◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2019年02月


シャフトの硬さ を表す一つの指標として
 振動数・・・ というモノがあります。

これはシャフトを運動させたとき、
一分間にどのように「振れる」か、何回「振れる」か
と測って、数値にします。   ・・・cpm  →cycle per minutes

数値に大きなものほど ゴルフクラブのシャフトでは硬い とされ
数値に小さいものほど ゴルフクラブのシャフトでは柔らかい とされます。

460TL-1


45インチ、平均的なヘッド重量 195g  
 スイングウエイト D-00前後を基準に
メーカーや機種によって 幅はかなりありますが
30年前より 「ドライバー」に関しては平均値は下がり

 Rシャフト は 235cpm  辺り と考えてよいでしょう。


これを基準にすると
 〇245cpm は S
 〇255cpm は X
 〇265cpm は XX

にあたります。

ですので リシャフトをした場合
多くの後発・スポーツタイプのシャフトの数値は高いですから
その機種非常で Rシャフトであっても 265cpmを超えるモノも有り
オリジナルのモノから比べると  XXシャフトの替えたのと同じ です。
                    ✋そこ ご注意を。




さて ここ それぞれで想像。。。考えてほしいのですが
同じヘッド(重さ)、同じ機種、同じロフト、同じ長さ で
R -235cpm と XX -265cpm  の2本を用意して
一球交互交互に打った時、
前に打ったクラブ(硬さ)の影響で良くも悪くも出ます。
ですので 似たような球は続けて打つのは大変難しいのは
理解できるかと思います。

R -235cpm をほどほど上手く打てれば 次の
XX-265cpm は硬いですから、トップしたり、引っかけたり
 届きそうもないと判断され 突っ込んでてんぷらしたり・・・・ 逆に
XX-265cpm をほどほど上手く打てれば 次の
R -235cpm は柔らかいですから、ダふったり、てんぷらしたり
 となりそうなことは想像出来るかと思います。



ドライバー 45インチ を 235cpm で使っている時
それに相当する 38インチの5番アイアンは
ウッドのシャフト径 先端8.4ミリ   アイアンのシャフト径 先端9.3ミリ
を考慮に入れたとしても  250cpm 前後 です。


シャフトの性格や機種にもよりますが、この位の硬さでは
だいたい 半インチは 4〜8cpm程度の差 です。

45インチ 235cpm のドライバーに関しては
38インチ 250cpm が大体の基準で
アイアンが260cpm では S  270cpmでは X
というコトになります。

video-1531996834(2)_Moment


ドライバーの 硬さの違う二機種を交互に打つと発生することが
やはり ドライバーとアイアンの関係にも発生します。


現状で ドライバーはユーザーに飛ばさせるために 柔らかくなりましたが
アイアンは逆に、単価を抑えるコトが主と思えますが 硬くなっています。
軽量スチールでは柔らかくしても 強度の問題から 下げられる数値は限られています。
R表記のモノを選んでも 5番アイアンで 280cpm位は普通に来ます。
ドライバー R-235cpm を基準にすると XXXに相当する硬さ です。
まあ ここまで硬くなってしまえば もうみんな同じとも言えますけれど
 この違い、この硬さの違いを コースでは交互交互
一球ごとに打っているのですから 上手く行かない可能性は…想像通りです。


ドライバーは上手く行っていないのは
 アイアンやウエッヂのせい というのはとても少なくない可能性 なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   


軽いヘッド/硬いシャフトの市販のパターを持つ人には
適用対象外の可能性があります。
L型ブリストルパター専用の打ち方…かも知れません。


まずは アドレスです。

絶対に深い前傾にしてはいけません。
ボールの上に目線が来る なんていうのは論外です

show_img

幾つか理由があります。
,修旅修┐篭枋ゴ兇高くなり、
 動き出し辛くなります。
 また、前傾が深いと疲労度によって
 その前傾の変化が生まれやすくなります。
⇔習を積むと腰痛の原因になります。
H妙な距離感を造れる 利き腕が使えません。


グリーン周りで
 パター、ピッチングウエッヂ、8番アイアン
3本を持って、アプローチをしに来た と考えて下さい。
長さによる違いはあっても、打ち方は同じですから
長さなりの構え方をして下さい。


皮肉なものですが、
ショットも同じで
前傾が深ければ深いほど
前傾を大事にしてスイング・ストロークしません。

深ければ深いほど 前傾を解いてボールは打つことになります。
これに例外は無いと言っても過言ではありません。

COSTARICATANGO10


両腕は自然に伸ばせるようにしましょう。

突っ張るでもなく、曲げるでもなく
腕が肩からぶらりと垂れ下がって
両腕が自由に使えるような構え、前傾が理想的です。

ボールは球体で、転がるのに適した形状ですが、
原則 ボールをその距離押してあげることが基本です。

パターではなく 板 を持っていて
地面ではなく、届く高さのテーブルの上のボールを
どのように打ってあげると
一番繰り返し その距離 が打てるのか 考えてみて下さい。

板の面を跳ね上げて ボールを打つのが良いでしょうか
それとも
 板でテーブル面に沿って振ってあげた方がよいでしょうか

2


そして パターには少なくとも ロフト というものが
ついていることも考えてみて下さい。

パッティング おそらく最大に打つ距離は
30〜40mでしょう。
ストロークを逸脱して 振り回さなければいけない ような
パターは 用途として機能していません。

繊細な、微妙な距離を打つのには
小さく、遅く動かしても
その距離が打てる パターが絶対必要です。


そう言う意味で オーバーに言えば
市販のパターは イップス製造機か、
もしくは 故障製造機 なのかもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ビデオなどのビジュアル関係のモノが
非常に便利に使える時代になりました。


フック ひっかけ だけに限りませんが、
ゴルフスイングを箇所箇所の動作、
ビデオを撮って ある一部の静止画を切り取って
そこを改善しよう としても無駄ですし、不可能です。

動作は流れの中で決まって行きますし、
その数コマ前の肘の関係やクラブの重さのかかり方で
そのコマは決まっていくので
その前、いや、もっと前のコマを修整しないと
そのコマそのものは治っていかないモノです。

スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)



前回の テークバックの話の中でも書きましたが、
スイングは時間帯があります。

アドレスを基準点に定めると
テークアウェイ
トップ付近
ダウンスイング
 これらは右向きの時間帯
です。

動作としては存在しませんが、箇所としての
フォロー
フィニッシュ
 は 左向きの時間帯
です。

右向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が高く
左向きの時間帯は
体の左サイドよりも右サイドの方が低く
 なります。

スイングは テークバック〜ダウン
フォロー、フィニッシュと区切るよりも
右サイドの高い右向きの時間 と
左サイドの高い左向きの時間
で区切った方が スイングの改善には良い と思います。

そして この話の軸になるのは
 それらは スイングの動作の中では
 横への運動・横運動が基準になっている
 回転が時間の区切りの基準になっている

ということです。





自分の意志でヘッドを返す
と言うような幼稚な動きをする場合は論外なので除外しますが、

フック・および ひっかけ というのは
主に インパクトが左向きの時間帯に掛かっている ことです。
引っ掛けはシンプルに左向きなのですが
それにフックが強く入る場合は
 インパクトがかなり深く上向きの時間に入っている
と考えられます。


スイングの時間帯は
体の横運動を基準にしていますが、
フック・引っ掛け が多い人は
横の時間帯に対し、縦の動作が多すぎて
時間が合わない というか、間に合わない
というのがケースとして少なくありません。

体の回転は 肘で管理すべき ではあります。
体の右向き 骨盤がある程度右向きを確保出来れば
胴体の動きで 縦の動作を大きく増やすことは難しいです。
ですので、アバウトに言えば
縦の動作が多いと言うコトは
体の向きを変える時間進行に対し
腕の動きが多すぎる と言うコトになります。

スナップショット 1 (2018-01-31 13-39)


体の向きの変更 の進行が10とすれば
右向きで10〜戻しで10 ですから
インパクトは 総動作量で 20前後の場所に来ます。
腕の動作が 12 あると
右向きの時間の中で12  戻しで12 となれば
24の時間にインパクトが来ますので
 24−20
4のズレ分 体が左向きの時間にインパクトが来る
コトになってしまう と言った感じです。

そして 同時に、
腕の動作が多い ということは
クラブを下に振っている と言うコトになりますから
その影響は体の回転に反映され
腕を使わない シンプルな体の回転できる円の傾き角度
よりも アップライトな体の回転にさせられてしまうでしょう。

ちょっと 実動作と言うよりもイメージの中の話
になってしまうので 分かりにくいかもしれませんが、
フック・引っ掛けは そう言う仕組みから多発します。



ですので 直近、治す方法法は三つ

.董璽バック・トップにおいて
 👉右肘が左肘よりも高い関係を強く造るコト
 👉左肘が低い位置を強調するコト

▲ぅ鵐汽ぅ匹らしっかり打つ為に
 インパクトのヘッドはかなり右向き
 ロフトではなく
 👉フェースの向きをはっきり右向き
 インパクトに入るコト

深い右向きを作って 右向きの時間を
 より長く確保するコト


と注意してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



体が向きを変える、からだの回転とは
背骨を軸として
左半身と右半身が同じ量 移動(動く)するコト です。
sample2018 (2)_Moment(2)ararara_Moment





体の向きが変わるから
結果として
「左肩が入る」ように見えるに過ぎません。

右半身が動かず、左半身だけ〜左腕だけ 動いたら
インサイドから打つ機会も、上から打つ機会も
始めから"存在"しなくなってしまいます。


もっと右半身を動かすのです。


テークバックの体重移動は
からだ / 上半身 / 骨盤
が右を向けば 身の大部分が右足の上に乗る
コトによって自然に生まれますから、
右に乗れていないとは
右向きが出来ていない可能性があります。

もっと右半身を動かすのです。


右半身は アドレス時の背後
後ろに動かします。  ✋お尻も! です
OKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)IMG_0401 (2)_Moment







それを積極的にするため
自分の上半身に対しては横 ですが
その半身が向きを変えるので
「右ひじ」を背後に移動させる、
やや体に対し外目に張るように移動させてあげます。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

結果、としてですが
足回り、お尻周りの動きと右ひじの曲がり具合 は
連動して覚えましょう。
ブツブツ バラバラ では ハーフスイングなどで役に立ちません。
右ひじの曲げの量、具合と 体の向きの変え量、具合 を
連動させて動かしましょう。


右半身が後ろに逃げていれば
時間と空間が出来ますから 余裕が生まれます。
上から打つチャンスも、インサイドから打つチャンスも多くなりますから
飛ばす、掴まえる というコトに対しでも大変有利です。

IMG_2813Trim(2)_Moment(2)

苦手な人は練習として
ボールから視線を切って
体の回る通りに『顔も右』を(飛球線後方)に向けてみましょう。
顔を右に向ける は体の周りを覚えるのに
とても良い練習になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


少々古い言葉で言うと スイングアーク
今風に言うと スイングプレーン が
地面に垂直でも、水平でもなく 絶妙に傾いているのは
ゴルフスイングをスタートする基礎姿勢(ポスチャア)に
前傾姿勢があるからです。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)







 ✋前傾姿勢 →体の前にあたる向きの
  軸足の大たい骨と骨盤に傾斜角度差があることを指します。


前傾姿勢をインパクトに生かすには
ちゃんと 骨盤ごと 右向きを作るコトは絶対条件ですが
それ以降、
クラブの重さを利用し左グリップを下げ、
からだの回転に対し グリップを遅れさせない必要があります。
 
IMG_0321_Moment(2)IMG_0321_Moment(5)





前傾姿勢があると
腕をだらんと下げた状態で腕が伸びていても
 スイングに影響のある『重さ』としての長さはなくなります。
重さとして下には働きますから
 それが逆に前傾を維持させることになります。

早い段階で その懐から左腕を出して
ボールの方に茱哀螢奪廚鮟个靴討靴泙Δ
腕にも遠心力が掛かりますから
重さは倍々に増えてしまい 体を引かなくてはならなくなり
その動作の結果、前傾姿勢はなくなってしまいます。
遠回りにもなりますから 時間としても手遅れになり易いでしょう。


どの道 からだの回転によって 茱哀螢奪廚
ボールの方に出されてしまいますから
トップの位置でかかるクラブの重さ通りに
左グリップを下げることから ダウンスイングは始めると良いでしょう。


✊そういう意味でも 握り方 としての
 茱哀螢奪廚皸嫐があります。

 フックグリップに握っていると
downswing
 クラブの重さで左グリップが下がっても
 下がることで フェースがボールに向かないので
 下がるコト = 打つコト に出来ず
 もう 1アクション 必要になります。
 フェースローテーションです。

 同時に フックグリップ〜左グリップが下がる は
 体が起きる/開く が付いて回るので
 フェースローテーションすることが前提にある ということになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ボールを掴まえる は
フェース面で下に、地面に、マットに
ボールを押さえ込む…イメージではありますが
それを ヘッドで! 実行しようとすると
結果として ボールは安定して掴まりません。

フェースは そのクラブの長さなり
そのクラブの長さによって作られる前傾姿勢なりの
入射角度…上から入ってくる角度 に対して
ロフトを維持する、その角度に対する上への開きがロフト角度です。

具体的に言えば
45度のクラブで その長さなりの前傾で 入射が10度だとすると
地面に対するロフトは 35度 と言った具合です。
df713d9f-s

比較・・・というコトになれば、アドレス時よりも ロフトの立った状態ですが
動的なロフトに相当する入射角度がありますから
これが そのクラブのロフトや長さを適用する方法です。

この形はインパクト以前に 出来るだけ早期に作ってしまいたいですね。

その形を維持したまま
からだの回転でグリップを移動させるコトで
ヘッドとボールはコンタクトさせます


✋ここで 上から入れたいから と言って
 グリップを止めて ヘッドを入れてしまったのでは
 からだの回転も止まり、 
 〇入射角度
 〇ロフト
 〇フェースの向き
 〇ヘッドの高さ

 それらすべてが不安定になります。

からだの回転で
グリップを動かし
下向きのヘッドを移動させ
ボールとヘッドをコンタクトさせるのです。

クラブの重さを使って 左腕〜左上腕を先に動かして置くイメージですが
この初期動作は 同時にからだの回転の誘発でもあります。
グリップエンドが向く、そして進上下左右方向によって
方向も含めた からだの回転の仕方 が決まってきます。

インパクトでからだの回転を止めず
回転し続けることで グリップを移動させ
それにつながっている ヘッドを引きずるような感じ です。

MVI_0873 (2)(2)_Moment(4)
この状態から ヘッドでボールを迎えに行かず
「からだの回転」で
グリップを移動させてインパクトに入れば
良いのです。



左上腕・・・そして左サイドがインパクトに向け
徐々に下がり、下がっている過程の中でインパクトを迎える、
ヘッドの重さに構わずに グリップを移動させることで引きずるようにすれば
自然な形でロフトは立ちます。
無理にロフトを立たせずとも 左上腕が伴った左サイドの動きが
継続されれば ロフトは立ちます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフショット、ゴルフスイングの 誤解・・・
間違ったボタンの掛け違えの始まり は
人それぞれのいろいろの経緯によって異なるとは思うが
「ボールのつかまえ方」も大きいのだと思う。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ボールと言う球状の物質を 平らなモノで打つ となると
ボールをちゃんと捕まえないと、ボールに当たったとしても
球がやたらと上がったり、球に不必要な回転ばかり付き
望みの距離を打つコトが出来ない
そこの 誤解は長い年月のゴルフの中でも大きく尾を引くと思う。

ボールを捕まえないと 望みの距離、満足できる距離 は
打てないのだから ボールを捕まえる と言うのを無視することは難しい。

一般的に考えられている
ボールの捕まえ方は
「開いたフェースを閉じるコト」…ヘッドの開閉によって行われている。
しかし この方法は
例え ボールが『つかまった』としても
問題は 飛ぶ方向や左右の曲がり の問題にすり替わり
捕まえながら 真っ直ぐ(思い通りの)の方向 や 真っ直ぐの球
を同時にするのが 神業的なモノになり易い。
多くのゴルファーを見ている限り、年月と関係なく
ゴルフをしている限り 
〇捕まえる     →飛ばす
〇狙いの方向に →真っ直ぐ
〇曲がりや高さ →望み通りに

という スロットマシーンのようなショットは永久に続くのであろう。

スコアを最優先する人は 捕まえる、飛ばすことをややあきらめ
妥協して 狙いの方向、狙いの高さや曲がりを優先する。
平均的には 距離の魅力から逃れられる人は少ないから
捕まえを優先して スコアを妥協…あきらめる
(✋その場合やコース頻度や練習頻度がスコアと比例する)
それが現実的なゴルファー をいったところ。

スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)











そこで 正しい「つかまえ」を覚えるコトから始めてほしい。
一般的に 誤解、間違って覚えられている 疑似つかまえ は
非常に動的なインパクトを作るから難しいのだ。
また ロフトを開いて、インパクト中に閉じる という
多くの場合 製品ロフトよりも大きなロフト、
そして 製品(クラブ)の長さよりも緩い入射角度 で入るので
多い回転、高い弾道になり易い。
元々 アクティブなインパクトなのに、距離を望むには
その距離を打つのに必要最低限のヘッドスピードよりも
遥かに多い、速いヘッドスピードが必要になる。
鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット

正しい「つかまえ」は 非常に 静的なインパクト
ヘッドを、フェースをこまごまと動かさず
フェース面で ボールを地面に抑える関係を造れば良いだけ。
球体であるボールは逃げ場を失い、ロフトの方に逃げるようにするだけ
✊ティーアップするドライバーショットも基本は同じ
インパクトでヘッド、フェースを動かせば動かすほど
・・・クラブ全体が動く、移動するという意味ではなく
  ヘッドが回転したり、全体とは違う動きをすることを指す
ボールは新たな逃げ場を見つけ そちらへ逃げるから飛ばない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングは大まかに大別して
〇インパクト以降 体の回せないスイング
〇インパクト以降 体の回せるスイング

があります。

mh
前者はこのように
インパクト時には からだ、この場合は腰が
終着点に達してしまっていますので
以降は 腕を振るしかありません。

このスイングの難点は 非常に体に厳しいコト ですが
ショットとしても スイングの上下左右のボトムをインパクトに当てるため
紙一重の差で 方向も球質も高さや距離も かなり狂います。
よって 気の遠くなるほどの練習、メインテナンスとしての練習が必須です。
体の厳しいスイングが練習が必須 というところが
プロとして長く保てない原因 と見てよいでしょう。

このスイングでは インパクト、およびインパクト以降
体を回したくとも 既に終着点に達してしまっているので回せません。

ゴルフスイングの特性上、インパクトが上がり軌道になりやすいのは否めず
ティーアップしているドライバーではマシですが、
その犠牲にフェアウェイウッドやアプローチ、バンカーに多大な影響
良くない影響が少なくありません。

また、インパクトは ボールの重さとの対決 なのですが
インパクト時、動いているのが クラブと腕位ですから
ショットのモーメントが低く、より速く振ることが要求されます。

なぜ このようなスイングが主流になってしまったのか
ヘッドをターンさせようとするからか
ヘッド、先端をたくさん振ることが飛ぶ と信じているからか



一方、インパクト以降も体の回せるスイングは
下がり軌道、インサイドの軌道の終わりに近いところに
インパクトがあるので 弾道に逆球の出にくい特性を持っています。

スイングにリリース。。スナップの解けが発生するのも
体が止まるからです。


体を切って 先に終着点に到達していないスイングであるなら
インパクト そして それ以降も体を止めないことです。

どの方向に どのように回るか 考えてみましょう。
クラブや腕の重さも考慮に入れないと 思ったようには回れません。

クラブが重い と感じた時、
体は必ず 自分の思惑とは反対の方向に動こうとします。

✋ヘッドを振りたければ その分体を回して グリップを動かしましょう
 グリップを移動させ続ければ かなりのミスは回避できます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


まあ 正直 どんなゴルフをしても
ゴルフは楽しいですから それぞれの方が
それぞれの楽しみ方をするのは良いと思います。

ただ ことゴルフスイングを良くする というのには
ゴルフクラブの機能や構造を無視する訳には行きません。


偏った重さの配分や上下前後左右対称性のないゴルフクラブ
それを上手に扱い、その機能を活用するには
ある程度の基礎知識が必要です。


2017-06-13 19-07-51


スイングは 基礎的には横移動の運動 です。
傾きを無視すれば、地面に平行に横に動かしているに過ぎません。
極端には横にステップして移動させる と考えてみてください。
しかし それでは人間の能力的に
出せる運動速度に限界があり、たくさん飛ばないので
その場に立ち、体を回す ことで、その運動速度を稼ぎました。

ここでよく考えて欲しいのは
ゴルフクラブは 長さと言う点においても、
ヘッドと言う局所においても とても偏重した構造
です。
偏重したものを丸く扱う 円で振る というのは
その偏重をさらに強く、増すことになり、
長さであれば その先端部への遠心力、
ヘッドであれば 重心の位置の残ろうとするチカラ、
(重心位置がそこに留まろうとする力がフェースを開きます)
が増すばかりです。

向きを変える、体を回転させる行為は
横移動の亜種 ですので
横移動 と言うコトに主眼を置いて
その偏重した構造を上手く使っていく必要があります。

ですので、クラブを丸く振って
ヘッドというモノをターンさせる
 👉シャフト軸にヘッドのトゥ〜ヒール(重心距離)をターンさせる
  というのは 愚の骨頂 というか
  その偏重性を強める行為です。
というのは 最終的には運動能力と練習量・頻度で
解決するのですから 体育会系なノリ です。
言葉は悪いですが、上手く出来なければ 下手
上手く出来て当たり前 のような風潮が強いですが、
自分の頭で考えれば、始めから無駄な目標なのです。
全部 脳みそ筋肉で解決するのですから…。

よって、ヘッドの軽さ
ヘッドを軽く感じるシャフトの硬さ
というのを好むようになるのだと思います。

クラブを丸く振れば ヘッドと言う打撃部分は
より一層留まろうとし、体の右サイド、
右サイドへとズレていきます。
フェースはどんどん開いていきます。

加えて 「ヘッドの重さを使え」 というのを
 👉手を抜いて クラブを動かす
と勝手に解釈している多くのゴルファーは
キッカケだけ 少し体の回転で与えてあげ
グリップを止めることによって
ヘッドに残った運動慣性で クラブを上げる、テークバックする、
と言う手抜きな準備を造るようになります。
プロもそうですが、アマチャアゴルファーの7割を超えるような
人がこの「ヘッドの重さの使い方」を妄信しています。

スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)


体の向き というのは
前傾姿勢がある 股関節〜骨盤 が礎になりますが、
手だけでクラブを動かしていますので、体は捩じられ、
高さ と言う点に於いてだけ
ヘッドはトップの位置に行きましたが、
だいたいのケース 横にクラブを倒して
グリップの高さ、クラブの高さを取っただけ なので
クラブの重さによる 下に落ちる効果 というのを
ダウンスイングで受けることが出来ません。
✋本当はその重さによる落下効果が打撃の補助にも
 安定性の元、再現性の元、になるのですが、
 そこはガン無視です。


骨盤の正面、骨盤の幅にあるから
元のロフトで打撃できるのですが、
それよりも右にズラしてしまったものは
元のロフトよりも大きなロフトになり
フェースも右を向いているので 飛びません。
例えていうのなら ヘッドスピードが50msあっても
200ヤード飛ぶかどうか と言う球になります。

ですので フェースターン が必要になるのです。

しかし 前述のように
クラブと言う長さに対し、偏重したモノを丸く振り
ヘッドと言う面の長さに対し、偏重したモノを回転させる
と言う二重の行為は 当然打ち手に影響
打ち手の姿勢やヘッドの軌道の影響を与え
それは ボールを! ボールを目標方向へ!
と言う本能的な目的があるので、それを踏まえた上で
反射的に人間が動作を補うことになります。

その量や振り加減、フェースターンの始める時期や
その軌道、その軌道の大きさや速さ によって
影響は毎回毎回違い、二度と同じ状況はありません。
それを 反射 で補うのですから
いったい 何のために練習しているんでしょうか…。

反射行為を衰えさせないため というのには納得です。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)


アウトサイドイン…は本当の意味では
単なる振り遅れで
単なる手振りに過ぎず
それを補うために「フェースターン」「フェースローテーション」
というのは 更なるアウトサイドインを生み、
それそのものが「手打ち」なのですから
何を目標に… どこへ行きたいのか 私には分かりません。

そして それは非常に残念ですが、
人間の反射、運動性能次第なので
誰にも助けて貰えず、クラブの恩恵もなにひとつなく

(ゴルフクラブの機能が濃ければ濃いほどマイナスに働きます)
単に 自分の身体能力で解決するしかない道 です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングやショットの悩みの始まり は
やはり 体の回転不足 から始まります。

多くの方は 体の回転は肩の回転と信じています。

しかし、肩は腕の一部で
 腕と体のつなぎ手であり
体ではアリマセン。
922a6798

体(胴体)の向きが変わるから、
結果として肩のラインの向きが変わるので
動き出しが楽だからと言って
肩や腕で引っ張って 体を回そうとしても
体は回らず ねじられてしまうだけです。
198Trim_Moment

例えば やや痛み気味のみかんを
左胸ポケット(Yシャツ)に入れて
テークバックを取ったとしましょう。

体の向きが変われば
単に 右を向くだけです。
上げる動きは最終的には必要ないのですが、
単純に考える 腕の役割は上! なのですから
腕を動かしても 胸ポケットのみかんはつぶれない筈…です。
ce17f420

ところが プロも含め
多くのゴルファーのテークバックは
バッチリ みかんをつぶして
左の腕が胸についてしまうほど です。

左腕の胸との関係は
クラブを腕で動かしているか否かの目安でもあります。
少々、右にズレたとしても 胸に付くほどは動かない筈です。

198Trim_Moment(2)198Trim_Moment










自分で少々確かめて下さい。
クラブを持ち、テークバックを取った時に
ちゃんと 体の向きでしていれば
自分の目から見た 腕の枠(下に見える)の中に
両足が映るはずです。


腕だけ、肩の捻るだけでテークバックを取ると
右足しか見えません。

テークバックで苦しくなるのは右の股関節周りで
背中ではありません。

一度チェックしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ