◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2018年11月



アマチュアゴルファーにとって
方向のミス
左右の曲がり
距離のズレ
よりも ダフリやトップのミスの方が
ダメージは大きいのではないでしょうか

その点においても 圧倒的に
からだの回転で、からだの回転に同期して、
からだの回転通りに クラブを動かす方が
有利というか、段違いな差です。



手でスイングの軌跡、フェースローテーション、円を作る場合
腕(手)のさばきで 最下点を想定するのだと思いますが、
そこには 円を作る要素、最下点を作る要素 が 3か所入ってきます。

1.腕/手さばき
2.肩の回転、肩の傾き
3.腰の回転、腰の傾き

IMG_0058Trim (2)_Moment(4)

👉スイングの手順で言うと
ダウンスイングは まず 腰の回転で始動しますから
ここで 一度 最下点が形成されます
次に 肩の回転が入りますから 二度目の最下点
そして 最後は腕さばきで 3度目の最下点
言葉通り、最下点は一度きりのモノですが
最下点が何度も出来るような動かし方 であると
その最下点は アドレス時に想定したモノよりも
はるかに後方、右打ちの人であれば 右にズレることになります。

そのズレ具合は フェースの開き度合いや
腰と肩と腕の動かし度合いによって 相互に干渉しあいますから
同じような位置に最下点が来ることはほとんどない とも言えます。
MVI_0874Trim_Moment

勘違いしている人が多いですが、
プロのスイングは 最低最小でも一日200球、月6000球、年72000球
打って 維持されているのです。
10歳からゴルフを始めて 25歳であれば 既に100万球も球を打っているのです。
月に一、二度、週に一度 200球程度の練習量で
彼らと同じことが出来るはずもありません。
プロが一年で打ってしまう、もしかしたら半年で打ってしまう球数を
一般的なアマチュアは 20年、もしかしたら一生かけて打つのですから
もっと もっと シンプルな打撃方法を追いかけるべきでしょう。


✋からだの回転で、からだの回転通りに、クラブを動かすと
基本 ボールと正対した時が スイングのボトム、最下点になります。
ですので 最下点そのものを意識するのではなく
ボールと正対したタイミングがインパクトになるように心がければ良いだけです。mh

体の正面で と言っても、そこで体を止めて 我慢することではありません。
それでは 体への負担も大きいですし、結局 最下点は右にズレます。
ボールは打ち抜くコトが大切ですので
無理に加速するのは良くありませんが、
からだの回転もインパクト付近が 最高の運動速度になるモノ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


455T-2

ニュードライバーヘッド 蕁,里款匆陲任

ミステリー CF-455

455T-1




ロフト角度   9.0 9.5 10.0 10.5 11.0 11.5 12.0 

ライ角度   60.0度455T-5-2

ヘッド体積  460

ヘッド重量  230g〜250g₍弊社専用スペック

重心距離   40.0mm

重心高    28/24mm

重心率     53%

重心深度   38.0mm

重心角度   21.0度

慣性モーメント  195gで 4620g2

455T-3

 形状はシャローヘッドの重心距離やや長めの 安定性重視モデル
 と言えますが、重心高さは低めですので
 欲張りに飛距離も狙えるモデルです。

455T-4

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢3-14-10
 046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤まで
 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



グリップについてのお問い合わせを幾つか頂きました。


多くの方は ゴルフクラブの形状や重量配分などからIMG_0772

グリップエンドからヘッドの方に、
ゴルフクラブがすっぽ抜けないように…と
ゴルフクラブがすっぽ抜ける方向に対し強く握っておくモノ と

なんとなく認識しているのだと思います。



確かに インパクト以降では
意図していなくとも 自分の動作は減速〜停止に向かい
ゴルフクラブのその形状に遠心力がかかっていますから
それは「ゼロ」ではありませんが、
それについては グリップやシャフトのテーパーの形状が防いでくれます。


ゴルフクラブの形状  長さと重さ
握っている反対側の端に重さが付いている その形状は
ゴルフスイングが向きを変える。。。
使い方次第では回転運動とは相性が悪い と 良い に真っ二つに分かれます。

飛ばすために回転の速度を上げれば上げるほど
先端の重さの部分は 重さが増して行く分、遅れていきます。

遅れさせていいのです。

遅れるから ロフトは立ち、フェースが下向きになるのです。


問題は グリップ部を遅れさせないことで
ヘッド部は始めから遅れるように作られています。


いかに クラブのその重さを使ってグリップ部を遅れさせないか
と言う部分がポイントで
そのためには クラブの重さは グリップ⇒ヘッド方向ではなく
ヘッド⇒グリップ方向 に使わなくてはなりません
そのためのグリップ(握り)です。
IMG_0148_Moment


スイングは 手でクラブを握っているので
重さに近い部分は 体そのものにある筋力に比べると弱いです。
正直、スイング中、肘から先の部位は
自分の意志で動かそうとしない方が良いでしょう。


✋そこをクラブの重さにさせるのです。

筋力のない弱い部位ですから 元々、クラブのその重さには抵抗しきれません。
ですので その重さに任せるのです。

自分のすることは これから その肘から先を行かせたい方向に
重さがかかるように クラブの位置や姿勢を事前に作っておくだけ


ゴルフクラブを ゆるゆる握る とか、 強く握る ではなく
クラブの重さ通りに肘から先を動かされる
重さがかかった時に 動かされてしまい、
重さを 回転に転化 していくような そんな考え方で
グリップを考えてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


455T-2

ニュードライバーヘッド 蕁,里款匆陲任

ミステリー CF-455

455T-1




ロフト角度   9.0 9.5 10.0 10.5 11.0 11.5 12.0 

ライ角度   60.0度455T-5-2

ヘッド体積  460

ヘッド重量  230g〜250g₍弊社専用スペック

重心距離   40.0mm

重心高    28/24mm

重心率     53%

重心深度   38.0mm

重心角度   21.0度

慣性モーメント  195gで 4620g2

455T-3

 形状はシャローヘッドの重心距離やや長めの 安定性重視モデル
 と言えますが、重心高さは低めですので
 欲張りに飛距離も狙えるモデルです。

455T-4

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢3-14-10
 046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤まで
 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットにおいて
それぞれの人の問題点、悪い所があっても
右向きが、ある程度 満たされていれば
「時間と空間」
が確保できるので
なんとかなります。
MVI_0873 (2)(2)_Moment

少々、極端ですが 右向きさえあればなんとかなるのです。

その 右向き は 骨盤
 骨盤を含めた胴体の右向き です。

骨盤が右を向くことで
 ダウンスイングに インサイドから打つコトも
 上から打つことも可能
になります。

それに対して 一番芳しくないのは
 体と肩(肩甲骨)を履き違えてしまい
 体ではなく、肩ばかり回そうとしてしまうことです。
video_Moment(2)

 肩を回そうとすればするほど
 体の右向きはどんどん足らなくなります。
 頑張れば頑張るほど ダウンスイングの時間と空間が足らなくなります。
 👉ラウンド後半に起こり易い症状です

 この時点で 自然なインサイドから打つコトも
 上から打つこともほぼ不可能になるばかりか
 胴体・背骨を捻ることになりますから
 スイング中 左右どちらかの腰に変な体重がかかり
 体を傷める原因になります。
 あらゆるミスの元凶とも言えます



練習場などで 胴体を捻ろうとして
「体が硬いから回らないんだよね〜」
と言う言葉を耳にしますが、
それで普通です。 回ったら病院行きなんですから…。


アドレスから 体を正しく回るのはコツがある訳ではないですが
右ひじ と 右のお尻(右のポケット)を
アドレス時の背後に かなり大きく移動
させた方が良いでしょう。

そのこと!よりも
兎も角 左腕を動かさない、
左腕をアドレスの「その場所」に置き去りにする位のつもり でないと
直ぐに体が捩じられ、肉体の限界値が来てしまいます。
体は苦しいけれど 全く回っていない という現象です。
c1fa68b7-s
もしくは テークバックをし始めたら
両方の肘の間、距離を開いていくようにしてみて下さい



左腕をからだの回転で動かす習慣 というのは
アプローチなども含め ショットにはとても大切です。

クラブを持たなければ出来るけれど
クラブを持つと出来ない! というのは
その左腕(左肩)のせい と考えてよいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


不思議なモノです。
最近 頑張ってるクンとともに頑張ってる・・・Mr.K
長いお付き合いなのですが、
 弊社がまだ ケンズチャンプと言うシャフトを扱っていた頃、
 フジクラのブラックスピーダー468 よりも前。。。ですから
 (スピーダーの数字の末尾は年式を表します)
 1998年よりも前ですので 20年以上前 です。

あの頃に 45インチ、同じヘッド、同じ重量、同じロフトで
 振動数  230cpm から  270cpm まで 揃えて
色々打ってもらったんですが、その当時
どれを振ってもあまり変わらない、 どれも同じ感じ、だと言い
試打会に来ていたほかの人を驚かせていました。
・・・振り回していましたから
  よりヘッドの軽く感じる硬いシャフトの方が楽だったかも知れません。

ところが 最近
 シャフトの硬さにうるさいんです。


弊社の試し打ちクラブには
ご自身(Mr.K)のクラブよりも柔らかいシャフトのモノがあります。
IMG_0226_Moment(4)
それを打つと
「こっちの方が 押されて インパクトが来るのが早い」
「自分のクラブの方が インパクトタイミングが遅い」
「硬いシャフトの方が 来ない!」

と のたまわるのです。




私個人の感想なのですが、
あれほど スイングに変化のなかった Mr.K に
変化が訪れたのは ある話 からだったと思います。

元々 こすり打ちで スライス気味 のMr.K
運動神経も良いですし、非常に練習熱心ですから
そのこすり球のアプローチ    ふわっとした球はものすごく上手(過去形)。
その代わり 全番手、ロブショット状態ですから
風にも弱いですし、曲がらないけど飛ばない。。。というか
曲がるのが目立つほど飛ばない。
若かりし頃は ヘリコプターのホバリング状態のショットでしたね。

よく お店に来て、得意のアプローチをしていたのですが、
その こすり球〜ロブショットの インパクト音を聞いていて
私が 「不快」 といつもつぶやいていると
どうやったら こすらないようになるのか教えて と言われ
問いただしました。
IMG_0226_Moment(2)

当時、Mr.Kもご多分に漏れず
こすり球 = カット打ち = アウトサイドイン
みたいなイメージを持っていましたので
こすり球の原理・・・ アウトサイドインとかと関係なく
ヘッドの高さの変化、上下の軌道とロフトのコトを説明し
アウトサイドイン は ヘッドの軌道だけど
ヘッドをどう動かすか ではなく、
自分の体の向き が主にそれを決めるモノ
ヘッドの軌道は その体の向きの時間区分次第、
小手先で ヘッド軌道を作っても 根本は解決しないよ
と説明をしました。
・・・・・・・・・軌道・道ではなく 時間だよ・・・・・・・・・・・・


そこから 変わってきた のだと感じます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

455T-2

ニュードライバーヘッド 蕁,里款匆陲任

ミステリー CF-455

455T-1




ロフト角度   9.0 9.5 10.0 10.5 11.0 11.5 12.0 

ライ角度   60.0度455T-5-2

ヘッド体積  460

ヘッド重量  230g〜250g₍弊社専用スペック

重心距離   40.0mm

重心高    28/24mm

重心率     53%

重心深度   38.0mm

重心角度   21.0度

慣性モーメント  195gで 4620g2

455T-3

 形状はシャローヘッドの重心距離やや長めの 安定性重視モデル
 と言えますが、重心高さは低めですので
 欲張りに飛距離も狙えるモデルです。

455T-4

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢3-14-10
 046-804-1480  ハミングバードスポルテ 野澤まで
 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ちゃんと、正しく体をまわす、体の向きを変える
という大前提の元
スイングにとっての時間経過・時間進行は
その体の向きによって区切られる。

.董璽アウェイ(テークバック)
アドレス(正面向き) ⇒ トップ(右向き) 
 ☆進行方向は

通称ダウンスイング
トップ(右向き) ⇒ インパクト(正面向き)
 ☆進行方向は

D名離侫ロー〜フィニッシュ
インパクト(正面向き) ⇒ フィニッシュ(左向き)
 ☆進行方向は


この3区分の時間割

体を回さずに 左手だけ、左肩だけで
偽りのテークバックやトップを偽装するのは論外としても
ダウンスイングの鍵は
進行方向が茲如々盤はまだ右向き
 である コトがポイント。
IMG_0148_Moment

進行方向の 体サイドが 低くなっていることが  👉上から打つ
ボールから離れたところから         👉インサイドから打つ
コトなので 体が正面からクラブを振ったのでは
その双方の機会を失ってしまう。  これを振り遅れ/手遅れ と呼ぶ。


左サイドが低く、まだ骨盤が正面よりも右を向いている区間を
ダウンスイングと呼ぶけれど この体の向きに追従するクラブ、
もしくは腕、グリップでないと その恩恵は受けられない。

クラブや腕は 長さと運動速度の掛け算で重くなるからMVI_0873 (2)(2)_Moment(3)
それを想定し、その体の向きが「解けて」
 
正面を向いていくのに同期・同調するには
 イメージ・気持ち的には 先に左上腕なり
左グリップを動かしておく位で無いといけない。

そして この時、ヘッドの方が高い位置にあり、
グリップの方が低い位置にあるのを 当然利用して
自分が望む方向、望む位置に その重さによって
グリップが押される、先導される、誘われるように
トップオブスイングの クラブ位置、クラブ姿勢を作ることが
トップオブスイングの目的とも言えます。

✋優先すべきは 打ち手の体の姿勢ではなく クラブ姿勢
 そのクラブ姿勢を作るには 打ち手はこういう格好になる…程度のモノ。


クラブはグリップエンドの向いている方向に行きたがるので
その向きを注意しましょう。
IMG_0211_Moment(4)

そして 先に左上腕なり、グリップエンドを動かそう というのは
右を向いている時だけ 存在する 自分の懐の空間があります。
その懐の空間は インパクトのグリップ・グリップエンドの通過点・目標点 への
最短距離の近道なのですから
その空間が存在している間に そこに入れてしまうことを指します


体が先に正面を向けば その空間は自分の体によって
塞がれてしまいます。
それでは 外から入れるか、クラブを寝かすしか方法がなく
その後が難しくなります。
インパクトと言う繊細な部分を難しくするのか
ダウンスイングを楽にするため テークバック⇒トップに気を使うのか
そこの部分、素振りやスローなショット、アプローチなどで考えてみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

練習場でショットの練習、
スイングの練習をするにしても
多くの人は
 ヘッドとボール に意識が行きます。

ミスが出ると余計です。
IMG_0755

ショットはあらかじめ
飛球線に対するスタンスがあり
ミスであった(望まない結果)であったとしても
ヘッドとボールは接触しているのですから
「考えるべきは そのインパクトを作るグリップエンドの位置」
「インパクトを作るグリップエンドの向き」
です。

インパクトを静止動作 として意識するのは
よくありませんから 正確には 「グリップエンドの通過点」 です。

自分が理想、望みとして
グリップエンドをどこに持って行くのか
グリップエンドがどこを通過するのか

この意識を持っているゴルファーは少ないのではないかと思います。

ヘッドとボールの接触
一番極端なモノでは ドライバーでは 1/3000秒0.0003秒です。
そこを肉眼で把握することは出来ませんし、
人間の目にとって 奥行きのセンチ単位のズレは把握が出来ません。
ヘッドの向きの 数度のずれをその刹那で挑戦するのは至難の業。
だって ヘッド自身を直に持っている訳ではないのですから。

しかし グリップエンドは ほぼ直に自分がもっています。
グリップエンドの位置や向きは、打ち手が直接操作、もしくは管理出来ます。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(2)

グリップエンドの位置
グリップエンドの向き によって
クラブの姿勢・ヘッドの姿勢は決まるのですから
意識していくべきは
 グリップエンドをどう通過させ
 その時、グリップエンドはどう向いているか
 でしょう。

車で言えば ヘッドはタイヤみたいなモノ
自分が操作しているのは ハンドル です。
なんとなくイメージはあっても 実際に動かしているのはハンドルなのです。
それと似た関係にあります。

多くの人が目指しているスイングはスナップショット 1 (2017-11-13 14-55)
必要以上に ヘッドに意識が行きすぎ です。
グリップを止めて ヘッドだけを動かすようなショットでは
ミスの修正やナイスショットの継続の目安があまりに少なく
継続性が大変乏しくなります。

シャフトの役割はグリップエンドを押す、動かすコトにあるので
グリップエンドがどこにあり、どこを向いているのか
が その場面場面ではとても重要になってきます。

次の動作で、グリップエンドをどこに送りたいのか
シャフトの押された時、どこに押されたいのか
折角、クラブの機能に助けて貰えるのですから
そこを考えておかないといけないでしょう?!

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)

ヘッドは その長さ、その重さ、その移動速度が
必ず 掛け算で増えていきます
ヘッドを動かすコトの意識は イコール 掛け算によって重さを増やすコト です。
動かそうとすればするほど 動きにくくなる のです。
クラブは ヘッドもグリップもつながっており
グリップを動かせば、どの道、ヘッドは動くのですから
(重さが増す分、グリップよりもヘッドは動きたがりませんが)
いい加減 ヘッド! ヘッド! ヘッド! と言う呪縛から
解放されないといけないんじゃないかな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットを含め、ゴルフスイング
スイングレッスンにおいて
とても気になることがあります。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



地面にあるボールにどうやって届かせるのか
どうやってボールを拾うのか

始めの一歩の違い その分かれ道の行き着く先はかなり違う
大阪から出発して東京に向かったつもりが
結果、下関〜福岡に付くような差になる。

                 ´
e00bf7e68658a3e6-s








‖里魏鵑垢海箸妊哀螢奪廚鯑阿してボールを打つ
ものは シャフトはしなりっぱなし
スピードを上げていくほど グリップに対しヘッドは遅れっ放し
で ボールを打つことになります。 かたや
△匹海の時点で 左右のグリップを上下に入れ替えて打つ
ものは しなったシャフトは しなり戻さない と打つことが出来ません。

,了箸なであれば
シャフトはしなれば グリップを押す ことになりますが
△了箸なをするのには
グリップの速い・多い移動があると、グリップの入れ替えがし難くなります。
意図的なグリップの遅れ、手遅れが必要になります。


始めの一歩を間違えると
クラブの使い方、シャフトの使い方も間違えて覚えることになります。
当然ですが、△了箸なはグリップも痛みます。
局所的、(右の親指付近)が痛むのはその使い方の証 とも言えます。


また 上の二つの画像を見てもわかる通り4289f9fa-s
インパクトのグリップエンドの高さが異なります。
△任蓮]咾皀ラブも最大の長さになりますので
体を起こし、体を離さないといけないので
 必然的に前傾は消え、体が開きます。 そうせざるを得ません。


‖里硫鹽召妊哀螢奪廚鯑阿す場合、
グリップだけでなく、体全体も 下がりながらインパクトに入ってきますが、
▲哀螢奪廚瞭れ替えでボールを打つとなると
インパクトは 体が上方向に動いている時になってしまいます。
ローテーションも入るので どのロフト姿勢、ヘッドの進入姿勢、体の姿勢
これの組み合わせで 距離や高さ、弾道が決まるので不安定に加え
総じて 打ち出しの高い スピンの利かない球になり易く
平均的なゴルファーにとっては 飛ばしにくい、止めにくい球になるため
より強く、より早く振ることが必要になります。

                 ´
e00bf7e68658a3e6-s








バンスの使われ方? 使い方にも差が出ます。
,両豺腓蓮,修離ラブの長さ分、短さ分 グリップ、そしてヘッドも回転なりに
上から入りますので ボールに当たるまではバンスは効かず
当たる時、もしくは当たった後にバンスは地面と接触することになり
ロフトの安定やヘッドの潜り込み防止になりますが、
△両豺隋‖い段階でフェースが上を向き
長さとは関係なく 緩い入射になるため、
打つ前からバンス、フェアウェイウッドのソール後方が地面に干渉します。

フェアウェイウッドが苦手、アプローチが苦手。。。
 好きになれない未来 がほぼ約束されています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



本日のご本人の課題は
インパクト付近で ローテーション グリップの入れ替えが残り
それによって 左腕が突っ張ってしまうコト ですが、

動画で見てみると

テークバック・・・
前半は 体〜足による胴体/骨盤の向きと
クラブの向きが同調・リンクしていますが
IMG_0272_Moment
後半 (←この姿勢あたりから)
体はとまり、腕だけでクラブを動かすように
本来のからだの回転の仕事を腕が取ってしまっています。

それと同じ関係が ダウンスイングに出てきます。


からだの向きの変更とクラブの向きの変更がリンクせず
腕でクラブの向きの変更がなされると
テークバックでは 不必要にグリップ、茱哀螢奪廚
右にズレてしまいますので
帰りにその調整が必須になってしまいます。


その結果のローテーションです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

覚えていますか
始めて練習場でボールを打とうとした時。
HBS 005

空振り、
空振りに近いトップか
どダフリ です ね

特に空振りです。

さて どうやって空振りしないよう
ボールにヘッドが届くよう 調整しましたか?

もしくは 初めて連れていく友達やガールフレンド、お孫さんは
いったい どうやって ボールにヘッドを届かせるでしょう?

キャスティング、肩の揺さぶり・・・

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)








・・・右手・右腕でボールを探る、拾う動きです。


kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)ここから始まるのです。

まあ 初めての時点で
体でクラブを動かさず 腕で動かしているのですから
元に戻すためには そうならざるを得ませんが…。

この時点で 
それから続く何十年モノ ゴルフスイングは始まります。


そして そこそこ当たる確率が上がり始め、
ボールが飛んだり、上がったりし始めると
体を回す とか 回せ とか始まる訳ですが
スタンスはボールに向けたまま
となると 体ではなく 肩部分を回すコトになる、
というのが大部分の人のスイングの基礎なのだと思います。


始めの一歩の大ミス なのだと思います。


始めの ボールを腕さばき、肩さばきで拾う・当てる
と言う動きに 見てくれだけのからだの回転
しかも それは 体ではなく 腕と肩の捻転 という
自分の為 と言うよりも
 見ている人を納得させるための飾りの動作 です。
あたかも 体を回しているように見せているだけの動き です。

この時点 で 既に大きなミスを
非常に重要な分岐路を数度も
間違った方向に進んでいるのです。


これが 多くの人のゴルフスイングの始まり です。


 これはボタンの掛け違え 以前に
服を上下左右さかさま 裏返しに着てるのに
ちゃんと見せようとしている その努力を続けている
と私は感じています。



✋クラブは からだの回転(体の向きの変更)で動かし
からだの回転で届かせます。
oto_Moment

スタンス・靴はボールに向いたまま
体の向きを変えるので 胴体の向きを変えるのと
靴を概ねスタンス通りにしておく の 分かれ目は股関節になります。

ロフト云々、シャフトの使い方云々、以前に
初歩としての 『どうやって ボールに届かせるか ボールに当てるか』
その時点で間違えているのです。

ですので 二つの行き着く先はかなり違うモノになります。
その・・・原点を変えられるかどうか 
原点からやり直せるかどうかが スイング造り なのだと思います。

間違っている原点を どんなにいじくりまわしても
複雑化が進むだけで答えは見えてきません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【お客様からの投稿】
このところの、右ひじを高くというのは、

初めてお店にお伺いした時からの宿題であったと思い、

ずっとそれを練習して来たつもりです。

昔に比べれば、格段に意識的には出来るようになったと思っていますが、

果たして店主の目から見ればどうでしょうか?

右ひじを高く上げているつもりでも、

体の回り方とリンクせず、結局肩だけが回っていると言った状態に気がつくことも再々です。

特に調子が良く、スコアもまとまっているので

さらに、さらにと思った時に、気がつけば、

肩振り、手振りでボールが捕まらず、左に引っ掛けるということが起こります。

全体のリズムを確立することができていないと反省しています。

 

しかし、絶滅危惧のスイング理論は確固たるものですから、

迷いは少しも出ず、修正の方向も迷いません。

ただ、研鑽あるのみと言ったところでしょうか。

この頃は、時々、よく付き合っている上手な方から、

スイングが完成して来ているとも言われることがあり、喜んでいます。

 

メールでご指導の、グリップというのは、

強くガッツリ握り込まず、柔らかく握るということでしょうか?

この頃はダウンスイングで右で左のグリップを押すという事を意識すると、

右に負けないように最初から左のグリップを強く握るという風になっているのかなと思います。

テークバックでは必要ないことなのでしょうが、

全体にそうなってしまうのでしょう。研究が必要ですね。

 

 

右ひじ・・・のお話ですが、

動作 と言う面で言うと

曲げた分、肘の高さが伴う というのが理想です。

多くのゴルファー
特に私の年代、それよりも上の年代の人は
右ひじを外に張る、右ひじを上げる のと
フライングエルボーと呼び タブー視する場合が少なくありません。

右ひじを外に張る
右ひじを曲げた分だけ、高くするのは 
👉クラブをからだの回転でテークバックする
👉前傾姿勢の傾きをからだの回転に入れておく
本題が隠れています。

右ひじを外に張る 右ひじを高くする が手段であって目的ではありません。

そこの本筋の部分を理解の上、トライしてみて下さい。

右ひじを下に向けず、外に張る動きは
腕でクラブの向きを変えにくくなり。
クラブの向きの変更が体に移ります。

素振りでも結構ですが、動画などを使い

からだの右向きが クラブの右向きと直接つながっているか

形だけの右向き、機能を有した右向きになっているのか

ご確認ください。

 

IMG_0226_Moment(4)


体の周りとリンクさせていくのは
取ってつけたように 後から肘を張る、上げるのではなく
テークバックの初期初期の動き出しの時点から
アドレス時の背後方向、目標の高さに真っ直ぐ肘を逃がしていくと
良いと思います。




 

また、強くお勧めは致しませんが、

元来 左手・左腕・左肩でテークバック初動することが強かったと思うのですが、

そう「出来ない」ための 茱哀螢奪廖前り というのを

トライされるのも一考かと思います。

言葉尻を取る形になってしまいますが、

右のグリップでクラブを押すと茲離哀螢奪廚強くなる… のニュアンスは

スイング、特にインパクト付近で グリップを止める

ある場所をインパクトポイントとして 茱哀螢奪廚琉榮阿鮖澆

そこを支点にする というニュアンスがうかがい取れます。

 

左のグリップはからだの回転とのリンクマン です。

そのうえで グリップは 強く握る、ゆるゆるに握る というコトではなく

握らない コトなのです。(意味不明かもしれませんが……ご来店くださいませ)

ブリストルパターを使って 素振りして貰いたいのですが、

ダウンスイングで クラブが落下する重さ

それを受け止めるグリップ(握り)を作ってはイケマセン。

その重さを 茲離哀螢奪廖,受け止められない

その重さをからだの回転で逃がす、

からだの回転で グリップを移動させ、その重さを回転力に転化させる

握らないグリップが必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを作る側の立場 で言うと
ヘッドが重いモノの方が 遠くに飛ばしやすい ですし、
ミスにもかなり強くなります。 それは明らかです。

多くの作り手は それは「振り難く」なるからなのか、
慣例だからなのか、なぜか 制限をかけています。

よく考えてみると ゴルフクラブは元々
市販品であっても、1m前後の長さがあり
その先端に総重量の6割以上の鉄の塊 を付けているのですから
「振り易い」ものである筈がありません。
「振り易い」のではなく 「打ち易い」ように作られています
振ることを優先するのなら 先端の重量をもっともっと減らせば良いのです。

そして 先端には その弾道や距離、高さなどを司る角度というモノが存在し、
ルール上、パターを除いて13本までクラブを持って良い という意味合いは
その 弾道・高さ・距離などをクラブの角度や構造に任せ
自分は似た動き、一つの動きで済ませようという意図があります。

にもかかわらず
今のゴルフスイングの主流は
ヘッドを回転させる という
その 打撃を司るヘッドの角度をないがしろにしてまで
棒を振らせることを優先させています。

 ✋振らないと飛ばない ヘッドの軽さ だからです。



重ければ 振り難い でしょう。
だから 振ることに意識をするのではなく
「打つ」コトに意識が行きます。
どうすれば 重く感じず、楽に打つことが出来るか
自分の満足できる距離を 出来るだけ体に負担をかけず
重く感じず行うことが出来るか
「ボールをどう打つか」よりも
「ボールをどう飛ばす(移動させる)か が重要なのですから
 それが スイングの本質 だと思います。

クラブを振ることが目的のようで、
そのうえで 遠くに 真っ直ぐ は
別な競技なきがします.


ヘッドが軽い クラブは
振り易いかも知れませんが、それが故に
結果として 自分の運動性能頼み なのですから本末転倒なのです。


IMG_0058Trim (2)_Moment(4)IMG_0226_Moment(2)








正直に言えば
一般的な市販のクラブは
異様に、異常なほどに『シャフトが硬い』です。

その硬いシャフトに「軽いヘッド」が付いているのですから
自分の『好きなように』 振り回す、ブン回すコトに適しています。
逆に そのスペックでは 振り回さないと ブン回さないと飛びません。

参考:平均的市販品ドライバー 45インチ 240cpm(硬さの指標) ヘッド重量190g
    悶絶ドライバー       44インチ 150cpm         ヘッド重量240g


ヘッドには角度という 弾道・距離・方向・高さを司る機能が備わっており
それは 持つクラブの本数分 異なります。

それを基本に考えると
 シャフトはしならせて しなり戻して 使うと言うのに疑問を抱くでしょう。
その角度 と言うのを非常に不安定に使うことになるからです。

しかし ヘッドが軽く、シャフトが硬いとなると
 そうせざるを得なくなり、それをすると
出来るだけ高速でクラブを動かす という条件の上に
更に インパクトという 1/500秒以下のインパクトに
安定して 似たようなヘッド姿勢やらヘッド軌道やら
同時に遂行しなくてはならなくなります。

折角ライフルを持っているのに
それを走りながら打っているのと似ているでしょうか・・・

シャフトの役割は ヘッドの重さをグリップに伝える ことです。
それは重さそのものを伝えるだけでなく、
ヘッドには形 がありますので 方向も伝えます。
一般的に考えられている ヘッドを動かすコト がシャフトの役割でなく、
その真反対の グリップを動かすコトがシャフトの本当の役割 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問を頂きましたので こちらで回答させて頂きます。

Q:プッシュを打つ、の意味は
インパクトが回転の途中にあって、
インパクトに入る時は右向きであり、
感覚的には右に振るように感じて
実際にはインパクトはまっすぐ、ということでしょうか?
飛球線方向に振ると、どうしてもいい当たりがすこしプッシュになります。
右に振るとなぜか真っ直ぐ、時にはむしろ左に出ます。
飛球線方向に振るのはヘッドを下に振ることになり、
結局身体を開いているのではないかと思っていますがあっていますか?


IMG_0226_Moment(3)


A:コメント(質問)有難うございます。

 スイングの動作は 向きを変える回転動作 になりますので
 常時 その目標と自分の体の正面の関係は動いています。
 ゼロとは言いませんが、動作が始まってからの
 方向修正はミスの原因になり易いです。

 動作中に方向を意識している時は
 まだ ボールを打っていない訳ですから
 体は右向き!は正しい状態です。
 意識した時の体の向きに「対しては」
 引っ掛かった方向に出る訳です。

 時間とともに その関係は動き続ける・変わり続けるので
 動作が始まってから 方向を意識するのは
 良いことではないと思います。

 野球の感覚に近いのかもしれませんが、
 方向を意識するあまり
 体がボールと正対して「から」
 クラブを振り始めるケースが非常に多いですが
 それでは お書きの通り、体は上向き、左向き(開いた状態)
 でボールを打つことになります。
 ひっかけやスライス(右回転)の球になり易いでしょう。
 それを更に ローテーションやフェース操作で修正すると
 より時間がかかるようになるので 複雑化が進んでしまいます。


 弾道の方向は 動作が始まる前
 スタンスとアドレスによって
 ほぼ 決まってしまいます。
 また、それによって決めるべき です。
 その方がシンプルに出来ます。 

  
IMG_0001


 スタンスの向き というのは
 その向きそのものも大切ですが、
 その向きによって 体に対しての ボールの位置が動きます。

 スタンスの向きは両かかと のライン です
 両つま先のラインではありません!

 
👉同じボールの位置 と感じても
 スタンスの右向きではボールは 体に対しては「左」
 スタンスの左向きではボールは 体に対しては「右」
 意図的にボールの位置を 右に置いたり、左に置いたり、
 するよりも遥かに、思っている以上に動いた形になります。
IMG_0001IMG_0001 (2)









 まずは 自分のスタンスの向き
 それに対するボールの位置を確定し
 傾斜やコンディションに左右されず
 似たスタンスの向き、似たボールの位置を
 自分に馴染ませることが一番の方向の安定につながると思います。

 そして これがコースでのミスショットの 最大の
 そして 殆どの原因です。

✋止まっているボールを打つのですから
 止まっている ようにセットしないと意味がありません。



 もう一歩突っ込めば
 体の向き〜スタンスと同じく
 いつ インパクトになるのか いつがインパクトなのか
 というのが 方向に影響します。
 からだの回転通りに、もしくは からだの回転で打てば
 規則性のあるタイミングでインパクト出来ますが、
 手さばきで、フェースローテーションでするとなると
 その時期は かなりズレますので
 方向性の安定のためにも からだの回転で打てるようにするのがベターです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今のゴルフクラブと
世間でうたわれているゴルフスイング理論を
合わせ考えると
今のゴルファーは ものすご〜く可哀そうに感じるんです。


軽いヘッドの硬いシャフトのクラブで
ボールを飛ばすには
その棒を「速く振り回さなければなりません。」

軽いヘッドの硬いシャフトのクラブで
地面のボールを打つのには
自分の動作で テクニックで ボールを拾わなくてはなりません。


ゴルフクラブの先端、その打撃部分には
弾道や距離、方向、高さなどを司る角度というモノが存在し、
ルール上、パターを除いて13本までクラブを持って良い という意味合いは
その 弾道・高さ・距離などをクラブの角度や構造に任せ
自分は似た動き、一つの動きで済ませる というコトでした。

にもかかわらず
今のゴルフスイングの主流
今のゴルフクラブでは
ヘッドを回転させる という
その 打撃を司るヘッドの角度をないがしろにしてまで
棒を振らせることを優先させています。


ショットの目的は ボールを打つこと
狙った距離や方向でボールを打つことで
スイング行為は手段でしかありません。

クラブを振らなければならないスイング論やクラブは
クラブ自体も 最善のスピードで振らせたうえ、
スピードを上げれば難易度が増す、方向や距離の安定を
同時にしなければならないという
ゴルフ本来のモノとは違う異質なものになっています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



悪癖であれ、なんであれ、
スイングは必ず「必要な動作」で構成される。

練習ではなんとかなっても いざコースで
というコトになるとそれはより顕著になる。

テークバック での右向きで
始めから 手で上げる 手で動かす は論外として
骨盤の動きがダイレクトにクラブの向きとつながっていないと
張りぼての「右向き」は コースで化けの皮がはがれ
手だけで上げる それになってしまう。

形の都合、帳尻だけ 骨盤の右向きをつくっても
そこに クラブの向きを変える という 本来の役割がなければ
仕事がないので やる必要がないのだから
当然のごとく コースでは省かれてしまう のだから注意が必要だ。


スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)
骨盤の右向きが無いと
圧倒的に不足するのが、空間と時間。
運動させたい、移動させたい 腕やクラブを通す空間がなく
それを無理やり インサイドに寝かせれば
その寝かせたクラブを元に戻す(返す)
必要性が生まれてしまうのだから
忙しいのに やることがさらに増える。
やることが増えれば インパクト時は延び延び 遅れるので
体は開き、右サイドは下がり、
より一層運動させられる空間は狭くなっていく。

よくある話で
インパクト以降 『左ひじが抜けてしまう…』も
右向き不足が原因であって
その時の 左ひじを意識しても改善は不可能。
だって それ 狭い空間では必要な動きだもんね。


骨盤の右向きがあれば
(手を遅らせない工夫は必要だけど)
それを基本戻すだけで済むのに。



常態化されてしまっている
腕でのクラブの向きの変更に
からだの回転☛骨盤の向きの変更を加えるのではなく、
腕でのクラブの向きの変更を無くし(取り去り)
その仕事のほとんど全部を 骨盤の向きの変更 に変えないと
それは体に染み込んでいかない。
その点注意が必要。
IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








多くのゴルファーは クラブヘッドの始めの50僂琉榮亜,海了点で
もうすでに からだの回転の仕事を腕が取ってしまっている。
クラブのご存知の通り、長さがあり、その先端に重さの偏重した構成なので
スタートをそのように動かせば、その慣性がクラブを動かすコトになり易い。

この「始まり」は 長い年月楽しむ ゴルフの慢性病の元で
ドライバーの距離不足や安定性の欠け
フェアウェイウッドなどの長物の苦手
アプローチの向上止まり の元になる


骨盤とクラブの向きをリンクするのはスイングの始め
として 最も大切なこと。

下品だけれど、秀二とクラブは赤い糸で結びついている   ・・・感覚なのだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

スイングの改善、改良において
グリップ・アドレスとともに
テークアウェイの初動、初期動作はとても重要です。

また この部分に
その人、その人が どうボールをさばきたいのか、打ちたいのか が
ほぼ全部表れています。


☑ボールを上から地面に抑える
☑ボールの横からのさばきはからだの回転

 というのが理解していないと 先には進めませんが

今回は テークアウェイのチェック1.2.3. をしてみましょう。



,靴辰り骨盤.胴体が右を向いているか どうか

胴体のひねり、肩甲骨や肩の右向きでの
「偽装右向き」ではなく
しっかりと 骨盤が右を向いているかどうか というのは
今更…ですが、スイングにとってとてもとても重要です。

IMG_0058Trim (2)_MomentIMG_0058Trim (2)_Moment(2)







左手だけ、腕だけ、肩甲骨だけで
テークバックをすると 体からグリップが離れます。
どの道 腕は曲がり、短くなるのですから
グリップは近づきこそすれ、離れるのはあり得ません。



よく ヒールアップするの-とか、しないの-とか聞かれますが
そんなことは非常に些細なコトで
骨盤の向きを動かしていない人は
股関節を使ってスイングしていないので可動域が狭くなっています。

まずは そこを動かして、可動域を広げてあげることが重要なので
骨盤〜胴体の右向きの習慣づけ のステップとして
ヒールアップして それに慣れ、可動域が広がってきたら
ヒールアップ無しにする 位の考えで良いでしょう。


細かい問題があっても 胴体〜骨盤の右向きが足りていれば
大体の場合 防げますし、
逆に それ以外が完璧であっても
胴体〜骨盤の右向きが足りなければミスになります。


インサイドから打つのも、上から打つのも、飛ばすのも
からだの回転で打つのも すべて ここから始まります。


☑まずは 骨盤を動かす。
☑その量を増やす。
☑それに慣れる。




骨盤〜胴体の右向きと右ひじの張り、右上腕の上りをリンクさせます。

からだの回転はからだの回転
腕の使いは腕の使い
と別々に覚えると いざ ショットの時、双方が干渉しあい上手くいきません。

スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





フルショットからアプローチまで
一貫して同じ感覚をつかむには
右ひじの動作とからだの回転と言うのを同一のものとして
一つの動きとして覚えましょう。

そう考えることによって
どの方向に右ひじを張っていくか と言うのも見えてきます。



9盤〜胴体の右向き
   と クラブの右向き がリンクする


多くの人を見ていると
右ひじを張る と言うのも気にしているせいか
胴体は右を向いても、それが直にクラブの右向きを作らず
腕さばきでクラブの右向きを作っています
帳尻、型としては 右向きは足りていますが、
骨盤〜胴体の右向きに クラブの向きを変えるという機能・役割が無いため
現場では 右向きが不必要になり、右向き不足に陥ります
IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








それでは とどのつまり 肩と言う腕の一部分でクラブを動かしている訳ですから
体の向きによる インサイドから-とか、上から‐とか、
股関節の前傾姿勢や自然な体重移動が付いてきません。

必ず 必ず 骨盤〜胴体の右向き に
 クラブの向きを変える、クラブの右向きを作るという機能を、
 役割を持たせてください。 



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 
ごくごく一般的な成人男性を対象に
3番ウッドを (ヘッド重量等調整し)
ドライバーと同じ長さにしたら飛ぶようになると思いますか?

.疋薀ぅ弌爾剖瓩い茲Δ糞離になる?
高くなるが距離は大きく変わらない?


ボールが上げるのが苦手な人やヘッドスピードの遅めの人 などを除き
👉答えは  です。

e00bf7e68658a3e6-s








フェースローテーション
左右のグリップの入れ替え は
そのシャフト/クラブを振る角度分
✋ロフトは増え
✋入射角度は緩くなります
フェースローテーション〜グリップを入れ替えるスイングは
ロフトの大きなクラブと長尺にして使うのと
非常に似ています。


10度のドライバーと15度の3番ウッド と例にとると
10度のドライバーで 10ヤード伸ばすのに ヘッドスピード3ms アップ で済むところ
15度の3番ウッドで 10ヤード伸ばすのには もっとヘッドスピードアップが必要となります。
  ✊振っても振っても 距離が伸びにくい方法なのです。

問題はこればかりではなく
そのクラブの扱い方は
二つの写真のグリップエンドの位置を見れば 分かりますが
それを助長するような 体の姿勢を作ります。

Mr.Kの虎の穴 シリーズを通して
ご本人が言っていたのが
今までのフェースローテーションスイングを比較すると
「変な感じのダフリが無い。
 ダイレクトにボールに当たる。
 今までのショットは ナイスショットと思っても
 比較すると いっちょ噛んだ状態(薄いダフリ)で当たる。
 必ずダフリが入っていた。」
 とのコト。

そうですね。
グリップを止め、ヘッドが追い越す623c1d572817337eb8c8724aee59aba5
左グリップの下に右グリップが入り込む動きは
重さを左サイドにかけないので、右体重を残し
振った分、体は右に傾きます。
これではスイング最下点は想定よりも右にズレやすく
体の開き、上向きを誘発するクラブ扱いです。

体を開いて 上を向いて👉左足上がり で打つのですから
振っても飛ばないだけ・・・
より振れば振るほど 左足上がりはきつく成るのですから
頑張りと距離が比例し難くなるのは当然…。
………腰にも悪そうですよねー( ゚Д゚)

まあ そうなると 弾道はスライス気味になり易いのですが
そのスライス気味なことが飛ばない直接原因 ではなく
『入射軌道とロフト姿勢が問題』なのです。

そして アプローチなどに反映する その方法は
グリップの入れ替えと言う手で作る ヘッド軌道とヘッド姿勢 が
体の姿勢とダブルで絡むので 複雑化して安定しないのです。

ヘッド軌道とヘッド姿勢を決める要素が二重にあることが問題なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ