店長「Mさんのお話しをお伺いしていると
 悶絶クラブをより良く使うために
 なにがしかの改造、を加えた
 とのコトですが、
 具体的にどのポイントなのかは伺っていませんが
 アドレス、グリップ、ワッグル、素振り、
 ショット、今回はパッティングやアプローチもありますから
 それらを分析させて頂いて 推察させて頂きました。

(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








((パッティングストローク 比較映像_Moment(2)((パッティングストローク 比較映像_Moment(3)((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)








✋まず 弊社で提唱する 刷毛塗の腕使い の部分ですが
 その腕使いを 勘違い されている ように思われます。

 刷毛塗の腕使い、肘使い は
 右打ちの人であれば 右腕の曲げ伸ばし が
 印象深くなると思いますが、
 スイングの中に馴染ませるコトが大切ですので
〇からだの回転を主体で腕やクラブを移動させる
 タメに 腕やクラブの重さ分、
 からだの回転の方向通りになるように
 補助してあげるのが目的です。

✊ちょっと分かり難いかも知れませんが、
 カラダの向き通りに腕やクラブが動くよう…
 カラダの向き通りに腕やクラブが動くと
 まるで 腕は使っていないように見えるのですが、
 使っていないようにするため動かす のです。

✋インパクトまでに右腕は伸ばせ とか
✋ロフトは立てろ
✋ハンドファーストだ

 とか いろいろ入り混じってしまっているかも
 知れませんが、刷毛塗の腕さばきでクラブを動かす
 のではなく、からだの向きが変わるから
 それに 重さ分、遅れないように補助してあげるのが
 その腕さばき、肘さばきです。

 ココで クラブやシャフトを右手で押してしまう と
 グリップエンドや左グリップの移動が止まり、
 カラダの向きと分離してしまう・・・
 即ち 手振り、手打ちになってしまいます。

 確かに、弊社のブリストルパターやデール9であれば
 小さな、遅めのストロークで パットの距離は
 ほぼすべてカバー出来てしまいますが、
 カラダを使わず 腕さばきのみで打てる距離はその程度で
 ボールを浮かせたり、ある程度「打撃」が必要な
 ショットになれば、基本、刷毛塗を主体に
 ボールを打つのは 避けた方が良いと思います。
 ですので 短くなった(曲がった)右腕を
 長くする(伸ばす)〜元の長さに戻す
 コトによって 押すのは クラブやシャフトではなく
 クラブを持った左腕・左グリップ です。

 クラブが、ヘッドが 円を描くのは
 カラダの向きを変えるから であって
 刷毛塗は それを補助はしますが、
 腕のさばきで 横にも、縦にも
 積極的・主体的に円を描くコトはしません。」

店長「まず 始めに 今すぐ 辞めて頂きたいのが
 トップからアドレスに戻る クラブさばき のワッグル、素振り です。

 右腕を伸ばすことで
 シャフトを押している… おそらく 何気ないワッグルか素振り
 だと思うのですが、ショットの度に
 そのワッグルをすれば 当然、それはカラダに刷り込まれます。
 まさに 反復練習です。
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






 右腕を伸ばすことで クラブを回転させる、
 クラブを押す、シャフトを押す 右腕の動きをすれば
 当然、左サイドは止まり、左グリップは止まります。
 ですので ショットが パンチショットのように
 フォローの出ない、フィニッシュの取り辛いモノになってしまいます。

 写真を見て頂くと分かる と思うのですが、
 肩が回ったから 腕やクラブが移動した、 ではなく
 腕さばき、右腕の曲げ伸ばしで クラブをボールのトコロに
 戻したら まるで からだの回転が入った『ような』…
 実際には 手しか動いていません。

 ワッグルだから… もしくは 元に戻しただけ
 と思うかも知れませんが、
 実際のショットは まさにこの通り、
 このワッグル通りに打っています。」