Hさん「つかまえる極意ってあるんですか❓」
店長「 極意ってほどのモノではありませんが、あります✋」

Hさん「それは❓❓❓」
IMG_0662

店長「当たり前なんですが、
 ヘッドは重くて シャフトは長く、そして しなります。
 クラブ扱いの基本は 打ち手との接触部分であるグリップ部を
 移動させると 当然、ヘッド部分も移動しますが、
 ヘッドの重さとシャフトのしなり によって
 主に 切り返しの部分、スタートの箇所 で
 ヘッドは遅れます。

 その遅れが フェースの下向き に出来ていれば
 それが ロフトの立ち になります。


 ロフトは立てれば 立てるほど良い と言うモノではなく
 ヘッドが上から入ってくる分、程度
 例えばですが、ロフト30度のクラブ が
 ボールに対して 5度上から入ってきたら
 その 上下のヘッド軌道、ヘッドパス に対して
 ロフト30度、ロフト30度弱(以下)になっていれば良いだけ、
 見た目、25度のロフトになっていますが、
 それは シャフトが5度 進行方向に倒れただけ です。
 ここまでは 分かります?」

Hさん「はい。
 ハンドファーストにすれば 良いのですね。」
店長「うーん、微妙にニュアンスは異なります。

 ハンドファーストは結果、として訪れるモノで
 作為的に作るのとはちょっと異なります。
5a0eeaec

 ハンドファーストの形 を作れた、作った としても
 その状態で打ち終えていなければ
 ソコから 更に ワンアクション 必要で
 ヘッドを振らなくてはならず
 ロフトが立たないか、
 フェースを閉じる、この場合は回転させる、左を向ける、
 コトで 本来、付随的な部分のロフトが立つ、
 になってしまいます。

 ヘッドがその重みと しゃふとのしなり によって
 遅れる訳ですが、それにも規則性があります。

 先ほども言いましたが、グリップ部を移動させた結果、
 ヘッドも移動します。
 スイングは円を描きますから、その外周部に相当する
 ヘッド部分の方が 速度の『数値』としては
 高く、速く なりますが、
 運動として 直接的にヘッドを動かしている のではなく、
 グリップを動かした結果、で生まれてくるモノです。

 車のタイヤ と同じで
 タイヤの付いている部分は 外周にあたりますから
 その半径分 量としては長く動きますが、
 取付センターに近い部分と
 運動の速度 としては 全く同じです。
uMw_liABAA

 ヘッド「を」たくさん動かしている訳でも
 ヘッド「を」速く動かしている訳でもありません。

 ボールがつかまらない、スライスする、飛距離が出ない、
 は技術的なミス というよりも
 つかまらない、スライスする、飛距離が出ない が故に
 ヘッドの動き、ヘッドの移動と
 グリップ動き、グリップの移動を切り離して
 別々に動かそうとしている意識、イメージの方に
 より多くの問題があると思うのです。

 おおよそ ですが、
 グリップとヘッドを別々に
 グリップとヘッドを違う速度で
 動かそうとさえ しなければ
 自然な法則、ヘッドの遅れ によって
 上から入射してくる分 と ほぼ同等に
 ロフトは下を向きます。
 それが ボールのつかまえ です。


 グリップの移動で ヘッドを動かせば
 当然、ヘッドは遅れます。
 そのヘッドの遅れは どう遅れるか は別にして、
 自分のスイング、動作速度 に対しては 一定の遅れ
 になります。規則性がある訳です。
 フェースを下向きに意識すると その遅れは
 ロフトの下向き分の遅れ になり、ロフトの立ちになり易い。
 フェースを下向きにしても トゥ部が遅れ易いので
 開きになり易い ですが、そこは右手で補助する感じです。
 開きが出来たのを閉じる と考えるのではなく
 開きが出来る前に当ててしまう、
 グリップ、クラブ本体の移動を増やしてしまう、
 と考える方が良いと思います。」