◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2019年07月



アドレス、ポスチャアに関して、ですが、
左右のグリップが出来るだけ近く、離れていない
と言う前提条件の上で の話です。

とは言うものの 左右のグリップは
右の方がヘッド側  〜遠い方
コブシ分〜半コブシ分 握ることになります。
image1


左右の 腕の長さは同じなのに
右のグリップだけが 半コブシ分 離れて握るのを
背中、背骨を捻ることで解消するのでなく
骨盤そのものを 薄く ごく薄く 右に傾けるコトで
解消してください。

〇グリップのズレの分
 骨盤そのものを右に傾けると
 骨盤から上は 薄〜く上を向いた形 になりますが


✖グリップのズレの分
 右半身を縮めると
 肩はすく左(開き)やや上を向く
 という胴体の中に差が生まれてしまいます

 
 ⇒こちらはアドレスが汚い のですが、
 もう多くの人は その違いも見れなくなっているのが悲しいです

IMG_0706_Moment(3)

 この差(違い)は からだの回転を 骨盤で区切るか
 胴体を捻るか の違いになります

 アドレス時の体重配分にも差が出ると思います。

骨盤を傾ける場合は 6:4〜5.5:4.5 で右気味
胴体を捻る場合は 5:5 に均等
と言う感じでしょう。

IMG_0706_Moment(2)


左右のグリップが離れすぎていると
骨盤の傾き「だけ」では処理できなくなるので
グリップ次第 とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパターに限りませんが、
より良いパッティングをするのには
以下の点のご注意下さい。


/爾かがんで ボールに被るように構えない

×                   〇
IMG_0710_Slomo_Slomo_MomentIMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(4)
 






これには幾つか理由があります。

 ✊振り子のクラブを使うので
 ロフト変化、ヘッドの高さ変化が激しく
 安定した距離感が生み出しにくくなります。

 ✊ヘッドのある場所と 自分のヘッド(頭)が
 いつも反対に動くので
 スイングボトム・パッティングストロークボトムが
 アドレスよりも右にズレます。
 が、故に 長い距離でのダフリ であったり
 距離によって度合いは変わりますが、
 常時 上がり行程でのインパクトの為、
 薄いトップ気味の球になり易いです。

 👉トップショットは ショットの中で一番回転数が増えます。
 通常のパッティングでは 回転数は 300〜800回転
 1000回転以下のことが殆どですが、
 トップになると 打つ距離とあまり関係なく
 4000〜5000回転なんて言うのもザラ・・・。
 その分 エネルギーは食われ ボールは飛びません。
 ✊何も感じなければ良いですが、
 お家で、とか、パッティングの練習をそこそこする のであれば
 このかがみ方、前屈は 腰を痛める原因になります。
 ……私の年齢で 5分やれば もうしんどいです。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(3)






IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)







 ✊コースで 緊張感を生み出し易い ので
 避けた方が良いと思います。

 ✊この構えでは 距離感を生み出す、タッチの違いを生み出すのが
 首回りや背中の筋肉です。
 前傾して それでなくとも重い自分の体を支えるのに
 かなり使用している その筋肉が距離感の元 なのですから
 微妙な距離感は生み出しにくい と思います。


∀咾気个 肘さばきで打ってしまいましょう。

 肩を使う ショルダーストロークは
 肩であれば、結局 腕
 背中であれば 繊細な調整に不向き という あいまいな箇所が
 距離感を作るコトになります。

 故に ひじの曲げ伸ばしで
 〇右腕の肘の使い方や
 〇左腕の動かし方 で 距離感を造りましょう。

 ⚓カギになるのは
 右ひじの伸ばしと左手首(もしくは左ひじの逃げ)の関係です。

IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)







 ひじを伸ばし 右手が押すのは シャフトやクラブではなく
 クラブを持った左手、左手首を押すような感じ になります。

 よって 右ひじの伸び と 左手首の平側への折れ(左ひじの逃げ)
 がつながった関係になります。


 ヘッドの高さを大きく変えず
 フェースがずっと ボールを追いかけるような
 そんな感じになります。



このパッティングストロークは
そのまま ショットとつながっていきます。
両肩の揺さぶりでストロークする その感じは
スイングにとっては 手打ち です。
からだの回転 ではなく
体のひねり になってしまいますので
出来れば パッティングで
回転を体のひねり 肩のひねり と結びつけない方が良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

多くのゴルファー、おそらく全員に近いゴルファーは
『ダウンスイング』はその名の通り
クラブを下げる、ダウン-スイングする! と思っています。

dW l (2)_Moment

確かに 感覚的には
トップの位置では ヘッドの高さは2m50位
ボールの位置は地面にありますから
この2mなにがしかを下げないと
ボールに届かない、ボールを打てない、空振りする
と思っているでしょう。

では こちらをご覧ください。


多少オーバーにしていますが、
インパクトのところでスイングを辞め
それをそのまま巻き戻しました。
(動画を巻戻したのではなく 動作を巻戻しました)

前傾姿勢のある 体の回転は
運動そのものの進行方向が傾いています。

トップの位置からインパクトにかけては
体が右向きから概ね正面への動きです。
そして、その動きによって
グリップやクラブが斜め下に移動して行くのです。

写真を動画から抜き取ってみました。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)







この画像 一見すると 左から´↓ と
トップからダウン〜インパクトまでのように見えますが
実はその逆で
インパクトから逆回ししてトップの戻ったものを
逆に順番で並べてあります。

正規の順番はこちらです。
スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)






動画でも分かると思いますが、
クラブやクラブヘッドを 腕さばきで下に振っていない
腕で殆どクラブを動かしていないのです。
『クラブは下には 振らない のです。』

ごくごく 当たり前だと思っている
ダウンはクラブ、ヘッドを下に振る、という
固定概念がスイングを造り出してしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まず 知っている人には無用ですが、
ゴルフのスタンス、スタンスの向きは
目標方向、ターゲット に 平行に
 電車の線路のように どこまでも交わらず、平行です。
a0042e90869424d8e720ae8d95b891cd8d7070cd

自分のスタンスを 目標、
例えば ドライバーで言うとフェアウェイの目標点や
グリーン上のピンであったり 目標に向けてはいけません。
ボールと当たるヘッドは 自分のスタンスと平行
というのが 基準になりますので
それでは ヘッド〜ボールは目標よりも右を向いてしまいます。

打つ距離などによっても異なりますが、
アイアンでグリーンをセンターを狙う場合など
自分のからだやスタンスは グリーンの左端であったり、
場合によっては グリーンの左外を向いてる場合もあります。



次にスタンス、
ボールの飛ばしたい方向を決める スタンス
足、というか 靴の向き ですが、


この基準になるのは 両足のかかと です。

003

多くの人が 右打ちの場合
 左足、左靴 の方を多めに開き、
 右足、右靴 の方が少なめです。


この状況の中で つま先がターゲットに向いていると
本当のスタンスは右を向いていることになり
希望の目標方向にボールを飛ばすには
「ひっかけ」を覚えなくてはならなくなります。

また 薄く右を向いていると
感覚的においている ボールの位置が中(右)に
感じてしまうので、前(左)に置きがちです。

これに グリップ・・・左グリップのガブリと深く握りしめてしまう
状態が絡むと 肩は茵.好織鵐垢廊蕁,より強くなります。
001

スタンスはボールの左右に対する置き位置と密接に関係があるので
グリップによって肩は茵.好織鵐垢隆霆爐鬚弔淦茵▲好織鵐垢廊
によって ボールの置き位置があやふやになり易く
それはミスショットの誘発します。

✋正直 コースでのショットのミスの半分はコレ だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップは クラブ扱いそのものが現れます

グリップエンドを支点に、クラブを横であっても
斜めであっても、縦であっても 振る 場合
クラブがすっ飛ばないように
特に 握力の弱い 支点になる左手は
ガッチリ ガッチリ 握ることになります。

IMG_0002


正しくは 左手は親指を除く
4本の指で握る


で おしまい。

ここから もう一度 親指を握り
左手で グリップ 棒を握るこんではいけません。
。。。俗に言う二度握り


当たり前 ですけれど 腕は
肩の部分から生えて? グリップを握っています

クラブと接する腕は 左右共に
120度位 斜め上から接触する筈。。。
なのですが 左手を二度握りしてしまう と
右手の入ってくる空間を塞がれてしまいます。

imageCA19VSPF

すると 左手はグリップを斜め上からの関係になるのに
右手は グリップに対し 横から入る ことになって
しまい、 そうするためのアドレスになってしまいます。

本来 右手は 左手親指の第一関節ごと握る
ものなのですが 横から入る右手は
人によっては 左手の親指すら握らない

それほど 上下に左右の手が離れてしまいます。

IMG_0016

美しいグリップは 左右の手首の高さ(位置)に
それほど差が無いモノ
ですが 美しくないグリップほど
左右の手首の高さに上下差があり
それに応じたアドレスになってしまう訳です。

クラブを 両手で合掌ばさみして 体で動かす

ここが基本で これが実践されないと
指で握ることは難しいでしょう。

☆茨の道を乗り越え グリップから入っていくか

☆クラブ扱いを覚え 自然にグリップを身につけるか

その方法論(順序)に是非は有りませんが
自分のクラブ扱いの変化は 如実にグリップに現れます
それは覚えていて頂きたい。

また ラウンド中 握力の低下や疲れ
クラブ扱いの乱れから 必ず 後半 グリップが深く
上下に離れ始めますので ラウンド中の目安としても
覚えておいて貰うとイイかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



共栄ゴルフ製 アイアンセット(#5〜SW・8本シャフト付製品)
        …番手単品(ヘッド)販売は致しません。

  5番アイアンのヘッドで 300gを予定✋

  軟鉄素材の中でも 非常に柔らかい S20C 素材

CVL-1


重心距離   37.00mm
重心高さ   19.6mm
重心深度    4.0mm
重心角度   10.5度

CVL-4

   ロフト ライ  ヘッド重量
#5  27  60.5   300g
#6  30  61.0   308
#7  34  61.5   316
#8  38  62.0   324
#9  42  62.5   332
PW  46  63.0   340
PS   51  63.5   350
SW  56  64.0   355


CVL-2


✋Wニッケルメッキ//シャンパンゴールド を予定




お問い合わせ、ご依頼は
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  ☎046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤 まで
            hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



握りの方のグリップは
左グリップでほとんどのことが決まってしまいます。

これも今すぐ治すー とかではなく
自分のクラブ扱いが変化〜進化していく目安として
観察し続けてください。
IMG_0772

そうですねぇ 自分の例だと
ああ こんなグリップにしたいなあ
というのは 2年位はかかります。
いつの間にか そういうグリップの出来るクラブ扱い
になったことによってグリップは変化する訳です。

左グリップの握り方…というか
理想論で言うと、小指、薬指、中指 〜この3本を主に
感情線よりも先の指部分で握りたいです。
問題なのは、ここで『指で』一度握っているのに
さらに 掌でもう一度「二度握り」していることです。
スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)

オンプレーンスイングが主流になって
軽量スチールシャフトのアイアンばかりになって
この「汚い」握り方しか見なくなりました。。。。
この「二度握り」はカタカなのゴルフ用語では
フックグリップ…なんて呼んでいますが、
そんな格好の良いものではないです。

これも繰り返しになりますが、
二度握りしてしまうと
本来 右グリップの入ってきたいところが塞がれてしまい
右のグリップを横から、真横から入れざるをえなくなります。
左のグリップは上、斜め上から入ってきているのに
右のグリップは横から入ってくる 
そして、この状態だと必要以上に 数センチ分
右手はより遠いところ、左手を離れたところを
握らなくてはならなくなります。
もう お分かりだと思いますが
この悪の二重効果はアドレス・構えに
ダイレクトに影響します。
yjimage

左のグリップの入り方 如何によって
アドレスも決まってしまう訳です。

勿論 その左手のグリップ 二度握りには
クラブの遠心力を グリップからヘッドにかけてしまう
クラブ扱いがあるから、思いっきり握れる状態に…
という理由もありますし、
テークアウェイを左腕のローリングで
安易にヒョイっと上げるという理由もあるでしょうから
その扱いが変わってこないとグリップも変わらないはずです。


そこで 結構忘れている、気づいていない面白い知恵を。

グローブを使わず、素手で握られる方もいるとは
思うのですが、自分のグリップ(握り)に不満があるようであれば
是非 左手だけはグローブを使って見てください。

私個人の意見ですけれど、
この ゴルフ専用のグローブ って
かなり グリップすることの補助器具になっていて
昔の概念というか、ルールでは ルール違反?
というほど 便利な代物です。

革 なんて高級品を使う必要はありません。
合成皮革で十分、十二分です。

まず サイズですが・・・
許せる限り 小さなもの。
手が痛くなく、装着で破れない程度に
小さいなものをお勧めします。

私 実は手は大きいのですが
それでも サイズで言うと新品で23
使い込んだものであれば 22でも21でも行きます。

グローブをしてみるとわかると思うのですが、
グローブは掌で握るようには出来ていません。

丸く握る というよりは
手のひらは 手のひら として使うように裁断されています。

そして 少々性能の良い
指の間なんかに収縮素材が使われているものでは
指の部分は手のひら側に曲げる加圧よりも
手の甲側に反らされる加圧が掛かっている筈です。
指・・・だけでグリップするように出来ています。
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)

まあ そう言ったことから
二度握りやくそ握りするゴルファーの多くは
緩いサイズのグローブを使うんでしょうねー

是非 ご自分で試して見てください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   


Mr.Kの話の続き ですが この時点ではこの状態です。

だいぶ 右も向けるようになって来ましたし
それが クラブの移動とのつながりも持てるようになりました。
放っておくと 下がり気味( ゚Д゚) になりますが、
右ひじの張り、右ひじの高さ も良い感じになってきました。

しかし インパクト前後の グリップの入れ替え
フェースローテーションが残っています。


グリップの入れ替え、フェースローテーションは
ゼロにならない限り、小さく、少なくなっても
その入れ替えが残る限り、入れ替えをするための動作 も
付いて回ってしまいます。 出来れば消したい・・・



この時点での課題は
元々 ダウンスイングで からだの回転に対し左腕を残す
左腕を長く使う習慣が強い
左グリップの周回が大きい 点にあります。
✋左グリップが体に対し右にズレすぎる故に
 グリップの入れ替えが『必要』になってしまっています。


そこで
スイングを改造する上では 一番「いばらの道」なのですが
グリップの改造に着手しました。


左腕の使い方で キャスティング・グリップの入れ替え・フェースローテーション に
つながる点で気になるのが
テークバック時の 手首…ではなく、左ひじのコッキング です。
IMG_0211_Moment(3)

左ひじのコッキング自体は悪いことではありませんが、
右ひじが曲がることの作用を手首ではなく
肘が全部取ってしまうとクラブの立ち上がりが遅くなりがちです。
テークバック時のコッキングが無い、
肘のコッキングであるため、 道のりが長くなるため、
全体の流れに対してクラブの起きが遅くなります。
IMG_0211_Moment(4)

また そのコッキングが肘であるため
ダウンスイングで 肘から先を振ることになり
これもまた振り遅れを作ることになります。

茱哀螢奪廚深くがっつり握っているため
それが起こり易いのです。
逆も…です。 それをするためのグリップなのです。

👉左を指で、二度握りしないように してみました。

ゆっくり ゆっくり 打ちながら です。

慣れないうちは このグリップは
クラブを止めたり、掴んだり 出来ない不安が伴うグリップなので
直ぐに元に戻したくなります。

それを我慢してもらいつつ、
遅い速度の フルスケールなショットを繰り返してもらいます。

握り切れない、クラブがすっぽ抜けそうな左のグリップ。
クラブの重さを支えにくい左グリップ。
であるため、自然なコッキングが出てきて
クラブの立ち上がりがかなり早くなりました

IMG_0226_Moment(2)IMG_0211_Moment(4)









ダウンスイングでの 左ひじの先から振りがかなり消え
遠回りし難くなり、かなり改善(右)されました。


 



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブのグリップに関するルールに丸い形状、
板状の形状はルール違反です。

グリップが板状であると、スイングの補助、
あまりに手伝いになってしまうから と言うのがその理由…
だったのですが、右を向かない 手だけでテークバックする
スイングでは 逆に板状の方がそれをし難い・・・のではと思います。

握り、をグリップと呼びますが、
手を丸く使って、ガブッと掴んでいるのではなく
両方の手で挟んでいる、もしくは引っ張り合っているのが
グリップの本質です。

特に 茲離哀螢奪廖,鬚匹Δ垢襪 で
テークバックの取り方も変わってきます。

image1左のグリップをガブリと握ってしまえば
手でひょいッと上げても 握っていられますが、
両手で挟む、両手で引っ張り合う
両グリップで握る(固定させる)ようにすれば
体から離すように 手で上げることは出来ません。

そう言う意味で
色々な人の グリップとテークバックを見てもらえば
だいたいのパターンが見えてくるか と思います。

左をガブリ、丸く、強く握っている人
左右のグリップが離れている人は
テークバックの初期で グリップがからだから離れます。
右を向かず 肩周りだけ で トップに行こうとします。


左のグリップを指だけで ⇒⇒⇒⇒⇒IMG_0772
おぼつかない程度の握り、支え、
にすれば、右グリップが密着しないと
クラブを持っていられません。

おぼつかない「握り」になりますから
アドレス時の元の場所から
 グリップを大きく動かすコトが出来ず、
体の向きで テークバックを取らざるを得ません。

そう考えると その部分は「技術」ではなく
考え、であったり、やり続ける意志、であったり
するのかもしれません。

からだの回転でクラブを動かすは
グリップから始まる と言っても良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



グリップを覚えることはすごく難しいコト ではありません。
✋初めて の人にとっては。

逆説的にはありますが、
ゴルフグリップはどれも違和感があるでしょうから
その違和感を感じている内に 良いグリップを身に着けてしまえば
良いだけのコト です。

しかし、いったん ショットが出来るようになり、
既にある グリップの恰好・形を変えるのは
そう簡単ではありません。

結果の良し悪し よりも、その違和感に耐えられず
数球で戻してしまうことが殆どでしょう。

IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)









なぜならば そのグリップ、今、身につけているグリップは
今自分のしている『クラブの扱い方』を 如実に、顕著に表している、
その扱い方によって身に着けた、淘汰され生き残ったグリップ だから
 です。
少々、オーバーですが、 "グリップがスイングそのもの" だからです。

アドバイスをしているお客様に
グリップの話もしますが、やはり クラブ扱いが良くなってくると
自然にグリップも良くなり、それによってショットの確率なども比例してあがってきます。
逆に、久しぶりに見て、グリップが  『あれ?』 になっていると
案の定、スイングは悪くなっています。
スイングを見ずとも グリップでほとんどが見えてくるものです。
ゴルフをする限り、 永遠のテーマ かも知れません。
少なくとも 私にとっては、 そうです。




グリップの良し悪しは 右左の密着度 です。
フック、スクエア、ウイーク 厳密にはどれでも問題ありません。
ただ その握り方によって 左右が離れてしまっては アドレスが崩れます。
『左右の密着度』さえあれば、アドレスも崩れず、
 クラブの扱いもだいたいOKです。

裏を返せば 『左右の密着感』の薄い人、密着していない人に
美しいアドレスもあり得ませんし、美しい、
 人間の動きとして綺麗なスイングもありえません。
プロであろうと 例外は無い と言えます。


その密着度を決めてしまうのは 茲離哀螢奪 です。
当たり前ですが グリップする左右の腕は左右の肩から生えています。
その肩から 真っ直ぐにクラブに接するとなると
クラブの斜め上からの入り になる筈ですが、
 先に握る 茱哀螢奪廚琉り方によって
 右グリップの入ってくるべき道が塞がれてしまっているのです。
コト「握る」というコトに重要でない蕕離哀螢奪廚
単独では どこから握っても「握るコト」に大きな影響を与えませんが、
左グリップよりも 遠いトコロ(ヘッド側)を握らなければならない右グリップが
より遠い所を握らされれば 必然的にアドレスは崩れます。
IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment









左のグリップと全く同じところを握る訳には行きませんが、
出来るだけそれに近い、茲離哀螢奪廚龍瓩ぅ肇灰蹐魄れば
ほんの少しの工夫で 美しいアドレスは作れます。

茱哀螢奪廚蓮.ラブをそれを支点に振るのか つまり
 ´茱哀螢奪廚止まることの勢いでヘッドを振るのか
 ▲哀螢奪彖澗里動き続けることがヘッドを動かすコト

の二つに別れます。

別な表現であれば
 .悒奪匹涼戮譴髻.哀螢奪廚了澆瓠,砲茲辰董…匹い弔せるか
 ▲好ぅ鵐綾了まで ヘッドを遅れたまま にするか

の違いです。
failgrip

ですので その違いは左グリップの役割にはっきり出てきます。
×インパクトでグリップが止まるか
×ヘッドを追い越させるか(ヘッドを返すか)
それをさせるには 強く、厚く 茲離哀螢奪廚楼らなくてはならず
それが 右グリップの入ってくるところ塞いでしまうのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今も昔も ゴルフショット・ゴルフスイングは
グリップに始まり、グリップに終わる と言います。

"グリップの汚い人に 美しいスイング、美しい弾道の人はいない!"
とまで言われるほどです。

形・恰好 としてのグリップ、「握り方」も軽視出来ませんが、
始めたばかり、であっても ベテランであっても
トーナメントに出ているプロであっても
『グリップ(握り)はミスの確率』と密接につながりがあります。

田中どら_Moment


グリップは どうクラブを扱うか ソノモノを表しています。
スイングを見極めるのは難しい・・・かも知れませんが
グリップを見極めるのは意外に簡単
 何分、止まっている時に分かる のですから^^


,泙此左右のグリップが全く違うモノ であるコト
 ココは注意したい ですね。

 多くの人は 茱哀螢奪廖扮β任繊法,魯亜✊
 右グリップは ✋ もしくは セミ✋
IMG_0706_Moment

⇒これは明らかに
 茱哀螢奪廚支点 になっていて
 右手でハタク、叩く というコトを表しているでしょう。

 前にも書きましたが、年齢がシニアに近づいてくる
 もしくはシニアを超えてくると
 握力、特に利き手ではない左手の握力
 握力の数値よりも 握力の持続力 は顕著に落ちます。
 👉これが かなり主要なミスの原因になってきます。
 (握力が落ちる というコトではありません)


 そうなると 次の◆,箸弔覆ってきます。


左右のグリップが離れているのは出来るだけ避けましょう。

 この二つ、,鉢△呂世い燭ぅ螢鵐しているのですが、
 茲離哀螢奪廚鉢蕕離哀螢奪廚離れていると
 アドレス時、体が捩じれた状態から始まります。

 スタンス、足、腰 は目標点を向いていても
 左右のグリップが離れていると 肩周りは薄く左を向いた状態
 になってしまいます。
IMG_0706_Moment(2)
IMG_0706_Moment(3)

 また それを並行して、肩周りだけが やや上を向いた姿勢
 になっています。

 このアドレスが問題になるのは
 腰に対し、肩が左を向いた状態から始まるので
 テークバック⇒右向きがし難く、「始め」難く、
 手で上げがち、 急ぎガチ になるコト です。

 また 初期段階から 腰と肩がズレているため
 からだ、胴体を一体に動かす癖がつき難いコトもあります。

🔥飛ばない! と悩んでいる人 の多くは
 持っているクラブの製品ロフトよりも
 大きなロフトで、ロフトを寝かして打ってしまうコト なのですが、
 動作を始める姿勢、始める前の姿勢が
 既にロフトを寝かしている という皮肉と言うか
 そのまんま と言うか なのです。

 練習ではマシ であっても
 疲労感が大きく異なる ラウンド、コースとなると
 手で振る人にとっては、茱哀螢奪廚鮖拇世砲靴匿兇訖佑砲箸辰討蓮
 どんどん低下していく 左手の握力 によって
 より 茱哀螢奪廚深く ✊が強くなってきます。

 👉そうなると どんどん左右のグリップが離れていき
 アドレスの捻じれ が激しくなっていきます。
 トーナメントのプロでもかなり見受けられます。

 肩がより左を向き、グリップも落ち着かない
 アドレスが決まらない時の多くは これが原因だったりします。
 肩、腰、スタンス が違う方を向き、その差が激しくなるからです。

 スタンスの向き と ボールの位置(前後左右) は
 密接な関係です。
 
 握力が落ちて より肩は開き、上を向いていますから
 いつものボールの位置 では
 肩にとっては 中、右に置いた感じになります。
failgrip

 肩ラインにボールの位置 を合わせると
 今度は 腰、スタンスにとっては ボールは外、左、遠く感じます。

 アドレスがしっくり来ないので アドレス時間が長くなり、
 開いた(左を向いた肩)、捩じられた体の為
 右向きがよりし辛く、長いアドレス、急激に勢いをつけた
 速いリズムのテークバックになりガチ、ですので
 ミスにならない方がおかしいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



少々 高度なお話・・・かも知れませんが
役立つ人もいると思います。





体重移動 をする際、
注意しておきたいことが2点あります。

この2点はミス予防にもなりますし、
もう少し「飛距離を!」と言う場合にも有効です。


kokannsetuまず、座学として
体重移動は 単純に体重移動「だけ」ではない と理解してください。
スイング動作は 背骨を軸とした回転運動、向きを変える運動で
からだの重さは 背骨が厚みの真ん中にはなく
やや後方にズレている、
重さはその軸よりも前方にズレているのです。
向きを変えるに伴って 軸足が変わり、
右を向いている時には 藺、藐坿慇瓩暴鼎気かかり
左を向いている時には 菎、藐坿慇瓩暴鼎気かかります。

つまり 右を向く時も、左を向く時も
ダウンスイングで言う 「右向きを解く時も」
からだの向きと体重移動はパックになっている、
一つのユニットの動作である というコト です。




IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(2)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)

IMG_0699_Slomo (3)_MomentIMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(3)









IMG_0699_Slomo (3)_Moment(4)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(5)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)






(左ひざの伸びと上半身に注目)


ダウンスイングにおいて  先に体重移動し、
後から 右向きを解く手順 になってしまうと
一旦 体重は左足・左股関節に掛かったように「感じますが」
右向きを解く過程で 重さは右足・藐坿慇瓩両紊
動きますので 右軸になり
結果、上を向いてボールを打つコトになります。


体の部位、で説明すると
下半身、足だけ 左へシフトし
上半身、重さの大部分を後から動かす 手順では
インパクトが上向きになってしまいますから
ダふったり、トップしたり、上向きの為
弾道が必要以上に高く飛び出て(自作の左足上がり)
飛距離を損してしまいます。

理想的には 左へのシフトは
右向きの解きと同時進行にしていきましょう。
左足は左上半身をパックで行いましょう。
逆に言えば 左上半身の動きに下半身は応じる形
と考えて良いと思います。

無理しない範囲で
左ひざが一番沈んた、曲がったところ 近辺が
インパクトです。
✋ですので 上半身を取り残し、
 右向きの解きを後の手順にするのではなく
 左上半身の右向きの解き 左への移行を自然に支える
 流れで 左へのシフトをしていくと良いと思います。


IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(2)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)




IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(4)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)





からだの正面でボールを!
のからだは へそや胸の正面ではなく
足も含めた 骨盤に対してのモノ です。
✋例えば 両ひざの関係が ボールに対して揃ったトコロ(時間)
が からだの正面であって
それ以降は振り遅れの時間に入ってしまいます。
・・・・・・・・そこを我慢しましょう ではなく
その時期を逃さず、その時期までに打つ準備を終わらせる
というコト です。



IMG_0699_Slomo (3)_Moment

また 先に足が左への体重移動、
右向きの解きはその後 と言う手順では
往往にして、体の反り、上向きのからだの反り が発生してしまいます。
アドレス時に 前傾している通り
この角度からの視線であっての
若干 胸は下向きになっているモノ です。
その上向きのからだの反りは
インパクトでの体の上向きを更に増やしてしまい、
ミスや飛距離の損ばかりでなく
傾斜地での 長物(フェアウェイウッドなどの)に苦手の原因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



いつからなんだろう、
「クラブを寝かすな」
「シャフトを寝かすな」
と言う言葉が死語になってしまったようだ。

当時(20年くらい前まで) はスイングにとって、
クラブの扱いにとって とても重い、意味のある言葉で
私自身 昔も今もとても気にしている。

最近は映像も使い易く、動画もゴルファーになじみ深くなったが
自分のスイング、他人のスイングのチェックポイントとして
かなり重要な点だと思うのだけれど…。
20190411_Moment

どんなものが寝ていて
どんなものが寝ていないのか
というと
前傾姿勢に対し、
いや 単純に概ね平らなトコロで打つと仮定して、地面に対し
どの位、クラブ・シャフトが倒れているのか
というのが比較ポイントで

✋寝ている組は
IMG703
IMG702IMG701












✋寝てない組は
IMG704IMG705IMG700














う〜〜ん
最近は シャフトが寝ていて
地面と平行 はあり得ないけど
前傾姿勢に直角に沿って、前傾姿勢に直角の角度まで
クラブ・シャフトを倒すのが 普通になっているらしい けれど
▼『ヘッドのどの部分で打つつもりなんだろう・・・』
▼『フェースで打つコトが前提なの?』
▼『ボールの飛ぶ方向、ボールのあがる角度なんか
 クラブ、番手によって結構微妙、微細な差だけど
 それはどうでもいいのかな?』
と感じてしまいます。
IMG702

ハミングバードの悶絶クラブは
想定外のヘッドの重さと想定外のシャフトの柔らかさ ではあるのですが、
それで無くても 長い棒の先に重さの付いた構造の
ゴルフクラブをこんなに倒してしまっては
ダウンスイングに入るのに クラブが重くて 力む でしょうし、
必然的に右サイドが下がり易くなってしまう けれど
それはテクニックと筋力で抑え込むんだろうか?

『飛ばない』『もっと飛ばしたい』
『方向が安定しない』『狙った方に行かせたい』
と嘆くゴルファーが多いのに
本来フェースが向くはずのトコロに ソールがある程、クラブがひねられた状況、
ロフトで言えば 複雑にナン十度も開かれた状況、
「飛ばしたい」と嘆いている人が なぜ 飛ばしにくい ロフトを開いた状況 を
準備行為で作るんだろ・・・
「真っ直ぐ行かせたい」「安定させたい」人が
トップなり、ダウンスイングの初期で
打つ場所 〜フェース が
打つモノ 〜ボール をまるで見てなくて、
フェース、ボール、打ちたい方向 と
まるでつながりのない この形が 本当に良い! と信じられるの?

飛ばすために! と信じていた としても、
多くの人は 弾道が低くて困ってはいないのだから
この方法では 元のロフトになる確率よりも
圧倒的 多めのロフトで当たる可能性が高いけれど
飛距離や確率よりも スイングの恰好の方が大切・・・なのかしらね。

IMG703


スイングは円運動と言われるけれど
それは からだの向きを変えるから であって
フェースを回す、シャフトを捩じる、は
その円とは全く別の、まったく違う大きさの、まったく違う弧の
円をたくさん作ったら やさしく なる筈はないのだけれど。。。
いったい 何個の、何種類の円を造ったら気が済むんでしょうかね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


問い合わせが多かったので
もうすこし突っ込んでお話しします。

昔から
 ✋「ボールは自分で上げるな!」
 ✋「クラブ(ロフト)に任せろ!」

と聞きますが、
多くのゴルファー、プロでもそうですが、
無意識なのだとは思いますが、
自分でボールを上げようとしています。
8a862ab6

これはどういうことか というと
もしもアイアンのロフトが絶壁 0度
後々の説明のために付け加えると
このクラブのバンス角度 0度
フェースとソールが直角
フェースがシャフトと平行

の実験的なクラブがあったとします。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ロフト0度のクラブで
ヘッドが ちゃんと体の回転で上から入ってきた時
そのヘッドの入ってきた角度分だけ、ロフトはマイナス に
なります。
実際のクラブでは
 その製品のロフト角度に入射角度がマイナスされるのが
平らな地面とインパクト時のロフト
 の関係です。
20090801 2009_08_30_23_19_09-646フレームショット

ゴルフ用語では これを「ハンドファースト」と呼んでいますが
小手先にて グリップが左にズレたのでは無く
体が回ったこと、向きを変えていく過程で
アドレス時に比べ、体が左に
ズレた結果 によるものです。

ここで ❓ と思う人がいると思うのですが、
手を返す ヘッドを返す スイングをしようとする限り
ヘッドがグリップを追い越す
もしくは 同列になっているところがインパクトで
形としての ハンドファーストは永久に訪れないことに
なります。
BlogPaint

このインパクトを造ろうとする過程
前段階で、ヘッドとグリップは
ヘッドの方をたくさん動かすことになりますから
インパクト以前の段階で
ロフトは入射角度以上に増えますし、
入射角度そのものも
ちゃんと体で動かしてくるのに比べると
緩いものになります。

まあ メカニカルにはイメージし難いかと思いますが、
要するに まるでダメだ! ということです。

手さばきでヘッドを振って
大きなロフトを造り、緩い入射角度にして
上を向いて 上に振りぬく・・・
それでは飛ばないから フェースを左に向ける…


失敗の可能性、ミスの可能性を飛躍的に増やし
その上 複雑で無意味な
テクニック」です。
これを スイングの技術と呼ぶのならば
そんな技術は要らないと思います。

000009



先の ロフト0度 バンス角度0度
フェース面とソール面 直角のヘッド のイメージで
少なくとも トップを半減、消失させる方法は
上がり軌道になった時にも
視覚的ヘッドがスクープソールになっていることです。
上がり軌道になっている時に
バンス角度が付いているのがトップの原因です。
20090801 2009_09_02_15_09_49-1007フレームショット

分かりにくいからもしれませんが
ゴルフクラブを 体の回転でグリップを動かし
その分、ヘッドも動く。

体の回転でグリップが移動する

移動して行く進行方向の左サイドが低いうちにインパクトに入る。

これが守られれば
ヘッドの移動してくる 入ってくる(入射角度)分、ロフトは立ち
そして同等にソールはスクープ(視覚的)になります。
20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット

例えば バンス角度5度のクラブを
入射角度5度で入れて来れば、視覚上インパクトの時のバンスは
地面と平行になっているという事です。
バンス角度0度のモノを入射角度5度で入れて来れば
地面との関係はスクープ5度になっているのです。
番外論ですが、その入射角度が自分のアイアンや
ウエッヂのバンス角度選定の条件…が本当の話なんです。
今風なウエッヂ、今風なバンスの無いウエッヂは
バンスをちゃんと使えず 寝かして入れてくることの証です。


トップのミスは ソールで打ってしまうミスです。

クラブの扱いが間違っていて
ソールの地面との関係がバンス状態になっていれば
ソールはボールを向いていますが、
ソールがスクープ状態になっていれば
ソールはボールに向いていません。

そういうことなんです。
20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット

ですので、打った後
ヘッドは上がり軌道になって行きますが、
上がり軌道になっても まだ スクープになっているように
扱っていないと トップのミスは増大します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを遠くに飛ばす
しかも、
 ✋出来るだけ楽に(体に無理せず)
 ✋似たような距離/弾道で
 ✋繰り返せること

を実現化したい
 誰もが願っていることですね

その上で 道具、そしてその重さが
どんな風に役に立つのか 考えてみましょう。

まず ゴルフクラブの構造を確認してみます。
metal
おじさんゴルファー向け
市販のクラブ
(参考*45インチのドライバー)で考えても
重量配分的には
 ヘッド  190g  63%
 シャフト  50g  16%
 グリップ  40g  13%
 総重量 約300g
こんな感じです。

ヘッドが軽い 市販のクラブであっても
先端部、1m10造遼世寮茲法。僑亜鵑鯆兇┐訶瓦硫
が付いている訳です。

ボールを飛ばすのには
確かに ヘッドスピードは関係します。
『ただしく打てる』という前提の上では
ヘッドスピードが 1msの伸びると
約3〜5ヤード距離が増えます。

しかし、多くの方が体験されていると
思うのですが、例えば自分自身であっても
チョロとか天ぷらを除いて
当たり方や弾道によって かなり距離に差があるでしょう。
まして ほかの人となると
自分よりも 「ヘッドスピード」は高くないのに
似たような 「ヘッドスピード」であるのに
飛距離に明らかな差が出たりしますよね。
まあ その答えはロフトの作り方 なのですが
今回はその話は割愛します。

先ほどのクラブの重量配分 を考慮し
ゴルフクラブは 運動すると当然その重さを増します。
人間の受けるモーメントで言うと、単純には
 ヘッド重量 ×
 長さ(含む腕) ×運動速度
移動速度が増すほど ゴルフクラブは重くなります。

5322-21-2015-1一般的なゴルファーが考える
グリップを支点とした
ヘッドを振る動き。
クラブ/シャフトの角速度ばかりを
増やそうとすると
その延長線上の方向へと
どんどん重さが増していきます。
この図のようなイメージでスイングを考えている人は
こういう実験は 支点になる部分が「完全固定」されており
スイングではそれは絶対に不可能 なんだ ということを
ぽっかりと忘れてしまっています。



言葉として「ヘッドスピード」と呼んでいますが
正しくは 
グリップの、
クラブ全体の移動速度

が速くすることを目標にしないイケマセン。




「ヘッド」の速度ばかりを上げようとすると
前述の通り、速度と重さは密接な関係で
ヘッドを振る振り方では
ヘッドを振りたい方向とは全く異なる
90度以上違う方向への重さが増えるばかりで
それは、まるで スピードを上げたい車が
アクセルを踏みながら、
それと同等(同量)のサイドブレーキを
踏んでいるのに近い行為なのです。



そこで今一度 トップオブスイングを見てみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











このポジション と インパクト時のグリップの位置 を
結んだときに、さてさて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが利用できて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが邪魔

になるでしょうか?
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

クラブを垂直に立てなければいけない
という訳ではありませんが、
トップでのクラブは ゴルフスイングの中(動作の中)でも
一番軽くなる瞬間で
それは 重さに対する
 クラブの長さが ゼロに等しい状態になる訳で
 クラブ(およびヘッド)の重さ × クラブの長さ
ここが一番クラブを動かしやすい筈なのです。
414

重力・・・という下方向への動きに対し
クラブの重さも利用して 下げて行けるのですから
運動性能に対し なにがしかのプラスアルファー が
生まれる筈です。

 それこそが ヘッドスピードアップにつながるわけです。

そうやって考えてあげると
まあ なんとゴルフクラブの形や重量配分は
見事な構成と言うか 構造に感心することしきり です。


クラブやクラブヘッドの重さを
スピードアップのエンジンと言うか、助力にするか、
それとも筋力でその重さをねじ伏せる 邪魔者にするか、は
おそらく スイングの技術的な部分ではなく
発想によって 分かれるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチに悩まれるお客様から相談を受けました。
50ヤード以下のショットが安定せず、スコアに伸び悩むと…
スコアが全てではありませんし、
それ以外の楽しみ、それぞれの方の違った楽しみ
それを共存させられるのがゴルフの良さ、でもありますが
目の前のグリーンに対し、上手く打てないのは
ストレスになりますわねぇ、確かに。
003
で、その方のショットを見させて頂くと。。。
テークバックの取り方が怪しい のです。
とは言え、その方法論は多くのアマチュアが採用する方法で
練習場では一般的な打ち方なのでしょうね。

フルショットの場合、スピードと言う結構
いろんなことを誤魔化せる要因があるので
そこの部分は取り上げられない、気にしない、なのですが、
50ヤード以下だと、その誤魔化しも効きません。

本来、ゴルフショットのヘッドが描く円弧
世間でいうところの「ヘッド軌道・プレーン」は
前傾姿勢があって、体の向きを変えることに
よって生まれる、斜めに傾いた軌道 です。
概ね 体の幅の中にクラブ・クラブヘッドがあって
体の向きが変わるから、円弧が創られるのです。
それによって、セットされた(選択された)クラブの
ロフト、そしてその運動スピード
それによって、距離が創られていきます。

でも、多くのアマチュアゴルファーは
その円弧を手のさばきによって、なぞる というか
創ってしまうのです。

そうなると、ロフトも変化しますし、
腕も含めたクラブの長さも変化しやすくなります。
スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)






腕と言う、さほど大きな筋肉の無い部位で
クラブと言う重量物を動かし、そして、さらに
その動かしたことによって生まれてしまう
更なる遠心力などの不可抗力を、その動かしている
腕が直接的に受けるのですから、安定は
難しいでしょう。

imageCA5Z5UPG具体的に言うと、テークバックで
ハンドルを右に切るように
クラブを動かしてはいけません。
その姿勢のまま、と言うよりも
テークバックでは、少々オーバーですが
ハンドルを左に切りながら動いていく
と考える方が矯正されていくと思います。

前傾姿勢がある状態で、右を向けば
体の右側の部位の方が、左の部位よりも高くなります。
その状態が維持されて「スクエア」なのですから
ロフトの立ったクラブであれば、
フェースの向く方向は、やや地面に向いた
伏せられた方向になる筈です。

よく見かけるオンプレーンスウィングの図解で
ダウンやテークバックのどこかを切り取った静止絵で
地面と垂直になったリーディングエッジが
出てきますが、これは既に開いていることになりますし
クラブの構造上、静止状態でこの姿勢を作ったのでは
動きが入ると、もっと開くことになります。

30ヤード位のショット、から始めるのがいいのかも
知れませんが、テークバックは左にハンドルを切る
フェース面をずっと地面に向けている ような
そんな始まりが練習には良いかと思います。


レッツ トライ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ひと昔前であれば リゾート地などのゴルフコース、
最近であれば 簡単にスイング映像に触れられ
自分のスイング撮影もかなり容易になりました。

自分自身のスイング画像、写真を見ると
インパクト以降 左ひじが体の左に抜けている というのは
あまりうれしくない映像ですね。
hijinuke1 (2)

つい簡単に考えてしまうと
左ひじが抜けている ⇒ 左腕が曲がっている
。。。だから フォローでは腕を伸ばすんだ

と、なりがちですが、それをお薦めできません。
むしろ するべきではありません。

インパクト以降 左ひじが「茵廚鉾瓦韻討い襦,里
からだが開いたインパクト・・・手遅れ に
ヘッドの返し・・・右腕の伸ばし の
合わせ技一本
 から来ています。


振り遅れて 外から入ってくる〜体が開いてから
振ってくる状況で右腕を伸ばせば
左グリップは右グリップに被られてしまいます。
左グリップの根元である 左肩は
刻一刻 ボールから離れている状況ですから
右腕によって 追い込まれた左腕の逃げる箇所、逃がし場所は
そう多くはありません。

肘の関節は逆には折れない、曲がらない訳ですから
両方の腕を伸ばして 自主的に自分の左ひじを痛めるのは避けたい です。

フォローで腕を伸ばす
もしくは フォローを出す と言うアクションは
同時に からだを上に向ける、体を開く(左向き)をより強くしますから
首や肘、手首、腰などを痛めるか、
今までよりも一層からだが開き
左ひじの抜けが激しくなるか、その両方か、
対処方法としては 左ひじの抜け ⇒腕の曲がり
 ⇒意識的な腕の伸ばし は 逆効果になるだけ です。
hijinuke1 (3)

〇からだが向きを変える
〇それに同期して腕、クラブが移動する

 であれば、体の向きの変更(回転)で
 十分にクラブはターンをするのです。
ヘッドの返しが必要、というコトになれば
からだの回転は クラブのターンと関係がない、
直接関係がない、という結論ですので
手で振っている証の一つ とも言えるのです。 

ですから ひじが体の左に抜ける というのは
何か一つを変えれば どうにかなるモノ ではなく
無理に腕を伸ばそうとすれば ひじや手首などを
痛める可能性があります。

体を痛めず 本格的に治そう
と思うのならば テークバックの肘つかい を変えて下さい。

概ね・・・ですが、
インパクト以降、フォロー側の動きは
テークバック時の動きの対称になります。

👉世間では 良し と言われている
 右ひじを地面に向け からだの付けて
 左腕だけでテークバックを取っている形が
 フォロー側で 左ひじの左抜けを造っています。
hijinuke1 (1)mz-slow_Moment
 どの道 フォロー側は 左ひじ、左腕は曲がります。
 真っ直ぐ伸ばそうとして 良いことは何もありません。

 であれば 萇が上がりながら
 体の左に抜けるのではなく
 からだの上に向かって 曲がっていく方が
 弾道の安定にもつながりますし
 よしんば 見た目も良いでしょう。

✋ですので テークバック時、
 右ひじは上げて下さい。

 慣れ は必要ですから、
 少しずつで良いので 右を向く量分
 右ひじを開け 「わきの下」 は開けて下さい。
 野球でボールを投げる時のように。

 それが出来れば 自然とフォロー側の
 左ひじの左抜けは消えていきます。

 少なくとも 今までと比べれば 
 からだの回転通りに腕も動くようになるので
 弾道も安定しますし、距離も伸びます。
 見た目も・・・ まし になると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



製品上のロフト角度は
シャフト軸を基準としたフェースの角度です。
455T-5-1
ドライバーの場合 空中のボールを打ちますから
ソールの形状はロフトに大きな影響を与えませんが、
フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッヂ などには
ソールにバンス角度 というのがあるので
正しくクラブを使えるのであれば
バンス角度の数値の大きなモノほど ロフトが立ち易く、寝にくくなります。

理屈上は そうなのですが
なかなか そのロフト を上手に、ちゃんとロフトなりに使うのは難しく
製品ロフト と 実際のインパクトロフト には
かなり大きな開きがあります。
一生懸命振ってるけれど 飛ぶ・飛ばないの差は
ロフトの使い方の差次第
です。



私は国外でゴルフを覚えていますので
日本に戻った時の その差にショックを受けたのですが、
国外では かなり初期の段階で
ロフトをより少なく使うことが ショットの基本と教わります。
ところが 日本の場合、なぜか なぜなのか
ロフトを開いて、ロフトを閉じる フェースローテーション という
どう考えても 腕力が必要な、
欧米人よりも華奢、非力な日本人には不得手な筈の打撃法が主流でした。
上手…ちょっと神業に近いのですが、上手に出来れば
飛距離の差はありませんが、それに要する労力や技術、
タイミングの微妙さは雲泥の差、まったく別なモノと言えるほど差が有り
体力に自信のない、練習を頻繁に出来ない 日本のゴルファーには
最も適していない方法と感じています。
(女性にとっては害でしかないかも…)



多くの人は インパクトの実質ロフト イコール ヘッド、フェース、
打撃部分に意識が行きガチですが、
実は フェースよりも大きくロフトを形成してしまうものがあります。



✋例えば、30度のロフト差は 5番アイアンとサンドウエッヂのロフト差です。

実際 ヘッド、フェースで ロフトを30度開いて当てる のも
ロフトを30度閉じて当てるのも 非常に困難ですが、
からだの姿勢においては
莨紊り/左サイド上がり イコール ロフトの増え
莢爾り/左サイド下がり イコール ロフトの減り
で 30度の実質ロフトを増やすのも 減らすのも ごく簡単、
練習場に行けば こと増やす例は 飽きてしまうほど見ることが可能です。

あまり腕周りの動きで考えるのは良くありませんが、
ロフトが増える〜ロフトが寝る というのは
左右の腕の長さで 右腕の方が長くなった「ような」状態

ロフトが減る〜ロフトが立つ のは
左右の腕の長さで 左腕の方が長くなった「ような」状態
 です。

それは即ち
ロフトが増える⇒右腕の方が長い⇒右サイドが低い
ロフトが立つ⇒左腕の方が長い⇒左サイドが低い

と イコール ではないですが、似たような状態 と言えるので
手先、フェースで ロフトを2度寝かす は
それに からだの姿勢が必ず加わるので 倍の4度増やすのと同じ
と考えて間違いないと思います。

体の回転を止めることにつながるので
意識して からだの正面で打つコトはお勧めしませんが、
からだの正面で打つ 意識と言うのは
左サイドが低い内、左サイドが高くなる前に打つ
その高さ関係と言うのとかなり密接です。

右を向いている時間は
右の方が高くなっているのもありますが、
右サイドの方がボールより遠い状態です。
つまり 右腕が短く、左腕が長い状態
👉ロフトが立てられる時間帯
です。

出来るだけ 右サイドと高くする〜しっかり右を向く
出来るだけ 右サイドが高い時間を確保する
左サイドが高くなる「前に」打ってしまう
 ✖からだの回転を止めるコト なし で。
というのが からだの正面で打つ につながっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アウトサイドイン から振ることを
とっても気にしている人がいるみたい…ですが

downswing 👈 これが 典型的な アウトサイドイン です。

視覚的、技術的に言えば
アウトサイドイン とは
グリップ位置が からだから大幅に右にはずれ(遅れ)
結果。。。として ロフトが開いて当たってしまう
コトが 飛距離が伸びない原因ですが、
アウトサイドイン という
スイング中、打ち手、当の本人には把握できず、
周りの人から 外から振って見える
その ヘッドの軌道(アウトサイドイン)が問題なのではありません

振り遅れているお陰で
自分のからだが開いてしまい、
例え、その体の開きを一生懸命我慢、止めたとしても
開く分、どんどん 左サイドが上がってしまうコト
つまり 左足上がりの傾斜から打っているのと同じ に
なることが 飛距離に影響があるのです。


それを 当の本人には自覚し難い 軌道
アウトサイドイン を 他人の目を満足させるため
もしくは 見てくれだけ インサイドアウト にしようとしても
その振り遅れの状態 〜体の姿勢 に対し
インから入れてきても それは単にクラブが寝た だけであって
より一層 ロフトが開きます。

クラブが捩じられ ロフトが寝た、フェースが開いただけ です。

ゴルフクラブの構造上、クラブが寝てしまうと
よりからだの右側に重さが掛かるようになりますから
より からだが開き易く、左サイドが上がり易くなり
左足上がりの傾斜は強くなってしまいます。


常人でないスピードでフェースターンを続けれられる能力や筋力
そして それをした時に、首や腰、肘などの負担を無視して
左サイドを止めて置ける忍耐と痛みへの耐性 が無い限り
普通の、ごく普通の人には決して勧められない打撃法です。

グリップの遅れ、手遅れの問題はとりあえず後々の課題として
アウトサイドインは そのまま アウトサイドイン で
ややひっかけ気味に打ってしまう方が良いです。
201903_Moment(2)

無理にクラブを捩じって、より複雑な打撃に逃げるよりは
見てくれ通り ターンするにしても ひっかけてしまった方が
体への負担も少なく、繰り返し易い でしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ