◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2020年01月

  


ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
rad-04-limited-edition-red3

また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない のです。

IMG_8497



機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh




 そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの方のスイング、スイング分析をすると
ふと 感じることがあるのですが…。

よく言われる ボディターン、からだのまわし、からだの回転
これらは スイング動作には重要ではあるのですが、
スイング〜ショットにとって 最も重要なのは
『より良い効率で打つ』〜少ない動作で飛ばす、コトと
『復元性、再現性を高める』〜より簡単な動作にする、コト
 です。

それを踏まえた上で
からだのまわし、からだの回転を考えると
捻転、と呼ばれる 胴体を捩じって
✋腰〜お尻〜骨盤を回さず 肩をひねった方が
ゴムのように なって ビュッと速く回れる という考え方、
もうその誤った考え方は 呪い に近いかもしれません。
 ‥‥‥‥…腸捻転ではなく 胴捻転です

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)BlogPaint







ゴルフクラブは 両手で持っており
その両手の持ち方は 固定〜拘束されているに近いので
からだの姿勢などによる 右左の腕の長さの大きな変化 は
ボールを打つ インパクトのクラブ姿勢、ヘッド姿勢に
大きく影響を及ぼします。

クラブは重心深度や先端に重さが集まっている構造上
後方に重量が残り易い性質を持っています。
これを正しく利用しないと
ロフトが増え、上を向いて打つコトの方が
その逆の ロフトが減り、下を向いて打つよりも
圧倒的 10倍以上の確率(もっとかな?) で起こります。

ロフトが立ち過ぎちゃった、上から打ち過ぎちゃった
なんて ミスは 天然記念物的な割合 でしか起こりません。

✋正しく意識しないと ロフトは増える方へ行ってしまいます。

飛ばしたい、飛ばす為、
一生懸命 速く振っても、強く振っても、大きく振っても
ロフトが増えてしまえば それは徒労に終わるだけ
逆に 一生懸命振らない時より飛ばなくなったりもします。



✋飛ばしたい から
一所懸命 テークバックする、右を向く 気持ちは分かりますが、
正しく からだの回転させるコト と
クラブを両手で持っているコト をコラボ
両立させないと
 

からだで直にクラブを動かすコトも出来ませんし、
『より良い効率で打つ』〜少ない動作で飛ばす、コトと
『復元性、再現性を高める』〜より簡単な動作にする、コト
 
飛ばすことも出来ません。

体を一生懸命まわす のは
その境目 切れ目である 股関節まわり
脚やお尻などの股関節廻りが『キツク成って』も
胴体は何もしていませんから『キツク』成るコトはありません。
体を向きを変えての
向きを変えないのは 軸足(テークバック時は右脚)
変えるのは 股関節を境目に骨盤から上 ですから
その境目が キツクなる のが 正しいのです。
田中どら_Moment(5)

そこを間違えないように意識する必要があるかと思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

まずはこちらからご覧ください





このスイングを解説してみましょう。
治すといいな…という順序の逆に追いかけてみます。


スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)

一つ目に気になるのは『グリップとグリップ位置』です。
この左手のグリップがあるので
アドレス姿勢が悪くなります。
 とは言うものの…
この『握り』にしなければならない理由があり、
その理由が解消すればグリップも改善されます。

56b8f50d-s

スナップショット 2 (2017-04-20 16-57)03e2a0dd-s













ボールを打つ一番の肝心のところです。
ヘッドスピードも一番速くなるでしょう。
シャフトの向きで言うと 180度近くターンしています。
しかし、グリップの位置も体の姿勢も
 ほぼ止まったままです。
平面に映る写真ですから、この画像上の奥行き(飛球線方向)には
スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)多少移動していたとしても
20〜30センチの移動です。
ヘッドは200属幣絨榮阿靴討い泙后
この支点運動がある限り、
このグリップで握らなくてはならないでしょう。
クラブがすっ飛んでしまいます。




次にその支点運動をしなくてはならない理由…
支点運動になってしまう理由…
自分で意識をしていなくても手で振ってしまう理由…
はここから始まります。

スナップショット 3 (2017-04-20 16-34)スナップショット 2 (2017-04-20 16-34)スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)













体の向きは変わっていません。
腕…もしくは自分は体と認識している肩回り(肩甲骨)だけ
動いていて、一番右の写真では既にクラブはトップに近い位置。
しかし、体はまだほぼアドレスの向きのままです。
フットワークが使われていません。

スナップショット 11 (2017-04-20 16-39)コチラの方が分かり易いですかね。
このテークアウェイの
取り方をすると
体は回転せず
前に向かって屈曲するような
右に体をひねりながら
ボールの方にお辞儀するような
そんな動きになります。

テークアウェイで屈曲すると
動作の中では ダウンスイングでは
体を起こすような動きになります。
注意が必要です。

素振りなどで意識するのは
グリップの位置と太ももの関係です。

アドレス時に左太ももの前にあるグリップが
テークアウェイの過程では
どんなに右にズレても 右太ももの前位…のズレ
左の太ももとグリップの位置関係を意識すると良いでしょう。

テークバックの初動 初期段階で
左肩や左手でクラブを押すのではなく
右ひじを背中側後方に引くように意識してみましょう。



スイングでとても重要になるのは『時期』です。
タイミングとはちょっと異なります。
どんな形になるかとか、どんな姿勢になるか という
見た目ではなくて
時期がとてもポイントです。
ボールを上から打つ とか
ボールをインサイドから打つ
これはほぼ同意語のものなのですが、
これは時期を指していることです。

時期を改善するには
動かす順序と動く道のりを意識してください。
スナップショット 11 (2017-04-20 16-39)から〜インサイドから打つ、それを可能にするのには
上から打つ、インサイドから打つ『期間』を確保して
出来るだけ「期間を多く造る」ことです

このテークバックの取り方では
上から打つという 上が存在しませんし
インサイドから打つ のインサイドが存在しません。
存在しないのです!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



参考のために、少々オーバーにして貰いましたが、
とても 多く見かける 素振り や アプローチショット です。

564dfb4d別な記事でも説明しましたが
ゴルフのスイングを簡略化(デフォルメ)し
一枚の平面、画面や紙に落とし込むと
スイングはこうなります。

平面上には 当然 奥行きは表しきれないので
からだが向きを変え(体がまわり)
奥に逃げているのは 上に上がって見える訳です。



首や頭、首の後ろを支点とした 振り子 に見える
というのも 分からない訳ではないですが、
それをそのまま 体現してしまうと
この言うパターンになってしまいます。

ゴルフレッスンを真面目に行っている女性にも多いですね。

首や頭などが支点 と思っていても
この振り方では グリップが支点、対称点になります。

ヘッドが後ろ(テークバック側)に行けば
からだは 飛球線側
打ち終わって、ヘッドが前に出れば
からだは後ろに下がる振り方 になりますから
理想的なスイングの最下点は
ボール付近、ボールより先 な筈ですが
実際には ボールの手前に なります。

シリーズ_Momentシリーズ_Moment(2)シリーズ_Moment(3)











映像で見てみると
素振りでは行っていない
 腕を縮める動作 が 本番のみ 見て取れます。


オリジナルは からだが向きを変えて
グリップが移動するから ヘッドは円を描き、
その からだの回転には 前傾姿勢という傾きがあるから
「振り子」のような動きに見えてしまうのですが、
スイングに振り子の動きは「存在しません

人間は機械のように 固定できませんし、
実際に行う場所は もっと凸凹した傾斜のあるところ…
振り子をしようとすれば 自分の姿勢が崩れ
振り子は出来たけど、ショットはミス になってしまいます。





手で振る、からだで振る は別として
ヘッドに円を描かせる意識 は必要ないのですが、
もしも ヘッドをこう振りたい こう動かしたい
と思ったら、 その円はグリップの移動で 作れば良いのです。

ボールを打っていると 兎角
意識は ヘッドとボールにいきがち ですが、
再現性、反復性 を考えるのなら
どうグリップを動かすと ボールはこう当たる
というのを考えないと 其の一球だけのショットになってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia



そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 





スイングプレーンの意味を良く呑み込めず
単に 見た目 としての スイングプレーンを妄信してしまうと
この パターンに陥るケースがよく見られます。
 ✋教えるの人に正しい知識が欠落しているケースも少なくありません。


これでは スイングの問題(悩み) のデパートになってしまいます。
…今となってはホームセンターと言った方が良いのかもしれませんが…

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)ararara_Moment201812_Moment(2)hijinuke1 (1)









テークバックを左手〜左腕の押し、もしくはローリングで取ると
見た目だけ クラブは トップの位置 に行きますが、
からだはねじっただけ で 
実際には からだをボールの方に倒して、向きは正面を向いたままです。

クラブのターン と からだのターンが 結びつきませんから
それを 再度の腕のローリング 手の返しで代替えする必要が生まれます。

開いて〜閉じる とは まるで ゴルフの技術のように呼ばれますが
それは 単に フェースで打つ筈のゴルフショット で
ボールにソールを向けてしまった為、
 このままでは ソールでボールを打つコトになってしまうから
 インパクト付近で ボールにフェースを向け『直す』 だけ です。
クラブの固有の持っている ロフトやライ、フェースの向きなどは
二の次、どうでも良い話…  をゴルフスイングの技術と呼ぶのか
…どうかです。

1212-14bcbe6f4スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)PCC








プロゴルファーでも この延長線上
 いかにも ゴルフスイングらしく 繕っていますから
ダマされそうですが、基本 全く同じ。
万単位の練習量、運動神経、からだのケア、若さ、
痛みに対する鈍感さ がない限り
 アマチュアのオジサンおばさんゴルファー向きの打撃方法ではありません。


73d28d33見ての通り、からだを捩じって
クラブ、腕をからだの右に置きますから
ダウンスイングでは 右に重さがかかり
右がドンと下がります。


右サイドが下がる、左サイドが上がる
の悩みは 概ね この思い違い、このテークバックから
産まれますから、上がる/下がるを治そうとしても
問題は解決しないでしょう。
右サイドが下がらなければ ボールに届きません。

どんなに体を捩じっても
左サイドが上がる/右サイドが下がる は
からだが開く〜左を向く は誤魔化せませんから
この 疑似トップの位置から すぐに体が開き
正面〜ボールと正対する時間が生まれません。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(7)ボールと正対する意識
からだを開かない意識を強く持ってしまうと
左サイドがより 上に逃げ
こういう姿勢になってしまいます。

見ただけで 痛そうで 腰がうずきます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



初めて、ゴルフのスイングを覚えるのであれば
比較的簡単なんだけれど
ある程度 打てる 当たるようになり
練習を積み、コースにデビューってところまで行くと
ひとやま、ふたやま 越さないと
スイングは改良されていきません。



元々 ゴルフの握り、グリップも構えも振り方も
ちょっと変わっていて、普通の生活では
体験し難いモノばかりだから
そう言うモノなのかな……と覚えてしまっていますよね…。


ゴルフスイングの場合
主に 腕の使い方とからだの姿勢 というのが
同時に進行していき、
どの体の向き! もしくは どの姿勢の時に!
腕をどう使う というのがあるので
正しい腕使いを覚えるのも
正しい姿勢やからだの向きが同時にないと
あまり意味を成しません。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)
左肩を入れる もしくは
左腕でクラブを押す、送る
というテークバックを取ると
本来のトップでのからだの姿勢に比べ
体自体がボールの方に寄ります

よじった体を元に戻して
ボールを打つのに 下方への遠心力〜勢いが加わるので
からだを起こして ボールから離れながら…でないと
ボールが打てない訳です。

ですから
「からだが起きてしまう」とか
「右サイドが突っ込む」
「からだが開いてしまう」

というのは このスイング〜このテークバックである限り
副作用的に付いて回ります。

「からだが起きてしまう」 →起こさないようにする
「右サイドが突っ込む」  →突っ込まないようにする
「からだが開いてしまう」 →開かないようにする
という修正〜努力をすると
更にスイングが複雑になってしまいます。


アドレスの時 軸となりうる背骨 傾いた背骨を意識するより
前傾姿勢と同等の 丸い柱 があるとして
その柱を迂回しながら オーバーですが、
イメージとしては その裏側に行く ような・・・
そんな感じで 右向きをしてみましょう。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)今のからだよりも
もっと アドレス比での背後
後方に からだを起こす感じです。

これは右ひじの使い方
今までよりも 右ひじを高め
外に張り目で修正します。

からだがボールの方に倒れてしまうのは
左手を伸ばそう、クラブを押そうとして
右手の上にかぶってしまうから 起こりますので
クラブはアドレスの状態のまま、
上げず・動かさず 骨盤 お腹を右に向ける
初期動作を覚えると良いと思います。


アプローチ、ランニングアプローチ
そうですね… 全英オープンで 6番アイアンの100ヤード
ランニングアプローチ この感じがスイングの基礎 であり
スイングそのもの とも言えるでしょう。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)クラブのこの姿勢、この位置を
からだの右向きで造れるようになると
良いですね。

本来 この位置は からだの向きだけで
作られるはず…なのですが
腕さばき、おそらく 左肩の入れ込み
で作ってしまっているので
ある意味 クラブの動かしすぎ です。

これが後々 アプローチなどの
打つ距離に対する オーバーアクション、オーバースイングの元
になるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


スイングのレッスンを始めから受けた方
スイングのレッスンを真面目に受けた方 に
良くあるパターンです。・・・とても良く見受けます。



スイング軌道 と言う言葉は昔からありますが、
映像機器などの普及化によって
ゴルフのレッスンなどにも深く使われるようになり
言葉では伝えにくい クラブの動かし方やからだの動かし方を
画像に線を引き〜それをなぞるように指導する形が多くなりました。

これは 過去に レッスンをしている人 に
何度か質問をしたことがあるのですが、
スイングの軌道は真縦でもなく、真横でもなく斜めに傾いています。

そして それは個々人の体格や構え方
持つクラブの長さなどによっても少々異なりますが

「その 斜めの傾き具合 はどこから来ているのでしょうか?」
「その 斜めの傾き具合 は何が基になっているのでしょうか?」


と質問して、ちゃんと答えられた方は多くなかったと記憶しています。



✋✋傾き具合は
 使う各クラブの長さに応じて 変わります。
✋それは 長さに応じての前傾姿勢 です。

✋✋✋前傾姿勢は その言葉の通り、
 自分の前、自分のからだの前に傾いている角度
 です。


自分のからだの前に傾いている角度 が基準になって
スイング軌道は傾いているので
その 前に傾いている角度 とともに
自分にとっての、自分にからだにとっての というのが
無い限り スイング軌道を傾けるのは
マネをしている、振りをしている、形だけ作っている
本来の 意味、意義を失ってしまっています。
はっきり言って 無意味 です。


Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment✋ですので
このアングルからの画像では
ボールが自分のからだの前
 にあります。


M2019810L!_Moment田中どら_Moment(5)✋トップの状態での
ボールと自分の関係では
自分の正面は 右を向いていますが、
前傾姿勢があるため
左サイドが右サイドが低いから
ボールの方に傾いているだけで
ボールの方に前傾姿勢があるのではありません。

そこを履き違えてはイケマセン

ここの思い違いは 長く深くスイングに影響を及ぼします。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)ですので
なんの意味があるかは不明ですが、
スイング軌道だけをなぞって
このトップを造っても、
ここにクラブを持ってきても、
この後、問題が山積します。

からだが捩じられていて
からだの正面が一体どこなのか 分かりません。

言葉遊びのようですが、
人間のからだの構造やクラブの
機能があるので
結果として スイング軌道があるだけ であって
スイング軌道が優先されるモノでは決してありません。

このスイングには スイングの誤解が満載の状態なので
もう少し 教材に使わさせてもらいます✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 ✋こちらは ほぼ フルショットの動画 です。




多くの人は
 テークアウェイの前半を アプローチ
 後半に そのアプローチに高さを加える

と言う行程で行っています。


アプローチのトップ(一番深いトコロ)
フルショットのハーフで切り取ってみました。

BlogPaintBlogPaint









前傾姿勢を除くと 非常に似ています。


先日も書きましたが、
テークアウェイ、トップの時点で
胴体、腰、お腹、懐かしいですが秀二 の右向きが足らず
◌肩を入れ、胴体を捩じってしまう
◌左手を押し クラブを寝かしてしまう

は 後々 スイングにとって とても大変な作業
ダウンスイング→インパクト という
スイングの中で一番運動速度の速くなる箇所で
いそがしい 複雑な作業が増えます。



ここのブログ以外ではあまり登場しませんが、
✋インサイドから打つ とか
✋上から打つ というのは
前傾姿勢があり、右を向いた胴体が正面を向いていく

という行為が作り出します。


右向きがない、もしくは 右向きが少ない
胴体の右向きに比べ、腕なり、肩ラインなりが捩じられ
疑似右向き〜胴体のひねり が入ると その
✋インサイドから打つ
✋上から打つ 
前傾姿勢があり、右を向いた胴体が正面を向いていく
時間がない、もしくは少ないため
その効能、効果を利用することが出来ません。

胴体がひねられず、腕もひねられず
上半身に対して グリップの位置が
アドレス時のその関係を維持、もしくは近い状態であれば
単に 右を向いて 正面を向けば
インサイドから
そして 上から打つコトが出来ます。

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

しかし その時間が無い、逸してしまう
もしくは 始めから 存在しないとなると
それを 別なコトで代替えしなくてはならなくなります。
それが 俗世間で言われる
 フェースローテーション、ヘッドの返し です。

フェースローテーションは
ロフトやフェースの向き だけでなく
腕も含めたクラブの長さ が変わり易く
それによって からだにかかるクラブの重さが変わってしまうため
姿勢も変わり易く 入射角度が一定になり難いうえに
本来のそのクラブよりも緩い角度が入り易くなります。
89aa44d5
同じクラブを 緩い入射角度で入れてくると
そのクラブのロフト角度にもよりますが、
高いヘッドスピードの人にとっては
無駄な打ち出し角度になり易く
逆に ヘッドスピードの低い人にとっては
ボールが上がり切らず 失速し易い 弾道が出ます。



無駄な安定が伴わない フェースローテーションを減らしたい
無くしたい場合、
フェースローテーションの有る無し、そして その量は
質 という意味でも、量 という意味でも
からだが右を向いていないコトを指しています。

その量も からだの右向きの 質/量 次第です。

良くあるパターンですが、
フェースローテーションが多いが故に
ダフリやトップ、スライスやひっかけなどのミスが出て、
それを修正したいですから
意識がどうしても ヘッドとボールに行ってしまいます。
そうすると やはり 質/量 共に 右向きが足らなくなり
悶絶ループに入ってしまうモノです。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(2)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)









✋それを修正し 自分に馴染ませるには
フルショットではなく アプローチ
ランニングアプローチでして下さい。


『フルショットでグリップの高さ』 が増す訳ですが
それは グリップの高さ を変えているのではなく
グリップの移動されるラインの角度を変えるため です。

基本になっている 前傾姿勢のライン
 (👉グリップの高さを上げない)
グリップの高さを変えるコトで そのラインを変えるのですから
向きを変えるのと同時進行 というコト です




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは 動画をご覧ください。




ショットを意識した ごく普通のアプローチ(ランニング主体の)
だと思われます。

フェースのシャット具合など
全体としては とても良いと思います。


が!
ここはフルショットの流れにもつながるポイント
がありますので、修正したいところです。



多くの人がこの 目には小さな そして重要なミスをしています。
この動きは アプローチだけでなく ショットに
多大な影響を与えますので 認識し、修正にトライしてください。


✋問題はテークアウェイの取り方にあります。

スローがかかる 8秒以降の動画をご確認ください。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_MomentDesktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(2)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)










おそらく ご自分では 手で動かしているつもり はないか
と思いますが、初動は兎も角、ある程度 クラブが動くと
骨盤、特に注目して頂きたいのは お腹の向き
 お腹の右向きはかなり早い段階で止まります


お腹(胴体)自体の右向きが足らないが故に
クラブが十分に インサイドに移動しきっていません。


❶早い段階から、肩で動いてしまっているが故に
からだがボールの方に倒れることになり
ダウンスイングでは体を起こさなくては成らなくなります。


❷中途な 胴体〜お腹の向きに対し
クラブは 打つために十分な位置
そこから 切り返しますから
インパクトでは からだが上向き姿勢(左向き)になり
理想的なこのショットに対しては 入射角度が緩めになります。


からだの向きで 上向き
からだを起こすことで 上向き
の二つが重なりますから
これをアプローチショットとしてみると
ミス として ダフリ気味
弾道としては ちょっと緩めに 高い球になり、
スピンは効き辛くなります。

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)









この延長線上にフルショットがあると
骨盤の向きに対し お腹 肩 グリップ ヘッド
先端に行くほど 円で出来る以上の移動量の差が生まれるので
どうしても インパクト付近での 取返し が必要になります。

自分では フェースローテーション、ヘッドの返しを
している意識がない 筈なのに
ビデオで撮影し、スローにしてみると
思っている以上の ヘッドの返し をしている原因の多くは
準備 としての テークアウェイの中に隠れています。


スイングを覚える初期の段階で
ここを修正せず そのまま進めば
十分に 右を向いていないのに
トップの位置が出来、
それを 普通に振れば、俗に言うアウトサイドイン
緩めの、高めの、場合によってはスライス になります。

それを 誰かのアドバイスやビデオで反省によって
インサイドからの軌道に修正すると
より 寝かして 開いたダウンスイングになり
より一層の フェースローテーションが必要になる
というのが 多くの人の陥るパターンなのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング用語の中に
「ヘッドの重さを使え」
というのがありますが、この用語は
多くのゴルファーに誤解されています。

その典型的な例がテークアウェイ(バック)での
重さの使い方です。

ご存知のように ゴルフクラブは長い棒の先に
重量が集中した狷散餃瓩任后
しかも、その先端に付いたヘッドの部の重量は
持っている棒(シャフト)よりも右側(後方)に位置するため
(重心深度と呼ばれるものですね)
右方向への動きは大変得意としています。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

テークバックの際、「動きのきっかけ」だけを作り
ヘッドの重さが慣性で動くのを使って
逆に体を回してしまうような動き
練習場で大変多く見かけます。

ゴルフショットは 飛距離や弾道を管理して
コースを攻略する遊びです。
上手くいかないことはもちろんあっても
ボールを管理するためには、それを打撃するクラブ、
そして打撃部分であるヘッド部を
出来る限り「管理したい」筈です。

スイング、クラブの扱いの中での管理とは
自分が動作している分、クラブも移動、ヘッドも移動
しているという事であって、
自分が止まった反動で、無造作に動いているヘッド
と言うのを管理しているとは言いません。
その反動をつけた無造作な、無責任なヘッドの扱い方の
きっかけになってしまうのが 
テークバック初期の段階でのヘッドの重さの使い方なのです。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

体を回し始める
→浅い段階で体の回しを止める
→ヘッドには慣性が付いているので
 その影響でクラブは動き続ける
この手のテークバックには大きく二つの欠陥が生じます。

まず グリップを軸にクラブが回るため
ロフトが最大限増えてしまいます。
例えば10度のドライバーだったとしても
ロフトが90度も増えてしまうようなテークバックでは
それをインパクトまでに戻してくるとしても
毎度毎度同じロフトにはなりにくく
製品として「ロフト10度」の意味は
ほぼ無くなってしまうのと同じです。

次にロフトとつながっていますが
体を止め、ヘッドのその慣性でクラブを動かし
そして腕を横に振る(振られる)状態になると
クラブそのものの姿勢も、ヘッドその物も姿勢も
ダウンスイング方向に対しては最大の重さ(負荷)
になってしまいます。
その重さは感覚的な感じではありますが、
概ね正しくクラブを扱いテークバックした時の
クラブやヘッドの重さと比べると
倍では済まず、5倍も10倍もの重さに感じます。

そうなれば 逆な方向への動きが始まった時
必要以上にクラブやヘッドが重い訳ですから
当然「力む」ことになるでしょう。
4289f9fa-s

そして、その重さはインパクトまでの間に
必然的に右サイドを下げていくわけになる訳ですから
上から打ちたい という願望があるゴルファーにとっては
禁忌なテークバックと言えるわけです。


注)上から打つ というのは
腕の作業でクラブヘッドを高いところから
入れてくることではなく、
ダウン→インパクト のその進行方向に対し
進行方向の左サイドが低いうちに
ボールに対しアプローチしてくることを指します。

テークバックのここの部分は
大変重要な改善ポイントな訳です。

スイングをいったん解体し
リズムやクラブの扱い方を再構築するためにも
俗に言う「上げ方」、テークバックの取り方の順序を
逆にして練習しましょう。

アマチュアおじさんゴルファーのほとんどが
体を回す→クラブを上げる
と言う手順でテークバックを取っているはずです。
それを逆にするのです。

クラブを上げる と言う言葉は正しくないので
クラブを起こす → 体をまわす
と言う具合です。

クラブを起こす際は、決してクラブを横には
1センチたりとも動かさず
真っ直ぐ 自分の右ほほに向かって上げ
上げ終わったら、体の向きを変えるのです。

実際に自分で素振りなりしてみると
ここでいくつかのポイントに気付くと思います。
上げる→まっすぐ  ×横の動きを加えず の筈が
腕を動かすと クラブを横に動かそうと
スイングプレーンをなぞるように横に動かそうと
しているゴルファーが大半。。。なんじゃないかな

次に、テークバックは意外にも
クラブは軽く、短時間で終わりに来るはずです。
クラブを先に起こしてしまっているので
クラブは一番軽い状態になっており
その状態で体を回しても、クラブには慣性が
ほんの少ししか付きません。
殆ど存在しない程度の不可抗力でしかありません。
従来の自分のスイング手順とは
ずいぶんとクラブの重さが違うと思います。

そして 今まではクラブの、クラブヘッドの重さで
骨盤ではなく、上半身を捩じっていたので
非常に無造作に、ほとんど意思なく
クラブの、クラブヘッドの重さで体を捩じっていたので
今度はもっと「積極的」に自分の意志で
お尻なども含めた足回りを使って
骨盤を動かして、体の向きを変えなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

非常に奇異に感じる動きかも知れませんが
鏡で見てみれば、自分の想定している
トップオブスイングの クラブの位置に
そして、体の姿勢もなっているはずです。

この練習はもちろん練習場でボールを打ちながら
することが有効ですが、素振りですら
短期間のうちにいろいろなことを変えていきますので〜〜
 レッツトライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショット、ゴルフスイングを覚えるうえで
最大のポイントは 右向きを「十分」に取れるか どうか
にかかっている と言っても過言ではありません。

それ以外をどういう風に打つか、どういう風に振るか、
どうクラブを扱うか をすべて呑み込んでしまうほど、
スイングの悪癖を呑み込んでしまうほど、

右向きが質的にも、量的にも 十分とれていれば
なんとかなります。



質的 という意味では しっかり股関節を境目に右向き
胴体の右向きを作る習慣があれば
加齢とともに こわ張る からだ であっても
「からだが硬くて回らない」にはなり難いです。

胴体をひねる からだの疑似的な回しは
加齢に弱く、腕力、握力が落ちるとともに 
目に見えて 距離が落ちがち です。

量的に たくさん右向きが出来るのはとても良いこと ですが、
どちら と言われると 質的に右向きをしていることの方が重要です。
(どの位 右を向くか よりも
 どこを右に向けるか の方が重要 という意味です)

田中どら_Moment(3)田中どら_Moment(5)






初めてゴルフショットをする際、
ボールに当たらない 空振り チョロ などもありますから
どうしても ボールから離れたくない、
ボールとの距離をキープしておきたい 気持ちは
痛いほど分かりますが、
右向きとは アドレスに比べ
 やや後方(アドレス時の背後)に少々離れる感じ なので
そこは頑張って意識して貰いたいトコロです。



❶右ひじを外目に張りましょう。
 右ひじを下に向けて 右を向く というのは
 単に 手で上げている に過ぎません。

 後方に肘鉄を、は少々オーバーですが
 基本、右ひじの張り具合が 右向きとほぼイコールです。

 コースで ミスが続くように・・・
 球が弱く。。。飛ばなくなったりしたら
 右ひじを外目に張ることを意識してください。
 
 ほとんどの場合 右ひじの向きで 右向きの量は決まります。

20190927_Slomo_Moment

❷量もそうですが、右向きの質は
 ゴルフスイングの一生の財産になります。
 ちゃんと 股関節を境に 胴体をひねらず 右を向くスイングには
 深刻なスイングの悩みは訪れ難い です。

 そのためには ボールから顔が離れる(遠くなる)感覚 に
 馴染んだ方が良いですから
 ボールから目を切り、からだの向きなりの顔の向き、視線
 視界も右向きにしてしまうと良いでしょう


 永続的にそうするか どうかは 好みの問題ですが、
 視線をボールに維持することが ナイスショットにつながるコトは
 決してなく、おまじないに過ぎません。

 それよりも 量的にも、質的にも 正しい十分な右向きを
 身に付けることはとても重要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛距離不足やスライスに悩んでいる、すべての人に
当てはまる、上手く行くとは限りませんが、

弾道が低くて苦しんでいる人には適合しませんが、
スライスや弾道が高い人には 一つの打開策 になると思います。
ラブレターフロム長崎

❶まずは ランニングアプローチから始めましょう

ここのポイントは からだを回すコト です。

からだをまわす のは 肩ではなく
お腹、そのポッコリお腹の向きを変えましょう😱

右を向けるだけでなく やや下向き、
気持ちだけでもいいですから「下向き」に右を変えるコト がポイントです。

脚のサポートもありますが、腰回りと言うよりは
お腹周りを使って 右向きを作ります。


❷  …‐綉の延長です

✋肩を揺さぶらない
✋左肩「を」入れようとしない
✋左手・左肩でテークバックを取ろうとしない

 
その目安になるのが フェースの向きです。

帰り(ダウンスイング)は兎も角、行きは重要な ☑ポイント
軌道に対し、常時 ヘッドはスクエアな状況を造ります。
ボールから始める テークアウェイでは
軌道は 右上方に移動する訳ですから
その軌道に対し フェースは逆向き〜ボールを、下向きのまま
見続けて 移動していく感じです。

肩や左腕で行うと フェースが上を向くか
前傾姿勢分の斜め移動ラインよりもヘッドは下がります
少なくとも 見える範囲内 そこは注意してみましょう。


20190902_Slomo_Slomo_Slomo_Moment❸これも ❷の派生編ですが、
アプローチだけでなく フルショットであっても
 ヘッドを下げる人が多くいます。

ヘッドを下げる とは
 腕が固定の状態、腕を動かさなくても
 胴体が右を向けば、前傾姿勢通りに
 グリップも、ヘッドも、回転分、高くなります。(地面から離れます)

アドレスのグリップとヘッドの関係は
前傾しているから ヘッドの方が下にある錯覚を抱きますが、
実際には ヘッドの方がグリップよりも高い位置にあるので、
グリップの通るラインの 若干上側をヘッドは移動する筈‼ です。

それを 下のラインを通してしまうと
ヘッドを下げた状態になるので トップで無意識に体を起こしたり
ダウンスイング以降で ヘッドを上げる、つらないといけなくなり
ミスの原因、ロフトを立てられない原因に成り得ます。


❹アプローチから ハーフ〜フルショットに移行するのも
 グリップの高さを取るだけ、ヘッドを高くする意識は要りません。
 アプローチとフルショットの違いは グリップの高さ だけ です。


❺アプローチであっても フルショットであっても
 前傾姿勢分(右サイドが高くなっている分)
 常時、シャットフェース が望ましい です。
 やり過ぎ もなんですが、練習として慣れていくのには
 意識では フェースが地面に向いている位でも いいかも しれません。

S20180921_Moment



ランニングアプローチでボールを打てていれば
グリップの高さを変える…だけですから
切り返し〜ダウンスイング以降も 全く同じ です。
フルショットも含め スピードのコントロールをする だけです。

スピードを上げると モノの重さは増します。

それも含め ボールをさばくインパクトポイントのグリップの通過点 を
左にずらしたい訳ですが、
グリップを高くすると クラブの、ヘッドの構造上、
意識しなくとも、自然とシャフトは起きます。
その分、クラブ全体の重さはグリップの移動に使い易くなりますから
ものすごく 大きな 左へのズレの意識は要らない かも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブが進化した…とは言っても
やはり 多くのゴルファーがスライスに悩みます。


1/6から始まる 初めてのゴルフスイングシリーズ の中を
もう一度読んでもらえると良いと思いますが、

初めてのゴルフスイング 『からだ』の回転❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992596.html

初めてのゴルフスイング からだの回転❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992644.html

初めてのゴルフスイング からだの回転❸
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992642.html

初めてのゴルフスイング グリップ❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992671.html

初めてのゴルフスイング グリップ❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992674.html

初めてのゴルフスイング グリップ❸
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992733.html

初めてのゴルフスイング アドレス❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992774.html

初めてのゴルフスイング アドレス❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992797.html

初めてのゴルフスイング アドレス❸
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992798.html

初めてのゴルフスイング アドレス❹
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992799.html

初めてのゴルフスイング ボタンの掛け違い❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992852.html

初めてのゴルフスイング ボタンの掛け違い❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992900.html

初めてのゴルフスイング アプローチ❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992936.html

初めてのゴルフショット アプローチ❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992962.html

アプローチショットでの注意点 ❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993005.html

アプローチショットでの注意点 ❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993035.html

アプローチ→テークアウェイ
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993066.html

アプローチ ナチュラル・シャット
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993111.html



重心深度、重心角度、慣性モーメントの高いクラブは
見た目、弾道、表にはスライスは出なくとも
飛距離の伸び悩み 飛ばない の原因になるのが

『こすり打ち』
 〜ロフトを開いて打ってしまう
 があります。


それは ゴルフスイングを覚えていく過程の
 この過程、コースへ出れるようになるまでに
悪い意味で身に付けてしまうケースが殆どです。

そのいくつかを拾ってみますが


❶からだの回転、からだを回す、捻転 と言う言葉などt02200278_0327041312030346860
からだの回し方、その体を間違って覚えてしまうケース

これ 殆ど・・・かも知れません。
ハンディや経験年数に関係なく、
「からだ」を回すの その体を間違えているケースは
履いて捨てるほど、飽きるほど、どこに石を投げても当たる程
見ることが出来ます。

imageCAX9G566
肩を回す は
股関節から上の胴体が回り、その上に乗っかっている肩が
回るから 発生することで、へそより下に対し、肩が回っては
両腕で握るゴルフクラブは開かれてしまいます。
(腕の長さが左右に違いが出てしまうので 開かざるを得ません)

アドレスの状態では 開いても閉じてもいないフェース、ロフトを
わざわざ開いて閉じる、二工程以上
 それもゴルフクラブの特性に伴わない使い方を
すれば 反復性として著しく悪くなりますし、筋力を要します。

それが ケースとして 初期段階での 低い位置(地面)にあるボールを拾う
肩を使った 振り子の動き から始まるケースが少なくありません。

練習場での集団レッスンなどで よくよく目にしますね。。


❷右を向くと ナチュラルにシャットが出来るコト は
 アプローチだけでなく、フルショットにも とても有効 です。

弾道が上がり辛くなる問題はありますが、
ボールの高さなどに問題がないのであれば
そのアプローチの延長線上で スイングを構築するのも良い手です。

フェースを回転させない
フェースコントロールをしない は
弾道の安定性、反復性 そして飛距離が一体となった動き
に出来ますから、覚える という意味ではお薦めです。

d18b70e3-s


❸ ❶〜❷にも含まれますが、
 股関節を境目とする、からだの回転
 胴体をねじらず にからだを回します。
 前傾姿勢分、グリップもヘッドも高くなりますが、
 それで作られる グリップの軌跡、軌道、ヘッドの軌跡、軌道 が
 スイングの基準、大原則 です。
 
スナップショット 1 (2013-06-22 0-32)

✋この基準よりも ヘッドの道のりが増えれば
 遠い道のり、大きい道のり、長い道のり を通れば
 からだの向きの時間進行とヘッドの時間進行が合わなくなります。

 前傾姿勢分もありますが、フルスイングはグリップが少し高くなるだけです。
 グリップが高くなる分、ヘッドも高くなりますが、
 あくまでも 前傾姿勢分とグリップが上がる分 ヘッドが高くなるだけです。
 ヘッドを上げてしまえば その時間分、遅れますので ロフトは開きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングを覚える段階で
。。。特に アプローチのような小さな、遅い動作で
覚えて貰いたいコト です。

何度も繰り返しますが、スイングは股関節を境目とした
胴体の向きを変える からだの回転による円運動が
ほぼ すべての動作の主力エンジンになります。

地面のボール、低いトコロにあるボールを
効率よく打つため、そのからだの回転には
脚(軸足)〜大腿骨と骨盤 👉股関節 に
前傾姿勢が からだの前部分に傾いた角度
が存在します。
ボールを拾う 正誤表

それによって
右を向いている時は 右サイドの方が左サイドよりも高く
左を向いている時は 左サイドの方が右サイドよりも高く
 なっています。

これは シンプルな横運動でも
準備段階のテークアウェイで ヘッドに位置エネルギー(高さ)を与え
(左から右への動作では 横に上が混じり)
切り返し〜ダウンスイング以降、進行方向にしたが加わるため
(右から左への動作には 横に下が混じり)
前述の通り 
低いトコロにあるボールを効率よく打つのにとても有効です。

打ち終わると やはり横運動に上が加わるので
ヘッドが地面と過度に衝突せず 逃げる場所が出来ます。



✋アプローチで テークアウェイを取るとIMG_1015_Moment(2)
 距離にもよりますが、ヘッドを、グリップを高くせずとも
 その前傾姿勢分 双方 地面から離れます。

✋右向き時は 右サイドの方が高いので
 前傾姿勢分・・・ほのかにですが、 
 見た目 シャット(ほのかに地面を向いている)になっているのが
 その状態での 「スクエア」 な状態です。

✋これは 股関節を境目とした 右向きをせず
 手で、肩でクラブを上げると フェースは空を向く
 フェースが開いた、ロフトが開いた状態になります。
 逆に 手先でシャットを作ったとしても
 (シャッターフェースと呼ぶそうです 
 師匠…お弟子さんたち 何もわかってないみたいですよ
 本当のシャットの意味は からだの回転と前傾にあります。
 恰好を真似ても なんの効果もないですね。

スナップショット 1 (2018-03-26 9-46)スナップショット 1 (2018-03-26 9-47)





✋スピードで解決しない、短めのアプローチの場合
 ヘッドを、グリップを高くしないので
 ヘッドの、クラブの重さによって グリップを動かす助力が薄くなります。
 そのためにも ナチュラルなシャットはミス防止のために
 とても有効です。

スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)


始めのうちは 慣れるためにも 少々オーバーなシャット
 フェースを地面に、ボールに向けて置く位
の気持ちでも良いでしょう。

👀 また このフェースの向き、フェースの上下の向きで
  テークアウェイを手で行っていないか の確認にもなります。
  自分のスイングは 自分の目で確認が取りにくいですから
  数少ない 自己チェックのポイントにもなり得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これからゴルフを覚える人 にとっては
この アプローチショット、ランニングアプローチ が
長いゴルフ人生の スイングの礎になる部分です。
遅れていいのよ

一度ゴルフスイングを覚えてしまった人も
ここの部分から やり直すのが一番堅いかも 知れません。

ゴルフのスイングは 回転動作が入るが故に
また ゴルフクラブに絶妙な長さがあるが故に
左〜右 上〜下 が いつも反対に動きやすい特性をもっています。

グリップ移動の意識が薄く ヘッドを動かす 状態では
ヘッドを下げると からだは必ず上を(上がる)向きます
ヘッドをインから ボールの方へ出そうとすると からだは引きます。
✋からだの回転でのグリップの移動の感覚があると
ヘッドの下がりは グリップの下がり 体も上を向きにくく
ヘッドをボールに近づける行為は 同時にグリップも体もボールに
近づける行為になり、ミスを修正するのが容易になります。


アプローチ、ランニングアプローチの段階で
まず からだでグリップを動かし その結果、ヘッドも移動する という感覚、
ゴルフの基礎中の基礎を 馴染ませてあげることはとても大切です。

フルショットのイメージの中に
ゴムをひねって その復元、で ビュッとボールを打つ、クラブを振る
という感覚があるのかも知れませんが、
その意識は ゴルフショットに非常に悪い影響を与えます。

軸意識もあるのかも知れませんが、
テークバックは 動かない右サイドに対し、
左サイドや左腕を入れるのではありません。

その苦しくなったゴムの復元(反動)でボールを打つのではありません。

胴体で言えば 左サイドを動かせば右サイドも同じ分動くのが軸意識です。
動かない・・・をあえて 探すとすれば 股関節よりも下の脚(軸足)でしょう。

✋軸足感覚をしっかり持たないと
 殆どを傾斜地から打つ ゴルフショットは安定しません。




❶テークバックは 左から右への動作(上から見た時、時計回り)
 右足が軸足になりますが、股関節から上の右足を除き
 右サイドを動かすコトをお薦めします
 その主なエンジンは 左足になるかも知れません。
 決して 左上半身ではありません。
IMG_0294_Moment(2)

 右サイドを右に動かすのではなく
 右サイドを後ろにどかす
S20180921_Moment

❷肩を(単独で)動かさないことを覚えましょう。
 胴体を 肩とからだの二分割にしないコト
 肩をひねる動きが入ると その修正に苦労します。
 ゴルフクラブには 角度が付いていますので
 肩を胴体と違う動きをすると 角度が動きます。


✋多くの人は 肩を動かす〜胴体を動かす
 というのを からだを回す行為 と 超勘違いをしています。

 ゴルフの動作においては 肩は 「腕」の 一部です。
 胴体ではありません。 
からだ動いてないでしょう ⇩
IMG_0272_Moment

 自分では体を一生懸命回している と思っている行為が
 思いっきり 腕を動かしているだけ!
 「もっと ちゃんと からだを回して!」と
 他人から言われても どうしようもない というか
 指している部分が違う、行為が違うのですから
 共通なスイングの会話に成り得ません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ