります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(4)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








にもかかわらず ヘッドを下げてしまう…。
✋アドレス時は
クラブの重さ、ヘッドの重さを 地面に預けていますが、
グリップが高くなる → ヘッドが地面から離れる
その分、アドレス時には無かった クラブ、ヘッドの重さが
 腕にかかります。
●手で振ってはイケナイ
●クラブを持ちあげてはイケナイ

そんなイメージがあるので
 その重さ分、ヘッドが下方向に取り残されてしまう という
アプローチをとても良く見かけるのです。

上げた訳ではないですが、
比較して頂くと分かりますが、
アドレス時の「ディッシュアングル」を維持すると
アプローチのテークアウェイやトップ時では
グリップとヘッドの上下関係はこんな感じになります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(4)







ところが ヘッドを下げてしまう、
ヘッドの重さが掛かった分、ヘッドを下に置き去り にしてしまうと
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








こうなってしまう訳です。

これはアドレス時、ディッシュアングルが無い状態と同じ。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








さて、問題はこれから起こります。
ダウンスイング〜インパクト に入ろうとすると
からだを正面、ボールの方に向け戻す、
回転し戻す(からだの向きを変更し戻し)ますから
グリップの位置は 下げてはいなくとも 低くなります。
そうなると ヘッドはアドレス時よりも下がってしまっていますから
選択は二つ。
●からだ等を起こし、ヘッドの高さvs地面の関係に合わせ
グリップの位置を アドレス時よりも高めの位置にする
●ダウンスイング〜インパクトに合わせ ヘッドを元に位置にあげる

コレ、レッスンなども含め 誰も提唱しません。

おそらく 殆どの方が
無意識での調整を行っていると思われます。

グリーン周りのアプローチなど
本当に目の前、足で蹴っても、手で放っても…なんとかなる距離
にもかかわらず、トップしたり、ざっくりしたり、
主に ヘッドの上下の問題が多いと思うのですが、
こんなトコロに ミスの原因が隠れている のです。

アドレス時、地面に預けたクラブ、ヘッドの重さ、
それを 上げる訳ではありませんが、「持たない」と
当然、その重さ、そして多少ですが運動分、
ヘッドは下方向に取り残され、下がってしまいます。

自分のアプローチ、ちょっと注意してみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Desktop 2020.07.26 - 22.28.02.01_Moment飛ばし屋の Aさんの話の続き…です。

50cmも80cmも外から振った、ような
そんな感じをトライして、
今まで陥っていた 寝ていたラインよりも
一本立ったラインと通せるようになり
当たりもだいぶ良くなってきました。

ああ この感触なら 飛びそう」 と言った反面、
力の入れドコロがない
力を入れられない・・・
 (正確には チカラを入れる暇がなく)
 いままでよりも 速くインパクトが来てしまう。」
と言う正直な感想です。


✋✋✋ココで勘違いを是正したいのですが、
ダウンスイングでの チカラ の多くは
すべて、とは言いませんが
不必要なクラブの重さ、
適切でないクラブの姿勢 
 それを耐えるチカラ によって造られています。

そして 多くの場合、
 腕でクラブの重さを動かす感触 です。

ボールを飛ばす基本は
 自分にとって出来得る範囲の
 移動(向きの変更)の速度 です。
からだの回転を主に する場合、
 チカラ が有って困らないけど 全てではない と考えて良いでしょう。

左腕を遅らせ、グリップを遅らせ
 それを腕で巻き戻す、
その動きそのものが 消失 しますから
遠回りが無くなり、インパクトが 「速く」 来ます。
ーーー落下速度が活用できる時間内 です。

インパクトは
(右打ちの人の場合)、出来るだけ左(飛球線方向)
インパクトは出来るだけ早い時間に、
というのが 飛ばしの鉄則 です。
そして その飛ばしの鉄則は
 そのままアプローチにも適用出来ます。






初めてゴルフスイング、ゴルフショットをする時、
「こんな握りで…。」
「こんな構えで…。」
「こんな風に振って 飛ばせるの?」

と感じたと思いますが、
今までと違う 動作に慣れれば、
良い意味での力の入れドコロもわかってきます。

クラブが寝たことによって
重くなったモノを動かす 「リキミ」が
ショットの満足感として 筋肉や関節の記憶として残りますが、
それは同時に からだへの負担、故障の原因に成り得ます。
そこを踏まえ、その「力感」頼りにしないで下さい。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)

寝かした 腕に頼る、ローテーションのスイングは
ロフトを寝かす、ロフトを戻す イコール
フェースを開く(右に向ける)、フェースを閉じる(左に向ける)
その動きは 必ず からだの姿勢、インパクト姿勢に
大きな影響を与えますので、
飛距離と安定性、ドライバーとアプローチ
 飛ばしとスコア という
 相反するかの案件を苦しめ、
絶対的な練習量が必要になりますが、
 若い時であればまだしも、そう言った練習量、頻度は
なかなか出来なくなります。
 そして 故障もまねき易い…。



今のスイング を基準に比較する場合が殆ど、な訳ですから
そこは 頑張りドコロ なんだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_0567

より良い
『転がし』が必要な
 パッティングには
重心の低さも重心の深さも
 マイナス効果高いと思うけどね

IMG_0571

最近は ネットやSNS、インスタグラム などの
『ビジュアル』 見た目の時代だから

機能的…に見えるモノがウケる
んでしょうね




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

(自分なりに)アウトサイドから振ってみたよ

 実験したつもりはないのですが、
実際にそれを行った例です。

被験者は 飛ばし屋のAさん です。


Aさんは 最近 飛ばなくなっていて悩んでいました。
弾道、持ち球は フック〜ドロー なのですが、
 お約束の飛ばないドロー → こすりフック です。


●からだの幅の中から
●飛球線に対し ボールの内側(自分側)


これを 正規の「インサイドから と呼びます。


●からだの幅の外(右側)から
●飛球線に対し ボールの内側(自分側)


✋インサイドから! を意識する人の多くがコレ です
 俗称 偽のインサイド です。
 🏴俗に言う オンプレーンスイング信仰者はだいたい
 この偽インサイドの罠にはまり、
 ショットやスイングを良くするための材料、情報、手段 で
 ある筈の スイング軌道 に縛られ、
 その後に訪れる フェースターンの作用、副作用 に
 生涯、苦しむことになるのです。
 スピードや腕力のあるうちはまだいいです…。
 また、空中のボールを打つドライバーはまだいいんですが…。
 アプローチやフェアウェイウッドに大きな問題を抱えたまま、
 スピードなどの 身体能力でそれがカバー出来なくなると
 距離が出なくなり、高さも取れなくなり、
 アプローチ、フェアウェイウッドの問題は以前のまま…。
 というコトは少なくないパターンだと思います。


からだの幅の外(右側)から 入れる 
 〜クラブを寝かす   というコトは
 👉ロフトを開く  というコトでもありますし
ボールに対しての入射が緩くなる コトにもなります。
置き去りくん1_Moment

元々のパワーやスピードにもよりますが、
そこそこスピードのある人にとっては
打ち出しの高い、スピンも多くなる球 になりますし、
スピードに自信の無い人にとっては
緩く飛び出て だらしなく、上がり切らず 飛ぶ
(飛びにくい)球 になります。

ドライバーはまだ 打つボールが空中に浮いていますが、
地面のボールを、
ヘッドに奥行きのある フェアウェイウッド で打つのを
苦手としている人の 典型的なパターンです。

また、ロフトを寝かして、緩い入射角度 で入れてくるので
アプローチが 高い球、上げる球 と トップ/ダフリ の
頻度がなかなか好転しないパターンもこれに当てはまります。




こする こすらない は
スライス、フックに関係なく、ロフトですので
こすり球には フックもスライスもあります。

クラブ〜ヘッドの構造上、方向の開くとロフトの開く は
親和性が強いので、主にスライス になり易いですが、
こすりフックも少なくない割合で悩んでいる人がいます✋



そこで‼
Aさんにとっては グンと アウト から
寝ていたラインを起こし、正規のインサイド(からだの幅の中)
から 入れてくるように アドバイス・・・。

正直、ものすごく嫌がっていましたね。
拒否反応に近い位…。泣いてました…。


自分にとっての 当たり前…。
インサイドが 実はただ寝て、手で振るコトになっている のを
からだの回転に預けるため 今までよりも外から
トップの位置から 「上から掻いてくる」 位にしましょうーーーと。


目一杯、出来得る限り 外から…
 と言って、
動くのは 10cm位の量 です。
通過ラインで言うと 一本変わる 位 でしょうか。


Desktop 2020.07.26 - 22.28.02.01_Momentおそらく 本人は 50cmも80cmも
 外から振った「つもり」で 結果は10cm弱、
しかし その10cm寝ずに入ったラインが
 インパクトポイントを これほどずらします。

寝たライン と 「寝が少ないライン
当然、寝たラインの方が道のりが長く、
 時間がかかります。
また、寝ることによって よりクラブは重くなり
 動かし辛くなりますから 速度も上がりません。

インパクトロフトも増え、入射も緩くなるので、
Aさんのケースでは 弾道も高く、ランもない状況・・・。
時間がかかり、クラブの重さ感も増していますから
苦労して一生懸命動かそうとした「徒労」の記憶が残るだけ、です。
それが 飛ばしの充実感 と呼べるのか どうか…。

それでも かなり からだの回転通り、
腕を取り残さず 動かせるようになりました。
計測…はしてませんが、
あきらかに弾道は下がり、球の飛び出しの感じもよくなり
ご本人曰く
「久しく こういう当たりはなかった…です。」とのコト。

おそらく…ですけれど、
こんな 外から…、アウトから振ったら
ボールに当たらない、空振り、
ヘッドの先っちょ とかに当たっちゃう…
そんな風に思っていたのではないか、と思います。



寝かせて、遅らせて振る弊害は
からだの痛み、故障を生みますが、
弾道や距離としては
 やはり飛距離を伸ばすための構成になりにくく、
かつ 短い距離のアプローチに安定性を欠くコト です。

飛距離とスコア 双方ともに
問題を生み易くなります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



インサイドから振るのがすべて、ではない、
の関連のお話し…続きですが、

そもそも クラブやヘッドの移動の
一番の元は からだの回転、向きの変更
です。


ですので 良くある レッスン画像で
橋爪晃彦_Moment
このような アドレスの状態に対し、
どのラインが良いか、どのラインにするか
というのが あるのですが、
それに 本当に意味があるのか 強く疑念があります。


当たり前…ですが、
そのライン〜軌道〜軌跡は
クラブやヘッドが移動するから生まれる ので、
その移動の源、元を無視
そのライン形成だけしても 意味がない
気がします。

(本日のサンプル)

ことスイング形成、特に手で振るのを出来るだけ避け、
からだの回転で直に動かしたい と望む方 にとっての
インサイド の 『イン』 の意味は
アドレスした時の ボールよりも自分側 の意味ではなく
 【からだの幅の中】 のコト
なんじゃないのか と思うのです。

逆に アウトサイド の 『アウト』 の意味は
 【からだの外】 というコト

なのかも知れない…と思う訳です。

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)
それを前提に考えてみると
よほど フラットな 手だけで上げたスイングを除けば
ダウンスイングに入った時、
クラブ、ヘッドは からだの幅の中を通過 するべき
なのではないか
 と思うのです。


(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)からだの向きは変えたのに
クラブの移動、ヘッドの移動 が伴わない
というコトは
スイングの大前提として
手でしか振らない、手でしか振れない、
軌道を手で作っている というコトになります

(軌道・軌跡 = 移動)

軌道を手で作るとなると
軌道とともに ヘッド姿勢やロフト変化が激しすぎて
その種類は 殆ど無限に存在し、
クラブの長さの作り方も人それぞれになるので
誰のことも参考に出来ず、誰にも教えられなくなります。


参考になるか、どうかは分かりませんが、
スイングを観察する際、
その軌道が 肩ごしから来るのか、肩なのか、
非常に少ないですが首から来るのか
そこを見ています。

肩よりも外 から入ってきた場合、
クラブの機能を十分に使えません。
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)

からだの幅の中を イン
からだの幅の外を アウト

と規定した場合、 その外は
ややこしいですが、ボールの内側 からヘッドが入ってきた、
としても 本当の意味のインサイド ではなく
からだの右、外側 から入ってきた と見ています。

そして これは残念ですが、
多くの方は 素振り の時点で
手で振るコト、手で軌道を作るコト、
手でクラブやヘッドを移動させることを前提としています。



(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(3)






先日の記事で書いたように、
ワッグルしたり、素振りしたり するよりも
実際の打撃は クラブやヘッド、腕などの重みの積算
によって 遅れますから
想定している軌跡よりも必ず倒れます
それを加味した上で、
からだの幅の中から クラブを出す、
からだの幅の中を クラブを通すには

どうしたら良いのか、考えてみて下さい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アウトサイドインは悪!

練習をたくさんするゴルファーや
スイング向上に興味のあるゴルファーは
特に そうだ! と 思っているんじゃないかしら…。

上手く行かないと
 その言葉を耳にする、結構、何度も。


緩やかに、時には数十年をかけて
刷り込まれた スイングの禁忌 に等しい状態で
画像などが盛んに出るようになったこの10年、
スイング軌道論が盛んになった この20年 で
 👣更に強く染み込まれた…… のでは と思います。


(インから振るのがすべて!じゃない_Moment●骨盤をしっかりまわした状態、
●肩ラインだけを右に向けた状態、
そのどちらであったとしても
俗に言う トップの状態から
ダウンスイング側、
打つ側に回転を始めると
本来、ゴルフクラブは
写真で言うと 矢印の
ボールの方向に行きます。

ボールを打たない と言う条件で
からだだけ向きを変えれば 当然、そうなります。

アウトサイドインを嫌う方は
その 回転によって クラブが ボールの方に寄る、
前に出るコトを嫌っている…
 もう、それは既に条件反射化しているかも知れません。





実験してみました…が…、
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)❶トップの状態から
手、腕を先行させ
シャットのイメージを強く持って
ワッグルのように
そこを繰り返すと
ヘッドやシャフトは
自分の肩越し〜首あたり の間あたり 
通過して やや下向きですが、ボールの方に近づきます。
 そのラインを強く意識しています。
(ここは視覚で自分でも 確認済み です)

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(3)そのまま、意識は全くそのまま、
これに ダウンスイング、からだの回転、
向きの変更を加え、打撃の方に向かうと
その速度によって 腕やクラブは遅れ、
特にヘッドの重さ(
長さが加わっていますからね)
結果、肩から出てくるように
ヘッドやシャフトは出ていきます。
かなり シャットな意識 を持っていても
クラブヘッドの構造、重心距離の存在によって
シャットは解消されてしまいます。

自分の思っている 軌道 よりも 二つ位 寝る(倒れる)感じ になります。

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(4)➁今度は…
始めから 肩辺り のラインを想定して
(よく目にする スイング軌道通り)
ダウンスイングを始めると
これも同じく クラブは倒れ、
なんと 、結果は
脚を横(斜め)切るようなライン
 になる訳 です。
重さを構成する長さやクラブの姿勢が より重たくなる状態になった為、
,亮存海虜垢茲蠅癲‖腓く、想定よりもクラブは寝てしまいます。



トップオブスイングからからだをまわせば、
そのからだの回転が 肩ラインだけであっても、
骨盤から上であっても
肩やクラブは ボールの方に近づきます(前に出ます)
そのまま 打ちに行けば 良い訳ですが
アウトサイドインを嫌い、それを留めてしまう、
もしくは 動作の進行に逆行させてしまう

・・・もしかすると 刷り込みから生まれた 本能的な動き
条件反射的な動き の可能性もあるかも知れませんが、

それによって からだの回転と言う流れ、動作に乗れず、
からだの向きの変更で行える、済ませられることを『逃し』
その結果、手で振らなくてはならない… のかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在の流通している平均的ドライバー

 体積は 445cc
 重心距離は 40mm
 慣性モーメントは 4500gcm2 
をゆうに超えます。

460TL-3


●体積は そのままヘッドの大きさ です。
●重心距離は ヘッドの重量の中心点がシャフトからどれだけ離れているか です。
●慣性モーメントは ヘッドの重量の中心点(重心)を軸に
  どれだけ回り難いか、その姿勢を維持しようとするか、
  ヘッドの運動を持続させようか
 を表す数値です。

>慣性モーメントは数値が大きくなるほど、ミスヒットに寛容になります。
 間接的ではありますが、ボールにエネルギーを伝える効率性
 と言っても過言ではありません。

体積や慣性モーメントにルールの制限が加わってから
その変化は緩やかになりました(この10年)が、
 年前(2000年発売)のドライバーの
 平均体積は 292cc
 重心距離は 35.3mm
 慣性モーメントは 3125gcm2


 年前(2005年発売)のドライバーの
 平均体積は 413cc
 重心距離は 37.9mm
 慣性モーメントは 3900gcm2
 です。

 体積    445cc   413    292     
 重心距離 40mm    37.9   35.3   
 慣性MO 4500gcm2  3900   3125  


58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

20年で体積は 1.5倍
重心距離は 15%増し
慣性モーメントも 約1.5倍 です。

特に慣性モーメントが一番大きく影響を与えます。
(ゴルフクラブの進化 ソノモノ とも言えます)
✋あまり正しい表現ではないですが、宣伝文句的には
 20年前のドライバーに比べ
 スウィートエリアが 50%近く広がった というか
 ミスヒットに対する耐性が 50%上がった というか
 ヘッドがその姿勢や運動を維持するチカラが 50%増した
と言えば良いのか、『数値上』簡単になったのは確か なです。


同時に、体積も増え、重心もシャフトから離れ
ヘッドが回転し辛くなっている というのは明白です。

それを活かすのには どうすれば良いのか、
 どう使えば良いのか 〜どう振れば良いのか、
 説明の余地がないほどの変化だと思います。



また、こちらも重要な要素ですが、20年前に比べ
 市販ドライバーに使われるシャフトの硬さも20〜30cpm 落ちています。
今、現在の S-シャフトは
 20年前の R-シャフトより格段に柔らかくなって
 います



ドライバー だけ を考えてみると
 自称飛ばし屋 と言う人で Xシャフトを使っていても
 20年前の Rシャフト並み 位のモノもたくさんアリ、
 それで 重心距離の長いシャロータイプの
 慣性モーメントも高いヘッドを振っている訳ですから
 ヘッドを返す、とか ローテーション なんかは
 論外・・・になる筈 なのですが…。


IMG_0340


困った点、困ってしまう原因は
 このドライバーヘッドの推移、変化、
 ドライバーに装着されるシャフトの推移、変化 に比べ
アイアンヘッドは この20年で小振り化(軟鉄ヘッドの流通)
 慣性モーメントの低下、重心距離、重心深度の低下
 シャフトの硬度上昇(軽量スチールシャフトの普及化) と
全く相反する、真逆の 退化 を遂げたコトです。

(売れない…って怖いですね〜)


一般の流通している市販品の
ドライバーとアイアンがどんどん離れたモノになっている現状なのです。


IMG_0591


ここまで ヘッド、シャフト共に 特性が離れてしまうと
アイアンで作ったスイング、クラブ扱い では ドライバーは打ちにくく、
ドライバー用のスイングではアイアンは扱い辛くなります。
ボールの位置も共通…と言うわけには行かないほどの差です。
一体全体 どこに向かおうとしているのか予測が付かない程です。


スイング理論においても
従来の 小振りなヘッド/硬いシャフトのモノを振る振り方 と
大きなヘッド/柔らかいシャフトのモノを振る振り方 が
混在している状態に 「当然」なりますから
ゴルフクラブだけでなく、スイング論の見極めも必要になる時代です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転 と 腕のリリース に
 つながりのあるモノ にする為
…には
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)



このようにリリースしたのでは
からだの回転と腕のリリースは途切れてしまいます。


例え 俗に言う スイング軌道に合わせ
それを傾けた…としても
それは ソールで打つ のではないゴルフショットでは
その、からだとのリンクマンである左腕を止め、
それを支点に ヘッドがグリップを追い越す
もう1アクションが必要になる打撃方法 です。
大森201904_Moment大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)












本来は からだの横、左右方向に移動しています。
上記、空手チョップ打法 と同じラインで
正しい リリース をしてみます。
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)





イメージとしては からだの、この場合は右から左へ
横 横 横 の方がベター ですが、
こう右腕でクラブを押していければ、
左腕は からだの回転通りに逃げていきます。
からだの回転、移動していく方向から 腕が切り離されるコトもなく、
同じ 円を描くのでも
 それはからだの回転で達成可能です。

IMG_0871


✋クラブの構造を考えてみて下さい
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)




ダウンスイング で 描く円
そして クラブの構造 を重ねた時、
どちらが より多くの遠心力を作り出してしまうでしょうか?

そして その遠心力は ボールを目標方向へ飛ばす、
もしくは まだ打撃の前、ですから
 クラブやヘッドをボールの方向へと動かしたい時期 
それに対し、その生まれる遠心力の方向はどうでしょう?

右手を伸ばし クラブをリリースする
それを体に対し 横 方向にした場合でも
勿論、あまり嬉しくない遠心力は生まれますが、
やや斜めとは言え からだに対し 縦方向
クラブで言うところの トゥ〜ヒール方向(ライ方向)に
リリースする方が かなり大きな遠心力などの不可抗力が生まれます。

それは ダウンスイング後半、インパクト直前であれば
目標のボールに対し、必ず手前 に着地点が行くように作用します。
自分の望みのボール位置よりも
 手前にヘッドが行きそう、落ちそう となれば
ダふらないように 伸び上がったり、
ボールを打つチカラでは無い形で
 からだを開いて 落下地点を修正したり
することになります。

(比較)左手ドリル_Moment(4)(比較)左手ドリル_Moment(5)






空手ショップ打法には インパクト直前での

フェースターンもあるので、ヘッドの軌道はそこまで とは異なり
急激に跳ね上がるようになります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


右利きの右打ちの人が
その強く、器用な右腕を有効に使える方が
覚えるのも楽でしょうし、チカラも使えます。

●右手で叩きつつ、
からだの回転も有効に使う

●からだの回転で打ちつつ、
右腕でも叩く

それは腕の使い方、
 クラブのリリースの仕方によって「可能」です。



◇◇◇ポイントは クラブのリリース…その方向にあります。



クラブは両腕で、両手で持っています。
使いたい腕は 利き腕である右腕 です。
それに対し、左腕はクラブとからだのリンクマン です。

からだの回転には 特定の運動方向があります。
前傾姿勢はありますが、それはからだの横 左右方向 です。


▲▲▲ダウンスイング…でまず 考えてみましょう。

その準備に当たる テークアウェイはそれを元に
 逆の運動方向である というコト、準備であるコト
 を考えていけば良いでしょう。

ダウンスイングで 右腕を使った時、右腕を伸ばそうとした時、
 リンクマンである 左腕が からだの回転の方向
 この場合は 右から左 ですね、
 その方向に 移動される、押される、
 右腕が伸ばされた時、その方向に移動させられる
 ようにしないと 両腕、そしてクラブの移動方向と
 からだの移動方向のつながりが切れてしまいます。

空手チョップ

具体的な動作…で話をすると
 右腕を伸ばそうとした時、
 それによって動かされるクラブ が
 空手チョップ(手刀打ち) をする方向
 クラブが手のひらに対し 親指から小指方向 に
 動かしては クラブ〜腕の動きと
 からだの回転方向との繋がりは切れてしまいます。

 右腕を伸ばした時、伸ばそうとした時、
 その分、左グリップ〜左腕が動かされる(移動させられる)
 ような方向に伸ばさないと、からだとの関係は切れます。
多くの。。。右腕の伸ばし〜クラブのリリース は
 どこかの時点で 左グリップが止まるリリースですので
 これでは からだの回転と腕のリリースが共存できません。


sp4

 例え 腕をねじって それを回転方向とつなげた
 としても その空手チョップリリースでは
 ソールでしか ボールを打てません。
 フェースで打つのには その先 もう1アクション
 その後、フェースターンやローテーション が必要になります。
 それを実行するには 左腕 からだとのリンクマン を
 止めて置く必要が生まれてしまうので
 その ハンドターン、アームアクションと
 からだの回転はつながりを失います。

20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)







からだは止めるつもりはないけれど
ボールを打つコトには直接関与せず、
ヘッドを返す その支点になる左グリップの位置を作るだけ
のからだの回転・体の向きの変更 というコトになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールをつぶす
 魅惑的な言葉ですよねー
スナップショット 1 (2012-10-26 2-44)

この言葉は一般的にはアイアンで使われますねー
それは当たり前なのですが
実はロフトが立っていれば 絶対につぶれるから です。
ロフトが10度や11度のクラブ(…ドライバー)であれば
フェース面のボールの打痕は
ディンプルが綺麗に付いているはずで
このロフトでも こすっているのは かなりまずいです。


逆に ロフトが40度超えるようなものは
球体であるボールが逃げる 坂 がありすぎて
よほど 意図的にしない限り 捕まえるのは難しいです。
アイアンの番手でいうと 8番と9番の境目の位の感じでしょうか。

そして もう一つ この言葉には齟齬がありますが
つぶれる こする とスライス・フックは
直接関係にはありません。
つぶす というのは ロフトという坂に対し
逃がさない ということであって
こするから イコール スライス という訳でもなく
アマチュアの多くのヘッドを振る振り方では
そうなり易い というだけのことです。

やはり ゴルフショットはミドル…
 5.6.7.8.9 辺りのアイアンショットに醍醐味が
あるとも言え、ここら辺のアイアンで確実に
ボールをつぶして打ちたいです。

ボールは球体…ですので、坂、逃げ道があれば
必ずそちらに逃げます。
アイアンだから上から
ウッドだから横から『はらって』打つ なんていうのは
そのクラブそのものの長さが異なるために
単に「そう」見えるだけであって
基本はどちらも全く同じです。
bd169146-s

あくまでも イメージの問題ですが
ボールを フェース面と地面(もしくはマット) で
「挟み込み」ようにすると
ボールはロフトの坂に逃げ
それがロフトの距離を制限するロス率になるわけです。
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)







ハミングバードでいうところの
ヘッドを振る、腕先にクラブを振る、
振り子のようにクラブを扱う という打撃方法は
ボールの下、底をなでるように振る
典型的な「こすり打ち」
これでは基本スピードを上げても
こすり打ちからは永遠に逃れられないのです。

シャットにしたフェースのまま
体の回転でボールを
ボールの上っ面をさらっていくようなイメージが
必要になります。

あまりメジャーなゴルフ用語ではありませんが、
アイアンのトップブレードでボールを打つ みたいな
言葉がありますけれど、これは
フェースと地面ではさんだボールが
トップブレードから飛び出る という意味なのです。

球体のボールをつぶすには
曲線や円を描くイメージではなく
直線にクラブ、クラブヘッドを動かす
クラブそのものを直線的にスライドさせるイメージは
とても大切だと思います。
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)







そうですね(写真は手でですけど…)
例えば 足(靴)でボールを蹴るとすると
つま先で横からボールを弾いたのでは
ゴルフクラブの特性は発揮できません。
ゴルフクラブは各番手ごとに ロフト角度というものがあり
それによって 打撃の破壊力を 回転と角度に振り分け
距離を意図的に「ロス」させる働きがあります。
足でボールを蹴るとするならば
ボールの真上から ボールの半分ぐらいを
ぐっと踏みつける ような そんなイメージで
ボールを打たないといけないということです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



前置き長くてすんません。

ちょっと気になるコト があるので
書いておきたいと思います。


スイング軌道、今風な言葉で言うと スイングプレーン です。


では、質問です。
答えは単純なのですが、よく考えないと
思わず忘れている、というか おざなりになってしまっているので
回答に詰まるかも知れません。

(本日のサンプル)

右打ちの方の写真…でいうと、
俗に言う スイング軌道は アドレス時のヘッドを基準に
スイング、動作が始まっていくと
ヘッドは その真上 ではなく
写真 向かって茵,髻.ぅ鸞Α△發靴は写真の
写真 向かって蕁,髻.▲Ε搬Α△發靴は写真の
と呼ぶ、として

何らかの形で 写真の莨緤、斜めに動いていきます。
真上にも、真横にも動きません。

今回は その軌道が斜め なコトはどうでも良くて
その角度なんて 人それぞれで良いと思います。
蛇足…ですが、グリップの軌道よりも上の軌道さえ通れば
その軌道は 本当に人それぞれで良いと思います。


まあ それはさておき
アドレスからヘッドは 真上 ではなく
斜めではありますが、横、写真に対し
右から左へ からだの方に横方向に移動します。

✋その移動は 何によって
 どの動作によって 横移動 したのですか?



例えば あくまでも原則論ですが、
 手の仕事は からだの向きの変更を完全に除外 すると
 真上とは言わないまでも 写真で言う 上方向 に
 ヘッドを動かすのが仕事 と考えて、間違いではないでしょう。
 それが腕ソノモノであっても、手首であっても です。

答えを言ってしまっていますが、
それは胴体を捩じる であったとしても
骨盤の向きの変更 であったとしても
どちらも からだを回す、向きを変える から
ヘッドは 斜め、とは言え 横方向に移動します。

胴体を捩じる、腰を回さず〜肩だけを回す が
良いことか? 正しいことか? お薦めなことか?
の意見は様々でしょうから 今回は割愛します。

アプローチショット 現場にて_Moment2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(3)スイング ココを治そう❶_Moment






誰の、どんなスイング であったとしても
アドレス に比べると トップの位置 では
写真上 ヘッドは右から左に結構大きく移動しています。
それはクラブの番手やコースでの傾斜があっても
それに変わりはありません。

そして それは 骨盤の向きの変更 であったとしても、
胴体を捩じって 肩だけをまわした にしても
どちらも からだの向きを 右向きに変えた
 結果、起こった事象の変化 です。

からだの向きを変えた から ヘッドは
斜めとは言え 写真上、右から左に
アドレス時の前方から 背後方向に動いたのです。

ここまでは問題ないのです。

問題は ここから です。

からだの回転(中身はどうであれ)で ヘッドは右から左 に
動いたのですから 当然、帰りもそうなる筈 です。

たかちゃんビフォー_Moment(3)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment20200621 編集済み_Moment(6)












多くの人が ダウンスイングのスイング軌道 というのは
写真で言うと 左斜め上 から 右斜め下 に動くモノ と思っています。
それ自体は間違いではないですが
それを 何で動かすか はすっぽり抜け落ちて
その軌道を作るコト、軌道をなぞるコトに ハマってしまっている
と思います。

その軌道が 何によって動かされているか を無視し
その軌道をなぞるのが スイング動作 ではありません。
スイング「動作」なのです。

表現は難しいですが、
からだが正面を向いてカラ
手でそのスイング動作をなぞっても
自分の身になる 何かを スイング軌道によって得られるコトは
決してないと思います。
大森201904_Moment(2)

元来、スイング軌道は 最終的な弾道の微調整の確認
程度の要素 であって
安定しないことや飛ばないコト、当たらないコト を治す為、
それを何で動かしているか を無視して
その道筋だけを修正するためのモノではありませんし、
ほぼ、まったくと言ってよいほど役に立ちません


まして それを手で作っても
スイング、スイング軌道は 立体ですので
その軌道の傾きやライン だけでなく
奥行きや大きさ、その変化 もあり
ほぼ無限に存在し、それこそ無限に正解ではないが、
それに類似する、紛らわしいモノだらけになるだけ、です。

スイング ココを治そう❹_Moment(3)

多くのゴルファーがスライスが嫌いなのは分かります。
故に アウトサイドインに振るコトをけ嫌いするのも理解出来ます。
しかし、からだの向きとは関係ない
写真上、インサイドから振っている『ように』見える
スイングイメージから脱する方が良いと思います。
その 一見、インサイドから振っている『ように』見える
スイングは からだの右外から
一旦寝かした〜開いたクラブを ローリングして
ヘッドターンで打つための打ち方で
腕で クラブを8の字書いているモノの一部を抜粋した
 にしか過ぎない からです。
ハンドターン

からだを正面に向けてから(向き始めてから)
自分でインサイドと思い込んでいる 〜からだの『右外』から
クラブを入れてくる動きを 昔から
『クラブを寝かす』と言います。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)

そうではなく、右を向いている内に
手で行うことはお勧めしませんが、
あくまでもイメージ、心持ちだけですが、
右を向いている内に 外から振ってくる、
右を向いている内に 外から引っ掻いてくる 位

正面を向いてカラ 偽りのインサイドから入れるのではなく
右を向いている内に アウトサイドから入れる
 位の
気持ちにならないと からだの向き通りに
からだの向きでクラブが直に動くようにはならないのでは
と思ったので この内容を書きました。

スイング軌道の罠 にはまってはいけません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


闇雲に振り回せ と言う意味ではありませんが、
『飛ばす』『飛ばしたい』
と言う満足度、快感は
ゴルフスイング、ゴルフショットにとっては
とても重要です。

video_Slomo_Moment


細かいコトを除き
🚀 飛ばすのには 同時に満たすべくの
    …二つの前提 🚀 があります。

❶速度、速度の源
 自分にとっての 出来るだけ 速く、
 正しくは【素早く】向きを変えるコト 

➋距離にする弾道の構成
 出来るだけ 適切な

 ざっくり言えば 立ったロフト
 寝ていないロフト で衝突するコト



からだの回転で直にクラブを動かして打てない方の場合、
❶のスピード。。。がそのまんま ヘッドスピード
間違って"は"いないですけれど
 ヘッドを速く、ヘッドを、ヘッドを、ヘッド
 と言う意識が高いのだと思われます。

想像出来ると思いますが、
ハンドターン、ローテーションが多く、もしくは激しく
するのには その支点になる左グリップの移動は自粛です。
グリップがいつまで経っても移動を続けていると
ハンドターン、フェースターン、
 ローテーションするコトが出来ません。

どこかで止める、もしくははっきりとした減速が必要になります。

また ゴルフスイングは
確かに回転する動き、になる訳ですが、
そこで発生する『遠心力』 外に膨らもうとするチカラは
その回転の進行を大きく妨げます。
👉回転に対する⚓、ブレーキになります

アプローチ…などの『振り子』の概念も同じですが、
振り子は それを支える支点 が機械的に固定されているコト
で成り立つ動きです。

スイングが振り子だとは 到底思えないのですが、
それを別としても、足腰に自信の無い、私たち中年壮年ゴルファーが
傾斜があり、滑り易い現場で 支点を維持できる筈もありません。

強い遠心力も作り、かつ、支点も固定出来たら、
毎ショット、毎ショット、骨折か、肉離れ、捻挫
 ぎっきり腰…をしているかも知れません。


ショットはインパクト以降、の
正面から左向きが正しくないと
運動の処理、運動の逃げ道が出来ず 危険です。
インパクト以降に無意識の遠心力、
無作為の遠心力が出来る程度で丁度良いので、
インパクト以前の遠心力は正直、害にしかなり得ません。


大森201904_Moment(2)

ヘッドスピードを上げたい と言う意識とともに
ショットは それが例え、ドライバーであっても
高い所から低いトコロに落ちていく力も利用します。
言葉で言えば 上から打つ 訳ですが
上から・・・地面付近にあるボールを打つ
そして 高い所から打つ それを利用するには
打撃面である フェースがどうなっているか
 どこを向いているか、ボールを向いているか
 によります。


…アドレスと同じように 横を向いていれば
上から打つ状況では
 ボールに対し、打撃面であるフェースは相対していません。
これでは フェースでは撃てません。

本来、ヘッドスピードは
如何に 邪魔されず、クラブの重さなどを利用して
素早く、無駄なく 回るコト
で得るのですが、
頭の中は ヘッド‼ ヘッド‼ ヘッドスピード‼
そればかりで ヘッドを動かさないと飛ばない という
(半分合っていて、半分間違っている)
その思いに取りつかれてしまうと
それは同時に、フェースを上から打てる状況を生み出さず
ロフトを開いて ボールの底をこすり打つ
飛ばない道へと進むので
 よりヘッドばかりを動かすヘッドスピード信仰にハマる のです。


テークアウェイでもそうですが、
多くの人が 切り返し、ダウンで クラブを寝かせます。
それは いったい どうして そうするのか?

 切り返し以降、どういう手順であれ、
 からだの向きを変える、からだを回す にもかかわらず
 その進行と真反対の クラブの寝かす 動き をする
 というコトは、グリップやヘッドを置き去り にする
 だけでなく、意志を持って、 からだの回転と
 反対方向にヘッドやグリップを動かしているのと同じです。
 タイミングとして これからボールを打ちに行こう!
 と言う時期で、ヘッドを逆に動かしているのです。

 意図的にやっている その理由が理解出来ないと
 その理由が 効果の無い、無駄の多い、
 望ましくない動き だと理解できるコトが先決だと思います。
ハンドターン

 そこで寝かしてしまって
 そのまま打ったら ソールでボールを打つか
 ボールの底を寝たロフトでこすり打つ だけです。
 条件反射のように そうしてしまいたい理由はなんなのか
 その寝かし がある限り、
 ローテーションでしかボールを打つコトが出来ません。
 
トップと呼ばれる一番高い位置から
『フェースで』ボールを打とうとしていない…のです。
●ボールを高い所から打つ
●クラブが一番高いポジションから そこから打つ
これを総じて 上から打つ
 と言います。

何故 そうしたいのか?
少なくとも そこが自分で把握出来ないと
 からだの回転で直にクラブを動かすコト
のきっかけがつかめないのでは無いかと思います。

からだの回転で直に打つ というコトは
スイング時間軸、式次第である
 からだの向きの『時間通り』に進む というコトです。
トップという高い位置、そこから打ち始める
というコトは インパクトに行くに従って
フェースはボールに向かう というコトそのもの です。
そこで フェースをボールではないトコロ…
更に寝かしてしまったのでは
それを取り戻す『別な時間』が必要になります。
その別な時間 が フェースローテーション、ヘッドの返し です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手で振る にしても
からだで振る にしても
それは 似たような 円弧 です。


からだで振るならば
 腕の生えている付け根(この場合は肩)だけでなく
 そこから生えた腕も同じように移動します。
  からだと腕が一緒に動く訳です。


「からだで振る」 と言う意識は有っても
 手で振って「しまう」結果が訪れる。
多くの人、ほとんどの人はこのパターンだと思います。
振りたくて 手で振っている訳ではない、
 このパターンが非常に多いのだと思います。


この単純な原因は
 からだの向きを変えた時、
 それと同期する 腕の移動を避けているから です。

変な意味で 「腕は使っては駄目」 と思っている結果が
 腕で振らなければいけない を招いている可能性があるのです。

運動もそうですが、長さも 積算で重さを増やします。
からだの向きを変えたのに 腕の付け根〜肩だけを動かし
腕を、この場合はグリップを置き去りにしてしまうと
結果、腕やクラブの長さは増えてしまい
運動も加わるので 必要以上に重さが増します。
置き去りくん1_Moment

それを後から 腕周りの筋力で取り戻さなければならない
のが 「リキミ」の元だったりする訳です。


で あるのなら
逆に、 先まわりして 回転を促進するため
 左腕を動かし、左半身を動かし、
 その腕さばきによって 回転を促進する
 と言う手もあります。

トップの位置付近では
 左腕(上腕)、左グリップには ダウンスイング〜インパクト方向に
 都合の良い重さが掛かっています。
(かかっているような クラブ位置、クラブ姿勢があれば…ですが)

下げやすい、落とし易い、動かし易い 重さが掛かっている時に
左腕(上腕)、左グリップ を落として、もしくは動かして
 左半身を主とした 向きの変更をする方が良いのか、

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)







クラブの重さは無視し、それに耐え、
からだ、そして 腕の付け根だけを動かし、
 後に腕力で腕を振った方がいいのか、

チカラに自信のない人にとっては選択はないような気がします。


 それには 腕でクラブをどう「リリース」するのか
 次第 と思いますし、ここがスイングの原点に成り得ると思います。

 さて 「リリース」とはどうするのか?     …続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



カタカナ言葉で言うと「ボディターン」なのですが、
なぜか この言葉が好きになれず…にいます。

なんと言って良いのか、若い人が
難しいカタカナを「ビジネス」で使うような…
そんな、恥ずかしさから30年抜け出せずに居たり…します。

非常にマイナーな存在の ゴルフクラブを扱っているので
ものすごく真面目な 本流本道の話をするのは
なんだか性に合わないのですが、
ゴルフクラブの扱いというか、スイングの誤解があまりにも激しく
それを信じたお陰で からだを痛めてしまうゴルファーが
多いのではないのか と心配です。


なぜ からだの回転で、
正確に言うと からだの向きの変更でクラブを直に動かした方が良い か
というと、
スイングは傍目からは円を描いて見えます。
その 少し斜めに傾いた円軌道を描くのなら
ハンドターンではなく、からだの方がモーメントが高く、安定度は上がります。
どの道、からだは向きを変えるのですから
 その大きなモノにやらせた方が楽?でしょ?!


クラブに近い 腕や手回りに頼ると
そこは小さな筋肉ですから、疲労にも弱く、
 クラブの重さに負けやすい、影響を受け易い、です。 
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)









あと 本質的に ゴルフクラブは構造上、
動かせば動かすほど、特にヘッド部分ですけれど
ロフトが増えた状態で当たり易くなり、
多くの方が経験していると思いますが、
飛ばない弱い球は 高くなり易く
飛ぶ強い球は それに比べるとやや低め です。

加齢が進み、体力が落ちてきたり、女性の場合は
高い球の方が飛ぶ と言うのも無くはありませんが、
一般論として 『無駄に』高い球は飛びません。


93443e97少々 オーバーな比較例ですが、IMG_0524
←このような状態でインパクトするのと
蕕里茲Δ幣態でインパクトするのでは→
当然、茲両態の方が距離が出易く
同じヘッドスピードなら
アイアンで言うと 2番手から3番手分の
距離差が生まれます。

逆に言うと 双方が同じ距離を打つ と仮定すると
ロフトの寝た方は ヘッドスピードが5ms近く高くないと
同じ距離にはならない というコトになります。

多くのゴルファーが目指しているのはソッチ です。


多いロフトを より速いスピードで飛ばす
右利きの人が右打ちをする場合、
右腕でさばく というか、人によっては「右手でしばく」「叩く」
その快感から逃れられない というのは
理解は出来るのですが、
正直、あまり効率の良い方法とは言い切れません。


まあ それはそれで「お好み」次第ではありますが、
ゴルフクラブにはロフトの他に 方向を決める角度もありますし、
当たりの厚さ、薄さ(ダフリ・トップ)もありますから
飛距離は重要でも、そればかりを優先させるわけにはイキマセン。


理想論ではありますが、
出来るだけ 速くない速度で 満足いく距離が打て、
さらに 方向や安定度、繰り返し性能が高い
というのが 望むべきゴルフスイング だと思うのですが、
ハンドターンで その『円』を描いていると
それを実現するのはかなり難しい(無理とは言いませんが)
と思います。

どの道 からだは回す というか、向きを変えるのですから
それにやらせてしまえるモノは やらせてしまって方が
腕の仕事は減るので 都合が良いと思うのですが…。
腕の仕事が減ると 満足感が得られないという人が多いのも確か…です。



で そのからだの向きの変更で直にクラブを動かす というのは
ものすごく 意識して『体を回す』、一生懸命『からだを回す』コト
とは異なります。
それが ちゃんと出来た時は
 からだを自分で回した、向きを変えた感覚は『ありません』。

脚も使わない訳ではないですが、どちらかと言うと
手さばき、ハンドターンではない手さばき で
覚えた方が簡単かな? と思います。

ハミングバードでは「刷毛塗」とか呼んでますが、
両手さばきで からだの回転を掴んでしまいましょう。

          →つづきます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットやスイングの悩みは
あるクラブセットの中に、一本違ったものを
入れた時に起こり易くなります。


まあ よくあるパターンでは
アイアンセットがPWまで…とか、
アプローチが上手く行かないから
ウエッヂだけ別なモノを…、入れたとします。

おそらく ウエッヂだけを変える場合、
多くはバンスの少ないウエッヂを買います。
ロフトを寝かして、開いて打ってスピンをかける
なんていう事を考えたりしますから
単品では そのウエッヂは功を奏する…かも知れません。

思いますが、ロフトを寝かして開いて打つ感覚は
他のショットに当然影響
 を与えるでしょう。
それによって ドライバーが飛ばなくなって来たりします。
まさか!の展開ですから、理由は見えないでしょう。

IMG_0630

ウエッジ単品のモノは
 総じて 『ウエッジだから』 と言う理由で
シャフトが重くなっているモノが多いでしょう。
✋ウエッジだから シャフトが重くなる は悪いコト ではありません。
その多くがスチールシャフトですが、
 スチールシャフトは単一素材で作られている為、その性質上、
カーボン(グラファイト)シャフトとは異なり、
シャフトが重くなる、素材の量の増える、シャフトの厚みが増える、
 は シャフトが硬くなる
 に直結します。

フルショットで使用するコトの少ない、
中途な距離感のショットを多用する ウエッヂのシャフトが硬い のは
 かなり問題です。

シャフトの機能、を勘違いしている人が多いですが、
シャフトの機能は 「ヘッドを」動かすコト ではなく
✋『グリップ』、手元側を動かすコト です。
硬いシャフトは その手元を動かす、誘導、誘発するチカラが薄いため
グリップが下がり切らなかったり、左に誘導され難くなります。
故に 硬いシャフトの方が ボールに届き難くなります。

***自分で試せば 直ぐに判ります。

ボールに届きにくいので 中途な距離を緩く振ろう と思っても
それでは届かない(トップ〜チョロ) になるので
最後、インパクト付近で加速することになります。

また 出来るだけゆったり振ろう としても
それでは届かなかったり、距離が足らなかったり し易い ので
どうしても強く振るコト になります。

打つ距離と振る感じの統一感が付き難くなるのです。
アプローチショット 現場にて_Moment
●アプローチをそこそこ強く振らなくてはならない と
●中途な距離感を打つ
を両立するには 上げる球=ロブショットのようなアプローチ が
必要になるので、ある意味、クラブに球筋を決められてしまっている
のかもしれません。


アプローチショットやグリーン周りの寄せ は
上げる球、転がす球 とその場面に応じて
適切なモノが必要となりますが、
上げる球 は その中でも 特殊な球に属します。
危険度 と 距離感の難易度が高い から です。
出来れば 選択しない方がよい、
それ以外の選択が無い場合に選ぶショットです。

アプローチの環境が判別する前 の時点で
クラブの性質によって その球を選ばせられる は
あまりよろしくないでしょう。

ウエッヂのシャフトは アイアンセットの流れ よりも
ほのかに(微妙に)柔らかく、ヘッドも重い方が
他のショットのへの影響も少なくなりますし、
アプローチでの楽さが上がります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングを良くする、改良する、
とは スイング動作 や クラブ扱い を
シンプルに、単純化していくコト、だと思います。

V字を維持してみよう 上編_Moment(2)
例を挙げると
よく言われる 『ダウン』スイング、
右打ちの人であれば 右から左への動き、
上から見た時の 反時計周りの向きの変更、になる訳ですが、
その際の進行方向(右から左)のからだの部位
が 低い方がやり易いでしょう。

スイングには前傾姿勢があるので
それを造り易い筈? です。

両腕の付け根 肩の部分も
ボールを打つまでは 蕕茲蠅皚茲諒が低い
とともに
脚の付け根 股関節の部分も
ボールは打つまでは 蕕茲蠅皚茲諒が低い

同じような高さ関係の方がシンプルだと思います。


概ね ですが
左右の肩 や 左右の股関節 は
インパクト付近を境に 茲上がり始め、
その上下の関係が逆転? 入れ替わるモノと考えた方が
問題や課題はシンプルに考えられると思います。

肩は茲上がり始めているのに
股関節は 茲下がっている では
問題も複雑化しますし、動作そのものがからだに負担を掛けます。

達人のココから盗め_Moment(5)

✋スイングの話しの中で『フットワーク』が出てきたり…しますが、
そのフットワークも その付け根
  股関節の状態 → 骨盤の状態 によって
決まってしまいますので、
そう言う意味でも しっかりと骨盤の向きは造った方が良いと思います。
置き去りくん1_Moment

テークアウェイの際、
骨盤をしっかり右に向けた方が、
左サイドの低い時間を確保し易くなります。

テークアウェイの際、
肩と骨盤に向き差、からだの捻じりがあると
…この場合は 肩が大きく向きを変え、骨盤は中途半端…では
肩が ボールと正対した時には
骨盤は 莨紊りの状況がやって来ます。

スイング動作 にとって
左右の側帯の 伸ばし〜縮み はあまり体に良くありません。
出来れば避けたいですし、無理して行えば腰痛の原因にもなりかねません。

肩と骨盤に向き差 があると
どこかの時点で 我慢を強いられることになるので
それを出来るだけ「排除」する為にも
自分の意志で「作り変える」コトが可能な
テークバックの時点で 肩と骨盤の向き差 を
出来るだけ「無くす」、もしくは極力「減らす」のは
大切だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手打ち、フェースローテーション、ヘッドの返し
ヘッドはグリップを追い抜く  などを

やりたくないのに してしまう要因は

ダウンスイング以降 で
左サイドを動かす、廻しているのに
一番肝心な 左腕を取り残してい待っているコト
 から
始まります。
(クラブや左腕をわざと残す と言う選択もありますが…)

ミスターKの法則1_Moment(2)ミスターKの法則1_Moment







『からだの向きを変える』のは
からだの周りで クラブを持った腕 を動かし、
グリップを移動させ、
結果、ボールを打つため ヘッドを移動させるコト です。

にもかかわらず
ダウンスイング以降の進行方向 の先頭にいる
左腕の付け根 だけを動かし
左腕をその移動に伴っていない 『から』
あとあと 腕を動かさなくてはならなくなる、
腕さばきだけで打たなければならない、のです。

勿論、その 左腕の付け根は動かしても
左腕を動かさない にも理由があるでしょう。
それは おそらく 長年培った
 ヘッドを振らなければいけない
 ヘッドはたくさん、そして 速く動かなければならない
 ヘッドの軌跡は丸く振る
 ヘッドはグリップを追い越す

という 正しくもアリ、間違ってもいる
微妙な基礎意識の蓄積にあり、
その意識変革が無い限り、技術で補うのは無理があります。

無理やり 理屈で解決するとするならば
 ダウンスイング、そして それ以降、
左サイドを動かした時、そこから生えている左腕
特に左上腕や左ひじ を伴った方が、
逆に左上腕や左ひじ 向きの変更を造った方が
圧倒的に からだにも楽ですし、
 動作も単純化、一本化出来ます



からだは回すのに 左腕を遅らせて
挙句、その腕を元に戻して・・・
遅れたヘッド、開いたヘッド、
グリップに対し、遅れたヘッドを元に戻す・・・
と苦労も動作もタイミングの微妙さも伴うのに
得られる結果は 「元に戻して」 なのです。
それ以上では無い というコト です。

その動作の 充実感、筋肉のきしみや関節のきしみ
その満足感が重要…であるのなら
  『お好きにどうぞ』  としか言いようがありません。



ショット、打撃は 利き腕で叩く
それは否定しません。否定しませんが、
からだの向きの変更という
 スイングの中で 一番モーメントの高い
 一番 衝突の衝撃に強いモノを使わない、使えない
利き腕の叩き は よろしくないでしょう

振り子のアプローチ_Moment(3)

利き腕で叩く のなら
からだの向きの変更 と同時に
そっちに任せられる仕事は モーメントの大きい体に任せて
必要最低限、出来るだけ少ない 効率の良い利き腕の使い方
そして そのタイミングやその空間 を覚えた方が
良いのではないでしょうか?

そう言う意味で 何日か前の
ダウンスイングは
 左腕、左上腕を遅らせないで
 逆に 左上腕や左ひじの誘導で 左サイドを
 右軸で動かす感覚 というのは
その為の ステップとしてとても有効だと思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




IMG_1105




https://www.hummingbirdsporte.com/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




忘れられた?
 あまり使われていない ゴルフ用語というか、用品用語に
「ジガー」とか、 「チッパー」 とか あるんですけど
知っていますか?
IMG_0039

これは まあ パターの長さに
ロフトの付いた アイアンで言うと
8番とか、9番位のロフトのパター版 って感じです。

飛ばしたくないけど
ほんのちょっとだけ 上げたい というか
1ⅿとか、2~3ⅿ のほんの少しだけ キャリーが欲しい時の
 グリーン周りなんかに使うんですね。
✋アメリカやイギリスではごく普通に使っていますね。

アプローチの打ち方…
 そんなことにこだわりたくない人 には
とても重宝されていると思います。


何故 日本の巷であまり目にしないか、というと
やはり 単体として数が売れない ので
商品として、売り手、造り手側が
 無視しちゃってる部分は否めません。

私は グリーン周りのアプローチが苦手 と言う人は
積極的に使っていいんじゃないかな とも思います。


形状的には「ユーティリティ」がいいんじゃないかな
 と思うんです。
フルショットと兼用 って感じですね。
フェアウェイウッドでも良いとは思うんですけど、
ヘッドに厚み、高さが無いので ラフでの潜り抜け が
 ちょっと怖いかも…ですからね



これも 売り手、造り手の都合 なんですけど
 25度を含め、それを超える(それよりも多い、大きいロフト)
のクラブには 溝の規定(正直、何の意味もないですけどね) 
があるので ステンレスの鋳造で作る場合、
その精度が面倒なので 避けるんです。
ですので フェアウェイウッド や ユーティリティ も
 一番大きい ロフトを24度 とするんですね。

商品を積極的に紹介してる訳じゃないんですけど、
 弊社の取り扱いに
KZG の ユーティリティ形状のアイアン があります。
ロフトで言うと
 18.22.26.30.34.38.42度 ってある訳ですが、
   👉34.38.42度辺りのロフト
  その「ジガー」とか、「チッパー」に相当します。


アイアンとして使うと 相当に高い球になると思います。
高い球というか、早い段階で高さが取れる というか・・・。
女性とか、弾道の低いタイプの人、
ボールを上げるのが苦手な人にはいいかと思います。

アイアン ユーティリティ、ウッドの 違いは
長さもありますが、同じロフトでも
高くなるところが違う・・・というか
順に 奥(遠く)に行くほど高くなる
順に 打ち出しは低い というか、
例えば フェアウェイバンカー で使う時、
あごが気になるなら 同じロフトと言う条件かでは
アイアンよりも ユーティリティやフェアウェイウッドの方が
あごを回避する可能性が高い…って感じ、です。

H370_lineup


それこそ、その名称通り、
グリーン周りでも チッパーやジガーとして使え、
便利。。。なんじゃないのかな と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ