刷毛塗(両腕の肘さばき)の基本は グリップの移動です。 ヘッドはその場に残し(動かさず)、グリップが移動した分、 フェースが下を向くように引きずる…程度です。 ヘッドの移動はからだの向きに預け(無視し) からだの向きの変更によって  移動していくであろう「場所」に向けて 先行して【グリップ】を移動させていく…感じです。 ✋刷毛塗動作で 『ヘッドの移動』も手さばきでしてしまうと いざ スイングになった時、からだの向きの変更と重なるため ヘッドが下から入るコト になってしまいます。 意図的な場合を除き ダフリや煽り、しゃくりなどのミス を生み出し易くなります。 ✋✋✋もう一つ ポイントになるのは 刷毛塗をする順序 です。 イメージ…としては トップの位置から 右向きは固定し、 刷毛塗だけで入るような感じ…、 届かない分を向きで修正するような感じです。 それをし始める位置 トップ で 先行して、刷毛塗をすると それは右向き(左サイドが低い)状態なので 横方向の含まれる『縦の動き』になりますが、 からだを回して(同時)から 刷毛塗 をすると 横の動きだけの刷毛塗になってしまいます。 🔴注意! そして そこには ヘッド(クラブ)の落ちる効果が入るので かならず 下から入る「潜る動き」になってしまいます。 (ラフでは下をくぐってしまったり、だるま落としや バンカーなどで行うと上がり切らず ボールが出にくくなったりします) スイングで注意 なのは からだの回転が入れば 円弧が生まれますが、 同時に、(手さばきで…この場合は刷毛塗) ヘッドでその円弧をなぞる動き を入れてしまうと 仕事が重なるコト になりますので ヘッドの迂回、ループなど 時間稼ぎが必要になってしまいます。