◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2019年02月


シャフトの硬さ を表す一つの指標として
 振動数・・・ というモノがあります。

これはシャフトを運動させたとき、
一分間にどのように「振れる」か、何回「振れる」か
と測って、数値にします。   ・・・cpm  →cycle per minutes

数値に大きなものほど ゴルフクラブのシャフトでは硬い とされ
数値に小さいものほど ゴルフクラブのシャフトでは柔らかい とされます。

460TL-1


45インチ、平均的なヘッド重量 195g  
 スイングウエイト D-00前後を基準に
メーカーや機種によって 幅はかなりありますが
30年前より 「ドライバー」に関しては平均値は下がり

 Rシャフト は 235cpm  辺り と考えてよいでしょう。


これを基準にすると
 〇245cpm は S
 〇255cpm は X
 〇265cpm は XX

にあたります。

ですので リシャフトをした場合
多くの後発・スポーツタイプのシャフトの数値は高いですから
その機種非常で Rシャフトであっても 265cpmを超えるモノも有り
オリジナルのモノから比べると  XXシャフトの替えたのと同じ です。
                    ✋そこ ご注意を。




さて ここ それぞれで想像。。。考えてほしいのですが
同じヘッド(重さ)、同じ機種、同じロフト、同じ長さ で
R -235cpm と XX -265cpm  の2本を用意して
一球交互交互に打った時、
前に打ったクラブ(硬さ)の影響で良くも悪くも出ます。
ですので 似たような球は続けて打つのは大変難しいのは
理解できるかと思います。

R -235cpm をほどほど上手く打てれば 次の
XX-265cpm は硬いですから、トップしたり、引っかけたり
 届きそうもないと判断され 突っ込んでてんぷらしたり・・・・ 逆に
XX-265cpm をほどほど上手く打てれば 次の
R -235cpm は柔らかいですから、ダふったり、てんぷらしたり
 となりそうなことは想像出来るかと思います。



ドライバー 45インチ を 235cpm で使っている時
それに相当する 38インチの5番アイアンは
ウッドのシャフト径 先端8.4ミリ   アイアンのシャフト径 先端9.3ミリ
を考慮に入れたとしても  250cpm 前後 です。


シャフトの性格や機種にもよりますが、この位の硬さでは
だいたい 半インチは 4〜8cpm程度の差 です。

45インチ 235cpm のドライバーに関しては
38インチ 250cpm が大体の基準で
アイアンが260cpm では S  270cpmでは X
というコトになります。

video-1531996834(2)_Moment


ドライバーの 硬さの違う二機種を交互に打つと発生することが
やはり ドライバーとアイアンの関係にも発生します。


現状で ドライバーはユーザーに飛ばさせるために 柔らかくなりましたが
アイアンは逆に、単価を抑えるコトが主と思えますが 硬くなっています。
軽量スチールでは柔らかくしても 強度の問題から 下げられる数値は限られています。
R表記のモノを選んでも 5番アイアンで 280cpm位は普通に来ます。
ドライバー R-235cpm を基準にすると XXXに相当する硬さ です。
まあ ここまで硬くなってしまえば もうみんな同じとも言えますけれど
 この違い、この硬さの違いを コースでは交互交互
一球ごとに打っているのですから 上手く行かない可能性は…想像通りです。


ドライバーは上手く行っていないのは
 アイアンやウエッヂのせい というのはとても少なくない可能性 なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   


軽いヘッド/硬いシャフトの市販のパターを持つ人には
適用対象外の可能性があります。
L型ブリストルパター専用の打ち方…かも知れません。


まずは アドレスです。

絶対に深い前傾にしてはいけません。
ボールの上に目線が来る なんていうのは論外です

show_img

幾つか理由があります。
,修旅修┐篭枋ゴ兇高くなり、
 動き出し辛くなります。
 また、前傾が深いと疲労度によって
 その前傾の変化が生まれやすくなります。
⇔習を積むと腰痛の原因になります。
H妙な距離感を造れる 利き腕が使えません。


グリーン周りで
 パター、ピッチングウエッヂ、8番アイアン
3本を持って、アプローチをしに来た と考えて下さい。
長さによる違いはあっても、打ち方は同じですから
長さなりの構え方をして下さい。


皮肉なものですが、
ショットも同じで
前傾が深ければ深いほど
前傾を大事にしてスイング・ストロークしません。

深ければ深いほど 前傾を解いてボールは打つことになります。
これに例外は無いと言っても過言ではありません。

COSTARICATANGO10


両腕は自然に伸ばせるようにしましょう。

突っ張るでもなく、曲げるでもなく
腕が肩からぶらりと垂れ下がって
両腕が自由に使えるような構え、前傾が理想的です。

ボールは球体で、転がるのに適した形状ですが、
原則 ボールをその距離押してあげることが基本です。

パターではなく 板 を持っていて
地面ではなく、届く高さのテーブルの上のボールを
どのように打ってあげると
一番繰り返し その距離 が打てるのか 考えてみて下さい。

板の面を跳ね上げて ボールを打つのが良いでしょうか
それとも
 板でテーブル面に沿って振ってあげた方がよいでしょうか

2


そして パターには少なくとも ロフト というものが
ついていることも考えてみて下さい。

パッティング おそらく最大に打つ距離は
30〜40mでしょう。
ストロークを逸脱して 振り回さなければいけない ような
パターは 用途として機能していません。

繊細な、微妙な距離を打つのには
小さく、遅く動かしても
その距離が打てる パターが絶対必要です。


そう言う意味で オーバーに言えば
市販のパターは イップス製造機か、
もしくは 故障製造機 なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ビデオなどのビジュアル関係のモノが
非常に便利に使える時代になりました。


フック ひっかけ だけに限りませんが、
ゴルフスイングを箇所箇所の動作、
ビデオを撮って ある一部の静止画を切り取って
そこを改善しよう としても無駄ですし、不可能です。

動作は流れの中で決まって行きますし、
その数コマ前の肘の関係やクラブの重さのかかり方で
そのコマは決まっていくので
その前、いや、もっと前のコマを修整しないと
そのコマそのものは治っていかないモノです。

スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)



前回の テークバックの話の中でも書きましたが、
スイングは時間帯があります。

アドレスを基準点に定めると
テークアウェイ
トップ付近
ダウンスイング
 これらは右向きの時間帯
です。

動作としては存在しませんが、箇所としての
フォロー
フィニッシュ
 は 左向きの時間帯
です。

右向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が高く
左向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が低く
 なります。

スイングは テークバック〜ダウン
フォロー、フィニッシュと区切るよりも
右サイドの高い右向きの時間 と
左サイドの高い左向きの時間
で区切った方が スイングの改善には良い と思います。

そして この話の軸になるのは
 それらは スイングの動作の中では
 横への運動・横運動が基準になっている
 回転が時間の区切りの基準になっている

ということです。





自分の意志でヘッドを返す
と言うような幼稚な動きをする場合は論外なので除外しますが、

フック・および ひっかけ というのは
主に インパクトが左向きの時間帯に掛かっている ことです。
引っ掛けはシンプルに左向きなのですが
それにフックが強く入る場合は
 インパクトがかなり深く上向きの時間に入っている
と考えられます。


スイングの時間帯は
体の横運動を基準にしていますが、
フック・引っ掛け が多い人は
横の時間帯に対し、縦の動作が多すぎて
時間が合わない というか、間に合わない
というのがケースとして少なくありません。

体の回転は 肘で管理すべき ではあります。
体の右向き 骨盤がある程度右向きを確保出来れば
胴体の動きで 縦の動作を大きく増やすことは難しいです。
ですので、アバウトに言えば
縦の動作が多いと言うコトは
体の向きを変える時間進行に対し
腕の動きが多すぎる と言うコトになります。

スナップショット 1 (2018-01-31 13-39)


体の向きの変更 の進行が10とすれば
右向きで10〜戻しで10 ですから
インパクトは 総動作量で 20前後の場所に来ます。
腕の動作が 12 あると
右向きの時間の中で12  戻しで12 となれば
24の時間にインパクトが来ますので
 24−20
4のズレ分 体が左向きの時間にインパクトが来る
コトになってしまう と言った感じです。

そして 同時に、
腕の動作が多い ということは
クラブを下に振っている と言うコトになりますから
その影響は体の回転に反映され
腕を使わない シンプルな体の回転できる円の傾き角度
よりも アップライトな体の回転にさせられてしまうでしょう。

ちょっと 実動作と言うよりもイメージの中の話
になってしまうので 分かりにくいかもしれませんが、
フック・引っ掛けは そう言う仕組みから多発します。



ですので 直近、治す方法法は三つ

.董璽バック・トップにおいて
 👉右肘が左肘よりも高い関係を強く造るコト
 👉左肘が低い位置を強調するコト

▲ぅ鵐汽ぅ匹らしっかり打つ為に
 インパクトのヘッドはかなり右向き
 ロフトではなく
 👉フェースの向きをはっきり右向き
 インパクトに入るコト

深い右向きを作って 右向きの時間を
 より長く確保するコト


と注意してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体が向きを変える、からだの回転とは
背骨を軸として
左半身と右半身が同じ量 移動(動く)するコト です。
sample2018 (2)_Moment(2)ararara_Moment





体の向きが変わるから
結果として
「左肩が入る」ように見えるに過ぎません。

右半身が動かず、左半身だけ〜左腕だけ 動いたら
インサイドから打つ機会も、上から打つ機会も
始めから"存在"しなくなってしまいます。


もっと右半身を動かすのです。


テークバックの体重移動は
からだ / 上半身 / 骨盤
が右を向けば 身の大部分が右足の上に乗る
コトによって自然に生まれますから、
右に乗れていないとは
右向きが出来ていない可能性があります。

もっと右半身を動かすのです。


右半身は アドレス時の背後
後ろに動かします。  ✋お尻も! です
OKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)IMG_0401 (2)_Moment







それを積極的にするため
自分の上半身に対しては横 ですが
その半身が向きを変えるので
「右ひじ」を背後に移動させる、
やや体に対し外目に張るように移動させてあげます。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

結果、としてですが
足回り、お尻周りの動きと右ひじの曲がり具合 は
連動して覚えましょう。
ブツブツ バラバラ では ハーフスイングなどで役に立ちません。
右ひじの曲げの量、具合と 体の向きの変え量、具合 を
連動させて動かしましょう。


右半身が後ろに逃げていれば
時間と空間が出来ますから 余裕が生まれます。
上から打つチャンスも、インサイドから打つチャンスも多くなりますから
飛ばす、掴まえる というコトに対しでも大変有利です。

IMG_2813Trim(2)_Moment(2)

苦手な人は練習として
ボールから視線を切って
体の回る通りに『顔も右』を(飛球線後方)に向けてみましょう。
顔を右に向ける は体の周りを覚えるのに
とても良い練習になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


少々古い言葉で言うと スイングアーク
今風に言うと スイングプレーン が
地面に垂直でも、水平でもなく 絶妙に傾いているのは
ゴルフスイングをスタートする基礎姿勢(ポスチャア)に
前傾姿勢があるからです。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)







 ✋前傾姿勢 →体の前にあたる向きの
  軸足の大たい骨と骨盤に傾斜角度差があることを指します。


前傾姿勢をインパクトに生かすには
ちゃんと 骨盤ごと 右向きを作るコトは絶対条件ですが
それ以降、
クラブの重さを利用し左グリップを下げ、
からだの回転に対し グリップを遅れさせない必要があります。
 
IMG_0321_Moment(2)IMG_0321_Moment(5)





前傾姿勢があると
腕をだらんと下げた状態で腕が伸びていても
 スイングに影響のある『重さ』としての長さはなくなります。
重さとして下には働きますから
 それが逆に前傾を維持させることになります。

早い段階で その懐から左腕を出して
ボールの方に茱哀螢奪廚鮟个靴討靴泙Δ
腕にも遠心力が掛かりますから
重さは倍々に増えてしまい 体を引かなくてはならなくなり
その動作の結果、前傾姿勢はなくなってしまいます。
遠回りにもなりますから 時間としても手遅れになり易いでしょう。


どの道 からだの回転によって 茱哀螢奪廚
ボールの方に出されてしまいますから
トップの位置でかかるクラブの重さ通りに
左グリップを下げることから ダウンスイングは始めると良いでしょう。


✊そういう意味でも 握り方 としての
 茱哀螢奪廚皸嫐があります。

 フックグリップに握っていると
downswing
 クラブの重さで左グリップが下がっても
 下がることで フェースがボールに向かないので
 下がるコト = 打つコト に出来ず
 もう 1アクション 必要になります。
 フェースローテーションです。

 同時に フックグリップ〜左グリップが下がる は
 体が起きる/開く が付いて回るので
 フェースローテーションすることが前提にある ということになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを掴まえる は
フェース面で下に、地面に、マットに
ボールを押さえ込む…イメージではありますが
それを ヘッドで! 実行しようとすると
結果として ボールは安定して掴まりません。

フェースは そのクラブの長さなり
そのクラブの長さによって作られる前傾姿勢なりの
入射角度…上から入ってくる角度 に対して
ロフトを維持する、その角度に対する上への開きがロフト角度です。

具体的に言えば
45度のクラブで その長さなりの前傾で 入射が10度だとすると
地面に対するロフトは 35度 と言った具合です。
df713d9f-s

比較・・・というコトになれば、アドレス時よりも ロフトの立った状態ですが
動的なロフトに相当する入射角度がありますから
これが そのクラブのロフトや長さを適用する方法です。

この形はインパクト以前に 出来るだけ早期に作ってしまいたいですね。

その形を維持したまま
からだの回転でグリップを移動させるコトで
ヘッドとボールはコンタクトさせます


✋ここで 上から入れたいから と言って
 グリップを止めて ヘッドを入れてしまったのでは
 からだの回転も止まり、 
 〇入射角度
 〇ロフト
 〇フェースの向き
 〇ヘッドの高さ

 それらすべてが不安定になります。

からだの回転で
グリップを動かし
下向きのヘッドを移動させ
ボールとヘッドをコンタクトさせるのです。

クラブの重さを使って 左腕〜左上腕を先に動かして置くイメージですが
この初期動作は 同時にからだの回転の誘発でもあります。
グリップエンドが向く、そして進上下左右方向によって
方向も含めた からだの回転の仕方 が決まってきます。

インパクトでからだの回転を止めず
回転し続けることで グリップを移動させ
それにつながっている ヘッドを引きずるような感じ です。

MVI_0873 (2)(2)_Moment(4)
この状態から ヘッドでボールを迎えに行かず
「からだの回転」で
グリップを移動させてインパクトに入れば
良いのです。



左上腕・・・そして左サイドがインパクトに向け
徐々に下がり、下がっている過程の中でインパクトを迎える、
ヘッドの重さに構わずに グリップを移動させることで引きずるようにすれば
自然な形でロフトは立ちます。
無理にロフトを立たせずとも 左上腕が伴った左サイドの動きが
継続されれば ロフトは立ちます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショット、ゴルフスイングの 誤解・・・
間違ったボタンの掛け違えの始まり は
人それぞれのいろいろの経緯によって異なるとは思うが
「ボールのつかまえ方」も大きいのだと思う。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ボールと言う球状の物質を 平らなモノで打つ となると
ボールをちゃんと捕まえないと、ボールに当たったとしても
球がやたらと上がったり、球に不必要な回転ばかり付き
望みの距離を打つコトが出来ない
そこの 誤解は長い年月のゴルフの中でも大きく尾を引くと思う。

ボールを捕まえないと 望みの距離、満足できる距離 は
打てないのだから ボールを捕まえる と言うのを無視することは難しい。

一般的に考えられている
ボールの捕まえ方は
「開いたフェースを閉じるコト」…ヘッドの開閉によって行われている。
しかし この方法は
例え ボールが『つかまった』としても
問題は 飛ぶ方向や左右の曲がり の問題にすり替わり
捕まえながら 真っ直ぐ(思い通りの)の方向 や 真っ直ぐの球
を同時にするのが 神業的なモノになり易い。
多くのゴルファーを見ている限り、年月と関係なく
ゴルフをしている限り 
〇捕まえる     →飛ばす
〇狙いの方向に →真っ直ぐ
〇曲がりや高さ →望み通りに

という スロットマシーンのようなショットは永久に続くのであろう。

スコアを最優先する人は 捕まえる、飛ばすことをややあきらめ
妥協して 狙いの方向、狙いの高さや曲がりを優先する。
平均的には 距離の魅力から逃れられる人は少ないから
捕まえを優先して スコアを妥協…あきらめる
(✋その場合やコース頻度や練習頻度がスコアと比例する)
それが現実的なゴルファー をいったところ。

スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)











そこで 正しい「つかまえ」を覚えるコトから始めてほしい。
一般的に 誤解、間違って覚えられている 疑似つかまえ は
非常に動的なインパクトを作るから難しいのだ。
また ロフトを開いて、インパクト中に閉じる という
多くの場合 製品ロフトよりも大きなロフト、
そして 製品(クラブ)の長さよりも緩い入射角度 で入るので
多い回転、高い弾道になり易い。
元々 アクティブなインパクトなのに、距離を望むには
その距離を打つのに必要最低限のヘッドスピードよりも
遥かに多い、速いヘッドスピードが必要になる。
鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット

正しい「つかまえ」は 非常に 静的なインパクト
ヘッドを、フェースをこまごまと動かさず
フェース面で ボールを地面に抑える関係を造れば良いだけ。
球体であるボールは逃げ場を失い、ロフトの方に逃げるようにするだけ
✊ティーアップするドライバーショットも基本は同じ
インパクトでヘッド、フェースを動かせば動かすほど
・・・クラブ全体が動く、移動するという意味ではなく
  ヘッドが回転したり、全体とは違う動きをすることを指す
ボールは新たな逃げ場を見つけ そちらへ逃げるから飛ばない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングは大まかに大別して
〇インパクト以降 体の回せないスイング
〇インパクト以降 体の回せるスイング

があります。

mh
前者はこのように
インパクト時には からだ、この場合は腰が
終着点に達してしまっていますので
以降は 腕を振るしかありません。

このスイングの難点は 非常に体に厳しいコト ですが
ショットとしても スイングの上下左右のボトムをインパクトに当てるため
紙一重の差で 方向も球質も高さや距離も かなり狂います。
よって 気の遠くなるほどの練習、メインテナンスとしての練習が必須です。
体の厳しいスイングが練習が必須 というところが
プロとして長く保てない原因 と見てよいでしょう。

このスイングでは インパクト、およびインパクト以降
体を回したくとも 既に終着点に達してしまっているので回せません。

ゴルフスイングの特性上、インパクトが上がり軌道になりやすいのは否めず
ティーアップしているドライバーではマシですが、
その犠牲にフェアウェイウッドやアプローチ、バンカーに多大な影響
良くない影響が少なくありません。

また、インパクトは ボールの重さとの対決 なのですが
インパクト時、動いているのが クラブと腕位ですから
ショットのモーメントが低く、より速く振ることが要求されます。

なぜ このようなスイングが主流になってしまったのか
ヘッドをターンさせようとするからか
ヘッド、先端をたくさん振ることが飛ぶ と信じているからか



一方、インパクト以降も体の回せるスイングは
下がり軌道、インサイドの軌道の終わりに近いところに
インパクトがあるので 弾道に逆球の出にくい特性を持っています。

スイングにリリース。。スナップの解けが発生するのも
体が止まるからです。


体を切って 先に終着点に到達していないスイングであるなら
インパクト そして それ以降も体を止めないことです。

どの方向に どのように回るか 考えてみましょう。
クラブや腕の重さも考慮に入れないと 思ったようには回れません。

クラブが重い と感じた時、
体は必ず 自分の思惑とは反対の方向に動こうとします。

✋ヘッドを振りたければ その分体を回して グリップを動かしましょう
 グリップを移動させ続ければ かなりのミスは回避できます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まあ 正直 どんなゴルフをしても
ゴルフは楽しいですから それぞれの方が
それぞれの楽しみ方をするのは良いと思います。

ただ ことゴルフスイングを良くする というのには
ゴルフクラブの機能や構造を無視する訳には行きません。


偏った重さの配分や上下前後左右対称性のないゴルフクラブ
それを上手に扱い、その機能を活用するには
ある程度の基礎知識が必要です。


2017-06-13 19-07-51


スイングは 基礎的には横移動の運動 です。
傾きを無視すれば、地面に平行に横に動かしているに過ぎません。
極端には横にステップして移動させる と考えてみてください。
しかし それでは人間の能力的に
出せる運動速度に限界があり、たくさん飛ばないので
その場に立ち、体を回す ことで、その運動速度を稼ぎました。

ここでよく考えて欲しいのは
ゴルフクラブは 長さと言う点においても、
ヘッドと言う局所においても とても偏重した構造
です。
偏重したものを丸く扱う 円で振る というのは
その偏重をさらに強く、増すことになり、
長さであれば その先端部への遠心力、
ヘッドであれば 重心の位置の残ろうとするチカラ、
(重心位置がそこに留まろうとする力がフェースを開きます)
が増すばかりです。

向きを変える、体を回転させる行為は
横移動の亜種 ですので
横移動 と言うコトに主眼を置いて
その偏重した構造を上手く使っていく必要があります。

ですので、クラブを丸く振って
ヘッドというモノをターンさせる
 👉シャフト軸にヘッドのトゥ〜ヒール(重心距離)をターンさせる
  というのは 愚の骨頂 というか
  その偏重性を強める行為です。
というのは 最終的には運動能力と練習量・頻度で
解決するのですから 体育会系なノリ です。
言葉は悪いですが、上手く出来なければ 下手
上手く出来て当たり前 のような風潮が強いですが、
自分の頭で考えれば、始めから無駄な目標なのです。
全部 脳みそ筋肉で解決するのですから…。

よって、ヘッドの軽さ
ヘッドを軽く感じるシャフトの硬さ
というのを好むようになるのだと思います。

クラブを丸く振れば ヘッドと言う打撃部分は
より一層留まろうとし、体の右サイド、
右サイドへとズレていきます。
フェースはどんどん開いていきます。

加えて 「ヘッドの重さを使え」 というのを
 👉手を抜いて クラブを動かす
と勝手に解釈している多くのゴルファーは
キッカケだけ 少し体の回転で与えてあげ
グリップを止めることによって
ヘッドに残った運動慣性で クラブを上げる、テークバックする、
と言う手抜きな準備を造るようになります。
プロもそうですが、アマチャアゴルファーの7割を超えるような
人がこの「ヘッドの重さの使い方」を妄信しています。

スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)


体の向き というのは
前傾姿勢がある 股関節〜骨盤 が礎になりますが、
手だけでクラブを動かしていますので、体は捩じられ、
高さ と言う点に於いてだけ
ヘッドはトップの位置に行きましたが、
だいたいのケース 横にクラブを倒して
グリップの高さ、クラブの高さを取っただけ なので
クラブの重さによる 下に落ちる効果 というのを
ダウンスイングで受けることが出来ません。
✋本当はその重さによる落下効果が打撃の補助にも
 安定性の元、再現性の元、になるのですが、
 そこはガン無視です。


骨盤の正面、骨盤の幅にあるから
元のロフトで打撃できるのですが、
それよりも右にズラしてしまったものは
元のロフトよりも大きなロフトになり
フェースも右を向いているので 飛びません。
例えていうのなら ヘッドスピードが50msあっても
200ヤード飛ぶかどうか と言う球になります。

ですので フェースターン が必要になるのです。

しかし 前述のように
クラブと言う長さに対し、偏重したモノを丸く振り
ヘッドと言う面の長さに対し、偏重したモノを回転させる
と言う二重の行為は 当然打ち手に影響
打ち手の姿勢やヘッドの軌道の影響を与え
それは ボールを! ボールを目標方向へ!
と言う本能的な目的があるので、それを踏まえた上で
反射的に人間が動作を補うことになります。

その量や振り加減、フェースターンの始める時期や
その軌道、その軌道の大きさや速さ によって
影響は毎回毎回違い、二度と同じ状況はありません。
それを 反射 で補うのですから
いったい 何のために練習しているんでしょうか…。

反射行為を衰えさせないため というのには納得です。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)


アウトサイドイン…は本当の意味では
単なる振り遅れで
単なる手振りに過ぎず
それを補うために「フェースターン」「フェースローテーション」
というのは 更なるアウトサイドインを生み、
それそのものが「手打ち」なのですから
何を目標に… どこへ行きたいのか 私には分かりません。

そして それは非常に残念ですが、
人間の反射、運動性能次第なので
誰にも助けて貰えず、クラブの恩恵もなにひとつなく

(ゴルフクラブの機能が濃ければ濃いほどマイナスに働きます)
単に 自分の身体能力で解決するしかない道 です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングやショットの悩みの始まり は
やはり 体の回転不足 から始まります。

多くの方は 体の回転は肩の回転と信じています。

しかし、肩は腕の一部で
 腕と体のつなぎ手であり
体ではアリマセン。
922a6798

体(胴体)の向きが変わるから、
結果として肩のラインの向きが変わるので
動き出しが楽だからと言って
肩や腕で引っ張って 体を回そうとしても
体は回らず ねじられてしまうだけです。
198Trim_Moment

例えば やや痛み気味のみかんを
左胸ポケット(Yシャツ)に入れて
テークバックを取ったとしましょう。

体の向きが変われば
単に 右を向くだけです。
上げる動きは最終的には必要ないのですが、
単純に考える 腕の役割は上! なのですから
腕を動かしても 胸ポケットのみかんはつぶれない筈…です。
ce17f420

ところが プロも含め
多くのゴルファーのテークバックは
バッチリ みかんをつぶして
左の腕が胸についてしまうほど です。

左腕の胸との関係は
クラブを腕で動かしているか否かの目安でもあります。
少々、右にズレたとしても 胸に付くほどは動かない筈です。

198Trim_Moment(2)198Trim_Moment










自分で少々確かめて下さい。
クラブを持ち、テークバックを取った時に
ちゃんと 体の向きでしていれば
自分の目から見た 腕の枠(下に見える)の中に
両足が映るはずです。


腕だけ、肩の捻るだけでテークバックを取ると
右足しか見えません。

テークバックで苦しくなるのは右の股関節周りで
背中ではありません。

一度チェックしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



文面で説明するのはとても難しいですが、
全員とは言いませんが、かなりのゴルファーの
からだの回転 間違ってます。
・・・というか 動作としての回転になっていません。

ararara_MomentOKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)








それ からだの回転 とは言えません。

からだの回転は
背骨を軸として、からだ の向きを変えるのです。
からだは 痩せている人であっても
成人男性であれば 30舛40舛癲,△襪里任后
その重さ となると 軸足があって、 支える脚がないと
言葉通りですが、支え切れません。

言葉で言うのであれば、その重さのある「からだ」を
例えば 左に向ける となると 左足が軸にならないと
体の向きを変えた・・・というコトにはなりません。
IMG_0401 (2)_Moment

体重が右に乗っていて 体の向きを変える動きは
✋体を引いた のであって
動作として 回転をしたのではありません。

今の多くのスイングは
右を向いている時にダウンに入り、
おおよそ・・・ですが 正面を向いた時がインパクト、
(右向き〜正面 までの期間がダウンスイング)
ではなく、 グリップを途中から自分側の内に引き込むことによって
正面向きをすっ飛ばして いきなり左を向くことによって
シャフトターン、クラブターン を行う方法なので
体が左向きの状態になっても
体を引いているので 体重を右に乗せることが出来ません。
キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





グリップがインに引き込まれているのに
ヘッドはインから出てくる というコトになりますから
グリップは アウトサイドイン で
ヘッドが インサイドアウト という
なにが なにやら わからない打撃です。


インパクトは重さとの勝負です。
ヘッドも、グリップも、そして体も
遠いところから(インサイドから)
上から
ボールに近いトコロへ、低い所に
移動している過程で インパクトを迎えるから
重さに強くできるのです。
IMG_0148_Moment

ヘッドだけがボールに近づき
それ以外のモノが ボールから離れていくのでは
打撃の「モーメント」が低すぎます。

せめて アプローチのような ゆっくりした動きの中で
体も、グリップも、ヘッドも、
高いころから低いトコロ
遠い(インサイド)ところから近いトコロ に
移動している中で インパクトを迎えるようにしてみましょう。

通常、打撃のあるスポーツでは
これを「体重を乗せる打撃」と呼びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、
上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
5eff72cc-s

ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの重さ〜ヘッドの重さ は
方向として グリップからヘッド方向 にかかるモノ
と考えて 造られていません。

グリップからヘッド方向 の重さでは
『ボール打つコト』
『ボールをある方向に飛ばすコト』よりも
クラブを飛ばさないコト、放り投げないコト に
意識が必要になります。

グリップからヘッド方向 への重さのかかり方 では
ボールを打つために動かしていく行動・動作の邪魔、阻害要素になりますし
より強い握力や腕力が必要になります。
折角、多くの人が楽しませる為に道具があるのですから
それでは本末転倒になってしまいます。

IMG_0294_Moment(5)


ヘッドの重さ は  ヘッドからグリップ方向、
つまり 重さを使って グリップを動かすためのモノ です。


そして それは同時に「いつ」と言うのも指しています



重さ というのはその言葉の通り、重力方向に掛かるチカラ です。
グリップからヘッド方向に その重さを使うとなると
グリップよりもヘッドの方が低い時間に それを利用することになりますが、
逆に、ヘッドからグリップ方向 であれば
グリップの方が低い時間帯のその重さを使うことになります。


✋ヘッドを動かしても 結果グリップ、クラブは動きますが
その動かされる方向は 
ボールを打つための方向でも
ボールを望みの方向に打つための方向 とも大きく異なります。
✊グリップを動かすから、その結果、ヘッドもクラブも動くのです。

IMG_0148_Moment


ですので ボールを打つ が含まれる時間帯
ダウンスイングからインパクト直後 まで
その重さによって グリップが「いつ」「どの方向」に動かされるか は
脳みそ筋肉、筋力で勝負したくないゴルファーにとっては
とても重要な ショットの要素 なのです。

そのための テークバックであり、トップの位置 なのです。

クラブ…
〇ヘッドの重さによって グリップがどの方向に動かされるか
〇自分は グリップをどの方向に動かしたいのか

  いつ 動かしたいのか
この二つのすり合わせはとても大切です。
そのための重さであり、そのためのヘッドの重心点なのです。

そして 忘れてはいけないのは
ゴルフクラブ、ヘッドを一番大きく、多く動かすのは
体が 右向きから左向きに向きを変える回転 です。
その回転には 当然 各時間においての 進行方向 があります。
グリップに掛かる重さ と それがリンクしていないと
体とクラブは別々の方向に進むことになってしまいます。
ゴルフの場合、その道具の構造上、
それが 手遅れ、こすり球、ミス、スライス になるのです。

出来るだけ 同じことを 筋力に頼らず 繰り返すため
自分の動作方向、自分の希望方向 と クラブの重さの方向、
グリップに掛かる重さの方向は 似たモノにしておくべき でしょう。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オンプレーンスイングやヘッドターン理論は
根本的に、ヘッドの重心位置 の働きを無視する
スイングで それらのスイングを所望する人にとっては
ヘッド重量と同じく、重心距離は出来るだけ短く
重心深度は出来るだけ浅く、限りなくゼロに近くなる方が
スイングがしやすくなる。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)








重心距離が長くなる、重心が深くなる、
慣性モーメントが高くなるほど
ヘッドが重いのと同じ効果 になり、
ゴルフクラブの構造上 重心点 は
ヘッドの右に位置するため
深いモノ、長いモノ ほど
進行方向が右になる テークバック時は
ヘッドが開き易く、ヘッド単体が動きやすくなります。
右へはヘッドターンがしやすくなる
右へは手で上げ易くなる 訳です。

スイングの動画などを見ると
アドレス時に比べ、テークバックし同時に
グリップがからだから離れる、膨らむ のは
その典型的な例で
また その膨らむことを利用して
それ以降もより一層 開き、手で上げる傾向が強くなります。
IMG_0058Trim (2)_MomentIMG_0058Trim (2)_Moment(2)






体で上げようが、手で上げようが
テークバックは本来 インサイドに、ボールから離れる方に
全てのモノが動く・・・筈なのですが
そういった理論はどうでも良いようです。

グリップがからだから外れ、フェースが空を向くような状態…では
クラブとして 最大に重くなります。

そして 
クラブの構造上、重心点は右に位置するので
ダウンスイング、テークバックの反対で 
左に移動しなければならない時間に入りますが、
ヘッドはそこに残り易く、より開き易く、重くなります。
👉最大に重くなったクラブ、最大に重くなったヘッド
ここから ヘッドターン、シャフトターンをしたい筈・・・なのに
一番し難い状況から始めることになりますので
当然、時間もかかりますし、筋力も必要、スピードも必要になります。

テークバック時に ひょいと楽をして、手であげる 楽を選んでいるのに
ことショットにおいては 重要なダウンスイングで
それにより より大変になるのですから 頭がよいのか悪いのか・・・

特にこのスイング、クラブ扱いでは
重心距離の長い、重心の深いウッド系ヘッドは
アイアンとは同じように扱うことが出来なくなります。
IMG_0624

また 空中のボールを打つドライバーはマシ な方で
地面のボールを撃たなければならないフェアウェイウッドは
壊滅的・・・と言えるかもしれません。

最大に重くなってしまったクラブ、ヘッドを
進行方向〜左 のダウンスイングで より時間をかけて
インパクトに向かうのですから 当然のように
重さは多く、長く 右サイドにかかります。
右サイドが下がってしまうのは必定で
その下がりはイコール 左サイドの下がり、体の開きとなりますから
想像通りのミスを誘発しやすくなります。

特に昨今では 軽量スチールシャフトの影響で
アイアンはどんどん小振り化 =ヘッドは軽く、重心距離は短く
重心深度は浅くなっているので
ウッドとの差は年々開いていきます。
✋スイングの練習は主にアイアンですることが多いのですが、
 それは同時にウッドが苦手になる、もしくは一球一球交互に打つ
 コースでミスを生むための練習、セッティングとも言えます。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを買い替えようかな と思っている時
ヘッドなどの性能は 参考になる筈です。


ただし その性能、そして効能が
どのように働くのか『正しく』知っていないと
それは スイングにも影響を及ぼしてきます。
それは スイング創りにも影響を及ぼします。

ヘッドの性能には 大きさ(体積)やロフトなどの他に
慣性モーメントや重心位置などがあります。


慣性モーメントは数値で表されますが、
数値が大きくなるほどアバウトですが
ミスの寛容性やエネルギー伝達効率は向上します。
ヘッドの姿勢とともにその運動を持続させようとするチカラ
が向上します。
IMG_0340

ゴルフクラブをどのように扱うか
どのようにスイングするか によって
慣性モーメントの数値の大小は
よく働くのか、悪く働くのか 異なってきます。

慣性モーメントの数値の計測は
ヘッド単体を回転させて計測します。
つまり 重心点を軸としての回転軸モーメントです。
シャフト軸のヘッドの慣性モーメントではありません。
ですので ヘッドターンを多用する人にとっては
その数値が高いほど ヘッドターンがし難くなる
と考えてよく、使いにくくなる可能性が上がります。

慣性モーメントの数値の高いものほど
ヘッド姿勢の急激な変化や急加速を嫌いますので
使う人によっては 数値が大きければ良い とは限りません。


重心位置 も同じです。
おそらく・・・ですが、多くの人は
インパクト時にボールにもたらす影響
重心位置の効果をそうとらえている と思いますが、
基本的には間違いです。
ゼロ と言うわけではありませんが、
重心位置の効果は インパクト以前
その重心位置によって ヘッドがどう動かされやすく
どう動かし易いか の方が圧倒的に その特性差を生みます。

例えば 重心の深いモノ(ウッド型の場合)は
ヘッドを前に押し出す作用が強いので
〇ロフトが付き易い
〇入射角度が緩くなり易い
ので ボールが上がり易い・打ち出し角度が高くなり易い
のが 効能的には一般的ですが、
煽り打ちやヘッドターンを多用するスイングの人にとっては
トップやダフリ、チョロになり易い可能性もあがります。
フェアウェイウッドとユーティリティクラブの違いがそれです。

images


ですので 自分がどのようにクラブを扱っているか
を理解していないと 自分を活かせるクラブを見つけることが
難しくなってしまいます。

シャフトもヘッドもそうですが、その個々の性能差 は
打つ前、インパクト以前
どうインパクトを迎えさせるか の為のもので
インパクトそのものの、その刹那の時間をどうこうする
というモノでは無いのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  


ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
445TL-2

また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない のです。

IMG_8497



機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh




 そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アドレスから始まり、テークアウェイ
そして トップオブスイング がありますが、
このトップの位置で
最も重要なモノは「重さのかかり方」です。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

腕も含め クラブの重さというモノは
馬鹿に出来るような軽さではありません。
腕もクラブも長さ というモノが付いて回りますし
それに運動が加わります。

特に トップの位置、もしくは 切り返し の部分では
その字のごとく、運動方向が逆転、反対になるのですから
「重さ」は重要になります。

とかく トップの位置 でのクラブの場所や姿勢
恰好などを気にされる方が少なくありませんが、
1212-1トップの位置は ダウンスイングに入るため
よりよいインパクトが迎えられるための準備であり
通過点でしかありません。
👈これでは 右サイドは下がり
クラブは寝るように重さがかかりますから
チカラで解決するしかなくなります。



ダウンスイングに入り易い 重さのかかり方
自分が望む グリップの行く場所に より容易く行き易いような
重さのかかり方・・・・・・・それが重要になってきます。


スイングの悩みの中で「リキミ」というのが
よく出てきますが、その「リキミ」は
望まないから、力まないようにすれば解決するものではなく
力まなくてはならない状況に陥るから
必然として「リキミ」が生まれるのです。

必要以上に クラブや腕が重くなったり
自分の行きたい方向、クラブを行かせたい方向と
大きく異なる方向にクラブの重さが掛かっていれば
力まざるを得ません。
望む、望まないにかかわらず 力まなくてはなりません。

ゴルフクラブには長さがあり
その先端に重さが集中していますから
体や腕の動きに対し、ヘッド部は遅れるのが普通です。
ところが グリップ部まで 体から遅れてしまうと
体の幅の中から外れてしまうと その重さは極端に増えてしまいます。

グリップ部が遅れないように
グリップの行かせたい場所を先読みし
それに生かせる重さのかかり方を
体の姿勢、それに対するクラブの位置や姿勢で
造るのが トップの位置を形成する基本 です。

IMG_0013_Moment(2)

特に 茲離哀螢奪廚
ダウンスイング以降においては
進行方向の一番前に位置する部位です。
その上 右腕・右手に比べ 総じて左側の方がチカラがありません。
それを クラブの重さで補うか
はたまた クラブの重さでその負担を増やすか は
ダブルカウントで大きな差になります。

ダウンスイングからインパクト通過点に対し
どの方向に、どこに茱哀螢奪廚鮃圓せたいのか
それが トップオブスイングの場所を造る最大の材料 なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



腕さばき、肘さばきでの『クラブ使いの基準』
自分の胸〜上半身です。


上半身で平行に、
ヘッドで円を描かないように、
最終的に 体の回転が伴った時でも
 グリップとヘッドの移動量が同じになるように
 腕での ヘッドの移動量の方がグリップよりも
 少ない位が良い
 と思います。
からだの回転と関係なく
 ヘッドの方をたくさん動かすような腕使い〜クラブさばき は
それを行った時点で、からだの回転の仕事を取る形になるので
からだの回転は止まります。もしくは クラブの動きと
からだの回転のつながりはなくなってしまいます。

ヘッドの方が重さの分、グリップよりも少なく移動する
ここ・・・なかなか納得? し難いかもしれませんが、
ココを超えないと からだの回転でスイングをするコトはかないません。

スナップショット 4 (2012-12-27 17-50)スナップショット 2 (2012-12-27 17-49)










動かせる 総量は
 右胸から左胸 が限界です。
 30センチ
 と言ったところ。

非常に小規模な、短い距離であれば
 このさばきだけで打つコトも可能です。
ハミングバードでは これを「刷毛塗」と呼んでいます。


ココでのポイントが幾つかあります。
✋この刷毛塗は腕さばきとからだの回転をリンクさせるためのモノ
 ですから、小さなアプローチで この刷毛塗だけで打つコトはありますが、
 肘さばきをすることによって
 肩が揺さぶられるような量、距離になってしまったら 意味がありません。
 その場合は ちゃんとからだの回転を主にして打つコト。
👉動かす量のその総量は30センチ程度です。
 肩が揺さぶられない程度です。
 その範囲の中で ひじ、両肘の間隔〜距離感は保ちたいトコロです。

ad0c590a


✋刷毛塗があって その延長線上にからだの回転があります。
 よって からだの回転へとつなぐためのものですから
 からだの回転が入った時は、刷毛塗のさばき→右腕が伸びるコト で
 ボールを打つのではなく 右腕が伸びてから からだの回転でさばくように
 心掛けましょう。

✊スイングの流れになった時、
 刷毛塗は 右を向いている時!! に行わないと回転とつながりません。
 右を向いている時は 左サイドが低いですから、
 横の動きの中に縦の動きが混じり、斜めに動かすコトが可能です。
 正面と向いてカラ 刷毛塗をするのでは 順序が逆 です。


✋スイングの流れになった時
 手さばきは 「その時」自分の上半身の向いている向き が
 基準です。 飛球線ではありません。
 右を向いている時がスタートなのですから
 その向きが動作基準になります。


✋刷毛塗に限りませんが、
 右腕が伸びて 右グリップが押すのは 体と平行。
 そして 押すモノは 『クラブを握った左グリップ』です。
 決して シャフト、クラブ ではありません。
👉クラブを押してしまえば
 その押した分だけ 体が起きたり、体が開きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ウエッヂ…サンドウエッヂのバンス角度やバンスソールに

なったのは 1930年頃です。


ウォルター・ヘーゲンがやり始め

ジーンサラゼンが量産型で使い始めました。

 

スタートはバンカーなどの地面潜り込まないようにするため

でしたが、 このバンスソールやバンス角度のせいで

安定した飛距離が打ち易くなったこと が

定着した原因です。

 

飛ばすものではないウエッヂですが

安定した距離が出ないと困りますし、

ピンと来ないかも知れませんが

飛ばないウエッヂは安定度が低いのです。


そのメカニズムは非常に簡単で、

飛ぶウエッヂは 
小さなスイング
遅いスイングでも

希望の距離を打ち易いですが、

飛ばないウエッヂは 
大きなスイング
速いスイングが

必要になりますから、安定度は当然低くなります。

 

その目安になるのがバンス角度・バンスソールです。

少々、単純ですが

機能としての ウエッヂのロフト角度機能は

(ロフト角度)−(バンス角度)  です。

つまり

 ロフト55度 バンス角度 6度(49) のウエッヂは

 ロフト58度 バンス角度12度(46) のウエッヂよりも

飛距離が出にくいのです。


バンス角度やバンスソールの役割ですが

どの道、地面と接触するウエッヂショットは

そ機能によって インパクト姿勢に補正をかけますから

均一なショットがし易くなるのです。

IMG_0610

バンス角度を選ぶ 一つの目安は
ウエッヂのヘッドの入射角度です。
バンス角度 14度であれば、
入射角度  14度以上 にすると
地面に対しては平行な0度なバンスになる訳ですが、
入射角度が それよりも緩いと
バンスは地面方向に張り出した形になり
ボールを打ち前に突っかかり易くなります。

ですので アイアンだけでなく
フェアウェイウッドも、
そのクラブの長さに応じたバンス角度になり
長いものほど 少ないバンス角度の数値になります。

本来、ヘッドの地面に対する入射角度は
体の前傾姿勢によって もたらされます。
全体の円弧が それこそ「円」になるのは
からだが回転するからです。
補助や誘導することはあっても
手や腕が その「円」そのものを造ることではありません。
ですので 入射角度 ☞上から打つ
は 手や腕でヘッド〜クラブを下に振ることではありません。
単に 体の回転通りに、
同期してクラブを移動させれば 良いだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチショットやパターストロークで
よく見る方法に
ショルダーストロークがある。
駄目なストロークの代表それは、ハミングバードの視点では
パターだけに限らず、ショット、要するにスイング全般に対し
諸悪の根源とも言える。



ショルダーストローク は それをする本人にとっては
ヘッドが真っ直ぐ動いているような
「錯覚」
・・・・
視覚的に真っ直ぐ動いているので
真っ直ぐ行くように
「錯覚」
してしまうのだが
決してそうではないので 実験してみた。



『フェースの面の向き』と言う言葉があるけれど
多くの人は、シャフトを軸としたヘッドの回転に
フェースの向きと
『勘違い』している人も少なくないが
ロフト角度もフェースの面の向き だし
ロフト・ライ・ヘッドの向き
それらの複合によって決まるもの。

CDのケースを使って実験してみると
良いかも知れないが
オリジナルの状態で 片側を上げて
ライ角度を一定にしておいても。。。
このように ロフト角度が変わると
全体の複合した フェース面の向きは
こんなにも変わってしまうのです。

IMG_0003
IMG_0004


例えば グリーンの花道から ピンまで10m
のアプローチをしたとしましょう

簡単に 左右に 1m〜2m前後ずれることになるだろう


002001003






概ね視覚的には真っ直ぐ動いているヘッドも
これだけの『向きの違い』を生むのである

当たり方とか打ち損じ とか
はっきりと「ミス」によって
距離や方向がぶれてしまうのは修正も可能だろうが
ミス…と呼べないこのズレを修正することは
意識としても非常に難しいだろう。

006005009







ショルダーストローク(ゆりかご)の動きは
常時、左右の肩を上下に揺さぶるので
ヘッドの高さの変化が激しい上にロフト変化が激しい

☆ロフト変化による打ちだしの方向のズレ
☆ヘッドの高さ変化
☆ロフト角度の変化


これらを同時にインパクトに揃えるのは神技に等しく
正直、毎回偶然待ちをしているようなショットに
なってしまうのは明白だ。



それと忘れてしまうガチなのは
体を固定して 肩を揺さぶっているから
ずれが少ない と勘違いしているが
肩のラインを底辺とした 逆三角形を固定して
肩を揺さぶるという事は
シャフトの延長線上・上方に頭がある ということになる。
もう一度見てほしい。
006005009






打ち終わったコマ では グリップエンドの向きは
アドレスよりもかなり右(飛球線後方)を指すような
そんな格好になる。
故に、打つ前に想像しているよりも
かなり上向きに 頭が右にずれ 上を向いてインパクトする
ことになるので、ショルダーストロークする人の
殆どのショットが ヘッドが上に動いていている時
煽り打ちでインパクトを迎えるので
必ずと言っていいほど 
歯で、トップ気味にボールを打っている・・・・

 だからインパクト音が汚いのだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


錯覚してしまうコト、誤解されるコトが多いので
確認しておこう♫

手のひらは親指が上、小指が下。。。

 ヘッド…、クラブはどちら側にありますか?

親指側ですか? 小指側ですか?

そうです。クラブは上にあるのです。

前傾をして、前に傾いて(かがんで)構えているので
錯覚し易いけれど
左手が一番下に有って
次に右手・・・そしてシャフト〜ヘッドがある
ヘッドが一番高い位置にあるんだ!

7b751c2e細かい角度にこだわる必要はないけれど
腕とシャフトの関係は
アドレス時で120度位
(写真はインパクト時…)
腕とシャフトが一直線になることは
スイング中には一切なく(願望も含め)
一番、鈍角になったとしても 120度 と考えるべきでしょう。

スイング用語に「コッキング」と言うものがあるけれど
動作、アクション、技術 意志を持った動きで
このコッキングというのは無いと考えて良いと思う。

有る目的と別な動きをすると、
クラブの構造上、結果そうなってしまう
と考えるのが理想でしょうね。

フルスケールのスイングという訳ではないが
トップの位置でこの程度
b6066d09120度の角度が90度位に
なった訳だから、その差は30度。
殆ど角度を変えていないに等しい。
褒められたことではない(お勧めしない)けれど
もしも自分の意志でコッキングをしたとしても
必要な運動の角度差は たかだか「30度」
その角度は、アドレス時の右腕と左腕のV時の角度程度。

225484_170587513091874_290037338_nゴルフクラブ…
クラブヘッドのこの鎌首を
もたげた形状を考えれば、
テークバック時に
ほんの10度程度動かす感じで
30度の角度差は付いてしまうだろう。

これも良く覚えておいた方が良いけれど
時計の 一秒 一分 の角度は 『6度』
30度分は5秒分 5分分の角度だ!
形状を考えて10度分位動かすとして
時計の針の 一秒か二秒分動かす程度だというコト。

あれ?

多くの人が シャフトを90度も上下に動かそう!
ってイメージありませんか?

アドレス時には ヘッドが下に有って、グリップが上
トップ時には、それが逆転して ヘッドが上、グリップが下
インパクトまでにはそれをまた逆転させる!
 って 思っていませんか?



刷毛塗の話にもつながっていくのだけれど
クラブというか、グリップをこぶし2個分程度
動かせば(片道)ボールを打つことが出来る…んだけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングを覚えていく上で
体の部位の中で器用な、覚えの良い
腕の使い方で全体を掴んでいくのも
良い方法の一つです。


腕の使い方で
忘れてはいけないのは
両手 両腕は手錠とは言いませんが
グリップ(クラブのパーツ)で束縛、拘束されている
というコトです。
野球では時としてありますが、
ゴルフの場合、スイング中に、特にインパクト以前に
片手を離す というコトはゼロに近いほどです。


クラブをどう使うか、どう扱うか に直結しますが、
行き〜テークバック においても
帰り〜ダウンスイング においても
ライ方向にクラブを動かそうとするのは
出来るだけ避けたい ですね。

ボールは当たり前ですが、フェースで当てます。
これはルールでもそういう設定です。

スナップショット 1 (2014-03-04 10-51)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)

ライ方向 にクラブを上げ
ライ方向に クラブを下げる
・・・ボールをソールで打つ前提であれば
 その方法もあり・・・かも知れませんが
 フェースで打つ ライ方向にクラブを動かす となると
 やればやる程 ボールに回転を付ける になります。

また ライ方向にクラブ上げ、ライ方向にクラブを降ろす
となると クラブが外に膨らむ力。。。
運動の速度の増す時期。。。 下方向に膨らむ力が強くなりますから
前傾姿勢を解き、上に体を逃がし、空間を作らなくてはなりません。
スナップショット 3 (2013-05-14 4-34)

手で振るにしても、体で振るにしても
ライ方向に動かせば
スイングの弧、ヘッドの進行に対して
90度も違う方向に動かすのですから
遠心力も加わり、想定よりも弧は膨らみますから
グリップもヘッドも遅れます。手遅れは必然になります。

どこからで ヘッドターンは必要になりますから
非常にやることは盛沢山。

縦に横に 器用に体を逃がさなくてはなりません。

基本 ボールはフェースで打つのです。
そのフェースは ヘッドの進行方向 スイングの弧に対し
ロフトゼロと仮定すると、横 垂直の関係 にあるのですから
それを忘れないで下さい。
004

クラブはロフト(キャビティ)に移動させて
・・・・・・もちろん グリップを…ですが
初めて フェースでボールを打つコト に
チカラを加えられるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

スイングの考える時に
まず第一に考えるのは
「どうグリップを動かすか(移動させるか)?」
ということです。

確かに ボールはヘッドと接触して飛び出しますから
ヘッド! ヘッド! と考えるのは
気持ちは分からない訳ではありませんが、
そこは理屈というよりも、物の道理として理解してください。

打ち手が動作…基本的には体を回す
という行為によって グリップが移動して、
その分 ヘッドが移動します。

ボールを飛ばしたいから たくさん、速くヘッドを動かしたい
というのも心情的には理解できますが、
そうであるのなら グリップを たくさん、速く動せばいいのです。

IMG_0375


ヘッドばかりを意識するのは"なぜいけないのか
説明しましょう。

ヘッドだけを動かす という動作は
必ず反動を使ってヘッドを動かすようになるので
ヘッドを動かすためにグリップを止める
ヘッドを動かすために体の動きを止める
というのが付いて回ります。

ゴルフのショットが「その一球」だけであれば
それでいいかも知れませんが、
ゴルフはショットの連続、そして一年を通して遊び
なが〜く楽しむ遊びです。
そして 出来ればミスは少なくしたいですし、
気持ちの良いショットを続けたい と思うものです。

良いショットが出たら繰り返したい
ミスショットが出たら修正したい
そう思いますよね。

しかし、グリップや体を止めて ヘッドだけを動かすような
そんなショットをしていたら
自分の動作と ヘッドの動きに 直接的なつながりがなく
同期していないので、自分の動作を同じように繰り返したり
また、修正したりしても
 それがダイレクトにヘッドの動きに反映されません。
偶然待ちのような状態の繰り返しになってしまいます。

パターと同じ…なのですが
軽いヘッド、硬いシャフトのボールを飛ばす力のない
ヘッドのスピードアップでしか飛距離増大を生むことのしにくい
クラブでの概念に取りつかれ過ぎです。
自分の頭でよく考えてみて下さい。
ヘッドスピードの増大→遠心力の増大 は
確かに何かのエネルギーの増大につながりますが
そのエネルギーは『ボールの飛び出す方向』とは
まったく一致しない。
結果的に言えばスピンをたくさん生み出すための
エネルギーになってしまいます。
弾いて スピンを生み出すのなら
その速度や量が増えれば 確かにボールスピードも
上がりますが、それはヘッドスピードのアップと相乗せず、
無駄な動作ばかり増えるのです。


l064-e1402138366603


また、ヘッドスピードで言えば
インパクト付近が一番高く(速く)なる箇所です。
ところが ヘッドだけを動かすようなスイングであれば
その付近でグリップなり、体を止める訳ですから
一番速くなる箇所で止める という歪みが
必ず体のどこかに負担をかけます。
おそらく クラブに近い部位の中でも弱い左の手首や肘
などを痛める原因になります。

それは動作の緩急だけでなく
打撃の衝撃にもあります。
成人男性であれば ドライバーショットの
インパクト加重は 800〜1200キロ にもなります。
運動の緩急だけでなく、その負荷は
やはり 動いている場所と止まっている場所の間の
どこかにかなりの負担となるでしょう。


ナイスショットも繰り返し辛く
ミスショットの修正もし辛い…
偶然待ちの連続の上に
体への負担も少ない無い…。

確かに「偶然待ち」のショットであっても
訓練によって その偶然待ちの偶然の確率は高まるかも…ですが
体に負担の多いスイング方法なので
上手くなる(というのかどうか…)のと
体の故障は比例するような関係になります。

ですので
ヘッドを動かしたいのならグリップを動かしてください。
ヘッドを速く動かすのならグリップを速く動かしてください。
こうグリップを動かす…と こうヘッドが動く
こう動かす(移動させる)と こう動く

というリンクを確立させることが
そう考えること そのものが 上達の基礎 になります。

自分の動作によって グリップを動かすスピードが
そのまま ヘッドの動くスピードになれば
自分の動作速度によって ヘッドスピードも管理できます。
 
 パッティングの基本ですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットにおいて
グリップを支点とし、
もしくはクラブの長さのどこかに支点をつくり、
グリップの動きと異なり ヘッドを動かしたり
グリップの移動を止めて ヘッドを動かすコトの
不安定度、危険度をよく理解してほしい。
IMG_0148_Moment

理屈においても、物理的にも
ゴルフクラブは打ち手のなにがしかの動きによって
グリップが動くから ヘッドが動くように出来ている。

それは 移動の総量においても
速度においても
方向においても ほぼ等しいモノで、

それによって 動作でヘッド速度を管理したり
ヘッドの動く方向を管理して
ショットやスイングを修繕したり、改良したりするのに
非常に適している。

グリップを支点として
もしくは クラブの長さのどこかに支点を作って
ヘッドを動かしてしまうと
特に 移動の方向において
グリップとヘッドが 真反対、逆に方向に動く瞬間が
一番重要な インパクト付近に発生し易くなってしまう。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






ドライバーやウッドで、長めのクラブであれば
そのヘッドの移動速度は 時速100キロを超えるような環境で
ヘッドとグリップが反対方向に動くようであれば
その修正は 瞬間芸、神業に近くなってしまう。
これでは その打ち方の修正は本人しか出来ないし、
例え 良いショットを打てたとしても、それを継続する「コツ」というものが
はっきりと存在しない あまりにタイミングに依存する芸当になってしまう。

ゴルフにとって 「ショット」はそのすべてではなく
ゲームを進めていく上での 単なる手段に過ぎないのに
それを タイミングだけに依存するのは あまりに危ういと思う。


グリップの移動で
そのヘッドの移動の速度
そのヘッドの移動の方向
そのヘッドの移動の総量
それを管理していくことが ショットの確実性を高める 最大で
唯一の方法と言えるだろう。
IMG_0175(2)_Moment

クラブは運動をさせれば そこに属する重さは重さを増すので
スイングをすれば ヘッドは遅れる
それはそのまま放置し
如何に 体の向きの変更に「グリップ部」が遅れず
体の幅の中に収めておくか が スイングのほぼ全部と言えるだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ことさら スイングプレーンを重要視するつもりもないし
そのヘッドの軌道は「お好み」でいいと思うけれど

インサイドアウト の意味を今一度考えてほしい。

・・・ちょっと 内容は難しい…ですが・・・

images


これはなぜか・・・というと
この インサイドアウト には
からだの回転と言う意味が多分に含まれているから
 です。



多くの人は テークバックで右を向きません。
手で トップの位置…らしい所にクラブを持って行くだけです。
にもかかわらず 左は向きます。

インサイドアウト のインサイドは
アドレス時の飛球線に対しての意味合い ですが、
インサイドは ボールよりも自分側
インサイドの量が多ければ ボールからより離れていく
と言う意味も含まれています。

一般論のスイング軌道で『インサイドアウト』は
ボールから自分側に ボールから離れていくところから始まり
ボールに近づいて インパクトを迎え 打ち終わると
ボールよりも自分の反対側に また ボールから離れていく
というコトを指しているのですが、
それが 今の主流のスイングの回転と噛み合っていません。

右を向いていませんから
そこから 回転すると 自分は ボールから離れていくことになります。
多くのスイング動画をご覧になれば
かなりはっきりと見受けられますが、
自称「上手」と言っている人やプロのスイングであっても
ダウンスイング、インパクト以前に
ヘッドはボールに近づいているのに
グリップはボールから離れていく
ヘッドはインサイドからボールに向かっているのに
グリップはボールからインサイドに切り込んでいる
そんな クラブ使いをものすごく多く、
逆に言うと そうでないスイングを見つけるのが大変難しいほど
見ることが出来ます。
IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)






そのクラブさばきでは クラブのどこかに支点を作って
テコのように クラブ/シャフト/棒を素早く反転させることが出来るので
加速感が味わえます。
しかし それに伴うからだの回転は
正面の存在しない 動作が始まるとすぐに左向き になってしまいます。

グリップの自分の方、インサイドに引き入れることによって
無自覚的に 体の向きが左に向くコト・・・
それは ある意味、
グリップを引き入れる空間を作っている
グリップを避けている反射行為で
動作としての からだの回転 ではありません。


からだの回転があるから グリップが移動し、そして ヘッドも移動する
であれば
からだの回転によって 体自体もボールに近づき、グリップもボールに近づく
そして ヘッドも・・・ それが 本当の意味での インサイドアウト です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

ゴルフの基本姿勢、構えを何故にアドレスと言うのか
実は私もわかりません。
英語では「ポスチャア」 構えとか姿勢と言う意味です。
なんだか、和製英語としても、そちらの方が
適切かとは思うのですが。。。

弊社では、ボールは左足かかと付近に置くことを
推奨しています。

IMG_0001

ボールの前面が左足のかかと線上 付近
と言う意味なのですが、
これにも条件があります。

多くのゴルファーは、アドレスを右向きに取っています。
本来、ボールのターゲット、目標方向と
人間の立ち向きは、平行な、線路のような関係です。
51

決して交わることの無い平行な関係です。
クラブヘッド、フェースが目標を向いている、というコトは
体の向き、立ちの向きは、目標よりも左を指している
というコトになる筈、なのです・・・。

ところが、多くのゴルファーは
体の向き、立ちの向きも目標に向けてしまっています。


結果としては、ターゲットも右を向いてしまうのですが
右向きのアドレスで、ボールを左足かかとに
セットするのは、体をひねって
目標方向よりもやや左に捩じって、インパクトすることに
なります。

向きをスクエアに出来ていない人の多くが
左足かかと付近にボールをセットしないのは
本能的な理由が存在するわけです。
逆を言えば、真ん中にボールを置いている多くの
ゴルファーは右を向いて、構えているとも言えます。

IMG_0001 (2)IMG_0001











つま先は開き方が人それぞれありますから、
両足のかかとが目標方向と平行になるよう努める
そこから始めるのはとても大切だと思います。

想像以上に、この向きを
正しく「スクエアに立つ」習慣付けするのは
簡単ではありません。

上手く打てないと、次第に馴染んでいる位置へと
修正していくものです。

頑張って、ここから始めてみる というのは
如何でしょう。
このアドレスの向きの「狂い」は
あと後の改善が非常に難しいので、
狂っているアドレスは、スウィング中の細かい修正が
入ることになります。

慣れるまでは、一球一球クラブを置いて確認するのも
良いかもしれません。
ちょっとスランプに陥って来たときにも
そこをチェックしてみてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的なゴルフクラブ。。。
カタログ上などではあまり問われることはありません。
とても不思議な部分というか
そんなに難しくない物理思考であっても、力学であっても
答えは明白です。
460TL-1

打撃するのに 打撃物、この場合はゴルフクラブヘッドですが
この質量は 破壊力に直結します。
勿論それは移動速度との融合ではあります。

補足 ではありますが、実証したデータでは
普通のゴルフクラブを基準に ヘッド重量だけを変えた場合
プラスしても、マイナスしても 50g程度の質量変化では
ヘッドスピードの変化は起こりません。

速度が変わらず 打撃部分の重さが増えれば
それは もちろん打撃力・破壊力の増大につながります。

重さ増加 は イコール モーメント、慣性の増大にもつながり
ヘッドが運動、移動する場合
その姿勢を維持し、運動を続ける力の増大になるのです。
ですので バンカーやラフ、濡れた芝など
ボール以外のものも どかさなくてはならない時
その威力を発揮します。
『打ち抜く力』が増す ということですね。

455T-1


市販のウエッヂなどは 軽すぎて
正直、その質量ではバンカー嫌い・苦手を生み出す要因に
なっているとしか思えません。
厳密に言うと その軽いヘッドと硬いシャフトの組み合わせは
軽いから グリップを押す作用
クラブの運動・移動を続ける力が弱く
対質量にも弱くなります。
そのうえ その重さをグリップに伝え
グリップの移動を促す力も シャフトの硬さ ゆえ
さらに減少しますから
バンカー・・・・ 出にくいでしょうねー。


それと同時に
姿勢変化、運動維持性能が高い重いヘッドは
ミスヒットにも非常に強くなります。


ヘッドそのものの慣性モーメントが大きいので
あまり良い姿勢、良い場所でなく ボールに当たった場合であっても
そのボールの質量・負荷に負けにくいので
ヘッド姿勢の変化を起こしにくく、減速もかかりにくいのが
大きな特徴であります。

よく弊社の L型ブリストルパターはどこで打てば
(フェース、トゥ〜ヒール方向のどのあたり?)
という質問を頂きますが、だいたいフェースの中ほどで打てれば
どこに当たっても全く変わりはありません。
故に トップブレードの印など
視覚的に残像の残りやすいものを打ちたいとは思っていません。
IMG_0226_Moment(2)


質量が大きいと トップやダフリにも非常に強く
しかも ちゃんとした使い方を覚えれば
その 打撃力・破壊力は距離の増大に使えるのですから
なにも デメリットはないと思うのですが…。

例えば ヘッドが重いと…振りにくい とは言っても
重さが負荷になるのは 重力に逆らい
ものの高さを上げる時ですから
スイングにとっては テークアウェイに当たると思います。
長さが付加されますから そのままの重さではありませんが
 250gのものが 300gに増えたところで
何か変わりはあるでしょうか…。
テークアウェイでは移動のスピードもさほどではありませんし…。
そして 重要な打撃の部分では
基本 下り… 重さが下に使えるのですから
逆に楽だと思うんですがね。。。

もひとつ 不思議に思う部分なのですが。。。
重いヘッドは振りにくい と考えている人に限って
遠心力は打撃力の源 と考えているような気がします。
本来、先端部分の重さが増せば その遠心力は増えるから

好都合なはずなのですが。。。
軽くして 無理してそれを速く動かすのと
何が違うのか 意味がわかりません・・・。

そもそも ゴルフスイング以前に
質量というものを何だと考えているのか
聞いてみたいところです。

まあ あまり良い例えではないのですが
荷物満載のダンプカーが 軽自動車とぶつかった場合
当たり方に関係なく 軽自動車はかなりやばいことになります。
当たり方がどうであっても その場合
ダンプカーがスピンすることは少ないでしょうね。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

004

よく シャフトをしならせて しなり戻す
➡しなり戻す が クラブの動き と思っている人も多いが
それは打ち手が 
グリップの移動を
シャフトの反動に負けずに 止める
 という
クラブではなく 打ち手の動作 であり
クラブの運動とは異なる。

ゴルフクラブによる打ち手に対する作用はあるが、
ゴルフクラブを動かすのは
それを持った打ち手が動作して
「グリップを」移動させるから
結果、ゴルフクラブ、
ゴルフクラブヘッドが移動するのだ。
ゴルフクラブの、クラブヘッドの
最大の移動源、運動源は打ち手の体の回転である。
多少のひじなどの腕の作用による補助的な
移動・運動はあっても
少々 大袈裟には体の回転が
唯一の移動・運動源
なのだ。
考えてみれば 当たり前である。


実は結構大切な部分ではあるのだけれど
とても意識している人が少ないように思えるのは
ゴルフクラブの「グリップ」部はスイング中
逆方向への動きから正方向への動きに切り替わる
切り返しの箇所を除いて
スイングが終わるまで決して止まることはない
ということ。

そして グリップが止まるということは
体の回転も止まるということ。

最大のクラブの移動・運動源である
体の動きを止めてしまうことは
ボールを飛ばしたくない と宣言しているのと同じ。

ダウンスイングからフォロー
特にインパクト付近は
理想的には最大の移動スピードを確保したい!
そこを無理に加速する必要は
スイングに一切ないのだが
緩やかな加速の過程のなか
最大の移動スピードを確保したい箇所である。
にもかかわらず
多くのゴルファーは そこで
グリップの移動を止めてしまう。
体の回転を辞めてしまう。
006

厳密には クラブの移動は傾きはあるとは言っても
体の向きを変えるから 結果として円を描くとしても
あくまでも 水平方向への横移動である。
それを 縦方向〜上方向の動きに急激に変え
水平移動を止めてしまう例も少なくない。

そう 目の前のスイング意識としては
グリップを止めない
切り返し以外は グリップの移動を決して止めない
スイングを作らなくてはいけない。

決して突飛なことではなく
考えて見れば当たり前のことだけれど
意識している人は少ないだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日の投稿記事  byよっちゃん に書いてありますが、
http://hbs.livedoor.blog/archives/1978540.html
多くの方が悩まれるスイングの課題、問題 なのですが、
文面で説明するのは難しいのですが

スイング・・・以前に ボールをどうさばくか

動作や技術を全部無視して
『ゴルフクラブを持って
 ゴルフスイングのコトは全部無視して、気にせず
 ボールを打って!』

・・・インパクト前後 20センチ位…合計50儖未
ヘッドとボールのコンタクト観というか
    そこらへんが根本になっています。

IMG_0451_Slomo_Moment(3)IMG_0451_Slomo_Moment(2)







このボールさばきは
スイングや距離などで悩んでいる人のほとんど
ゴルファーの半数以上が そのボールさばき、クラブさばき です。
最近では富に悪い意味で「流行っています」



そのクラブさばき、ボールさばき であれば

👉絶対に 体は開きます。
 開かないと ボールは打てません。
 閉じたら ボールが打てません。

👉手打になります
 手打ちでないと ボールは打てません。
 体でクラブを動かしたら ボールが打てません。

👉ハンドファーストには出来ません。
 ハンドファーストでは ボールは打てません。
 故に ヘッドターン以外 ロフトは締められません。
 緩くなったロフトの分、スピードが必要です。

👉インパクト直前で急加速が必須です。
 等速でクラブを動かして ボールを打つコトが出来ません。
   ・・・・・・ランニングアプローチは怖いですね・・・・・・

👉体重を左に移せません。
 体重を左に乗せたら ボールに当たりません。

👉テークバックは 体を回せません。
 肩や腕だけで上げる方法の方が打ち易いです。
 故に 肩・肩甲骨を回す、胴体・上半身を捻る〜胴捻転の病になります。

👉インパクトで左肩はかなりあがり、右肩は下がります。
 そうしないと ボールが打てないから です。


キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





✋このボールさばき、クラブさばきでは
 スピードを抑えたアプローチやランニングは苦手になります。
 速くヘッドを動かせる 上げる・・・アプローチはロブショットが中心になります。
 ヘッドを速く動かすコトしか出来なくなります。

✋胴捻転を起こすので 腰や脚と肩の回転角度が異なるので
 地面から打つ長物、傾斜のショットが苦手になります。

✋力がないと バンカーショットが飛ばせられないショットなので
 非力な方や女性にとって バンカーはかなりの危険地帯になります。
 距離のあるバンカーは刻みが必須になります。

✋アドレスは必然的に 右向き。
 ややひっかけで打つ感じになりますから
 12時を目標とすると、2時を向いて立ち、10時に向かって振るような
 『非常にタイミングにシビアな曲芸打ち』になりますから
 自分以外 それを修正、改善する手がありません。



✊自分のやっているコトが理解出来れば 治ります。

✊逆に その肝心かなめな部分が変わらない限り、
 局所、局所のポジションや姿勢などを治しても
 それは単なる「飾り」や「その場の真似」に終わります。

 そこの部分が変わらない限り、どんなレッスンもテクニックも
 何回やろうとも、何時間費やそうとも、何球打とうとも身に付きません。
 まあ。。。レッスンとしては商売になるのかも…ですけどね。


sample2018 (2)_Moment(2)


 👉レッスンは常時受け付けております
  ご連絡下さい  046-804-1480
  
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールは打撃された時、その破壊力/打撃力は
音や温度などを除けば 単純に
 ✊速度
 ✊回転
 ✊方向
(主に打ちだし角度)
に分散します。
007

クラブの長さも含めた ロフト角度の効果は
その分散の割合を変化させるものです。
ロフトの効果、ロフト角度そのものが大きくなったり…
になれば その割合は 回転/方向に強くなり
ボールの移動速度は落ちます。

意外に勘違いされがちですが、
クラブが長くなって ヘッドスピードが上がった方が
創り出される 打撃力(破壊力)は劇的に増える 訳ではなく
クラブは長くなる程 破壊力の一部であるヘッド重量が
軽くなるため、一番長いドライバーも一番短いウエッヂも
その破壊力の差に長さ程、ヘッドスピード程の違いはありません。

もう一つ 勘違いされがちですが、
ゴルフクラブの長さは
ヘッドスピードを上げるため だけではなく
その使うロフトを活かすため という方が主眼で
その長さによって作り出される入射角度が重要です。

長さが長くなると 入射角度が緩くなり、
打ちだし角度を取り易く、その分回転量が減る
と考えて間違いないでしょう。
例えば ロフト20度位のものであれば
長いモノは 打ちだしが高く・スピンは少な目
短いモノは 打ちがしが低く・スピンは多め
といった感じです。




そこで ちょっと想像力を働かし
『ロフト1度と79度のクラブ』を考えてみましょう。
おそらく ここが飛ばない理由に結び付くでしょう。

ゴルフクラブの正しい使い方は…
別な言い方をすれば ロフトの正しい使い方は
ゴルフクラブを動かさず
ゴルフクラブを持った自分が動くこと です。
つまり どのタイミングであっても
 ロフト姿勢はいつも同じ ということになります。
スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)






自分が移動してグリップが動く動かし方であれば
「ロフト1度のクラブ」は
入射角度マイナス一度の角度で飛び出ます。
長さにもよりますが、それはマイナス方向ですから
すぐに着弾し、一度分のスピン量が入っています。
スナップショット 2 (2013-03-29 22-26)

逆に グリップを支点にヘッドを振る ような
シャフトの『角-角度運動』をさせるような動かし方 では
この ロフト1度のクラブでも
緩い入射角度、場合によっては
ヘッドの上り傾向でインパクトしている可能性もあるので
正しく扱ったものに比べ、ボールは少し上がります。
しかし スピンはほぼゼロに近く
ぽっこんと飛び出て、ボールの推進力は上に逃げてますので
正しく扱ったものに比べると
転がりの量・移動の量そのものが少ないですね。
スナップショット 3 (2013-03-29 22-28)

ロフト79度のクラブの場合
正しく入れて来れば その長さによる
入射角度マイナス79度分の打ちだし角度・回転は
確保できます。
ヘッドを振っている角角度のものは
殆ど前に飛ばす、ほぼ真上上がります。
それに比べると 前に進むでしょうね。
ヘッドの厚み(板厚)が無ければ
くぐり抜け〜だるま落としも十分あり得ます。
ここで バンスの角度や幅などの
効果が発揮されたりもするんですが…。
IMG_0627
ヘッドを振る スイングで79度のロフトはまず使えません。
ロフトが65度を超えると打ちことはかなり難しいでしょう。
その手のスイングの持ち主がロブウエッヂを持っているのは
ブラックジョークかとおもってしまいます…。



本来、ゴルフクラブは
その長さによって入射角度と打ちだしの基本角度
そのロフト角度によってスピン量と打ちだし角度
が設定されている モノ なのですが、
自分で好き勝手に軌道を造るスイングでは
色々な打ちだし角度やスピン量が生まれてしまうばかりか
正しい距離を生み出すことも出来なくなってしまいます。


ここが 多くの人の悩む「飛ばない」理由なのでは
無いかと考えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ