◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2020年01月

  
ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 
シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない
 のです。

IMG_8497
機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh


 そのオートマチックに重心のズレを消す機能、
しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのは
いったい何のためなのでしょう?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの方のスイング、スイング分析をすると
ふと 感じることがあるのですが…。

よく言われる ボディターン、からだのまわし、からだの回転
これらは スイング動作には重要ではあるのですが、
スイング〜ショットにとって 最も重要なのは
『より良い効率で打つ』〜少ない動作で飛ばす、コトと
『復元性、再現性を高める』〜より簡単な動作にする、コト
 です。

それを踏まえた上で
からだのまわし、からだの回転を考えると
捻転、と呼ばれる 胴体を捩じって
✋腰〜お尻〜骨盤を回さず 肩をひねった方が
ゴムのように なって ビュッと速く回れる という考え方、
もうその誤った考え方は 呪い に近いかもしれません。
 ‥‥‥‥…腸捻転ではなく 胴捻転です

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)BlogPaint







ゴルフクラブは 両手で持っており
その両手の持ち方は 固定〜拘束されているに近いので
からだの姿勢などによる 右左の腕の長さの大きな変化 は
ボールを打つ インパクトのクラブ姿勢、ヘッド姿勢に
大きく影響を及ぼします。

クラブは重心深度や先端に重さが集まっている構造上
後方に重量が残り易い性質を持っています。
これを正しく利用しないと
ロフトが増え、上を向いて打つコトの方が
その逆の ロフトが減り、下を向いて打つよりも
圧倒的 10倍以上の確率(もっとかな?) で起こります。

ロフトが立ち過ぎちゃった、上から打ち過ぎちゃった
なんて ミスは 天然記念物的な割合 でしか起こりません。

✋正しく意識しないと ロフトは増える方へ行ってしまいます。

飛ばしたい、飛ばす為、
一生懸命 速く振っても、強く振っても、大きく振っても
ロフトが増えてしまえば それは徒労に終わるだけ
逆に 一生懸命振らない時より飛ばなくなったりもします。



✋飛ばしたい から
一所懸命 テークバックする、右を向く 気持ちは分かりますが、
正しく からだの回転させるコト と
クラブを両手で持っているコト をコラボ
両立させないと
 

からだで直にクラブを動かすコトも出来ませんし、
『より良い効率で打つ』〜少ない動作で飛ばす、コトと
『復元性、再現性を高める』〜より簡単な動作にする、コト
 
飛ばすことも出来ません。

体を一生懸命まわす のは
その境目 切れ目である 股関節まわり
脚やお尻などの股関節廻りが『キツク成って』も
胴体は何もしていませんから『キツク』成るコトはありません。
体を向きを変えての
向きを変えないのは 軸足(テークバック時は右脚)
変えるのは 股関節を境目に骨盤から上 ですから
その境目が キツクなる のが 正しいのです。
田中どら_Moment(5)

そこを間違えないように意識する必要があるかと思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

まずはこちらからご覧ください





このスイングを解説してみましょう。
治すといいな…という順序の逆に追いかけてみます。


スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)

一つ目に気になるのは『グリップとグリップ位置』です。
この左手のグリップがあるので
アドレス姿勢が悪くなります。
 とは言うものの…
この『握り』にしなければならない理由があり、
その理由が解消すればグリップも改善されます。

56b8f50d-s

スナップショット 2 (2017-04-20 16-57)03e2a0dd-s













ボールを打つ一番の肝心のところです。
ヘッドスピードも一番速くなるでしょう。
シャフトの向きで言うと 180度近くターンしています。
しかし、グリップの位置も体の姿勢も
 ほぼ止まったままです。
平面に映る写真ですから、この画像上の奥行き(飛球線方向)には
スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)多少移動していたとしても
20〜30センチの移動です。
ヘッドは200属幣絨榮阿靴討い泙后
この支点運動がある限り、
このグリップで握らなくてはならないでしょう。
クラブがすっ飛んでしまいます。




次にその支点運動をしなくてはならない理由…
支点運動になってしまう理由…
自分で意識をしていなくても手で振ってしまう理由…
はここから始まります。

スナップショット 3 (2017-04-20 16-34)スナップショット 2 (2017-04-20 16-34)スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)













体の向きは変わっていません。
腕…もしくは自分は体と認識している肩回り(肩甲骨)だけ
動いていて、一番右の写真では既にクラブはトップに近い位置。
しかし、体はまだほぼアドレスの向きのままです。
フットワークが使われていません。

スナップショット 11 (2017-04-20 16-39)コチラの方が分かり易いですかね。
このテークアウェイの
取り方をすると
体は回転せず
前に向かって屈曲するような
右に体をひねりながら
ボールの方にお辞儀するような
そんな動きになります。

テークアウェイで屈曲すると
動作の中では ダウンスイングでは
体を起こすような動きになります。
注意が必要です。

素振りなどで意識するのは
グリップの位置と太ももの関係です。

アドレス時に左太ももの前にあるグリップが
テークアウェイの過程では
どんなに右にズレても 右太ももの前位…のズレ
左の太ももとグリップの位置関係を意識すると良いでしょう。

テークバックの初動 初期段階で
左肩や左手でクラブを押すのではなく
右ひじを背中側後方に引くように意識してみましょう。



スイングでとても重要になるのは『時期』です。
タイミングとはちょっと異なります。
どんな形になるかとか、どんな姿勢になるか という
見た目ではなくて
時期がとてもポイントです。
ボールを上から打つ とか
ボールをインサイドから打つ
これはほぼ同意語のものなのですが、
これは時期を指していることです。

時期を改善するには
動かす順序と動く道のりを意識してください。
スナップショット 11 (2017-04-20 16-39)から〜インサイドから打つ、それを可能にするのには
上から打つ、インサイドから打つ『期間』を確保して
出来るだけ「期間を多く造る」ことです

このテークバックの取り方では
上から打つという 上が存在しませんし
インサイドから打つ のインサイドが存在しません。
存在しないのです!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



参考のために、少々オーバーにして貰いましたが、
とても 多く見かける 素振り や アプローチショット です。

564dfb4d別な記事でも説明しましたが
ゴルフのスイングを簡略化(デフォルメ)し
一枚の平面、画面や紙に落とし込むと
スイングはこうなります。

平面上には 当然 奥行きは表しきれないので
からだが向きを変え(体がまわり)
奥に逃げているのは 上に上がって見える訳です。



首や頭、首の後ろを支点とした 振り子 に見える
というのも 分からない訳ではないですが、
それをそのまま 体現してしまうと
この言うパターンになってしまいます。

ゴルフレッスンを真面目に行っている女性にも多いですね。

首や頭などが支点 と思っていても
この振り方では グリップが支点、対称点になります。

ヘッドが後ろ(テークバック側)に行けば
からだは 飛球線側
打ち終わって、ヘッドが前に出れば
からだは後ろに下がる振り方 になりますから
理想的なスイングの最下点は
ボール付近、ボールより先 な筈ですが
実際には ボールの手前に なります。

シリーズ_Momentシリーズ_Moment(2)シリーズ_Moment(3)











映像で見てみると
素振りでは行っていない
 腕を縮める動作 が 本番のみ 見て取れます。


オリジナルは からだが向きを変えて
グリップが移動するから ヘッドは円を描き、
その からだの回転には 前傾姿勢という傾きがあるから
「振り子」のような動きに見えてしまうのですが、
スイングに振り子の動きは「存在しません

人間は機械のように 固定できませんし、
実際に行う場所は もっと凸凹した傾斜のあるところ…
振り子をしようとすれば 自分の姿勢が崩れ
振り子は出来たけど、ショットはミス になってしまいます。





手で振る、からだで振る は別として
ヘッドに円を描かせる意識 は必要ないのですが、
もしも ヘッドをこう振りたい こう動かしたい
と思ったら、 その円はグリップの移動で 作れば良いのです。

ボールを打っていると 兎角
意識は ヘッドとボールにいきがち ですが、
再現性、反復性 を考えるのなら
どうグリップを動かすと ボールはこう当たる
というのを考えないと 其の一球だけのショットになってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia



そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 





スイングプレーンの意味を良く呑み込めず
単に 見た目 としての スイングプレーンを妄信してしまうと
この パターンに陥るケースがよく見られます。
 ✋教えるの人に正しい知識が欠落しているケースも少なくありません。


これでは スイングの問題(悩み) のデパートになってしまいます。
…今となってはホームセンターと言った方が良いのかもしれませんが…

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)ararara_Moment201812_Moment(2)hijinuke1 (1)









テークバックを左手〜左腕の押し、もしくはローリングで取ると
見た目だけ クラブは トップの位置 に行きますが、
からだはねじっただけ で 
実際には からだをボールの方に倒して、向きは正面を向いたままです。

クラブのターン と からだのターンが 結びつきませんから
それを 再度の腕のローリング 手の返しで代替えする必要が生まれます。

開いて〜閉じる とは まるで ゴルフの技術のように呼ばれますが
それは 単に フェースで打つ筈のゴルフショット で
ボールにソールを向けてしまった為、
 このままでは ソールでボールを打つコトになってしまうから
 インパクト付近で ボールにフェースを向け『直す』 だけ です。
クラブの固有の持っている ロフトやライ、フェースの向きなどは
二の次、どうでも良い話…  をゴルフスイングの技術と呼ぶのか
…どうかです。

1212-14bcbe6f4スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)PCC








プロゴルファーでも この延長線上
 いかにも ゴルフスイングらしく 繕っていますから
ダマされそうですが、基本 全く同じ。
万単位の練習量、運動神経、からだのケア、若さ、
痛みに対する鈍感さ がない限り
 アマチュアのオジサンおばさんゴルファー向きの打撃方法ではありません。


73d28d33見ての通り、からだを捩じって
クラブ、腕をからだの右に置きますから
ダウンスイングでは 右に重さがかかり
右がドンと下がります。


右サイドが下がる、左サイドが上がる
の悩みは 概ね この思い違い、このテークバックから
産まれますから、上がる/下がるを治そうとしても
問題は解決しないでしょう。
右サイドが下がらなければ ボールに届きません。

どんなに体を捩じっても
左サイドが上がる/右サイドが下がる は
からだが開く〜左を向く は誤魔化せませんから
この 疑似トップの位置から すぐに体が開き
正面〜ボールと正対する時間が生まれません。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(7)ボールと正対する意識
からだを開かない意識を強く持ってしまうと
左サイドがより 上に逃げ
こういう姿勢になってしまいます。

見ただけで 痛そうで 腰がうずきます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



初めて、ゴルフのスイングを覚えるのであれば
比較的簡単なんだけれど
ある程度 打てる 当たるようになり
練習を積み、コースにデビューってところまで行くと
ひとやま、ふたやま 越さないと
スイングは改良されていきません。



元々 ゴルフの握り、グリップも構えも振り方も
ちょっと変わっていて、普通の生活では
体験し難いモノばかりだから
そう言うモノなのかな……と覚えてしまっていますよね…。


ゴルフスイングの場合
主に 腕の使い方とからだの姿勢 というのが
同時に進行していき、
どの体の向き! もしくは どの姿勢の時に!
腕をどう使う というのがあるので
正しい腕使いを覚えるのも
正しい姿勢やからだの向きが同時にないと
あまり意味を成しません。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)
左肩を入れる もしくは
左腕でクラブを押す、送る
というテークバックを取ると
本来のトップでのからだの姿勢に比べ
体自体がボールの方に寄ります

よじった体を元に戻して
ボールを打つのに 下方への遠心力〜勢いが加わるので
からだを起こして ボールから離れながら…でないと
ボールが打てない訳です。

ですから
「からだが起きてしまう」とか
「右サイドが突っ込む」
「からだが開いてしまう」

というのは このスイング〜このテークバックである限り
副作用的に付いて回ります。

「からだが起きてしまう」 →起こさないようにする
「右サイドが突っ込む」  →突っ込まないようにする
「からだが開いてしまう」 →開かないようにする
という修正〜努力をすると
更にスイングが複雑になってしまいます。


アドレスの時 軸となりうる背骨 傾いた背骨を意識するより
前傾姿勢と同等の 丸い柱 があるとして
その柱を迂回しながら オーバーですが、
イメージとしては その裏側に行く ような・・・
そんな感じで 右向きをしてみましょう。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)今のからだよりも
もっと アドレス比での背後
後方に からだを起こす感じです。

これは右ひじの使い方
今までよりも 右ひじを高め
外に張り目で修正します。

からだがボールの方に倒れてしまうのは
左手を伸ばそう、クラブを押そうとして
右手の上にかぶってしまうから 起こりますので
クラブはアドレスの状態のまま、
上げず・動かさず 骨盤 お腹を右に向ける
初期動作を覚えると良いと思います。


アプローチ、ランニングアプローチ
そうですね… 全英オープンで 6番アイアンの100ヤード
ランニングアプローチ この感じがスイングの基礎 であり
スイングそのもの とも言えるでしょう。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)クラブのこの姿勢、この位置を
からだの右向きで造れるようになると
良いですね。

本来 この位置は からだの向きだけで
作られるはず…なのですが
腕さばき、おそらく 左肩の入れ込み
で作ってしまっているので
ある意味 クラブの動かしすぎ です。

これが後々 アプローチなどの
打つ距離に対する オーバーアクション、オーバースイングの元
になるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


スイングのレッスンを始めから受けた方
スイングのレッスンを真面目に受けた方 に
良くあるパターンです。・・・とても良く見受けます。



スイング軌道 と言う言葉は昔からありますが、
映像機器などの普及化によって
ゴルフのレッスンなどにも深く使われるようになり
言葉では伝えにくい クラブの動かし方やからだの動かし方を
画像に線を引き〜それをなぞるように指導する形が多くなりました。

これは 過去に レッスンをしている人 に
何度か質問をしたことがあるのですが、
スイングの軌道は真縦でもなく、真横でもなく斜めに傾いています。

そして それは個々人の体格や構え方
持つクラブの長さなどによっても少々異なりますが

「その 斜めの傾き具合 はどこから来ているのでしょうか?」
「その 斜めの傾き具合 は何が基になっているのでしょうか?」


と質問して、ちゃんと答えられた方は多くなかったと記憶しています。



✋✋傾き具合は
 使う各クラブの長さに応じて 変わります。
✋それは 長さに応じての前傾姿勢 です。

✋✋✋前傾姿勢は その言葉の通り、
 自分の前、自分のからだの前に傾いている角度
 です。


自分のからだの前に傾いている角度 が基準になって
スイング軌道は傾いているので
その 前に傾いている角度 とともに
自分にとっての、自分にからだにとっての というのが
無い限り スイング軌道を傾けるのは
マネをしている、振りをしている、形だけ作っている
本来の 意味、意義を失ってしまっています。
はっきり言って 無意味 です。


Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment✋ですので
このアングルからの画像では
ボールが自分のからだの前
 にあります。


M2019810L!_Moment田中どら_Moment(5)✋トップの状態での
ボールと自分の関係では
自分の正面は 右を向いていますが、
前傾姿勢があるため
左サイドが右サイドが低いから
ボールの方に傾いているだけで
ボールの方に前傾姿勢があるのではありません。

そこを履き違えてはイケマセン

ここの思い違いは 長く深くスイングに影響を及ぼします。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)ですので
なんの意味があるかは不明ですが、
スイング軌道だけをなぞって
このトップを造っても、
ここにクラブを持ってきても、
この後、問題が山積します。

からだが捩じられていて
からだの正面が一体どこなのか 分かりません。

言葉遊びのようですが、
人間のからだの構造やクラブの
機能があるので
結果として スイング軌道があるだけ であって
スイング軌道が優先されるモノでは決してありません。

このスイングには スイングの誤解が満載の状態なので
もう少し 教材に使わさせてもらいます✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 ✋こちらは ほぼ フルショットの動画 です。




多くの人は
 テークアウェイの前半を アプローチ
 後半に そのアプローチに高さを加える

と言う行程で行っています。


アプローチのトップ(一番深いトコロ)
フルショットのハーフで切り取ってみました。

BlogPaintBlogPaint









前傾姿勢を除くと 非常に似ています。


先日も書きましたが、
テークアウェイ、トップの時点で
胴体、腰、お腹、懐かしいですが秀二 の右向きが足らず
◌肩を入れ、胴体を捩じってしまう
◌左手を押し クラブを寝かしてしまう

は 後々 スイングにとって とても大変な作業
ダウンスイング→インパクト という
スイングの中で一番運動速度の速くなる箇所で
いそがしい 複雑な作業が増えます。



ここのブログ以外ではあまり登場しませんが、
✋インサイドから打つ とか
✋上から打つ というのは
前傾姿勢があり、右を向いた胴体が正面を向いていく

という行為が作り出します。


右向きがない、もしくは 右向きが少ない
胴体の右向きに比べ、腕なり、肩ラインなりが捩じられ
疑似右向き〜胴体のひねり が入ると その
✋インサイドから打つ
✋上から打つ 
前傾姿勢があり、右を向いた胴体が正面を向いていく
時間がない、もしくは少ないため
その効能、効果を利用することが出来ません。

胴体がひねられず、腕もひねられず
上半身に対して グリップの位置が
アドレス時のその関係を維持、もしくは近い状態であれば
単に 右を向いて 正面を向けば
インサイドから
そして 上から打つコトが出来ます。

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

しかし その時間が無い、逸してしまう
もしくは 始めから 存在しないとなると
それを 別なコトで代替えしなくてはならなくなります。
それが 俗世間で言われる
 フェースローテーション、ヘッドの返し です。

フェースローテーションは
ロフトやフェースの向き だけでなく
腕も含めたクラブの長さ が変わり易く
それによって からだにかかるクラブの重さが変わってしまうため
姿勢も変わり易く 入射角度が一定になり難いうえに
本来のそのクラブよりも緩い角度が入り易くなります。
89aa44d5
同じクラブを 緩い入射角度で入れてくると
そのクラブのロフト角度にもよりますが、
高いヘッドスピードの人にとっては
無駄な打ち出し角度になり易く
逆に ヘッドスピードの低い人にとっては
ボールが上がり切らず 失速し易い 弾道が出ます。



無駄な安定が伴わない フェースローテーションを減らしたい
無くしたい場合、
フェースローテーションの有る無し、そして その量は
質 という意味でも、量 という意味でも
からだが右を向いていないコトを指しています。

その量も からだの右向きの 質/量 次第です。

良くあるパターンですが、
フェースローテーションが多いが故に
ダフリやトップ、スライスやひっかけなどのミスが出て、
それを修正したいですから
意識がどうしても ヘッドとボールに行ってしまいます。
そうすると やはり 質/量 共に 右向きが足らなくなり
悶絶ループに入ってしまうモノです。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(2)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)









✋それを修正し 自分に馴染ませるには
フルショットではなく アプローチ
ランニングアプローチでして下さい。


『フルショットでグリップの高さ』 が増す訳ですが
それは グリップの高さ を変えているのではなく
グリップの移動されるラインの角度を変えるため です。

基本になっている 前傾姿勢のライン
 (👉グリップの高さを上げない)
グリップの高さを変えるコトで そのラインを変えるのですから
向きを変えるのと同時進行 というコト です




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは 動画をご覧ください。




ショットを意識した ごく普通のアプローチ(ランニング主体の)
だと思われます。

フェースのシャット具合など
全体としては とても良いと思います。


が!
ここはフルショットの流れにもつながるポイント
がありますので、修正したいところです。



多くの人がこの 目には小さな そして重要なミスをしています。
この動きは アプローチだけでなく ショットに
多大な影響を与えますので 認識し、修正にトライしてください。


✋問題はテークアウェイの取り方にあります。

スローがかかる 8秒以降の動画をご確認ください。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_MomentDesktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(2)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)










おそらく ご自分では 手で動かしているつもり はないか
と思いますが、初動は兎も角、ある程度 クラブが動くと
骨盤、特に注目して頂きたいのは お腹の向き
 お腹の右向きはかなり早い段階で止まります


お腹(胴体)自体の右向きが足らないが故に
クラブが十分に インサイドに移動しきっていません。


❶早い段階から、肩で動いてしまっているが故に
からだがボールの方に倒れることになり
ダウンスイングでは体を起こさなくては成らなくなります。


❷中途な 胴体〜お腹の向きに対し
クラブは 打つために十分な位置
そこから 切り返しますから
インパクトでは からだが上向き姿勢(左向き)になり
理想的なこのショットに対しては 入射角度が緩めになります。


からだの向きで 上向き
からだを起こすことで 上向き
の二つが重なりますから
これをアプローチショットとしてみると
ミス として ダフリ気味
弾道としては ちょっと緩めに 高い球になり、
スピンは効き辛くなります。

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)









この延長線上にフルショットがあると
骨盤の向きに対し お腹 肩 グリップ ヘッド
先端に行くほど 円で出来る以上の移動量の差が生まれるので
どうしても インパクト付近での 取返し が必要になります。

自分では フェースローテーション、ヘッドの返しを
している意識がない 筈なのに
ビデオで撮影し、スローにしてみると
思っている以上の ヘッドの返し をしている原因の多くは
準備 としての テークアウェイの中に隠れています。


スイングを覚える初期の段階で
ここを修正せず そのまま進めば
十分に 右を向いていないのに
トップの位置が出来、
それを 普通に振れば、俗に言うアウトサイドイン
緩めの、高めの、場合によってはスライス になります。

それを 誰かのアドバイスやビデオで反省によって
インサイドからの軌道に修正すると
より 寝かして 開いたダウンスイングになり
より一層の フェースローテーションが必要になる
というのが 多くの人の陥るパターンなのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング用語の中に
「ヘッドの重さを使え」
というのがありますが、この用語は
多くのゴルファーに誤解されています。

その典型的な例がテークアウェイ(バック)での
重さの使い方です。

ご存知のように ゴルフクラブは長い棒の先に
重量が集中した狷散餃瓩任后
しかも、その先端に付いたヘッドの部の重量は
持っている棒(シャフト)よりも右側(後方)に位置するため
(重心深度と呼ばれるものですね)
右方向への動きは大変得意としています。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

テークバックの際、「動きのきっかけ」だけを作り
ヘッドの重さが慣性で動くのを使って
逆に体を回してしまうような動き
練習場で大変多く見かけます。

ゴルフショットは 飛距離や弾道を管理して
コースを攻略する遊びです。
上手くいかないことはもちろんあっても
ボールを管理するためには、それを打撃するクラブ、
そして打撃部分であるヘッド部を
出来る限り「管理したい」筈です。

スイング、クラブの扱いの中での管理とは
自分が動作している分、クラブも移動、ヘッドも移動
しているという事であって、
自分が止まった反動で、無造作に動いているヘッド
と言うのを管理しているとは言いません。
その反動をつけた無造作な、無責任なヘッドの扱い方の
きっかけになってしまうのが 
テークバック初期の段階でのヘッドの重さの使い方なのです。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

体を回し始める
→浅い段階で体の回しを止める
→ヘッドには慣性が付いているので
 その影響でクラブは動き続ける
この手のテークバックには大きく二つの欠陥が生じます。

まず グリップを軸にクラブが回るため
ロフトが最大限増えてしまいます。
例えば10度のドライバーだったとしても
ロフトが90度も増えてしまうようなテークバックでは
それをインパクトまでに戻してくるとしても
毎度毎度同じロフトにはなりにくく
製品として「ロフト10度」の意味は
ほぼ無くなってしまうのと同じです。

次にロフトとつながっていますが
体を止め、ヘッドのその慣性でクラブを動かし
そして腕を横に振る(振られる)状態になると
クラブそのものの姿勢も、ヘッドその物も姿勢も
ダウンスイング方向に対しては最大の重さ(負荷)
になってしまいます。
その重さは感覚的な感じではありますが、
概ね正しくクラブを扱いテークバックした時の
クラブやヘッドの重さと比べると
倍では済まず、5倍も10倍もの重さに感じます。

そうなれば 逆な方向への動きが始まった時
必要以上にクラブやヘッドが重い訳ですから
当然「力む」ことになるでしょう。
4289f9fa-s

そして、その重さはインパクトまでの間に
必然的に右サイドを下げていくわけになる訳ですから
上から打ちたい という願望があるゴルファーにとっては
禁忌なテークバックと言えるわけです。


注)上から打つ というのは
腕の作業でクラブヘッドを高いところから
入れてくることではなく、
ダウン→インパクト のその進行方向に対し
進行方向の左サイドが低いうちに
ボールに対しアプローチしてくることを指します。

テークバックのここの部分は
大変重要な改善ポイントな訳です。

スイングをいったん解体し
リズムやクラブの扱い方を再構築するためにも
俗に言う「上げ方」、テークバックの取り方の順序を
逆にして練習しましょう。

アマチュアおじさんゴルファーのほとんどが
体を回す→クラブを上げる
と言う手順でテークバックを取っているはずです。
それを逆にするのです。

クラブを上げる と言う言葉は正しくないので
クラブを起こす → 体をまわす
と言う具合です。

クラブを起こす際は、決してクラブを横には
1センチたりとも動かさず
真っ直ぐ 自分の右ほほに向かって上げ
上げ終わったら、体の向きを変えるのです。

実際に自分で素振りなりしてみると
ここでいくつかのポイントに気付くと思います。
上げる→まっすぐ  ×横の動きを加えず の筈が
腕を動かすと クラブを横に動かそうと
スイングプレーンをなぞるように横に動かそうと
しているゴルファーが大半。。。なんじゃないかな

次に、テークバックは意外にも
クラブは軽く、短時間で終わりに来るはずです。
クラブを先に起こしてしまっているので
クラブは一番軽い状態になっており
その状態で体を回しても、クラブには慣性が
ほんの少ししか付きません。
殆ど存在しない程度の不可抗力でしかありません。
従来の自分のスイング手順とは
ずいぶんとクラブの重さが違うと思います。

そして 今まではクラブの、クラブヘッドの重さで
骨盤ではなく、上半身を捩じっていたので
非常に無造作に、ほとんど意思なく
クラブの、クラブヘッドの重さで体を捩じっていたので
今度はもっと「積極的」に自分の意志で
お尻なども含めた足回りを使って
骨盤を動かして、体の向きを変えなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

非常に奇異に感じる動きかも知れませんが
鏡で見てみれば、自分の想定している
トップオブスイングの クラブの位置に
そして、体の姿勢もなっているはずです。

この練習はもちろん練習場でボールを打ちながら
することが有効ですが、素振りですら
短期間のうちにいろいろなことを変えていきますので〜〜
 レッツトライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショット、ゴルフスイングを覚えるうえで
最大のポイントは 右向きを「十分」に取れるか どうか
にかかっている と言っても過言ではありません。

それ以外をどういう風に打つか、どういう風に振るか、
どうクラブを扱うか をすべて呑み込んでしまうほど、
スイングの悪癖を呑み込んでしまうほど、

右向きが質的にも、量的にも 十分とれていれば
なんとかなります。



質的 という意味では しっかり股関節を境目に右向き
胴体の右向きを作る習慣があれば
加齢とともに こわ張る からだ であっても
「からだが硬くて回らない」にはなり難いです。

胴体をひねる からだの疑似的な回しは
加齢に弱く、腕力、握力が落ちるとともに 
目に見えて 距離が落ちがち です。

量的に たくさん右向きが出来るのはとても良いこと ですが、
どちら と言われると 質的に右向きをしていることの方が重要です。
(どの位 右を向くか よりも
 どこを右に向けるか の方が重要 という意味です)

田中どら_Moment(3)田中どら_Moment(5)






初めてゴルフショットをする際、
ボールに当たらない 空振り チョロ などもありますから
どうしても ボールから離れたくない、
ボールとの距離をキープしておきたい 気持ちは
痛いほど分かりますが、
右向きとは アドレスに比べ
 やや後方(アドレス時の背後)に少々離れる感じ なので
そこは頑張って意識して貰いたいトコロです。



❶右ひじを外目に張りましょう。
 右ひじを下に向けて 右を向く というのは
 単に 手で上げている に過ぎません。

 後方に肘鉄を、は少々オーバーですが
 基本、右ひじの張り具合が 右向きとほぼイコールです。

 コースで ミスが続くように・・・
 球が弱く。。。飛ばなくなったりしたら
 右ひじを外目に張ることを意識してください。
 
 ほとんどの場合 右ひじの向きで 右向きの量は決まります。

20190927_Slomo_Moment

❷量もそうですが、右向きの質は
 ゴルフスイングの一生の財産になります。
 ちゃんと 股関節を境に 胴体をひねらず 右を向くスイングには
 深刻なスイングの悩みは訪れ難い です。

 そのためには ボールから顔が離れる(遠くなる)感覚 に
 馴染んだ方が良いですから
 ボールから目を切り、からだの向きなりの顔の向き、視線
 視界も右向きにしてしまうと良いでしょう


 永続的にそうするか どうかは 好みの問題ですが、
 視線をボールに維持することが ナイスショットにつながるコトは
 決してなく、おまじないに過ぎません。

 それよりも 量的にも、質的にも 正しい十分な右向きを
 身に付けることはとても重要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛距離不足やスライスに悩んでいる、すべての人に
当てはまる、上手く行くとは限りませんが、

弾道が低くて苦しんでいる人には適合しませんが、
スライスや弾道が高い人には 一つの打開策 になると思います。
ラブレターフロム長崎

❶まずは ランニングアプローチから始めましょう

ここのポイントは からだを回すコト です。

からだをまわす のは 肩ではなく
お腹、そのポッコリお腹の向きを変えましょう😱

右を向けるだけでなく やや下向き、
気持ちだけでもいいですから「下向き」に右を変えるコト がポイントです。

脚のサポートもありますが、腰回りと言うよりは
お腹周りを使って 右向きを作ります。


❷  …‐綉の延長です

✋肩を揺さぶらない
✋左肩「を」入れようとしない
✋左手・左肩でテークバックを取ろうとしない

 
その目安になるのが フェースの向きです。

帰り(ダウンスイング)は兎も角、行きは重要な ☑ポイント
軌道に対し、常時 ヘッドはスクエアな状況を造ります。
ボールから始める テークアウェイでは
軌道は 右上方に移動する訳ですから
その軌道に対し フェースは逆向き〜ボールを、下向きのまま
見続けて 移動していく感じです。

肩や左腕で行うと フェースが上を向くか
前傾姿勢分の斜め移動ラインよりもヘッドは下がります
少なくとも 見える範囲内 そこは注意してみましょう。


20190902_Slomo_Slomo_Slomo_Moment❸これも ❷の派生編ですが、
アプローチだけでなく フルショットであっても
 ヘッドを下げる人が多くいます。

ヘッドを下げる とは
 腕が固定の状態、腕を動かさなくても
 胴体が右を向けば、前傾姿勢通りに
 グリップも、ヘッドも、回転分、高くなります。(地面から離れます)

アドレスのグリップとヘッドの関係は
前傾しているから ヘッドの方が下にある錯覚を抱きますが、
実際には ヘッドの方がグリップよりも高い位置にあるので、
グリップの通るラインの 若干上側をヘッドは移動する筈‼ です。

それを 下のラインを通してしまうと
ヘッドを下げた状態になるので トップで無意識に体を起こしたり
ダウンスイング以降で ヘッドを上げる、つらないといけなくなり
ミスの原因、ロフトを立てられない原因に成り得ます。


❹アプローチから ハーフ〜フルショットに移行するのも
 グリップの高さを取るだけ、ヘッドを高くする意識は要りません。
 アプローチとフルショットの違いは グリップの高さ だけ です。


❺アプローチであっても フルショットであっても
 前傾姿勢分(右サイドが高くなっている分)
 常時、シャットフェース が望ましい です。
 やり過ぎ もなんですが、練習として慣れていくのには
 意識では フェースが地面に向いている位でも いいかも しれません。

S20180921_Moment



ランニングアプローチでボールを打てていれば
グリップの高さを変える…だけですから
切り返し〜ダウンスイング以降も 全く同じ です。
フルショットも含め スピードのコントロールをする だけです。

スピードを上げると モノの重さは増します。

それも含め ボールをさばくインパクトポイントのグリップの通過点 を
左にずらしたい訳ですが、
グリップを高くすると クラブの、ヘッドの構造上、
意識しなくとも、自然とシャフトは起きます。
その分、クラブ全体の重さはグリップの移動に使い易くなりますから
ものすごく 大きな 左へのズレの意識は要らない かも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブが進化した…とは言っても
やはり 多くのゴルファーがスライスに悩みます。


1/6から始まる 初めてのゴルフスイングシリーズ の中を
もう一度読んでもらえると良いと思いますが、

初めてのゴルフスイング 『からだ』の回転❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992596.html

初めてのゴルフスイング からだの回転❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992644.html

初めてのゴルフスイング からだの回転❸
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992642.html

初めてのゴルフスイング グリップ❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992671.html

初めてのゴルフスイング グリップ❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992674.html

初めてのゴルフスイング グリップ❸
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992733.html

初めてのゴルフスイング アドレス❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992774.html

初めてのゴルフスイング アドレス❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992797.html

初めてのゴルフスイング アドレス❸
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992798.html

初めてのゴルフスイング アドレス❹
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992799.html

初めてのゴルフスイング ボタンの掛け違い❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992852.html

初めてのゴルフスイング ボタンの掛け違い❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992900.html

初めてのゴルフスイング アプローチ❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992936.html

初めてのゴルフショット アプローチ❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1992962.html

アプローチショットでの注意点 ❶
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993005.html

アプローチショットでの注意点 ❷
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993035.html

アプローチ→テークアウェイ
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993066.html

アプローチ ナチュラル・シャット
http://hbs.livedoor.blog/archives/1993111.html



重心深度、重心角度、慣性モーメントの高いクラブは
見た目、弾道、表にはスライスは出なくとも
飛距離の伸び悩み 飛ばない の原因になるのが

『こすり打ち』
 〜ロフトを開いて打ってしまう
 があります。


それは ゴルフスイングを覚えていく過程の
 この過程、コースへ出れるようになるまでに
悪い意味で身に付けてしまうケースが殆どです。

そのいくつかを拾ってみますが


❶からだの回転、からだを回す、捻転 と言う言葉などt02200278_0327041312030346860
からだの回し方、その体を間違って覚えてしまうケース

これ 殆ど・・・かも知れません。
ハンディや経験年数に関係なく、
「からだ」を回すの その体を間違えているケースは
履いて捨てるほど、飽きるほど、どこに石を投げても当たる程
見ることが出来ます。

imageCAX9G566
肩を回す は
股関節から上の胴体が回り、その上に乗っかっている肩が
回るから 発生することで、へそより下に対し、肩が回っては
両腕で握るゴルフクラブは開かれてしまいます。
(腕の長さが左右に違いが出てしまうので 開かざるを得ません)

アドレスの状態では 開いても閉じてもいないフェース、ロフトを
わざわざ開いて閉じる、二工程以上
 それもゴルフクラブの特性に伴わない使い方を
すれば 反復性として著しく悪くなりますし、筋力を要します。

それが ケースとして 初期段階での 低い位置(地面)にあるボールを拾う
肩を使った 振り子の動き から始まるケースが少なくありません。

練習場での集団レッスンなどで よくよく目にしますね。。


❷右を向くと ナチュラルにシャットが出来るコト は
 アプローチだけでなく、フルショットにも とても有効 です。

弾道が上がり辛くなる問題はありますが、
ボールの高さなどに問題がないのであれば
そのアプローチの延長線上で スイングを構築するのも良い手です。

フェースを回転させない
フェースコントロールをしない は
弾道の安定性、反復性 そして飛距離が一体となった動き
に出来ますから、覚える という意味ではお薦めです。

d18b70e3-s


❸ ❶〜❷にも含まれますが、
 股関節を境目とする、からだの回転
 胴体をねじらず にからだを回します。
 前傾姿勢分、グリップもヘッドも高くなりますが、
 それで作られる グリップの軌跡、軌道、ヘッドの軌跡、軌道 が
 スイングの基準、大原則 です。
 
スナップショット 1 (2013-06-22 0-32)

✋この基準よりも ヘッドの道のりが増えれば
 遠い道のり、大きい道のり、長い道のり を通れば
 からだの向きの時間進行とヘッドの時間進行が合わなくなります。

 前傾姿勢分もありますが、フルスイングはグリップが少し高くなるだけです。
 グリップが高くなる分、ヘッドも高くなりますが、
 あくまでも 前傾姿勢分とグリップが上がる分 ヘッドが高くなるだけです。
 ヘッドを上げてしまえば その時間分、遅れますので ロフトは開きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングを覚える段階で
。。。特に アプローチのような小さな、遅い動作で
覚えて貰いたいコト です。

何度も繰り返しますが、スイングは股関節を境目とした
胴体の向きを変える からだの回転による円運動が
ほぼ すべての動作の主力エンジンになります。

地面のボール、低いトコロにあるボールを
効率よく打つため、そのからだの回転には
脚(軸足)〜大腿骨と骨盤 👉股関節 に
前傾姿勢が からだの前部分に傾いた角度
が存在します。
ボールを拾う 正誤表

それによって
右を向いている時は 右サイドの方が左サイドよりも高く
左を向いている時は 左サイドの方が右サイドよりも高く
 なっています。

これは シンプルな横運動でも
準備段階のテークアウェイで ヘッドに位置エネルギー(高さ)を与え
(左から右への動作では 横に上が混じり)
切り返し〜ダウンスイング以降、進行方向にしたが加わるため
(右から左への動作には 横に下が混じり)
前述の通り 
低いトコロにあるボールを効率よく打つのにとても有効です。

打ち終わると やはり横運動に上が加わるので
ヘッドが地面と過度に衝突せず 逃げる場所が出来ます。



✋アプローチで テークアウェイを取るとIMG_1015_Moment(2)
 距離にもよりますが、ヘッドを、グリップを高くせずとも
 その前傾姿勢分 双方 地面から離れます。

✋右向き時は 右サイドの方が高いので
 前傾姿勢分・・・ほのかにですが、 
 見た目 シャット(ほのかに地面を向いている)になっているのが
 その状態での 「スクエア」 な状態です。

✋これは 股関節を境目とした 右向きをせず
 手で、肩でクラブを上げると フェースは空を向く
 フェースが開いた、ロフトが開いた状態になります。
 逆に 手先でシャットを作ったとしても
 (シャッターフェースと呼ぶそうです 
 師匠…お弟子さんたち 何もわかってないみたいですよ
 本当のシャットの意味は からだの回転と前傾にあります。
 恰好を真似ても なんの効果もないですね。

スナップショット 1 (2018-03-26 9-46)スナップショット 1 (2018-03-26 9-47)





✋スピードで解決しない、短めのアプローチの場合
 ヘッドを、グリップを高くしないので
 ヘッドの、クラブの重さによって グリップを動かす助力が薄くなります。
 そのためにも ナチュラルなシャットはミス防止のために
 とても有効です。

スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)


始めのうちは 慣れるためにも 少々オーバーなシャット
 フェースを地面に、ボールに向けて置く位
の気持ちでも良いでしょう。

👀 また このフェースの向き、フェースの上下の向きで
  テークアウェイを手で行っていないか の確認にもなります。
  自分のスイングは 自分の目で確認が取りにくいですから
  数少ない 自己チェックのポイントにもなり得ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これからゴルフを覚える人 にとっては
この アプローチショット、ランニングアプローチ が
長いゴルフ人生の スイングの礎になる部分です。
遅れていいのよ

一度ゴルフスイングを覚えてしまった人も
ここの部分から やり直すのが一番堅いかも 知れません。

ゴルフのスイングは 回転動作が入るが故に
また ゴルフクラブに絶妙な長さがあるが故に
左〜右 上〜下 が いつも反対に動きやすい特性をもっています。

グリップ移動の意識が薄く ヘッドを動かす 状態では
ヘッドを下げると からだは必ず上を(上がる)向きます
ヘッドをインから ボールの方へ出そうとすると からだは引きます。
✋からだの回転でのグリップの移動の感覚があると
ヘッドの下がりは グリップの下がり 体も上を向きにくく
ヘッドをボールに近づける行為は 同時にグリップも体もボールに
近づける行為になり、ミスを修正するのが容易になります。


アプローチ、ランニングアプローチの段階で
まず からだでグリップを動かし その結果、ヘッドも移動する という感覚、
ゴルフの基礎中の基礎を 馴染ませてあげることはとても大切です。

フルショットのイメージの中に
ゴムをひねって その復元、で ビュッとボールを打つ、クラブを振る
という感覚があるのかも知れませんが、
その意識は ゴルフショットに非常に悪い影響を与えます。

軸意識もあるのかも知れませんが、
テークバックは 動かない右サイドに対し、
左サイドや左腕を入れるのではありません。

その苦しくなったゴムの復元(反動)でボールを打つのではありません。

胴体で言えば 左サイドを動かせば右サイドも同じ分動くのが軸意識です。
動かない・・・をあえて 探すとすれば 股関節よりも下の脚(軸足)でしょう。

✋軸足感覚をしっかり持たないと
 殆どを傾斜地から打つ ゴルフショットは安定しません。




❶テークバックは 左から右への動作(上から見た時、時計回り)
 右足が軸足になりますが、股関節から上の右足を除き
 右サイドを動かすコトをお薦めします
 その主なエンジンは 左足になるかも知れません。
 決して 左上半身ではありません。
IMG_0294_Moment(2)

 右サイドを右に動かすのではなく
 右サイドを後ろにどかす
S20180921_Moment

❷肩を(単独で)動かさないことを覚えましょう。
 胴体を 肩とからだの二分割にしないコト
 肩をひねる動きが入ると その修正に苦労します。
 ゴルフクラブには 角度が付いていますので
 肩を胴体と違う動きをすると 角度が動きます。


✋多くの人は 肩を動かす〜胴体を動かす
 というのを からだを回す行為 と 超勘違いをしています。

 ゴルフの動作においては 肩は 「腕」の 一部です。
 胴体ではありません。 
からだ動いてないでしょう ⇩
IMG_0272_Moment

 自分では体を一生懸命回している と思っている行為が
 思いっきり 腕を動かしているだけ!
 「もっと ちゃんと からだを回して!」と
 他人から言われても どうしようもない というか
 指している部分が違う、行為が違うのですから
 共通なスイングの会話に成り得ません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これも本当によく見る、
ゴルフをやり始めた人だけでなく
ベテランや自称上級者の方にもとても多いです。

アプローチに限りません、
フルショットでも全く同じです。


✋アドレス時 腕は肩からダランと垂れたような状態です。
長い距離でない グリーン周りからのような距離であれば、
からだの回転だけ 程度で打つ方が安定します。

ですので グリップも からだの回転 + 傾き分 程度
あげる程度で 特に意識的に高くはしません。
20191128 kazu migi-try_Moment(2)
アプローチもフルショットも
このアングルから撮影することが
多いかと・・・思いますが、
アプローチに限らず
フルショットであっても
グリップ、グリップエンドは体から離れるコト
アドレスよりも 遠くなることはありません。

フルショットとは言わないまでも
ある程度の距離のアプローチになれば
無意識でも 右ひじは曲がります 👉短くなります から20190902_Slomo_Slomo_Slomo_Moment
その分 グリップはからだに近づくはず です。 

特に スピードでミスを誤魔化せない アプローチでは
時間が合いにくくなる 無駄なヘッドの動きや
必要の無い動作は 出来るだけ しない方が確実です。

からだの向きで テークバックを取る というコトは
お腹、おへそが右を向くというコト
『左腕をローリング、左腕で押すコト』ではありません。


からだの回転でなく 左腕の押し、左腕のローリングで
テークバックを取ると 離れたグリップの引きつけ(近づけ)
ローリングの戻し という ミスになるべく動作が必要になります。
行きと帰りで 何種類もの事故の原因 になる動作が入るのです。


ここの部分は地味な動作ですが
ミスを回避するため ミスの確率を下げるために
とても大切な部分です。
 ボールを打たずに 地味ですが、初期動作として
 シャドースイングで十分身に付けることが可能です。

✋ミスショットをし易くなるか どうかは この初期動作で決まる
とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



初めてのゴルフショットを覚える
アプローチを覚える
ビギナーだけでなく 「これも」ベテランさんにも
とても良く見られる ケース
そして ミスショットの原因になります。

田中どら_Moment(4)

グリーン周りなど そう大きくないアプローチ
グリップもヘッドも大きく上げないケース で
主に からだの回転で打つような場合

  「ヘッドを下げてはイケマセン!」


edd43161どういう意味か というと
アプローチであって「も」
スイングには前傾姿勢があります。

ですので ヘッドを上げなくても
グリップを高くしなくても
その前傾姿勢分、グリップの位置も、ヘッドの位置も
アドレスより高い位置、地面から離れた位置になるモノです。

89aa44d5スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)








スイングには前傾姿勢があるので
錯覚しがち ですが、
ヘッドはグリップよりも高い位置にあるのです。

ですので からだの回転だけで右を向き
意識として ヘッドを高くしてなくても
見た目 グリップよりも低い位置にヘッドは行きません。
どの場面であっても ヘッドはグリップよりも高い位置にあるモノ です。

ヘッドを動かすな とは言っても
全部のモノが 前傾姿勢によって 高さを変えている
高くなっているのに ヘッドが下がってしまうと
ボールを打つのには 「ヘッドを上げなくてはならなく」なります。
元の位置に戻すには 上げる行為が必要になります。
89aa44d5
✋ヘッドが下がってしまっているので
 このままでは ダふり ます。

この位の距離のアプローチでは スピードで誤魔化せません。



ヘッドを下げた意識がないので
本能的に からだが起き、上を向いて
空間を確保しようとするので からだは急ぎますし、
上を向きますので ダふったり トップの原因になります。

✊本来、イメージしている動作に
無意識な 補正、補助の動きが加わってしまうので
動作速度=距離感 が壊れてしまいます。


また 動画などで再生しても 目では分かり難いですが、
俗に言う ギッタンバッコンの動きが入りますので
入射が緩くなり ボールが高くなったり 球速が緩くなって
ショートする原因に成り得ます。

このミスは プロのトーナメントでも結構見られます。
・・・グリーン周りから チャックリ するケース ですね。



✌手で上げる人は まず この現象に陥ります。
アプローチだけでなく フルショットでも
一旦 ヘッドをデッドゾーン(下がる領域)に入れてしまうので
その分、どこかで ヘッドを高くする動作が
スイングの中に入り込みます。

からだの回転だけ で打つとは言っても
地面に預けてある アドレスと違い
からだの右向き分、前傾姿勢分
グリップも、ヘッドも高くなります(上げている訳ではなくとも)
速くはなくとも 運動が加わります…
アドレスよりも ヘッド、クラブは重くなりますので
ヘッドを吊っている感覚がないと
放っておくと ヘッドは下がってしまいがち です。

「あげる」訳ではありませんが、
基になっている グリップとヘッドの上下関係を維持 するには
すこし ヘッドを高くする「ような」感覚が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これは初めてゴルフショットを試みる
初めてゴルフスイングを覚える人 だけでなく
今も多くのベテランさんもそうしています。

そして 同時に 初めてゴルフスイングを覚える時期に
それを馴染ませてしまう(はっきり言って間違いですが)
 のだと感じます。
20190525gc5_Moment(3)


アマチュアに限らず、トッププロであったとしても
今は、もう「死語」なのかも知れませんが
手打ち、手振り、クラブを手で振っています。
😿😿😿私が石器時代の人間で、
それ(手打ち)がゴルフスイングの正統派 で
からだでクラブを動かすコトが間違っている と錯覚されるほど
大多数の時代になりました。
ネット上に出てくる 殆どのレッスン、動画などは
手打ちでどううまく打つか の説明です。

好き好んで そう打つのは 自由 なのは
ある種、ゴルフの良いトコロではありますが、
手打ち の場合、非常に体に負荷をかけるため
若い人、練習量の豊富な人、からだの丈夫な人、痛みに強い
もしくは 痛みに鈍感な人向きの 打撃方法です。

そして 最も驚くのが 手で打つコトが良い悪い は別にして
手で振っている人 は 手で振っている という認識がなく
自分はそれで からだで振っている と信じているコトです。
20190525gc5_Moment


✋例えば ですが
 コタツに入って テレビを見ているとしましょう。
 後ろで家事をしている奥さんが 明日の予定どうする と
 声をかけていたので、コタツに入ったまま 振り返ったとします。PCC
 ・・・コタツにはいったまま です。
 腰も含めた下半身は こたつに入り テレビを向いていますが、
 からだはひねっているので 顔なり、肩ラインは奥さんの方に
 向けています。
 これは からだをねじったので
 からだの向きを変えたわけではないですよね。
 正式なからだの向きは テレビを向いた方向のまま
 というコトになります。




そのスタートになるのが 初期の頃のアプローチ です。
そして それはそのまま フルショット〜スイングにつながっていきます。

正直、花道から30ヤード となれば
8番アイアン程度を持って 転がす方がベターなのですが、それはさておき
ウエッヂをもって 30ヤードを打つとしましょう。

❶多くの人は 先ほどのコタツと同じく
肩をひねるだけで 右は向きません。
腰・足は ボールに向けまま です。
201903_Moment

❷にもかかわらず ダウンスイングに移行すると
まず 足腰を左向き、左回転を始めます。

❸右を向いていないのに 左向きを始められば
いきなり からだを開く ような
ボールから遠ざかるような姿勢になりますから
どこかで止めざるを得ません 
 〜〜届かなくなりますから

❹そして 今度は肩を回します。
腰の回しは 前置き、前菜 のような状態で
メインディッシュの 肩をまわす という
    『回転の二重構造』
をもっています。


❸でも書きましたが、 先に腰をまわす という行為は
ボールから遠ざかる(体を開くので)コトになるので
急がないと ボールに届かなくなります。
ですので アプローチのような
 速く動くことが良い結果につながらない、つながりにくいケースでの
 ミスを誘発するだけでなく、

打たなければいけない距離と動作速度に関係性がなくなります。

✋届かなくなり前に急いで打たなくてはイケナイ
 を覚えた人の大多数は スイングが早打ち になりますね。
 そして それを 自分のリズム と思っています。


からだを 無意識とは言え 前菜の腰
メインディッシュの肩 と二重構造で回すことを覚えた人は
十年、二十年、いつまで経っても アプローチを苦手としがち です。


✊ゆっくりと お尻の筋肉を含めた 足さばきによって
 右に向いた胴体を 正面を介して 左に向ける
 胴体の向きが変わるから グリップの位置が移動する
 からだ という大きなものが動きますので
 そこは 素早い動作 ではありません。

 からだの動作速度 と 距離感 につながりのある
 ショットにして行かないと 終生、距離感に苦労することになります。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(3)IMG_0321_Moment(7)




✋刷毛塗は それを 補助する為で
 グリップを押す感じ とは言っても
 肩が 胴体の向きから 胴体から離脱するような行為は
 やり過ぎか、時期ズレ と考えて良いでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



初めてのゴルフショットしてから
コースデビューするまで
7番アイアンなり、5番アイアンなり、
なにがしかのアイアンが当たるようになり
ドライバーとは言わないまでも、どれかウッド、もしくはユーティリティ
ティーショットが打てるように練習します。

その上で 難関、特に現場へ行くと難関
なのが アプローチショットなのだと思います。

ゴルフをし慣れた人、ベテランにとっては
ごくごく普通のコト、普通に出来るコト が
初めてゴルフショットを覚える人にとってはとても厄介


✋これは余談ですが、あるゴルフメーカーが
大学生を対象にゴルフの印象のアンケートを取っています。
ゴルフをしない人にとって ゴルフは
時間やお金がかかる? というコトで敬遠されがち ですが
同時に、プレイをしたコトがある、コースに出たコトがある人
にとっても プレイをしたコトがあるが故、コースに出たコトがあるが故に
より一層 ゴルフを継続的な趣味にすることを避ける傾向も
強くなるデータが取れています。

それは時間も、お金も、手間(練習など)掛けた上に
自分の意志やお金でコースへ出て
諸先輩などに 冷たい意見、中傷、文句などを言われたり
そう言う扱いを受けるコトが好ましくない、楽しくない

というデータです。
✋上手くとは言わないまでも 速くプレイする
などは ゴルフをしたコトがある人の一種のエゴ です。
打つコトも大変、当たることも大変、マナーなんて
コースに出る前、考えたこともないでしょう。
その上で ゴルフ経験者のプレイ速度に合わせる
なんてのは 初心者にとっては あまりに難関。
そういう ゴルフ経験者の当たり前 が
実は ゴルフを続けていくハードルを無駄に上げている
という結果が出ているのです。
ゴルフ業界、ゴルフ協会は気付いているのでしょうか…。

20190811-OYT1I50023-1


アプローチショットですが、
アプローチショットには 大きく二つの課題があります。

❶まずは当たるコトです。

そして その上で
だいたい・・・ですが ❷狙った距離(位)を打つコト
フルショットとはまた違った難しさが含まれています。

先日も書きましたが そこで登場するのが「振り子」です。

一見すると 振り子は理にかなっている ように見えますが、
振り子の動作は かならず 作用反作用
ヘッドを下に振れば、からだの一部は上に上がり、
ヘッドを上に振れば、からだの一部は下がります。
全部が 下がり傾向、上がり傾向に統一されることがありません。
それが故に 最下点が蕁▲棔璽觴蠢阿縫坤
ダフリ、トップ、ロフトの変化、打点の高さのズレ が必ず発生するので
❶当たるコト
❷距離を打ち分けるコト
が同時に達成し辛くなります。

また 『振り子』ショットの最大の問題は
振り子に動く つまり 遠くにあるモノ(ヘッド)がたくさん動く という
とても問題の深い、間違った観念が定着する原因になります。

36682818
ゴルフのショット、特に上下にヘッドを大きく動かさない
アプローチショットでは 傾いているとは言え
水平ではないですが、横方向に動かしてボールを打ちます。
その横方向の移動量は からだの回転によるグリップの移動量 です。
ヘッドの移動量は そっくりそのまま グリップの移動量 です。
であるが故、その移動速度や移動方向が自分で管理出来るのです。
それが発展し、フルショットであっても
アプローチショット、パターストロークであっても
自分の動作速度が そのまま 距離感 になってイクモノ なのですが
振り子ショットでは グリップは動かさず ヘッドを動かす
自分は動かず、クラブを動かす 為
 動作速度=距離感 が形成されません。

フルショットも同じですが、
からだの回す速度が距離感 というのは
ゴルフの基本中の基本です。
からだを回すのは 回りくどいですが
ヘッドを移動させるためにグリップを移動させる
ヘッドを動かすのですが、ヘッドを動かす為にクラブを動かす
というコトをする為です。
ヘッドを動かす為に ヘッドを動かすと 自然に体を回すは無関係なモノ
からだを回すではない 屈曲する動作でボールを打つようになり
結果、手で振る、腕だけを振る、肩だけを動かすスイングになっていきます。

初めてゴルフショットを覚える人が
コースデビューを無難に終わらせるために覚える行為が
その後のゴルフの問題を同時に持つコト になってしまうのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これもよくあるケースで
始めて間もない人だけでなく
ベテランゴルファーでも そう思い込んでいる、
間違ったまま 修正しているケース は多々あります。



◌ダフリ 〜厚く当たってしまう
◌トップ 〜薄く当たってしまう 

ヘッドの 上下、縦方向の 一番のふくらみ〜最下点 が
ボールを拾う 正誤表
ダフリ 👉ボールより低くなってしまう
トップ 👉ボールより高くなってしまう

と思い込んでいるフシがあります。

そう言うケースがない とは言いませんが、
とても少なく 非常に稀なケースです。

厳密に言えば ボールは球体で、
フェースは線ではなく面ですので
厚く当たる イコール ダフリ
薄く当たる イコール トップ にはなりません。
厚く当たる は 厚く当たる ですし
薄く当たる は 薄く当たる です。

それがミスになるのは
最下点が上下しているのではなく
最下点が 右にズレている のです。

ボールを拾う

ダフリもトップも 同じ状態
✋最下点が上下にではなく、右にズレているコト によって 発生します。

それが理解されていないと
その修正、ミスの回避 は 更に間違いを重ねるコトになります。

どちらのミスも 正解〜修正意識としては
インパクトのグリップの位置を 「もっと茲法廖〇って来たい…のです。
ところが 最下点が 低すぎる〜高すぎる 意識 は
グリップの左右の位置は変わらず 高さを変える という
「インパクトではグリップの位置が止まる」 という
更なる間違い、重大な間違いを植え付けます。

それが 手でクラブを振る につながっていくのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昔に比べると パソコンやスマホ
インターネットなどが使え 便利になりました。
昔であれば スイングを撮影、動画にするにも ひと苦労でしたが
いまや 誰でも簡単に扱え、見ることが出来ます。


ですので より危ない状況にも陥ります。
✊ここの点においては警鐘を鳴らしたいと思います。


564dfb4dこの部分は ゴルフショットをし始めた方 だけでなく
少なくないベテランさん😱やレッスンプロ😱、
トーナメントを解説するようなプロゴルファー😱まで もが
 今だ 間違った思い込み にハマっています。


この絵、この図柄は
アプローチやショットのインパクト付近を抽出し
デフォルメ(簡略化)したものです。
そして 同時に 立体の動作を 平面(二次元)で表現しています。


テークアウェイだけですが、実際のスイングで言うと
田中どら_Moment(3)田中どら_Moment(4)田中どら_Moment(5)






このような状態を 図柄、絵にしたに過ぎません。


テークアウェイで 右肩を上げ
フォローで 左肩を上げるのではなく
『前傾姿勢のある』ゴルフスイングで
 からだを回したに過ぎません



✋実際の肩は 写真の奥行きに逃げているのです。
564dfb4d灰色の線のからだのシルエットですが
テークアウェイを取ると
右肩を上げたのではなく
右肩は奥に逃げたのです。
スイングには「前傾姿勢」があるので
結果、アドレス時よりも高くなったに過ぎません。


ですので そっくりそのまま 👉パッティングストロークですが
5d625fee








こうではない というコトなのですが…。

この間違いを誘発しやすい図柄をそのまま
体で表現すると こうなります。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_MomentMVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)






この あやまち のポイントは
いったい からだはどこであるか というコトを誤らせます。

そして 稼働する関節の存在しない
背骨、胴体をひねるコトが ゴルフを複雑化し
からだを痛める原因になります。


ボールを正対する、からだの正面で打つ
その正面の基準になる「からだ」とはどこなのか です。

それは 肩のラインなのか… 腰のラインなのか…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:悶絶クラブは 
 どのように選べば良いのでしょうか?



☞ A:悶絶クラブには
✴ヘッドの重さ
✴シャフトの柔らかさ

という圧倒的に市販のクラブスペックと違いのある部分が
ございます。

どの位違うか…というと
市販の5番アイアンですと
(シャフトの柔らかさ・硬さを表すのは
 固有振動数の数値を使って表記します)

ヘッドの重さ    240g  ➡300g
シャフトの柔らかさ 290cpm ➡140cpm
こんな感じです。
この数値の差が基本になります。
*ちなみに アイアンの番手間の重さの増量は
#5→6 で8g前後です。
240g→300gの違いは 5番アイアンの長さに
ちょっと重いサンドウエッヂの重量が
備わったと考えるといいかも…です。
シャフトの硬さは通常
S(エス)シャフトと R(アール)シャフトの
硬さの違いは 10〜20cpm です。
290cpm→140cpmの違いは
SR→R→A→L(レディース)→LL→LLL→LLLL(3)→LLLL(4)→
LLLLL(5)→LLLLLLL(6)→LLLLLLL(7)→LLLLLLLL(8)
位と考えてよいかと思います。



この違いの中にも幾つかスペックが存在し
簡単な区分けをすると

✴ヘッド重量
市販スペック 240g
 。横沓毅
◆。械娃娃


✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 。横娃cpm
◆。隠僑cpm
 140cpm


こんな感じの組み合わせになります。


弊社のクラブが 「悶絶」 と呼ばれるゆえんに
この「ヘッドの重さとシャフト柔らかさ」があるのですが、
多くのゴルファーは
クラブは左右にぶらんぶらん振って使うものだと
思っています。
ブランブラン使ってボールを打つと
ゴルフクラブの製品ロフト以上に
ロフトを寝かして、ボールの底面をこすって打つ
グリップとヘッドを別々(
別々な機会)に動かす
そんな打ち方を覚えていますから
一般のメーカーもそれに応じて
ストロングロフトにし、
ヘッドを軽くし、
シャフトを硬くし、
ヘッドを返しやすくし、

量産型のクラブの造り手のコスト意識にも通じるので
その道をまい進してきました。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






そのぶらんぶらんクラブを揺さぶったまま
ヘッドの重い・シャフトの柔らかい(悶絶)クラブを
使用すると、その動きはさらに増幅され
より ロフトを寝かして(フェースを開いて)
よりボールの底面をこすって打つような形になり
悶絶してしまう訳です。

しかし ゴルフスイングの基本は回転運動・軸運動です。
ゴルフクラブ自体が動くものではなく
ゴルフクラブを持った打ち手が向きを変えることによって
ボールを打つ為のもので
本来のゴルフクラブの各役割は
ヘッドの重さは直接的にボールに…打撃力として働き、
シャフトの柔らかさは
クラブの重さが 
より打ち手のつなぎの部分であるグリップを動かし
体の回転に助力・追従させるためのものです。

それを実感して頂けると
より少ない力で、より遠くへ、そしてより真っ直ぐ
ゴルファーの永遠のテーマである
遠くへと真っ直ぐと言う両立が可能になります。

で、そのためにどう選ぶか…というと
よく聞かれるポイントで
その人に合ったもの…と言う言葉がありますが、
その人に合った というのの
「いつ」に照準を合わせるかが重要です。
HBS 001


【ケース1】現在のその人に合った というのは
  過去のもの を指します。
現在のゴルフスイングは過去のスイング遍歴やクラブ遍歴
それらの蓄積によって作られたものです。
当然 市販クラブをベースにしていますから
ヘッド重量も軽め ヘッド,箸
シャフトも弊社の中では硬め シャフト,箸
そこら辺を選ぶと
今までのスイングのまま、
ヘッドやシャフトの恩恵を受けられます。

お金と時間はかかってしまいますが
「よし! スイングを変えるぞ‼」 と
意気込まなくても、ステップバイステップで
、□ とスイングは徐々に変わっていきます。
「慣れ」がスイング改造とも言えます。

d4a3aa3c


✴ヘッド重量
市販スペック 240g 
 275g   300g
✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 200cpm   165cpm   140cpm

【ケース2】スイング改造に重きを置く
これは未来、悶絶クラブを使って未来に照準を合わせる
ということになります。
その場合は 
ヘッド
シャフト△
ということになりますが、
シャフトはかなり強烈です。
多くのパターンですが
違和感は持っていても、市販のクラブを使って来た人が
シャフトをいきなり打っても当たりません。
空振りもあり得ます。
ところがシャフト △發靴は△鮖箸辰真佑
シャフトを打つと、特に違和感は感じず
ヘッド重量は同じなのに シャフトの方が
ヘッドを感じられ、より楽に感じます。
市販クラブからステップを踏んで
あまり悶絶をしないでとなると シャフト◆➡ 
という事になりますが、
悶絶は深くとも スイング改造を重視するのなら
一気に ヘッド◆.轡礇侫鉢 の組み合わせも
楽しいと思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近のアドレス姿勢でとても気になることがあります。

一つは先日書いた 間違った前傾姿勢の取り方 です。
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html

yjimageLL19E073

もう一つは 年々増えつつある 現象にもなりつつある
アドレスなのですが、
それは アドレスで手をボールの方に出して構える ことです。

前傾姿勢の取り方にもよりますが、
腕は肩から、特に左手は肩からだらっと下がった
所に収めておくべきです。

意識されていませんが、
両腕は当然クラブよりもはるかに重いものです。
yjimageW5TCMT5G

特に腕をボールの方に出して構えるゴルファーの多くは
腕やクラブを振るため
その重さはかなりのモノになります。

体は当然その重さを支えようとしますから、
ラウンド中 疲れてくるとアドレス姿勢も変わってくるでしょう。

腕を出して構える ということは
運動でさらに増えるその重さを解消するため
必ずスイング中 前傾姿勢を起し、無くしてしまうことに
つながり易くなります。
IMG_0569IMG_0567




















前傾姿勢の取り方が間違っていると
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html
こうなりやすい のも確かですが、
これもラウンド中疲労に伴い変化しやすい
アドレス姿勢の代表例です。

このようなアドレス姿勢と取ってしまうと
自分とボールとの距離 が非常にあやふやなものに
なり易いですから 注意が必要です。

右手グリップは左手グリップよりも
ヘッド側…遠い方を握りますから
ボールの方に近い感じですが
左グリップは肩からだらっと下がったところで
クラブと合体することを意識してください。

体が前傾して出来た 下方の空間
この中をグリップを移動させるイメージです。
腕の重さは 長さを付けて 増やさない
というのは 動作中、姿勢を維持するためにも
とても重要なことです。


ゴルフショットは
理想的には 出来るだけ正確に、
出来るだけ繰り返せて、
出来るだけ少ない労力で
より遠くに 「ボールを打つ」 為のモノで
クラブの運動を増やし
クラブを遠くへ放り投げる その過程で
ボールを打つことではありません。
(意味わかりますか?)
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

私の目には 最近のスイングは
クラブをより遠くに放り投げる過程に
ボールがあって、
二次的にボールを打っているようにしか
見えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを打つ為、セットアップする構えを
アドレス(ポスチャア)と呼びますが、
その中でも大切な一つに
 ボールの置き位置 があります。

005


幾つかあるレッスンの中には
番手などによって ボールを位置を変える 
と言うのがありますが、
それは 位置把握のしやすい、目安になるものの多い
練習場でなら良いかも知れませんが、
傾斜や景色が毎回変わり、疲労によって変化の起こりやすい
コースでの方法論として適切ではありません。

ショットは兎角ミスが付きまといます。
ほぼ、全部のショットがミス と言っても過言でない程
ミスはついて回ります。
そのミスの確率を下げ、ミスの幅を狭くするためにも
ボールの位置は固定した方が良いと思います。

その基準になるのは左の靴です。
002

ボールの前面が左のかかとになる位の位置
クラブの長さや番手が変わっても 置く位置は同じ。
変わるのは 右靴の位置 → スタンスの幅 だけ
と言う方がより簡単になると思います


このボールの位置は
 インパクト時に体のセンターがここになる
 インパクト時、体は左の脚が軸足になる

という事を作っていきますから、
現在、ボールの位置が右に寄っている場合、
ボールの位置を治すとなかなか上手く行かなくても
その位置を習慣づけることによって
体の回転、体重移動、アドレス姿勢が
改善されますので、続けて下さい。
スイングの改良の非常に大きなポイントです。

体の回転は背骨が軸になる動きです。
人間の体は 厚み に対し
重さは背骨よりも前(胸)側に位置するので
背骨を軸に右を向けば、その重みは右足の上
左を向けば、左の足の上に乗ってきます。
体の回転と体重移動は同意語に近い
密接した関係です。
003

ボールの置く位置が
自分のインパクト時の 体の位置、姿勢を決めます。
8a862ab6

アドレス時の真ん中や
それよりも右にボールを置く ということは
体重移動を放棄する
 →背骨を軸とした回転運動を放棄する
という事になりますから、
慣れるまで上手く行かなくてもあきらめず続けて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アドレス姿勢(ポスチャア)…に行く前に
まず セットするボールの置き位置
についてのお話をします。

yjimage


この ボールの置き位置
正確な確率は分かりませんが、
ハミングバードが見る限り
アマチュアのコースでのミスショットの
半分以上、おそらく7割に届くような 原因が
ボールの置き位置に秘めています。

それはどういうことか というと
アドレスでの向き、とも関連しますが、
コースへ出ると 傾斜があります。
その傾斜も 左靴、右靴、ボール、で
三者三様であったりします。
向きと絡み合って、ボールの置き位置が一定しない
毎回バラバラ
その置き位置では打つ前から失敗が確定…
のようなことが 本当に頻繁に発生します。
005

と同時に 練習場の悪い癖、というか
知らず知らずの習慣なのですが、
日本の練習場はとてもよく出来ています。
そう、どこの練習場であっても
ほとんどすべてのものが 規格サイズ がゆえに
知らず知らずのうちに その距離感
例えば ボールとの距離 などを
その サイズに依存しているケースが多いです。
直線が多いので アドレスなどの向きも
それに委ねているケースも少なくないのです。

一度 練習場で、打たなくてよいのですが
自分の立っているマットの上にボールを置き、
マットなどの向いている方向とは
全然異なる 曖昧な方向
35度左向きとか 23度右向きとか
適当な方向を向いて セットアップしてみて下さい。

おそらく 方向、ボールの左右位置、ボールとの距離感
これらも なんとなく違和感 というか
落ち着かない感じになると思います。


そうなった時 持っているクラブ を地面に
自分のアドレスした 両足のかかとに沿って置き
もう一本のクラブで そのかかと線のクラブと垂直に
ボールに対し 置いてみて下さい。
002

まあ 十中八九、自分の望んでいる向きよりも右を向き
マットに対し左向きの目標方向であれば右寄り、
マットに対し右向きの目標方向であれば左寄り、
いつも 理想的に構える状態よりもボールの位置が
ズレている筈です。

ボールとの距離感も一定しないかもしれません。
向きによって ボールとの距離感もズレる可能性が
あるでしょう。



アドレスの重要点の一つに
目標とする方向と平行に構える。
フェースの目標と交わらないように平行に構える。
と言うのがありますが、
家でセットアップの練習をしたりする場合、
なにかに平行や垂直に構えず
中途半端に斜に構えてみる練習をするのも
コースでの無用な、無駄なミスショットを減らす
かなり大きな一手になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ