◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2019年05月



Rさんもご多分に漏れず、ヘッドを振り
フェースを自分に向け続けるように
地面のボールをこそぎ取るような打ち方 でした 。
本人もそれに強く疑問?矛盾?を感じていました。

ブログ等での予習の効果か
ボールをつかまえる 👉地面にボールを押さえつける
捉え方は 思った以上にすんなりと出来ました。
これさえ 出来れば だいたい大丈夫です。

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment










フェースの使い方(のイメージ)を今までと 正反対にします。
このアプローチもどき、アプローチの距離を打つ、
単にボールをつかまえるトコロだけ、
これって 意外と出来ないモノ なのです。

ヘッドをボールと地面(マット)の間に入れるモノ
と条件反射のように覚えてしまっている人には
ヘッドを ボールと地面の間に入れないショット は
ボールに当たらない、打てない意識が働くんでしょうか?

それとも このような小さなショット では
腕さばき(肘さばき)が出来ず、どうしても
肩の揺さぶり、肩のゆりかごの動きでしか
ボールが捉えられないからでしょうか?


過去のブログでも書いていますが、
フルショットに関しても このさばきに
必要十分な「からだの向き」と「グリップの高さ」
を加えるだけです。
大筋 このとらえ方が 『ショットそのもの』 とも言えます。




次のドリル ですが、
フェースの使い方のイメージを大きく変えてもらいます。

〇フェースをずっと 下に向けておく
もしくは
〇フェースを円弧の外にずっと向けておく
というドリルです。
  まあ ドリルというか ショットのソノモノ ですがね…

1.右を向きます。
 フルターンです。
腕や肩のひねり、上半身の捻じりではなく
股関節から上の胴体、骨盤をしっかり右に向けましょう。

2.グリップは ある程度、お好み分、高くしてください。
ヘッドは上げなくても良い、グリップが高くなる分と
右を向く分だけで 十分、十二分 です。

3.フェースは意識的に下向きを強め、
右を向いている分(左サイドが低く、右サイドが高い)
以上に 多めに下を向けて下さい。

4.後は体を回すだけ


✋注意点としては
 フォローなり、フィニッシュの位置でも
 トップの位置と全く同じ形・姿勢のクラブ
 〇フェースが下向き
 〇グリップが飛球線側前方、ヘッドは後方

 クラブをターンさせるのではなく、
 まったく そのままの形で終わりを迎えるような
 そんなイメージです。

445413






✋自分とボールの間を
 クラブを垂直にして通すのではなく
 地面にも平行(ややグリップの方が下め)、
 飛球線にも平行(やや右向きかな)
 の形のまま 通すようなイメージです。

フェースはずっと 下向き、円の外向き です。
実際にはそうならない〜あくまでもイメージですが、
クラブの姿勢を立体的に
変えないのですから そのまま ですよね。

✊打てそうもない、当たりそうもない。。。 ですかね


本当の意味で『インサイドから打つ』
というトレーニングに最適かと思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

耳タコ話しで申し訳ないのですが、
ゴルフスイングを覚える段階、覚える過程で、
多くのゴルファー…殆どと言えるゴルファーが「間違えている」のが
〇グリップよりもヘッドの方が多く動く
〇ヘッドは動かすモノ、振るモノ

というコトです。

スイングは ある程度の飛距離を出すため
回転運動、体の向きを変える回転運動をするので
結果、周に位置するヘッドの方がたくさん動くのですが
それは からだの回転とクラブの関係
 です。
へそから下の体とクラブの関係 です。

👉へそから上の 肩も含めた腕や手とクラブの関係では
 ヘッドはグリップを動かした分しか 移動しません。
 ヘッドには重さがあるので、運動にスピードが乗ってくると
 重くなりますから ヘッドの方が少なくしか移動しない

 と考えている方が良い です。

ヘッドの方がたくさん動く
 腕さばきでヘッドをたくさん〜速く動かす ⇒ヘッドを振る

 このボタンの掛け違え は
 服で言うと 一番始めのボタン〜一発目のボタン に相当します。


✋腕さばき、クラブの重さの助力 を使って
 からだの回転にグリップがズレないよう、遅れないように
 するのですが、ヘッドは放っておけばいいのです。
 ヘッドは放っておけば その重さ分、
 からだの回転に対し遅れます。
 それを ロフトの立ち に替えれば良いだけ なのです。
 そして その遅れはそのまま、
 腕の助力なども携え、からだの回転でグリップを動かし続ければ良いのです。
 決して 技術的に高度でも、体力的に難易度の高いコトでもありません。




初心者のレッスンで
ボールに当てさせるのに
からだを回さず、肩周りだけで
腕で作る三角形を維持させたまま
クラブを振り子のように 振らせるドリル、レッスンがありますが、
本当に コレ 重犯罪に匹敵する悪行 です。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(3)







からだの回転 ⇒ ヘッドが円を描き、ヘッドがたくさん動く
 を無視し、
からだの回転 を 肩の揺さぶり とご認識させ
肩は腕の一部であるのに、腕の使い方 ではなく
それをからだの回転と教えるのです。
教えている人に 腕立て10万回の罰 与えたいです。


その延長線上にあるのが このスイングです。



腕で振るスイングは兎も角
フェースを常時 円の真ん中に向け
地面にあるボールをこそぎ取るような フェースの使い方…
・・・・・・・・スピードが出せて、力で封じ込められる若い男性は良いですが、
腕力のない人や女性にとっては ゴルフを続けられるかどうか の踏み絵
のような ショット方法で。。。 これでは飛距離が出せません。

私の育った世代では
禁じ手に近いような、一番ダメなスイング なのですが
今は 右も左もコレばっかり。。。 なんだかな と思います。
これでは 運動性能の高い人、力のある人、痛みに鈍感な人、以外
ゴルフを楽しく続けられませんから ゴルフ人口が急減するのも分かります。


✖フェースを常時 円の真ん中に向け
 地面にあるボールをこそぎ取るような フェースの使い方…
〇フェースは常時 円の外に向け
 ヘッドは放っておき、からだの回転でグリップを動かし続けます


全くの反対です。

ゴルフはごく稀に特殊なショットも必要になる時がありますが
✖フェースを常時 円の真ん中に向け
 地面にあるボールをこそぎ取るような フェースの使い方…
この使い方は 飛ばさない、飛距離を出さない
ボールを高く上げる、スピン量を多くする時に使う方法です。
いわゆる ロブショット です。


そのロブショットで ドライバーを、アイアンを、フェアウェイウッドを
打たされる生徒さん・・・ なんだか可哀そうです。


✊今は言わないのかも知れませんが
 ボールは クラブが、ロフトが上げてくれる と
 昔はよく耳にしました。 自分で上げてはいけないと・・・。



飛びと方向性、安定性、そして スコアの少なさで競う遊び です。
上がり難いクラブを上げるように打つ のと
上がり易いクラブを上げないように打つ のでは
どちらが両立でき、そのゲームの趣旨に合っているでしょうか?

十代の学生さんと75歳の男性、55歳の女性が
同じロフトのドライバー を使ってる昨今です。
シャフトのフレックスの意味も消失していますが、
ロフトの意味も消失しつつあります。

👉ゴルフクラブの販売数の激減のお陰で
女性用、シニア用のドライバーのロフトが
単なる色違いの同じロフトのクラブになっています。
現在、最大のロフトで12度・・・ びっくりです。
昔は女性のドライバーは 13.14.15...17度というのもありました。
また 平気で男性用の10度のドライバーを使える?
上げてしまう女性も少なくないですし、
それを薦める男性やレッスンプロも多数います。




ヘッドはグリップを動かした分だけで 十分十二分 です。

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment









この時点では体の向きの意識はないですが、
インパクト(アドレス)から 右を向ければ
クラブ全体に高さが付きます。
グリップを少しだけ上げれば十分。
フルショットは これにもすこしグリップの高さを上げればいいのです。
ヘッドの高さの意識は要らないのです。

✋ヘッドに かまい過ぎ なのです。


ヘッドを グリップよりも動かした時、
それが 上下〜縦であれば 必ずロフトが増えます。
それが 左右〜横であれば 必ずフェースは開きます。
そして それは テークバックで決まってしまいます。

445413









テークバックの時点で
グリップよりもヘッドを多く動かした時点で
 ロフトは増え、そのクラブの本来の距離よりも減り
 そのクラブの本来の高さより高くなり、回転は増えます。
 そして その分ボール速度は落ちます。
✊それでも その本来のクラブ(ロフト)の距離を打とうとすれば
 より強い、より速いスピードが必要になります。
       ミス増えませんか??

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

ヘッドを意識的に動かそうとせず、
グリップを動かして、ボールをフェースでマットに押さえつける

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment










ココでの注意点は一点だけ です。
グリップを動かして、フェースでボールを下に押さえる
それを 「し易い」 左グリップ〜握り が必要です。
左手の甲が空を向いているような握りでは
これを実現するのは難しくなります


スイングで 左グリップを止めたり、
インパクトで 左グリップを握りしめたりする 必要はないばかりか
逆に やるべきではありませんので
左グリップで クラブを握りしめる必要もないのです。




これが・・・・ 20分後に これ↓ です





既にこれでショットの原型は出来ています。
インパクト付近で左サイドを止めず、体の向きを変え続ければより良い です。

さて ショットにするには どうするか ・・・というと

このアプローチもどきに
グリップの高さ、ヘッドの高さではなく グリップの高さを上げれば
ショットの基礎は完成します。

 ✋(行き)骨盤を右に向ける
   左上腕を「側帯に沿って」高くする

 ✋(帰り)左サイド全体を左に
   左上腕を下げる

 ✋✋トップの位置で 左手・左ひじ・左腕に
  フェースでボールを上から見てインパクトに。
  の方向の重さが掛かるように意識する。



この行き帰りの動きをユニットとして覚えると良いかも知れません。





20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment









Rさんの場合、インパクトで体を止め
左グリップの止める 動きが非常に強いため、
数を打っていると その動きが今のスイングと融合していってしまいます。

おそらく・・・ ですが、
ご本人の感想、では
やっている作業が少ない、
頑張っている感覚がない、
ので どこかで 何かしたいと・・・ なにか頑張らないと・・・

そんな気持ちになってしまうのかも・・・知れません。

テークバックで 左腕を上げずに右に送り
ダウンでも左腕を動かす習慣が少ない ですから
行きも帰りも 茲両縅咾両紊臆爾仮紊押,魄媼韻垢襪販匹い任后


  〇アプローチもどきのこれが出来る時点で大丈夫、なんですけれど
  👉というコトで 奥の手 です      ・・・つづく

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   
▼手で円軌道を造る
▼腕で円軌道を造る
▼フェースローテーションをする
▼自分では体だと信じている肩を回す

「こすり打ち」のスイングをするには
テークバックで 手で上げなくてはなりません。
からだ…ではなく からだだと信じている肩だけを回す
video_Moment(4)

この「上げ方」は自分で自分にコブラツイストをかけてますから
回らなくて当然、回ったら病院行き です。
無理に回して からだを痛める
無理に回すと からだと腕の位置関係がより振り遅れ 
回せば回すほど クラブは開きます・・・

 どこにも 何にも良いところはないのに
日本中、世界中の練習場で トライ…挑戦してます。
ご苦労様です。






さて Rさん…ですが、
つかまえる、上から打つ というのは
〇上からボールをおさえる、
〇マットとフェースでボールを挟む
〇フェースがボールを上から見てボールに当てる


これを スイング動作を無視して、腕でも体でも
何でもいいから 短い距離でやってみて下さい!
から始めます。




✋条件はただ一つ✋
 ヘッドの意識ではなく、グリップの移動 の意識で
 結果 ヘッドを動かしましょう。
 ヘッドはシャフトでグリップとつながっていますから
 グリップを動かすと 後追いのような形で
 必ず ヘッドは付いてきます。

 グリップをどう動かすと、ヘッドがどう動いて
 望むとおりに行うには グリップをどこに動かし
 どこを通過させるのか 考えて下さい、 と。



確かに ゴルフのショットは ヘッド(フェース)でボールを当てますが
当たり前ですが、ヘッドは勝手に動いたりはしません。
打ち手がグリップを動かす、ヘッドはシャフトでグリップとつながっているので
結果、ヘッドが動くから ボールと当たるのです。
ヘッドスピード・・・と言う言葉も 人間の動作速度、グリップの移動速度 が
それを作り出しているの過ぎません。

円で振ろうとすると 兎角、クラブの長さの半径 みたいな感じで
グリップを支点に、グリップを止めて、その反動というか、
そこまで動かしていたクラブの慣性でボールを打ちガチですが、
それでは ショットを管理出来ません。
放り投げたヘッドでボールを当てるのと似ています。
ミスが起こった時、ナイスショットを繰り返したい時の
目安がありません。

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment








予習が効いているのか
ほぼ パーフェクト です。
 ✊ごくごく普通にアプローチしてるように見えますよね?!


スイングの恰好とか、そういうモノを無視して
「グリップを動かし フェースをボールを上からマットに押し付ける」
を実現して頂きましたが、
実際には ごくごく 普通にスイングしてます。

これをショットに馴染ませていく為、
セミナー以降の練習で行って頂きたい点は
いままで 手でクラブを円に振っていたため
インパクト直前から からだの回転を止め
グリップを止める準備をしていたので
回転を継続することが苦手としています。
それが からだではなく「肩」の回転、
回転と思っていますが 俗に言うギッタンバッコン
肩の要らない上下動を生んでしまっていたので
画像で言うと 直前からインパクトで
からだ ⇒腰、骨盤 が止まってしまって
肩の揺さぶりでグリップを動かしていますが
それを からだを止めず、肩の仕事をからだに移行してほしいです。


20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment









スイング、ショットはこれにグリップの高さを加える だけ です。

何と言って良いのか微妙…ですけれど
スイングの円軌道 に対し
フェース面はずっと ずっと 外を向いているような感じ です。
一度も円の中をフェースは見ない です。

おそらく 今までと真反対 だと思います。

このフェース、ヘッドの使い方が
クラブの その製品ロフト、正規のロフトを
正規のロフトとして使う方法です。
けっして 無理やりロフトを立てたのではありません。
これが 普通の正規ロフトのインパクト なのです。
20190525gc5_Moment

ですから フェースが自分の方、円の中、円の中心 を向けて
使うような クラブの使い方は
     全部 ロフトが寝ます。  しかも強烈に!!
これを ロブショット と言います。
・・・ショットとして存在しない訳ではないです。
 ただし わざと飛ばさない、わざと高くする、わざとスピン量を増やす
 そういう特殊なショット です。
 しかも ショットの中では最恐、最凶に危険度が高い
 そのショットを 通常のショットにしようとしていることに驚きます。

 まるで 糸を放り投げて、針穴を通すようなモノ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



   
店主「セミナーの来られる方はとても勉強されており
 一回のセミナーで大体の悩みは解決・・・・・・
 というか、本当はそんな悩みなんか無くて
 私が一人ぼっちででは寂しいからと… 無理やり悩みを作り出して
 かまいに来てくれているのか とも 思えるほどです。
 セミナーは非常に効果あると思いますが、
 一回で答えが出ちゃうのは"商売上"良くないのかな なんて
 下衆なコトも考えちゃったりします…。」

 

 今回の「お題」は つかまえる です。


被験者になって頂きました Rさん
 ご協力ありがとうございました。

いま 現在、Rさんの悩み(のフリ)は
〇飛距離が欲しい
〇スライス気味?
〇捕まった球はひっかかり
〇アプローチの安定
〇スコアの壁

そんなところです。

一般的には 上の5個の悩みは別々なモノ、5種類の悩み、
として考えられがちですが、すべては共通する 有るコトから始まっています。

ある部分が解決すると 
魔法のようにその場で全部いっぺんに
解決する訳ではないですが、同時進行で多数の悩みは解決というか、
人間は欲があるので、更に高度な悩み(喜び)に変わります。


 その「悩み」の始まり、根源は「つかまらない」コトです✋


それが問題だと Rさんご本人 もわかっている状態です。

では 処方前、セミナー開催の第一球目のスイングをどうぞ



本当にお約束通り のパターンです。
そして 多くのアマチュアゴルファーが この症状、この状態、
この
「呪いの黒魔術」から抜け出せない ばかりか
それが
「呪い」だと気づいていません。

このブログに置いても 飽きてしまうほど書いていますが、
自分がそれに該当していないと思えば
さして 気に掛からない部分 なのかもしれません。


スイングにおいて クラブ、ヘッドは傍からは
円を描いて、円軌道を描いて見えます。
👉それは からだが回る から であって
×クラブ単体が動く ×クラブが回転して円を描く のではなく
クラブを持った打ち手が向きを変えるから 円を描く 
のです。
つまり クラブは単体では動いておらず、
クラブ、ヘッドが動くのではなく、クラブを持った自分が動いている のです。



典型的な「こすり打ち」です。
 つかまえ! に問題がある、と気づくのは すごい と言えます。
 殆どの人は これが普通 と思っていて
 飛ばさない打ち方を 速いヘッドスピードで解決 と信じています。
 滑稽を通り越して悲劇です・・・( ゚Д゚)
 ・・・・・・ユーチューブを見ても、ツイッターを見ても、フェイスブックを見ても
 右を見ても、左を見ても この「こすり打ち」のバーゲンセール状態です…


✋この打ち方「こすり打ち」では
 クラブを手、腕で円を描かせるため
 肩を使わなくてはなりません。
 ですので、必然的に からだ の回転の
 からだ は 肩 だと認識
するようになります。

✊肩・肩甲骨 は胴体に対し 横回転することは出来ません。
downswing
 肩でまわる と思っている人は 背骨を捩じっているに過ぎず
 自虐的にコブラツイストをかけているコトになります。
 肩は遊びとして上下に動きますから
 前傾姿勢とは関係ない 妙な縦回転になります。
 最下点は毎度毎度 ボールよりも手前(右)になりますから
 飛ばない、上がるばかり、スライスしやすい ばかりか
 わざとダフリ・トップを打つ方法 でもあります。



〇からだの回転で円を描く のと
✖肩、腕さばきで円を描く のでは
クラブの機能は全く異なってきます。
真反対と言っても良いほどです。

✖肩、腕さばきで円を描いてしまうと
まず ロフト というか
フェース面とボールとの関係では
▼フェース面で ボールの底を打つような
▼フェース面が常時自分を向いている状
態 になります。
勿論 これでボールを打つコトも可能ですが、
意図的な「ロブショット」を打つようなモノですから
当然、ボールのスピードが落ち、その分、
 ボールのスピンは増え、弾道は高くなり易いです。


👉飛ばない というより 飛ばさないショット と言えます。


ロフト、ヘッド軌道の変化が激しいですから
 方向性も安定しないばかりか、
ダフリ トップのミスは常時起こり得ます。
👉ダフリ トップの合間に「ほどほど当たる」ショットが存在する状態です。

スピードで解決できるフルショットであれば
なんとか ボールは疑似つぶれが発生するので マシ ですが、
ハーフショットのような アプローチは大変ですね〜。
腰痛になってしまうほどの練習量が必要です。


ゴルフクラブは 1ⅿの棒の先に全体の重さの6割以上の重さ が偏重して
造られています。
そのゴルフクラブを ぶんぶん振る訳ですから
 必要以上、数倍の遠心力が発生します  ⇒左グリップの握力が重要!
だいたいのパターン、左グリップ支点に
右手を使うので クラブが飛んでいかないように
フックグリップで ガブッっと握らないとイケマセン
から
  ⇒手首を甲側に折って 持っているでしょう。
その 茱哀螢奪廖∈玄蠎鵑侶舛一つの証 とも言えます。
o0480048012502815891


ごくごく普通…だと思っていた スイングの常識 が
▼飛ばない
▼ミスが多い
▼スライス
を生み出しているのです。

それの始まりは すべて 「つかまえるコト」を知らない
「つかまえ方を知らないコト」から始まるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ブレイクラインをグリップで割る
この約束事(?)とシャットフェース
フェースを地面に向ける(ちとオーバーですが…)
これを守ることによって
実はスイングの色々なことを知ることが出来ます。

まずは それをやってみることによって
スイングは➡ クラブ、クラブヘッドの重さによって
グリップを動かすもの ということを
体感出来るようになります。
つまり ゴルフクラブ、シャフトの役割は
クラブヘッドの重さによってグリップを動かす
一般に言われる グリップを支点にヘッドを動かす
というものの逆を体感出来るようになります。
これによって ヘッドの形状
シャフトの延長線上にヘッドの重心位置がない
ずれたところにある ヘッドの重さの作用が
スイングの動作にとって大変重要なもの というのを
理解できるようになります。
スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)
スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)






スイングとは
打ち手がグリップを移動させるから
 結果としてヘッドが動き、ボールを打つ
というこのことを
あまりに多くの人が理解していません。

シャフトによって クラブヘッドが勝手に動いたり
グリップの移動そのものや
グリップの移動速度、移動量、を
ヘッドの移動、移動速度や移動量が
上回ることは物理的には不可能なのです。
それと忘れられがちなのは
同時に グリップの移動する方向にしか
ヘッドは移動しないのです。

勘違いしているのは
グリップを始点にクラブが動く
というのは ゴルフクラブの働きや機能ではなく
単なる打ち手の動作に過ぎません。
つまり、ゴルフクラブでなくてもよい 動作 に
相当するのです。
これでは「ゴルフ」スイングにはなりません。


15cf26df-s


ブレイクラインをグリップが割り
フェースが地面を向いている というのを実行すると
クラブやクラブヘッド、腕の重さも含まれるでしょうが
その重さによって 左サイドが低い時間が長く保てます。
そのことが 無意識であっても
左へのシフトを促すことになりますし、
同時に 左股関節への前傾姿勢の移譲 を促します。

一般的に言われる テクニックとしての
『体重移動』『前傾姿勢の維持』
正直 無理だと思います。
ダウンスイングという刹那の時間で
ボールを当てる、目標に飛ばす、遠くに飛ばす
というような より優先順位の高いものが
あるうえでそれを意識することは出来ませんし、
「必然的に」左サイドが上がってしまう
クラブの扱いをしている限り
「必然的に」左サイドは上がります。
上がらなければ打てない打ち方だからです。

ですので 一般的なゴルフ理論、ゴルフスイングでは
前傾姿勢を保つ や 左にシフトする
というのは ボールを当てない、目標に飛ばさない
遠くに飛ばさない という条件でない限り
達成できない、完全に相反する動きに該当するのです。

ダウンスイングは刹那な時間ですから
放っておいても 自然に補助的な部分は
クラブによって「やらされてしまう」という方が
簡単です。

いつも思うのですが
プロがこうやっているから とか
みんながやっているから とか
そういう理屈でスイングを考えるゴルファーが
少なくないようですが、
スイングを覚えていくのは自分自身です。
誰かのためのスイングでもありませんし、
オジサンが今の運動性能や練習量で
出来ることは限られていると思います。
今どきのスイングでは ほどほどになるには
練習量と頻度は必須ですし、それに並行して
かなり 自分の体のメインテナンスにお金も時間も
必要になります。
少し知恵を絞って、今までと違い違和感を感じること
それさえ乗り越えてしまえば
ゴルフクラブがスイングを教えてくれるのです。
ゴルフクラブはその目的で「あの形状」
「あの重量配分」なのですから…。
その ゴルフクラブからの指導され方 を一度
体験というか、身に着けてしまえば
自転車に乗れたのと同じように
もう二度と自転車に乗れなくなることはないのですから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



L型ブリストルパター(進化版)についての
多くのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

IMG_0034 (2)


シャフトについて 尋ねられることがあるので
それについて書いてみます。

パターに限りませんが、
シャフトの素材の スチールとグラファイト(カーボン)
この二つには実は何の違いもない と言えます。

割と固定観念が強い のか パターやウエッヂなどは
重量が重くなるスチールの方が良い と考えている人がいますが
それは全くの誤解です。

スチールシャフトは鉄(合金)の鋼材を巻いたただの筒です。
それが何か特別な性能を持っている訳ではなく
単一素材であるがゆえに
太さの変化(俗に言うテーパー度合) と
ステップでしか 特徴を作ることが出来ません。
スチールシャフトの一番の利点は
 工業製品として安定して同じものが得られる
という部分にしかないと言い切れるほどです。

重量の関して…ですが
その前に スチールの方が硬い・・・
いえ 強い と思っている人がいますが
それも大きな間違いで、
繊維で構成するグラファイトの方が
圧倒的に強く(何倍もの強度)作ることが出来ます。
また 繊維で構成するため
負荷のかかる方向にも特性を持たせることが出来ます。

最近では悲しいことに、作る側のコストの都合 優先で
作られているグラファイトが多いので
言いにくいことではありますが、
本来 グラファイトは形状、テーパーの付け方、重量、
使う繊維やシートの構成 シャフトそのもの重量配分など
無限な組み合わせが可能ですから、
圧倒的に機能性は充実している筈。。。なんです。


グラファイトシャフトの方が軽いものが多いのは
技術的に「それが作れる」から、であるのと
平均的なスチール並みの重量のグラファイトシャフトを作ると
強すぎて、硬すぎて、いいところが出てこない ことです。


IMG_0035 (2)



パターだけに限りませんが
グラファイトシャフト装着のクラブの最も大きな利点は
同じバランス=スイングウエイト とすると
スチールシャフト装着のそれに比べると
20g以上重いヘッドが装着可能です。
これが アイアンなどのグラファイトの「飛ぶ」と言われる
最大の理由です。


シャフトは硬ければ硬いほど
ヘッドが感じにくい、ヘッドが軽く感じられます。

50g重たいシャフトが装着されているものと
50g重たいヘッドが装着されているもの
計量器に載せれば 総重量は同じであったとしても
先端に重さのある方が クラブとしての慣性モーメント
動かした時の重量感は
格段に ヘッドの重いものの方が上 です。
これはウエッヂなどでも同じです。

ヘッドの感じ難い硬いシャフトになりがちな
スチールシャフト装着のパター では
その目方ほど 重量感は感じない ものです。


軽く感じる硬いシャフト装着のものに
本当に軽いヘッドが付いていて
重く感じる柔らかいシャフトのものに重いヘッドが
付いているんですから、随分と差がありますよね…。



これも神話というか 都市伝説に近いですが
重い(スチール)シャフトの方が スイング/ストロークが
安定する なんて言われますが、
その手の話を豪語するゴルファーは
練習量も豊富で、運動性能も高い方たちばかりです。セミプロ?
それがないから、出来ないから悩んでいる訳ですから
それを参考にするのは なんだかな って気がします。
一体だれのためにゴルフをして
誰のためのゴルフクラブなのかよく考えるべきです。



『L型ブリストルパター』特に進化版
一般的に市販のパターに比べると
約5割増しで ヘッドが重くなっています。 ➡470g以上
シャフトの硬さは それを表す振動数という数値では
一般のスチールシャフト装着のパターは 330cpm
進化版のL型ブリストルパターでは 140cpm以下
ですので、総重量では似たようなものであったとしても
持った時、動かした時の重量感の差は  …たぶん
3倍以上に感じるのではないかと思います。
持ち比べてしまうと市販のパターはオモチャのようです…。

重く感じるパター・・・
そして 小さなストローク、遅いストロークであっても
遠くまで転がる 破壊力=ヘッド重量
慣れたとき どっちが安定するか は
火を見るよりも明らか だと思うのです。

まあ 軽口ですけれど、このパターが
量産されるほど売れてしまったら
間違いなく ルールの束縛を受ける と思います。
(現時点では ゴルフのルールには何ら抵触していません)
それほどの性能を持っていると自負しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングのマジック・・・ トリックとも言えますが、
『前傾姿勢』のある からだの向き が変わるコトにあります。

クラブは 手の上 で持っていますから
本当は 手よりもクラブ、
グリップよりもヘッドの方が相関関係では
上の位置にあるのですが

 
✋✋手の下→ 座頭市とか忍者の持ち方 です
アドレス時は 前傾姿勢(前屈)し、腕を降ろしているため
グリップの位置を下げているため、
 ヘッドの方がグリップよりも下がっているように感じます。

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット







手を動かさず、グリップも上げず、右でも、左でも向くと
前傾姿勢があるため ヘッドの方がグリップよりも高くなったように
感じますが、グリップが高くなっただけで
その相関関係は変わっていないのです。
 文章にすると ややこしい ですね。


今回は手をあまり使わない アプローチ相当の距離ですが、
これがフルショットであっても それは同じ。
👉テークバック、トップとは グリップの位置が高くなっただけで
ヘッドの位置を高く、ましてや グリップとヘッドの相関関係、
上下関係を入れ替えた、逆転させた訳
ではないのです。
IMG_0321_Moment(2)

左右に付いても同じです。
アイアンが分かり易いですが、
アドレス時、ほんの少し 微妙にですが、ハンドファースト気味 に構えますよね
自分の体に対し、グリップが微妙に左、ヘッドが微妙に右 にありますが、
右を向くと それが強調された感じがしますが、
この左右、横方向の相関関係も変わっていないのです。

スイングの手の仕事は からだに対し
 グリップを遅れさせないようにする補助行為
もありますが、
同時に ヘッドでは無く、グリップの高さを上げている行為がポイントです。
✊ヘッドは元々 グリップよりも高い位置関係にあるので
 ヘッドを上げる必要はないのです。グリップを必要なだけ高くすれば良いだけ。


ですので
このアプローチ相当の距離を打つ際、
切り返し、トップの位置から
ヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出したり してはいけない、
する必要が無いのです。
グリップエンドを ボールを打てる 打ち抜ける
通過点に その姿勢のまま 送り込むだけ
 です。

✋なにせ 準備行為のテークバックでそれをしていないのですから。

mhヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出してしまうと
準備行為でそれをしていないので、違う動きをしないと
ボールに当たりません。
それのなれの果てがこのインパクト姿勢なのです。
これだと アドレスの体の向きはいったい何のため?
というコトになりかねません・・・。


ダウンスイングは 重さを利用できますから
行きで 重さを重力に逆らって高くした行為よりも
することが少な目、やや割安で動かせるはず なのに
ダウンスイング方がたくさん、しかも素早く動かしていませんか?


✋トップで出来た そのクラブの姿勢のまま
単に グリップ〜グリップエンドを動かすだけ です。
ヘッドを出したり、ヘッドを下げたり しません。
グリップは ヘッドよりも左にあり、
ヘッドよりも低い位置にある その相関関係のまま です。

ショットはこれで終わり です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



さて 本日のメインイベント です。


しっかり 右向きが出来、シャットな姿勢でスタンバイ
さあ そこから です、 が
この山を乗り越えられない人が多数います。

おそらく理屈ではわかっていても
いざ、クラブを握り、ボールの前に立つと
本能的に というか、条件反射のように行ってしまう…
まあ しょうがないと言えばしょうがないですけれど。

今回はアプローチもどき、グリーン周りのアプローチ並みの距離で
やりますが、フルショット、ドライバーも基本は変わりません。
001

ヘッドはグリップの動いた(移動した)分、
グリップの動いた速度分、
グリップの動いた方向、にしか動きません。


移動量で言うと ヘッドの重さ、それに運動の加速が加わった分
グリップよりも少なく「しか」動けません。

そこ、本当に咀嚼してます?
002


スイングの動作をして 動かすのはグリップであって
ヘッドはシャフトでグリップとつながっているから 動くに過ぎません。


スイングは体の向きを変えて行いますから
結果的には 円を描くことになりますが、
スイングはステップを左右にずらし、横にクラブを移動させている
のと同じなのです。 ただ それでは そこに留まって体を回すよりも
速く動けないから、繰り返しにくいから からだを回して
円を描いているに過ぎず、だから 結果 ヘッドの方が外周にあるので
多く移動することになるにすぎないのです。
そこに惑わされてはイケマセン。
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)

✋前傾姿勢を維持したまま 右を向けば
 その傾き分、グリップも、ヘッドも位置が高くなります。
 上げたわけではありません。
 向きは変わりましたが、腕を上げたわけでも
 コッキングしたわけでも、右ひじを曲げ、クラブを起こしたわけ でもなく
 向きを変えただけで ヘッドは高くなるのです。

 高くしようとしてないのに 高くなったのです。
 なぜ 帰り、高くしてないのに 低くするのですか?
 下方向へは 重さの助力もあるから
 高くなっちゃった分 以下 の低くなっちゃうで
 ボールにヘッドは届くのですよ



スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)bd169146-s








右向きから 左半身全体の左へのスライドで
グリップはインパクトポイント付近まで動きます。
その際 ヘッドは留まろうとする力が働くので
そのクラブの本来の長さの外周よりも
自分に近い所を グリップの移動に引きずられる形で
移動します。
からだの向きは変わるのですが
トップの位置のシャフト、クラブの角度は そのまま スライド、
グリップの位置が動いただけ のようなイメージで良いです。

そして これもその延長線上のポイントですが、
その体の、左サイドの左へのスライド
 それ が 打撃 です。
 それそのものが 打撃 です。

✊グリップがインパクトポイント、
 自分の所定のインパクトするグリップの位置
 「そこに来て から ボールを打つ」 のでありません。
 これでは 美味しいメインデッシュが冷めてしまいます。


ヘッドはグリップの移動の量に関しても、速度に関しても
グリップのそれを上回ることは出来ません。
方向もグリップの移動次第
これが ショットの全てな気がします。



スナップショット 3 (2015-09-24 17-52)


✋前傾姿勢があるので 左に移っている間、
 時間で言うと 右向きの戻り の時間です。
 その期間は 体の左サイドの方が右サイドよりも低く
 からだを横に移動させ、グリップを動かしていても
 薄っすらではあっても 上から下への移動、低くなる高さ変化が含まれます。

 上から打つのに フェースは横向きですか?
 ボールは"フェースで"打つんですよ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇ボールの高さが欲しい

〇距離を伸ばしたい

〇フェアウェイウッドとユーティリティ、アイアンの番手の組み合わせが分からない


H370_lineup


 そんな方におススメです。

マレージング(硬ーいステンレス)をフェースに採用
上げる・飛ばす に特化した ユーティリティ型アイアンヘッドです。

特に 弾道を高くしたい という方には最適✋



また ヘッドの重量設定に自由度が高いので
従来 番手間の差(ピッチ)は 1/2インチでしたが
それを 5/8インチでも、 3/4インチでも、1インチでも
自由に選択できます。

それにより クラブの本数を絞りたい という方にもいいかも…。

KZG


ロフト18度から始めり 4度ごと
 18度. 22度. 26度. 30度. 34度. 38度. 42度. 

アイアンで言うと 9番にあたる 42度まで。
お楽しみで構成してみて下さい。

参考: HBS-16 のロフト構成
 #7-33度  8-37  #9-41  PW-45  PS-50.5



✊また裏技として チッパーやジガーとして使用も可です
 アプローチの苦手な人には役に立つかも・・・^^




 お問い合わせ: 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ       野澤 まで
  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングを からだの、胴体の、骨盤の回転で行う場合、
スイング動作には前傾姿勢があるため、
横(回転)方向に動きがどの時間帯にあたるのか によって
下方向にも、上方向にもなります。

IMG_0321_Moment(4)IMG_0321_Moment(5)IMG_0321_Moment(7)




✋三つの時間帯が存在します。
.董璽バック〜トップ
  右向き 右が高い
▲肇奪廖船瀬Ε鵐好ぅ鵐亜船ぅ鵐僖ト
  右向きの戻し/右向き  右が高い
インパクト〜フィニッシュ
  左向き 左が高い/右が低い


,了間帯は横に動いていても それには『上』が含まれてきます。
 進行方向の右が高くなっているから です。
△了間帯は横に動いていても それには『下』が含まれてきます。
 進行方向の左が低いから です。
の時間帯は横に動いていても それには『上』が含まれてきます。
 進行方向の左が高くなっているから です。


この話の要点は
 自分が動作をしよう! と思った時と
 実際に動作をしている時には ギャップ、タイムラグがあるので
 少々オーバーですが ダウンスイング時、下!地面に向かって
 ボールを打とうとしていても 結果は 横、地面に平行になってしまいます。
 ダウンスイング後半、下に振ろう と思っても
 その時には 下は無くなってしまっていて
 横に振っても、上に振ることになってしまいます。


からだのターンテーブル、下半身のターンテーブルは
ボールに届かない、とか 当たらない の非常事態が発生しない限り
似たようなテンポでどんどん進行してしまうので
その動作を完遂する合流地点を見越して
 先に先に行っておく必要があります。


下にボールつぶす、
地面に、マットに フェースで押さえつける
つもりで 動かして やっと 横で打てるのです。
横に打とうとすれば すべて 上に振ることになります。


DRIYbXDU8AEUY3o


アプローチの動画 などを見る限り
 その 動作完遂のタイミング、 発動→動作 のタイムギャップを理解していないようで
短い距離 という横移動させるため 横に打とうとしていますが
結果として 誰もかれもが上に振ってしまっています。

肩の揺さぶりを使って かのパッティングストロークのように
真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す という
おまじないのような呪縛に捉われているため・・・ 余計そうなるのですが、
ゴルフクラブ という ロフトとライと言う複合した角度があり、
動作は 反時計回りの回転運動、ボールは球体、
下にあるボールを 横に打面のあるゴルフクラブで 打つ というのを
あまりに子供だましに考えすぎているように思えます。

真っ直ぐ行かせる ⇔ 真っ直ぐ振る に騙されてはいけません。


ゴルフクラブは 正常に使えば ボールには左回転しか入りません。
左回転が入り易く出来ています。


そして ロフト角度とライ角度が複合したフェース面は
自分の考えている以上に 左を向いています。
特に ロフトが大きくなってくるとそれは顕著になります。

ボールは原則 振る方向よりもやや左に飛び出るモノ です。
正しく振っても 間違って振っても ボールは振った方向と違う方向に出ます。
実はパッティングでも同じなのです。
 ただ ロフト角度が少ないので その差が無いに等しい だけなのです。
DRIYbXDU8AEUY3o

最下点で打つ とか 真っ直ぐ振る は
その前後にズレた場合、まったくの逆球になってしまいます。
同じロフト、同じスピードで打っても
下がり軌道で当たるのと、上がり軌道で当たるのでは
距離も弾道も回転も球質も まるで違うモノ です。
ゴルフショットはミスで構成されているのです。
計算できるミス も ナイスショットの一部です。
夢のような偶然を追いかけるのは スイング・ショットの向上 とは
違うモノのような気がします。

真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す では
 ボールはフェースに乗らず、必要な程つぶれず
ロフト的にも、ライ的にも ボールはこぼれてしまいます。
ロフト的にはボールは下にこぼれ、ライ的にはボールは右にこぼれます。
こする という現象です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



某レジェンドが現役選手Aに
「パットが問題、パッティングを色々人に聞いて回りなさい」と…。


しかし パッティングと言うのは
その人の ショットのインパクト部分を抽出してモノ とも言えて
現役選手Aの場合 そのショットの方法を変えない限り
パターも アプローチも 満足できる結果を出せないと思うなぁ。

子供の頃に身につけた技、
途方もない練習 によっての積み重ねは否定できないけれど
 ゴルフクラブ、ヘッドの構造
そして その運動(へっどの)によって
どんな球 どんな回転、どんな角度に上がるのか
ある程度は 科学的に考えない と
そのパッティングも含めた ショットの問題は解決しないと思うな。



パッティング で言うところの
真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
それを実行するには どこかに支点を造り
その想定上の線の上を
フェースを下に向け、そして上に向け 振り子のように振るのだけれど
激しく ロフト姿勢が変化すると
 入射角度・ロフト姿勢の組み合わせが安定せず
似た球筋が出にくい。
また 振り子に振ると ヘッドの高さ変化も激しいため
 パターでいうところの 厚く当たる、薄く当たる も頻繁に起こる。

パターにもロフトとライがあるので
ロフト姿勢が変わると 緩くではあるが 立体的なフェースの向きが変わってしまう。
真っ直ぐ打ちたいために
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す と実践しているのだろうけれど
緩くではあるが ヘッドを回転させて打っているのと実際には同じ。



アマチュアレベルならいいかも??? だけれど
パターの センチ単位の距離感が重要な 賞金稼ぎ の世界
そのパッティングで飯を喰っていくには
 誰よりも そのパッティングの練習に時間を割かねばならず、
困ったことに その「振り子式」パッティングは
 不自然な姿勢が必須の為、腰を壊すコト になる。
まあ その道まっしぐら・・・だろうね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今回はアプローチ…のようなショットの練習です。
ですが、そのまんま アプローチでも良い です。


テークバック(初動)のチェックポイント

 〃垢なりの 『シャットフェース』 が出来るコト 

アプローチでやや開いて構えて始める場合、であっても
いざ スイングが始まったら フェースの向き、ロフト具合 というのは
一切 いじっては駄目です。
アプローチで言うと
〇距離なりの 動作スピード があって
〇打つロフトがある程度、確定

されているから 距離感が身に付くのであって
それを同時に動かしていたら 距離感を覚えられません。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)


足回り、お尻周りを使って 胴体を右に向けますから
腕作業によって クラブは起き(自分に向かって起きてくる)はすれど
左右方向には動かしません。
よって 前傾姿勢分、右サイドの方が左サイドより高くなりますので
その分の シャットフェースが出来ます。
 👉練習では意識的にシャットを強くしても良いと思います。

これはアプローチの上げるショットやバンカーでも全く一緒です✋

✋アドレスの状態を基本に
 そこから グリップだけ 斜め上方に移動すれば
 フェースは閉じる方に動くはず… です。
 グリップ以上にヘッドを動かすから フェースが開く のです。


◆ ̄Δ悗瞭阿になるので 右半身主導で!

特にグリップは蕕主に『持つ』ことで
左グリップはその手伝い、支えはしますが、左グリップ、左腕がクラブを
率先的に動かすコトの無いように注意が必要です。

回転運動はからだ…足やお尻などの 自分のターンテーブルがしてくれます。
右半身の動きを止めないよう、右ひじをやや外目に張っておきましょう。

スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)


1Δ劼犬鯆イ襪海箸如.ラブを起こしますが、起こすことがポイントではありません。
 スイングでは からだの向きの変更 という 回転運動があるので
 結果、として外周に位置するヘッドは道のりが長く、多く動きがちです。
 
 からだの回転に対し、必要以上に道のりが長くなると
 その時間とクラブの重さ(クラブが長い)によって
 ヘッドだけでなく(ヘッドはOK)、グリップが遅れがちになります。
 それでは 正規のロフトでボールを打てません。

 右腕を曲げることによって クラブを起こし
 外周を小さなモノ、重さとして働くクラブの長さを短くしましょう。
 グリップが遅れにくく、ズレにくくなります。

 これは アプローチなど中途な量の回転の時、
 その量とテンポに合わせた分量で✋ ですので
 ある程度の 反復練習は必要になります。
スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)

✋肘を曲げても 傾きなりのシャットは維持しましょう。

クラブが捩じられる、フェースが開く、ロフトが付く は
両方の肘の高さ関係によるものです。
✊そして その両肘の高さ関係は
 次の動作の体の姿勢を作ってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アプローチの為のアプローチ練習
というより ショット全体の為の練習です。

飛ばない、飛ばせられない、主な原因は振り遅れ/手遅れ です。
振りが速い、遅い とは関係ありません。
例え ヘッドスピードが速くても
振り遅れ/手遅れ では 「ヘッド」スピードを上げても
加速を強くしても ボールの回転が増えるか
弾道が高くなったりするだけで 距離につながってきません。

知識としてしっかり覚えておいて頂きたいのですが、
通称「振り遅れ」 👉「手遅れ」 は
からだの回転に対し、グリップ(特に左グリップ)が遅れていることで
ヘッドが遅れていることではありません。

逆に ヘッドは遅れさせておかなくてはダメです。

✋問題なのは グリップの遅れ! で
 ヘッドの遅れ ではありません!

201812_Moment

,修譴鯊臍按鵑縫▲廛蹇璽
みじか〜い 距離であっても
テークバックをスタートした時に、
左の側帯 と 左グリップが離れてしまう 手上げ では
その時点で 振り遅れ/手遅れは確定してしまう
 のです。


テークバック時、左腕は 左サイドとともに
からだの一部として 移動しているだけで
左腕 そのものは 殆ど何の動作、アクションもしていないのです
IMG_0272_Moment

これを 正しいゴルフ用語で 「脇が空く」 と言うのです。


⊆,法,茲あるアプローチの肩の動き・・・
 パッティングストロークなんか でもそうですが、
 何度も書いていますが、肩〜肩甲骨は 腕の一部 です。
 ✋ゴルフにおいて 肩はからだではありません。
 
 肩を動かすのであれば、間違っていますが
 腕そのもので上げてしまった方が 数段マシです。

 腕でもなく、体でもない、その中間にある
 本来のゴルフスイングの動作では 存在しない部分 を
 動かす習慣は ゴルフショットにおいて最悪な動きです。


 からだ、骨盤、胴体 が動くから 結果として肩が動くのであって
 肩だけが動く動きはゴルフスイングには存在しない、
 ゴルフクラブはそれを想定して造られていません。


IMG_0093_Moment
IMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)








 ですので このように 腰から下は正面に向いたまま なのに
 腕とゴルフクラブは振り子のように動く このアプローチ は
 百害あって一利もない、飛ばない、真っ直ぐ行かない、体を痛める
 諸悪の根源とも言えるアクションなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


ボールをつかまえる基本を覚えましょう。

oto_Moment


ボールは スピードでつかまえるモノではありません
それでは スピードのない人は掴まらなくなってしまいますし、
ハーフスピードのショットでは掴まらなくなってしまいます。
少々オーバーですが 1mのパッティングストローク で
十分ボールはつかまえることが出来ます。
スピードでの 疑似のつかまえ は
飛ばす と 方向性が相反する関係になり易いでしょう。

正しくボールをつかまえるコト の重要性は
〇少ない力でも ボールを飛ばせる のと
〇思った方向にボールが打ち易い
 のが
同時、共通して行えるコト です。



ミスさえなければ (不可能ですけれど)
お家の中でも十分出来るほどの距離で十分 (やらないでね) です。
 距離の比喩表現ですから ✋ベランダ とかもダメですよ

つかまえる とは
そのクラブのロフトなり にボールをつぶすコト です。

逆にこする とは
そのクラブのロフトより大きい形で ボールを打つコト です。

IMG_0526


スイングは からだが向きを変えるから 結果として 円弧を描き、
円弧を描くから 結果として ヘッドの軌道/道のり の方が
 グリップの軌道/道のり よりも大きくなるのです。
故に 手さばき、もしくは少ない回転であれば
 ヘッドは 上下左右、立体的に ヘッドよりも多く動くコトはありません
グリップの動いた分、グリップの移動した分 だけ
 ヘッドは動く、移動するのです。
ヘッドの重さは運動で増しますから、その分、少なく動く、移動する
 と考えて良いと思います。


✋ボールをつかまえるコトの鍵はここです✋

手先でヘッドを動かすと その持っているクラブの本当のロフトよりも
大きなロフトで打つのと同じになり、本来の距離を出すのには
より速いスピード、多い動作、が必須になります。
元々 ヘッドをたくさん動かせば
 ヘッドも、フェースもあっちこっち向き易いのです。

IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)








この10年近く いろいろな人(レッスンプロも含め)の、ネット上の動画等も含め
多くのアプローチを見てきましたが、
すべて こすり打ち・・・・・・・。
こすらないでアプローチをしている人を見ることは不可能になってきています。
これでは アプローチそのものも上手くなり難いですし、
その延長線上にあるフルショットが 飛びにくい、飛ばしにくい 上に
方向性も安定し辛くなります。
距離をあきらめてくれればいいですが、そうでないと無理な動きばかりですので
からだを痛める可能性が高いです。


そんな ごく短いアプローチから つかまえるコト
『ショットの基本を考えていきましょう週間』 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転。。。向きの変更はフットワーク
と言うのはとても大切です。

腰のキレ。。。と言うのも正確には
正しくありません。
正確には膝の動き。。。と言う訳でもないのですが、
単独で腰・・・お尻より上のベルトライン付近
と言うの訳でもないですね。
スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)

体の向きの変更はイコール体重移動ではありますが、
上手に出来ていない人の動作を見ていると
多くが右を向くのはまあまあでも
左を向くのが上手に出来ていないように思えます。

そのカギは
動作の速度にあるように思えます。

体の向きの変更は
膝〜大腿〜お尻 付近を使って
股関節より上の胴体の向きを変える という事です。
胴体の重さは 30〜50キロもある
決して軽いものではありませんし、
背骨を軸、支点としての運動を正しく行えば
右⇒左脚への体重移動も伴います。
つまり その動作は決して キュッと動けるような
素早いものではなく、意外にゆっくり ゆったりしたもの
なのです。
スナップショット 17 (2013-06-03 19-49)

イメージからすると
水の満タンに入ったバケツを
右の人から貰い、左の人に水を出来るだけこぼさず渡す
と言う動作に非常に近いものがあるのです。
・・・・・・・特に速度。

多くの上手に体の向きを変えられない人の動作を
見ていると 水の入ったバケツで
水を撒いている動作、速度に見えます。
水を撒く は ゴルフクラブを投げる という事です。

ゴルフのショットは、もちろん遠くに飛ばすことは
魅力としては否めませんが、
それはある意味 ゴルフクラブの仕事です。

ゴルフクラブは 同じ人が同じ感じで
同じように振った時に クラブによって距離が分かれる
という非常に大きな役割があります。
つまり ウエッヂや9番アイアンと同じように
振った時、同じようなタイミングで動いたとき
ドライバーであれば クラブの中で最大の
距離が出る働きがあるので、
ドライバーだから強く振る、
ドライバーだから速く動く
と言う必要は全く必要ないのです。
それとともに、ゴルフクラブは
ロフト角度と長さ(長さもロフト角度をある意味同種のものです)
によって、ある程度正確に距離が分かれるように
出来ています。
ですので、その長さとロフト角度を狂わせてしまうような
クラブの動かし方は クラブを何本もバッグに入れて
持ち歩いている意味を台無しにしてしまうのです。
スナップショット 2 (2013-06-12 22-56)

ゴルフクラブを遠くに投げるような使い方は
ロフト角度、インパクトのロフト角度を不安定な
ものにしてしまいます。

水の入ったバケツを右の人から貰い
左の人に水を出来るだけこぼさず渡す

この速度が体の向きの変更のカギなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

006


Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?

A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。

 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)

IMG_0568


Q:ヘッド重量480gと聞いていますが、L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。

IMG_0571


 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
 確かに  300g強の一般パターヘッドと 480gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています。
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに 低重心化 深重心化 する
 意味合いが私には見えません。

 より良い転がり、より良いライナーを求めるのなら
 許せる限り 高重心化 するべきではないか と思い
 この形状にしました。

IMG_0567


 好みの問題もある とは思いますが、
 最近のマレットの 低重心化、深重心化したパターは
 その重心の意図は 設計者になにがしかの考えが有ってのこととは思いますが
 構えた時に どこにヘッドの引かせるのかイメージしにくい
 パターストロークの動きが把握し辛いデザインに感じます。
 引く、動かす、移動させるイメージをさせやすい
 パッティング、ストロークに迷いが出てしまいにくい形状にこだわりました。

 空中ではなく 地面の上を
 という意味で 飛ばすにこだわった重心配分、重量、シャフト
 構えやすい、安心できる形状
 既にロングセラーになっているだけのコトはありますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



〇ボールの高さが欲しい

〇距離を伸ばしたい

〇フェアウェイウッドとユーティリティ、アイアンの番手の組み合わせが分からない


H370_lineup


 そんな方におススメです。

マレージング(硬ーいステンレス)をフェースに採用
上げる・飛ばす に特化した ユーティリティ型アイアンヘッドです。

特に 弾道を高くしたい という方には最適✋



また ヘッドの重量設定に自由度が高いので
従来 番手間の差(ピッチ)は 1/2インチでしたが
それを 5/8インチでも、 3/4インチでも、1インチでも
自由に選択できます。

それにより クラブの本数を絞りたい という方にもいいかも…。

KZG


ロフト18度から始めり 4度ごと
 18度. 22度. 26度. 30度. 34度. 38度. 42度. 

アイアンで言うと 9番にあたる 42度まで。
お楽しみで構成してみて下さい。

参考: HBS-16 のロフト構成
 #7-33度  8-37  #9-41  PW-45  PS-50.5



✊また裏技として チッパーやジガーとして使用も可です
 アプローチの苦手な人には役に立つかも・・・^^




 お問い合わせ: 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480  ハミングバードスポルテ       野澤 まで
  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


頭では理解できても なかなか実践できないのが
 「ヘッドの重さ」とどう付き合うか なのでしょう。

ヘッドの重さは シャフトを通して
 打ち手の動作の促進剤や補助 としても利用出来ますが、
使い方を誤ると 運動の負荷、運動の抵抗になるだけ 
です。

知っての通り、クラブの構造は ドライバー(悶絶)であれば
 約1ⅿの棒の先に 240g の 鉄の塊(空洞ですけどね) 
全体の重さの 70%に近い重さが その先端に備わっています。

その重さは クラブの姿勢、ヘッドの姿勢によって 重くも軽くもなります。

運動が加わると その重さは 倍化していきます。
  👉ヘッドの重さ × 長さ  × 移動速度

ゴルフクラブ、そしてそのヘッドの重さが
打ち手の動作を助けたり、促進したりするのは
移動速度の遅い、加速度の低い状態の時だけ 

いったん 移動速度が速くなり、加速度が増してくると
その重さに邪魔されないようにするのがいっぱいになりガチです。

IMG_0520_Slomo_Moment


多くのゴルファーの 「スイングのタメ」イメージ は
どこかで ヘッドを解放する為のホールド をイメージしているのでは
と思うのですが、 ヘッドを解放する為にはその基点となる
グリップ、そして体は止めて置かなくてはなりません。
それでは本末転倒です。

 「スイングのタメ」と結びつきを持ちにくいかも知れませんが、
ヘッドの重さは放っておけば良いのです。
構ってはいけないのです。

勿論 ヘッドでボールを打ちますから
 ヘッドは動かさねばなりませんが、
それは からだの動作も含め、あくまでもグリップが移動したから
ヘッドが動いたのであって、ヘッド単独で動いたのではありません。

ヘッドを単独で動かすと ヘッドの重さとは戦うコトになります。
ボールの方向やボールの飛ばしたい方向とは直接関係にない
外へ外へと膨らもうとする力を防ぐことに力を使わなければなりません。
ヘッドと単独で動かそうとする限り、
速く振りたい と クラブを放り投げない という
相反する二つのコトをしなければならないのです。
IMG_0496_Slomo_Moment

ヘッドは重さがありますから、グリップを動かしても
その重さの分、運動全体から遅れます。
加速が入ってくると 更にその分遅れます。
遅れるが故に 円弧は不必要に膨らもうとせず
近道を通ってくれます。
打ち手は その遅れを ロフトの立ちに返れば
 遅れても フェースがボールを向くように仕向ければ 良いだけで
それは グリップの進路で決まってくる のです。


ヘッドを動かすために グリップを腕や体で動かしますが
ヘッド自身は その重さ、長さや運動が加わった その重さの為。、遅れます。
その遅れは 放っておき、
その遅れを ロフトの立ち(フェースがボールを向く・上から見る) に
変えてあげることが 本当の意味での スイングのタメ だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



正しく 右腕を使えるための右向き
つまり テークバックが取れる 
という前提条件はあります。
そこから 始めなくてはなりません。


〇右腕で叩いてもスライスしない
〇右腕で叩いても無駄にボールが高くならない
〇右腕で叩いても無意味にスピンばかり増えない



無駄なヘッドの縦横の回転を生まないリリースをするには
右腕で叩ける 👉リリースできる 空間 
そして それを行えるだけの時間
 が必要になります。

その空間が確保できれば
比較的簡単に 右腕の正規のリリースは可能 になります。


手順としては

〆枯咫∈献汽ぅ匹髻.棔璽襪剖瓩鼎方向に
 斜め下方向に低めに移動させていく

 注) 左サイド とは 左ひざ〜左尻〜左背中(肩)の
    イメージとして一直線のライン、面

△修瞭阿を追随していくように
 右の手のひらで からだの傾きに沿って
 やや下向き〜斜め横
 に 左グリップを押してあげる


なのですが、イメージには順番が有っても
結果は 同時に二つのコトをやるような感じになります。

down under_Momentdown under_Moment(3)









切り返しから いきなり右腕で叩きに行かず
左腕の下がり と 左サイドの飛球線方向(ややシャンクより)への逃げ
が行われた後、追随して 右腕を伸ばす感じになります。


✋左サイドのリード・・・と言う言葉に近いかも知れません。
 ただし 左サイドとは左足を言うのではなく
 左サイド全体、特に左腕の下がり が一体になっていないと
 左サイドのリード は出来ても そのリードしていく方向が
 正規の方向にならず 片手落ちになってしまいます。



一般的に考えられている 『スイングのタメ』とは異なりますが、
スイングにとっての本当のタメ、
特に長物を苦手にしないためのタメ とは
コチラの方が馴染みやすいと思います よ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



とても不思議に思うコト があるのです。


多くのレッスン、ブログ、動画などでは
「シャフトはしならせて、しなり戻して使う」
「シャフトをどうしならせ、どうしなり戻すのか」
というのが目につくのですが、
もし それが良い、ベターだとすると
なぜ 「セットの硬さをちゃんと統一、揃えよう!」
という内容が出てこないのでしょう。

シャフトをしならせて、しなり戻す のだとすると
そのシャフトの硬さによって 方法は同じ、だとしても
そのタイミングや強度などは異なると思います。

video_Moment

同一機種のシャフトであっても、 例えば
  X-フレックス  270cpm の硬さと
  R-フレックス  240cpm の硬さでは
しなりの量も そのシャフト速度も異なります。

X-フレックスを 振るように  R-フレックスを振れば
R-フレックスの方が シャフトのしなり幅も遅く
復元速度は同じだとしても しなり/しなり戻り往復で
かなり大きく しならせ/しなり戻す をすることになりますから
スクエアに戻してインパクトする という理想の元では
インパクトで待つか、はたまた シャフトを動かす動作速度を速く、
特にダウンスイングの しなり戻しは速く動かさねばなりません。

これでは パターを除く13本近いセットが
ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッヂと
異なる硬さが混じっている場合、ショットでのやるコト
やる速度、やる量が その硬さに応じて変えなければならなくなります。

続けて 同じクラブを打ち続けられる練習場でならいいかも…ですが、
交互交互、場面場面で
 一球ごとにクラブを入れ替えなければならないコースでは
混乱してしまい、相互に上手く行かなくなる可能性が高くなります。
また しなり具合はシャフトの硬さだけでなく
重心の長さや深さ によっても影響を受けます。

シャフトをしならせて、しなり戻して使う、使いたい のであれば
セット間のシャフトの硬さや重心距離などを統一、
もしくは ある程度の幅の中に収めておかないといけない
と思うのですが、そこに振れた記述、内容は一切見当たりません。

それでは片手落ちもよいトコロです。
Jack Ni_Moment(2)

特に最近では アイアンが売れていない ので
低価格に抑えるため、アマチュアにとっては利の少ない
軽量スチール + 小型ヘッド ばかり です。

ドライバーは メーカーや機種によって 硬さはマチマチ ですが、
シャフトはある程度柔らかい方が飛ぶ
   という共通認識は存在するので
アイアンに比べると 表示 S-シャフト でもかなり数値、
かなり柔らかくなっています。


✋ヘッドが大きく、重心距離も長く、重心も深いドライバーの方が
シャフトが格段に柔らかく、
✋ヘッドが小さく、重心距離も短く、重心の浅いアイアンの方が
シャフトが格段に硬い


シャフトをしならせて、しなり戻して使う コトを前提にするのなら
このセット間の統一を声高にしないと
 その方法論は完遂しないと思うのですが…。
ものすごく なんだかなぁ の気持ちがぬぐえません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この自ら ダウンスイングを省略するような
何かの動作をする時間と空間を自分でつぶしてしまうような
そういうスイングをする人がとてもたくさんいます。


少ない時間、狭い空間でも なにがしかの動作が出来てしまう
運動性能に自信のある方は良いですけれど、
正直、そういう人はいないに近い人数です。
大きな声では言えませんが、
それが出来てしまうレッスンプロに習うのは悲劇…
   …………なのかも知れません。


anika_Slomo_Moment


ダウンスイングは
動作も一番速くなり、全行程 無意識であっても加速状態、
これは言い換えれば、クラブだけでなく自分の腕や体も
その速度通り 重くなっていく状態ですので
時間と空間が確保できていないと なにか したくても出来ません。

切り返して いきなり 左サイドが上がる・開く では
左足かかとに置いたボールが 右足かかとに移るような
ボールと自分との空間が一気にせまくなる、そんな状態です。
これでは ドライバーのような長いクラブは振ることが出来ません。
✊当然 、 力みます
✊ なにがしかの形で空間を作り出すコト が必要です
✊ なにがしかの形で時間も稼ぎたい でしょう


〇正しいスイングのタメ とは
この時間を 本来通り、通常通り 確保してあげるコト を指します

▼間違ったスイングのタメ は
言葉とは裏腹、真反対で 時間と空間が一気になくなります。
よって 一番美味しい時間を逸し、体が開いた状態で
からだというパワーを出せる動力源を失い(使えず)
からだの正面でとらえられるはずのクラブ姿勢を
 疑似的に作り出さなければなりません。

 👹 👹 👹 簡単に言えば 腕力次第のショットにする というコトになります。

Jack Ni_Moment(2)

正しいリリースをするのには
空間とある程度の時間が必要です。
手順で覚えるのは良いこと とは言えませんが、
結果、体と同期して 右腕/、右ひじのリリースを行うには
左腕を含めた 左サイド が 先に正規のトコロ、
理想的なトコロ に動き 時間と空間を確保してから
右腕で 正しく叩く
 のです。

✋右利きの人が 利き腕である右腕で叩くには
 右サイドとボールとの間に空間が必要です。

多くの人は まず
テークバックからトップ で
右腕を使えるための空間造りが必要です。
そのための右向きです。

▼手だけで、腕だけで、肩だけで テークバックする人は
 アドレスの状態から右サイドが動きません。
 テークバックして トップに行っても201812_Moment(2)
 右サイドがアドレス時のボールとの距離感、空間しかないのです。
 そこから動き出せば その空間は更に縮まり、
 右腕を、右ひじをリリースする空間がありません。

 からだを遠ざけながら、体を開きながら、リリースするのでは
 リリースの意味はないのです。
 リリースせずに からだの回転のまま、意図的なひっかけ や
 スライスを打ってしまった方が 幾分マシなのではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



プロでも良いですし、自分のスイングでも良いですし
誰かのスイングを見てみて下さい。


今回、注目するべきポイントは  左肩  です。

スイングには前傾姿勢があるため
アドレスを基準にすると
右向きになると
 左サイドよりも 右サイドの方が高くなりますが
左サイドが低くなったわけではありません。
多少、微々たるものですが
アドレスよりも低くなる・・・かもですが、
その左サイド・左肩の 高さ自体 殆ど変わりません。

逆に テークバックで
左サイドがはっきりと低くなる場合は 要注意。
その際は、逆に右肩の高さと位置を見てください。
正しい右向きでは
右肩は若干ですが アドレス時よりも高くなります。
そして 同時に 右肩は右向きに従い、
ボールから離れていく、アドレス時の背後に移動する筈…ですが、
左肩のはっきりと下がる人は 右肩の位置も高さも変わらず
単にボールにお辞儀するように ねじり寄ります。

✋これは からだ ではなく
 肩だけ、腕だけでテークバックしている
 からだの右向きがない、足らない の代表例です。
    右向きの量…ではなく質が良くないというコトでもあります
 このタイプの人は ダウンスイングで動作をする為の空間が
 圧倒的に足らず、ボールから離れながらのスイングになるため

 クラブ長の長いドライバー、ウッド等を苦手とすることが多くなります。

👉目をボールから切り、腰、秀二、お腹、ごと 顔を右に向け
  からだの右向きを習慣付ける練習をしてみましょう。

anika_Slomo_Moment(4)
少々 ざっくりと説明しますが、
ダウンスイングでの左肩は
理想的には トップの位置から
ボールに近づいていきます。
高さは変わらないとはいえ
 下がっていくような・・・
決して いきなり高くなったりしません。

まったく 同じ動作とはイキマセンが、
意識はしないとしても、インパクトでボールと対峙し
ボールに正対するには テークバックの逆回し に
近い行程が必要な筈・・・ ですが。

プロも含めた 多くの人の左肩は
切り返すと いきなり 上がります。
ボールから離れていく方向の 左上方にいきなり動きます。

 これを一般的なゴルフ用語では
 「腰を切る」 とか
 「下半身のリード」
 とか
 言うのかも知れませんね。

左足だけ動かしたり、腰だけ切るような動きをすると
左肩は上がります。  その動作は今回は割愛します。

切り返し から 左サイドを開く、体を開く というのは
「スイングのタメ」とは魔反対の動きになるのが理解できますか?

スイングの時間表は
右向き → 右向きの解き →正面を介して → 左向き

と 正面は意識できませんが 3行程から4行程あるのですが、
切り返しから いきなり左肩を上げる、左肩を開く
では スイングには2行程しかなくなってしまいます。
これでは 時間が足りません!


例えて言うのなら
ドライバーを打つのに 左足かかとにボールを置いたのに
切り返したら いきなり ボールが右足かかとにズレた
野球で言うと 差し込まれた 状況になるのと似ています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大前提 として
正しくリリースが出来ないと
(右腕の解放が出来ないと)
 労力よりも ボールは飛びませんし
 当然、安定性も欠きます。


そのリリースが正しくならないのは
スイングの正しい意味での『タメ』を理解していないから
というのが大きな原因だと思います。

downswing

正しくない、誤ったリリース とは 動作 で言うと
ダウンスイングで 右腕が寝てしまい 👉右ひじがからだに刺さるような
(意図的にヘッドを、そしてグリップをからだの回転より遅らせ
 それを右腕、特に手首のスナップによって解放する)
ロフトが開き、フェースが右を向き
そこからのリリースになりますので
スイング軌道上をキャスト、グリップをからだから離していくように
右腕を伸ばしていくコト を指します。


その結果、フェースの向きも急激な変化、
ロフトも急激な変化 をして ミスの原因にもなります。
そのリリース、右腕が潜る、右ひじがからだに刺さる、右腕が寝る
これは別な表現にすると 「突っ込む」「右サイドが下がる/潜る」です。
そして その分、体も開くのですから
飛ばない原因にも、スライスの原因にも、引っかけの原因にも
トップ、ダフリの原因にも、シャンクの原因にも、
そして 腰や首、肘などを痛める原因にもなります。
良いことはほぼナニヒトツありません。

仮に痛みに鈍感で 脳筋のヘッドスピードが出せたとしても
その出せたヘッドスピード程は飛ばず、
正しくリリースできる ヘッドスピード 5ms低い人に楽々負けます。
そして 加齢とともに、痛みを感じるようになり
自分の体も思うような動作速度にならなくなると
急激に距離が落ちますが、かつて 飛んでいた記憶が、プライドが
自分を苦しめることになります。

46498012_1169664983184117_3818376035250995200_o


そして 今回の題材の「スイングのタメ」ですが、
これも 困ったことに・・・ですが、
間違ったリリースをする人の経験則が広まっているため
非常に 困った形で認知されて
 しまっています。

『駄目なリリース』を前提に 『スイングのタメ』が語られているのです。

特にドライバーに苦しんでいる人は
この二つが結びついて理解できると かなり光が差します。
健康のためのゴルフであれば それで十分だとも思います。
まあ 人間は誰しも欲深ですから…そうは行かない かもですけれど…。


スイングのタメ は
グリップを遅らせるコト でも
ヘッドを遅らせるコト でもありません。
その『間違ったタメ』は問題を先送りし、問題を更に難しく します。
そういう曲芸のような難しいことを好んで行う人はお好きにどうぞ ですが
一般的なゴルファー...平均年齢60歳オーバー 向けではありません。


右腕を寝かして キャスティング するようなリリース
インパクト付近でヘッドを返すようなリリース
になるのは その「タメ」のせいで
正しくリリースする為の「時間」と「空間」を失っているから です。
outin (2)_Trim_Moment(2)

✋一般的な ヘッド、もしくはグリップを一旦遅らせる ような
 間違ったタメは その後の「時間」も「空間」も 遅らせた分
 正しくリリースする時間も空間の不可能なほどの
 より少ない、より短時間なモノになってしまいます。
 動作をする時間と空間が足らなくなるが故 の
 間違ったリリース、はっきり言えば
 全く要らない ヘッドターン、フェースローテーションをする羽目
 になるのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


6.7.8.番アイアンあたりを持って練習してみましょう。

打つ距離は いいところ 20~30ⅿ程度で十分。
 スポンジボールでしたら お庭でも可能です。


ボールは通常よりも中より 真ん中位でいいです。

スイングの恰好、仕草、スイングそのものは忘れて良いです。

down under_Momentdown under_Moment(3)down under_Moment(4)










アドレス状態から 手だけ と言うより 右ひじだけ曲げます。
右ひじが曲がり、短くなった分 ヘッドは動きます。
右ひじの曲げる方向、ヘッドの移動する方向は
スイングの軌道、仮想の傾きによるスイング軌道に沿ったモノ 、
グリップよりも低いヘッドの位置は困ります。

その状態では やや フェースは下向き、
左手の甲もやや『下向き』になるでしょう。

その下向きに沿って 右手で左手を押してあげてください。
その左手の甲の下向きは維持したままの感じです。



✋クラブ、シャフトを右手で地面に押し付けるような そんな感じです。
左グリップが 進行方向に逃げていないと
手痛いダフリになりますから注意してください。


腕だけの感じでは 下に向かって
地面にボールを埋めるような感じになりますが。
これに回転が加わるので ボールは横、地面に水平に飛ぶのです。
チカラを入れなくても、さほどスピードがなくても
強い 素早いライナーが打てると思います。
IMG_0526

ここで 2点に注目してください。
1.右手使いは 円の上側、下側の円には携わらない
 →ヘッドがグリップよりも低くなったら右手の出番はない
2.このインパクト以後、以降の左向きが必要
 →この腕使いでは地面へのパンチショット? で終わり です
  これ以降のクラブの流れは 左向きが無いと
  左回転が残っていないと作り出せません。



ゴルフショットはこれに 回転が伴う だけです。
腕さばき リリースで からだの仕事を奪ってはダメですし
腕さばき をからだで代替えすることは出来ません。
👉役割分担がある以上、やり過ぎもやらな過ぎも芳しくないのが
ちょっと困るところではあります。

IMG_0093_Moment
IMG_0093_Moment(3)








見た目から始まって
ボールをとらえるところを円、
ヘッドの最下点がボール、という
嘘ではないけど本当ではない情報を元に
スイングを作ってしまうと
一番肝心なところが分からなくなってしまいます。
ボールを上からとらえる、
クラブを、フェースを、シャフトを下に向かってリリースする、
それにからだの回転があって ボールを打つのと
からだの回転は スイングらしく見える為の飾りで
全部を腕さばきで ボールを横にとらえる
とではあまりにも大きく異なるのです。

ボールの前後を 手で、もしくは肩の揺さぶりで 円を描いてしまうと
その動きと からだの回転が融合しません。
ホントにお飾りの、他人のゴルフスイング「らしく」見えるお飾り、
からだの回転で! って言葉を使うと まるで上手に見えるから
そう振舞う・・・ 寂しい限りです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あくまでもイメージですが、
フェースを下向き、ボールを上から見る形で
入れてくるのには
グリップの方が低いうち、ヘッドの方が高いうちに、
グリップがボールを追い越し、追い越してから
斜め下向きに 右腕でグリップを押しこむ、 そんな感じです。
IMG_0294_Moment(5)

ヘッドの方が低くなってから 右腕を伸ばしたのでは
左グリップを押すことは出来ません。
押したら空振りしてしまいます。
頭ではわかっていなくても体は分かっています。
グリップよりもヘッドが下がったら その下がる分
 グリップは必ず上がり軌道に入ります。
ですので そのタイミングで左グリップを押すことは不可能
 本能的に拒否することになります。

ヘッドの方が低くなってからでは もうシャフトを押すしか打ちようがないのです。
video-1531996826Trim(2)_Moment

ですので わかっちゃいるけど ヘッドを振っちゃう、シャフトを振っちゃう
のは それ以前の段階、動作で治さないといけないのです。
また ヘッドを振っちゃう、シャフトを振っちゃうためにテークバックを上げ
それをするためのトップ、それをするためのアドレス、
グリップになっている可能性が非常に高く
そこは段階を踏んで、時間をかけて治さなくてはなりません。
一足飛びにゴールには辿り着けません。




リリース(刷毛塗)で動かす グリップの量は
フルスイングの中であっても 30〜40センチ程度
惰性や慣性も付きますから もっと少なくても良いかも…です。

そのリリースの感覚が からだの回転を造り
からだの姿勢を造ります。
故に このリリースを覚えてしまえば
からだの動きは自然に付いて来易い です。
腕も含めたクラブの重さなり と言った感じです。
ビデオ_Moment

からだの回転の流れに沿って 移動するので
止める訳ではありませんが、
腕は ヘッドの方が高いうち、グリップの方が低いうち に
行う 30センチ程度の押す感覚だけ、
しかも それにはクラブの重さという大きな助力もあります。
人によって クラブの重さ感覚だけで出来てしまう場合もあります。

インパクトのトコロでは もう腕の仕事はない と考えて良いです。
肘さばき、腕さばきで 押し続けて
からだの回転を肩が奪ってしまうのは とても危ない です。
感覚として どの位は言葉に出来ませんが、
腕さばきはかなり早い段階の、少しの量、ほんの少しの量だけ
と言って良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイング用語には『体重移動』というのが
頻繁に登場します。
そして、少なくないアマチュアゴルファーは
密かに そこをスイングの課題としたり、
上手く行かない原因…と考えています。
d11be403-s

実は スイングの種類。。
 実際そんなものがあるのが少々懐疑的ではありますが、
それによっては 元々 その体重移動が存在しない
することの出来ないものがあるので、
それを把握したうえで トライしないと
不可能に挑むことになってしまいます。

ゴルフスイングにとっての体重移動とは
頭も含めた 股関節より上の胴体 が
右足〜左足 のそれぞれ乗ったり、移ったり
することを指します。
『正しい』体の使い方で考えると
スイングでの軸は背骨になり、
体の重い部分はそれよりも前側にありますから
体が右を向けば 右の脚の上
左を向けば 左の脚の上に乗り、
体の回転と体重移動はユニットな動作と
考えて間違いありません。

しかし、肩や肩甲骨だけ
胴体を捻るスイングにとっては
元々 体重移動は存在しません
その点は注意です。
体を捻る、本当は腕の一部なのに肩だけを回すことを
体を回している と考えている人は
重み…である体は動いていませんから、
体重移動にトライしてはいけません。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5
このスイングでは 何が体重にとっての左右なのか
その基準があまりにバラバラで、
体重移動なんてものを意識してスイングすることは不可能でしょう




そちらの話は放っておきますが、
体重移動というと 横…の動き
地面に概ね水平な動き
 と感じますが、
そこが ゴルフスイングのちょっと面白いところで
体の回転には 必ず 上下 が混じります。
体重移動を意図的にすることが良いかどうかは別ですが、

ダウンスイングにおいて
理想的には
体重、重みは 右脚から左脚 へと移行していきます。

スイングには前傾姿勢がありますから
右向き〜正面 の期間は 左サイドの方が右サイドよりも低く
正面〜左向き の期間は 左サイドの方が高くなります。

高い右サイドから 低い左サイドへは
重さの法則から行っても 移行しやすい ですが、
移行する前に 左サイドが高くなってしまっては
十中八九 左に重みを移すことが不可能になってしまいます。

ダウンスイングの最中に
体重移動を意識 するのは 簡単ではありませんから
体重移動をスイングの課題 にされている方は
そこを「からだ」ではなく
クラブで意識してみると良いと思います。

ダウンスイングの最中、
これはほぼ例外ありませんが、
グリップエンドの向いている方に
重みはやってきます。
ヘッドがグリップを追い越していく ことを
トライしている人にとっては
ボールを打つ抜く は イコール
グリップエンドを自分の右サイドに向けることになりますから
体重は必ず 右に残ります。
また その手のスイングでは
かなり 早い段階で 左右の体は
左サイドが高く、右サイドが低くなってしまうので
余計です。

スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)







自分の体よりも左、にグリップエンドが向いていれば
向けようとすれば 自然と左サイドの低さも維持でき
それによって 体重は自然に左へ移行します。

イメージとしては
グリップエンドが体の左向き とともに
グリップよりも ヘッドの方が高いうちに
ブレイクラインをグリップエンドが超えれば
体重移動も 
インサイドからの入れ も
上から打つ も
同時進行で出来るようになるでしょう。


ここの スローなフルスイングやアプローチで
練習してみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ