Tさん「スイングを良くしたい と言う方は
 多いと思うのですが、どういう風にしたら良いか
 というのは分からないです。」

店長「多いですね。逆に、今現在の自分のゴルフスイングに
 満足というか、自分のスイングは満点だ、と思っている人は
 とても少ないと思います。」
Tさん「ですよね。どんな点に悩まれている方が多いですか。」
店長「順番は微妙ではありますが、やはり^未狼離、
 △和里猟砲漾➂はスコア、➃はスライス予防、

 ってところ ではないでしょうか。」
((((((((_Moment

Tさん「具体的にはどんなトコロ ですか❓」
店長「手打ち、ボディターンと言ったトコロに
 意識が強いのかな と感じます。」
Tさん「手打ちって やはり ダメなんですか❓」
店長「率先的に 手打ちを習う はお薦めしませんが、
 ダメ では無いと思います。
 但し書き は付きますけれど…。」
Tさん「どんなトコロですか❓」
店長「有りがちなパターンですが、
 手でボールをさばく となると
 飛距離を優先させると 方向や曲がりが上手く行かず、
 方向や曲がりを優先させると 距離が出ない、
 ゴルフクラブの構造上、  フェースターンが強くなると
 それは致し方の無いトコロだと思います。
 それが問題だとは思いません。

 むしろ 問題なのは 続に言う「手打ち」
 フェースターンの打撃 は ラウンド中、
 準備であるための、打撃の助走路、テークアウェイ、
 トップの位置が浅くなり易く、それがミスや距離不足、
 右向き不足が慢性化し易い部分 があります。

 例外が無い とは言えないですけれど、
 疲れてきたり、意識が他のことに行っていたりすると
 大きな筋肉で動かす必要のある 脚やお尻 は動かし難くなります。
 ゴルフで言えば、クラブを、ヘッドを動かして、
 フェースがボールに当たりさえすれば
 スイングとは言えなくとも ボールは打つコトが出来るので
 クラブに近いトコロ、近いトコロ(人間の部位)で
 動かしガチ になります。

 テークアウェイを 手、手首、肘、腕 で動かす『割合』
 が多くなるわけです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ゴルフはスイングの品評会ではないので
 スイングの形はどうでも良いと言えば どうでも良いですが、
 真っ直ぐ、遠くへ、など いろいろなコトを両立して
 ボールを打つには クラブを捻じらない方が良いので、
 手で打つ にしても、フェースローテーションは入ってしまう
 にしても クラブのターンを手でする割合は
 出来るだけ抑えておく、少ない割合にしておく方が、
 ラウンド途中で乱れたり、
 加齢による不調や乱調、距離不足、が起こり難く
 また 乱れたりした時の復元の可能にし易くなります。

 例えば ですが、
 クラブのターンを 全部からだで行う を 10
 全部 手で行う を 0 と仮定します。
 練習では10だったとしても
 コースに行けば その割合は ┐砲覆蝓
 疲れてくると Г砲覆襦
 それが ゴルフスイング です。
 プロでも 概ね そんなモノです。
(回転とフットワーク_Moment(3)

 深ければ 良い と言う訳では無いですが、
 ですので 練習で 少しオーバーワークな 12
 にしておけば コースでは 10 になりますし、
 疲れや緊張による低下が入っても 9.8.
 で済みますので いつも通りのタイミング、
 いつも通りの作法、いつも通りのボールの位置やアドレス
 で 対応が出来る  …ようにするか、

 練習で10 コースで─“茲譴襪鉢
 それを把握しておくか そのいずれか だと思います。」