◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2019年05月


頭では理解できても なかなか実践できないのが
 「ヘッドの重さ」とどう付き合うか なのでしょう。

ヘッドの重さは シャフトを通して
 打ち手の動作の促進剤や補助 としても利用出来ますが、
使い方を誤ると 運動の負荷、運動の抵抗になるだけ 
です。

知っての通り、クラブの構造は ドライバー(悶絶)であれば
 約1ⅿの棒の先に 240g の 鉄の塊(空洞ですけどね) 
全体の重さの 70%に近い重さが その先端に備わっています。

その重さは クラブの姿勢、ヘッドの姿勢によって 重くも軽くもなります。

運動が加わると その重さは 倍化していきます。
  👉ヘッドの重さ × 長さ  × 移動速度

ゴルフクラブ、そしてそのヘッドの重さが
打ち手の動作を助けたり、促進したりするのは
移動速度の遅い、加速度の低い状態の時だけ 

いったん 移動速度が速くなり、加速度が増してくると
その重さに邪魔されないようにするのがいっぱいになりガチです。

IMG_0520_Slomo_Moment


多くのゴルファーの 「スイングのタメ」イメージ は
どこかで ヘッドを解放する為のホールド をイメージしているのでは
と思うのですが、 ヘッドを解放する為にはその基点となる
グリップ、そして体は止めて置かなくてはなりません。
それでは本末転倒です。

 「スイングのタメ」と結びつきを持ちにくいかも知れませんが、
ヘッドの重さは放っておけば良いのです。
構ってはいけないのです。

勿論 ヘッドでボールを打ちますから
 ヘッドは動かさねばなりませんが、
それは からだの動作も含め、あくまでもグリップが移動したから
ヘッドが動いたのであって、ヘッド単独で動いたのではありません。

ヘッドを単独で動かすと ヘッドの重さとは戦うコトになります。
ボールの方向やボールの飛ばしたい方向とは直接関係にない
外へ外へと膨らもうとする力を防ぐことに力を使わなければなりません。
ヘッドと単独で動かそうとする限り、
速く振りたい と クラブを放り投げない という
相反する二つのコトをしなければならないのです。
IMG_0496_Slomo_Moment

ヘッドは重さがありますから、グリップを動かしても
その重さの分、運動全体から遅れます。
加速が入ってくると 更にその分遅れます。
遅れるが故に 円弧は不必要に膨らもうとせず
近道を通ってくれます。
打ち手は その遅れを ロフトの立ちに返れば
 遅れても フェースがボールを向くように仕向ければ 良いだけで
それは グリップの進路で決まってくる のです。


ヘッドを動かすために グリップを腕や体で動かしますが
ヘッド自身は その重さ、長さや運動が加わった その重さの為。、遅れます。
その遅れは 放っておき、
その遅れを ロフトの立ち(フェースがボールを向く・上から見る) に
変えてあげることが 本当の意味での スイングのタメ だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



正しく 右腕を使えるための右向き
つまり テークバックが取れる 
という前提条件はあります。
そこから 始めなくてはなりません。


〇右腕で叩いてもスライスしない
〇右腕で叩いても無駄にボールが高くならない
〇右腕で叩いても無意味にスピンばかり増えない



無駄なヘッドの縦横の回転を生まないリリースをするには
右腕で叩ける 👉リリースできる 空間 
そして それを行えるだけの時間
 が必要になります。

その空間が確保できれば
比較的簡単に 右腕の正規のリリースは可能 になります。


手順としては

〆枯咫∈献汽ぅ匹髻.棔璽襪剖瓩鼎方向に
 斜め下方向に低めに移動させていく

 注) 左サイド とは 左ひざ〜左尻〜左背中(肩)の
    イメージとして一直線のライン、面

△修瞭阿を追随していくように
 右の手のひらで からだの傾きに沿って
 やや下向き〜斜め横
 に 左グリップを押してあげる


なのですが、イメージには順番が有っても
結果は 同時に二つのコトをやるような感じになります。

down under_Momentdown under_Moment(3)









切り返しから いきなり右腕で叩きに行かず
左腕の下がり と 左サイドの飛球線方向(ややシャンクより)への逃げ
が行われた後、追随して 右腕を伸ばす感じになります。


✋左サイドのリード・・・と言う言葉に近いかも知れません。
 ただし 左サイドとは左足を言うのではなく
 左サイド全体、特に左腕の下がり が一体になっていないと
 左サイドのリード は出来ても そのリードしていく方向が
 正規の方向にならず 片手落ちになってしまいます。



一般的に考えられている 『スイングのタメ』とは異なりますが、
スイングにとっての本当のタメ、
特に長物を苦手にしないためのタメ とは
コチラの方が馴染みやすいと思います よ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



とても不思議に思うコト があるのです。


多くのレッスン、ブログ、動画などでは
「シャフトはしならせて、しなり戻して使う」
「シャフトをどうしならせ、どうしなり戻すのか」
というのが目につくのですが、
もし それが良い、ベターだとすると
なぜ 「セットの硬さをちゃんと統一、揃えよう!」
という内容が出てこないのでしょう。

シャフトをしならせて、しなり戻す のだとすると
そのシャフトの硬さによって 方法は同じ、だとしても
そのタイミングや強度などは異なると思います。

video_Moment

同一機種のシャフトであっても、 例えば
  X-フレックス  270cpm の硬さと
  R-フレックス  240cpm の硬さでは
しなりの量も そのシャフト速度も異なります。

X-フレックスを 振るように  R-フレックスを振れば
R-フレックスの方が シャフトのしなり幅も遅く
復元速度は同じだとしても しなり/しなり戻り往復で
かなり大きく しならせ/しなり戻す をすることになりますから
スクエアに戻してインパクトする という理想の元では
インパクトで待つか、はたまた シャフトを動かす動作速度を速く、
特にダウンスイングの しなり戻しは速く動かさねばなりません。

これでは パターを除く13本近いセットが
ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッヂと
異なる硬さが混じっている場合、ショットでのやるコト
やる速度、やる量が その硬さに応じて変えなければならなくなります。

続けて 同じクラブを打ち続けられる練習場でならいいかも…ですが、
交互交互、場面場面で
 一球ごとにクラブを入れ替えなければならないコースでは
混乱してしまい、相互に上手く行かなくなる可能性が高くなります。
また しなり具合はシャフトの硬さだけでなく
重心の長さや深さ によっても影響を受けます。

シャフトをしならせて、しなり戻して使う、使いたい のであれば
セット間のシャフトの硬さや重心距離などを統一、
もしくは ある程度の幅の中に収めておかないといけない
と思うのですが、そこに振れた記述、内容は一切見当たりません。

それでは片手落ちもよいトコロです。
Jack Ni_Moment(2)

特に最近では アイアンが売れていない ので
低価格に抑えるため、アマチュアにとっては利の少ない
軽量スチール + 小型ヘッド ばかり です。

ドライバーは メーカーや機種によって 硬さはマチマチ ですが、
シャフトはある程度柔らかい方が飛ぶ
   という共通認識は存在するので
アイアンに比べると 表示 S-シャフト でもかなり数値、
かなり柔らかくなっています。


✋ヘッドが大きく、重心距離も長く、重心も深いドライバーの方が
シャフトが格段に柔らかく、
✋ヘッドが小さく、重心距離も短く、重心の浅いアイアンの方が
シャフトが格段に硬い


シャフトをしならせて、しなり戻して使う コトを前提にするのなら
このセット間の統一を声高にしないと
 その方法論は完遂しないと思うのですが…。
ものすごく なんだかなぁ の気持ちがぬぐえません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この自ら ダウンスイングを省略するような
何かの動作をする時間と空間を自分でつぶしてしまうような
そういうスイングをする人がとてもたくさんいます。


少ない時間、狭い空間でも なにがしかの動作が出来てしまう
運動性能に自信のある方は良いですけれど、
正直、そういう人はいないに近い人数です。
大きな声では言えませんが、
それが出来てしまうレッスンプロに習うのは悲劇…
   …………なのかも知れません。


anika_Slomo_Moment


ダウンスイングは
動作も一番速くなり、全行程 無意識であっても加速状態、
これは言い換えれば、クラブだけでなく自分の腕や体も
その速度通り 重くなっていく状態ですので
時間と空間が確保できていないと なにか したくても出来ません。

切り返して いきなり 左サイドが上がる・開く では
左足かかとに置いたボールが 右足かかとに移るような
ボールと自分との空間が一気にせまくなる、そんな状態です。
これでは ドライバーのような長いクラブは振ることが出来ません。
✊当然 、 力みます
✊ なにがしかの形で空間を作り出すコト が必要です
✊ なにがしかの形で時間も稼ぎたい でしょう


〇正しいスイングのタメ とは
この時間を 本来通り、通常通り 確保してあげるコト を指します

▼間違ったスイングのタメ は
言葉とは裏腹、真反対で 時間と空間が一気になくなります。
よって 一番美味しい時間を逸し、体が開いた状態で
からだというパワーを出せる動力源を失い(使えず)
からだの正面でとらえられるはずのクラブ姿勢を
 疑似的に作り出さなければなりません。

 👹 👹 👹 簡単に言えば 腕力次第のショットにする というコトになります。

Jack Ni_Moment(2)

正しいリリースをするのには
空間とある程度の時間が必要です。
手順で覚えるのは良いこと とは言えませんが、
結果、体と同期して 右腕/、右ひじのリリースを行うには
左腕を含めた 左サイド が 先に正規のトコロ、
理想的なトコロ に動き 時間と空間を確保してから
右腕で 正しく叩く
 のです。

✋右利きの人が 利き腕である右腕で叩くには
 右サイドとボールとの間に空間が必要です。

多くの人は まず
テークバックからトップ で
右腕を使えるための空間造りが必要です。
そのための右向きです。

▼手だけで、腕だけで、肩だけで テークバックする人は
 アドレスの状態から右サイドが動きません。
 テークバックして トップに行っても201812_Moment(2)
 右サイドがアドレス時のボールとの距離感、空間しかないのです。
 そこから動き出せば その空間は更に縮まり、
 右腕を、右ひじをリリースする空間がありません。

 からだを遠ざけながら、体を開きながら、リリースするのでは
 リリースの意味はないのです。
 リリースせずに からだの回転のまま、意図的なひっかけ や
 スライスを打ってしまった方が 幾分マシなのではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



プロでも良いですし、自分のスイングでも良いですし
誰かのスイングを見てみて下さい。


今回、注目するべきポイントは  左肩  です。

スイングには前傾姿勢があるため
アドレスを基準にすると
右向きになると
 左サイドよりも 右サイドの方が高くなりますが
左サイドが低くなったわけではありません。
多少、微々たるものですが
アドレスよりも低くなる・・・かもですが、
その左サイド・左肩の 高さ自体 殆ど変わりません。

逆に テークバックで
左サイドがはっきりと低くなる場合は 要注意。
その際は、逆に右肩の高さと位置を見てください。
正しい右向きでは
右肩は若干ですが アドレス時よりも高くなります。
そして 同時に 右肩は右向きに従い、
ボールから離れていく、アドレス時の背後に移動する筈…ですが、
左肩のはっきりと下がる人は 右肩の位置も高さも変わらず
単にボールにお辞儀するように ねじり寄ります。

✋これは からだ ではなく
 肩だけ、腕だけでテークバックしている
 からだの右向きがない、足らない の代表例です。
    右向きの量…ではなく質が良くないというコトでもあります
 このタイプの人は ダウンスイングで動作をする為の空間が
 圧倒的に足らず、ボールから離れながらのスイングになるため

 クラブ長の長いドライバー、ウッド等を苦手とすることが多くなります。

👉目をボールから切り、腰、秀二、お腹、ごと 顔を右に向け
  からだの右向きを習慣付ける練習をしてみましょう。

anika_Slomo_Moment(4)
少々 ざっくりと説明しますが、
ダウンスイングでの左肩は
理想的には トップの位置から
ボールに近づいていきます。
高さは変わらないとはいえ
 下がっていくような・・・
決して いきなり高くなったりしません。

まったく 同じ動作とはイキマセンが、
意識はしないとしても、インパクトでボールと対峙し
ボールに正対するには テークバックの逆回し に
近い行程が必要な筈・・・ ですが。

プロも含めた 多くの人の左肩は
切り返すと いきなり 上がります。
ボールから離れていく方向の 左上方にいきなり動きます。

 これを一般的なゴルフ用語では
 「腰を切る」 とか
 「下半身のリード」
 とか
 言うのかも知れませんね。

左足だけ動かしたり、腰だけ切るような動きをすると
左肩は上がります。  その動作は今回は割愛します。

切り返し から 左サイドを開く、体を開く というのは
「スイングのタメ」とは魔反対の動きになるのが理解できますか?

スイングの時間表は
右向き → 右向きの解き →正面を介して → 左向き

と 正面は意識できませんが 3行程から4行程あるのですが、
切り返しから いきなり左肩を上げる、左肩を開く
では スイングには2行程しかなくなってしまいます。
これでは 時間が足りません!


例えて言うのなら
ドライバーを打つのに 左足かかとにボールを置いたのに
切り返したら いきなり ボールが右足かかとにズレた
野球で言うと 差し込まれた 状況になるのと似ています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大前提 として
正しくリリースが出来ないと
(右腕の解放が出来ないと)
 労力よりも ボールは飛びませんし
 当然、安定性も欠きます。


そのリリースが正しくならないのは
スイングの正しい意味での『タメ』を理解していないから
というのが大きな原因だと思います。

downswing

正しくない、誤ったリリース とは 動作 で言うと
ダウンスイングで 右腕が寝てしまい 👉右ひじがからだに刺さるような
(意図的にヘッドを、そしてグリップをからだの回転より遅らせ
 それを右腕、特に手首のスナップによって解放する)
ロフトが開き、フェースが右を向き
そこからのリリースになりますので
スイング軌道上をキャスト、グリップをからだから離していくように
右腕を伸ばしていくコト を指します。


その結果、フェースの向きも急激な変化、
ロフトも急激な変化 をして ミスの原因にもなります。
そのリリース、右腕が潜る、右ひじがからだに刺さる、右腕が寝る
これは別な表現にすると 「突っ込む」「右サイドが下がる/潜る」です。
そして その分、体も開くのですから
飛ばない原因にも、スライスの原因にも、引っかけの原因にも
トップ、ダフリの原因にも、シャンクの原因にも、
そして 腰や首、肘などを痛める原因にもなります。
良いことはほぼナニヒトツありません。

仮に痛みに鈍感で 脳筋のヘッドスピードが出せたとしても
その出せたヘッドスピード程は飛ばず、
正しくリリースできる ヘッドスピード 5ms低い人に楽々負けます。
そして 加齢とともに、痛みを感じるようになり
自分の体も思うような動作速度にならなくなると
急激に距離が落ちますが、かつて 飛んでいた記憶が、プライドが
自分を苦しめることになります。

46498012_1169664983184117_3818376035250995200_o


そして 今回の題材の「スイングのタメ」ですが、
これも 困ったことに・・・ですが、
間違ったリリースをする人の経験則が広まっているため
非常に 困った形で認知されて
 しまっています。

『駄目なリリース』を前提に 『スイングのタメ』が語られているのです。

特にドライバーに苦しんでいる人は
この二つが結びついて理解できると かなり光が差します。
健康のためのゴルフであれば それで十分だとも思います。
まあ 人間は誰しも欲深ですから…そうは行かない かもですけれど…。


スイングのタメ は
グリップを遅らせるコト でも
ヘッドを遅らせるコト でもありません。
その『間違ったタメ』は問題を先送りし、問題を更に難しく します。
そういう曲芸のような難しいことを好んで行う人はお好きにどうぞ ですが
一般的なゴルファー...平均年齢60歳オーバー 向けではありません。


右腕を寝かして キャスティング するようなリリース
インパクト付近でヘッドを返すようなリリース
になるのは その「タメ」のせいで
正しくリリースする為の「時間」と「空間」を失っているから です。
outin (2)_Trim_Moment(2)

✋一般的な ヘッド、もしくはグリップを一旦遅らせる ような
 間違ったタメは その後の「時間」も「空間」も 遅らせた分
 正しくリリースする時間も空間の不可能なほどの
 より少ない、より短時間なモノになってしまいます。
 動作をする時間と空間が足らなくなるが故 の
 間違ったリリース、はっきり言えば
 全く要らない ヘッドターン、フェースローテーションをする羽目
 になるのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


6.7.8.番アイアンあたりを持って練習してみましょう。

打つ距離は いいところ 20~30ⅿ程度で十分。
 スポンジボールでしたら お庭でも可能です。


ボールは通常よりも中より 真ん中位でいいです。

スイングの恰好、仕草、スイングそのものは忘れて良いです。

down under_Momentdown under_Moment(3)down under_Moment(4)










アドレス状態から 手だけ と言うより 右ひじだけ曲げます。
右ひじが曲がり、短くなった分 ヘッドは動きます。
右ひじの曲げる方向、ヘッドの移動する方向は
スイングの軌道、仮想の傾きによるスイング軌道に沿ったモノ 、
グリップよりも低いヘッドの位置は困ります。

その状態では やや フェースは下向き、
左手の甲もやや『下向き』になるでしょう。

その下向きに沿って 右手で左手を押してあげてください。
その左手の甲の下向きは維持したままの感じです。



✋クラブ、シャフトを右手で地面に押し付けるような そんな感じです。
左グリップが 進行方向に逃げていないと
手痛いダフリになりますから注意してください。


腕だけの感じでは 下に向かって
地面にボールを埋めるような感じになりますが。
これに回転が加わるので ボールは横、地面に水平に飛ぶのです。
チカラを入れなくても、さほどスピードがなくても
強い 素早いライナーが打てると思います。
IMG_0526

ここで 2点に注目してください。
1.右手使いは 円の上側、下側の円には携わらない
 →ヘッドがグリップよりも低くなったら右手の出番はない
2.このインパクト以後、以降の左向きが必要
 →この腕使いでは地面へのパンチショット? で終わり です
  これ以降のクラブの流れは 左向きが無いと
  左回転が残っていないと作り出せません。



ゴルフショットはこれに 回転が伴う だけです。
腕さばき リリースで からだの仕事を奪ってはダメですし
腕さばき をからだで代替えすることは出来ません。
👉役割分担がある以上、やり過ぎもやらな過ぎも芳しくないのが
ちょっと困るところではあります。

IMG_0093_Moment
IMG_0093_Moment(3)








見た目から始まって
ボールをとらえるところを円、
ヘッドの最下点がボール、という
嘘ではないけど本当ではない情報を元に
スイングを作ってしまうと
一番肝心なところが分からなくなってしまいます。
ボールを上からとらえる、
クラブを、フェースを、シャフトを下に向かってリリースする、
それにからだの回転があって ボールを打つのと
からだの回転は スイングらしく見える為の飾りで
全部を腕さばきで ボールを横にとらえる
とではあまりにも大きく異なるのです。

ボールの前後を 手で、もしくは肩の揺さぶりで 円を描いてしまうと
その動きと からだの回転が融合しません。
ホントにお飾りの、他人のゴルフスイング「らしく」見えるお飾り、
からだの回転で! って言葉を使うと まるで上手に見えるから
そう振舞う・・・ 寂しい限りです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あくまでもイメージですが、
フェースを下向き、ボールを上から見る形で
入れてくるのには
グリップの方が低いうち、ヘッドの方が高いうちに、
グリップがボールを追い越し、追い越してから
斜め下向きに 右腕でグリップを押しこむ、 そんな感じです。
IMG_0294_Moment(5)

ヘッドの方が低くなってから 右腕を伸ばしたのでは
左グリップを押すことは出来ません。
押したら空振りしてしまいます。
頭ではわかっていなくても体は分かっています。
グリップよりもヘッドが下がったら その下がる分
 グリップは必ず上がり軌道に入ります。
ですので そのタイミングで左グリップを押すことは不可能
 本能的に拒否することになります。

ヘッドの方が低くなってからでは もうシャフトを押すしか打ちようがないのです。
video-1531996826Trim(2)_Moment

ですので わかっちゃいるけど ヘッドを振っちゃう、シャフトを振っちゃう
のは それ以前の段階、動作で治さないといけないのです。
また ヘッドを振っちゃう、シャフトを振っちゃうためにテークバックを上げ
それをするためのトップ、それをするためのアドレス、
グリップになっている可能性が非常に高く
そこは段階を踏んで、時間をかけて治さなくてはなりません。
一足飛びにゴールには辿り着けません。




リリース(刷毛塗)で動かす グリップの量は
フルスイングの中であっても 30〜40センチ程度
惰性や慣性も付きますから もっと少なくても良いかも…です。

そのリリースの感覚が からだの回転を造り
からだの姿勢を造ります。
故に このリリースを覚えてしまえば
からだの動きは自然に付いて来易い です。
腕も含めたクラブの重さなり と言った感じです。
ビデオ_Moment

からだの回転の流れに沿って 移動するので
止める訳ではありませんが、
腕は ヘッドの方が高いうち、グリップの方が低いうち に
行う 30センチ程度の押す感覚だけ、
しかも それにはクラブの重さという大きな助力もあります。
人によって クラブの重さ感覚だけで出来てしまう場合もあります。

インパクトのトコロでは もう腕の仕事はない と考えて良いです。
肘さばき、腕さばきで 押し続けて
からだの回転を肩が奪ってしまうのは とても危ない です。
感覚として どの位は言葉に出来ませんが、
腕さばきはかなり早い段階の、少しの量、ほんの少しの量だけ
と言って良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイング用語には『体重移動』というのが
頻繁に登場します。
そして、少なくないアマチュアゴルファーは
密かに そこをスイングの課題としたり、
上手く行かない原因…と考えています。
d11be403-s

実は スイングの種類。。
 実際そんなものがあるのが少々懐疑的ではありますが、
それによっては 元々 その体重移動が存在しない
することの出来ないものがあるので、
それを把握したうえで トライしないと
不可能に挑むことになってしまいます。

ゴルフスイングにとっての体重移動とは
頭も含めた 股関節より上の胴体 が
右足〜左足 のそれぞれ乗ったり、移ったり
することを指します。
『正しい』体の使い方で考えると
スイングでの軸は背骨になり、
体の重い部分はそれよりも前側にありますから
体が右を向けば 右の脚の上
左を向けば 左の脚の上に乗り、
体の回転と体重移動はユニットな動作と
考えて間違いありません。

しかし、肩や肩甲骨だけ
胴体を捻るスイングにとっては
元々 体重移動は存在しません
その点は注意です。
体を捻る、本当は腕の一部なのに肩だけを回すことを
体を回している と考えている人は
重み…である体は動いていませんから、
体重移動にトライしてはいけません。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5
このスイングでは 何が体重にとっての左右なのか
その基準があまりにバラバラで、
体重移動なんてものを意識してスイングすることは不可能でしょう




そちらの話は放っておきますが、
体重移動というと 横…の動き
地面に概ね水平な動き
 と感じますが、
そこが ゴルフスイングのちょっと面白いところで
体の回転には 必ず 上下 が混じります。
体重移動を意図的にすることが良いかどうかは別ですが、

ダウンスイングにおいて
理想的には
体重、重みは 右脚から左脚 へと移行していきます。

スイングには前傾姿勢がありますから
右向き〜正面 の期間は 左サイドの方が右サイドよりも低く
正面〜左向き の期間は 左サイドの方が高くなります。

高い右サイドから 低い左サイドへは
重さの法則から行っても 移行しやすい ですが、
移行する前に 左サイドが高くなってしまっては
十中八九 左に重みを移すことが不可能になってしまいます。

ダウンスイングの最中に
体重移動を意識 するのは 簡単ではありませんから
体重移動をスイングの課題 にされている方は
そこを「からだ」ではなく
クラブで意識してみると良いと思います。

ダウンスイングの最中、
これはほぼ例外ありませんが、
グリップエンドの向いている方に
重みはやってきます。
ヘッドがグリップを追い越していく ことを
トライしている人にとっては
ボールを打つ抜く は イコール
グリップエンドを自分の右サイドに向けることになりますから
体重は必ず 右に残ります。
また その手のスイングでは
かなり 早い段階で 左右の体は
左サイドが高く、右サイドが低くなってしまうので
余計です。

スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)







自分の体よりも左、にグリップエンドが向いていれば
向けようとすれば 自然と左サイドの低さも維持でき
それによって 体重は自然に左へ移行します。

イメージとしては
グリップエンドが体の左向き とともに
グリップよりも ヘッドの方が高いうちに
ブレイクラインをグリップエンドが超えれば
体重移動も 
インサイドからの入れ も
上から打つ も
同時進行で出来るようになるでしょう。


ここの スローなフルスイングやアプローチで
練習してみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールは球体です。
 360度全方向に円です。
IMG_0524

それをロフトの付いた板状のモノで つかまえる には
 ボールを地面に押さえつけてあげる"感覚"が必要です。

あとは クラブが、ロフトがどうにかしてくれます。


間違ったリリースは
左グリップを支点に シャフトを右手で押すので
シャフトは各角度運動、円を描きます。
スイングの大きな弧で 地面(下方)にあるボールをさらう のではなく
手首の支点運動〜スナップによって ボールをこそぎ取るような動きです。

その動作はダフリ、トップし易いのですが、
それはさておいて その動作で球体を打つと
ゴルフクラブのロフトという作用から
よりボールは上に、上に逃げます。
結果、高さになったり、ボールの回転になります。
距離にはなり難いのです。
 ボールを上に逃がす方法なのですから……。

✊ボールは球体 なのです。
 縦方向、高さにも円なのです。
地面に置いた ボールの大きさのコイン ではないのです。
地面に置いてあるコインをこそぎ取るような入れ方では
球体のボールは ロフトのある縦方向 に必要以上に逃げてしまいます。



✋比較実験をしてみて下さい。

正しいリリースは
 フェースを下目に、少しオーバーに地面に向けておきます。
テークバックの量はさほど要りません。
スイングの動作、仕草、格好など無視して構いません。
IMG_0526

曲がった右腕、右ひじ
それを伸ばすことで クラブを持った左グリップを
決してシャフトではなく、左グリップを
からだの回転の流れを壊さない程度
下方向(やや斜め)に押し、フェースがボールを地面(マット)に
押してつけるように 当ててみて下さい。

ヘッドを動かした、グリップを動かした量も少ないですが、
その動きのスピードよりも格段に速い速度でボールは飛び出ます。
down under_Momentdown under_Moment(3)








スイングの流れを意識するのならば、
その後 からだを左に向け、自然にヘッドが高くなるようにします。

からだの回転が止まらないよう、左腕がそこで止まらないよう
回転の方向、目指す回転の方向に 左ひじを向け
曲げられるようにしておいてください。
左肘を自分に向けると
  左腕が止まり、痛めてしまうので注意してください。


スイングという流れを意識するのなら
ある程度右向きを造り、
左斜め下方にグリップを押す、
回転の流れに即した下方に押してあげることで
からだも自然に左に流れ、無意識での右向きの解け
正面向きになっていきます。
ボールが当たったあたりが正面向きで、
以降左向きになる分 ヘッドは高くなります。

右腕の伸ばしで 左グリップを押せる量は 30〜40センチ程度
からだの幅分がいっぱいいっぱい
フォローは体の向きが取るので、インパクト以降 腕の動作はありません。

左向きを阻害しないために
 回転に沿って グリップを移動させている
そんな感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


DRIYbXDU8AEUY3oごくごく普通に
良く見掛けるグリーン周りのアプローチですよね。


ミスショットを除外し、
「このヘッドの姿勢がフォロー」というコトになると
弾道は 右目の高い球になり、
写真通り、二段グリーンの下に乗ることに
なるでしょう。

これが 何を意味しているか 分かりますか?


アイアンやドライバーショットで
ボールと飛ばすため、スライスさせないため にする ヘッドの返し
間違ったリリースは ボールを飛ばすコト になるのではなく
ボールを上げるコト、スピンを増やすコト 
にしかなりません。

この弾道で、ランニングと同じ距離(ボールの止まるところ)を
打とうとすると ランニングをするよりも遥かに速いヘッドスピード、
遥かに大きなスイングが必要になるのです。
どちらが ミスになり易いか 分かりますよね。

例えて言うのならば、 ランニングと同じ質のドライバーショットが
ヘッドスピード38ms。。。。。。 それと同じ距離を打つための
高い弾道では 43ms以上 必要になる というコトです。

キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





多くのゴルファーは『リリース』する というと

1.右ひじを伸ばす
2.手首を伸ばす  👉スナップ
3.シャフトを振る
✋右手を使ってシャフトを押す
 左グリップを支点として シャフトの角角度運動をさせる
 〇ひじ 手首 を解放し シャフトを解放するコト
 〇手首をスナップしてクラブを弾くコト
  👉まあ これをクラブを振る って言うんですけどね…


左グリップを軸に 右手を伸ばすことによって
シャフトを押すモノ と勘違いしていると思いますが、
それでは ロフトも急激に増え 方向の安定性を欠きます。
・・・つまり 一般的に言われる ヘッドターン/手の返し/フェースローテーション とは
  『リリース』  ⇔ 誤ったリリースのコトで
  それは 右腕を伸ばすことによって"右手首"を解放するコト です。

👉開いたフェースを閉じて ヘッドを回転させる →閉じる
 と思ってやっている行為、動作の結末は
 ヘッドの縦の回転………しゃくりあげ というか
 地面のボールをこそぎ取るような動きに行き着きます。


IMG_0175(2)_Moment


ゴルフでの『正しいリリース』
1.右ひじ/右腕を伸ばすことによって
2.クラブを持った茱哀螢奪廚魏,靴討△欧襯灰
 です。
✋右手を使って 左グリップ、ゴルフクラブを持った左グリップを押す
✋その目的は からだの回転の進行に対し、重さによって
 遅れそうになる クラブを持った左グリップをクラブごと押してあげるコトで
 からだの回転に追随、同期させ、遅れないようにすることです。


手首を解放する誤ったリリースでは
〇ボールを弾く
〇地面にあるボールをこそぎ取る

ような動きになり、方向の不安定ばかりでなく
距離も安定しません。
また、上手く打てれば打てるほど 球は上がり、スピンが増えますので
距離が短くなってしまいがち です。
✋目的は開いたヘッドを閉じるコト ですが、
 そもそも論として 開いている→遅れている 訳です。
 これから動作もヘッドスピードも加速していく段階で
 それを 取り戻そう って考え自体が単なる夢物語に過ぎない と
 気づいた時には ゴルフ人生は終わっているかも…ですよ。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)









インパクト直前まで 下向きだったフェース、ロフトが
ボールを境に 上向き、 つまりロフトが増えていきますから
イコール バンス角度も同じ分増えていく のです。
ダフリ易いですよね。

そこまで来ていたヘッドの軌跡が
下に膨らみますから その分 からだの姿勢で その膨らみを相殺
つまり からだを開いて 左を上げなくてはなりません。
その結果、ヘッドの最下点は ボールより手前になり易くなります。
トップも出るし、ダフリも出ますよね


そして その延長線上での通常のショットは
▼振っても 飛ばなくなる
▼フェアウェイウッドが打てなくなる
▼傾斜に弱くなる
▼腰や首など痛めやすくなる
 になるのです。


   いいところ 無いじゃないですか ( ;∀;)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングは、主にからだの回転して
ゴルフクラブ、クラブヘッドが大きく移動します。


右向きから、正面を介して 左を向きますから
結果として 傍から見ると 円弧
しかも 傾きがあるので やや傾いた円弧になります。
✊自分自身ではなく、他人、傍から見ると円弧 に見えます。



ゴルフクラブには 
ライ角度、ロフト角度、ヘッドの向き という絡み合った角度 があり
それらが飛ばす方向、飛ばす距離、弾道
 を決めます。

故に 傍からは円弧に見えますが、
ゴルフクラブ自身が円弧を描くように移動しているのではなく
ゴルフクラブを持った自分(打ち手)が動いているだけ
ゴルフクラブ自身は殆ど『単独には』動いていない のです。


ゴルフクラブを大きく、もしくは激しく動かしてしまうと
前述の 絡み合った角度が 毎回毎回バラバラになってしまいます。
飛ばすコト も大事ですが、似た球を繰り返し打てるコトも
同じように大事なのですから
スイング、ショットは クラブが動くのではなく
クラブを持った自分が動くのだ というのは頭では理解できると思います。



話を 円弧〜ヘッドの軌道 に戻しますが
クラブを単独で動かさず 自分が向きを変えると
前傾姿勢分、傾いた円弧が出来る訳
 ですが、
そこに 横のヘッドの回転なり、縦の回転が入ると
その小手先で行った別の円弧分、軌跡がポコッと膨らんだり
円弧が急激に軌道を変えてしまうのは理解できると思います。
ヘッドの回転 が行われた にもかかわらず
そこまで来た円弧通りにヘッドが動いた、動いている
というのは それを何かの動作で吸収、相殺している というコトになります。
だから その手のスイングのインパクト姿勢は汚い、見苦しいのです。


本題とは直接関係ないのですが、
プロも含め、大部分…ほとんどのアマチュアゴルファーは
この 『リリース』 👉手首の解放ではなく 右腕・右ひじの解放 と
本当の意味での 『タメ』の双方をミスっています。
スイングの『タメ』は当ブログではほとんど触れてないですね。
このシリーズ『リリース』編に次いで、記載する予定です。
双方はつながりのある、相互に大切な部分です。
 お楽しみにお待ちください(^_-)-☆




〇リリースをすると いったいクラブはどうなるのか
〇リリースをするとどのようにヘッド・クラブは動くのか

まずは それを知りましょう!
それによって 動かし方 が変わってくるかも、です。



Q:それでは質問です✋
DRIYbXDU8AEUY3o

このヘッド姿勢、打ち終わった後、
   フォローの位置 ですね
これを見て いったい
 ボールはどちらの弾道になると思いますか?

方向は兎も角、
1.ピンに向かって真っすぐのランニング
 のような球になるででしょうか、
それとも

2.ふわりと上がって ロブとは言わないまでも
 高めの弾道になるでしょうか


DRIYbXDU8AEUY3o


打つライ等は考慮に入れず
どちらが飛ぶ、ボールの止まるところまでを距離 とすると
どちらの弾道が飛ぶでしょうか?

もしも 両方、同じ距離(ボールの止まるトコロ) 打つとすると
どちらが速く、強く、大きく、速いヘッドスピードが必要になるでしょう?


リリースをし終わった後の クラブフェース・ヘッドは
 どうなっているのが 理想 なのでしょうか???


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


他のスポーツではわかりませんが
ゴルフスイングにとっての『リリース』の意味は
決して手首ではなく、利き腕の肘
右打ちの人の右ひじの伸ばし〜右腕の伸ばし のコトを指します。

〇手首の解放 ではなく、肘・利き腕の解放 です!


ハミングバードでは その『リリース』のことを
「刷毛塗り」と言う言葉で表現してきましたが

二つはほぼ同じモノで
アマチュアゴルファーが からだを痛めず、
楽しいゴルフをするのには ココを理解し、抑えれば
もしかすると 十分かもしれない程 大切な部分です。

IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)











リリース(刷毛塗)を間違って覚えてしまうと
〇遠くに飛ばすコト においても
〇ショットを安定させるコト
 においても
非常に不利/不安定になります。


ショットにおいて
▼ヘッドが横に回転する〜フェースの向きが激しく変わる
▼ヘッドが縦に回転する〜ロフトが激しく変化する

この二つは 方向性が安定しない のはわかると思いますが
この激しい挙動の変化は ボールの不必要な回転を増やし
距離を無駄に損してしまいます。


そして これらは 手先 の挙動・動作に思われがちですが
ヘッドを横に回転させるのも、縦に回転させるのも
どちらも 肩まわり、そして体の姿勢が造るもの ですから
そのヘッドの挙動通り、 いえ 、体の姿勢の変化通り
ヘッドが動くのです。
(その手先の動きを造るための体の姿勢を取る というコトです)

最近、巷で行われているスイングを見ると
ヘッドターンを縦方向・あおり方向にする風潮が強いです。
それは からだの姿勢にはっきり表れ、
アドレス時の前傾姿勢や腰のラインに比べると
はっきりと傾きの違う 肩ラインに出ています。
   ……腰とか首とか痛くならないんですかねー
✋若い、頑丈な、もしくは痛みに強い人でしたら
 どうぞご自由にですが、日本の平均的なゴルファー
 60歳以上の人にとっては 無理難題 になりますから
 マネはしない方が良いと思います。


何回かのシリーズに分けて 書いていきますが、
リリース(刷毛塗)を覚えていくことが
アプローチ、パッティングからドライバーまで
とても楽になっていくと思います。
IMG_0148_Moment

また このリリース(刷毛塗)を理解すると
スイング全体、この「リリース」を行うためのモノ
行うための動作、準備というのが 造り易くなりますから
スイング造りの基礎に成り得ると思います。

このリリース(刷毛塗)には
〇飛ばすコトと安定させるコト
〇飛ばすコトと真っ直ぐ行かせるコト
〇ドライバーショットとアプローチショットが共有のモノ
〇飛ばすショットと飛ばさないショットが共有のモノ

という概念が内包されていますから
ココの部分を抑えるだけで ゴルフはぐっと楽になると思いますよ


✋次のセミナーのメインテーマになるかも…ですね


その リリースは アプローチそのものではなく
8番アイアンあたりを使った アプローチの距離 で
十分覚えることが可能です。

これを覚えることによって すぐに
アプローチの方向性、正しい意味でのライン出し、
劇的なミスの軽減 が出来るようになると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ある程度、ゴルフを始め
ドライバーを主にショットがだいたい出来るようになると
スコア向上、進化の鍵はアプローチにあったりします。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

そのアプローチの進化は……ですが、
実は 10ヤードとか30ヤードの小さなショットに限らず
ショットそのものを飛躍的に向上させることなります。
そして、その考えは飛ばすドライバーだけでなく
パッティングにも影響して来ますから
とても重要です。

遠くへ飛ばすショットでも
1mを転がすショットでも
距離を出す基本は
『ボールの速度を作り出すこと』です。
20090801 2009_09_02_17_46_27-180フレームショット

パターでは「転がり」という回転を想起させる言葉を
使いますが、転がることが重要なのではなく
その打ちたい距離を得るための
 ボールの速度をつくることが肝心です。

ボールの速度を作り出す のは
ボールを弾く のではなく ボールを押すこと です。
パターと違い通常のショットの場合、
ゴルフクラブには『ロフトという角度』があります。
クラブを丸く振ってしまうと
ヘッドの通る軌道が小さなものになり
そのロフト角度以上に ボールには回転を与えることになります。
ボールの速度とロフトの関係は
単純にロフト効果が少ないほど速くなり
 例えば 10度のロフト効果であれば
 ボールの速度は ヘッドスピードの1.5倍です。
 ところが ロフト効果が55度以上になれば
 ヘッドスピードよりもボールスピードの方が遅くなり
 そのエネルギーは回転に化けてしまいます。

ウエッヂなどの 元々ロフトの大きなクラブは
インパクト時のロフト姿勢や円弧などによって
大きくボールスピードがぶれやすいものです。
20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット












ですので 弾くような打ち方は
ボールスピードも、回転数も変化が激しく
距離を掴みにくいですから
ボールはちゃんと押してあげなくてはイケマセン。

上げるとか、回転をかけるは 製品のロフトに
任せなくてはイケマセン。

よくスイング論で 円弧を大きくしなさい と言いますが
その意味は ヘッドを自分から遠いところを通す
という意味ではありません。
円弧の半径を小さなものにしない、
元々の長さ ☞背骨からヘッドまでの距離が半径
で使いなさい という意味です。
IMG_0607

スイング時のロフト というのは
クラブの移動する弧に対してのものです。
ですので ヘッドが下降時は その下降に対する角度を
製品ロフトのする…下降角度分立っている ということです。
下降時だけでなく
打ち終わってからの上昇時も
その上昇角度にロフトを保つ ことはとても重要で
しゃくる ショットというのは
その上昇角度よりもロフトが上を向いてしまうことです。
打ち終わってからも 地面に向けておく…というのはムリですが
その位のつもりの方が ボールが押せると思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



静止状態でのボールの重さは45g強です。
u=3040139078,2324990219&gp=0


これを180mとか、200m移動…飛ばすとなると
その重さは 800キロにも 1トンにもなります。



3c8fa318-s通常、ヘッドスピードは
ボールの約15センチ手前から
ボールとの接触部分までの
時間を測ります。
この区間をどの位の秒数で
(勿論コンマ幾つとかです)
通過する訳で、当然速ければ
短い時間になる訳です。

ヘッドスピードの鍵は
ボールという「重さ」にぶつかった時に
その重さを受けても 減速をせずに打ち抜けるか どうか
にかかっています。
ただ そこにはヘッドスピードの罠もあります。


さあ そこで問題です。

002001







同じヘッドスピードでボールの手前まで
入ってきた時に、どちらがボールの重さを受けやすいと
思いますか?

こすり打ちに相当する左の写真は
ボールの重さを受けにくいので
ヘッドスピードが落ちにくい。
しかし ヘッドスピードが落ち難いというのは
ちゃんと重さに勝てる ということではなく
ボールの重さをちゃんとヘッドで受けずに
こすってしまうからであって
重さに勝った というのとは少し異なります。
結果も こすり打ちをしているので
打撃の破壊力もボールの速度にならずに
回転と球の高さに逃げてしまいます。


一方、こすり打ちしない方法(つぶす)は
ボールの重さをまともに受けます。
故に インパクト時の減速を起こしやすいのですが
こすり打ちに比べると ヘッドの重さや
自分自身の打撃方向に対する運動ベクトルも味方に
しやすいので 意外に減速しません。
こすってしまう方法の多くは
ヘッド以外の重量物を止めていることが多く
重量に負けやすいので、こすっている割には
インパクト時の減速も大きいのです。

確かに全く同じ条件であれば
ヘッドスピードが速い、高い方が飛ぶ可能性は高いです。
しかし、もし遠くに飛ばしたければ
より重いものを移動させなければならない
重さとの闘いのなることも計算しておかねばなりません。
ヘッドだけ動かす、ヘッドだけを速く動かす方法は
その重さに勝ちにくい打撃方法ですし、
ゴルフスイングでヘッドだけを速く動かすのには
逆に体を止めなければなりません。
故に 体も痛めやすくなります。



20090801 2009_08_28_14_38_06-576フレームショット


ゴルフ用語には
 『慣性モーメント』というのがあり、
それは 重さと運動速度で構成されますが、
主に「重さ」の事を指すと考えてよいと思います。
スイングにおいての
最大慣性モーメントは 自分の体 です。

インパクト時のボールの重さを受けた時、
そのボールの重さに負けない一番の方法は
慣性モーメントの大きな自分の体を持続させて
運動させ続けることです。

よって 体を止め、グリップの移動を止め
ヘッドだけを動かす方法は
スイングと言う動作の中では
ボールに相対する 慣性モーメントが
一番小さな方法ですので、
万が一 がっちりボールに当たったとしても
(まあ その方法ではありえないのですが…)
ボールの質量に勝てず、大きく失速してしまいます。

そして 同時 その慣性モーメントには
当然方向というものが付いてきます。
その運動の方向とボールの飛び出る方向が
似ているほど その慣性モーメントより打撃に利用でき、
体を止め、グリップの移動を辞め
ヘッドの円で振る方法(弾く方法)は
ボールをある一定方向に移動させるエネルギーよりも
当然 ボールを回転させるエネルギーになり易くなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スナップショット 4 (2013-05-13 20-42)スナップショット 3 (2013-05-13 20-59)







 ゴルフスイング、スイング用語で
 『下半身のリード』というのがありますが、
 間違ってはいないのですが、非常に誤解を生み易い
 誤って動きを誘発しやすい言葉です。

 ダウンスイングで
 下半身先行で 左にずれてしまう、シフトしてしまうと
 重さの重い上半身、腕やクラブのせいでより重いですから
 上半身は取り残され からだが屈曲、
 右サイドが下がるように折れやすくなってしまいます。

 どの方向に、どんな具合に、という意味でのリード
 は合っていると思いますが、動作の順序としての
 「
リード」ではありません✋



 ✋左腕が、左上腕が下がることと
 からだが左にずれるをほぼ同時に行う、は
 重さに従った自然な動き にし易いです。
 クラブの重さ、腕の重さ分、遅れやすい 腕を先に下げ始める
 というコトを 左へのズレ、シフト、左への逃げ
 として 一つのユニットで覚えると良いと思います。



スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)








 ✊左手一本での素振り で感じてみるのも良いでしょう。

〇クラブを持っている左手 には腕やクラブの重さが掛かっています。
〇それに従って 莨縅咾魏爾欧襪
 その重さはからだの右から左に掛かっていきます。
〇すると 意識せずとも その重さ通り、シフト通り
 右向きの体は正面向きへと移っていくのです。

ダウンスイングからインパクトまで
からだを回そうとせず、右を向きっぱなしのイメージで
クラブの重さ、腕の重さ通り 左上腕を下げ、グリップを下げると
自然に体はシフトして 正面を向いていきます。
👉これがインパクトまでのからだの回転です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

骨盤の向きを変える  ⇒体の回転(向きの変更)
意外にも、これを制限してしまうのが
顔の向きや視線であることが
少なくない。
最終形態として ボールを見るコトは
好き好きだけれど とりあえず
スムースに体が、骨盤が脚で動かせるまで
顔の向きを 胸の向きや秀二、骨盤の向きと
共に 動かしてしまう事をお薦めする。

出来れば、怖いかも知れないが
一旦 ボールから目を離し
視界から ボールを無くしてしまう方が
良いかも知れない。


メリットを幾つか 紹介しよう。

先ず 目をボールから離すことのメリットは
逆にデメリットから知ろう

スナップショット 3 (2011-02-11 21-46)視線をボールに釘付けにしてしまうと
本能的にか ボールと目との距離を保とうと
してしまうものだ。
本来は 骨盤から上の体が右を向く
その軸になるのは 背骨なのだから
体の厚み分 ボールと目との距離は離れて
然るべし。 

スナップショット 6 (2011-02-11 21-47)正直 目線が変わるだけで この位
体が大きく動くようになる。

また それによって 回り方ソノモノも
変る可能性が高い。
ボールと目との距離を保とうとすると
体の向きを変える動き(上半身全体))よりも
左サイドだけを動かす事に成り易い。

それも防げる可能性がある。

次に これは精神的な面でもあるのだが
ボールを注視、凝視してしまうと
緊張感が高まり易い。
古くから日本では、半眼と言う言葉が
あるけれど、
視界のなかには入れておくが
注視はしない、
 その方が現場でも緊張感も
軽減できるし、焦った動きに成り難いと思う。

ボールから目を離し、顔を右に向ける
実質上のメリットは 一番始めのモノが
非常に大きいのだけれど 悶絶過程では
習の目安ともなるので 以下のコトも注意して欲しい。

アドレス〜初期のテークアウェイ(バック)で
顔や視線も一緒に動かすと
自分の視界の中に クラブやシャフトを留めて置く
ことが出来る。 ボールではなく クラブを
目線で追う事が出来るはずだ。
(イヤ 実際にはそうして欲しい)

そうした時に シャフトがどのように動いているか
良く観察して欲しい。

先ずは 自分のクラブやシャフトが
いずれ 自分の視界の右に消えるのだが
それが どの高さであるのか 確認して欲しい

非常に低い位置で右に消えてしまう ということは
左腕だけでクラブを動かしてる可能性が高い

また 自分の視界の動きは 骨盤より上の胴体と
同時進行しているのだから クラブの動きも
正しくは同調していなければ ならないが
その双方の動きのリズムやタイミングも
目で確認することが出来るだろう

それと最大に参考になるのが
視界に対し シャフトがどのように横切って
いくのかわかるコト。

ココが非常に大事。

どの道、シャフトやクラブは 視界のなかで
左側〜右側 そして 視界の外へ行ってしまうが
シャフトが 横にスライドする形のまま
その移動をしているのか
ワイパーのように 支点運動しているのか
それを確認することが出来る。

願わくば、自分の左頬をシャフトが横滑りするような
カミソリで 頬を剃っていくような
そんな感じだと良いのだけれど…

シャフトが縦に 自分に近づいてくる
そんな光景が目に見えたら 既に ヘッドを振って
仕舞っているので 行きはヨイヨイ 帰りは恐い
になってしまう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   
こすり球/抜き球になる原因 の多くは
技術的な部分ではなく、思い込みによるものです。



スイングは円で振る
それ自体は間違っていませんが
『結果』として 体が回るから円になるのであって、
手先や腕でクラブヘッドに円を描かせるのではありません。
言葉としては
 スイングは円に「なる」が正しいのかもしれません。

手先で円を描いてしまう原因になるのは
体が回っているのに 腕やクラブを取り残してしまい
体が回ることによって「結果」描かれる円の時期を
逸してしまっているから
あとから「帳尻」を合わせるため 手先で振っているのです。


電車に乗って目的地に進んでいるのに
最後の駅の手前で途中下車してしまい、
そこを間に合わせるため 自走してる、走っているに過ぎません。



体が回り始めたら・・・をする前に
体を回しても、腕を残してしまう習慣があるのですから
体を回すより先に
左ひじや左上腕を先に動かしてみましょう。


その左ひじの後追いをするようなタイミングで
足さばきで胴体を回す・・・ と考えるよりも
左ひじが行くので 仕方なく体が追っかける
体を回そう という意識を少々希薄にし
左の肘さばきとクラブの重さによって
自然に体が向きを変えていく
 という感じになって行くと良いですね。

一般的な クラブを振るスイングでは
「ボールに届かないから クラブヘッドを振って
 腕とクラブを長くする」という感覚だと思いますが、
クラブは構造上、ヘッドの方がグリップよりも低くなると
定位置/地面にあるボールを打つ為に
グリップを上方に引っ張り上げなくてはなりません。
002001









意識はしなくとも、この時点では 水平方向/横方向への
回転と言う大きな動きの中にあるのですが、
グリップを引っ張り上げなくては ダフル という状況が
訪れれば グリップの位置移動は止まり
そこで回転も止まり始めます。
体も上向きになり始めますから
「届かないスパイラル」に陥ってしまいます。



届かない と感じたら
ヘッドではなくグリップをどんどん動かすのです。
届かない と感じたら
ヘッドではなくグリップをどんどん下げるのです。




ダフリの原因もトップの原因も
こすり球や抜き球の原因も
技術的には グリップの横移動が足らないのです。
ヘッドばかりに意識が行くことも問題です。


体の向きと前傾姿勢の関係から
ダウンスイング〜インパクトの期間は
左サイドの方が低くなっています。
ですので、この期間では シャット
(フェースが地面を向いた状態)になっていますし、
そのシャット加減は逆に左サイドの低さを維持させます。
ですので、少々オーバーに フェースが地面を向いている位
オーバーにしてみると良いと思います。
413
445










ここからが問題ですが、
多くの人は スイングを円で振る・・・
と思っていますから
ここから クラブを振りに行きますが
分かりにくいかもしれませんが、
この行為そのものが打撃で、
この行為のあとに打撃があるのではありません。




この利き手、右手首のスナップをロックするドリルで
体の回転と腕の同調
利き腕の伸ばし、左ひじのリードを覚えてみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ