◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2019年08月


スイング中、体の向きの移り変わりと
腕(胸)の向きは別物、
特にダウンスイングでは
シフトにより骨盤の向きがボールに正対していこうとしても
腕(胸)周りは 右向きのまま! と言う記事を書きました。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1986808.html


ダウンスイング中、インパクトのかなり前で
右かかと(右打ち)が上がってしまう というのは
腕周りを回転ようとして掛かる遠心力に
引っ張られて起こるコトです。
IMG_0736_Slomo_Moment(3)

平地で右足かかとが上がるよう であると
左足上がり、左足下がりでのそれは 更に大きくなり易く
ダフリやトップのミスに届く可能性が上がります。

また 元々クラブが長く、ヘッドの入射が緩め、
そして ヘッドに奥行きのあるフェアウェイウッド が
苦手となり易いパターンです。


スイングは円運動ですが、
重さ に対して 円運動は悪いことが多いです。
円運動というより 円移動 なのですが、
重さのつながっている場所、スイングで言えば
腕〜クラブの 円移動との繋がりは 肩/腕の生えているトコロ
そこは円移動によって「移動しますが」
重さはあくまでも 重力に引かれつつ、直線で動かす感覚が必要です。

骨盤を基準に 足回りを使って
どの道 その上に乗っているモノは 向きを変えます。
放っておいても 土台が向きを変えているのですから
向きは変わってしまいます。
S20190309-2_Moment

トップの位置で 上半身上部、肩周りは
その向きのままで ヒールがボールを向いたまま
ヒールが飛球線を向いたまま
からだの回転で 腕の付け根は移動する
シャンクになりそー みたいな感覚であっても
土台である骨盤は向きを変えますから
フェースがボールを向きます、大丈夫です。

例え シャンクであったとしても
トライしてみると実感すると思いますが、
インパクトのタイミングが明らかに今までよりも早い
ダウンスイングの時間が短いと思います。

👉今までは 下半身リードで
下半身がボールと正対して「から」
クラブを振り始めていた訳ですが、
胸廻り、腕周りは右向きのまま
下半身をボールを正対させようとすると
下半身がボールと正対した時がおおむねインパクト になります。
それ以降 が要らなくなります。

その感覚とシャンクであっても掴めれば
あとは フェースを下に、ボールに向ければ良いだけ です。
いままでは 左サイドが上がりながら のタイミングで
無理やりシャットを作ろうとしていた? かも知れませんが、
このトライであれば 左サイドがまだ下がろうとしている
左サイドが低い時間帯でインパクトに入れますので
従来よりもずっと簡単に「シャット」が作れます。

腕やクラブの重さで落ちる
それを 骨盤の回転で 腕の付け根だけ移動させればよいので
脱力 とまで言えないかも知れませんが、
従来よりも遥かに腕力の要らないショットが可能になります。



✊これを覚えられると
 傾斜地からのショットの確率がグン と上がり
 苦手?だったかもしれない フェアウェイウッドが打てるように
 なりますから ずいぶんゴルフが変わると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドの入射角度 と言う言葉、
どう言うものかは理解できると思いますが、
ゴルフ、スイングの用語としてあまり使われていません。
その言葉そのものに 「?」 ピンとこない方もいらっしゃいます。
006

入射角度は
その言葉の通り ヘッドの高さ を単位に
どの位の高さから ボールに向かって入ってくるか
 です。

ですので 45インチのドライバーと
35インチのウエッヂでは 長いドライバーの方が
水平に近い緩い角度からの入射、進入になり
短いウエッヂは逸れに比べ、急激な角度からの進入になります。

☆この入射角度は本来、
そのクラブの長さそのもの、ではなく
そのクラブの長さによっての前傾角度によって生まれますが、
今回はそこのところは割愛します

同じようなヘッドスピード、年齢、体格の人が 同じクラブ を打っても
距離や高さ、スピンなど 違いが生まれるのは
この入射角度が個別に異なる、個性があるからです。


✋地面に対するインパクト時のヘッド姿勢は同じ と仮定すると
緩い角度  で入射すると 飛び出る弾道は高くなり、スピンは少なめなります
キツイ角度 で入射すると 飛び出る弾道は低くなり、スピンは多めになります


ゴルフクラブはその使用されるロフト角度 によって
適合長さがあります。
長さがあり ヘッドスピードが上がるとは言え ロフトのキツイ(立った)モノは
ヘッドスピード要因だけでなく、その長さによって ロフトを援助している と言った具合です。

考え方を変えれば 入射角度もロフトの一要素、両方でロフト と言えるかも知れません。

仮の話では インパクトロフトを固定していましたが
緩い角度で入射する時は インパクトロフト姿勢そのものも大きくなり易く
キツイ角度で入射する時は インパクトロフトそのものも小さく(ロフトが立つ)なり易く

思っている以上に その差は大きいモノ です。

そして、あまり誰も言いませんが
ゴルフクラブの構造上、角度は複合体であるが故に
ロフトが変わってしまうと ボールの飛び出る方向
フェースの向きも変わってしまうので
平面的な見方だけで ボールの方向 は決まりません。
距離や弾道ばかりでなく、方向安定に関しても
似たような入射角度、似たようなインパクトロフト というのは重要です。



打つ時にミスってしまうのは仕方ありませんが、
事前に球筋、それを司る大きな要素、入射角度とインパクトロフト姿勢、
繰り返しますが、これを司るのは
そのクラブの長さ による前傾姿勢 です。
前傾姿勢が司るから 多少のミス、ブレがあっても
その幅は許容範囲で済むのが 本来のゴルフスイング理論 なのですが・・・
ダウンスイングを腕の振り で行ってしまうと
入射角度と前傾姿勢には 関連性が無くなってしまいます。

例えば 限りなくマシンのように からだの回転で打てる人がいたとしても
左足上がりでは 入射角度は若干緩くなってしまい
通常よりも 打ち出し角度は高く、スピンは少なめになります。
左足下がりでは 入射角度は若干きつく成り
通常よりも 打ち出し角度は低く、スピンは多くなります。

からだの回転で打つ と言う前提の上 でです。

これを 手で振ってしまうと
クラブや腕の遠心力が からだの回転で打つ以上に多くなるので
その左足上がり加減、左足下がり加減が更に増す ような
からだの姿勢になり その違いは更に多くなり
ダフリやトップなどのミスに到達するまでになってしまいます。

平地でボールを打っていても
ダウンスイングで まだまだボールに当たっていないのにS20190309-2_Moment
右足(右打ちの人)のかかとが上がっている人を見かけます。
もしかしたら 少なく無いかも知れません。
評論と言う形で言わせてもらうと
右足のかかとが浮いていることは問題ではなく
無意識の内に右足のかかとが浮いてしまう原因 が問題です。
そうなってしまうダウンスイング、インパクトへの進入では
入射角度=前傾姿勢、前傾姿勢と入射角度に関連性が無く
手の振り加減によって 入射角度が生まれてしまうので
そのバラつきは 前傾姿勢=入射角度 の人よりも
遥かに大きなものになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近 『片手打ち』『片手での素振り』をよく見かけるのですが、
これ まさに からだの回転と腕・クラブの重さの関係
の代表例です。

クラブは重さが長い棒の先に付いており
その重さ(ヘッド)の重さの中心点は
握っている棒(シャフト/グリップ)からズレたところにあります。
ボールを打つ場合は勿論、素振りであっても
その重さを片手で支えるのは少々無理があります。
Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment

ハミングバードが提唱している
トップの位置から からだは回転していくけれど
クラブを持った腕周り、胸廻りは
トップの位置の右向きのまま
その重さで落としていく とすると
クラブ、腕は 真っ直ぐに伸びた 最大の長さになりません。
俗に言う「ディッシュアングル」が保たれた状態、
というか そのことに関しては無意識のまま でも
結果として それは維持されます。
からだの回転、向きの変更に対して
腕の付け根だけが移動していくこと を
意識していれば ディッシュアングルは保たれます。

✋腕の作業は 重さで落としていく
 腕の付け根はからだの回転で移動していく
 その中で フェースをボールに向けるよう仕向けるだけです。

IMG_0666_Slomo_MomentIMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0666_Slomo_Moment(4)






ところが からだの向き通りに
イメージで言えば
前ナラエの向きゴト、腕〜胸の向きを変えようとすると
遠心力が働き、ボールを打つ前に
左腕とクラブは一直線になろうとします。

アドレス時は ディッシュアングルのある状態
ディッシュアングルのある 腕とクラブの長さ です。
それが 一直線の長さに、つまり長くなるのです。
となると アドレス時の姿勢では
ボールと自分の距離が狭く、空間が足りなくなってしまい
ボールが打てません。

遠心力が働くコトもあり、 からだを開いたり
左サイドを伸ばしたりして 空間
長く伸びたその長さ を通せる空間を作り出します。

ですので からだを開いて
アウトサイドインに振らざるを得ません。

   …これ ナンの練習になるのですか

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


腕やクラブの重さ
そして クラブヘッドのあの形の理由 は
その重さによって 腕やクラブを動かす、動かすコトの補助 で
腕力で振り回すコト ではありません。

クラブは先端に重さが集中している訳で
手元から先端にかけて 運動で重さをかければ
当然 体から離れようとします。
そうなれば 始めの重さ以上に 力が必要になります。
それでは より力のない人や女性には不利です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事と同様に
腕とからだの関係について です
http://hbs.livedoor.blog/archives/1986808.html




スイングにおいて
腕の重さ というのは 実はかなりもの
元々 両腕で重さは10舛鯆兇┐泙
クラブと同じく、それに長さがあり
移動すれば 運動速度が乗算で加わります。

スイングはからだの回転で、というのは
出来る出来ないは別として
殆どの人が認識しており、トライした経験はある筈。

そして インパクトは体の正面で や
アウトサイドイン、インサイドアウト
インパクト時のからだの開き などは
スイングチェック、ミスの修正、スイングの改造において
多くの人が気にしているポイント です、ね。

IMG_0736_Slomo_Moment(3)


それらが 逆に仇となるのが
腕と言う「重さの扱い」です。

横の場合と同じく
クラブは下に振るモノ と思い込んでいる人が多いと
腕を無理やり下げようとする人が多いはずですが、
それは逆効果になり易い と理解してください。

クラブや腕の重さを含めて
 腕は落ちる のであって
 腕を下げるのでは
からだが不必要に折れて 逆ピボットになったり
前傾が側屈・・・ダウンスイングの時点では、右に折れたりし
地面にあるボールを打つために
ヘッドを低くしよう、クラブを下げよう と思っているのに
からだが上を向いてしまい 逆効果になります。

似ているので 掴み辛いかも知れませんが、
腕(特に上腕)やグリップは 重さで落ちる/降りるのであって
下げるのではありません。   ⇒この場合は左腕(左上腕)に該当します。
右腕に関しては 伸ばす というより
重さで伸ばされる
 と考えた方が良いと思います。

回転に伴う 横の動き に対しては
縦の動きはあまり意識する必要は高くありませんが
知識として知っておいて下さい。


やはり 問題になるのは 回転と言う
前傾姿勢があるのでやや斜めの動きになっても
基本、体に対しては横に運動する 横の腕さばき です。


それを実行する上で
スイングの基本である
腕の動作(この場合は重さに対する受け身)と脚の運動は
同期して、出来るだけ パックな動き はとても大切です。

テークバックであれば
お尻も含めた脚さばきによって 右を向く動きと
右ひじを曲げる動きは連動しておく必要があります。
90度が正しい訳ではありませんが、
対比に分かり易いので 仮に90度の右向きを目標にすれば
90度の右向き動作の脚まわりと
90度の右ひじの曲げ具合は いつも連動し、
30度なら30度 45度なら45度 60度なら60度 と言った具合です。
IMG_0743

ダウンスイングであれば
クラブの重さによって 腕(上腕)が下がり
それによって重さが 左足にかかり始めたら
その重さなりに 体自体も左足に移り、
その体重配分と からだの向きが連動
シフト イコール 回転 の感じです。

腕の向きは右向きのまま にしておけば
クラブや腕の重さは回転やシフトを阻害しません。

腕の向きをボールと正対する意識を持つと
クラブと腕の重さによって 右打ちの人であれば
右足前の 斜め下方に遠心力が掛かってしまうので
自然に体の補正本能が働き
その重さがかかるのとは 立体的に反対の 左上方に
引き付ける動きがからだに入ってしまいます。
👉もうその時点で 骨盤の正面を過ぎてしまう、逸してしまうので
からだの回転でボールを打つコトは出来ません。
(時を逸してしまっています)
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)





からだの回転には 本来、横も縦も移動させる機能がある筈 なのですが
それを利用する「時」を逸してしまっていますから
腕で 縦も横もクラブを動かさなくてはならなくなります。
👉これが俗に言われる フェースローテーション で
スイングのミスの補正動作 に過ぎないのです。


右向き、トップの位置から
腕やクラブの重さで そのまま腕を落とす/下がる
からだの回転/シフトが入っても
腕の向きは右向きのままでOK です。
決して 腕周り、胸廻りをボールの正対させる必要はありません。
逆に 右向きを維持しておく意識の方が有効 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こすり球やスライス、振り遅れの原因
 とも思える 「大きな勘違い」の話し です

ちょっと言葉で説明するのは難しく
ニュアンスは掴みにくいかも知れませんが
多くの方にとって 参考になるかも知れませんので
試してみて下さい。

また イマイチ掴めない と言う方は
ご来店頂くなり、 046-804-1480 
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
お電話、お手紙下さい
IMG_0699_Slomo (3)_Moment


 弊社では常日頃、ヘッドやシャフトは振らないんだよ
と言っています。
これは そのモノ の話ではなく
『重さ というモノは振ろうとしない、放っておくんだよ』
と言う意味です。
そして 人によっては もう一つ
 大きな「重さ」を忘れています。


それは 腕 です。

両腕の重さ は10舛鯆兇┐泙后
女性であっても 8キロくらいはあります。

その腕を振らない と言うのは どういうコト でしょう。

おそらく…ですが 多くの人は
スイングでのからだの回転と腕の関係は
この写真のような関係 だと考えていると思います。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)






言葉にすると
前傾姿勢を抜きに、前ナラエ をして
右を向き、正面を向いてくると
その前ナラエ も正面になる、ボールに正対する

というコトですが・・・・・・・・
そのイメージ、思い込みが
振り遅れ、手遅れを呼んでいる可能性があります。

気を付けの姿勢では確かにそうなりますが、
前ナラエ をすると 腕の重さ、長さを含めた腕の重さに
移動の運動速度が乗算としてかかります。
気を付けの姿勢とは 当然異なる状態、重さ配分、負荷です。

にもかかわらず
ゴルフで言うと クラブの持った腕〜〜〜前ナラエ を
ボールに正対させようとすると
その余計にかかる重さ分、からだ、この場合は骨盤ですね
は開かなければならなくなります。

MVI_0878(2)_Moment(3)
mhmh







前ナラエ である腕の部分を
ボールと正対した状態にしようとすると
その重さのかかる分 からだは開きます。

インパクトの骨盤が 左を向いている訳ですから
外からしか打つコトが出来ません。
この体の姿勢では
インパクト直前まで大きくロフトは開いていますから
左に向かって フェースターンをせざるを得ません。



では・・・どうすれば良いか・・・というと
右を向いた トップの状態から始めましょう。

]咾砲蕨喙身とクラブの重さが 下 にかかっています
⇔省の腕の中でも 下側にある左により かかっています
その重さに応じて 左腕・左グリップが下がります
ず枯咾動くコト はイコール 左半身の左への移動
ズ姑梢箸虜犬悗琉榮亜淵轡侫函法,魯ぅ魁璽訛里留Ωきの解き

MVI_0741_MomentMVI_0741_Moment(6)MVI_0741_Moment(9)





骨盤 からだの右向きが解け、正面を向き始めても
腕は 右向きのまま の状態で落とせばいいのです

腕周り、腕までも 正面向きに回転させてはいけません。 

からだの回転に伴い 腕の付け根(肩)の部分は
回転通りの移動は行われますが、
腕自身は単に落下方向だけ、回転に付きあってはいけません。

IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)





✊逆もまた真なり で
 トップの位置から 腕まわり、胸をボールに正対させるため
 腕を回転なりに振れば振る程

 ✖からだが開く
 ✖右サイドが潜る
 ✖左サイドが上がる
 ✖振り遅れる

 も実感してみて下さい


トライしてみて下さい。
かなり役に立つ人もいると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在 アマチュアもトーナメントプロも
主に 「フェースを返す」「ヘッドを返す」「ターンさせる」
 いわゆるローテーション打法
になっています。

これは そうでない打ち方 からすると
⚠ロブショット を打つ打ち方
⚠ボールを上げる打ち方
  です。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


大人になって ゴルフを始める人にとって
始めのうち、ボールを上手く打てないとしても
その打ち方は必要ありませんが、
チカラの無いジュニアがゴルフを始める となると
その打ち方 でないと ボールを浮かせられません。

ゴルフクラブの本来の使い方 である
フェースがボールを上から見て、ロフトというゴルフクラブの機能で上げる
打ち方では 彼らにはボールを浮かせられない のです。

ですので それを大人がマネをしてしまうと
地面のボールを何とか打てたとしても
✖ボールが上がり過ぎる
✖スピンが多すぎる

に行き着くのは当然の帰結

ボールを上げる打ち方〜ボールをさらう打ち方は
からだ(骨盤)が正面を向いてカラ
クラブを振りますので 必然的にアウトサイドイン軌道
 です。

スイングは本来 ボール、そして飛球線(スタンスの向き)に対し
右を向いて、正面を介し、左を向く
インサイドイン の軌道。
それに 慣性や遠心力によって 打撃後、クラブが長くなる(ように見える)
ので インサイドアウト になる仕組みなのですが
それは からだの向きに応じてクラブが動く、
からだの向きと同調して腕が、クラブが向きを変えるから です。

フェースを返す は ボールをさらう 動き になります。
ボールをさらう には 右サイド(右グリップ)が左サイドよりも
下にならないと、潜らないといけません。
その動作は 左が上がる分、同量 からだが開いてしまいます。
そして その時にはまだ ボールを打っていない・・・。


上手く打つには からだを開かなくてはならず
これでは インサイドから入れることが出来ません。
インサイドインが良い、すべて とは言いませんが
アマチュアが上達する、練習する項目として
アウトサイドインの改善が大きなテーマの一つですが、
フェースローテーションを打撃法にしている限り、
それはアウトサイドインはパックで付いてくる
アウトサイドインに振るための代表の動き なので
治すことが出来ないのです。

また 元々 ボールを上げるため、スピン量を増やすため
の打ち方ですので
飛ばすために ヘッドスピードアップしても
それに応じて 飛距離/ボールスピードが伸びず
高さやスピンばかりが増えます。
そして、その打ち方は肉体を酷使します。

PCC


ジュニアから始め やむを得ず その打ち方をしているプロ。
大体 スポーツ選手として、無理が出来ない年齢 が来ると
成績が落ちて 消えてしまう、 その打撃法を
大人(おじさん)の私たちが真似る必要は全くないのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの方がプロのスイングを真似ようとしていますが、
辞めた方がよい・・・
辞めるべきと思います。

部分的に参考にする程度にした方が良いと思います。

down_swing


それには いくつかの理由があります。


‘体的理由
∋間的理由
これらは説明の必要もないでしょう。


意外に見落とされているのが クラブ の問題です。

現代の多くのプロは ジュニア、10歳位の年齢からゴルフをし始めています。

ハミングバードはゴルフ業界の中では特殊であると自覚していますが、
それを差し引いても ジュニアや非力な女性にとって
ゴルフクラブを提供するメーカーは重きを置いていません。
単純に数が売れないからです。

男女関係なく、10歳の子がゴルフを始めるパターンは
大人のクラブを慎重なりに切ったクラブから始めます。
市販のジュニア用もクラブ概ね同じです。
ジュニア用の長さに適応したシャフト、シャフトの硬さやヘッドの重さ
場合によっては ロフト角度 など
採用しているメーカーは殆どありません。

⚠シャフトが硬い
⚠ヘッドが軽い
⚠ロフトがきつい(ボールが上がり難い)

 クラブでゴルフを覚えています。

シャフトが硬い は
スイングにとって シャフトの使い方を誤らせます。
✋シャフトの本来の役割は
ヘッドの重さを打ち手に伝え、その重さを利用して
グリップを動かし、それによってクラブを動かすコト
 です。
シャフトが硬い、硬すぎると
ヘッドの位置が分かりません。
ヘッドの重さが自分に伝わりにくい です。
よって スイングを重さの感覚で覚えるのではなく
多くの場合、反復練習によって 型によって覚えます。
また シャフトが硬いので ヘッドの重さの使い方
シャフトの使い方を 本来の役割の反対、
ヘッドをどう振るか、シャフトをどう振るか
 シャフト=長い棒
 として使うようになります。

ヘッドが軽い は イコール ボールを飛ばすエネルギーの少ないクラブ
ボールを上げるエネルギーの少ないクラブ で ゴルフを、スイングを
覚えると それを補うため より速く より速く より速く
スイングをする必要が生まれます。
シャフト → ヘッドを動かす為の長い棒 とも相まって
「速く振る」というコトがスイングの 最大のテーマ になります。
PCC

プロ、もしくはプロを目指すジュニア は
お金を貰う、稼ぐために クラブを無償で手にします。
プロであれば 使うことによって お金も貰えるのです。
私たちアマチュアは その全く逆で お金を払ってクラブを買うのです。
例えば プロの場合、
自分に適しているけれど  契約金の安いメーカー と
自分に適していないけれど 契約金の高いメーカー 
の二つを選ぶ状況であれば、もれなく後者を選ぶでしょう。

使ってみた結果、悩みに突入するケースも
偶然にも自分を活かすコトになることも
アマチュアの同レベルの ゴルフクラブに対する知識では
予測しようもないでしょう。
契約条件などを優先し、没落してしまったプロは推挙に暇がありません。

ゴルフは飛ばすとともに正確性、再現性、持続性が必要なゲームです。
飛ぶのなら 速く動かずにいた方が 残りのモノを達成し易い です。
修行の結果、同時に達成しているプロ
 しかし 運動性能の優れた 非常に短い期間
それを クラブを選べる、お金を払ってクラブを得る
 アマチュアが真似る必要はありません

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

グリップのことですが,の記事で

ゴルフクラブは,感情線より指側で握るとありました.

これは,感情線と指の付け根の間をクラブにあてて

握るということでよいでしょうか.

自分の握り方を確認したところ,指の付け根で握って

いたのですが,違う気がしました.



グリップは,左手の指の付け根のラインにあてる,

としている解説書があるのですが,これは腕でクラブ

を動かすためのグリップだとブログで読んだ記憶が

あるのですが,見つかりませんでした.



IMGA0214

有難うございます

グリップの問題は 初歩的な部分と考えがち
ですが 非常に重要であり ある程度の年月をかけて
直していく必要があるかと思います。


まず 理解頂かねばならないのは
左肩を中心に 象の鼻のように左腕を振り
左グリップを支点にクラブも振る、シャフトも振る
そんな 動かし方をしているゴルファーであれば
左手全体で がぶっと 握らなければ ボールを
打つことが出来ません。

ssng

ですから グリップを一旦 修正したとしても
何球かボールを打つと 自分の肝心要の打撃が出来なくなるので
直ぐに戻ってしまうモノです。

スウィング を始める基礎の アドレス
これは グリップで決まってしまう と同時に

クラブの扱い方によっても グリップは決まって
仕舞いますから 修正していくのは同時進行
ある程度の時間が必要になると思います。

魔法のように パッと出来るゴルファーを見たことが
有りませんし、正しいクラブ扱いをし始めたゴルファーは
いつのまにやら グリップも美しくなっていきます。

個人的な意見ではありますが
昨今流行の ♪レーンスウィングの達人。。。
例え プロであっても 最近は 美しいグリップを
見るコトが非常に少なくなりました。。。

自分のスウィングやグリップが好きか と言われると
はい! とは自信を持っていうコトが出来ませんが
少なくとも ヒトを不快にさせるほど 醜いもの
でも無い と思っています。

s20

グリップは 左手のグリップで決まってしまうとも
言えます。 右手は 左手が作ったスペースを利用して
行うモノですから 正しい左手でないと
右手の使うべきスペースも奪ってしまいます。

左手は出来るだけ 指 中指・薬指・小指
この3本の指だけで 握りたいです。

お寿司を握るような感じでしょうか。。。

手の大きさにもよりますが
感情線よりも手のひらは
 グリップに触れさせたくないですね

グリップで重要な注意点は
 グリップで二度握りは禁物 と言うコトです。

IMG_0013

既に指で 一度握っています。

これを更に もう一度握りこむこと。。。 
   これを 二度握り と言います。

IMG_0014

上から見ると・・・

IMG_0015

これを もう一度握りこむと。。。

IMG_0016

こうなると 右手の入ってくるところが
塞がれてしまいます。
右手は横から握ることになり
アドレス時の姿勢から既に 必要以上に右サイドが
低い そんなところからのスタートになってしまいます。

クラブの扱いによって
いま、直ぐには出来ないとは思いますが
自分の クラブ扱いのヒトツの目安 にもなりますので
日々 注意して 見守り続けて下さい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まず 定義として
からだの正面 というのは "胸" ではなく
『骨盤』なんだ ということです。

からだを捩じって 骨盤は開いているけれど
無理やり 胸がボールと正対している、
この状況では 両腕は自然な「元の長さ」に出来ません。
✌インパクト時に右腕が短くなっている というのは
イコール ロフトが開いている です。


hiraki


飛距離が出ない は
◎ヘッドスピードが足らない
◎ボールスピードが上がらない
 👉ロフトが開いている
 👉入射が緩い

      から 始まります

同じ条件であれば ヘッドスピードが速いのは有利です。
有利ですが、ヘッドスピードとボディスピードが一致、伴わない
ただ 単に数値としてのヘッドスピードはあまり意味がありません。
無理して出す こすり球になる ヘッドスピード42ms よりも
ちゃんと捕まえる 37ms の方が距離は出ます。

また その方が繰り返し易く、ラウンドを通して続けることが可能です。



ヘッドはその重さによって 遅れさせるべき です。
それを ロフトの立ち にすれば良いだけ です。
問題なのは 手/グリップが遅れて
 からだの幅からズレてしまうコトです。


18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n


飛ばすコト、というよりも 飛ばないコトを避ける意識 でしょう。





グリップを体の幅から外さない(ずらさない)注意点


IMG703

.董璽バックの時点で グリップを体から外す(ズラす)のは✖

 グリップを何で動かすか によります。

 ◎脚(お尻も含め) からだの向きで動かすか
 ◎肩回り だけで動かすか

 ダウンスイングのズレ よりも テークバック時でのずれの方が
 ロフトの開き効果、入射の緩さ加減に大きな影響があります。
 往復・・・ですからね。


IMG_0665_Slomo_Moment(3)

▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿如,らだの回転に肩周り、腕周りを置き去り✖

 打撃は からだの回転、脚(お尻も含めた)がパワーの源です
 からだを回すなら 全部動かす必要があります。

 置き去りの習慣が付いている人にとっては
 腕を先に動かす …位の意識で やっと同調します。

 先行してシフト〜体重移動する人は
 そのシフト〜体重移動に回転を合わせ技にしてみましょう。
 置き去りの人 はこのパターンが非常に多いです。

✋インパクトで体を止めて置く  ・・・よく言われる茲諒
 なんてことは実際には出来ず、先行した下半身(骨盤)は
 肩が回る分 開きます。
 その分、右サイドはツッコミ 下がり  〜〜空間が減り
 右腕が伸ばせなくなってしまいます。

 左ひじ、左上腕 を先行させる
 その意識で やっと同調します。

✋スイングに、行きであっても、帰りであっても
 意識して肩周りは「一切」使いません。
✋スイング動作 で意識的に使うのは四肢(上腕/大腿)で
 胴体はまるで使わない(意識して使わない) ものです。
 胴体は自然に生まれる 歪みや捻じれなどのクッションとして
 利用しないと 体を痛めてしまいます。

IMG_0148_Moment

左手を下げる もしくは 右手で左手を押す補助を
 トップの位置付近では インパクト方向に向けて
 大変 都合の良い グリップ関係になっています。
 左グリップの上に右のグリップが被っているからです。
 からだの回転に伴って 左上腕なり、左ひじが動くのが理想 ですが、
 せっかく 右グリップが左グリップを インパクト方向に押すのに
 都合の良い状態なのですから その補助を。
 からだから離れない限り 積極的に それを行うも ◎ です


✊理想的には トップの位置で クラブの重さ が
 グリップをインパクト方向に押すような姿勢/位置になっていると良いですね 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ