◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2020年02月


スイング中、ゴルフクラブの実質的な長さ
というのがあります。
97b3a9ad

ゴルフクラブの物質的な長さは
ドライバーでヘッドのも含めると 約120
ウエッヂで90造任后

それがトップの位置に来ると
  長さが消える、ゼロになる訳です。
dW l (2)_Moment

ここの使い方がクラブの使い方の鍵になるでしょう。

長さは イコール重さ です。

打ち手が受ける クラブの重さは
👉ヘッドの重さ × 長さ × 移動速度の二乗
長さゼロ と 長さ100臓,任
かなり異なります。

しかも その重さは ボールへの方向でもなく、
ボールを打ちだす方向でもなく、
クラブの長さ方向に対するモノで
ボールを打つことにもボールを飛ばすにも
負荷・邪魔としてかかる訳です。

皮肉なことに ボールを飛ばすために
長く使うと速度が上がる意識が強いと思いますが、
それは同時に 速度を上げるのに妨げとなる負荷を
増やす行為でもあるのです。

感覚として掴みにくいかも知れませんが、
ゴルフクラブの長さ…というのは
ヘッドスピードを変えるためが主目的ではありません。
その長さによって アドレス姿勢を変え、
入射角度を変えることによって
使えるロフトを変えられることが主眼で
ヘッドスピードの変化は付加的な要素に近いです。
hiraki

長さを増やそうとしてスイングすると
自分には労力・負荷が増すので
実感として 飛ばせるように感じるだけに過ぎません。

ゴルフクラブの長さがゼロに近くなり、
クラブ全体の重さがグリップに掛かったところで
その重さも利用し グリップが体の回転に遅れないよう
先に先に グリップエンドを動かしていく
ということが、結果 運動の速度にもつながって行きます。
スナップショット 1 (2013-06-12 22-56)
この姿勢を見れば理解しやすいかも知れませんが、
利き手に当たる右腕は曲がっています。
そして、左グリップの上に乗っかっているのです。
右腕を伸ばせば そのまま 左グリップを運動方向へ押す
それに クラブの重さが助力として働くのです。

左上腕や左ひじの逃げもポイントになりますが、
この時期が右腕の使いどころです。
この時期を失えば
 体の回転にグリップの移動が取り残され、
右腕の使えば クラブや腕の長さ…
 体からクラブやグリップが離れる方向に動かすことになり
重さが増すだけ(より一層取り残されます)
になってしまいます。
スナップショット 3 (2013-06-02 23-15)スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)

取り残されたクラブの重さは
右半身にかかりますから
右半身はどんどん下がり、
例え腕力で 腕を伸ばせたとしても
どんどん左足上がりの状況を生み出す だけです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
スイングを見る限り、
望んでいない、そして 無駄なリリース
右腕を伸ばすコトによって シャフトを下に振る
(映像ではそこを強調しています)
その動きがあるため
インパクトタイミングが遅すぎて
からだが開こうとする〜カット軌道
からだが上を向こうとする
タイミングにインパクトが掛かっており
また 困ったコトに…ベテランのなせる技か
からだが開く、からだが上を向く をすると
ボールに届かなくなるので
左サイドを止めてしまい、クラブを振る空間が失せ(足りなく)
ダふる・・・というか 詰まったインパクトになってしまっています。



意識として ロフトを立てようとしているのも
理解出来るのですが、問題はそこではなく
もっとベーシックなトコロにあります。

ショットのタイミングも大きく変わるので
 きっと悩み深き箇所だとは思いますが
手打ちから脱却する良い機会だと思います✊

ここの部分、スイングの根幹に関わる部分で
技術の問題ではなく、意識とか、
今までのスイングの思い込みをドカンと
 変える必要があるかと思います。

タイミングは正直大きく変わるので
 それに慣れる必要がありますが、
技術的に 新たなコト、知らなかったコト
などは一切要らないと思います。

真似てみました。


こちらの映像をご覧ください。




月並みな言葉、
スイング用語としては非常に陳腐な言葉ですが
左手のリード というのがあります。

ほぼ全員のアマチュアゴルファー
最近では多くのプロゴルファーも
この言葉の本意、真意が理解できず
誤解というか、まったく間違った解釈をしています。

✋これを誤解しないで頂きたいのは
 
☑左手がリードをして、その後、右手で叩く


イエ、この場合は

☑左手がリードをして、そののち 打つ

では ありません! 間違いです!


左腕〜左手は からだとクラブをつなげる腕であり、手です。
動作 という意味で
からだ ソノモノ と考えても良いと思います。

言葉で言うと
からだを右に向け 正面を向く
その行為そのものが打撃で
正面を向いて「から」打つ
 のではないのです。


どう意識したか というと
✋真似た方は からだの回転に対し左腕を遅らせる。
✋一方は からだの回転に左腕を付かせる。

この違いです。
「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(2)「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(3)








最終的なインパクト直前のリリースは
遅らせた方は もうからだの回転は終わっているので
からだの回転はボールを超えてしまったので使えませんから
無意識で その分 行っています。


✋左グリップの通るルート
そして からだの回し方、回す方向 なども
今までとはかなり異なる可能性があります。
からだの回転 脚なり、腰なり、
お腹を意識した方が良いかも知れませんが、
それに左腕を遅らせない、付かせる と
インパクトは想像以上に早いタイミングで来ます。



素振りで良いですから こちらの
左腕だけのスイングドリルをしてみて下さい






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットを良くしたい、
スイングを良くしたい と思う、
グリップを治す、アドレスを治す
その意識はとても大切です。

大切ですが、グリップであれ、アドレスであれ、
必ず その先の『自分のしたい動作』をする為のモノ
その動作がし易い グリップやアドレス が故に
『自分のしたい動作』が変わるか、消えるか しない限り
形だけを繕っても 元のグリップやアドレスは
そう時間が掛からず 復活します。


それは打撃の準備としての テークバック も同じです。



多くの人は 切り返しから ダウンスイングを始める「順序」で
❶まず 脚〜腰を回し それを止め
➋次は肩を回し それを止め
❸腕を振り、クラブを振る
という そうですね、クラブに遠いところが順次
よく言われる ねじれたゴムを解くように ショットに入ります。

当然、テークバックは それをする為の準備…ですので
それをし易い順序にする訳です。

葛谷 2017-2020_Moment(2)

ですので 例え 形式上、テークバックの見た目を変えても
(単に恰好を真似しても…)
その先が変わらなければ 自分の今まで通りのショットがし辛いだけ
 ですから 元に戻さざるを得ません。

この映像にある テークバックの変化も
からだ は 股関節を境に 出来るだけ胴体を一つに
肩を遅れさせず 一つのユニットとして回りましょう
という意識が根付いたので 発生した変化です。


✋ダウンスイングの初動として
 左腕前腕をスイッチとして まず先に動かす意識が
 肩〜腕〜グリップのからだの回転に対する遅れを減らす、
 もしくは無くしますので その分、
 インパクトで 左腰の引き をする前に間に合います。
 からだがボールに近づいてインパクト出来るので
 キャスティング〜フェースローテーションが要らない
 もしくは それをするスペースが無いので
 無駄なフェースローテーションはグッと減る/無くなります。



このスイングもそうですね


このテークバックの急ぎ方が変わるには
ダウンスイングで からだの本体と肩を別に回さない
というコトを意識しなければなりません。
腰→ 肩周り〜腕→ クラブ という順序で打撃すると
ロフトが増え、入射角度が緩くなり
距離も出にくく、ミスも出やすい、アプローチに悪影響
というコトを 自分で認識しないと変化は起こりません。

腰〜肩〜腕〜クラブを 一番最後にヘッドを動かしているのに
それを取り戻そうとしている矛盾に気が付かないと
テークバックも、それに付随するグリップやアドレスの変化も
訪れないのです。
インパクト付近の 腕の入れ替え でのボールさばき
これが ショットの肝 です。
そこの部分が無くならない限り、テークバックの動きは変わりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードでは
ダウンスイングの初期、初動で
左腕上腕、もしくは左ひじからだの動作
を薦めます。

それは ダウンスイングに
脚、腰を回すのに 肩を遅れさせずに
胴体と腕クラブを 一つのユニットとし
回転を二重にしないトコロ にポイントを置くためです。


脚、腰に対し 肩を遅れさせてしまうと
本来の 右向き→正面 という
円構造のクラブ軌道の 右斜め上から 左斜め下 という
(からだの位置関係で言うと 右肩から左ふともも)
1/4円のクラブの移動、クラブの下がり を
からだの回転を使わず、手ですることになるため
☑ロフトが開き(大きく)易く
☑入射軌道が緩くなり易く
☑動作が圧倒的に増える
  からです。

トップオブスイングの位置では
からだに対し 横(右胸から左胸)の移動の中にも
前傾姿勢によって 縦(高さ)が混じるので
骨盤がボールと正対してから動かすよりも
クラブやヘッド、腕の重さが利用/活用出来る筈です。

腰に対し、肩を遅らせて
骨盤が正面を向いてから動かすと
重さが落ちる というのを ボールに対して使いにくいですし
そのタイミングで 重さが落ちるをボールに使うと
その分、からだが上を向きやすくなるので
飛距離という面や、確実性という面で良い点はありません。


今回のこのケースでも
少々、極端に 左上腕から先に‼
ダウンスイングを始めて貰いました。

おそらく 本人にとっては 違和感バリバリの
逆に手打ちのイメージがあるかも知れませんが
実際に 映像を見ると 明らかな違いが
時間進行と 腰の向き
腰と肩の関係
に見て取れます。

それだけ いままで 脚/腰に対し
意図的に肩や腕を遅らせ ボールを打っていたのです。

タカちゃんの野望11_Moment

スイング中、左腕上腕に意識が強く行くので
へそから下の下半身は無意識だと思うのですが、
ずいぶん 開きが収まっていますし
『左上腕から始動』を意識しただけで
左上半身の 回っていく方向もずいぶん変化したと思います。

若い時や、若い人のように
腕で振っても高速に動かせる腕力や握力がある
のであれば お好きにどうぞ ですが、
体力的に、また加齢による変化によって
その「染みついた遅らせ」は飛距離を落とす日が来ます。
そして その落ち方はかなり顕著です。

物理的にみると インパクト直前でわざと ロフトを増やし
入射を緩くし・・・
それは ヘッド、クラブを下に振る事によって発生するのですが、
その分、自分は伸び上がるとか、からだを開くのですから
当然 ミスも増えますし、傾斜やクラブによる得手不得手も強くなります。
飛ばない、飛ばさない、上にミスも増える 動きを
自分から ワザとしているのですから
逆に言うと 改善は難しくない。。。
この短時間で こう変わる訳ですから技術的な問題というよりも
やはり ショットはこう打つ! という意識の問題の方が強くように思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




✊からだを回すことで直にクラブを動かしたい
✊出来れば フェースターンはしたくない


そう考えている人は少なくありません。

若いうちはまだ良いですが
ある程度の年齢になってくると 腕力、握力共に落ちますから
腕でクラブを速く動かすコトが難しくなります。
手で振る事に伴う 瞬時のからだの補正能力が落ちます。
からだの回転で直にクラブを動かした方が
安定性も損ないませんし、クラブの機能も使える……
 にもかかわらず どうしても手で振ってしまう……どうしてでしょう?


ここにひとつ その参考例があります✋



一般的なスイング論に毒されている人はどうだかわかりませんが、
少なくとも弊社のお客様の場合の

✋からだの回転 をまったくしない
✋打つコトにからだの回転は使わない
✋手だけで振る
 と思っている訳ではなく

からだの回転で直に振ろうと思っているけれど
「結果として」 フェースターンやキャスティングをして「しまって」います。

その特徴・・・結果として手で振るスイング、
フェースターン/キャスティングをしてしまうスイングの特徴は
からだの回転が
 腰(骨盤)周り と 肩周り

二重の回転を持っているところにあります。 

テークバックもそれを基にしている のですが、
特徴的な動作として
まず 肩周りを残し、腰を動かして
その後、肩周りを動かすコト・・・それがフェースターンであり
手で打ってしまうこと になるのです。


本来の、正しい意味での からだの正面 は、
ボールと正対するタイミングは、
厳密ではなくとも 骨盤がボールと正対する時機、
からだの正面は 骨盤の前 です。
この 前 は 前傾姿勢の 前 でもあります。


その骨盤の動作 に対し
肩回り、腕周りを遅らせたのち
肩を回してボールを打つ というコトは
本来のタイミングより あと/後 になります。
これが 振り遅れ です。

そのボールさばきが馴染んでいますから
意図的に 腕も含めた肩周りを遅らせる というのもありますが、
グリップやヘッドの通る経路を 遠回り
長い道のりにすれば 『その遅れて 手で振るタイミング』
形成することが出来ます。

ダウンスイング〜左上腕_Momentダウンスイング〜左上腕_Moment(2)ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)







後ろ ダウンスイングが大きくなって
前 フォローが小さくなってしまうのは そのせいですし、
それによって 左ひじが抜けてしまう のです。

骨盤がボールを向いていく
 右向きから正面の 1/4円をみすみす逃してしまうのですから
骨盤の動きを見逃してしまうのですから
その代わりを 手でしなくてはならない のです。

短い距離のアプローチなどで
肩を揺さぶって ボールを打つ習慣も
肩と腰の 二重回転 を作り出す大きな要素です。


downswing見ての通り 腰と肩の回転を分けてしまうと
このように ダウンスイングで左腕が胸に張り付きます

自分のスイングを動画などで見る場合、
ダウンスイングの初期に
 アドレス、トップ に比べ 左腕がからだに張り付く
のが 手で振るスイングの特徴的な場面です。


俗に言う ワンピースのスイングと
そうでないスイングは ここに秘密があるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



自分とボールの方向
ボールに対する遠近の位置関係で
アドレス時が一番ボール側に近い位置にグリップがあります。
d11be403-s
テークアウェイをとっても、
フォローをとっても、
動作が始まると グリップは当然
ボールから離れていく方向(自分側)に動くわけです。
体の向きを変えた分リニアに動く。

写真で言うところの横方向
ボールの飛球線と真っ直ぐ動く瞬間はないわけですよ。

ヘッド、もしくはグリップを真っ直ぐ引く…
という言葉は
自分の体、上半身、胸に対して真っ直ぐ引く
という事とともに
その土台になる 自分の体や上半身、胸は
『常時向きを変えている』
その 常時向きを変えている というところを
多くの人は欠落させてしまっていると思います。

これはアプローチであっても同じです。

体でクラブを動かす努力をするにしても
手で動かしてしまう(原則ダメですけど)にしても
必ず もっともっとインサイドにグリップを動かさないと
いけないです。

2010111116444243889体の向きは右向き
グリップは飛球線に真っ直ぐ…となると
クラブやヘッドは勿論、グリップも自分の体から
離れてしまうことになります。
←これなんかは最悪のパターン
ゴルフのスイングの場合
基礎になる運動の時間軸は
体の向き。。。なので
グリップを体から離してスイングしてしまうと
上半身の不必要なねじれの為
体の向きの変更も中途半端(浅く)になり
ヘッドの通る軌道がものすごく長くなってしまうので
減る時間軸&増える道のり
これを解消するのには「急ぎ」が必要になります。

体から離れて クラブが長くなったのと同じ状態で
それに意味不明な加速度が加わるので
クラブはめちゃめちゃ重くなるわけです。

テークアウェイの時点で
不必要にクラブが重くなれば
当然、それ以降でクラブは遅れます。(右にズレます)
ゴルフクラブにとって遅れる/右にズレる というのは
≒ ロフトを開く ということになるので
ロフトを閉じる という作業が不可欠になるのですが、
😱体の廻りは中途半端
😱ヘッドの道のりは異様に長く
😱テークアウェイ中に不必要な加速による負荷増大
ということで この時点で
上手く打てる、遠くに飛ばす
という確率はぐんと下がります。

体にもとても悪いのに
この打ち方では 練習量/練習頻度が絶対必要‼
になります。 ☞アマチュアの壁 とも言えますね。



このグリップを体の回転でインサイドに引く

という練習はアプローチにも当然有効ですし、
アプローチから始めなくてはイケナイでしょうね。
お家でのシャドースイングで
クラブを持たず、壁を目の前に
アドレス時、グリップを壁に付けて
外に上げられないよう始めてみるといいかも(^_-)-☆です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


共通用語がない…


ゴルフスイングの話やアドバイスをする時、
実は大変困るのが
『用語が相互に同じものを指してない』場合なのです。

どういうことか というと
車がカーブを曲がるのに
『ブレーキを踏んで スピードを落として』
『ハンドルを切って カーブを曲がって』
と言えば、まあ、免許を持っている人には
概ね通じる用語の羅列です。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ところが
ある人にとって ハンドルをブレーキと誤認識、
ブレーキをハンドルを誤認識 して
覚えていたら、意味不明な会話になるでしょうし、
そこに「アクセル」まで入って
3つ言葉がローテションしてズレていたら
まったくもって 意味不明で
何も伝わらないですよね?
考えているだけで混乱しそうです。


ゴルフ用語では
それが日常的に、普通に起こっていて
9割とまでは行きませんが、8割を超えるようなゴルファー
残念ですがレッスンプロなども含め
起こっており、それがゴルフスイングの会話やアドバイス
動作の誤解を生むきっかけになっています。



それはなにか! と言うと
ゴルフで言う  とは
「肩関節を含めた腕」の事です。
ゴルフで言う  とは
「股関節から上の胴体の事です。
images20150404163453

そして その腕と体をつなぐのが
肩甲骨にあたるわけですが、
肩甲骨の役割はその部位の通り
腕と体のつなぎ役であり、クッションでもあります。
どちらに属するか は微妙な存在であるのは確か…ですが、
腕である! とも断言できませんし
体である! とも断言できないものです。

ところが 多くのゴルファーは
体を回す ゴルフスイングを
腕でもなく、体でもなく 肩甲骨を動かし
それを体を回していると認識し、
ダウンスイングで腕を動かす(例えば伸ばそう)を
肩甲骨を揺り動かして 腕を動かしていると
錯覚しています。
都合の良い時に 肩甲骨を体と分類し、
また、別な都合の時にそれを腕と認識、分類しています。

4bcbe6f4テークアウェイでの肩甲骨の動かし は
自分ではそれを体と認識しているので
腕で上げるな に該当しないからOK!
 みたいな節が強く、
ダウンスイングでは 腕で動かさないようにみたいな観念から
肩甲骨をを縦に揺さぶって体で!
みたいことをするから 回転の方向が横から縦 に
変化してしまうのです。
この写真では 左の肩甲骨を動かしていて
それによって背中の筋肉なり、筋膜が張る ことを
体を回していると錯覚しているに過ぎません。
体自体は耐えること以外 動作としては何も行っていません。


564dfb4d


典型的な例が
パッティングでの ショルダーストローク で
このストロークは
体も動かしていませんし、腕も動かしていません。
はっきりと どちらにも属し、属さない
肩甲骨を動かしているに過ぎません。

私感ではありますが、
肩甲骨を動かす僧帽筋や広背筋等は
負荷に耐えることや強く何かを動かすことには
長けていると思うのですが
1mと1m30造鯊任訴けるような微妙なことは
あまり得意としていないと思います。


腕を動かす というのは
肩関節を稼働させることで
体を動かす というのは
股関節を稼働させることです。

とても単純な話ですが
これを実行しているゴルファーを見るのは
年末ジャンボの一等にあたるような確率です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

スイングを治そう とする場合の着眼点 について…です。




良くある話・・・ですが、
フェアウェイウッドでチョロしてしまったり、
アプローチでざっくりやトップをしたり・・・
先輩や自称上級者の方や
ビデオで自分を見た場合
スイング中、特にその 『伸び上がりが原因?』 と
思うことがあり それに着手することがあります。

このビデオでは ちょうど白いベルトをしてくれているので
とても分かり易いですね。

かなりの量 伸び上がり が見て取れますが、
そこを治すのには そこを治してはいけない のです。

フェアウェイウッドでチョロをしてしまった原因は
確かに 伸び上がり かも知れませんが、
伸び上がらなくてはイケナイ
伸び上がらなくては打てない その元を絶たないと
その問題は根絶しません。



✋伸び上がりが必要な…その原因は まず
 からだの回転が「間違っている」コト が考えられます。

 からだ、胴体をひねり
 具体的に言うと 骨盤/お尻/腰 と 肩/腕周り
 これを別々な形の回転 二重な回転
 もしくは 世間様でいわれる からだを捩じる 捻転 をしていると
 絞ったゴムが解放されるように
 縦に伸びる〜長くなるように 『伸び上がる訳』です。

 ですので 映像を見ても
 からだの回転の解放 と 伸び上がりが
 本当に ねじって縮めたゴムのような関係 に見えます。

✌これは蛇足…かもしれませんが、
 ねじってひねられた体を開放する
 その勢いが からだの回転
 もしくは打撃の原動力と思っているフシがあるかも…ですが、
 からだの回転は そういう ひねられたモノを「開放」するもの・・・ ではなく
 ダウンスイングであっても あくまでも動作として向きを変えるモノ です✌


たかちゃんビフォー_Moment(2)たかちゃんビフォー_Moment(3)











✋次に考えられるのが
 ショット、インパクトの意識の間違え です。

 まあ この二つは絡み合っているので
 どちらがどちら とは言えませんが
 もう一度ビデオ を見て頂くと分かるかも…ですが、
 ショットの準備としてのテークアウェイにおいて
 ヘッドの高さは
 ◎傾いた回転で右を向いた分
 ◎グリップの高さが上がった分

 主にこの二つによって 作られています。

 つまり 元に戻すには
 ◎右を向いた分を正面に戻る
 ◎グリップを高くした分、低くする… 
のですが、
 行き(テークバック)は重力に逆らった上
 帰り(ダウンスイング)は重力通りの下 ですので
 重力に逆らった上への動きよりも少ない量、少ない勢いで
 十分 元の高さ、この場合は低さですが に辿り着けるはず…ですが
 スイングを見ると 強く打ちたい、遠くに飛ばしたい気持ちは
 十分理解出来ますが、必要以上にヘッドを下に振ろう としています。

 必要以上に、ヘッドを下に振れば その先には地面があります。
 ヘッドを、クラブを振ろうとすれば 遠心力がかかり
 クラブは体から離れようとします。
 そうなれば 地面をたたかない為にも
 長いクラブを振る空間を作るためにも
 伸び上がって 振る空間を作る、
 地面をたたかないよう、回避する必要があります。


✊✊✊からだの回転方法の間違えと
 ボールのとらえ方の間違え は
 双方、 ニワトリと卵の関係なので どちらが先かは分かりませんが、
 まずは からだをひねらない
 腰が回れば、肩も回る、
 骨盤の向き通りに腕も付いてくるという感覚が必要になるかと思います。



そこの部分を治さず、ただ単に伸び上がりを回避すると
自分のクラブを振る空間が少なすぎて
 加速したくても出来なくなってしまいます。
空間を作る努力をするか、空間が無くても強くボールを打てる努力をするか
 そこを間違えて スイング改善するのは悪手です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ee6bd45f


スイングは単純にこの時間軸で動きます。

\橘➡右向き
 インサイドへの移動です
 右側が高く、低い所から高い所への動きです
右向き➡正面
 インサイドからの移動です。
 左側が低く、高い所から低い所への動きです
正面➡左向き
 インサイドへの移動です。
 左側が低く、低い所から高い所への動きです


出来るだけ △了間内
微妙にの時間にかかってしまったとしても
出来るだけ初段の状態でインパクトを迎えたいものです。

「上から打つ」
「ボールをつぶす」
「インサイドから打つ」

も作為的に作られたものではなく
この時間区分によって作られるものです。

スナップショット 1 (2013-06-22 0-32)


✋ ✋ ✋ ✋ ✋
その上で 多くの人の誤解を解く必要があると思います。
この時間区分は
体をひねらない骨盤から上の胴体一帯の回転
とその基礎にある前傾姿勢によるもの

ではありますが、
 体を積極的に回すことではアリマセン!

それは何故か? というと
体を回し 腕やクラブをそれによって引っ張る
引きずるような回転にすると
両方の腕(10キロを超えます)と 長さ×ヘッドの多さ
クラブと腕の重さに運動が加わりますから
十数キロ〜数十キロに相当する重さによって
その回転と前傾姿勢は変質し、崩れてしまいます。

ここがスイングとクラブの見事なメカニズムの象徴ですが、

正面〜右向き〜正面〜左向き
これに前傾姿勢が加わると
その向きの変更には体重移動がくっ付いてきます。
IMG_0481

正面  〜右向き〜正面〜左向き を体重移動で表すと
概ね均等〜右体重〜概ね均等経由〜左体重
になって行く訳で
それを 体の回転主導で作るのではなく
腕とクラブの重さで先行して作ってやり
体の回転はその補足として考えるのです。

このスイングの手順は
特にコースでその本領を発揮します。

体や体幹は瞬間的な、本能的な動きに大変役立ちます。

ショットはそのコンディションや天候、傾斜…などによって
微妙にズレを生んでしまいますが
体は反射的にそれに反応し、補助を入れてきます。
それは頭で考えるよりも絶対的な補助動作になります。

故に 腕とクラブの重さで体重移動を促し
それを体の回転にしてしまう方法の方が
色々な場面において万能性が強くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まだまだ 出来ているのか、どうか、自分では確認できませんが、
以前よりも 体で打つ体験は増えてきていると思います。

以前は ヘッドの遅れ は悪いモノ、イケナイモノと信じて居たにもかかわらず
その処置は、インパクトでからだを止めて『待つ』
実際には遅れさせて手で打つコトに気づきました。

IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(5)IMG_0321_Moment(8)




手で上げ、右を向いていないのに、
そこから振る(打つ)のですから
それでは待っていないとボールに届きません。
最近、よく出てくる「右向きの質」と言う言葉を
自分で体感できるまで半年位要しました。

からだゴトの右向きを作らないとインサイドが造れない
インサイドという空間が造れないのも納得です。

止まっているボールを打つ筈なのですが、
それでも やはり体とボールの距離感なのか、位置関係なのか
何かの目安が欲しいのか、
それがある程度、固定されていないと不安になる、というのも
有ったのかと思います。
また、クラブを手で振る、よく言う「フェースターン」をして
(たまに)上手く打てた時の仕事感や充実感から
抜け出し難いというのもあるかも知れません。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)








ヘッドの重さ、ヘッドの遅れは放っておけ と教わりました。
とても不安でした。
放っておいたまま、からだの周りだけで打とうとすると
今までのからだの回し方では届きません。空振りです。
右向きを整え、ボールに届くような
手で届かせず、からだで届くように回り方を変えると
なんとなく今までよりも厚い当たりに変わり始めます。
ああああ、今までは からだを回し、
そののち 手でクラブを振るための距離を取っていたため
からだがボールから遠ざかりながら打っていたと実感。

おそらく これが店主の言う アウトサイドイン なのだと、。

からだで打つには ボールに近づいて行かないと当たりません。
また 近づくにはテークバックで一回離れないと近づけません。
テークバックにはそういう意味合いもあるのかな、と。
実際にアウトサイドインが解消したのか、どうかは
自分では判別がつきませんが、とりあえず弾道としての
スライスは激減し、ごくまれにドローボールも出現。

****コースではドローは出ませんでしたが、こすりスライスは激減しました。

まだ、上から打てているか、潰せているかは分かりませんが、
スライス同様 トップ、明らかなトップのミスは
かなり減った気がします。
もしかしたら トップなのかも知れませんが、見た目はいつも通りの
ショットが増えたのかも知れません。

ボールを拾う 正誤表


ヘッドの遅れは放っておく、と
ヘッドの遅れを待って 手で振った時よりも
早いタイミングでボールに当たる気がします。
ヘッドの遅れは放っておくと
クラブは自分のからだに近いトコロにありますが、
手で振るには 一度、からだから離さないとボールを打てない
その為のからだとボールの位置関係、距離が
スイングを形成するように感じられます。

今のところ、からだゴトボールに近づいていくようにしています。
ボールとの距離が近いインパクトになるので
手が使えない、手で振れないというのを意識している今日この頃です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


長いコト ゴルフクラブやスイングについてdownswing
調べたり、聞いてきたり していますが、
いつの間にか
「脇を締めろ」 が 右わき
しかも 脇ではなく 腋の下 の腋 になってしまいました。

なぜなのかは不明です。

右ひじを下に向けて テークバックを取り
右わき →脇でなく腋の下 が締まっている
のが 良い と思っている人が大勢います。
その形を作るために 左わき 腋の下でなく脇が
がら空きになっているのは無視されていますが…。

down_swing


ゴルフだけでなく スポーツ、
もしかしたら 武道などでも言われるのかも知れませんが、
脇(わき)とは からだの側帯 横 のことですね。

上下に位置する 脇の代表的なモノは わき腹 です。
・・・武道の場合 そこが急所だから…かもしれませんけど…。

ゴルフのスイングにおいては
テークアウェイにおいて
左側帯 左側全部を からだの向きで動かす コト によって
脇と腕の関係は 多少 腕が上がるにしても
左右の関係は アドレスからスイング終了まで ずっと同じ

というのが 本来の「脇を締める」
腕を同じ位置に置いて置け というコト!
 でした。

葛谷 2017-2020_Moment(2)


ゴルフスイングでは
トップオブスイングからダウンスイング〜インパクトまで
兎角 左腕の長さを持て余す、左腕が邪魔になりがち です。
「左腕のリードだ」
「右手を使うな」 
なんて言うのも
その からだの側帯と腕の関係 から派生している言葉とも言えます。

からだの回転で 左腕を移動させる
が実行できると、そういう準備としてのテークバックであると
ダウンスイング以降、左腕が邪魔になりにくく
右腕が使い易くなります。

✋折角 右腕利きの人が右打ちしているのですから
右手で叩けないと 面白くありませんから
右手で叩ける環境を作るには 左腕が邪魔にならないように
して置く方が良いでしょう?!

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)重心のかかり方 (2)重心のかかり方 (3)









ですので 先日も書きましたが、
テークバック、テークアウェイにおいての
からだ、股関節を境目とした上半身、胴体、骨盤の右向きは
その量よりも その質
左腕、左グリップを 如何に からだの向きで動かせたか に
よって決まると言っても良く
弊社でいう クランチ 右ひじは外に張り目にして というのも
その質を作るためのモノです。

右腕で叩いた方が爽快ですし、
右腕を伸ばしたとき ロフトが寝ないようにしておく
ある種、からだの正面にクラブ、もしくはグリップを置いておく
からだの正面でボールをとらえる とは
それを実現するためのモノ と考えて良いでしょう。

ですので 形だけ繕っても
例えば 右向きを作るとか、からだで回すとか、
インパクトはボールと正対して とか
その本当の意味、目的が判っていないと仕方ないと思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ライ角度やロフト角度など
調整やフィッティングの仕事がたびたびあります。
g-421

ボールがつかまらないや
左に引っかかる など症状は色々だと思いますが、
軟鉄のアイアンだから 物理的には調整は簡単です。
1セット 調整だけなら30分もかかりません。

ですが、その症状がライ角度やロフト角度のせい
とは限りません。



スナップショット 1 (2012-10-26 0-58)



ご依頼の際は
✋スイングや総合的なクラブ診断は抜きに
 単に ライ角度・ロフト角度を指定して下さるか
✋スイングも含め、クラブ診断をして
 その症状を取り去る原因を見つける方がよいか
正直におっしゃって下さると助かります。




ご本人が上手く打ててない なんて言いません。
私達は アマチュア…言葉悪く言えば 素人ですから、
上手く打てないのはある意味、当然。

そうでなく、
『つかまらない』
『ひっかかる』
『ボールが上がりすぎる』
『ボールが上がらない』

などの原因は もう少し複合的な要素で生まれます。
IMG_NEW

スイング、クラブの扱い方との兼ね合いもありますが、
ライ角度やロフト角度は
『使う方の体力』や
『装着されているシャフトの硬さ』
『ヘッドの重さ』
と『ロフト角度やライ角度』

の兼ね合いになります。
   特に シャフトの硬さは一番比重が重いですね…。

ライ角度の調整が有効な場合は
ソールの傷の位置 (ヒール〜トゥ方向) と
フェース面上のボール痕(ヒール〜トゥ方向) が
一致している場合のみです。
001

ソールの傷は トゥ側にあるのに
フェース面上の打点(打痕)がヒールにある場合など
ライ角度を プラスマイナス2度調整しても
ほぼ何も効果はありません。

また ライ角度はロフトの立ったモノに対しては
あまり出球の左右方向への影響は大きくなく
30度よりも立ったロフトの場合、
2度程度の変化では 方向を左右しません。
45度よりも寝た、大きなロフトの場合
ライ角度の方向への影響はかなり大きいです。

で、困ったことに市販のアイアンセットは
全体の中で ウエッヂのシャフトが硬めのことが多く
シャフトの硬さの流れ、セットとしての流れが
崩れていることがとても多いことです。


doraiba


ライ角度は使う方のヘッドスピードと
シャフトの硬さに非常に左右されます。

硬いシャフトを使う場合は
 やや寝た…数値の小さいモノでも使えますが
柔らかめのシャフトを使う場合は
 やや立ち目、アップライトな方が使い勝手は良いです。

ですが、ライ角度は使ううちに
そのライ角度に応じて 無意識に、そこそこ時間をかけて
ボールとの距離を変えたり
構え方が変えてしまう、変わってしまうこともあるので
フラットにすれば、アップライトにすれば
万事解決するモノでもありません。


と 同時に
 硬いシャフトを自分からしならせて使うように成れば
 また話は変わってきます。
やはり 使うのは人間なんだ というコトです。


また ロフトに関しては
ボールを立てる調整に関しては
ロフトを立てると それと同量バンス角度が減ります。
ロフトを寝かして打つ傾向のある方や
煽り打ちが多い方などは
数値としてのロフトが立っても
 実質使用ロフトは変わらなくなるので
調整の意味はありません。

005


ロフトに関しても、ライに関しても
まあ、例外がない と言って良いほど
調整が必要な方は キツイスペック
要するに 硬くて使いきれていないシャフトを使っています。

厳しい言い方ですが、ライ角度には疑問を抱くのに
シャフトの硬さには疑問を抱かない というコトの方が
問題を深くすると「わたしは」感じます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


スイング全体でのクラブ扱いはとっても良いと思います。


更なる安定度の向上や長物を振る際、気になる点は
インパクト 直前、直後の グリップの移動 です。


フェースターンをしてしまう場合、良くあるパターンなのです。
…ご本人は望んでいないと思いますが、
インパクト直前から かなり急激に グリップが内に切り込んでいます。

スイング軌道は 縦横を含む 斜めの移動ですので
この急激に グリップの『内に切り込む動き』は 
グリップとヘッドが常時 反対の動きをするので
ヘッドの向き、ヘッドの高さ、
インパクトの当たる部分、ロフトなどを安定させません。

スイング ココを治そう❹_Moment(3)スイング ココを治そう❹_Moment(4)







また、スピードで解決できるような距離 ではまだ良いですが
中途半端な距離を打つ時のミスが出易くなります。
ドライバーなどの長さモノでは 外から… にもつながります。


ご本人も望んでいないのですから
この部分「フェースターン」そのものか、
ヘッドは出てくる/グリップは引っ込む という逆の動きを取り去りたい
のですが、この部分 ソノモノを除去するのではなく
これを「しなくても打てる」環境を作る事が課題
 です。


フェースターンは意図的にしているのなら
それはそれで自由にどうぞ…ですが、
それを望んでいない人は
からだが右向きから正面を向くという
✋本来のインサイドから、本来のクラブターンで
クラブが動かせていないか、もしくは動かそうとしていないか
体の右向き〜正面向き よりも
腕やクラブをたくさん動かしてしまって
からだの正面向き=インパクト という時間を逸してしまっているか

のいずれのパターンです。

今回の場合は後者です。

からだ…胴体/骨盤の動きに対し
腕/肩回り の方がたくさん動作しているので
からだ…胴体/骨盤の正面向き に間に合わない、
間に合えない のです。

✋ここで からだ…胴体/骨盤周りを
インパクト〜ボールと正対したところで止める ✋待つ
というのは スイングの中で最も悪手となります。
若い人は出来るかも知れませんが、ある年齢以上だと
腰痛 首痛の原因になりかねません。



✊改善すべきポイントは テークバックにあります。

http://hbs.livedoor.blog/archives/1994089.html


右向きの量 骨盤の右向きを増やす というのは
意識されているとは思うのですが、
からだとグリップの位置関係は今まで通り。。。
その上で右向きを増やしているので、その相関関係は
大きく変わっていません。

スイング ココを治そう❹_Momentスイング ココを治そう❹_Moment(2)







このズレの分、最後に補正が必要になってしまいます。


今まで 左腕/左手で からだの右に送っていたグリップを
逆に左に送る「位」の気持ちで 右に送る量を減らし
グリップの右への移動を からだ…骨盤の向きに任せれば
ダウンスイング グリップの内への切込みは減る
もしくは無くなると思います。

からだの回転 骨盤/胴体の向きの変更は
向きの変更が主の目的ではなく
クラブを動かす為 グリップの移動が主たる目的です。
からだの向きの変更は手段に過ぎません。


からだ…胴体/骨盤の向きの変更が
グリップを動かさないと 本当の目的は達せませんので
結果として、手で振る事になる…というコトです。


✌からだの右向きを増やそう
✌からだの右向きを増やしても変化が少ない
と考えている人にとって
とても参考になると思います✋



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの基礎的? 初歩的?な改良
もしくは 重大 かつ 第一歩としての改良に
テークアウェイでの 右向きを改善するモノ があります。

テークアウェイでの右向きは
実際に練習場に行かず 素振りでも改善することが可能で
誰でもが 取り組める 改良 です。


右向きを 胴体をひねらず
股関節を境目として、骨盤、一体になった胴体 で取れるようになると
ダウンスイングで クラブや腕を通す空間や
ダウンスイングをする時間 を増やせます。
✋上から打つための時間/空間
✋インサイドから打つための時間/空間
を共に増やすコト、確保することが出来

こすり打ちをしないで飛ばせるチャンスがあります。

また クラブを主に 体の向きで動かすコトが出来るようになる為
同じような球、弾道、距離を繰り返し打てるチャンスが高くなります。

葛谷 2017-2020_Moment

❶注意点として
 右向きの量も有った方が良いですが
 右向きの量を増やす を主の改善とせず
 右向きの質を変える必要があります。


元々 テークアウェイを左手、左肩、左サイドだけで動かす
胴体をひねるタイプのスイングの人が
それに 骨盤の右向きだけを増やす のでは 
 問題は大きく改善しません。

👉グリップとからだの位置関係が変わらず
右向きの時間が「少し」増えるだけ です。

葛谷 2017-2020_Moment(2)

具体的には 写真内 左 と 右
からだに対する グリップの位置を見て下さい。
左 の写真では 左腕が大きく右に動き
グリップの移動が からだ…ではなく、左腕のよって 行われているのが
判るかと思いますが、 この関係のまま
骨盤の右向きを増やしても 大きな改善にはなりません。

写真の右では 左の写真に比べ グリップを左腕で動かさなくなり
その結果、からだが前に倒れていないのも確認できます。

葛谷 2017-2020_Moment(3)

からだの真ん中にグリップがある必要はありませんが、
左の写真と右の写真では グリップとからだの関係がかなり違うのが
確認できるかと思います。

グリップとからだの関係 左腕だけのテークバックの初動 を変えず
右向きだけを増やしても
ダウンスイング で それを元に戻すための時間が必要になり
からだの回転を止め、その時間を「待ったり」
ズレている分、からだが正面を向いても まだボールが打てていなく
辞めたいのに クラブを振る・・・ヘッドの返し が必要になります。


✋ダウンスイング時、ダウンスイング以降
左腕はその運動の 一番先頭、最前線に位置している為
クラブや腕の重さがモロにかかるため、非常に動かし難い部位です。
👉きっかけ は兎も角 足やお尻など からだ という大きなモノを動かして
左腕を動かざるを得ない。 のです。

ですので 準備であるはずの テークアウェイで
左腕単独の移動が増えれば増えるほど
からだの正面でボールをとらえる機会は失います。
それは 右向きの量が増えても同じ です。

いままで 左腕、左手、左肩 で行っていた
グリップの移動を いかに からだ全体
股関節を境目とする 胴体に移譲出来るか という
右向きの質の改善 を目指してください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


錯覚してしまうコト、誤解されるコトが多いので
確認しておこう♫

手のひらは親指が上、小指が下。。。

 ヘッド…、クラブはどちら側にありますか?

親指側ですか? 小指側ですか?

そうです。クラブは上にあるのです。

前傾をして、前に傾いて(かがんで)構えているので
錯覚し易いけれど
左手が一番下に有って
次に右手・・・そしてシャフト〜ヘッドがある
ヘッドが一番高い位置にあるんだ!

7b751c2e細かい角度にこだわる必要はないけれど
腕とシャフトの関係は
アドレス時で120度位
(写真はインパクト時…)
腕とシャフトが一直線になることは
スイング中には一切なく(願望も含め)
一番、鈍角になったとしても 120度 と考えるべきでしょう。

スイング用語に「コッキング」と言うものがあるけれど
動作、アクション、技術 意志を持った動きで
このコッキングというのは無いと考えて良いと思う。

有る目的と別な動きをすると、
クラブの構造上、結果そうなってしまう
と考えるのが理想でしょうね。

フルスケールのスイングという訳ではないが
トップの位置でこの程度
b6066d09120度の角度が90度位に
なった訳だから、その差は30度。
殆ど角度を変えていないに等しい。
褒められたことではない(お勧めしない)けれど
もしも自分の意志でコッキングをしたとしても
必要な運動の角度差は たかだか「30度」
その角度は、アドレス時の右腕と左腕のV時の角度程度。

225484_170587513091874_290037338_nゴルフクラブ…
クラブヘッドのこの鎌首を
もたげた形状を考えれば、
テークバック時に
ほんの10度程度動かす感じで
30度の角度差は付いてしまうだろう。

これも良く覚えておいた方が良いけれど
時計の 一秒 一分 の角度は 『6度』
30度分は5秒分 5分分の角度だ!
形状を考えて10度分位動かすとして
時計の針の 一秒か二秒分動かす程度だというコト。

あれ?

多くの人が シャフトを90度も上下に動かそう!
ってイメージありませんか?

アドレス時には ヘッドが下に有って、グリップが上
トップ時には、それが逆転して ヘッドが上、グリップが下
インパクトまでにはそれをまた逆転させる!
 って 思っていませんか?



刷毛塗の話にもつながっていくのだけれど
クラブというか、グリップをこぶし2個分程度
動かせば(片道)ボールを打つことが出来る…んだけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


腕で クラブをどう動かすのか
からだの回転はどうつながるのか
を考えてみましょう。

MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(3)




からだは横、腕は縦 のようなイメージを
持っている人もいるか と思いますが
glossary_scheme_126
ただしくは 股関節が境目のからだの回転ですが
例え それが 間違った回転  〜胴体をひねる 〜足首をひねる
であったとしても 腕は胴体から生えていますから
からだは動作の土台 ターンテーブル な訳です。

前傾姿勢をちょっと忘れて
からだは 横方向に向きを変える訳ですから
その中に 腕を縦に、腕でクラブを縦に動かしてしまっては
その 横への時間進行 泣き別れをすることになってしまいます。

また 腕にもクラブにも重さがあり、それを動かせば
動かした分、重さは増す 訳ですから
からだの姿勢にも 当然、影響し
姿勢は崩れ、回る方向が予定と狂ってしまいます。

自分のからだは ダウンスイングにおいて 右から左へ
クラブは縦 ということになれば
始め 概ね 真ん中にあったクラブは
からだの右にズレてしまい、
からだの右にズレたクラブの重さのお陰で
からだは 右に傾くのは防げません。

弊社で言う「刷毛塗」とは
前傾姿勢のある 横の動きに対し
その軌道に沿って
からだにとって 横 胸の平行に押していく
ということになるのですが、

それは ある意味 パックになった動き です。
順番がどれか は人によって異なるので
順番は大きな意味をもちませんが

❶右手でグリップを軌道上 打つ方向に押す
❷左手が逃げる(先を渋滞させない)
❸左手が逃げる行為と同意語に近いですが体を回す


これは 一つのユニットの動きです。

確かに 股関節を境目 にして
右をしっかり向いていると
トップオブスイング の状態では
前傾姿勢分、右が高く、左が高くなっているので
その時に、からだに沿って 横に押せば
その横には縦(斜め)が加わります。
IMG_0148_Moment

グリップを右手が押したとき、
それに連動して からだの回転で、もしくは、左腕自身も
逃げていないと 押す圧力の逃げ場が無くなり
キャスティングになってしまいます。

腕も体のほぼ同じ方向
似た 横方向にグリップを 動かすのです。
縦に動かすのは 前傾姿勢のある分
右を向いていると そこに含まれている縦の分だけ です。
ですので それが使えない「時期」では
縦の振る必要で出来てしまいます。



その人の その人の ゴルフの覚えてきた内容によって
❶左手が先に逃げる
❷左手を逃げす為 からだのまわす
❸右手がグリップを押す

は意識する順番が異なると思います。

左腕がクラブの重さで落ちる(下がる)
右手が補助する
からだを回す という順序もアリだと思います。

どの道 からだの向きの変更と腕使い は
両方があって ボールを打てる行為 なので
腕だけの動きだけでも
からだの回転の動きだけ 完結しません。

腕でグリップを押しただけ では ボールに届きませんし
からだを回転させただけ では 強いボールに成り得ません。

✋からだの向きの変更分 右ひじが曲がる
✋右ひじの曲がる分 からだの向きが変わる

テークバックやアプローチの時点で
右ひじの曲がり と からだの回転を 完全につながった
条件反射のようにしてしまう 素振りが有効かと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ