◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年06月


からだの回転通り、
からだが向きを変えたコトで グリップが移動する、
正しくは グリップを移動させるため、からだの向きを変えるコト ですが、
兎も角 からだとの位置関係を大きく変えず グリップ、
特に左グリップを移動させた時、
ヘッドの重さ、しゃふとのたわみ、運動による加算 等で
ヘッド自体はグリップの進行に対し、遅れます。

その遅れ は ロフトの立ち になるのですが、
(厳密には ロフトの立ち というよりも
 それを引き起こす グリップ部の先行 と言うべきかもしれません)
同時に クラブの円運動によって遠心力も生まれ、
遠心力のかかる方向に対し、ヘッドの重量点が揃う、
ゴルフ業界では「悪い意味」で使われている トゥダウン が起こります。

このトゥダウンの現象は
例え からだの向きの変更が速くても、ヘッドスピードが速くても
シャフトの柔らかさにかかわらず その量は一定、
シャフト軸に対する ヘッド重量点の位置ズレ分しか発生しません。
IMG_8497

この写真は アマチュアのゴルフファー…
しかも コースでのドライバーショットとしては奇跡に近い映像で、
こうなったことが奇跡というのではなく
こうなるようなスイングを造っていったことが奇跡と言う意味です。
左の写真がアドレスで
右の写真が実際のインパクト時、
シャフト軸とヘッドのおおよその重量点のズレ分しか
シャフトはたわんでいない という とてつもない映像 です。
しかも このショットに使われている ドライバーのシャフトの硬さは
振動数表示では 100cpm強 と
一般的なドライバーの(250cpm) 半分以下 の 柔らかさ で
手でシャフトを曲げると
まさかの ヘッドとグリップがくっ付いてしまうほど
ひものような柔らかさのモノです。
打っている距離も アマチュアの ドライバーショットの平均値としては
かなりのモノです! 


ゴルフのショットをするのには不適切ですが、
シャフト軸の延長線上に 重心点があるクラブ構造では
これまた シャフトの柔らかさに関係なく トゥダウンは一切発生しません。
ですので そのトゥダウン方向へのシャフトのたわみ量は
シャフトの硬さ・柔らかさ ではなく、シャフト軸とヘッドの重心点のズレ量分
によって 生まれる と言えます。

クラブヘッドには「慣性モーメント」と言う用語があります。
これも 何度も書いていますが、
その慣性モーメントの数値の基準は
ヘッドの重量点を軸とした ヘッドの運動性 です。
数値が高いほど 運動性が低く、
ヘッド自身の姿勢維持、
移動の運動の持続 が強くなります。
少し簡単に説明すると 安定度、ミスに対する寛容性、
ボールと言う重さを打ち抜く力が高くなる というコト です。

しかし、この慣性モーメントは
クラブにかかる遠心力とヘッドの重量点が揃った時、
発揮される「クラブの効能」で
絶対の その一致、一列化しない
させようとしない ヘッドを返す スイングにとっては
ヘッドを振るようなスイングにとっては
数値が高くなるほど 単に 振り難い になるだけ…。
薄べったい シャローなウッド系や
重心距離の長さ、重心距離の深さ、
シンプルにヘッド大きいモノが 振り難い、振り遅れる
というのは 慣性モーメントが高くなり易いヘッドだから です。

31954726


若い人はピンとこないかと思いますが、
昔 35年位までまでは ウッド と言えば
 その言葉の通り、木製  でした。
その頃のヘッドで 慣性モーメントは 1500〜1700 程度
今のドライバーの平均値で 4500
ヘッド重量の重い弊社のモノでは 5000 をゆうに超えます。
数値で言えば 3倍以上になったわけです。

ゴルフ業界の販促用語で言えば
木製ヘッドよりも 3倍も 芯が広くなったわけですから
断然、ミスヒットにも寛容ですし、
ボールに対する エネルギーの伝達効率も高くなります。

正しく 使えば・・・ ですが・・・

ヘッドを返すような使い方をする人 にとっては
他の要因、総合的な要因から
 木製ウッドとは比較しようもないですが、
3倍もヘッドが返し辛く、回転させ辛くなっているのですから
もういい加減、指向を転換しても良いのでは と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ほぼ全員のゴルファーが
"無理"をしないと シャフトがしならない、
動かないシャフト
を使っています。

【シャフトはしならせて しなり戻して使え…】
どこから その都市伝説が生まれたのか、は不明ですが
シャフトはしならせずに使うモノ です。

50msを楽々超えるような プロたちの動画や写真を見て
それを真似しても意味ないでしょうね。

彼らもシャフトをしならせようとしている訳ではなく
彼らの運動速度だと  単に
「運動で増えたヘッドの重さ分、シャフトがたわんでいる」
に過ぎません。

しなり


厳しい言い方、かも知れませんが、
常識的に考えて ゴルフクラブのような L字型の形状のモノを
しならせようとしたら、たわませようとしたら
ヘッドは回ってしまう〜シャフトは捩じられてしまいます。


クラブの進行方向にもよりますが、
右打ちの人が テークバック方向で"意図的に"しならせれば
フェースは閉じますし、ロフトも締まります。
逆に ダウンスイング以降の方向で"意図的に"しならせれば
フェースは開きますし、ロフトも開きます。
棒とヘッドの重量の中心点の位置関係
重心位置という 棒から離れたところに重量点があることを
考えられば 当たり前 だと思うのですが…。

他のスポーツに比べ、ボールのサイズも小さく
打点であるフェース部も決して大きくありません。
地面にあるボールを打つのには 最大限のサイズになっており
これ以上、ボールも打点も大きくはならないでしょう。

そして、これも何度も書いていますが、
ゴルフクラブの打撃部のフェースには
方向や高さ、距離などを決定づける 角度が付いています。

シャフトを『意図的に』『わざと』しならせる ということは
シャフトをねじる 即ち、ヘッドを回転させる というコト です。
rad-04-driver

とともに 方向や高さ、距離などを決定づける要素 として
円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度 も
フェース面のロフトなどの角度と同様に重要です。

シャフトがしなる というコトは クラブが短くなる
というコトに為ります。
そのまま 使えば それはある程度、一定になりますが、
それを しなり戻す 〜回転戻し をして使う というコトは
その度合いやスピードによって
クラブの長さ 円弧の大きさ、ヘッドの軌跡、ヘッドの入射角度
が かなり激しく変化するコト につながります。

自分の運動性能にとって
年齢なり、体力なりの運動性能にとって
適度にしなる、要するに柔らかめ のシャフトであれば
シャフトが硬くさえなければ
放っておいても シャフトはしなります。
運動を加えれば 更にしなります。

 ですので 放っておくのが一番! なのです。

それは シャフトの役割、俗に言う シャフトの仕事 で
人為的な、作為的な動作は必要ないのです。

あえて言うのなら 自分の運動性能にとって
『しならない硬さ』は選ばない
人為的にしならせて、しなり戻すような使い方が
必要となる『シャフトの硬さは選ばない』 と言うところが
選択のテクニックと言うトコロでしょう。

ゴルフクラブの形状、ヘッドの構造や角度の存在…
それらを踏まえた上でも
 多くのゴルファーは硬いシャフトを選ぶコトが多く、
何故か、それを誇らしげにして・・・。
で、結局、それを使う上で 『意図的に』しならせて使う・・・
なんだか 私には意味不明です。

弊社のような 放っておいても グニャグニャ系のシャフトは
逆に「しならせない」ように使うのが
ゴルフクラブによるスイングのレッスンでもあります。
video (2)(2)_Moment(2)

大丈夫かな と思うのは
練習用の柔らかいシャフトで練習して
実際に自分の使うシャフトは硬い・・・、
当然、柔らかいシャフトとは しなり方、しなり加減が異なる訳で
それはイコール 使用中の長さの変化でもあります。
柔らかいシャフトで その長さの変化を練習しても
それが 自分の使うクラブには適応しない、というか
タイミングも、打点も、振り加減も異なるでしょうから
役に立たない可能性の方が
逆に、悪くなってしまう可能性すら あると思いますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   
こすり球/抜き球になる原因 の多くは
技術的な部分ではなく、思い込みによるものです



スイングは円で振る
それ自体は間違っていませんが
『結果』として 体が回るから円になるのであって、
手先や腕でクラブヘッドに円を描かせるのではありません。
言葉としては
 スイングは円に「なる」が正しいのかもしれません。

手先で円を描いてしまう原因になるのは
体が回っているのに 腕やクラブを取り残してしまい
体が回ることによって「結果」描かれる円の時期を
逸してしまっているから
あとから「帳尻」を合わせるため 手先で振っているのです。


電車に乗って目的地に進んでいるのに
最後の駅の手前で途中下車してしまい、
そこを間に合わせるため 自走してる、走っているに過ぎません。



体が回り始めたら・・・をする前に
体を回しても、腕を残してしまう習慣があるのですから
体を回すより先に
左ひじや左上腕を先に動かしてみましょう。


その左ひじの後追いをするようなタイミングで
足さばきで胴体を回す・・・ と考えるよりも
左ひじが行くので 仕方なく体が追っかける
体を回そう という意識を少々希薄にし
左の肘さばきとクラブの重さによって
自然に体が向きを変えていく
 という感じになって行くと良いですね。

一般的な クラブを振るスイングでは
「ボールに届かないから クラブヘッドを振って
 腕とクラブを長くする」という感覚だと思いますが、
クラブは構造上、ヘッドの方がグリップよりも低くなると
定位置/地面にあるボールを打つ(空間を確保する)為に
グリップを上方に引っ張り上げなくてはなりません。

20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(8)










意識はしなくとも、この時点では 水平方向/横方向への
回転と言う大きな動きの中にあるのですが、
グリップを引っ張り上げなくては ダフル という状況が
訪れれば グリップの位置移動は止まり
そこで回転も止まり始めます。
体も上向きになり始めますから
「届かないスパイラル」に陥ってしまいます。



届かない と感じたら
ヘッドではなくグリップを左半身の進行でどんどん動かすのです。
届かない と感じたら
ヘッドではなく 自分がボールに近づくのです。




ダフリの原因もトップの原因も
こすり球や抜き球の原因も
技術的には グリップの横移動が足らないのです。
ヘッドばかりに意識が行くことも問題です。


体の向きと前傾姿勢の関係から
ダウンスイング〜インパクトの期間は
左サイドの方が低くなっています。
ですので、この期間では シャット
(フェースが地面を向いた状態)になっていますし、
そのシャット加減は逆に左サイドの低さを維持させます。
ですので、少々オーバーに フェースが地面を向いている位
オーバーにしてみると良いと思います。
413
445










ここからが問題ですが、
多くの人は スイングを円で振る・・・
と思っていますから
ここから クラブを振りに行きますが
分かりにくいかもしれませんが、
この行為そのものが打撃で、
この行為のあとに打撃があるのではありません。




この利き手、右手首のスナップをロックするドリルで
体の回転と腕の同調
利き腕の伸ばし、左ひじのリードを覚えてみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチャアゴルファーは
テレビやビデオなどで見る動画・映像を元に
自分のスイング、スイングイメージを作っていく。

そして、定番になっているゴルフスイング用語などが
それを塗り固めていくことになる訳だ。

ここに基礎となるアプローチの連続写真があります。
cap02

100点満点とまでは言えないけれど
かなり基本に基づいていますね。
よく見て下さい。
肩や腕など動かさず
基本的に骨盤から上の胴体を動かしてショットしています。
クラブ単体を動かしている訳ではないのは
分かりますよね。

でも、ヘッドだけの動きを見てしまうと
adc717b3-s
ヘッドは円弧を描いていて
振り子に動かしているように見えてしまうし
スイングは丸く振れ とか
スイングは振り子 だという
聞いたことのあるゴルフ用語ともマッチしますね。

しかし もう一度よく見て頂くと
ちょっと体が上向きになっているとは言え
ロフトを変えず 伏せたまま 使っていますね。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
しかし、それをパターストロークの画像ではありますが
このようにして真似てしまうと
フェースは常時上を向いている
ロフトの大変増えた状態に動いてしまいます。

このパターストロークや小さなショットで
このような疑似ショットをしてしまうと
ロフト単体が上を向いている だけでなく
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)
この肩の揺さぶり〜振り子で打ってしまうと
体も上を向いて、左足上がりで打つ のと同じ分
更にロフトが上を向いてしまうのと
クラブ単体を動かさず自分が体の向きを変えるのと比べると
入射角度も非常に緩い ものになってしまうのです。

3重の意味で
体の向きだけでクラブを移動させるのとは異なるのです。

ロフトが増え、体が上向きになってしまうので
打撃力がボールスピードになる筈モノが
更なる打ちだし角度になり、更なるスピンになってしまう。
予想は付くと思いますが
ボールスピードが落ち、打ちだし角度とスピンが増えるから
双方は同じ打撃力(破壊力)であったとしても
同じ距離にはなりません ⇒飛びません。
同じ距離飛ばない、飛ばないので
より強いインパクト、より速いスピードが必要になります。

先日の記事とのつながりで言うと
動作のスピードとボールスピードの乖離が大きい上に
スピードを増やしても 等分距離は増えないので
距離感が身に付きにくくなるのです。

同じ距離を打つのに 強いインパクト、
速いスピードの動作が必要になれば
ミスの出やすさは比例して増えていきます。
20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(4)20200621 編集済み_Moment(5)









飛ばない、ミスは増える、距離感は身に付きにくい
という 3重苦なんです。
いや 基礎的な覚えにくさもありますから
4重苦・・・それ以上になるのです。

これを基礎にしてフルショットをすれば
そのままのショットが少し遠くに行くだけです。
このままでは永遠に左回転になることはありません。
スライスがこの動きに対しては正しい答え です。
ここまででも何重苦であるのに、
スライスを防ぐためにヘッドの返し(ローテーション)を
入れれば その動きはいろいろな絡み合いから
倍ではなく 二乗倍難しくなります・・・。

目で覚えた勘違いから始まる スイングのボタンの掛け違い
ここからショットの迷路が始まったりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転、というと
からだをまわそう、まわそう としてしまう と思いますが、
確かに 打撃の主エンジンを 『からだの向きの変更』で行う のは
行うのですが、スピードが上がった としても
適切なロフトで打てなければ意味がありません。

gaikotsu-612x612
先日も書きましたが、
からだの回転 〜と言うよりは やはり
 「からだの向きの変更」  なのです。

その基本にあるのが
 クラブを持つ 👉腕の付け根
 からだを支える 👉脚の付け根

肩の部分と股関節 の 胴体の四隅 が
 望ましい位置や姿勢になるコト です。

それには コツ ではありませんが、ヒント があります。

からだ、この場合は胴体ですね、
からだや脚の動きの多くは
 自分が壊れないよう防御の反応が強いモノで
  それは瞬時の反射行為に近い のだと思います。


ちょっと間接
(ギャグではありません)的ではありますが
からだを適切な場所、適切な姿勢に保つのに
四肢、特に ひじ〜両方の肘の関係 をイメージしてください。
そして 両方の手の甲、平の向き と言うのも大切です。


両方の肘の関係が 次の時間、
 すぐ先の未来のからだの姿勢を造ります。


ゴルフスイングにおいての 右を向いている期間には
☑テークアウェイ時の「行きの右向き」 と
☑ダウンスイング時の「帰りの右向き」
があります。
✋ゴルフスイングには前傾姿勢があるので
どちらも右向き時でも 左サイドの方が右サイドよりも低く
右サイドは左サイドよりも高い、位置関係
にあります。

ですので その位置関係、両方の肘の位置関係を
意識する というコトが からだの姿勢を作るコト に相当します。

👑👑👑ダウンスイング には 時間の制限、約束の期日 がありますので
あまりに時間が掛かると 右向きの時間が終わってしまい
左向き ~左サイドの方が高い時間に 入ってしまうことはお忘れずに。


そして その両方の肘の関係は
からだに対する 手の甲、手のひらの向き の関係してきます。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

クラブを持たず、前倣え(マエナラエ)をしたまま
右向きを作ると 茲亮蠅旅辰蓮〜扱校兩なりにやや地面を向きます。
ダウンスイングも同じです。
それが 基本の「スクエア」な状態 です。
✋自分の胴体に対してはスクエア ですが、
 地面に対しては ややシャットな状態 となります。

前傾姿勢 もしくは 少し角度は違いますが
スイング軌道に近い モノに対し 手の甲は垂直な関係 です。 

その左手の甲が
右向きの時間、テークアウェイでも、ダウンスイングでも
空を向いたような スイング軌道を手の甲や手のひら でなぞるように
動かして来たら 両方の肘の関係はどうなるでしょう。。。
そして それによって からだの姿勢はどうなるでしょう。。。

スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)





からだの向きの変更
その方向性は からだ!ソノモノでは無く
四肢、特に 両方の肘の関係、
そして 手の甲や平の向きで形成する方が簡単です✊


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


 常日頃、口にしていますが、
ゴルフスイングを覚えたり、治したり、するには
小さなアプローチ、短い距離の練習 の方が
より効果的です。

クラブヘッドを振ってしまう方、
フェースローテーションの多い方、
手でクラブを振ってしまう方、 は
PWで 20ヤード転がすようなショットですら
いや スピードで誤魔化すコトに出来ないショットですので
余計、顕著に表れます。

まずはコチラからご覧ください。



アプローチ…と言うよりも
 フルショット/スイングのタメのドリルと思うのですが、
トップオブスイングの切り返しから、
からだの進行に対し、左腕、グリップを遅らせ
クラブを寝かしています。


分解写真/連続写真にすると、それはより鮮明に…
20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(3)20200621 編集済み_Moment(5)








小手先だけ…ではありませんが、
典型的な「フェースローテーション」の形

胸から上、肩周りしか動いていない状況です。
逆に 手首周りの動き を抑えているので
 ロブショットを打つための練習…になっています。

✋正しいロブショットはこうは打ちませんが…。

ダウンスイングにおいて
◯からだの進行に対し 左腕、グリップを遅らせ
クラブが寝るから フェースローテーションをしなければならないのか
◯フェースローテーションをしたいから
わざと 左腕、グリップを遅らせ クラブを寝かす…のか

どっちなのか、というと後者のような気がします。

ですので この延長線上でフルショットに入れば
よりローテーションは激しくなるだけ、
小手先の操作を制御しているので
ロフトを寝かして だるま落とし というか
潜り抜けて打つような そんな打ち方になってしまいます。

小さなショット、アプローチで
切り返しから
からだの進行に左腕、グリップを遅れさせず、
からだの進行が 打撃行為ソノモノ をドリルし、
その感覚を慣れさせないとイケナイ と思います。
20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)







20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(3)20200621 編集済み_Moment(5)









クラブに近い 小さな筋肉である手先を激しく使うコト、
フェースローテーションをしないと強く叩けないコト、

それが飛ばす感覚という呪い で自身を縛ってはイケマセン。

切り返しでの力感というか
左サイドの重さ感というか
そういうのも 動作の充実感やダウンスイング始動の目安
になっているかも知れないし、
自分にとっては 当たり前 と思っている
フェースの返し って・・・・・・・・ 要らないのにね〜。



✊✊✊また よ〜〜く 動画を見ると
からだの回転 にかなり問題あります。
それは クラブを寝かし 右サイドに多すぎる重さをかけてしまうせいで、
からだが からだの真ん中を中心に左右均等に
俗に言う 軸運動にならず、
左半身が先に動き、のちに右半身が動く と言う回転に
なってしまっています。

✋これは回転だけ で治すコトは出来ません。
回転に対し、左腕を動かさず、重さを右半身に
残してしまうことが主原因です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


なんとなく思うのですが、
例えば
「シャフトをしならせて しなり戻して打つ」とか、
ここ最近、続いている ダウンスイングでの左腕の取り残し とか
よく有る例では テークバックで左腕だけで動かす とか
   ・・・そのての始まり・・・ って
もしかしたら スイングは雑巾というか
ゴムのように巻き、それを巻き戻す感覚〜イメージ
 
なのでしょうか



そう考えると 動きの辻褄が合う ような気がするのです。

からだ と無理にひねり
それを巻き戻す のって 辛いので  …実感も残り易い
「あああ もう歳だから からだが回らない」
  なんて よく耳にしますよね〜💦


【重要】 からだの廻し方、からだの使い方
と言うのに 決定的な大前提 があります。


ゴルフスイングにおいて からだを回す
正しくは からだ…股関節から上の胴体 の向きを変える ですが、
これは ボールを打つため、ショットのための
手段であって 目的ではありません。
少ないチカラで効率良く、安定して繰り返すための
手段に過ぎません。

ボールを打つためのクラブは 両手で持っており、
その打撃部には 上下左右、距離や方向、高さなどを
司る角度が付いています。

手さばき だけで ボールを打つ というコトは
両手の長さをそれぞれ変える、
左右の腕の長さを調整して 打撃するコト になるので
効率とその角度の安定を作り難くなります。
勿論、動かしているモーメント重量も
からだと腕 ではあまりに違いがあります。

からだの廻し方 の前提条件は
腕の長さ調整をしなくて 済むコト です。
望ましい 両腕の長さが造れるコト です。
その為の 腕の付け根の位置が必要、
 それが ある意味 正しいからだの廻し方の根幹 です✋

望ましいインパクト付近 とは
両方の腕が似たような長さ
 アドレス時に類似したような 腕の長さを造れる
そう言う意味で インパクトは
 ボールと対峙した、からだの正面で と言われるのです。
置き去り君_Moment

からだの回すコト、
からだを使うコト、 が主目的ではありませんし、
両方の望ましい腕の長さを形成できる を無視し
単に ボールと対峙した、からだの正面で、を作っても
意味がありません。

問題なのは どのような腕の長さを作るか
   腕の付け根の位置
 なのです。
練習場にて 比較動画_Moment

そういう意味合い でも
「からだをゴムのようにねじり、そのねじり戻す」ように
からだを回す というのは 両方の腕の長さ のコトを
無視した 単に自己満足的なからだの使い方 の
イメージなので 肯定出来ないのです。

からだの多くの筋肉や関節も
からだひねるように動作するようには出来ていません。
故障の原因にも成り得る、というコトです。

シャフトをしならせて しなり戻して使う
なんて言うのは その最たる例のような気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『記憶にございません』
う〜ん ホント、どんなだったか記憶にないのです。

ゴルフスイングを覚えていく過程の中で
 【ダフリ-トップ対策】 をした方もいると思うのですが…
それは もしかすると 本能的なモノで
結果、としては悪手なのかもしれません。

ユーチューブなどの ゴルフスイングを見ると
切り返しからダウンスイングの初期で
先日の記事 http://hbs.livedoor.blog/archives/1998488.html の
左腕〜左上腕〜左グリップを置き去りにするケースを
かなり多く見かけます。
💦そもそも テークバックの時点で
左腕だけを動かしてする場合が一番顕著ですが…。
スイング ココを治そう❶_Moment


ご本人の意志、例えば スイングの『タメ』とか
で行っている場合もあるでしょうし、
ダウンスイングを動き始めた時の
クラブの慣性などで 左腕が取り残されてしまうケースも
あるでしょう。

お題とは直接関係にありませんが、
腕も含めたクラブの重さは
トップの位置では左腕に多くかかっています。
その重さは 👉縦(重力)方向にかかるチカラ ですので
スイングの機構上、前傾姿勢があり
スイング自体は斜めに進行していくので
重さ通りに下げれば それには 横方向も混じります。
重さ…を横に引っ張って行こう とすると渋滞発生です。


それはさておき、
ミスターKの法則1_Moment置き去りくん1_Moment








左腕…左上腕を「置き去り」にした ダウンスイング を見ると
この二つは 同じボールの置き位置 (左〜右方向)
なのか と思います。
茲亮命燭任蓮〆限かかと付近 にボールを置いている
そこら辺のボールを「打とうとしている」ように見えます。
蕕亮命燭任蓮〆限かかと付近 のボールを打つには
あまりに からだが上を向いており、
かなり 上げ軌道に入ってからでしか 届かないように見えます。
ボールをかなり右側に置きたく…なるのでないでしょうか
藜命燭鮓る限り、右足かかと とは言わないまでも
右ひざの前に置いたボールを「打とうとしている」ように見えます。 

左足(靴)寄りのボールを打つのだと
どうしても 「ダフリ気味」「噛み気味」、
フェアウェイウッドなどでは ダフリチョロ になる可能性も
かなり高いでしょう。
 👉問題は 左腕(上腕)の取り残し…です。
その課題を無視して ダフリ対策 をするとなると
からだを開いて 両靴に対する からだの位置調整 を
本能的にする可能性があります。

左腕に対し、先走ってしまう左サイドのせいで
左右の肩の高さが合わず、左サイドを止める必要・・・
最悪 ボールに届かなく、もしくは 届きすぎてしまう・・・
「それを左サイドの壁」と勘違いして
スイングを造ってしまう例も少なくないでしょう。


それらが 手でスイングしてしまう
ヘッドの返し、フェースローテーションを多用する人の
特徴的な動き  〜〜左腰の動き です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)置き去り君_Moment








クラブを取り残され からだの右側に重さが掛かるから
ローテーションするためには 一度、フェースを開かなくてはならず
 フェースを開く ⇒ クラブを寝かす
 ⇒クラブを横方向に長く使うので やはり右に重さがかかる 
等々ありますが、
からだを開かないと ボールの位置とスイングの最下点が
合わなくなってしまう・・・
これをたくさんの球数・練習に寄って
  作り出している可能性が否めません。
 👉問題は 左腕(上腕)の取り残しなのに…です。

切り返し ダウンスイングでの左上腕の取り残し は
かくも沢山の問題を生み出します。
スイングの 治すべき一つの課題 と言って良いほど です。

まずは 小さなアプローチから始め
     早期、治療をお薦めいたします✋✋✋


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



高速道路で
ゆっくり走りたければ
単に道を譲れば良いだけ です。
高速道路に乗らず、一般道を、と言う選択もアリ です。
ゆっくり走りたいのに・・・・・・
高速道路の先頭も走りたい というのは
ちょっと困ったモノになってしまいます。



V字を維持してみよう 上編_Moment(2)ゴルフスイングの中で
ダウンスイング〜インパクト〜フォローの動作方向
スイングを上から見た時の、反時計周り方向の動作、
右向きから左向きへの動作において
その先頭に位置するのが
クラブを持った 左腕(上腕)〜左グリップ の役割です。


その先頭にある 左腕 特に左上腕 ですね、
これが 動力源である からだの向きの変更 に
伴わないと からだの捻じれ
上半身の捻じれが生まれてしまい
(骨盤の向き と 肩周りの向き に注目)
結果としては 手で振らなくてはならなくなります。

置き去りくん1_MomentミスターKの法則1_Moment






←見た目では 莽討空く形 ですね

いろいろなスイングを見てもらうと分かりますが、
からだの概ね 正面でインパクトする
●ボールと正対した時インパクト

✋厳密にする必要は全くありませんが、
そう言うイメージで ゴルフスイングを造っていた、としても
ダウンスイング初期で
からだの向きの変更に 左上腕が伴わなければ
骨盤と肩に回転差〜ねじれが生まれてしまいます。

これを 本当の意味の『脇があく』と言います。

からだの向きの変更の動力源 脚さばき は
既にボールを追い越しています。
空振りする訳にも、辞める訳にもいきませんから・・・
 😢 【もう 手で振るしかない】 状況が生まれてしまいます。

画像を比較して頂くと分かると思いますが、
左腕(上腕)の『置き去り』によって
からだの左右の周り方 だけでなく
両肩の高さ もこんなにも違いが出てしまうのです。

ミスターKの法則1_Moment置き去りくん1_Moment







からだの捻じれ(骨盤と肩回りの向き差) によって
回転方向も 骨盤と肩回り で 上下角度も異なり、
ここから インパクトに入るとなると
右サイドは下がる分、左サイドをあがらざるを得ません。

当然、体重は左に移れませんし、
左サイドの動きを止めないと 届かない〜届きすぎる
が起こり易くなります。
この 左半身/右半身のズレ が 体の故障 にもつながります。

からだの向きの変更 を
ちゃんと打撃の動力源にしたい、
からだの回転そのもので打ちたい、
のであれば、動作の先頭にある左腕、左グリップ、
特に 茲両縅咾鮟詑擇慮彊にしないコト です。
ダウンスイング〜左上腕_Moment
腕 クラブの重さは動き によって
想定以上に積算で増えますので
同期させるには
 『先に』 動かしておく
その位の 意識が必要かもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


追加の追加


トップから動いたら、打つ時はすぐ、本当にすぐやってきます。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

途中で、シャフトの角度が上下左右に変わる動きが入ると、すぐやってきません。


まず、この「すぐ」を怖がらず、受け入れる必要があります。
店主✋今まで行っていた 腕やクラブを置き去りにして、
 クラブを寝かせ、その後 腕さばきでフェースを返す という間、
 感覚的には「タメ」が一切存在しません。


「すぐ」を腕や体の動作の速さで作ろうとしても作れません。

重力で落ちるグリップと左半身が向きを変えていく
  =グリップと左ヒザで作る感じです。


カラダの回転の速度は、年代が近ければ、ほぼ同じです。

誰かだけが倍速いことはないと思います。

カラダの回転速度はクラブをコントロールするための速度があればよく、
むしろ途中でスピードが変わったら、
シャフトの角度が変わるはずで、
グリップへの重さの掛かり方も変わったはずです。
これを起きないようにクラブを扱います。

練習場にて 比較動画_Moment

トップからスタートする両肘を含む腕は、
ほぼ全てのパーツが同じスピードで落ちていきます。
右肘だけ速いとか、どこか一部分が速いことはありません。
スイングの進行につれて変化する角度はありますが、
左ヒジを最初に動かすことで、いろいろな部分で作られる角度は決まっています。
途中で自分の力では変えられません。


これを体感するには、両腕ロック
(腕で左右にクラブを動かさないという意味です。)
で練習すると腕の落ち方も分かるし、
動かしても良い脚、左ヒザの使い方が分かってくると思います。


また、✋左手一本で打つ練習は左ヒジを先に動かす練習として、
とても有効です。
✊左手一本は、上手く当たらなくてよいです。
トップや変な当たりでもいいです。
レンジでやると恥ずかしいですが、他の人に当てない注意はしてください。
ダフるのはいまいちですが、
上手く打てて6,7アイアンで3,40ヤード低く転がればという力感です。
動きはHBSの片手打ち動画を見てください。
テイクバック側で、ヘッドはグリップより高く上げます。
初めは、アドレスからの動き出し、トップまで右手に補助させてもいいと思います。
上手く当たるようになったら、右手を添えます。
右手が何もしなくても、何もしないのが望ましいですが、
そのときの動きを体感できれば、「すぐ」も体感していると思います。


試してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ