◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2018年09月



パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


その典型例になるのが
4c9a0689世間で浸透しているショルダーストロークで、
ヘッドが上下に大きく弧を描きます。

打ち手である自分の目からは
ボールの飛球線方向に対して 真っ直ぐ動いて見える
そのストロークを妄信的に行っているゴルファーが多いですね。
私の経験的にも、他のスポーツの参考例と比較しても
5センチ〜30mのような わりに繊細な距離感…動作を
肩を揺さぶる という最も距離感を産み出しにくい
鈍感で、微妙な違いを出しにくい部位で生み出す…
こんなストロークを推奨する人の運動感覚を疑います。
プロの試合では80センチのパットに
ん千万掛かる、将来が掛かる場合もある訳で
それを最も距離感…スピードなのか、運動の大きさなのか
どちらにしても表現しにくい部分で行って
苦労しない訳がありません。
78センチでも カップに入らなければ85センチでも
ダメなのですから… そんなものを
肩の揺さぶりで緊張感の中、出来る?と信じる
その神経を疑いますね。
しかも、この振り子のストロークは
不必要なボールの回転を産み出す、上下に弾く打撃なので
ボールの初速は速くとも、すぐに減速が始まり
ボールのスピード感とストロークのヘッドのスピード感に
つながりが乏しい方法です。

006
パッティングもショットも
思いの方向に打つ ことは第一優先事項ではなく
思いの距離を打つ という事に重きを置いてください。

その上では 
小さなストロークで
ゆっくりしたストロークで
十分な距離が打ててしまう
『進化版L型ブリストルパター』は
最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。


しかも 『ピン型デール9』『進化版L型ブリストルパター』の
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度とパターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1362
という事で
肩のストロークではなく
右ひじを曲げ、右ひじを伸ばす と言う感覚で
ボールを押して頂きたいのですが
その時のポイントになるのは
右手で押してあげるのは グリップ〜シャフト ではなく
左手だ‼ ということです。

右手を進行方向に、ボールを押してあげるように伸ばす
と言う感じで、左手(グリップを持った左手)を押してあげ
ストローク中にシャフトと地面の角度が変わらない
トップで出来たシャフト角度を維持したまま
ボールを打つ抜く〜押してあげる ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
この上下の弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
自分では振り加減なり、力加減で「距離感」は出していても
自分では一定のスピードで打っていたとしても
ロフトが毎回バラバラ・打点もバラバラ になるので
同じ距離感が「偶然」か、
血のにじむような練習量、でしか生み出せません。

オジサンゴルファーが 姿勢の苦しいパッティングストロークに
そんな時間費やせば 腰痛になるのは保証します。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





右手を使って 左手(グリップ)動かす
シャフトの角度は出来るだけ変えない
というのがパットだけでなく、ショットも基本です。
IMG_0379IMG_0378IMG_0375





これによって ロフトが安定しやすく
ヘッドの高さ変化も抑えられ
振り子でこすって打つに比べると締まったロフトで
ボールを打てるようになるので
同じ条件であれば当然飛びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

  
 


35
悶絶なって この2年程 振り遅れない為には

 その準備が肝要との教えより

バックスイングにて グリップの軌跡よりヘッドの軌跡が前 を

 そして アドレス時のグリップの位置より

グリップが前に出ない ことを 頑張って来ました。

 

それなりには 打てる様になって来ましたが

 打撃ロスが未だ未だ ある  との感を抱いており

 常に 店主のバックスイングとの映像比較を行なっておりました。

店主のバックスイングは シャフトの長さが変わらない。

と言うことは クラブヘッドが 常に 体の幅の中にある。

即ち クラブが上がっている。

クラブが寝ていない。

捻られてもいない。

なので ダウンで余計な動作が不要となり

 打撃効率がアップする。

即ち 所要の距離を打ち易い。

 

また 先日 訪問時の

バックスイングのスタート 右肩前側を後ろに引く

との教えもあり

 バックスイングの変更(改善)を 行ったものです。

 

シャフトが後ろ側に倒れ無い様にも留意しました。

 tksswing_Moment(2)tksswing_Moment








バックスイングの真似事は出来ているとは思うのですが

 これまでのバックスイングは

 クラブを横へ動かす動作が あって

この動作を利用して ダウンスイングしていたこともあってか

 中々 上手く 打てない。

反動がない。使えない。

 

上手く打てた時の

弾道の美しさ 飛距離  そして振り遅れ感の無さ は

 これまでと全く異なるものでした。

やった感が 全くありませんでした。

やった感が無いので 何をやれば良いのか 解らない。

矛盾と言うより 相克の戦い。

 

今後 このバックスイングでラウンドします。

実践で どこまで やり通せるかわかりませんが

 楽しそうであることは確かです。

 

悶絶は 楽しい!  ですね。



 店主:(^_-)-☆楽しんで頂いて幸いです。

テークアウェイ時での留意点 というか
テークアウェイは “何の” ために どう考えたらいいか
というと  やはり 振り遅れ を事前に防ぐ、
もしくは 出来るだけ少ない振り遅れで済むように
しておく方が 後々楽 です。

振り遅れを取り戻すスイングは
あまりに複雑、高速の為 確実に繰り返すコトが困難で
ラウンド中ですら同じ感じを維持できません。

tksswing_Moment(3)


振り遅れ…の基準は 体の向き、骨盤の向き、秀二の向き です。
それが グリップを動かし、ヘッドを動かすわけですが、
長いモノ、重いモノは 動きたがらないのが原則ですから、
その 秀二の向きと同軸線 同進行の動きの量よりも
腕の動きや運動量、ヘッドの動きが多ければ〜道のりが長ければ
 この時点で振り遅れは確定です。

グリップエンドを軸の支点動作は 遅れの元 になります。

スイングは 体が回るから結果、円を描くのですから
グリップエンドを支点とする動きは不必要。 支点に相当するのは背骨なのですから。

そういう意味では とても進化の見える
 目に優しいテークアウェイになっています。


次なる課題は
 ダウンスイングで 左腕が長くならない使い方
 👉そのためのテークアウェイを考えてみて下さい(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドの重さは放っておけ
 とは言いましたが、
その重さは利用してあげなくてイケマセン。
IMG_0013_Moment(2)

クラブの重さを放っておくと
ゴルフクラブはその形状から 右に倒れます。
それではクラブと腕は重くなり からだも開き 時間もかかりますから
振り遅れ →手打 にせざるを得ません。


腕の長さを早い時期に
 フトコロ、前傾姿勢内に収納するにはkatate_Moment
切り返しで クラブの重さのかかっている左腕を
何よりも先に、それだけを重さ通りに動かしてあげる
茱哀螢奪廚魏爾欧襦”要があります。

重さに逆らっていませんから
技術的にはとても簡単です。

左グリップが先に 重さなりに 下がれば
運動による重さの増えも 腕の格納(短さ)によって相殺され、
負担にはなりません。

また 左腕を前傾姿勢の中にしまうコト によって
前傾姿勢も維持されやすくなります。

✋からだの回転で左腕を引っ張るのではなく
 クラブの重さによって 茱哀螢奪廖〆絃縅咾鮴莵圓靴篤阿してあげると
 腕やクラブの重さが 右足から左足に移りますから
 それに伴って 体の向きを解いてあげる
 その順序が からだの回転と同期する 唯一の方法
 と言えるかもしれません。



振り遅れてしまう要因の少なくない部分で
ダウンスイングで 左腕₍クラブも含め₎を 長く 使ってしまう、というのがあります。
テークバックを見ていても
始めから 左腕を長く使おう としている場合もよく見られます。
1212-1
右打ちの多くの人は右腕利きですので
総じて 左腕の方が筋力もなく 弱いのですから
その左腕の筋力、運動性能が問われやすい使い方は
結局、別のモノの負担になりますから 出来れば避けましょう。

そういう意味でも
クラブの重さ が左腕に掛かり
その重さの方向が スイングの方向と一致する
そのチャンスを逃す手はありません。
スイングとクラブの関係では 千載一遇の機会 です。
利用しましょう!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

このパターの最大の特徴は
その 『ヘッド重さ』 です。
003

進化版L型ブリストルパターで
          480g
一般的な市販のパターヘッドでは
重いモノでも  330g
軽いものでは  290g  なんていうのもあります。

1.5倍近い重さの違いです。

パターの総重量が 480g というモノも珍しくない中、
その総重量がヘッドに収まっているのです。

この違いは異次元です。
体験したことのない方には説明しきれません。

この重さでないと実現しない 転がり
この重さでないと実現しない 直進性
この重さでないと実現しない テークバックの取り易さ
この重さでないと実現しない 安定した距離感

そう言葉で言う他ありません。
004

この重さは想像の通り、ボールを飛ばします。
少ない力、小さなストローク、遅いストロークで
遠くまで転がせる と言う意味ですが
飛ばせるパターの威力は絶大です。

このパターを知ると、一般的な
飛ばない、転がらないパターは悲劇とも言えます。


002


次なる特徴は 形状 です。

その特徴は・・・  特徴が無いコト  です。

最近の変わった形状、
私の目と頭が古いから・・・ と言うのも否めませんが
その形状から 引き方のガイド
どう? どこへ? 引いていいのか全然見えてきません。

マレット系のヘッドに多いですが、
ヘッドにラインなどを引いてあるモノは
やはり 引く方向に迷いを作り出し易く
長く「愛用」するには適しません。
 …まあ 短い使用期間で買い替えてくれることが前提なんでしょう。

この L型ブリストルは引くのに迷いを作りません。
重さも加え、とてもスタートし易いと思います。
   …イップスになることはまずないと思います。
テークバック時、始動時、
パターの移動させたい方向をイメージ、想起させる形状
これを非常に意識してデザインしています。
004


パターのイップス と言うのを考えてみると
その形状 と言うのも関係があると思います。
特に形状、大きさと軽さの関係は大事で
大きいのに軽いモノは イップスになる可能性が高いと感じます。

また、ショットも同じですが、
パターストロークも グリップを動かして その分、ヘッドを動かします。
そのグリップを動かす量や速度で距離感を作る訳ですが、
ヘッドの重いモノは 始動時、グリップを動かしやすい です。
ヘッドの軽いモノは 始動時、グリップが動かしにくく
 ヘッドの方ばかりが動かしやすくなってしまいます。
この感覚が イップスにいざなう のではないかと強く思っています。


BlogPaint
また パターは 転がし たいのです。
ボールを上げやすくする 重心の深さ など全く不要です。
ボールをより転がしたい、良い転がりにしたければ
重心は高く、重心は浅い方が断然良い です。

パターだけに限らず ゴルフクラブのフェースの向きは
ロフトとライ角度も含めたヘッドの向き の複合体 です。

どんなに自分の目に ヘッドが真っ直ぐ動いていても
ロフトの変化が激しい 重心の深いモノ は一定した方向に出にくいうえ、
軽いヘッドと言うのも要素の一つですが、
重心の深いモノは テークバックで外に上がり易くなります。
故にループを描きやすいので 緊張感のある状態では
テークバックの始動が神経質になり易いです。
正直 見た目 大きなヘッド(打ち手からの投影面積)に
   ✊良いことはほぼナニヒトツ無いんですがね…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングを突き詰めていくと
とても重要になるのは 時期 です。

➀進行方向が右 右向き 右が高い 左が低い →俗称テークバック
➁進行方向が 右向き 右が高い 左が低い →俗称ダウンスイング
➁進行方向が 左向き 右が低い 左が高い →俗称フォロー

例えば ダウンスイング と呼ばれるモノは
からだ〜骨盤〜股関節から上の胴体 が右を向いており
進行方向である 右→茵,低くなっている時期 を 指すのであって
人間のアクティブな動作を示すモノではありません。
言葉遊びになってしまいますが 進行方向の体サイド茲
dohiraki低くないのでは ダウンスイング とは呼べなくなってしまいます。

ですので テークアウェイやトップオブスイング、テークバックの時点で
からだをよじり、骨盤を右に向けていなければ
ダウンスイング と言う時期が始めから存在していないのです。


ありあまる体力、強靭な体、持て余す時間、痛みに鈍感であれば
どうスイングしても良いと思いますが、
参考例 として 例えば このインパクト を見た時に
これ以前が 通称「ダウンスイング」にあたるのでしょうが、
このインパクト姿勢から「ダウン」スイングが見当たりません。




スイングは 体の向きの変更 と言う時間が軸になって進行します。
その基盤 となっているのが 前傾姿勢
体の前側にあたる 骨盤と大たい骨の角度差//股関節の角度差 です。
前傾姿勢があるので、体の向きに応じて
左右の高さが変わっていくのが スイングのみそ です。


からだと言うかなりの質量物を上手に逃がしつつ
からだの向きを変えるには それぞれ 左右の軸足 と言うのを作らないと
前傾姿勢が 体の横、側帯の傾きになってしまい
自分の体の重さは 腰回りに負担として掛かってしまいます。

IMG_2813Trim(2)_MomentIMG_2813Trim(2)_Moment(3)IMG_2813Trim(2)_Moment(5)






だから しっかり 骨盤の向きを変える 必要があるのです。
体重移動 は ただしい体・骨盤の向きの変更を行えば
 自動的にくっ付いてきますので、格段の意識は必要ありません。

からだと同調、体でクラブが移動させられれば
クラブと体の相対関係はある種固定の状態になります。
上の写真でも クラブと自分の上下関係は変わっても
上から俯瞰した状態では からだとクラブの関係は
3枚の写真共にほぼ同じです。
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)









骨盤を回さず、肩だけ、上半身を捩じっているのであれば
腰痛気味、腰痛の心配がある人、体重がそれなりにある方は
将来を見越して 改善をお勧めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

始めの一歩 の部分で
間違えやすいので是正しておきましょう。
とても大切な イメージ です。

6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6


特に現代は 弾道計測や映像など
一見 科学的、物理的な参考があるので
余計にそう考えがち 
(→どうゴルフクラブ動かすか) ですが、
スイングとゴルフクラブの関係は

「人間が どうゴルフクラブを動かすか」 ではなく
「人間が どうゴルフクラブに動かされるか」 です。

それは 良くも、悪くも、 です。

確かに ゴルフクラブ、クラブヘッドがボールを打ちますが、
クラブがボールを打ってくれる のではなく
クラブに動かされて 自分が打つ のです。

良くも、悪くも、です。



例えば…ですが

市販ドライバー  ヘッド重量 190g  /  シャフトの硬さ  240cpm
悶絶ドライバー  ヘッド重量 240g  /  シャフトの硬さ  140cpm

👉50g重たいヘッドに 100cpm柔らかいシャフト
 比較すれば ヒモのようなシャフトが付いていますから
 この重たいヘッドで シャフトのしなりで ボールを弾いて打つ
 と考えている限り、悶絶からは脱しません。
 重いヘッド、柔らかいシャフトの方が
 より 打ち手が動かされやすい に過ぎません。
✋これは 市販のクラブを使っていても規模の違いはあっても基本は同じです。


IMG_0662

馬鹿の一つ覚えのように
「遠心力を増やせば 飛ばせる」と信じていれば
その遠心力 という ボール方向でも、打球方向でもない
別な方向に引っ張られる力を消すために
その反対方向に一生懸命体を引っ張る動きを
必然として行います。
挙句の果てには 体を上に蹴るんだ という
まるでまじないのような トンでも理論まで飛び出します。

クラブの基礎効果、基礎性能を利用して
自分が上手く動くには
その“時期”が重要になります。

      ✌遠心力を利用する場合、必ず
      ヘッドの方が低くなった時 クラブを動かそうとしますね。

クラブは 1mの棒で、グリップとヘッド、
端と端で極端に重さの配分が異なります。

極端に重さのある 
ヘッドの方が
グリップよりも高い位置関係にある時
 のみ
そのクラブの効能を利用することが可能です。
IMG_0013_Moment(2)

ヘッドの方がグリップよりも低くなった時、低くなっている時期は
特にその重さは 良い形では人間に作用しません。
ですので ヘッドの方が低くなった時、低くなっている時期 に
クラブ、特にヘッドを動かそうとすれば
その分 体の動き は止まることになります。

打ち手でクラブを利用できるのは
ヘッドの方が高くなっている時期 だけ で
その時に その重さを利用して
人間の動作を促進、助力させるのです。

スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)
ですので テークアウェイ、トップの時期で
ヘッドの方が高くならないスイング法 では
正直、クラブに何か期待するのは無駄でしょう。

              クラブ…は高くなりましたが グリップに対して ヘッドは… →
              ヘッドの重さがグリップに作用する位置関係になっていません。
              形、型だけを追いかけると こんなスイングになります。
              まあ 有り余る体力、強靭な肉体、痛みに鈍感であれば お好きにどうぞ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

クラブとスイングの関係と言うのは
本当に良くできています。

多くの人が気にしている
スイングプレーン、スイング軌道は
行きつくところ 長さの作り方
  です。

その長さとは 腕とクラブの長さ です。
加我 (1)

そして スイングにとって より重要なのは
その 長さは重さ だというコトです。

つまり スイング上、非現実的ですが
腕が1m クラブが1m だった時、
地面に垂直に 腕を真上に、クラブを真上にすれば 長さはゼロ
重さはシンプルに その腕とクラブの重さ です。
とこらが 腕もクラブも地面と平行にすると長さは2m
腕とクラブの重さに“2mの掛け算”が付いてきます。
その基礎数値に遠心力と言う運動が加わるのですから
長さの作り方によって 殆どのコトが決まってしまいます。

自分がどう動きたい とか有ったとしても
1秒以内の瞬時の動作の中で
負荷としての重さがかかり
ボールを打つ
ボールを目標方向に打つ、条件を満たせば
こう動きたい よりも
重さを処理するコトの優先度が否応なく高まります。


IMG_0013_Moment

スイングの基本姿勢には前傾姿勢 があります。
実はこれはよく出来ています。
大体において
 クラブが長くなっている時は 腕の長さが短くなっています。
 腕の長さが長くなった時 クラブの長さが短くなっていて

都合 どの状態においても 合計の長さは似たようなモノ になっているのです。

肘を曲げず、腕を伸ばしても
前傾姿勢があり、その空間に腕を収めれば
腕の重さとしての長さは増えません。
一方 前傾姿勢を失うと 腕の動作としての長さは
そのまま 重さ となっていきます。
前傾姿勢はある種、腕の格納庫 でもあるのです。

これは 真っ二つに分かれます。
前傾姿勢があり、その中に腕と言う重さがスナップショット 2 (2018-04-02 15-14)
この場合は下に掛かりますから 前傾が維持されやすくなりますが、
重さとしての長さが長くなってしまうと
それを吊らなくてはならなくなりすから 前傾を失うので
より重さがかかっていきます。

スイングにおいて言うと
アウトサイドから振る とは
クラブと腕の長さが長くなった状況です。
その状況では 十中八九 前傾は失います。

重くなる は 遅くなる と類似語 ですから
当然 振り遅れになる というコトです。


ダウンスイングで徐々に長くなっていく(=重くなっていく)クラブの代わりに
腕が前傾姿勢の中に納まり始め、重さとして短くなっていきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

効率の良いことがすべて とは思いませんが、
何かを作る、作業する場合、
より安全に、より確実に、より事故が少なく、 するには
出来るだけ 手順が明確で
急いでやる必要がなく、
行うことが少ない方 が良いでしょう。


2



Q:では 質問です。

ボールの外周は約15センチです。

➀ボール05回転で 1m5cm水平移動
➁ボール10回転で 1m50cm水平移動
➂ボール20回転で 1m50cm水平移動


どれが一番 この場合はチカラ というか
エネルギーと言うか、カロリーというか 必要でしょうか?


答え は  ですよね?!
5回転の➀に対し、その4倍の20回転の➂ の
ボールの地面との摩擦は 5倍以上になりますから
かなり 強い力が必要になります。

ゴルフで言うと その力 エネルギーの
 ヘッド重量は固定されているので 運動の速度で
増やすしかありません。

➂が一番速い運動速度、一番速いヘッドスピードが必要になります。
意識はしなくとも 速い運動速度、ヘッドスピードは 大きな、もしくは多い動きになります。

20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショット


Q:では 次の質問です

➀速い速度 大きな動作、多い動作
➁遅く速度 小さな動作、少ない動作


どちらが 繰り返しやすく、同じことがしやすく
 ミスを発生させにくい ですか?


➁ですよね。


これはパターストロークだけでなく
ショットにも言えるのですが、
その答えはほとんど例外が無いのですから
……好み、嗜好の問題は別です……
どうすればよいか 自ずと決まってくるのではありませんか?

003


営業になっちゃいますが、
遠くまで飛ぶパターで 遅く、小さく打つのがいいのか
全然飛ばないパターで 速く 大きく打つのがいいのか
どっちがいいですかねー?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



わかります。

ボールを飛ばすのに
 ヘッドを動かさなかったら 飛ばないだろ!



そう思いますよね 常識的に。


動かしますよ。その重さの範疇で
からだや腕がグリップを動かす分
『だけは。』MVI_0873 (2)(2)_Moment(6)


でも それじゃあ 飛ばないだろ。


いやいや、有り余る 少々無駄になっても良いほどの
ヘッドスピードや運動性能、
ものすごく不自然な動きをしても体を傷めない強靭さか
もしくは鈍感さ があるなら ご自由にどうぞ ですが、
ヘッドをグリップ以上に、
運動や長さで増えていくその重さを乗り越え
ヘッドをグリップ以上に動かすと
✋ほぼ例外なく ロフトは増えます。
✋ほぼ例外なく からだも上向き。
✋ほぼ例外なく からだも開きます


MVI_0874Trim_Moment


クラブを自分で動かしたー  打ったー
という実感が増えるばかりで
ボールを叩く力は増えたとしても
ボールを飛ばす力にはなりません。
  水平距離と言う意味ですが…
  酷い言い方になりますが、究極の自己満足打法に至るだけ、です。


運動や長さで増えていくその重さを乗り越え
ヘッドをグリップ以上に動かすと
動かした分だけ 振り遅れていきますから、
どこかで からだや左サイドを止め
腕さばきで クラブのロフトを締めなくてはなりません。
 つまり 手打ち に行き着きます。

IMG_0872


ボールを飛ばしたい
そのために ヘッドをたくさん、速く動かしたい

その気持ちは痛いほどわかりますが、
それをそのまま実行すると
一度ロフトを増やし、体も上向き、左向き の状態でロフトを締める という
 全く不必要で、非常に難易度の高い、復元性の低い
打撃方法を追い求めることになります。


ヘッドの重さ、クラブの重さは放っておけ と言っても
ゆるゆるクラブを持っている訳でなく
その遅れを ロフトの立ち、フェース面の下向きにする意識も必要ですが、
それそのものが打撃になる上に、ロフトが寝にくいのです。

からだの回転 という 時間とともに向きが変わっていく
その時間進行に遅れを作り難く
からだの右向き、体の下向き が残っている状態で
インパクトに入れる可能性が高くなるのです。





あなたは この矛盾、この葛藤を乗り越えて
 スイングを変えられるのでしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ちょっと、伺いたいんですが、
お子さんでも、お孫さんでも一緒に食事をしたとします。

普通にテーブルで…ですよ。
mh

からだは横向いてテレビを見て

肩だけをコチラ テーブルの方に向けていたら
どう感じます?

ちゃんと座っている
そのテーブルに対峙している と思えます?

まあ ちゃんと座ってるけど
肩だけを横に向けるのもマナー違反ではありますけどね。

 お行儀が悪い って言いますよね。


hiraki

では ゴルフにおいて
  『からだの正面』 って どこですか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 

大回りのからだの回転
 これで決定的なミスになるのは
クラブが円を描く/反転する と考えているコトです。
もしくは クラブが反転、180度ターンする と考えているコトです。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)






どう言うことか というと
その動きを クラブ無しで再現するのは難しくないでしょう。
ところが それをクラブを持ってすると クラブの重さ によって変化が現れます。
変化 ではなく、もちろん違いがある! のですが…。

クラブ無しでも 腕をぶらぶら からだの回転で振ろうとすると73d28d33
腕は運動とその重さ分留まり、からだが先に回って
からだが止まり始めてから はじめて 腕が動き出す ようになるでしょう。
それと同じです。


からだの回転を正しく実行するには
クラブの重さ、運動で増えるクラブの重さ を
一切 無視しなくてはなりません。

✋特に長い棒の先端に重さのあるその形状は
その重さがあるので 『無視』→動かそうとしない をしっかり行わないと、
からだの回転 ではなく、
クラブの回転ばかりを意識することになり
クラブの重さによって 逆にからだの回転が阻害されます。


特にダウンスイングでの話になりますが、
からだが動き始めると、クラブ、特にヘッドの重さが増えます。
その重さはそこに留まろうとするチカラです。
ですので クラブはより自分に近い方に
巻きつくような形になっていくでしょう。

そして そのまま 左向き まで行うと
自分の体は 180度ターンしても
シャフトのターンは90度程度で終わります。
スナップショット 1 (2015-10-15 19-52)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)










ゆるゆるクラブをさせてやってみてもいいかも…です。

ボールを打つ というコトを考えず、クラブを持って素振り。

ダウンスイングで 体の回転に対し
クラブヘッドは置き去り、無視しておくと
すんなりをからだは ボールと正対する正面を経て
左向きになります。

一方 クラブ、シャフトで円を描くこと
クラブ、シャフトを180度ターンさせる
ヘッドを動かそうとすると さっきの腕振りと同じタイミング
正面を向けず、いきなり左向きになり
からだが止まる・体の動きがおさまり始めてから
腕やクラブを振ることになる(振り遅れ) のを感じると思います。

クラブヘッドの重さは放っておけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3


さて 本題に戻ります、
からだの正面で と言う話の前に
ゴルフスイングにおける 体の回転 というのを
ある程度知っておかなくてはなりません。

ゴルフスイングの 体の回転は
ごくごくシンプル、単純な横移動、
クラブをもったまま 左右にステップして
クラブを横にスライドさせる というモノの延長線上と考えてください。

しかし これでは 遠くまで打つことが出来ない、
運動の速度が上げられないので ステップは踏まず、
足、この場合は靴やスタンスは動かさず 体を回転、向きを変えるのです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)






からだの回転は本末転倒になってしまうとイケマセンが、
両の手で掴んだ、グリップした ゴルフクラブを動かすコト ですが、
動かすコト ではなく 両の手 持っているところが鍵です



ですので ラジオ体操のように73d28d33
体の中に軸を置いて、ぶらぶらと手を振るような 動きでは
両手で持っているクラブが捩じられてしまいます。
右を向いた時は 左手が長くなり、右手を短くしないと持っていられません。
左を向いた時は 右手が長くなり、左手がを短くしないと持っていられません。
からだの回転とともに
クラブのねじる、ヘッドも回転することが必要になってしまいます。
からだを捩じるスイングでは 腕の長さが向きによって変化してしまいますから、
結果、手を振る、手で振るスイングになってしまう に過ぎないのです。

フォローで 左ひじが抜ける というのは
左ひじが抜けているコトが問題なのではなく
その短さにしないと 両手で持っていられない
からだの回転が ねじりであることが問題なのです。




MVI_0873 (2)(2)_Moment(3)

正しいからだの回転 では
そのクラブの長さなりの前傾姿勢が
ヘッドの入射角度を決定するのですが、
手で振るスイングでは それによって受ける体の姿勢(左右の高さ)
だけでなく、ヘッドのターンの仕方でも
入射角度がまちまち 毎回違うモノになってしまうのでダメです。
これでは方向も距離も安定しません。
腰や肘などへの負担もあります。

MVI_0850TrimTrim(2)_Moment

からだの回転は その腕の長さ を自由にしておける よう
しなくてはなりませんから、体の中に軸・支点₍支柱₎がある動きではなく
背中の外に軸があるような 大回りが必要です。
(それによって 結果、背骨を軸と出来るのです)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

からだの正面でボールをとらえる コトは
そのクラブの長さなりの
上下・左右 の入射角 になり
インパクト時のロフト、フェースの向きなどの安定性
疲労や打つ状況による影響をかなり抑えられるコトにあります。

また、体の正面で打つ、ボールと正対して打つ、
というコトは 両腕の長さが釣り合う場所
もしくは 時期に ボールをとらえられる
というコトでもあるので
からだの回転が 左右それぞれの長さを制限・制約
するようなことがあってはなりません。

1212-1
例えば この体のねじりとクラブの場所では
この左右の腕の長さ にせざるを得ず
恰好 と追いかけてしまうと
ヘッドの姿勢 ロフト角度やフェースの向きは
超絶 でたらめな状態になってしまいます。

少なくとも インパクト時に 右腕が長くなっている、
もしくは元の長さ
それに伴う 右サイドの高さがないと
オリジナルロフトなりにボールを飛ばすことが出来なくなりますが、
このスイング法では 断定してもいいかもですが、右サイドが低くなり
右腕が元の長さに戻せるインパクトが作れません。
それでは 望みの距離を打つのに筋肉スイングが必要、
  何割増しのヘッドスピードを要求されます。




スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




腕の長さをフリーしておけるからだの回転では
背骨が軸になるのですが、
意識としては 背骨の外にある柱に沿って背中を移動させる、
柱をに背骨をくっつけ、その柱の外面に沿って動かす感じがいいと思います。

そうなると その回転運動、軸運動をするのには
 頭は かなり大きく動かしていないと出来ません。

✋その軸は傾いているのですから

背中の外にある柱のあっち側とこっち側に
頭が動くことによって 実際には軸運動が出来るのです。

頭という 局所的にかなり重たいものが
写真のように 右→茵,貌阿ことが
結果、体重移動、軸足を移動を決めていく とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

相変わらず 脇道、寄り道していますが、
 ✋飛距離を伸ばす という観点で
参考になるので 続けます。


ゴルフクラブのロフトとそれと組み合わせる長さ
 はとても重要です。
IMG_0607

ドライバーという クラブの中で一番ロフトの立ったモノは
ヘッドスピードの為! よりも
実は 入射角度と言う意味で 長さ が必要になります。
逆に ウエッヂと言う クラブの中でも一番ロフトの大きなモノも
やはり 入射角度 と言う観点から 短さが必要になります。

例えば…です。
45度のロフトのクラブを
10度の登り傾斜で打った時、
シンプルに 55度のクラブの距離になるか というと……そうなりません。


登り傾斜では すくい打ち、しゃくり打ち、煽り打ち、になり易く
入射角度がより緩くなり易い ので
55度のクラブで普通に打つよりも、より高い打ち出し角度になり易く
高い打ち出し というのは ボールの移動速度〜初速が出ていても
実際の移動−水平距離は当然少なくなります。(より斜めに移動しますからね)


これと同じことが
アマチュアのドライバーショットに起こります。
有り余るほどのヘッドスピードや体力があれば 別ですが、
そのクラブ〜ドライバー の構えた前傾なり、長さなりの入射角度以上に
緩い入射で入れてくると ボールの打ち出し角度ばかり増えます。
当たり前ですが、ボールが1m水平移動するよりも、1m垂直移動する方が
掛かるエネルギー、カロリーも断然多いですから
道のりは長いけど、距離₍水平距離₎は出ない になります。
e00bf7e6

✋ですので ドライバーを長尺化 するのも
大半の人には 距離と言う意味でも、方向や安定度と言う意味でも
プラスになることはありません。
まあ 長くした分 ヘッドは軽くなっているので
打撃のエネルギー・インパクトの衝撃は変わらないですからね。

脇道の脇道ですが、
450嫩度のヘッドの 空気による抵抗 に関係する面積、
影響のある面積よりも 明らかに
45インチのシャフト自体の面積の方が広いので
長尺はスイング中、風に影響を受けやすくなります。
プロの中でも 風の強いヨーロッパ出身の選手ほど
短めのドライバーを好んで使うのは そういう訳があったりします。


現在のゴルフクラブは 科学的にも
そのロフトに適した長さ というのが配分されていますので
それを 自分の好き勝手な 長さ
その長さによる入射角度にしては クラブが活きてこない
ロフトが活きてこないのです。

手でクラブを振ると
それをするために 体を止めようとしますが、4f49c81d
それは気分だけで 腰は大きく開きます。
即ち、自分から左足上がりの姿勢を作ってしまっている中で
手で振るので、その分「必要以上」に緩い入射角度になってしまいます。
✊この場合、有難くないことに
飛ばそうと「ヘッドスピードを上げても」
その分 体の姿勢は右が下がり、左が上がるので
どんどん左足上がり傾斜が増えるだけになります。
👉これでは飛ばない…ですよね。


✋平らなところでそうですから
それに傾斜が加わると、緩い・・・・・・以前にダフリやダフリトップ・チョロ
になりますから、フェアウェイウッドが好きになれない…のでしょうね。


若い時 そこそこヘッドスピードが有って
この煽り打ちで何とか距離が打てていても
ある体力、ある年齢を境にして どんどん飛ばなくなります。
これはラウンド中、ラウンド後半にも表れてきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:シャフトはグラファイトを使っている
 ようですがメリットはなんでしょうか?

003

A:平均的なパターの硬さの目安である振動数は
34インチで300cpm以上です。
L型ブリストルオリジナルのシャフトですと
その半分の 150cpm です。
この半分の硬さがボールの滑りを生み出しますし
ストロークの易しさを産み出します。
この硬さをスチールでは作り出せません。

逆にスチールであるメリットはなんでしょう?
恐らくスチールを使うメリットは重さでしょう…。
それ以上には思いつきません。
ただ L型ブリストルの方はグラファイトを使用しても
600gを超える総重量を生み出します。
これも多い勘違いですが、
ボールに影響を与えるのはヘッド重量で
シャフト重量の影響は殆どない と言えるほどです。
ヘッドの重量もそうですが、L型ブリストルパターの
特徴はシャフトの柔らかさにもあるので
残念ですが、製造技術的に 重さ≒硬さ の為
シャフトを重くすることは出来ません。
✴シャフトの柔らかさを最優先させています
001

では、シャフトの柔らかさは何を生み出すのでしょうか?

これもパターストロークだけに限りません。
ショットでも同じです。

シャフトの役割はヘッドの重さを使って
グリップを動かすことにあります。
故にヘッドはこのような形をしているのです。


多くのゴルファーは
シャフトの役割を反対(方向)に
グリップの動き➡ヘッドの動き
に考えています。

ですのでシャフトが柔らかいと
パッティングストロークであってもショットであっても
ヘッドでボールを弾く と考えていますが
そう考えている限り、例えシャフトが硬くても
柔らかくても シャフトの使い方を理解出来ませんし
ヘッドのその重さや形の意味も見えてきません。
シャフトと使って このヘッド重量で
ボールを弾いては打ちません。


002

グリップの移動・運動コントロール
パッティングストロークであれば
そのグリップコントロールを腕さばき、肘さばきで
すればいいので、従来のヘッドのコントロールを主体とする
パッティングストロークからは決別したい というのが
このL型ブリストルパターのテーマです。
424f9307

一般的なパターよりも150g以上重いヘッド
柔らかいシャフトを使うことによって
転がる ではなく 滑るように移動する
このパターでなければ味わえないタッチと距離感を
どうぞ楽しんでください♪

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 046-804-1480 ハミングバードスポルテ
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近のゴルフスイング
トーナメントプロも含めて
ゴルフスイング…というかアドレス/ポスチャアを見ていると
一体全体 どの方向に打とうとしているのか
打ってみないと分からなくなってきています。
i320
アマチュアで 自称上級者 のようなゴルファーでも
右打ちで
マットは12時に向いていて、
自分は1時半にスタンスを取っていて
ボールは10時半〜11時に飛び出るような
そんな人を ものすごく多く見かけます。

撮影するアングルを差し引いても
 右/1時を向いて、左/11時に打っていない人を
見つけるのはかなり至難の業、
各練習場に一人いるか、いないか、いないか、いないか、いないか、いないか、
と言うのが現状でしょう。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)
手打ちのスイングだと
正直、アドレスの向きとはあまり関連性のない方向にボールが出ます。
そうなると アドレスの姿勢の重要性
スタンスの向きの重要性 というのが
だんだん無くなっていくのが気になります。

スタンスの向きのあまり関係ない方にボールを打つ
という習慣は コースでの風景に余計弱くなりますし
ボールの置き位置も不安定になり易いので
ショットの何が良くて、何が悪かったのかの判別が
とっても難解になってしまいます


✌少しセンチメントかもしれませんが、
「立ち姿」 、ゴルフにとってのアドレスというポスチャア(姿勢)というのが美しい
 『こいつ やりそうだな』 というのはとても大切で、
その美しさも ゴルフの魅力の一つでもあると思うのですが。。。
 如何でしょうか





ゴルフクラブの進化は
ドライバーに限らず、アイアンもパターも
すべて 慣性モーメントの増大化 というので
ここ50年以上進んできました。

ドライバーを例にとると
慣性モーメント数値は 30年で倍近くまで増えています。

慣性モーメントは 重さを示す数値と考えてよく、それを打ち抜く強さ とともに
その姿勢や運動を持続しようとする力 でもあります。

よって ヘッドローテーション、ヘッドを返すような打ち方は
現代のゴルフクラブとは相性が悪いですし、
インパクトを からだと言う最大のモーメントを使わず
クラブという最小のモーメントでボールを打つことも
クラブを活かす方法としては芳しくありません。
460TL-4

誰もが 手で打ちたい、手打ちをはいわれたくない、
からだで振りたい、体の回転で打ちたい と思っている
のではないかと思うのですが、
実際にそれが出来ている人は  ゴルファーの1% にも満たない割合で、
体力のある身体能力の高い人ほど出来ていないのが現状ですね。
   …出来ていないというか やらない のでしょうかね

大きな慣性モーメントを使えるスイングの方が
ラウンドを通して、通年を通して、加齢に左右され難く、
コースでの悪天候やラフや傾斜などにも強くなりますし、
からだでクラブを動かせるほうが 少ない労力で飛ばせます。
実際振ってない のですが、振ってないのに飛ぶ に出来ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
黒いタイプのものはやや加工料分高めです。
006

どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。




一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のシャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.あたりが相当
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.あたりが相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 
弊社のシャフトではMD-14.15.16.あたりが相当

a08683cd

これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。

グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールが飛ぶ、弾道は
上下方向・左右方向共に
基本、ヘッドの進んできた道
ヘッドがやってきた道 によって決まります。

IMG_0549

ボールに入る左右の回転は
 その道のりに対する フェースの向きの差
ギャップによって決まります。
よほど フェースの向きと進んできた道にギャップが無い限り
影響は受けますが、フェースの向いている向き に飛ぶのではなく
ヘッドの進んできた道に準じてボールは飛びます。
IMG_0607

これは上下のロフトの発想も同じです。
✋ロフトとは 基準を 0度の垂直とすると
10度であっても、20度であっても
そのロフトは進んできた道に対してはギャップです。
それが 縦の回転になり、浮力を生み、
意図的にボールの推進力を回転や角度に変換し、ロフトなりの距離になる訳です。
✊ですので ボールを捕まえる 逃がさない と言う意味では
ロフトの立った ドライバーは一番簡単 と言えるのです。
✊飛ばなくて悩む人の多くが 実はスライスよりも
弾道の高さに悩んでいる というのが大きな特徴でしょう。


そして このフェースの向き というのは
ロフトとヘッドの向き〜含むライ角度 の合成?複合 によるもので
双方がある程度一定でないと 似たような球筋は打てません。
そして 上下・左右のヘッドの侵入してくる道も出来るだけ似ていないと
似たような弾道、方向性には成り得ません。


そういう意味で インパクト…ボールのさばきのトコロを
手で振る というのは 芳しくないのです。

入射してくる上下左右の道のりも その時次第
ロフトもその時次第、hiraki
フェースの向き₍含むライ角度₎もその時次第、
ヘッドの高さなどもその時次第 になり易く
手で打っている限り、手で振っている限り =フェースローテーション
これに ナンの基準点、ベースになるモノが存在しないのです。
 練習によって培う 1/500秒 0.002秒 以下のタイミング でしかなく、
この部分は誰に教えることも、誰から教わることもできません。
観客のくしゃみ一つでダメになってしまうほどです。

若い人や体が頑丈な人は良いかもしれませんが、
ある程度の年齢になると
それを維持するための メインテナンス的な練習はかなり辛くなります。

手で振るスイングは 体を止めて
肩〜腕を振るので その負荷をからだが受け止めなくてはならず
非常に不自然な姿勢、無理な負荷のある維持練習になりますから
肘や手首、腰や首を傷める人がとても多いですね ><

yjimage4NR1MAL3これの何が体の正面で
腰と腹、胸と肩
それぞれが全く違う向きを向いている
この真似をどうすればいいのか。。。
という問題は 正直 本人にしか解決出来ません。
からだのひねり 背中・背骨や腰のひねり は捩じり
になりますから、中高年向け とはとても言えません。



二つの写真共に 明らかに打ち出し角度が高く
この角度ではかなりの煽り軌道が入っていますから
アマチュアの体を考えると お勧めできるものではありません。

 


出来るだけ インパクトは  『からだの正面で』  
勿論、体の回転を無理やり 正面で止めて は論外ですが、
クラブを手で振らず、体の向き通り、体の回転で動かせれば
そのクラブの長さなり、
そのクラブを構えた時の前傾なり、
の上下左右の入射角度、ヘッドの進入角度が決まってきます。
自分の好き好き と言うわけではありません。
個人差は勿論ありますが、ある程度は そのクラブの長さ
そのクラブを構えた時の前傾で決まってきます。

からだの回転なりに、体の回転で! クラブを動かすには
  ✋発想の転換が必要です✋

 では また明日✌

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


意味不明に感じるかも知れませんが、
少々噛み気味(厚めに当たる)になるものを除けば、
ゴルフショットの
「ダフリ」というのは
ボールにヘッドが届きすぎている
と考えるのは大きな誤解です。

ドライバーショットで 10センチも手前を
ダフってしまっているのは
実は ボールに届いていないのです。

ボールに届いていない
という言葉は 単にヘッドとボールの上下関係
高さの違い
 を連想させますが、
「届く」という言葉はも勿論、立体です。
移動中の空母に着艦しようとしている艦載機は
上下左右 甲板に届かなければ着水してしまいます。

ヘッドがボールのその所定の高さに到達していても
そのポイントが手前になってしまえば
当然、それも「届いていない」に該当します。

ヘッドの高さがボールに届いていないのではなく
ヘッドのその横移動が足らずに、ボールに届いていないのです。
bd169146-s

ゴルフクラブは本来
そのヘッドの形状などの作用によって
グリップが動かされる という働きを持っています。
軽いヘッド、硬いシャフト、のクラブは
その作用が少なく、グリップを進行方向に押す力が足りません。

ヘッド高さにも作用しますが
インパクトは 所定のグリップ位置(上下前後左右)
というのがある訳なのですが、
そこへ到達する補助をクラブがしないので
ボールに届かなくなるわけです。

ですから 少々噛み気味に当たるのを除けば
ダフリ というのは所定の左右位置にグリップが到達しておらず、届いていない結果であって
「届きすぎている」と間違った解析は
当然 間違った修正を生みます。
ヘッドを振るスイングにとって
届かない と考え ヘッドをもっと振ろうとすれば
体が上を向くか、クラブヘッドがあがり軌道に入りますから
より一層「届かなく」なります。

それをさらに ボールを中に置いたり
体を早く回して結果ボールを中に置いたり
という間違いで塗りつぶしていくことになるのです。

根本は ボールに届かせるには
空間ではありますが、グリップの位置が所定の
ところに届いている必要があります。
それを補助する役割はクラブにはとても多く
その補助能力が足らない というのは
スイングを形成する上で ものすごく大きなデメリットです。

グリップが左に押されて
所定のヘッドの高さの時に、所定のグリップの左右位置
という機能がクラブに薄ければ
それを人間の技術で補わなければならなくなります。

ボールを中に入れて打つ
や 体を早めに開いて打つ となると
体の開いた分を勘案して ヘッドの姿勢を作らないと
思い通りの方向に行きません。

体が早めに開く といのはイコール
体が早めに上を向く ということですから
届いていない「ダフリ」はウサギと亀の追いかけっこで
いつもいつもついて回ります。
adc717b3-s

これは トップのミスも全く同じで
アマチュアの9割9分の「トップ」ショットは
ヘッドの高さが ボールに届いていないのではなく
インパクトの グリップの左右位置が右にずれていて
ヘッドがあがり軌道で当たっているに過ぎません。
ボールは球体で、打撃面にはロフト角度が存在しますから
単にヘッドとボールの高さ関係が届いていないのなら
薄く当たっても 球体は角度のある所に逃げます。
左右位置が右、所定のところに届いていないから
ヘッドがあがり軌道になり、オーバーに言えば
フェース面の歯、角ではなく
ソールで打とうとしている過程で当たったに過ぎません。

ヘッドを振ろうとしている人には
何を言っても始まらないのですが
そうでない人にとって この「届かない」というメカニズムを
ちゃんと理解するのはとても大切です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

コースでのミスショットの多く、
そう6割を超えるミスの原因は『打つ前』にあります。

このブログの記事でも何回も取り上げていますが
そのミスショットの大半の原因が
ボールの置き位置と構えの向きにあるのです。
005
そうですね。。。よくある例が
ややスライスに悩むゴルファーが
ドライバーでのティーショットをするとします。
ご存知の通り、コースのティーボックスは
その地形也であったり、設計上であったり
はたまた水はけの関係上であったり
そのコースのレイアウトの方、
フェアウェイセンターを真っ直ぐ向いて作られてはいません。
ホールのよっては 立ちにくいティーボックスも
あったりしますよね。
右がOB のちょっと立ちにくいティーショット
右方向を避けたいから左を向きたい・・・のです。
 が、しかし
何気なく取ったアドレスから
やや左を向き直すのですが
自分の向きだけを変えてしまう という
非常に単純な しかしよく陥りがちなミスを犯してしまいます。

通常のアドレスから その位置のまま
左を向いてしまうと その分
ボールは中(右)に入ってしまいます。


その挙句、ショットが詰まった感じになり
せっかく左を向いて右を回避したはずなのに
想定よりも大きくスライスしてしまう…というミスになるのです。

バンカーやアプローチでも起こりやすいミスです。
002


ショットを打つ前に
何となく違和感を感じる
アドレスに違和感を感じる
そういった時の多くは『ボールの位置と向きの関係』
が間違っています。

ルール上はクラブを置いたりして
計ってはいけませんが、アドレスに入る前
その手持ちのクラブで 向きをボールの位置関係を
確認してみるのは良い手だと思います。

左を向いたときはボールは中に入り易く
右を向いたときはボールは外に出やすい(左)


これを覚えておくだけでも違いがあると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

【質問です!】

トップでシヤットを作る
テイクバックでシャットにしてしまう

 

のと

 

ダウンの最初にシャットを作る

 

この2つでは やはりヘッドの軌道に大きな差がででしまう

ということですか

 

言葉では難しいところかもしれないですが。。。



【スポルテ】シャットに上げようとすると
左手でクラブを動かす悪癖も生まれやすくなります。
多少、ヘッドは遅らせて移動させるにしても
スクエアに上げたいものです。

その上で、シャットに「降ろす」メリットを
憶えて貰いたいのです。

スナップショット 2 (2013-11-30 11-58)シャット…具体的に言うと
トップ〜ダウン での過程で
フェース面を地面に向けるように「グリップを動かす」

⇒ここでも誤解のないように説明しますと
シャット と言うフェースの動きを意識するあまり
ヘッドばかり動かすことになるゴルファーがいらっしゃいますが、
人間が動かせるのはグリップです。
グリップを動かした分、ヘッドは勿論動きますが、
ヘッドを動かすことを主眼にしてしまいますと
逆にグリップは動かなくなります。


✪シャット フェースを地面に向けるように「グリップを動かす」こと
によって、左腕が下がる習慣が付くようになります。
100%に近いアマチュアゴルファーは
左腕が下げられません。

左腕が横方向に動くのは
体の向きが変わるからで
意志を持って、左腕を斜め、というか スイングの円弧に沿って
動かすのは、間違いです。

スナップショット 1 (2013-11-30 11-57)厳密に言えば、体の向きが横方向に
腕自身の動きが縦方向(自分に近づくように)に
同時に動いていくから、斜めに動いて見える訳です。

腕を、腕自身で斜めに動かそう とすれば
体は止めていなければならなくなりますから
どうしても、回転 ⇒ 腕の振り と言う順序が生まれてしまいます。


✪左腕が下がる習慣が付くと、左サイドの低い時間が保てます。
同時に、意識しなくとも前傾姿勢が維持できるようになります。

この動きの中で、ヘッドを振るような ヘッドを縦に降ろすような
そんなイメージを持ってしまうと、グリップが自分から離されます。
クラブが長くなって、重くなってしまう訳ですから
必然、体は起きてしまいます。
これでは前傾は失われます。
クラブの円弧が体の右で大きくなってしまい、重くなってしまいますから
左へのシフトも難しくなります。

グリップが動いた分、ヘッドが動く

それを忘れないでください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ニュードライバーの紹介です。

ミステリーより  『PROTO460』
460TL-3

 ディープタイプなヘッドです。

〇ロフト角度  9  9.5  10  10.5  11  11.5度
460TL-5-1

〇ライ角度   59.0度
460TL-2

〇フェイス高さ 58.0mm   …厚みありますね〜

〇重心高さ   36.5mm   36/22
  重心率    62%   …スピン抑制性能は高くないです
                   …少な目、渋めのロフトを選んでも大丈夫

〇重心深度   37mm
460TL-4

〇重心距離   37mm

〇重心角度   22.0度   …重心も深く角度もありますから 捕まりは良いでしょうね

〇体積      458


460TL-1


非常にオーソドックスな形状 その形状通りの性格ですね。

見た目よりやや 重心距離は長く
 捕まりは悪くないけれど、左に出にくいタイプのヘッドです。
ややヒール目で打つのが好きな人には
 好みの形状かな…と思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1


パッティングが上手くいかない……

そりゃ そうでしょう。

2



ゴルフでのパターで 打つのは確かに球体のボールです。
球体ですから移動には「転がり」が伴います。

しかし 転がすことが主 ではありません。

球体ではあっても、
約45gの物体を横(水平)移動させること が
パッティングストローク、ショットの基本概念です。

プロのように 毎日数時間練習するならいいですが、
吾々オジサンゴルファーはそんな腰痛誘発行為なんて
真っ平ゴメンです。

COSTARICATANGO10

では どうすればいいか?

簡単ですよ。


ます 『打つ距離』があります。
これはゴルフに限りませんが、
ボールを使うスポーツをする場合
距離感と言うのは 
ボールスピードで掴んでいくものです。

ですので、全容は見ていなくとも、
同伴プレイヤーが打った球の初期スピードを見れば大きいのか、
届くのかはおおよそ見当がつきますよね。

その距離=ボールスピード を管理するのには
パターヘッドの移動スピードとボールの移動スピードに
『シンプルな関係性・関連』を持たせることが大切です。


そして オジサンゴルファーが練習をしなくとも
数か月ぶりにパッティングをしても
いつも通りに出来るように簡単にしていくのには
そこに難しい関係を作らないことです。

一般的に言われているパターストローク
「振り子」のストロークは
両腕で作る三角形を固定して
何処とは言えない 背中の上の方の筋肉を使って
肩甲骨を揺さぶるストロークです。

564dfb4d


これには致命的な欠陥が幾つかあります。

スナップショット 3 (2013-04-13 23-00)

距離を司る運動のスピード
 これを管理する筋肉なり、部位が特定できないこと
 おそらく 僧帽筋や広背筋だと思うのですが、
 そこら辺の筋肉はダイナミックな動きをするのには有効ですが
 繊細な 1m50 と 1m70 を
 打ち分けるのにはあまり適切な部位とは思えません。
 動かすパターヘッドとの距離が遠いことは問題ではないと
 思いますが、幾らなんでも適した部位とは思えません。

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)

ボールのスピードは水平〜横の直線移動速度です。
 振り子のストロークは シャフト(ゴルフクラブ)の
 角度変化(円)運動です。
 ボールの直線移動速度に対し 非常に複雑な関係にある
 円運動を管理するのは簡単ではありません。
 しかも このストロークはボールの推進力を生み出すのではなく
 ボールに回転を与えることを主にしているような
 ボールの移動速度に対しては大変ロスの多い方法ですから
 腰痛になるほどの練習量は必須条件ということでしょう。

 ,藩蹐澆泙垢 その複雑な調整を肩甲骨周りでやっている…
 上手くいきそうにないですよね…。


スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)


振り子の運動は円運動です。
 シャフトの角-角度分、常時ロフトは変化します。
 ボールを基点に テークバック50臓.侫ロー50
 のストロークをすると
 トップの位置で ヘッドの高さは地上20属
 フォロー(フィニッシュ)でやはり地上20属
 横から見た状態では シャフトの角度は40〜50度
 近く動くわけで、シャフトが数度動いただけで
 ヘッドの高さは大きく変わります。
 ボールの直径は4其
 ボールのセンター(芯)はボールが沈んでいないと仮定し
 地上2センチのところにあるのですが
 そこまでパターヘッドの上下移動が激しいと
 ボールの芯を喰うのはかなり難しいでしょう。

 打ちたいロフト で打てるのと
 ボールの芯を喰うの と同時に実行するのは
 ほぼ不可能な確率です。

2595cdb2


 余談ですが 先ごろ 面白いパターを見ました。
 確かに このストローク方法だと
 かなりの頻度で 歯がボールに当たります。
 硬質で濁音系のようなインパクト音なのはそのせいです。
 ですので このストロークを採用しているゴルファーは
 ソフトな打感(→打音)を求めて
 フェースに異素材がインサートされたものを好んで
 使いますが、結局 トップしてしまうので
 ただの飾りに過ぎません。
 そこで画期的なインサートがありました。
 フェース面にインサートが浮島のようにあるのではなく
 そのインサートがソール面にまで回り込んでいるのです。
 適切な処置だとは思いますが、反面 笑ってしまうというか
 ブラックジョークなのかも知れません…。



010


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 安定(一定)した距離感
 ボールの速度とパターヘッドの速度の関係
 インパクト時のロフトの均一性
 インパクト時のパターヘッドの上下位置



これらをすべて犠牲にして
ただ単に打つ人から 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出して見える
ことがパッティングだと信じているのは
あまりに滑稽です。

スナップショット 1 (2016-01-17 16-25)

これに見た目は大きいが異様に軽い市販のパターヘッド
なんの反応もない ただ棒としてのシャフト
しかも ミスに寛容?!と言う意味不明な謳い文句の
 重心の深いマレットパター が加わったら
パッティングが上手くいかないのは 必然 というか
ここまでを揃えておいてよく『イップスにならないな』
と感心するばかりです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2


ゴルフのスイングにおいて 体の構造上
回転軸となる背骨に対し
主な体の重みは前側にあります。

✋体が右を向けば体重は右に
✋からだが左を向けば体重は左に
自然な形でかかるようになります


その際、重さのかかる方の足が
スイングにとっての軸足になります。


体重移動 とは
それそのものが 単独のテクニック ではなく
からだの回転と一体になったモノ 
です。
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(6)








ですので
体重移動が上手く行ってない というのは
からだの向き・・・
その体が 股関節から上の胴体 でなく
肩だけを捻₍ひね₎っているケースと思われます。


右を向いているのに体重は
左を向いているのに体重は
というのは大変不自然で からだにも無理がかかります。
スタンスの両足 に対して左右(飛球線に平行な)だけでなく
前後(ボール〜背後)にも重さが動くようになるので
実は 肩だけを回すスイングは コースでの傾斜地に弱くなります。

MVI_0868Trim(3)(2)_Moment


足による 体重移動のサポート は
多くするほど 長いインパクトエリアを確保できますが、
脚力や股関節の可動域など……耐える力が必要になりますから
 自分の能力にもよります。  ✊無理しない範囲で。


体重移動が上手く行ってないスイングは
向きを変える〜回す モノ が間違っている可能性が高いでしょう。

胴体を一体に動かし 向きを変えるスイングでは
腕の長さに自由がありますが、
胴体を回さず 肩だけをねじるスイングはIMG_0872
腕の長さ、左右の腕の長さに制約がかかり
からだを回すコトに対する手抜きは
 ダウン〜インパクト時のローテーションと言う曲芸で
補わなくてはならなくなります。
腰などへの負担も大きく、ローテーションにより
肘や手首への負担も多いのに 練習が不可欠 というコトなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よくあるパターンなのですが、
弊社にご来店になって
重たいヘッド、柔らかいシャフトを打つのに
「あ! これは苦労してしまうなぁ…。」
という“そぶり”はスイングやショットでなく
ワッグルに表れてしまいます。

悶絶クラブと呼ばれる弊社のクラブを
スイングを変えずに普通に打ってしまう人も
かなりいらっしゃるのですが
悶絶してしまう人のパターンはワッグルに表れます。

まず アドレスの時点から
すでにスイングの儀式は始まっており
常時 クラブを動かしているパターン。

スイングを変えたい人にとって
意外に忘れがちなのは
スイングの手順や方法、ボールの位置やアドレスを
変えただけでも 以前のリズムとは異なるものになる
という認識はほとんどないようです。。。

スイングを変えても、今まで通りのリズムと言うか
タイミングで打ちたい というのは心情的には理解出来ますが
そうは行きません。

ヘッドの移動する道のりもその距離も変わりますし
そのヘッドの移動に対する動作量も変わるのですから
スイングを変えることは タイミングやリズムも
新たに構築すること と言う認識は持って頂きたい。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

話はちょっと逸れてしまいましたが、
ワッグルの時点で 体は正面を向いているのに
クラブが動いている
という事は、腕、特に左腕でクラブを動かす準備を
しているという事になります。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)

左腕でクラブを動かせば
右腕は下に向かってどく形になりますから
クラブはべったりネタ姿勢になってしまいます。
BlogPaint

同時にワッグルの時点から
勢いをつけて クラブを動かす「素振り」があると
やはりクラブはネタ姿勢になってしまいます。
スナップショット 2 (2012-11-04 11-08)

ヘッドの重さ、シャフトの運動を有効に利用するには
体の幅の中にクラブを収めておく必要があります。
そのためには 常時、上半身に対し
両方の肘の高さ関係が胸と平行なことが理想的で
あのワッグルは あらゆる面から
クラブを有効に「使わない」準備とも言えるわけです。

テークアウェイなり、トップオブザスイングで
両方の肘の関係が概ね胸を平行になっていれば
それはしっかりと体が回った証でもあるので
 「外に張った利き肘」〜クランチ 
というのは絶対条件になります。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのアマチュア…(プロにもいますねー)
のアプローチやパターストロークに
ゴルフショットの問題点、クラブ扱いの問題点が
かなりはっきりと内包されています。

多くのアマチュアゴルファーは
ヘッドが遅れ、それを取り戻す
しならせたシャフトをしなり戻す
という ヘッドをたくさん動かす
グリップの移動量よりも圧倒的なヘッドの移動量
を軸に スイングのイメージ(概念)を構築しています。

確かに ゴルフスイングは
体の向きを変える、回る、回転する という
円を作る運動が入っていますし
それが メインの動作であるので
それによって「結果」としてヘッドの方がたくさん
動いて見える というのはあるかも知れませんが
クラブ自身を動かさず 自分が向きを変える(回転する)のと
自分がクラブを円に振る というのは全く異なる行為

ということに気づいていません。

どちらが鶏で どちらが卵 かは分かりませんが
そのイメージの元で アプローチショットや
パターストロークをすると
結果として インパクト付近で体を止め
グリップの移動を抑制して、
「ヘッドだけを走らせる」
「ヘッドがグリップを追い抜く」
というところに行きついてしまいます。

cap02まあ このアプローチにも
多くのアマチュアがしてしまう
問題点が垣間見えるのですが、
それは別の機会の話として
このアプローチでは
原則的に 
クラブ自身を動かさず
それを持つ打ち手が向きを変える
 という行為をしています。
ところが この角度からスイングを見てしまうと
遅れたヘッドが グリップを追い抜いているように
見えてしまうのですが
グリップとヘッドの相関関係は基本的に変わっていません。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)この写真であったとしても
この打ち終わった映像の
次のコマ があったとすると
体の正面から見れば ヘッドがグリップを追い抜いたように
見えますが、グリップとヘッドの相関関係は変わっておらず
むしろ ヘッドの重量分 ヘッドの移動量の方が少な目
なのも気づくかと思います。


スイングを作っていく際
スイングを変えていく際
動画や画像は貴重な資料であるのは確かです。
でも 結局のところ この手の視覚情報は
「何が見たいのか」という前提条件があって
自分の見たいようにしか見えてこないのです。

体の動きでグリップが移動し
その分しか。。。 ヘッドの重さ分 その分以下しか
ヘッドは移動しない。
それが理解できている人にとっては
「なんだ…。そんな当たり前のことを言って…。」です。
それが理解できていない人にとっては
「意味不明な異端なスイング論」になるのと
非常に似ています。

アプローチやパッティングで
グリップの移動を止め ヘッドだけを動かしてしまうと
グリップの移動を止めた時点から
ヘッドの動く方向は 主に 横(水平方向ではなく)
縦(上下)方向になります。
その動きは クラブヘッドそのものが上を向いていく
(フェースが上を向いていく)ロフトを増やす働き
とともに
必ず 自分が左サイドを上げていく動き
がセットになって行われます。
・・・・・・・ので
増えるロフト変化は倍
ヘッドの上方向(高さ変化)への移動量も倍 と
打つ距離に対する距離の元になるもの(ロフト)変化が急激で
距離感が一定し辛く
しかも ヘッドの高さ変化が激しくなるので
ミスの可能性もかなり高くなります。
特に ウエッヂのようなロフトが寝て
クラブヘッドの構造でリーディングエッヂ(歯)が出ているものは
トップのミスの可能性を急増させます。

ロフトが増え、体姿勢も左上がり
ということは ヘッドの最下点(ボトム)も右になり易く
ヘッド軌道が急激に上方向に移動するので
同時に ダフリなどのミスの可能性も急増させます。

本来は前傾姿勢はあるとは言っても
体の回転はほぼ水平(横)運動ですから
その作り出される円弧は ウエッヂの長さとは言え
もっと緩やかな縦変化、高さ変化、上下変化
になる筈です。

このアプローチやパッティングストロークでの
グリップの移動を止め ヘッドを「走らせる」 
←嫌味です
行為は そのままショットに反映されます。
ここが治らない限り ショットの矛盾の環から
抜け出すことは出来ませんし
ここの原因になるのは技術的な部分ではなく
スイングはこういうもの という思い込み・概念の部分なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ