◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2018年09月


ボールが飛ぶ、弾道は
上下方向・左右方向共に
基本、ヘッドの進んできた道
ヘッドがやってきた道 によって決まります。

IMG_0549

ボールに入る左右の回転は
 その道のりに対する フェースの向きの差
ギャップによって決まります。
よほど フェースの向きと進んできた道にギャップが無い限り
影響は受けますが、フェースの向いている向き に飛ぶのではなく
ヘッドの進んできた道に準じてボールは飛びます。
IMG_0607

これは上下のロフトの発想も同じです。
✋ロフトとは 基準を 0度の垂直とすると
10度であっても、20度であっても
そのロフトは進んできた道に対してはギャップです。
それが 縦の回転になり、浮力を生み、
意図的にボールの推進力を回転や角度に変換し、ロフトなりの距離になる訳です。
✊ですので ボールを捕まえる 逃がさない と言う意味では
ロフトの立った ドライバーは一番簡単 と言えるのです。
✊飛ばなくて悩む人の多くが 実はスライスよりも
弾道の高さに悩んでいる というのが大きな特徴でしょう。


そして このフェースの向き というのは
ロフトとヘッドの向き〜含むライ角度 の合成?複合 によるもので
双方がある程度一定でないと 似たような球筋は打てません。
そして 上下・左右のヘッドの侵入してくる道も出来るだけ似ていないと
似たような弾道、方向性には成り得ません。


そういう意味で インパクト…ボールのさばきのトコロを
手で振る というのは 芳しくないのです。

入射してくる上下左右の道のりも その時次第
ロフトもその時次第、hiraki
フェースの向き₍含むライ角度₎もその時次第、
ヘッドの高さなどもその時次第 になり易く
手で打っている限り、手で振っている限り =フェースローテーション
これに ナンの基準点、ベースになるモノが存在しないのです。
 練習によって培う 1/500秒 0.002秒 以下のタイミング でしかなく、
この部分は誰に教えることも、誰から教わることもできません。
観客のくしゃみ一つでダメになってしまうほどです。

若い人や体が頑丈な人は良いかもしれませんが、
ある程度の年齢になると
それを維持するための メインテナンス的な練習はかなり辛くなります。

手で振るスイングは 体を止めて
肩〜腕を振るので その負荷をからだが受け止めなくてはならず
非常に不自然な姿勢、無理な負荷のある維持練習になりますから
肘や手首、腰や首を傷める人がとても多いですね ><

yjimage4NR1MAL3これの何が体の正面で
腰と腹、胸と肩
それぞれが全く違う向きを向いている
この真似をどうすればいいのか。。。
という問題は 正直 本人にしか解決出来ません。
からだのひねり 背中・背骨や腰のひねり は捩じり
になりますから、中高年向け とはとても言えません。



二つの写真共に 明らかに打ち出し角度が高く
この角度ではかなりの煽り軌道が入っていますから
アマチュアの体を考えると お勧めできるものではありません。

 


出来るだけ インパクトは  『からだの正面で』  
勿論、体の回転を無理やり 正面で止めて は論外ですが、
クラブを手で振らず、体の向き通り、体の回転で動かせれば
そのクラブの長さなり、
そのクラブを構えた時の前傾なり、
の上下左右の入射角度、ヘッドの進入角度が決まってきます。
自分の好き好き と言うわけではありません。
個人差は勿論ありますが、ある程度は そのクラブの長さ
そのクラブを構えた時の前傾で決まってきます。

からだの回転なりに、体の回転で! クラブを動かすには
  ✋発想の転換が必要です✋

 では また明日✌

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


意味不明に感じるかも知れませんが、
少々噛み気味(厚めに当たる)になるものを除けば、
ゴルフショットの
「ダフリ」というのは
ボールにヘッドが届きすぎている
と考えるのは大きな誤解です。

ドライバーショットで 10センチも手前を
ダフってしまっているのは
実は ボールに届いていないのです。

ボールに届いていない
という言葉は 単にヘッドとボールの上下関係
高さの違い
 を連想させますが、
「届く」という言葉はも勿論、立体です。
移動中の空母に着艦しようとしている艦載機は
上下左右 甲板に届かなければ着水してしまいます。

ヘッドがボールのその所定の高さに到達していても
そのポイントが手前になってしまえば
当然、それも「届いていない」に該当します。

ヘッドの高さがボールに届いていないのではなく
ヘッドのその横移動が足らずに、ボールに届いていないのです。
bd169146-s

ゴルフクラブは本来
そのヘッドの形状などの作用によって
グリップが動かされる という働きを持っています。
軽いヘッド、硬いシャフト、のクラブは
その作用が少なく、グリップを進行方向に押す力が足りません。

ヘッド高さにも作用しますが
インパクトは 所定のグリップ位置(上下前後左右)
というのがある訳なのですが、
そこへ到達する補助をクラブがしないので
ボールに届かなくなるわけです。

ですから 少々噛み気味に当たるのを除けば
ダフリ というのは所定の左右位置にグリップが到達しておらず、届いていない結果であって
「届きすぎている」と間違った解析は
当然 間違った修正を生みます。
ヘッドを振るスイングにとって
届かない と考え ヘッドをもっと振ろうとすれば
体が上を向くか、クラブヘッドがあがり軌道に入りますから
より一層「届かなく」なります。

それをさらに ボールを中に置いたり
体を早く回して結果ボールを中に置いたり
という間違いで塗りつぶしていくことになるのです。

根本は ボールに届かせるには
空間ではありますが、グリップの位置が所定の
ところに届いている必要があります。
それを補助する役割はクラブにはとても多く
その補助能力が足らない というのは
スイングを形成する上で ものすごく大きなデメリットです。

グリップが左に押されて
所定のヘッドの高さの時に、所定のグリップの左右位置
という機能がクラブに薄ければ
それを人間の技術で補わなければならなくなります。

ボールを中に入れて打つ
や 体を早めに開いて打つ となると
体の開いた分を勘案して ヘッドの姿勢を作らないと
思い通りの方向に行きません。

体が早めに開く といのはイコール
体が早めに上を向く ということですから
届いていない「ダフリ」はウサギと亀の追いかけっこで
いつもいつもついて回ります。
adc717b3-s

これは トップのミスも全く同じで
アマチュアの9割9分の「トップ」ショットは
ヘッドの高さが ボールに届いていないのではなく
インパクトの グリップの左右位置が右にずれていて
ヘッドがあがり軌道で当たっているに過ぎません。
ボールは球体で、打撃面にはロフト角度が存在しますから
単にヘッドとボールの高さ関係が届いていないのなら
薄く当たっても 球体は角度のある所に逃げます。
左右位置が右、所定のところに届いていないから
ヘッドがあがり軌道になり、オーバーに言えば
フェース面の歯、角ではなく
ソールで打とうとしている過程で当たったに過ぎません。

ヘッドを振ろうとしている人には
何を言っても始まらないのですが
そうでない人にとって この「届かない」というメカニズムを
ちゃんと理解するのはとても大切です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

コースでのミスショットの多く、
そう6割を超えるミスの原因は『打つ前』にあります。

このブログの記事でも何回も取り上げていますが
そのミスショットの大半の原因が
ボールの置き位置と構えの向きにあるのです。
005
そうですね。。。よくある例が
ややスライスに悩むゴルファーが
ドライバーでのティーショットをするとします。
ご存知の通り、コースのティーボックスは
その地形也であったり、設計上であったり
はたまた水はけの関係上であったり
そのコースのレイアウトの方、
フェアウェイセンターを真っ直ぐ向いて作られてはいません。
ホールのよっては 立ちにくいティーボックスも
あったりしますよね。
右がOB のちょっと立ちにくいティーショット
右方向を避けたいから左を向きたい・・・のです。
 が、しかし
何気なく取ったアドレスから
やや左を向き直すのですが
自分の向きだけを変えてしまう という
非常に単純な しかしよく陥りがちなミスを犯してしまいます。

通常のアドレスから その位置のまま
左を向いてしまうと その分
ボールは中(右)に入ってしまいます。


その挙句、ショットが詰まった感じになり
せっかく左を向いて右を回避したはずなのに
想定よりも大きくスライスしてしまう…というミスになるのです。

バンカーやアプローチでも起こりやすいミスです。
002


ショットを打つ前に
何となく違和感を感じる
アドレスに違和感を感じる
そういった時の多くは『ボールの位置と向きの関係』
が間違っています。

ルール上はクラブを置いたりして
計ってはいけませんが、アドレスに入る前
その手持ちのクラブで 向きをボールの位置関係を
確認してみるのは良い手だと思います。

左を向いたときはボールは中に入り易く
右を向いたときはボールは外に出やすい(左)


これを覚えておくだけでも違いがあると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

【質問です!】

トップでシヤットを作る
テイクバックでシャットにしてしまう

 

のと

 

ダウンの最初にシャットを作る

 

この2つでは やはりヘッドの軌道に大きな差がででしまう

ということですか

 

言葉では難しいところかもしれないですが。。。



【スポルテ】シャットに上げようとすると
左手でクラブを動かす悪癖も生まれやすくなります。
多少、ヘッドは遅らせて移動させるにしても
スクエアに上げたいものです。

その上で、シャットに「降ろす」メリットを
憶えて貰いたいのです。

スナップショット 2 (2013-11-30 11-58)シャット…具体的に言うと
トップ〜ダウン での過程で
フェース面を地面に向けるように「グリップを動かす」

⇒ここでも誤解のないように説明しますと
シャット と言うフェースの動きを意識するあまり
ヘッドばかり動かすことになるゴルファーがいらっしゃいますが、
人間が動かせるのはグリップです。
グリップを動かした分、ヘッドは勿論動きますが、
ヘッドを動かすことを主眼にしてしまいますと
逆にグリップは動かなくなります。


✪シャット フェースを地面に向けるように「グリップを動かす」こと
によって、左腕が下がる習慣が付くようになります。
100%に近いアマチュアゴルファーは
左腕が下げられません。

左腕が横方向に動くのは
体の向きが変わるからで
意志を持って、左腕を斜め、というか スイングの円弧に沿って
動かすのは、間違いです。

スナップショット 1 (2013-11-30 11-57)厳密に言えば、体の向きが横方向に
腕自身の動きが縦方向(自分に近づくように)に
同時に動いていくから、斜めに動いて見える訳です。

腕を、腕自身で斜めに動かそう とすれば
体は止めていなければならなくなりますから
どうしても、回転 ⇒ 腕の振り と言う順序が生まれてしまいます。


✪左腕が下がる習慣が付くと、左サイドの低い時間が保てます。
同時に、意識しなくとも前傾姿勢が維持できるようになります。

この動きの中で、ヘッドを振るような ヘッドを縦に降ろすような
そんなイメージを持ってしまうと、グリップが自分から離されます。
クラブが長くなって、重くなってしまう訳ですから
必然、体は起きてしまいます。
これでは前傾は失われます。
クラブの円弧が体の右で大きくなってしまい、重くなってしまいますから
左へのシフトも難しくなります。

グリップが動いた分、ヘッドが動く

それを忘れないでください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ニュードライバーの紹介です。

ミステリーより  『PROTO460』
460TL-3

 ディープタイプなヘッドです。

〇ロフト角度  9  9.5  10  10.5  11  11.5度
460TL-5-1

〇ライ角度   59.0度
460TL-2

〇フェイス高さ 58.0mm   …厚みありますね〜

〇重心高さ   36.5mm   36/22
  重心率    62%   …スピン抑制性能は高くないです
                   …少な目、渋めのロフトを選んでも大丈夫

〇重心深度   37mm
460TL-4

〇重心距離   37mm

〇重心角度   22.0度   …重心も深く角度もありますから 捕まりは良いでしょうね

〇体積      458


460TL-1


非常にオーソドックスな形状 その形状通りの性格ですね。

見た目よりやや 重心距離は長く
 捕まりは悪くないけれど、左に出にくいタイプのヘッドです。
ややヒール目で打つのが好きな人には
 好みの形状かな…と思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1


パッティングが上手くいかない……

そりゃ そうでしょう。

2



ゴルフでのパターで 打つのは確かに球体のボールです。
球体ですから移動には「転がり」が伴います。

しかし 転がすことが主 ではありません。

球体ではあっても、
約45gの物体を横(水平)移動させること が
パッティングストローク、ショットの基本概念です。

プロのように 毎日数時間練習するならいいですが、
吾々オジサンゴルファーはそんな腰痛誘発行為なんて
真っ平ゴメンです。

COSTARICATANGO10

では どうすればいいか?

簡単ですよ。


ます 『打つ距離』があります。
これはゴルフに限りませんが、
ボールを使うスポーツをする場合
距離感と言うのは 
ボールスピードで掴んでいくものです。

ですので、全容は見ていなくとも、
同伴プレイヤーが打った球の初期スピードを見れば大きいのか、
届くのかはおおよそ見当がつきますよね。

その距離=ボールスピード を管理するのには
パターヘッドの移動スピードとボールの移動スピードに
『シンプルな関係性・関連』を持たせることが大切です。


そして オジサンゴルファーが練習をしなくとも
数か月ぶりにパッティングをしても
いつも通りに出来るように簡単にしていくのには
そこに難しい関係を作らないことです。

一般的に言われているパターストローク
「振り子」のストロークは
両腕で作る三角形を固定して
何処とは言えない 背中の上の方の筋肉を使って
肩甲骨を揺さぶるストロークです。

564dfb4d


これには致命的な欠陥が幾つかあります。

スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)

距離を司る運動のスピード
 これを管理する筋肉なり、部位が特定できないこと
 おそらく 僧帽筋や広背筋だと思うのですが、
 そこら辺の筋肉はダイナミックな動きをするのには有効ですが
 繊細な 1m50 と 1m70 を
 打ち分けるのにはあまり適切な部位とは思えません。
 動かすパターヘッドとの距離が遠いことは問題ではないと
 思いますが、幾らなんでも適した部位とは思えません。

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)

ボールのスピードは水平〜横の直線移動速度です。
 振り子のストロークは シャフト(ゴルフクラブ)の
 角度変化(円)運動です。
 ボールの直線移動速度に対し 非常に複雑な関係にある
 円運動を管理するのは簡単ではありません。
 しかも このストロークはボールの推進力を生み出すのではなく
 ボールに回転を与えることを主にしているような
 ボールの移動速度に対しては大変ロスの多い方法ですから
 腰痛になるほどの練習量は必須条件ということでしょう。

 ,藩蹐澆泙垢 その複雑な調整を肩甲骨周りでやっている…
 上手くいきそうにないですよね…。


スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)


振り子の運動は円運動です。
 シャフトの角-角度分、常時ロフトは変化します。
 ボールを基点に テークバック50臓.侫ロー50
 のストロークをすると
 トップの位置で ヘッドの高さは地上20属
 フォロー(フィニッシュ)でやはり地上20属
 横から見た状態では シャフトの角度は40〜50度
 近く動くわけで、シャフトが数度動いただけで
 ヘッドの高さは大きく変わります。
 ボールの直径は4其
 ボールのセンター(芯)はボールが沈んでいないと仮定し
 地上2センチのところにあるのですが
 そこまでパターヘッドの上下移動が激しいと
 ボールの芯を喰うのはかなり難しいでしょう。

 打ちたいロフト で打てるのと
 ボールの芯を喰うの と同時に実行するのは
 ほぼ不可能な確率です。

2595cdb2


 余談ですが 先ごろ 面白いパターを見ました。
 確かに このストローク方法だと
 かなりの頻度で 歯がボールに当たります。
 硬質で濁音系のようなインパクト音なのはそのせいです。
 ですので このストロークを採用しているゴルファーは
 ソフトな打感(→打音)を求めて
 フェースに異素材がインサートされたものを好んで
 使いますが、結局 トップしてしまうので
 ただの飾りに過ぎません。
 そこで画期的なインサートがありました。
 フェース面にインサートが浮島のようにあるのではなく
 そのインサートがソール面にまで回り込んでいるのです。
 適切な処置だとは思いますが、反面 笑ってしまうというか
 ブラックジョークなのかも知れません…。



010


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 安定(一定)した距離感
 ボールの速度とパターヘッドの速度の関係
 インパクト時のロフトの均一性
 インパクト時のパターヘッドの上下位置



これらをすべて犠牲にして
ただ単に打つ人から 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出して見える
ことがパッティングだと信じているのは
あまりに滑稽です。

スナップショット 1 (2016-01-17 16-25)

これに見た目は大きいが異様に軽い市販のパターヘッド
なんの反応もない ただ棒としてのシャフト
しかも ミスに寛容?!と言う意味不明な謳い文句の
 重心の深いマレットパター が加わったら
パッティングが上手くいかないのは 必然 というか
ここまでを揃えておいてよく『イップスにならないな』
と感心するばかりです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2


ゴルフのスイングにおいて 体の構造上
回転軸となる背骨に対し
主な体の重みは前側にあります。

✋体が右を向けば体重は右に
✋からだが左を向けば体重は左に
自然な形でかかるようになります


その際、重さのかかる方の足が
スイングにとっての軸足になります。


体重移動 とは
それそのものが 単独のテクニック ではなく
からだの回転と一体になったモノ 
です。
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(6)








ですので
体重移動が上手く行ってない というのは
からだの向き・・・
その体が 股関節から上の胴体 でなく
肩だけを捻₍ひね₎っているケースと思われます。


右を向いているのに体重は
左を向いているのに体重は
というのは大変不自然で からだにも無理がかかります。
スタンスの両足 に対して左右(飛球線に平行な)だけでなく
前後(ボール〜背後)にも重さが動くようになるので
実は 肩だけを回すスイングは コースでの傾斜地に弱くなります。

MVI_0868Trim(3)(2)_Moment


足による 体重移動のサポート は
多くするほど 長いインパクトエリアを確保できますが、
脚力や股関節の可動域など……耐える力が必要になりますから
 自分の能力にもよります。  ✊無理しない範囲で。


体重移動が上手く行ってないスイングは
向きを変える〜回す モノ が間違っている可能性が高いでしょう。

胴体を一体に動かし 向きを変えるスイングでは
腕の長さに自由がありますが、
胴体を回さず 肩だけをねじるスイングはIMG_0872
腕の長さ、左右の腕の長さに制約がかかり
からだを回すコトに対する手抜きは
 ダウン〜インパクト時のローテーションと言う曲芸で
補わなくてはならなくなります。
腰などへの負担も大きく、ローテーションにより
肘や手首への負担も多いのに 練習が不可欠 というコトなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よくあるパターンなのですが、
弊社にご来店になって
重たいヘッド、柔らかいシャフトを打つのに
「あ! これは苦労してしまうなぁ…。」
という“そぶり”はスイングやショットでなく
ワッグルに表れてしまいます。

悶絶クラブと呼ばれる弊社のクラブを
スイングを変えずに普通に打ってしまう人も
かなりいらっしゃるのですが
悶絶してしまう人のパターンはワッグルに表れます。

まず アドレスの時点から
すでにスイングの儀式は始まっており
常時 クラブを動かしているパターン。

スイングを変えたい人にとって
意外に忘れがちなのは
スイングの手順や方法、ボールの位置やアドレスを
変えただけでも 以前のリズムとは異なるものになる
という認識はほとんどないようです。。。

スイングを変えても、今まで通りのリズムと言うか
タイミングで打ちたい というのは心情的には理解出来ますが
そうは行きません。

ヘッドの移動する道のりもその距離も変わりますし
そのヘッドの移動に対する動作量も変わるのですから
スイングを変えることは タイミングやリズムも
新たに構築すること と言う認識は持って頂きたい。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

話はちょっと逸れてしまいましたが、
ワッグルの時点で 体は正面を向いているのに
クラブが動いている
という事は、腕、特に左腕でクラブを動かす準備を
しているという事になります。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)

左腕でクラブを動かせば
右腕は下に向かってどく形になりますから
クラブはべったりネタ姿勢になってしまいます。
BlogPaint

同時にワッグルの時点から
勢いをつけて クラブを動かす「素振り」があると
やはりクラブはネタ姿勢になってしまいます。
スナップショット 2 (2012-11-04 11-08)

ヘッドの重さ、シャフトの運動を有効に利用するには
体の幅の中にクラブを収めておく必要があります。
そのためには 常時、上半身に対し
両方の肘の高さ関係が胸と平行なことが理想的で
あのワッグルは あらゆる面から
クラブを有効に「使わない」準備とも言えるわけです。

テークアウェイなり、トップオブザスイングで
両方の肘の関係が概ね胸を平行になっていれば
それはしっかりと体が回った証でもあるので
 「外に張った利き肘」〜クランチ 
というのは絶対条件になります。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチュア…(プロにもいますねー)
のアプローチやパターストロークに
ゴルフショットの問題点、クラブ扱いの問題点が
かなりはっきりと内包されています。

多くのアマチュアゴルファーは
ヘッドが遅れ、それを取り戻す
しならせたシャフトをしなり戻す
という ヘッドをたくさん動かす
グリップの移動量よりも圧倒的なヘッドの移動量
を軸に スイングのイメージ(概念)を構築しています。

確かに ゴルフスイングは
体の向きを変える、回る、回転する という
円を作る運動が入っていますし
それが メインの動作であるので
それによって「結果」としてヘッドの方がたくさん
動いて見える というのはあるかも知れませんが
クラブ自身を動かさず 自分が向きを変える(回転する)のと
自分がクラブを円に振る というのは全く異なる行為

ということに気づいていません。

どちらが鶏で どちらが卵 かは分かりませんが
そのイメージの元で アプローチショットや
パターストロークをすると
結果として インパクト付近で体を止め
グリップの移動を抑制して、
「ヘッドだけを走らせる」
「ヘッドがグリップを追い抜く」
というところに行きついてしまいます。

cap02まあ このアプローチにも
多くのアマチュアがしてしまう
問題点が垣間見えるのですが、
それは別の機会の話として
このアプローチでは
原則的に 
クラブ自身を動かさず
それを持つ打ち手が向きを変える
 という行為をしています。
ところが この角度からスイングを見てしまうと
遅れたヘッドが グリップを追い抜いているように
見えてしまうのですが
グリップとヘッドの相関関係は基本的に変わっていません。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)この写真であったとしても
この打ち終わった映像の
次のコマ があったとすると
体の正面から見れば ヘッドがグリップを追い抜いたように
見えますが、グリップとヘッドの相関関係は変わっておらず
むしろ ヘッドの重量分 ヘッドの移動量の方が少な目
なのも気づくかと思います。


スイングを作っていく際
スイングを変えていく際
動画や画像は貴重な資料であるのは確かです。
でも 結局のところ この手の視覚情報は
「何が見たいのか」という前提条件があって
自分の見たいようにしか見えてこないのです。

体の動きでグリップが移動し
その分しか。。。 ヘッドの重さ分 その分以下しか
ヘッドは移動しない。
それが理解できている人にとっては
「なんだ…。そんな当たり前のことを言って…。」です。
それが理解できていない人にとっては
「意味不明な異端なスイング論」になるのと
非常に似ています。

アプローチやパッティングで
グリップの移動を止め ヘッドだけを動かしてしまうと
グリップの移動を止めた時点から
ヘッドの動く方向は 主に 横(水平方向ではなく)
縦(上下)方向になります。
その動きは クラブヘッドそのものが上を向いていく
(フェースが上を向いていく)ロフトを増やす働き
とともに
必ず 自分が左サイドを上げていく動き
がセットになって行われます。
・・・・・・・ので
増えるロフト変化は倍
ヘッドの上方向(高さ変化)への移動量も倍 と
打つ距離に対する距離の元になるもの(ロフト)変化が急激で
距離感が一定し辛く
しかも ヘッドの高さ変化が激しくなるので
ミスの可能性もかなり高くなります。
特に ウエッヂのようなロフトが寝て
クラブヘッドの構造でリーディングエッヂ(歯)が出ているものは
トップのミスの可能性を急増させます。

ロフトが増え、体姿勢も左上がり
ということは ヘッドの最下点(ボトム)も右になり易く
ヘッド軌道が急激に上方向に移動するので
同時に ダフリなどのミスの可能性も急増させます。

本来は前傾姿勢はあるとは言っても
体の回転はほぼ水平(横)運動ですから
その作り出される円弧は ウエッヂの長さとは言え
もっと緩やかな縦変化、高さ変化、上下変化
になる筈です。

このアプローチやパッティングストロークでの
グリップの移動を止め ヘッドを「走らせる」 
←嫌味です
行為は そのままショットに反映されます。
ここが治らない限り ショットの矛盾の環から
抜け出すことは出来ませんし
ここの原因になるのは技術的な部分ではなく
スイングはこういうもの という思い込み・概念の部分なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


おそらく ゴルファーのほとんどは
 『横は体の回転で、縦は腕』 で、
腕の仕事は縦に、ヘッドを上げ下げ すること
の認識しているのではないでしょうか?

実はそのイメージがスイングを壊している可能性があります。

IMG_0013_Moment(2)


傾いた体の回転・・・
これだけでも クラブの高さを変えることが可能ですが
 ボールを遠くに飛ばすには位置エネルギーが
ある程度あった方が良いでしょう。

腕の本来の役割は
 確かに高さを確保することではありますが、
その土台になっている 回転の傾き を 増やしている のです。


え?! そんなの知ってる?


いえいえ ちゃんと理解してください。
このポイントは
 『どう腕を使うのか?!』  ではなく
 『いつ 腕を使うのか?!』 です。

つまり 斜めに回転して作り出される
 その高さを増幅するには
からだが向きを変えている最中しか
 腕を使う意味がない というコトなのです。


テークバックが分かり易い でしょう。
👉自分のスイングでも、プロのスイングでも
 誰のスイングでも良いですから
 動画をご覧ください。
 例外なく、アドレスから 肩を回し・・・
 肩なんてのは 横に回す機能がありませんから
 その回し、正式にはねじり はすぐに終わりが来ます。
 その体?の動きが止まると 今度は腕が動き出します。


からだの向きを変えている最中 に腕を動かせば
その体の向きには  斜め が付いてきますから
腕単独で行うよりも ずっと 動かす量は少なくなります。
勿論 動かし方も変わってくるでしょう。

斜めに傾いている からだ と言うターンテーブルが
向きを変えている最中 に腕を動かすのと
からだ と言うターンテーブルが止まっている時に
腕を動かすのでは その量も動きも全く異なります。



確かに 腕は縦の仕事を受け持つ のはウソではありませんが
それはあくまでも 体の回転、斜めのその回転の補足 に過ぎず
主たる その体の回転が行われている最中 でないと 意味がないのです。

だからこそ ダウンスイングで重さが増える
 クラブ・グリップ・左上腕をからだよりも先に動かせ
と言い続けているのです。
そのイメージ、いや 実際のそうでもいいです
で初めて 体の向きが変わっている最中に腕が動く
つまり 同期する というコトなのです。

からだの回転で!
という目標であれば
この部分の誤解が一番大きな弊害になると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


素振りやアプローチの練習を見ていると
決定的にミスを生むイメージを持っている人が多く見られます。

ゴルフショットのインパクトは
当たり前ですが、ヘッドとボールの衝突です。
何度も言っていますが その衝突の運動、移動をする原動力は
体が向きを変えること、
 それによってグリップが移動するからです。

よく見るパターンは
インパクト付近(直前)でグリップが止まり
その止まった反動を使って ヘッドでボールを弾くことです。

スイングには体の向きの変更とともに
前傾姿勢というのがあり、
それがクラブヘッドの高さを大きく高くしたり、
低くしたりもします。
なかなか説明の難しいところではありますが、
グリップを止めるということは
その体の回転と前傾姿勢の恩恵から
クラブを動きを切り離し、分離するということです。

体の回転、その流れに乗っていれば
一番懸念の…地面にあるボールを打つヘッドの高さ、
それで概ね処理することが出来ますが
グリップを止めてしまうと そレを利用できないので
どこかでヘッドを低くしなければならなくなります。

例えて言うのならば 電車に乗っていれば 立っていても
目的地まで移動できますが、電車に乗らなければ
自身が自力で移動しないと目的地には到達できません。

前傾姿勢を失う原因にもなるのは
前傾姿勢をそのものを解いてしまうことでなく
体の回転 というその流れを使っていないからで
昨今のスイングは トッププロであっても
体の回転の流れそのもので打っていないので
うっていなどころか テークアウェイすら
体の回転で行っていないので、
スイングの初期の段階から 前傾姿勢を失ってしまっています。



もう一つは
やはり同じ中身であるのですが、
その反対から始まり、地面に置いてあるボールに届かせるため
どうしても ヘッドを意図的に上下に…低くしてしまうことです。
これ とても大きなポイントであり
アマチュアの多くに見られる部分なのですが

IMG_0347


アプローチのこの地点から始めましょう。
練習も含め 意図的にシャットを強くして貰っています。
もうすこしヘッドは高い方がグリップを移動させるための
重さはかかりやすいかも知れません…。
次に多くの人の素振りなどでのイメージでの写真を載せます。

IMG_0348


これ気づかない人が多いのですが、
自分で動かしたヘッドの軌道というのは
腕や肩で動かそうが、体で動かそうが
結果として このヘッドの移動の軌道が
体の回転の角度になって行きます。

体はほぼ左右対称に、均衡を保つように動きますので
ここでこれだけヘッドを下に動かした となると
その動かした分何かを上げることになります。
重さには勝てないからです。

傾きはあれど ほぼ水平運動に近い筈の回転が、
体の向きの変更が、
 こんなに上向きの回転に変わってしまうのです。
ダウンスイングの自分のヘッドの通す軌道が
 必ず 自分の回転の角度になります

IMG_0349


クラブヘッドの重さがグリップを上へと送り
前傾姿勢と失い、ディッシュアングルも失います。
その結果 こうなる訳です。
前の写真よりもグリップが高くなったのに気づきますか?
クラブの重さがそう掛かったのもありますが、
体の上向き、左サイドの上りが強くなってきたからです。

ヘッドには高さがあり、地面にあるボールに届かすのには
ヘッドを下に動かさなくてはならない
という思いが、結果、ヘッドは下がるが地面は上を向く
単に最下点が右にズレる動きに変わるだけなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パターストローク程度の距離であれば
弊社で言う「刷毛塗」 ひじ・上腕さばきで十分です。
下手に体を使おう などと思わない方が良いと思います。
MVI_0813_MomentMVI_0813_Moment(6)














その境目になるのは やはり高さ です。
高さを取る必要がなく、スピンでブレーキをかける必要もない、
つまり インパクトの強さ…速さが要らない というコトです。

高さを取る、スピンでブレーキを、というコトになれば
今度は主役を からだ にしなくてはイケマセン。

鼓笛隊 モデルケース-125フレームショット


体の回転がちゃんと出来るかどうか、
のまず基礎は
ちゃんと右を向けるかどうか です。

右を向く というのは 『骨盤が右を向くコト』
筋力や股関節の可動域にそこそこ自信があれば
左右の大腿部の向き と 骨盤の向き差を作りましょう。
自信がなくても 出来るだけ 回される/回らない の境目は股関節にして
足首をその境目にするのは避けましょう。
傾斜地に弱くなります。

何度も何度も繰り返していれば
それをするための筋肉も起きてきますし、
股関節の可動域もかなり大きくなります。

逆に 股関節を使わずにいれば
そこの筋肉は寝たまま、しぼんだまま で
股関節の可動域は年々狭くなっていきます。

720240116176










 これでは 右向きが足らない です
肩を回すことばかりを意識して 体を捻っていると
右向き不足が起こります





体の回転がちゃんと出来るか
ちゃんと右向きが出来るか は
アドレスの一発目の動き 初期動作でほぼ決定します。

スイング自体が速いことは良しあし ではありませんが、
体の機構として存在しない 背中のひねり、背骨のねじり
というのは 勢いをつけないとできないモノ ですから
その初期の速度も一つの判別ポイント に成り得ます。

テークバック〜トップ の過程では
左腕は人それぞれでも 右腕・右ひじは曲がっていきます、
腕が曲がる ということは 短くなるのです。
にもかかわらず、グリップが体から離れる
近づくことはあっても からだから離れることは
物理的? 身体的に起こり得ないことですが
はてさて ご自分はどうでしょう?173

テークバックを3分割すると
始めの 1/3 の時点で
グリップが体から離れたら
円弧をからだで作ることはあきらめてください。
 〇振り遅れで手で振ってください。
   ……というか それ以外方法がありません。

テークバック始まりのテンポ・スピード
そして グリップと体との距離感をまず確かめてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 



最近はショットも本当に安定し、
悶絶する度合いは極端に減り、スコアーへも良く反映しています。 

 

ただ、ウッドは練習では良いですが、
一発勝負の本番では、不安要素があります。
ということは、スィングも出来ていないんだとジレンマの中にいます。

 

もう一つ苦手があります。
今回の記事にありました、パターです。
通常の距離₍ミドルレンジ₎は全く問題ありません。
安定して威力を発揮します。

 

ただ・・・ 登り逆目のロングパット、
大きなグリーン端やカラーにある状態から、長いパットの距離感が出ません。

 

強く打とうとすと、ショートします。
・・・シャフトがしなっている感が半端ありません。 

原点かも知れませんが、長いパットを打つ方法をアドバイス下さい。

 



 というご質問を頂きました。

早速ですが、お答えさせて頂きたいと思います。
なんとなく気付いていらっしゃるかと思いますが、
〇ウッドが現場でうまく打てない のと
〇ロングパットになった時にうまくいかない のは
同じ原因から始まっています。



この二つの物理的解析は 
 ボールを上がり際、上がり軌道の時に打っているコト です。


答えの方から先に言うと
『 からだ と 肩 』 が
ちゃんと判別、区分けできていない
『 か ら だ の 回 転 と 肩 の 回 転 』 が
ちゃんと掴めていない可能性が否めません。


IMG_0093_Moment(3)

ボールを上がり軌道でとらえると
ボールにはヘッド/フェースの歯が強く当たります。
弾道解析などをすると 一番回転数が急激に増えるのが
この歯、ボールを角で打つことです。
10m程度の距離であれば 1000回転に満たない普通のストロークが
歯・角で当てると いきなり4000とか5000回転になります。

回転とは 地面との摩擦によって起こるモノですから
摩擦が増えている が 打つ加減は同じ であれば
当然 ショートします。

これは ショルダーストロークで頻繁に起こる現象です。

 ☑パターストロークを体でするのか
 ☑腕でするのか
 ☑はたまた 自分では体だと思っている腕の一部、
  腕の付け根の肩でするのか
おそらく 3番目のモノ なのです。

パターストロークでは
距離に応じて スピードを変えても
あまり大きくクラブの重さや腕の重さは変化しません、
にもかかわらず クラブの最下点がボールの手前 になってしまうのは
最下点の位置がずれた 
のではなく
円弧そのものが左足上がり になったのです。
円弧が右に倒れた のです。
自分の姿勢だけが左足あがり になったのです。

oto_Moment


この二つの円弧は 全く同じ形のモノ。
  
 画像上、コピーして作ってますから(^^♪

ショットもそうですが、パターストロークで
自分が体だと思っている 肩を揺さぶってスイングしてしまうと
スピードが速くなるほど からだは右に傾き
円弧自体が右に倒れてしまいます。

パターほどの距離を打つのであればMVI_0817Trim_Moment(5)
肩は全く動かさず、体は使わず
肘の使いで クラブをスライドさせてあげるコト を推奨します。

利き腕である右手、右腕の使いだけで
すべてのことが済んでしまいますから。


その時に注意するのは
絶対にヘッドはグリップよりも多く動かしてはいけない
というコトです。

グリップよりもヘッドを多く動かせば
いずれ必ず 上昇軌道 がやってきます。
長い距離でスピードが速くなれば
その上昇軌道は速くやってきますから、
結果、歯・角でのショットになってしまうのです。

特に振り子のイメージを持っていると
首の付け根あたりを支点にしているのですから
必ず 上昇軌道はやってきて
ショルダーストロークの場合
体を揺さぶる機構自体 からだにはなく、
体を無理やりねじっているので
絶対に左右対称には振ることが出来ません。

勘違いの部分もあるとは思うのですが、
ヘッドがこのように 上下の円弧を描く のは
傾いていて ➽股関節 ➽大たい骨と骨盤の角度差
その姿勢を元に体が向きを変えている から
ヘッドは上下に円弧を描く のです。

腕はそれをサポートして
その量や度合いを増やしているに過ぎず、
上下の円弧を描く 主たる動力 原動力は
肩 ではなく
胴体…骨盤から上の胴体 が向きを変える
 からです。




MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)







例えば これ…ですが、
自分では体を回しているつもり ですが
動いているのは肩だけです。
体が回っていれば グリップと自分の距離が変わったりはしません。
そして このショット・ストロークでは見ての通り
右サイドがつぶれた 自分が右に傾いたインパクト になりますから
仰られる コースでのウッドショット、長い距離のパッティング の
症状を引き起こします。


ここ・・・ とっても大事、
ショットやストローク、スイングの基礎になる部分です。

ここの理解の壁が越えられない と
何度もこの問題に戻ることになります。
運動性能が落ちてくる年齢で顕著に出ます。


 
  ご来店されることをお勧めしますよー  店主

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



弾道は念力でなく
物理現象によって 飛んだり、曲がったりします。IMG_0522

ボールはヘッドの進んできた道のりを基本に
飛び出ます。

ボールの曲がりは その進んできた道のりに対する
ヘッドの姿勢の角度差によって生まれます。

これは平面の発想ですが、
距離に関しては
 この同じ発想が縦・上下の道のりに対して起こります。

準備段階としての テークアウェイでは
胴体(骨盤)の右向きを作りますので
平面上のその道のり(スイング軌道)での
インサイドとは ボールから離れているコトで
インパクトに向けては 近づいていく過程になります。
IMG_0049 (3)_Moment
ここで重要なコトは
グリップも近づいている
ヘッドも近づいている
というのがインサイドです。
グリップが離れる過程に入って インパクトしているのに
ヘッドは近づいている というのでは
規則性が乏しく、修正が困難になります。

ヘッドが加速過程でインパクトを迎えているのに
グリップは止まる・もしくは減速する では
その速度調整が難しくなります。


ゴルフは長丁場のゲームです。


カートを使って スルーで、ぱっぱかぱっぱか進んでも2時間半
キャディさん付きのコースで 昼食を取れば 4時間強
プロのトーナメントであれば 1試合2日〜4日競技です。

体の疲労や体調の変化もありますから
機械でない人間は移りゆきます。

その人間の移り行きを調整しながら
ゴルフは進めなければなりません。

修正、微調整をする必要が出てきますが
それには 規則性 が無くてはイケマセン

そのためには 打ち手が調整できる
グリップの移動でショットを作っておく必要があります。

グリップの移動分、ダイレクトにヘッドを動かしていれば
グリップの軌道修正がヘッドの軌道修正になりますが、
グリップを支点にヘッドを振ると
 ある意味 タイミング以外 軌道修正がなく
忘れてほしくないのは、ごくごく普通のアマチュアでも
 ドライバーショット時、 ヘッドとボールの接触時間は 1/2500秒 以下 なんです。
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

スイング軌道を意識しても ヘッドの軌道だけの意識ではダメです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Q:スライスを防ぐには…どうしたらいいのか…

A:スライス・右回転など放っておきましょう


右回転なんて放っておきましょう。



おさらい ですが、
右回転、左回転も同じですが、
それは ヘッドの移動軌道に対する フェースが創るギャップ です。
よほど 大きなギャップでない限り
 問題は フェースの向き よりも ヘッドの移動軌道 の方にあります。
IMG_0522

そして ここで もう一つの過ち を犯してはいけないのは
向きも含め、
✋ヘッドの移動軌道を修正するコトではなく
✋ヘッドの移動を何でしているか

 の方が問題です。


インサイドアウト とか、 アウトサイドイン とか、
練習場で 多くの人、ほとんどの人、いや全員がやっている
手で 円弧を作るスイングである限り
ほんと のコトを言ってしまうと
 高名なレッスンプロであろうが、
 トッププロであろうが
治してあげられるアドバイスはナニヒトツありません。
自分で解決するしかないが上に
その前の ナイスショット は全く参考になりません。
スナップショット 2 (2017-01-23 17-37)

手で作る、シャフトターン、ヘッドターン、ローテーションの振り方は
スイングが一番速い時期に、一番忙しいコトをします。
何度も言っていますが、ボールはヘッドの移動軌道に準じて飛び出します。
そして ボールの回転はその移動軌道に対するフェースのギャップで発生します。
そして ローテーションは フェースの向きだけでなく、ロフトも変わり、
そして ヘッドの移動軌道そのものにもかなり大きく影響します。
毎回、毎回、基準値も変わり、それに対してのフェースの向きのそれ次第。
微妙にランダムに移動している サッカーゴールやホームベースのようなものです。

こんなモノに対し、自分以外の誰が いつ、どのタイミングに、どの速度で
とアドバイス出来るでしょうか?
アドバイスを貰っても 毎回同じようには ほぼ絶対にできないのです。
変わるモノが多すぎる からです。

 そして そのパターンでは
 おそらく ほとんどの場合、
 骨盤の右向きが足りていれば、何とかなく、
 もしくは 許せる程度のスライスやこすり球 で済むのですが、
 インサイドアウト とか、 アウトサイドイン を気にする場合
 ダウン〜インパクトばかり を意識するようになります。
 本当の原因は手で振っているコト、振り遅れているコト だとして
 そこはちょっと棚に上げるにしても、
 大事な対処方法は それをする時間を確保するコト なのに
 そのやり方ばかりを気にしていては ほぼ絶対に
 その場だけの解決にしかなりません。
   ・・・思い当たるでしょ?!



言葉は悪いですが、
ドライバーだけでなく、アイアンも含め、
満足のいく飛距離が 楽に打てるのなら
その球筋なんてどうでもいいんですよ。

一番 楽に飛ばせて、繰り返し易くて、
ちょっとしたスランプに陥っても 容易に修正できる のが重要で
ボールの回転の量や質、
ましてや スイング軌道のインとかアウトとか
そんなモノは 後付けの言い訳 みたいなモノです。

ボールを飛ばすには
左右、平面方向の軌道やフェースの向きよりも
圧倒的に 上下、垂直方向のヘッドの軌道やフェースの向き
の方をもっともっと意識すべきです。
555

これは パターストロークも含め、
すべてのショットにとって そうなのですが、
ボールの方向と距離は どちらも同じだけ重要で不可分な関係です。
トカク 方向の安定ばかりを気にするゴルファーが多いですが、
それと同じだけ 距離の安定を気にしてください。

そして それには 体の回転 という
打ち手の最大のモノを動かしている その動力で
直にクラブの軌道を作れるようにしておかないと
見てくれはまスムース だったとしても 自己流のスイング に過ぎないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スライス…というか、右回転のボールというか、
多くの人、ほとんどの人は ドライバーには出やすく、ウエッヂは出ない、
ショートアイアンには出にくい 
という感想を持っているでしょう。

その感想は 科学的に正解 です。


ゴルフクラブには ロフト角度 と フェース角度 という
二通りの角度があり、その二つの合成されたものが フェース面 です。
IMG_0479IMG_0480












長さとの兼ね合いもあるので
ロフト角度が大きくなるものほど
 ライ角度がアップライトになっていくのもありますが、
それだけでなく、
ロフト角度が大きなものほど 
 そのロフト角度とライ角度の二つで合成されたフェース面は
左を向いているというか、右を向いていないのです。

勿論 ロフトの一番立ったドライバーも右は向いていませんが、
比較論として 50度のロフトの64度のライ角度のモノの方が
断然 左を向いています。
だから ショートアイアンは引っかかったりしやすいのです。

何かに役に立つ かどうかは分かりませんが
ゴルフクラブの基礎知識としては重要なポイントだったりします。

IMG_0514


そして これはスイング軌道、ヘッド軌道に関することになりますが、
軌道とは 即ち ゴルフクラブの長さ…製品の長さ ではなく
スイング中のクラブの実質的な長さの作り方にあります。

例えば この二つの写真をご覧ください。
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)









持っているのは5番アイアン位だと思います。
 (ま、これを見ると右腕の使い方がわかりやすい…かもしれませんが)
この平面上では ゴルフクラブはたいして長くないのです。
概ね トップの位置から インパクト付近まで
クラブはほとんど長さを変えず移動しています。
厳密に言えば クラブの実質長さは長くなっているのですが
その分、腕が伸ばされていても 前傾姿勢の中に入り
長さが吸収されるような形になって、プラスマイナスゼロです。

基本 アウトサイドイン というのは  振り遅れスナップショット 1 (2017-01-21 11-26)
体が左を向いてから打っていることなのですが、
クラブを長く使い、ヘッドの通る道のりが長くなれば、
当然 体の動作進行とは合わなくなり 遅れます。

ダウンスイングに 腕も含めたクラブの長さを長く使ってしまうと
それは自動的に発生するのです。

体が開いて打てば ヘッドの向きと軌道が合いませんから 右回転…
ヘッドを返そうとして 体を止めれば 体の開きは止まっても
肩は回り 横ではなく上を向くので 右回転ではなく縦回転が増えます。

クラブの長さ管理、腕の長さ管理をしないと それは発生するので
ロフトの立った クラブの長い   イコール前傾姿勢が浅いクラブほど
腕の長さを収納するスペースがないため
 クラブの実質長さが長くなり易く、振り遅れの可能性が高くなるのです。
        

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

u=3040139078,2324990219&gp=0
リクエストを頂きましたので、「スライス」の話題です。

これも何度も書いていますが、
自分の立っている スタンスの向き というのは自分本人しか知りません。
無機質なボールは どのクラブで、どの方向に打たれるのか
物理的な衝撃が発生した際、科学的に反応するだけ
 です。

ですので アドレスのその向きに対して
フェースが開いている?!  右を向いている?!
ことは イコール スライスを生むわけではありません。




ボールは基本 フェースの向きではなく
動いてきたヘッドの道のり通りに飛び出ます


フェースの面の向きが その道のり/軌道に
垂直に近い形であれば、横回転はゼロとはイキマセンが
ほとんど入りません。
垂直に対する角度差分、回転が入るのです。
フェースの向きはギャップのようなものです。

IMG_0549IMG_0548














ですので アドレスのスタンス向き 基準値…としても
自分から離れる方に動いていれば フェースの向きが
 その基準値よりも右を向いていても 右回転は入りません。
逆に 自分に近い方へ動いていれば
 その基準値よりもフェースが左を向いていても
 左回転が約束されている訳ではなく、右回転が入らないとは限りません。

自分でクラブをもって
 ヘッドを返す 左に向けてみればわかりますが、
それをするのには グリップを右や飛球線後方に動かすか
しなければならず、それは軌道の内への切込み
 アウトサイドインと呼ばれる イン の部分の切込みを激しくします。
IMG_0517IMG_0516











フェースの向きのそのギャップはその軌道に準じますので
切込みが激しくなれば よりフェースを左に向けねばならず
フェースをより左に向ければ より軌道は内に切り込む
という 無限地獄が待っているのです。

想像できると思いますが、フェースとその軌道
その関係は 毎度毎度微妙に異なってしまいますから
同じようにはなかなか出来ませんし、
今打ったそのいい感じが 次に反映されることはほとんどありません。
毎回 毎回 一期一会のショットを楽しむ(苦しむ?)ことになります。
 
スライスが飛ばないのは その右回転そのもの ではなく
クラブの構造上、それに伴い ロフトが大きくなってしまうからです。
そのロフトも この軌道とフェース面の関係と同じです。

       ・・・明日はそのお話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングストロークもそうですが
ランニングアプローチがショットの基本になります。


腕使いの基本になるのは
右打ちの人が 右腕₍利き腕₎で
クラブを持った茱哀螢奪廚魏,擦襪
 どうか
にかかっています。

右腕を伸ばすことで
左グリップを支点とした クラブを押してしまうと
ロフトも変わりますし、体の回転とともに 円が二重
大小二種類の円を描くことになりますから
弾道の高さ、スピンの量、打ち出し方向も非常に不安定になります。
✋嫌な言い方ですが、
満たされるのは「クラブを振った満足感」だけです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




トップの位置で シャフトを起こさないとして
シャフト/クラブと自分の体の関係は
筆記体のLよりも 体のくっ付いた関係・角度です。
この角度は フィニッシュまで変わらない
もしくは もっとくっ付いて サイドは胸と平行になる
と考えるのが クラブの扱いとしては正しいモノです。
クラブには長さの先端にヘッドの重さがあり
運動するとそれは重くなっていくのですから…。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

グリップを押し続けてあげることによって
体の回転を促進するのですが、
結果として 押し続けていれば
グリップは体の回転に付いていく、遅れません。

グリップを支点にヘッドを動かす のは
イコール グリップを止める、移動を止める コトになりますから
当然 体の回転に対し どんどん右にグリップはズレていきます。


腕を使う際に 注意しておくことは
言葉では「肘を使え」と言っていますが、
実際に 意識して動かすのは ひじより上の上腕 で
肘から先を使うのではありません。
ゆるゆる にしておけ と言う意味ではありませんが、
肘から先を意識的に使ってよいことはほとんどありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ