◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2019年11月

5

長崎支部長の許可を頂きましたので
ハミングバード主催の ゴルフ(ラウンド?)もしくは、
練習所での触れ合い(変な触れ合いではありませんよ)を
長崎近辺にて開催しようと思っています。

長崎がどの位寒いのか、が分かりませんが
年明け〜春までの間。。。寒くても早い方がよいのかしら ・・・
Kazuちゃんには のちほど 支部長の連絡先を伝えます。
噂の 秀二の保護者にも会えると思いますよ(会いたくないか…)



・・・それはさておき
 Kazuちゃん 早速、秀二の右向きトライをしてくれました。
 ナイストライ…ではありますが、
 練習場であまり 秀二の意識が強いのは・・・
 まずい?かも…😵  誰か…寄って来ちゃうかもですよ。  ふふふふ


右向きでの注意点は二点 です。

_鹽召蓮´菷梢箸皚虍梢箸盂気容韻故漫^榮阿靴泙后
 
 「左肩を入れろ」と言う言葉がありますが、
 どちらかというと
 右サイド 藐、蘿愧罎ら蕕尻〜藺世發發泙
 後方に動かすコトによって、つながっている左サイドも
 仕方なく動く という動きがベターです。
20191128 kazu migi-try_Moment

 そこで・・・
 体重が左に乗る逆ピボットは避けたいですが、
 左に軸 左肩を首の間、肩を揉んでもらうトコロ辺りを軸として
 そこにヒンジのあるドア のように 右サイドを動かす
 真ん中に軸がある感覚は掴み辛いので
 左を軸にして右を動かす「ような」感じを掴んでおいた方が良いです。

 静止画を見ても 蕕琉榮偉未足らず
 右腕の長さを持て余しているように見えます。
 
 また 蕕里尻 をもう少し後ろに動かさないと
 まだまだ上半身が捩じられて 前に(ボール側)倒れ気味になり
 それを支えるため、骨盤が起きてしまっています。

20191006_Moment(3)


顔や目線も動かしてみよう

 こちらは実践されていますね。
 最終的に、スイングとしてどうするか は別として
 テークバック トップの位置 というのは
 アドレスよりも ボールから後方に離れます。

 ボールを直視「し過ぎる」と
 目とボールを一定の距離の保とうとする本能のような
 動きが発生してしまいますので
 習慣…として テークバックというのはボールから離れていくモノ
 と身に付けるのは大切なコト です。






これも重要です!

右向き・・・とは別な話 かもですが、
現在の状態で ヘッドがボールに届いていない
上手く当たらない は 練習が辛くなっちゃう かも知れませんし、
ここでの経験が実はあとあと スイングを作ってしまう可能性があります。

また 長年やっているオジサンたちも この部分を
勘違いして ゴルフを育ててしまっています。

このスイングの「始めの一歩」を間違うと
ん十年スイングに悩むことになります。


20191128 kazu migi-try_Moment(2)



いま ボールに届いていないのは


ヘッドがボールを打つための高さ(低さ)になっていない のではなく

グリップが ボールを打つための所定の高さ(低さ)になっていない 
のです!

上手く当たらない からと
ヘッドでボールの当たり を探りに行ってはダメです。

ヘッドでボールを探りに行く行為は
両手の手さばきになってしまいます。
両手の手さばきでの ヘッドの動きは常時、体とは反対の関係、
ヘッドを下げようとすれば、体は浮き
ヘッドを出そうとすれば からだは引きます。

ゆっくり打つのはストレスが溜まる かも知れませんが、
からだを使って グリップを動かす
からだにグリップを動かさせる(移動させる)
ボールに当たるための グリップの通過点を探る動き から
ショットは覚えていかないと その「勘違い」は一生ついて回ります。

 次の記事で実際にそれをお見せしますね(また明日)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




昨日の記事で 右向き〜体の向き、回転について 書きましたが、
その補足、まとめ です。

からだの向き、からだの回転は
ボールの飛びや方向を決める とても大きな要素 です。

そして それを言葉では 「向き」
からだとボールの関係や飛ばす方向との関係 という意味で
「向き」と簡単に言っていますが、
飛距離や方向、弾道の高さを決めるのは
からだの向き(方向) ソノモノよりも
両方の肩の高さ関係 が大きいですね。

ですので インパクトで
ボールと正対する、ボールを正面でとらえる という
からだの向きの意識よりも
インパクトは 両方の肩の高さが揃っている、似ている
という意識の方が 大切かもしれません。
(姿勢も含め インパクトで我慢して体を止める はダメです。
 通過ポイントとして その時期にインパクトがある
 という 常時、移動している、運動している感覚
 そのある通過点にインパクトがある と思ってください)


その高さ関係を作るための準備、テークバック、トップ
と思って良いと思います。

また 正しい良質のからだの回転は
腕の長さにズレを生まない姿勢 形 がベターです。
どちらかの腕が からだの姿勢、向きのせいで
長く使わなければいけない とか、短く使わなければいけない
は出来るだけ避けたいモノです。

恰好 として 右を向く、正面を向く、左を向く ではなく
ボールをより効率よく、そして安定してとらえるためには
腕の長さにズレを生まない向き替えにしたいです。



 


本日のテーマは
上のビデオで気になる点、
また 多くの人がやってしまう代表的 なミス というか
おそらく 自身はそれをミス(間違い)とは思わない でしょう。
そして 90%超える殆どのゴルファーは
こうやって打っています。

分かり易いので 別な方の映像を利用します。
映像には❷スイングありますので 前半は飛ばしてください。
後半、ダウンスイングのある部分から より再生が遅くなるかと
思いますが、そこの部分です。



✋そして その部分が この方だけでなく
 Kazuちゃんも、世界中の殆どゴルファーのしてしまう コトです。
 して「しまう」というとつい、うっかり とか 無意識で
 というニュアンスが該当しますが、
 この動き、この打撃、このボールさばきは意図的、
 スイングを練習する過去の「どこかの時点」
 この 誤ったクラブさばき、ボールさばきは意識的に作られています。

 そして これはスイングを改善する際、一番の障壁、障害に成り得ます。

 困ったコトに この障害になるボールさばきは
 行う人にとっては スイングの肝心要(かなめ)だというコト です。

 一般的には ここら辺のコトを「リリース」と呼びますが、
 正式には この動きを「キャスティング」と言います。

何回か 繰り返し見て頂かないと 分からないかもしれません。
この被験者になって頂いた方は この部分さえなければ
教科書に載せられるほど 良い状態です。
その部分だけを「わざと」やって頂いた、とお考え下さい。

リリース について (2)_Slomo_Momentダウンスイングの丁度ここら辺が境 です。
ここまでの動きはとても良いと思います。
まあ しかし それ以降の動きをする為の
動作が織り込まれているのは気になります。

当たり前 ですが、
スイングは からだの回転(圧倒的な主)と
それを補足するために腕を使って
グリップを動かすコトで ヘッドを動かし
ボールを打ちます。


ですので この辺りまでは
教科書通り、順当に動いていますが、
ここを境に 動かし方が急に変わります。

そのまま からだの回転で グリップを移動させてボールを打てば良いだけ
なのに、突然、グリップの移動を辞め、右手の伸ばし、腕のリリースで
左グリップを支点に シャフト、ヘッドを振り始めます。

フェースさえ やや下向きにして
からだの回転でグリップを動かせば ボールが打てるのに
からだの回転の円とは関係のない、 クラブの長さ軸の小さな弧
を描いてしまいますから 、その分 どんとロフトは増えますし
二重の弧 になりますから 入射角度も緩くなってしまいます。
キャスティング・・・ロフトを急に増やす動きです。
 ゴルフショットの中には どうしても 打ち出し角度を高く取り
 スピンを多くして より高さが必要な場面・・・ロブショット のような
 ショットがありますから、これはゴルフショットではない!とは
 言えないのですが、ここまで ある距離を打とうとしていた行為が
 すべて水の泡 になってしまう動きです。


ゴルフスイング 本来の
グリップをからだの回転で動かして打つショットに比べると
ボールを打つまでの弧が大きく〜クラブが長く、入射が緩くなります。
ですので この打ち方をし始めた当初は
その分、左肩が上がる、体が開くので トップやダフリのミスが頻繁に出ます。
その調整度合い、体の止め具合をきっちり練習で掴む必要があるでしょうね…。
まあ ミスの上塗り になるんですが…。


前回登場の Rさんも全く同じ ボールさばきをしています。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)










このボールさばきの一番の罪 は
ここの部分をするには グリップを止める、からだの回転を止めます ので
ボールを打つ 一番肝心なところで からだの回転を使いません。
インパクトのところを抽出した「ショット」の肝心要な部分に
からだの回転を必要としない、
逆にからだの回転が邪魔なものになってしまうコトです。


ですので kazuちゃん
上手く行かなくてもいいですから
ここから クラブをリリースせず、
イメージしている ヘッドの通り道、軌道を
グリップをからだの回転で動かすコトで造ってみて下さい。

フォローでも どこまでも。。。 ヘッドをどう生かせるか
どこへ行かせるか、どの位ヘッドを振るか は自由ですが、
それを グリップを止めて ヘッド、シャフトを動かすのではなく
グリップを動かすコトで造ってみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 

弊社のお客様で
お店より 数百キロ離れたところからの映像です。

ご来店歴はなく、通信講座状態の kazuちゃん です。

勿論、ご本人にも了解を経て、モザイク付きのスイング解説になります。

   (無関係ですが、モザイクという響きが ちょっと◎◎な昭和な店主です…。)



型を意識された というコトですが、
とても典型的な例ですので 参考にさせて頂きます。

以前は 今どきのごくごく普通なスイングをされていたのだと思います。
こうしてみるととても良くわかります。

マットに対し 普通に立っているのに
✋何故か 強烈に 左に向かって振るスイングになっている。
✋別な言い方をすれば スイング中、
 正面、ボールを正対する瞬間が存在しません



それは何故か?


ハミングバードでは 腕使い、ひじ使いの話で
「刷毛塗」というのが出てきます。
テークバックは 右ひじをやや上方の背後(後方)に引いて
と言い点を 意識し過ぎてしまった結果…かも知れないのですが、
比較してみて下さい。

20191117kazu 型_Moment20190927_Slomo_Moment













片や 当ブログでも名物になりつつある、長崎支部長(右写真)です。

長崎支部長の最大の強みは この右向き にあります。

この右向きがあれば ダウンスイングの「空間」「時間」共に
最大に取れますので、だいたいのことはココで処理できる、
言葉悪く言えば 誤魔化すコトが可能になる「空間」と「時間」を確保しています。

一方、Kazuちゃんは 今までの習慣からなのか
肘を意識し過ぎた結果なのか、
骨盤…ではなく 胴体をひねるスイングでテークバック、トップを
形成してしまっているので 空間/時間が確保出来ません。

正面〜右向き〜正面〜左向き という時間の流れの筈が
正面〜左向き という 一番肝心な時間が消失してしまっています。
故に 菠向・・・向き通りの方向に飛んでしまう のです。

ドリル という点においては
右ひじの曲がり、上がり、外への張り とともに
足、主に左足になるかも…知れませんが、骨盤を右に向ける。

 🚀 秀二を右に向けて下さい 🚀

✋解説ですが、弊社には有名人で 秀一くん というのがおります。
 その男性の ある部分は、数々の伝説を残すほど 非常に元気いっぱいで
 秀一君の息子 という意味の隠語で 秀二くん と呼んでいます。
 ちなみにですが、保護者である秀一くん とKazuちゃんは
 とても近い距離に住んでいます。
 もしかすると…長崎支部 ◎◎出張所という形で合流されると良いかも??
✊一度 ハミングバードの名の元、何か催しモノ しましょうか?


胴体をひねらず
股関節から上を何もせず
大腿骨、右を見ている場合は軸足になる 右大腿骨と骨盤に
『向き差』を作る動きが ゴルフスイングにとっての 回転です


胴体を捻らない理由は
まず 胴体にはひねるための機構が存在せず
からだを 言葉通り ねじる、ひねる コトになってしまうため
腕の長さに都合がつかなくなります。
と、同時に ゴルフスイングには 前傾姿勢 といって
前に、体の前に傾く、傾き差が存在するのですが、
その「傾き差」は 股関節、やはり 軸足の大腿骨と骨盤の「傾き差」です。
胴体を捻ると 骨盤はボールを向いていて
肩周りは蕁,箸いΑ,匹海「体にとっての前・正対する場所」なのか
不明の状態になってしまいますし ので 「前傾姿勢」と言う言葉が
意味を消失してしまいます。

Rサンのスイング奮闘記➁_Moment20190927_Slomo_Moment













ここは とても大事なポイントですので
素振り、シャドースイングなどで
胴体を捻らず、脚を使い、脚と肘の連動で
骨盤ごと 上半身を右に向ける
股関節を分岐点に (ゴルフにおいての)下半身と上半身を分ける
練習をしてみましょう。
……そう考えると ゴルフにおいては 秀二くんは上半身に属する
   というコトになるのですね 🙀

この 骨盤ごと 右向きを作る というのは
身に付けると ゴルフ人生を大しての最大の財産
スイングの鍵になり、コンディションや環境、傾斜などに
とても耐性のあるショットを生み出せるようになります。


これさえあれば、他はなんとかなる と言えるほど…です。


(比較)左手ドリル_Moment(7)参考までに…ですが
このアングルになるよう 鏡などの前に立ち
テークバックとると
胴体を捻ったスイングでは
背中が歪みますので 丸くなりますが
股関節から 胴体を捻らず
上半身を1パーツとして 右を向くと
背中は一枚の板のような状態になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛ばしかた/飛ばすための打ち方
は ドラコンホールの
特別な打ち方ではなく
通常の ボールの打ち方 です。

飛ばない…と嘆く方は多いですが、
その 通常の打ち方を知らない のです。

飛ばない と分かっていたとしても
ドラコンホールになれば
自然とアドレナリンのせいか
ライバルに勝ちたい、負けたくない本能のせいか
いずれにしても 必ずと言ってよいほど
速い動作、速く振ろうとしてしまいますよね?!

これは 通常のショットの仕方 と全く同じ、寸分違わず同じですが
速く動いた分、ボールが飛ぶ、
速く動いた分、ボール速度が上がる

打ち方をしている必要があります。

別な言い方にすれば 動いた速度分のボール速度を作る のですから
飛ばすためのショットは、ボールの打ち方は
アプローチの距離感を作る打ち方 
でもある訳です。

最悪な飛ばし方(結果、飛ばないですが)は
速くヘッドを振ろうとするコトです。
言葉遊びのようですが、実は大きな違いで
速くヘッドを振ろうとする人は 総じて手さばき、
ヘッドの返しなどの手さばきで ヘッドスピードを上げようとしますが
それは 同時に グリップを止める動き、回転を止める動きになり
また、ヘッドを返す動きは
ロフトを増やし、体を上に向ける動きになるため
気持ちばかりが空回りし、ヘッドスピードも上がらず
球が高くなったり、スライスが強くなったり、チョロしたりと
良いことは殆ど起こらず、
万に一つの成功記憶(体験)はそうそう再発しません。



飛ばすための打ち方(通常の打ち方)は
回転する速度がボールスピードにする打ち方 です。

同時に 飛ばすための打ち方は
アプローチの距離感も養います。

見ている限り、多くのゴルファーは
アプローチであっても、ドラコンショットであっても
インパクトの強さを意識しています。
回転速度を上げれば その分インパクトは重くなるので
100%間違っている訳ではないのが困るのですが、
そのイメージは良くないのです。



そして その回転のポイントは
どの回転をすると グリップが
ボールを打つためのポイントを通過するか
 です。

(比較)左手ドリル_Moment

からだを回転させると
当たり前ですが 重さにはその軸から離れようとする
外に膨らむチカラ、遠心力が発生します。
その遠心力を利用し、想定ポイントをグリップが通過するような
回転を造っておかなくてはなりません。

遠心力が掛かった時、体からグリップが大きく離れてしまったり
その重さによって 前傾が起こされてしまったり
からだが開かれてしまったり、
上を向いてしまったりするような 回転では
その回転速度は ボールの速度に出来ません。


downswing体力や筋力がない、
部活のような反復練習の出来ない
アマチュアのオジサンおばさんゴルファーが
このような回転を造ってはダメです。

アマチュアにとっては
これは飛ばない為の練習
飛ばそうとした時にミスになるためのスイングです。


どう回転するか
どのような回転だと 想定のポイントにグリップが行くか
ちゃんと想像力を働かせ、組み立てておかないと
飛ばすための回転に出来ないのです。

腕はスイッチ、グリップの動かしはきっかけでしかなく
全行程、腕でその想定ポイントに行かせようとすると
結果、肩が動いてしまい
回転が 肩の回転になってしまい
上を向き、グリップが体から離れ、前傾は解かれ
飛距離増大の回転に成り得ません。

遠心力が掛かると 短くなった腕は
その付け根である 肩から離れ 長くなろうとしますが
それを利用して グリップが想定の懐を通過し
その重さによって 無意識に前傾が残され
その速度分 ロフトが締まるような回転力を養っておく
(グリップは体の進行に伴う、同期するが、
ヘッドはその重さ分 遅れる回転)
のが スイングの作り方
 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何度も書きますが、
ショット、スイングは
主に、からだの回転、胴体の向きの変更によって
グリップを動かす(移動させる)コトによってヘッドを動かし
ボールを打ちます。


それは 縦方向に関しても同じ です。

スイングは一見すると 斜め に振っているように見えますが、
基礎にある 前傾姿勢に対し
腕の上げ下げ、特に左グリップの上げ下げによって
その階層の高さ 1階2階3階のように
その軌道の高さを移しているに過ぎず
上や下にクラブを振っている訳ではありません。

分かり難い…かも知れませんが、
横に回転しているのと同時に
その軌道が 上がったり下がったりしているだけ です。
同時進行するので そう見えるに過ぎません。




スイングには 絶対的な原則 があります。

✌グリップを動かして ヘッドを動かすと
 グリップの移動量 と 回転量 の合計分
 ヘッドは移動します。

✋しかし 腕さばきで ヘッドだけを主に動かすと
 グリップの移動は止まり、からだの回転も止まります。
 ヘッドを動かしている間は必ずグリップの移動は止まります(抑制されます)
 グリップがからだの回転で移動していても
 その移動の取り残されることに、遅れることになります。
 1mm(気持ちとして)でも グリップでなく、ヘッドを腕で動かし始めると
 もう 最後まで終始 腕で振らなくてはならなくなりますし、
 同時に からだの回転でボールを打つ というコトは不可能になります。


 これは どんな運動性能を持った人、であっても逃れられません。

そして 傾きもありますが、
左右の移動に対しても、上下の高さに関しても
元になる からだの回転 があるから
ヘッドは大きく移動するのです。
 それは巡り巡る話しですが、円運動であり
 位置として ヘッドはその外周に該当するからです。

ですので 腕さばきによって ヘッドを動かすコトが
その回転、からだの回転から ヘッドの移動を離脱させてしまい
そのままにして置けば 自然に移動するものを 意味のない
小さな筋肉の腕にさせることになるのです。

う〜ん ここが……なんとなくでも理解出来ないと
スイングは変わっていかないと思います。
また、その腕の労力、チカラ強さ、リキミが好きな人にとっては
クラブの機能もヘッドの重さもシャフトの機能も
すべて無視で すべて人力で補って貰わなくてはなりませんが
好きでやっている訳ですから 干渉の仕様がありません





▲ラブ・シャフトと自分の関係を変えてはイケマセン

これはかなりの人が勘違いしています。

スイングを上から見た時、
アドレス時は 自分の胸、自分の胴体をクラブの関係は
だいたいですが 直角の関係です。

2013-04-30 10-21-17.464__Moment

テークバック、トップの位置になると
シャフトが起きるので立ってはいますが
その関係は ほぼ垂直、
右腕が短くなることもあり 少し右サイドと近づいた関係
胸〜胴体とは直角よりも やや右に傾いた状態です。
左右関係において、直角な関係と考えて良いでしょう。 

ダウンスイングを始め、インパクトし、フォロー、フィニッシュになると
その直角の関係が解放され
シャフトが左回り、反時計回りに 左サイドに近づき
フォローでは ヘッドが茵▲哀螢奪廚蕁,
胸や胴体と平行な関係の方に回ると思っている人が多いでしょう。

インパクト以降 からだの回転も緩み、
グリップの移動も自然に減速することによって
自然に起こる分は別として・・・・
そのシャフトの回転方向は 逆、 反対 です。

からだが回っていくコト によって
グリップは移動していきますが、
ヘッドには重さがあり、運動が始める分、
ヘッド分はどんどん重くなり
ちょっと 掴み辛いかも…ですが
反時計周りしていくからだの回転に対し
逆回りするわけではないですが、右サイドにくっついていきます。

本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)






 ⇗ こうはならないのです

おおくのひとは この横方向の
からだとシャフトの関係を解放、変えようとしていますが、
トップで出来る その関係、角度は維持する
もしくは 右半身と自然にくっつける のです。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)





腕の仕事はそれではないのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




Rさんだけでなく、MR.Kも、多くのゴルファーが
大きな錯覚をしていると思います。

非常に大きな錯覚、思い込みで
それが どうクラブを扱うか、正しい意味で振るか に
直結してしまいますので
その思い込みの呪縛から解かれて欲しいと思います。

何度も同じコトを書いているので、しつこいかも知れませんが
技術や見た目の真似よりも 遥かに重要な
この呪縛から逃れられれば
スイングは簡単に変わり、体を痛める可能性も格段に減ります。




❶スイングの円弧は体が回るから発生する

これもしつこいですけど、
多くのゴルファーの当たり前は
物理的な原則、自然のルールに反しています。

スイングの回転は シンプルには横運動です。
ステップを踏みかえて サイドステップで横に動くよりも
高速で動くことが出来るから その場でからだの向きを変えているだけ です。

傍目からは 円弧に見えるそのクラブヘッド軌道も
からだの向きを変えるから 起こるので
コト 腕とクラブの関係は
アドレス〜トップ〜ダウンスイング〜インパクト〜フォロー〜フィニッシュ 
を通して殆ど変わらないのです。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)











グリップの移動量 と ヘッドの移動量は
からだを回すから 外周に当たるヘッドの方が多く動いているだけで
腕で動かすのは グリップの移動量とヘッドの移動量は完全な同量
もしくは ヘッドの重さ分、運動するとその重さは増えますから
ヘッドの方が動かない ヘッドの移動量の方が少ない のです。


そこを ヘッドを下に振る とか、 ヘッドを返すとか
腕さばきによって ヘッドの移動量の方を多くしてしまう と
それをするのには グリップの移動量を抑制するコトになり
その結果、からだの回転とクラブの移動につながりがなくなり
元々の 円弧の成り立ち が崩されてしまいます。

1mmでも ヘッドの方を腕のさばきによって 多く動かそうとした瞬間
グリップの移動は止まり、
クラブそのものも運動もからだの回転と無関係なモノになる・・・・
よって より腕で円弧を作らなければいけない スパイラル に入ります。

これが 今どきのスイング理論です。

down_swing


私個人の目から見れば
それは単に 棒状のモノで ボールをぶっ叩いている に過ぎず
ゴルフクラブの機能を使って打とうとしていません。
練習を繰り返せば バット(面の無い)モノですら 真っ直ぐ打てる
これは「ゴルフ」スイングとは呼べません。

大袈裟に言えば クラブは丸く振る なんていう人は
犯罪を犯している と言うほど の代物・・・

クラブを腕で丸く振れば
より ロフトは大きくなり、
持っているそのクラブの長さ分の入射角度よりも緩くなります。
また 腕でクラブを振るには
からだを開いて、左を向いて「から」 しか ボールを打つ頃が出来ません。
本来のトップの位置
 右向きの状態でクラブを振り始めたら ボールの位置にヘッドが行きませんし
 自分にボールが当たる程の方向に出てしまいます。

左を向いて「から」 クラブを振れば
ヘッドが下降状態よりも 上昇期、最下点よりも上り際で打つコトになります。

そのまま振れば 俗に言う アウトサイドイン がお約束。
それを 見た目だけ インサイドからにすれば
それはイコール クラブを寝かす、ロフトを開くコト になるので
振れば振る程 入射は緩く、ロフトは開き
それを返そう(閉じよう)とすればするほど、体は窮屈になります。

手で振る動きは ロブショットの動き
フェースでボールの底をさらう動き に近づきますので
ヘッドスピードのアップ分、ボールの飛距離になり辛く
尋常なヘッドスピードでは 飛ぶ に成り得ません。

✘ロフトを寝かす癖
✘インループする癖
✘入射が緩くなる癖
✘左サイドが上がり、開く癖
✘右サイドが下がる癖

が 癖ではなく、スイング技術になりますので
ソールの奥行きのあるフェアウェイウッドや
スピードで解決し辛いアプローチなど
多岐に渡り苦手が生まれてしまいます。


✋スイングは からだが回るから円弧が生まれる のです。
 腕はそれを助けることが本来の仕事 です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



イメージ…ではあるけれど、一般的な手〜腕の使い方は
手を、腕を使うことによって
グリップよりもヘッドのを方がたくさん動かし
グリップエンドとは言わないまでも
体を軸にして ヘッドで円弧を描くような使い方…。
スナップショット 1 (2012-12-07 17-08)

ある軸点を基準に そこからの距離(長さ分だけ)
グリップよりもヘッドの方が
 長い距離を移動するようなイメージ…でしょう。

弊社で言う「刷毛塗」の腕の使い方 とは
円を描くのとはほぼ関係なく、
上半身を捩じらず(股関節から上を一体にする)と言う前提で
胸に対し、平行にグリップも、ヘッドも動かす。
ヘッドは重量物なので
 グリップよりもヘッドの方が 短い距離、少なく動く
と言うイメージの方が良いかも知れません。
体の回転がない限り、グリップであっても、
ヘッドであっても 円弧を描くことも、
曲線を描くこともありません。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)







確かに 結果とすると
体の回転は 円を描くので
ヘッドの方がその長さ分 移動距離は大きくなりますが、
それは体の仕事であって
それを 腕で行おうとしてしまうと
 スイングに大きな影響を与える副作用を生みます。

体の回転による 円弧を無視すると
ヘッドの方がグリップよりも多く動いてしまうと
円そのものが内に切り込んでしまいます。

これは グリップとヘッドの関係 だけでなく
ヘッドの中の ヒールとトゥ の関係も同じです。
IMG_0459

円弧を大きくしようとして
ヘッドを大きく、長い距離を動かそうとすればするほど
円は内に切り込み 小さな円になってしまうというコトなのです。

ゴルフショット ゴルフスイングは
角度が重要で その角度はヘッドの持っている
ロフト角度やライ角度だけでなく ヘッドの軌跡
と言うのも角度の一部です。

ヘッドの方が 意図的に 腕さばきによって
多く動くと言うコトは ヘッドの姿勢もヘッドの軌跡も
より変化が激しくなります。
スナップショット 9 (2013-06-02 23-18)

まして ヘッドを下振る ということは
左グリップの下に 右グリップを入れることになるので
それはそのまま 体の姿勢
左肩・左サイドよりも 右肩・右サイドを低くする
と言うコトに直結しますので
届かせるために ヘッドを下に振っているのに
体はどんどん上にボールから離れていくことになるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ダウンスイング後半〜インパクトまで
グリップ(握り)の侵入経路に注目
茵憤柄亜法ヽ亜淵棔璽訛Α砲頬弔蕕漾‘發棒擇蟾みながらのインパクト
蕁塀だ妓紂法,泙瀬蹈侫箸録欧討襦弔箸聾世─ヽ蔽覆縫淵船絅薀襪淵哀螢奪廚凌米


また インパクト以降の不自然なからだの止まりも改善
二つを比べると からだ・特に左サイドを無理やり止めて
クラブを振っているのが分かります




比較ありがとうございます。
正直、レッスンの際に動画で差違はほとんど見とれませんでしたが、
このように比べていただけると分かりやすいです。
(左の旧で)インパクトに向けて上がっていたグリップが
突然インに落ちていく急激な動きを見ると安定しないのも納得せざるを得ません。

自分ではこの半年、スイングの成否のチェックポイントとして、
インパクト後にシャフトが左肩の方に下がってしまうのか(×)、
逆に前傾姿勢なりに右に下がった姿で立ち上がって行くのか(○)を意識していました
(ブログ記事からこれをワトソンフォローと名付けました)。
見た目で自己評価しやすいので。この認識はどんなもんでしょうか。

現実には、左に引っ張り込んだ後に、
手元近くにシャフトが戻ってからワトソン形になったのを見て、
「よっしゃ」と思っていたようですが・・・。



Desktop 2019.11.19 - 15.08.33.01_Trim_Trim (2)_Moment



動画を参考にする場合

ダウンスイング後半〜インパクトに欠けての
ヘッドとグリップ相互の進入、位置関係を見ると
◎クラブを体で振ろうとしているのか
◎手で振ろうとしているのか    わかります。

からだで振る場合は
良くも悪くも 全部のモノが同じ方向に
低くなれば低くなり、高くなれば高くなり
ボールに近づけば近づき、離れれば離れます。

手でクラブを振る場合、
ヘッドとグリップ、 からだとクラブは
 反対に動くことが多く
そう言う意味で 反対の動きのその相互の調整が
傾斜のあるコースや疲れた来た時のミスの原因になります。


今回の映像でとてもよく判るのは
インサイドアウトと言うのを意識しているのか
グリップは外からインに ボールから離れていこうとしているのに
ヘッドは近づいていく・・・
インから入れているつもりでも 結果、寝かしているだけ、
そこの見た目、形だけ真似でも 実効果は高くありません



ここはよく頭を整理して頂きたいのですが…
ゴルフのスイングは
からだを回すから 円を描くのであって
腕や手でのクラブ扱いは
からだに平行、胸に平行に『横にスライド』させているに過ぎません。

からだが向きを変えて円を描く
それによって 外周に当たるヘッド部はグリップよりも多く移動する
のであって、それを手で作ってはイケナイのです。

腕や手でのクラブ扱い 胸に平行に『横にスライドさせる』
であっても、グリップに比べ ヘッド部は重さが多いので
その重さ分は 多く動けない と言う自然原則があります。

にもかかわらず 円を描く、ヘッドの方がたくさん動かす
という 自然原則を破れば その無理は体にかかりますし
からだの回転で クラブ自体、腕自体を動かさず
向きを変えれば作れる 円では
ヘッド姿勢(ロフトやフェースの向き等)、ヘッドの入射角度などは
一定にし易い、大きな変化が起こり難い ですが
腕や手で円を描けば それらはいつも規則性無く変化し
二度と同じ ヘッド姿勢と入射角度の関係を取れないほど
多岐に渡る軌道や姿勢を作ってしまいます。

インサイドアウト とか アウトサイドイン とか
ゴルフの一般論よりも 物質の自然法則の方が
遥かに上位の存在です。

ですので それに打ち勝つため、自然法則をねじ伏せるため
チカラを入れることがゴルフスイングと誤った認識を
持ってしまう可能性もある訳です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



いつもクラブを本質的に理解しようとバイブル的に読んでいます。

一つ質問ですが、トップの位置で重さが邪魔にならないクラブの位置は、
動画で見させてもらってる様に、クラブが地面に対し垂直になっていると状態と思います。
垂直にさせる、これがコックですか?

先日の疑問に付随するのですが、トップでクラブが地面に対して垂直になり、
重さが邪魔にならない様にすると、前傾を戻してみると、
右肘が下がっていてフェースが開く事になります。どお理解すれば良いのでしょうか?



コメント、質問 ありがとうございます。

クラブ姿勢や位置もないがしろには出来ませんが、
形、型 にあまりこだわらなくても良いと思います。

トップの位置 は「だいたい」どこら辺?
どんな位置が良いか というと
その次の動作 ダウンスイングの入り、ダウンスイングの前半
どう動きたいか、どうクラブを移動させたいか
どこにクラブを送りたいか
というのが 肝心です。

クラブ、シャフトを重力に垂直に…する
と言うか、 クラブの重さを使って
グリップを 自分の行かせたい「方向」に行き易いよう
自分なりの場所を見つけると良いでしょう。

IMG_0148_Moment


テークバック時 左腕に対し
右腕は、右ひじは多めに曲がりますので
それによって クラブを起こす
その位置に行けるようにするのですが
ヒンジとして莠蠎鵑和疹曲がります。
コッキング と呼ばれていますが
意識して、動作として行う行為ではないと思います。
動作として行うには 手首はあまりに小さな部位
小さな筋肉ですので 自然に曲がってしまった程度
だと思います。

そのコッキングを莠蠎鵑任笋訖佑發い譴
左ひじの曲げで行う人もいますが
そのいずれでも良いと思います。


後半の質問の方は ちょっとニュアンスが掴めないのですが
重さを邪魔にしないというのは、
利用するという意味で良いのでしょうか
M20191011suburi_Moment

前傾を起こしたとしても
両肘の高さは 似たような高さにある筈…ですので
右ひじが下がる方には重さはかからないと思うのですが…

確かに このアングルで見ると
垂直、もしくは やや右目に倒れた方が
次の場所にグリップエンドは送り込み易いと思いますが
両グリップの関係でみると
左グリップの方が下にあり、クラブだけでなく
右グリップの重さも左にかかっているので
自然な形であれば 右も左も 落ちる(下がる)ように思います。

右ひじを外目に張る
左ひじのあがりと同じく、同量、右ひじの高さも上がる
傾き、前傾姿勢分だけ 右ひじ、右サイドの方が高い
というのが 次の動作に入り易い姿勢だと思います。

スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)






テークバックは 向きを変える動きですが、
右への動きです。
右サイドをアドレス時の背後方向に動かすのですが
その動きと右ひじは連携した方が
質としても、量としても 右向きを取り易いと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的によく使われる
『ヘッドが走る〜シャフトが走る』というのは
グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、
かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。
IMG_0776

気が付かないからも知れませんが、
別なゴルフ用語で、このことを
「ヘッドターン、ヘッドを返す」
「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」
とも言います。
ほぼ 全く同じ行為を指しています。


クラブの構造や機能を知ると
この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか

打ち手の差を除き、
ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には
✊左右の角度
✊上下の角度
✊ボールの回転
✊ボールの速度
が生まれる訳ですが、
ロフト角度・ライ角度で考えると
この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。

上記のクラブの入れ方ですと
打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから
この状態でインパクトが来れば
・・高く
・・回転数も多く
・・右に飛び出て
・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-15)

これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は
・・低く
・・回転数も多く
・・左に飛び出て
・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。

ヘッドターンはクラブの構造上
✋ロフト角度 大きい➟小さい
✋ライ角度  多い➟少ない➟多い
✋フェースの向き ➟

と同時に変化していきます。

ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは
構造上かなり難しく、逆にその使い方では
ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。

ですので シャフトのしなり・しなり戻りには
必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける
ヘッド軌道も絡むので
全てのコトが揃うのは天文学的確率です。
そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。
002

ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも
ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒
この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?

何を言いたいか というと
シャフトを開発する、製造する という観点で
上記の使い方
「ヘッドを走らせる〜シャフトを走らせる」
のを強化していくと
一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない
と言うシャフトを造ることになります。
手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、
シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を
中から先に斜めに入れることになるでしょう。
手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト
ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。

また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や
グリップの移動速度を制限することは
即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから
単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの
シャフトのなる可能性も否めません。


スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)


ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが
グリップが動けば(移動すれば)
ヘッドも動きます(移動します)

✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば
 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。
 同じ姿勢のまま移動することが可能です。

✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって
 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから
 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が
 行いやすくなります。

✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は
 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト
 が 相反する関係になりますが、
 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃は
 それがイコールの関係にし易いです。

ヘッドとグリップの位置関係を
上下に反転させることを考えれば
クラブはどう扱う方がよりベターなのか
シャフトはどう扱う方がよりベターなのか
答えは見つかってくると思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4


手でクラブを振ってしまう、フェースターンする…には
からだを開いて 左を向いて
それをする為の「空間」を作る必要があります。

故に トップの右向き?から
一気に体が左向き、
正面を介して左向き ではなく
一気に体を左むけるパターンが非常に多いですね。
からだの向きに アドレスを除き、ボールと正対する瞬間が
存在しない方法・・・体をねじるコトを回すコト、向きを変えるコト と
思っている人は 結果、そうなってしまいます。



本来は からだの左右に対して
回転の真ん中は当然 からだの真ん中
背骨位置にある筈ですが、
そこに軸、支点を持ってくると
からだをすぐに開くことが出来ません。
腕をすぐに振れない、クラブを振れませんから
それをする独自の 軸感覚が必要です。

20190526gc55_Moment20190526gc55_Moment(2)











✋そのために テークバックの時点で
多くの 手でクラブを振ってしまう人 は
軸を 右側、右肩とは言いませんが
丁度 藐と首の間、藐を揉んでもらう場所辺りに
軸を置き、右サイドは動かさず 左サイドだけを動かします。

「左肩を入れろ」なんて言葉が
それを後押ししたりもします。

正しいからだの回し方
そして 回すことの真義は
左右の移動量を揃えること
 にあります。
向きやその量そのものよりも
左右の腕の運動量に差を作らない為
右サイドも左サイドも同じ移動量、運動量を必要とします。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)IMG701
IMG703IMG702









右軸でテークバックしてしまうと
行きも帰りも 左腕、左サイドには多くの移動量が必要になります。
総じて スイング、ダウンスイングからインパクトにかけては
左腕の長さが邪魔になりガチです。

右軸でテークバックを取ると
左腕を最大の長さで使うことになりがちです。




そこで・・・
全員に当てはまる とは言えないのですが、
その逆の 左軸 やや左側にある軸で
テークバックで取ってみるコトをお薦めします
。(逆療法ですね)
からだの軸イメージ

テークバックの移動方向、進行方向は
アドレス時の 背後方向、やや上方(傾きの分)です。
前に、ボールに近づいていく方向ではなく
ボールから離れていく方向です。

✋そう言う意味で 顔の向きや目線を切ってみるのも
 よい周り方のガイドになります。

アドレスから ボールに離れるかのような
背後、やや上向きの上方への移動がテークバックです。

そう言った意味で やや左目に軸を置き
テークバックを始めてみる、
右肩を支点に左肩を動かすのではなく
左肩を支点に右肩を動かす『ような』感覚 で
テークバックをしてみるコトをお薦めします。


これによって 今まで異なり、腕の長さに制限が掛からず
クラブや腕を通す フトコロ の空間が造れるようになる
可能性はとても高くなると思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

❶硬さを決める


 


 一般的な34インチのパターですと

 ヘッド重量   320g (ブリストル 480g)

 硬さ(振動数)  350cpm です

 

 シャフトの硬さは『好み』の場合もありますが、

 慣れてくると 柔らかいモノの方が

 ボールの伸び、ゆっくり転がるのに遠くまで転がる、

 ボールが直進性(ボールが曲がらない)が強いです。

 

 大きな違いは『慣れ』に要する時間だと思います。

 想像が難しいかも知れませんが、

 硬さい砲覆辰討ると かなりふにゃふにゃで

 始めの頃は不安に感じるかもしれません。

 

 長さに応じて 同じヘッド重量を使いますが、

 総重量と異なり、柔らかいものほどヘッドは重く感じられます。

 

 280cpm

 弊社オリジナルのアルミ製 140gのスチールシャフト

 全体の重量感が非常に重め 総重量は700g近くになります。

 

 220cpm

 弊社オリジナルの95g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック 濃い銀と黒の間の色です。

 

 170cpm

 弊社オリジナルの95g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック

 

 140cpm

 弊社オリジナルの70g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック

 

 

❷長さを決める

 


 32インチから36インチまで 1/4インチ毎に
 センチ単位での製造が可能です。
(32インチ以下はルールで制限されています)

 

❸ライ角度・ロフト角度を決める

 

 標準的な ロフト角度4度 ライ角度71度で造られていますが、

 素材が 軟鉄S15Cのため変更可能です。

 短めにする場合、長めにする場合などご検討下さい。

 

❹ヘッドの仕上げを決める


 

 :シャンパンゴールド/金色(Wニッケル) 艶消し

 :シルバー(クロムメッキ) 艶消し

 :ブラック(テフロン) 艶消し   です。

 

 打感等には一切影響がありません。

 順をおって メッキ及び加工が厚くなりますので

 防錆には強くなります。

 

 

❺グリップを決める

 

 お好みのモノで構いませんが、形状がオーソドックスですので

 あまり変形なグリップや派手な色柄のモノは似合わないかと思います。

 

 お薦めは ロイヤルグリップのパフォーラップ太目(80g) です。 

手前味噌ではありますが、弊社のL型ブリストルパターは

多くの方に長く愛されているパターで

 一生お使いになることの出来るモノです。

始めのうちは慣れないかも知れませんが、

パター単品で! と言う観点でお選びになられるのであれば

 許せる限り「柔らかい」モノをお使いになられた方が

楽しいかと思います。

 

ただし パター以外のクラブに影響を及ぼすこともご考慮下さいませ。

 

 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

 046-804-1480  ハミングバードスポルテ

 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

 

👉地図

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1HnttYk5C88Z69NJ3GTrwhnuLhUw&msa=0&hl=ja&ie=UTF8&t=m&ll=35.237147030220356%2C139.675211&spn=0%2C0&source=embed&z=9


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ダウンスイング後半〜インパクトまで
グリップ(握り)の侵入経路に注目
茵憤柄亜法ヽ亜淵棔璽訛Α砲頬弔蕕漾‘發棒擇蟾みながらのインパクト
蕁塀だ妓紂法,泙瀬蹈侫箸録欧討襦弔箸聾世─ヽ蔽覆縫淵船絅薀襪淵哀螢奪廚凌米


また インパクト以降の不自然なからだの止まりも改善
二つを比べると からだ・特に左サイドを無理やり止めて
クラブを振っているのが分かります

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




からだの回転 で大切なことは
テークバック、右向きを例に挙げると
90度右を向く とか その量 ではなく
質がより重要性、質の方が大切
です。

たくさん回る、出来るだけ多く右を向く
よりも 正しく右を向くコトの方が
遥かに重要です。


4190-1-2


ゴルフクラブ というモノを使ってボールを打つ限り
それは 両手で持たれており
その両手の長さ、体の姿勢によって
ロフト姿勢などが決まってしまうからです。

例え 速く動いたとしても、
Rさんの例で言うと 『強く』動いたとしても
自分の理想の ロフトよりも 大きいロフトで
打ってしまったのでは 無駄、徒労に終わってしまいます。

ミスは付き物 ではありますが、
目標とするものが ロフトが安定し辛いスイング では
ゴルフの目的、目標から外れてしまいます。

より安定して 繰り返し易い 動作、クラブ扱いであり
それが 少ない 遅い 動作であっても
「飛距離」を生み出せるものを目標とするべきでしょう。

ダウンスイングで 力感があり、実感として
強く打てている としても
インパクトに近づくにつれ、左サイドが上がり、右サイドが潜る
スイングでは 飛距離が出にくくなり、ミスも出やすくなります。




からだの回転の質 とは 特にテークバックでは
両腕の生えた胴体 からだの 左サイドと右サイドが
同量 運動する、移動するコト です。


よく「テークバックでは左肩を入れろ」と言いますが、
右肩が背後、後方に逃げる分
同量、左肩が右に入るのであって
左肩だけを入れたのでは
捻じれた形で ボールに挨拶しているのと同じ
それを 「回転運動」とは呼びません。
軸を体の真ん中(体の幅の意味です)に置かず
右に置いて 左だけを動かすように
疑似的な右向きを作ります。
スナップショット 1 (2011-01-18 23-43)

ここ ちょっと 深い意味がありまして
✋手でクラブを振る人
✋腕で振る人 ローテーションする人 手を返す人
にとっては 切り返しから
直ぐに 左を向き 腕を振る クラブを振る空間が
出来るので その方が都合が良い、
直ぐにクラブが振れるのです。

ですので この体の回し方、回転方法は
クラブをどう振るか とパックになっています。
それをする人は 腕(クラブ)使いと回転の仕方 を
同時進行で考えなくてはいけません。

正しい回転では 腕は触れませんし
腕を振るための回転では 正しくクラブを扱えば空振り です。

腕を振る フェースローテーションをする動きは
ロフト と言う意味で
頑張れば頑張る程 ロフトが増えやすくなる
のですから その概念から変えていくのがベターです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


⇩ 2週間前は・・・(こちら) ⇩


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 手で振るスイング
このスイングの特徴は
 『円(正確には半円)を3回造る』 コトにあります。

➀ オリジナルの円は
アドレス時、正面を向いていたのを
右を向き、正面を介して、左を向く
この行為で 180度

➁ 次の円は
腕を右から左に振るコトで造ります
からだの回転90度位ですね
これに対し 腕は90度
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)







➂ 腕を振る行為の中に
 左グリップを支点とした シャフトを振る行為で円を造ります。
腕を振る行為の中に シャフトを90度振る動き
があります。


スイングは本来 ,留澆里漾,任
そこに ➁や➂を入れるとなると
支点行為が必要ですので 回転を抑える
グリップの移動を抑える
 もしくは止める、回転そのものをしない が必要です。

たまに見かけますが、回転しない椅子にすわったまま
スイングする あれですね。

そして その 右手のかいな、巻き込む動きが打撃なのですが、
まあ 浮気した旦那さんをひっぱたく(ビンタする)奥さんの手さばき…ですけど
それをするのには
からだを開き、左を向いて それをする空間が必要になります。

✘◎


少々 オーバーにやってみましたが、
腕で振るスイング 片手 /虍如,任后

だいたいの人が この手順でスイングしています。
ですので 素振りの時点で
「打ってから振っている」
「インパクト以降、ボールさばき以降に振っている」

ように見えます。

先に からだをまわし
からだの回転が終わり に近づくと
腕、肩を含めた腕が動き出し
グリップが下がりきると 今度はクラブが動き出す

これがスイングだと信じている限り
からだは開かないと ボール打てませんし、
ボールはしゃくりながら、煽りながら
下からすくうようにしか 打てません。
そう打つよう 目指しているのですから…。

手振り、手打ち に慣れていると
『からだ』 が 肩 と 腰 と言う二重構造 になってしまうのも
問題です。

また その肩が いったい『からだ』なのか、腕なのか
曖昧になります。

そして 多くの人が悩む からだの回転、体の回し方
にも大きく影響が出て、
腕で振るための回転 と言うのを覚えてしまうコト になります。

腕で振るための回転と
からだで打つための回転は
各箇所において 腕の付け根の位置 が
大きく異なるので
回転も治して行かないと からだで打つコトが難しくなります。



とても重要な、慣れればずっと楽になる からだの回転です。
腕さばきだけを気にしている方、
型だけを作っている人には
とても参考になると思います。 (続く)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
Rさんの話、自体ではないのですが
ひとつ とても参考になると思うので
記事にしてみます。

弊社では有名人な Mr.K に
ちょっと意図的に打って頂きました。

既にご覧になっているかと思いますが、



嫌味や皮肉ではなく、正直に どうしているのか と尋ねたところ、
「手で振っているつもりは一切無く、体のターンで振っている…つもり」
とのコト です。

後日 の記事で書きますが、
右手のかいな 右腕で自分の方に巻き込む動作で
クラブを動かす限り、
からだを開き、それを行う空間を作らないと
その動作が出来ません。
  その動作をする為の空間が確保出来ません。
ですので 上手に打つ イコール からだを開く は
良い悪いのパックになっています。


また 同時に 手の返し、シャフトターン、ヘッドターンで
ボールを打つ限り、グリップの「所定の位置」と言うのは大切で
インパクトのグリップの位置を作るため
「向き」 肩とボールの正対 と言うのも重要です。

右手のかいな でボールを打つには
ダウンスイングで クラブを含めた 右腕は
からだの外、からだの右外に置いてからスタートする必要が
ありますので、その点においては Rさんもその傾向が強く見られます。

右腕、クラブをからだの右外 に置くためには
トップのからだの向きから 正面までの、ダウンスイングの前半で
右腕を置き去り、グリップを置き去り にします。


しかし その時期を逸してしまう のは痛いです。
トップのからだの向きから 正面までの間は
その言葉通り 「ダウン」スイング
からだの向きの変更、右向きから正面への動作によって
高さを低くできる大きなチャンスです。
からだの向きを変えるだけで 腕やクラブを低くできる…筈
ですが、その時期を逸している、意図的に置き去りにしているので
どこかで 「低さ」が必要になります。

右腕のかいなで打つ
手の返し、ヘッドの返し、フェースローテーション
シャフトを走らせる 様様な名称が付いていますが、
そのどれもが 「下に振る」必要が出てきます。

片手スイングドリル 右手編_Moment片手スイングドリル 右手編_Moment(2)











グリップを低くする
のと異なり ヘッドを低くする動きは
その動きと同時に、肩のラインを莨紊りにします。

クラブ(ヘッド)は下げる と並行し からだは上を向く

という同時進行が発生してしまいます。

それがより「下に振る」を生み出す…のですが、
その結果、巷に流れるヘンテコリンな「地面反力」なんて言う
トンてもない理論が出てきたりするわけ です。


テコの理論 なのだと思いますが、
上に向かう力を増やして 前に飛ばすのは
効率が良くないですし、故障の原因になります。



本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(3)


また 深刻な問題となるのが
この動作を「スイングの普通」と思っている人は
ゴルフスイングにおいての 「からだ」というのがどこなのか
と言うのが出てきます。

シャフトが180度ターンする間に
へそや骨盤、秀二の向きの変更は ほとんどなく
それを行っているのは 左右の腕の入れ替えに伴う肩 の動きだけで、
それにつられて(引っ張られ) 骨盤は動いているに過ぎません。

なので 「腕で振っているつもりは毛頭ない」になる訳です。

これは深刻です。

このボールどらえ を普通と思っている人とは
スイングの用語の 「からだ」 を指す部位が異なる というコトになります。

肩周りと腰回りに向き差を作る 👉胴体をひねる動きは
故障の原因とともに
本来は 前傾姿勢を基準の横の動きに
大きく縦の動きが加わってしまいます。
原則、体のひねり、ねじり は純粋に横には動けないからですが…。

痛みに鈍感 とか 強い とかを除けば
この動きでコンスタントにヒット、習熟させるには
学生時代の特訓に相当する練習量が必要です。
また この動きは
ボールの底をさらう、ボールを上げる動きの為
ヘッドスピードを高くしても 距離になり難く
よほどの 運動性能が無いと「飛ばし屋」にはなれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

どのように改善するか
については ご来店頂くとして
現在の状況を解説いたします。

トーナメントプロも含め、アマチュアの上級者にも
とても多く… 一般的なスイングの勘違いな目標、到達点とも
言えるかも知れません。

まずはご覧ください



ちょっと 意地悪な動画編集をして
そこの部分と 往復繰り返してもらっています。

問題点としては
➀ここまでからだの回転でグリップを移動させてきているのに
ダウンスイング後半、インパクト直前になると
グリップの移動を止め シャフトを振ってしまっています。
これでは 右腕とクラブしか動いていませんから
ボールと言う重さに勝つのは大変です。

➁上級者にありがち…なのですが、
今も昔も アウトサイドインは嫌われモノですので
からだはボールに相対している状態で
ボールの内側、イン から入れてきていますが
正しくは インではないのです。

👉これは単に からだの右側から
 クラブを寝かして入れている
 ロフトを開いて入れてきている に過ぎず
お薦めはしませんが、意図的に ロブショット を打つ時 に
入れる経路であり、ロフト姿勢です。


✋先日も書きましたが、クラブと腕が長くなることもあり
ロフトを寝かして からだの右から入れてきたら
ダフリ、いっちょ噛み、トップ、チョロ は激しくなります。

➂始めの画像の進行で 8〜9秒辺り ですが
からだを止めて 
ご本人は 肩(それを体だと思っていると思いますが)
 実際には腕しか動いていません。

慣れていないと これをするのに 伸び上がりが必要なのですが、
熟練者が故に 上手に体を抑えていますが、
正直 わき腹や首、腰などへの負担が少なくありません。


Rサンのスイング奮闘記➁_Moment全体として ボールの底をフェースでこするコトが
打撃の核心、メインテーマになっているので
掴みにくいかも知れませんが、
まずは この場面でフェースがボールを向いている
下向きの感じがあるコト と
それがセット出来たら
あとは 体を回して グリップを動かすだけ です。

ヘッドはグリップの対し 重さ分、遅れます。
それは ロフトの立ちや上からの入り になるだけ
ですから 放っておかなくてはいけないのです。

シャフトと言う棒の扱いを変えないとイケマセン。

棒の先端、棒の長さ を使うのではなく
棒そのものを動かすイメージ…なんですけど…掴みにくいですよね。
クラブ、シャフトの長さを利用して
スイングを大きくすることは半分合っていて、半分間違っています。
速く振ろうが、大きく振ろうが ロフトが大きくなってしまう
クラブ扱いでは 効率が上がりません。
ロフトと球体の関係は ロフトが増えれば増えるほど
ボールスピードをロスし、回転や高さに化けやすくなります。
それならば 速さも抑え、弧も大きくせず ロフトを締めた方が
からだの動きとしても、繰り返すコトを考えても
格段に楽だと思います。
その上で 速くでき、大きくできるのなら 💮(はなまる) です。

IMG_0039


ボールは立体です。
ボールの大きさのコインが地面に落ちているのではありません。
ボールにも立体的なセンターがあり、
ボールの皮によって 2センチ地面から浮いているのです。
それを 回転していく体の向きで
フェースでさらってあげる…だけなのですが。。。 掴みにくいですよね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



http://hbs.livedoor.blog/archives/1990234.html

 

早速 回答させて頂きます。
スケジュールをお作り頂き、ご来店をお薦めいたします
(ご連絡下さい)

一度 テークバックやトップなどの
型のことは気にせず スイングしてみましょう。

テークバックやトップ
ひいてはアドレスやグリップなどは
自分が ダウンスイング後半〜インパクト〜フォロー
「ここでボールをどうさばくか」
「ゴルフクラブというモノを使ってボールをどう打つか」

というコトを する為のモノ です。

そこが違うモノにならない限り
その型も刷り込まれない、馴染みにくいでしょう。

上手くできなくても 
 あああ! こうさばくんだ
 こう打ちたいんだ
 こうクラブを使いたいんだ

ボールさばきを違うモノにしなければいけません。

自分にとっての トップの形、位置、姿勢、
テークバックの取り方、アドレスやグリップも
何かを非常に真似て 絶対こうでなくてはダメだ
で作られた と言うよりも、打っている内に
いつの間にか形成、馴染まれていったものだと思います。
(元々のオリジナルのスイングの話です)
その前に やはり ボールを打つところは こうだ!!
というのがあったと思うのです。
そこを変えてあげましょう。

直に会ってお話しても簡単ではないのに
遠方のお客様の為に ブログなど「言葉」で記事を書いていますので
どうしても 型の部分に目が、話が、言葉がいきがち ですが、
ボールのとらえ方 さえ掴めれば
型なんて どうでも良いと思います。
ただ クラブの構造や人間の構造や機能はだいたい同じなので
最終的には似てきてしまうだけに過ぎない と思います。
型は 自分のスイングの変化度や成熟度の確かめ算に過ぎないと思います。

今のスイングの問題点は
✋からだの回転を意識していることと
✋腕で振る フェースローテーションをする
二つの相反することが混在しているコトだと思います。

✊スイングの弧を大きくなり
✊ヘッドを振った実感、速く振れた実感も伴います
また それを素早くしないことがスライスになります。
それが上手くできたコト ⇒ スライスからの脱却 ⇒ 上達
が常識的な発想ですので そう言うボールさばきを覚えられるでしょう。

片手スイングドリル 右手編_Moment片手スイングドリル 右手編_Moment(2)片手スイングドリル 右手編_Moment(6)








腕でクラブを振る、右腕のかいなチカラでクラブを振るスイングは
どこかの時点で 必ず 腕クラブリリースします
その結果、必ず 腕とクラブは一直線
双方で一番長い状態、ヘッドが一番からだから遠くなった状態が作られます。

今までは体を先に開き クラブが長くなるスペースを十分に確保していた
のですが、今はからだの回転やシフトを重視していますので
左サイドに 長いクラブを通すスペースがなく
インパクト付近で
向きとしては からだの正面〜ボール を意識しながらも
スペースとしては 左サイドの急激な上方向への伸び)や
スイング軌道の跳ね上げなどが以前よりも急激になる結果、もたらされています。

今は型を作り時期 ではなく
核心の部分を掴む時期 だと思います。


お待ちしております🙋


 

○現在、練習の際に意識しているスイング作りのポイントは、

以下のとおりです。まるでブログにあることを書き写したようなのですが、

自分で大事だと感じているポイントです。

 

  1. 左サイドにグリップを保ったままテークアウェイ。

▲董璽アウェイの最後に右肘クランチでグリップを胸に引きつける。

それに応じて自然にグリップは右側に移る(クラブが立つ(下方への重力を軽減)、

グリップを胸に近づける(立体刷毛塗りで生じる遠心力を軽減)意味が体感される)。

右肘は肘鉄をイメージすると良く引ける。

またボールは凝視せず、視線は頭の動きに合わせて一度後方を見るくらいが良い。

  1. クラブの重さの行きたい方を感じながらグリップを下に下ろし、

  2. 骨盤は右向きのままという意識で、クラブを立てたまま右胸前から左脇腹方向に動かす(立体刷毛塗り)。

    同時に、緩やかに左にシフトする。

  3. シフトにより空いた空間で、フェースがボールを見るような形になるよう右腕を伸ばす

    (右向きが残る右サイドが高い状態のまま伸ばすにはシフトが必要。そしてこのあとの回転によりヘッドの入射角度をつけるには必要な操作)。

    左手は甲側が地面を向き、右手は甲側に折れる形となる。

  4. イ了点でシャフトは地面と平行くらいになっており、このあと手さばきは一切しない。

  シャンク方向にシフトを続け(右腕を伸ばしておかないと続けられない)、

左膝に体重が乗ったら自然にクルッと回る。(脚でフェースを引きずる)

Д轡礇侫箸枠球線と直角よりも鋭角にならない(=グリップよりヘッドが遅れる)意識で抜いていく。(ヘッドをボール位置に置いてくる)

 

このような感覚で練習しています。

11月の動画では刷毛塗りやシフトを十分意識しているつもりなのですが、

4月の動画と全然変わっていないように見えるので悲しいです。

 

○自分で動画をみて思うこと

・特にダウンスイングで、両手でグリップを挟んでいる程度の力感が無い動作して

もきちんと当たれば飛ぶが、力感(充実感)を求めた方がより飛ぶので、

つい力んでしまう。その結果右肘が左肘より下がり気味になり、すくい打ち気味になっている。

・ダウンで右足踵がめくれている。

・フォローが高くとれていない(理由不明)。

 

○コース等の現象面で困っていること

・バンカーショットにトップが多い。(すくい打ちになっているのでしょうか)

・25yを超えるパターがきちんと当たらず必要な距離を打てない。

・絶好調から突然乱れ(チョロ、大ダフリ)ることが多くなった。

(はじめの頃より、特に最近の方が多い)

・練習場でも噛んでいることが多い。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

 

http://hbs.livedoor.blog/archives/1990234.html



✋店長殿

 

 悶絶のご報告

 初めてお店に伺ってから1年、

悶絶クラブを手にしてから半年が過ぎました。

 

はじめはコースでも相当苦戦しましたが、1ヶ月位すると大きなミスを時々するものの、

1ラウンド中何度もスーパーショットを体験するなど順調に順応しているようでした。

 

 この頃は、店に伺ったときのアドバイスと、ブログの当時の記事や

U-チューブの動画を参考にしながら取り組んでいました。

あまり細かいことを気にしなくてもそこそこ良い球が出るので、

そのうち確率も上がってくるだろうと高をくくっておりました。

それが4月の動画の頃です。

 しかし、7月頃からコースで調子が良かったのに突然乱れる
(チョロ、大ダフリ)というのが多くなり、

きちんとブログに書いてあることを理解しようと思い

2009年の最初から読み直しました。

知りたかったことはほとんど書いてあり、説明を頼りにスイング作りに努めました。

そして、大きくシフトしながらヘッドを地面上で飛球線と平行に保つドリルをやっている時、

スイングって、刷毛塗り+シフトがほとんど全てだと閃くように実感しました。

きちんと理解しないでやっていた頃は、なかなかその重要性が実感できませんでした。

ハンドファースト、ブレイクラインを破る、前傾姿勢を保つ・・・等
はじめの頃自分が重視していたことが、

形を目指すべきものではなく、

正しい動き(クラブ操作)に結果としてついてくるものだということも分かってきました。

 

 この理解により、後は練習を重ねれば、自然に鼓笛隊が訪れ、

このようなメールによる相談は不要のはずでした。ところが・・・


大森201904_Moment大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)








 

○現在、練習の際に意識しているスイング作りのポイントは、

以下のとおりです。まるでブログにあることを書き写したようなのですが、

自分で大事だと感じているポイントです。

 

  1. 左サイドにグリップを保ったままテークアウェイ。

▲董璽アウェイの最後に右肘クランチでグリップを胸に引きつける。

それに応じて自然にグリップは右側に移る(クラブが立つ(下方への重力を軽減)、

グリップを胸に近づける(立体刷毛塗りで生じる遠心力を軽減)意味が体感される)。

右肘は肘鉄をイメージすると良く引ける。

またボールは凝視せず、視線は頭の動きに合わせて一度後方を見るくらいが良い。

  1. クラブの重さの行きたい方を感じながらグリップを下に下ろし、

  2. 骨盤は右向きのままという意識で、クラブを立てたまま右胸前から左脇腹方向に動かす(立体刷毛塗り)。

    同時に、緩やかに左にシフトする。

  3. シフトにより空いた空間で、フェースがボールを見るような形になるよう右腕を伸ばす

    (右向きが残る右サイドが高い状態のまま伸ばすにはシフトが必要。そしてこのあとの回転によりヘッドの入射角度をつけるには必要な操作)。

    左手は甲側が地面を向き、右手は甲側に折れる形となる。

  4. イ了点でシャフトは地面と平行くらいになっており、このあと手さばきは一切しない。

  シャンク方向にシフトを続け(右腕を伸ばしておかないと続けられない)、

左膝に体重が乗ったら自然にクルッと回る。(脚でフェースを引きずる)

Д轡礇侫箸枠球線と直角よりも鋭角にならない(=グリップよりヘッドが遅れる)意識で抜いていく。(ヘッドをボール位置に置いてくる)

 

このような感覚で練習しています。

11月の動画では刷毛塗りやシフトを十分意識しているつもりなのですが、

4月の動画と全然変わっていないように見えるので悲しいです。

 

○自分で動画をみて思うこと

・特にダウンスイングで、両手でグリップを挟んでいる程度の力感が無い動作して

もきちんと当たれば飛ぶが、力感(充実感)を求めた方がより飛ぶので、

つい力んでしまう。その結果右肘が左肘より下がり気味になり、すくい打ち気味になっている。

・ダウンで右足踵がめくれている。

・フォローが高くとれていない(理由不明)。

 

○コース等の現象面で困っていること

・バンカーショットにトップが多い。(すくい打ちになっているのでしょうか)

25yを超えるパターがきちんと当たらず必要な距離を打てない。

・絶好調から突然乱れ(チョロ、大ダフリ)ることが多くなった。

(はじめの頃より、特に最近の方が多い)

・練習場でも噛んでいることが多い。

 

 悶絶の日々なのですが、練習場やコースに出るのが楽しくてしかたなく、
クラブを作っていただいて本当に良かったと感謝しています。

大変長文になりすみませんでしたが、虎の穴に伺うべきか否か、
アドバイスをよろしくお願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


スイングを大きく変える場合…

スイングを大きく変えるというコトは
今の状態、
👉「腕でクラブを振る」というコトを
✋「体でクラブを振る」に変えるというコト
です。


腕さばきをどう変えるか、どうするか ではないのです。

矛盾しますが、そのための腕さばきを覚える のです。


と同時に 

多くの人…ほとんどの人は
『右腕のかいなチカラ』でしかボールを打っていません。

『右腕のかいなチカラ』 とは
右こぶしでフック、横に振る、自分の方に巻き込むチカラ です。

若い時、力のある時はそれでもなかなか飛ぶ 
練習の数をこなせばスコアも望める のですが、
それをするには いろいろと弊害、障害があります。
年齢を取ってくると 
その弊害、障害を瞬足で調整するのが難しくなりますし、
練習の数、頻度を維持するのが難しくなります。

『右腕のかいなチカラ』でボールを打つには
それをするスペースが必要なため
「からだの回転は そのスペースを造るための前準備」に過ぎず
ボールを打つ行為に直接つながりをもちません。

具体的には 本来 ゴルフスイングの回転は
厚み(背中から胸・腹への奥行き)は別として
からだの左右の真ん中(背骨位置)で回転 するものなのですが
『右腕のかいなチカラ』では
肩と首の間(ちょうと肩を揉んでもらうトコロ)が回転軸になり
テークバックも、ダウンスイングもするようになります。

また『右腕のかいなチカラ』でボールを打つには
体を開いて、それをする空間が必要になりますから
体を開いてか、上を向いて振るタイミングにせざるを負えません。
正規な回転、正規なスイングでは
振り遅れ にしなければ 打てないのです


ですので 多くのゴルファーは
 ダウンスイング後半からフォローに向けて
からだの回転、特に左サイドの回転を止めて
意識として からだの正面とボールの関係をとどめようとします。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)









Rさんの場合
勿体ないのは この画像で見ると
ヘッド、シャフトは180度ターンしているのに
からだは止まったまま、グリップは数十センチしか動いていないのです。
からだの回転そのもの で ヘッドを移動、グリップを移動させている
のではなく、インパクト直前から 左サイドの回転
グリップの移動を止める行為、その反動でヘッドを動かしています。

これでは ロフトやフェースの向きは過激に変化しますし
主に、クラブだけの重量物でしかボールを打てませんから
もっと 大きな重量物を使った方が 安定して
抽象的ですが 重い球が打てます。

また 右腕のかいなでボールを打つ は行う
しかし、その分体は止める という
動くと止まる という正反対の行為を同時にするので
激しく、強く振ろうとすればするほど
体幹は我慢しなければいけない
 運動性能頼みのスイングになってしまう ので
年齢とにらめっこしなければなりません。

ヘッドを動かすのは、ヘッドを移動させるのは良い のです。
このヘッドの移動を グリップの移動
からだの回転によるグリップの移動に変えれば良い
 のです。

ここで一つ 頭の切り替えをしなくてはいけない のです。
ちょっと 理解は難しい かも・・・ ですが、
からだは回転するので スイングは円を描きます。
円を描きますから シャフトの長さ分、腕の長さ分、
外周に当たる外側にあるヘッドが多く動きます………が
本来、それは からだが向きを変えて
両手で持っているグリップの移動がある
 からで
グリップの移動を逆に抑えて、その反動で
ヘッドを振るのは からだの回転 に仕事を与えない、
からだの回転の本来の意味を消失してしまう
本末転倒になってしまうのです。

本来は体が向きを変えるから
傍目から円を描いて見える のであって
それはからだの回転の役目であって
腕は クラブを両手で持っているのが原則 ですから
からだの幅の中にあるのです。
腕では ヘッドはグリップよりも多く動かさないのです。

✋腕で グリップよりもヘッドを「多く」動かす というのは
同時に グリップの移動を止める と言う行為なのです


ここの部分の理解が進まないと
スイングの変化は進みません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 

スイングを大きく変えようとする時、
型から入りたい気持ちは分かりますし
今の時代、映像、画像などの比較もし易いですので
そこに行きたいという気持ちも分かります。

IMG_0772


例えば グリップ
グリップから変えていくことはとても難しい。
ゴルフを職業にしているような(アマチュアも含め)
時間と労力をかけられるのなら可能性は高いですが、
グリップはいつの間にか出来たモノ というのが殆どです。

クラブを持たなくても
ボールを打たなくても
グリップ(握り)は馴染ませていけば変えられる
と信じたい気持ちは分かりますが、
その方法は ほぼ不可能だと思います。

ボールを数打って
スイングをたくさんして
いつの間にか 今のグリップに辿り着いた と言うパターン。

つまり グリップは
自分が動かしたいクラブの動かし方
自分が動きたい動き方 を 体現するモノ
 と
考えて良いと思います。

 グリップから変える のではなく
理想のグリップ、望みのグリップを 採点表 として
自分のクラブ扱いが変わっていく比較対象 と
して置くべきだと思います。

グリップが変わってきた
即ち クラブ扱いが変わってきた というコトになります。

グリップを変えたとしても
自分のクラブ扱いが変わらなければ
元に戻すか、違和感と闘うか
どの道 現場へ行けば元のグリップ に戻ります。

そして アドレス(ポスチャア)は
グリップの変わり に大きく左右されます。
どう握るか(どうクラブを扱うか) で
  どう構えるか は変わってくるのは当然です。





さて 今回の被験者になって頂きました Rさん
テークバックの上げ方などは ずいぶん変化してきたと思いますが
一番 肝心になる ボール扱い、ボールさばき
ここは殆ど変わっていない……です。

ここが変わらない状態で 今の上げ方、
テークバックの取り方はそのボールさばきと整合性がありません。
単に違和感に慣れる為にボールを打つ のは勿体ないです。

ボールをどうさばくか が変われば
必然的に テークバックの取り方、つまり準備も変わりますし
グリップやアドレスも変化していくと思います。

大森201904_Moment大森201904_Moment(3)










元々 打撃そのものが上手なだけに
なんとか処理されていますが、
このボールさばき 非常に勿体ないですし、
私たちの年齢で 一番衰えやすい腕力
そして 耐える足腰に左右されることが多く
 替え時 というのは確かだと思います。


Rさんご本人は ご来店頂くことをお薦めします。
しますが、その変遷 はお伝えしますし
どこをどう変えるのかも、変えたいのか も引き続き
記事としてお届けします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにおいて
基本、もしくは 初期の思い込み っていうのは
長いコト残っていると思います。

スイング軌道の話しもそうなのですが
インサイドアウト とか アウトサイドイン などの
平面上の 横 のコトは気にするけれど
ヘッド軌道の縦のコトは無視されている に等しい状態です。


そんな中、とても大切なコト があります。
ゴルフをする 殆どの人が気にしていますが
おそらく 勘違いしている と思います。




それは

「インパクトは体の正面で!」
「ボールと正対した時がインパクトの理想」
です。
36682818

からだの正面で・・・
つまり からだの向き が大切だと信じていますが
実際には からだの「向き」ではなく
同じコトなのかも知れませんが
「両方の肩が均衡、同じ高さの時 インパクトを迎える」
が 追うべき、目標とするべきモノ なのです。

どちらも インパクトでからだを止めて 正面を
同じコトかも知れませんが、両方の硬さを同じ高さにキープ
するのではなく、そう言う時間、そう言う通り道の中でのインパクト 
と言う意味です。

からだの向きを正面で
ボールを体の正面、つまり「向き」を主眼において
スイングをするのと
両肩の高さ を考えてスイングをするのでは
ずいぶんと取り組み方が違うと思います。

(比較)左手ドリル_Moment(2)(比較)左手ドリル_Moment(3)













両方の肩の高さ というコトになり
その正面でからだを止める と言うのは除外すると
インパクトまでは 左サイドの方が低い
左サイドが低い時間帯に ボールのアプローチする
というのがダウンスイング
になりますが、
からだの向き で考えると どうやって我慢して
ボールと正対している時間を維持〜止めるか というコトに
なりがちだと思います。

パッティングやアプローチの基本は距離感
どの位の ロフトのクラブをどの加減で打つと この距離になる
その からだの姿勢(莨紊り、蘊紊り)も含めて
出来るだけ似たようなロフト条件で打つコト によって
距離感が掴めるのです。

そこ 意識して素振りや練習をしてみて下さい🙋


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

悶絶クラブの始まり とも言える
こんな記事有りましたね・・・

IMG_NEW


徳島の河崎君です。 ハイ。



BlogPaint

この記事、と言うか特集自体
なんかの原因で 巻頭ページに
大きく穴が空いてしまって・・・
「なんか企画ありませんか〜」みたいな感じで
始まって オーダーメイドゴルフショップの
ドライバー対決になったんですね、確か。

2007年の初夏位の企画でしたから
もう4年以上も前のコトになりますね。

悶絶クラブ とまでは行かなくとも
特に「ブラックスピーダー」と言うシャフトは
市販のシャフトの中では
全く敵がいない程、飛距離性能では優れています。
今の各メーカーの主力機種(シャフト)なんて
2000年前後のスピーダーシリーズに比べると
単に 叩ける という 人間の性能 に
特化したシャフトばかりで
シャフトの性能 というか
 しなやかだけど強い というのは
もう存在しませんね〜〜〜

ちなみに ブラックスピーダーは
1998年の生まれ
オリジナルは ブラックスピーダー468 の
後ろに GDL ってのが付いていまして
それは GADEL って軽量シャフトの略で
1997年に出た GADEL ってシャフトに
三軸(スピーダー)繊維を混ぜました ってコト
だったんですよ。 知らなかったでしょ

IMG_0001


市販は F3まで でした。
それを 無理やり F4 そして F5 まで
作って・・・
価格も いまどきのシャフトに比べると
安価ですし 性能は素晴らしいし
使っている繊維なんかも 今のシャフトとは
全くもって 比較にならない。

なんで 最近のシャフトって つまらない
安っぽいモノばかりになってしまったんだろうか
模様や色が それを更に強調しているような…
遊びにモノ、しかもリシャフトなんて 遊びに中でも
最高に贅沢なモノなのに・・・
なんで コストと売れ行きばっかり気にかけて
 貧乏臭いことばかりするんだろう・・・ 。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

超軟シャフトのメリット とは…

私が重視するゴルフの普遍。

 一つはクラブの重量配分。
先端に付くヘッドの重みはクラブ全体重量の
半分以上を占める というコト。

 もう一つはインパクト。
当たる瞬間は常にグリップファースト
(用語上はハンドファースト)
であるというコト。この2点です。
これを融合して考え、私は超軟シャフトに
行き着きました。(正直にはまだまだ硬いと
思っていますが…)

 体の向きの変更のみでクラブを横に動かすと
「ヘッド重量&シャフトのしなり(動き)」
によって自動的にロフトが立つ形、テクニックでは
ないハンドファーストが形成されます。
*補足しておきます。 ハンドファーストになる
というのは技術論・・・小手先の技術論ではなく
体の向きの変更は前傾姿勢と言うのが
前提にある それによって アドレスの姿勢と
比べると 斜め上からクラブがスライドしてくる
それが視覚上、ハンドファーストに見える だけ
というコトですので 誤解無きよう…


 そして、この状態でインパクトを迎えることが
理想ですが、しっかりと重量のあるヘッドと
超軟シャフトの組み合わせの方が、誰でも
この形に近づきやすい訳です。

 トゥダウンの少ない、ロフトの立ち難い
硬いシャフトを使っているゴルファーが
真ん中や右寄りにボールをセットしていることからも
それは検証出来ます。

 遅れない=ロフトが立ち難い
から、必然的にボールを右に置かないと打てないのです。
また、こういった人はクラブの捩じりによって
「ヘッドの遅れ」を意図的に作り出すので、
ロフトが開き、バウンスも出てしまう為、
より早い時期にインパクトを迎えねばなりません。

BlogPaint

 次は、トゥダウンについて説明しましょう。
よく
トゥダウンは悪のように言われます。
しかし、シャフトがトゥダウンすると
遠心力の向かう先とヘッド重量の中心点が
一直線に近づきます。そしてその場所で
インパクトを迎える方がエネルギー効率は
良いと思えるのです。
 硬いシャフトではトゥダウンが起ききらない為
常時 重心距離
(シャフトと重心点のズレ)
を計算しながら打たなければなりませんかが
トゥダウンが必要十分あれば 棒(シャフト)
の延長線上に「必ず」打点が来る訳で
重心距離のズレを気にせず
本能のまま棒でボールを打つコトが出来ます。

それにトゥダウンにはヘッド下げる働きが伴う為
とかくヘッドが浮きがちになるダウンスウィングでの
ヘッドの上昇も抑えてくれます。

最後に
「ヘッドスピードが同じなら
硬いシャフトの方が飛ぶ」
と思っている方が
多いようですが、これは明らかな誤解!
インパクトの動きは、しっかりしたヘッド重量と
動くシャフトによって大部分作られます。
だから、この2点を殺さないスウィングさえすれば
体力に応じた最大パワーは得られるのです。

 
 ゴルフ界では、とかく「柔らかい」と言う言葉の
ニュアンスに
「弱い、軟弱な、駄目な」と意味合いが
多分に含まれています。
対して「硬い」は
「強い、硬派、競技志向」
本物を連想させる意味合いが含まれています。
 しかし、的確なミートと効率よいエネルギー伝達、
そしてクラブ扱い(スウィング)における悩みの
解決を実現させたいのならば、余計な幻想に囚われず
重量のしっかりしたヘッドと柔らかいシャフトの
組み合わせを真剣に考えるべきだと思っています。



約17年前 横須賀で工房を立ち上げ
他店と同様に 人気クラブ・シャフトを中心に展開
 
硬いカーボンシャフトが出回り始める
 
ユーザーの反応がどうも薄い・・・
「ウンでも無ければ、スンでも無い感じだった」
 
どんなシャフトでも答えは対して変わらない・・・
「ナゼだ???」
 
約11年前、硬さのバリエーションが
13種類以上在るシャフトを見つける
 
ユーザーを集め、このシャフトの試打を行う。
硬い方から始めて、柔らかい方へと進めていく実験を
すると、柔らかいシャフトほど、ユーザーの感想が
具体的なモノに変わっていくコトに着目。
 
そこで 方針転換を決意 
「ナイショでSシャフトの人に”A”を挿したり…」
柔らかシャフトへの移行を開始する
 
柔らかくするほど、何故か結果は良くなった。
「例外は無かった。正に硬さ革命」

 
「超軟シャフトは何故良いのか?」の研究に着手
 
あらゆる(柔らかい)シャフトを試しながら
フジクラのブラックスピーダーに出会う
「万遍なく撓るシャフトで、しかもRより柔らかい。
フレックスがF0、F1、F2、F3まで在った」
ちなみに F0の振動数は 230cpm
 
今では特注で作って貰ったF4が主流。
「実は、その下のF5も店には有るんです」
目標は組み上げ時点で アンダー200cpm

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ