◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年03月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 無理をしない範囲で
もっと飛ばしたい!
もっと安定させたい!
誰もが願うコトです。

今回は◯◯さんが ライバルに勝つ(だれ?)ため
秘密・・・もう秘密ではなくなってしまいましたが、
特訓をしました。

秘密の特訓なので
その内容については
動画からご推察下さい。




一般的な日本人ゴルファーは
ある意味 勉強熱心というか
形にこだわるところが多いため・・・なのか
兎も角 スライスを毛嫌いする傾向が強く、
カット打ちやからだを開いて打つ、
そして その原因に成り得る アウトサイドイン を気にします。

手を返して打つ ローテーションをするコト
スライスさせないコト、アウトサイドインでないコト、
それらは スイングにとって二次的、三次的な要素です。
そもそも スイングそのものが ゴルフをする為の手段 でしか過ぎません。

スコアと言う縛りがある上で
出来るだけ楽して遠くに、そして、それを繰り返し易い のであれば
それが右に曲がるスライスであろうが、フックであろうが
どっちでもいい筈・・・
そこそこ飛んで、それが繰り返し打てる
コースで楽しむために 計算できるショットになれば
それでいい筈なのですが
お作法、お点前を気にする日本人はそれではダメみたいです。

達人のココから盗め_Moment(2)


どの道 からだを回す、向きを変えるのですから
それで ゴルフクラブのターン は十分な筈なのに
手でターンさせるコトを良し とするのはなんでなんでしょうね。

からだもターンするのに
そのターンするからだから生えている腕を 更にターンさせるには
からだと腕(含むクラブ)を別々な時期に動かさなくてはなりません。
その為に 先にからだを回し、腕とクラブは置き去りにし、
 どこかのタイミングでからだを止め、腕を返す……
なんだか 本末転倒、
 手段と目的がひっくり返っている ような気がします。

手を返すために からだの回転と一緒に動かさず
置き去りにすれば 腕とクラブの重さは 回転の負荷にしかなりません。
回転しようとすればするほど、重くなってしまいます。
意図しないリキミの原因にも成り得ます。

特に 左回転 右から左への回転では
クラブは開いて、ロフトは寝てしまうので その形態、クラブ姿勢は
クラブと腕を一番重くしてしますのですが、
手を返すコトが目的なので OK みたいです。
✋裏を返せば 腕とクラブを遅らせなければ(置き去りにしなければ)
 開かないので閉じなくて良い  というコト・・・だと思うんですけどね。

からだの回転で打てば
からだの向きを変えれば 地面に、低いトコロにあるボールは
その回転の傾きによって 拾うことが出来ます。
それを腕で行うと(下に振る事になるのですが)
ヘッドの経路も大回りになりますし、
ロフトを増やし、入射を緩くするので
その行為によって 
 ヘッドスピードが数値として 5ms 速くなったとしても
その労力に対し 対費用効果は高くなく、低いほどです。

そこを一気に解決すれば
からだを回す行為 ソノモノでボールが打てる、
腕でクラブを回す必要が無くなります。
今までのスイングにとって 最大の悩みの部分(フェースの返し)
多くの人にとっての スイングの悩みそのものに近いモノ、それらが
元から消え去る訳です。

腕とクラブを置き去りにしないので
その負荷分、ヘッドスピード・・・回転速度も上がります。

ロフトも寝かしにくい(ロフトの開き=置き去り)ですし、
動作は圧倒的にシンプル (当然、それでもミスは発生しますが…)
悪いことは殆ど何もないのですが、
誰もやろうとしない ように思えます。


今回の特訓は その秘策 の部分をお伝えしました。
おそらく とても驚いた と思います。
「これで当たるんだろか…」 と
半信半疑でスタートされていましたが、
いろいろな疑問が氷解されたようで これからが楽しみ!です、ね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日のヘッドスピード記事は
実は前振り で 本題はこちら デス✋

◎ヘッドスピードはまだまだ上げられる
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995218.html

◎まだまだヘッドスピードは上げられる
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995244.html


今更 オジサンおばさんゴルファー が
からだを痛めるほど ギンギン速く振りましょう は
ハミングバードのコンセプトとは真逆です。

なぞかけ になるとは思いますが
ヘッドスピードは ヘッドのみ を速く動かそうとした時、
 より一層 上がらなくなります。

何度も書いていますが、ヘッドは重さです。
それは長さによっても、移動/運動によって
乗算、掛け算で増えていき
その重さの方向は スイングの進行方向
ボールへの方向、ボールを飛ばしたい方向とは
真逆とまでは言いませんが、大きく異なっています。
スイング動作にとっての 負荷 です。


その負荷を逆に利用すれば
思ってもいないほど スピードは上がります。
動作としては テクニックとは呼べない程
単純な方法があるのです。




✊ここで被験者になって頂きました。

お約束の「頑張ってるクン」です。
本人には 今回のテーマに沿ったある課題 が課せられています。
ヘッドスピード、飛距離とは全く別、脈略がみえない筈です。

その課題は おそらく本人にとって
😬ボールに当たらないんじゃないか〜 うお 空振り!
ボールに当たったとしても
😵まともに当たらないんじゃないか
ましてや
😨到底、飛ぶ とは思えない
😡こんなのゴルフスイングじゃねぇ
😡スコアや飛距離を無視するなら出来るが ゴルフにならん!

    と思える課題だったと思います。
おそらく そう思ったと思います。

その課題にたどり着くまでに
口酸っぱくなるほど 耳タコになるほど
✋ヘッドは遅れるモノ 放っておけ かまうな
✋からだは止めない 
✋一気に左を向け、左サイドは止めない、

✋左足を踏み込むコト、そのものがインパクト
✋左足のアクションの後、インパクトがあるのは振り遅れ

と 念仏だか、お題目だかを唱え続けて 今日まで来ました。

まだ振り遅れが解消されない、
無駄なキャスティング〜手首のリリースがある
このままでは こすり球に永久就職するコトになりそうなので
最終手段(まだまだ行けますけどね) として
今回の課題がありました。


これ 別なヒト数人でも試しましたが
やはり 始めの数球はボールに届きません。
達人のココから盗め_Moment

例の 「ここがインパクトだよ!」 以降の行為で
ボールを打っている人にとって
からだを回して から、クラブを振る
最後の最後で ヘッドを出すので
からだが、左サイドが上や開きによって
ボールから離れてしまっているので 届かない のです。
その位置関係が常態化しているので…届かない のです。

ですので 当たらずとも
「そのまま からだの回る方向なり、方法を調整し
 ボールに当たるように」
「インパクトで左サイドがボールに一番近づくように」 
「決して その課題を放棄しないように」
  と告げます。

✋多くの自主トレ組はココで断念するのでしょう。

そりゃ 空振りしたり、先っちょに当たったり
ボールに届かなくて空振りやミスすれば
それはダメだと判定されますよね フフフフフフ。
 宇◯宮の🅾さんもきっとそうだよね・・・。

今回の課題は
腕のクラブさばきに関する
腕さばきそのものとは異なりますが、
それに類似する課題なので
それを意識しても、その腕の生えているからだの位置や姿勢
タイミングなど 調整、双方、同時に進行しないと
ボールには当たりません。

ですので 数球のミス、当たり損ねは無視 です。

腕使いはシンプルで、動作全体でもシンプルですので
当たるようになるのは ほんの数球、10球もかかりません。
例外なく すべての人が当たり始めます。


この課題を乗り越えれば
 『こするコト』が出来ません。
アプローチとドライバーに明確なつながりがもてます。



被験者の「頑張ってるクン」は
以前までは 37~39㎳をさまよう状態でしたが
おそらく 42㎳は超えている、
正確には 越えさせられている 状態だと思いますし、
まだまだ超荒っぽいので まだ伸ばせると思います。
映像を見るとよく判りますが、
飛ばす とか、ヘッドスピードを上げよう なんてのは
微塵も意識しておらず、何か(アレです)にとりつかれたように
ヘッドスピードが上がってしまっています。
ちょっとびっくりしていますよね。
✋フィニッシュの位置がまるで異なるのが特徴です
 
とは言っても 本人も試験段階なので
すぐに「また」「良からぬ」余計なコトをして
魔法が解け、カエルにに戻るかも知れません。

✊これはその方の体力や運動性能に関係なく
要領を覚えれば コンスタントに 不可抗力的に
ヘッドスピードは上がります。約束出来る代物です。
こすり球から解消できて ヘッドスピードも無理せず
(動作としての体力とは関係なく)
(覚える過程には努力?…意識改革は要りますよ)
上がりますので、出来ると飛躍的に距離増大の可能性と
アプローチの距離感覚の再構築は必要になります。


😵もしかすると 飛距離ソノモノ よりも
 スコアに対する意識の強い人が

種明かしは ☎☎☎046-804-1480、出来ればご来店ください。
もしかしたら この点について セミナーを開くかも…知れません。

⁂ハミングバードのお客様以外には伝えるつもりはありませんのであしからず
 乗り越えられないのは ドライバーショットよりアプローチの方かも知れません😬


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これ アプローチだけでなく
フルショットにもよく見かけるパターンで
スイングチェックしている時はいいのですが、
しばらく放っておいて、球数を打つと表れる症状です。


まず 定義しておきますが、
振り遅れ とは
からだの向きを変える行為、からだの回転に対し
グリップが右
(右打ちの人)に遅れてしまうことで
ヘッドが遅れるコト
 ではありません。

ヘッドはそのものの重さ、そして長さ、
それに加わる移動(運動)の速度によって
動けば動くほど重くなりますので
その重さは 放っておいて
 それをロフトの立ちに変えればいいだけ のコト。

逆に ヘッドを無理に遅れさせないようにすると
グリップの移動を制限、止めなければならなくなり
からだの回転からグリップが遅れてしまいます。


ヘッドの重さを放っておけ
とは言っても あまりに、必要以上に重くなるような
使い方では それもグリップに制約をかけます。
✋クラブと仲良くできれば
 そのヘッドの重さが
 その重心位置構造が
 そのシャフトの柔らかさが

グリップの移動を助けます。

それが出来るようになれば
より重たいヘッド、モーメントの高いヘッド、
シャフトの柔らかさが スイングを助けます。





で 話は元に戻しますが、
アプローチ、そして フルショットに時によく見かける
振り遅れを作る テークバック、上げ方 です。
(実験に協力して頂いたので 上げる方は少し大げさですが…)


❶アドレス時、多くの方が
ヘッドを地面に置いて、重さを委ねています。

❷テークバック開始・・・・・・・・動作が始まると
グリップは高くなりますが、ヘッドを放っておいています。

✋アドレス時のディッシュアングルを維持するには
釣り上げる訳ではないですが、
すこし 上げる意識がないとヘッドは落ちてしまいます。

❸アプローチの場合
グリップとヘッドの相関関係において
アドレス時よりも ヘッドが下がってしまった為、
このまま 打ったのでは 手前をダふります。
よって アプローチとは言え存在する ダウンスイング
インパクトまでの間に ヘッドを逆に上げる必要が生まれ
その無駄な調整により ミスが生まれ易くなります。


❸フルショットの場合
一旦、グリップに対し、下がったヘッドを上げるため
無駄なコッキング、ヘッドを上げる行為が
テークバックの後半に入ってしまうため
切り返しが遅れ 振り遅れにつながります。

😨フルショットの場合、 この動作によって からだが反らされ、起こされ
その動作の修復のため より遅れるケースも見られます。
起き上がりコブシ症候群になります。

また グリップとヘッドの上下の位置関係を維持したモノ
(重さが掛かるなりにあげる〜同じ姿勢を維持するために動かす)
をしたものと、しないもの(一旦、ヘッドを下げてしまう)とでは
ヘッドの通るルートが異なり、
一旦、下げてしまったルートの方が大きな弧 〜長いクラブ に
なるので それも振り遅れ や アウトサイドイン を生む原因に成り得ます。

ヘッドの高さに注目_Moment


アプローチであっても フルショットであっても地面に置いたヘッド、
ここから テークバック初動をする場合、
コッキング、釣り上げる必要は一切ありませんが、
動き始めた時、すこし持ち上げる位の意識がないと
ヘッドは下がり、
その後 それを修正する動作が 幾つも入る可能性があります。

小さな問題ですが、実はあとあといろいろ響くので
注意が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフだけに限らず
スポーツの中で 投げたり、打ったりする場合、
当たり前ですが 動作をする主は 自分 です。
決して ゴルフクラブやバット ではありません。
自分が動くから 結果、クラブやラケットは動く訳 です。

打撃部分である ヘッドを たくさん、しかも速く 動かしたい
そう言う気持ちは分からないではないですが
それは 動作として 自分の動作が速くなるから
クラブ、そしてクラブヘッドも動く訳です。

何度も書きますが、ゴルフクラブは
☑飛び出る方向   上下 / 左右
☑ボールの回転
 そして 飛び出る速度

それらは科学的には ヘッドの速度、ヘッドの重量
そして 打撃の状態 によって作られます。

それらは ヘッドの姿勢(角度)、ヘッドの入射(角度)状態
つまり 角度によって生み出されるわけで
それが あまりにアンステディ、安定し難い、繰り返しにくい方法は
出来るだけ避けたい訳です。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





自分が主で、結果としてヘッドが動くのと
始めから ヘッドを動かそうとするのでは
それによって生み出される影響、不可抗力が大きく異なります。
どの道 不可抗力はかかる訳ですから
それが計算できる、出来れば その不可抗力が助力に出来る
不可抗力に誘われるようにしておいた方が よりベターでしょう。

振り子のアプローチ、振り子の動作 では
その不可抗力が非常に大きく、
コースで起こり得るあらゆるミスを誘発しやすくなります。



振り子のアプローチ_Moment(2)


これが テークバックの初期動作に見えるのはかなり深刻です。


この動作は 腕自体を曲げ伸ばし してる訳 ではありませんが
腕を起動させるために 肩を動かしており
 その肩を揺さぶるために からだそのものは固定、止めています。
錯覚しがちですが、
 からだを止めると ショットは安定しそうですが、
そもそも 腕で造れるスピードやパワーは限定的ですし、
 長丁場や自然環境下での変化、疲労が激しくなります。

✋この動作の延長線上に フルスイング があるとすると・・・
 本来、動かすべきところは使わず
 本来、動かさない筈の箇所を使ってのスイング動作になります

dohiraki
マッチョな若者がするのは自由ですが、
 加齢による体力、運動能力の低下や運動不足を嘆く
アマチュアゴルファーが率先的にやるべきコトではないかと思います、が…。

からだ、胴体は多少ひねることは出来ます。
それは からだを壊さないための「遊び」「クッション」「緩衝」として
考えるべきで、それソノモノを 運動の源にするのはどうか、と思います。

股関節を境に 胴体そのもの、骨盤から上の上半身を動かせば
両腕の長さに制約が掛からず
より自然な形で からだの向きを変えるコトが出来ます。
勿論、限度はありますが、からだを壊す可能性はとても低い。。。
殆ど悪いことはないのに何故なんでしょうねぇ・・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


もう これ大袈裟には
ゴルフ業界が行う
 アマチュアゴルファーへの嫌がらせなんじゃないか
 ゴルフ業界全体に対する自傷行為なんじゃないか と思うのです。

よくよく 初心者の女性とかに
☑ショットはこうだよ
☑アプローチはこうだよ って
教えているレッスンを見かけます。
「振り子のアプローチ」 検索、ググると
 約300万件出てきます。  😿 吐きそうです。
本当は あっちらこっちらから ブログとか
ユーチューブなどの動画を引っ張って来たいのですが
大人げないので辞めておきます。

✋✋後から文句もすごそうですしね




😬 振り子のアプローチ ですね 😬



これって 何度も言いますが、
本来のゴルフスイングには存在しない、要らない動作 で
その動きは ゴルフクラブの機能を殺します。

達人リートレビノとは全く違う動き ですよね。
この「振り子のアプローチ」 
もしくは ゴルフスイングの基礎として教える振り子の動き 
◎達人の言う からだ 👉胴体〜上半身 と
◎振り子の動きの からだ 👉肩
ゴルフの初期の段階で覚える、覚えたとしたら
長年に渡り 肩を動かす、肩をまわす、胴体を捩じるコト
を からだを使っている と覚えるようになります。

これはゴルフにとって致命的な問題です✋

😵😵😵御口直しにどうぞ






ゴルフクラブもそうですが、
スイングのメカニズムも 角度 の道具、機能です。


スイング動作にとって
"そのクラブの長さ分の前傾姿勢"という角度があります。
これはイコール ヘッドの入ってくる、入射角度の基盤です。
そして その前傾姿勢は
大腿骨と骨盤、股関節のからだの前」に傾いている角度です。

からだ、骨盤より上、胴体 ではなく
肩を揺らしてしまえば
本来の前傾姿勢よりもアップライトな角度に動くことになり、
それによって 本来の前傾姿勢は大きく影響を受けてしまいます。
消えてしまう とも言えます。

肩や肩甲骨は機能として 
腕とからだのつなぎ役 ではありますが、
スイング動作にとって 確固たる動作はなく
どちらかというと 体を痛めない為にある干渉地域、遊び です。
 それを積極的に使わせるなんて・・・

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





肩でクラブを揺さぶる
まあ ヘッドを動かしたい気持ちは分かりますが、
そうすると そのまんま ロフトも増えます、変わります。
肩の揺さぶりに 影響受けて 前傾も変わり 無くなったりもしますので
入射角度や最下点もかなり動きます。
最下点の位置ズレもそうですが、
ヘッドの高さ変化も激しいですから
このアプローチで始めた人は 終生、アプローチに苦労し易いでしょう。

また ヘッドスピードの高い人や力のある人を除き
ロフトを開き、緩い入射でボールを打つと
アプローチの場合、低いヘッドスピードではボールが抜け
飛距離が得られません。
よって 必要以上に速く、強く、大きく振る事になりますから
今度はミスの危険性が上がります。


その延長線上で フルショットになった時、
やはり同じく ヘッドスピードが低めだと
ボールが上がり切らず 伸びません。
女性やシニア、若年層には
 まるで 「ゴルフは貴方に合っていないよ」 と言う球を
打たせるための レッスン です。
頑張って続けても スコアの歩留まりや飛距離不足が
 常時、付きまとうので
ゴルフを辞める原因に十分成り得るレッスンなのです。
加齢による スコアの落ち、飛距離不足の原因もソレ です。

その延長線上で
からだをまわす を 肩をまわす と教えるので
前傾姿勢の からだの前 の部分が
どこかよく判りませんから 前傾姿勢は
ゴルフのアドレス時だけの 意味不明なモノに成り下がります。

今は 側屈とか、側傾とか、地面反力とか
正に 本来、ゴルフスイングに存在しない、要らない動作を説明するために
要らない言葉が生み出されている訳です。

この 始めの一歩 の
ショットの土台、ボールさばきの部分
そこだけを抽出すれば アプローチになる部分
ここをシンプルに、明解に   そして 「正しく」 教えて欲しいです。

ゴルフスイングにとって ここが すべて なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


達人 リートレビノ の
「ここがインパクトだよ!」の先でボールを打つと
その先があると どうなるのか と言うと 段階があります。
達人のココから盗め_Moment

始めは単なるキャスティングです。
 だって ボールに当たらない…届かないもん。

空振り、チョロ、ダフリ、トップに苦しむ
 そりゃ そうだ。

当たると スライスか、ハイボール
 飛ばねー

フェースローテーション、ヘッドの返しの必要性
 それは必須になるよね

コースでは やっぱり スライス
 更なる練習

引っかけをドローと呼んじゃう
 その道の うーん 呼ぶべきかどうか ですが 達人
 またの名を曲芸打ちの達人
…だって 本当はからだの回転でするのを手で真似るんだから さ。


とここまでに 相当な苦労、球数が要ります。
・・・・・・数千では足らない? 万 は打つかも?

スイングに関係なく、放っておいても
ゴルフのスコア上、上級者と呼ばれる、自称する人は
それを乗り越え、その練習を継続します。 ご苦労様です。✋

練習も少な目、月一ゴルファーの場合は
 ❺コースでは やっぱり スライス
 更なる練習   ⇒ ❺〜❻の繰り返し
10年…長年、やっても 大きな変化はなかなか出ません…

同時に この 本来、スイングには存在しない、要らない部分 で
ボールを打つコト は 
低いスピードで打つ、調整したスピードで打つ
アプローチにミスの頻度、確率、確実性の低さ
 から逃れられません。
ドライバーショットをコースでスライスさせない練習の
何倍もアプローチの練習が必要になり、継続、持続は必須です。

そうでないと 飛距離だけでなく
スコアの歩留まりもかなり早くに来て、その先が見えません。


また 悲しいことに このクラブ使いだと
クラブの機能が殺されてしまうので
クラブによる違いも出にくい、場合によっては出ませんから
ネームバリューに頼るしか 選択はないのでしょうね。

クラブだけでなく、スイングにも多様性が見いだせなくて
非常に 均一な、多数決的な価値観になりがちです。



達人 リートレビノの道に進むと
それはそれで練習は必要ですが、上の ❶〜❻が全くありません。
❶始めは単なるキャスティングです。
❷空振り、チョロ、ダフリ、トップに苦しむ
❸当たると スライスか、ハイボール
❹フェースローテーション、ヘッドの返しの必要性
❺コースでは やっぱり スライス
❻引っかけをドローと呼んじゃう …ドライバーは打ててもアプローチがね…

距離に関しては クラブ次第 と言うのもありますが、
自分の体力で出せる距離は得ることが出来ますし、
俗に言う スライス系のこすり球 を打つのは困難、
よほどのの当たり損ねをしない限り、か
思いっきり意図的でない限り
 ゴルフクラブ本来の性質、左回転のボールしか打てません。

スコアを突き詰めるには
勿論コースでの慣れや練習は必要ですが、
一旦 進んでいけば 体力よる緩やかな低下を除けば
不安定であったり、出たとこ勝負 ではなくなります。

苦手なクラブが少なく からだを傷め難い・・・
おまけに 教え上手 と呼ばれる可能性もあります。

達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)







ゴルフスイングを始めから覚える場合は
達人 リートレビノの真似をするだけで コト足りますが
一旦 それ以降を持ったスイングをして来て
それで一応なりともゴルフが出来る、
もしくは ちょっと腕に自信があるような場合、
条件反射的に覚えている 「あるコト」が 抜けないので
真似ても ボールは打てません。当たりません。


 

ご連絡、ご来店お待ちしております✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


しつこい・・・ですが 肝心要なの部分なので
またまた書きます。

何度も書いていますが、
インパクト直前で グリップの移動ではなく
ヘッドを動かそうとすれば
からだも回転も・・・(主に左サイド ですが)
グリップの移動も滞るか、止まります。

タオル を振ったとしたら
持ち手のグリップの部分と先端のヘッド部分が、
その位置関係を
逆転させるには 手を止める必要が生まれます。
ビンタする訳ですね。

AZEJ5123_MomentAZEJ5123_Moment(4)





逆に そう振るには
インパクト直前で からだが止まる グリップが止まる
ような 手順を踏む必要が生まれます。


からだ 腕 クラブ という順でダウンスイングする なら
それがし易いテークバックが必要になるでしょう。

つまり インパクト付近の
そのボールさばきがある限り、
テークバックやトップの恰好を作っても
意味が無いのです。
単に 形を真似ているに過ぎません。

スイング ココを治そう3.1_Moment(2)スイング ココを治そう❸_Moment(5)





ここがインパクトなんだ!
となれば ココをインパクトにする為の
別な手順が必要ですし、
グリップを止め ヘッドを出す、
ボールに届かせるための
行くべき グリップの通過点、終着点と
ココがインパクトなんだ! のその位置では
当然、違いがあるのです。



タオルを振れば
グリップを移動させた分、先端も移動します。
インパクト直前で 手を止め、先端を追い越させる のと
どの道 円で振る、円をなぞる
のなら 持続して体を回しておけば良いだけ です。
どちらも 先端は円を描きます。

と、同時に その 『からだ』はどこなのか
も その考えによって異なってきます。
腕も含めた胴体(境目が股関節)を動かすのか
からだを骨盤、へそから下を含まず 肩と考えるのか
スイングを理屈とした場合、
その差は小さくありません。


葛谷 2017-2020_Moment(2)


ゴルフクラブは角度の道具です。
その どちらが 角度がうつろい易く、
その どちらが 先端の速度を管理し易い かは
説明するまでもないでしょう。

その時の ヘッドの重さは ショットの役に立っていますか?

シャフトは ヘッドを動かす為のモノ と考えるのと
シャフトは グリップを動かす為のモノ の違いでもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーのスイングは
本来のスイングにとって 存在しない筈の
 要らない部分が 「ショットの鍵」 になっています。

大雑把に分類すれば ゴルフスイングは
◎その要らない部分の有るスイング と
◎その部分の存在しないスイング
 の二種類しかなく
要らない部分は ヘッドスピードが必要で、動作も難しく、
チカラ強い球を安定して繰り返すのは曲芸の領域 で
誰からも教わるコトも教えることも出来ない部分ばかり と言えます。

downswingdown_swingMVI_0874Trim_Moment






その 本来、存在しない部分で
ボールを打つには 何万通りの方法があり、
今のレッスンの主流は その人が覚えた 要らない部分 をネタに
スイングを教えているに過ぎません。(禁句か…)

数打って根性で掴むしか道はないでしょう。


スイングをロジック、言葉で掴もうとすると
円を描くとか、クラブを丸く振る、とか
ターンとか、 その要らない部分を助長する言葉が
履いて捨てるほどあるので誤解しがちです。

腕さばき で覚えるのは良いとしても
からだが回転することが 円ソノモノ なんですから
手さばきで 円を作ったら?  それ 二度手間 ですよね。
  ✋それが要らない部分です。

また 困ったコトに 人体は遊び部分があるので達人のココから盗め_Moment
腕さばきで 円を造っていなくとも
腕とも、からだとも言い難い 肩 でそれをしてしまえば
からだ ソノモノの仕事は それに取られてしまいます。

その際たる例が
ショルダーターンやアプローチでの振り子の動き です。
トレビノ氏は ココを造り あとは回るだけ
ココをからだの回転と同調させ インパクトにするだけ
と申しておりますが、
振り子のアプローチなどは そこから先が肝心 になる訳 です。

ゴルフは 数ミリ単位の違いでミスや違った球が出る遊びですから
このように振っても ミスが出ないとは言いませんが、
ここがインパクトだよ! の先があるスイングは
こする、ロフトを増やす、入射角度を緩くする、
というアマチュアの悩みの集約で
ダフル、トップする、シャンクになる
などなど 圧倒的に生み出し易くなりますし
はっきりと言えるのは ココがインパクトだよ! では
まだインパクトしてないのですから その言葉の通りの「振り遅れ」になります

アマチュアの多くがここが越えられない
私のスイングを見てきた人の多くも
ココがインパクト! より先で打撃し、
先日も書きましたが、そこが自分のショットの要なので
そこを 抹消 することが出来ません。

この二つは 全く相容れない、まったく別なモノなのです。



非常に典型的ですが…この方もそうです。⇩
ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






からだの回転と同調して 左の写真がインパクト な筈なのですが、
それ以降があり、ミスショット/ナイスショットの成否が
その要らない部分にかかっているので
さんざんワッグルして 調整しますが、
 そのワッグルは負荷や速度が全く別な本番には役に立ちません。

スイング ココを治そう❸_Moment(5)IMG_1091_Slomo_Moment



kumasan201810 (2)_Moment
kumasan201810 (2)_Moment(2)





シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(5)シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(6)






大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)







そこが ボールを打つコトの肝 になっていますから
そこを 抹消 することが乗り越え難い のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


プロゴルファーなど、あまたのレッスンビデオ、画像を
見てきましたが、ここまで参考になるモノはないかな と思います。

達人のココから盗め_Moment(3)



レッスンプロも含めたプロはの多くは
履いて捨てるほどのヘッドスピードと練習量を持っています。
 もしくは、それらを持っている時に培ったスイングです。
彼らのノウハウは
 どちらも持っていないオジサンおばさんゴルファー には
あまり役に立ちません。


そう言う意味では この画像は
飛ばすコト、つかまえるコト、曲げないコト
そして アプローチなどの距離の管理
 を
 非常に単純な ひと動作に集約 しています。



 

✋では 達人リートレビノ
のビデオをご覧ください。

おそらく アマチュアが真似るべき、
 参考にすべきスイングはこれが原本かと思います。


煽って こする 今のスイングに目が慣れている人には
なんだか 変な感じがすると思いますが・・・ね

スイングを見る目がスイングを作るチカラなんですけどね…。

元々 米国人の中では体も小さく、
パワーの無い彼が トーナメントというサーカスの中で
見出した 打撃 は 力のないアマチュアゴルファーの
本当にお手本になる 打撃 だと思います。

冒頭で 神様自身は説明はしていませんが、
スイング、ショットをすると ヘッドは重くなるので
からだはまわし、グリップは移動させても
ヘッドは 重くなる分、インパクト分 残して置け
と言っています。
ハミングバードでは それを「刷毛塗」と造語しています。


達人のココから盗め_Moment✋そして 抽出したこの画像 ですが

✋ここがインパクトだよ‼ と。

ここから先にインパクトがあるんじゃないよ‼ と。

ここはからだの回転が合体するから
ここから先がインパクトではなく
ここ そのものが インパクトだよ‼ と。

ここから ボールに当てる、ボールに届かせる
動きが 「こする」〜ロフトを増やし/入射を緩くする
「やっちゃダメだよ」と 神様は優しく申しております。



次の実際のボールを打ちますが、
見た目はアプローチ・・・ですが、
後々 繰り返し映像を合成していますが、
この 先ほどのココがインパクトだよー の場所から
単に からだの回転でグリップを移動させる のがスイングだよ 
やはり 神様は申しております。

達人のココから盗め_Moment(2)←勢いのない シャドースイングでは達人のココから盗め_Moment(4)
 こちら ですが

勢いがつくと
 こちら になります→



二つは全く同じモノ です。
そして フルショットバージョンを加えたのを比較してみて下さい
単に勢い、慣性の違いなだけで すべての骨格は同じです✋
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)達人のココから盗め_Moment(5)










では もう一度 全編 を通して見てみて下さい。

どのショットも、例えドライバーショットであっても
✋からだの回転でグリップを動かす
✋ヘッドソノモノの動きには頓着しない

というのが 見て取れる かと思いますが・・・
そう見えない方は 残念です  
→またのお越しをお待ちしております

飛ばすショットも、飛ばさないショットも
ドライバーとアプローチはほぼ全く同じモノなのです。
単に動作、自分自身の動きの速度の違いなだけ・・・


ここがインパクトだよ というコトが理解できる方だけ
この 3個の映像はつながりを持ちます。

達人のココから盗め_Moment達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)








ここがインパクトだよ 以降 に ヘッドをボールに届かせる動き
キャスティング… ヘッドローテーションと呼ぶ人もいるみたい ですが
それがある人、それを当たり前と思っている人には
この 3個の画像はつながりませんし、ピンと来ません。

アプローチのコトをコメントされた方がいらっしゃいましたが
要は ココの問題 と思います。

ココがインパクトだよ! 以降〜インパクト まで
(意味わかるかな)
の動作、スイング?、打撃は 本来のゴルフスイングには
存在しない部分です。一切存在しない、意識しない
逆に 存在しないことを意識するというか
その行為そのものが ミス エラー なのです。
達人のココから盗め_Moment

そして それらをする人にとっては
そこが ショットの鍵 なのですから 厄介です。
そのショットの鍵 の部分がすべてで
これ以降は惰性ですし、これ以前はおまけ。

ココがインパクトだよ の人にとっては
ここまでの動きがすべてなのですから
共通の話題はない のかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今どきの スイング軌道論
特に スライスという鬼っ子を生み出すらしいアウトサイドイン
ゴルフの上手い下手の証のような言われるインサイドアウト論は
ツッコミどころ満載で 本が一冊書けそうなほどです。

(書く訳ありませんのでご安心ください)



私もそのコト(軌道)に触れてはいますが、
インサイドアウトとか、アウトサイドインは
本来、からだの向きに対してのモノで
アドレス時の飛球線の外から入ってくるとか
中、内から入ってくるなど
論外の、化外の地の議論がまかり通っています。

例えば一般的な理論を説明するとAZEJ5123_Moment(4)
こんがらがる かも知れませんが、
自分のからだに対しては 断然アウトサイドイン、
飛球線に対して インサイドアウト、
 どっちなの って感じです。



ハミングバードの考える 正しいクラブ扱いでは
単に 結果として インサイドアウト になるに過ぎず、
それは過去にも説明もしていますが、
フォロー側の方が 遠心力などに寄り
クラブが長くなって見えるから インサイドアウトに傍目から見える、
からだの回転通り、からだの回転でスイングすれば
原則 インサイドイン と考えて 差し支えないと思います。
0e363453


願望としてインサイドアウトであろうが
アウトサイドインであろうが
てさばき、グリップの出しどころ(動かす方向)で
軌道とやらを作ろうとするなら からだは止めなくてはなりません。
からだの回転をしながら となれば 自由は効かなくなります。

からだの回転から切り離し、
左腕、左グリップの移動を減速させれば
勢い、慣性の付いた ヘッドは 当然、いきなりインに切り込みます。

グリップをインサイドアウトに使えば
ヘッドは アウトサイドイン か インサイド超イン にしか
なりません。
ここにフォローが出ていて インサイドアウトも何もないような気がしますが…
yjimage0IQ6BINQ100yard1









からだに無理がなく、距離や安定度にも満足なら
インサイドアウトだろうが、アウトサイドインだろうが
多少の部分はどうでも良いことです。
体の機構上、クラブの機構上、正しくショットすると
インサイドアウトに「見える」程度のモノで
ましてや それが 上手い上手くないの証にも成り得ません。
判断材料にも成り得ません。
からだの回転で というコトになれば
それは軌道、軌跡の問題ではなく
時間の進行の主たるからだの回転に対する
 インパクトの時期の差異に過ぎません。

からだの回転でなく その軌道を小手先で作るのであれば
もう論じるコトは何もなく、そんなものは世界に一つ、
各個人専用ですのでどうぞ お好きに。
ただし それを他人に押し付けるのは勘弁 というだけ です。




これも またパラドックスですが、
インサイドアウト で 打つ というコトは
からだとボールが正対した時、
からだの正面でボールを打つ というコトになるでしょう。
からだを止めて、であっても
回転しながら そのタイミングであっても、です。
からだの正面で打つ というコトは
緩やかに両方の手がアドレスと似た形で伸びているような、
 もしくは 両手の長さに都合が付いているコトを指します。
・・・・・・・・そうじゃないと届きませんからね
ほぼ 同意語 ですね。
dohiraki

ですので インパクトで、もしくは インパクト以降 に
右腕を伸ばす行為は その行為そのものが アウトサイドイン
振り遅れの代償というか、証
なのですが、
インパクトで、もしくは インパクト以降に右腕を伸ばして
インサイドアウト に振るパラドックスに気づいているのでしょうか。
もう こうなると 痛みの伴うギャグ に近いので
トライしている人には 故障 というご褒美が漏れなく進呈されます。

インパクト付近では
実際に 緩やかに両腕が伸びます(無意識です)が、
回転していく、これからボールから遠ざかっていく左サイドに対し
速やかに左腕をたたまないと クラブの逃げ道
その慣性を逃す先が無くなります。
故に インパクトでは 既に左腕は曲がっている と考えるのが正解。
スイングに 『意識的には』両腕が同時に伸びる瞬間はなく
右腕が伸びたら、交代に左腕は曲がっていかないと
その慣性(重さ)によって ひじや首、腰などを痛めるコトになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



『ドライバーは飛ばしたい』

世界共通の願望です。

ゴルフはトータルで楽しむ、競うゲームなので
全番手が共通に飛距離が伸びるのであればOKですが、
ドライバー、空中にあるボールを飛ばすためだけに
☑地面からのボールが上手く打てなくなったり
☑アプローチが苦手、
☑バンカーが苦手になる のは考えモノです。


葛谷 2017-2020_Moment(2)

飛距離を伸ばす という点において
単純に
❶キャリーを減らす(フライハイ)
 弾道を低くする
 スピンを減らす
 打ち出し角度を減らす
❷キャリーを増やす(フライロー)
 弾道を高くする
 スピンを増やす
 打ち出し角度を上げる

があると思いますが

✋ロフトが立てられない(入射角度に対し適切でない)
✋入射角度が適切でない(ロフトに対し)
✋打撃のモーメントが低い
✋ヘッドスピードが低い

などが考えらます。

副作用の少ない形では
ロフトをより良い角度にする
✊ゴルフクラブ・製品を変える という意味ではなく
寝かしているロフトをより立てて、
自分の入射やヘッドスピードに対し適切なロフトにする
というのが一番でしょう。




✊✊✊では、問題のヘッドスピードはどうでしょう?


クラブ選びの際、お店での計測の際ありがちなパターン ですが
背伸びして、無理して 数値を上げて
現場で後半にバテてしまえば 距離だけでなく ミスも出ます。
自分の体力なりに 動作としてのスピードは
ある程度限られています。

ですが、ヘッドの、クラブの重さを
ヘッドスピードの助力に使えるとしたら どうでしょう。

一般的には ドライバー、その長さが
ヘッドスピードを作ると思いがちですが、
自分で その長さを振り回せば
その長さは、その重さは、その遠心力は
逆に ヘッドスピードの速度の阻害要因にしかなりません。

✋ヘッドはグリップに比べ
 長さも、重さもあるので 遅れます。

✋遅れを取り戻そうとすると
 土台であるグリップやからだを止めねばなりません。

✋それでは スピードそのものも上がるか 微妙ですし
 止まるのは大きなからだ
 動くのはクラブと小さな腕 ですので
 その間に来る部分、肘や肩、首や腰など
 からだを痛める原因になるでしょう。


ヘッドの重さ分、運動で重さが増える分も含め
その重さなりに ヘッドは遅れます。

重さは下に、重力にかかるチカラ ですし
遠心力は外に膨らもうとするチカラ です。

グリップとヘッドの位置関係を考えれば
双方ともに グリップを動かせるチカラ
グリップを押す、移動を手伝うチカラ として十分に使えます!
それが ゴルフクラブ本来の役割でもあります!


ヘッドスピードはまだまだ上げられる_Moment


数値で例えるならば
体力的に ヘッドスピード 38ms 出せるとします。
しかし、ヘッドを振りまわしてしまうので
 その重さによって 2ms分の損して 36msとなるか、
ヘッドの作り出す重さによって 
 グリップの移動が促進、助力され 2ms分増え 40msとなるか、
クラブの扱い方次第なのです。


歯を食いしばって クラブの重さと闘って
2ms減速してしまい 36msだったヘッドスピードが
同じチカラ感、いや そのチカラ感よりずいぶん低く 40ms が
出せてしまう クラブの使い方、重さの使い方 があるのです。

体力勝負ではなく、知恵によってスピードは上げられるのです。
鍵になるのは グリップを速く動かしてヘッドを移動させる、
ヘッドはシャフトでつながっていますから 放っておいて
兎も角 グリップの移動の速度向上 を

(対になるは ヘッドスピードなので 何でもかんでもヘッド)
考えられるかどうか・・・です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一般的な 振り方、ヘッドスピードの上げ方は

❶まず 先にからだを回し
❷体をとめ その反動で 腕とクラブを振る


と考えられ? 実行されています。

ボールを弾く 感じでしょうか……

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)


{ボールを飛ばす‼} コトの想像以上の重さ〜衝撃は
成人男性のドライバーで ゆうに800舛魃曚
1トン以上の荷重がかかる場合も少なくありません。

それを 腕とクラブという少ないモーメント(重量物)で
ボールという重量物をどかすのも大変ですし、
止めたからだ、止めた回転に対し
腕やクラブを振れば 俗に言う「遠心力」がかかり
それへの対処、
腕とクラブを振るだけの空間の確保 もあります。


ですので この一般的な、まあ 間違っているのですが
振り方、ヘッドスピードの上げ方では
かなり早い段階に無理、限界が訪れます。


✋スコアのため と思いつつ、飛距離は早めに妥協するか
✋からだの痛み、故障と付き合いながら 意地になるか

のいずれかと思いますが・・・・
  まだまだ チャンス‼ はあるのです。



『ヘッド』スピード ですので
誰もが 棒の先端にある ヘッドを速く動かすモノ
・・・・・・・半分正しく、半分間違っています・・・
という 呪いに捉われていますが、
その為に 土台の自分のからだを止めたのでは本末転倒
✋遠くに飛ばすためにボールを打つ
 のが目的であって
😿ヘッドスピードの数値を上げる
 のは手段
 に過ぎないのです。

🤓プラス 私たちは大人 ですので
 体を痛めるようなコトは 避けなくてはいけません


先ほど とあるプロのスイングを見てきましたが、
プロですら ショットは
からだの回転(特に左サイド)を止めてインパクトするもの
 と思っているようでした。

からだの回転を止め その勢いで!
 その表れが
先にからだ(腰)をまわし
 あとから 腕を振る、肩を回す 訳です。

からだの回転そのものが ヘッドスピードであるのならば
からだを開いて では ボールには届かなく なる筈 なのです。
(もしくは 目いっぱいロフトを開いて打つか)

シャフトがしならせて、しなり戻す や
遅れたモノを取り戻す とか、
開いたモノを閉じる、腰を切る
なんて言うのも どこかが止まり 腕やクラブを振ってインパクト!

という 反動運動を表す言葉でもあるのです。

ヘッドスピードはまだまだ上げられる_Moment


インパクトは体の正面で! とか
左の壁! なんて言うのも
からだの回転(左サイド)を止め、インパクトさせるコト
を想起させますが、
からだの正面を造り・・・・で打つコトではなく
インパクトのタイミングが タイミングとして からだの正面✋
止まらない流れの一部であって
そこを作るコトが逆に流れを止めてしまいます……。

左向き、左サイドの動き、からだの回転を止めない
止めなくても当たる、打てる、届く、

そう言うスイングをイメージしないと
 ヘッドスピード、飛距離の頭打ちはすぐそこ です。

飛ばす は 誤った思い込み が限界を生むのです。

特に年齢的に 飛距離がじり貧になってきた場合、
そこの壁を越えないと ドンドン距離が厳しくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現代の標準的なアイアンセットのロフト構成はこんな感じです

4番から22度(オプションだと思いますが)
5番  25
6番  28
7番  32
8番  36
9番  40
PW  45
AW  50
SW  56

✋こちらがストロングロフトの構成です
4番から18度(これは無理)
5番  20 (…これも無理)
6番  22 (きわどい)
7番  24
8番  28
9番  33
PW  38

⁇⁇  〜 この間が謎

AW  50
SW  56


7番が24度前後 となると

9番〜PWと AWの間
もしくは AW~SW の間に大きく差が出来
コースで一番使用頻度の高い距離帯に穴が出来ます。

名称は仮称ですが 10番アイアンやPW-供,筺AW-供,鯑れるのでは
単に 番手ロンダリングしただけ ですから
現在のアイアンの番手を シールを張り換えれば済む
と思うのですが・・・ 言い過ぎかな。

IMG_0624


で、実は 問題はそれだけに済まないのです。
アイアンのデザイン〜設計には難所 があって
使用上、
ロフトの立った、上のクラブは上げ易く
ロフトの寝た、下のクラブを上げ辛く する必要性があります。
飛ばすクラブ、上げるクラブと
飛ばさないクラブ、上げないクラブが必要なのです。

ストロングロフトにしたため
過度に上の番手は 上げ易い設計。。。
バンスが大きくなったり、重心が深くなっている のですが
それが 40度の以上のクラブには使い辛さ になってしまいます。


通常 ロフトが増えると
それに応じて バンスが増えていきます。
4度のロフトが増える、半インチ長くなる に応じて
バンス角度も1~2度ずつ 増えていくような感じなのですが、
元々 ソールが大きく、重心を低く、深く設計していると
そのソール形状をどこかの番手から大きく変える必要性が出てきます。

まあ 言うなれば 8番アイアンまでをユーティリティー にして
それ以降を アイアンにする と言った感じです。

それでも その変化、推移には限界、
同一機種としての流れ・・・があるでしょうから限界があります。
✋重心の低い、重心の深い 40度以上のクラブは
ロフトの増え 以上に 飛距離が出なくなり 使い勝手が悪くなります。

実戦、コースでは 130ヤードを超えるショットよりも
110ヤード以下の距離の方が スコアには直結しています。
そこに クラブが少ない
しかも 使い勝手が良くない となると
野球でいうところ 外野を5人で守って 内野は2人
サッカーで言うトコロ フォワードを7人にして デイフェンダー3人
のような配置になるのではないでしょうか

☆通常のロフトのキャビティアイアンでも
PS・SW はキャビティではなく、ブレード(マッスル)になっているのも
そう言った理由です。


この10年でゴルフクラブはからきし売れなくなりました。
特に アイアンは酷い現状のよう・・・です。
とは言っても このストロングロフトのアイアンを使うのなら
前述しましたが ある番手までをユーティリティー にして
ある番手からアイアンにした方が あとあとの実害が少ないような
そんな気がします。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



令和になった現代
アイアンヘッドのロフト、どの辺りが基準値なのかは分かりませんが
5番アイアンで言うと 25度位じゃないか と思います。
現在はアプローチウエッジ(PS)が標準装備ですから
4番から22度(オプションだと思いますが)
5番  25
6番  28
7番  32
8番  36
9番  40
PW  45
AW  50
SW  56
こんな感じがアイアンの構成だと思います。
IMG_0784

最近、ストロングロフト…ロフトの立った(数値として少ない)モノ
が多くみられるようになりましたが、
ストロングロフトのクラブには 『それ相応の罠』が仕掛けられています。

7番アイアンが24度 だとします。
5番アイアン相当、場合によってはそれより立っています。

となると 上の番手 下の番手のロフト構成は
4番から18度(これは無理)
5番  20 (…これも無理)
6番  22 (きわどい)
7番  24
8番  28
9番  33
PW  38

⁇⁇  〜 この間が謎

AW  50
SW  56

口は悪いですが アイアンの飛距離…番手による飛距離
に自信がない人が使う…というよりも
アイアンの番手による距離の虚栄心が強い人が使う
と考えて良いのか と思ってしまいます。

まず 6番22度のというロフトは
ほとんどのアマチュアには ティーアップ以外では
実戦使用は無理 だと思います。
逆に このロフトが使える人は ストロングロフトは要らない…でしょう。
つまり 7番24度でもぎりぎり なので
6番以上のアイアンがバックの重し になるか
7番が上限のアイアンになる というコト でしょう。

また ストロングロフトのアイアンは
ストロングロフトに出来る、ストロングロフトにしても「上げられる」「使える」だけの
重心高の低さ、か 重心深度の深さ、慣性モーメントの高さ の必要性があります。
それは、最近ユーティリティのように厚みの増してきたアイアン とは言え
ウッドに比べると まだまだ 板形状 のアイアンには構造上限界があります。
重心の低さ、重心の深さは ソールの奥行き、大きさによって
決まると言っても良いでしょう。
つまり ソールが大きく、バンスも張っている アイアンになります。
異素材、比重の違う金属を使っても やはり形状に頼らざるを得ません。

ソールが大きく(広く)、バンスの張っているアイアン
アイアンの飛距離に悩んでいる人は
ヘッドスピード不足もあるとは思いますが、
ロフトを寝かしてボールを打つ癖が強い。。。ので
この ソール、バンスが邪魔になると思います。
IMG_0524

飛距離を出すために 入射角度を緩くするための
重心の低さ、重心の深さ が 災い して
ソール形状と相まって ダフリやトップ、ダフリチョロなどを
生む可能性が否めません。

ソールやバンスは ゴルフクラブをその長さなりに
上から打てる人にとっては お助け機能 ですが、
アイアンの飛距離不足の人は しゃくり癖、あおり癖 が強い・・・ ですから
逆に 邪魔になるでしょう・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


最近、練習用だと思うのですが、
かなりのメーカー、シャフトメーカーから
柔らかいシャフト、もしくは柔らかいシャフト装着のクラブ
が出ているのですが。。。

ちょっと 不思議に思うコト があります。


ダウンスイング〜左上腕_Moment



シャフトの本来の役割は
ヘッドやクラブの重さそのもの、
ヘッドのその特異(特殊)な形状による重さのかかり方を打ち手に伝え、
どの方向に動くのか👉スイングの方向性
いつ動くのか👉スイングのタイミング・リズム
速く、強く動く👉スイング運動の助力  するものです。


つまり シャフトは
 ヘッドの重さによって「グリップを動かす為のモノ
」です
✌その意図であれば その練習用のクラブは練習になるでしょう…が
 それを理解している人は オーバースペック、過度な硬さのシャフトを
 常用するコトはない・・・・ というパラドックスなんですがね
 ゴルフ界のよくあるパラドックスです。

しかし、一般的には
レッスンプロなども含め
✖シャフトは しならせて しなり戻して
✖ヘッドの重さとしなりもどし で ボールを弾いて打つ
 グリップを動かすコト ではなく
✖ヘッドを動かすモノ 〜しならせて・しなり戻して打つ
 と考えられています。
おそらく プロゴルファーやゴルフメーカーさんも含め
ゴルフに携わる人の 95%超える、限りなく100%に近い人が
そう信じていると思います。

どちらも宗教のようなモノで どちらを信じ、どちらが好きか
に良い悪いは無いと思いますが…。

シャフトをしならせて しなり戻す 人にとって
柔らかいシャフトは
 そのしなる量も、しなり戻る(正確にはしなり戻す)量も
かなり大きいです。
何センチ、何十センチ とは言えませんが、
例えば、普段・・・NS950 の SR相当 
振動数(シャフトの硬さ) 5番アイアン 290cpm  
を使っている人にとって
振動数(シャフトの硬さ) 5番アイアン 200cpm
のものは シャフトの動く量は3倍以上 往復では6倍〜10倍近く
動かしますし、動かさなくてはなりません。

down_swingAZEJ5123_Moment








開いてあげて、閉じて降ろす
それが上手く行くには
ナイスショットになるには そのしならせる量、しなり戻す量とともに
その速度やタイミングが重要になります。

✋その練習用クラブを初めて手にした人は
当初、ダフリ、シャンク、スライス、ハイボール を連発する筈です。
そして 練習を重ねる。。。球をたくさん打って
シャフトをしならせる量、しなり戻す量、時期
その塩梅、加減、要領・・・タイミングを掴むわけですが
それは あくまでも その練習用クラブの要領、タイミング です。

シャフトはヘッドを動かすモノ
シャフトはしならせて、しなり戻して使う と考えている人
にとっては スイングのリズムやタイミングが命 です。
そのリズムやタイミングが 参考にならない程離れている
元の 振動数290cpm…振動数で言うと倍も違うクラブは
そのタイミングも要領も 全く異なる
別のスポーツの道具 と言っても過言ではないほど違うモノ です。

まったく違うタイミング・リズムのクラブで練習して
実際に使うのは 倍も硬いシャフト って
なんか意味あるんですか?
何を覚えたいんですか?
なんのための練習なんでしょうか?
ゆっくり振るための練習ですか?
   ✋でも、自分のクラブは速く振らないと飛びませんよ…。

しならせて しなりもどす・・・
その方法 って言っても
倍も柔らかいシャフトは そのスイングなら
放っておいても しなります・・・・嫌というほど・・・
でも、自分のシャフトに戻ったら
自分でしならせないと しなりません。
なにが参考になるんですか?
 ボールを打つのにしならせる必要があるなら
 放っておいても しなる その練習用のクラブの硬さを
 使えば 済むだけ と考えるのは変ですかね〜🤓😵

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを難しくする、
ショットの安定感を欠く、
飛距離を損じる、
コトを生む からだの捻じれ が
その人によっては スイングそのもの な場合が多いです。

如何に からだ・胴体・上半身をねじらせると
その後のスイングに多大な二度手間が発生するか 書きましたが、
テークバックの時点でそれを改善する気のない人が少なくありません。

葛谷 2017-2020_Moment(2)

どちらか…と言うと、そのねじれ
テークバックにおいても そのどこかが止まる その反動で振る とか
クラブやシャフトは 90度や180度ターンするモノ
という前提で スイングするための準備動作 なのでしょう。


ハミングバードでは ヘッドを動かすな と言いますが、
それは 『ヘッドを!まったくそこから動かさない 微動だにしない』
     という意味ではなく
✋グリップの移動分から
  ヘッドの本来の重さ & 長さにより増す分 & 移動により増す分 
   差し引いて動かさないは動かさない
✋体の向きの変更で を除き シャフトの角角度運動をさせない

具体的にはクラブの長さ、ヘッドの重さ、使う速度によって異なりますが
 ✊重さ分、グリップよりは移動しない
というコトを指します。

その前提の元、出来るだけ二度手間をしないように
腰・骨盤の向きを変えたら 肩を遅れさせず
上半身、胴体を一つのユニットとして動かす意識
 を持つ、
今まで 恒常的にそれを遅れさせ 胴体を捩じっていた人 にとっては
腕やグリップ、クラブなどを先に動かす
ような感覚が必要になるでしょう。


✋また ねじれ を意識する人
振り遅れを取り戻す を意識する人の多くが
スイング、ショット、打撃は遠心力を使う と信じている傾向が強いですが、
遠心力は その重さや速度に応じて
 外に外に、軸点よりも外に飛び出そう とする力 です。

にもかかわらず インパクト直前に
フェースを自分の方に向けて ロフトを増やすように
ボールをこそぐように しゃくるように 打ってしまったのでは
ボールは円弧の中に飛び出してしまい
遠心力が距離に対しては無意味なモノになってしまいます。
感覚的、イメージの問題ですが
ロフトの関係なく フェースは常時
 スイングの弧の外側に向いているモノ
 です。
円弧の中に向けてしまったのでは その遠心力は
距離ではなく、高さや回転にしかなりません。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)

ここのところとても不思議です。
遠心力を口にする人は 例外なく
ボールを円弧 の中に打とうとするんですよね…。😵


スイング中、特にダウンスイングでの
『力み』 に関しても その体の捻じれ が密接に関係します。
運動や移動には当然ですが その指向性・方向性が伴います。
『力み』 必然ではない力加減とは
自分の動きたい、動かしたい方向に対し
想定以上の重さが掛かった時に 自然な反応として生まれる訳です。
よって それを解決するのは
✋力まないコト ではなく
力まなくて済む、重さの作り方、クラブであったり
重さ 👉負荷となり得るからだの捻じれを軽減・消去するコト です。

スイングにとって 力みの元となる
その 指向性、方向性の悪い、異なる重さ
その最大なモノは 実は自分のからだ なのです。
当たり前と言えば 当たり前…ですが・・・
❶腰にとって肩、
❷肩にとって腕、
❸腕にとってグリップ、

を遅らせれば 当然負荷になり、姿勢にも影響しますし、
当然 次の動作にも影響します。

また 困ったコトに 先に行けば行くほど
負荷になる重さは数値としては減っても
それを動かす部位、筋肉が小さくなっていくので
リキミは解消し辛く、遅れソノモノも解消し辛くなります。

重心のかかり方 (2)


タイミングなども含め、ダウンスイングで ハイ すぐに解消
はやさしくないかも知れませんが、少なくとも
準備としてテークバックで 捻じれを最大限に減らす
そして 無くす という努力は必要かと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジュニアゴルファーの話・・・ なんですが
その前に、実はここに面白いデータがあります。

これは健康診断などを通して、厚生労働省の発表している
握力のデータです。

男性の場合、55歳を過ぎると急激に握力が落ちてきます。
それに比べると 女性の握力に大きな変化はありません。
だいたい これって 飛距離のデータと比例・・・していませんか
思い当たるフシがあるのではありませんか?

そう言う意味でも 握力に頼らない、
つまり 手で振らないスイングが必要になるのかも 知れませんね。


down_swing


【世界の成人握力調査】
年齢:男性/女性
20:48.9kg / 29.1kg
25:49.2kg / 29.5
30:50.3kg / 30.2
35:50.0kg / 30.6
40:49.2kg / 30.5
45:48.1kg / 29.7
50:46.7kg / 28.2
55:44.7kg / 27.1
60:41.0kg / 25.7

65:37.4kg / 24.0

10:16.9kg / 16.7kg
11:19.8kg / 19.4
12:24.5kg / 21.9
13:30.1kg / 24.3

14:35.3kg / 25.5
15:39.0kg / 25.8
16:41.0kg / 26.9
17:43.0kg / 27.4
18:42.1kg / 26.4
19:42.3kg / 26.5



平均値ではありますが、中学校に入る頃になると
男子の握力も成人女性と同程度…になってきています。
女子の方は 大人になってもあまり高い数値にならず
早い段階で大人と似た数値になります。

✋この数値を見れば
 どうしても 子供にゴルフをさせたい・・・
 プロゴルファーにしたい となったら
 どの年齢辺りから ゴルフを始めると良いのか
 良い目安になると思います。




ゴルフクラブの問題は昨日書きましたが、
10〜12歳の子供にとって ものすごく立ったロフト
(それが例え12度のドライバーであっても)
大人にとって50インチ超のような、ものすごい長尺
ヘッドが軽く、まるでヘッドが付いていない様な棒
ヘッドの軽さも相まって、10〜12歳の子供が振って
しならせることが出来ない様なシャフトの硬さ

👉この条件で やはり一番辛いのは 弾道の高さ確保
 キャリーボールの距離になります。


握力が非常に低いのに
振り回さなければ ゴルフにならない
となると グリップの形に選択はなく
今のプロゴルファーに見られるような
左グリップでふんジバるような がちがちに握ったグリップになり
そのせいで アドレスが歪んでいます。

よほど 体力に余裕のある
他の運動でからだを鍛えている子供 でない限り
その酷いグリップ、歪んだアドレス姿勢
上げるためのスイングは あとあと響きます。
そして その 幼少期に身に着けたスイングの影響で
終生苦労することになるのです。

4bc4dc1974


お子さん(高校生以下)にゴルフをさせる必要性は殆どありませんが、
どうしても・・・・・
願わくばプロにしたい・・・
(辞めた方がいいですが)
というのであれば、
小学校〜中学校は もっと運動量の有るボールスポーツ
サッカーでも、野球でも、バスケットでも いいですから
他のスポーツでボール感覚を磨かせ
体力をつけてから 高校生、大学生以降 で覚えるのが良いかな と思います。

出来るだけ ヘッドの重い、出来るだけ柔らかい、
出来るだけボールのあがり易い・・・例えば大きなロフト のクラブで
放っておいても上がってしまうクラブで、上げるのが容易いクラブで
下げて(低く)打つ というコトを覚える
 のが良いです。

これは大人にも共通ですが、
下げて打つ、低く打つ というのは
ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、アイアン、アプローチ、
パッティングに至るまで、
ほぼすべてのクラブに良い影響が多く、
特に 短い距離、抑えて打つショットにとても有効です。


逆に言えば 上げようとするスイング の場合、
フェアウェイウッド、アイアン、アプローチ、パッティング、
特に短いアプローチやバンカー、パター下手を作り出します。
体力やヘッドスピードが低い人にとって
上げるスイング〜しゃくるスイング、煽るスイングは
◎アプローチの距離感が苦手
◎バンカーから上手く打てない
◎飛距離不足があるのにフェアウェイウッドが苦手
 というのが付きまとい
それは 後年、握力が落ちてくる年齢で より強まります。
✋✋✋お気をつけて・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




多くの人、協会も
子供にゴルフをさせる、
小さい頃からゴルフをさせる 方が
ゴルフ界全体の、プロゴルフのレベルも 底上げされる…
と思っていますが、正直、私はそうは思いません。


不可能な話ですが
日本のゴルフのレベル、特にプロのレベルの底上げ
をしたいのであれば、 今の現状であるのなら
10歳以下はゴルフ禁止 にした方が
20年位はかかりますが、
 ゴルフ界全体のレベルは上がると思います。

(もしくは競技をしない…それも無理か…)

確かに 微妙なタッチなどは
小さいころから培ってきた方が良い…かも知れませんが、
それも何とも言えないです。


10歳 小学校5年生の
平均身長、は男女ともに 135~138cm  (148cm米国)
平均体重 は男女ともに  35kg 程度  (48訴胴顱砲任后
  ちなみに  男女ともに握力⓰舛任后帖

 「日本」で小さい子供がゴルフをする場合、
娯楽や趣味でするケースよりも 競技としてするケースの方が多いでしょう。


down_swing



45インチのドライバーのヘッドの大きさ迄含めると 120センチ前後ありますから
そのまま 小学校5年生が使うとすると 自分の鼻位まであります。
平均的な成人男性で 鼻まで届くドライバーとなると 50インチ以上 です。
逆に、平均的な成人男性の45インチはみぞおちから胸下位までですから
小学生がその程度 となると 40インチ未満 おそらく 38インチ(97cm) ですね

ドライバーが ロフト9度や10度、11度なのは 45インチで使うからです。
3番ウッド 15度前後としても 43インチ、
4番ウッドというモノが消滅してしまいましたから、
 昔で言う5番ウッド、現在の7番ウッドは 21度前後 で
 長さは 42インチ前後です。

この長さ、そしてロフトの関係は
長さの変化による ヘッドスピードの向上 がそのまま 距離になるのではなく
長さの変化によって 使えるロフトが変わるコトが一番の鍵 です。

21度のロフトを45インチで使えば
 距離は スピンが増えたり、高く上がったり して減ってしまいます。
逆に 10度のロフトを 42インチで使えば
 ボールが上がり切らず 距離は落ちてしまいます。

では 小学校5年生が 適正な長さ 38~40インチで使った場合、
 いったい どのロフトが適切でしょうか?
✋適切なロフトは 25度とか 30度になると考えられます。
探せばそう言う商品も見つけられ、オリジナルで作るコトも可能ですが
小学校5年生にゴルフをやらせる親御さん、
競技を念頭にゴルフをやらせる親御さんが そうするでしょうか?

おそらく 大人用のやや多めのロフト 12度程度 を
 適当、本当に適当に切った長さにして与えていると思います。
✋ゴルフクラブの販売不振、コストカット故に
 現在では 女性オリジナル、シニアオリジナルのロフトは姿を消し
 昔では 15〜⓱度くらいまで存在していたものが
 最大12度になっている現状もあります。

クラブは短くなれば 入射角度がきつく成ります。
入射角度がきつく成れば ボールは上がり難くなり、
小学校5年生の力では ボールを上げきれません。
IMG_0339
また、ゴルフクラブはそのロフトに対しての適正な入射角度を作る、
その為、ロフトに応じて 長さをかえる、
その為に 長さに応じて ヘッドの重さを増やして
打撃のエネルギーを作り出す とともに
全番手を同じような感じで振れるように工夫しています。

ですので
 45インチのドライバーは190g(一般的な市販品規格)
 43インチの3番ウッドは205g
 42インチの7番ウッドは215g のように推移していくのです。
短くなっても 打撃の破壊力を確保する
同じ硬さのシャフトを付けた時、同じような硬さ感になるには
長さに応じた ヘッドの重量の変化が必要です。

ですので 40インチであれば 適正なヘッド重量は225g、
38インチであれば235g です。

そんなヘッド重量使っているでしょうか?

IMG_0340


では 190gのドライバーを 40インチで使ったら
   どんな感じになると思いますか?

✋軽くて振り易い・・・ですか…30g以上軽いですけど
✋飛びそう・・・ですか…30g軽くて絶壁ロフトですけど

その上で ロフト。。。。
ボールの高さを確保する問題が絡んでくるのです。


大人がそのまま 縮小コピーして 身長を低くした場合より
 体重の軽い 彼らは力がありません。
女性を見れば 分かると思いますが、
みなさん 高さが出せず 苦労していますよね。
その女性よりも 小学校5年生は体重も含め 遥かに非力です。

その子に まるで ヘッドの重さも感じない、ヘッドの付いていない様な
シャフトのしなりもあったもんじゃない 異様にただの長い棒・・・
成人男性にとって 2度や5度に匹敵するようなロフトのクラブで
 打て! 飛ばせ! 上手くなれ! って
  それって拷問じゃないですか?

ヘッド重量も増やさず
 45インチの 11度のロフトを 5インチぶった切って
 ヘッド重量30gも少ないシャフトの硬さ で
 親御さんに気に入られるため 一生懸命練習したら
 どんなスイングになるか 想像つきませんか?


じゃあ 長さを切らず そのまま・・・
となっても 135センチの身長の子が44インチ以上を打つのは
私たちが 50インチを打つのと変わらないのです。
ものすごくフラットに振る事になりますから
本来のその長さで振る入射角度よりもフラットな入射角度で覚える。
ヘッドスピードがあれば 緩い入射角度は高さを生めますか、
小学校5年生のヘッドスピード、かなり無理をしても
ボールを上げきれない可能性が高いですから
あの手、この手、地面を蹴って 上に伸び上がるとか
もう 曲芸…50インチ以上の長さのクラブを打つ訳ですからね


正しいロフトの使い方20170920_matsuyama-650x435
正しい長さの使い方
正しいシャフトの使い方
ヘッド重量を利用した正しい破壊力の作り方
 覚えられると思います?
無理ですよね。


しならない、ヘッドの感じない 長い棒を
速く振るため、目いっぱい体をしならせ、ねじって
無理やり 高さの取れるスイングになりますよね…。


シャフトをしならせて ロフトを増やして
思いっきり 上を向いて、
からだの限界まで捩じって、ゴムのようにその反動でねじり戻す
このスイングになるのは必然


で・・・ 悲劇はこの先にあるのです。
そのスイングでゴルフを覚えた子が
スコアで苦しむのは アプローチです。

ロフトを寝かして 欲しい距離を出すのには スピードが必要です。
また からだの限界まで捩じった その反動で打つスイングにとって
中途半端な距離を打つのが易しくない・・・・
それでも スコアを出さないと 親御さんが喜ばない となると
気が狂ったように アプローチの練習をするコトになります。
練習をたくさんすることは決して悪いコト ではないですが、
ある年齢になると その無理した体の使い方
それでも練習は欠かせない…。 
特に負担の大きいアプローチ/パター練習は必須。。。
  かなり早い段階、年齢で 勤続疲労がやってきます。
プロになる頃にはボロボロになっています。

そしてアプローチは まず間違いなく 世界では通用しません。
また その距離感は 25歳位を境に狂い始めます。


今のゴルフスイング論の主流。。。
✊50インチの長さのドライバーでゴルフを覚える…
✊ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさなど 皆無なゴルフクラブで覚える…
✊ロフト3度のドライバーでゴルフを覚える…

上がり難く、飛びにくく、ゴルフクラブのヘッドやシャフトの機能など
感覚的に『存在しない』に等しいゴルフクラブで覚えた
そういう スイング論が主流なのも 殆どがこういう背景 なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このスイング、いえ素振りやワッグルの
一番罪深いところは
ダウンスイングの行程を

❶からだを回す もしくは シフト
❷腕のリリースでクラブを下に振る



はっきりと順序の有る

 からだ → 腕   の 2行程 にしているコトです。

ここには
スイングを 『二行程』 にしてしまう  という問題と
その順序を からだ→腕(肩)にしてしまう という大きな問題が
 含まれています。


 


今回の被験者の方は 勘が良いのか
運動センスなのか テークバックにはあまり影響が出ていませんが、
通常、ほとんどの人は
この からだ → 腕 というダウンスイングの順序ある2工程に沿って
 からだ → 腕(肩)〜クラブ という 二行程で
そして 順序の有るテークバック を構築してしまいます。

✋典型的な参考例はこちら




からだ を回す、もしくはシフトしてから
クラブを腕のリリースによって下にさばく
この順序にすると
腕のリリース(右腕の伸ばし)をするには
からだを止めなくてはなりません。

先にからだを回して 腕をリリースし
下にクラブを振れば
上下方向に 腕クラブの長さ + 遠心力 分
その空間が必要で
止まった体は 上に伸び上がるか、からだを開くコト
によって 空間を創出するコトになる

✋おそらく アマチュアのショットの悩み、スイングの悩みが
凝縮した状態です。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)


このショットの難点は
遅い運動スピードと速い運動スピードで
からだと腕/クラブ にはかかる負荷の差が大きいコトで
◎からだは 元々の重さが重く(割合としての変化が少ない)、
運動半径が小さく(運動の中心に近い) そして支える筋肉は大きい

◎腕/クラブは 元々の重さが軽く(割合としての変化が大きい)、
運動半径が大きく(外周に近く) それを支える筋肉が小さい

ので 運動速度によっての差が大きくなります。
アプローチショットとフルショットは別なモノ になり易いのです。

また フルショットをした際、
からだを先に動かし、後から肩・腕・クラブ を動かす為
からだを動かし始めた時 それらを置き去りにする
その「いきみ」がスイングだと認識されやすいですね。

その「いきみ」がダウンスイングのきっかけになり易い ので
一旦 ショット動作として定着すると その感覚が抜けにくい
 というのもあります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 被験者になって頂いた方は
年齢以上に体格もパワーもあり
十分が飛距離をもっていらっしゃる…から
ご本人には数割程度の無駄は みんなの為…というコトで
治さなくてもいいかも…ね… と。

とは言え 弾道が高く、飛距離も大きく損をしている
また この動きは短めのアプローチのミスを誘発する
というコトなので 取り上げてみました。




動画にスイング…ではなく、素振り、ワッグルの部分が多いのは
意味があります。
こういう 素振り、ワッグル もしくは無意識でのクラブ扱い
をする方が少なくありません。

結果論…で言うと
インパクトの直前に ボールをさらう手さばき
円弧を描く動きを入れれば
ロフトは増え、入射は緩くなるのは必然・・・。


その元になっているのは
ダウンスイングを からだの回転 と 腕さばき の
二重に行っているコト
 です。
トップの位置からインパクト付近まで
右斜め上から左斜め下までの 円弧は
からだが向きを変えるから 発生するのです。
その弧の大きさや高さ などには手さばきは関係ありますが
弧を描くコト そのものには手は関係がありません。
ダウンスイングの弧、いえ、スイング全体が
弧(円状になるコト)には手さばきは一切関係ないのです。

その円弧を 手で描くには
からだを止め 手を動かす必要が生まれますし、
からだと二重に似たような円弧を描こうとする為
からだは その手の補正作業に回ってしまいます。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






ですので インパクト直前に 手で ボールを拾う、さらう
動きを入れると よりからだが回ってしまう(左腰が逃げる)か
それでは届きすぎてしまうので 横移動の回転を止め
肩を上向きにする などの調整が反応、防衛本能のような形で
必ず入ります。

ダウンスイングをからだゴト、からだで行くには
単に この状態から体を回すだけです。
ココを治したい❷_Moment(3)

からだを回すと クラブや腕に遠心力がかかり
その付け根の肩から離れようとするので
結果、伸びる形になるだけです。

その作用を使って グリップを通過点を下げ 円を膨らませ
ボールに届かせる行為は ある意味 腕を使う とは異なり
腕は重さを受け 回転に対し 受け身になる作用を上手にこなす
といったら 良いでしょうか そう言うコトです。


✋インパクト直前まで大きな問題はないのに
ボールをさばく
  一番重要な部分に腕さばきを介在させてしまっているが故に
☑腰は止まり、
☑肩は上を向く →回転の角度を変え 肩を上に逃がす

という 一番重要な、しかも 一番速いポイントで
一気に 仕事、微妙な調整量が必要になる動きを
手で増やしてしまっている というコト です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転 というとyjimageLL1DHR4Z
からだ、胴体、上半身をねじって
腰と腕、腰と肩を別々に動かしたり
からだの回転そのものを肩の回転と認識している人
の殆ど、例外は少ないでしょうね、 が
◎スイングは丸く振るモノ
◎振り遅れは✖
◎フェースターン、ヘッドは返すモノ
◎シャフトはしならせて しなり戻して打つ


つまり からだが(人によっては肩)が
90度向きを変えたら、クラブ(ヘッド)やシャフトも90度向きを変える
同じ分量だけ回転する、移動する と信じています。

クラブの、クラブヘッドの元々も重さ や 長さによる増し
運動/移動による乗算(増し) が あっても
…… です。


でも この世の中にいる限り
重さによる法則は万人に共通 で
その重さの分、重さが増す分、その運動は減衰します。


そして からだを捩じると
腰の動作に対しては 肩より上の重さが
肩に対しては腕やクラブの重さ が同じく負荷 となるので
その不可分、運動、移動量は減るのです。

からだの回転に同期して 胴体や腕、グリップ部を動かしても
仮にですが、90度回転しても、重さ分 80度しか動かない とすると
それに加え 肩を遅らせ負荷として
腕を遅らせ負荷として、クラブを遅らせ負荷として
それを後々 より小さくなっていく筋肉で動かす のですから
非効率極まりない打撃・・・になる訳です。
重さ分10度ずつ減るとしても
90度腰を回転させ 肩で10度、腕で10度 クラブで10度 減りますから
90度腰を回転させても クラブは60度しか動きません。

更に 困ったコトに
からだを捩じって ボールを打つ人は
その遅れが「悪」と信じており、クラブ〜シャフトは90度…それ以上回転する
という前提で ショットしているので
30度足らないはずのクラブの回転を
 自分の回転方法で90度にする(クラブの回転) コトが
スイングと信じています。

ですので 左腰を引く 形になる訳 です。

😿振り遅れたくないから 振り遅れを作る という パラドックス です。

(/ω\)左腰を引かず、茲諒匹箸いμ礁椶如〆弦を止める人は
その後の回転 足りない分を回転させるため
肩をより開きます。
腰は止まっていること と 捻じったモノが上下に長くなる
という効果によって 突然 上に伸びるような、上に振るような動作…
クラブを振る、腕を振る、ローテーションする空間を作るため伸び上がる…
 ……それを、地面反力
  なんて言う『
恥ずかしい言葉😢』で表現されていたりします。

2010111116444243889


90度腰を回転させても クラブも含めた各部位の重さ分
遅れて それが60度になってしまったとしても
その足りない分、届かない分 の、
 本来の対処法 「左へのシフト」 が
左腰を引いてしまうので 使うことが出来ない というおまけ も付いてきます。


正しいからだの回転では
全くと言ってよいほど存在しない負荷
その負荷の対応に 存在しないはずの対処・対応
そして その対処・対応は 本当に短い、刹那な時間なので
誰に教えることも教わるコトも出来ない部分と言えます。
言いたくはないですが、スイングの教本、レッスンとは
負荷を作らないようにすることや
スイングをその場その場の対処や反応でしなくて良いようにすることのはずで
教えることも教わることも出来ない秘儀やタイミングを
スイング論とは言わないのでは……と思う今日この頃です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ