◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2018年10月

  スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

クラブをからだの回転を主に、
からだの回転と同期してグリップを動かして、
ゴルフクラブを動かしていれば
 スイングには傾き(前傾姿勢)があるので

アドレス時には シンプルな高低 と言う意味で
左手の方が 右手よりも高い位置(地面よりも離れている)にあり
向きを変えると それの上下関係の見た目 は入れ替わるように
右手の方が高くなります。

これは 腕では何もしていない・・・
からだの回転に前傾姿勢があるので
自然に『何もしなくても、何もしてなくても起こる』 ことです。



キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)



ところが・・・



成り立ち(始まり)は二種類から だと思いますが、
〇硬いシャフトを使って ボールに届かないことから始まるのか
〇はなから フェースローテーションはあるモノ、そういうものだ と思って意図的にするのか

この 本来、スイングのメカニズム として
何もしなくても済む、自然に行われる
からだの回転と前傾姿勢の組み合わせの基礎になる動き を
手で行ってしまうのが スイングを間違った形で構築する 原因になります。

本来 スイングはトップの位置では
クラブを持っている左グリップを
右手が上から覆うような形になり、
順番で言うと
1.クラブの重さによって 茱哀螢奪廚下がり始め
2.その左グリップを下がりを 利き手である右手が上から補助する
と言う形で、インパクトの目標通過地点へグリップが行きます。

からだが右を向いているから
進行方向の左サイドが低いこともあるが、
右手が斜め上からグリップそのものを斜め下へ押すことによって
ボールをつぶせて、上から打てるのです。    ・・・が


フェースローテーションと名付けている 人もいますが、
この 左手と右手の上下の入れ替え
ゴルフ用語ではこれを「キャスティング」と言うのですが、
ショットを台無しにしてしまう この行為が
当たり前にある と信じている人は
これをするために 左手の進行を必ず遅らせるというか
追い抜く、追いつくことが前提にあるので
ダウンスイングで 無意識に左手を動かさない、遠回りさせる
テークバックでも 左手をたくさん動かして置く習慣が付きます。
IMG_0148_Moment

正しくは インパクト“も”
右手の方が上にあり、左手の方が下にある意識というか、
感触なのですが このインパクト直前にそれを入れ替えてしまうことによって
直前まで 上から打てるチャンスはあったのに
手の入れ替えによって
 ボールの底をフェースでこすり上げるような打撃 になります。
これを 総称して こすり打ち と言います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



弊社の悶絶クラブのドライバー
 中間のクラスのモノでも  44インチ 👉150cpm

市販の平均的なドライバー
          SR相当の硬さで  45インチ 👉250cpm


その差は長さやヘッドの重さなどもありますが、
 振動数で言うと 100cpm
 硬さの差、フレックスで言うと 10フレックス分の差があります。
ba9a56ce0a9bfa26e8ed9e10b2cc8f46_1214473713


この硬さ…柔らかさを体験したことのないゴルファーは
口を揃えて 「柔らかいシャフトを遅れる」 を言いますが、
 実際にはその反対です

確かに ヘッドが重く、100cpmも柔らかいシャフトのクラブの方が
グリップの移動に対して ヘッドは遅れます。
がゆえに 打ち手は遅れさせる必要はありません。

しかし、硬いシャフトを使う場合、
遅れないが故に、必ず打ち手が「遅らせる」のです。
意図的に遅らせるのです
シャフトをしならせて しなり戻す とは
別な言い方をすると 遅らせて それを取り戻す と言う意味です。
そして その遅れには
 からだではなく、手さばきで ヘッドを返す フェースターンが必須になります。

シャフトのしなりによって
グリップが押され、回転が促進される作用のない硬いシャフトでは
低い所のあるボールに届きませんし、
ロフトが立ちにくいので より一層、不必要な程の速いスピードが必要です。
手で遅らせて 手で遅れを取り戻す
手打をせざるを得ない硬さのシャフト
では
 正直、どんな努力をしても 体の回転でボールを打つことは不可能に近い行為 です。
よほどの訓練を積まない限り、部活並みの特訓が必要でしょう。

e968a0ac

遅れさせる必要のない 柔らかいシャフトのクラブは
遅らせる必要がないので、ヘッドを返す必要がなく
その遅れを ロフトの立ち にすることを覚えれば良いのです。
遅れ自体は放っておけばいいのです。

一番忙しい インパクト付近での素早い作業
小さな筋肉である腕での手作業は要らない のです。

フェースターン、フェースローテーション、ヘッドの返し には
打ち手の 満足感や充実感を除いて メリットは1mmもありません。
特に 運動性能に自信のない人にはデメリットしかありません。
クラブの基本性能を放棄する打ち方でもあります。

スイングプレーン、ヘッドの軌道のコトを指しますが、
からだの回転と関係なく、手さばきでその軌道を描く
 フェースローテーションは その立体的な軌道は
生涯 同じ弧を描くことは出来ない
毎回毎回 違う弧を永遠に描き続ける 

 というコトを認識しておかなくてはならないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ドライバーヘッドの話になってしまいますが、
フェースローテーションでボールを打つゴルファー
特に 身体能力、ヘッドスピードが平均的、それ以下のゴルファーには
重心深度が深く・重心距離がそこそこ長めの
ドライバーヘッドが好まれます。


『あれ?……あれ?( ゚Д゚)』 と思いますよね。

スナップショット 2 (2016-07-03 0-22)

ヘッドの形状で言うと 厚み(ヘッドの高さ)のあるディープタイプ ではなく
ヘッドが薄い 見た目の大きい シャロータイプ のヘッドです。
 ……いま どこのメーカーもそのタイプばっかり でしょ?!

タイプ的には 本来、結果の出にくいタイプのヘッド です。

シャロータイプ のヘッドの方が
フェースローテーションタイプのゴルファーには
ヘッドターンもし辛く、ヘッドも開きやすいので
結果は出にくくなる筈です。


ところが 重心が深く、長いモノの方が52442_360240
アドレスからテークバック 右方向への動きが
とてもし易いので 振り易い と感じるのです。
 まあ より開きやすく、より手で上げやすい と言う意味ですけどね。

ダウンスイングはその反対になるのですが、
一般的な大手メーカーは そこを
ヘッド重量を軽量化、シャフトを硬くして
左方向への動かしにくさ、ヘッドターンにし難さ 
 を打ち消している のです。

とは言っても 重心深度の深いモノ、長いモノは
より開いた状況、よりシャフトの寝た状況から
スタートすることもあって より強い、より激しい
フェースターンが必要になります。

軽いヘッド、硬いシャフトですから
より速く、より強く振らないと飛びません。

より強い より激しい フェースターンを
シャロータイプのヘッドで行うと
より激しい体の開き、より激しい煽り振り(アッパー) になりますから
ドライバーを上手く打てるようになると
地面からボールを打つショットの
 上手く打てる率は反比例して下がります。
特に フェアウェイウッド、アプローチ、
そしてバンカーショットを苦手とする可能性が上がるでしょう。


そういう打撃はほぼ例外なく フォローの出ない
肘が抜けるような シャフトを地面と平行に振るような
そんなスイングになっていきます。
yjimageLL1DHR4Z

気持ちはわかるのですが、目の前の結果ばかりに捉われると
意識してなくても 徐々にクラブによってスイングを作られてしまう
のですから クラブ選びにはとても注意が必要なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1

記事にも書いてきた通り
フェースローテーションで打撃するのには
✋ショットの不安定さ
✋継続性の不安定さ とともに
✋肘や首、腰などへの多大な負担
✋打ち手の運動性能や身体能力依存、
✋欠かせない練習頻度
✋必須な体も含めたスイングのメンテナンス
 など
多岐にわたり 重大な欠点がありますが
もう一つ 大きな欠点を持っています。


ゴルフクラブに関して、です。

ゴルフクラブの基礎性能は
からだの回転で打つ コトが基盤になっています。
df713d9f-s

からだの回転で打つと
右向き → 正面 と言う過程でボールを打つので
その時間帯は 左サイドの低い〜進行方向の低い時間帯です。
つまり それがクラブの長いドライバーであっても
ボールを上から打つ・インサイド₍右向きから入る)から打つ
というのが基礎になって
クラブヘッドの性能は考えられています。

20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)
しかし フェースローテーションでボールを打つと
ボールを上から打つことも
ボールを正規な意味でのインサイドから打つことも
ほぼ 絶対に不可能なのです。



―顛歓偲
ドライバーやウッド、アイアンなどの
重心位置 その重心位置の深さ →重心深度は深くなるほど
インパクト付近で ヘッドが前に出やすく
それによって 入射角度が緩くなり易く、ロフトが付き易い
と考えられています。

ところが これをフェースローテーションで打つとなると813ca594-s
スイング軌道は しゃくり、煽り、上がり軌道で
インパクトに入ってくる可能性が非常に高く
その重心深度の深さは それをより助長してしまうので
しゃくり、煽り、上がり軌道が強くなってしまいます。

重心深度の深さ、元々の煽り軌道の度合いにもよりますが、
それが悪い意味でかみ合ってしまうと
トップやダフリ、チョロにもなり易く
重心深度に応じて ボールの置き位置も探らなくてはならなくなります。
フェアウェイウッドが上手くいかない 最大の原因とも言えます。

また ドライバーに関しても
ティーアップという空中にあるボールを打つドライバーは
自然な形での緩やかなアッパーは許容の範囲ですが
それが強すぎると 平均的なヘッドスピードのゴルファーにとっては
上がるだけの 力のない 飛ばない弾道になってしまいます。



慣性モーメント
慣性モーメントの高いクラブヘッドは
エネルギーロスの少なさ、挙動の安定 が良くなります。
ところが フェースローテーション というのは
短時間の中で素早く ヘッドを回転させる行為 ですので
当然 その行為もし辛くなります。
rad-04-driver

ドライバーだけに限りませんが、
慣性モーメントの大きなクラブほど 俗に言う芯の広い
スウィートスポットの大きなクラブ になり
ミスへの寛容性が高い、距離や方向がぶれにくいクラブに
なる筈なのですが、慣性モーメントが高いがゆえに
打撃の要である フェースローテーションがし難い クラブに
なってしまうのです。


重心距離
これも 慣性モーメントと同じではありますが、
カタログ表記 などのお陰で 一般的なゴルファーの認識に
誤りを生んでいます。

重心距離が長くなると ヘッドが回転し難い、開きやすい
というのは全部が全部、嘘ではありませんが、
重心距離の長いモノの方が
シャフトのトゥダウン量が大きくなり易く、ライ角度がフラットになり易い
といのが右に出やすい 正しい基礎知識 です。

また ヘッドの回転 問題のフェースローテーションに関してですが
重心距離が長いからし辛い のではなく
重心距離の長いモノの方が 実質的なヘッド重量が重い から
 ヘッドの回転をさせ辛くなる のです。
IMG_0866

まあ、フェースローテーションをするゴルファーは
例外なく テークアウェイを手だけで上げるので
重心距離の長いモノの方が より大きく開きやすいのも確かですが、
開くことによって より一層クラブが重くなり易く
それによって 右サイドが下がり、左サイドが上がり
からだが開くこと、重くなることによって 必然としてリキミを生みやすく
それらが 複合して スライスや右への打ち出しを増やす のです。



✊これらを総合すると
 フェースローテーションを打撃の要とするゴルファーにはsim
 〇重心深度の浅め
 〇慣性モーメントの低め
 〇重心距離短め

 という 前世代的な
 ドライバーで言うと 大きさは450ccあっても
 その性能としては 350ccの体積のドライバーヘッド
 というコトになってしまうのです。


ゴルフクラブの性能の進化は
やはり商品であるが故に ニーズに応じます。
つまり ヘッドローテーションが主流になるゴルフの中では
ドライバーを含めたほとんどヘッドの進化は
逆に退化への道、進化を滞らせるコト になってしまうのです。
その兆候はこの5年ではっきりと出ています。

悲しいかな 大手メーカーであっても
営業として仕方ないのか、意図的なのか、
はたまた プロとしての知識が足らないのか
そこは判別できませんが
カタログ等で書いてある 各ヘッドなどの説明は
骨折した人に 盲腸の患者さんへの処方箋を押し付けている ようなもので
まったく意味をなしていないのです。  既に滑稽を通り越した状態です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

少々くどく成ってしまいますが、
要はフェースローテーションは手打ち、
振り遅れ という最大の問題を放っておき
それを対処する手さばきの方法
 に過ぎません。


からだの回転通り、からだの回転通りに、腕なり、クラブが移動していれば
一切、1mmも要らない行為に 多くのゴルファーは苦しんでいるのです。
嫌味ではありますが、不要なコトをスイング絶対条件だ と信じています。

IMG_0867IMG_0866








フェースローテーションは永遠に答えが見つかりません。

見ての通り、からだの回転でクラブが動いている のに比べると
フェースローテーションはヘッドの作る円弧が小さくなります
円弧が不必要に小さくなる というのは
ヘッドの向きやロフトの変化も激しくなる ばかりでなく
この写真の円弧は上からの、水平方向の円弧を見せていますが、
それは上下の ヘッドの高さ変化も同等に伴いますから
ヘッドの上下の位置変化も激しくなります

概ね フェースローテーションの練習は
ドライバーやアイアンのフルショットなどによって構築されていきますが、
これが構築されるほど アプローチにも精度を欠くショット になるのです。

✋おそらく ドライバーのスライス、飛距離不足 とともに
 アマチュアにとって フェースローテーションを覚えるほどアプローチが上手くいかず、
 スピードで誤魔化せないアプローチは 経験年数を積んでも練度が上がらず
 スコア停滞、伸び悩みの最大の原因なのです。
 ドライバーヘッドの大型化進行とともに このフェースローテーションスイングは
 かなり抑制されてきましたが、ヘッド体積に規制が入り、大型化が止まったその時期と呼応するように
 アマチュアのアプローチの練度が急激に下がってきています。
 かなり ハンディキャップの少ない シングルハンディ・ゴルファーであっても
 ものすごく危なっかしい、結果としてはスコアは作れるのでしょうが、
 とてもお手本に出来るようなアプローチを行っている人を目にするのは本当に難しく、
 スコアを言われないと 『単なるゴルフ好き』にしか見えない現状になってしまっています。




4f49c81dスイング・・・と言う意味でも
フェースローテーションをすればするほど
体重は蕕忙弔辰燭泙
左への体重移動は難しくなります。
アドレス時よりも頭は右に倒れるほどです

インパクト時
打ち手の願望 として インサイドからヘッドを入れようとするほど
フェースは開きますし、同時に体は開きます。
からだはアウトサイドイン なのに ヘッドだけ
 インサイドアウト(形式上、そう呼びますが)👈単にクラブを寝かしているだけですが…
という 大変不自然なことになります。
からだの向きを関係なく より自称インサイド からクラブを入れるというコトは
よりクラブを寝かせる〜よりロフトを開く ということですから
更なる量と速度のフェースローテーションが必要になりますから
継続して同じようなショットを打つのは 殆ど神業 です。



フェースローテーションには 必ず 体の開きがパックで付いてきます。
mh
これは 不可避 なのです。
 
からだの開きは左サイドの上りを伴いますから
からだを不必要に左右にギッタンバッコンさせながらのショットになります。

これがアプローチにものすごく大きく響くのです。
傾斜地で打つことの多い フェアウェイウッドも得意にはなり難い…。
手首や肘、首や腰なども大変痛めやすい打撃法です。


まあ 唯一の良い?点 は
小さな筋肉の腕で、体を酷使して クラブを動かすので
『打った!』『振った!』と言う やった感・充実感が濃い コト位でしょうか…。
これが 多くのゴルファーをとらえて離さない のでしょうねぇ…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


ドライバーが飛ばないのを解決するのは
アプローチの練習が一番です。


やみくもにドライバーを打っても
おそらく何も解決しないでしょう。




良く考えて見て下さい。

ゴルフクラブにはロフトがあります。
例え ロフトが少ないドライバーとは言え、角度が付いています。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





↑このように↑ 振ったのと

スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





↑このように↑ 振ったのでは
どちらが 前にボールが進みそうですか?

どちらが ボールが上に逃げると思いますか?

特に双方の一番右、3枚目の写真のロフトを見てみて下さい。
スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






それと同時に 
体の回転によって グリップが動いた分、ヘッドを動かすのと
グリップの移動を制限し、ヘッドを動かすのでは
体の姿勢も大きく異なってきます。

ダウンスイングからインパクト付近に関しては
グリップエンドの向いている方向に体重は移って行きます。
体重移動を気にしている人は グリップエンドの向きを
気にすれば解決し易くなります。


アプローチのように 大きなロフトのクラブで打つ場合、
シャフトの角角度運動をしてしまうと
ボールへの打撃力は ボールの打ち出し角度をボールの回転に
なりやすく、ボールのスピードが下がってしまうので
必然的に速いスピードでスイングしなければなりません。

正しい意味の用語ではありませんが、
一般的に ゴルフ用語として ミート率 
と呼ばれるものがあります.     これは
スイングのスピード(ヘッドスピード)に対するボールスピード
の掛け率に準じて そう呼ばれています。
 ヘッドスピード30 ボールスピード30  =1.0
 ヘッドスピード30 ボールスピード45  =1.5

同じヘッドスピードであれば
立ったロフト、インパクト時のロフト効果の少ないものほど
数値は高くなり 1.3〜1.4〜1.5となって行きます。

このように シャフトの角角度でボールを打とうとする人が
アプローチをすると
ヘッドスピードよりもボールスピードの方が遅くなり
それが 二度打ち を生んだりする訳です。

ロフトの多い、ロフトの寝たクラブの場合
道のり上のボールスピードはもっと高いのですが
打ちだしが高いので、水平な移動距離が取れません。
(ボールスピードは 水平距離に対する移動を測るため)
 ヘッドスピードよりも実際のボールスピードが高くても
水平移動は少ないので ヘッドが追いついてしまうのです。



スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)


スイングをする際に
出来るだけ大きなスイングを‼という意識
があるかもしれませんが、
その意味合いは 背骨〜ヘッドまでの距離を半径として
回転運動をすることを指し
ヘッドを大きく 弧を大きくするという意味ではありません。

多くのゴルファーは
体の回転は無視し、クラブの長さを半径とした
スイング軌道を作ろうとするので
体でクラブを動かすのと比べると
より「ロフト効果の大きなショット」
なってしまいます。

001

ボールの底をフェースでなでるようなインパクトでは
スピードを上げても ボールは飛びませんし
スピードの変化に対し、飛距離の変化が
比例関係になりえません。
まして その距離を打つのに
全く必要のない速さでスイングしなければならないのですから
練習量の少ないオジサンゴルファーが
アプローチ下手になるのは当然な方法なのです。

そして この感覚は
ショット全般につながって行きます。
ドライバーの飛距離不足に悩む人の
多くの原因がここに隠れています。

…おそらくあの人も… あの人も…。




シャフトの角角度運動を減らせ!ではありません。

シャフトの角角度運動を無くせ! です。



*ちなみに 聞きなれないであろう 「シャフトの角角度運動
直訳ではありませんが、これを英語にすると
フェースローテーション・ヘッドターン と言います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


そもそも フェースローテーションはなぜ必要…とされるのでしょう?

飛距離もそうでしょうが、大概の場合
 それをしないと フェースが開いて
〇スライス
〇飛距離減
〇無駄に高いボール
〇無駄なスピン量

IMG_0867IMG_0866









 そう フェースが開いているコトによって
起こるミス、望ましくない結果を 「閉じる」コト によって防いでいます。




では 考えてみましょう。

開いている・・・ の基準を スタンスラインや飛球線方向 として
インパクト時に それよりも開いてしまっている コトを指します。

しかし、アドレス時には開いても、閉じてもいない状態 なのに
なぜ そうなってしまうのでしょうか?



からだの回転通りにクラブが移動、動いていれば
右を向けば その基準線のスタンスラインや飛球線に対しては
一度,見た目は開くことになりますが、
また 元の向きに戻れば 開きも戻りますし、
左を向けば、その基準線に対しては 閉じる 形になる筈・・・です。

この場合は その基準線、相対する相手がスタンスラインや飛球線ですが、
自分の体に対しては開いても閉じてもいません。
からだの向きが変わっただけですから
一般的に考える からだの回転を意識すればよいだけですが、
フェースターンとは主に かいな、腕、手さばきを指します。

つまり 行き着くところ、スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
からだの回転ではなく、
手でクラブを開いているから、動かしているから、
手でクラブを閉じる、動かし戻す 必要が生まれるのです。



元々そこにあったモノを
そのままにしておけば 全くする必要にないコト、行為を
あたかも その行為が必須、必要かのごとき 準備であるテークバックを
することが フェースターン、フェースローテーションの始まりなのです。
行きも帰りも全く持って無駄な無意味な動きが
ものすごく高度で難易度な動き。。。
全く要らないはずの ソレ が
  スイングの全てになってしまっているのですから
愚かと言うか、ここまでくると滑稽でもあります。

MVI_0850-0001-1

からだの向きの変更であれば
腕もクラブも大きく動いていませんから、
ヘッドの角度変化も最小で抑えられます。
からだの回転と言う大きな動きを覚えれば
似たような距離、方向、弾道が打てるのに
それを 疲労に弱い、小さな筋肉の腕に任せるのですから
どう考えても 継続性は低い・・・んですが・・・

決してそんなコトは無いんですが、超穿った考えでは
からだでクラブを動かされては 簡単に覚えられてしまい レッスンが成り立たない から…
という 陰謀なのではないか( ;∀;) と 思ってしまうほど です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  

 あるSNSで とても久しぶりに中学校の同級生から質問を頂きました。
ごくごく普通、ごくごく自然な疑問だと思います。


Q:『投稿している画像が全く理解できないのです。
なんでフェースローテーションしないのでしょう?
それともしておるのでしょうか?
グリップ(握り)で調整?しているのでしょうか。
私の見方が悪いのかな?暇なときに教えてください』

  ☆おそらくここら辺の動画が該当するのでしょう


同級生のスイング、ゴルフは見たことはありません。
使っているクラブも全く知りません。
知っているのは 年齢が同じ(^^♪ ということ、
また 運動神経のとても良い人(子)だというコト です。



良くあるパターンの疑問だと思います。


ちょっと頭の体操をする回答にさせて頂きます。

ゴルフクラブは 長い棒の先の重さが付いており、
その重さが ボールを打つ打撃部分になります。
IMG_0871

そして その打撃部分には
打球の距離や方向、弾道をなどを決める角度が備わっています。
確かに 飛ばす というのは
ゴルフの大きな魅力ではありますが、
同時に 似たような距離、似たような方向、似たような弾道、
を打ち続ける方が良い というのも
同じだけ、等価に重要な部分です。
IMG_0491

質問にある通り、フェースローテーションをしないのはなぜ?
して見えない? しているけど見分けられない?


A:答えは 「 まったく していません。 」
 自然な流れの中で ほんの少しはあるかも・・・ なので
完全にゼロ とは言えないかもしれませんが、
少なくとも 打つ側の意識としては
フェースローテーションはゼロ、
逆に意図的に「しないようにしています」


なぜか? というと
 それは『全く必要がない』からです。

逆に する必要がある とすると
 フェースローテーションの 真の目的は おそらく
スライスの防止 と似たような意味合いですが 飛距離の損失防止 に
あると思います。

誰もが フェースローテーションをしない方が
方向性や距離、弾道など一定させやすいのは理解できると思います、
しかし、それでは飛ばない? スライスしてしまう? から
仕方なく するのではないでしょうか?
喜んでするというより、微妙に矛盾と言うか、疑問を持ちながら
フェースローテーションをしている 
と思います。

かく言う同級生も
おそらく・・・ですが、仕事の関係などで始めた か何かで、
持ち前の 運動神経で見様見真似で ボールを打っても
そこそこ打てていたのだと思います・・・   若い時は、 です。

ところが そろそろ定年を意識する年齢になります。
フェースローテーションは
打撃で一番忙しい時間帯に 一番忙しいコトをします。
これは 練習してそのタイミングを掴んでいないと
距離と方向、似た弾道が維持できません。
✋しかも このフェースローテーションは
 そのやり方、やる量、やる度合い、やるタイミングは
 誰にも学べず、誰にも教えられません。
 すべて自己流、誰もかれもが自己流の方法で行うのです。

そして そのタイミングはコンディションなどによって大きく左右され、
我々の年齢だと、若い時と違い、
天候など外的要素があまり変わらなくとも
自分自身のコンディションがラウンド中にかなり変化してしまい、
同じ感じでは ラウンドを通すことが出来ず、
そのタイミングに修正に苦労し、それがそのままゴルフのショット、
ゴルフの結果になってしまいます。     
…当たりだろ?
MVI_0741_MomentMVI_0741_Moment(9)








ゴルフクラブは本来 フェースローテーションを一切せず
ボールを打つように作られています。
構造を考えれば 一目瞭然 なんですがね…。
冷静に考えると ゴルフクラブのような
上下左右前後に非対称性の強い道具で
重量配分も異常に偏っている・・・
かつ せんたんには 弾道や距離、方向を決める『角度』
が備わっている道具を使って 丸い球体を
丸く振るのは・・・ なんとなく腑に落ちない のは
とても普通の感覚だと思いますよ。

しなくても 満足いく距離が打てる のなら…
明らかに 今までより楽に、簡単に、ショットが出来るのは
誰もが実は知っています。
でも、、、飛ばなくなりそうで、スライスになりそうで、怖くて出来ない
というのが本音なのだと思います。


       。。。長くなったので 続きは明日でもいいかな(^^♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードでは それを「刷毛塗」と呼んでいますが、右手〜利き手は
からだに沿って からだと平行に横に押す そんな感じです。

スイングの軌道は 基本からだの傾きに準じて います。

その軌道の位置を高くする、低くする、
 階層をあげたり、下げたりするのは 主に左手の仕事になりますので
原則、自分の体に平行に『右手』で横に押してあげましょう。
勿論 ゴルフスイングは両手でクラブを持ち
 ある種 両手が拘束されていますから 左手も仲良く使いましょう。

右手をからだに対し
〇縦に使うのか
〇体に平行に横に使うのか
これによって スイングは大きく分かれます。
からだの回転の仕方 にも影響しますし、
からだの回転の仕方も影響します。



からだの回転…というのを
ちゃんと骨盤から上の胴体、
股関節を境に向きを変えないと
からだの回転という 横運動に
『前傾姿勢分の 縦運動が混じりません』
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)








✋前傾姿勢分の縦運動が混じることによって
 各クラブの長さごとの入射角度 がおおむね決まり
 ショットに規則性を持てるようになります




ちゃんと からだの回転
股関節のある 骨盤ごと、胴体が右を向いた時、右を向いている間、
右→左 の横の動きには下(斜め下)が含まれます。
動作そのものは 横への動きにも 位置を上げる、下げる が伴ってきます。
その機会を ダウンスイング期 と呼びます。


ですので 体、胴体、骨盤を右に向けず
胴体を捻って 偽装の右向きを作ってしまった場合、
右手で
右腕には 下に振らざるを得なくなり、
振り遅れの対処が 主にスイングの覚えなくてはいけないコト になっていきますね。
そこ 本来、存在しない部分なので、覚える必要のない箇所
存在しない箇所・・・なんですよね。
595bd670_Ben20Hogan20Backswing

トップの位置、テークバックで 右肘を下に向ける というのは
からだの回転の代わりに クラブを腕で動かす代替えの動きです。
からだの回転、胴体・骨盤の回転、 向きの変更を省き
手で行いますが手抜きをするためのモノとも考えられます。

そうなると からだの回転の仕事を腕でしなくてはならなくなります。
 からだの回転は 横と縦、
合わせ技で斜めにクラブを移動させますから
その代わりに クラブを「腕で」斜めに動かす必要があります。

トップの位置で 右ひじを下に向けてしまうと
ボールの底をなでるようにしかクラブを動かせませんから
有り余った飛距離の方にはいいかも……しれませんが、
ボールを不必要にこすって打つことになるので
正しく打つより かなり速いヘッドスピードが必要になります。

トーナメントを見ていても
確かに飛ぶ距離は我々よりはすごいのですが
「えええええ あんなに振ってるのに……あれしか飛ばないの〜〜」
って感じがしてなりません。


ここでやはり気づいて欲しいのは
道具を使う遊び 道具を使う打撃 ですので
その道具を機能させる動き、機能を持った動きが優先するべきで
恰好、見た目 などを優先してとらわれてはいけない
というコトです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ドライバーやフェアウェイウッド、アイアン、パター
に至るまで この100年間のゴルフクラブの進化は
慣性モーメントの飛躍的なアップ です。

ドライバーやウッドの大型化、
アイアンのキャビティ化、
ピンタイプやマレット型のパターなど
すべてが モーメントを高めるためのモノ です。
003

行き着くところ モーメントとは
質量・・・運動によって積算する質量のことを指し、
モーメントの高いモノ
 例えば 軽自動車と大型のダンプカー の差と同じく
モーメントの高いものほど
 運動の持続性、姿勢の維持 が高く強くなります。

ですので ショットが厳密でなくとも
 昔のクラブに比べ 大曲りや大ミスが減る というコトにつながります。




コト スイングにおいて
最大のモーメント源は 自分自身 (…つまり体…)です。

ですので 自分自身が動いている時に
ボールを打った方が 安定度も高くなりますし、飛距離を出せます。
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(6)









手だけでクラブを振るスイング
俗に言う フェースローテーション スイングでは
ボールを打つ際、動いているのは 手先とクラブだけ になりますから
からだが動いているのと比べると 10倍なんてモンじゃないモーメントの差でしょう。
からだも含めた 数十キロのモノが
ボールに向かって 動いている方が ミスに強いのは
想像難しくないと思います。


そういう意味で 現代では社会の風潮に合わないかも…ですが
ゴルファーは 体重があり、ずんぐりむっくりな体型向き と
言われてもいました・・・。(私は太っている理由とは関係ないんですがね…。)



また ボールを安定して
似たような弾道、似たような方向、似たような距離 にするには
モーメントの方向〜ベクトルが出来るだけ一致している方が良いです。

からだと言う大きなモーメントを持ったものが
下方向・・・厳密には下を含め横方向に動いている
その似た方向にクラブも移動しているコトが望ましい訳で
✋クラブを下に振る のは 同時に
✋体は上に逃げる とパックになっていますから
モーメントの高いショットが望めません。

IMG_2813Trim(2)_MomentIMG_2813Trim(2)_Moment(9)IMG_2813Trim(2)_Moment(11)






そういうコト・・・なんで
ついつい 体を先に動かして ゴルフクラブを引っ張る となりがちですが、
からだゴト、モーメントの高いショットを作るには
クラブと言う重量物を先に動かし、腕を先に動かし
あとから体が後追い するようにしないと 同時進行は出来ません。

✋動画を見る限り よもや左腕、腕やクラブが先に動いている…ようには
 まるで見えないでしょう。
 とは言っても 体がクラブを引っ張っているようにも見え無い・・・。
 重さが負荷になっている素振りもないのが不思議・・・でしょうね。
c1fa68b7-s

高い所に行った 重量物、 ヘッドの重さは
まずは腕に掛かっているのですから
 その重さ通りに腕を動かし始め、その重さが左にズレるから
自分の左にズレていく → 右回転の解け
そして 体が回り始めたら、途中、無理な加速は一切せず、
同時に 変な減速、急停止などは出来るだけ避け
終わりまで間断なく 向きを変えてあげることが良いですね。

その 逆の動作順序 というのが スイングの最大のトリック
と言えるのではないでしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


ぼんやり見る限りは、
先に体ではなく、左上腕を動かして始めている
というの 掴み辛いかもしれませんが、
当の本人の意識は 相当、左上腕〜右腕の伸ばし が先
グリップエンドが左太ももを通過・・・までは
右向きをロックのまま
 の意識です。

その位の意識で
やっと 同時、同時進行、
からだの回転通りの動作進行 なのですから
スローな素振りでのトライでも、自分の動きがいかに
からだの回転先行で クラブ・・・腕を取り残し
結局 インパクトは腕で振る 振り遅れ〜手遅れ
というのが理解出来るかな? と思います。

ゴルフクラブは 1mの棒の先に
クラブ全体の重さの7割近くがヘッドと言う重量物として
装着されています。
その配分と、その長さから
運動のスピードが上がった時、
重さとして長さが長くなってしまった時、
とともに
ヘッドの方がグリップよりも低くなった時、
重くて 自由に扱うことが出来なくなります。
MVI_0878(2)_Moment(3)

からだで打つ、からだの回転で打つ スイングと言うのは
そのクラブが重くなった時・・・
 ヘッドの方が低くなっているので まあ インパクト前後 というコトになりますが、
そこをからだの回転、体のさばきで動かすコトを指します。
反対に 腕で打つスイングは
クラブが重くなった時、腕で動かすのですから
どう考えても効率が悪く、マッチョな男性…若い人向けの打撃です。

この映像を見ても
ヘッドの方がグリップよりも低くなり始めると
手・腕の動作は終わり始め、
以降、グリップの移動は体の向きに預けられています。
この順序が出来るとショットはかなり楽になります。


そう考えると4bcbe6f4
トップの位置で 右ひじが下に向く準備は
からだの回転 とは関係なく、
腕で円弧を作るためのモノ…というのが
理解できるのではないか と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
まずはご覧ください。

とてもいろいろなことが含まれている動画です。



非常に教科書的な動画ですので
参考にして頂くと良いですが、

右手でグリップをからだに平行に押す

というのがとても分かり易いと思います。


そうすることによって からだの回転の方向 も決まりますから
逆に考えると この動きの途中で
クラブを、シャフトを 縦方向 からだに対し垂直に、
地面方向に振ると 自動的に振り遅れになるのが理解出来るかと思います。
✌それは クラブを寝かして振るのも同じで
ヘッドの道のりは長くなり、重くなりますから、必然として遅れてしまいます


また この映像では
からだの各所が 急加速することも
逆に止まるようなこともなく、
ある一定のテンポで全部が動いているのがわかるでしょう。

この形にするには
ダウンスイングで
からだの回転よりも 遥か先に、
左上腕を動かし始め、ほぼ同時に右腕を伸ばします

IMG_0148_Moment

この時に注意したいのは
多くの方が 錯覚というか、感覚としてつかみきれないのが
インパクトまでに右手・右腕は伸ばしたいのですが
あまりにがんばって 右腕を伸ばそうとすると
右腕が動いているのではなく
右サイドが動いて 右腕を移動させている いきむ 動きになりますから、
慣れるまでは 単に脱力して右腕を伸ばす と言う感覚でよいと思います。

練習やドリルでは
〆絃縅咾鯑阿し
△曚榮瓜に右腕を脱力風に伸ばし始め
その後体の右向きを解く

  →体を回そうとせず、重さに任せて解きます。(…脱力?)



ここで 右サイドが、右半身が右腕を動かしてしまうとスナップショット 2 (2018-04-02 15-14)
からだが早く開き、上を向いてしまい
からだの正面 ⇔ ボールと正対 する 姿勢を一気に失ってしまいます。
勿論 、腰などへの負担も大きいですから
スローな動き、アプローチなどで
左上腕を体の回転、からだの回転の解放よりも先に動かし、
ほぼ同時期に、脱力して右腕を伸ばす 感覚を練習しましょう。


からだの向きは
骨盤の向きは 意識的にはトップの向きの右向きのまま ロック
全くそれを解放しない位の意識で
まずは 左上腕から動かし始めます。

ダウンスイングで左腕が長くなり、重くなることはスナップショット 3 (2018-04-02 15-14)
そのまま 前傾姿勢を失わせてしまいます。
前傾姿勢を失えば、クラブは下に振らなくてはならなくなるばかりか、
正面と言う時間も失ってしまうので
早い段階で 左腕を前傾姿勢の中に収納してしまいたいです。

からだの回転は 右手がクラブをからだに沿って平行に
横に押すことによって作ると考えるべきです。

グリップが茲梁世發發鯆眠瓩垢詈佞蠅
クラブや腕の重さが左サイドに掛かりますから
ここら辺が 右向きをキープしている限界・・・
クラブや腕の重さが左に掛かり始めるので
✊左サイドの低さが長く維持でき
✊腕やクラブの重さが左サイドに掛かり始めるので
 体の重さも左にズレ始めます。 これがダウンスイングの体の自然な流
れです。
👉クラブや腕の重さが左に掛かること これが右向きの解け=ダウンスイングです。
 ですので 右向き〜正面 までの 右向きの解け というのは
 無意識な、仕方がない動きであって、積極的な動作ではありません。
これ以降、からだの回転を解放し、逆にグリップの移動は
からだの回転に預けてしまいましょう。

左手の甲、右手のひら の向き と言うのが
からだの姿勢を決める と言ってもよく、
スナップショット 1 (2018-03-26 9-46)
ダウンスイング時、左手の甲が上を向く、
右手のひらが上を向く    と言うのは
 イコール 体を上向き、体を開くコトに直結していきます。

✋左手の甲が上向き、右手の平が上向き
   …にもかかわらず
からだは下向き、体は開かない の方が不自然です。
その無理は体を傷めてしまいます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

利き手が右の人が右打ちをする・・・のだから
ゴルフで言うと 微妙な距離
そして遠く飛ばすことに
 その利き腕を
利用する方が断然良いでしょう。

そうなると
どう右手・右腕を使うのか というのが
延いては テークバックで どんな右手・右腕 の恰好 というか
準備になるのかにつながっていく と思います。


IMG_0148_Moment


 ‐紊ら打ちたいのか?!
 上から打つ のですから
 対象になる ボールは 下にありますよね。
 となると 右の手のひらを上に向けてしまうような準備…
 下にある対象物を打つのに、打つ場所が上を向いていたら1212-1
 ボール・・・打てないんじゃないですか?
 即ち そのテークバックでは 上から打つのは不可能になります。
 ショットはフェース面で打つのですから…
 ソールで「上から」打つための準備は無意味です→



◆.ぅ鵐僖トのロフトをどうしたいの??
 あまりインパクトという 瞬間 をイメージするのは良くはないですが
 通過点と考えても、インパクトをどうしたいのか
 ということになるでしょう。
 ➀でも書きましたが、
 〇正しく体を右に向けても
 〇誤っていますが、胴体を捩じって手で上げたにしても
 トップの位置 と 打つボールの関係には明確な上下関係があります。
 準備段階で、フェースに匹敵する藜蠅里劼蕕鮠紊妨けるような
 段階から ボールを打つとなると
 ロフトの立った、ロフトの締まった状況には
 非常にし難いと思うのですが、如何でしょう?
 ロフトを寝かして しゃくって打っても飛ぶのであれば
 それはそれでいいかもですけど・・・、その打ち方はアプローチを苦しめます。


 その曲げ伸ばしでは「振り遅れ」は必須です。
 多くの人は このボクシング人形のような右腕使い をしますが
 この動作は からだの回転 というターンテーブルとともに進行します。ans-267956033
 からだの回転は からだに対しては横 ですから
 腕をからだに対し 縦 に 曲げ伸ばし したのでは
 その流れ、横の回転と泣き別れ、置き去り になりますが
 いいんでしょうか?
 その右腕の使うイメージが 意図的な「振り遅れ」を作っているのでは?
 テークバックで この右ひじ(下向きのみぎひじ)にこだわっている人の理由が見えません。



ぁ]咾鬚らだに対して縦に使う と…
 単に曲がったモノを伸ばす 短くなったものを長くする と言う動き、
 その流れでは クラブは 茱哀螢奪廚鮖拇世鉾薪召垢襪海箸砲覆蠅泙垢、
 人間の腕の構造上、肘は反対に曲がりませんが、
 強く振った時、その負荷をどこに逃がすのでしょうか?
 自分の振りが左ひじを腕式逆十字にかけることになりますけど 痛くないですか?!


ァ|擦なった右腕を長くする 使い方 だと…
 ダウンスイングで腕も長くなり、クラブも長くなります。hiraki
 そこには二つの大きな弊害があります。 二つは絡んでいますが…。
 長くなれば道のりも長くなり、インパクトの待ち合わせの時間、
 理想的には体の正面でとらえられる時間に間に合いません。
 また、クラブと腕が同時に長くなる しかも その時間帯は加速の時間帯
 に相当しますから 倍、二乗倍で重さは増します。
 その重さは 右打ちの人であると
 飛球線とは反対のやや斜め後方の下、右足前の下へと重さが増します。
 それでも ボールは動きませんから
 その重さ分の補正、体を左上方、その重さと真反対の方向に引きながら
 打つことになりますから まず間違いなく前傾姿勢は消えます。
 その動きは同時に 瞬時に体を開くことにもなるので
 当然 待ち合わせの時間に間に合わないばかりか
 待ち合わせの場所まで失ってしまいますが
 それでも テークバックで
  その右ひじの動かし方(肘の下向き)にこだわりますか?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



この映像を見ると
利き手である右手で
からだに沿って 右から左・・・横にグリップを押しているのが
分かり易いと思います。

と同時に フェース面・・・ではなく
ヘッドの軌道に沿って ボールは飛び出す
というのがわかるかと思います(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
まずは この映像をご覧下さい
90センチ位ティアップしたボールに対して 普通にセットアップ/アドレスしてみました。  ボールの位置は90センチですから ベルトなり へそなりの高さの筈… ですが 実際にやってみると顔の前 目の前にボールがあります

感覚的には 頭より高いところにボールがあるような感じがします。
このボールの高さを打つのには この姿勢は 全く適していません。
このティーの根元を打つような そんな感覚にとらわれます。

 また クラブを持っている腕
  その腕のはえている体と言うか 肩と言うか
   その部分から ボールまでが近過ぎて
    このボールとの間合い
     では このボールを打つのは 至難の業です

このボールを ある程度遠くに飛ばす為に ボールを叩く為には
 クラブを動かさなければなりません
  そうすれば クラブは重くなり 遠心力が働くので
   多分 腕は 意志とはあまり関係なく 伸ばされてしまうでしょう

この位置関係では 自分のこぶしで ボールを打つ感じです
腕だけの長さでは届かなそうだし… かと言って クラブは長すぎる
なんとも 中途半端は ボールとの間合い と言って良いでしょう。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット ですから 傾斜地に止まっているようなボールを打つ姿勢と 間合いが必要になりますよね…
実際にこのような条件下でボールを打つ場合には
クラブのロフト角度に注意して下さい
ロフトが多い(寝ている)方がやさしく感じますが
この 高さを打つとなると ロフト と ライ角度の本来の機能を失ってしまいますので ロフトが多いほど クラブは左を向いている事になります
 少ないロフト(立った)ロフトのクラブを短く持つ事をお薦めします。

それでは 上の画像の骨盤/股関節から上の部分をカットし
 30度傾けてみます 二つを良く見比べてみて下さい




lesson 2009_10_31BlogPaint














上の画像は へその高さまで ティアップしたボールに 前傾なし
           セットしている絵、 
下は  地面に置いてあるボールを 前傾あり でセットしている絵

ヘッドとティー 画像奥のキャンバスの傾き を良く見て下さい

微妙な違いはありますが もしも 後ろの背景は全く同じだったら
 騙されるでしょ…

へその高さに ティーアップし それにセットしたクラブ 上半身
 それを 30度傾けただけ  あれ?  ボールの高さって?
  下がったの?  ただ傾いただけ?
   90センチ ティアップされたボールを打つの?
    それとも 地面に有る ティーの根元を打つの?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

良く質問される項目・・・なのですが、
 「テークバック、トップの位置で
 右ひじが高いのはなぜですか?」
 「何が理由ですか?」
 「どんな効果があるのですか?」
   と 聞かれます。


どうも多くのゴルファーには
テークバック時やトップの位置で
右ひじが高いのが「好まれないの」ですが・・・
「フライングエルボー」とか名付けられてしまっていますが、
その由来である ジャックニクラウスや
右ひじの高い選手には歴代の超大物(アニカやジャンボ)が多いのですが、
なんでなんでしょうね
0-0763-1388

まず ごくごく普通に
腕(肘)を曲げる というコトを考えてみると
肘の曲げ方には主に二種類ありますね。

肘の高さを変えず その場で前腕を上げる(起こす)方法
筋トレ的には「カール」と呼ばれますが、
主に腕の中の筋肉を使うモノです。

一方、同じ肘を曲げるのに
上腕を上げることで肘を曲げる方法は
筋トレ的には「クランチ」と呼ばれますが、
主に背中、肩甲骨周りの筋肉を使います。

大きな筋肉を使って ごくごく普通に 右ひじを曲げると
右ひじの曲がった分、肘の位置は高くなります。

ごくごく普通に……です。

ゴルフスイングに当てはめてみると4bcbe6f4
多くのゴルファーは 左ひじの位置が大きく動きます。
右にもズレますが、高さもあがります。
・・・にもかかわらず 右ひじがそのままの高さ、ということになると
クラブは単に右に倒れた状況 になります。

これに大幅に利点があるのなら
それも方法として考慮に入りますが、
クラブが右に倒れれば、ダウンスイング以降の無駄な重さになります。
フェースでボールを打ちたい訳ですが、
いったん ソールがボールを見るような関係になってきます。
それを フェースに戻したうえで、
さらに 元のロフトやヘッドの向きを作る というのを
✊インパクト間際 という高速で忙しい時間に行う 
✊しかも必要以上に重くなっているクラブ(ヘッド)を! です

のですからデメリットしか見当たりません。

まあ…スイングは好み、の部分もあるのは否定できませんから
ご自由にですが、科学的にも、運動的にも何のメリットもなさそうです。


千人
次に 体の関係と右ひじの関係です。
「正しく」右を向くと
スイングの基礎姿勢には
大たい骨と骨盤の角度差…通称:前傾姿勢があるので
右を向いている時は
 右サイドの方が左サイドよりも高い位置関係になります。
✋正しく右を向くとは
前傾姿勢を考慮すると 骨盤、股関節から上の胴体が
しっかり右を向くことで
胴体を捻ることではありません。


よって 両方の肘が 同じ高さ上がったとしても
全く上がらなかった(移動・動作無し)としても
右ひじの方が「普通に」高い位置関係になります。

右ひじの方が高いのは
技巧的な部分は何一つなく、
腕の作用、働きや からだの回転との関係からすると
ごくごく普通な結果(見た目)なのですが、
それでも嫌と仰るのであれば、何も言うことはありません(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフの基本姿勢、構えを何故にアドレスと言うのか
実は私もわかりません。
英語では「ポスチャア」 構えとか姿勢と言う意味です。
なんだか、和製英語としても、そちらの方が
適切かとは思うのですが。。。

弊社では、ボールは左足かかと付近に置くことを
推奨しています。

IMG_0001

ボールの前面が左足のかかと線上 付近
と言う意味なのですが、
これにも条件があります。

多くのゴルファーは、アドレスを右向きに取っています。
本来、ボールのターゲット、目標方向と
人間の立ち向きは、平行な、線路のような関係です。
51

決して交わることの無い平行な関係です。
クラブヘッド、フェースが目標を向いている、というコトは
体の向き、立ちの向きは、目標よりも左を指している
というコトになる筈、なのです・・・。

ところが、多くのゴルファーは
体の向き、立ちの向きも目標に向けてしまっています。


結果としては、ターゲットも右を向いてしまうのですが
右向きのアドレスで、ボールを左足かかとに
セットするのは、体をひねって
目標方向よりもやや左に捩じって、インパクトすることに
なります。

向きをスクエアに出来ていない人の多くが
左足かかと付近にボールをセットしないのは
本能的な理由が存在するわけです。
逆を言えば、真ん中にボールを置いている多くの
ゴルファーは右を向いて、構えているとも言えます。

IMG_0001 (2)IMG_0001








つま先は開き方が人それぞれありますから、
両足のかかとが目標方向と平行になるよう努める
そこから始めるのはとても大切だと思います。

想像以上に、この向きを
正しく「スクエアに立つ」習慣付けするのは
簡単ではありません。

上手く打てないと、次第に馴染んでいる位置へと
修正していくものです。

頑張って、ここから始めてみる というのは
如何でしょう。
このアドレスの向きの「狂い」は
あと後の改善が非常に難しいので、
狂っているアドレスは、スウィング中の細かい修正が
入ることになります。

慣れるまでは、一球一球クラブを置いて確認するのも
良いかもしれません。
ちょっとスランプに陥って来たときにも
そこをチェックしてみてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まずはグリップ

IMG_0772

グリップの重要なポイントは
右と左が上下に出来るだけくっ付いていることで
それをするには 茲離哀螢奪廚
指だけで握って、手のひらはグーを握らないコト。

茱哀螢奪廚グーを握ると 右グリップの入ってくるところが無くなり
左と右が離れて握らなくてはならなくなります。

左グリップが指だけで握ると
静止している時は握っていられても
いったん クラブが、自分が、動作〜移動し始めると
クラブの重さをホールドしておけないでしょう。

✋そう それが良いのです。

クラブの重さが左グリップに掛かった時、
その重さをホールドせず
その重さを受けないように どんどん左グリップを逃がすことが肝心。

そのグリップが完成するかどうかが スイング改良の一つの試金石です。

IMG_0528IMG_0529











次にアドレス
b8a80827-s
アドレスでの体の向き スタンスの向きは
つま先ではなく、かかと基準。
ほんのり左向き、オープンなスタンス(かかと)の向きがおススメです。

仮想のボールの位置は ボールの前面 が左足かかと付近。

これは特殊なショットを除き、番手や長さに関係なく一律にしましょう。


両方のグリップの重なり具合、離れ具合にもよりますが、
くっ付き気味とは言っても
右グリップの方が体から離れた位置を握りますから
それが届く分だけ 体をよじったり、ねじったりしないで
骨盤ごと、若干、右に傾きます。
左グリップだけ握り、右手はパーにしておいて
傾きとグリップの離れ具合を合わせましょう。



前傾姿勢は 気を付け の状態から 挨拶するのではなく、
頭はその位置のまま(高さは変わりますが) お尻を下げるように
股関節を折ります。〜股関節を後ろに下げる というコトかな?!
MVI_0478_Moment

そうすると 体重はかかと気味にかかりますが、
これを ひざと足首 双方を曲げることによって 土踏まず位にします。
この量ですが、前傾姿勢にもよりますが、
前傾姿勢は 有ればよいので 浅めが良いでしょう。
それに対し ひざ・・・足首の曲げは
曲げた! と呼べるほどでなく ほんのりと角度が付く程度が良いです。
特にひざは出来るだけ曲げない…曲がってない程度 ほんの少しの角度で。
足首が曲がる も少しでいいんですが、角度が付いていることはとても重要。
これが傾斜地の調整能力としてとても役に立ちます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

   ✋✋✋


全く無垢の状態からスイングを覚えるのを除いて
どんな動きであっても ボールが打てる状態までスイング(らしきモノ)を
記憶してしまっている場合、
✋いつ・・・どんな順序 で
に加え、その誤った順序がゆえに
✋どのように、どんな
も同時進行で変えていかなければいけないところが
スイングを改変・改良する妨げになります。

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)


☺何時?どの順序? が間違えていると
 体の姿勢や向きが異なっているので
 動かし方そのものも全く違うモノになるのはわかりますか?

 動きさえ治しても それがいつ動かされているのか
 は常時 密接した、相互リンクした関係です。


具体的に言えば、IMG_0049 (3)_Moment
✊体の回転でボールを打ちたい であって
はじめっから手振り、手打ちにしたい と思っている人は少なく
自分では体の回転でボールを打っている と思っていても
からだを回すコトやそれに伴う運動による重さの加算
などによって 手やクラブが体の回転に取り残され
無自覚かもしれないが 
結果として手で打つコト、手でインパクトをさばく、
手さばきでヘッドを動かす (典型的なのがヘッドターン)になるのだけれど
円弧を手で作れば 上から下まで、右から左まで
その円弧を手で描かなくてはいけない。

もし 体の回転通りに、体の回転と同期して
クラブや手が移動してくれれば
体の回転そのものが円弧を描いてくれるから
腕でクラブ(この場合は特にヘッド)を移動させる量そのものは
手で振るスイングに比べ 1/4以下
おそらく 1/8位の量で抑えらます。




今まで トップの位置からボールのある地面まで
全部手で振っていたものを
1/8の量に抑えられれば、楽ではあるけれど
これで本当に当たる、ボールに届くのか心配にもなる。

その点もあるでしょうね。

MRa_MomentMRa_Moment(4)













また ダウンスイングで
腰から・・・とか 体の回転でクラブや腕を引っ張る
という手順でボールを当てられている状態が今で、
結果として 腕も同期したからだでボールを打つには
かなり 腕 左腕の上腕を先に動かしている感じ、
からだは右を向いて固定、ロックしたまま
かなり はっきりと、オーバーな位 先に左上腕を動かしていないと
腕やクラブが体の回転に同期することはない。

頭の中でイメージしている
スイング動作とは かなりかけ離れたモノ と言えるでしょう。

繰り返すけれど
ダウンスイングで 腰や足から先に動かし、
からだが開いたり、どこかで体を止められるポイントを作り
その反動で 腕を振るスイングでは
腰 → 肩 → ひじ → 茱哀螢奪廖,僚腓
ボールを打てるポイント インパクトポイントに入るから
そこで茱哀螢奪廚鮖澆瓩董△修海魎霆爐
俗に言う手を返す動きをして ボールをさばく。

その手順を
左上腕 → クラブの重さが左足に掛かり始めたら → 左にシフト
 あとは左グリップを決して止めず 左を向く(体を回転させる)
 そこからは体・骨盤の向きに グリップの移動を任せる
に移行していくと
テークバックの右向きの重要性も理解出来てくるし
おそらく 握りの方のグリップやアドレスも変わってくるでしょう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ