◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2019年04月


ゴルフショット、
スイングの成功率を上げる鍵
特にコースでのショットにおいて
そのカギを握るのは 「右向き」 です。
  👉👉テークバックでの右向き


まず 大前提として
コースで、大会で、月例で、
その右向きは 練習や素振りでのそれよりも
出来て8割、 平均して7割になってしまう・・・・
 というコトを頭に入れておいてください。




振り遅れ(手遅れ)は勿論、
リズムが早くなるのも(打ち急ぎ)
からだが突っ込んでしまうのも
諸悪の根源は 「右向き不足」です。


✋そして この『右向き不足』のポイントは  量そのもの
ではないというコトです。

アドレスでの立ちに対し、
股関節より上の胴体 が 〇〇度、
例えば 90度向けば理想 とかではなく、
人によっては それよりもやや浅くなっても問題はないのです。
コースで浅くなり易い というコトを考慮すると
練習や素振りでは やや多めに作っておく方がベターでしょう。

ゴルフショットの ツッコミとか右サイドの下がり など
色々な表現で表されるミスは
からだ に対して グリップ が遅れるコト、ズレるコト が
(右打ちの人のダウンスイングであれば からだの右に)
問題です。

ですので テークバック、トップの時点で
腰・骨盤周りに対し 肩がより捩じられていては
右向きの量そのものは足りていても 問題の解決にはなりません。

201812_Moment(2) 👈 例えば このテークバック・トップであれば
骨盤の右向き そのものも足りていません。
ただ この状態で 骨盤を回しても
骨盤と肩回りのねじれの関係は変わらず
全体がより多く動作をすることになるだけ です。
より大きな、より深いトップになるに過ぎません。


ダウンスイングで放っておいても
クラブ、そして腕 と言う動作、移動量の多い重量物は
骨盤に対し 遅れ 、ねじれを造り易くなるのですから
その準備である テークバック・トップの時点で
出来るだけ そのズレ差を少なくしておく方がベターです。

からだを右向けたい から
肩周りで、腕で、クラブの勢いで 背中を捩じる、
もう その言葉そのものが 「振り遅れ」の始まり になるのです。

クラブが トップの位置に行くのは
単に土台が動いただけで あって
グリップの高さを高くするために 腕は使っているだけ とも言えます から

Jack's Basic theory_Moment(2)Jack's Basic theory_Moment













右向きを造りたいから と言って
肩で右向きを誘導して行っては 右向きの意味が発揮されません。

練習や素振りでは 右向きの量も大事ですが、
右向きの質 も大切です。
コースでは緊張や期待のせいで 大きな体は動かし難く
兎角 早く動かせる、速く動かせる 
肩だけ、腕だけで
 初動の入り易くなるので肩を捩じらない習慣、
右ひじを動かしたときに ちゃんと右のお尻や脚が連動する習慣
を心がけてください。
sample2018 (2)_Moment(2)
✊それは フルショットにも大切ですが、
距離をコントロールしなければいけない アプローチでも
とても重要になってきます。
肘の動かし、グリップの高さ変更、と足回りによる向き
というのが 同期して動かす習慣を頑張りましょう!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


悶絶クラブ と呼ばれていますが、
平均的な市販クラブとの差はかなり大きいです。
IMG_0611
〇平均的市販クラブの5番アイアン
 ヘッド重量-240g / シャフトの硬さ-285cpm
〇悶絶クラブ スペック12 の5番アイアン
 ヘッド重量-320g / シャフトの硬さ-160cpm




一般的には シャフトの柔らかいモノほど
同じヘッドの重量でも ヘッドは重く感じます。
ヘッドの存在感がある、そんな感じです。

ヘッド重量の差で 80g・・・
目方で言えば たった80g ですが
割合(パーセント)で言うと 30%以上増量 ですし
ゴルフクラブの場合、そのヘッド重量は
1mの棒の先端に付き、かつ それに運動速度が加わるので
実際 スイングした時は 数キロの違いに感じる かも知れません。

そのヘッド重量が柔らかいシャフトの装着されている、
(硬い方のシャフトの軽いヘッドが付いているのです)
逆の組み合わせ  硬いシャフト/重いヘッド
柔らかいシャフト/軽いヘッド であれば
両方の感覚的な差は少ないかも知れませんが、
シャフトによって強調されやすい重いヘッドが
強調しやすい柔らかいシャフトの付いているのですから
初めて持つ人は 「打てるの??」「当たるの??」
ってなって然るべし…な感じです。

なにせ ティーアップしたり、カップインしたボールを拾うのに
弊社のシャフトは杖、支えになりませんから そこは注意が必要です。
クラブに寄っかかって立ったりすると転んじゃいますよ。


それを手にして、いざ 練習場!
そのヘッドの重さと柔らかさを 普通…平均的なスイングで行けば
どダフリ〜右に飛び出る〜スライス〜ハイボール の佃煮状態。
本来、ヘッドの重量分、遅れるシャフト・・・ヘッドも重いですし、
シャフトも柔らかいですから、遅れは今まで以上!です。
そして ヘッドが重く、シャフトが柔らかいですから
そのヘッドの遅れ を取り戻すことは容易ではなく、
ほぼ不可能なミッションに近いです。

ここで大概の人は
ヘッドの遅れは「待つものだ」 と思っています。
ヘッドが重く、シャフトが柔らかいモノほど たくさん、多く、長く、待つモノ
と信じていますが、間違いです。

ヘッドの遅れは 放置 します。
ヘッドが遅れることによって ダフリ・ハイボール・スライス・シャンク 
👉 開き を 👉 ロフトの立ち に替えるための 悶絶クラブ です。 
そして ヘッドの重さ を使って
グリップの進行を促進させますから
今までよりも 早いタイミングにインパクトポイントは来ます。
〇シャフトによってグリップが押される効果 です。

ヘッドの遅れ を ロフトの立ち に出来れば
ヘッドの重さとシャフトの効果を同時に利用できます。
ヘッドの遅れ を ロフトの立ち に出来るようになると
そのヘッドの重さによって グリップが押されるという使い方、
感覚ももれなく、同時に付いてきます。



IMG_0727


気付いていないのかも知れませんが、
ヘッドの遅れ → 開き → 待つ  と考えていることは
実はヘッドの遅れ、ヘッドが全体の進行から遅れているのではなく
グリップが遅れていることから派生的に発生しているのです。
問題なのはヘッドの遅れ、ではなく、グリップの遅れ
具体的には からだの幅から 右打ちの人であれば右にズレ、遅れ
が発生していることで
その状況が生まれてしまった時点で 後はもう 手で打つしかありません。


ショットは「遠くに飛ばすコト」「狙った方向に打つコト」
「そして それらを高確率で繰り返すコト」
と言うテーマがあるのですから、
全部をからだで打つ とは言わないまでも
出来るだけモーメントの高い「大きなからだの動き」にさせた方が
確率は上がり易くなり、かつ からだを壊しにくくなります。

からだで打つ! と誰もが考えている訳で
それが故に 先にからだを回して
結局のところ、インパクトは手さばき という
単なる 手で打つためのスイッチ としての体 ではなく
覚えやすいですから 手を使う にしても
からだと同期して移動させる というコトを
覚えるには 「重たいヘッド」「柔らかいシャフト」はとても良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ショットも同じですが、パターストロークの基本は
ボールという重量物を
自分の望む通りの方向や距離に
 移動させてあげること
』です。
特に距離が重要です。

bf312f18


ボールというのが球体であるがゆえに
 回転という転がりが発生するのであって
その転がり/回転にばかり意識を持って行ってはいけません。

よって
パターヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
打ち手の目線から見て
ヘッドが真っ直ぐ動くことを優先させるのではなく、
やや上から下方向の斜め直線になりますが
パターヘッドが 地面に対して概ね平行に
同じ姿勢のまま インパクトを迎えられる区域と作ること です。
003

打ち手の目線で
ボールの打ち出す方向ばかりを気にして
パターヘッドを真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出した としても
そのストロークでは
ヘッドが上下に円を描いてしまうため

 ☆インパクトロフトが均一性が生まれません
 ☆ヘッドとボールの当たり所が毎回上下にズレます
 ☆必要以上の回転がかかるため ブレーキがかかりやすくなります


一般的なショルダーストロークがこれに該当するのですが
この打撃方法では 基本 ショート します。
ショットもそうですが、ショットもパッティングも
方向は距離と一体のものです。
その方向に打ち出すのには 打つ距離が設定されており
それよりも 毎度 ショート
 しかも そのショート具合が毎回バラバラ なのでは
思った方向に打てたとしても、
その方向の意味はなくなってしまいます。
006009








人間ですから ミス、ミスヒットは生まれますが
始めから 距離が安定しない方法、打撃法を採用しては
方向の概念もおかしくなり
 距離と方向ともにガタガタに狂ってしまいます。
adc717b3-s

確かに 昨今の見た目は大きいが 中身はスカスカの
軽いヘッドを使うと 弾いて打ちたくなる気持ちは分かりますが、
しっかり重たいヘッドのパター(L型ブリストルとか)を
使っているのなら まずは安定したロフト
安定したヘッドの高さ変化を追い求めるべきです。

その上で動作論として どうすればいいのか
という事になると
刷毛塗…を誤解している方もいるとは思いますが、
体重移動を主にして打たない方が良いと思います。
体重移動は 体の構造上
体の身の部分が背骨を軸として向きを変えた時に
発生する、体の回転の派生効果 と言うか
体の回転そのものともいえる行為です。

パターには体の回転は必要が無いので
体の回転の無い 体重移動だけ という行為は
スイングを行う時に
体の回転 と 体重移動 が分離した別なモノ
になる可能性があります。

ですので ショットへの悪影響を考え
体重移動でするべきではありません。

93512ec8

では どうするか?

ショットの中である部分だけを抽出して
行うことをお勧めします。

ここは かなり色々な波及効果が期待できます。
スナップショット 2 (2013-03-12 19-01)

まず グリップです。
グリップは構えた時、左右の手が上下に重なっています。
野球のタイカップグリップのように離れて持ってはいません。
ここがまずポイントです。
つまり 利き腕である右手は
クラブを持った左手を横から押す形になっている訳です。
スナップショット 5 (2013-04-13 23-01)スナップショット 6 (2013-04-13 23-01)








グリップの移動量 = ヘッドの移動量
これを心がければ
距離感のコントロール(管理)がずっと楽になります。

それは直線の移動スピードで済むからです。

多くの人が苦労するのは
肩を揺さぶるとか 『振り子』のストロークは
グリップの移動量 移動方向や移動速度 ではなく
『シャフトの角速度』
シャフトの角度が変える速度で距離感をコントロール
しようとするから難しいのです。
と 同時に シャフトの角速度運動は
その角度とイコール分 ロフト角度も変化するので
出る球が ロフトによって微妙に異なります。

角速度 → ボールの直線移動速度
角速度運動 → ロフトの変化

5322-21-2015-1

という二重の曲芸で
パッティングをコントロールしようとしているのですから
そりゃあ イップスになります。
運動のベクトルが似ていない と言うだけで
難しいのに、 それに円運動を加えるのですから
殆ど奇術に近い方法なのです。

✌ 自分の目にだけ ヘッドが直線に動いているので
 錯覚してしまいますが、そのパターヘッドを真っ直ぐ
 動かすのに 円運動を取り入れてしまったのでは
 本末転倒だと…気づくといいのですが…。


スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





出来るだけ 肩を揺さぶらず
腕〜上腕をフリーにして
利き肘の曲げで  クラブを持った左手を引いて
利き肘の伸ばしで クラブを持った左手を押してあげる
というのが ずっとずっと簡単です。

ヘッドを動かそうとせず
グリップが動いたから その分ヘッドが動いた
という形を グリップというもので具現化しているのです。

刷毛塗の腕の部分だけを抽出する形ですが
このストロークだと
まず パターヘッドを動かす方向と
自分が動作する方向が一致していますので
(グリップを動かす方向)
本当の意味での 『方向性』を自分で管理できます。
  同じ方向に動くからです。

そして グリップを動かす速度がイコールヘッドの動く速度です。

ロフトやパターヘッドの上下変化がとても少ないので
慣れてくれば そのグリップ速度がそのまま
距離感として身に付きやすくなる訳です。


振り子に振って 円の角度速度を距離感として
身に着けるよりも格段に簡単に思えるでしょ?



c534b357


市販のパターだと辛いでしょうね(*_*;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ショットの破壊力は単純には
ヘッドスピードとヘッド重量の掛け算 です。

正規にボールをつかまえる ことはvideo_Moment(3)
フェースでボールを上から見て 入れてきます
当たり前ですが、打撃部分が重力落下も伴い行えます。
ですので 重力落下がスピードの加算 にも使えます。

ところが 開いたフェース
 ・・・この時点でヘッドの重さ感が増えており抵抗になっています
その開いたフェースを閉じるコトによってつかまえる行為に
ヘッドの重さの相乗効果はなく、邪魔なだけです。
より軽いヘッド、より小ぶりなヘッド(重心距離の短い)を好むのも納得です。

ショットの破壊力が ヘッドスピードとヘッド重量の掛け算になりきれてなく
単なるヘッドスピード頼み になっています。

上からフェースを入れてくる
のであれば ヘッドが一番高くなる付近 から入れてくれば良く
深いトップにする必要もありませんし、
反動も要りませんから テークバックにスピードは不要です。

開いたフェースを閉じて入れてボールをとらえる人にとっては
トップの位置での ヘッドの高さ はあまり必要ではなく
それよりも スピードをつけるための助走路の多さ の方が重要です。
例え軽いヘッドであっても ヘッドを動かそうとすればするほど
その重さは増してしまい、自分の労力、振った感だけが増え、
実際のヘッドスピードはあがっていない と気づくのは50年後位でしょうか
振れば振る程、ヘッドを振れば振る程
自分が下がる 👉スイングの中では体を開かざるを得ないと気づくのはいつでしょう?
そこ頃 既にゴルフそのものがなくなっているのでは??
って冗談にもなりません。
outin (2)_Trim_Moment(2)

開いたフェースを閉じて ボールをつかまえる教に入信している人にとって
テークバックやトップの位置は
ダウンスイング、インパクトで加速するための助走路ですから
行きも帰りも全速力、出来るだけ深いトップの位置が欲しくなります。
フェースを返すという行為で 浅いトップでは時間足らず なんでしょうね。



例外・・・はいるとは思いますが、
残念ですが 目にしたことはありません。
機械的に、訓練によって 型を作られた学生さんのようなスイングを除けば
フェースターンしようとしている人のトップは無駄に深く
フェースを上から入れようとしている人はトップは浅めです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


✋待望の週末 開催です✋



告知🌸第5回 スイング大改造セミナー開催



IMG_0520_Slomo_Moment


👉来る5月25日(土) 午後3時頃 より


👉
場所:ハミングバード 横須賀店:大矢部3-14-10


ゴルフスイング大改造セミナー を開催(2時間以上)いたします。

参加費:お問い合わせください→野澤

 〇046-804-1480 まで
 〇hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


スイングを教えたい人に、より有益なセミナーと思います
また スイングを変えたい、
良くしたい、教わりたい 場面でどういう考えがそれを有効にしていくか
と言うのにとても効果的です。

https://www.google.com/maps/place/35%C2%B014'22.7%22N+139%C2%B040'30.3%22E/@35.2396434,139.6729063,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d35.239639!4d139.675095?hl=ja

 ✋スペースの都合上、
同時に受講する人数には限りがありますので、
参加は事前にお知らせください      店主

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

…典型的な「つかまえる」間違っている例



『アプローチでスピンが効かない』
と言うセリフをよく耳にします。


これ 典型的な「つかまえる」を誤った例で
その間違っているコトが より一層
「スピンを効かなくさせています」


言葉…で表現するので分かり難い かも知れませんが、
ご了承下さい。


sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

✋ゴルフのショットにおいて
ボールのスピンが効くか 効かないか は
●単純に ほどほどのスピンが
 ボールの着弾時に残っているか、どうか

●ボールの着弾時のスピードや着弾する接地角度に対し
 適切なスピンの量が残っているか
 です。

どちらにしても 着地、着弾する時にスピンがあるか どうか で
スピンの数、最大回転数とはあまり関係がありません。
着弾時に スピンが残っているか どうか です。


ウエッヂショットなどで ボールを高くしたり
スピンの総数を増やすには
 〇ヘッドをより緩い入射角度で入れるか
 〇ロフトを開いて 大きいロフトで打つか
 〇より速いスピードで打つか

のいずれかになります。

ショットと言うのは 打つチカラ 👉ヘッドスピードとヘッド重量の掛け算
を固定値とすると、必ず ボールの速度、回転、打ち出し角度 に
分散し、どの状態で打っても ある意味 その総和は固定値通りです。
よって 何かが増えれば 必ず何かが減るので
ボールの回転数が増えれば スピードが落ちるか、打ち出し角度が減ります。


高く上がった球は 実際の移動距離は短いですが
ボールの立体的な道のりは長いのです。
ボールの回転は永遠ではなく、いずれ どこかで尽きてしまいます。
道のりの長いものは 高いか、スピンが多いか になり易いので
よほどのボールスピードが無いと 着弾時までスピンは維持できません。
sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット

スピンを増やそうとして ロフトを開けば
ボールは高く、ボールの回転は増えますが ボールの速度は遅くなり、
にもかかわらず ある段階までは高く、高く、上がりますので
ボールは浮遊中に回転を失い、着弾時 スピンは殆ど残っていません。

その行く末には よりフェースを開くと どこかの時点で
ボールが上がらなくなり、低い打ち出しになります。
これは ボールスピードを失い過ぎて、浮遊力を失ったからです。
こうなると ボールの浮遊距離、道のりは減りますから
着弾時に スピンが残っている可能性は高くはなるのですが、
ご多分に漏れず ロフトを寝かし、開いたロフトでボールを打つのには
大きなスイング、速いスイングが不可欠ですので
アプローチとしての危険度は最大になってしまいます。


練習場では結果が分かり難いので
試している人は少ないかも知れませんが、
フルショットではなく 中途のショット 30.40〜60などの距離は
自分のショットの破壊力 👉スピードとヘッド重量の掛け算
そして 自分のショットの癖、ロフトの作り方とヘッドの入射角度
によって サンドウエッヂではなく ピッチングウエッヂであったり
時には9番アイアン であったりした方が
着弾時にスピンが残っている可能性があり
スピンが効く可能性があったりするのです。
ロフトを立てる傾向の強い人には 大きなロフトのクラブでも
スピンを効かせられる素養がありますが、
ロフトを寝かせ気味にする人によっては、やや小さめのクラブの方が
スピンを効かせられる可能性があるのです。
sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット

とは言っても 9番アイアンではそこでびったり止まる訳ではないので
コースのアプローチ練習場や現場で ある程度試せない日本の
ゴルファーは杓子定規に ウエッヂの一本やりになってしまったりするのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



あらかじめ先に書いておきますが
現代のゴルフクラブ、そしてボールの性能は
昔に比べ、大変楽にボールが飛び、上がる、浮遊性能が格段に
向上していますので
無理にターフを取る必要もありませんし、
無理やり打ち込む必要もありません。


が,しかし ターフが取れる という
 概念を知っておいて欲しい のです。



アイアンショットで「ターフを取ろう」と言われます。
*ターフとは芝のコトです

と同時に スイングの最下点でボールを打つ と思っている人も
少なくないのではないでしょうか

では ターフがとれる として
 この2枚の写真ではどちらが理想的…でしょう?

IMG_0526IMG_0524









ちょっと あからさま と言えば、そうなんですが、
右の状況で スイングの最下点がボール ということになると
ターフを取る と言ってもボールを打つ前に
ヘッドは芝に大きく触れるコトになってしまいます。
上から降りてきたヘッドの 最初のコンタクトがボールではなく、芝
なのですから 単なるダフリ になりますよね。

業界用語では「いっちょ噛み」と言いますけど
あまり喜ばしくない、はっきり言ってダメな「ターフ取り」です。


そもそも スイングの最下点がボール である限り
それは「ターフを取る」ではなく、ダフリ なんです。


ヘッドが下がっている過程にボール があるので
最下点と言う意味では ボールより先
最下点と言う意識があるコト自体、良くないのですが
意識、としては ずっと下がりの過程の途上にボールがあって
打った後、体が左を向いていくから ヘッドの高さが上がるのです


ですから たまに見かける パンチショット・・・
 やる必要も、覚える必要もありませんが、
それは 左を向くのを止め、上りがない
一方的に下方向に移動するショットで 終えてしまうショットを指します。


ヘッドをターンさせ、開いたフェースを閉じてボールを打っている限り
ボールに最下点を合わせようとしますので
もしもターフ・・・この場合は芝と言った方が適切ですが
芝が取れるなら それは ボールより手前から始まる ダフリ になります。

ですので ターンさせるタイプの人は
✋芝付き悪い状況では ヘッドが跳ねてしまいトップ
✋地面がぬかるんでいる状況では ヘッドが抜けないで 距離ロス
が発生しやすくなるのです。 



ゴルフクラブは ロフトというモノがある限り
フェースの向いている方向が 次のヘッドの進行先 になります。
IMG_0524
ダフリ、芝を取る話をしていて混乱するかも知れませんが
このイメージで打とうとしている限り
ヘッドは 上がりながら ボールを打つコトになります。
しゃくり打ち とでも言いましょうか…




スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






この二つを見てもわかる通り
ヘッドをターンさせ ボールをこそげ取るように打つ限り
上手く打てれば 必ずダフリ な上
ボールを打とうとしている方向が 進行方向の前 ではなく 上
の要素が高く、 ヘッドをターンさせて打っている方は
ロフトが増えてくれば来るほど 飛ばなくなる傾向が強くなります。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



からだの回転を アバウトであっても
 『軸のある向きの変更』にするには
両腕でどうクラブ、
 特に移動によって増えていくヘッドの重さ
 (ヘッドの重さ × 長さ × 移動速度)
と ロフトの立ち と言う遅れ に出来るかどうか
に掛かっています。

MVI_0741_Moment(9)


遅れ を取り戻そうとする
その場面は ゴルフスイングの中でも
最も ヘッドが重くなる時期 なのですから
軸に近い部分の速度を落としガチ、止まりガチになります。

重さは遅れるのが普通ですので
それを「ロフトの立ち」に変えられるのであれば
その重さは放っておくべきなのです。


ロフトの立ちは
重さが作ってくれる、重さが手伝ってくれる のですが
ヘッドは遅れても良いですが、
グリップが遅れてしまうと
それは「ロフトの立ち ではなく、フェースの開き」
になってしまいます。
そこが肝心です。

ロフトを立たせるには
〇からだの進行に対し、グリップが遅れないコト
〇からだの幅の中にグリップが収まっているコト


両腕の役割は
ヘッドを動かすコト ではなく
ヘッドの重さによって からだの回転に対し
遅れがちな、体の幅からズレがちな グリップを遅れさせないコト にあります。

逆に そのグリップを『いつ』『どこに/どの方向に』に動かすか
が からだの回転 シフト などを決めていく とも言えます。


基本、腕でグリップ、強いてはクラブを動かせるチャンスは
クラブの重さ と言う意味で軽くなっている 短くなっている時のみ
クラブの長さが長くなり、速度が増して来たら
もう 腕で同行することは出来ず
ヘッドの重さが重くなっている時に 腕で動かそうとすると
からだの回転が 骨盤ではなく 肩 になってしまいます。
具体的には トップからダウンスイングのほんの初期段階までが
腕の出番であって、ダウンスイング後半に出番はありません。

からだ と言う本体が本格的に動き出すまで
そのスターターモーターであり、
その方向を道案内する のが腕の役割とも言えます。

クラブは勿論、グリップを動かせば(移動させれば)
「シャフトでつながっていますから その分 ヘッドは動きます。」
…重さが増す分、動きたがりませんが つながっている限り
グリップの移動に伴い ヘッドも動きます。
IMG_1632_Moment

インパクトまで ヘッドの遅れがロフトの立ち になるよう
からだの行きたい、行くべき方向に やや先回りして
グリップを移動させてあげましょう。
高い所から『フェースで』ボールを打つ と考えれば
 どのようなルートか だいたい見えてくると思います。
また インパクトまでを全部 手で、腕でグリップを動かすのではなく
それはほんのきっかけの部分だけです。

基本、胸に平行、体との間隔は等距離で移動させたいのですが、
からだの回転が本格化し始めると
クラブや腕にも遠心力が掛かりますから
からだから離れようとしますが、それをある程度見越したルートを
探ってみて下さい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


アイアンヘッドをデザインする際
『低重心化にする』ことは
アイアンヘッドをやさしいものにする の代表例です。

ボールの半径・地面からのボールのセンターは22ミリ位なので
これを基準に それ以下のモノを低重心
それ以上のモノを高重心と呼びます。


まあ 表立って低重心と呼べるのは
重心高さが20ミリ(以下)を切ったものでしょうね。

この10年でスイング論が異質な形に変わってきてしまっているので、
この低重心化というのがやさしいもの と言えるのかどうか
少々 ❓❓❓の時代になりました。
本来はゴルフクラブによって 簡単かそうでないかの目安の
代表例が「ボールを上げる能力」だったのですが
煽るスイングが主流の現在、低重心化はボールを上げることに寄与
しなくなっており、逆に失速を生み出す可能性が生まれてきています。
ユーティリティなどもそうですが、重心の高さが18ミリを下回り
それよりも低いものは 煽り打ちの人には危険です。



意外かと思いますが
ソールが厚かったり、大きくても
実は「低重心化」にはあまり関係ないのです。
ソールの奥行き(厚み)が 1mm増えても
重心は1ミリなんて全く下がりません。
機種や形状によりますが 製品誤差程度
0.5ミリ以下程度の変化しか起こりません。


特別な異形としない限り
アイアンを低重心にするのは 二つの方法 です。



.▲ぅ▲鵑旅發機幣絏縞向)を薄く(低く)する

死語になってしまいましたが、
上下に小さい(薄い?低い?)アイアンのことを
ロープロファイルのアイアンと言いますが
この形状は典型的に低重心を優先した形状です。
ロープロファイルの形状のアイアンは
総じて トゥ側も低めに取り
ヒール〜トゥ方向への末広がりが少ないアイアンになります。

一般的なアイアンの形状で
ロープロファイルの 特にトゥ側の低いアイアンヘッドは
重心距離の短い、小振りな形状になりがちで
低重心であっても 慣性モーメントの低い
ミスにシビアなアイアンになりがちです。


$_1

ふるーいアイアンですが、代表的なものは
ブローニング というのがありますね。
(知ってる人いないでしょうね)
この形状は ロープロの代表でもあり
重心距離の長さもあってとても特徴的ですね

まあ アイアンと言うよりも
L型パターに近い形状です。

通常のアイアン という形では
この手の ロープロファイルのモノは殆ど姿を消しましたが
たらこ型のユーティリティにその流れが残ってますね。




▲優奪を短くする

ソールを厚くするよりも はるか効率的に低重心になります。
003

特に近年、接着剤の性能があがり
接着面積を少なくしても安全になったのに伴い
この20年でかなり短いネックが主流です。
機種によっていろいろではありますが
古いタイプのものに比べると 30mm近く短く
30mm近い鉄の筒がなくなったのですから
低重心化するのは確かです。

一方、そのネックについて 気になるのは
最近のパターです。
パターは転がすこと、ボールを上げないで転がすことを
主目的にしていますから
低重心である理由も、深重心である理由もありません。
低重心・深重心ともにパターにとって
良い面は少なく、よりよいボールの転がりを作り辛くなります。
マレットや私の目からは異形なパターは
慣性モーメント →ミスへの寛容性 を上げる
という名目で大きくなっているものが多いですが、
ボールの良い転がりを犠牲にしている面が少なくないと思います。
ならば 高重心・浅重心で
ヘッド重量を重くすればいいのですが…
おそらく 科学的、ロボット的なデザインの方が
進化したもの、進んだものと
ユーザーは感じてしまうのでしょうね



大型キャビティがミスに寛容とは限りません

そう 低重心とは別な話題ですが
ミスへの寛容性 慣性モーメントの話をしましょう。

多くのゴルファーは
大きなヘッド=ミスヒットに強い
大型ヘッド→慣性モーメントが多い

という風に考えていますが、
実は真実ではありません。

ボールの打撃 真っ直ぐ飛ぶとか高く上がるは
物理現象であり、視覚現象からは生まれません。


ミスへの寛容性が高い というのは
アイアンに限らず、 パターやドライバーもそうですが
ヘッドの運動「持続」能力が高く
ボールに接触しても そのサマによって
運動が阻害されにくく、影響を受けにくいことを言います。
それを用語として「慣性モーメント」と言います。

つまり ゴルフクラブのフェースにどこかの芯があり
その芯にあてるとか、その芯の広さとか
フェース面上のボールの当たり所 ではないのです。

慣性モーメントは当然ヘッドの創り と ヘッド重量
そしてヘッドの移動速度の掛け合わさった総体 です。
001

大型のキャビティヘッドが慣性モーメントが高いのは
重量が周辺に配分されており その分
おおよそのボールの当たりどころに対し
重さ×距離分 重さが多くなる効果 という意味です。

ですので 機種など造りによって多少差はありますが
キャビティヘッドだから コンベンショナル(ブレード)
マッスルバックのアイアンヘッド
よりも ミスに寛容 というのは正直、真っ赤な嘘

✖230gのヘッド重量の大型キャビティアイアン よりも
◎270gのヘッド重量の小型マッスルバックのアイアン


の方が慣性モーメントは大きく、ミスに寛容 というのは
普通にあり得ます。

ただし コンベンショナルなアイアンは
買うユーザーの嗜好上、重心距離も短く
ヘッドを回転させることを念頭に使われるので
そういう使い方も含め ミスに寛容かどうかは
微妙ではあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



フェースターンでボールをとらえるモノ』として覚える、
『開いたヘッドを閉じることによってボールをとらえる』
として覚える、
一番の弊害・・・正直、ゴルフスイングを
ゴルフスイングでは無いモノ、
ゴルフショットをするのに最悪なからだ使い をさせる
imagesCAXUT058
その動きは ヘッドをターンさせる動きは
具体的には 『両肩の上下を入れ替える』 その動きです。
インパクト直前に 左肩を上げ、右肩を下げ
今までの『肩の上下の関係を逆転させる』 その動きです。

いったい 何千人の人が毎年、腰を痛めたり、肘を痛めたり しているのか
すさまじいほどの呪いです。

それそのものも 呪いと呼べるほどの動きですが、
それによって 殆どの人が
からだの回転 の からだ は肩だと妄信していることで
それは トッププロやレッスンプロも例外ないほどです。


実際には スイング軌道上で
ヘッドの進行のほとんどは からだ の動きで行われる筈 なのですが
呪いに掛かっている人にとっての
からだ は 肩の動きなので
自分では からだ で クラブを動かしていると思い込んでます

 ( ;∀;)なんとも複雑な・・・
オレオレ詐欺であれば 完璧 とも言えますね。

ですので テークバックでも
肩は腕の一部分であるのにもかかわらず
肩を回せば からだを回していると信じていますから
「もっと体をまわせ」 は
「もって腕を使え」 
になってしまいます。


正しいスイングにおいて
正しい「つかまえ」を前提にしたスイングにおいて
グリップ、クラブ、ヘッドの移動、進行は
からだ 👉股関節から上の胴体の向き に司られている筈 なのですが
そこは動かさず そこはボールに向けっぱなし位のつもりで
スイング動作の真似事をしているのですから
世の中には 佃煮のように カット打ち、アウトサイドイン の人が溢れています。
困ったモノです。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-08)

その腕周りの、クラブに対する腕の使い方を 変えず
股関節から上の胴体 本当の体をまわせば
単に深いトップになるだけで
からだの向きに対する グリップの位置は 右にずれたまま なので
量ではなく、質としての右向きは一向に改善されません。


video_Momentvideo_Moment(2)










 ↑ この画像を参考にして頂くと分かるかと思いますが
二つの画像で からだの向きはほとんど変わっていませんが
腕、グリップの位置は右にずらされてしまっています。
その上で 右ひじは固定されたまま
 左腕だけが クラブを上げてしまっていますので
クラブは倒れ、このまま打ちに言ったのでソールで打つコトになります。
ですので その諸悪の根源のフェースターンが不可欠になるのです。

…だって フェースターンって 開いていないと出来ないから
 クラブを倒さないといけないのです。

スイングの軌道に沿って 『左腕で』クラブを送りこむ
と言うのが 実際にやっていることなのですが
自分はそれをからだでしているモノと信じています。

これでは対象の固有名詞  「腕で!」 と 「からだで!」 
に齟齬がありますから アドバイスも効きません。

カット打ち、アウトサイドイン とは
からだに対し ヘッドが遅れているコト ではなく
グリップが遅れているコト が問題なのに
よりグリップが遅れやすいテークバック、トップがあり
それに加え 本当のからだ まで回して
トップを深くしたら より一層グリップは遅れ易くなります。

正直、スイングなんてどんな格好で打っても良いですけれど
どんな動きをしても グリップを動かさなければ
サイドは 腕使いの ヘッドターン しか 打つ術がなくなってしまいます。

tiger恰好を気にするな とは言っても
グリップが遅れると こんなけったいな
こんな汚い姿勢、体を痛めやすい姿勢になるのです。
好きでしていないとは言え、大原則に
フェースターンと言う「つかまえ」があるのですから…。
目に痛い。。。です。。。


どんな動きをしてもグリップさえ付いてこさせれば
グリップさえ動かしていれば 例えフェースターンが残ったとしても
その量も、難易度も、格段に減らせられるのです。

そこを踏まえたうえでの テークバック構築を再考してみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ