◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2020年02月


これは 飛ばす、ドライバーショットでも同じですが
ゴルフを良くするには
 その距離、望むその距離を打つ能力を高めるコト です。

どちらもどちらですが、
多くのゴルファーは方向ばかりを重視してきた傾向が強いので
ある種 方向の方が二の次 と考えてよいでしょう。

フルショットにもつながりますから
重要視 しなくてはいけないのは
 ヘッドのロフト姿勢
 ヘッドの入射姿勢₍角度₎ を一定にする
変化を多く作らない コトで
この条件は ヘッドの方が多く動かない
グリップの動いた量 ヘッドを動かすコト
 です。
images

グリップの動いた速度通り、 ヘッドを動かすコト です。

肩を揺さぶったり、ヘッドばかりを動かすような振り方では
一定の動作速度を身に着けても
 ロフト姿勢が一定にならず
 ヘッドの入射角度が一定にならず

一定の距離を打ち続けることはかなり難しい
アプローチであれば 腰痛を覚悟するほどの練習量がないと
それを習得し、かつ持続するのは不可能です。

グリップを 兎も角 動かす。

ヘッドを動かしたい、思い描いた道のり、軌跡
それを なぞれるよう グリップを動かすのです。


それを感覚的に覚えると
アプローチの距離感は飛躍的に良くなります。
と同時に グリップの移動でヘッドの移動を管理、
ヘッド姿勢も管理しますから
ダフリやトップなどの痛手を負うミスも激減します。

手先で円弧を描かなく、
特に上下、ヘッドの高さの変化を生み出す円弧を
描かなくなりますから アプローチで痛い ダフリ・トップもミスから
解放されると言っても良いほど です。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

習慣づけ していくには
よほどの短い距離で無い限り
テークアウェイでは しっかり骨盤・体は右に向けましょう。
フルターンしても良いくらい。

フルターンしておけば
上から打てる時間は確保しやすくなるので
よりダフリ・トップは軽減します。

上げる量 で管理してはイケマセン。

打ちたい距離に対し
なんとなくで良いですから ボールの速度をイメージし
そのボールの速度になるような グリップの移動を作ります。
スイングの大きさは限定せず
そのグリップの移動速度が作れる量 を感覚的に。

距離感はボールの速度感であり
グリップの移動速度感です。
その感覚はなかなか間違いません。



練習やドリルでは
上げる時も下げる時も
ヘッドは忘れ、無視し(ゆるゆるしない範囲で)
グリップの移動だけを心掛け
ボールの速度とグリップの移動速度の関係を構築しましょう。
df713d9f-s

グリップの移動を決して止めず
グリップが下がっている過程でインパクトを作りましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



せっかく右利きの人が 右打ちしているのだから
 『右手/右腕で思いっきり叩きたい』

それはもっともですね。

重心のかかり方 (2)


全員がそう思っているか、どうかは別として
右手の叩き方も覚えておいても良いとは思います。


右手で「叩きたい」というコトは
「飛ばしたい」と同意語でしょうから(そうですよね?)
(利き手でぶっ叩きたい!)
飛距離が増えないと意味がないので
右手を使ったとき
「ロフトが増えてしまい」
ボールはむやみに高くなったり、スピンばかりになったら
叩き甲斐が薄れてしまいますから
ロフトの増えない「叩き方」 右手の使い方が必要になります。



❶右手でグリップ自体を斜め下に押す
 (右手で左グリップを下に押さえつける)

まず左右のグリップの関係を見て下さい。
前傾姿勢があるので 右手は左手の下にある「感じ」がしますが、
純粋な左右グリップの関係は 右が上にあります。

テークバックが始まり トップ〜ダウン〜インパクト
この期間 では
グリップの高くしている時間、
右を向いている時間、があるので
右のグリップの方が茲離哀螢奪廚茲蠅
高くなっている時間が 割合としても圧倒的に長く
総合的な意味でも 右手が左手のグリップの下に入るのは
からだが正面を向き、それに前傾姿勢が加わるからです。

スイング ココを治そう❸_Moment(5)

ですので 腕だけで言うと
左手の下に右グリップを入れる行為は
「ロフトを増やす」行為そのものですので
右手で叩きたいのなら 避けたい ですね。

左右のグリップの位置交換
グリップを下でも、横でも 位置交換をする意識があるのなら
右手で叩く は 飛ばない、うまく当たらない の
代表的な方法になってしまいます。



❷右腕を伸ばす空間は必要です。

右手で叩くのであれば その運動の空間は必要です。
肘が下を向いてしまえば
右腕を伸ばす動きは やはり「ロフトを増やす」動きに直結します。


右ひじが下を向けば
右の手のひらは上を向いてしまいます。
その時、ボールにはソールが向いてしまいます。

スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)

右ひじが下を向く というのは
右腕を伸ばす空間が足りない 
ってコトを指しています。

テークバック、テークバックの手順も含め
 右腕を伸ばす空間を作らないと
右腕を伸ばしても良いことはありません。
✋✋✋ 『右腕を伸ばす環境造り』 は重要です


◎右腕で叩き癖が強い にもかかわらず
✊✊✊空間が足りない というのは
アウトサイドイン ひっかき打ちの原因になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



http://hbs.livedoor.blog/archives/1993943.html

スイングのメカニズム論的な感じなので
ちょっと 難しい話かも…しれません。




腕の長さのコト ばかりを意識させてしまう話ですが、
鍵になるのは
その腕の長さを作り出す からだの姿勢 です。

腕の長さばかりを意識するスイングが
ある意味での フェースターンスイング とも言えますが、

ゴルフクラブは
1mの長さの先端に 7割近い重さが集中し、
打撃部分には ロフトという 後ろに重さが傾いた性質
重心の深さや重心距離、慣性モーメントが
フェースターンスイング 腕の長さ調整のスイングには
言葉の通り、重い足かせ、大きなハンディになります。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

スイングは見た目だけを真似してしまうと
右腕を伸ばすチャンス 時間と空間を失い
大きなロフトや緩すぎる入射角度で打つコトになって
飛ばしたい距離を打つのに
無駄に速いヘッドスピードが必要になってしまいます。



ここはスイングの意地悪なトコロ の一つですが、
ダウンスイング以降 右から左への 反時計周りの動きで
クラブの重さ、ヘッドの重さは右に残り易いため
右腕を伸ばそうとすればするほど
右サイドに重さがかかり、右サイドが突っ込み易く
かえって 右腕を伸ばす時間と空間を失う のです。


どの道かかる 遠心力を上手に利用し
からだを回すことで
インパクトまでに 右腕が「伸ばされてしまう」
遠心力は 外に外にはらむチカラ ですから
クラブを持った腕、には 
その接続点である
 肩からグリップやヘッドは離れようとします。
それを上手に利用出来れば
 自然と右腕、もしくは両腕が伸び
元のロフトでインパクトし易い でしょう。

その前傾姿勢の中で(フトコロ)
 腕を伸ばすことが出来れば
遠心力が掛かることによって
 その前傾姿勢も維持されやすくなります。

前傾姿勢 というモノも
それが 形式上あれば良い ではなく
何故あるのか
どう利用すれば良いのか
高速の動作の中で 意識できない前傾姿勢の維持を
 どの仕組みによって維持させるのか
というのが密接に絡み合ってきます。

葛谷 2017-2020_Moment(3)

からだの回転と腕の長さ
そして その腕の長さがどうなるか
によって インパクトをどう作るか
考えていくと どういう準備(テークバック)を
取るべきなのか というのが見えてくると思うのです。


これはなんとなく感じることですが
現代のスイングは 前傾姿勢にしても
スイング軌道にしても 形ばかり
本来は手段として存在するものが
 目的になってしまっている気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットをする
👉出来るだけ遠くに飛ばしたい
👉出来るだけ速度や筋力、運動神経に頼らず飛ばしたい
👉出来るだけ 繰り返せるようにしたい


🏴🗺🏴 誰もが望む ゴルフショットです。

それには どうしても越えなければならない
ルール… と言って良いのか   法則があります。

よほど 特殊でない限り、何人たりとも
その法則からは逃れることが出来ません。

そして ハミングバードがしつこく唱える
右腕の使い方やからだでクラブを「直に」動かそう も
その法則から逃れることは出来ません。

逆さから考えると ゴルフスイングの理解はし易い
かも知れませんので その法則のお話しを・・・。





ゴルフショットの絶対的な法則は
「打つクラブは 両手で持っている」というコト です。
ce93d5f8
テニスのラケットのように
片手で持ったり、時として両手で持ったり
逆に剣道の竹刀のように
両手で持ったり、時として片手で持ったり しません。

打ち終わってしまって…からは別として
ボールを打つ時は、必ず 両手で持って 打っている
という絶対法則があります。


ボールが飛ばない
スライスする、上手く当たらない
など 悩みの多くが
インパクト時、
もしくは ダウンスイングからインパクトにかけて
『左手(左腕)の長さを持て余し
 利き手である 右手(右腕)を使いたくとも使えない』

のです。

ですので よく聞く話の
「ゴルフは左手で打つ」とか
「右手を打つな」とは
ダウンスイング以降、進行方向の先にあるハンドターン
左腕の長さを持て余しており、
その状態で右手を使うと
『先が渋滞しているのに
 アクセルを踏んで事故になる』

を示唆しているのです。







ボールという 球状のモノを
ドライバーであっても、アイアンであっても
板状のモノで出来るだけ遠くにを飛ばす
上手くとらえる には その両手の長さが
どうなっているか が鍵になります。



通常、スタート位置のアドレス時
突っ張らかってはいませんが、
両手は緩やかに伸びた状態で構えます。

その状態が これから打つクラブのオリジナルの状態です。

その状態と比較して
右手(右腕)が曲がった
 👉『短くなった』状態でボールを打つ というのは
オリジナルのロフトの状態よりも
 開いた、大きなロフトで打つコトになります。


右、左の腕の長さが
都合のついた、同じような長さの状態で打つのが
最善のインパクトです。

ですので
よく このブログにも書いてある
からだの回転でテークバックを取りましょう、
左手(左腕)や肩回りだけでテークバックを取るのは辞めましょう
というのは からだの回転で直にクラブを動かすコト が
大事ですが、大事ではなく(意味不明)
両方の腕の長さが合いにくくなり
可能性として 左腕の長さが長くなり易く
右腕の長さが短くなり易く、大きなロフトで打つ可能性が
格段に高くなるのでお勧めできない というコトなのです。
葛谷 2017-2020_Moment(3)

ですので 例え からだの回転、骨盤が右を向いていたとしても
からだの捻じりが入って、左腕が長くなっている状態で
インパクトが迎えやすいのであれば
からだ(骨盤)を回していないのと意味は似ているのです。


ダウンスイングで 左腕を下げましょう とか
右腕を早めに伸ばす意識を持ちましょう も
両腕の長さが合い易い インパクトを作るという意味合い です。



であれば 始めから 腕は伸ばしっぱなしのまま
からだだけで回れば… と思う人もいるでしょうが、
ゴルフクラブは
1mの長さの先端に 7割近い重さが集中し、
打撃部分には ロフトという 後ろに重さが傾いた性質を
持っている為、 重さが後方に残り易いので 右サイドが下がり
右腕を伸ばしたまま、インパクトに入れなくなってしまいます。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの多くは イメージ・思い込み によって
作られることが少なくありません。

よく有る例ですが
✋インパクトを体の正面で!
✋ボールとからだが正対した時、インパクトを迎えたい。

nojk_Moment

そして 画像などで そのような場面を見かけると
その「恰好」を意識、インパクトの「恰好」を意識するようになりますが、
それは大きな過ちにつながります。

からだが回っている、向きが変わっている
その時間の流れの中で インパクトがそのタイミングに訪れるコト
が重要なのであって
ボールとからだが正対したところで『止める』ような
恰好が問題なのではありません。

その例で言うと 多くの人が インパクトでは両腕が伸びた状態
特に 左腕がピンと張った状態 出迎えるモノ という
誰からも言われたコトの無い 『動作の関所』 を作ってしまっています。




ミスターKの場合も その匂いがします。

過去の練習の中で(良くあるパターンですが)
スライスが出たり、引っかけが出たり
からだが開いているコトが良くない…
インパクトは体の正面で…
みたいな意識が働き 無理に左腕の姿勢、左サイドの姿勢で
インパクトを記憶している可能性があります。

ですので 私からは
「インパクトも含め それ以降で
 出来るだけ早めに 左上腕を上に逃がしましょう」

もしくは
「インパクトで左腕は曲がっている…位で」
というアドバイスをしています。

今も消え切ってはいませんが
スイングに フェースターンが強く残っており
それを実行する為
 ダウンスイング〜トップ〜テークアウェイ を通して
左腕の移動量・動作量 > 右腕の移動量・動作量
を作ろうとしている気配が見られます。

フェースターンは 左右のグリップの追いかけっこ で
右グリップが左グリップを追い越さないと達成できませんから
左グリップにはたくさん動いておいて
 追いつく余地を作る必要 があります。

それが 左だけであげるテークバックを無意識に生み出している
可能性が否めないのです。

葛谷 2017-2020_Moment

今回の課題は 
「✊インパクト以降 早めに左上腕を上に抜こう」
であって、テークバックでは無いのですが
このような変化が生まれている訳です。

現在、決して飛ばない方ではないのですが、
もっと「飛ばしたい」 望みを達成するには
インパクトで 左腕や左サイドが待っていて
それを フェースターンで追い抜く
 では
からだが上を向いてしまい ボールのスピードが伸びません。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

ごく一般的、平均的な体力、ヘッドスピードの人にとって
上を向いて 「高打ち出し/低スピン」 を狙っても
逆に ボールが浮ききらず失速する可能性 だけでなく
地面からボールを打つショットへの悪影響が多すぎるので
トライすべきではなく
持っているゴルフクラブなりの入射とロフトでとらえる方法の方が
ドライバーからアプローチ、バンカーショットまでのつながりが良くなり
相互に良い影響が生まれます。


飛距離アップのために 考える事は
左腕・左サイドが余らない準備を作り出すコト
左サイドを止めず 全体の動作をスピードアップする方法
だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



そして 冬が終わりそう。。。
春の声が聞こえそうになると毎年恒例
ミスターKのスイング改造が始まります。

もう30年位やっているような気がします。


スイングのチェックポイント、改善点 においては
後日 また記載しますが
 今回は別な視点で👀





左の残像付き映像が  2017年のモノ
 ◎こちらはフェアウェイウッド

右のややスローな映像が 2020年のモノ です。
 ◎こちらはドライバーです



ミスターKのゴルフスイングの
特徴的な動き、個性的な動きは
テークバックで 左手だけで上げ ←これは平均的
それによって 多くの人は 前に、ボールの方に
からだが倒れます。
普通はそのまま 打つのですが
ミスターKは テークバック終盤で
その前への傾きを修正してしまうのです。

偶然にも 残像付きの映像には
メガネのフレームの残像によって それが見て取れます。

この部分 本人 気にしていなかったのか、気付いていなかったのか
私、店主とその件について 会話したことはありません。

元々 レッスンなどを他で受けた経験は多くないとは思いますが、
場合によっては 「頭を動かしすぎ」とか
「軸がぶれている」とか言われ、修正の対象になるほど
目に見える はっきりした 独特の動作 です。

その動作、修正する動作 自体は
天性の勘なのか、練習による自然に身に付いたものなのか
意図的なのか はわかりません。聞く気もありません。

ところが 2020年のスイングでは
その動作が消えてしまっています。
葛谷 2017-2020_Moment(3)

それを主の目的に スイングのアドバイスをした覚えはありません。

✋単に 左手でクラブを上げない
 もっと 右手/右腕主導でテークバックを取るコト
✋テークバック初動でグリップを体から離さないコト
✋出来るだけ、胴体を捩じらず
 しっかり骨盤、秀二を右に向けるコト


この3点を 口酸っぱく言い続けてきました。



傍目から見ると トップの頭/顔の位置も変わり
ボールの見え方 も違っているでしょうから
なにがしかの 感触の違いがあるのでは? と思いますが、
おそらく ご本人は このテークバック後半の体の起こし、
頭の移動が修正されたコトは気付いていない…かも知れません。

この角度から映像では読み取れませんが、
元々 逆ピボットが強いタイプのスイングで(2017以前)
そこは気にしていたとは思いますが、
それも解消されている と思われます。


❶手だけで上げる
❷その動作の副作用として からだが前に倒れる
❸体を起こす(それが逆ピボットを生む)

❶の修正を抜きに ❷❸は抹消できません。
手だけであげれば からだは前に倒れますし
ミスターKの場合は その倒れた体を起こす動作があり
それが 逆ピボットを生んでいたので
手だけ上げるコトを辞めない限り、
最低でも後の❷❸の動作をしなくてよい程度まで
減らさない限り ❷❸の動作は本能として
スイングの条件反射として刷り込まれてしまっています。



映像などを見る機会が増え
自分の目につく、好ましくない動作
その好ましくない動作は
 まず間違いなく『必然!』 で行われています。

手を返したくないのに 返してしまっているのは
本来 からだの回転で行えるモノを行っていない代替え行為ですから
しないとボールが打てません。
この場合(ミスターK)も、からだを使わず
左手だけでテークバックを取ってしまうと
からだが前に倒れてしまうので バランスを取るためや
傾斜地でも安定してボールを打つため 必然で 起こしていた 訳です。


他にも からだが突っ込んでしまったり、開いたり
右サイドが潜ってしまうような 目につく動きの 殆どは
それをしないと 打つコトが出来ないから 仕方なく行われている ので
その動作を「抹消」することは出来ません。

そこ以外の他を変えず そこだけの動作修正は
 その動作が 遠くへ飛ばすとか、繰り返し似た球を打つための
 必然の動きになってしまっているので、無理…なのです。
大きく寝坊したのに 急ぐな、走るな と言われるようなモノ です。

特に ダウンスイングのような スピードが付く動き、
また 全体が動いているような時は 動作としての修正がとても難しい
正直、不可能なミッションと言えるのです。

自分の気に入らない、好ましくない動作 は
それを治すのではなく、
それを要らない環境、つまり そこ以外を修正しないと
傷口に直に薬を塗ろうとしても治ることはないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転がスイングの時間を決めます

2013-04-30 10-21-17.464__Momentからだの回転でクラブを『直に』動かせれば
✋からだの向きを変えるコト のみが
 スイングの円弧を作る元 に出来れば
ヘッドが低くなる/高くなる と
円軌道としてのインサイド〜アウトサイド は
一致したモノに出来ます。


7375-300x225
少々 単純化して説明します。

スイングを上から見た状況で
打ちたい方向を 
← 時計の針で言うと 3時から9時 としましょう

アドレス時、骨盤、胴体は 12時を向いています。

テークバックをすると
トップの位置では 骨盤は だいたいですが 3時位を向きます。
多くて悪いことは少ないですが、
必要最低限(2時以上…かな)あれば
 その量(向きの量) ソノモノは さして問題ではありません。

からだの右向きを解き
概ね 12時を骨盤を向いた時 が
インパクトです。
からだの軸イメージ

✋実際には 骨盤は12時を向いていますが
時計そのものが 左(9時方向)にズレ
シャフト(クラブ)はヘッドの重みで
12時ではなく、1時〜1時半を向いた状態です。


左へのズレも伴いますが
概ね 12時を迎えても インパクトが来ない
ボールと正対した時間を過ぎても
インパクトが来なければ
◎からだの回転動作を止めて それを待つか
◎ボールに届いていない分 手さばきで行うか

そのいずれかが必要になります。

別の言い方をすれば
概ね 骨盤の向きの12時を迎えても
ボールをさばける グリップポイントに達していなければ
ヘッドでボールを拾いに行かなければなりません。

それが 振り遅れ/手遅れ です。


左へのズレ は有ったしても 
骨盤の向きが概ね12時を迎えた時に
インパクトが訪れれば ボールを上から打つコトになりますし
ボールをインサイドから打つコトにもなります。

しかし その機会を逸してしまえば
それ以降は アウトサイドから打つか
更に複雑にして ヘッドターンと言う もう一つの円を作り出すか
いずれかになるのです。




bbd8de35-s


インパクトの悪癖は

❶からだの向きの 12時 ボールと概ね正対した時期 に
 グリップが既定のポイント 
(⁑ボールに当たる場所) に達しない
 ⁑ヘッドの重み分 シャフトが12時を向かないコトを含め


が殆どです。
67d2f002-s

考えられる原因のひとつ として
イメージ、概念として
☑からだが正面を向く = シャフトも12時を向く
と思い込んでいるコトもあるでしょう。

✋本来は ヘッドの重みで シャフトの動きは
AZEJ5123_Moment(4)
からだの回転以上にはなりません
大幅に少ない動きしかしません。
にもかかわらず シャフトまでも12時とするには
からだを 時計で言うと 11時、10時まで回さないと
その機会は訪れません。


☑準備としてのテークアウェイに からだ、骨盤の向きが無く
 肩や手さばきだけで シャフトを振る、クラブを動かす

というのも それに該当します。

からだの回転でクラブが動く の
代替え行為で 腕のかいな 腕の返しで 円を描くと
残念ですが、人間の防御機能が働き
骨盤は止まっていられませんから 同じ状態になります。



7375-300x225もう一度説明します

スイングを上から見た状況で
打ちたい方向を 
← 時計の針で言うと 3時から9時 としましょう

アドレス時、骨盤、胴体は
12時を向いています。

テークバックをすると
トップの位置では 骨盤は だいたいですが 3時位を向きます。

これは平面図(上からのイメージ)ですが、
腕の役割は グリップを高くするコト だけです。
☑ シャフトは縦にも 横にも大きくは動かしていません。
からだの回転には前傾姿勢(股関節の角度)が伴うので
右を向けば グリップの位置、クラブは高くなりますし
それに グリップの高さ補助 が加わるので
グリップも、ヘッドも ボールを打つための高さとしては十分です。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)
にもかかわらず ダウンスイングで
シャフトを縦に、クラブを下に振ろうとすれば
行き(テークアウェイ)で行っていない行為 になりますから
当然 経路は増えてしまいます。
からだの向きが 12時を向いた時には 間に合わない …
物理的に 間に合わさない為に動かした と言えるのです。


行き(テークアウェイ)で行っていない行為を
ダウンスイングにしてしまいますから
同じところに返ってくるのは不可能です。
違う場所に着地するための動き とも言えます。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


これはとても大切な部分で
しかも 今は死語と言うか、
弊社のお客様位しか 通じない
意味不明な内容になるかも知れません。

ハミングバードからすると
ゴルフスイングの話し、スイングを覚えたいとか
スイングを良くしたい、飛ばしたい、安定させたい
という まあ普遍的なゴルフの悩みや希望を語るのに
この部分を除外して話をしても 逆に意味がないかと
強く思うのですが…。


IMG_1015_Moment


ゴルフのスイングは 傍目から見て 円を描きます。
意識として円運動をしているか、どうかは
その人その人の感覚なので何とも言えませんが、
その円は 傾いており
打つ人とボールの相対関係を基準とすると
_爾蠅了間
登りの時間

グリップなり、ヘッドなりが
_執澆靴討い觧間と
⊂緇困靴討い觧間
 に分かれます。

ですので ボールを上から打て とか
ボールを潰せ
 というのは
✋技術的な問題ではなく
✋時間の問題、 『いつ』の問題 になる訳です。

その時間を決める・分ける のが
  からだの回転 です。

自分で実際の行ってみると 分かると思いますが、
股関節を分かれ目 として 骨盤を、お尻を、胴体を
上半身を大きく捩じらず 右を向いたり、左を向いたり すると
その 下がりの時間は
クラブを含め からだの殆どが下への時間 になり
登りの時間は 殆どのモノが上への時間になります。
故に 上から打つ というのも
その時間次第です。

からだの回転で行っている場合、俗に言われる
❶テークアウェイは 右向き(右回転) 登りの時間
❷ダウンスイングは 右向きの戻り(左回転) 下がりの時間
❸インパクト以降 フォロースイングは 左向き(左回転) 登りの時間
 と
単純に 3つの時間に分かれます。
ですので 理想的なインパクトは
だいたい ❷の終わりの時間から ❸の始まりの時間にあれば
良い訳です。


否定的な話ばかりで申し訳ないですが、IMG_0872
腕でクラブを振ると、腕でその円弧を作ると
ヘッドを下げている時間は
からだが上を向いてしまい
下げる量と上を向く量のひき算になってしまい
ボールを上から打てるかは それ次第
からだが上を向く量がうわ待ってしまえばIMG_0873
煽り打ち、しゃくり打ち になり
ヘッドを下げている時間が上回れば
上から打てる(ロフトは開きますが…)になってしまい
明確な 違いが造り切れません。

手で振る場合、
◎テークバックと呼ばれる部分は
クラブヘッドは上げますが、からだは正面を向いたまま
◎ダウンスイング ヘッドを下げますが、
からだ〜腰や胴体は止まっているままに入られず
左を向き始め、上を向き始めます。
◎フォローに至れば 両方が揃いますが、
ほとんどの場合、からだは止まり切ったところまで至っているので
ヘッドの上がり方がかなり急激になります。





そして それに 多くの人の大好きな
インサイドから アウトサイドから が絡んできます。

からだの回転でスイングを行う場合、
◎インへ時間
❶テークアウェイは 右向き(右回転) 登りの時間

◎インからの時間
❷ダウンスイングは 右向きの戻り(左回転) 下がりの時間

◎インへの時間
❸インパクト以降 フォロースイングは 左向き(左回転) 登りの時間
 と

スイングの理想的なインパクトの入り方、入る時間
❷の終わりごろの時間にインパクトが来れば
上から打つ と インサイドから打つ は同意語 になります。

downswing
ところが 腕でクラブを振ると
ダウンスイングは ヘッドは下には振る事は出来ても
からだは 左を向き始めますから
自然な流れから行けば 外からしか振れません。
形式上、他人の目からインサイドから入れるのには
ロフトを寝かさざるを得ません。down_swing
上から打つコト と インサイドを打つコトが同時に達成し難い
形式上では それを達成するには ロフトを大きく寝かす という
難題が付いて回るのです。

✋ロフトの話が出ましたが
からだの回転でボールを打つ場合、
どの場面であっても からだに対してはロフトは大きく変わりませんが、
腕で振ると ロフトは180度以上変化している最中のどこかに
インパクトが来ることになる訳です。





もろもろ のことも含め
よく使われる スイング軌道 や ヘッドの軌跡の
上から とか、 インサイドから、 というのが
からだの回転によって 時間が区切られる と
考えるのではなく 単なる技術論だとしたら
魂入れずに仏を作る みたいな気がしてなりません。

ドローボールが打ちたい、スライスを治したい、
もっとボールを飛ばしたい を
偶然、もしくは たまに出来れば それで良い という
スイング理論で大丈夫なんでしょうか・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

これは本当に「気持ち」的には難しいのかも知れません。
なかなか乗り越えられないモノ なのかもしれません。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(4)






.哀螢奪廚琉榮阿ヘッドの移動
  →クラブのヘッドは捨て置く


弊社のシャフトは市販のシャフトの比べ「ぐにゃぐにゃ」と
言われるほど 柔らかい ですが、
それでも ヘッドはシャフトでつながっています。
(比較 ドライバー 振動数250pm / 120cpm)

ヘッドが抜けたり、シャフトが折れたりしません。

ましてや 殆どの人は カチカチの硬さのシャフトで
ゴルフを覚えているはず です。

シャフトでヘッドはグリップとつながっているのですから
ヘッドを動かそうとしなくても グリップさえ動かせば ヘッドは動くのです。

 

このスイングは
 ヘッドは動かすモノ
 ヘッドを動かすためにグリップはどこかで止める

と言う意思が見られます。

牽引する車 の話であれば
 前の車が動けば 後ろの車も動きます。

このクラブの扱いでは
 勢いをつけて置き いざ ボールを打つ時
 前の車が動きを辞め、その勢い(反動や慣性)を使って
 後ろの車を動かしている そういう動かし方 です。


こちらは素振りではありますが
〇グリップを動かし続けるコト が ヘッドを動かすコト
と言う動きです。

正しく ゴルフクラブの機能を使い、
 からだの回転通りにクラブを動かし行くには
 こちらにしないといけないのですが、
「ヘッドを動かさないとボールは打てない、
 ボールはヘッドで打つのだから…」

と言う基本になる意識がある限り
 この動きには絶対に到達出来ません。

ゴルフクラブは 1mもの長い棒の先に重さがあります。
そして それだけではなく
 長いが故に 自分やグリップよりもヘッドの方が移動速度が速くなります。
それは 重さをどんどん増やしますから
 物理的には どんどん 動きたがらなく なっていくのにも関わらず
△同一円上をヘッドが動く
△クラブの長さ通りに円を描く

をつくろうとすれば、どこかでグリップの移動を辞め
ヘッドを「意図的に」多く動かさなければならなくなります。

その動かし方が
 👉ヘッドを多く動かしているのに
  その行為は同時にロフトを増やす動きになるから
  振っても飛ばない
 👉遠くへ飛ばすスイングとアプローチなどの
  遠くに飛ばさないスイングに共通点を作れない
 👉グリップの移動そのもの ではなく
  グリップのこねくり によって ボールを打つので
  距離や姿勢などの安定を生めない

になるのです。

ビデオ_Moment


✋腕の補助も入りますが、体の向きの変更でグリップを動かし、
 その運動によって 更に増えた重さ分 留まろうとするヘッドは
 そのまま捨て置き、
 ヘッドはどの道 シャフトによってつながっているのですから
 その重さに抵抗せず、グリップを動かし続ける


  というのがゴルフスイングです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スイングをよくする →正しくする

ことは 飛距離も伸ばし、方向安定性も生む
のは分かっているとは思いますが

全員に聞いてみることは不可能だけれど
肌の感覚で言うと
「その動作、その格好、その型が何の意味があるのか?
 何をするためにその格好、その型にするのか?」

というのは 殆ど考えていない と思うのです。

暗黙の了解的に
 そうすると 上手くいく、そうすると 上手く打てる…だろう
程度なのだと思います。
mittan_Moment


しかし ゴルフは人間が行い、
殆どの動作には 意志、理由が伴います。
今のスイングの恰好、スイングの『さま』は
グリップにしても、アドレスにしても、
テークバックの上げ方にしても
今までのショットの積み重ねの中で
自分の一番したいコト →インパクトでどうボールをさばくか
の影響をものすごく大きく受けています。
それがすべてと言ってもよいほど。
それが結果 悪い動きだったとしても
 その肝心かなめの 自分のやりたいコト の呪縛から離脱 しない限り
型を真似ても 飾りをつけているに過ぎません。

例えば インパクトを手の返しでさばきたい 限り
必ず ダウンスイングで ライ方向にリリースしますから
その準備として テークバック時 ライ方向にクラブを起こします。
右ひじを張って トップを作る 形を追いかけても
そこに 自分の本当にやりたいコト ライ方向にクラブを上下させる
が根付いている限り シャフトクロスに陥ったりします。
右ひじを外に張り、曲げた分上げる というのは
からだの回転でボールをさばくため 
 の手段であり目的ではないのですが
その肝心な部分(手の返しでボールをさばく)が今まで通りであれば、
余計なアクションが増えたに過ぎません。
IMG_0398 (2)_Moment

 
また、ローテーション、手の返しでボールをさばくには
左グリップが支点になる必要がありますから
左グリップが クラブの重さ、クラブの回転を支えるほど
握っておかなければならず ここは変えられない・・・
変えたら クラブがすっ飛ぶか
ローテーションが出来ません。

ですので グリップを一時的に変えてみても
数球、ほんの2.3球打てば元に戻りますし、
コースで疲労の影響を色濃く受けやすい握力は
どんどん 茲離哀螢奪廚鮨爾握るようになります。

👉それによって 気づかぬ内に 茲鉢薀哀螢奪廚虜垢離れ
アドレスが狂ってくるコト〜ボールの置き位置がずれているコトが
 ラウンド後半に出るミスショットの
非常に大きな原因だったりもするのですが…。


ボールをからだの回転で打つメリット
と言うのを信じていない可能性も否めません。
手でローテーションした方が
 クラブを振った実感・充実感も伴いますし
過去の記憶の「飛んだ」とも結びついています。
体を痛め無さそうなのも
安定度も高そうなのも なんとなく想像がついても
飛ばない ・・・ 叩けない ・・・ 打撃の実感がない ・・・
打つ͡コトソノモノを自分で行いたい ・・・
あたりの 非常にベーシックな欲求が満たせない のもあるかもしれません。



はっきり言えば
そこそこゴルフを年数やっている人であれば
正しくクラブを使う というコトに関して
覚えなければいけない、あたらしい技術は何一つありません。
既に その技術・体さばき はもっています。
しかし なにぶん、意志や欲求のある人間が行う ので
その 頭の中 というか、 
 考えや思い込みが それを妨げているにすぎないのです。

スイング動作の意味が見えて、
それを満たしたい という欲求さえ身に付けば
素振りであれば 数球でスイングは変わります。
実際、軽く打つ程度なら 1時間で動作ははっきり変わります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

ゴルフスイングを直したい
と言う気持ちは誰しも …全員とは言いませんが
ゴルファーの約束とも言える「標語」になっています。

メリークリスマス☆…クリスマス・・・ ですが
サンタさんの頼んでも 良いスイングは届けてくれない
とのコト…です。


飛距離アップ
安定性アップ

と言う点においては 「正しく」スイングを良くすることは
非常に効果があります。

✋何より 正しいスイングは体を壊しません。

が、
そのスイングを その動作の真意、目的を考えず
形や型だけを真似ては
身に付くことはありません。
それが どんなタイプのスイングであっても…です。
 そのまんま 型をマネするに過ぎません。
うわべだけ、格好だけのスイングは
 その人の動作に刷り込まれることはありません。

ハミングバードの唱えていることは 昔から言われている
ごくごく普通の、ごく常識的なことなのですから
それも致し方ないとは思いますが、
唱えている人が その動作、その型の真意を理解されず
形ばかりを教えてしまう
例が少なくない ようで
それは ちょっと害がありますね。
意味の分からない型は覚えてもコースでは使えません。
練習場キング を目指すなら別ですが…。


スイングにおける 動作 は
例え それがグリップの恰好・型にしても
アドレス にしても 必ず 理由・・・意図があります。

何かの目的、何かの理由があって
それを行うために 結果として その型 になるのです。

ですので その目的、意図が変わっていないのに
型だけを変えても 身には付きません。
コースで発揮されることはありません。

なぜならば ショットは 意志を持った人間が行う からです。


参考例をあげましょう。
二つの動画をご覧ください。
片方はショットではなく、素振りの段階ですが、
この二つの時間差は『1時間程度』です。



評論・結果論だけあげれば
左のショット の方は
振り遅れ〜手遅れのカット打ち 
体を開いて 手でクラブを振る、俗に言うアウトサイドイン です。
一見 迫力はありますが、
振れば振るほど
 👉ロフトが増えるか、
 👉軌道が上向きになるか
 👉フェースが開くので 高い球になるか
ですから、飛距離にもなり難く、安定性も欠きます。

練習量や運動神経でカバーする人はこれでもスコアにはなります。
インパクトはこの形、グリップや体の姿勢はこんな感じ
『自分独特のインパクト』を練習で会得した人は
往々にして どう振っても結果は変わらない と心の底で思っているので
スイングそのものをなめているケースが少なくありません。

一方 右の素振り ですが、
この変化、差異は 形の猿真似 では絶対にたどり着けません。
スイング軌道は大幅に違いますし
ヘッド姿勢もこちらの方が締まったロフトでインパクトできるので
安定して 飛距離を稼げます。

動作の意味 動作の目的 が分かれば
この素振りは 打撃とつながっていけます。

何を意識すると この変化が起こるのか

IMG_0398 (2)_MomentIMG_0401 (2)_Moment













実は トップの形の差異 については
何も言ってないに等しい状態なのに
トップの形でもこんな差が発生しています。
 いったい それはなぜ、何によって起こったのでしょうか

 (明日に続く)   
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







この方のケースも 典型的なパターン です。
とても参考になるかと思います。

からだの回転 でスイングしたい
手で振りたくない という方が移行してくる経過上でよく見かけます。

スイングを見ると
テークバックは出来るだけ右向きを 多く とって
というのが見られますが、
結果としては ダウンスイング時 からだの回転に対し
肩〜腕を遅らせ インパクト、ボールさばきは
大きなフェースローテーションが入っています。

スイング ココを治そう❸_Momentスイング ココを治そう❸_Moment(4)スイング ココを治そう❸_Moment(5)





言葉悪く言えば 見せかけのからだの回転/テークバックです。

この 激しいフェースローテーション  の原因になっているのが
テークバック時の ヘッドの上げ ヘッドの起こし です。

からだの回転で に移行していくには
アプローチの延長線上、ランニングアプローチの延長線上に
ショットがある という意識が必要で
その為には グリップの高さはとっても 『ヘッドはあげない』
実際には ヘッドの形状があるので あがりますが
グリップは高くしても シャフトは地面と平行…位の感覚で十分です。


.哀螢奪廚旅發騎諒櫃榔ο咾龍覆りで!

 グリップの上げ 高さを取る行為 を
 左腕、左手の上げ に依存しているところがありますが
 その意識が 左腕とからだを分離させてしまいます。

 スイング、特にダウンスイングでは 左腕の長さや左腕の処遇に困り
 左腕が余りガチ。。。 左手の方が多く動いているので
 右手の移動量と合わない というケースが少なくありません。

 グリップの高さの確保は
 右ひじの曲がり に任せてしまいましょう。


 右ひじが曲がる(やや外目に開いて曲がる)と
 グリップの位置は 肩(の高さ)に引き寄せられます

✋グリップの高さはそれで十分です。


▲悒奪匹呂△欧覆 グリップもあげない位の意識で…。

 このスイングでも分かりますが、
 テークバックのからだの回転は終わり になっているのに
 まだ グリップを、ヘッドを上げようとしています。

 腕やクラブは動いている VS からだは止まっている

 この時間のずれが ダウンスイングでは増幅してしまいます。

スイング ココを治そう3.1_Momentスイング ココを治そう3.1_Moment(2)





 腕やクラブには まだテークバックの慣性が残っているのに
 からだがダウンに入れば からだの向きに肩周りが付いて来ません。

 確かに 多くの方は クラブを下に振る事が
 ダウンスイングなので その前準備としての「ヒッチ」が必要と言えば
 そうなのですが・・・

 ゴルフクラブは形状上、グリップを上げれば
 必然的にヘッドも高くなります。少し抑えて置く位で十分上がります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




10数年前から比べれば
見違えるほど いい感じになってきていますが
更なる飛躍を期待したいです。



まず 気になるのが グリップ です。
左右のグリップに一体感が薄く(上下に離れており)
それが 傾斜や疲労時、アドレスの乱れ、ボールの位置のズレ
アプローチのミスを誘発しかねません。
スイング ココを治そう❷_Moment

グリップ(握り)から治す のは いばらの道 ですので
このグリップの変化 が 自分のスイングの変化具合の目安
というコトを覚えておいてください。




“距離を伸ばし 安定度を高める という意味では
右向き 骨盤〜お腹の右向きが足りていません

ダウンスイング時の 右向きの時間、空間 共に
足りていないので クラブを通す場所がない 状態です。

右腕、右サイド、からだの動きに対し
左腕の移動が目立ちます。
左腕のからだに対する左右のズレ 動きが目立ちます。
ダウンスイング時、左腕の長さの対処に困っている…
動きすぎに困っているのですから
 出来るだけ 左腕が動かない テークバックが必要です。

✋また この手のスイングですと
疲労時、緊張時に より一層 左だけでテークバックを取り
浅めのトップ、空間時間不足のミス が起こり得ます。

素振り、アプローチ など テークバック時
左腕はあげる必要も、移動させる必要もありません。
テークバック時、左腕は単独で動かす必要はないのです。
からだの向きでしか 左腕を動かさない
からだの向き = 左腕の動き というのを意識して下さい。


それに反して 右サイドの動きが足らない です。
右手で とは言いませんが、
右サイドがもっと 後方にボールから離れる位  動いていいいと思います。
右ひじももちょっと 外に張りめ にした方が良いでしょうね。

✋グリップ自体を ボールから離し
アドレス時の背後、後方に送るような意識が良いかも しれません。


▲ぅ鵐僖ト以降、左サイドの動きが止まります
テークバック時の右向きが足らないことが主原因ではありますが、
スイングで からだをまわす というコトは
左右が同じだけ動く もしくは
ヘッドとグリップの追いかけっこ と考えて下さい。
グリップにヘッドが追い付いてしまうのは
左サイドの動きが右サイドよりも少ないから です。

右向きをもっと取る
という前提の元で
ダウンスイングで 左グリップを降ろし始めたら
後のことは なし で
一気に左を向いて、左にお腹を向けてしまいましょう




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





フルショットも含みますが アプローチ をする際
アマチュアが望む アプローチショットとは

❶まず どトップやどダフリ、シャンクなどを避け
 ほどほどに当たるコト

❷打ちたい距離がだいたい打てるコト


大きく分けて この二つ だと思います。



ショットを成否を分ける要素は

.悒奪疋好圈璽
▲蹈侫隼兩
F射角度


になる訳ですが、
からだの回転で 直にヘッドを動かす場合、
ヘッド速度は 動作速度と ほぼ一致、一律の関係です。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)IMG_0736_Slomo_Moment(3)







『速度の確定要素』

ところが 手でクラブを振る場合、
体と呼ばれる
1.胴体〜腰回り と
2.肩周り
3.腕
4.クラブ

と 1.の胴体〜腰回り 、それを増幅?
 その速度を変換?してしまう機構が
 肩回り〜腕〜クラブ と3か所もあり
 動作の速度とヘッド速度に
 一定の関係性を保つことが出来ません。

また 腕でクラブを振る場合、
直前まで寝たロフト
 ✋寝たロフト とは その分バンスが増えるというコトです ので
ミスを避けるため
インパクト直前で 急激な加速が必要になり
それまでの事前準備、ヘッド速度を確定させるための
前準備が無意味なものになりがちです。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)

『距離の確定要素』

もちろん ヘッド速度もそうですが、
遠くに飛ばさないショットの場合、
インパクト時のロフト姿勢、
以上にヘッドの入射角度 が距離を決める
と言っても過言ではありません。

そして 多くのアマチュアゴルファーは
 その意識が ほぼ皆無 です。

ロフト姿勢 は考えていた としても
距離は速度〜ヘッドスピード という意識ばかりで
それが どう変換され、ボールに伝わるか という意識が
完全に向け落ちています。

傾いている からだの回転 で 直にクラブを動かしてれば
ヘッドの遅れはあっても その入ってくるヘッドの、
入射角度は ある程度一定になります。
ロフト姿勢も 一定になります。
が 故に 運動の速度を調整
打ち距離に対する 運動の速度を覚えること
 アプローチへ対策です。


ところが 手で振る人の場合、
入ってくるヘッドの角度〜入射角度
そして インパクト時のヘッド姿勢
そして からだの姿勢にも規則性がないため
毎回 複雑な組み合わせによって 同じとは言え無くとも
似たような球が打ちにくい状況になります。
100球打つと100種類の弾道 のような状況です。
ですので 打つ距離に対する 動作の速度が決められず
何年やっても ベテランという年数経っても あまり成熟しないのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

今回は 典型的なゴルフスイング です。


日本全国の練習場にいけば この類のスイングは
多数見ることが出来ます。 ・・・おそらく数割のゴルファーがそう…かな…



まあ 俗に言う手打ち、早打ち、こすり打ち、カット打ち
のパターンです。

少し動画にいたずらをして 手で上げている
手でしかクラブを上げていない(テークバック時)を
強調してみました。

想像通りですが、このクラブの扱いでは
インパクト時 ロフトが大きくなりますので
ヘッドスピードが高くても 飛距離が出ません。
振れば振る程 高さか、スライス が増えるだけです。


右を向いて ひっかけ を打つのが
このクラブ扱いのとっての
 唯一 方向と飛距離の妥協点 です。

しかし、この手のスイングの最大の問題点は
飛距離が必要な ドライバー (だけ)ではなく
飛距離の要らない アプローチ に あります。

IMG703


このスイングの特徴は 見ての通り テークバックにありますが、
このテークバックは

❶まず きっかけとして 少しだけ体を動かし
 腕やクラブに慣性を付け からだを止めます
❷腕を止まるところまで動かし 腕も止めます
❸その反動を使って ヘッドを体に巻き付けるように振り上げます


よって まるでボールを打つかの如く
速いテークバックになります。
「もっと テークバックをゆっくり」 と言っても
動く~止まる という反動でスイングしているので
そのスピードを調整することが出来ません。

ですので 中途半端な距離、中途半端な動作スピード の必要な
アプローチでは その距離調整に困る訳です。
と 同時に ロフトを寝かして入れてくるので
ゆっくり振ると
 バンスがつっかかる、跳ねる
 などトップやダフリもミスも付いて回ります。

✋若い時は そういう 感覚的なコトも可能ですが
加齢とともに その調整が難しくなります。

また これもフルショットも含みますが、
傾斜地やコンディション悪い条件では
より速いリズムでテークバックを取る癖が強くなり
アプローチにも加え 年齢とともに スコアが悪くなりガチ です。


アプローチほど 機械的なスイングの方が
加齢に強く コンディションによる影響がありません。


20190525gc5_Moment(3)

❶まずは ランニングアプローチで
からだの向き、お腹の向きで スイングを始める癖を付けます。
 クラブを持った腕を動かす癖
 左手だけでクラブを動かす癖 を消しましょう。

少なくとも 初動 だけでも変われば・・・徐々に変われます。

右手だけでクラブを持ち
 右を向く訓練をします。
✋テークバックに左手・左腕を使わない意識が必要です。
テークバック時の左肩や左腕は からだではない という
認識を 頭にも、からだにも 覚え直させる必要があります。


右ひじを外に、そして出来る限り 高く
 右ひじに行き所で テークバックの深みを造ります。

✋多少 胴体が捩じれたとしても
 右ひじが 外に高く張れば 骨盤も右を向きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの単純な仕組みを覚えましょう。


ドライバーからパターに至るまで
各番手には ロフト角度 があり
そのロフト角度に応じた長さ があり
そして その長さに応じたヘッドの重さ があります。
 この順序がとても大切です。



nyuusyゴルフクラブは、製品としてロフト角度を計測するのに
シャフトを地面と垂直にしていますから
使い方を錯覚してしまいがちですが
インパクトは このような状態で迎えるのではありません。

これでは このクラブの本来の
打ち出し角度よりも高く飛び出てしまい
スピンも本来の回転よりも少なくなり
ボールスピードも上がりません。

余りあるヘッドスピードでしたらまだいいですが、
この使い方で ごくごく普通のヘッドスピードではボールは飛びません。


ゴルフクラブはそのロフト角度を活かすための 長さ があり
その長さに応じたスイングの弧の大きさ
すなわち 降下してくる角度(別名:入射角度)
があります。
555

ロフトの大きなものは 短い ですから
その降下角度はキツク
ロフトの小さなもの、立っているものは 長いですから
その降下角度は緩くなります。

だから 単純に ロフト角度30度の5番アイアンが
15度の入射・降下角度で入ってくると
15度の打ち出し角度になる ということです。

個人差はありますが、当然 クラブの長さに応じての
降下角度があり、 その降下角度に対する
ロフトが本来のロフト角度です。
この状態で インパクトを迎えられるのが
そのクラブのオリジナルの ロフト効果であり、長さ効果 です。
IMG_0727

画像はちょっとオーバーではありますが、
そして その降下角度分、入射角度分
シャフトは前に傾いて入ってきます。
入射角度に垂直に位置するのがシャフトの姿勢です。

先ほどの5番アイアンの例であれば
15度シャフトが前に傾く ということになります。




wedge-bounce

ウエッヂなどは バンス角度と言って
ソールの後方が地面に張り出しているのですが
この降下してくる角度があるので そのバンス角度が活きるのです。



002

ゴルフクラブをこのように使っては
そのクラブ、その番手の長さによる降下₍入射₎角度も
ボールに対するロフト角度も本来のモノになりませんし、
タイミングによって
入射角度とロフト効果がバラついてしまい
そのクラブ、その番手 の安定した弾道になりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。



✋✋✋
スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。



✊例えば この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)









ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だと思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


この時期になると 今年のゴルフクラブのニューモデルの情報が
ちらほら 漏れ聞こえてきます。

クラブ、機種による違いは
やはり ヘッドの性格・特性の違い が一番気になるでしょう。

ヘッドの性格・特性は 数値化される
『重心の位置』
 👉ヘッドの重量の中心点 
各機種などによる 比較もし易いですから、
重心位置というのが クラブヘッドの特性を表している
 と言えるでしょう。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


✋この部分も訂正・是正しておきたいのですが、
重心位置だけではありませんが、
その重心位置が 飛んでいくボールに何か影響を与える のではなく
その重心位置によって 打ち手が影響を受け、
 クラブの移動や軌道、に変化が起こるモノ
 です。

重心位置が直接ボールに与える影響もゼロ ではありませんが、
それよりも その重心位置によって 打ち手がクラブの扱いに影響を受ける
コチラが本体価格で、直接の影響は消費税以下の存在です。


例えば… ですが、
重心位置の深さ(重心深度 ○○mm)
  …重心が フェースからどの位離れているか、奥にあるか は
奥にある程、インパクト時 フェースが前に出ようとするので
インパクトロフトが付き、
入射角度が緩くなるので
ドライバーなどの長いモノ で 飛ばすための
 「高打ち出し・低スピン」の弾道が可能になります。

そして これは誰にでも恩恵のある 良いモノ とは言えないのです。
使うロフトなどとの兼ね合いになりますが、
ヘッドスピードが高くない人にとっては
 インパクトロフトが付き、入射角度が緩くなると
逆にボールスピードが落ち、抜けるような球になって
 飛ばなくなる可能性もあります。

余談になりますが アイアンにとっての重心深度は
ロフトの立っているモノ〜ロフト35度以下のモノ
 には良い効果になり易いですが、
ロフトの寝ているモノ〜ロフト40度以上のモノ
 にはロフトなりの飛距離が出にくい、飛び難くなる効果があり
これがその特性を表していると言えます。




✋✋✋そして これら ヘッドのデータ、重心位置の効果 は
すべて 
ヘッドターンをしないで使う という大前提があるのですが
メーカーのカタログでは 「絶対に」 それは明記されません。


ハンドターン (2)


✊重心位置 で言うと クラブを捩じって使わない
 クラブヘッドをターンさせて使わない
 という前提で
 重心位置の深さ によって ヘッドが前に出やすい効果 が
 重心深度の特性 です。
 これを ヘッドターン、シャフトを捩じって使うと
 重心位置の深さは
 ヘッドの更なる重さになり易く
 ➽ ヘッドターンのし難さ
 ➽ ヘッドの遅れ 〜ヘッドの開き

 につながるので ヘッドを捩じって使う人には
 重心位置の深さは 良い効果とは言い切れません。

ハンドターン

代表例が フェアウェイウッドとアイアン型ユーティリティクラブ です。

411-5-1811-5-1





 
世のゴルフスイングの退化 から
フェアウェイウッドが減少気味、ユーティリティ全盛時代 というコトです。


また 重心深度を深くするには
薄べったい シャローな形状が必要で
ヘッドを返すスイングの人が
 この手のヘッドを好まない隠れた理由の一つです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ