◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年06月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






溜め〜タメ は
何かに対して、何かを遅らす など
比較できる 二つ(以上)の対象物がある場合 に使われる言葉です。
その二つのモノ、の位置のズレ、もしくは時期のズレ
 が良いニュアンスで使われるモノ です。


ゴルフのスイングにおいて
「タメ」が考えられる対象物は
❶からだ(からだの回転)
❷グリップ
❸へっど(もしくは総称してゴルフクラブ
) の 三つと考えられます。

❶のからだに対し ❷のグリップが遅れた場合、
先日の記事の通り、
👉 http://hbs.livedoor.blog/archives/1998120.html
ゴルフクラブは ロフトもフェースも開いてしまうので
その遅れを取り戻す~元に戻すための作業は
とても煩雑で、すべて人力です。
そして、その作業の是非 によって
 距離も方向も弾道も決まってしまう という
非常にシビアなモノになります。

❶のからだに対し、❸のヘッド(ゴルフクラブ)が遅れる は
❶のからだに対し ❷が遅れないという前提の上で
❷のグリップに対し、❸のヘッドが遅れると同意語で
これは フェースはアドレスの状態と似たような状態
 ロフトは遅れた分〜立ち
 になるので
その遅れのまま、そのズレのまま
からだを、からだの回転でグリップを動かせば 打つコトが出来ます。
      
   👇このスイング比較をご覧下さい


茲離好ぅ鵐阿賄儀薪な
❶のからだに対し、❷のグリップも、❸のヘッドも
強烈に遅れたスイングで、結果として、
その遅れを「手振り」で解決?、補正してボールを打っています。

この場合の遅れは そのままロフトの開き、フェースの開き です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

左のスイング、このスイングをした時は意識していない と
思いますが、このスイングが形成される段階のどこかで
「タメ」を作るコトを意識している可能性が高いスイングです。

溜めという偽名の遅れを
あとからバタバタ修復する訳ですから
それは まるで 掃除するために散らかしたみたいな…

ロフトが開いている 溜め 〜実際には遅れ…ですが
からだに対し、腕が遅れ、グリップが遅れ、ヘッドが遅れ…
そうなると それらの重さがからだにかかり
●なんとなく チカラの入ったような力感
●飛ばせるような力感(りきかん)

 👉実態は単なる リキミ なんですけれど…
インパクト直前に腕を振る 力感 も加わり
チカラが入ったような気がするので 悪い意味で覚えやすい動き と言えます。

一方、
蕕離好ぅ鵐阿蓮仝た目も含め 力感がぐっと少なくなっています。
蕕離好ぅ鵐阿鉾罎戮襪函´茲離好ぅ鵐阿諒がバタバタ 煩雑な感じがし、
結果として からだの周り方もずいぶんと違ったモノ になっていますね。
スイングにとって 「タメ」を意識するべきか、どうか となると
ハミングバードとしては 意識する必要はないのでは…と思いますが、
結果論としては、蕕離好ぅ鵐阿諒がタメがあるスイングと言えるでしょう。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)


茲離好ぅ鵐阿蓮‘阿〜どうのこうの よりも
根本的に、腕を振ってボールを打つコト を念頭に置いています。
(巷ではそれを フェースローテーションとか、ヘッドの返しと呼んでいます)
それをしている時は それに気づかないのが辛いトコロ なんですが、
腕を振るための準備としてのテークアウェイ
腕を振るためのダウンスイング です。

蕕離好ぅ鵐阿
からだが回れば 腕の付け根は当然、動きますが、
運動が加わった状態では 腕もクラブも、特に先端のヘッドも
重さを増しますから、遅れて 開いてしまいます。
そうならない為に からだの回転に「付かせて」上げる補正 が
腕の仕事 と言う感じに変わりました。

腕、グリップが からだから遅れる と
その重さは ダウンスイング以降、右半身にかかります。
よって 意識はしていなくとも、
そうするつもりは毛頭なくとも、
左半身が先に動き、のちに右半身…と言う風に
回転が 左半身と右半身でバラバラ 
ズレた時間に回転する感じになる訳です。

 ✋からだの回転に対し、遅れないよう「付かせてあげる補正」を
 ハミングバードでは 刷毛塗の手使いと呼んでいます。

からだの回転に対し グリップを遅らせない
⇒ヘッドの重みはヘッドは遅れる
⇒ロフトの立ち
この流れであれば 自動的に発生する 遅れ〜タメ は
そのままにして、そのまま打ちます。

一方、ロフトの開き、フェースの開きになる「タメ」 ←濁点付けたい!
は 必ず テークアウェイや切り返しで 意図的に、人為的に作られます。
取り返さなければいけないタメ、
元に戻さねばならないタメ、
打ち手本人の充実感などの自己満足以外、満たすことは殆どありません。



ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)









✋✋✋ココでの大変〜重要なポイントが もう一つ あるのですが、
(みそ汁の味噌に匹敵する部分です)
それに付いては 次回のゴルフスイングセミナーにて 公開致します。
(ブログには記載しません)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よく耳にする ゴルフスイング用語、
 〜【タメをつくる】〜 についてのお話し。

タメの有るスイングとか、今のは良いタメだ、などと聞きますが、
いったい タメ って何でしょう?
おそらく 該当する漢字は 「溜め」だと思います。

この場合の タメ は 何かに対する何かの遅れ、ズレ に
相当すると思いますが、
ゴルフクラブの場合、特にシャフトに関しては
グリップに対し、ヘッドが遅れ、
それを「シャフトの弾き、もしくは、反発 によってボールを弾く」

だと思われています。

 コレ、クラブ製造、シャフト開発 の立場から言わせて頂くと
それが シャフトの仕事、役割だと「勘違い」している人が
殆どだと思うのですが、はっきり言って 間違い です。
達人のココから盗め_Moment(4)

ヘッドがグリップに対し、遅れて、それをシャフトが反発し、
ボールを弾く のには そのシャフトが弾く分、
グリップを止めなくてはイケマセン。

グリップが一定の速度、または加速状態 である限り、
シャフトがどんな硬さ〜柔らかさ であっても
シャフトがどんな高弾性であっても
ある一定のシャフトのしなりが保たれたまま、
硬さ〜柔らかさ の分、グリップとシャフトの相対関係は
永遠に続きます。

そもそも、グリップに対するヘッドの遅れ、ズレ を
✋ロフトの立ち にするのか、
✋ロフトの開き にするのか、

によっても 考え、やることは大きく異なり、

❶ロフトの立ち、であれば達人のココから盗め_Moment(2)
その、所謂、シャフトのタメ、ヘッドの遅れ を保ったまま
グリップを移動し続ける、一定の速度、もしくは加速させ
グリップを動かし続ければ良いだけ です。

❷ロフトの開き、であれば
そのままではボールは打てません。
極端に言えば、スイングの中でロフトが寝れば、
フェースでなく、ソールがボールと相対するコトになってしまいます。
ロフト、フェースを元に戻す
 開いたフェースを閉じる方向に動かさなくてはなりません。
これは 前述の通り、グリップの移動を減速、停止させねば
実現不可能な訳ですから、
タメを作ったとしても そのタメを開放、結局、元に戻さなくてはならない
しかも、その動作が人為的なモノ であるなら
タメ ソノモノの意味は全く無いばかりか、
より一層忙しく、難しくするためのモノ が タメ になる訳です。

ハンドターン (3)



❶タメ(ヘッドの遅れ)が ロフトに立ち になるのなら
あとは回転し続け、グリップを移動させるだけ。
👉これであるのなら タメ の意味は理解出来ます。

この場合のタメは
 からだの回転に対し、グリップは遅れず、
 ヘッドの重み(運動も加わった)分、ロフトが立つ ですので
ボールをより少ない動作、少なり速度、で
安定させ、繰り返しすることが可能ですので、納得ですが・・・

👉ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、運動 が加われば
自動的に、オートマチックに出来るタメ を
放置したまま、運動を続ければ良いだけです。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






タメ(ヘッドの遅れ) ロフトの開き(フェースの開き)であるなら
インパクト付近という 一番忙しいトコロで
そのタメを「元に戻す」、より理想的な状態に戻す というコトを
飛ばすために 速い速度で行わなくてはイケナイ
どう見繕っても お得なスイングとは言えませんし、
 タメを作った意味が理解出来ません。

タメを作っても 結局、それを元にもどし、
言ってみれば、片付けを 自分の労力で何とかしなければならない。
それが タメ であるのなら 要らないでしょう。
その 元に戻す行為 が ボールの飛距離と同時に、ショットの是非
方向性や繰り返しをどんどん悪化させています。




その「スイングのタメ」、本当に要るの❓





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフを始めたばかり…その時期、
【スライス】が多発しますから、その気持ちは分かるんですが…

しかし  ボールをつかまえる は スライスの反意語、
とは全く異なります。




スライスは右回転、フックは左回転 の入った球
つかまる/つかまらない とは異なり
つかまったスライス/つかまらないフック と言うのも実際に存在します。

具体的に言うと
スライス/フックは 飛球線とは関係なく
その成り立ちは ヘッドの通ってきた道、
その順路に対しての フェースの左右の向き です。
順路というか、軌跡〜軌道というか
その順路に対し、必要以上にフェースが右向きであれば
ボールには右回転が入り、
その順路に対し、必要以上にフェースが左向きであれば
そのボールには左回転が入ります。

一方、ボールがつかまる/つかまらない は
その上下、縦バージョンです。
ヘッドの上下、高さの移動(変化)
ボールに対しての入射、着地経路 に対し
ロフトが開いていれば つかまった とは言いませんし、
ロフトが閉じていれば つかまった と言います。
555

具体的に言えば (数値は参考例です)
30度のロフトのクラブ が
10度の入射角度で入ってくる とします。
その時の ロフト姿勢が
地面に対しては 20度 (30-10)
入射線に対して 30度
入射角度分以上 立っている状態を つかまる状態 と言います。


確かに ゴルフクラブの打撃部、ヘッドやフェースの形状では
フェースの右向き と ロフトの開き 
フェースの左向き と ロフトの閉じ 
👉👉フェースの向き と ロフトの関係 は 似ている というか
つながったモノ と言えるかも知れませんか、
☑どうスイングするか
☑どうクラブを扱うか(動かすか) 
においては
キッチリを分かれて考えるべきモノ です。


つかまる/つかまらない はヘッドの道のり に対する
上下の問題ですから、ボールの方向性 とは直接関係にありません。
つかまった 右回転 もあれば、つかまった 左回転 のボールもあり得ます。

ところが フェースの左右の回転 には
ボールの左右の回転とともに ボールの飛び出し方向 も絡んできます。
思った方向に行かない〜真っ直ぐ行かない から
✋飛ばしたくても飛ばせない
✋飛ばそうとすると フェースの返しが間に合わず 大きくスライスする
✋つかまえようとすると 大きく左にひっかかる

が行き着く先は かなり飛ばしを妥協した着地点 です。

フェースターン、ヘッドの返しは
握力やよりクラブに近い、手首や腕など
 からだのとっては小さな筋力頼り です。
年齢の影響を大きく受けますし、
 ラウンド中の持久力にも大きく左右されます。

スライスの反意語が つかまえる と言う意識である限りは
自分でつかまった と思う球は 実際には「ひっかけ」です。
主に ドライバーで行っている その フェースターン は
地面から打つフェアウェイウッドやアプローチなどを
 苦労させる原因になっています。
少なくとも フェースの左右の向き と つかまえる は
 関係ない、直接関係にない というコトを理解しないと
必ず そこに引き戻るコト になってしまいます。
IMG_0517

アドレスでは フェースは上下左右 開いても閉じてもいない
スクエア と言うか、 ニュートラル の状態にあるのです。
✋そのまま であれば 閉じる必要はありません。
フェース もしくは ロフト その双方を
【閉じなければいけない】
【閉じ加減が問題】
【閉じられないから失敗】

と考えるのではなく
【閉じなくてはいけない原因】
【閉じなくても良い打撃】

と考えるべきです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて悶絶クラブを手にすると、
初めて悶絶クラブで打つと、
恐らく全員が驚くことになると思います。
IMG_0361

多くの人が
 ご自分の基準 ☞ 柔らかい
 ご自分の基準 ☞ ヘッドの重たい
は 10%程度
硬さの目安である振動数が
 
280cpm ☞ 250cpm
軽量スチール装着の5番アイアンのヘッド重量
 
240g   ☞ 265cpm
位だと想像されていると思います。

ところが 悶絶クラブはスペック(仕様)によっては
 280cpm ☞ 140cpm
 240g   ☞ 300g

になってしまうのですから
想像以上の「すごさ?」に驚くことになるでしょう。

シャフトが柔らかくて、ヘッドが重いと
自分の動きによってクラブはそれを倍化するような
そんな感じです。

特にヘッドを振りまわして
クラブの機能を無視し、自分の技巧によって
ボールを打っていた人には
その柔らかさによって、その重さによって
それが封じられてしまうでしょうから
ちょっと大変かもしれません。

自分が腕さばきで クラブを動かしていると
柔らかい&重いの複合体は
自分の手さばきへの反応が鈍く、動かし辛く
思った通りになってくれません。

こんな質問頂きました。
「試し打ちのクラブを打ちました。
 テークバック(ストローク)の初期に
 ヘッドの重さを‼感じてしまいます。」
これは違和感…と言う意味だと思いますが、
このご自分の言葉に、ご自分のショット(テークバック)や
ストロークの謎というか、問題が隠れています。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフクラブは
自分が動くと、それが持たれているグリップ部が動くので
当然、その分ヘッドも動きます。
クラブヘッドが重くても、シャフトが柔らかくても
軽いものや硬いものから比較しても
重くなって、動かし辛いのは
「クラブ」であって、ヘッドでは無い筈です。

ヘッドが重い…ということは
ヘッドを動かそうとしている ということです。

グリップを動かして、その分ヘッドを動かすのと
ヘッドだけを動かすのでは
ゴルフクラブの ロフトやヘッド姿勢、クラブ姿勢の
変化が激しく(多く)なり、
 その分安定したショットやストロークの可能性が下がり
ゴルフに良い影響を与えません。

どんなクラブであっても
シャフトには 硬さや柔らかさ 軟度が存在し、
ヘッドには 軽さ重さはあっても 集中した重量は存在します。
重くて振りにくいから それを無くす(減らす) という発想は
クラブは一切頼らず 自分で打つという事です。
クラブの機能は無視したい、邪魔されたくない という事です。

少し言葉は悪いかもしれませんが、
そう思うのなら、ファッション以外で
クラブを買い替える理由はありません。
    多くの人がそうですけどね…。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

ゴルフクラブには先人たちの数百年蓄積された知恵が
集まっており、私個人も悔しいのですが
その知恵を上回るようなものを考えつきません😱




 ✌ ✌ ✌ ✌ ✌

悶絶クラブは ものすごくハッキリ主張をするクラブです
扱い方でダメなモノはダメ とはっきり言います。
当たり前と言えばそうですが、その典型例が「重さ」です。
今までは気にしなかったかも知れませんが、
これからは「重さ」を敏感に感じてみて下さい。

✊その重さが「いつ」生まれるのか?
✊その重さは「どの」方向に発生するのか?


そして その重さは
✊自分の動作をしていきたい方向との関係はどうか?
✊打つボールの方向との関係はどうか?

ゴルフクラブ全体の重量配分や
クラブヘッド、クラブの形は 
打ち手が打ち易いよう、
繰り返し打てるよう、
少ない力でボールを飛ばせるよう、
体を痛めなくても練習できるように

考えられて作られています。
9df38f18

スイング中に重さを感じる ということは
その自分にかかる 重さの時期や方向が
自分の次に「行きたい方向」に対し負荷、邪魔になっている
という事です。

クラブのその重さに促進され 動作が出来、
ボールを打て、振ることが出来れば
クラブの重さは感じません。
 ☞特に切り返しからダウン〜フォローまで

テークアウェイは重力に逆らう動きなので
多くはありませんがなにがしかの重さが掛かります。
それであっても
その方向は望ましい方向でしょうか?
テークアウェイは
トップの位置からボールを打っているための準備です。
動作そのものも
ボールの飛球方向とは概ね逆方向に動き
巻き戻しのようなモノですから
その逆方向への重さの増幅は
ボールを打つ方向にとっては不必要、最低限でいい筈です。

そういうのも とても参考になると思います。

恐らく 現在活躍するトッププロも含め、
レッスンプロですら、雑誌やテレビ、誰かの言葉
によって 漠然と、ぼんやりと
『スイングってこういうもの』
『ダウンスイングってこうやる』
『ボールってこう打つ』
と言う程度だと思います。

ゴルフクラブとスイングの関係なんて
考えている人は殆ど居ません。

でも、ゴルフは「自分」の個人プレイで
現場に出ると 頼りになるのは
自分自身とゴルフクラブだけ です。

そのゴルフクラブに
使い方を教わり、使い方を考え
その機能を利用する方がずっと楽しいと思います。

ゴルフクラブはホントにすごいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの重量バランス(バランスポイント
 -バランスの取れるポイント(箇所)
は ゴルフクラブのカタログ では まず、絶対、
場合によってはシャフトメーカーのカタログ であっても
 表に出てくることはありません。
ゴルフ雑誌のゴルフクラブやシャフトの特集であっても
 ほとんど 取り上げられるコトも無いでしょう。


シャフトを選ぶ際のポイントとして
 まずは 硬さ/柔らかさ(絶対条件‼)
 そして 重量 
  …とは思うのですが……。

他にも、 やれ キックポイントとかトルクとか ありますが、
この表に出てこない バランスポイント というのが
シャフトの 良い意味でも、悪い意味でも
 最大の特色 〜機種による違い になるのでは… と思います。

表に出て来ないので とても厄介 です。

製造業者である 私 であっても
 各メーカーの、各機種の バランスポイントは
実物を手に取り 各パーツの重量を調べたり、
 測らないと分からないケースが少なくありません。

✋正確に測るには クラブとして組み立てられていない
 シャフト単体の状態 が必要です。

重心のかかり方 (2)


シャフトは ご存知の通り
 先端が細く、手元(グリップ側)が太くなっています。

サイズ(代表的なモノの外径) で言うと
●ウッドの場合 先端が 8.5mm  グリップエンドが15.0mm
●アイアンの場合
 グラファイト素材    9.4mm  グリップエンドが15.0mm
 スチール素材     9.0mm  グリップエンドが15.0mm


✌✌✌細い部分である先端の強度を補強する為、
グラファイト素材の場合は 先端に弾性の高い(強い)素材を足し増し、
スチール素材の場合は 金属素材の厚みで補強、
 少々オーバーではありますが、外径(見た目)と反対に
 内側は逆テーパー
(スチールシャフト)になっているような状態です。

蛇足ではありますが、
スチールシャフトの方が補強し難いにもかかわらず
グラファイトの外径より細いのは ある理由による形状の違い です。
その形状〜外径が固定化、される頃は接着剤の素材が良くなかったため、
接着され難いスチールシャフトは
 先端部をテーパー化して、接着面積を稼いでいます。
(グラファイト素材のそれは ほとんど パラレル です)
接着材の質、向上がなされている為、
 現在ではほとんど意味を成しませんが…。

故に バランスポイントは スチールの方がグッと先端寄りで
(先端を0、エンド〜グリップ側を100とすると)
グラファイトシャフトの平均的なBP 52~54 に対し
スチールシャフトのそれは 48位になっており、
同じ長さ/同じヘッド重量 のクラブを組んだ場合、
 数値上 グラファイトシャフトの方が スイングウエイトは大きく出ます。
 その差は10〜15g分位 あります。

昔からよく言われる 「グラファイトの方が飛ぶ」 のは
シャフトの素材のせいではなく、
👉重いヘッドが装着されているから なのです。


ですので 市販のユーティリティなど、
市販状態でグラファイト素材のシャフトが付いているモノを
スチールシャフトに変更する場合、
 同じ長さでは作れないことが殆どです。
(スイングウエイトなどを無視する場合は可能です)
59010005_1

ウッドなどをスチール化する場合
 数値上、同じバランスポイントにすると仮定すると
グラファイト ⇒ 45インチのモノ
スチール化 ⇒ 43.5〜43.75 まで 短くなります。

これも蛇足ですが、
数値上のスイングウエイト(C-8とかD-0)は
シャフトの重さではなく、シャフトのバランスポイントの方が
圧倒的に効く、作用します。
同じシャフトのBP、 同じヘッド重量、 同じ長さ であれば
シャフトの重さを 40g ⇒ 80g 倍、3倍にしても
スイングウエイトは 全く同じ です。
ですので スイングウエイト は その言葉の意味とは異なり、 
 人間の感じ方 を表しているモノ では無い というコトです。


従来は スチールシャフトとグラファイトシャフトでは
明確なバランスポイントの違い、暗黙の基準 が有ったので
良かったのですが、最近では
アイアンはスチールシャフトがデフォルト(基準)状態の為、
グラファイトのウッドシャフトも BPをスチールに合わせているモノ
も多数😨出現し、ひっちゃかめっちゃか状態です。

いろいろとバリエーションが増えるのは良いと思いますが、
グリップの重量にもバリエーションがあり、
シャフトの硬さやキックポイントにも明確な基準がないのに
表に出てこないBPにも 種類 が多いのは大変困ります


どんな風に困るか というと
❶バランスポイントが先端寄り 〜軽いヘッド装着 のモノに
  軽いグリップを付けたモノ
❷バランスポイントが手元寄り 〜重いヘッド装着 のモノに
  重いグリップが付いたモノ

この二つが 数値上、スイングウエイト 場合があるのです。
本当の意味の、実質的な意味のバランスは全く異なる!のに、です

シャフトが同じ重量であれば 総重量で判別するコトが可能ですが、
重いヘッド/グリップ - 軽いヘッド/グリップ、
 その差分、シャフトが重かった場合(総重量が同じ)では
まったく 異なる作りのクラブなのに 判別が不可能 になる訳です。

また このケースで シャフトの長さは同じ、
シャフトの硬さ 〜振動数上数値が同じ であると
 軽いヘッド装着のクラブの方が 実質、シャフトは柔らかい のですが、
それは 長さは分かるにしても、
 おおよそのヘッド重量が分らないと判別不可能です。


同じバックに入る
●ドライバー
●フェアウェイウッド
●ユーティリティ
●アイアン
●ウエッジ
これらの中に 上記の ❶と❷が混載されている可能性があっても
その数値が読み取れなくなります。
IMG_0591

スイングウエイトの数値は同じでも
実質、ヘッド重量が10g差があったら どうでしょう?
 同じ感じに振れるでしょう?
10g は 数値としては小さいように感じますが、
長い棒の先端、一番移動量の多い先端部分の10gの違いは
かなり大きいです。
一般的に 売られている 後付けの 鉛-2枚分の違い です。

1回打って 鉛を10g貼り、次は剥がして
を交互にやったら どっちが良いのか、悪いのか
スイングが悪いのか、タイミングが悪いのか
どっちが合ってるのか 訳分からなくなると思いませんか?

キックポイントなど曖昧な違い
総じて しなりの少ない硬いシャフトを使っている人が
圧倒的に多い この状態では
その 10g分、ヘッド重量が異なってしまう
バランスポイントの方が ショットにもスイングにも大きく作用します。
しかも それが あまり話題、
 クラブ選びの基準にもなっていないのです。


なんだかなぁ。。。 って思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そう、背骨を軸として
右向きを作ると言うことは
自分の体の厚み〜身の部分を右脚の上に乗せる
のですから、アドレスに比べると離れて恐い感じ
に思えるのかも知れません

スナップショット 1 (2012-11-04 15-41)
スナップショット 6 (2012-10-29 20-10)

特に右の利き目のヒトはちょっと恐いのかも…

そうですね、ボールから目を離す(距離)のは
如何でしょうか???

体の向き、シャフトの向きと共に
顔も右を向けてみましょう!

クラブを振らないので、遠心力やローテーション作用
によって、不用意にクラブが遠くなったり、
近くなったり、軌道は手先では無く、
大きな体の回転でのみ行われますから
ボールを見ていなくとも、問題は全くありません。

ボールを見続ける事になんの問題も無いのですけど、
ボールからの距離感にはちょっと障害になる
可能性も否めません。

ボールを凝視してしまうと、
運動中、ボールと目 との距離感を一定に
しようとする習性?感覚?が人間にはあります。

本来、テークバック時は 顔は左を向く
と言うのはあったにしても、アドレス時よりも
体全体も右に少々ずれ、体全体は右を向いていくので
ボールと目との距離は顔も厚み分弱 離れるモノ

それを一定にしてしまうと
顔を軸とした、変な向きの変更になってしまいます。

左腕一本で上げるから、その作用・反作用
遠心力や重さなどの不可抗力によって
そうなってしまうのか、はたまたボールと目との
距離を保とうとすることによって
そうなってしまうのかは、それぞれだと思うのですが
その慣れ親しんだ、間違いの元、である
テークバックによって、全ての事が台無しに
なってしまう前に、そこ 頑張って改善しましょう。

こうちゃんの憂鬱_Moment(2)


感覚的には、非常に大きな違いです。
違和感バリバリだと思うのです。
今まで、背中を含め、関節や筋肉など各所にきしみ、
痛みや張りがあったモノが
ほぼ全くなくなって、気合が入り難くなります。
充実感も殆ど有りません。
右のお尻、太ももあたりに筋肉の張りがある
その程度で終了です。

正直、左腕一本、左肩を動かすことが
テークバックだと思っていたヒトは
上手く打つまでに相当の苦労、練習を積んできた
でしょうから、それを破壊、削除するのは
心理的にも簡単ではないと思いますし、
自分のテークバックやトップの目安としている
背中の張り なんかも無くなってしまうので
不安になり易いとは思うのですが、
ここ 大きな境目 です。

レッツ トライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場や素振りで
一度 やってみて貰いたいコト があります。

ボールは打たなくてもOK です。

フルショットをする時の トップの位置
自分のトップの位置でいいです。

腕周りは その状態のまま、
 腕周りは「完全に」その状態でロックし
からだだけ 元の、正面を向いた
 ボールとからだが正対した状態の戻してみて下さい。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

✋この状態では ボールに届きません。



そうすると…
意外、かもしれませんが。。。
おそらく、ですが 多くの人の場合、
右腕が曲がってる分、ヘッドが高い 位で
●ボールに当たる〜ボールに届く あと一歩(一振り) のトコロ
●インパクト まで1ピースだけ足らない 程度のトコロ

まで来ているのでは…無いかと思います。

テークアウェイやダウンスイングの 傍から見た時の円軌道
ヘッドがボールの有る地面の高さから トップの高さまで
2mを超える上下動 上下移動をする訳ですが、
その上下動、高さエネルギーに対しては
 腕は 1/3〜1/4程度しか 加担していません。
ショットやスイングの良し悪しを除けば
 腕を元の状態の戻さずとも 当てるだけなら可能です。
トップの位置のヘッドの高さを作るのに
 実は腕さばきの役割は小さいのです。
その認識を持って頂きたいと思います。



✋腕を伸ばさない…この状態で ボールに届かせてしまう…と
 右腕は最短〜一番短くなった状態ですから
 その分 右サイドはボールに近くなり、(アドレス比)
 右腕に比べ長くなった左腕の分、左サイドは遠ざかります。
4289f9fa-s

👉これが俗に言われる アウトサイドイン 典型例に当たります。
☑手で振るな〜
☑からだの回転で〜

を【本当に】 守っているから、守っているのに こうなる訳です。




元に戻って 手さばき/腕周りは固定し
 からだを正面に向ける、ボールと正対した状態
ここまでの間、ここまでの時間までに 右腕を伸ばし そのあと一歩分
   ボールに届かせてあげる のですが

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)







✋ポイントになるのは
 からだを正面に向ける/ボールと正対した状態 までの時間に
〜【どう 右腕を伸ばしてあげるか】〜
〜【右腕を伸ばして 何をするか】〜
 
です。

方法は大きく分けて 二つ です。
❶届かない分の高さなり、円をヘッドを振って補う
❷グリップを軌道上、前方の移動させる

❶だと からだを止めて、インパクト周りの円軌道を腕で作るスイング
 に辿り着きます。
❷だと、からだの向きを変え続けるコトでインパクトを通過するスイング
 に辿り着きます。

腕作業で上下移動の2〜3割は補助しますが、
基本 腕作業〜リリースの役割は
からだの向きの変更で作り出す軌道 に対し
 クラブの重さ分、ヘッドの重さ分 遅れるのを防ぐ
先回りさせ その遅れ(グリップの遅れ)を補助するのが主目的です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 



多くの人は ショットの安定は
ボールの飛び出る左右方向や曲がり ばかりを
気にしているように見えます。

しかし、ショットにとっての安定は
まず 距離が基本であって
自分の打つ番手、打つクラブのおおよその距離が
決まっているから
それに応じて 構える方向を決めたり
安全な区域を探したりする訳です。


距離を決める おおよその要素は
スピードとロフト効果 によります。

ヘッドスピードはとりあえずヘッドの移動速度
と形付けてはいますから
頭の中では ヘッドを速く動かそう
ヘッド「だけ」を速く動かそう と考えてしまいがち ですが

本来は ヘッドスピードの源は
ボディスピード〜回転の速度 です。
部位で言うのなら グリップスピード です。
乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)

それをヘッドだけスピードアップ
と考えても ヘッドスピードなんて早々あがりませんし、
ヘッドだけを動かす打ち方は
もう一つの要素の「ロフト効果」を
スピードを上げれば上げるほど乱す要因になるので
自分のいつも通りの 運動速度 をキープする
ことの方が大切です。

また ヘッドだけを動かす動きは
動かせば動かすほど 左サイドが上がり
右サイドが下がる 煽り打ちの姿勢につながるので
目標として狙うべきものではありません。

555

そして もう一つのとても大切な要素のロフト効果 は
インパクトのロフト だけ でなく
ヘッドの入ってくる上下(高さ変化)の軌道も
ボールを飛ばすロフトの効果の一つ である
としっかり認識した方が良いです。


そう スライスなどの右回転、左回転と
上下(縦)と左右(横)が入れ替わりましたが
全く同じものです。

これも毎度のショットの出来るだけ安定させるには
グリップを動かす という事を念頭において下さい。

ヘッドばかりを動かすスイングだと
ヘッドを動かす(角角度運動)をするほど
ロフト姿勢も変わり、入射角度も常時変化します。

また この動きが良く無いのは
グリップに対し ヘッドが遅れている と認識し
ヘッドを追いつかせようとすればするほど
グリップの移動が滞り
追いつき始めると グリップが後退するような状態
になってしまうので
ロフト姿勢変化、入射角度変化がより激しくなります。

トップ・ダフリの話とつながりますが
体の回転で グリップが動いて ヘッドが入ってくれば
ヘッドは上から入ってきますので
ボールとヘッドの関係が 上下に多少ずれても
大きなショットのミスにはなりません。
IMG_0484

ところが ヘッドだけを動かして
ボールを弾くような打ち方だと
ヘッドの方が後ろ 遅れていれば良いですが
ヘッドの方が前に出るような状態に近づくと
ロフトも増え(フェースが上を向き)
と同時にヘッドも高くなり始めるので
薄く当たった時 必ずトップになります。

ヘッドが遅れている と言う感覚の持ち主の場合
ヘッドが追いつくところが ボールより手前なら
それが ダフリやトップになってしまう という事です。


体の回転によってグリップを動かす
グリップを動かすことが唯一のヘッドを動かす方法
というのが ミスの激減にもつながりますし
総じて 飛距離アップにもつながって行きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングやごくごく短い距離のランニングアプローチ
などを 刷毛塗 で 行うのは問題ない、と思います。
問題ないとは思いますが、 刷毛塗も含めて
クラブを動かす腕さばきの基本は
 からだを回す、からだの向きを変える『移動』
スイング用語で言う 軌道の中にあり、
からだの周りでクラブを動かさせるため
 のモノ です。

リリース〜刷毛塗_Moment(2)リリース〜刷毛塗_Moment






言葉遊びに聞こえるかも知れませんが、
腕を使うことによって
 クラブがからだの回転通りに動くよう
 動かさない為に動かす
(後ほど解説します) と言う前提で
刷毛塗のパッティングやアプローチをして頂きたいと思います。


パッティングやアプローチなどを見ていると
まず 手で、この場合ですと 刷毛塗 出来る量
というのは かなり少ない量です。
切り返し〜トップの位置から 打ち終わるまで で
 右胸から左胸 のおおよそ30〜40cm程度 です。

 それ以上はからだの回転。

からだを回す と言う前提の元で言えば
からだを回すと
⇒クラブを持った腕の付け根が移動します
⇒それによって グリップの位置も移動します

✋クラブヘッドの重さによって ヘッド。。。
 そして 腕やクラブの重さによって グリップまでもが
 その運動量分、遅れようとしますが
 それを ヘッドの遅れ
 〜ロフトの立ち
 だけに押さえ、グリップと腕は遅れさせない
 からだの回転通りに腕とグリップは移動させる
その補足の為 刷毛塗で軌道上
、押します。

よって 傍から見ている人にとっては
からだの回転だけ、腕は何もしていないように見える
というのが 刷毛塗の役割で
からだの回転が入った時、腕はあたかも
  なにもしていないように「見える」モノ
 です。

リリース〜刷毛塗_Moment(4)


それを基本に、刷毛塗だけのアプローチ をする際
多く見られるミス が
量が多すぎるせいなのか、
速く?、強く 右腕(利き腕)、利き肘を動かそう、伸ばそうとしているせい
なのか 肘さばきではなく、肩が動いてしまっており、
実際の肘さばきが 後半に入ってしまっています。

✋意識的な 腕、もしくは肘を動かし始めるには
 体の大きな動き は止まらなければなりませんから
●切り返しの時のからだが止まった時か
●ダウンスイング後半、インパクト付近でからだを止める時か
 のいずれか になってしまいますので
 「動かし始め」は 肩 や からだの回転の前がベターです。

スイングの中では クラブの重さがかかるので
伸ばすや押す よりも その重さに落ちる、解く という
受け身でのスタートがベターです。
V字を維持してみよう 縦編_Moment

刷毛塗のアプローチの場合、
右腕の伸ばし よりも 
クラブも含めた腕の重さを利用した
 👉左上腕の「動き出し始め」 の方がベターだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)




インパクトを 主にからだの回転で行うために
手使いは「刷毛塗を‼」というのがハミングバードの考え です。

一般的な手使いは
ダウンスイング、時としてテークアウェイも、ですが、
からだを先に回して、後から手で振ります。
ダウンスイングの後半が インパクト…にかかる訳ですが、
どの道、手で振るのなら
 その順序を【逆に】してしまえば 良いのでは…、と思うのです。

ハンドターンVSぼでいたーん1_Moment(2)


例えば、刷毛塗で
からだに沿って 〜体の平行に
グリップを右から左に押した としても
ゴルフスイングは 時間によって 傾きがあるので
右を向いている内は
からだに沿って 横に押しても それに下 が含まれます。
高さを消せるのです。
それを行うタイミングが 別な、遅くなれば
その非常に有難い副作用の効果は薄れ、
(副作用・・・とは言っても 前傾姿勢の本意はそこにあるかも です)
インパクト付近に近づくほどに
からだに沿って 横に押すと それに上 が含まれるようになります。

通常、インパクト付近の手振りには
キャスト と言って ヘッドを下に振ろうとする動作が
非常に多く含まれる訳ですが、
この手のスイングの悩み…この場合の『キャスト』
下に振る動作 は 意識して消す、無くすようにするのではなく
しなくても良い環境、する必要の無い環境を作る方がベターです


低さが十分でない ダウンスイングであれば
「キャスト」を無くしたら 届かない…から辞められません。
多くの場合、そのキャスト にはヘッドターンが含まれているから
余計、辞めるコトが出来ません。

☑インパクトに向けての『低さ』は
 ヘッドの低さ ではなく、グリップの低さ と考えられると良い です。


キャスト…が行われる場合の殆ど は
低さが十分でないから の可能性があります。
一般的に 考えると 低さが十分でない 場合、
更にヘッドを届かせようとする のですが、
からだがボールに近い、もしくは、低い があれば
それで補うコトが可能になります。
V字を維持してみよう 上編_Moment

✋ダウンスイングの後半 に からだの回転が残っていれば
からだの回転で 低さを補うチャンスが生まれます。
からだの回転も今までとは違うモノになるでしょう。


✊右を向いている内に、
 ダウンスイングの一番始めに…
 右向きをロックした状態で
 まずは 刷毛塗リリース を試みてみるのがいいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現代のドライバーは ネックにスリーブが付いていて、
簡単にシャフトが付け替えられるものが多くなりました。

それを使って、実験を兼ねてやっている人 がいるので
注意喚起も兼ねて 書いておきます。

ti-a2

ヘッドには体積や慣性モーメントなどの ルールの制限が増え、
ほぼがんじがらめの状態です。

よって 飛ばすコト をクラブに求めるのは
長さ と シャフトの柔らかさ 位になっているのが実情、
結果、46インチ前後が平均的なドライバー となっています。

45インチでも「扱い易い」とは言い切れず
46インチと言う長さは 我々、日本人には
ちょっと持て余す長さ と言えるかもしれません。


だからと言って 無闇に短くするのは危険 です。

本来 同じヘッド〜同じシャフトを使っても

 46インチ ヘッド重量 185g
 45インチ ヘッド重量 197g
 44インチ ヘッド重量 209g
 43インチ ヘッド重量 221g


大さっぱですが、長さに応じて ヘッド重量 1インチに付き12g が増えて
初めて 長さの違うだけの 同じ流れのクラブ と言えます。

厳密に言えば、長さが変わると
それに適応したロフトも‥‥ と言う部分は割愛します。

455T-5-1

46インチ時の ヘッド重量をそのままで
長さを 1インチ、2インチと短くすると
長さだけでなく、シャフトの運動量も激減します。
(基本、硬さは同じ…ですが、シャフトに対する負荷が激減します)

スイングウエイト…がクラブのバランスを表す適切なモノ…
かどうかの議論はさておき、1インチ減ると 約12g分 6ポイント
D-0 46インチだったくらぶが C-4 45インチ にまで落ちます。

これで打ってみると どうなるか というと
特にヘッドローテーション、手でクラブを振る人にとって
いきなり その負荷が 静止状態で12g
ヘッドスピードによって異なりますが、運動時の負荷が何キロ分か
減りますので、慣れてしまうまで、速く振れるようになります。
 (ものすごく 一時 ですが…)

その重さ、になれてしまうと 元のヘッドスピードに戻りますが、
問題なのは 衝撃 です。

重さ というのは 慣性モーメント、
運動を持続するチカラ を持っています。
その 慣性モーメントが下がると
インパクトの時の ボール荷重に対して、
下がるヘッドスピードが増し、
 言うなれば 急激にヘッドが止まり易くなります。
この際に受ける衝撃は クラブに近い 弱い関節に響き
その人の体力 にもよりますが、手首や肘 を痛める可能性が
かなり高くなります。


半インチでも怖いのに、ヘッドスピードの数値や計測器の数値を
追いかけたために 数か月後 腱鞘炎になる ・・・・
おそらく 日本中にそれに該当する人がいるのでは、と思います。

また このようなケースで往々にして起こるコト ですが、
短くしたことによって 当然 ヘッドの入射角度やインパクトのロフト姿勢
なども変わり、長さを変えたことによって、長さ が主要因ではなく
自分の理想的な 入射角度とインパクトのロフト姿勢 が
合致したことが 数値として距離の伸びた可能性 も否めません。
 この手のケースでは おそらく こちらが大半 かと思います。
✋しゃくり打ち している人はこれにハマり易いので注意✋

460TL-4

なにより ヘッド重量を調整せず、長さを落とし
それによって 一時的にヘッドスピードが上がったり、
計測器の数値が上がっても、それは ほんの一時的なモノ
の可能性は非常に高く、
それの副作用である、ヘッドの軽いモノを速く動かす癖 が助長され、
地面からのショットがダメになったり、
アプローチがダメになったり

最終的に ひじや手首などを痛める デメリットの方が
あとあと、遥かに痛く、重く のしかかります。

☑ご注意ください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブはものすごく良く出来ています。

先日の記事の通り、
ヘッド重量がある程度、しっかりしており
普通に振って、しっかり たわむ(しなる)硬さのシャフト であれば
運動が少ない時は
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢、クラブの具合 が判るように
重心位置と言うモノが判別でき、
ある速度を超えると それが直線状に揃う

 二重構造をもっています。

455T-1


アドレスやテークバック、トップの位置
などでは 重心位置によって ヘッドの位置、姿勢 が判りますから
同じコト、同じ動作をする目安になります。
一旦、速い運動になると
 そのズレが解消され、握っている棒、そのもので打てばいいのです。

そう言う特性が 他のスポーツ用品には無い
 ゴルフクラブの特性、というか二面性です。

それを有効に使わない手はありません。


重心深度の深いフェアウェイウッド というのは
正しく使えば
重心が深い ⇒より重量効果が大きい
        ⇒ヘッドが前に出る /ロフトが増える
        ⇒ヘッドが前に出る /入射角度が緩くなる

これらの効果から 打ち出しが高くなり、スピンが減ります。
よって 単純には距離が出し易くなります。
しかし これを 重心を直線状に揃わない使い方 をすると
重心が深い ⇒重量効果が大きい
        ⇒より遅れる /ロフトが増える
        ⇒より遅れる /フェースが開く

で 入ってきて フェースターンすれば
重心が深い ⇒急激に、ヘッドが前に出る /フェースが閉じる
        ⇒ヘッドが跳ねあがる
になるのですから ダふるか、突然ヘッドが跳ねあがるトップ か の
非常に使い辛いキワモノになってしまいます。



ヘッドターン 〜手の返しでボールをさばく方法は
基本的に、重量が一直線上に「揃わせない」方法です。
揃う扱いでは ヘッドの重量による ヘッドの遅れは
 ロフトの立ち に出来ますが、
揃わない扱いでは 
その遅れは ロフトの開き とフェースの開き になります。

それを わざわざ作り、取り返すのは 無駄 ではないでしょうか。
研鑽を積んで 安定度を高める方法も無くはありません。
好きで行っている人は、それを目指すしかありませんが、
どちらであっても、年齢的な衰え で 成功率 が 下がる日は必ず来ます。

そうなった時、ゴルフクラブの性能を利用出来る方法
を取っているか、自分の練習量も含めた 運動性能に頼る方法 なのか
は大きな開きになると思うのです。

edd43161


 同じヘッドスピード であったとしても
腕も含めたゴルフクラブだけが動いているのと
からだ と言う重たいモノも一緒に動いているのでは
まったく 同じ なんでしょうか❓
安定度はどちらなんでしょうか❓
繰り返し易さはどちらなんでしょう❓
動いていないからだと動いている腕 その接点が痛まないのでしょうか❓

イチからゴルフを誰かに教える として
その人が腕力や体力に自信がなかった、としたら
満足感がある 手で振るスイングを教える べきでしょうか
oto_Moment

年齢を重ねると 若い時には思いもよらなかった
ボールが上がらない、ゆえに飛ばないや止まらない を体験します。
その時、ヘッドスピードを上げろ は酷です。
そうなった時、クラブに頼れるようにして置いた方が良いのではないか
と 私は思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、特にヘッドに関するデータ、
ロフト角度、ライ角度や体積は兎も角、
もうちょっと細部にわたる 重心位置、
重心距離、重心高さ、重心深度、慣性モーメント...

に関する部分には大きな秘密 があります。


まあ、一般的には 始めに書いた
 ロフト角度、ライ角度や体積 よりも
どこどこの会社のなんとかと言う機種
そこだけで 購入される方が殆ど なんですけどね。



それは兎も角、
ボールを飛ばすには 大きな比重がかかっているのが
重心位置や慣性モーメント(含むヘッド重量)です。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

これらはすべて(先日の記事に書きましたが)
スイングをして、ある一定の運動をさせた時、
重量は遠心力などによって 一直線上に揃う

と言う特性(使い方のヒント)です。


例えば…飛びや安定度の指標となる 慣性モーメント
その測定の方法でも分かります。

👉 ドライバーなどヘッドを 測定機器に載せ
 ヘッドを回転させると、基本、ヘッドは
 その重心点を軸に回転します。
 その回転し辛さ、し難さを数値として表しているのが
 慣性モーメントで、
 ヘッド重量が重ければ 回転~運動そのものがし難いですし、
 重量物が 回転軸から離れているほど
 重量の効果が大きくなりますから、やはり回転し辛くなります。

現在は、測定機器のコストが非常に高く、計算でその数値を
割り出せるので、実際に測定しているモノは少ないか、と思いますが
なにより 慣性モーメントとは
 重心位置を軸とする回転し辛さ、
逆に考えると、一定の姿勢を維持しようとするチカラ
 です。


ですので、手を返して ヘッドターンさせる際の
シャフト軸慣性モーメント ではありません。
完全にイコールではありませんが、
一般的な慣性モーメントと呼ばれるモノの数値が高いモノほど
シャフトを軸に回転させるには不向きなモノばかりです。

460TL-2


これは 重心位置の実質的効果とも似ていて、
よくある 重心位置が深いモノほどやさしい、上がりやすい
というのは、一定の運動をかけた時、
ヘッドが前にでる効果が高く、ロフトが増えるからです。
👉重心が深いので 打面であるフェースが前に出る量が多い

重心距離が長い というのは
 そのヘッド重量の重さの効果が多い と似た特性で
当然、そうなると 飛距離性能も高くなりますし、
ヘッドターンさせようとした時に、させ難くなります。


クラブヘッドのほぼすべてのほぼすべての性能は
ある一定の運動をさせた時、グリップからヘッドまでの

クラブの重量中心点が直線上に揃おうとするコト
を大前提に考えられています。

まあ 考えてみれば 当たり前のように感じますが、
L字型のゴルフクラブで そのL字の先端、
折れ曲がった先、で打撃するよりも
軸で打撃する方が 運動の伝達は良いでしょう。
故に ときおり 製品として重心距離ゼロのドライバーが
 ゴルファーを 「もしや…」 と思わせたりするのです。

IMG_8497


アプローチショットの シャンク も同じ原理です。
元々、速い運動をしませんから
 一直線上に揃い難いアプローチショット、
殆ど クラブセットの場合、ウエッヂが一番重心距離が短く、
 シャフトの動きを一番起こしにくいクラブで
より硬いシャフトを使ったり、
一直線上に揃い難いような振り方や
シャフトのしなり〜ヘッドの遅れ をあえて取り戻すように振れば
当然、その場所に 重心点ではなく シャフト が来てしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ