◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2019年02月


錯覚してしまうコト、誤解されるコトが多いので
確認しておこう♫

手のひらは親指が上、小指が下。。。

 ヘッド…、クラブはどちら側にありますか?

親指側ですか? 小指側ですか?

そうです。クラブは上にあるのです。

前傾をして、前に傾いて(かがんで)構えているので
錯覚し易いけれど
左手が一番下に有って
次に右手・・・そしてシャフト〜ヘッドがある
ヘッドが一番高い位置にあるんだ!

7b751c2e細かい角度にこだわる必要はないけれど
腕とシャフトの関係は
アドレス時で120度位
(写真はインパクト時…)
腕とシャフトが一直線になることは
スイング中には一切なく(願望も含め)
一番、鈍角になったとしても 120度 と考えるべきでしょう。

スイング用語に「コッキング」と言うものがあるけれど
動作、アクション、技術 意志を持った動きで
このコッキングというのは無いと考えて良いと思う。

有る目的と別な動きをすると、
クラブの構造上、結果そうなってしまう
と考えるのが理想でしょうね。

フルスケールのスイングという訳ではないが
トップの位置でこの程度
b6066d09120度の角度が90度位に
なった訳だから、その差は30度。
殆ど角度を変えていないに等しい。
褒められたことではない(お勧めしない)けれど
もしも自分の意志でコッキングをしたとしても
必要な運動の角度差は たかだか「30度」
その角度は、アドレス時の右腕と左腕のV時の角度程度。

225484_170587513091874_290037338_nゴルフクラブ…
クラブヘッドのこの鎌首を
もたげた形状を考えれば、
テークバック時に
ほんの10度程度動かす感じで
30度の角度差は付いてしまうだろう。

これも良く覚えておいた方が良いけれど
時計の 一秒 一分 の角度は 『6度』
30度分は5秒分 5分分の角度だ!
形状を考えて10度分位動かすとして
時計の針の 一秒か二秒分動かす程度だというコト。

あれ?

多くの人が シャフトを90度も上下に動かそう!
ってイメージありませんか?

アドレス時には ヘッドが下に有って、グリップが上
トップ時には、それが逆転して ヘッドが上、グリップが下
インパクトまでにはそれをまた逆転させる!
 って 思っていませんか?



刷毛塗の話にもつながっていくのだけれど
クラブというか、グリップをこぶし2個分程度
動かせば(片道)ボールを打つことが出来る…んだけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを覚えていく上で
体の部位の中で器用な、覚えの良い
腕の使い方で全体を掴んでいくのも
良い方法の一つです。


腕の使い方で
忘れてはいけないのは
両手 両腕は手錠とは言いませんが
グリップ(クラブのパーツ)で束縛、拘束されている
というコトです。
野球では時としてありますが、
ゴルフの場合、スイング中に、特にインパクト以前に
片手を離す というコトはゼロに近いほどです。


クラブをどう使うか、どう扱うか に直結しますが、
行き〜テークバック においても
帰り〜ダウンスイング においても
ライ方向にクラブを動かそうとするのは
出来るだけ避けたい ですね。

ボールは当たり前ですが、フェースで当てます。
これはルールでもそういう設定です。

スナップショット 1 (2014-03-04 10-51)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)

ライ方向 にクラブを上げ
ライ方向に クラブを下げる
・・・ボールをソールで打つ前提であれば
 その方法もあり・・・かも知れませんが
 フェースで打つ ライ方向にクラブを動かす となると
 やればやる程 ボールに回転を付ける になります。

また ライ方向にクラブ上げ、ライ方向にクラブを降ろす
となると クラブが外に膨らむ力。。。
運動の速度の増す時期。。。 下方向に膨らむ力が強くなりますから
前傾姿勢を解き、上に体を逃がし、空間を作らなくてはなりません。
スナップショット 3 (2013-05-14 4-34)

手で振るにしても、体で振るにしても
ライ方向に動かせば
スイングの弧、ヘッドの進行に対して
90度も違う方向に動かすのですから
遠心力も加わり、想定よりも弧は膨らみますから
グリップもヘッドも遅れます。手遅れは必然になります。

どこからで ヘッドターンは必要になりますから
非常にやることは盛沢山。

縦に横に 器用に体を逃がさなくてはなりません。

基本 ボールはフェースで打つのです。
そのフェースは ヘッドの進行方向 スイングの弧に対し
ロフトゼロと仮定すると、横 垂直の関係 にあるのですから
それを忘れないで下さい。
004

クラブはロフト(キャビティ)に移動させて
・・・・・・もちろん グリップを…ですが
初めて フェースでボールを打つコト に
チカラを加えられるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

スイングの考える時に
まず第一に考えるのは
「どうグリップを動かすか(移動させるか)?」
ということです。

確かに ボールはヘッドと接触して飛び出しますから
ヘッド! ヘッド! と考えるのは
気持ちは分からない訳ではありませんが、
そこは理屈というよりも、物の道理として理解してください。

打ち手が動作…基本的には体を回す
という行為によって グリップが移動して、
その分 ヘッドが移動します。

ボールを飛ばしたいから たくさん、速くヘッドを動かしたい
というのも心情的には理解できますが、
そうであるのなら グリップを たくさん、速く動せばいいのです。

IMG_0375


ヘッドばかりを意識するのは"なぜいけないのか
説明しましょう。

ヘッドだけを動かす という動作は
必ず反動を使ってヘッドを動かすようになるので
ヘッドを動かすためにグリップを止める
ヘッドを動かすために体の動きを止める
というのが付いて回ります。

ゴルフのショットが「その一球」だけであれば
それでいいかも知れませんが、
ゴルフはショットの連続、そして一年を通して遊び
なが〜く楽しむ遊びです。
そして 出来ればミスは少なくしたいですし、
気持ちの良いショットを続けたい と思うものです。

良いショットが出たら繰り返したい
ミスショットが出たら修正したい
そう思いますよね。

しかし、グリップや体を止めて ヘッドだけを動かすような
そんなショットをしていたら
自分の動作と ヘッドの動きに 直接的なつながりがなく
同期していないので、自分の動作を同じように繰り返したり
また、修正したりしても
 それがダイレクトにヘッドの動きに反映されません。
偶然待ちのような状態の繰り返しになってしまいます。

パターと同じ…なのですが
軽いヘッド、硬いシャフトのボールを飛ばす力のない
ヘッドのスピードアップでしか飛距離増大を生むことのしにくい
クラブでの概念に取りつかれ過ぎです。
自分の頭でよく考えてみて下さい。
ヘッドスピードの増大→遠心力の増大 は
確かに何かのエネルギーの増大につながりますが
そのエネルギーは『ボールの飛び出す方向』とは
まったく一致しない。
結果的に言えばスピンをたくさん生み出すための
エネルギーになってしまいます。
弾いて スピンを生み出すのなら
その速度や量が増えれば 確かにボールスピードも
上がりますが、それはヘッドスピードのアップと相乗せず、
無駄な動作ばかり増えるのです。


l064-e1402138366603


また、ヘッドスピードで言えば
インパクト付近が一番高く(速く)なる箇所です。
ところが ヘッドだけを動かすようなスイングであれば
その付近でグリップなり、体を止める訳ですから
一番速くなる箇所で止める という歪みが
必ず体のどこかに負担をかけます。
おそらく クラブに近い部位の中でも弱い左の手首や肘
などを痛める原因になります。

それは動作の緩急だけでなく
打撃の衝撃にもあります。
成人男性であれば ドライバーショットの
インパクト加重は 800〜1200キロ にもなります。
運動の緩急だけでなく、その負荷は
やはり 動いている場所と止まっている場所の間の
どこかにかなりの負担となるでしょう。


ナイスショットも繰り返し辛く
ミスショットの修正もし辛い…
偶然待ちの連続の上に
体への負担も少ない無い…。

確かに「偶然待ち」のショットであっても
訓練によって その偶然待ちの偶然の確率は高まるかも…ですが
体に負担の多いスイング方法なので
上手くなる(というのかどうか…)のと
体の故障は比例するような関係になります。

ですので
ヘッドを動かしたいのならグリップを動かしてください。
ヘッドを速く動かすのならグリップを速く動かしてください。
こうグリップを動かす…と こうヘッドが動く
こう動かす(移動させる)と こう動く

というリンクを確立させることが
そう考えること そのものが 上達の基礎 になります。

自分の動作によって グリップを動かすスピードが
そのまま ヘッドの動くスピードになれば
自分の動作速度によって ヘッドスピードも管理できます。
 
 パッティングの基本ですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットにおいて
グリップを支点とし、
もしくはクラブの長さのどこかに支点をつくり、
グリップの動きと異なり ヘッドを動かしたり
グリップの移動を止めて ヘッドを動かすコトの
不安定度、危険度をよく理解してほしい。
IMG_0148_Moment

理屈においても、物理的にも
ゴルフクラブは打ち手のなにがしかの動きによって
グリップが動くから ヘッドが動くように出来ている。

それは 移動の総量においても
速度においても
方向においても ほぼ等しいモノで、

それによって 動作でヘッド速度を管理したり
ヘッドの動く方向を管理して
ショットやスイングを修繕したり、改良したりするのに
非常に適している。

グリップを支点として
もしくは クラブの長さのどこかに支点を作って
ヘッドを動かしてしまうと
特に 移動の方向において
グリップとヘッドが 真反対、逆に方向に動く瞬間が
一番重要な インパクト付近に発生し易くなってしまう。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






ドライバーやウッドで、長めのクラブであれば
そのヘッドの移動速度は 時速100キロを超えるような環境で
ヘッドとグリップが反対方向に動くようであれば
その修正は 瞬間芸、神業に近くなってしまう。
これでは その打ち方の修正は本人しか出来ないし、
例え 良いショットを打てたとしても、それを継続する「コツ」というものが
はっきりと存在しない あまりにタイミングに依存する芸当になってしまう。

ゴルフにとって 「ショット」はそのすべてではなく
ゲームを進めていく上での 単なる手段に過ぎないのに
それを タイミングだけに依存するのは あまりに危ういと思う。


グリップの移動で
そのヘッドの移動の速度
そのヘッドの移動の方向
そのヘッドの移動の総量
それを管理していくことが ショットの確実性を高める 最大で
唯一の方法と言えるだろう。
IMG_0175(2)_Moment

クラブは運動をさせれば そこに属する重さは重さを増すので
スイングをすれば ヘッドは遅れる
それはそのまま放置し
如何に 体の向きの変更に「グリップ部」が遅れず
体の幅の中に収めておくか が スイングのほぼ全部と言えるだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ことさら スイングプレーンを重要視するつもりもないし
そのヘッドの軌道は「お好み」でいいと思うけれど

インサイドアウト の意味を今一度考えてほしい。

・・・ちょっと 内容は難しい…ですが・・・

images


これはなぜか・・・というと
この インサイドアウト には
からだの回転と言う意味が多分に含まれているから
 です。



多くの人は テークバックで右を向きません。
手で トップの位置…らしい所にクラブを持って行くだけです。
にもかかわらず 左は向きます。

インサイドアウト のインサイドは
アドレス時の飛球線に対しての意味合い ですが、
インサイドは ボールよりも自分側
インサイドの量が多ければ ボールからより離れていく
と言う意味も含まれています。

一般論のスイング軌道で『インサイドアウト』は
ボールから自分側に ボールから離れていくところから始まり
ボールに近づいて インパクトを迎え 打ち終わると
ボールよりも自分の反対側に また ボールから離れていく
というコトを指しているのですが、
それが 今の主流のスイングの回転と噛み合っていません。

右を向いていませんから
そこから 回転すると 自分は ボールから離れていくことになります。
多くのスイング動画をご覧になれば
かなりはっきりと見受けられますが、
自称「上手」と言っている人やプロのスイングであっても
ダウンスイング、インパクト以前に
ヘッドはボールに近づいているのに
グリップはボールから離れていく
ヘッドはインサイドからボールに向かっているのに
グリップはボールからインサイドに切り込んでいる
そんな クラブ使いをものすごく多く、
逆に言うと そうでないスイングを見つけるのが大変難しいほど
見ることが出来ます。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






そのクラブさばきでは クラブのどこかに支点を作って
テコのように クラブ/シャフト/棒を素早く反転させることが出来るので
加速感が味わえます。
しかし それに伴うからだの回転は
正面の存在しない 動作が始まるとすぐに左向き になってしまいます。

グリップの自分の方、インサイドに引き入れることによって
無自覚的に 体の向きが左に向くコト・・・
それは ある意味、
グリップを引き入れる空間を作っている
グリップを避けている反射行為で
動作としての からだの回転 ではありません。


からだの回転があるから グリップが移動し、そして ヘッドも移動する
であれば
からだの回転によって 体自体もボールに近づき、グリップもボールに近づく
そして ヘッドも・・・ それが 本当の意味での インサイドアウト です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

ゴルフの基本姿勢、構えを何故にアドレスと言うのか
実は私もわかりません。
英語では「ポスチャア」 構えとか姿勢と言う意味です。
なんだか、和製英語としても、そちらの方が
適切かとは思うのですが。。。

弊社では、ボールは左足かかと付近に置くことを
推奨しています。

IMG_0001

ボールの前面が左足のかかと線上 付近
と言う意味なのですが、
これにも条件があります。

多くのゴルファーは、アドレスを右向きに取っています。
本来、ボールのターゲット、目標方向と
人間の立ち向きは、平行な、線路のような関係です。
51

決して交わることの無い平行な関係です。
クラブヘッド、フェースが目標を向いている、というコトは
体の向き、立ちの向きは、目標よりも左を指している
というコトになる筈、なのです・・・。

ところが、多くのゴルファーは
体の向き、立ちの向きも目標に向けてしまっています。


結果としては、ターゲットも右を向いてしまうのですが
右向きのアドレスで、ボールを左足かかとに
セットするのは、体をひねって
目標方向よりもやや左に捩じって、インパクトすることに
なります。

向きをスクエアに出来ていない人の多くが
左足かかと付近にボールをセットしないのは
本能的な理由が存在するわけです。
逆を言えば、真ん中にボールを置いている多くの
ゴルファーは右を向いて、構えているとも言えます。

IMG_0001 (2)IMG_0001











つま先は開き方が人それぞれありますから、
両足のかかとが目標方向と平行になるよう努める
そこから始めるのはとても大切だと思います。

想像以上に、この向きを
正しく「スクエアに立つ」習慣付けするのは
簡単ではありません。

上手く打てないと、次第に馴染んでいる位置へと
修正していくものです。

頑張って、ここから始めてみる というのは
如何でしょう。
このアドレスの向きの「狂い」は
あと後の改善が非常に難しいので、
狂っているアドレスは、スウィング中の細かい修正が
入ることになります。

慣れるまでは、一球一球クラブを置いて確認するのも
良いかもしれません。
ちょっとスランプに陥って来たときにも
そこをチェックしてみてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的なゴルフクラブ。。。
カタログ上などではあまり問われることはありません。
とても不思議な部分というか
そんなに難しくない物理思考であっても、力学であっても
答えは明白です。
460TL-1

打撃するのに 打撃物、この場合はゴルフクラブヘッドですが
この質量は 破壊力に直結します。
勿論それは移動速度との融合ではあります。

補足 ではありますが、実証したデータでは
普通のゴルフクラブを基準に ヘッド重量だけを変えた場合
プラスしても、マイナスしても 50g程度の質量変化では
ヘッドスピードの変化は起こりません。

速度が変わらず 打撃部分の重さが増えれば
それは もちろん打撃力・破壊力の増大につながります。

重さ増加 は イコール モーメント、慣性の増大にもつながり
ヘッドが運動、移動する場合
その姿勢を維持し、運動を続ける力の増大になるのです。
ですので バンカーやラフ、濡れた芝など
ボール以外のものも どかさなくてはならない時
その威力を発揮します。
『打ち抜く力』が増す ということですね。

455T-1


市販のウエッヂなどは 軽すぎて
正直、その質量ではバンカー嫌い・苦手を生み出す要因に
なっているとしか思えません。
厳密に言うと その軽いヘッドと硬いシャフトの組み合わせは
軽いから グリップを押す作用
クラブの運動・移動を続ける力が弱く
対質量にも弱くなります。
そのうえ その重さをグリップに伝え
グリップの移動を促す力も シャフトの硬さ ゆえ
さらに減少しますから
バンカー・・・・ 出にくいでしょうねー。


それと同時に
姿勢変化、運動維持性能が高い重いヘッドは
ミスヒットにも非常に強くなります。


ヘッドそのものの慣性モーメントが大きいので
あまり良い姿勢、良い場所でなく ボールに当たった場合であっても
そのボールの質量・負荷に負けにくいので
ヘッド姿勢の変化を起こしにくく、減速もかかりにくいのが
大きな特徴であります。

よく弊社の L型ブリストルパターはどこで打てば
(フェース、トゥ〜ヒール方向のどのあたり?)
という質問を頂きますが、だいたいフェースの中ほどで打てれば
どこに当たっても全く変わりはありません。
故に トップブレードの印など
視覚的に残像の残りやすいものを打ちたいとは思っていません。
IMG_0226_Moment(2)


質量が大きいと トップやダフリにも非常に強く
しかも ちゃんとした使い方を覚えれば
その 打撃力・破壊力は距離の増大に使えるのですから
なにも デメリットはないと思うのですが…。

例えば ヘッドが重いと…振りにくい とは言っても
重さが負荷になるのは 重力に逆らい
ものの高さを上げる時ですから
スイングにとっては テークアウェイに当たると思います。
長さが付加されますから そのままの重さではありませんが
 250gのものが 300gに増えたところで
何か変わりはあるでしょうか…。
テークアウェイでは移動のスピードもさほどではありませんし…。
そして 重要な打撃の部分では
基本 下り… 重さが下に使えるのですから
逆に楽だと思うんですがね。。。

もひとつ 不思議に思う部分なのですが。。。
重いヘッドは振りにくい と考えている人に限って
遠心力は打撃力の源 と考えているような気がします。
本来、先端部分の重さが増せば その遠心力は増えるから

好都合なはずなのですが。。。
軽くして 無理してそれを速く動かすのと
何が違うのか 意味がわかりません・・・。

そもそも ゴルフスイング以前に
質量というものを何だと考えているのか
聞いてみたいところです。

まあ あまり良い例えではないのですが
荷物満載のダンプカーが 軽自動車とぶつかった場合
当たり方に関係なく 軽自動車はかなりやばいことになります。
当たり方がどうであっても その場合
ダンプカーがスピンすることは少ないでしょうね。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

004

よく シャフトをしならせて しなり戻す
➡しなり戻す が クラブの動き と思っている人も多いが
それは打ち手が 
グリップの移動を
シャフトの反動に負けずに 止める
 という
クラブではなく 打ち手の動作 であり
クラブの運動とは異なる。

ゴルフクラブによる打ち手に対する作用はあるが、
ゴルフクラブを動かすのは
それを持った打ち手が動作して
「グリップを」移動させるから
結果、ゴルフクラブ、
ゴルフクラブヘッドが移動するのだ。
ゴルフクラブの、クラブヘッドの
最大の移動源、運動源は打ち手の体の回転である。
多少のひじなどの腕の作用による補助的な
移動・運動はあっても
少々 大袈裟には体の回転が
唯一の移動・運動源
なのだ。
考えてみれば 当たり前である。


実は結構大切な部分ではあるのだけれど
とても意識している人が少ないように思えるのは
ゴルフクラブの「グリップ」部はスイング中
逆方向への動きから正方向への動きに切り替わる
切り返しの箇所を除いて
スイングが終わるまで決して止まることはない
ということ。

そして グリップが止まるということは
体の回転も止まるということ。

最大のクラブの移動・運動源である
体の動きを止めてしまうことは
ボールを飛ばしたくない と宣言しているのと同じ。

ダウンスイングからフォロー
特にインパクト付近は
理想的には最大の移動スピードを確保したい!
そこを無理に加速する必要は
スイングに一切ないのだが
緩やかな加速の過程のなか
最大の移動スピードを確保したい箇所である。
にもかかわらず
多くのゴルファーは そこで
グリップの移動を止めてしまう。
体の回転を辞めてしまう。
006

厳密には クラブの移動は傾きはあるとは言っても
体の向きを変えるから 結果として円を描くとしても
あくまでも 水平方向への横移動である。
それを 縦方向〜上方向の動きに急激に変え
水平移動を止めてしまう例も少なくない。

そう 目の前のスイング意識としては
グリップを止めない
切り返し以外は グリップの移動を決して止めない
スイングを作らなくてはいけない。

決して突飛なことではなく
考えて見れば当たり前のことだけれど
意識している人は少ないだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日の投稿記事  byよっちゃん に書いてありますが、
http://hbs.livedoor.blog/archives/1978540.html
多くの方が悩まれるスイングの課題、問題 なのですが、
文面で説明するのは難しいのですが

スイング・・・以前に ボールをどうさばくか

動作や技術を全部無視して
『ゴルフクラブを持って
 ゴルフスイングのコトは全部無視して、気にせず
 ボールを打って!』

・・・インパクト前後 20センチ位…合計50儖未
ヘッドとボールのコンタクト観というか
    そこらへんが根本になっています。

IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)







このボールさばきは
スイングや距離などで悩んでいる人のほとんど
ゴルファーの半数以上が そのボールさばき、クラブさばき です。
最近では富に悪い意味で「流行っています」



そのクラブさばき、ボールさばき であれば

👉絶対に 体は開きます。
 開かないと ボールは打てません。
 閉じたら ボールが打てません。

👉手打になります
 手打ちでないと ボールは打てません。
 体でクラブを動かしたら ボールが打てません。

👉ハンドファーストには出来ません。
 ハンドファーストでは ボールは打てません。
 故に ヘッドターン以外 ロフトは締められません。
 緩くなったロフトの分、スピードが必要です。

👉インパクト直前で急加速が必須です。
 等速でクラブを動かして ボールを打つコトが出来ません。
   ・・・・・・ランニングアプローチは怖いですね・・・・・・

👉体重を左に移せません。
 体重を左に乗せたら ボールに当たりません。

👉テークバックは 体を回せません。
 肩や腕だけで上げる方法の方が打ち易いです。
 故に 肩・肩甲骨を回す、胴体・上半身を捻る〜胴捻転の病になります。

👉インパクトで左肩はかなりあがり、右肩は下がります。
 そうしないと ボールが打てないから です。


キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





✋このボールさばき、クラブさばきでは
 スピードを抑えたアプローチやランニングは苦手になります。
 速くヘッドを動かせる 上げる・・・アプローチはロブショットが中心になります。
 ヘッドを速く動かすコトしか出来なくなります。

✋胴捻転を起こすので 腰や脚と肩の回転角度が異なるので
 地面から打つ長物、傾斜のショットが苦手になります。

✋力がないと バンカーショットが飛ばせられないショットなので
 非力な方や女性にとって バンカーはかなりの危険地帯になります。
 距離のあるバンカーは刻みが必須になります。

✋アドレスは必然的に 右向き。
 ややひっかけで打つ感じになりますから
 12時を目標とすると、2時を向いて立ち、10時に向かって振るような
 『非常にタイミングにシビアな曲芸打ち』になりますから
 自分以外 それを修正、改善する手がありません。



✊自分のやっているコトが理解出来れば 治ります。

✊逆に その肝心かなめな部分が変わらない限り、
 局所、局所のポジションや姿勢などを治しても
 それは単なる「飾り」や「その場の真似」に終わります。

 そこの部分が変わらない限り、どんなレッスンもテクニックも
 何回やろうとも、何時間費やそうとも、何球打とうとも身に付きません。
 まあ。。。レッスンとしては商売になるのかも…ですけどね。


sample2018 (2)_Moment(2)


 👉レッスンは常時受け付けております
  ご連絡下さい  046-804-1480
  
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールは打撃された時、その破壊力/打撃力は
音や温度などを除けば 単純に
 ✊速度
 ✊回転
 ✊方向
(主に打ちだし角度)
に分散します。
007

クラブの長さも含めた ロフト角度の効果は
その分散の割合を変化させるものです。
ロフトの効果、ロフト角度そのものが大きくなったり…
になれば その割合は 回転/方向に強くなり
ボールの移動速度は落ちます。

意外に勘違いされがちですが、
クラブが長くなって ヘッドスピードが上がった方が
創り出される 打撃力(破壊力)は劇的に増える 訳ではなく
クラブは長くなる程 破壊力の一部であるヘッド重量が
軽くなるため、一番長いドライバーも一番短いウエッヂも
その破壊力の差に長さ程、ヘッドスピード程の違いはありません。

もう一つ 勘違いされがちですが、
ゴルフクラブの長さは
ヘッドスピードを上げるため だけではなく
その使うロフトを活かすため という方が主眼で
その長さによって作り出される入射角度が重要です。

長さが長くなると 入射角度が緩くなり、
打ちだし角度を取り易く、その分回転量が減る
と考えて間違いないでしょう。
例えば ロフト20度位のものであれば
長いモノは 打ちだしが高く・スピンは少な目
短いモノは 打ちがしが低く・スピンは多め
といった感じです。




そこで ちょっと想像力を働かし
『ロフト1度と79度のクラブ』を考えてみましょう。
おそらく ここが飛ばない理由に結び付くでしょう。

ゴルフクラブの正しい使い方は…
別な言い方をすれば ロフトの正しい使い方は
ゴルフクラブを動かさず
ゴルフクラブを持った自分が動くこと です。
つまり どのタイミングであっても
 ロフト姿勢はいつも同じ ということになります。
スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)






自分が移動してグリップが動く動かし方であれば
「ロフト1度のクラブ」は
入射角度マイナス一度の角度で飛び出ます。
長さにもよりますが、それはマイナス方向ですから
すぐに着弾し、一度分のスピン量が入っています。
スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)

逆に グリップを支点にヘッドを振る ような
シャフトの『角-角度運動』をさせるような動かし方 では
この ロフト1度のクラブでも
緩い入射角度、場合によっては
ヘッドの上り傾向でインパクトしている可能性もあるので
正しく扱ったものに比べ、ボールは少し上がります。
しかし スピンはほぼゼロに近く
ぽっこんと飛び出て、ボールの推進力は上に逃げてますので
正しく扱ったものに比べると
転がりの量・移動の量そのものが少ないですね。
スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)

ロフト79度のクラブの場合
正しく入れて来れば その長さによる
入射角度マイナス79度分の打ちだし角度・回転は
確保できます。
ヘッドを振っている角角度のものは
殆ど前に飛ばす、ほぼ真上上がります。
それに比べると 前に進むでしょうね。
ヘッドの厚み(板厚)が無ければ
くぐり抜け〜だるま落としも十分あり得ます。
ここで バンスの角度や幅などの
効果が発揮されたりもするんですが…。
IMG_0627
ヘッドを振る スイングで79度のロフトはまず使えません。
ロフトが65度を超えると打ちことはかなり難しいでしょう。
その手のスイングの持ち主がロブウエッヂを持っているのは
ブラックジョークかとおもってしまいます…。



本来、ゴルフクラブは
その長さによって入射角度と打ちだしの基本角度
そのロフト角度によってスピン量と打ちだし角度
が設定されている モノ なのですが、
自分で好き勝手に軌道を造るスイングでは
色々な打ちだし角度やスピン量が生まれてしまうばかりか
正しい距離を生み出すことも出来なくなってしまいます。


ここが 多くの人の悩む「飛ばない」理由なのでは
無いかと考えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、特にクラブヘッドの進化は
慣性モーメント増大の歴史とも言えます。

IMG_0340


近年、ルールの設定によってその拍車に制限がかかりましたが
ドライバーヘッドの大型化
アイアンヘッドの中空化やキャビティ化の
目指すところは その「慣性モーメント値」を増やすことを
主の目的としています。


メーカーのカタログや雑誌などでは
慣性モーメントの働きを簡単に説明するために
慣性モーメントが大きい=スウィートエリアの増大
という表現を多く使いますが
現実には少々異なります。

慣性モーメントは
その運動を持続し続ける力
その姿勢を維持する力

を指します。

ボールという質量は
クラブ、クラブヘッドの移動にとっては
その運動を阻害する要因になります。
その姿勢を阻害する要因になります。
関係モーメントの値が大きいと
その阻害要因のボールの質量を負荷として受けても
そこまでに続けていた運動を持続しようとする力
そこまでのクラブヘッドの姿勢を
維持しようとする力が強くなります。

フェース面上のどこかにボールを当てる
というものとは微妙にニュアンスが異なります。

ですので 当てるところがどこかに存在し
そこを目標に動かすことが慣性モーメントを活かす
方法ではなく、
出来うる限り ある一定の変化の少ない移動
ある一定のクラブヘッドの姿勢を続けることの方が
その効果を活かしやすくなります。
001

当てる場所ありき でスイングするものと
運動の持続、姿勢の持続ありき でスイングするものでは
クラブの扱い方は異なってくるでしょう。

慣性モーメントは質量の総合形態です。
同じ質量のモノであれば 重量の配分が
外側に広がっているものの方が大きく
同じ形状のモノであれば 質量そのものが
その慣性モーメントを大きくします。

よって ヘッドの大きいモノ、質量が重たいモノは
慣性モーメントが大きくなりますので
ヘッドをターン クラブヘッドの姿勢変化が激しい
使い方と相性が悪くなります。
フェースターンは姿勢だけでなく、運動の方向も
それをしないものと比べると激しく
それを嫌う大きな慣性モーメントクラブでは
やはり相性が良くありません。

慣性モーメントはミスによる方向だけでなく
飛距離増大、飛距離の均一化にとっても
とても大きな助力になりますので
それを利用した方が打ち手としては明らかに楽で
慣性モーメントをどう上手に利用するかが
アマチュアゴルファーのとって
練習(訓練)頻度やメインテナンスを減らす
体に優しいスイング論になって行きます。

もうすこし具体的に言えば
慣性モーメントを利用するスイングは
 ゴルフクラブ単体を動かすのではなく
 クラブヘッド単体を動かすのではなく
 クラブを持った自分が動くことが
 慣性モーメントを活用する最大の方法
 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

スイング大改造セミナー

その名のとおり、大改造がありましたので書かせて頂きます

連日HBS文面でなくてコメンなさい

 

2回セミナーを受けさせてもらって

各パーツというか、スイングを形成する部分は説明もらいました

 

それを踏まえてボールを打ちながら感じたことを書いたのですけども

今回は動画補講がありましたので、その2としてその内容をご紹介です

 

まずは自分の動画を撮ってもらいます

その場で編集してくれますので、それを分析していきます


IMG_0447_Slomo_Moment(2)IMG_0447_Slomo_Moment





多くの場合、ここで愕然となると思います

わたしは自身の動き(感)と映像との違いにショックでした(笑)

自分を見たくないという場合は強制しませんが

 

大改造

 

を望むのであれば、避けては通れないものです

 

で、その後先輩動画を見せてもらいます

単純にはその差、違いを見つけていくのですけれども

かなりのショックを受けた後ですので、さらなるショックは覚悟しておきましょう

 

しかし照らし合わせていくなかで必ず気づきがあります

そういう意味では何回かのセミナー後に動画講習を受けた方が効果的かも

 

ああ、あのアドバイスはこういうためのものだったのか

とか

この部分を修正しない限り、この動きはできないな

とか

 

セミナーを受けているのといないのとで理解度が変わってくると思います

 

そこで今回得たモノは、、、

 

「天と地がひっくりかえる程のスイングです!!」

スイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)








これまで〇〇から離れていたグリップが近づき

開いていた体が向きを保ち

クラブ姿勢の変化が少なくなり

ボールをつぶせる準備が整いました♪

 

それに伴い、頭の中でばらばらだったアドバイス内容が見事につながり、、、

 

もうね

その時は興奮収まらない自分にちょっと恥ずかしくなりました(笑)

 

それは付け焼刃のものではなく

その場しのぎに当てるだけのものでもない

 

「根本原因をつきとめる」

 

根っこのものでしたから少々ご勘弁ください

(その時の店主は完全に呆れ顔でしたが、、)

 

繰り返しになりますが

HBSスイング大改造セミナー」

恐るべし!

 

お得な回数チケットの購入をお勧めいたします!(^^)!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

 

 

「第2回 スイング大改造セミナーにて」

 

25(火) 午後2時から

場所:ハミングバード 横須賀店

に参加させて頂きました!(^^)!

 

前回から約1か月

さて今回はどのような内容で進むのか

楽しみにしてやってきました♪

 

スイング・クラブの話は勿論

参加者の方との交流やそのレッスン風景を見させて頂くのが結構勉強になってですね

時間もあっという間に過ぎ去ってしまいました

 

で、今回も数多く気づかせて頂いたのですが

その中でもビックリした出来事(現象)がありましたのでご紹介させて頂きますね♪

 

「トップからクラブ(ヘッド)の重量を利用して腕を動かせる」

 

ベテランの方々にとってはふんふんとなる言葉

新鮮さはないかもしれません(笑)

 

そこで、、です

 

「どこへ腕を動かせますか?」

腕を肘と置き換えてもいいかもしれませんけども

ここ とか この方向 とかがあったとして

「そしてそれをどのタイミングで処理しますか?」

です

 

これが合ったとき、、、

タイミングという言葉でいいと思うのですが

わたしは初体験のスイング体感ができました

 

体感はよくないとは思うのですが

背面向いたまま

右向きのまんま当たった感じでした

 

おおよそボールとヘッドが
コンタクトするはずないであろう位置関係で当たったのです!

言葉を変えると

ハミングバード店主ブログが体感できた!!

です


 

まぁ〜〜〜気持ちよかった♪


 

この後理由も説明してくれたので、さらに納得

これまで振り遅れ(かなり)ていた状態が、回転と同期したことによって

振らない状態が作れ

結果的に正面で打つコトができ

クラブ(ヘッド)も結果的に下を向き

体もそれにつられて移動、回転も始め

いつの間にかフィニッシュ

、、、とすべてが結果として訪れる

 

ちなみに使用クラブは7番アイアンで

シャフトは現行最もやわらかシャフトです

 

当然重い訳ですけども、調子に乗って

「重さに委ねる」

なんて言葉を頂いて♪

 

2回目にしてなかなかの成果です

HBSスイング大改造セミナー」

おそるべしですわ

 


IMG_0447_Slomo_MomentIMG_0447_Slomo_Moment(2)IMG_0447_Slomo_Moment(3)





   △泙任藁匹ご兇検ΑΑΔ覆里法,覆次,修譟  BY店主





〇よっちゃん メモ

グリップ こぶしを作らない

 

スタート始動 方向がすべてを決める

 

背面打ち(感覚)

 

右腕が伸びてから回転

 

委ねる左半身の動き

 

逃がす左ひじ

 

逃げが距離感

 

 

次回の課題

1m練習 特効薬

グリップ漢方的治療

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

からだの回転でクラブを動かそう
 と思っているうえで 決定的な失敗 につながるのは
 クラブが円を描く/反転する と考えているコトです
もしくは クラブが反転、180度ターンする と考えているコトです。

このイメージを持っているコト
 ☟ が原因です。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)






どう言うことか というと
その動きを クラブ無しで再現するのは難しくないでしょう。
ところが それをクラブを持ってすると クラブの重さ によって変化が現れます。
変化 ではなく、もちろん違いがある! のですが…。

クラブ無しでも 腕をぶらぶら からだの回転で振ろうとすると
腕は運動とその重さ分留まり、からだが先に回って
からだが止まり始めてから はじめて 腕が動き出す ようになるでしょう。
それと同じです。

スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)

👈このスイングイメージでは永遠に手振りから脱しません


からだの回転を正しく実行するには
クラブの重さ、運動で増えるクラブの重さ を
一切 無視・・・捨て置く必要があります。

✋特に長い棒の先端に重さのあるその形状は
その重さがあるので 『無視』→動かそうとしない をしっかり行わないと、
からだの回転 ではなく、
クラブの回転ばかりを意識することになり
クラブの重さによって 逆にからだの回転が阻害されます。


特にダウンスイングでの話になりますが、
からだが動き始めると、クラブ、特にヘッドの重さが増えます。
その重さはそこに留まろうとするチカラです。
ですので クラブはより自分に近い方に
巻きつくような形になっていくでしょう。

そして そのまま 左向き まで行うと
自分の体は 180度ターンしても
シャフトのターンは90度程度で終わります。
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)










ゆるゆるクラブをさせてやってみてもいいかも…です。

ボールを打つ というコトを考えず、クラブを持って素振り。

ダウンスイングで 体の回転に対し
クラブヘッドは置き去り、無視しておくと
すんなりをからだは ボールと正対する正面を経て
左向きになります。

一方 クラブ、シャフトで円を描くこと
クラブ、シャフトを180度ターンさせる
ヘッドを動かそうとすると さっきの腕振りと同じタイミング
正面を向けず、いきなり左向きになり
からだが止まる・体の動きがおさまり始めてから
腕やクラブを振ることになる(振り遅れ) のを感じると思います。

クラブヘッドの重さは放っておけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


飛ばす のにも からだの回転は重要になります。

からだの回転で 速く振る とか 強く振る と言う意味ではなく
手でクラブを動かしてしまうと、手でテークバックを取ってしまうと
右サイドも下がり、体も開き、ロフト自体も寝ます。
ボールを効率よく飛ばせない条件が多く集まります。

からだの向きでテークバックを取るよう心がけましょう。


‖里良位として 覚えていく方法としては
右ひじを外目に張り、肘と足の連動で
からだ、骨盤、秀二を右に向ける ことです。

多くの人は 左肩を入れるとか
左腕、左肩廻りばかりを意識してテークバックを始めますが、
左腕、左肩を使うと 早期に背中の筋膜が張り
元々手だけ、肩だけ、肩甲骨周りだけ でとっているテークバックの上に
更に 浅くなり、タイミングも早くなります。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)











上半身との連動は必要ですが、
 か ら だ の向きを変えるというのは
からだ、胴体、上半身 という 数十キロのモノの向きを変えるのですから
ある意味、大きな動作です。
その仕事は 脚、特に太ももまわり、お尻やひざなども含め脚の仕事です。

上半身との連動を考えるうえでも
肘と足の連携を意識しましょう。

素振りでの練習としては
クラブ、グリップではなく クラブの真ん中あたりを
右手一本で持ち、アドレス時の左手は
その場所に置き去りにして、放置して行います。
右ひじの動きと足の動作の連携、連動
左手を使ってテークバックを取らない というのを
練習してみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)









⊆蟒腓箸靴導个┐詈法ですが、
手で上げるテークバックの場合、
本来、からだの回転によって クラブは横に移動するのですが
それを手で取ってしまい、テークバックの後半に
上げる行為を入れる例が多く見られます。

実際には体は回していませんが、 回って「から」上げる という手順です。
それを逆にします。

上げてから「回る」
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)










手でクラブをライ方向に立ち上げる というのは
最終的には ダメな行為 なのですが、
クラブを横に捻るよりは 格段にマシ です。

クラブを横に動かさない その習慣づけを
素振りで良いですから してみましょう。
上げるのも
クラブを横に一切動かさず、その場で真上に
自分の顔なり、右頬なりに向かって クラブを立ち上げ
その後に右を向く。

腕でクラブを横に動かさなければ
他の何かで 横に動かさなくてはならなくなります。
その習慣とつけなくてはイケマセン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   


告知🌸第2回 スイング大改造セミナー開催

来る2月5日(火) 午後2時頃 より

場所:ハミングバード 横須賀店  :大矢部3-14-10




ゴルフスイング大改造セミナー を開催(2時間以上)いたします。

参加費:お問い合わせください→野澤 046-804-1480 まで
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

スイングを教えたい人に、より有益なセミナーと思います
また スイングを変えたい、良くしたい、教わりたい 場面で
どういう考えがそれを有効にしていくか と言うのにとても効果的です。
スペースの都合上、
同時に受講する人数には限りがありますので、
参加は事前にお知らせください      店主


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーが
スイングの最初の一歩
アドレスからクラブが50册阿(移動する)ところで
「飛ばすコト」「効率よく飛ばすコト」を放棄してしまっています。
    ……全員…と呼べるほど…です。

スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)










スイングは 傍から見ると
円弧を描きますが、
それは傾いた姿勢〜前傾姿勢(大たい骨と骨盤の角度差)
の打ち手が 体の向きを変える(回転) からです。

クラブ自体が動いているのではなく
クラブを握っている 打ち手が傾きのある向きの変更(回転)を
するから です。
ararara_MomentIMG_0302_Moment








その円弧を描くクラブを 体の向き ではなく
腕(肩周りを含め)で行ってしまえば
ロフトは開きますし、
ヘッドは大きく体より右に外れ、グリップも右に外れ ます。

からだを右に向けないので
傾きと回転の作用による
右を向いた時、右サイドが左サイドよりも高い 効果も生まれず、
からだの右に外れた クラブやグリップのお陰で
クラブの重さは重くなり、右が下がり易い状況はこの時点で生まれます。

ヘッド、グリップともに アドレス時 体の幅、体のセンター(やや左寄り)にあったものが
右にズレていますから もとに戻そうとすれば 時間を要します。
ロフトは目一杯開いているのですから もとに戻そうとすれば やはり時間を要します。

右に倒れ 長くなったクラブは 重いですから
動かすのは容易ではありません。

時間が掛かれば掛かるほど
クラブが重く成れば成るほど
からだの正面でボールをとらえるチャンスは失い
それよりも遅れれば どんどん 体は開き、右は下がる時間になり
ボールを飛ばすチャンスは失われてしまいます。



飛ばない理由を簡単に言えば
ヘッドスピードが足らないとか、力がない ではなく
振り遅れ〜手遅れ
 です。

手遅れとは 体の幅の中にグリップがない 👉右にズレている ことで
これはそのまま ロフトの開いた状態を指します。

そこが問題 なのにもかかわらず
スイングのスタートの時点、
スイングを初めて、ほんの 0.5秒も立たないトコロで
自分から 手遅れの状況、
それ以降 より一層手遅れになり易い状況を作っているのです。
IMG_0058Trim (2)_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(3)







スイングを治す、変える と言う点において
一番自分の意志そのもので 変えることの出来る部分 です。

それ以降は 不可抗力などによって 自分の意志 ではどうにもならない
トコロが少なくないです。
そこが変えられないのに それ以降は無理です。
それを自覚して頂かないといけないでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



飛ばし屋 になるには
飛ばし屋に成れない要因を無くす というか
飛ばし屋に成れない状況を把握する と良いでしょう。

〇グリップがからだの右側、それよりも右にある
〇右サイドが下がっている
〇右腕が伸びていない

特に始めにある
〇グリップがからだの右側、それよりも右にあるararara_Moment
と言う状態は
グリップがからだの右側、ヘッドはもっと右
つまり ロフトはダダ開きの状態です。
本来は 横を向いているはずのフェースが
空を向いているのですから 90度以上
フェースが向くべきところを ソールが向いているのです。

当然、クラブや腕の重さは からだの右側に集中しますから
ダウンスイング という
正しい状態の右向き… ですから
 左サイドの方が低く、右サイドの方が高いので
 多少 補正が入りますが、
テークバックを 手のロール 手だけで行った場合
からだはおおむね正面を向いたところから
ダウンスイングはスタートしますので
動きが始まった途端、右サイドは下がります。

右サイドと左サイドの上下関係は
 そのまま 体の開きにつながります。
BlogPaint

右サイドが下がり、そして ボールの方に出ようとしますから
(俗に言う 突っ込んだ状態)
右腕を伸ばしたくても伸ばす空間、距離がありません。
👉これで「飛ばせ」は無理があります。

例え フェースローテーションをして
ロフトが立ったとしても、右サイドが下がっている分、
より多くの ロフトの閉じが必要になり
余分な量のローテーションが必須になりますから
ひっかけ、もしくはひっかけフックと紙一重でしょう。


ですので テークバックを手で上げる というのは
「飛ばし屋にならない(なれない)為!」の絶対条件とも言えます。

また テークバックを手で上げる、手のロールで
トップの位置へクラブを送る場合、
そのクラブの長さや重心距離、重心深度などが
動かす量、テンポ、速度に大きく影響を及ぼすため
ドライバーやフェアウェイウッドなど
長めの大きなヘッドのクラブが苦手になりがちです。

飛ばしたいが故に 長尺、今で言うと 46インチ以上にして
上手く行かないのは当然、と言えば当然。

よりフェースが開き、よりグリップが右にズレ
より右サイドが下がり、突っ込むことになりますから
ソールに奥行きのあるフェアウェイウッドで
地面にあるボールを打て!
 というのは拷問に近いかも知れません。

〇ボールは弾くモノ
〇ヘッドは速く、たくさん動かすモノ
〇ヘッドの返しで打つモノ
と信じている限り、これを脱することは難しいかも知れませんが、
スイングは、ショットは、
クラブを動かすモノではなく
 クラブを持った自分が動くモノです。

クラブは自分に対しては動かさない
 自分が向きを変えるから 円弧を描くのです。

そうでないと スイングの中に何種類もの円弧を作らなければならなくり
その難易度は跳ね上がってしまいますし、
前述の通り、飛ばし屋に成る条件が全く見当たらないゴルファーになってしまいます。

正直 自称ヘッドスピード50ms 300ヤードを豪語するこすり屋さんは
こすらないで打つ 38msのヘッドスピードの人に負ける可能性はかなり高く
一発勝負でなく、ラウンドでの平均値ではまず勝てないでしょう。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)
飛ばない人になりたければ
どうぞ 手のロール、
左手だけで行うテークバックをどうぞ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   


告知🌸第2回 スイング大改造セミナー開催

来る2月5日(火) 午後2時頃 より

場所:ハミングバード 横須賀店  :大矢部3-14-10




ゴルフスイング大改造セミナー を開催(2時間以上)いたします。

参加費:お問い合わせください→野澤 046-804-1480 まで
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

スイングを教えたい人に、より有益なセミナーと思います
また スイングを変えたい、良くしたい、教わりたい 場面で
どういう考えがそれを有効にしていくか と言うのにとても効果的です。
スペースの都合上、
同時に受講する人数には限りがありますので、
参加は事前にお知らせください      店主


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ