◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2019年06月


重要なポイントですが、
ちゃんと意味を掴まないと
スイングの迷路のぐるぐる回りが
頻繁に起こってしまいます。

意味が分かれば
例え、練習に頻繁に行かなくとも、
ラウンド中にスイングに迷いが出た時など
対処の仕方が分かるのではないかと思います。



✋アドレス 〜テークバック〜トップ
 この流れの中での 右打ちの人の右向き
 は とても大切ですが、
 その大切なモノは
 右向きの量 ではなく
 右向きの質
 です。
       ⇒からだの回転の役割、意味

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment











✊確かに 質は悪くとも
 テークバック〜トップ時に ある程度の右向きの量を確保すれば
 ダウンスイング〜インパクトまでの「時間と空間」を稼げるので
 応急処置的には大変有効デス✋

video_Moment(4)


 ゴルフクラブ は 長さ(シャフト)があり
 一方の端に重さが集中した形状で、
 打ち手は重さのないその反対端を持って使います。
 そして 打撃部には 距離や回転、上下左右の方向を司る角度
 というのが番手ごとに存在し、
 それを出来るだけ安定させて使うことが理想です。

 故に 出来るだけ毎回同じようにしたい、扱いたいのですが
 なかなか上手く行かないのが ゴルフの面白く、難しいトコロです。

 スイング動作は どの道 からだ、
 良い悪いは別にして、人によって そのからだがどの部位なのかに
 差が有ったとしても、 その体を回してボールを打ちます。


✋からだの回転の質
 テークバック時の右向きの質   とは
 からだの回転する、向きを変える速度や量 ではなく
 そのからだの回転、向きを変えるコトが
 ダイレクトにクラブを動かすコト、
 からだの回転がクラブの移動と直結しているか
 どうか です。

MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)












 からだの回転とクラブの移動が直結していれば
 テークバック時 右向きの量を増やせば
 だいたいのことは解決しますが、
 からだの回転とクラブの移動が直結しない
 腕で振るスイングにとって、からだの回転の量は
 円の量、円を増やしているだけに過ぎず
 増やしても その手遅れ量の関係は何も変わらないですから
 からだの回転に大きな意味を持ちません。
 (手で180度 からだの回転で90度 合計270度 みたいな感じで)
 結局、意図的、意図的でないにかかわらず
 インパクト付近を手でさばいている、
 手を返している、フェースローテーションしているのならば
 右向きにはあまり大きな意味がないので
 無意識のうちに、いつの間にか 右向きの量が減ってきます。

 どの場面においても スイングは
 望ましいアクションも、望んでいないアクションも
 必要なコト以外は数球で淘汰、自然に消えていきます。


 からだの回転がクラブの移動が直結していなくとも
 スピードを上げるために 助走路としての右向き は
 まあ 正確には右向きではなく、テークバックに似たねじり ですが… 
 ▼量が少ない
 ▼腕力が低下する
 ▼握力が低下する
 ▼アドレス・ボールの位置が悪い

 等の幾つかの要素が重なってくると ミスが多発し
 それを 本質 である 👉からだの回転で直接クラブを移動させる
 という修繕ではなく、もっと強く、速く 手を返すとか
 テークバックでのクラブの捻じり方を変えるとか(例えばシャッターフェースとか)
 ダウンスイングでよりインサイド、聞こえはいいですが、より寝かす
 とかで 応急処置をすると より問題は複雑化し、深みにはまっていきます。

PCC

 手で振りたくない、ヘッドを返したくない、フェースローテーションしたくない、
 人であっても、テークバック〜ダウンスイング等で
 グリップよりもヘッドを多く動かしている人は
 好き嫌いに関わらず ヘッドを返さなければいけないので
 ラウンド中、自然と必要性の低い右向きはどんどん浅くなっていきます。
 スイング動作中に修正の効く許容範囲を超えると
 大きなミスが出だし、そこで右向きを増やしても
 単に円弧が大きくなるだけですから 問題は解決しません。
 


意識や素振り、練習等で
右向きの質、からだの回転の質、意味 というのを
掴むことが 本質としてとても大切です。

からだの回転がダイレクトにクラブの移動につながる
コトが 頭でも、体でも理解出来れば
からだの回転 の 部位として どこがからだなのか も
身に付くようになりますし、
フルショット、ハーフショット、コントロールショット
そのスピードコントロールを どこでするのかも
分かってきますから、アプローチも良くなってきます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主の依頼を受け、コースで進化版ブリストルパター
テスト飛行をして参りました。

006

まず、練習グリーンで 旧タイプと進化版双方を
それぞれの距離感とタッチを確かめてみたのですが、
一番驚いたのは
進化版は『思った通りの方向に打てる』ということです。

進化版を打って初めて感じたのですが、
旧タイプは弾いて打ってしまうので
ボールの転がる方向とパターストロークの方向が
一致しないのです。


進化版の方は店主の
言う通り
笑ってしまうほど 思ったところに転がります。

その違いはあまりに大きく
ちょっとびっくり。
008

友人から市販の高名なパターを借りて
比較してみましたが、
市販の軽〜〜〜いヘッドの硬〜〜〜いシャフトのそれだと
まず 思ってる通りに飛びません。
『パターは飛べばいい』というものではないかも
なのですが、ボールの転がりが悪く
転がりの初速は速いのに届かない、、、
目標手前でいきなりブレーキがかかってしまう具合に
なってしまい、ボールの転がるスピードで
距離感の把握がとてもし辛いのです。

届かせようとすると
無意識に弾くような感じになってしまい
今度は思ったところに向かってくれません。
これは入らないよね、、、


進化版のL型ブリストルは飛びます。
もとい、良く転がります。

良く転がるのですが、
ボールの速度はとても遅く
ゆっくり転がりますが、減速もゆっくりで
ゆっくり遠くまで転がる感じです。
とってもナチュラルな感じです。

パターヘッドを動かしたのと
ほぼ同じ速度で転がり始めるので
練習を始めて、すぐに距離感には慣れました。
ボールの速度感に慣れてしまえば
思った距離を打つのが非常にやさしいです。
2595cdb2

小さなストロークで済むので安定感もいいです。

旧タイプのL型ブリストルはもう4年も使っていますから
感じはすぐにつかめましたが、
なにより その方向の作りやすさの違い
『ボールはこんなにも思った通りのところに出せるんだ』
ということに本当に驚きました。
c534b357

言いたくはありませんが、
このインチキさ加減と比較すると
市販のどのパターもイップス製造機とか、
パタくそ(パター下手くそ)製造機と呼べるんじゃないかと
思いますね。

これは、、、まずい代物です。
いずれ、ルール違反になるか心配するほどです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



どうして 気にならないのかしら と
強く思うのです。

良い悪いのかかわらず
現在のスイングの主流は
ヘッドを返す、シャフトをしならせてしなり戻す
 フェースローテーション全盛時代
 です。
  私は思いっきり否定派ですけどね・・・

ヘッドを返すにしても
シャフトをしならせてしなりもどす
にしても  ヘッドの大きさ⇒重心距離 
シャフトの硬さ〜柔らかさ によって
その動作のスピードや加減や加速ポイントなど
違い、差が有ると思うのです。


重心距離の長いモノの方が
ヘッドは開きやすいですが
ヘッドは閉じにくいです。
シャフトの柔らかいモノの方が
ヘッドは開きやすいですが
ヘッドは閉じにくいです。

重心距離の長いモノは
シャフトはしならせ易いですが、
しなり戻しはし難くなります。
シャフトの柔らかいモノ方が
シャフトはしならせ易いですが
しなり戻しはしにくくなります。


重心距離長い✖ シャフト柔らかい✖
重心距離長い✖ シャフト硬い◎
重心距離短い◎ シャフト柔らかい✖
重心距離短い◎ シャフト硬い◎


ざっくり ですけれど
ヘッドの返し・シャフトのしなりしなりもどし
のし易さはこういう関係です。


IMG_0591

(アイアンの事情)
デフレや世の風潮
ゴルフの平均年齢はどんどん上がっていますが
スチールを使えるかものあこがれ・願望から
アイアンはスチール以外選択肢なし にまでなりました。

✋まあ そこは予算有り、あこがれあり、好みあり
ですから 可でも不可でもありません。

軽量スチールは素材の強化によって、
より手元を薄く軽くする強く で成り立っているが故に
重いヘッド・重心距離の長いモノを嫌います。
グラファイトのモノと比べると 0.5〜1インチ短めで
ヘッドも軽めです。

(ドライバーの事情)
ルールの制限、
ヘッドの体積の制限 ⇒これを視覚的に改善するため、シャロー化
モーメントの最大値 ⇒シャロー化
飛距離を造る要素の制限が多くかかっているので
46インチが一般化してきてもいます。

ロフトやフェース向きの変更などの
 ネック廻りをいじくれる のし易さ
サイドのあるディープな形状よりも
シャローの方が圧倒的に製造が楽ですから
シャローなドライバーヘッドの流れは止まりません。



46インチの長さになった
大型のシャロー 👉重心距離の長いヘッド
飛ばすために やむを得ず 柔らかくしたウッドシャフト

小振りになったアイアンヘッド
軽量スチールという ウッドと比べると格段に硬いシャフト

このギャップは年々開いている感じがしてなりません。


ヘッドの返し、シャフトのしなりしなりもどし
 これにクラブの長さを加えると
クラブ長い✖ ドライバー✖
クラブ短い◎ 9番アイアン◎ です。

クラブ長い✖ 重心距離長い✖ シャフト柔らかい✖
クラブ短い◎ 重心距離短い◎ シャフト硬い◎


現在の ドライバーとアイアンの噛み合わせ は
ゴルフ史上 一番遠い関係にある、
まったく 別なモノ と言って良いと思います。
このままでは ウッドとアイアンは別々な打ち方も
必要になってしまうほどです。




現場 で考えると
2ショットを1ユニットとして
OBで連続二回ドライバーを使うのと
ドライバー ⇒ アイアン を使う回数の方が
断然、圧倒的に多いはずです。

どのドライバーが良いとか 悪い 好き嫌い
これも重要ですけれど
この ドライバーとアイアンの噛み合わせの良し悪し
はスイングやタイミング、そしてミスにも直結する筈で
それって 気にならないのでしょうか?
IMG_0590

不思議というか
このドライバーが合ってるとか 合ってないとか
それを選べる、判別出来るんなら
その 噛み合わせの差もわかるんじゃないですか?
逆に言うと その噛み合わせが感じられないのに
どうやって ドライバーの合う合わないを判別してるんでしょうか?
なぞ です。

良い球とか、より距離であるのならば
その ドライバーとアイアンの噛み合わせは
必ず 結果に直結するので
その噛み合わせの悪さは分かると思うんですけど
いったい ぜんたい 何がクラブの判別基準なのでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


,修キツキツグローブ買ってまいりました。


まさかあんなにクラブが軽くなるとは。。。

今まで、自分では握ってないつもりなのに、
握らされていたんですね。

IMG_0591




▲哀蹇璽屬竜事を見て、
早速小さめのグローブを買ってみました。


22cmと、これまでのサイズより
かなり小さめにしてみたのですが、
なるほど、これはいいですね!


新品の時はかなりきつめでしたが、
しばらく使っているうちに
だんだん手や指にフィットしてきて、

指先で握るグリップを
かなりサポートしてくれます。


もしかしたら21cmでもいいかも・・・
今度試してみます。

IMG_0321_Moment



小さなサイズのかなりきつめの
グローブを装着して練習してみました。

今までよりウンと握力を使わずに
クラブをホールドすることが出来ます。

試しに今までの2サイズ以上大きなものに
変えると、グローブの中で手が動き
強く握っていないと行けなくなります。

これは結構画期的(#^^#)





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



地面にあるボールにどうやって届かせるのか
どうやってボールを拾うのか

始めの一歩の違い その分かれ道の行き着く先はかなり違う
大阪から出発して東京に向かったつもりが
結果、下関〜福岡に付くような差になる。

                 ´
e00bf7e68658a3e6-s








‖里魏鵑垢海箸妊哀螢奪廚鯑阿してボールを打つ
ものは シャフトはしなりっぱなし
スピードを上げていくほど グリップに対しヘッドは遅れっ放し
で ボールを打つことになります。 かたや
△匹海の時点で 左右のグリップを上下に入れ替えて打つ
ものは しなったシャフトは しなり戻さない と打つことが出来ません。

,了箸なであれば
シャフトはしなれば グリップを押す ことになりますが
△了箸なをするのには
グリップの速い・多い移動があると、グリップの入れ替えがし難くなります。
意図的なグリップの遅れ、手遅れが必要になります。


始めの一歩を間違えると
クラブの使い方、シャフトの使い方も間違えて覚えることになります。
当然ですが、△了箸なはグリップも痛みます。
局所的、(右の親指付近)が痛むのはその使い方の証 とも言えます。


また 上の二つの画像を見てもわかる通り4289f9fa-s
インパクトのグリップエンドの高さが異なります。
△任蓮]咾皀ラブも最大の長さになりますので
体を起こし、体を離さないといけないので
 必然的に前傾は消え、体が開きます。 そうせざるを得ません。


‖里硫鹽召妊哀螢奪廚鯑阿す場合、
グリップだけでなく、体全体も 下がりながらインパクトに入ってきますが、
▲哀螢奪廚瞭れ替えでボールを打つとなると
インパクトは 体が上方向に動いている時になってしまいます。
ローテーションも入るので どのロフト姿勢、ヘッドの進入姿勢、体の姿勢
これの組み合わせで 距離や高さ、弾道が決まるので不安定に加え
総じて 打ち出しの高い スピンの利かない球になり易く
平均的なゴルファーにとっては 飛ばしにくい、止めにくい球になるため
より強く、より早く振ることが必要になります。

                 ´
e00bf7e68658a3e6-s








バンスの使われ方? 使い方にも差が出ます。
,両豺腓蓮,修離ラブの長さ分、短さ分 グリップ、そしてヘッドも回転なりに
上から入りますので ボールに当たるまではバンスは効かず
当たる時、もしくは当たった後にバンスは地面と接触することになり
ロフトの安定やヘッドの潜り込み防止になりますが、
△両豺隋‖い段階でフェースが上を向き
長さとは関係なく 緩い入射になるため、
打つ前からバンス、フェアウェイウッドのソール後方が地面に干渉します。

フェアウェイウッドが苦手、アプローチが苦手。。。
 好きになれない未来 がほぼ約束されています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて悶絶クラブを手にすると、
初めて悶絶クラブで打つと、
恐らく全員が驚くことになると思います。
22dfc18d-s

多くの人が
 ご自分の基準 ☞ 柔らかい
 ご自分の基準 ☞ ヘッドの重たい
は 10%程度
硬さの目安である振動数が
 
280cpm ☞ 250cpm
軽量スチール装着の5番アイアンのヘッド重量
 
240g   ☞ 265cpm
位だと想像されていると思います。

ところが 悶絶クラブはスペック(仕様)によっては
 280cpm ☞ 140cpm
 240g   ☞ 300g

になってしまうのですから
想像以上の「すごさ?」に驚くことになるでしょう。

シャフトが柔らかくて、ヘッドが重いと
自分の動きによってクラブはそれを倍化するような
そんな感じです。

特にヘッドを振りまわして
クラブの機能を無視し、自分の技巧によって
ボールを打っていた人には
その柔らかさによって、その重さによって
それが封じられてしまうでしょうから
ちょっと大変かもしれません。

自分が腕さばきで クラブを動かしていると
柔らかい&重いの複合体は
自分の手さばきへの反応が鈍く、動かし辛く
思った通りになってくれません。

こんな質問頂きました。
「試し打ちのクラブを打ちました。
 テークバック(ストローク)の初期に
 ヘッドの重さを‼感じてしまいます。」
これは違和感…と言う意味だと思いますが、
このご自分の言葉に、ご自分のショット(テークバック)や
ストロークの謎というか、問題が隠れています。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフクラブは
自分が動くと、それが持たれているグリップ部が動くので
当然、その分ヘッドも動きます。
クラブヘッドが重くても、シャフトが柔らかくても
軽いものや硬いものから比較しても
重くなって、動かし辛いのは
「クラブ」であって、ヘッドでは無い筈です。

ヘッドが重い…ということは
ヘッドを動かそうとしている ということです。

グリップを動かして、その分ヘッドを動かすのと
ヘッドだけを動かすのでは
ゴルフクラブの ロフトやヘッド姿勢、クラブ姿勢の
変化が激しく(多く)なり、
 その分安定したショットやストロークの可能性が下がり
ゴルフに良い影響を与えません。

どんなクラブであっても
シャフトには 硬さや柔らかさ 軟度が存在し、
ヘッドには 軽さ重さはあっても 集中した重量は存在します。
重くて振りにくいから それを無くす(減らす) という発想は
クラブは一切頼らず 自分で打つという事です。
クラブの機能は無視したい、邪魔されたくない という事です。

少し言葉は悪いかもしれませんが、
そう思うのなら、ファッション以外で
クラブを買い替える理由はありません。
    多くの人がそうですけどね…。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

ゴルフクラブには先人たちの数百年蓄積された知恵が
集まっており、私個人も悔しいのですが
その知恵を上回るようなものを考えつきません😱




 ✌ ✌ ✌ ✌ ✌

悶絶クラブは ものすごくハッキリ主張をするクラブです
扱い方でダメなモノはダメ とはっきり言います。
当たり前と言えばそうですが、その典型例が「重さ」です。
今までは気にしなかったかも知れませんが、
これからは「重さ」を敏感に感じてみて下さい。

✊その重さが「いつ」生まれるのか?
✊その重さは「どの」方向に発生するのか?


そして その重さは
✊自分の動作をしていきたい方向との関係はどうか?
✊打つボールの方向との関係はどうか?

ゴルフクラブ全体の重量配分や
クラブヘッド、クラブの形は 
打ち手が打ち易いよう、
繰り返し打てるよう、
少ない力でボールを飛ばせるよう、
体を痛めなくても練習できるように

考えられて作られています。
9df38f18

スイング中に重さを感じる ということは
その自分にかかる 重さの時期や方向が
自分の次に「行きたい方向」に対し負荷、邪魔になっている
という事です。

クラブのその重さに促進され 動作が出来、
ボールを打て、振ることが出来れば
クラブの重さは感じません。
 ☞特に切り返しからダウン〜フォローまで

テークアウェイは重力に逆らう動きなので
多くはありませんがなにがしかの重さが掛かります。
それであっても
その方向は望ましい方向でしょうか?
テークアウェイは
トップの位置からボールを打っているための準備です。
動作そのものも
ボールの飛球方向とは概ね逆方向に動き
巻き戻しのようなモノですから
その逆方向への重さの増幅は
ボールを打つ方向にとっては不必要、最低限でいい筈です。

そういうのも とても参考になると思います。

恐らく 現在活躍するトッププロも含め、
レッスンプロですら、雑誌やテレビ、誰かの言葉
によって 漠然と、ぼんやりと
『スイングってこういうもの』
『ダウンスイングってこうやる』
『ボールってこう打つ』
と言う程度だと思います。

ゴルフクラブとスイングの関係なんて
考えている人は殆ど居ません。

でも、ゴルフは「自分」の個人プレイで
現場に出ると 頼りになるのは
自分自身とゴルフクラブだけ です。

そのゴルフクラブに
使い方を教わり、使い方を考え
その機能を利用する方がずっと楽しいと思います。

ゴルフクラブはホントにすごいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


軽いヘッドの装着された
硬いシャフトのクラブを使う限り
ヘッドを出来るだけ多く、かつ速く動かし
足りないヘッド重量の分を運動速度で補わないと
ボールは飛ばない〜ボールの質量に勝てないでしょう。
yjimage0IQ6BINQ

しかし そのヘッドをたくさん動かす…
本来、グリップが移動した分…
ヘッドの重量分動こうとしない分を差し引いて
移動する筈のヘッドを
グリップの移動よりもたくさん動かせば
ヘッドの軌道、インパクト時のヘッド姿勢、
体の姿勢に対するインパクトの時期 は
ほぼ無限に存在し、
よくゴルファーが言葉にする
 体を開く = スライス
みたいな 単純な公式では測れなくなります。

それを ハミングバードでは
 ヘッドを振る・シャフトを振る・クラブを振る
スイングと定義しており、
もっともゴルフクラブの機能を発揮させない
体に負担のある 打撃方法 としています。

悶絶クラブユーザーには分かられる方も多いと思いますが、
クラブを振るスイング とは
どういうモノか 具体的に説明します。
場合によっては 実験できるかもしれません。


仮想に練習器具を造るとしましょう。
グリップエンドに装着し
ヘッド➡グリップ 方向に レーザーなり、
光を発するとします。
グリップエンドに 50属未遼世鮖匹靴
 としても良いでしょう。
IMG_0709

テークバックは棒を刺している場合
流石にその棒はそれを邪魔しますが、
トップの位置を作ってみましょう。

トップオブスイングは
体の姿勢やヘッド姿勢、クラブ姿勢よりも
そのレーザーなり、光、棒が どこら辺を指しているか
というのが分かり易い場合もあります。

おそらく それは右の靴つま先〜〜よりも前(ボール寄り)
あたりと思われます。

そこから ボールを打つ訳ですが、
棒を刺していても
その棒は体を横切らず
スイング動作の邪魔はしません。

スイングの進行方向は
右向き➡正面➡左向き という
回転運動なので 傾いた曲線の半円 のような
形式になる訳ですが、
グリップの向き、グリップエンドから発せられる光
はその進行方向を逆行することは決してありません。

左への進行方向の中で
インパクトは当然のことですが
ほぼすべての作業は終了します。

棒やレーザー、光は トップ以降
どの場面であっても 自分の体の向きの左側を指しており
自分の体を向くことは決してありません。
まして 自分の体の右を向くことはありえません。

ところが ヘッドの振る・クラブを振るスイングは
その グリップエンドからの光は逆行します。
もしも 50促皀遼世鮖匹靴討い燭
その棒が自分に当たってしまい
スイングを中断する羽目になります。

棒を刺しての練習は
実際の打撃では危険ですし
シャフトの内側に負担を掛けてしまうので
素振り程度にして頂きたいですが
クラブを扱う感じを掴むにはとても有効です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


.哀螢奪廚鬚らだの回転で動かしてボールを打つコトがショット
 という大前提でこちらを見て下さい。

MVI_0741_MomentMVI_0741_Moment(6)MVI_0741_Moment(7)






トップの位置での

左側帯と左腕の関係
左側帯とグリップエンドの関係


それが殆ど変わらずに推移しているのがわかりますか?

高さは変わりましたが
左右の位置関係として
左腕と左側帯の関係は殆ど変化していません。

MVI_0741_Moment(9)

そして 概ね このあたりがインパクト です。




これをし慣れていない人にとっては
左腕もからだの回転に追随、もしくはやや先行する形で
動かす意識も必要ですが
 そこ"だけ"を真似ても意味はありません。

この動きの中で 右腕は 伸ばしていく ことによって
〇左グリップ〜グリップエンドの高さを低くすること
〇からだの回転に対し、運動が加わり重くなっていく腕やクラブで
 左腕が遅れていくことを補足しています 

それ"だけ"を真似ても意味はありません。


MVI_0741_Moment(2)MVI_0741_Moment(3)MVI_0741_Moment(4)





ヘッドを動かしてボールを打つ人にとっては
グリップの移動で結果としてヘッドが動く よりも
ヘッドは長い道のりを取ります。
ヘッドをより動かすには グリップの速い、大きな移動は具合が悪い です。
グリップが動くとヘッドが動かせなくなります。
長い道のり になれば タイミングは遅れます。
グリップの移動が少ない と からだの回転に対し グリップが遅れます。
ヘッドを振れば クラブは長くなるので より重くなります。

MVI_0741_Moment(9)MVI_0741_Moment(4)






この二つ
茱哀螢奪廚鯑阿す結果、ヘッドが動いちゃった
薀悒奪鋲阿す
は 実はほぼ 同じ場所 です。
ヘッドを動かさず グリップを動かした場合、
このタイミングで概ねインパクトが来ますが、
ヘッドを動かすスイングでは まだ打てていません。
ここから更にヘッドを送り込まなくてはなりません。

e00bf7e6002






ヘッドを振ってボールを打つ人にとっては
これでは 当たらない か 飛びません から
からだを開かざるを得ません。
結果としては ヘッドがグリップを追い越した形、
フェースターンが完成します。

撮影中は全く意識せず、無意識 ではありますが、
腕とクラブの からだに対するある場所 が違うので
体重のかかり方が全く異なっています。

ヘッドを動かして打つ人は
体重は蕕乏櫃り気味な上に
ヘッドを振るために からだを引く👉開く ので
右サイドの下がりは強くなります。

✊フェースターンを強くする
 ヘッドがボールを追い抜く意識が強ければ
 よりそれは強まります。

 ヘッドを動かそうとすればするほど
 グリップの移動は出来ません。
 よって より一層 グリップは遅れ、
 ヘッドの道のりは長くなり、重くなります。
 最下点はどんどん右にずれるので
 そこをインパクトに持ってくるため よりからだの開きます。

この循環の中にいるのですから
元を立たない限り 何を真似ても意味はありません。

MVI_0741_Moment(9)

これには この先 まだ 左向き
という逃げ口が残っています。


mhところが こちらは
 からだは終わり切ってしまっているので
体のやりどころが上しか残っていないのです。
だから 地面反力なんていう 幼稚な用語が
生まれたり するのです。
あまりに 可笑しくて…愚かで…
 反論する気力も湧いてきません・・・。 病院送りになるだけ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


例えば ダウンスウィングで
ヘッドを振ってしまう動き

この動きは ヘッドがグリップよりも動いている
グリップが止まっているから 出来る のです。

確かに ヘッドには落下したいチカラ が働いています。

クラブの 鎌首を自分の方にもたげた姿勢
を考えれば その ヘッドが落下したいチカラは
クラブ自身を下に下げたい になっておかしくない
のですが、多くのゴルファーは グリップに掛かる
負荷を筋力や握力でねじ伏せて、グリップを
止めてしまい ヘッドの重さで ヘッドを動かして
しまいます。

BlogPaint

勿論 それを「しなければ ボールに当らない」
なにかの 事前な動きがあるのも確かですが
どちらにしても ゴルフクラブのような重量を
使って何かする物体を動かせば なにがしかの
逆らえない力が 働きます。

クラブはその動かし方によって
長さなどを変え、結果として 重さ
打つ人に対する負荷 を変化させます。

そして 忘れがち ですが
その負荷には 必ず ベクトル 方向
伴ってきます。


これから ボールを打つ
そして 動作として 左を向く とか
左に体重を移したい のに
クラブを 右脚の前で、体の右側で
重く、もしくは 長くしてしまったら
いったいどうなるのでしょう。。。

ダウンスウィングで クラブを円に
腕周りで振ってしまうと
創られる遠心力は 右下方
ボールを打つのとは おおよそ 反対の
負荷になります。

クラブが右脚の前で 外に 下に
重くなったら。。。
ボールを目標の方向に打つ のには。。。

そうですね
その掛かる重さと方向の
真反対の力で相殺するしか
方法はないでしょう。

ですから クラブを右側で円に振る
(腕を使って ヘッドを振る)
その行為をしてしまうゴルファーは
その時点で 体も開いて
左上方にクラブを引きつける動きで
そのクラブの作り出す不可抗力を
相殺する動きを 必ず します。

ee213269f2e5a758

02

そう考えると すこし それにヒントが
あると言うコトです。

自分の特徴的な あまり芳しくない動きは
その 
真反対の負荷を相殺する動き
と考えれば クラブの作り出す
その時のその方向への「不可抗力」を
消してあげれば それは自然に消える可能性も
秘めているということです。

そして もう一歩進んで考えれば
左に行きたければ
左に行かなければならない
クラブ姿勢 を作り出していけば
自分で意識しなくても 自然に
必然的に左へ行くことになる
と言うコトです。

今の クラブの姿勢 クラブの位置が
次のアクションの殆どを決めてしまう
と言うコトですから
感触と共に、想像力、推察力 というのは
必要になるでしょう。

こうなってると 次は こうなって
 という 展開力が スウィングを創っていく
と言えるのかも知れません。

そうなると トップから始めろ とも
トップで一度止まりなさい とも
言いませんが バックスウィング
テークアウェイ〜テークバックの
勢いをつけるような動き
 は
クラブを ボールを打つ方向とは
反対方向に重く しかも ずれを
大きく作る動きになるのですから
せめて そこだけでも 改善して頂く のは
如何でしょうか。。。。。。。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


しつこいけれどご容赦ください。



.哀螢奪廚鬚らだの回転で移動させ、ボールを打つコト

そうではない例、
ヘッドを動かすコトでボールを打つ
と比較してみよう。


例えば 昨今重要なテーマになっている
「上からボールをつぶす」
「ボールを上から打つ」
「フェース面で上からボールを見せ入れる」


これを ヘッドを動かして打つ で行うと
ほぼ必ず グリップが最下点に来て「から」
ボールを打つコトになる。


正しいインパクトタイミング 箇所 に
グリップが入ってきてから ボールを打とうとすれば
からだは止めないと当たらない、
それ以降は 下半身は止めて 肩で
俗に言う 両腕で作る逆三角形だけを動かして打とうとする
そうなれば ヘッドがボールを上から見て入る 時期は
過ぎてしまってるので 横から入る形
フルショットになれば 上がり過程で入るコトになる。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)





ヘッドを動かすコトでボールを打とうとする人には
〇右向きは重要ではない
〇骨盤・胴体・「からだ」の右向きに必要性がない

単なる勢いをつけるための助走路でしかないから・・・


例えば フルショットではあるけれど
mhまだ ボールを打っていない このタイミングで
全てのモノが 上向きになっている これが 典型例。

ヘッドは位置は"高いから低いになった"けれど
ここまで すべてのモノが上向き では
正しいロフトでボールをつかまえることは出来ない。


からだの回転は既に終着点まで来ているから
ここからは 振る勢いと 止めるからだ との喧嘩
これを オジサンが真似れば その勢いにもよるけれど
数球から数十球で からだは痛めてしまう。
大きなロフトで緩いスピン、速く振らなくてはいけないけど
その勢いに相反して からだは止めなくてはいけない
という矛盾は永遠に続く。


余計な話ではあるけれど、
筋肉が無く、関節の可動範囲の大きいジュニアから
ゴルフショットの数字 ココで言うとヘッドスピードとスピン量
だけを追いかけて 飛ばしにかけてきた選手は
スピンを減らして ボールスピードを上げるため
全て このあおりの手打ちに行き着いてしまうけれど
これが 成人して どれだけ パットやアプローチ
最終的には 選手寿命に影響するか
本人もそこまで考えていないし、周りの大人も見えていない。
子供の時に 何万というショットで覚えたら
もう怖くて変えられないだろうしね・・・・・・・。
プロフェッショナルになりきれていない と私は感じる。



ヘッドを動かす人にとって
からだの回転と前傾姿勢は 意味を持っていないので
右向きの量も必要ないし、
右を向いている時に 右サイド、例えば右ひじ の方が
左サイドよりも高くなっているのも全く関係ない。
20170920_matsuyama-650x435

グリップも左手の甲を空に向ける為
右手と左手が離れた握りになるので余計だが
からだの正しい回転と前傾姿勢そのものの意味が
単なる 上手く見せるための恰好 でしかなく
動作の中での意味をなしていないので
例外なくアドレスが汚い。



逆を言えば、ヘッドを動かしてボールを打つ人にとって
右向きの量、右向きの質(ちゃんと骨盤から右を向く)
右ひじをやや高めに外に張る(フライングエルボー)も
単なる 格好の真似 でしかないので
絶対に身に付くことも、意味を持つ動作になることもない。
まして アドレスや前傾、グリップですら
ヘッドを動かす前提であれば 大きな意味を持っていないので
自分なりの よくいう自己流になるのは仕方ないだろう。
そこを治したところで ヘッドを動かしてボールを打つ限り
数分で元の自己流に戻るだけ。


職業上、年がら年中 インパクトの音を聞いているけれど
ボールを上からつぶして打つ音 と
下からしゃくって、もしくは煽って打つ音 は
天と地以上の違いで、それに加え
下からしゃくって打つ、煽って打つ人のアイアンショットは
インパクト音の前に 地面にヘッドが触れる音が入るので
非常に汚く、濁る。
私より前の世代であれば いっちょ噛み と笑われたけれど
最近では レッスンプロ、トーナメントプロであっても
 それが普通なので
何も言うこともないし、そんな音聞きたくもない。
だから 悪い見本としてみることはあっても
通常放送のトーナメント見るなら 音は消します。(見ないけどね)



言葉で説明するのも非常に難しく
どの道 ヘッドでボールを打つ に変わりないし
ヘッドスピードが速い = 飛距離が出やすい というのも
嘘ではないから、このニュアンスの掴めない人に理解してもらうのは
とてもとても難しいけれど、
スイングの問題、飛距離の問題、スコアの伸び悩み、体の故障
このすべてが ヘッドを振る、グリップを動かすのではなくヘッドを動かす、
シャフトを振る、 この一点から始まる と言って良いと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



.哀螢奪廚鬚らだの回転で動かし、ボールを打つコト


そうではない例、
ヘッドを動かすコトでボールを打つ
と比較してみよう。


例えば 昨今重要なテーマになっている
「上からボールをつぶす」
「ボールを上から打つ」

「フェース面で上からボールを見せ入れる」
20190525gc5_Moment(3)

これを ヘッドを動かして打つ で行うと
ほぼ必ず グリップが最下点に来て「から」
ボールを打つコトになる。

グリップが最下点に来て「から」ボールを打つのでは
電車が駅に付いてカラ 自分が駅に到着した ようなもので
当然 その電車には乗れない。
✋本当のインパクトは 最下点を過ぎてから
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)







 つまり 上がりかかっている時に訪れる。

ヘッドが上がりかかってから打つ は
イコール体が開いてから 打つのと同じで
上がり軌道、開き軌道 になる。

そして 結果論で言えば 腕でクラブを振るコトになり
からだ・・・ベルトから下半身は 届かなくなるので止め
そこからのからだの回転は肩だけになる。
動作 で言えば 手打ちにならざるを得ない。

からだの回転で打とうと強く意識した としても
ヘッドを動かすコトでボールを打つ意識がある限り
タイミング的にも、技術的にも 振り遅れ
つまり 手打ちで打つしか他に方法がない。
そのまま からだの回転を骨盤、足で持続したら
左サイドは上がりながらボールから離れていく過程に入ったので
空振り、もしくは大ダフりになってしまうから・・・。


スイング動作の好ましくないとされている
〇からだの開き
〇右サイドのツッコミ
〇アウトサイドイン

それら殆どは ヘッドを動かすコトでボールを打つ から始まっており
そこが変わらない限り
それらは一生ついて回ることになる。

腕の補助もあるにはあるが、基本、からだの回転で
グリップを動かすコトそのものが 打つコト にならない限り
からだの回転で打つコトは不可能。


同時に それが出来ない限り、
からだの回転は 肩の動き、腕の振り でしかないから
従来 言われている スイングのセオリーはすべて当てはまらなくなる。


からだの回転によって
グリップが ボールと一番近づいた時、
グリップが下がっている過程、もしくは一番低くなった辺り
がインパクトで、初めて いろいろなコトがつながってくる。



それが出来ない限り
からだの回転を意識しても、腕の使い方を意識しても、
間違っていることの補い、修正でしかないし
ダウンスイングからインパクトまでの
一番速く忙しいトコロの瞬間芸なので
誰からもコツは教われないし、誰にも教えられない。
自分で数を打って掴み、数を打ってメインテナンスするしかない。

からだの回転で グリップを、グリップエンドを動かして
ボールを打つ人にとって フェース面は左手の甲。
上から打つのであれば 左手の甲が下を向いている間に打つ。
よって それがし易い握り(グリップ)をしている。
キャスト_大_Moment(2)キャスト_大_Moment




ヘッド振って、結果論ではあるが 腕の振り、フェースターンによって
ボールを打つ人にとっては フェース面は右手の平。
グリップが最下点になって「から」 右手で打つので
よって 上に逃がすため、左グリップの下に右手を入れるための
それがし易い握り(グリップ)をしている。

握り〜グリップを変えれば そうなるか
というほど 簡単な違いではないと思う。
思うけれど、 ボール捉えは必ずそこに表れます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブには取扱説明書が付いていません。
各々の人がそれぞれのイメージや思い込み、想像、推察
などによって 好きに使っています。

それ自体は問題ないと思います。

自分が楽しむのに、自分のやり方で
試行錯誤しながら トライ&エラーをして掴んでいく
それもゴルフの楽しみの一つです。

とりあえず デザインって言っては少々オーバーですが、
ゴルフクラブを造る、設計する、組み立てる立場からの
取扱説明書です。




.乾襯侫ラブの『基礎中の基礎』の扱い方


正直に言えば、本音を言えば、
この部分が出来れば スイング、いえ ショットは ほぼ終わり です。

そして 同時に言葉で説明するのが最も難しいトコロ です。


ボールを当てる、打つ、飛ばす という行為を
ゴルフクラブで行うのに
.悒奪匹妊棔璽襪鯊任弔
極端ですが グリップでボールを打つか
の二つに別れます。

,鷲當未僕解できると思いますが、
△蓮????? ですよね。

別な表現で言うと
〇ヘッドは振らない
〇シャフトは振らない
〇グリップの移動以下でしかヘッドは動かさない
です。

クラブは シャフトによって ヘッドとグリップはつながっています。
それが シャフトの一番の役目、
シャフトの機能そのもの とも言えます。

確かに ヘッドの重さをグリップ〜打ち手 に伝える
というのは 役割としてありますが、
ヘッドを動かしてボールを打つ限り、それを体験、実感することは不可能です。

腕で振ろうが、からだの回転で振ろうが、
ショットは グリップを動かさなくてはボールを打てません。
グリップだけ 腕か、からだの回転で動かせば良いのです。

ただ それだけ です。

ヘッドはまるっきり そこに放っておけば良いのです。

からだの回転 という横運動⇒円運動 で
グリップを動かせば、シャフトによってつながったヘッドは
グリップの移動に伴い、落ちながら引かれていきます。
円運動ですから ヘッドは自分に巻きつくような・・・
当然、自分に近づこうとします。

👉その自然に下がろうとする
👉その自然に巻き付こうとする
  (自分に近づこうとする)
それを グリップの移動方向、移動場所、
つまり グリップを移動させるための
  からだの回転の仕方 によって
ロフトの立ち⇒フェースの下向き に
変えれば良い だけです。


そうしようとして、初めて ヘッドの重さによって
グリップが動かされる シャフトの第二の役割が出てきます。


ヘッドを動かそうとして、ヘッドで円を描こうとする限り
ヘッドの円に対しての 外、斜め下方に掛かる遠心力としてしか
重さは発生せず、それはシャフトの硬さとか性質とはまったく関係なく
振った速さ、振った大きさ、ヘッドの重さ の掛け算になるだけ。
しかも その遠心力は 造れば造る程 動作を滞らせます。
単なる負荷になるだけです

ヘッドでボールは打つんですが、
ヘッドを動かそうとして打とうとする限り
シャフトの性能や硬さ、銘柄や特性の違いは全く発揮されず
単なるその長さの棒 でしかないのです。


まあ 書いていても困るのですが、
ヘッドでボールを打つんですが、
ヘッドを動かさずどう打つんだよ?!
ってコトに陥るんだと思います。


最終的には腕の補助も必要でありますが、
ショットは基本、からだの回転でグリップだけを動かせば良いのです。
トップのその場所にヘッドは止めて置く!訳ではないですが、
グリップの動いた為り、移動した為り、
 の移動量、移動速度、移動方向にしか ヘッドは移動しません。

低い位置にある、地面にあるボールを打つには
グリップエンドが下がっている過程、
一番低い所に近い場所、一番ボールに近づいた場所
そこがインパクトです。
 そこが来てから打つ! のではなく
 それそのものが インパクト です。

ですので 結果的に ボールと正対した
グリップが一番低くなる付近、ボールと一番近づいた付近
が インパクトになるに過ぎません。

そこから、その時間から ボールを打とうするのは
すべて 振り遅れ、
本来のインパクトタイミングを逸しています。
それでは からだは開きますし、ロフトも付きます。
ヘッドも上がり過程になります。
 それもこれも 意味不明かも知れませんが
 ヘッドを動かして、ヘッドでボールを打とうとするから なのです。


今日のテーマはちょっとしつこく書きます。
ここが 本当の肝心要だから です。
と 同時に これが実現可能、実現している人は理解できますが、
意味不明な人にとっては 全く意味不明なテーマ でもあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一つ、質問させてください。

 

「左手首を右手の掌底で押す感じ」に関してですが、
色々とやってみてもどうしてもその感じがでません。


右ヒジをバックスイングで張ったときに
右手が左手からすこし離れる感じになります。
ダウンでは、シャットを維持する左ヒジを逃す動きが
うまくできれば合掌は維持できるようにも思いますが、
押していく、または押される感じには程遠いように思います。


スイングの間、ずっと合掌の形が安定して
維持できるような位置関係が取れるように
工夫するべきでしょうか?
合掌しながらスイングする
というイメージが湧きません。
やはり、つかんで前で弾く、
というこれまでの悪癖の影響でしょうか?

 

何か、ヒント・アドバイスいただけると助かります。



今までのお話しのまとめ みたいになってしまいますが
右手の押しで クラブを持った左手 ではなく
左グリップが支点となったシャフトを押してしまう、
この点に於いて やはり 体の回し方 の感じ
というのが大切と思います。
MVI_0581_MomentMVI_0581_Moment(5)









グリップそのものやテークアウェイなんかも
諸々関係してくるとは思いますが、
やはり 体の回し方の
体は何処? どこからどこまでが体なのか?
と言う部分が掴み切れていないような気がします。


最近の ネットやレッスンプロの出てくるような
人間をエクソシストのように動かさせる
奇妙奇天烈なスイング論に関して どうなのか
は全く枠外にしますが、
楽しく、体を痛めず、ルールの範囲のなかで楽して
インチキして飛ばす
 という事をモットーとするには
胴体はひねってはいけません。

私自身もそういう事が怖くなってきた年齢ですが、
ひねってはいけない部分を捻る行為に
今まで以上に 拒否感が強くなってきています。

体を捻って 疑似的な回転を造っているゴルファーが
「だんだん 体が硬くなってきたんだよ」
って言うのは 正常な反応というか、動作で
ひねってはいけない部分はひねってはいけないのです。

スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)


体が「上手に」ではなく、 正しく回せていないゴルファーは
主に 体をクロスして使おうとしています。
クロスして。。。の意味は
テークアウェイの進行方向、右に対し
主に左を使おうとする
ダウンスイング以降の進行方向、左に対し
主に右を使おうとする

という事です。

ダウンスイングでは右も補助しないといけませんが
それはテークアウェイでも同じで
 左グリップはあくまでも補助です。

スナップショット 4 (2017-01-23 17-40)スナップショット 2 (2017-01-23 17-37)




テークアウェイを左で上げる人は
とても速い動作をする と書きましたが、
それは 変な言葉ですが ものぐさ しているからです。

キッカケとして 体を少し動かし
その慣性を使って 腕とクラブを右に振り
腕が止まると クラブに残っている慣性と使って
クラブを振って クラブを上げる。
全部を惰性でやっていて
 自分でクラブを管理していません。
スイングは大事な部分では 高速ですから
管理したくてもしきれませんが、
打つ為の準備行為、という位置づけの
テークアウェイの時点から クラブを振り回して
移動は慣性任せでは 良いショットというか
安定して繰り返せるショットは期待できません。


どちらに行くにしても
その側の上腕や肘を先導にして
それを足でサポートしてあげる。
それを意識してください。

特に素振りでの注意点では
体の向きを綺麗に変える(変えた)一つの証に
体重移動が付いて回ります。
その体重移動が伴っていないということが
体の回転が不自然か、不完全な証です。
ダウンスイングで右から左に移る というのは
今の状態では決して得意な行為ではないでしょうけれど
それを簡単にするのには
左足を左腕の位置関係にあります。

IMG_1632_Moment(2)

ダウンスイングの初期、意識として
左上腕から動かし始める訳ですが
その行き先をイメージしてください。
dW l (2)_Moment(6)

左に体重が乗った状態 の体の姿勢
体の位置関係で
左腕は 左脚よりも左
回転のない状態での左右の体重移動で言えば
飛球線側に腕がある状態です。
インパクト時の場所、ではなく
そこがトップの位置からの左腕の行くべき場所です。

MVI_0581_Moment(4)

それによって 重いものが左に移ることが
即ち 体の回転の右向きの解放に当たり
回転を意識する必要がなくなります。
逆に 右向きを維持しているくらいで
丁度良いと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一つ、質問させてください。

 

「左手首を右手の掌底で押す感じ」に関してですが、
色々とやってみてもどうしてもその感じがでません。


右ヒジをバックスイングで張ったときに
右手が左手からすこし離れる感じになります。
ダウンでは、シャットを維持する左ヒジを逃す動きが
うまくできれば合掌は維持できるようにも思いますが、
押していく、または押される感じには程遠いように思います。


スイングの間、ずっと合掌の形が安定して
維持できるような位置関係が取れるように
工夫するべきでしょうか?
合掌しながらスイングする
というイメージが湧きません。
やはり、つかんで前で弾く、
というこれまでの悪癖の影響でしょうか?

 

何か、ヒント・アドバイスいただけると助かります。




623c1d572817337eb8c8724aee59aba5全員…ではないかも知れませんが、
多くのゴルファーはインパクトで
左腕をピンと伸ばしている形
を 理想とされているようです。

左脇をしめて と言う感じなのか
それが 左サイドの壁 なのか
なんなのかは個々によって異なるとは
思うのですが、それは辞めた方が良いでしょう。

体の回転で! とは言わないまでも
体の向きの変更と同調して
腕を遅らせずに インパクトを迎えるのには
クラブを持った左上腕や左ひじが先行するような形で
ダウンスイングを始めないと
結果的には同期しません。

腰 の回転に対し
腕やクラブを遅らせてスタートすると
その遅らせた分、
写真のように体は上向き、左サイドは上に突っ張った形
になってしまいます。

最近では 上に蹴れ! なんて
ホラーのような理論までありますよね…。

IMG_1632_Moment

イメージではありますが、理想的には
この赤線をテーブルと考え
そのテーブルを左の手の甲でなでていく「ような」
イメージが必要です。

それを作っていくのには
グリップやテークバックもありますが、
体の姿勢、頭の位置も重要で
体重配分が右に残ってしまうような姿勢だと
左サイドが上に逃げがちですから
左腕は突っ張らないと ボールに届かない でしょうし
そうなれば 右腕を伸ばしてきた分
左手首は甲側に折れてしまうでしょう。

ダウンスイングの指導を 腰から 下半身から
という意識が強すぎれば
上半身は重さ分、其れに残されてしまい
体重は右に残ります。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)










左上腕、左ひじから動き出す と
腕も含め、上半身の重さが左にズレますので
丁度良い配分、タイミングで回転も起こります。
特に 回転する意識も必要ないと思います。


多くのスイングでは
インパクト付近で 左脇を絞める ような
そんな姿勢になるのですが、
私の見解では それを特に意識しているのではなく
それ以前に 腰や体を先に回し
あとからクラブを振る と言う順序が問題なんだと
見ています。
体を先に回せば インパクト直前には
左サイドは上なり、左に遠ざかりながら
という事になりますから、
左サイドを突っ張らないと ボールに届きません。
左ひじから動かしているサマを注視すると
意外にもインパクト以降 左脇が空いているようには
見えません。
それは同時進行で まだ体が動いている(回っている)
からで 左脇が締まって見えるのは
もう既に体の動きが止まっている だけで
動き出しの順番の方が問題に思えます。



また 質問の中にありました
右手を伸ばした時、
左手の掌底が押され、左手首が平側に折れる ような
両手の関係には
右グリップ・左グリップの位置関係も大切です。
MVI_0581_Moment(5)MVI_0581_Moment(4)








テークアウェイやグリップの仕方などにも左右されますが、
トップの位置〜ダウンの初期段階では
右グリップは左グリップの上に位置し
その場面で 右腕を伸ばす
右掌底で左グリップを 下、もしくは斜め下に押せば
腕やクラブの重さ分 左の手首は平側に折れる形に
なりがちですが、右手で横にクラブを押そうとしたり
そのタイミングを逃し、その位置関係が出来なければ
左手首は甲側に折れてしまうでしょう。
IMG_1632_Moment(2)

その場面も「習慣」として
体に左腕をピタッと貼り付けるように
左腕をロックした場合、
進行方向の前にある左腕が止まる訳ですから
チカラの逃げ口は左の手首になってしまいますね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一つ、質問させてください。

 

「左手首を右手の掌底で押す感じ」に関してですが、
色々とやってみてもどうしてもその感じがでません。


右ヒジをバックスイングで張ったときに
右手が左手からすこし離れる感じになります。
ダウンでは、シャットを維持する左ヒジを逃す動きが
うまくできれば合掌は維持できるようにも思いますが、
押していく、または押される感じには程遠いように思います。


スイングの間、ずっと合掌の形が安定して
維持できるような位置関係が取れるように
工夫するべきでしょうか?
合掌しながらスイングする
というイメージが湧きません。
やはり、つかんで前で弾く、
というこれまでの悪癖の影響でしょうか?

 

何か、ヒント・アドバイスいただけると助かります。


MVI_0581_Moment(3)

ハミングバードが見る限り、
プロも含め ほとんどゴルファーは
ボールを打つ前後の円弧を
体ではなく、腕を振って、クラブを振って
作っています。
素振りを見ていてもそうです。

理解し難いかもしれませんが、
が故に 打つ方向を90度間違えています!

どういう意味かと言うと
腕で振るとなると ボールは水平方向
横に打たなくてはなりません。

IMG_0485

ボールを打つ円弧を
体の回転 ➟無意識なターンテーブル
ターンテーブルに乗っかって
回転するターンテーブル上でボールを打つ となると
感覚的には『ボールは下に打つ』ものなのです。
打つというより 押さえつける、押し付ける。。。
潰す と言うのもボールが軟質なものと言う意味では
的確な表現かと思います。

フェース ➟ ボール ➟ 目標方向
という関係ではなく
フェース ➟ ボール ➟ マット/地面
と言う関係なのです。
IMG_0484

無意識な体の回転・ターンテーブルが回っているから
結果として ボールを横に払うような感じになるだけです。

この感覚が理解できるとスイングは飛躍的に変化します。

フェース面で地面(マット)にボールを押さえつけるから
ゴルフクラブのロフトと言う角度に対し
ボールは逃げるのです。
それがロフトの役割でもあります。


クラブを腕で円弧に、特に縦に振ってしまうと
上から打とうとして ヘッドを下に振ってしまうと
その振る角角度分 スピンが増え、弾道が高くなり
飛距離を損じます。
腕で円弧を描くと ヘッドスピードを上げても
スピンばかりが増え 飛距離につながりませんし、
体の回転を停止した状態で 円弧を腕で描く分
体も上を向く 反るような姿勢になりますから
体も痛めやすくなります。



靴でボールを打つ 
のを つま先でボールを蹴る のではなく
ボールの一部を上から踏みつける に近い感じです。


フェース面でボールを地面/マットに抑えつける
これでは打てないし、飛ばないし、届かない…
そう だから体の向きを変えるのです。
双方の動きは一体の 双方不可欠の関係です。
それを 腕さばきで全部取ってしまうのがいけない のです。

3a2657cf2d5452e4b2914c204ab30a3c


よって インパクト付近の
左の手首(スナップ)は理想的には
手のひら側に折れた状態
右の手首は甲側に折れた状態 のようになります。
IMG_1632_Moment(2)

この手首姿勢はムリに作ってはいけません。
体の回転でグリップを移動させていないと
手首だけ真似しても意味ありませんし、
ボールを下に押さえつけるイメージが
ついてない状態では痛めてしまうかも知れません。
5a0eeaec

逆に 体の回転でグリップを移動させられるようになれば
自然にここに落ち着くでしょう。
特別なテクニックは要らない かもしれません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

 

一つ、質問させてください。

 

「左手首を右手の掌底で押す感じ」に関してですが、
色々とやってみてもどうしてもその感じがでません。

MVI_0581_Moment(3)

右ヒジをバックスイングで張ったときに
右手が左手からすこし離れる感じになります。
ダウンでは、シャットを維持する左ヒジを逃す動きが
うまくできれば合掌は維持できるようにも思いますが、
押していく、または押される感じには程遠いように思います。


スイングの間、ずっと合掌の形が安定して
維持できるような位置関係が取れるように
工夫するべきでしょうか?
合掌しながらスイングする
というイメージが湧きません。
やはり、つかんで前で弾く、
というこれまでの悪癖の影響でしょうか?

 

何か、ヒント・アドバイスいただけると助かります。




お手紙ありがとうございます。

早速 考えてみたいのですが、
理解を進めていくために
お答えの順序を質問と入れ替えますので
ご了承ください。

二回に分けてのお答えになるかと思います。




グリップの合掌の感じ…と言うのは
IMG_0528まず グリップに手のひらがある
ということです。
←このようにクラブを握っていると
グリップには手のひらが存在しません。
単に棒を握っているに過ぎません。
このように「握らざるを得ない」理由が
ある筈です。

IMG_0529次に 両の手の平が向かい合っている
 ということ。
ご質問の中でもありますが、
アドレスに対し、テークアウェイやトップでは
両方の肘の距離が離れますが
腕には手首と肘という関節がありますから
グリップ自体には大きな影響はないような…
気がします。
両方のグリップがトップの位置で離れるような感じに
なっても大きな問題はないかと思います。

IMG_0533IMG_0532












おそらく グリップに関して
ご自分でも 問題を感じている 通り
グリップは その人その人の
クラブの動かし方が表れるものです。
形として グリップを治しても
自分の今まで通りのクラブの扱い方をする限り
単なる違和感でなく、指で握り 手のひらで握り込まない
グリップは クラブがすっ飛んでしまう危険
も伴ないますから 数球ともたないでしょう。

hand_kansetu

合掌のイメージは 指の第三関節
これを手のひらの方に曲げない、握り込まないことです。
少々 大袈裟に言えば 第三関節は
外に反らせる 熊手のようなイメージを持たれると
良いかと思いますが、
やはり それも クラブの扱い方が変わってこないと
なかなか変化が表れず、断念してしまう可能性は否めませんので
焦らずに やっていく方が良いと思います。

グリップが良くならない 握り込むグリップになる
原因は スイングの中の箇所 として 二か所あります。
二か所ありますが 主にはテークアウェイが原因と思われます。

☆テークアウェイ。
かなり初期の段階に
左腕なり、左手だけでクラブを速く動かしています
ですので 動かす速度も一つの要因でしょう。
全員ではありませんが、総じて 左手のグリップが
握り込んでしまい、掌が無い人は
無駄にテークバックが速いような気がします。
IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(4)










左手のグリップを支点にクラブを動かす癖 の
表れがグリップに出てきます。
スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)










これは おそらく 初期の段階に
右ひじなり、右半身が動かないことに根っこはあると思います。
右ひじをもっと積極的に動かしてみましょう。

IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(6)

次に注意する点は右向きの総量です。
左手や左腕でパッとクラブを動かす習慣が多いので
早い段階で背中が張ってしまい、回転した、右を向いた
という感覚があるので 浅くなってしまうのか も
しれませんが、 左手主体でクラブを上げると
体重配分も前より、ボール寄りにかかり易く
胴体が捩じられてしまうので どうしても
右向きの総量は浅くなります。

右向きの総量が浅いので
そのまま振ってしまっては アウトサイドインのカット軌道
になってしまうので
クラブを遅らせ、インから無理やり振る癖がつくので
どうしても握らざるを得ません。
なぜならば そのテークバックもダウンスイングも
クラブが一番重くなり、スイングの抵抗になり易い
位置と姿勢になってしまうからです。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)プロも含め、世界中のゴルファーで
このように 遅らせて疑似インサイドから
クラブを振るゴルファーに
美しいグリップの人は存在しません。
このクラブの扱い方で
正規に指だけに握るには
常人の握力ではかなり難しいでしょう。
ゴリラなら可能かもしれません…。


今の時点では理解が難しいかもしれませんが、
グリップは 握る ことではなく
『握らないこと』 なのです。
クラブには重さがあり、
運動すると、移動させるのと その重さは増えます。
クラブの形を上手く使って
握っていられない、
支えていられない から
その重さによって グリップを逃がす
その重さによって グリップを動かす

と言う感覚がある、その感覚に行き着く
という事を覚えておいてください。
握り込むグリップは クラブを止める 為のものなのです。

グリップは その重さを支えて
 クラブを振り回すことではなく、
クラブの重さを使って
 どんどんグリップを移動させる
(逃がす)為のものです。


そうすれば クラブの重さを使って
 どんどん回転していけるようになります。

スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)

L型ブリストルパターを使っての
左手一本での素振りは良いドリルになるかもしれません。


          続く・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇ボールの高さが欲しい

〇距離を伸ばしたい

〇フェアウェイウッドとユーティリティ、アイアンの番手の組み合わせが分からない


H370_lineup


 そんな方におススメです。

マレージング(硬ーいステンレス)をフェースに採用
上げる・飛ばす に特化した ユーティリティ型アイアンヘッドです。

特に 弾道を高くしたい という方には最適✋



また ヘッドの重量設定に自由度が高いので
従来 番手間の差(ピッチ)は 1/2インチでしたが
それを 5/8インチでも、 3/4インチでも、1インチでも
自由に選択できます。

それにより クラブの本数を絞りたい という方にもいいかも…。

KZG


ロフト18度から始めり 4度ごと
 18度. 22度. 26度. 30度. 34度. 38度. 42度. 

アイアンで言うと 9番にあたる 42度まで。
お楽しみで構成してみて下さい。

参考: HBS-16 のロフト構成
 #7-33度  8-37  #9-41  PW-45  PS-50.5



✊また裏技として チッパーやジガーとして使用も可です
 アプローチの苦手な人には役に立つかも・・・^^




 お問い合わせ: 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ       野澤 まで
  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ