◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2019年08月


スイング中、体の向きの移り変わりと
腕(胸)の向きは別物、
特にダウンスイングでは
シフトにより骨盤の向きがボールに正対していこうとしても
腕(胸)周りは 右向きのまま! と言う記事を書きました。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1986808.html


ダウンスイング中、インパクトのかなり前で
右かかと(右打ち)が上がってしまう というのは
腕周りを回転ようとして掛かる遠心力に
引っ張られて起こるコトです。
IMG_0736_Slomo_Moment(3)

平地で右足かかとが上がるよう であると
左足上がり、左足下がりでのそれは 更に大きくなり易く
ダフリやトップのミスに届く可能性が上がります。

また 元々クラブが長く、ヘッドの入射が緩め、
そして ヘッドに奥行きのあるフェアウェイウッド が
苦手となり易いパターンです。


スイングは円運動ですが、
重さ に対して 円運動は悪いことが多いです。
円運動というより 円移動 なのですが、
重さのつながっている場所、スイングで言えば
腕〜クラブの 円移動との繋がりは 肩/腕の生えているトコロ
そこは円移動によって「移動しますが」
重さはあくまでも 重力に引かれつつ、直線で動かす感覚が必要です。

骨盤を基準に 足回りを使って
どの道 その上に乗っているモノは 向きを変えます。
放っておいても 土台が向きを変えているのですから
向きは変わってしまいます。
S20190309-2_Moment

トップの位置で 上半身上部、肩周りは
その向きのままで ヒールがボールを向いたまま
ヒールが飛球線を向いたまま
からだの回転で 腕の付け根は移動する
シャンクになりそー みたいな感覚であっても
土台である骨盤は向きを変えますから
フェースがボールを向きます、大丈夫です。

例え シャンクであったとしても
トライしてみると実感すると思いますが、
インパクトのタイミングが明らかに今までよりも早い
ダウンスイングの時間が短いと思います。

👉今までは 下半身リードで
下半身がボールと正対して「から」
クラブを振り始めていた訳ですが、
胸廻り、腕周りは右向きのまま
下半身をボールを正対させようとすると
下半身がボールと正対した時がおおむねインパクト になります。
それ以降 が要らなくなります。

その感覚とシャンクであっても掴めれば
あとは フェースを下に、ボールに向ければ良いだけ です。
いままでは 左サイドが上がりながら のタイミングで
無理やりシャットを作ろうとしていた? かも知れませんが、
このトライであれば 左サイドがまだ下がろうとしている
左サイドが低い時間帯でインパクトに入れますので
従来よりもずっと簡単に「シャット」が作れます。

腕やクラブの重さで落ちる
それを 骨盤の回転で 腕の付け根だけ移動させればよいので
脱力 とまで言えないかも知れませんが、
従来よりも遥かに腕力の要らないショットが可能になります。



✊これを覚えられると
 傾斜地からのショットの確率がグン と上がり
 苦手?だったかもしれない フェアウェイウッドが打てるように
 なりますから ずいぶんゴルフが変わると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドの入射角度 と言う言葉、
どう言うものかは理解できると思いますが、
ゴルフ、スイングの用語としてあまり使われていません。
その言葉そのものに 「?」 ピンとこない方もいらっしゃいます。
006

入射角度は
その言葉の通り ヘッドの高さ を単位に
どの位の高さから ボールに向かって入ってくるか
 です。

ですので 45インチのドライバーと
35インチのウエッヂでは 長いドライバーの方が
水平に近い緩い角度からの入射、進入になり
短いウエッヂは逸れに比べ、急激な角度からの進入になります。

☆この入射角度は本来、
そのクラブの長さそのもの、ではなく
そのクラブの長さによっての前傾角度によって生まれますが、
今回はそこのところは割愛します

同じようなヘッドスピード、年齢、体格の人が 同じクラブ を打っても
距離や高さ、スピンなど 違いが生まれるのは
この入射角度が個別に異なる、個性があるからです。


✋地面に対するインパクト時のヘッド姿勢は同じ と仮定すると
緩い角度  で入射すると 飛び出る弾道は高くなり、スピンは少なめなります
キツイ角度 で入射すると 飛び出る弾道は低くなり、スピンは多めになります


ゴルフクラブはその使用されるロフト角度 によって
適合長さがあります。
長さがあり ヘッドスピードが上がるとは言え ロフトのキツイ(立った)モノは
ヘッドスピード要因だけでなく、その長さによって ロフトを援助している と言った具合です。

考え方を変えれば 入射角度もロフトの一要素、両方でロフト と言えるかも知れません。

仮の話では インパクトロフトを固定していましたが
緩い角度で入射する時は インパクトロフト姿勢そのものも大きくなり易く
キツイ角度で入射する時は インパクトロフトそのものも小さく(ロフトが立つ)なり易く

思っている以上に その差は大きいモノ です。

そして、あまり誰も言いませんが
ゴルフクラブの構造上、角度は複合体であるが故に
ロフトが変わってしまうと ボールの飛び出る方向
フェースの向きも変わってしまうので
平面的な見方だけで ボールの方向 は決まりません。
距離や弾道ばかりでなく、方向安定に関しても
似たような入射角度、似たようなインパクトロフト というのは重要です。



打つ時にミスってしまうのは仕方ありませんが、
事前に球筋、それを司る大きな要素、入射角度とインパクトロフト姿勢、
繰り返しますが、これを司るのは
そのクラブの長さ による前傾姿勢 です。
前傾姿勢が司るから 多少のミス、ブレがあっても
その幅は許容範囲で済むのが 本来のゴルフスイング理論 なのですが・・・
ダウンスイングを腕の振り で行ってしまうと
入射角度と前傾姿勢には 関連性が無くなってしまいます。

例えば 限りなくマシンのように からだの回転で打てる人がいたとしても
左足上がりでは 入射角度は若干緩くなってしまい
通常よりも 打ち出し角度は高く、スピンは少なめになります。
左足下がりでは 入射角度は若干きつく成り
通常よりも 打ち出し角度は低く、スピンは多くなります。

からだの回転で打つ と言う前提の上 でです。

これを 手で振ってしまうと
クラブや腕の遠心力が からだの回転で打つ以上に多くなるので
その左足上がり加減、左足下がり加減が更に増す ような
からだの姿勢になり その違いは更に多くなり
ダフリやトップなどのミスに到達するまでになってしまいます。

平地でボールを打っていても
ダウンスイングで まだまだボールに当たっていないのにS20190309-2_Moment
右足(右打ちの人)のかかとが上がっている人を見かけます。
もしかしたら 少なく無いかも知れません。
評論と言う形で言わせてもらうと
右足のかかとが浮いていることは問題ではなく
無意識の内に右足のかかとが浮いてしまう原因 が問題です。
そうなってしまうダウンスイング、インパクトへの進入では
入射角度=前傾姿勢、前傾姿勢と入射角度に関連性が無く
手の振り加減によって 入射角度が生まれてしまうので
そのバラつきは 前傾姿勢=入射角度 の人よりも
遥かに大きなものになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近 『片手打ち』『片手での素振り』をよく見かけるのですが、
これ まさに からだの回転と腕・クラブの重さの関係
の代表例です。

クラブは重さが長い棒の先に付いており
その重さ(ヘッド)の重さの中心点は
握っている棒(シャフト/グリップ)からズレたところにあります。
ボールを打つ場合は勿論、素振りであっても
その重さを片手で支えるのは少々無理があります。
Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment

ハミングバードが提唱している
トップの位置から からだは回転していくけれど
クラブを持った腕周り、胸廻りは
トップの位置の右向きのまま
その重さで落としていく とすると
クラブ、腕は 真っ直ぐに伸びた 最大の長さになりません。
俗に言う「ディッシュアングル」が保たれた状態、
というか そのことに関しては無意識のまま でも
結果として それは維持されます。
からだの回転、向きの変更に対して
腕の付け根だけが移動していくこと を
意識していれば ディッシュアングルは保たれます。

✋腕の作業は 重さで落としていく
 腕の付け根はからだの回転で移動していく
 その中で フェースをボールに向けるよう仕向けるだけです。

IMG_0666_Slomo_MomentIMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0666_Slomo_Moment(4)






ところが からだの向き通りに
イメージで言えば
前ナラエの向きゴト、腕〜胸の向きを変えようとすると
遠心力が働き、ボールを打つ前に
左腕とクラブは一直線になろうとします。

アドレス時は ディッシュアングルのある状態
ディッシュアングルのある 腕とクラブの長さ です。
それが 一直線の長さに、つまり長くなるのです。
となると アドレス時の姿勢では
ボールと自分の距離が狭く、空間が足りなくなってしまい
ボールが打てません。

遠心力が働くコトもあり、 からだを開いたり
左サイドを伸ばしたりして 空間
長く伸びたその長さ を通せる空間を作り出します。

ですので からだを開いて
アウトサイドインに振らざるを得ません。

   …これ ナンの練習になるのですか

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


腕やクラブの重さ
そして クラブヘッドのあの形の理由 は
その重さによって 腕やクラブを動かす、動かすコトの補助 で
腕力で振り回すコト ではありません。

クラブは先端に重さが集中している訳で
手元から先端にかけて 運動で重さをかければ
当然 体から離れようとします。
そうなれば 始めの重さ以上に 力が必要になります。
それでは より力のない人や女性には不利です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事と同様に
腕とからだの関係について です
http://hbs.livedoor.blog/archives/1986808.html




スイングにおいて
腕の重さ というのは 実はかなりもの
元々 両腕で重さは10舛鯆兇┐泙
クラブと同じく、それに長さがあり
移動すれば 運動速度が乗算で加わります。

スイングはからだの回転で、というのは
出来る出来ないは別として
殆どの人が認識しており、トライした経験はある筈。

そして インパクトは体の正面で や
アウトサイドイン、インサイドアウト
インパクト時のからだの開き などは
スイングチェック、ミスの修正、スイングの改造において
多くの人が気にしているポイント です、ね。

IMG_0736_Slomo_Moment(3)


それらが 逆に仇となるのが
腕と言う「重さの扱い」です。

横の場合と同じく
クラブは下に振るモノ と思い込んでいる人が多いと
腕を無理やり下げようとする人が多いはずですが、
それは逆効果になり易い と理解してください。

クラブや腕の重さを含めて
 腕は落ちる のであって
 腕を下げるのでは
からだが不必要に折れて 逆ピボットになったり
前傾が側屈・・・ダウンスイングの時点では、右に折れたりし
地面にあるボールを打つために
ヘッドを低くしよう、クラブを下げよう と思っているのに
からだが上を向いてしまい 逆効果になります。

似ているので 掴み辛いかも知れませんが、
腕(特に上腕)やグリップは 重さで落ちる/降りるのであって
下げるのではありません。   ⇒この場合は左腕(左上腕)に該当します。
右腕に関しては 伸ばす というより
重さで伸ばされる
 と考えた方が良いと思います。

回転に伴う 横の動き に対しては
縦の動きはあまり意識する必要は高くありませんが
知識として知っておいて下さい。


やはり 問題になるのは 回転と言う
前傾姿勢があるのでやや斜めの動きになっても
基本、体に対しては横に運動する 横の腕さばき です。


それを実行する上で
スイングの基本である
腕の動作(この場合は重さに対する受け身)と脚の運動は
同期して、出来るだけ パックな動き はとても大切です。

テークバックであれば
お尻も含めた脚さばきによって 右を向く動きと
右ひじを曲げる動きは連動しておく必要があります。
90度が正しい訳ではありませんが、
対比に分かり易いので 仮に90度の右向きを目標にすれば
90度の右向き動作の脚まわりと
90度の右ひじの曲げ具合は いつも連動し、
30度なら30度 45度なら45度 60度なら60度 と言った具合です。
IMG_0743

ダウンスイングであれば
クラブの重さによって 腕(上腕)が下がり
それによって重さが 左足にかかり始めたら
その重さなりに 体自体も左足に移り、
その体重配分と からだの向きが連動
シフト イコール 回転 の感じです。

腕の向きは右向きのまま にしておけば
クラブや腕の重さは回転やシフトを阻害しません。

腕の向きをボールと正対する意識を持つと
クラブと腕の重さによって 右打ちの人であれば
右足前の 斜め下方に遠心力が掛かってしまうので
自然に体の補正本能が働き
その重さがかかるのとは 立体的に反対の 左上方に
引き付ける動きがからだに入ってしまいます。
👉もうその時点で 骨盤の正面を過ぎてしまう、逸してしまうので
からだの回転でボールを打つコトは出来ません。
(時を逸してしまっています)
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)





からだの回転には 本来、横も縦も移動させる機能がある筈 なのですが
それを利用する「時」を逸してしまっていますから
腕で 縦も横もクラブを動かさなくてはならなくなります。
👉これが俗に言われる フェースローテーション で
スイングのミスの補正動作 に過ぎないのです。


右向き、トップの位置から
腕やクラブの重さで そのまま腕を落とす/下がる
からだの回転/シフトが入っても
腕の向きは右向きのままでOK です。
決して 腕周り、胸廻りをボールの正対させる必要はありません。
逆に 右向きを維持しておく意識の方が有効 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こすり球やスライス、振り遅れの原因
 とも思える 「大きな勘違い」の話し です

ちょっと言葉で説明するのは難しく
ニュアンスは掴みにくいかも知れませんが
多くの方にとって 参考になるかも知れませんので
試してみて下さい。

また イマイチ掴めない と言う方は
ご来店頂くなり、 046-804-1480 
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
お電話、お手紙下さい
IMG_0699_Slomo (3)_Moment


 弊社では常日頃、ヘッドやシャフトは振らないんだよ
と言っています。
これは そのモノ の話ではなく
『重さ というモノは振ろうとしない、放っておくんだよ』
と言う意味です。
そして 人によっては もう一つ
 大きな「重さ」を忘れています。


それは 腕 です。

両腕の重さ は10舛鯆兇┐泙后
女性であっても 8キロくらいはあります。

その腕を振らない と言うのは どういうコト でしょう。

おそらく…ですが 多くの人は
スイングでのからだの回転と腕の関係は
この写真のような関係 だと考えていると思います。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)






言葉にすると
前傾姿勢を抜きに、前ナラエ をして
右を向き、正面を向いてくると
その前ナラエ も正面になる、ボールに正対する

というコトですが・・・・・・・・
そのイメージ、思い込みが
振り遅れ、手遅れを呼んでいる可能性があります。

気を付けの姿勢では確かにそうなりますが、
前ナラエ をすると 腕の重さ、長さを含めた腕の重さに
移動の運動速度が乗算としてかかります。
気を付けの姿勢とは 当然異なる状態、重さ配分、負荷です。

にもかかわらず
ゴルフで言うと クラブの持った腕〜〜〜前ナラエ を
ボールに正対させようとすると
その余計にかかる重さ分、からだ、この場合は骨盤ですね
は開かなければならなくなります。

MVI_0878(2)_Moment(3)
mhmh







前ナラエ である腕の部分を
ボールと正対した状態にしようとすると
その重さのかかる分 からだは開きます。

インパクトの骨盤が 左を向いている訳ですから
外からしか打つコトが出来ません。
この体の姿勢では
インパクト直前まで大きくロフトは開いていますから
左に向かって フェースターンをせざるを得ません。



では・・・どうすれば良いか・・・というと
右を向いた トップの状態から始めましょう。

]咾砲蕨喙身とクラブの重さが 下 にかかっています
⇔省の腕の中でも 下側にある左により かかっています
その重さに応じて 左腕・左グリップが下がります
ず枯咾動くコト はイコール 左半身の左への移動
ズ姑梢箸虜犬悗琉榮亜淵轡侫函法,魯ぅ魁璽訛里留Ωきの解き

MVI_0741_MomentMVI_0741_Moment(6)MVI_0741_Moment(9)





骨盤 からだの右向きが解け、正面を向き始めても
腕は 右向きのまま の状態で落とせばいいのです

腕周り、腕までも 正面向きに回転させてはいけません。 

からだの回転に伴い 腕の付け根(肩)の部分は
回転通りの移動は行われますが、
腕自身は単に落下方向だけ、回転に付きあってはいけません。

IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)





✊逆もまた真なり で
 トップの位置から 腕まわり、胸をボールに正対させるため
 腕を回転なりに振れば振る程

 ✖からだが開く
 ✖右サイドが潜る
 ✖左サイドが上がる
 ✖振り遅れる

 も実感してみて下さい


トライしてみて下さい。
かなり役に立つ人もいると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在 アマチュアもトーナメントプロも
主に 「フェースを返す」「ヘッドを返す」「ターンさせる」
 いわゆるローテーション打法
になっています。

これは そうでない打ち方 からすると
⚠ロブショット を打つ打ち方
⚠ボールを上げる打ち方
  です。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


大人になって ゴルフを始める人にとって
始めのうち、ボールを上手く打てないとしても
その打ち方は必要ありませんが、
チカラの無いジュニアがゴルフを始める となると
その打ち方 でないと ボールを浮かせられません。

ゴルフクラブの本来の使い方 である
フェースがボールを上から見て、ロフトというゴルフクラブの機能で上げる
打ち方では 彼らにはボールを浮かせられない のです。

ですので それを大人がマネをしてしまうと
地面のボールを何とか打てたとしても
✖ボールが上がり過ぎる
✖スピンが多すぎる

に行き着くのは当然の帰結

ボールを上げる打ち方〜ボールをさらう打ち方は
からだ(骨盤)が正面を向いてカラ
クラブを振りますので 必然的にアウトサイドイン軌道
 です。

スイングは本来 ボール、そして飛球線(スタンスの向き)に対し
右を向いて、正面を介し、左を向く
インサイドイン の軌道。
それに 慣性や遠心力によって 打撃後、クラブが長くなる(ように見える)
ので インサイドアウト になる仕組みなのですが
それは からだの向きに応じてクラブが動く、
からだの向きと同調して腕が、クラブが向きを変えるから です。

フェースを返す は ボールをさらう 動き になります。
ボールをさらう には 右サイド(右グリップ)が左サイドよりも
下にならないと、潜らないといけません。
その動作は 左が上がる分、同量 からだが開いてしまいます。
そして その時にはまだ ボールを打っていない・・・。


上手く打つには からだを開かなくてはならず
これでは インサイドから入れることが出来ません。
インサイドインが良い、すべて とは言いませんが
アマチュアが上達する、練習する項目として
アウトサイドインの改善が大きなテーマの一つですが、
フェースローテーションを打撃法にしている限り、
それはアウトサイドインはパックで付いてくる
アウトサイドインに振るための代表の動き なので
治すことが出来ないのです。

また 元々 ボールを上げるため、スピン量を増やすため
の打ち方ですので
飛ばすために ヘッドスピードアップしても
それに応じて 飛距離/ボールスピードが伸びず
高さやスピンばかりが増えます。
そして、その打ち方は肉体を酷使します。

PCC


ジュニアから始め やむを得ず その打ち方をしているプロ。
大体 スポーツ選手として、無理が出来ない年齢 が来ると
成績が落ちて 消えてしまう、 その打撃法を
大人(おじさん)の私たちが真似る必要は全くないのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの方がプロのスイングを真似ようとしていますが、
辞めた方がよい・・・
辞めるべきと思います。

部分的に参考にする程度にした方が良いと思います。

down_swing


それには いくつかの理由があります。


‘体的理由
∋間的理由
これらは説明の必要もないでしょう。


意外に見落とされているのが クラブ の問題です。

現代の多くのプロは ジュニア、10歳位の年齢からゴルフをし始めています。

ハミングバードはゴルフ業界の中では特殊であると自覚していますが、
それを差し引いても ジュニアや非力な女性にとって
ゴルフクラブを提供するメーカーは重きを置いていません。
単純に数が売れないからです。

男女関係なく、10歳の子がゴルフを始めるパターンは
大人のクラブを慎重なりに切ったクラブから始めます。
市販のジュニア用もクラブ概ね同じです。
ジュニア用の長さに適応したシャフト、シャフトの硬さやヘッドの重さ
場合によっては ロフト角度 など
採用しているメーカーは殆どありません。

⚠シャフトが硬い
⚠ヘッドが軽い
⚠ロフトがきつい(ボールが上がり難い)

 クラブでゴルフを覚えています。

シャフトが硬い は
スイングにとって シャフトの使い方を誤らせます。
✋シャフトの本来の役割は
ヘッドの重さを打ち手に伝え、その重さを利用して
グリップを動かし、それによってクラブを動かすコト
 です。
シャフトが硬い、硬すぎると
ヘッドの位置が分かりません。
ヘッドの重さが自分に伝わりにくい です。
よって スイングを重さの感覚で覚えるのではなく
多くの場合、反復練習によって 型によって覚えます。
また シャフトが硬いので ヘッドの重さの使い方
シャフトの使い方を 本来の役割の反対、
ヘッドをどう振るか、シャフトをどう振るか
 シャフト=長い棒
 として使うようになります。

ヘッドが軽い は イコール ボールを飛ばすエネルギーの少ないクラブ
ボールを上げるエネルギーの少ないクラブ で ゴルフを、スイングを
覚えると それを補うため より速く より速く より速く
スイングをする必要が生まれます。
シャフト → ヘッドを動かす為の長い棒 とも相まって
「速く振る」というコトがスイングの 最大のテーマ になります。
PCC

プロ、もしくはプロを目指すジュニア は
お金を貰う、稼ぐために クラブを無償で手にします。
プロであれば 使うことによって お金も貰えるのです。
私たちアマチュアは その全く逆で お金を払ってクラブを買うのです。
例えば プロの場合、
自分に適しているけれど  契約金の安いメーカー と
自分に適していないけれど 契約金の高いメーカー 
の二つを選ぶ状況であれば、もれなく後者を選ぶでしょう。

使ってみた結果、悩みに突入するケースも
偶然にも自分を活かすコトになることも
アマチュアの同レベルの ゴルフクラブに対する知識では
予測しようもないでしょう。
契約条件などを優先し、没落してしまったプロは推挙に暇がありません。

ゴルフは飛ばすとともに正確性、再現性、持続性が必要なゲームです。
飛ぶのなら 速く動かずにいた方が 残りのモノを達成し易い です。
修行の結果、同時に達成しているプロ
 しかし 運動性能の優れた 非常に短い期間
それを クラブを選べる、お金を払ってクラブを得る
 アマチュアが真似る必要はありません

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

グリップのことですが,の記事で

ゴルフクラブは,感情線より指側で握るとありました.

これは,感情線と指の付け根の間をクラブにあてて

握るということでよいでしょうか.

自分の握り方を確認したところ,指の付け根で握って

いたのですが,違う気がしました.



グリップは,左手の指の付け根のラインにあてる,

としている解説書があるのですが,これは腕でクラブ

を動かすためのグリップだとブログで読んだ記憶が

あるのですが,見つかりませんでした.



IMGA0214

有難うございます

グリップの問題は 初歩的な部分と考えがち
ですが 非常に重要であり ある程度の年月をかけて
直していく必要があるかと思います。


まず 理解頂かねばならないのは
左肩を中心に 象の鼻のように左腕を振り
左グリップを支点にクラブも振る、シャフトも振る
そんな 動かし方をしているゴルファーであれば
左手全体で がぶっと 握らなければ ボールを
打つことが出来ません。

ssng

ですから グリップを一旦 修正したとしても
何球かボールを打つと 自分の肝心要の打撃が出来なくなるので
直ぐに戻ってしまうモノです。

スウィング を始める基礎の アドレス
これは グリップで決まってしまう と同時に

クラブの扱い方によっても グリップは決まって
仕舞いますから 修正していくのは同時進行
ある程度の時間が必要になると思います。

魔法のように パッと出来るゴルファーを見たことが
有りませんし、正しいクラブ扱いをし始めたゴルファーは
いつのまにやら グリップも美しくなっていきます。

個人的な意見ではありますが
昨今流行の ♪レーンスウィングの達人。。。
例え プロであっても 最近は 美しいグリップを
見るコトが非常に少なくなりました。。。

自分のスウィングやグリップが好きか と言われると
はい! とは自信を持っていうコトが出来ませんが
少なくとも ヒトを不快にさせるほど 醜いもの
でも無い と思っています。

s20

グリップは 左手のグリップで決まってしまうとも
言えます。 右手は 左手が作ったスペースを利用して
行うモノですから 正しい左手でないと
右手の使うべきスペースも奪ってしまいます。

左手は出来るだけ 指 中指・薬指・小指
この3本の指だけで 握りたいです。

お寿司を握るような感じでしょうか。。。

手の大きさにもよりますが
感情線よりも手のひらは
 グリップに触れさせたくないですね

グリップで重要な注意点は
 グリップで二度握りは禁物 と言うコトです。

IMG_0013

既に指で 一度握っています。

これを更に もう一度握りこむこと。。。 
   これを 二度握り と言います。

IMG_0014

上から見ると・・・

IMG_0015

これを もう一度握りこむと。。。

IMG_0016

こうなると 右手の入ってくるところが
塞がれてしまいます。
右手は横から握ることになり
アドレス時の姿勢から既に 必要以上に右サイドが
低い そんなところからのスタートになってしまいます。

クラブの扱いによって
いま、直ぐには出来ないとは思いますが
自分の クラブ扱いのヒトツの目安 にもなりますので
日々 注意して 見守り続けて下さい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まず 定義として
からだの正面 というのは "胸" ではなく
『骨盤』なんだ ということです。

からだを捩じって 骨盤は開いているけれど
無理やり 胸がボールと正対している、
この状況では 両腕は自然な「元の長さ」に出来ません。
✌インパクト時に右腕が短くなっている というのは
イコール ロフトが開いている です。


hiraki


飛距離が出ない は
◎ヘッドスピードが足らない
◎ボールスピードが上がらない
 👉ロフトが開いている
 👉入射が緩い

      から 始まります

同じ条件であれば ヘッドスピードが速いのは有利です。
有利ですが、ヘッドスピードとボディスピードが一致、伴わない
ただ 単に数値としてのヘッドスピードはあまり意味がありません。
無理して出す こすり球になる ヘッドスピード42ms よりも
ちゃんと捕まえる 37ms の方が距離は出ます。

また その方が繰り返し易く、ラウンドを通して続けることが可能です。



ヘッドはその重さによって 遅れさせるべき です。
それを ロフトの立ち にすれば良いだけ です。
問題なのは 手/グリップが遅れて
 からだの幅からズレてしまうコトです。


18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n


飛ばすコト、というよりも 飛ばないコトを避ける意識 でしょう。





グリップを体の幅から外さない(ずらさない)注意点


IMG703

.董璽バックの時点で グリップを体から外す(ズラす)のは✖

 グリップを何で動かすか によります。

 ◎脚(お尻も含め) からだの向きで動かすか
 ◎肩回り だけで動かすか

 ダウンスイングのズレ よりも テークバック時でのずれの方が
 ロフトの開き効果、入射の緩さ加減に大きな影響があります。
 往復・・・ですからね。


IMG_0665_Slomo_Moment(3)

▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿如,らだの回転に肩周り、腕周りを置き去り✖

 打撃は からだの回転、脚(お尻も含めた)がパワーの源です
 からだを回すなら 全部動かす必要があります。

 置き去りの習慣が付いている人にとっては
 腕を先に動かす …位の意識で やっと同調します。

 先行してシフト〜体重移動する人は
 そのシフト〜体重移動に回転を合わせ技にしてみましょう。
 置き去りの人 はこのパターンが非常に多いです。

✋インパクトで体を止めて置く  ・・・よく言われる茲諒
 なんてことは実際には出来ず、先行した下半身(骨盤)は
 肩が回る分 開きます。
 その分、右サイドはツッコミ 下がり  〜〜空間が減り
 右腕が伸ばせなくなってしまいます。

 左ひじ、左上腕 を先行させる
 その意識で やっと同調します。

✋スイングに、行きであっても、帰りであっても
 意識して肩周りは「一切」使いません。
✋スイング動作 で意識的に使うのは四肢(上腕/大腿)で
 胴体はまるで使わない(意識して使わない) ものです。
 胴体は自然に生まれる 歪みや捻じれなどのクッションとして
 利用しないと 体を痛めてしまいます。

IMG_0148_Moment

左手を下げる もしくは 右手で左手を押す補助を
 トップの位置付近では インパクト方向に向けて
 大変 都合の良い グリップ関係になっています。
 左グリップの上に右のグリップが被っているからです。
 からだの回転に伴って 左上腕なり、左ひじが動くのが理想 ですが、
 せっかく 右グリップが左グリップを インパクト方向に押すのに
 都合の良い状態なのですから その補助を。
 からだから離れない限り 積極的に それを行うも ◎ です


✊理想的には トップの位置で クラブの重さ が
 グリップをインパクト方向に押すような姿勢/位置になっていると良いですね 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇堡里離ラブ(5番アイアン)
 ヘッド重量240g シャフトの硬さ280cpm

▲悒奪匹里潴綫
 ヘッド重量320g シャフトの硬さ260cpm
シャフトのみ悶絶
 ヘッド重量240g 
シャフトの硬さ180cpm

IMG_0736_Slomo_Moment(2)


ヘッド重量240g シャフトの硬さ280cpm
のクラブでゴルフを始める、スイングを覚える
と ボールを拾う能力、ボールを飛ばす能力の低さから
如何にヘッドを速く振るスイング
シャフトを振るスイングを覚えざるを得ません。

その方が スイングを変えずに すぐに打てるのは
ヘッド重量320g シャフトの硬さ260cpm
ヘッド重量240g 
シャフトの硬さ180cpm

どちらかと言うと です。
振動数 180cpmは少し激しいかも知れませんが
振動数 220cpmであれば 大丈夫でしょう。

シャフトが柔らかいコトによって ボールを拾う能力があがり
かつ 速く動かすコトへ負担になりません。
例えば オーバースイングに悩む方や
リズムが速い人にはとても良い 改良要素になると思います。

シャフトの硬さが 180cpm以下まで落ちてくると
ヘッド、シャフトを振るスイングにとっては
シャフトのしなり〜しなり戻り の量が多すぎて
タイミングが取れず、ど開きでのインパクト、ダフリになります。
まあ 数を打てば慣れてくると思います。
シャフトの働き 👉シャフトはヘッドを振るモノ ヘッドを動かすモノ
から 👉シャフトはグリップを動かすモノ に改心
したいと思うのならば この位の硬さにトライしても面白い でしょう。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)


◎振動数220cpmであっても、180cpmであっても
ウエッヂだけ スチール(振動数280cpm)のモノにする
なんて言うのは 愚の骨頂です。
シャフトの強度の関係からスチールシャフトでは
シャフトを柔らかくすることは不可能です。
故に柔らかいシャフトはグラファイトでないと実現出来ません。
なんとなく漠然としたイメージでは
シャフトの質量が重い スチールの方が 距離を望まないウエッヂには
よさそうに思うかも知れませんが、
シャフトの命は「硬さ」です。
✋過去に実験をしたことがありますが、
アイアンを全番手 バラバラの硬さ にするのと
アイアンを全番手 バラバラの重さ(シャフト) にするのでは
圧倒的に シャフトの硬さがバラつく方がミスが多発します。
硬さが統一されている方が ミスが少なく
ミスが出たとしても そのミスは一定のパターンで収まります。

DRIYbXDU8AEUY3o


スイングを確認したい
スイングを治してみたい 人は
ウエッヂだけ 振動数220cpm とか 180cpm にしてみると
面白いかも知れません。
✊使い始めの頃は 今までできなかったような
 『ロブショット』が打てるでしょう。
 サンドウエッヂのヘッドをロフトもそのままで
 ドンと柔らかいシャフトにするだけで
 びっくりするような「ロブショット」が打てると思いますよ。
     …練習場で真上の蛍光灯割らないようにね
✊柔らかいシャフトで 普通にランニングとか
 中〜低弾道のアプローチが打てるようになると
 スピンのかかり方が 断然、変わると思います。

✋インパクトの姿勢 ではなく
 インパクト以前の ヘッドの入ってくる上下の軌道
 が 弾道やスピンを創り出す というコトが見えてくると思います。

8658a3e6-s
e00bf7e6








ゴルフクラブは アイアンだけでなく
ドライバー、ウッド、ユーティリティ で構成されます。

.悒奪表杜240g シャフトの硬さ280cpm
のクラブでスイングを覚えた人は
基本、アイアンをダふって打つコトが殆どです。
シャフトを柔らかくすると それを改善していけるようになりますが
それに応じて ウッドのシャフトも柔らかくすると
空中のボールを打つドライバーは
ダふって補正をかけられませんから
アイアンに比べ うんと苦労することになります。

アイアンにはほとんどの場合 小ぶりなヘッドが付いています。
ところが ウッドは重心距離も長く 重心深度が深い
という 全く別な代物です。
ヘッドを振って、シャフトを振って クラブを使う人にとっては
アイアンとは異なり、元々得意としている人は多くないでしょう。
シャフトが柔らかくなると その重心距離の長さ、重心深度の深さ、が
より シャフトのしなりを増やし、シャフトのしなり戻しの抵抗になります。
てんぷら・・・に近いほどの どどどプッシュスライスの佃煮 に
なるんじゃないでしょうかね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇堡里離ラブ(5番アイアン)
 ヘッド重量240g シャフトの硬さ振動数280cpm

▲悒奪匹里潴綫筌ラブ
 ヘッド重量320g シャフトの硬さ振動数260cpm

 (同じ硬さシャフト〜ヘッドが重くなった分落ちた数値)


ファーストステップとして
.悒奪表杜240g シャフトの硬さ振動数280cpm
まあ ごくごく一般的なゴルフクラブですね、
インターネットで中古を買っても
日本中、どこのゴルフショップに行って 目隠しでクラブを買うと
だいたい このスペックのクラブです。
IMG_0743



.悒奪表杜240g シャフトの硬さ振動数280cpm(5番アイアン)
このクラブでゴルフを始める、スイングを覚えた人の特徴
最大の特徴は アプローチです。

このスペックですと
ヘッドの軽さ、シャフトの硬さ によって
地面に置いてあるボールを「拾う」能力
地面に落ちているボールをさらっていく能力が皆無です


そこそこのスピードで振るのなら 誤魔化すコト・・・
スピードがあれば フェースにボールは逃げますが
ヘッドが軽く、シャフトの硬いクラブでのアプローチ、
遅いヘッドスピードでのショットは
ヘッドが下に下がる、クラブが下に下がる能力・エネルギーが希薄なため
ボールが拾えず、フェースにボールが乗りません。

👉経験を重ね、スコアが良くなったとしても
ココの部分はなかなか改善しません。
よほど ここの練習(20〜30ヤードのアプローチ)を
反復しないと ゴルフを辞めるまでここは苦労します。



そこでファーストステップで
ウエッヂだけでも ヘッド重量を悶絶変態系にしてみましょう。
▲悒奪表杜320g シャフトの硬さ振動数260cpm
ヘッド重量がどかんと 80g増えます。
 パーセンテージで言うと35%増しです。
数値だけを聞いても 下に落っこちそうですよね

このファーストステップで
 苦手だった 中途半端なスピードのアプローチがいきなり激変します。

始めはダフリまくり、もしくは ダフリトップの往復ビンタ かも
しれませんが、放っておいても ヘッドが落ちる を掴むと
今まで 地面のボールを拾うために ボールをこそぐように使っていた
ロフトを出来るだけ開いて打っていたのが
ごくごく普通なロフトでインパクトを迎えられるようになり
強いインパクト、速い動きも要らなくなります。

インパクトロフトが大きく締まりましたので
当然 スイング、および動作は小さく遅くなり 弾道も低め になります。
動作が小さく遅く少なくなるので ミスの頻度はグッと下がります。

また、付帯的な要素ですが、
今までかけようとしていた スピンが
非常に簡単にかかるようになります。


IMG_0736_Slomo_Moment(2)


重いヘッドは ラフやバンカーにとても強いですから
これだけでも スコアアップの強い味方となります



✋そして これはウエッヂだけでなくアイアン全般に言えるのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



市販のクラブを使っている方の
 ゴルフスイングを見ると 経験や上手い下手など ひっくるめて
軽いヘッド・硬いシャフト を使って
ゴルフスイングを覚えた特徴
 が出ています。

これは後々 クラブを替え、スイングを変えようとした時
とても色濃く残ります。




ハミングバードでは
 クラブを振るな、シャフトを振るな と言いますが、
原則論(当たり前)として
 ゴルフスイングは 打ち手である人間が動くから、
 グリップが動き、その結果、ヘッドが動きます。

 その時、長い棒の先に重さのあるヘッド部分は
 グリップの移動量/運動量よりも
 その重さ分、運動によって増えた重さ分も含め 少なくなります。
 からだとグリップ描く円、その同軸線上にあるのではなく
 重さ分、それよりも少なく 運動量に応じて遅れてくる ということです。

 ✋ヘッドの付いていないゴルフクラブ。。。
 グリップとシャフトだけのモノと振るのと同じように
 ヘッド(重さ)の付いたゴルフクラブを動かすコトは出来ません。
 (なぞなぞのようですが分かりますか?)
 打ち手/振り手の動きが同じなら、ヘッドの作る弧は異なります。
 例えば 打ち手が向きを180度変えても
 ヘッドに重さが付いている分、シャフト自体は
 90度〜120度程度しか回転しません。


MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)






 ✌その逆に
 ヘッドの付いていないゴルフクラブとヘッド(重さ)の付いているゴルフクラブ
 を 同じような弧を描いて動かしたとしたら
 打ち手/振りての動きは異なるモノになります。




自分が動くことによって グリップが動いて、ヘッドの重さ分をマイナスし
ヘッドが動く のと 自分側に重心のあるスイング と呼びます。
ヘッドの重さ分、運動で増える重さ を無視して
自分の動きと同じ分だけ ヘッドが弧を描くスイングを
ヘッド側に重心のあるスイング、ヘッドを振るスイング と呼びます。



前置きは長くなりましたが、
軽いヘッド、硬いシャフトでゴルフを始めた方、スイングを覚えた方は
ゴルフクラブに ボールを飛ばすエネルギー、ボールを上げるエネルギー が
少ないので どうしても 「いかに速く動かすか」が必要になります。
故に そう振ることがし易いこともあり
ヘッドを振りまわす、シャフトを振りまわすスイングになってしまいます。

ですので 俗に言うカット打ち、アウトサイドイン とは
別にスイング軌道として 外から、アウトサイドインに振ろう としてる訳
ではなく、イメージとして 自分を軸、中心点 とした
円弧をヘッドで描こうとしている
👉実際には ヘッドの重さ、その重さが運動によって増える分の負荷だけ
自分が引っ張られてしまい(スイングの重心点がヘッドの方に寄るので)
アウトサイドイン になるに過ぎません。

IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








そう言う意味では
チカラの無い方や女性が 弊社の悶絶変態クラブを持つと
その重さ、運動で増える重さを
無理やり振ることが出来ず
無意識の内に 自分軸の、重さを放っておくスイングを自然に身に付けます。
どこまで とは言えませんが
単にゴルフを楽しみたい、コースに行ける程度打てれば良い
その位であれば、初めてクラブを手にする力の無い方、女性 が
弊社のクラブを持てば その日の内に打てるようになります。
始めの数点アドバイスをすれば おそらく生涯ゴルフレッスン要らず
と言っても過言ではありません。


問題なのは 本来動かすと重くなるヘッド
それを力で無理やり 円弧を描かせることが出来る人、
チカラで封じてしまうコトの出来る人 です。

それを治していくためのステップを
 クラブの変化とともにお話しましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードのクラブは
確かにヘッドが重く(市販品より35%増し👁)
シャフトも柔らかく(市販品🄬よりも120%増し👁)で
その基本機能は強調されていますが
その基本機能ソノモノに違いはありません。

テークアウェイを行うときに、
クラブ自体、ヘッドを上げるのを
テークアウェイの後半にしてしまうと
その重さには  長さ×ヘッドの重さ  だけでなく
からだを回した、良くはありませんが からだを捩じった
その運動による積算、
その運動による慣性が加わってしまいます。

スナップショット 1 (2015-04-25 19-58)

先日も書きましたが、
それによって からだが反ってしまったり
場合によっては
逆ピボット(体重が左にかかってしまう)
スイングへの弊害が生まれてしまいます。

オーバースイングでもそうですが、
オーバースイングは それソノモノの悪さ よりも
それによる 逆ピボット 体重配分の逆転 が
必ず伴うのが問題です。


逆ピボットは
ダウンスイング、切り返しをするのに
もう一度 右に体重を配分しなければならなく
反った体を元に戻す行為も伴うので
ダウンスイングの初期の時点で
グリップを、クラブを遅らせてしまいます。
100%振り遅れが確定してしまうのです。


しつこくて申し訳ないのですが、
こうなったら どこかで からだを止め
それを左サイドの壁と呼んで
左サイドを絞り ヘッドを返すしかありません。

この行為を打撃法と呼ぶのは あまりに幼稚
正しくない動きの 補正 修繕に過ぎない動きを
打撃法のメインに据えているのです。

スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)








別々 からだと腕、体とクラブを別々に動かすのなら
からだが先 腕/クラブが後 ではなく
見た目は奇妙に感じるかもしれませんが、
腕/クラブが先 からだが後 の方が
クラブの重さが増えず、慣性が掛かり難いので
オーバースイング、体の反り、逆ピボット を防げます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



オーバースイング にもつながるの ですが
ココの部分を整理すると コースで
斜面からのショットやフェアウェイウッドの苦手の解消
が出来るようになります。


テークバックの進行方向には
ざっくり分けると二種類があります。
◎からだの傾きに沿っての 横(ななめ)の方向
◎腕をあげる(気を付け→バンザイ) 縦の方向

IMG_0520_Slomo_Moment

これが混じって
基礎になっている からだの傾きに沿って斜め(横)の方向が
ややアップライト になります。
✋ヘッドの移動 ではなく グリップの移動 です


まず 横(傾き)があって、ヘッド(クラブ)をあげる縦の二つが
あるのではありません。
この二つが別々に存在すると
動作の順序が 必ず 回って…「から」…上げる
になってしまいます。

この手順でテークアウェイを行うと
からだの向きを変える 横(斜め)の動作の慣性 が
加わったまま その後にクラブ(特にヘッド)を上げるコトになるので
トップが自分の想定より深く上がったり、高く上がったり
    (俗に言うオーバースイング)
また それによって体が起きたりします。


からだの向きが終わっているのに
クラブがまだ動いていたり、腕が上がっていたり と
からだが起こされるような重さがかかるから‼…です。

テークアウェイでの からだの起き は
当然、ダウンスイングでの からだの沈み
からだの横折れ と パックになって行われるので
振り遅れの原因になったり
傾斜から打つコトを苦手とさせたり
長物(フェアウェイウッド等)を苦手にさせる原因になります。


_鵑襦曽紊欧襦,魄貘里箸垢襪里理想ですが、
当面のドリルとしては その順序を逆さにし
上げる〜回る の順序で素振りをすることをお薦めしています。
IMG_0736_Slomo_Moment

△修離好謄奪廚鯑Г鵑世Δ┐
厳密にする必要はありませんが、
素振りの中で それを一体化させていきましょう。

スイングは骨盤を右に向ける【仮にそれを90度としましょう】動作
それに伴い 右ひじを曲げる動作【それも概ね90度】 があります。

コッキング 手首の動きを推奨はしませんが、
右ひじが曲がる → 右腕が短くなる コトによって
クラブは起こされます。
アドレス時の 左腕とシャフトの角度(俗に言うディッシュアングル) を
スタートとすると その右ひじが曲がる/右腕が短くなる によって
シャフトも約90度起こされます

厳密にする必要は全くありませんが、
 ほぼすべての角度が 約90度 ×3 あります。

この関係をつなげて下さい。

例えば 右を30度向いたら 右ひじの角度も30度曲げ
それによって シャフトも30度起こされる。
👉要するに 足回り/お尻周りによって行われる骨盤の向きの動きと
 右ひじの曲がる/外に張る動きを連動させる


素振りの中でなんとなくでOKです。

IMG_0736_Slomo_Moment(2)IMG_0736_Slomo_Moment(3)







右向きが完了した時、腕もクラブも完了、止まっています。

ココでの注意点 というか
テークバック 回転するコトの大事な注意点 ですが
からだの回転、右を向くコト では 胴体は使いません。

からだの回転、右を向くコト は
 お尻も含む脚の動作 です‼





トライしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全員・・・には当てはまらないかも知れませんが、
おそらく 大半、半数以上のゴルファーにとっての
スイングの問題、ショットの問題は
完全にまちがった「つかまえ方」が元になっていると思います。

要するに 正規の「つかまえ方」を覚えるコト
が スイングの改良そのもの なのだと思います。

MVI_0813_Moment(5)


ボールをつかまえる「正規」なモノ
からだの右向き 右が低く、進行方向に当たる左が低い 状態で
インパクトを迎えることが = 上から叩く コトで
それは クラブ、腕、グリップをからだの回転で動かしていれば
自動的にやって来易くなります。


✌入ってくる角度は そのクラブの長さ によって ほぼ自動的に決まります。
(正確には そのクラブの長さに応じた 前傾角度 で作られます)

✌ロフトは 原則的に グリップの位置は固定して、からだの幅 に対して
右打ちの人であれば ヘッドがどの位置(体の幅に対し)にあるか
によって 決まるモノです。

グリップの位置まで からだの幅の中で大きく動くと
ロフトもフェースの向きもランダムな組み合わせになってしまいます。

1.ボールを楽に飛ばす (✋故障や痛みを出来るだけ無しに)
2.ボールを出来るだけ望む方向に打つ
3.ボールを出来るだけ望む弾道(高さ/曲がり)に打つ
4.出来るだけ簡単に繰り返す

それが ショット、そしてスイングの目的 です。

上手くローテーションすることや、上手く掴まえるコト  は
それを達成するための手段でしかありません。


ショットのたび、スイングのたびに
その複雑かつ、確率の高くない フェースローテーションのコト
ばかりに意識を使うのは 本末転倒 になります。

ゴルフクラブと言う機能を有効に使えば
ショットのある程度のことは 自動的に整うように出来ています。
難しく 高度にするのがクラブの役割ではなく
より簡単に より楽に考えられています。

MRa_MomentMRa_Moment(4)












フェースローテーションをするのには
ヘッドを返す、手を返す と言う言葉が使われていますが
 ✊腕を振るしかありません。
そして 腕は体が動いている、体が回転している限り
からだの動作が持続的に行われている限り
することが出来ません。
からだの動作が止まる、もしくは大幅に減速しないと
腕を振る、手を返すことが出来ません。


⚠この時点で ダウンスイングの動作の順が決まってしまいます。
そして それによってテークバックが決まってしまい、
それらをやり易くするためのグリップ、アドレスが確定します。
その呪いから脱することが スイング改造 と言う言葉 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


酒飲み話として面白いトコロ ですが、
スイングを含めた ゴルフの基本は
『出来ることしか出来ない』
『それを粛々と進めていく』

に尽きると思います。

勿論、遊びですから 無謀な挑戦も楽しいですし、
そう言うチャレンジも折々入ってこそ ゴルフですが、
基本的な考えは『やることを簡素化し、簡単化するコト』でしょう。

201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(2)20170920_matsuyama-650x435

からだ(股関節を境に骨盤から上)を回す と
スウェイをしない の比較優先順位は明らかです。



一般的に言われる スウェイをしないは
骨盤は回さず ボールに向けたまま
 へそから上、肩(腕)を捻って ボールを打つコト
 ですが、
それは『典型的な手打ち』で、従来はしてはいけないコト、
スイング改造は 手打ちを治すコト、
手打を治し〜からだの回転で打つコト、と言っても過言ではありません。

胴体を捻って 状態を捩じり
ボールを打つコトには 大きな幾つかの欠点 があります。

ヾ慇瓩量気ぁ’惺を捻るコトによって故障の原因になり ます
 その行為は自分で自分にコブラツイストをかけているようなモノで
 ストレッチでは傷めない為に行いますが、
 勢いの付いた 重さが先端にある長い棒を振って行う のは
 とても危険な動き です。
ljpo

∩扱校兩を失い ます
 言葉遊び…ではありませんが、
 前傾姿勢とは 『からだ』の前に対する傾きです。
 へそから下はボールを向いたまま、
 へそから上を動かして 右向きを作る・・・・????
 この場合は 自分の前、前傾姿勢にとっての前はどこになるのでしょう
 正式には右は向いていませんが、胴体を捩じって偽装の右向き
 のようなモノを作ったとし、前傾は股関節の角度ですから
 下半身はボールを向いているその前傾角度 となると
 肩周りにとっては体の左にある角度 側屈 というコトになると思いますが…。

3回ボールを打つコト・3回クラブを振るコトになり ます
 からだの回転でクラブを動かしていれば
 からだの回転で もちろん体自身も、腕も、クラブも移動しますが、
 胴体を捻って 腕でテークバックを取ってしまうと
 からだはからだ、次に腕、そしてクラブを
 3つの行為を別々に行わなくてはなりません。
 本来は からだの正面の基準は下半身・骨盤 ですが、
 骨盤の向きを変え、ベルトのバックルがボールを通り過ぎる辺りが
 インパクト になるのですが、
 腕で振ると、その後、腕を振り、最後にクラブを振る という
 3回もボールを追い抜かなくてはなりません。
 無駄の塊です。

ぅラブの構造と相性が悪すぎ ます
 クラブは 1m位の長さの棒の先端に集中する重さが付いています。
 それを 腕を振り、クラブを振るには からだは止まっていないといけません。
 人間にとって 一番パワーを使える体幹 を 止まるコト に使うのです。
 遠心力はスイングや打撃にとって 構造上、邪魔になる事の方が多いです。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

ゥ棔璽襪鯣瑤个憩颪ぁ,任
 からだ、ではなく 胴体を捻って クラブを上げることは
 90度近く ロフトを開いてあげるコト になります。
 ダウンスイングで 90度閉じれば良い に疑問をもちませんか?
 始めから そのロフト、そのフェースの向き なのに
 なぜ わざわざ 開いたり閉じたり 都合180度もヘッドをいじるのですか?
 からだの正面、体の幅の中にあった グリップやヘッドを
 なぜ 体の外(テークバックでは蕁砲砲困蕕垢里任垢?
 重さは 移動速度が増すと 倍々に増えます。
 腕の長さも含め 長さの先端に重さのあるモノ がゴルフクラブですから
 行き〜テークバック 帰り〜ダウンスイング では
 クラブの重さ感も かなり異なります。
 からだが正面で留まっておくことも不可能ですから
 帰りの方が間に合わなくなる可能性が多くなります。
 つまり ロフトが開いて当たる可能性の方が多いのです。
 と、同時に 胴体を捻って 手で上げておきながら
 インパクトは体の正面で と考えている人が少なくありません。
 だったら 余計 からだの向きそのものでクラブを動かした方が
 ずらして戻すより、ずっとその中に置いておいた方が
 確率は高いんじゃないかな と思いませんか。
 からだを止めて 腕、腕力で クラブを返す行為が
 18ホール、27ホール、2日連続 同じように出来ますかね

 選択の余地無し というか
 アマチュアにオジサンおばさんゴルファーにはメリットが一つもないのです。
 あえて言うなら 自己満足感 位 でしょうか… あほくさいですが…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スウェイ

おそらく英語では SWAY でしょう
意味は  ○○○を前後、もしくは左右に揺さぶる(揺すぶる)
      ○○○を振り動かす、体を揺さぶる(揺すぶる)
 です。

IMG_2813-0001-1

私個人としては
 その言葉に 一番相当する動きは
 『頭は動いていないけれど 腰だけが左右に動いている状態』
 だと思います。


運動をする軸に相当する部分は背骨 辺り です。
頭 で言えば 背骨の延長線上は後頭部に近く
真ん中としたとしても 顔はその厚み分、前に出ています。

スイングには前傾姿勢がありますから
右を向いていても、左を向いていても
微妙には 胸、上半身は下を向いています。
どの角度から見るか、にもよりますが
からだの向きを変えれば 顔面 はその厚み分
向き通り かなり大きく動きます。


逆に動かない ということは
そこが軸なのか、軸上にあるのか というコトになります。
はたまた 全く別な動作〜回転運動でないか というコトになります。

ツッコミを入れるようで心苦しいですが、
ボールを使うスポーツの場合、
上手くできない、上手く打てないと ボールを見ていない
ボールから目を離すな みたいなものが常套句のようになっており
それ以外 突っ込む部分 が見つけられない時、
実は スイングがちゃんと見えていない時に 使う言葉
と言って良く、 その言葉を言われたら
『では どうするのがいいのか 理屈で説明して貰ってください』 
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

からだには厚みがありますし、
足は軸に当たる背骨の真下に分岐点がありません。
足の生えている股関節は
骨盤上で 微妙に左右に離れています。
1-1
運動はどちらかの足の重さが掛かっていないと
バランスを取り辛く 危険になりますから
からだの厚み分、股関節の離れ分の左右移動が必要になります。

逆に 頭がその場
からだの真ん中にある状態で
左右の足に体重移動するのは
どうするのか 教えてもらいたい です。
✋ それを SWAY と呼ぶのではないでしょうか?

頭が真ん中(骨盤に対し)に ある状態 で
右や左に 下半身だけ動かす と言う動作には
前傾姿勢の放棄、のけ反りが必要になるですが
それは 本当にスイングに必要な動作なのでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『シャットフェース』 とは
体が右を向いている期間、区間
(テークバック初期〜インパクト直前)
フェース面が下向き
 垂直の状態よりも地面向きの事を指します

スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)

この対語になるのが オープンフェース で
体が右を向いている期間、区間で
フェース面が上向き、空を向いている事です。

スイングには前傾姿勢があるので
体が右を向いている期間、区間では
体の左サイドの方が右サイドよりも高い位置関係にあり
その分シャットになるのが自然(スクエア)です。

2010111116444243889

テークバックの初期の段階で
そのフェース面の向きが上(空)向きになるということは
クラブを体の回転でなく
手さばき、手を捻る動き(右にハンドルを切る動き)によって
動かしている…という証でもあるので改善が必要です




体が右を向いている期間、
少々オーバー気味にシャットを維持することは
前傾姿勢維持にもつながり、
特に切り返しからインパクトまでの期間では
左サイドを低くしておく時間を長くし
左への体重移動のし易さ、如いては
背骨を軸とした体に易しい回転がし易くなります。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

そもそも 体=骨盤が右を向いていないと
テークバック~トップ~切り返し~ダウン~インパクト直前
この期間にシャットフェースを形成することが難しくなります。

ダウンスイングでシャットフェースが形成されていると
ヘッドの重さによって グリップ~クラブが進行方向に押され
より早い』時期にインパクトを迎えられます。
オープンフェースでは インパクトしても飛びませんし、
場合によってはフェースでボールが打てません。
よって ダウンスイング~インパクトの間のどこかで
グリップの移動を止め シャフトターン・ヘッドターンを
しなければならず その時間の進行分だけ
体が下向きの期間を失います。
スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)

あまり大きく腕を使わない
ランニングアプローチの練習などで
シャットを造り、
そのグリップエンドの向きのまま(のイメージ)で
体の回転でボールの上っ面をさらう
というドリルはとても有効だと思います。

swing102

シャットフェースを維持する というのは
自分の握り、「グリップ形成」にもとても大切です。
体が右を向いている期間、
右グリップは左グリップの斜め上に存在し、
ダウンスイングにおいては 利き腕の右グリップが
クラブを持った左グリップをボール方向に押せる位置関係です。
シャットフェースを維持することを考えていくと
その「押し」によって双方のグリップの密着感が上がります。
42ea91fd

オープンフェースを造るグリップは
双方のグリップがテコの支点関係になるため
必ず離れがちになります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




酒飲みゴルフ話などで
何気なーく その手振り身振りを見ていると
結構 危ないイメージを持っている人が多いです。



✋アプローチの手振り で

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)
スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)

手のひらがフェース なんだと思うけれど
このようなイメージでフェースを入れてきたら
これって・・・・
 ⚠ロフト90度でショットする     もしくは
 ⚠ソールでボールを打つ


まさに こすり打ちそのもの になります。

これでは ↑↑↑ 上がるばかり、 か
 ◎◎◎スピンが増えるばかり、 
もしくは その複合で
ボールは前に進みません。

俗に言う 危険なロブショット です。
成功率の非常に低い、奇跡のロブショット法です。


ボールに 上がる角度やそのクラブのロフトなりの回転を与えるIMG_0727
ヘッドの入れ方は
ヘッドの上から入ってくる軌跡 に対して ロフト角度
つまり その軌跡に対して 直角なヘッド(フェース)

     ・・・・仮にロフト0度の垂直 であれば ですが
 
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)

このイメージが 上から入れてくるイメージで
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)
スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)
✖ これで入れてきたら 横から、 もしくは 下から 入るコトに
なってしまいますよ。

想像がつくかと思いますが
この二つは あまりにも大きなロフトの違い で
根本的に 飛ばせる人と飛ばせない人のクラブの使い方
ソノモノとも言えると思います。

葛谷Slomo_MomentIMG_0582_Moment










このイメージの間違いが
からだの使い方、スイングの作法にも大きく影響すると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングやショットを良くしていく時、
車の故障や体の不調と同じように
現在 どうなっているのか 知るところから始まる。
スイング改造、改良 で 気を付けたいトコロ、
注意すべき点は ちゃんと現状、原因を把握していないで
目に見える、ビデオに写っている 恰好、形、サマ だけを変えると
それは 問題の部分を別に移すだけで
後々 より深刻な、問題がより複雑化する可能性が多く、
私が見る限り、多くの人がその「罠」にハマっているように見える。

✋幾つかのSNSで ゴルフのグループに入って、
 そこに上がってくる スイング動画を眺め
 その改善方法やそこに入ってくるアドバイスコメントを見ていると
 かなり危ない、ほとんどが危ない と感じます。




よく有る悩みの一つだが
『インパクトでの伸び上がり』
を例にして考えてみよう。
場面によっては 『ボールから目を離すな』
もそれに類似するモノと思われ、
過去 では インパクト前に 視線を切ってしまう、
フォロー側を向いてしまう アニカソレンスタム は
批判の対象になっていたような記憶があります。
hijinuke1 (2)

最近では この伸び上がりを意図的に
かつ 積極的に行う 「地面反力」なんて
造語があるけれど、まあ すぐに消えてしまうでしょう。



インパクトでの伸び上がりは
ダフリ トップのミスや飛距離不足の問題も含み
安定しないショットの「見た目」原因になり易い。
連続写真や動画などを扱いやすくなったこともあり
大きな動作が故に気になり易い「課題」の一つ。

意図的に、積極的に行う人を除いて
喜んで 意図的にやっている人はほぼいない。
先日 全英女子オープンに優勝した 日向子ちゃんも
一年前に比べ この部分大きく変わったように見えます。
IMG_0665_Slomo_Moment(2)

では どうしたらいいのか
単純には 伸び上がりを抑制 抑える と考えがち だけれど
この伸び上がりは 別な行為に対する「対処」
本能に近い「反射」行為なので
別の原因を抑えないと この伸び上がりを防ぐことは出来ない。

逆に 無理に伸び上がりを抑えてしまうと
からだを動かす、もしくは クラブを振るスペースが足らなくなるので
より一層 ダフリやトップが増えてしまう。

実はこの 伸び上がり は
スイングにとって かなり根本的、根幹の部分を治さない と
解決出来ないのです。
何重かにこんがらがった糸状態で、
焦らず 一番上に当たる問題から解いて行かないと
より一層こんがらがり、我々の年齢では 体の痛み、故障の原因に
なってしまいます。


一般的なダウンスイングの手順は

_鹽召紡个垢覯屡梢箸離蝓璽
 莢屡梢箸瞭阿 から始まり
△△訝奮に来ると からだの回転を抑え
 クラブを腕で下に振り始めます
グリップの あるポイント で止め
 それを基準に クラブをリリース、フェースローテーション
 左右のグリップの 上下の入れ替え をします


 この手順であれば 多かれ少なかれ 必ず『伸び上がり』
 が無いと ナイスショットは生まれません。

本来 インパクトは イメージ…ですが
 下半身も、体も、グリップも、
 ボールに一番近づいた辺り、一番低くなった辺り、
 な筈ですが、 上の手順では
 ◆銑の間、の前には からだもグリップも最下点、
 ボールに近づいた状態 ですから
 そこ「から」、 それ「から」打ち始めたのでは
 リリースする分、クラブヘッドを体から遠ざける分、
 体自体をボールから、地面から遠ざけ、
 腕やグリップ、クラブを通す「空間を創造」しないと
 どどどダフリになってしまいます。

腕の長さは限られており、アドレスをインパクトの再現
とイメージしている限り 概ね両方の腕が伸びた「ような」状態がインパクト
な訳ですが、_屡梢箸離蝓璽鼻´∀咾妊ラブを下に振り始める
この時点で 右サイドは下がり、左サイドは上がり始めます。
ここから リリース…つまり腕を伸ばしたのでは
自分とボールの空間が足らない のです。
葛谷Slomo_Moment

あえて 治し方は書きませんが、
それを 伸び上がらない ようにしたとしても
無理やり、体を止め、抑え込み 打つコトになるので
負担もさるコトながら、基本、無理があるので
再現性の高いモノにはならず、
例え、録画して 伸び上がり を抑えられ「た」ように見えても
問題の解決にはなりません。

そう言った スイング改造は 糸をより絡ませます。
解けないような糸の絡み方になっては
自分でも、ましてや他人には治すことが出来なくなってしまいます。
ご注意ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プロもそうかもしれませんが、
アマチュアゴルファーにとって
最大の痛手のミスショットは
おそらく トップとダフリ でしょう。

手品のように瞬時に治る 訳ではありませんが、
これを大幅に軽減する方法があります。

006

まずは トップとダフリのメカニズムを知りましょう。

多くの人は
✋トップは届かない
✋ダフリは届きすぎ
 と考えている節がありますが
 
【それは間違いです】
IMG_0068

まず トップですが、ボールは球体です。
球体は圧力がかかった時、圧力の逃げ場所を探します。
よほど 薄い当たりでない限り、
クラブフェースにはロフトと言う逃げ場があるので
大丈夫です。
つまり トップはフェースでなく
歯(リーディングエッジ)やソールで打ってしまうことを
指します。

トップのミスになるのは
ヘッドが下がり軌道でなく、上がり軌道で
インパクトしていることを表しています


下がり軌道であれば、1〜2センチ程度の薄い当たり
(ボールの半径分程度)であれば
ボールはフェースに逃げてきますが、
上がり軌道であると 1センチのズレは
そのまま 歯で打つことになり
フェースに乗らず、こぼれてしまう形になります。



DSC01373-1

今度はダフリですが、
届きすぎている と考えている人も
その届きすぎている場所が ボールやボールより先にあれば
ショットとしてのダフリにはなりません。
届きすぎている場所が
ボールより手前にあることが問題なんです。

kinugasa_End_Sa

トップもダフリもそうですが、
届かない・届きすぎの問題であれば
打ち手にとって 奥行きの問題になります。
1センチ奥なのか(遠い)
1センチ自分寄りなのか(近い

は 人間の両目の構成は左右に位置しているので
非常に難しく、特に動きながらでは
それを視覚的に把握して調整することは不可能とも言えます。

ですので トップもダフリも
もし 届いていない・届きすぎている としても
それを ショットとしてのミスにしないようにするには
奥行きの問題ではなく
左右の問題なんだと把握して貰いたいのです。

届いていないとしても
スイングのボトム、ヘッドの最下点がボールより先にあれば
ショットとしてのミスにならず、ボールはフェースに乗ります。

同じく、届きすぎているとしても
それがボールよりも先にあれば 通常のショットと
何ら変わりはありません。
u=380704500,3118260285&gp=0

届かない・届きすぎをテーマにすると
1センチ程度の奥行きのズレで どちらも発生しますが、
左右の問題にするならば、そのズレは
通常のショットの範疇内です。

別な言い方をすれば
インパクトはヘッドが下がり行程で造れれば
 トップとダフリのミスは大幅に軽減できる

というコトになります。

それがし易いスイングになれば
トップとダフリの確率はかなり飛躍的に減る のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフを向上させていく
良くしていくのは まず「考え方」から始めると
良いと思います。

練習場での練習も正にその通りで
「考え方」のミス。。。誤解のせいで
長い時間、長い年数苦しむことになると思います。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

何度か書きましたが、
Ⓐミスの少ないショット
Ⓑ安定したショット
Ⓒ繰り返せるショット
 は
‖腓なスイングよりも 小さなスイング
速いスイングよりも 遅いスイング
B山の動きよりも 少ない動き

の方が、当然有利です。

アプローチでも説明しましたが、
例を挙げれば、花道から30ヤードのショットは
8番アイアンで転がす方が
サンドウエッヂで上げるショットを選択するより
はるかに安全な上、やさしく
たとえミスが出たとしても痛手には なりにくい のです。


多くの人の練習場での振る舞いと見ていると
最大の距離を
最速のスイングで
最大のスイングで
最高の動き
 を求めていますが、
何10球も打てる練習場では可能かもしれませんが、
そのクラブで、その距離で、その場面で
1球しか打つことの出来ない「現場」では
その練習は活かされてきません。

飛ばすことは勿論重要ですが、
自分の飛距離の 最高飛距離ではなく平均飛距離
最高スピードではなく、巡行スピードで
ショット出来るようになる方が遥かに有用です。

さきほどの
Ⓐミスの少ないショット
Ⓑ安定したショット
Ⓒ繰り返せるショット
 は
‖腓なスイングよりも 小さなスイング
速いスイングよりも 遅いスイング
B山の動きよりも 少ない動き


このトライで問題になるのは
小さなスイング、遅いスイング、少ない動きで
必要な、望みの距離が打てるか どうか
という事になる訳ですが、
そこで 頭を切り替えてみて下さい。
スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)







単にその距離を打つのであれば
転がしていけば 少ないエネルギーで
その距離を打つことが出来ます。
しかし、ある程度の長さ、遠さになると
その転がしは斜面の影響や転がり抵抗によって
安定した距離、一定した距離になりにくくなります。

低い弾道が良い! とは言いませんが、
その距離を打つのに必要な高さを探ってあげる
 ☞最低限はこの高さ
 ☞安定した距離を打てるのはこの高さ

というのを見つけてあげる方が
最高の弾道で、最高の高さで、その距離を打つ練習よりも
遥かにゴルフには役に立ちます。

そして この練習は安定度 を主目的、
繰り返せることが主目的にしていますが、
同時に 距離の作り方、伸ばし方 も身に着けることになり、
方向と距離は一体のものであると理解するようになります。


安定的に その距離を打てる最低限の高さを探れば
従来のエネルギーをそのまま使えば
今までよりも もっと距離を増やせるヒントが見つかる筈 です。

エネルギーを増やして、スピードを上げて
ましてや フェースターン なんて言う
左右の方向も、上下の方向も打ってみないと定まらない
非常に曲芸的な打撃では 永遠に答えは見えてきません。
スピードを上げるために軽いヘッドにする…
 何のためのスピードなのか考えてみる必要があります。

002


まあ これはゴルフクラブにも当てはまる話で
最低限のエネルギーしか持たない 超軽量の市販のヘッド
打ち手の動作を何も助けない 硬い市販のシャフト
その代わり 打ち手が最大限の動き、最速の動きをするか

大きなエネルギーを持つ重たいヘッド
使い方によりますが、打つ手の動作を助ける柔らかいシャフト

それを使って 最低限の動作や速度で打った方が
ゴルフは楽になると思いますけどね・・・・。
d779f31a

そして 悶絶クラブに替えた際の
頭の切り替えも…こういう事なのです。
軽いヘッド、硬いシャフトを最大限の速度、スイングでしていた、
それを そのまま 重いヘッド、柔らかいシャフトに
当てはめても クラブを喧嘩するだけですよ。
それをしなくてもいいためのものなんですから…。
そのうえで クラブと話し合いながら
その運動性能やスピードを距離に転化させていくのは
それを切り替えた後の話です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、特にクラブヘッドは構造上
左回転を入れた方が 飛距離は伸びる構造になっています。



間違えやすい部分、というか まぎらわしい部分ではありますが、
アドレスのフェースの向きを基準に

〇フェースが左を向いている(目標に対し)
〇フェースが右を向いている




〇ロフトがたっている
〇ロフトは寝ている(増える)



は 別なモノ、違うモノですが、


〇フェースが左を向いている と 〇ロフトが立っている
〇フェースが右を向いている と 〇ロフトが寝ている
 は

とても親和性が高い というか 似ている関係にあります。



ボールの飛び方、飛びざま というコトになると

〇フェースが左を向いている は ボールが左に飛び
〇フェースが右に向いている は ボールが飛ぶ


と飛ぶ方向を決めるモノで 基本、距離とは関係がありません。

一方 ロフトに関しては
〇ロフトが立っている は 弾道が低くなり
〇ロフトが寝ている は 弾道が高くなり

ボールの回転数も絡んできますが、
ボールを飛ばしたい のには 度合いはありますが、ロフトが立っている状態
で ボールと接触した方が飛距離は出し易い 訳で
飛ばすコト を望む人が狙わなければならない 道の一つ です。


IMG_0496


また ゴルフと言うゲームは
飛距離を伸ばす、飛ばしたい という願望とともに
狙い通り、もしくは 真っ直ぐ打つ 方向も重要になってくるので
双方を出来るだけ両立させる 道も考えなければなりません。

ヘッドをターンさせて 〇フェースを左に向け 〇ロフトを立てる
で 左回転、フック・ドローを狙う場合
その対になる 上手く行かなかった時の弾道は
上手く行ったときに 
方向/左 弾道/低め 回転/左 に対し
方向/右 弾道/高め 回転/右
 という距離も含めて
何もかもが 真逆な弾道になり易く
これでは イチかバチか になってしまいます。

距離や方向を両立させ 左回転、フック・ドローを狙うのには
その対になる 弾道が 右へのプッシュ になるようにしなくていけません。
IMG_0549

本来の左回転は
ボールの飛び出る方向に対し
俗に言う インサイドからアウト にヘッドが通過する
ことによって ヘッドを回転させるのではなく 
ヘッドはそのまま スクエア(軌道に対し)を維持して
            左回転を造りだす
 ものです。

それでなければ 繰り返し 似た球が打ち続けられる確率が保てません。

そして それは パッティングストロークで覚えるのが
一番速いと思います。

フェースターンで 左回転を入れる とすると
開いたものを閉じる ことが 基本動作 ですので
開いたモノを閉じている過程は 元のロフトよりも大きく
スクエアでは足りず、閉じた状態の度合いが強ければ
左に飛び出て 左に曲がる 使えない球になってしまうので
どうしても 両方の球の出やすいきわどいタイミングが必要になります。

よって ヘッドを一切回転させず
ヘッドの入射分、緩い角度であっても やや上から入ってくる分
ロフトを立て、ヘッドを斜めにスライドさせ
ボールに左回転を入れるパッティングストローク が
ショットの基本になってきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今は便利になったもので
椅子に座っていても 毎日毎日
沢山のスイング動画を見ることが出来ます。
IMG701


そのほとんどのスイングが
出来れば避けたい、嫌いな「アウトサイドイン」「カット打ち」
になるべくの ショットであり、スイングです。
上手くない、下手だ と言う意味ではありません。
「アウトサイドイン」になる為のスイングを意図的に作っています
「アウトサイドイン」をワザとしているのです。


IMG703


✋大前提 として 言っておきたいのですが
アウトサイドイン が悪い 訳ではありません。
当たり前ですが ボールは無機質 です。
これから打つ人が どのクラブを持って、
どの方向を向いて どうやって打つか
全く関知しませんし、忖度も、祈りも通じません。
ましてや ゴルフクラブで打たれるかどうかもわかりません。

単なる物理的な衝突、加重・加圧によって のみ
飛んだり、上がったり、曲がったり するのです。

ですので 良く言う アウトサイドインは
打つ人の構え、スタンスの向き に対して
どう振ったか の形容詞ですが、
ボールにとっては 打つ人のスタンスやアドレスの向きなど
うかがい知れぬ、まったく関係ないモノ で
打つ人の勝手な「アウトサイドイン」 は
ボールにとっては その方向に打たれた、振られた に過ぎません。


確かに傍から見れば かまえた向きよりも ややひっかけ気味に振った、
打った ように見えますが、ボールにはそれが真っ直ぐ(目標方向)なのです。

  ✋ わかります?
    実はこのポイント、とっても重要だと思います。
    その本質が分からないと
    治せるものも治せなくなってしまいます。


ですので 自分の構えに対する アウトサイドイン という
ボールから見た物理現象を無視した エゴイズムの強い考え方 では
問題は解決しません。
IMG702

自分の都合、自分の構えに対して やや外から
スタンスの向きに対して やや左に振られた
俗称「アウトサイドイン」の問題は
その軌道にあるのではなく
構えに対し アウトサイドイン に振ると
1.インパクト時、体が開いた状態
 👉左サイドはボールから遠く、右サイドがボールに近い
 つまり ロフトを開いた状態で当たり易くなる
2.インパクト時 からだが開いた状態
 👉左サイドが高く、右サイドが低い
 つまり 左足上がりの状態と似た状態

この二つが同時に起こるので 飛距離不足の問題や
ダフリやトップのミスが増える問題が生まれるのです。

ですので 飛距離不足に悩んでおらず、ミスも多くないのなら
別に気にせず、ややひっかけ を持ち球にして置けば良いのです。


その物理現象を無視し
「アウトサイドイン」という ボールを考えず
自分のエゴ だけで 軌道を「インサイドアウト」に治そうとすると
ゴルフ人生を通して 悩み続けることになります。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

普通にしていれば ややスライス気味の球になるか
ひっかけが このスイングにとっての正解の球・弾道
このスイングにとってのナイスショットです。



インサイドアウト とは
からだの向き通りに動かす
手さばきではクラブを動かさず ショットする、

そして クラブはテークバック側では 短くなっており
フォロー側では長くなるサマ から そう見えるだけであって
クラブを手さばき(シャフトの角角度運動)で動かしている限り
絶対に、未来永劫 正しい意味でのインサイドアウト にはならないのです


だから 言葉にされる
「アウトサイドイン」はダメだよ
「インサイドアウト」にしましょう

というのは その軌道を治せ と言う意味ではなく
クラブの移動を 手でなく からだで行いましょう
というのが真意なのです。



 ですので ここの部分を履き違えてしまうと
 覚える必要の無い無駄な動作で補正を繰り返すことになるのです。
 その補正動作は 本来 ゴルフスイングには全く必要の無い
 無駄な動作!であり、体を痛める動作! です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドが来ない、検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
ヘッドが遅れる、
それって こう上げてしまっている限り
絶対条件として 付いてきてしまう のです。



例えば・・・ です、
スイングのコト!だけ を考えれば
ヘッドの形状として
 シャフトよりもヘッドを前に出す方が、
ヘッドの最後部をシャフトの位置にし、
それよりもヘッドの大きさ分、フェースが前にある方が
うんとダウンスイングが楽です。
その代わり テークバックに苦労はするかも…ですが。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

〇弱い左腕
〇左腕の方がたくさん戻す動きが必要
〇テークバックの初動と違い、
 進行方向に対し、シャフトよりも後ろに重さがある
〇クラブがからだの幅の中になく
 腕も含めたクラブの重さが右にズレてしまっているため
 右サイドが潜り易い


という あまりにもスライスを打つための、
飛ばさないための好条件が整っているところから
ダウンスイングを始めることになります。


そして 股関節から上、骨盤でなく
胴体を捻った形での右向き
それに たくさん動かさなくてはイケナイ 左腕 が合体すると
ここから ボールを打てば
ナチュラルに カット つまり 外からしか入れて来れない のです。

〇弱い左腕に
〇重くなったクラブ
〇たくさん動かす必要性


この姿勢から左腕を動かせば 
からだは 正面へ向いていく過程を通り越して
いきなり左を向いてしまいます。
IMG703IMG701hijinuke1 (1)











上手く打てれば ・・・かなり・・・ そうですね
アドレス時の目標を時計の針で12時と仮定すると
10時半〜11時当たりの方向に飛び出るのが正解、
このトップの姿勢では それがナイスショット なのです。

12時の方向に打つのには すこしロフトを開き気味 でないとイケマセン。

また 
〇ヘッドが遅れるコト
〇体がすぐに開き始めるコト
〇右サイドに重さが掛かっており
 右サイドがすぐに下がり始めるコト

があるので 最下点が想定よりも後ろ、右に来やすく
とてもダふり易い、下からヘッドが入り易いので
より速く からだを開いて ボールを打つコトになります。

私の目では 毎回 動くボールを打っているのと同じ です。


前傾姿勢に対して トップの位置でのシャフトの角度はどうなのか
テークバック時に 両方の肘の移動量はどうなのか
そう言うところにも目を向けて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ