Mさん「こんにちは〜。」
店長「こんにちは〜。
Mさん「ちょっとご相談がありまして
 はるばる〇〇県からやって参りました。」

店長「うわ〜 ありがとうございます。 
 で、なにか困っているコトでもあるのですか❓」
Mさん「はい。 ゴルフは若い時からやっていて
 かれこれ 30年近くになると思うのですが、
 ここ数年、色々あって ゴルフから離れていまして…。」

店長「ああ よくありますよね。」
Mさん「で、数年振りに復帰して
 セットを丸ごと 買い替えたのですが…。」

店長「合わない…、硬い のですね。」
Mさん「やはり…そういうコトになりますか。。。」
店長「ちょっと クラブ見せて貰って良いですか❓」
Mさん「はい、お願いします。」
IMG_0361
クラブはまあ ごく一般的な。。。
◉ドライバー
 某人気メーカーに 結構ハードな人気シャフト
 シャフトの硬さは 表記-SR 振動数/240cpm
◉アイアン お約束の 某軽量シャフト
 シャフトの硬さは 表記-S 振動数/300cpm-#5

Mさん「中断する前は ソコソコ飛んでいて
 月例などにも参加していたのですが、
 復帰してからは 飛距離はガタ落ちの上、
 スライスばかりが出てしまいます。

 持病の腰痛もかなり激しくなって来て…。」
店長「ですか…。 まずはアイアンから …
 打ってみて下さい。」
Mさん「はい。よろしくお願いします。」

店長「。。。。 典型的なオーバースペック です…。
 ドライバーの スライス、飛距離不足は
 ドライバー そのモノ と言うよりも
 ドライバーを使う環境、 この場合は
 アイアンのせい と考えて 間違いないと思います。」
Mさん「アイアン❓ なんですか。」
店長「はい。
 見させて頂いた限り、
 アイアンの ボールの置き位置が真ん中、
 もしかすると 真ん中よりも右めに置いていますよね❓」
Mさん「ですね。」
店長「ボールって 右(右打ち)、中目に入れると
 からだの向きって どっちを向き易くなる と思います❓

Mさん「自然な形では、ボールを右に置くと
 右の方が向き易いと思います。」

店長「その通りですね。
 では ドライバー打ってみて下さい。」

店長「ドライバーは アイアンとは異なり
 ボールは左目、左足のかかと 位の感じ? です。」
Mさん「はい。左足かかと にしています。」
店長「では、こちらをご覧ください。」
IMG_1487
店長「この ボールの置き位置 は
 ドライバーショットを打つのには かなり中です。

 左足のかかと を基準にすると
 ボール 3個から4個分 中(右)です。

 スライスが出ている原因の一つになっています。

 クラブ全体のセッティング のシャフトの硬度を落として
 行くことが鍵 になるとは思いますが、
 実は問題なのは このボールの位置 が
 左足かかと に感じてしまっているコトだと思います。


 ゴルフの練習、スイングの練習は
 ドライバーと言うよりも、主にアイアンですると思います。
 復帰された時もそうだったと思います。」
Mさん「そうですね。ドライバーも打ちますが、
 スイングの練習と言うよりも ドライバーの確かめ算的な感じ
 と言えば良いでしょうか。」

店長「おそらく 元々、硬めのシャフトを使ってこられた、
 のだと思いますが、中断期間があったコト によって
 より シャフトが硬くなってしまった と考えて良いでしょう。
 硬いシャフトって ロフトが立ち難いですし、
 低いトコロにあるボールが拾い難い ですから
 ボールを左に置くのは しんどい です。
 ですので 長い時間をかけて ボールをつかまえる、拾う ため
 徐々にボールが中に入ってきた 顛末なんだと思いますが、
 それが 徐々であるが故に、上半身が右向き気味、
 捻じれた形 が 自分の当たり前になってしまったので
 この画像のボールの位置が 左足かかと と感じるんだと思います。」
Mさん「あああああああ」
店長「右を向いて その向きに対しては ひっかけ気味に打たないと
 スライスになってしまいます。
 フェースターンを以前よりも強くする必要が生まれますから
 左の壁❓ グリップをその分、止めないとターンしませんので
 腰への負担は当然、増えます。」
Mさん「シャフトを柔らかくすれば解決しますか?」
店長「必須だと思いますが、すぐには答えは出ない と思います。
 シャフトが適正、もしくは 柔らかくなれば
 特にアイアン…ですけれど、
 左足かかと付近でも 十分、届きますし、
 十分、つかまるようになります。

 ですが、慣れてしまった 上半身の右捻じり が
 左足かかとの位置が遠い、からだの外にあるように感じてしまうので
 放っておけば ボールの位置が中に入ります。
005

 実際の位置、靴に対する左足のかかとの位置は
 やや右向きの捻じれた 上半身にとっては
 からだの外、左外に位置しています。

 フェースターンが強くなってしまった現状で
 ヘッドの効いた、柔らかいシャフト を
 ボールの位置 中で打てば シャンク、
 もしくは 抜けたようなだらしないスライス になりますので、
 始めは 悶絶する と思います。
 変な言い方ですが 左足かかとに置くボールが
 左足かかと って 感じられるまでの時間、
 立ち足、靴 に対して 上半身、からだ全体が
 同じ向きになる までの時間はかかると思います。