◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2020年05月


ゴルフクラブのスペックというのは
ホント〜に使う人次第なんです。

カタログの データ、数値を見ても
それが 自分にとってどうなのか の
一般論は ほぼ役に立たない と言えます。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


例えば 地面からボールを打つ場合
ヘッドの重心の深さ
✋重量の中心点がフェースから離れている〜奥まっている
ヘッドが前に出る作用

 重量が一直線になろうとする作用 によって
インパクトロフトが大きくなり易い
というのが「一般的な」「カタログ記載」の認識 です、ハイ。


これ よく読むと
重量が一直線上、遠心力の上に重量が揃う効果
を発揮させないと 意味がない訳です。

つまり ヘッドを振ってしまう、ローテーションをしてしまう人
にとっては 重心の深さは
👹ヘッドの開きになってしまったり
👹最下点がボール手前になってしまったり
ミスの原因にもなります。
video_Slomo_Moment

ヘッドには入射角度 がありますけれど
ヘッドの重心位置 というのは とても大きくそれを左右するので
重心の低いモノ、重心の深いモノほど 緩く入って来易く
重心の高いモノ、重心の浅いモノほど キツク入って来易くなります。

実例であげると
フェアウェイウッドとユーティリティクラブを同じ長さ、硬さ、ヘッド重量
同じロフト、などで作ったとしても
重心の深い フェアウェイウッドの方が
入射が緩く インパクトロフトが大きくなる為 打ち出しが高く スピンは少なめ です
重心の浅い ユーティリティクラブの方が
入射がキツク インパクトロフトは小さめ、打ち出しは低く、スピンは多め(比較)
になる筈・・・ですが
重心の深い フェアウェイウッドの方が
緩い入射、大きなロフト(ヘッドが前に出る作用)があるため
ヘッドを振る人にとっては 最下点が手前になり易く
かつ ヘッドが前に出ようとする為、
フェアウェイウッドの奥行きのある形状が邪魔になり
ダふったり、ダフリトップになったりする訳です。
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7


ここ ねー
ものすごく 問題の部分 なんです。
業界のとっての死活問題 とも言えます。

売る側や作る側 は 大前提として
クラブを捩じらず 正しく扱って ナンぼ
と言う形でしか クラブを設計したり、作ったり、宣伝しません。
ところが いまは
クラブを捩じって使うのが主流。
重心が深ければ より捩じられてしまいますし
重心が低ければ より捩じられてしまいます。

慣性モーメントが大きいのも ねじり難くなりますし、
重心距離が長いのもダメです。

クラブのスペックを先祖返りさせるしかない のです。

ヘッドをターンさせ、ヘッドを返し、腕を返し
ローテーションしてボールを打つ方法は
運動神経、運動性能、体力、そして練習量に依存します。
正直 それらがすべて。

逆にゴルフクラブは
軽いヘッド、小さいヘッド、短い重心、浅い重心、硬いシャフト
と 機能をどんどん減らした方が結果は出る状態です。

これでは スイング面においても、ゴルフクラブ面においても
ゴルフをやる人を限定してしまうのです。

ゴルフクラブ業界はもっとスイングとクラブの関係を考えないと
ゴルフ人口減少を止めるコトが出来なくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブを調整する際、
もしくは選んだり、区別する際、用いられる一つの項目で
ゴルフクラブを有る基準の元、はかりに載せ
平たく言えば どの位 ヘッドが重いか 測ったモノ
そして それを数値化して表したもので

一般的には C-8 シーエイト とか、D-0 ディーゼロ をいう
単位?、呼び方が使われています。
59010005_1

現在は 14インチ計という 天秤型の秤が用いられます。
単位で言うと Aから始めり B.C...と順に重くなり、
各アルファベットは 大まかに ゼロから始まり ...7.8.9.で
次のアルファベットになるという具合です。

大まかにですが 例えば D-0 と D-1 の違いは 約2g
ヘッドが重い、ヘッドが効いてると考えて良いでしょう。

『勘違いを引き出し易い要素』ですが、
コト スイングウエイト計、秤で測った数値 は
シャフトの重さに関係なく 単純なヘッドの効き です。
シャフトにはそれぞれシャフトバランスがあり、
概ね シャフト重量に関係なく、シャフトバランスは似ている為
例え シャフト重量40gであろうが、90gのシャフトであろうが
スイングウエイト…よくいうバランスの数値は同じです。


スイングウエイトは 静的なバランスであって、
スイングした時、使ってみた時の 動的なバランスでは無い

と言う問題点があります。

今、現在 その使ってみた時、振ってみた時の
動的なバランスを表す何か、指標 は存在しません。
にも拘わらず、『スイング』ウエイトと言う名称が厄介かも知れません。

スイングウエイトは その長さ に対する ヘッドの重さ を表しており、
そのクラブの全体の重さ や そのクラブのシャフトの硬さ に対しての
数値ではありません。

確かに 同じ長さ、同じヘッドの重さ
でも装着されているシャフトが40gと90gでは
使った感じ ヘッドの重さは同じには感じられないでしょう。
軽いシャフト、
 全体重量の軽いモノの方がヘッドは効いて感じるでしょう
004

同じく、同じ長さ、同じヘッドの重さ であっても
シャフトの硬さが違えば 同じようには感じられません。
シャフトの硬いモノ の方が 感触として
 ヘッドの重さは伝わりにくいため、軽く感じ易いのですが、
不思議な部分ではありますが、
 その人の振り方や過去のクラブの変遷 などによって
シャフトが硬い方が 振り感が重く感じる人
シャフトが柔らかい方が 振り感が重く感じる人
 は結構バラバラで、一概に「こうだ!」という指標は存在しません。

そう言う意味では
 ある一つのクラブをセット、組み上げる際や
セットして流れを作る際の指標として スイングウエイト は用いるコト
は出来ても、
シャフトの硬さや全体重量の違い、シャフトの重さの違い がある
別のクラブとの 直接的な比較として
 スイングウエイトは役に立っている とは言い難い部分があります。

ですので クラブを選び際、以前のクラブは D-0 だったから
 次のクラブも D-0 にするとか
シャフトの硬さや重さ、全体重量の大きく異なる際の
 スイングウエイトの統一 は正直、あまり意味も持ちません。

残念ですが、ゴルフと言う娯楽が 定着するまでに
 別の 動的バランスを測る、比べる方法が根付かなかったため
今も 静的なバランスである スイングウエイトが
 唯一の クラブのバランス となってしまっている とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの部材としての
【グリップ】ではなく、
握り方の方のお話し…

ハミングバードの考える、グリップ(握り方)の良し悪し
というか、美しさは 
左右のグリップの密着度
言葉は奇妙ですが、左右のグリップの上下の密着感
       
  (左右の手首の高さのズレ)
にあると思っています。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)








ですので、密着度があれば

それが インターロッキング、オーバーラッピング、
インターメッシュでも良いし、

ややフィンガー気味をお薦めしますが、
密着度が高いのであれば フィンガーでも、パームでも、

右手に限っては ややフックめでも、ややスライスめでも
程よければ どちらでも良いと思っています。
(✋最終的なグリップの答えは 必ず訪れます✋)
ベースボール〜テンフィンガーにおいては
その握り方が 上下の密着度を高められないグリップなので
推奨はしません。

グリップは どんなグリップをするか と言うより
左右の上下の密着度 によって アドレスもスタンスも
大きく左右されます。
元々、微妙にですが、左と右はズレたところ、
右グリップは左グリップよりも「遠く」を握ります。
その遠さが これも奇妙な言葉ですが、
出来るだけ「遠くない」遠さが理想的 です。

swing102スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)











右グリップがややフック気味、であっても、

スライス気味、であっても 
その密着度は 左のグリップの仕方 によって
決まってしまうので、
グリップの良さ、グリップの美しさは『茲離哀螢奪彈‖茵
と言えるかもしれません。

グリップの密着度は その人がどのようにクラブを扱っているか、
☑手の返し、手や腕でクラブを振るのか
☑からだの回転でクラブを直に動かすのか
の指標であり、グリップを先に治してから、スイングを作るか、
スイングを修正しながら、その成熟度の目安として
 左右のグリップの上下の密着度を見るのか
お好みの選択…と言った感じです。


悶絶クラブでない、市販のクラブのグリップ交換もごくたまに
行いますが、その際、蕕凌道悗遼猝廚激しい方は
(シャフトが硬い〜激しくこねないとボールが打てない)
総じて、その摩耗でへこんでいる人も かなり下の方(ヘッド寄り)で
二重の意味で 「あちゃ〜」 と心の中でつぶやいています。



✋右グリップは 9割がた、左グリップ次第、
左グリップをどうするか、によって決まってしまいます。
そう言う意味では、右グリップの変更は
 左グリップ程難しくありません。

その 
左グリップを治す というのは
スイング改造の中では 非常に難易度の高いモノ です。
最大のイバラの道かも知れません。


一番多く見られるケースは 左のグリップ、茲亮蠎鵑世韻failgrip
甲側に折れており、場所として本来、右グリップが入る空間を
浸食、占拠しているケースです。
左グリップの手首が甲側に折れれば、自動的に
左のグリップは過度なフックになりますから、当然、そうなります。


そして そのグリップの理由は、
テークアウェイの初期、動き出しで、
左腕を回内(ローリング)することで始めるコト
kainaikaigai

左腕だけの動きでスイングを始めるコト で
つまり、手さばきで スイングをスタートするコト です。
これに 例外は殆ど見当たりません。

この時点、アドレスから 1秒、イエ 0.5秒もたたない初期動作で
手打ちをするコトが確定、振り遅れることが確定、
後々、クラブを寝かしたりの不必要な修正動作を除けば
 その時点で、アウトサイドインに振る事が確定しているのです。

手で上げない ようにするには
いばらの道の「左グリップの改修」が手っ取り早いです、
言葉通り、いばらの道(精神的に…ですが) ですので、
ワンポイントアドバイスを✊

テークアウェイを右手、右腕、で行って見てください。
理想を言えば、右ひじ、もしくは 右上腕の背後への移動
と 胴体の右向きをリンクさせる形 で。

そのコツは 【からだの回転よりもやや先目】 に、
☑右ひじを曲げる か
☑右上腕を上げる か
☑右ひじを背後に引く
 を行うコト。
左手は、「右手一本だと辛いから」 手伝っている程度で
左手は、クラブの移動そのものには直接関与しない感じで‼
左グリップが その右腕動作によって 動かされそう
というのは からだの向きの変更 で処理します。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





左腕が回内(ローリング)しなければ
左グリップの変更は 格段に容易に行えます。


そこから先、スイング出来なーい、とか

チカラが入らなーい、とか 強く振れなーい、とか
飛ばなそう、とか その手の弱音は関知しません。

一番、始めに ゴルフクラブを握った時、どうだったんですか?
としか お答えできません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際に、手打ちでアプローチなり、軽いショットをしてみると
からだの回転で打つのとは いろいろと異なってきます。

まず、やはり 手順が異なります。
うーん 手順が異なる と言って良いのか
 手順が必要 と言って良いのか・・・。
リリース〜刷毛塗_Moment

からだの回転で打つとなると
ダウンスイング…
 時間の区分、スイングの区分と言う意味でのダウンスイングになると
 ダウンスイングという今度は動作ですが、
それそのものが打撃です。

左腕を下げる というか 落とす というか
左半身と一体の動きですが、それソノモノが打撃で
比較をすると インパクトまでの時間は半分位な感じです。


一方、インパクト直前に 腕を伸ばして
 右手首の スナップアングルを失う形の 解放型リリース をするため には
一度、先にからだを 特に足、または腰をまわす、
上半身の上部、胸や肩、腕やクラブを置き去りにして
足〜腰を動かし、少しボールとの距離感を詰めてから
解放リリースをする手順になってきます。
 インパクトまでの時間 としては 倍 位、長く感じます。
リリース〜刷毛塗_Moment(5)

まあ これは物理的な差 ですが、
からだの回転で打つ場合、右手のスナップアングル
もしくは 左手首が手のひら側に少し折れているような状態で
インパクトを迎えているので
肩からクラブヘッドまでが 途中、手首で折れていますから
一直線 程の長さがありません。
ですので、からだ全体、特に 左サイドが
ボール方向 と 飛球線方向の それこそ シャンク方向に
近づいて行かないと 届きません。

一方、解放型のリリースは、
肩からヘッドまで 一直線 、最大の長さになりますので
逆に そのスペースを確保しておかないと、
手前をダふったり、シャンクになってしまいます。
よって ボールや飛球線方向から 離れながら
インパクトを迎えないといけません。


からだの回転で打つ【まわりかた】で 解放型リリースも
解放型リリースで打つ【まわりかた】で からだの回転で打つ
も 双方上手く行きません。



両方やってみると 感じるのですが、
からだの回転で打つ【まわりかた】は ダウンスイングの後半、
インパクトに近づいていく時、
からだの回転が、体さばきでボールに近づく感じ です。
からだの回転は、最後まで間断なく行っている、動いている感じです。
リリース〜刷毛塗_Moment(4)

一方、解放型リリース(キャスティング)の場合、
ダウンスイングの後半、インパクトに近づく段階で
手さばき、リリースさばき、つまり 腕さばきで ボールに近づく 感じ
なので、逆にからだはある程度止めて置かないと 繰り返せません。

これを試していて 一番感じるのは
解放型リリース【手打ち、キャスティング】をする時、
左サイド、特に左肩の低さ が非常に邪魔で
左肩が上か、どこかにどいてくれないと
詰まってしまう感じがして 概ね、手前をダふります。

からだの回転は止めないと 解放型リリースは出来ない のに
左肩は逃げないと ヘッドの抜けどころ、腕やクラブの逃げ道が
なくなってしまう 前門の虎後門の狼 状態です


まだ、遅めの速度でやっているから 良いですが、
これを強いショット、もしくは 距離コントロール するとなると
それに応じた 左肩、左サイドの逃げ(特に上方向へ) は
傾斜や強弱の必要な現場では とても難易度が高いのではないでしょうか



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際にからだ…ではなく、からだを使わず
手で振ってみましょう。

そうするコトによって、逆にからだでクラブを動かすコトも
理解できるようになるかも知れませんし、
あ、私、手で振ってるわ〜 って認識できるかも知れません。

✋小さなショット ウエッヂで 30ヤード位を打つ距離感で十分 です。

スイング ココを治そう❶_Moment


手で振る第一条件とは
『手で』上げる、『手で』テークアウェイを取るコト から始まります。

アドレスがあって、
本来、からだの向き、お腹(おへそ)の向きが 右を向く(右打ち)分、
グリップは インサイドに、ボールから離れるように移動します。
からだの向きを意識的に行うと
右を向き始めても、お腹はやや下向きな感じ です。

200811__Moment(3)


『手で』上げる
その行為を 全部、左腕でやるコトに為ります。
ラヂオ体操や仮面ライダーの変身のように
前ナラエの関係であった左腕と胴体、
その左腕が胸にくっついていくような、 そんな感じです。
(左胸にポケットが合って 卵を入れていたら 潰す ような…。)

手や腕、この場合は 左腕に該当しますが、
手で上げると お腹は空を向き始めます。
(逆ピボット、からだが反って、体重が左に乗ってしまうパターンです)



ヘッドを振る感じになりますので、
その遠心力によって グリップは一度、からだから離れ
ヘッドがグリップを追い越すと 今度は急激にインに入り込みます。

葛谷 2017-2020_Moment


✋テークアウェイであっても、ダウンスイングであっても
 『手で振る』というのは
グリップの移動よりも ヘッドの移動の方が多いコト を指します。


👉ココの部分を勘違いしている人が多いのですが、
スイング全体では 確かにスイングは円弧を描きます。
しかし、それは からだの向きを変える という支点運動によって
生まれるのであって、 手や腕はそれとは直接関係にありません。

☑円運動だから 外周に位置するヘッドはたくさん動く

それ自体は間違いではないですが、
それは からだの回転、胴体の向きの変更 によってもたらされます

手や腕の働き、では グリップの移動分だけしかヘッドは動かない、
厳密に言えば、ヘッドの重さ分、ヘッドの方が少なく移動するのです。

そこの部分を『ごっちゃ』にして スイングを考えている人が
多いのではないか、と思うのです


『スイングは円運動だから... 。』
『ヘッドは円を描くように…。』
そう信じているが故に、手や腕さばきでも
 ヘッドの方をたくさん動かすと思っている人が多い気がします。

✋手で、腕で、ヘッドの方が 『多く』『たくさん』『速く』動かそう
 とした瞬間、からだの仕事は奪われてしまいます。
 手で、腕で、円運動を一瞬! 少しでもしか瞬間に
 その後は 手で、腕で振らなければならなくなります。
 からだは腕を振るためのきっかけ、 反動発生装置 と化してしまいます。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)



✋手で振ってみると感じるかも知れませんが、
 からだ、だけでなく 左腕、右腕も必ず
 どちらかが動いて、どちらかが止まる、
 速く動かす為に どこかが止まる と言う動作が出てきます。

☑テークアウェイが典型的な例 ですが、
 右腕、右半身を止め、左腕、左半身 だけを動かして 上げ、
 先に 腰を切り、左半身の動きの行き止まりを作り(壁 と言うそうです)
 左腕、左半身を止め、右腕、右半身 を使って 下げる
 典型的な アウトサイドイン の動きになります。



本題からは離れてしまいますが、
からだ、であっても、手や腕 であっても
クラブをブランブランにして、グリップを『大きく、速く』動かしている限り、
ヘッドは必ず 遅れます。
グリップの移動分より『多く』『速く』動くことはありません。あり得ません。
上下左右 どちらでも グリップの移動がおさまり、減速、停止した時、
折り返しの時だけ しか ヘッドの方が『多く』『速く』動くことはないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフで言う リリース
利き腕を使って、クラブを解放するコト ではなく、
からだの回転から離脱しない為 のモノ です。

ゴルフクラブは 長い棒、腕も含めると2mを超えるような
長いモノの先端に 重さである打撃部分があり、
それを からだの回転で 「円を描かせます」。
その過程の中に 打撃 があるので、
放っておくと その打撃部である重さは 運動分、
どんどん 運動の主たるからだの回転から遅れていってしまいます。
ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment(2)

ヘッドが遅れるのは ロフトの立ち に出来るので良いですが、
グリップまでも遅れると 今度は一転して ロフトの開き、フェースの開き
になってしまいます。

そうしないように 補助しておくのが 腕の役目で、
クラブを放り投げるのとはかなり異なります。


また 傍目から見た時、
スイングが、ヘッドが円を描くのは
打ち手がからだの向きを変える、からだを回転させるから
、です。

V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)






スイング動作には 前傾姿勢(股関節を境に骨盤と大腿骨の傾き差)
があるので、その円はボール側が低く、傾いています。
ややこしいトコロではありますが、
打ち手である自分の胴体に対しては 横への移動ですが、
ボールや地面に対しては 斜めの移動 になります。

☑腕がそれに対して行う役目、補助は
その円ソノモノの高さを変える
 アドレス時、グリップは股関節の前辺りの高さ、ですが、
 トップオブスイング では 胸や肩の高さ です。

こちらは 上げる方は自力、重力に逆らうので自力で行う必要がありますが、
帰りは 重力に助けて貰える と言うか、
量としては大したこと無いですから、
 意識としては 重力にやらせてしまっても問題ない でしょう。
あえて言うのなら 「それに逆らわないコト」位かも 知れません。


☑そして、回転に対して 重くなるクラブを遅れないようにしておくコト で
 こちらが主な腕の仕事
 と言えます。

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)



ですので 手や腕で 横であっても、縦であっても
特に意識が強く ダウンスイング時の下方向 であっても
 「円」そのものを 腕で直接描くコト はありません

軌道という 傍目から見ると 円の一部 であっても
 積極的に その移動を腕が行っている というコトは
そこで からだ の仕事を奪っている というコトになります。

からだと腕 で円を同時に二つ 作るのでは
 複雑すぎて、安定度を欠きますから…。

達人のココから盗め_Moment(5)


確かに 人間の意識としては
腕を動かした方が実感も湧きますし、充実感もあります。
そこは否定できませんが、
クラブを大きく移動させる、円を描くのは
 自分のからだの向き です。
その邪魔をしない、その手伝いをする、と言う範囲の中での
限定的な手での叩き、リリースになる というコトを理解しないと
 手で、腕で からだの仕事を奪う  =手打ち
からの脱却は難しいと言わざるを得ません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5



ゴルフショットの場合
『リリース』 語彙で言うと 開放〜解放する だが、
遠くに飛ばす とともに並行して、決められた距離を打つ
決められた方向に打つ が付いて回ります。

打撃部分に 厳密な「角度」があり、

そのゴルフクラブの打撃部分であるフェースに
ロフト角度、ライ角度、フェース角度などの
角度が複合して存在している為、
オリジナルの製品ロフトでないロフト角度で打とうとすると
それ以外の ライ角度、フェース角度を変えていなくとも
飛び出る角度や飛距離だけでなく、並行して方向や球筋も
変わってしまいます。
それは ロフト角度に限らず、ライ角度、フェース角度でも
同じです。

ですので ゴルフショットで言う 「リリース」 の
  開放(解放)も限定的な意味 になります。



全員とは言わないまでも、多くの方の「リリース」を見ていると
クラブから手を離さない〜グリップを握ったまま
とは言え、左グリップを軸に クラブを放り投げるような
利き腕を使って クラブを投げてしまうような「リリース」
をしています。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)









kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)









見た目…で言うと 左グリップの下に右グリップを入れるような、
インパクト直前で シャフトで弧を描くような「リリース」です。

おそらく 開放〜リリースした方が
ヘッドスピードが上がり、飛ぶ と言うイメージから
行われているモノ 可と思うのですが、
実際には、クラブを放り投げるようなリリースは
✖土台である からだの回転を止める
✖ロフトを増やし、入射角度を緩くする  為

飛ばなくなる、ボールが上がり過ぎる、ボールが上がらなくなる
という 良い面が殆ど無い行為 です。



この解放型リリースの非常に悪い面は

❶それをする為の、それをし易いような 左右のグリップが形成されるコト
総じて 左右のグリップは離れ
支点になる左グリップは 強く握る必要があるので
過度のフックグリップになります。
 また、そのグリップの形、によって アドレスが歪みます
IMG_0706_Moment(2)

❷利き腕の伸ばし、によって クラブを解放する場合、
かならず 支点になる左グリップの固定 が必要になります。
結果として インパクトで両肘を近づける〜絞るような形になりますので
腕と、移動している筈のからだ が分かれてしまいます。
多くのケースでは からだの回転を止め、リリースだけをする
(からだの回転が止まり、腕とクラブだけが動く)という
本末転倒な事態が起こります。

❸解放型リリースは すれば、するほど ロフトが増え、
入射角度が緩くなります。
よって ヘッドスピードを上げても それに相応した距離が出ず、
無鉄砲なヘッドスピードアップに挑戦するコト
に為ります。

例えばドライバーで、 正規なロフト使いでは(数値は例えば…です)
ヘッドスピードを 3ms上げれば 10ヤード前後、距離は伸びますが、
解放型リリースでは 5msあげても 10ヤード伸びるかどうか微妙…です。
無鉄砲のヘッドスピード上げ狙いは、安定度を加速度的に失うので、
あきらめ 曲がらない程度の飛ばし(飛ばせない) が 終着点です。

リリース〜刷毛塗_Moment(4)リリース〜刷毛塗_Moment(5)













👉からだの回転と言う 一番大きなモーメントを使わず
小さな筋肉だけでショットをする というのは
長丁場の中で たまに「ショットをする」 という
ゴルフと言うゲームには あまり有効な手段ではない代表例です。

👉腕を使わない、利き腕で叩かない
と言うわけではありません。
ただ それを優先せず、からだの回転とともに
それが行えなければ 意味はなく、
ゴルフショットにおいての 正しいリリースを身に付けることが
からだの回転で打つコト につながっていきます。
                 
                         〜続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショットは 基本、からだが回るから、
体の向きが変わるから クラブが動き〜ヘッドが動いて
ボールを打ちます。

✋そのからだは 肩 ではなく、
股関節を境目とした 上半身、
骨盤を含めた胴体のコトを指します。

手や腕でボールを打つ訳 ではありませんが、
からだの回転で「直に」クラブ、そして、ヘッドを動かす為の
手さばき、腕さばき があります。
*パッティングストロークやとても短い距離を打つ場合 など
特別なケースを除き、からだの回転で打つためのモノで
手や腕さばきだけで打つコトを推奨しているわけではないので
ご注意ください。

それをハミングバードでは「刷毛塗」と呼んでいます。
リリース〜刷毛塗_Moment

からだの回転でスイング/ショットする場合、
動作が始まってから、(腕を含めた)ゴルフクラブの重さが
急激に重くなるような、
ボールを打つ前に ボールとは違う方向、
打ちたいと思っている方向と違う方向、 にかかると
体を止め、その修正、相殺などの行為が入ってしまうため
原則論として 腕やクラブの長さが急激に増えるような動きや
からだの回転で出来る円とは あまりに異なる
円運動を作るのは避けなくてはなりません。

その為に からだの回転 という 軌道というか、
前傾姿勢によって 斜めに傾いている 運動のフィールド に
沿った動きをした方が
からだの回転の速度の阻害にもなりませんし、
安定性や方向性も保ち易いでしょう。
繰り返したり、体の負担を減らすのにも良いと思います。

ですので 両手で持ったクラブ
その基本になるのは グリップは勿論、ヘッドも
出来るだけ その同じ運動のフィールドの上で
同じような・・・同じような方向や同じような速度で動かします。

どの道、スイングは 急ではなくとも、
どこかしらで 加速は入っていく訳ですが、
自分の意志による加速に沿ったモノ(方向や速度)であれば
妙な修正をしなくとも 打つコトが出来るでしょう。





刷毛塗の原則動作 注意点❶ 動かす量

上腕(肩に近い方)〜肘さばき です。
肩が動いてしまうほどの量は動かしません。

グリップで言うと 自分の右胸から左胸、
 多くとも自分のからだの幅程度。
✋✋✋ココの部分は重要です。

腕の生えている肩 は からだの回転で
当然、移動し続けています。
それを阻害せず、その助けとなるには
腕で動かす〜動かせるグリップの量は 右胸〜左胸
数値で言うと 多くとも 40〜50センチ程度・・・。

 私個人で言うと イメージとしては30cm程度 です。


注意点❷ 動かす方向

自分のからだを平行、
グリップであれば 体からの距離を変えないコト
手さばき、肘さばきの状態であれば
胸と平行な方向 です。

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)




無意識…ですが、スイング動作とのつながり…
を考えると 右胸⇒左胸(右から左)は
やや 低くなる感じ かも知れません。


注意点❸ 動かし方

円運動は 土台である【からだ】が行います。
手、腕さばきでは その円以外の運動は不必要、
 というか、それをしてしまうと
からだで行う円運動を阻害、支障をきたします。

ですので グリップよりもヘッドはうごかさない 位。
この写真のやり方であれば、ヘッドは同じ場所で
グリップだけを動かす位の感覚です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



シャフトの挿し方(刺し方?)について問い合わせがありましたので
それに付いて 書いてみたいと思います。

93443


「シャフトの挿し方」と言う言葉に
 ピンとこない方も多いかと思います。
ハミングバードでは原則、やらないので
 私自身もその言葉に反応するのにちょっと時間が必要な程です。
弊社のお客様だと、私が口にしませんから、
ほとんどの方が ???? になるのでは、と思います。

単純に言えば、ヘッドにあるシャフトの入る穴 に対し、
シャフトを真っ直ぐ挿さず、ある目的の元、斜めに指し、
無理やり固定することを指します。
その為のスペーサーや治具もあります。

経験則で言うと、アイアンは軟鉄の場合、
ライ角度・ロフト角度調整がありますので、やることは皆無、
ウッドの場合、
特にドライバーやフェアウェイウッドなどの、
フックフェース、スクエアフェース、オープンフェースを
気にされる方が ごく稀に 年に一件あるか、ないかペースで
指定されるお客様がいらっしゃいます。

シャフトのサイズは
ウッドの場合、約8.5mm
アイアンの場合、約9.3mm
異種サイズはあるにはありますが、だいたいはこのサイズです。

ヘッドに開いている穴(シャフトを挿す穴)は
シャフトと完全にピッタリだと シャフトが入りませんから
気持ち大きめ(0.5〜1.0mm程度)に開いています。

その穴を少し大きくボーリングし、異物や
専用のスペーサーを入れ、固定する のが「シャフトの挿し方」です。

ロフトが分かり易いので 写真で説明すると
2020-05-23_20-48-23_Moment(3)オリジナル❶








2020-05-23_20-48-23_Momentシャフトを左から挿す❷

👉ロフト角度が増えます






2020-05-23_20-48-23_Moment(2)シャフトを右から挿す❸

👉ロフト角度が減ります






分かり易いように細い棒を使いましたが、
実際には シャフト外径とホーゼル内径(ヘッドの穴)の差は
安全上、大きく取れませんから
ここまで角度差を付けることは出来ません。
プラス2度、マイナス2度未満 になると思います。

これはライ角度、フェース角度にも応用でき、
この原理が 現在、多くのメーカーの取り入れている
可変式スリーブに使われています。
ti-a2

シャフトの挿し方…で言うと、
安全上の問題もありますが、はっきりとわかる程
ロフト角度、ライ角度、フェース角度を変えると
シャフトとヘッドの接合が 骨折したような
変なつながりに見える と思いますが・・・。
それは 可変スリーブでも同じです。
今は気にしないんですかねー、構えにくくなると思うのですが…


✋私の経験で言うと、
それをしなければならない状況は
ヘッドの ロフト角度やライ角度、フェース角度の問題ではなく
大半が シャフトの硬さが合っていない コトによって
結果が出ない です。

一番多い例で言うと、フックフェースを治したい です。
そのパターンはまず シャフトの問題だと思います。
スイングとの相性もありますが
●硬くて引っかかっているか
●柔らかくてフックしているか
というのが根本原因かな とも思います。

今は シャローフェース(薄べったいヘッド)が大半です。
シャローフェースのドライバーは重心距離が長めで
右に行く率が高くなるので、アップライトになっています。
フックフェースが強く、もしくはフックフェースに見えやすいですからね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まあ 今となっては
売れない「アイアン」の単価を下げるための方策、と呼べる
軽量スチールシャフト装着のアイアンですが…
10〜15年位前からでしょうか
アイアンは スイング破壊兵器の軽量スチール
主流になってしまいました。
(ゴルファーのとっての悲劇と言えます)
謎のストーカースイング_Moment(2)

スチールシャフトは単一素材の為
 強度を局所的に補強することが難しく
全体の太さ、金属の肉厚で強度を出しています。
軽量化は 主に手元の金属の肉厚を薄くしていますので
元々そうだった 先端重、手元軽 と言うのがより強調されています。

強度に非常に不安があるので
重いヘッドや重心距離の長い
(ヘッドが重いのと同じ)を嫌い、
避ける傾向が強いため
どうしても 軟鉄系の小ぶりなヘッドになります。

👉軟鉄ヘッドの製造コストの激減というのもありますね



しかし 相変わらず ドライバーは大型460嫣宛紊離悒奪鼻
また ネックを変更、交換できるタイプが多いため
横壁(サイド)のあるディープなタイプよりも
製造上の問題で シャローのうすべったいタイプが多くなります。
つまり 重心距離の長いタイプです。

それに小振りなアイアン、場合によっては
 マッスルバックのアイアンを使っている人も少なくありません。

平均的には ドライバー42mm
         アイアン36mm以下
(マッスルバックでは 32mm以下なんて言うのも少なくありません。)
という組み合わせです。

455T-2IMG_0499







ドライバーには 振動数240cpm のグラファイト  それに重心距離42mm
アイアンには 振動数280cpm のスチール  それに重心距離36mm


長いドライバーの方が シャフトが柔らかめ ヘッド重め 重心距離長め
短いアイアンの方が シャフト硬め ヘッド軽め 重心距離短め



最新のセットの組み合わせを使わざるを得ない 契約プロは
好き嫌いに関わらず この組み合わせでゴルフをしなくてはなりません。

ある程度 均一なスイングが出来る人であれば
☑ドライバーは普通に打てれば
 アイアンは フック気味、左に行き易く、トップし易く、タイミングが早くなりガチ
☑アイアンが普通に打てれば
 ドライバーは スライス気味、右に行き易く、ダふり易く、タイミングが遅くなりガチ

ですので
双方を使えるようにするには
 それぞれ 別なタイミングやボールの置きどころ など工夫が必要です。

そのクラブを使いこなす仕事 も契約金に含まれるプロの真似を
お金を払ってクラブを買う アマチュアがする必要はありません。

ゴルフクラブは 硬すぎても 柔らかすぎても 軽すぎても 重すぎても
全体の統一、共通性があれば 苦労はシンプルで済みますが
多種多様なものが混在するほど 複雑で、絡み合う問題が生まれてしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフ用品業界では一般的に
分子をヘッドスピード、分母をボールのスピードに
例えば ボールスピード 60ms ヘッドスピード 40ms
1.5 のような数値を使って ミート率を 表しています。


IMG_0361(3)_Moment


そして この(上で言うと1.5と言う)数値は
ゴルフクラブのロフト角度が増えるとともに、低い数値になり
ウエッヂあたりに来ると ボールスピードの方が遅い
数値として 0.9など、1.0を下回るようになってきます。、
✋故に 二度打ちしたりする…んですね。
 どう打っても ドライバーでは二度打ちが不可能です。 

ですので ゴルフクラブを販売する場合、
よりロフトの立ったモノを打って頂ければ
数値としては 1.5を超えるよう…になっていきます。
それを ミート率 と呼んでよいのか 微妙ではあります。

同じクラブを使って計測する場合、
より オリジナルのロフト 10度なら10度と
ロフトを寝かさず インパクト出来れば
数値は増えていきます。

簡易計測器…などもあるので
この数値を気にされる方がいるの…ですが、
全面的に悪い とは言えませんが、
良い点と悪い点があります。

確かに 数値を上げるため、
今、手にしているクラブのロフトを寝かさずに打つコトは
 同じ力で遠くへ飛ばすのに有効な手段の一つ ですが、
ミート率と呼ばれる この数値を上げようとすると
煽り気味、しゃくり気味 のインパクトにして行けば
極端な言い方をすると アッパースイングにして行けば
行くほど 数値は上がり易くなる点は落とし穴になります。

460TL-2


通常、酒飲み話などでされる「ミートする」
 フェースの良いトコロ(例えば 真ん中)に当たる概念が浸透している中、
この 計測の便宜上の言葉 ミート率 は
ロフト角度〜インパクトロフト角度 を基にして いるコトは
重要なポイントだとは思います。
自分にとっての 望ましい姿勢と望ましい進入角度
これが ミートするコトで、
そして、それが安定し易いコト と言うのを心がける
数値の最高点狙いではなく、
数値の向上とともに、安定化 に利用出来るのであれば
有効な手段の一つと言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


軽いヘッド 硬いシャフト のゴルフクラブ と
重いヘッド 柔らかいシャフト のゴルフクラブで
打ち比べると 最大の違いは
 ボールに届くか届かないか に感じます。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

まあ ここがゴルフというか、ゴルフクラブの面白い
ところではあるのですが、
一見すると 重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブの方が
シャフトが『垂れる』ような気がして
それによて 地面にあるボールに届きやすい
と認識しますが、
動くシャフトは しなっている時間が長い…です。
しなっている ということはクラブが短くなっている
ということですから、じつはそれには当たりません。

どうクラブを使うか によっても違いはありますが
本来の 
クラブの働きは
 すべてグリップに働きかけるもの
 です。

重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブの方が
グリップの位置を押し下げ
進行方向にグリップを押す働きが強くなりますから
そういった訳で ボールに届きやすくなるわけです。

いっぽう 軽いヘッド/硬いシャフトのクラブは
その作用が少ない…ほとんどないですから
自分自身がボールに「届かせない」と行けません。
ですので 自然に右サイドが下がってくる 低くなる
スイングを覚えることになってしまいます。

そのままのスイングで 重いヘッド/柔らかいシャフトの
クラブを使うと 右サイドは下がっている
グリップは下げられる の W効果になりますから
始めはダフりの連続かも知れませんが
右サイドを下げる体の姿勢は
本来 人間にとって不自然な苦しい姿勢ですから
自然に消えていきます。
スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)

逆に 重いヘッド/柔らかいシャフトのクラブを
使い慣れている人にとっては、その逆のクラブは
始めはトップ・チョロ連発なのですが
段々と届かせるような体の姿勢になって行きます。
行きますが、一度右サイドの高いスイングを覚えているので
その不自然な姿勢に「身の危険」を感じるのです。


軽いヘッド/硬いシャフトを使ってボールを打つ人にとっては
右サイドが下がり切るまでに ふたが閉じてしまうまでに
インパクトをすり抜けてしまわなければなりませんから
必然的に ダウンはクイックな早い速い動作にせざるをえません。
若い人には可能…かもしれませんが
おじさんには苦しいスイングになりそうですね。
4289f9fa-s

右サイドが下がる=左サイドがあがる
左サイドがあがる=体が開いている
ですので、その手のクラブを使う限り
基本 スライス系等のボールがベースになります。
ダフル に加え、体が開く というのも
同時進行で付いてきますから
急いで 急いで ヘッドをターンさせ
ひっかけを打たなければならないのです。
自分の「使える球筋」が 本来であればミスショットの
ひっかけ
 なのですから 何とも悲しい顛末です。

それに伴って
其の姿勢 右サイドが下がる姿勢が定着しますから
クラブヘッドに奥行きのある フェアウェイウッドが
苦手になります。
同時に 急いで打つ習慣が身につくので
アプローチショットも苦手になりがちです。

どんなクラブを使うか によって
そのクラブを使ってボールを打たなければいけない訳
ですから、身につくものはかなり違いが生まれる
ということでもあります。

クラブを製造販売する立場の私が言うのもなんですが。。。
軽いヘッド/硬いシャフトのクラブは
中古市場やネットオークションなどの大半を占めています。
要するに 使えないクラブの墓場 です。
よって 廉価な価格で取引されるわけですが
それがもたらすスイング、身につく体の姿勢
そして それによって痛める体
ゴルフを断念してしまうこと も付いてまわりますから
実は 高くつく ことになるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ