◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2019年12月


バンカーショット
多くのゴルファーは
ボール自身が砂の上にあることが
一番の障害というか、難敵だと思っていますが
実はそうではないのです。
BCkCKFKCUAABm4s

確かに 大きく砂に埋まっているような状況は
そうとも言えますが、それはラフなどでも
似た状況であると思います。

バンカーショットの最大の障害は
自分の立っている場所が不安定な砂の上
ということなのです。


これは傍論というか、余談なのですが
現在多くのアマチュアゴルファーは
限りなく普通の運動靴に近い少々古いゴルフ用品用語では
スパイクでなく、ソフトスパイクというか
ゴム底の靴の状態です。
スパイクではなく ゴム底にした理由が
コースの維持管理、芝の育成を主とするのなら
そこは率先して プロがするべきです。
アマチュアよりも格段にコースに出る頻度の高い
コースの育成やコース管理に世話になっている
トーナメントプロがいまだスパイクを履いていて
アマチュアの方がスパイクを使えないというのは
イマイチ納得できない と私は思っています。

まあ ゴム底の方が楽は楽だとは思いますけどね…。
最近のプロの 親の仇のような振り加減では
スパイク…必要なんでしょうねぇ…。

バンカーショットの話に戻りますが、
バンカーショットほど より丸く振ることを
避けなくてはいけない場所なのです。

スイングを丸く振る、円で振る
ヘッドを走らせる この手のスイングをする人にとって
イメージ的に 
より上から打たないといけない
より丸く振らなければいけない
バンカーショットは
実は その振り方が一番バンカーを苦手にさせるのです。

その振り方で ヘッドを下に振れば
下に振った分、自分は上を向きます。
自分は気分では下に振っているつもりでも
結果としては 上にあおり振っていることになるのです。
足元の安定し辛い、緩みやすいバンカーでは尚のことです。

ここはスイング全般につながっていくのですが
バンカーや足場の安定し辛い状況ほど
体の向きの変更、体の回転で打たなくてはイケないのです。
72498_600400

それができる、やろうとしている前提では
バンカーの秘訣は一つだけ、、、
ゴルフクラブの一番低くなっている部分は
 ヒールの角 です。

この部分が ボールの真下 という意味ではありませんが
相対関係として ボールよりの低くなれば
それで バンカーは絶対 出ます。
ただ それだけ です。
ymage

ソール面を使う とか
バンスを使う とか
確かに サンドを得意とするウエッヂでは
そう言われがちですが
それは クラブの機能 です。
意識して使わなくても そうなるように出来ているので
逆に意識して使っては意味がありません。

ちょっとした コツというか、秘訣があって
ヒールの角 を ボールよりも確実に低くするため
ほんの少し、ほんのちょっと、ほんの気持ち
ボールとの間合いを離して、遠目に構えるのです。
ほんの少し 気持ちでいいんです(*^-^*)
ただそれだけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチャアゴルファーは
テレビやビデオなどで見る動画・映像を元に
自分のスイング、スイングイメージを作っていく。

そして、定番になっているゴルフスイング用語などが
それを塗り固めていくことになる訳だ。


ここに基礎となるアプローチの連続写真があります。
cap02

100点満点とまでは言えないけれど
かなり基本に基づいていますね。
よく見て下さい。
肩や腕など動かさず
基本的に骨盤から上の胴体を動かしてショットしています。
クラブ単体を動かしている訳ではないのは
分かりますよね。

でも、ヘッドだけの動きを見てしまうと
adc717b3-s


ヘッドは円弧を描いていて
振り子に動かしているように見えてしまうし
スイングは丸く振れ とか
スイングは振り子 だという
聞いたことのあるゴルフ用語ともマッチしますね。

しかし もう一度よく見て頂くと
ちょっと体が上向きになっているとは言え
ロフトを変えず 伏せたまま 使っていますね。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)
しかし、それをパターストロークの画像ではありますが
このようにして真似てしまうと
フェースは常時上を向いている
ロフトの大変増えた状態に動いてしまいます。

このパターストロークや小さなショットで
このような疑似ショットをしてしまうと
ロフト単体が上を向いている だけでなく
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)
この肩の揺さぶり〜振り子で打ってしまうと
体も上を向いて、左足上がりで打つ のと同じ分
更にロフトが上を向いてしまうのと
クラブ単体を動かさず自分が体の向きを変えるのと比べると
入射角度も非常に緩い ものになってしまうのです。

3重の意味で
体の向きだけでクラブを移動させるのとは異なるのです。

ロフトが増え、体が上向きになってしまうので
打撃力がボールスピードになる筈モノが
更なる打ちだし角度になり、更なるスピンになってしまう。
予想は付くと思いますが
ボールスピードが落ち、打ちだし角度とスピンが増えるから
双方は同じ打撃力(破壊力)であったとしても
同じ距離にはなりません ⇒飛びません。
同じ距離飛ばない、飛ばないので
より強いインパクト、より速いスピードが必要になります。

先日の記事とのつながりで言うと
動作のスピードとボールスピードの乖離が大きい上に
スピードを増やしても 等分距離は増えないので
距離感が身に付きにくくなるのです。

同じ距離を打つのに 強いインパクト、
速いスピードの動作が必要になれば
ミスの出やすさは比例して増えていきます。
cap02

飛ばない、ミスは増える、距離感は身に付きにくい
という 3重苦なんです。
いや 基礎的な覚えにくさもありますから
4重苦・・・それ以上になるのです。

これを基礎にしてフルショットをすれば
そのままのショットが少し遠くに行くだけです。
このままでは永遠に左回転になることはありません。
スライスがこの動きに対しては正しい答え です。
ここまででも何重苦であるのに、
スライスを防ぐためにヘッドの返し(ローテーション)を
入れれば その動きはいろいろな絡み合いから
倍ではなく 二乗倍難しくなります・・・。

目で覚えた勘違いから始まる スイングのボタンの掛け違い
ここからショットの迷路が始まったりするのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1

質問を頂きました

『ゴルフスイングはこのように円を描いてボールを打つのに
2017-06-13 19-07-51
何故 人によって、 もしくは
自分でも 時によって アウトサイドインになったり
インサイドになったり するのでしょうか…?』
 
と。


単純なようで 深い、多くのゴルファーが何十年も悩んでいる部分、ですね」

アドレスの飛球線を基準に
自分側のインサイド、外側のアウトサイド というコト
と考えて良いと思いますが、
円軌道で打つ限り 外から入ってくるのは 「ありえない?」
ように感じますよね。

縦、上下の軌道もそうですが
内側から入ってくる度合いや大きさが
個々によって 差が有るのが
それぞれの方の弾道の差になります。

でも 飛球線より 外・・・から入ってくるのは。。。???

単純な発想で解決できます。
 2013-05-04 10-55-44.740_Moment基準はアドレスのこの状態ですね20191229

でも実際のボールを打つ時
インパクト時は こうなっている→
というコトです。

この傾きの角度は 15度! ですから
この位 簡単に 左を向いた状態でインパクトしてしまいます。
通常、この程度では済まないですよね。

アドレス時 ボールは 左ひざの前とか、左太もも 🈲◌まdownswing
の前だったりする訳ですが、
左にからだを開いて「打てる」というコトは
ボールを中(右)にずらして打っている というコトになります。

からだが開いて打つ というコトは
腕の長さが合わず 左は伸ばしっぱなし、右は縮め気味
 になりますから ロフトは開きます。

飛距離に悩む人にとって
ヘッドが右を向いている コト が問題なのではなく
それに伴って ロフトが開いているコト が問題なのです。


外から入ってくれば来るほど
その軌道に対しての スクエアは 左向きのフェース
になりますから 左に向けなければ いけない量 が増えます。
これが フェースターン、手の返しの実態 ですね。。。

飛距離に悩んでいる人ほど
クラブヘッドの重さが一番重くなる インパクト付近で
いそがしく ヘッドを動かさなければいけない という
罰則が待っています。

IMG_0549IMG_0548









からだの回転通りに打っていれば
ボールとからだが正対した時、ボールに当たってしまいますが、
ボールがからだに対し右にズレているのに
まだ当たっていない これを言葉通り「振り遅れ」と呼びが故に
多くの人は 振り遅れないように その基準値、
時間進行の基になる 体を止めて 追いつかせようとする訳です。

ドンドン深みにはまる というか、無理を無理で補おうとするのですから
ドンドン難しくなりますね。

ダウンスイングで クラブは長さもあり、重さの塊が先端に付いているので
遅れようとしますが、遅れは同時に 回転軸である自分への近づき も
産み出しますから。。。(自分に長い棒が絡みつくようなイメージです)
からだの回転で 「グリップを」 動かそうとしている限り
 アウトサイド から入ることはあり得ないのですが、
逆に言うと アウトサイドから入ってくるのは
からだの回転で 「ヘッドを」動かそうとしているか
始めから 手だけで円弧を作ろうとしているか
 のどちらかしかないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

打つコトの出来ないサンプル品とか
展示品をみて シャフトの性格を見抜く為に
良く観察するのは カタログ とか データ
ではなく、シャフトの形状
である。
gp2

シャフトの外観 外側のサイズは概ね決まっており
昔有ったようなバブルシャフトは既に博物館行き。
シャフトに特殊な形状は余り多くないのだが、
一本 一本を 比べてみると
その形状はかなりはっきりと異なる。
シャフトを オリジナルで作る場合
1.既成のシャフトの ロゴのみ入れる
2.既成の芯金(マンドレル)を使って
 シートの種類
 巻き方、枚数のみをオリジナルで作る
3.芯金もオリジナルで作る
この3種類がある。

シャフトの場合、その形状によって
オリジナルの性格は半分以上決まってしまうと
言っても過言ではない。
人間でいうのならば、芯金はどこの国に生まれ
男なのか、女のか そこら辺まで決めるのに
相当すると言える。
勿論、同国人、同性であったとしても 個性は
それぞれであるけれど 大きな部分は似るだろう。

ウッドの先端径は 8.4mm
グリップ部はだいたい 15.0mm
前後
長さは 1150mm
 一メートルチョイだ。
この 8.4〜15.0 
までが どのようなテーパー
と寸胴の組み合わせで 性格も決まるし
芯金の形状が決まれば どの位の量
どの位の弾性(強度)の繊維を使うかも
概ね決まってしまう。

先端から 寸胴気味で細いところが長ければ
強度の高い繊維を使わざる負えなくなるし
その分 手元側にキツイテーパーが来るので
手元の締まったシャフトに成り易い。

全体に平均的なテーパーの付いたシャフトであれば
細いところに負荷が掛かり易くなってしまうので
巻き方や異種の繊維を組み合わせ 工夫しなければ
商品として有効ではない。

良くシャフト選ぶをするのに
キックポイントKPなんて 言葉が出てくるが
KPのみで シャフトを判別するコトは
殆ど意味のないコトであって
その形状や使われている繊維の強度によって
大きく異なってしまう。
7b751c2e

全体的にしなる 先調子もあれば
手元の締まった 先調子もある訳で
土台 シャフトは 1150mmの全寸に対し
先調子と元調子の差は 40mm程度なので
誤差とも言えるし
メーカーによってその基準も大きく異なる。

カタログ上 A社の先調子は
B社の元調子よりも
ウンと 元調子だったりもする。

土台 一般成人男性が
振動数で 220cpmを超えるモノを
使った場合 硬すぎて どれも同じ。
撓らないモノを撓らせて
使ってしまうのだから、
 本来の使用方法と異なる
ネジレを意図的に作って使うのだから
KPなど 意味もないと言える。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフでよく言われる「芯を喰う」
結構誤解されていると思います。

今のゴルフクラブはどれも 慣性モーメントが高く
☞慣性モーメント…その姿勢や運動を維持する力
フェース面であれば だいたいどこに当たっても
大きくは飛距離も方向もブレません。


にもかかわらず 確かに芯というのは存在します。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

それはフェースの真ん中に当たることですか?

では 試してみて下さい?
 クラブを誰かに持って貰うとか、固定して
 自分が思うフェースの真ん中
 自分が思う「芯」にボールをぶつけてみて下さい。
 出来れば 色々な方向からボールをぶつけて下さい。
 同じ音 ではありませんよね?
 ぶつける方向によって音が変わりますよね?
 同じような場所にぶつけているのに…。

それが芯の正体です。

ゴルフショットは当然運動中、移動中のものです。
ボールは単純に 速度や重さの積算の破壊力が
速度や回転などに分散して
 飛んだり曲がったり上がったりします。
ですので フェースの面の「どこか」に当たるよりも
どういう方向からどういう方向に動いて
そのうえでどういう姿勢の、どこで当たったか

によって 破壊力は分配されます。

インパクトの当たり箇所や当たり姿勢は
結果の判別で利用できる程度に考えなくてはいけなくて、
インパクトの当たり箇所や当たり姿勢を
静止画で、静止のコマ として捉えている限り
ゴルフの向上は必ず頭打ちします。
必ず手打ちに行きつき
その考えがある限り、手打ちから卒業することは
絶対に出来ません。

インパクトはあくまでも流れの中の一部であって
この流れの中の どこかに存在し
この一連の流れの中で ある程度ズレた位置や
ズレた時間、ズレた姿勢になっても
差が出ないようにしていかなくてはいけません。

もう一度言います。
フェースの面の「どこか」に当たるよりも
どういう方向からどういう方向に動いて
そのうえでどういう姿勢の、どこで当たったか

ではなく、流れの中で
多少ズレた箇所、ズレた場所、ズレた時間
で当たっても、それに左右されにくいショット
スイングを作っておくことが重要です。

昔もいいましたが
スイングは自分の意志も動きと
その動かしたクラブの重力や遠心力
クラブの作り出す良くも悪くも負荷とが
掛け合わされたものです。

半分は自分の動作
半分はクラブの不可抗力によって
生み出されます。

よって どこの箇所であっても 静止のなにか
ヘッドの姿勢であっても、クラブの姿勢であっても
フェースの当たり場所であっても
それを追い求めている限りは 一生涯やっても
答えは見つかりません。

その流れの中で 出来るだけブレが少ない通り道、姿勢
ゴルフクラブは常時移動している という観念の元で
スイングを構築しない限り
必ず 自分の動かしたクラブの発生させる不可抗力の虜
になるだけです。

トップの位置からインパクトまで平均で言っても 0.15秒
ドライバーであれば インパクト…
 ヘッドとボールの接触する時間は 1/3500秒です。
 0.0003秒

その刹那の時間を静止でイメージすることは
スイングを流れのモノにしません。
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

ゴルフスイングの芯を喰う とは
ヘッドの動いてきた方向と
ボールの飛ばしたい方向、そしてその姿勢、当たる箇所
それらの総合です。
決して 緩く入れてくるとか
飛球線の真後ろからヘッドが入ってくるとは違います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブには当然重さがある。
特に長い棒の先端に鉄の塊としてヘッドが付いており
その重量は全体の6〜7割を占めている。
006

クラブヘッドの重さは
ボールをどかす〜〜〜打撃の破壊力になり
その重さ・モーメントは
数値が高いほど その運動やその姿勢を維持する能力が高い。

倍の重さになると 流石に運動の速度を阻害してしまう?
のかも知れないが、2割軽くなってもスピードが速くなることも
2割重くなってもスピードが遅くなることもない。

しかし この重さの使い方は
真っ二つに分かれてしまい、
重さを上手に使える人ほど
ヘッドが重くなる程 運動の速度を筋力に頼らず行え
重さを上手に使えない人ほど
ヘッドが重くなる程 運動の速度を筋力に頼ることになる。
710dcc57

これはどういう事なのか というと
クラブ は
 ✊重さの集中しているヘッド
 ✊シャフト(棒状)
 ✊グリップ(握るところ)

という単純な配分というか、構造になっているのだが
その棒状の シャフトの長さ×ヘッド重さ という
運動中に増加するクラブの重さを
 グリップ ➟ シャフト ➟ ヘッド
という先端に向けて使おうとする人ほど
クラブの重さを嫌う傾向が強い。

何度も書いているけれど
遠心力は自分が運動していく方向と
かなり異なる方向に重さ・負荷がかかるので
重いクラブや重いヘッドであると
自分の筋力でしか それを解決できない。

クラブの重さを上手に使うのには
そのクラブの重さを
 ヘッド ➟ シャフト ➟ グリップ と
先端から根元に向けて
 重さを利用するように心がけると

逆にその重さは運動の促進剤として利用できる。

よく考えてみると
コッキングという意味(動作)ではないけれど
ボールを打ち始めるスタートの地点では
グリップの方が低く、ヘッドの方が高い位置にある訳で
素直にクラブの重さを受け止めれば
クラブの重さはグリップを、クラブそのものを
その姿勢のまま 重力方向、即ち下に下げようとする筈。

スナップショット 8 (2013-07-05 23-44)

動作として反転させている訳ではないけれど
アドレスからトップ へ結果としてクラブヘッドとグリップの
位置関係、上下関係を逆さ、反転させていることを
よく考えてみて欲しい。

トップの位置から 遠心力を生み出すことが
ゴルフの打撃であるのなら
そういう位置関係にする必要はない筈。

ヘッドの重さでヘッドを動かすのではなく
ヘッドの重さでグリップを動かせると
クラブが「ヘッドスピードを下げない〜上げる働き」として
利用できるんだ。

となると シャフトの使い方も同じ意味で
シャフトの働き・運動・しなり は
グリップを基点にヘッドを動かすものではなく
ヘッドという重さを基点にグリップを動かすもの
という風に考えられるようになってくる筈。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アマチュアゴルファーの願望として
飛ばしたい と共に 安定した球筋を打ちたい
と言うのがあります。


特に 右に曲がる 右回転/スライス系
左に曲がる 左回転/フック系
これを安定させたいと願っています。


今回は横回転についてお話しします。
ちょっと難しいかも知れませんが、
とても大切な事です。
 質問・コメント・相談等どんどんして下さいませ
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp




ボールの横回転を生むフェースの向きは
アドレス時の飛ばしたい方向とは直接関係にありません。


ボールのこの横回転、勿論縦回転と混じり
ボールは斜めに回転するのですが、
これには約束事があって
ヘッドの進行してきた軌道(方向) に対しての
フェースの向き によって決まってきます。


例えば アドレス時の状態、
アドレス時の飛ばしたい方向
構えた方向 に対して
フェースが右を向いていてインパクトを迎えても、
右回転・スライス回転になるとは限りません。
アドレスに対し フェースが左を向いていたとしても
左回転(フック回転)が入るとは限らないのです。

IMG_1150例えば このデータのように
アドレスの飛球線ラインよりも
5度右を向いたインパクトでも
5度インサイドから入って来れば
基本右回転は入りません。
5度インサイドから入って来ている状態で 10度右を向いていれば
右回転は入るでしょう。


正しいクラブの扱いをすれば
この関係には法則を作り出すことが出来るのです


体の回転通りに、
体の回転で直にグリップを動かしていれば
ヘッドの通ってくる軌道と
フェースの向きの関係には一定の法則が生まれます。

正しく 体の回転で動かせば
ボールから離れたところ、
体が右を向いている時間の中で
インサイドから入ってくる訳ですが
その量は人によっても癖というか、特徴があります。
(クラブの長さの使い方と関係しますが)

それにしたとしても
その人、その人で
どの位 インサイドから入ってくるかの度合いと
フェースの向きは一定になります。
5度インから入って来れば 5度前後右を向き、
傾斜など何かの理由で
 5度遅れて外から入って来ても5度前後左を向く、
多少のずれなどがあっても ある法則性が出来てきます。

腕の補足が在ったとしても、基本、体の回転でグリップを
動かして、その結果ヘッドが引きずられて来れば
そう多くの種類の状態は生まれなくなります。

軌道の変化も起きにくいですし、
ヘッドの重さによる作用反作用も一定していますから
軌道とヘッド姿勢に一定の関係が生まれやすいのです。

ですので インから入って来れば
 度合いは兎も角、絶対にフェースは右向き
(アドレスに対し)
アウトから入って来れば フェースは絶対に左向き になります。

そして その一定法則を持ったクラブの使い方をすると
ボールは概ね 軌道通りの所に飛び出します。
振った通りに ボールは飛び出る という事です。


IMG_0548IMG_0549













ところが 今流行りの
ヘッドターン、クラブを振る振り方だと
その軌道とフェースの向きに法則が生まれません。
一定の法則がないので
インサイドから入れても どスライスになったり
アウトサイドから遅れて入れても やはりスライスなったり
ボールの横回転の基準になる ヘッドの軌道すら
毎回毎回バラバラになり易い上に
それに対するフェースの向きに一定の関係が存在しないので
同じような弾道を繰り返し打つことが出来ません。
ボールの曲がりだけでなく
ヘッドを動かしている軌道と飛び出るボールの方向の
関係にも一定性が生まれません。


多くのゴルファーは
体をまず動かし、次にグリップだけを動かし
ある所からクラブを振り始めます(角角度運動)
クラブは構造上 先端に重さが集中していますから
その作用反作用によって 止めている筈のグリップが
引っ張られたり、それを相殺する為引っ張ったり
しかも クラブの重さ感は そのヘッドの姿勢や
クラブの位置・姿勢によって異なってきますから
そんな状態では 軌道そのものも
それに対するヘッド姿勢も一定の法則が作り出せません。


そして この横回転というか弾道そのものは
その入ってくるヘッドの軌道に対するフェースの向きと同じく
縦の方向に対しての ヘッドの軌道に対するロフトの作り方
とも密接に関係して、
ヘッドを振る振り方だと このヘッド軌道の入ってくる角度
そしてロフト姿勢にも一定の関係が存在しないので
横回転だけでなく、縦回転や
それに食われるボールの速度も毎回毎回マチマチに
なり易くなります。
IMG_0607IMG_0610









ボールを横回転無しで打つことは基本不可能です。

その横回転が 曲がりにつながるかどうか
曲がりとして表れるかどうか は
横回転と縦回転の割合とボールの速度によります。

打ち損じは別として
右回転であっても、左回転であっても
縦回転の 1/4程度の横回転であれば
ボールに曲がりは出てきません。

厳密な数字は ボールの速度によって違うので
何とも言えませんが、
その何とも言えない部分が
あまりに不確かな ヘッドを振る、ヘッドを返す
シャフトを振る振り方では
アマチュアの練習量、練習頻度、運動性能では
一定の球を打ち続けることは
物理的に不可能なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◆投稿◆
いつもお世話になっております。


クランチ不足の原因が

しっかり右を向けていないことにもありそうで

初めて「視界移動」をやってみました。

こわいです。とっても。

右を向いて,右が高ければ,上から打てるはず。

記事にあった「上から一気に打て」の意味を噛みしめつつ

悶絶真っ最中です。

映像をみると相変わらず右肘が低いです。

恐怖感や,その時の動き方によって結構視線にばらつきが出ますね。

今日の練習映像だけで相当なバリエーションでしたよ(^^;

おっしゃるように視界のコントロールによって

動きを作ってしまえるんじゃないか?と感じました。

どーんと右を向いて(体も目も),前傾による右の高さをキープ出来れば

このクラブの本来の性能が見られそうで,楽しみです。

スナップショット 1 (2013-11-17 19-19)



お手紙有難うございます。
多くのゴルファーは 上半身の上部
肩周りを捻っているだけで
体の向きを変えられていません。
ミスの多くは「この回転(向きの変更)不足」
原因であったりします。
特に、現場に出ると 緊張感のためか
テークバックで、クラブの所定の移動
所定の動きを手だけ、肩も含めた腕だけの動きで
取ってしまうものです。

ボールを良く見なければ なんて言葉も有りますし
体を回す練習をするのに
胸やへその向きと同じく、顔も向きも変えてあげる
というのは とても有効です。

この練習は 勿論素振りでも良いですけれど
少々長めのアイアン 6番とか7番を使って
30ヤード程度のランニングアプローチの様な
感じで練習すると良いと思います。
出来るだけ クラブ単体は動かさず
体の傾きに応じた 地面に対するフェースシャット
(ちょっとオーバーにフェースを地面に向けるイメージでも
 良いかも知れません)
を作り 体の向きを顔も向きで感じ取る というか
創り出す というのは、いずれフルショットに
良い意味で反映してくると思います。

言葉で説明しますので、イメージしにくいかも知れませんが、
このような 大きくないショットを打つ場合
例えばパッティングやアプローチなどがそうですが
実は、殆どのアマチュアゴルファーは
回転せず、左肩を下げているだけです。
4c9a0689体は柔軟に出来ていますから
この画像のように テークバック(もどき)・・・
肩周りだけを動かす
と一見 右を向いたような錯覚に陥ります。
これを 偽装テークバック、テークバックもどき と言います。

向きを変える と言う動きは
傾きは多少あれど、基本 もっと横の動きです。
傾きを維持しつつ 水の入ったバケツを
右の人に渡したり、左の人に渡すような動きです。

ここが改善されるだけでも、かなり大きく色々改善されますし
これによって フォローも変わってくるものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

切り返しでシャフトが、グニャッとしなる感触です。

 

コースに出た事で、気付いた感触で修正したいのですが、

短い番手よりも長い番手の切り返しに違和感あります。

長い番手の切り返しで、特に注意する?意識した方が良い?
何かアドバイスを頂けないでしょうか。=

 

☆ ☆ ☆

 

ロフトが立っていて、クラブの長いものほど上手く打てない…

もしくは 飛ばない というケースの

物理的な状態なのですが、

長いクラブほど ヘッドの入射角度が緩くなり

振り遅れることによって 上がり軌道(煽り打ち・しゃくり打ち)

になる場合が多くなります。

 

かなり効率は悪いですが、そのような打ち方でも

脳みそ筋肉的なヘッドスピードがあればなんとかはなりますが、

そのヘッドスピードは、数字上だけの無駄もので実質的な飛距離には結ぶ付きません。

 

18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

標準的なヘッドスピードでは

煽り打ちの場合、打ち出しが高く、スピンも多いですから

手でボールを高く放り投げたような放物線になり 飛びません。

その主原因になっているのが「振り遅れ」です。

 

振り遅れ とは

インパクトをどの状態・関係で迎えているか ということで

理想的には 体(骨盤〜胸)がボールと正対している状態、

振り遅れとは それに対し ボールが右にある状態です。

上下の軌道として 煽り打ちになるだけでなく

体に対し右にあるボールを打つのには

右腕を伸ばすことが出来ず(空間が足らない)

ロフト自身も開いている可能性が高くなります。

 

体があり、ヘッドがあり、それをつなぐグリップがあって

ダウンスイング〜フォローの進行方向に対し

先に有り、グリップ、ヘッドと徐々に右にずれ 振り遅れる

というのと シャフトがしなって感じる というのは

ある意味 同意なことで、

振り遅れの原因になっているのは

自分の移動量・グリップの移動量 に対し

ヘッドの移動量、移動の道のりが長く

相対的な時間として 都合がつかない(間に合わない)からです。

それは 特にクラブの長い・シャフトの長いもので顕著に現れます。

 

推測ではありますが、

グリップよりもヘッドをたくさん動かして

ヘッドでボールを弾くようなイメージの打撃イメージからの脱却が必要かと思います。

 

まずは トップの意味合い・イメージ を造ると良いと思います。

トップオブスイングでは クラブの形状が作り出すその重さが

ダウンスイング以降、ボールを打つ為に掛かるのが理想です。

 

トップでシャフトがぐにゃりとしなる ということは

これから グリップを動かしたい方向、
動かしたいタイミングに対し

相反する重さをヘッドが作り出しています。

それでは グリップとヘッドの進行時間・方向は相容れません。

シャフトが柔らかく・ヘッドが重たいクラブでは

その重さを利用出来れば より遅れず 
より簡単にインパクトに向けて

進めるようになると思いますが、

今の状態では その効果が『より遅れ』を
創り出している可能性が否めません。

 

まずは テークバックで グリップよりもヘッドを多く動かさない

グリップの移動スピード・移動方向とヘッドの移動速度・移動方向を合わせ

シャフトをしならせないように上げることをお薦めします。

 

 ☆ ☆ ☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



1★0cpmドライバーセットから

1★★cpmドライバーセットの新悶絶クラブが到着して

先週2ラウンド そして 今週 2ラウンド消化しました。

この間 練習無し。と言うより出来なかった。

 

ドライバーは、これまでより格段に精度が上がった様に思います。先週まで 落ち際に少し右へスライドする現象は無くなりました。原因そのものが解らなかったので

 何故 その減少が無くなったのか解るはずがありません。

ただ 先週より弾道が少し高くなった様には思いますが

確信はありません。

 

cea9c3ea


そして 驚いたのは ウェッジです。

30Y が上手く打てるのです。

これまでも 脚による身体の向きの変更 で

 打つように 意識して 腕を動かさずに

打撃していたつもりだったのですが

新悶絶クラブは 全く別物です。

腕は何にも出来ない。

何かをしてはいけない。

でも ボールはしっかり浮いて 止まる。

 

FWは 五分五分で悶絶します。

空振りしそうになるほどの悶絶。

距離を欲張ると 悶絶します。

 

アイアンは しっかり 上がり 距離も出ます。

ただ 番手毎の距離が掴めておらず オーバーが多い? 

様な気がします。

曲がり ドローも しなくなっていますが

たかが4ラウンドで ドライバー程 打ってませんので

 まだまだ ですね。

 


ただ この柔らかさだと 今まで以上に曲がらず

 打ち出し方向に すっ飛んで行くんだろうなぁ〜と。

 明日 練習します。

 

001


既に 柔らかさは感じなくなっており、

人ってスグなれるんだなぁ〜 と思っています。

心地より柔らかさとでも言いますか 安心感 抜群です。

ヘッドの位置がビンビン グリップと言うより

体全体に伝わって来る様な感じです。

 


そして ライ角を意識して動いての打撃を意識する様になりました。

 


とにかく 明日 練習場に行って 久々の練習します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ゴルフを始めたばかりの人の多くは
ボールに当たるようになっても スライスに苦しみます。

その頃に ゴルフの先輩やら 自称上級者たちから
「振り遅れているから スライスするんだ」とか
「アウトサイドインに振るから スライスになるんだ」
「体が開いているから スライスするんだ」

のような 言葉を貰います。

これ…結構 呪いのように長いゴルフ人生に残るのです。

その中でも 今回は 昨日の記事の延長の
「振り遅れ」についてです。

物理的なスイング事情では
スイングでの クラブの横移動に対しては
重さの増す ヘッド部分は スイングの進行に対し
普通に遅れます。 遅れるのが正解です。
遅れていいのよ

スライス。。。ボールに右回転が入るのは
ヘッドの移動してきた道に対し フェースが開いている
右を向いているからで
遅れている から スライス も
アウトサイドイン だから スライス も
からだが開いている から スライス も
テストの回答としては ◯はあげられません。
✘に限りなく近い ▲な状態・・・。

遅れ・・・は 二つの比較できるものがあるから 遅れ で
それがグリップなのか、体の進行(体の向き)なのかはっきりしませんが、
そのどちらであっても
ヘッドの進行に対し フェースが開いていなければ右回転は入りません。

遅れていても フック(左回転)を打つコトも十分可能です。

アウトサイドイン。。。
これは単に 打ち手のエゴに過ぎないのですが、
ボールに対して構えていても、
無機質なボール自身は構えや構えの向きは当然判りません。

構えに対し アウトサイドインに振っても
ボールに対しては その方向に振ったに過ぎず
それも ヘッド軌道に対して フェースが開いている(ロフトが付いている)コト
が 右回転の入る原因で ヘッド軌道そのものとは関係がありません。

からだの開き。。。に関しては言えば
言うまでもないのですが からだが開いても どんな球も出ます。
それも単に 物理的な問題で ヘッドの軌道に対し
ロフトが開いているコト/フェースが右を向いているコト が
右回転を生み出しているのです。


技術的な面で言えば
ヘッドはその重さから 当然遅れようとするのですが、
スイングは体の向きを変える 円運動 です。
体の向きを変えて グリップを動かす
そうすると シャフトでつながった ヘッドは動こうとしますが、
ヘッドそのものの重さや運動から 遅れようとするので
遅れが無い と仮定した 円周よりも
内回り、スイングの場合は 打ち手に近いトコロを付いて来よう とします。

IMG_1015_Moment2

無理にヘッドを そのヘッドの重さがない、遅れが無い とした
外周、クラブの長さ分の外周を動かそうとすることが
真の遅れ  👉👉👉 グリップの遅れ を生んでしまうのです。

グリップが遅れず ヘッドだけが遅れ
その分内回りをし、下に下がれば
その遅れはロフトの立ちに替わりますが、
ヘッドを動かそうとして、グリップをからだの回転から遅らせてしまうと
ヘッドは開きます。 これが真の遅れです。

ヘッドという長さも含んだ重さを
無理やり人力で動かすのが正解なのか
その重さを 自然の法則に則り 利用するのが正解なのか
自分の頭で考えれば答えは遠くないと思いますが…


ここは正直、技術的な面と言うよりも
スイングはこうする という思い込みが作り出した
スイングの悪しき幻想のせい だと私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ショットする、スイングする、クラブを振る、

きっと ゴルフを始めた初期の段階で
多くの人が ボタンの掛け違いをしていると思います。

技術的な部分ではなく 頭の中で
そこの部分を把握? 理解出来ると
スムースにスイングを変えるコトが出来るようになります✋



step-1 スイングは 体を回す
体の向きを変えるコトによって ボールを打ちます。

step-2 体を回して クラブとの接点 【グリップを】
 移動させることによって 『結果』 ヘッドを移動させる。
👉傍目にヘッドで円を描かせる(描いているように見える)

step-3 基本は
 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させるコトにあるのですが、
そんなの当たり前だよ・・・と多くの人が言うと思いますが…

❶体を回すコトによって グリップを動かす のと
❷体を回すコトによって ヘッドを動かす のでは

ものすごく大きな違いがあるのです✋✋
まるで違うスイング、体の回し方になります✋✋✋


❶ヘッドはおまけで グリップを移動させるためにからだを回す のと
❷ヘッドを動かす為に 体を回す のでは
回し方は 似て非なる、まったく違うモノです。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)










✊グリップを動かしても ヘッドはシャフトでつながっていますから
 結果は ヘッドも動きますが、
 記事の中で何度も書いている通り、
 ヘッドには重さ、そして長さ、運動すれば移動速度
 があるので 随時 重さは増えていきます。
 体を回すコトによって 移動するグリップ✋
 その移動量が 基本、ヘッドの移動量の源 です。
 ですので 増える重さの分 ヘッドの移動量は
 グリップの移動量よりも少ないのです。

しかし、多くの人は
 スイングは円だから 外周にある ヘッドの方が
 グリップよりも多く動く、  たくさん動く、   長い道のりを動く を
👉グリップよりも多く動かす、たくさん動かす、長い道のりを動かす

 と信じて疑いません。

まるで 言葉遊び、トンチのような内容になっていますが、
ここの部分が スイング、ショットにとって一番の肝なのです


❶体を回すコトによって グリップを動かす
 そのグリップの移動量よりも ヘッドが重い分、重くなる分
 少なくしか動かない   のと

❷始めから ヘッドの方が多く動かす

のでは からだの回し方が全く違います。

本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)







動かすコトによって増えるヘッドの重さを無視し
無理やり ヘッドの方が多く動かす 回し方 では
その重さによって起こるズレ、遅れ
その重さを無理やり動かすコトによる特殊なからだ使い
によって 胴体をヒネらなければならなくなり(振り遅れ)
体を止める反動で ヘッドを動かす必要が出てきます。
結果、ダウンスイング〜フォローに
ボールと正対する瞬間が無いからだの回し方 になってしまいます。

その体の回し方で クラブを振らない腕使い をしても
ボールを打つコトが出来ません。

言葉で説明するのが難しいのでピンとこないかも知れませんが、
ゴルフクラブ で ヘッドの付いていないシャフト(棒)を振るのと
ヘッドという重さが付いている棒を振るのでは
同じ動作をすれば ヘッドは同じに動きません。
ヘッドが同じような動きをしているとすれば 同じ動作ではこなせません。

ヘッドの重さは 例えばドライバーでは 240g(悶絶クラブの場合)
ですが それは1ⅿの長さのシャフトと腕 で遠くにあります。
それに運動/移動が伴いますから その重さは少なくとも数キロ
場合によっては キロを超える場合もあるでしょう。。。

全く重さの先端についていない 棒 と
数キロの重さが付いている ゴルフクラブ では
繰り返しますが
同じ動作では 同じように動きませんし、
ヘッドが同じ動きは 同じ動作では作り出せません。
物理的な、自然な法則です。


✋ここのところが スイングのポイント だと思いますよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くの人はスライス。。。ではなく
ドローボール、ハイドロー(高め)の球を望んでいるでしょう。

アドレスのターゲットラインよりも
やや右目に出て 左に戻ってくる球筋 ですね。

スライスはある意味 初心者の代名詞 のようなモノで
それが ドローに替わるのが 『上手くなるコト』の証、あかし
と信じている筋があります。


7375-300x225
前日の話の延長線上、ですが
フェースターンをしている人に聞きたいのですが
こういうイメージの中で
❶❷❸のタイミングズレと弾道をどうするつもりなのでしょうか
フェースターンをしている限り、
❸のタイミングでインハクトに入ってしまえば
右目に出て、右回転のボールになってしまいます。

左回転を入れるには 12時以降、❷のホイント以降に
インハクトが来ないと ドローボール? になりません。


本来は この時計の進行、スイングの軌道の基になるのは
体の向き・・・なのですが、
とりあえず 手で振って作るとしても
❷以降のタイミングでは どうしても 体を開かざるを得ない
と思うのですが、いかがでしょう?

体を開いて フェースを返すことが ドローボールなのでしょうか

ほんのちょっとしたタイミングのズレによって
全く逆の 蕁船好薀ぅ垢硫鹽召入ってしまう場合もある
ドライバ〜ショットであれば 1/3000秒 と言う刹那の時間に
それを整えるコトが出来るのしょうか


手で振ったにしても、からだの回転で振ったにしても
これには左右だけでなく 上下の軌道も絡んできます。
12時以前のインパクトは下降状態
12時以降のインパクトは上昇状態
12時を境に 本当に全く違う球筋になるのです。

それがある一点、12時を境目…だと
シンデレラのかぼちゃの馬車の話のようです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



球筋についてのお話 です。


スライス…とは
飛んでいる球に 蕾鹽召入っており、
弾道に右曲がりが入るコトを指します。


フック…とは
飛んでいる球に 莢鹽召入っており、
弾道に左曲がりが入りコトを指します。

✋ 余談、ですが、
ゴルフで言われる 『こすり球』 とは
蕾鹽勝船好薀ぅ垢離灰箸任呂覆
使ったクラブのロフト の想定される回転より
多くの回転 が入った球、
より寝かしたロフトで打った球のコト です。
ですので スライスだけでなく、フックであっても
こすり球は発生し、双方、飛距離の出ない球になります。


2013-05-04 10-55-44.740_Moment

多くの人は この上からの映像で
インハクトは こんな感じ・・・ 時計盤を当てはめると
12時位を考えているのでは と思います。
7375-300x225


ボールの回転 というのは
ヘッドの進行、移動に対して
◌フェースが開いていると 右回転
◌フェースが閉じていると 左回転 
が入る仕組みに成っています。

一般的には ヘッドターン、フェースターンであると7375-300x225
❶11時 ❷12時 ❸1時 の時は
ヘッドの進行に対しては 順に
❶閉じている ❷スクエア ❸開いている
になってしまいますから
❶左に引っかかって 左回転
❷真っ直ぐ飛んで 左右の回転なし(もしくは微小)
❸右に飛んで 右回転 になってしまいます。

本当は どの局面 どのインハクトタイミングであっても
出だしの球の方向が変わるだけで
球筋は変わらない
ヘッドの軌道、ヘッドの進行、ヘッドの移動に対しては
フェース、ヘッドの向きは同じな筈!
です。

そうしないと ほんのちょっとしたタイミングのズレによって起こる
インハクトタイミングのズレ ❶❷❸ によって
距離もボールの高さなどの弾道も方向も
全く異なる 3種類の球になってしまいます。


そして、実は一番問題なのは
この話になっている ヘッド軌道・・・その時間進行 『は』
正しくは からだの向き によって行われる筈 なのですが、
このイメージ写真、このイメージによる インハクト
2013-05-04 10-55-44.740_Moment7375-300x225







を 手の動きや腕の返し、もしくは肩の揺さぶり だと
イメージしているコトです。

そうなると この円弧 は
手先 と からだの向き の二種類が同時進行で
違うリズムで動くことになりますから
更に 多種類の弾道、距離、方向が生まれてしまいます。


もう一度 書きますが、
この円弧の時間進行『は』 からだの向き によって起こるモノで
腕は そのクラブヘッドの移動に対し
 同じ向き、同じ姿勢のヘッドを『維持』することが仕事
つまり 腕は 全体が動いている中で 
『動かさないように動かす』のが仕事なのです。

傾斜やタイミング、コンディションによって
いとも簡単に インハクトタイミングはズレます。
 ✋ズレるモノです。
そこまで 厳密に インハクトタイミングを作るコト は不可能です。
 そのズレがあっても
似たような弾道、似たような距離、似たような方向 に打てることが
スコアを良くしたり、距離を延ばす ことでもあります。

その科学的というほど難しくない
物理的な ボールとヘッドの関係
ボールの飛び を 勘違いしているのですから
スイングやショットが上手く行く訳もないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

テークアウェイに限りませんが、
体を痛めずに回転〜体を回していくのには
 進行方向の肘
テークアウェイ時(右方向)は右ひじ
ダウン〜フォロー時(左方向)は左ひじ
 
が積極的に動いていく必要があります。
e968a0ac

体を捩じるスイングでは
あまり例外なく 進行方向の肘が止まり気味で
逆に反対のサイドの肘が多く移動するのが見られます。
体をクロスするように、縮みこませるように使うようです。
それでは 股関節は上手に使えず、
必要以上に首も含めた背骨をひねることになるので
おじさんゴルファーにはあまりお薦め出来ません。
背骨をひねらず、上半身を一つの塊として動かす方が
姿勢の維持、それに伴う両腕の長さの都合が付きやすく、
両手でグリップしなければならないゴルフクラブには
とても大切なことです。

そのためには ほかのスポーツであるように
軽く肘を外に向けておく習慣をつけた方がいいですね。
 サッカーのキーパーや野球の内野手の構え のように
両肘を絞らず、軽く外に張った状態のイメージです。

テークアウェイでは積極的に
進行方向である 右ひじのアドレス時の背後(後方)への
移動は体をスムースに、しかも大きく回せるポイントに
成り得ます。
スナップショット 1 (2013-09-23 15-34)

体が硬い、硬いから回らない と言っているゴルファーの
多くが テークアウェイ時、左ひじばかり動かし
右ひじを下に向けて絞ってしまうことが多く、
それでは腰から下の骨盤周りには運動の制約が
かかってしまいます。
結果、骨盤は正面を向き気味、上半身の上部だけ
やや右向きという 自分の胴体を雑巾のように捻る
スイングが出来上がってしまい、
背骨には横に回転するための関節は
全く存在しないわけですから、
体が硬い のは当然というか、
そうでなくては「社会生活」が営めなくなってしまいます。

テークアウェイの初期の段階から
右ひじで後方に肘鉄をくわえるようなイメージで
それを脚でサポートしてあげる感じがいいのではないでしょうか。

この段階で、テークアウェイの初期のこの動きで
スイング全体のおおまかな体の動きは決まってしまいますから
とても大事なポイントです。

よくクラブを両肘(の内側)の上 においたまま
体を回す練習がありますが、
あの状態で 右ひじを下に向けて絞ってしまうと
体の傾き等と関係なく クラブは違う角度
左側が高くなるような形になってしまう訳で
横方向だけでなく、縦方向にも体は捩じられてしまうので
おじさんゴルファーの大事な背骨や腰を
痛める可能性は低くないと言えるのでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何回も書いてきましたが
多くのアマチュア…(プロにもいますねー)
のアプローチやパターストロークに
ゴルフショットの問題点、クラブ扱いの問題点が
かなりはっきりと内包されています。

多くのアマチュアゴルファーは
ヘッドが遅れ、それを取り戻す
しならせたシャフトをしなり戻す
という ヘッドをたくさん動かす
グリップの移動量よりも圧倒的なヘッドの移動量
を軸に スイングのイメージ(概念)を構築しています。

確かに ゴルフスイングは
体の向きを変える、回る、回転する という
円を作る運動が入っていますし
それが メインの動作であるので
それによって「結果」としてヘッドの方がたくさん
動いて見える というのはあるかも知れませんが
クラブ自身を動かさず 自分が向きを変える(回転する)のと
自分がクラブを円に振る というのは全く異なる行為

ということに気づいていません。

どちらが鶏で どちらが卵 かは分かりませんが
そのイメージの元で アプローチショットや
パターストロークをすると
結果として インパクト付近で体を止め
グリップの移動を抑制して、
「ヘッドだけを走らせる」
「ヘッドがグリップを追い抜く」
というところに行きついてしまいます。

cap02まあ このアプローチにも
多くのアマチュアがしてしまう
問題点が垣間見えるのですが、
それは別の機会の話として
このアプローチでは
原則的に 
クラブ自身を動かさず
それを持つ打ち手が向きを変える
 という行為をしています。
ところが この角度からスイングを見てしまうと
遅れたヘッドが グリップを追い抜いているように
見えてしまうのですが
グリップとヘッドの相関関係は基本的に変わっていません。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)この写真であったとしても
この打ち終わった映像の
次のコマ があったとすると
体の正面から見れば ヘッドがグリップを追い抜いたように
見えますが、グリップとヘッドの相関関係は変わっておらず
むしろ ヘッドの重量分 ヘッドの移動量の方が少な目
なのも気づくかと思います。


スイングを作っていく際
スイングを変えていく際
動画や画像は貴重な資料であるのは確かです。
でも 結局のところ この手の視覚情報は
「何が見たいのか」という前提条件があって
自分の見たいようにしか見えてこないのです。

体の動きでグリップが移動し
その分しか。。。 ヘッドの重さ分 その分以下しか
ヘッドは移動しない。
それが理解できている人にとっては
「なんだ…。そんな当たり前のことを言って…。」です。
それが理解できていない人にとっては
「意味不明な異端なスイング論」になるのと
非常に似ています。

アプローチやパッティングで
グリップの移動を止め ヘッドだけを動かしてしまうと
グリップの移動を止めた時点から
ヘッドの動く方向は 主に 横(水平方向ではなく)
縦(上下)方向になります。
その動きは クラブヘッドそのものが上を向いていく
(フェースが上を向いていく)ロフトを増やす働き
とともに
必ず 自分が左サイドを上げていく動き
がセットになって行われます。
・・・・・・・ので
増えるロフト変化は倍
ヘッドの上方向(高さ変化)への移動量も倍 と
打つ距離に対する距離の元になるもの(ロフト)変化が急激で
距離感が一定し辛く
しかも ヘッドの高さ変化が激しくなるので
ミスの可能性もかなり高くなります。
特に ウエッヂのようなロフトが寝て
クラブヘッドの構造でリーディングエッヂ(歯)が出ているものは
トップのミスの可能性を急増させます。

ロフトが増え、体姿勢も左上がり
ということは ヘッドの最下点(ボトム)も右になり易く
ヘッド軌道が急激に上方向に移動するので
同時に ダフリなどのミスの可能性も急増させます。

本来は前傾姿勢はあるとは言っても
体の回転はほぼ水平(横)運動ですから
その作り出される円弧は ウエッヂの長さとは言え
もっと緩やかな縦変化、高さ変化、上下変化
になる筈です。

このアプローチやパッティングストロークでの
グリップの移動を止め ヘッドを「走らせる」 
←嫌味です
行為は そのままショットに反映されます。
ここが治らない限り ショットの矛盾の環から
抜け出すことは出来ませんし
ここの原因になるのは技術的な部分ではなく
スイングはこういうもの という思い込み・概念の部分なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体が向きを変える…一般用語でいう体の回転
それを使ってクラブを動かす というのは弊社のお客様にとって
既に周知の事実だとは思うのですが、
やはり そこのところの「誤解」「ご認識」が
実際の動作に及ぼす影響は少なくないように思えます。

体を回す とは 
肩回りを使って胴体を捩じることではなく
お尻や足などの大きな筋肉を使って
股関節から上の骨盤〜そして胴体の向きを変えること
 です。
今回はスイングを真上から撮った平面上の話で
クラブが起きたり、ヘッドが高くなったりの上下、縦の
話は一切割愛致します。

d11be403

これによって骨盤、男性であれば秀二が
正面〜右〜正面(一瞬)を経て左を向くわけです。
ゴルフクラブに限って言えば
長い棒の先に重量が付いている分
体の向きが右→左に180度反転したとしても
クラブの反転する量は90度〜120度程度
になります。
i320

この時計をご覧ください。
上の写真と合わせて
平行であっても 飛球線方向は3時から9時方向です。
アドレスでは若干真っ直ぐではありませんが
クラブは12時あたりを指している感じになります。

多くの人は当たり前のように
12時から始まって 3時〜そして12時を経て9時に
シャフトというか クラブを振るものと
なんとな〜く…おぼろげながら、そんなイメージを
思い描いていると思いますが、

そこちょっと思い直してください。

スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)



この時計に対し テークアウェイで3時
フォローで9時にゴルフクラブを振るのでは 
なく
土台である時計自体が向きを変え
時計の針に該当するクラブはターンしないのです。
i321
イメージとしては似たようなものなのですが
時計に対し針に該当する クラブが90度ターンするのと
時計自体が90度ターンするのは
動作にすると大違いです。

テークアウェイでで土台である胴体
骨盤から上の胴体が向きを変えるという事を除けば
腕周りで動かすクラブはたったこの程度なのです。
i322
それが土台である胴体が 90度(仮に)ターンするから
こうなるのであって
i323
時計がそのままで クラブが3時を向くのとは違うのです。

ここの部分 理解している人にとっては
「当たり前」過ぎて馬鹿らしくなってしまうでしょうが、
とても大切なポイントなのです。
 

体というターンテーブルが向きを変えるのが回転です。
クラブを扱う自分は そのターンテーブルの上で
円に移動することを踏まえたうえで
その進行方向に…実際には立体になるのですが
その進行方向にスライドさせて
ヘッドの重さを考慮に入れスライドさせて動かすに過ぎません。
結果 スイングは円に見えるからと言って
自分自身がクラブを円に振ってしまえば
クラブの構造上、その長さと先端について重さが
自分の考えている動作を決してやらせてはくれず
思い描いているのとは全く違う動作に行きついてしまいます。


基本は自分の胸にクラブを平行に移動させてあげる。
意識的にヘッドよりもグリップを方を多く、
 ヘッドは重さがある分動きたがっていないことを考慮に入れ
グリップを方を多く動かす逆扇型のイメージで
平行に移動させてあげる ようにすると良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ショットでは
パッティングストロークであっても、スイングであっても
『真っ直ぐ引く』と言う言葉が使われたり…します。


しかし、よく考えてみると
体で!あっても、例え手で、あっても
テークバックは右を向きます。
(手の場合は、疑似的なマネではありますが…)

右を向くというコトは
 ボールから離れていく訳ですから、
アドレス時を基準に、
 飛球線に平行に真っ直ぐ引かれることはありません。

右を向いていこうとしているのに
グリップやヘッドが 飛球線に平行に真っ直ぐ引かれる
ということは 体から離れているだけ です。

IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)











^譴通椶凌燭団召旭く とは
 スイング軌道という まん丸ではないですが
 曲線に沿って ヘッドやグリップが動く
 道なりに という意味です。


「家まで 寄り道しないで 真っ直ぐ帰ってね」
 と同じ意味ですね。
真っ直ぐって 直線で帰りなさい という意味ではないですね。

🌹パッティングストロークにおいても
スイング破壊行為である ショルダーストロークにおいては
何とも言えないのですけれど
刷毛塗でやる場合 であっても
肘が曲がる ということは 腕が短くなる というコトです。
これはショットにおいても同じですが、
肘が曲がる〜腕が短くなる のに グリップやヘッドが
grip  posi
体から離れるのはおかしいですよね。
短くなる分近づくのが自然です。

✋スイングの良し悪しに関わらず
アウトサイドインを避けたい方は
少なくとも
 真っ直ぐ(直線)でヘッドを引かないようご注意を。 
その行為がそのものが 「アウト」を生んでいます。


二つ目の真っ直ぐは
ヘッドの移動する軌道に対し
ヘッドの姿勢は常時 スクエアな状態 というコトです。


まあ この´△魯僖奪ですので、
手で上げる人は いったん外にヘッドを出して
ロフトを開き始める、ヘッドを回転させます。

あまり 考えられていませんから
スイング軌道には 弧の大きさの変化も伴います。
グリップ、ヘッドを体から離し
右ひじが曲がって〜腕が短くなっているのに
軌道が大きくなる・・・ 
2010111116444243889そして、突然、ヘッドが回転して 弧が小さくなる、
という 体の自然な動きに反した 弧の大きさの変化 まで伴うので
なかなか規則性が作れません。
右を向かずに 真っ直ぐ引いて
インに入れていると信じている行為が ロフトを開いている

よほどの練習量、頻度で無いと
これを規則的にするのはとても難しいですから・・・

正統派の「真っ直ぐ引く」をトライしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブは変わりません。
特にグラファイトシャフトが装着されている限り
劣化するのは、グリップの粘着剤か、
ヘッドを止めている接着材位で
まともな材料であれば、10年、15年は持ちます。

シャフトが使いこなされた状態だと
それ以上、硬くなることも、柔らかくなることもありません。
ちなみにスチールシャフトは劣化します。
使う量/頻度にかかわらず7年と考えられています。
487360_167526473397978_1043654355_n

しかし、残念ですが
人間は日々劣化していきます。
ゴルフに熱中している時はいいですが、
ある程度の技量や年数が経つと 何かの要因で
数か月、ゴルフクラブを握らない なんてことも
発生します。
久しぶりにゴルフクラブを握ると
まるで以前の感じと違う、別なものに感じるような
そんなこともあるか と思います。

そう・・・クラブは硬くなったりしませんが
自分の方がいろいろと劣化するので
結果、クラブが硬くなっていくのと同じなのです。

以前よりボールが捕まらない。
以前よりもインパクトが硬い...痛い...。
ボールを中(右)に置きたくなる…。などなど
ここら辺が発生し始めたら
 もう そのゴルフクラブの賞味期限は来ています。

自分にとって、硬いシャフトを使い続けることの代償は
あとあと かなり響いてきます。
依然と同じようにしならせようとしてしまったり
無理やり ためを作ろうとしたり
無意識のスイング改造をしているのと同じです。
しかも それはスイング改良でなく、
必ず改悪になります。

クロムメッキ

ゴルフクラブは現場で使うのに
一本一本交互交互に打つ訳で
同じクラブを続けて、3球打つことは稀
ほとんどないと言えます。

ドライバーショットが不調になった原因は
実はその前後に打つアイアンが自分にとって
硬すぎるクラブになってしまった可能性は
実は少なくないのです。

まあ 私の経験則ですが
シャフトの性能、例えばキックポイントなんちゃら
その手のカタログ値やうたいもんくよりも
シャフト選別の命は「硬さ」です。
『柔らかさ』さえ合っていれば
 シャフト性能は問わない とまで言えるほどです。

そして その硬さ…正確には「柔らかさ」は
柔らかい分には問題ありません。
   『硬い』 方に問題があるのです。

体の故障もかなりここに関係があると思います。

シャフトを意図的にしならせ使おうが
そうでなかろうが、柔らかい動くシャフトは
硬いシャフトに比べ、クラブそのもの
そして人間そのものを動かす慣性力が強くなります。
慣性力の強いクラブの方が
インパクト時の打撃の加圧に減速がかからなくなります。
人間が最大の最高のスピードに上げようとしている
インパクト付近での減速、これが体に故障を生む
大きな原因になります。

一つのクラブを長く、大切に使うことは
悪いことではありません。
正直、頻繁にクラブを変えるよりもずっといいでしょう。
しかし、それにも使用期限と言うか
有効期限がある という事も知っておいてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場でボールを打ちながら
スイングを作っている人にとって
動画や映像などの「トップの位置」
その格好、姿、形は参考になる…のでしょう。

video_Moment(4)mz-slow_Moment田中どら_MomentIMG700















始めから「どうするか」の目的がある場合は除き、
忘れてはいけないのは スイングは連続する動作です。
トップは ショットするための準備行為で
ダウンスイングは助走路みたいなもので
二つは当然つながった動作です。

と、同時に ご自分でスイングの動画を撮影し、見てみると
自分の思い描いている動作とかなり大きく異なる場合が
とても多いと思います。

✋それは 何度も書いていますが、
スイング動作で造られる クラブや自分の重さ
それを考慮して、人間のコンピューターが働き
補正が大きくかかっているからです。
ボールも自分の セットアップを基本に
その位置関係は固定されていますので
その制約の中で、予想外の重さが掛かれば
その重さを相殺したり、使ったりすることが
自分のオリジナルのイメージ動作に組み込まれていきます。


IMG704IMG705








それを踏まえた上で、
トップの位置は 恰好や姿、型を優先させるのではなく
クラブの重さが 次の動作…ダウンスイング、インパクト進入に
どのように働いているのか
自分の「次に」行きたい、行かせたい 場所 と
クラブの重さはどういう関係なのか というコトを考えてみましょう。

PCC例えば トップのクラブ位置が
このような状態であれば
次の動作を始める時
左腕には 上がり目の重さ がかかり
右半身全体には下がり目の重さ がかかります。

双方を組み合わせれば
早い段階で 右サイドとボール、地面との間隔は
狭くなってしまいますから、左サイドを跳ね上げながら
ボールを打たないと 地面を打つコトになってしまいます。

クラブというのは重さ ですので
その重さ をどう動かすかと その重さにどう動かされるのか
は表裏一体の関係です。 それがスイングです。

長さというモノがある ゴルフクラブという形状と
重心がズレているゴルフクラブヘッドという形状
この二つを 次の動作にどう利用すればいいのか
その形状がどんな姿勢をし、どこにあるのか
によって 自分の次の動作に与える影響は異なります。

出来るだけクラブの行きたがるところ を
自分の行かせたいところ と近づけた方が
チカラ で解決しないで済みます。
・・・・・・意図的にチカラで解決したい人は別です。 どうぞ、ご自由に。

それを無視して 自分の動きの型 ばかりをおいかけても
実際のスイング、実際のスイングには反映されません。
それは 素振り、シャドースイングでも十分養える部分です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ご自分がどう打ちたいか、どんな球を打ちたいか
によりますが、クラブを設計、開発、製作する側の意図する
『基本的な、普遍的な クラブの使い方 』
  を知っていて損は無いと思います。
これは 50年以上前から すべてのメーカー、全ての機種で
この考え方が基本中の基本となっています。
勿論、今もそれは変わりません。


✋アイアンで説明しましょう。

IMG_0524

個人差はあると思いますが、
(もう少し グリップファースト気味…なのかな?)
だいたい このような形で構える(アドレス)と思います。


ドライバーやパターも含め、各番手には ロフト角度 がありますが、
そのロフト角度は 打ち出しの角度とボールの回転を作り出します。

静止している時は シャフトに対するフェースの後方への傾きを
ロフト角度(製品)と呼びますが、
そのシャフトは
 理想的には 入射角度分、前に傾いており
(グリップファーストの形)
稼働中、ボールに及ぼす角度は
その傾き具合によって異なってきます。


クラブにはそれぞれの長さがあり、93443
前傾姿勢やからだの回転がありますから
ヘッドは地面と平行に
 ボールに真横から入ってくることはありません。
            こうは入ってこない訳です 👉👉👉


ボールに影響を与える、打ち出しの角度や回転などを
及ぼされる角度は ヘッドの進入対する 後方への傾き(角度)です。

ヘッドがそのクラブの長さなり、前傾姿勢なりに
上から入ってくる分 
✋地面に対しては ロフトの立った形 になりますが、
それが 設計者、開発者、製作者の意図する
そのクラブのロフト角度の機能です。

93443e9793443e97







左を  ̄Δ鬮◆,箸垢襪

,和任曾个軍囘戮歪磴 回転は多め  です
△和任曾个軍囘戮蝋發 回転は少な目 です

ボールの実質速度は 打ち出しの低いモノの方が
同じ速度であっても 多く水平移動しますので
全体の傾いた ,諒が速くなります。

,鉢△魯ラブとして 機能的に
ロフトに応じたクラブの長さとして 作られています。
ロフトの少ないモノは クラブを長くし、入射を緩くさせ
打ち出しを取り、不要なスピンを増やさない と言ったコト です。



✊✊✊設計者、開発者、製作者が一番望まないIMG_0524
そのクラブの ロフト機能、シャフトの長さの機能が使われない
使い方は ヘッドが上から入ってきているのに
ロフトがオリジナルのアドレス状態のまま
 です。

この使い方(キャスティング)をすると
打ち出し角度も多く、スピンも多い という
ボール速度も上がらない、距離も出ない使い方 になります。
元々 立ったロフトのクラブはまだマシですが、
大きなロフトのクラブになってくると
抜けた球になり易く、がっくりと距離が落ち、ボールも上がらなくなったりします。
また、上から入ってくる分 ロフトが傾く(立つ)コトを前提に
バンス角度やソールの幅など設定されていますので
その機能も使えなくなってしまいます。


93443e97IMG_0524








二つを比較すると 分かり易い かもしれませんが、
ヘッドの進行(進入)、入射角度に対する フェースの後方への傾き(ロフト)が
かなり大きく異なります。

ハンドファーストを推奨、促してはいませんが、
クラブのオリジナルなインパクト角度は
シャフトが前に傾いた分 イコール 上から入ってくるというコト です。

ウエッヂだけでなく クラブ全般として
 ソールの幅やバンス角度などは
この使い方を基準にして設定されています。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

遠心力は その言葉の通り チカラ。。。つまり重さです。

その重さをどう利用するか、味方に出来るのか
敵にしてしまうのか によって 大きく変わってきます。


遠心力は 腕の重さも含まれますが、主に
(クラブヘッドの重さ) × (長さ/遠さ) × (移動速度) です。

これが主に腕を介し、肩部分にかかり、体の姿勢、
次のからだの姿勢にかかります。
そのクラブの長さも 肩からヘッドまでの距離と考えると良いでしょう。

飛ばそうとすれば 当然重さは増えますが、
(✋チカラには方向、ベクトルが付いて回ります)
問題なのは その重さ=遠心力が どの方向にかかるのか
というコトです。


遠くに飛ばすために ロフトを司る
インパクト時のからだの姿勢、左右の高さ は重要ですが、
それを高速運動の中で、意識的に調整するのはとても困難です。

ですので その遠心力を使って
必然的に 望ましい姿勢になるように仕向けてあげる、
遠心力に逆らって スイングする、
遠心力を消すために抵抗する よりも
遠心力に任せて 回転する速度を増す とは言えなくても
回転する速度の邪魔になるような 方向に掛けないように考えます。

インパクト時、インパクトに向けて
左太ももの前辺りに グリップが行くことで
◌姿勢を保つために 曲がっていた右腕が伸びる
◌左右の腕の長さが合っている ような状態が望ましいでしょう。

✋遠心力は かかり始めると 支点、この場合は肩ですが
そこから外に離れる力(チカラ/重さ)として掛かるのですから
遠心力が掛かることによって 腕が伸ばされ
更に 前傾姿勢が保たれるような かかり方、かかる方向
というのが自然な形で一番望ましいと言えます。


腕を伸ばすにしても 前ナラエのように 横に伸ばせば
その重さは長さ分、増します。
筋トレで ✊✋するにしても 前ナラエ でするのと
腕をだらんとしたところで ✊✋するのとでは使うチカラの量が違います。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)









スイングには前傾姿勢があるので
肩からだらんとしたところに手があれば
腕は伸びていますが、腕の長さの重さは増えません。
ところが フトコロから外れ スイングで言うと ボールの方に伸びれば
長さが表れてきて、重さが増すので、
その重さ分、体は反対の方向に 力を相殺する為 反射します。
前傾姿勢が消えやすくなるので、それはより増して行きます。


✊遠心力の基はからだの回転。
どの方向に遠心力をかけるのか
遠心力が掛かった時、グリップをどこへ行かせたいのか


S20180921_MomentS20180921_Moment(2)S20180921_Moment(3)





スイングの大きな動作、体の向きをフットワークによって変えるコトは
スイングの最も大きな動作ですが、
それを行うと モノを持たされた腕は意識的な動作がし難くなります。
逆を言えば、腕の意識的な動作をするには 体の大きな動きは
止めざるを得ません。
体を回したとき、遠心力をどの方向にかけるのか
遠心力がかかり、グリップが肩から離れようとするのをどの方向にするのか
腕を伸ばす というこういは 腕を伸ばさない という拒まない というだけで
回転によるからだの動きに任せて良いかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


言葉、言語化というのは
とても便利な反面、とても怖い面も持っています。

もう完全に定着してしまっていますが
「ドライバーの反発係数」
違反やら適合やら いろいろありますが、
この言葉、この単語のお陰で
ドライバーだけでなく、ショットというのは
「弾いて打つモノ」
「弾くと飛ぶ」みたいなイメージが普及されてしまいました。


実際の、ドライバーの反発係数は
その言葉と真反対の意味で始まっています。

知られていませんが、
反発係数の最も高い ドライバーヘッドの素材は パーシモン
・・・ウッド(木材)です。  なんと その数値は0.9以上 です。
過去には 圧縮された紙で出来たヘッドもあったりしたのですが・・・。

それに比べると メタル素材の反発係数 0.8台 はとても低いのです。

科学的な側面で言うと
ボールはある一定以上 潰れてしまうと
その復元に 打撃で使われたエネルギーの 1/3以上を消費してしまいます。
ですので 反発係数の数値は
ボールのその歪みに近くすればするほど 高くなります。
つまり 打撃するモノ、この場合はヘッドですね、
ヘッドがボールに近いほど柔らかければ柔らかいほど
ボールの潰れ過ぎず ロスが減り、その分ボールスピードが上がるのです。

video_Slomo_Moment


摩耗等を無視すると
ボールでボールを打つのが一番良いのかも知れませんが、
パーシモンの時に起こった問題、
パーシモンは メタルよりも 歪み率、強度というか剛性が低いので
ボールがつぶれにくく、スピンが入り難くなります。
故に パーシモンは当時 アマチュアの使うロフトは
11〜13度だったのです。

パーシモンの10度のなんて 化け物が使う代物で
マスターズ初参戦の
グレッグノーマンが 9度を使っていて 驚かれました。


 余談ですが、メタルに推移する時期
 まだ科学的に その部分が判明出来ておらず、
 単にヘッドの素材を ウッドからメタルの中空に変えただけでした。
 故に 強度の高い、反発係数の『低い』メタルは
 ボールが潰れ過ぎてしまい 飛距離が出ず、スピンと高さが増すばかり。
 その為 メタル系のウッドは ロフトが落とされたのです。
 また スピンの入り難いパーシモンは パワーの無い人にとって
 わざとスピンをかけるような こすり打ちが必要でした。
 ところが メタルはスピンも入り易く、また初期のメタルは
 パーシモンよりも小振りで 重心距離もないため
 スピンをかけるような打ち方では より一層飛びません。
 時代の変化とともに 徐々に重心距離も長くなっていきましたが
 この過渡期 プロも含め スイング創りには多くの人が苦労していますね。

 現在は 逆に科学に取りつかれた状態で
 一部のパワーのある人には良いですが、
 反発係数の数値が高くなり過ぎて(規定値内であっても)
 スピンが入り辛いメタルウッドばかりで
 スピンを入れて打たないと ボールが上がらない
 もしくは浮力が維持できない状態なのです。

 最新の科学よりも ユーザーの動向は
 何年かのギャップ、遅れ、ズレがあるのですから
 そこを考慮しないと
 パワーの無い人が楽しめない遊びにまい進してしまいます。



現在のチタンヘッドは 極力ヘッドの剛性を下げ
インパクト時 ヘッドを大きく歪ませ ボールを潰さない様な構造に
なっています。
弾いて飛ばしているのではなく
弾かないようにして飛ばしているのです。

ルールによって その度合いは制限されていますが、
反発係数の適法 0.83 という数値を超えるモノは
より ヘッドが歪んで ボールがつぶれ過ぎないから
エネルギーロスが少なく、ボールの初速が上がるのです。


反発係数と言う言葉のお陰で
ドライバーは弾いて飛ばすモノ というイメージが
完全に定着してしまっています。
本来 ボールは別なゴルフ用語にありますが、
「つかまえて飛ばす」モノなのです。

ロフトの一番立った ドライバーは 初速が速く
一見すると弾いているように感じますが
つかまえて 飛ばす には変わりありません。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)











弾いて飛ばす は 別な言葉では「こすって飛ばす」です。

そう言う意味で 世界中が「こすり打ち」に席巻されてしまっていますね。
残念ですが・・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主殿


打者は 10悶絶を初めて打っています。
注)ドライバーで言うと振動数150cpm〜44インチ
  アイアンで言うと 5番170cpm前後

スイング破壊兵器シャフトが装着された
アイアン を 振っていて 7鉄 100y のトップ&ダフリ でした。

10悶絶を 打者へ譲り(強制的に😵) この日初めて 練習一緒した次第です。

最初は 振っていたので目も当てられない状況でしたので、見かねて

ラブレターフロム長崎

「赤丸の 仮想ボールをフェースで地面に押さえ込みむべし。
また 秀ニ は右向き。ボールは見ない。止まっているボールなんて見る必要なし」
と助言し、7鉄で50球ほど 打ったのが 添付動画です。


その後 9W 、Dr 問題ありませんでした。

割り切り 必要です。



店主:
ちょっと説明難しいのですが、
アドレス時 ボールは上下ではなく、左右と言う意味で
自分の菎世發癲銑茲劼供茱ン◌マの前にあります。

ビデオフロム長崎1_Moment

トップの位置で右を向いた時、
スイングには傾きがあるので ある程度の高さで
やはり 茱ン◌マの前にあると想定します。
(荼坿慇瓩料亜,任垢諭

実際のボール…ではなく
右を向いた時の 
仮想のそのボールを
「フェース面で!」
「地面に向かって!」 打つ

イメージで 実際のボールを打ちます。

体の向きの変更がありますから
そのイメージで 普通にボールは打てます。


逆に考えると 右を向いた時の実際のボールを打つ
その感じは 左を向いて上にボールを打つ
というコトに成り得ます。  やってみてね(。◕ˇдˇ​◕。)/


✋ボールを上から打つ とか
 ボールを潰す
 ロフトを立てる というのは
基本、からだの回転が造る時間進行の中で
左サイドが低い時間に打つ というコトと
『ヘッドが』上からではなく
打撃面である『フェース』が上からボールを見て
入ってくるというコトの合体です。

スイングはどんどん時間進行して
体の向きが変わることによって
左右の向きだけでなく 上下の向きもかわっていきます。

打とう!と思う トップの位置で
フェースでボールを地面に押し付けるイメージで
実際には ボールを横から打つコトになりますから
正面を向いてカラ、体の回転を止めて(無理)
ボールを横から打つと 結果 上に向かって打つ時間に
インパクトは入ってしまいます。
その時間差、タイムラグを把握して貰えると良いですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



mhからだをどこと定義するか なのかも知れませんが、
へそ辺りを分かれ目に胴体を捻る となると
インパクト時、
肩を無理やりボールに向けて、腰は開く という
非常に奇妙な、痛そうな姿勢でボールを打つコトになります。
腰痛の心配な方は避けた方がいいですね。

腰痛の心配のない からだの回転とは
足 フットワークです。
足を使って 骨盤から上の胴体の向きを変える行為 です。
これは 背中の筋肉を使って 体を捻りませんから
腕の使い方に制限が掛かりません。

注)腕の使い方に制限がかかる とは
 右を向いた「フリ」をしている時、
hijinuke1 (1)
 右腕を縮めて使わねばならず
 逆に、左腕は伸ばして使わなければなりません。

 よく言われる トップで 右ひじが下を向いている
 蕕嶺の下が締まっている状態は
 単に 手で上げていることを正当化するための
 すり替え理論と言って良いでしょうね

良くも悪くも スイングの動きは
インパクトを分かれ目に 左右似た動きになるので
フォロー、フィニッシュ側で 奇妙な左腕の縮みは
テークバック時の右腕の縮みと比例すると言えます。



胴体を捻る行為は 同時に 両腕の長さに制約をかけますので
腰や首にとても負担があります。
よほどのマッチョな人か、痛みに鈍感な人でないと
ちょっとしんどいでしょうね。


後学のために 胴体を捻ってスイングしてみると
右を向く「フリ」と左を向く「フリ」
・・・胴体を捻るスイングにとっての からだの回転と
体重移動が別なモノ
になってしまいます。

他人に何か言われるコトを無視し、
ボールが当たるのであれば
スイングに体重移動は要らなそうです・・・。
体重移動は 他人にスイングらしく見せるために、
やっているようにも思えてきます。


M20191011suburi_Moment(5)


足を使って 骨盤から上の胴体の向きを変える動きには
胴体の重さが向きによって かかる足が変わります。
向きと体重移動は一つの動き になります。

骨盤を動かそうとする時に 注意が必要なのは
俗に言う 自分の意志で 腰、お尻を積極的に動かそうとしないコト です。
向きを変える動きを邪魔するのは拙いので
その加減は言葉では説明し難いですが、
腰を動かして 向きを変えるのではなく
お尻の筋肉も含めますが、ひざや太ももを使って
股関節を移動させると 反対側の股関節が逃げる
これが 「向きの変更」 です。
自分の意志で 積極的に 「腰」を回してしまう行為は
胴体そのものを捻る動きになり易く 注意が必要です。

ゴルフスイングで指す
上半身と下半身の境目は 股関節 になります。
へそではありません。

ですので 通常では奇妙ですが ゴルフスイングにおいての
秀二は上半身に属する というコトになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一般的には キャスティングは
左手首を基準に

アドレス時にある 左前腕とシャフトの角度を
最低でも維持し、腕とシャフトが一直線にならないように…

というニュアンスが一番近いと思います。




クラブが上がる時も同じですが、下がる時、
ゴルフクラブは シャフトと言う長さの先にヘッド、
重さが付いているので
ヘッドを上げる時も、下げる時も
一度 やり始める(例えばコッキング)と 
 その動きを止めることが難しい構造です。


例えば5番アイアンは
 一般的な市販のクラブで 240g
 弊社の悶絶クラブで  320g


それに腕の長さやシャフトの長さが加わります。
重さに対しては それは 掛け算 になります。
 どの場面か によっても異なりますが
 だいたい 1mとしましょう。  ×100cm

運動、移動が加わると それは 移動速度の2乗倍
 になりますので、速度にもよりますが ×30ms2

上げる時も速い人はいますが (理由はわかりませんが…)
当然、ダウンスイングに当たる 下がる時は 速度は増します。

IMG_1015_Moment2


気持ちは分かりますが、ヘッドの重さ、
移動させている時の実質の重さが重いと
動かしている充実感があり、速く振っている気になりがちですが、
体の正面よりも グリップが蕕縫坤譴譴
それは ロフトの増えになってしまうため
単に スピンや高さが増えるだけになります。
充実感の為にスイングしたい人は別として
体を痛めず、楽して飛ばしたい人は
  少々 頭を使う方がベターでしょう。


人によって異なりますし、厳密な必要はありませんが、
必要最低限、のトップの位置は
自分のからだとシャフトが平行になる位、地面に垂直になる位です。

体とシャフトが平行・・・ は
ちょっとイメージが付きにくいかもしれませんが、
例えば その関係が 平行に近い 薄めのV字 の関係
がトップだとすると、ボールを打ち終えるまで
その V字の角度を解いてはイケマセン。
その関係、角度は維持するつもりでいて下さい。

放っておいても クラブの構造上、解けます。
維持しようと思っても ある程度は解けます。

意志を持って その角度を 解いてしまうことを
「キャスティング」と言います。

前述しましたが、ゴルフクラブの構造上、
意志を持って 自分から その角度を解いてしまうと
それを途中で止めることは 不可能 です。

自分では クラブ、もしくはヘッドを下に振る と思っている行為は
単に ヘッドの通り道を大回り、遠回りさせ
インパクトロフトを増やし、入射を緩くする
苦労の割には距離にならない 「代表的なアマチュアのダウンスイング」です。


トップで出来た からだとシャフトの V字
これを解かないと ボールに届かない?
本当にそうですか?
キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(4)

グリップの位置は下がるでしょう。
その分 ヘッドの位置も下がります。
右を向いたから ヘッドが高くなったのです、
その右向きは解かれます。 元に戻ります。
上げるよりも 下げる方が 重力が助力されますから
少ない労力で同じ場所に戻れるはずですし
短い時間で済む筈・・・なのですが・・・・・・・・おかしいですね。

届かないのは 届かない からだの姿勢、体の周り方を
作っているから? ではありませんか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ