◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年01月


0e4d0881
アドレス、ポスチャア、始める時の構えのコトを指します。


ここで大切になるのは
自分の
 『アドレスの向きに対しボールの置く位置がどこか』
というコトになります。
◌ボールの位置がどこか ではなく
 打ちたい方向に対し、自分なりにちゃんとスタンスの向きを取れるか
 常時、似たようなスタンスの向きを作れるか がポイントです。

✋スタンスの向きの作り方が
 いつも曖昧だと 結果 ボールの位置
 自分のからだに対してのボールの位置もズレます。
 ミスショットの原因の半分以上は ここで生まれます。


アドレスの向き 👉スタンスの向き ですが
200px-08_tory_railtrack_ubt
ゴルフの向き〜打ちたい方向は
ボールと相対しているクラブの向きと平行で
このヘッドとスタンスの二つの直線は
 どこまで行っても交わらない平行なモノです。
線路のレールの関係と似ています。


その際、心がけておきたい、慣れておきたい のは
スタンスの向きの基準は つまさき ではなく、『かかと』 です。

多くの右打ちゴルフファーの場合、
右足のつま先よりも 左足つま先の方を開き気味にします。
その 左右の開き具合の違うつま先を基準にせず
かかと で アドレスの向きを作る手順なり、ルーティン、慣れ
を作っておくとよいかも知れません。

つま先基準にして、いると
かかと基準にするよりも ボールは左、前にズレます。



股関節から上の「正しい」からだの回転を目指すのなら
ボールの置き位置は 左足かかと前あたり
インパクトの時のからだのセンター をお薦めします。

0e4d08811

初めてゴルフクラブを握って ボールを打つ
という過程を過ぎ、少し経つと スライスで悩むようになります。
コースへ出て スライスしても OBなどにならないようにする為
左を向いて構える場合があるかと思いますが、
左を向く時、その基準になるのはボールです。
左を向く分、自分は後ろに下がる形になるのを忘れずに。

例えば 練習場の二回打席などで
 右の方向をターゲットにすると
左足は 二階の淵 に近づいて 危険になる というコトですね。


その場で スタンスの向きだけを左に向けてしまうと
ボールが 極端に中、右に寄ったコトになり
それでは より一層スライスしてしまう可能性が上がります。

これは 後々 バンカーショットなどにも応用されますので
ボールに対しての スタンスの取り方 に慣れておきましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレス、構え、ポスチャアとの絡みは ありますが
グリップ、両手の握り のポイントは幾つかあります。

❶最大のポイントは
 左右のグリップが (上
下)に大きく離れないコト です。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e22342ea91fd36ed9c16ce93d5f8








両方の手首のラインを見てみて下さい。

製品としてのグリップ(ゴムの部分)は 30センチ弱あります。
手の大きさ、手袋のサイズにもよりますが
半分くらいの 20センチの区間を持つ というか
◯左右のグリップで 出来るだけ似たところ 一か所を握る
 ✖✖左右が別々に二か所の場所を握る〜握る区画が広い

 ようにした方が良いと思います。

その手首の位置の違い、高さの違いは
そのまま アドレスの姿勢に直結します。

本来 その最低限のズレは 背骨をゆがめたり
片側の肩を前や下に落としたりするのではなく
骨盤そのものを 微妙に右に傾けて 解消します。

しかし、それにも限度があります。
左右のグリップ、手首の高さの位置のずれが大きいと
からだの部位ごとに 左右の向き加減や上下の向き加減に
歪み、違いが出来てしまい、傾斜のある場面や疲れた時など
ボールの位置がずれたり、向きがズレたり し易くなります。

両手を合掌 とまではいかなくとも
左の手のひらの下側 と 右の手のひらの上側 が
重なっているというか 『手のひら』が形成されていることは大切です。


❷握り方には インターロッキングやオーバーラッピングなどありますが、
そこはお好みで良いと思います。(ベースボールは論外な気がします…)
出来るだけ 手首から離れた指気味で握る方をお薦めしますが
それも 手のサイズやグリップサイズなどにもよります。
指側で握る というニュアンスの中で
重要なポイントは グリップ(シャフト)と手のひらの角度 です。 
IMG_1064

☆☆☆ちなみにですが 細いグリップの方が握り易い かも知れませんが、
少ない力で 強く握れるのは ふと過ぎない程度に「太め」のグリップ
握力に自信のない方は 接触面積の取れる「太めのグリップ」の方が
しっかり握れます。 (女性に細いグリップはダメ というコトです)

手のひらとグリップ(シャフト)の関係が斜め になるようにします。
手のひらとグリップが垂直な関係はダメ です。

これも アドレスに直結します。
手のひらとグリップが垂直な構えをすると
必要以上に かがみ、、、 前傾ではなく かがみが生まれ、
グリップの位置も体の中に入ったりしやすくなります。
IMG_0772

主に左手とグリップの関係になりますが、
左の親指は クラブを握る、グリップする というコトよりも
その角度を維持するためのポジションを取った方が良いと思います。

✋左の親指が グリップを握ってしまうと
 左グリップが丸くなり、握手の入ってくる場所が塞がれてしまい
 左右のグリップの密着感が薄れます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スナップショット 1 (2018-04-02 11-36)今更 ではありますが、
✋ 手ですね、普通の状態では 親指が上、小指が下です。

クラブも 手の上で持っていて
忍者の短剣のように 下で持っている訳ではありません。

右手は左手の上 を握っており
握り方の種類は兎も角、
クラブを主に握っている左手の上に右手があります。

その状態が基本で 地面にある、低い所に有るボールを打つため
『股関節の前傾姿勢』
があるのです。


錯覚しがち なのですが、前傾姿勢があるので
左手よりも右手の方が地面に近いだけであって
スイングと言う一連の動作の時間の中では
右手の方が高い時間の方が圧倒的に多い(長い)のです。


ちょっと 横道にそれますが…
そして ここはベテランの方でも勘違いしている人が多いと思いますが、
クラブと腕には ディッシュアングルと呼ばれる 角度があります。
IMG_0013_Momentアドレスした時、
腕とクラブは一直線になっていません。

アドレスにもよりますが 150度位 の角度が
付いていますが 、それは 手首の角度で作るモノでは無く
クラブを握る時の、手とクラブの角度関係に
よって生まれるモノ
です。


手のひらに垂直に握って 手首で角度(ディッシュアングル)を作るのではなく
始めから 手のひらとクラブには そのディッシュアングルは存在するのです

逆を言えば、握り方なので
 スイング中、その角度に大きな角度変化は発生しないモノ なのです。

IMG_1064IMG_1065
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)










繰り返しますが、
右グリップが左グリップの下に「入り込む」から
地面にある、低いトコロにあるボールが拾えるのではなく
「股関節の前傾姿勢」があるので ボールが拾えるのです。


グリップを握り変えている訳ではないので
その左右のグリップの相関関係はいつも通り、変わりはないのです。

長さがあり その先端に重さの付いているゴルフクラブ、
それに運動を加えると 数キロ。。。かなりの重さになります。
それを 肘から先の筋肉で、手首などで どうにかしよう という
脳みそ筋肉発想からは離脱しないと壊れちゃいます。



これは 重要なテーマ なのですが、
スイングは 股関節を境目 として
骨盤から上の胴体 と 大腿骨から下の脚 に分かれます。
向きを変えた場合、軸足、右を向いた時の右足、右股関節
左を向いた時の左足、左股関節の 骨盤との角度差が
前傾姿勢です。

これがあるので 人間自身が大きな上下の動きをしなくても
地面にある、低い所に有るボールが打てるのです。


初めてゴルフクラブを握る方には
ちょっと難しいかも知れませんが、
その前傾姿勢が失われてる
その代わりに なにがしかの動きで 上下の動き
地面にある、低い所に有るボールを拾う 動きが必要になります。
✋ゴルフクラブには 距離を打ち分けるための長さやロフト角度
ボールの飛ぶ方向を決めるライ角度やヘッドの向きがあります。

股関節を分かれ目とした からだの回転をしていれば
からだの向きを変えて動くゴルフクラブは
その向きと同調するため
大きなロフトやヘッドの向きなどの変化、必要以上の変化は生まれませんが、
その動きを からだではなく 肩も含めた腕で行う場合、
ロフト、ライ、ヘッドの向き、入ってくるヘッドの角度が
無限の組み合わせで変化するので
ゴルフショットの目的の一つである、繰り返し、安定(似たような)した球を
打つ行為から一番離れた行為になってしまいます。
そして ゴルフクラブはクラブそのものだけでなく、
打撃部分も編重した構造をしている為、
出やすい球筋は 飛ばない ロフトの開いた姿勢になり易くなります。


ここまで読んで頂くと
長くゴルフやっている方の悩みは
やはり 
この「初めてゴルフクラブを握る」
「打てるようになる」
「練習をする」
「コースに出れるようになる」
「コースに出る」

この過程の中で生まれ、そして、今もその悩みが継続している
と感じると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブを 初めて『握る』 と
その握りと構え(アドレス/ポスチャア)の違和感
奇妙さを多くの人が感じるコトでしょう。
そう言うモノなんだ と納得するしかないのでしょう。

ボールに真っ直ぐ、正対して構えろ、構えたい
と同時に 左右の手(握り)グリップがズレており
それによって ボールに正対して構える と
クラブを握る がなかなか馴染めません。

ここでも 股関節を境目に 骨盤から上の胴体を回すのと
へそ辺りを基準に 上半身上部、主に肩をねじるとでは違いが生まれます。


見た目には似たようであっても
正しく からだを回す(股関節が境目)場合
からだを回すことが 地面にある、低い位置にあるボールを拾うコトになりますが、
上半身上部、肩をねじる場合、左手よりも右手が下になる
という行為が 地面にある、低い位置にあるボールを拾うに直結します。

36ed9c1642ea91fd







左右のグリップの関係は
理由があってズレてはいますが、
出来るだけその関係のズレは最小限、
上下に密着したグリップが理想です、 理想ですが
まだ ゴルフショット、ゴルフクラブに慣れていない状況で
地面にある、低い位置にあるボールを拾うのは
利き手の右手がそれを出来る 上下に離れたグリップ がより簡単です。


また この後、ある程度 打てるようになると
スライスという難題が待ち受けており、
それは フェースターン、クラブの返し、腕の返し で解決…するそうです。
腕の返しは 茲離哀螢奪廚鮖拇世鳳手でする行為 ですので
左右のグリップは ズレている方がし易い 訳です。

上下にズレた、上下に離れたグリップは
当然のように アドレスの姿勢を歪めます。
ボールに正対して構えたいのに
右肩を下げ からだを歪ませて構えることに違和感、
『これはなんか変だ』という抵抗感 を持っている筈 なのですが、
腕の返し という問題を解決するために 回数で馴染ませてしまいます。

誰に言われる訳…ではないでしょうが、
アドレスの構え、その向きは ボールの飛ばしたい方向と
つながっている・・・だろうと感じている一方で、
左右の握りが離れているようにグリップすると
その構えの向きが からだの部位 肩のライン、胸のライン、
腰のライン、そしてスタンスによって異なり
左右のからだの高さの違和感も感じている 筈なのですが、
打つのには こうするしかないのか と妥協せざるを得ません。
👉そこに誰からも説明はないのです(後日説明します)



一般的にこれをリリースと呼ぶそうですが →「手の返し」 をするには
左腕、左グリップが先走りされては困ります。
4bcbe6f4インパクト前にその位置が固定出来ないといけないので
テークバックでの 左腕を胸につけるような
仮面ライダーの変身ポーズもまた肯定されてしまいます。
これを 「わきを占める」 というそうです。

◌脇は体の側帯 のコト で
◌腋は腕の下、胸側では無い筈 です

この姿勢では 蕕睿討癲∽も締まっていますが
茲力討癲↓茲嶺もがら空きなのですが
この どこが「わきが締まる」と言う言葉が適切なのでしょうか・・・。
それとも 片方の わきが締まっていれば、
もう片方はがら空きでも良いのでしょうか・・・。
👉問題は その格好ではなく、
 『この動作は次の何の目的のためにしているのか』なのではないでしょうか



✋お気づきの方もいると思うのですが

偽り は 偽り続けて 誤魔化すしかありません。

スイングの始めのステップ、始めのボタンを掛け違えているせいで
体の部位を 正しく伝えない、誤って覚える
もしくは 間違って教える/教わる というコトが続くのです…。
使わなくてはいけない部分の名づけ、名称が間違っているのですから
 動作として覚えるのはかなり無理が発生するでしょうね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング、ゴルフショットを始める上で
地面と言う 決められた、
しかも その下(ボールより下)が塞がっている場所に
置かれているボールを打つ
 という条件が
ゴルフスイングと言う動作に大きな制約をかけるのは確か です。

これも ゴルフと言う遊びが他とのボールゲームと
異なる点 かもしれません。

ボールに届きすぎれば 地面と叩き
ボールに届かなければ 空振り してしまう…

99116133106





そのことを意識するあまり、へそから下を固定し
へそから上が  「からだ」という認識になります。

つまり 体をねじって 腕を振るスイングを覚える「悪いきっかけ」
始めのボタンの掛け違いになります。

前述しましたが、両手でゴルフクラブを握っているが故に
その腕の付け根の部分の位置、姿勢によって
腕は長さや使い方に制約を受けるので
地面にあるボールを打つ動作にとっては
へそから下を固定する方法の方がより複雑な動きが必要になります。

股関節を境目に
右を向いた場合、腕の長さに制約がなく
正面を向いた状態と同じ状態でクラブを持つ、保持することが可能です。
ところが
へそを境目に 右を向いた場合(つまり)では
右腕をたたみ、左腕を伸ばし
ハンドルを右に切るような 回転が必要になります。

1.地面にあるボールを打つため 下半身(へそから下)を固定
2.テークバックと呼ばれる クラブを上げる動きでは
 クラブを捩じる、クラブが開く必要が生まれます。

新しい課題、それも次の課題は
ダフリやトップの問題を解決したとは言えず、
その上で フェースの開き、スライスの問題を作り出し
それが 長くゴルフスイングを悩ませることになるのです。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)
テークバックと呼ばれる動きでは
クラブを横に倒す、アイアンで言うと
 キャビティをボール、地面に向ける姿勢 になるため
そのままでは フェースではボールが打てません。
テークバック という重力に逆らう動き
ダウンスイング という重力通りの動き
その往復はボールを打つという行為の為に
その運動の、動作の速度も異なります。

届く 届かない 届きすぎ という
上下の問題を解決…誤魔化す為
今度は 左右 しかもクラブの回転という
複雑な動きを覚えなくてはならなくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転は
確かに 背骨がその軸となり
それにつながった骨盤の向きを変えるため
股関節、大腿骨周りを使います。

軸を意識するあまり
体の中に軸意識を持つと
クラブの重さを忘れてしまうため
いざ、動作をすると
 予定外に 軸は崩れてしまいます。


ゴルフボールを始めて打つ際、
地面にあるボールに届かせる
と同時に届きすぎない が初期の課題となるため
回転運動ではなく、へそから下を固定して
からだをねじる 捻転運動を覚えてしまいがち です。
そこに更に軸意識が入ってしまうと
体の中の軸 が いつも左右に揺れながら打つ ような
動作を覚えがちです。



また 軸意識が強いと
例えば ですが
ゴルフクラブがこういう風に動くイメージを持つ易くなります。

413

忘れてはいけないのは
クラブの後ろ、グリップの延長線上にはからだがある のです。
つまり このように動かすと
クラブの行く方向と
自分はいつも相反して動く。。。
テークバックでクラブが右にあれば からだは左
フォロースイングでクラブが左にあれば からだは右に動きますから
俗に言う 逆ピボット
ヘッドの上下の位置に関しても 同じです。



IMG_0940_Slomo_Slomo_MomentIMG_0940_Slomo_Slomo_Moment(2)







クラブが作り出す重さ、不可抗力も考慮して
軸のある回転運動を作るには
あくまでもイメージ…ですが
トップの位置とフォローで
背中合わせになるような からだの回転
が必要です。

軸意識が強すぎてIMG_1015_Moment
体の中に軸を持った回転では
クラブの重さを「相殺」する、
クラブの重さに「反発」する、
予定にない 動作が どうしても必要になってしまいます。

丸い柱に背骨をこすりつけてスイングする
と言った感じでしょうか。

それをするのには
へそから上を体としたからだの捻じりでは不可能です。
逆に言えば 軸が体の中にある意識が強い場合 そうなる…
やはり 始めのゴルフ体験が大きいのでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ゴルフのスイングを覚える場合、
『初めての体験』が長いゴルフ人生に大きな、大きな影響を与えます。

その時の ゴルフクラブ(硬くてヘッドの軽い)の影響も大きいですが
その時の 思い込みがスイングを形作ってしまう と言っても
決して過言ではないと思います。

http://hbs.livedoor.blog/archives/1992522.html

通常 初めてゴルフクラブでボールを打つ場合
届かない、届きすぎる という
ヘッドがボールと当たらない から始まる訳ですが、
「当たるコト」が最優先になる影響はかなり大きいです。

届かない〜空振り、トップ
届きすぎる〜ダフリ
を排除、もしくはクリアするのには
簡単には 安定度 固定した「なにか」が欲しくなるでしょう。
スイングのからだ使いであれば 何か固定〜動かない場所
というコトになります。
IMG_0013_Moment(2)

✋本来、ゴルフのスイングでは
からだの回転〜向きの変更が必要 なので
上半身と下半身の境目は 股関節
骨盤から上が上半身、大腿骨より下が下半身 です。


また もしも 初めての方がいらっしゃったら
ボールを当てるコト ではなく
からだの回転で からだの向きの変更でクラブを動かす
自分が動かない(腰から下を固定して)
上半身でクラブを振る事を覚えるのではなく
クラブを動かさず、足も含めた
 自分が動くから 結果、クラブが動くんだ というコトを
薦めて貰いたいと思います。
そして からだの回転でクラブを振る コトを優先させ
そのヘッドが通る場所を ある程度 均一化させ
その場所にボールをセットする。
ボール在りき、ではなく スイング在りき で
スイングを覚えるコトをお薦めいたします。




が、届かない〜届きすぎる という問題を解決したく成れば
骨盤から下を動かさず そこより上でクラブを振ろうとします。
 へそ 辺りが境目になりますね

この時点で ゴルフスイングの動作 での
からだの回転 の そのからだがどの部位を指すのか
からだとはどこなのか に隔たりが生まれます。

へそから下を固定、動かさず へそから上
主に肩や肩甲骨を胴体に対し ねじるコトがからだの回転
という 初っ端の「誤った思い込み」が刷り込まれます。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)








👉この誤ったスイング造り は
 今も アプローチという形で そっくりそのまま 残っています。
 ビギナーの方に 腰から下は固定して
 肩だけを揺さぶって 振り子のようにアプローチする
 という 犯罪のようなことを教えるレッスンプロが多くて閉口します。


正しいからだの回転のポイントは

❶前傾姿勢がある〜傾きのある回転であるコト
 つまり 前傾姿勢の場所は股関節 ですから
 股関節が使える 👉からだの回転であるコト です

❷ショットは 両手でクラブを持たねばならず
 別な言い方をすれば 両手は拘束されています。
 からだの向きを変えても その向きに片方の腕の長さが制約され
 決められてしまうのでは 意味がありません。
 どちらを向いていても フリーな両腕の長さ の取れる
 回転が必要です。


 ゴルフクラブには ロフトなどの角度が付いており
 その角度は 方向や距離、弾の高さなどにとって
 とても重要なモノです。

 腕の長さに制約がかかると その角度は大きく変化してしまい
 常時、似たような角度でボールを打つコトが難しくなります。


😵困ったコトに・・・ですねIMG_0049 (3)_Moment
その時期(初めてボーを打つ→当たるようになる)と並行して
「スイングは軸が大切」とか
「ボールをよく見ろ」
「顔を動かすな」
などと言う
からだのどこかの部分、 この場合は腰、骨盤、へそから下 を
固定した方が良いのでは…というニュアンスの言葉が流れ込んできます。

だいたい この時期で 長ければ50年を超える
ゴルフスイングの非常に歪んだ基礎は出来上がってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


過去のL字パターで
個人的にともかく不満だったのが
『グースネック』なのです。
003

誤解して頂きたくないのは
『グースネック』が嫌いだとか、悪いとか言っているのではなく
そのグースネックと
L字の形が。。。フランジとの関係など
パターの形状として
どのように ヘッドを移動させるか迷わせる
組み合わせだからです。

パターでいう ソールの後方 の部分
後ろに張り出した部分を フランジ と言います。

イメージ的には このフランジは
重心を深くして パターをやさしくする
ミスに寛容にする というのがありますが、
実質的にはその要素は「飾り」程度のもので
本当は その形状がアドレスしているときに
どうパターヘッドを移動させることを示唆する
 ところなのです。

ヒール〜トゥ に対して 対称な形状なものは
まっすぐ引かせることを示唆します。

しかし パターにとってまっすぐは
構えてみたときの 上からの真っすぐが重要ではなく
真横から見たときの ヘッドの水平移動なり
ロフト変化の方が 距離感に対しては重要です。

個人の意見はそれぞれかもしれませんが
パターだけでなく アプローチすることの
最優先科目は その距離を打つこと だと思います。

そのためには 優先科目を狂わせる
まっすぐ引かせることを示唆するデザインは
腑に落ちないのです。

また パターのフランジ部分にラインをわざわざ引くのも
納得が出来ない部分でもあります。
パターをデザインするうえで かなりの作り手が
間違えてしまっている部分に感じますが
そのラインとフランジの関係はとても大切です。
002

好き嫌いはともかく
トゥ〜ヒール方向に対して対称なものと
進行方向にまっすぐなラインはマッチしたものですが、
やや洋ナシ型の トゥ側の膨らんだタイプのものは
インサイド寄りにテークバックを取らせやすい形状なので
まっすぐ引かせることを示唆するラインとは
相性が悪くなります。
どちらにしていいか 迷う原因になるからです。

ここは デザインとしてもっと要素が絡む大切な部分です。

フランジの形状は
フェース面のかぶりや開き など
フェース面の向きや反りなどにも影響を与えます。
サンプル写真を見ても
フランジの形状によって 喚起される
 パターヘッドの移動方向に違いを感じられるでしょう。
スナップショット 1 (2016-01-17 16-25)


そして 冒頭に書きましたが
その グースネックのヘッドを移動させそうな形状と
フランジの関係はとても大切な関係です。

グースが強いと ヘッドを開閉するイメージもついてきます。
同時に ヘッドそのものを外に上げやすいイメージもついてきます。
それを フランジ部分で上手に消してあげられるか
そこらへんが 設計者の腕の見せ所でしょう。

グースがあって、フランジが対称で、ラインまであったら
ある意味「イップス」製造機になってしまいます。

パターヘッドだけに限りませんが
そのヘッドの 見てくれはある意味とても重要なんです。
003

弊社のブリストルパターは
グースネックにせず
全体重量が欲しかったのと
高重心にしたかったので
ネックを太くして、一見グースに見せました。
ネックのポケット部分にも手の込んだ削りをいれ
実はパターの歯は前に出ているのですが
構えると グース「っぽく」見せています。 

ネック周りからフランジにかけて
切れ目のない きれいなつながりにするため
何度も何度も削りを修正して
今の形に仕上げています。
フランジも含め この仕上がりは
歴代の L型パターの中で唯一無二の存在では
ないかと自負しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ゴルフクラブが他のスポーツ用品
特に球などを打撃する道具として
大きく異なる点は
握っている棒と打点に 「ズレ」 があることです。
455T-2

テニスやバドミントンのラケットや野球のバットなどは
握っている棒の延長線上でボールを打ちますが、
静止時(動かしていない時) ゴルフのクラブは
握っている棒の延長線上で打ってしまうと
俗に言う「シャンク」になってしまい
どこに飛ぶか、どの位飛ぶか 調整が不可能です。

軽いヘッド〜硬いシャフトの組み合わせ だと
スイングして クラブを動かしても
その「ズレ」は解消されず
ゴルフ用語で言うところの 重心距離分
(ヘッドの重量の中心点とシャフトとの距離)
長さの単位で言うと ❸~❹センチ
握っている棒から ズレたところで打たなくてはなりません。

460TL-2

ボールの大きさは 4センチ5ミリですので
握っている棒で 空振り寸前
ボールの内側の皮をこする程度のズレ分
外れたところを打たなくてはならないのです。

そして これは クラブの機種や種類、番手などによって
異なってきます。

他のスポーツで こういう使い方はされない?のではないでしょうか


✋勿論、どうクラブを振るか/扱うか にもよりますが
ある程度の柔らかさ
ある程度のヘッドの重量のある ゴルフクラブ
の場合、
物理的な約束事
「遠心力が掛かった時に 重量が同一線上に並ぶ」 から
握っている棒の延長線上に
 ヘッドの重心(ヘッドの重量の中心点)
主に ボールの当たる場所が ほぼ自動的に入ります。

速度にもよりますが、
動かしていない時、静かに動かしている時は
その打撃点に近い、重心点 は
重さとして フェースの状態やクラブの位置など を
感覚として 打ち手に伝えます。

柔らかさやヘッドの重さにもよりますが、
ある速度を超えると そのズレは消え
より効率よい 打撃が行える状態になる
二重構造を 本来、ゴルフクラブは持っている のです。

IMG_0772

感覚として 握っている棒で直にボールを打つのと
ものすごく微妙な距離 ズレて打つのでは
覚えやすさに大きな違いがあると思うのですが
どうでしょうか?

残念ですが、元々のそのズレの構造
重心距離の構造、ゴルフクラブの L型構造 は
絶対的な安全性と番手によって距離を打ち分ける という目的から
外すことは出来ないのです。

グリップとシャフトとヘッド という主要パーツの少ない
ゴルフクラブの シンプルではない打撃構造は
必要分しなる〜動くシャフトと
必要分なヘッドの重さによって
よりシンプルな構造に変えるコトが可能なのです。
そして それは100年という単位の昔からの知恵なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは
『クラブの長さが飛距離に直結する』と考えています。

しかし、答えはもすこし複雑で
飛距離に関係しているとはいえ
長いから飛ぶ というわけではありません。

知っての通り、ゴルフクラブは
長くなるとヘッドが軽くなり
アイアンで言えば 半インチ(1.25僉膨垢なると
ヘッド重量は 7〜8g軽くなります。
基本、振る人にとって 同じ感覚、同じ重さになるよう
設計されている訳で、イコール 同じ破壊力を
持っていると言えます。

確かに数値としては 2インチ(3僉膨垢なると
ヘッドスピードは 1ms位速くなるわけですが
その時のヘッド重量は25gも30gも軽くなるわけで
破壊力その物は大きく変わらない訳です。
IMG_0339


長さの働きは ヘッドスピードの働き
そのまま 飛距離に直結するわけではなく
製品ロフトとの相関関係にあります。

ロフトと長さは 入り混じったものではありますが、
単純には ロフトは主に回転を担当し
長さは打ち出し角度を担当すると言っていいでしょう。

ですので 例を取ってみると
同じ 22度のロフト角度のクラブであっても
(ヘッドの特性は似たようなものとすると)
長さの長いフェアウェイウッドは
入射角度が緩めになるので 打ち出しは高く スピンは少な目
長さの短いユーティリティは
入射角度がきつめになるので 打ちだしは低く スピンは多め
ということになる訳です。

そう考えると 同じようなヘッドスピードのゴルファーでも
弾道や距離が異なってくる理由が見えてきます。
特に ヘッドスピード自身はさして低くはないのに
飛距離に悩んでいるゴルファーの多くが
打ち出し角度が高く、スピンも多め
という特徴から どのようにクラブを扱っているか
見えてくるのです。

打ち出し角度が高く スピンも多め
というのは クラブで言うと
長い長さで ロフトも多め ということになります。

それを クラブ扱いに当てはめると
クラブを必要以上に長く使おうとしており
その結果として 体が上を向いてしまう
それによって入射角度の必要以上に緩くなり
打ち出しが高く、スピンが増える訳です。

この症状がさらに進むと
ボールに推進力が与えきれなくなり
ボールスピードも落ち、打ち出しも低い状態で
スピンが多い  抜け球になってしまいます。
811-6


同じロフト 同じ長さのクラブを持っても
人によって 球質、弾道、距離が異なるのは
それは確かに打ち手の動作によるものですが
別な目で見れば 同じようなクラブを使っている筈が
実は違う製品にしてしまう ということでもあるので
そこにもスイングを改良していくヒントがあったりするのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


って 題名 にしてしまいましたが

家での素振り だけでなく
コースで 絶対に やってはいけない
練習や素振りの一例を。。。

ゴルフスウィングが 土星の環 のように
体の周りを 傾いた円 をクラブによって
形成して見える のは 
スウィングをする基本姿勢に前傾姿勢があり
それが 向きを変える訳です。

ですから クラブと上半身の関係は
殆ど変らず、特に上半身に対し横方向の
右胸〜左胸 程度の 動き。。。というよりは
ズレ があるだけ なのです。

ですから 土星の環 と同じように
本体(土星)に地軸の傾きがなければ
(見る方向 角度を変えてあげれば)
斜めの円には見えず
真横から見たら 土星の環 は
一本の線に見える訳です

394218main_PIA11667_full

ですから ですから
素振りなどをする場合
傾きがないのに
ゴルクラブ(クラブヘッド)が斜めの円を作ってしまっては
傾きや体の向きの変更も意味の無いモノに
なってしまいます。

RIMG0029-thumb-560x420

タイガーの この姿勢にも
殆ど前傾姿勢がありません。。。


本来は 体の傾き と 向きの変更で
作る筈の 斜めの円弧 を手さばき 腕さばきで
なぞってしまっています。

これでは 体は活かされませんから
距離を稼ぐには 関節を含めた体に無理をさせる
ことになりますし
正確なショットを続けるには
不具合のある動きで有る上に 練習量が必須に
なる訳です。

IMG_8497


兎も角 前傾姿勢が無い場合
クラブは 地面と平行にしか 動かない
多少 高さ変化が含まれていた としても
原則論 クラブは 地面と平行に移動する
と言うことを覚えておいて下さい。

実は これ とっても 重要です。

もしかすると、やはり意識の中に
ヘッド と言うのが強すぎるのかも知れません。
重さ と言う作用があったとしても
ヘッドは単独で動くものでなく
グリップや人間が動くから 移動するモノであって
ヘッドを動かす〜移動させる と言う感覚よりも
グリップを移動させる と言う感覚の方が重要なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


4514


初めて ゴルフクラブを握りしめてボールを打つ
主に練習場で、だと思いますが、
だいたい ゴルフの未来はここで 決まります。

始めの数球〜十数球 は
地面にある、もしくは軽くティーアップした
足元、低い位置にあるボールに
打撃面、打撃物 であるヘッドが 届きません。

そして 届かせようとすると 届きすぎます。
この繰り返しから始まります。

何度 も 実験したことがあるのですが、
ゴルフをしたことのない
おそらく これからもしない
男性、女性に 現在の市販のアイアン
◌軽い小振りなヘッド + スチールシャフト
と使って貰うと 上記のような状態に陥ります。

1.ヘッドがボールに届かない
2.ヘッドがボールに届きすぎる
3.当てるコト が出来る
4.それを高速化する

2013-05-04 10-55-44.740_Moment


ところが ある程度の重さのあるヘッド
ある程度の柔らかさのシャフト に変えると
 ヘッドの重さ と シャフトの柔らかさ
どこら辺が境目なのか は 各個人によって違うとは思いますが
いきなり 初っ端から ボールに届きます、当たります、
当たる具合は それは初心者ですから マチマチ ですが
届かない、届きすぎる ではなく
ヘッドとボールが接触する苦労は殆ど無いのです。

1.ボールに届く
2.フェースで当てる


届かない、届きすぎる が ショットの原点 になるか
そうでないかは 初めて握る(使う)クラブによって決まってしまいます。

始めの状態が大きく異なりますが、
重いヘッド 柔らかいシャフトでショットを始めた人は
概ね その日に あっちゃこっちゃには行きますが、
ボールが打てる段階まで到達できます。


特にこの現象は 力のない女性に顕著に表れ
チカラの無い女性は 重いヘッド 柔らかいシャフト を持つと
本能的な判断なのか 無理して その打点であるヘッドを
ねじ伏せようとはしません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


kinngashinnnenn



新年あけまして
おめでとうございます





ヘッドスピードを上げるという事は
✊グリップの移動スピード ➟グリップスピード
✊体の回転の速度 ➟ボディスピード

「無理しない範囲で出来るだけ」
「繰り返せる動作の中で出来るだけ」
上げることを指します。

スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)


その上で とても重要なのは
〜扱校兩と体の向き
▲ラブの形状
 
   との関係です。

前傾姿勢と体の向きの関係は
体が右を向いている時は 左サイドの方が低く
体が左を向いている時は 右サイドの方が低く
 なっています。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)
よくスイング中に前傾姿勢を維持する方法を考えるより先に
その前傾姿勢はスイングにどんな利点・良いところを生み出すか
と考える方がより良いと思います。
特に一番のメリットは
右を向いている間
 テークアウェイ〜トップオブザスイング〜ダウンスイング
インパクトを迎えるまでは ずっと
左サイド ゴルフスイングで言う運動の進行方向が低くなっている
ということなのです。

ボディスピード、ヘッドスピードを考えれば
高いところから低いところにモノを移したり
自分の体を移動させる方が 当然、その逆よりも
スピードも上がりやすいですし、労力も少なく済みます。
IMG_0363

しかし スイングは常時動いている最中ですから
時機があるので、いつまでも進行方向が低くなっているのは
時間的に限りがあります。
逆に その時期を過ぎてしまったら
進行方向が高くなってしまうので
スピードも上げにくく、労力が多くなり
モノや体を下から上に運ぶ分、体のどこか
概ね腰に負担がかかるようになります。


スナップショット 2 (2015-06-08 16-14)


次にクラブの形状とスピードの関係ですが
その形状は どの場面でクラブをどんな姿勢にするか
によって変わってくる訳です。

最近 主流のヘンテコスイングでは
トップオブスイングでは
フェースを上に向けて という事ですが、
その場面でフェースが上を向いていると
グリップを通して、クラブの重さは
グリップを上方向に動くよう負荷がかかりやすく
次のアクションに行き辛くなります。
595bd670_Ben20Hogan20Backswing

スイングは常時 次のアクションの「方向」というのが
とても重要で、トップの位置から
どの方向にグリップを動かしたいのか
クラブの姿勢とともに「いつ」も絡んできます。

体の姿勢/前傾との絡みもアリ
本来はゴルフクラブは 右を向いている間は
ややシャット気味になっている
➟フェース面がやや地面を向いている
最近、主流のスイングとは真逆なものだと思う。
その状態を維持できれば
グリップは次に動かしていきたい方向と一致しやすく
それは そのまま ヘッドスピード
グリップの移動スピード、ボディスピードに繋がってきます。
414

それに比べ、フェースが上を向いていると
そこから動かそうとするのには「チカラ」が必要で
それが俗にいう「力み」に繋がっていくでしょうし、
それは スピードを上げていくのにプラスにならないでしょう。

かと言って、振り易い、扱いやすいからと
軽いヘッド、軽く感じやすい硬いシャフトにし
自分が好きに動かしやすい、負担を少なくする ということは
イコール クラブのボールに対する重さのチカラも少ない
ということで、それを上回るスピードが出せるのか
というのには甚だ疑問です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


4514
新年 明けまして

おめでとうございます





遅れていいのよ


例えば ダウンスウィングで
ヘッドを振ってしまう動き

この動きは ヘッドがグリップよりも動いている
グリップが止まっているから 出来る のです。

確かに ヘッドには落下したいチカラ が働いています。

クラブの 鎌首を自分の方にもたげた姿勢
を考えれば その ヘッドが落下したいチカラは
クラブ自身を下に下げたい になっておかしくない
のですが、多くのゴルファーは グリップに掛かる
負荷を筋力や握力でねじ伏せて、グリップを
止めてしまい ヘッドの重さで ヘッドを動かして
しまいます。

S20180921_Moment


勿論 それを「しなければ ボールに当らない」
なにかの 事前な動きがあるのも確かですが
どちらにしても ゴルフクラブのような重量を
使って何かする物体を動かせば なにがしかの
逆らえない力が 働きます。

クラブはその動かし方によって
長さなどを変え、結果として 重さ
打つ人に対する負荷 を変化させます。

そして 忘れがち ですが
その負荷には 必ず ベクトル 方向
伴ってきます。


これから ボールを打つ
そして 動作として 左を向く とか
左に体重を移したい のに
クラブを 右脚の前で、体の右側で
重く、もしくは 長くしてしまったら
いったいどうなるのでしょう。。。

ダウンスウィングで クラブを円に
腕周りで振ってしまうと
創られる遠心力は 右下方
ボールを打つのとは おおよそ 反対の
負荷になります。

クラブが右脚の前で 外に 下に
重くなったら。。。
ボールを目標の方向に打つ のには。。。

そうですね
その掛かる重さと方向の
真反対の力で相殺するしか
方法はないでしょう。

ですから クラブを右側で円に振る
(腕を使って ヘッドを振る)
その行為をしてしまうゴルファーは
その時点で 体も開いて
左上方にクラブを引きつける動きで
そのクラブの作り出す不可抗力を
相殺する動きを 必ず します。



02

そう考えると すこし それにヒントが
あると言うコトです。

自分の特徴的な あまり芳しくない動きは
その 
真反対の負荷を相殺する動き
と考えれば クラブの作り出す
その時のその方向への「不可抗力」を
消してあげれば それは自然に消える可能性も
秘めているということです。

そして もう一歩進んで考えれば
左に行きたければ
左に行かなければならない
クラブ姿勢 を作り出していけば
自分で意識しなくても 自然に
必然的に左へ行くことになる
と言うコトです。
(比較)左手ドリル_Moment(7)

今の クラブの姿勢 クラブの位置が
次のアクションの殆どを決めてしまう
と言うコトですから
感触と共に、想像力、推察力 というのは
必要になるでしょう。

こうなってると 次は こうなって
 という 展開力が スウィングを創っていく
と言えるのかも知れません。

そうなると トップから始めろ とも
トップで一度止まりなさい とも
言いませんが バックスウィング
テークアウェイ〜テークバックの
勢いをつけるような動き
 は
クラブを ボールを打つ方向とは
反対方向に重く しかも ずれを
大きく作る動きになるのですから
せめて そこだけでも 改善して頂く のは
如何でしょうか。。。。。。。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

新年 明けまして

おめでとうございます



hatuhinode002




新年の営業は 六日(月曜)

 午前十時より。


今年も一年よろしく

 お願い致します 店主

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ