Mさん「ちょっとスイングに悩んでます。
 手打ちから脱したいと思っているのですが、アドバイス下さい。」
店長「はい😊😊😊では打ってみて下さい。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)
 おおおおおおおおおお。」

Mさん「どんなです❓」
店長「そうですねぇ、軽いヘッドの、硬いシャフトのクラブ
 であれば そう言う打ち方もアリ かも知れませんが…
 ま、それにしても腕力は要りますけどね。
 重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブであれば
 そう言うクラブさばきは苦労しちゃうと思います。」
Mさん「具体的にはどんなトコロです❓」
アドレス1
店長「ゴルフクラブって ものすごく先に偏重した構造の長い棒、
 じゃないですか、弊社の悶絶クラブは それが強調されていますが、
 どのクラブであっても その偏重しているのは同じです。


〇からだの回転 というのは
 カラダの向きの角度が主体になって
 グリップの動く量…この場合は角度ですね
 それに対して ヘッドが同じ、もしくはヘッドの重さ分
 移動する角度がヘッドの方が少ない
 というコトを指して
 手打ちが悪い とは言いませんけれど、あえて言うのなら
からだの向きとクラブが同期しない、
 グリップの移動に対し、『移動角度』として
 ヘッドの方がたくさん動く、
 カラダに対し、クラブ(シャフト)が独自に動き
ます。

 ゴルフクラブのその偏重した特性上、
 ヘッドの方がちょっとでも多く動くと
 その動きは止まらなくなってしまいます。
少し乱暴な言い方をすれば振り子
からだの回転と同期せず、シャフト、クラブが
1度、この場合は角度の度数ですが
1度でも動いたら もうクラブ自身の回転は
 止められなくなってしまう と言えば良いでしょうか。」

Mさん「。。。。。。」
店長「分類付け はどうでも良いんですけど
 手打ちは腕力や握力に非常に依存しています。
 その上、距離を目指すと方向が、
 方向を重視すると距離を犠牲に、と両立が難しく、
 また ボールさばきにフェースローテーションが必須、
 伴ってしまうので アプローチの苦労から逃れられません。

 Mさん は 既に 素振りの時点で
 グリップを止めて ヘッドを動かす、
 シャフトを振ってしまう事前動作があるので
 それはそこで止まりませんから
 全体像として 手で振っている、シャフトを振っている
 になってしまうんですね。」

Mさん「素振りがダメ、なんですか❓」
店長「素振りというよりも ワッグルに近いモノ
 と思うんですが、何気なくですけれど
 インパクトをこうしよう、クラブをこう動かそう、
 と言う存在的なイメージの具現化の部分が良くないと思います。

 遠心力 との付き合い方があまり良くない気がします。」

Mさん「遠心力は使うんですよね⁈」
店長「使わない訳では無いですが
 スイングの造り方もそうですけれど
 スイングの👀見方👀を見誤らせてしまう要素でもあります。」
Mさん「どういうコトです❓」
店長「例えば ですが
 Mさんのやっている素振り、ワッグルに近いモノ
 ですけれど、素振りの時点で
 ヘッドをボールに届かせようとしていますよね❓」
Mさん「はい。」
店長「で、実際にショットする時は
 素振りの時よりも 速度も速く、勢いも付いていますから
 より遠心力が増し、
 よりヘッドやクラブは膨らもうとします。



 実際のスイングをなぞってしまうと
 不可抗力が加わる分、そのスイングの動きにはなりません。」
Mさん「あああああ・・・。」
店長「ショット、スイングをした時に
 遠心力…膨らもうとするチカラ が加わることを想定して
 スイングを造っていないと その形にはならない
 というコトです。」