◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2018年08月



アプローチの距離感をスイングの大きさ、
 テークバック、トップの深さで決める・・・・・・・・ そんなバナナ…。

スイングの、テークバックの大きさで距離を調整する
 これの成功例はとても少ないと思います

     ・・・そりゃ そうです。
IMG_0013_Moment(2)


例えば 野球でのボール投げ
例えば サッカーでのパスの距離
例えば テニスでのグランドストロークの強弱

相手をだます、だまさないは別として
そのボールの強弱や蹴る・投げる距離の分け方を
フォームの大きさで
 とは言わないでしょう 普通。

単に 投げる・蹴るボールのスピードに応じて
助走が入ったり、自然な大きさになるだけです。
助走などの取り方も人それぞれですから
感覚の中で身に着けていくものでしょう。
・・・・・・それが 自然な人間の感覚でしょう。

大きさに限定するのは無理があります・・・
コースに鏡やビデオでもある訳もなし、
その大きさをどう把握するのですか?
コースでは感覚しか頼りがないのに…。

そもそも ですよ、フルショットにおいても
自分のイメージしている通りの大きさの
テークバック、トップの位置になっている人っているんですか?
だいたいが 自分のイメージより大きくないですか?
まあ 慣性が入りますから 動作よりも結果の方が
大きなトップ、テークバックになるのは仕方ないですけど
予想よりもはるかに大きな、深いトップになってませんか?

あ 自称上級者のセミプロは除いて の話しですよ
この人たちは 尋常でない回数の訓練で身に着けてますから
真似たりできない領域に居ます。


トップの深さや大きさは =助走距離に相当します。
大きくなれば 速くなりやすく、
小さくなれば 遅くなり易いです
大きさは 動作の速度を管理するためのモノですが
その大きさは手段で目的ではありません。
コースで感覚的に管理しにくい
 自分ではない、外から見える 外観の、格好の スイングの大きさ
という あまりに漠然としたもので
 打つ距離の分ける なんて 馬鹿げていると感じませんか?

コースで その大きさで打ち分けようとしても
なんとなく 大きすぎるから インパクト手前で減速したり
なんとなく 小さすぎるから インパクト手前で加速したり
なんて言うのは 履いて捨てるほど起こっています。

距離感はあくまでも速度によるものです。
グリップの移動速度を管理する
 もちろんそれは 打つボールに速度から基づく
感覚的なモノでいいんです。
パッと見た時の その感覚は 概ね 合っています から。


edd43161


そして もう一つ この距離感の分け方の問題点…ですが
 このスイングの大きさ、テークバックの大きさ って
『手の上げる量』って思ってないですか?
 本当は体の回転じゃないですか?

その体の回転分に相当するだけ 手が上がっている
フルショットの 体の回転の量を100 とした時
 手の上がった量も100
ハーフでは 双方 50 って意味の筈ですが、
9時15分 とか、 10時10分とか
手の上げる量ばかり考えていませんか?
2013-04-30 10-21-17.464_Moment

つまり この距離感の打ち分けは
 手打ちをする土台になってしまいますし、
 からだ ではなく
手の一部である 肩を動かすコトが体を回す という
最悪のスイングを身につけさせます。


これね・・・ 言い難いですけど
お金とって これ教えたら 一種のだまし ですよ。
言いたくはないですけどね……。

このやり方って 単に 教える方が
視覚的に確認するための方法であって
現場に出て 打つ本人には何のメリットもないですし、
スイングの大きさと距離感が刷り込まれるには
尋常でない練習量が必要・・・・ ああああぁ そういう意味では
ビジネスとしては上手な方法なのかも知れませんね。
・・・・・・ここだけの話にしておきましょう・・・。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




3点ほど 確認をしておきましょう。20090801 2009_08_28_14_38_06-572フレームショット

改めてみると 不思議に思うコト…でしょう。

☑クラブを管理、またはコントロールして動かしたいのであれば
 打ち手とつながっている グリップの移動でヘッドの移動を管理します。
 グリップの移動を止めて ヘッドを動かす
 👉ヘッドターン/シャフトローテーション
 👉シャフトの角角度運動 では
 シャフトによってつながってはいますが ヘッドを放り投げるのと一緒で
 曲芸的な部分を除けば 管理することは不可能に近い状態になります。


☑体の回転に任せて クラブを動かしていると
 当然ですが、立体 縦横を交えて 円弧を描きます。
 つまり 縦でも、横でも 腕や手で円弧を描く必要はありません。


☑その体の回転通りにクラブを 体に任せて動かす…とします。
 とてもゆっくりと 回転した時 と
 全速力で 回転した時
 これも当たり前ですが クラブの重さは変わります
 ヘッド重さ × 長さ × 速度のの二乗 分の変化です。
 速度を上げた方が クラブやヘッドは重くなります。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
直接 ショットと結びつきませんが
クラブをこのように持って 腕とクラブの長さの最大値の半径
の円弧を体の回転で描くとします。

ゆっくりと体をまわせば その半径の円弧を描きますが
フルショットのような速度で向きを変えれば
クラブ、特にヘッドは重くなりますから 同じような円弧は描けません。

重さはそこに留まるエネルギーです。
それが増えるのですから 円弧は小さくなり
ヘッドは自分により近い所を引きずられるような形
になります。




この3点を考慮に入れ、トライしてもらいたいことがあります。 
✋アプローチの原点であり、ショットの原点にも成り得ます。

➀6〜8番位のアイアンが良いでしょう。

➁しっかり 右を向き(骨盤・胴体を右に向け)2013-04-30 10-21-17.464_Moment
最低限、アドレス通りのディッシュアングルを保ち
右ひじが曲がった分、クラブは起こしますが、
そう多くは右ひじを曲げる必要もありません。

                       こんな感じですね→

➂前期姿勢&右向き分 
で左サイドが右サイドよりも低くなっていますから
シャットを・・・ その分以上のシャットを作ります。
少々、大袈裟ですが、フェースは地面に向いていてOKです。


☑ここから グリップの向いている通り
この上から見たアングルで グリップエンドの延長線上をなぞるように
クラブというか、グリップを茲愾ります。

☑ヘッドはボールの方へは出しません。
イメージとしては グリップの方が常時ボールに近い状態を保ち
積極的に腕さばきで グリップエンドを左に送ります。

☑ボールの方にヘッドも出しませんが、ヘッドを下へも送りません。
グリップの方がヘッドよりも低いまま のイメージのままです。

2013-04-30 10-21-17.465_Moment

さあ どうなったでしょうか?

✊腕さばき は 肩さばきではありません。
✊アプローチの練習でもありますから 加速は一切要りません。
✊距離感も含め グリップをどのラインに動かすか が重要
 ヘッドの移動は 体の回転が担当します。
✊グリップを移動させれば 結果、必ず体は回ります。
 体の回転の方が後から付いてくる…感じがいいですね。


✋ヘッドもボールの方に出さず、下にも送らず
 グリップの移動・・・移動し続ける感じ で
 ボールを打つ、さらうことが出来れば ちょっと新鮮な
 今までにない感覚を味わえるのではないか… と思います。


鼓笛隊1-01 (2)
あとから 体の回転が付いてくる…位が
体の回転でボールを打つ感じ なのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



まあ コースの練習場などしか
 この練習をする機会はないかもしれませんが、
2各番手、ロフトによる 必要な動作スピード/グリップスピードの
差異を体感するのはとても良い体験・良い練習になると思います。

グリーン手前の花道から
ごく普通に 20~30ヤードの距離のピンに向かって打つとします。

用意するのは 8番、PW、SW、の3種です。
6番アイアンを加えるのもいいかもしれません。

各番手の ロフト間、ロフト差は 約10度です。
 35度 / 45度 / 55度

10mを打つとすると
 6番も加えると キャリーとランの対比は だいたいですが
6番 1:9 m
8番 3:7
PW 5:5
SW 7:3 位の感じになるでしょう。

同じ距離を打つのに
ロフトが大きくなってくるほど グリップスピード/ヘッドスピードが
かなり必要になってきます。

6番アイアンとSWでは 相当な差になると思います。

何球も打てる状況であれば
 その グリップスピードの差がそのまま ミスのばらつき度 であると
視認することも可能でしょう。02_b

その グリップスピード差は
距離の縦ミス だけでなく
左右の横ミス にもつながります。

ですので 6番アイアン、8番アイアンに比べ
例えば 20球ずつ打ったとすると
グリップスピードが必要な ロフトの大きなものほど
目標のピンを中心に円状に球がバラケテいきます。

考えてみれば 当たり前なのですが、
動作の遅い、スイングが小さくなる ロフトの立ったクラブは
ミスが出ても あまり差が出ませんし、当然、方向も良くなります。
動作の速さ、必然的に大きなスイングの必要な ロフトの寝たクラブは
ミスが大きく出て 1mしか飛ばないこともあれば、
倍行ってしまうこともありますし、方向もばらけます。

アプローチはロフトとともに 動作スピードが加わるので
その差がより顕著に出るのです。

これは アプローチの場合、
 必要なスピードとロフトの関係 で 逃れられない結果 なのです。

これを体験すると アプローチを良くしていくのに
何を選択し、何をするべきなのか なんとなくわかってくると思います。

まずは ロフトの少ないクラブ パターなどで打てないのか
ロフトを大きなクラブを選ぶ場合 それ以外に選択のない場合となります。
そして 打撃するのに その製品ロフト以上に
寝かしてロフトを使うようなシチュエーションは避けなくてはイケマセン。

06


よく アプローチは フェースを開いて
バンカーではロフトを開いて なぞいう輩がいますが
この体験をすると それがいかに怪しいことか
無知なことか、危険なことか 実感できると思います。

必要以上にロフトを大きくして打つこと
不必要にロフトを開いて打つこと
  ……まあ そのために番手!があるのですから
こすって打つことの危険性、不安定さを実感するのは
ショット全般にとって とても良いことです。



 勘の良い方は気づくかもしれませんが、
 これは 登り斜面・下り斜面でも同じことが言えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットの基本になるのがアプローチです。


昔から
『ボールが上がるのはクラブに任せろ』
 と言われます。

それは今も昔も同じな筈です。

体の回転には前傾姿勢が伴っています。
正しく、あくまでも からだという骨盤から上の胴体を右向きに
体を捻って 肩周りだけを右に向けているフリではなく、正しく体で
右向きを作れば  トップオブスイング〜ダウンスイング〜インパクト
までは 体の向きによる 進行方向にはやや下向き が入ります。

アプローチでもそうですが
手も、腕さばきも グリップを下方向に動かしていますから
からだも含め クラブの進行ベクトルは斜めとは言え 下向き。

そこに クラブヘッドの ロフト と言う逃げ道があるので
ボールは回転が付いたり、打ち出し角度付き
ボールが上がっていくのです。

ロフトを除いて 直接的に、ボールを上げる要素は動作には無いのです。

ですので クラブにはバンスが有ったりする訳です。


それを 人間の動作 でボールを上げようとすると
途端にクラブは機能を果たさなくなります。

それでなくとも コースでは 左足上がり であったり、
左足下がり などの傾斜が常時存在しています。

自分がボールを上げる要素 というのを 一定にしておかないと
その状況に応じて 計算が立たなくなります。

自分でボールを上げる 👉すくい打ち〜しゃくり打ち〜煽り打ち
の場合、登り傾斜では その傾斜以上にボールが飛ばなくなります。

IMG_0662


有り余るほどのヘッドスピードや運動性能があれば
まだ すくい打ち、しゃくり打ちでもなんとかなりますが、
オジサンおばさんゴルファー向きではありません。
私たち オジサンおばさんゴルファー は
いかに 道具を利用し、少ない労力で遠くに飛ばさない と
スタミナがもちません。
また、煽り打ち、手振りの場合
関節の存在しない背骨を捻ったり、傾けたりするので
重大な故障の原因に成り得ます。



ボール・・・ というのは フェースで地面(マット)に押さえつけるモノ と言う感覚が
身に付くか、イメージできるか がスイングの分かれ目 と言えると思います。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


8番アイアンを使って
20ヤードのランニングアプローチをしてみましょう。
弊社では ボールの位置は左足かかと位 と概定していますが、
ボールを上から押さえ込む感覚を掴むドリル というコトであれば
やや右より、右つま先の前位でも良いでしょう。

ボールを上から押さえ込むと
動きやヘッドスピードはゆっくりでも
ものすごく小さなテークバックでも
思いのほか、ボールは強く・速く 飛び出ます。

✋ヘッドを動かすのでなく
 きっちり握っていても 動かすのはグリップ です。
 グリップは下がる一方、低くなっていく一方で
 上下 と言う意味で弧を描くことはありません。


MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)






ですので このようにグリップが上下に弧を描いてしまう限り
同じ距離はとても打ち続けられませんし、ミスも多く、打てばショート、
ボールにはスピンが効かず、緊張感のある場面、疲労してきた場面では必ずミス、
これでプロになろうとしたら 正しく打つのの10倍近い練習量が必要になり
プロになるより 体を傷めてしまう方、摩耗してしまう が先に来ます。
もし、プロになれたとしても
この打ち方は 意図的に飛ばさないための打ち方 です。
自然にしていれば 飛ばない のです。
それを無理やり 飛ばす にするのは不自然。
不自然なことは 緊張感の中、疲労の中では発揮できません。
また プロなりに飛ばすには 飛ばない打ち方で飛ばすのですから
気が狂ったような運動速度、不自然な動きの負担から逃げられません。

人生の中で バイオリズムの合う 一生に一回 で活躍できるかどうか
で終わってしまいますし、
練習量が自分をすり潰してしまうでしょう。
 それが 今の若手プロがすぐに消えて、日替わりメニューになる大きな要因です。
まあ・・・プロを教える人もこう教えますしね・・・。
ジュニアのスイングを見ていると 例外ないほど コレ ですね。





006
これがショットの基本であり、アプローチの基本です。

グリーン周り、グリーンの状況、置かれた環境に応じて
その同じことを ピッチングにしたり、サンドウエッヂにしたり
するだけのことです。


打つクラブの状況にもよりますが
上から抑えられた飛び出たボールは
速く飛びますが、スピンは効きます。
ピッチングあたりでは 1.2.3バウンドともに
スピンと言うブレーキが入ります。バウンドのたびに 減速がかかります

そのボールの飛び出るスピードと
自分の動かすグリップの速度関係を掴んでください。

 ✋これが出来れば 100は打たなくなれます。

今までのショットに比べ
小さな動作、遅い動作 で望みの距離を打てます。


距離感〜テークバックの大きさ など忘れてください。
単に グリップをどの速度で動かすのか
そのイメージ通りに するだけです。
そして それはコースで普通に行えます。


練習場で慣れてきたら
その距離を 30〜40〜50 と増やしていきましょう。

手さばきでクラブを動かすのはインパクトで終わりです。

惰性はありますが、インパクト以降は
体の左向きでグリップを移動させ、ヘッド抜くのです。

そういう意味では ウエッヂなどの用語 で
ぬけの良いヘッド なんていう言葉も
スイングを誤らせる原因の一つなんでしょうねー。

4656cec4


ヘッドを動かすのは
単に打ち手が ヘッドを動かすほど飛ぶ と
勝手に誤解しているからであって、
確かに労力もいるので実感しやすい点は否めませんが、
有り余る運動性能があるのであれば お好きに ですが
そうでない限り、ヘッドを動かした時点で
すべて おしまい です。



これを覚えると
アプローチが飛躍的に良くなるだけでなく
スイング全体、ショット全体が良くなりますし
距離がかなり伸びます。
 というか これがショットのすべて…… とも言えなくもないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アプローチに限りませんが、
特にアプローチは 出来るだけ望み通りの距離を打つ
というコトが重要になってきます。

また それを実現するには
 出来るだけ速くない、
 出来るだけ大きくない、
 出来るだけ強くない、

ショットやスイングが理想的です。

imagesCARZT6DK



では どうすればいいのか、どれが正しいのか、

➂ボールは上から押さえ込む →つぶす

ボールは横に打ってはいけません。
(ボールを横から打つイメージは良くありません)
 それが例えドライバーであってもです。
ボールはフェース面で
 地面に押さえつけるイメージなのです。
IMG_0662

例えば です。 これはあくまでもイメージ…ですが
 ロフト0度のクラブが有ったとしましょう。
これで ボールを地面に押さえつけると
ボールは地面に埋まろう とします。
 逃げるところがないから です。
これが ゴルフ用語としての「捕まえ」 です。
数度でもロフトがあれば ボールは球体であるが故に
そのロフトという角度の方へ逃げようとします。
その逃げる動きが ボールの回転になり、
ボールの打ち出しの角度になります。

 これが ロフトの働き です。
IMG_0659

それが ロフト55度のクラブであっても 基本は同じです。

クラブは高い所から低い所へ
ある一定の角度で下げている その角度変化を生まず
斜めの直線
イメージでも ボールの真上からボールに向かってても構いません。

円弧は一切描かず
斜め下方向に下がっている過程の中で
ボールをマットなり、地面に押さえ込んでください。

✋重大な注意点です。
この時 ヘッドを動かすのではなく グリップを動かしてください。
グリップが動いた分、ヘッドが動きます。
シンプルにそれだけ です。
ですので 斜め上から… ということは
グリップが 斜め上から斜め下に移動中にボールを捕える というコト。


 これ 試しに スイングや、クラブ扱い云々でなく
 ボールを フェース面で 本当に地面に抑えて
 数ヤードの距離を打ってみて下さい。
 ヘッドスピード と呼べるような ヘッドの移動速度は一切要らず
 ポンっと 思ったより強い球が飛び出るでしょう?!

 👉これがショットの原点…なんですがね…。
  クラブの使い方の、ボールの打ち方の基礎…なんですけどね。



フォローはありません。パンチショットでもありません
これが普通のショットであり、アプローチです。
打ったところで クラブの動きは終わりになります。
 単に 体の回転のない動きなので こういう終わり方になるだけです。
止める と言う意味ではありませんが
インパクト以降 クラブ、そしてヘッドは 進行方向の下〜斜め下〜 を
地面で塞がれてしまいます。

 
だ か ら 『体の左向き』があるのです。
そこから 体が左を向いていけば
 横の進行方向に 上 が混じります。
だから クラブは一見抜けていくように見えるのであって
地面に塞がれていて 進行方向に 逃げ道が出来るのであって
普通のショットであっても ここの部分は同じです。
MVI_0670Trim(2)_Moment(2)MVI_0670Trim(2)_Moment(3)MVI_0670Trim(2)_Moment(4)











ですので 先に体を回して それから振る
というのは アプローチにとっても、通常のショットにとっても
からだを回す とか、ボールのとらえ方を誤らせる元 に
なってしまいます。

✊からだが左向きをしていく
✊前傾姿勢があるので、その左向きには上が伴う


というコトを覚えるのはとても大切です。

これで 体を回す、ボールを打つ という順序も見えてきます。

スイングプレーンと呼ばれる 弧を描くコト はどういうことなのか
何によって 弧は描かれ、ヘッドが高くなったり、低くなったりするのか
も見えてくるので
体の回転の役割が分かり、目的が見えるから身につくようになるのです。


 蛇足・・・ですが、役割の見えない 形だけのスイング創りは
 その役割や目的が見えないので まず絶対に身に付きません。
 よほどの 機械的な反復練習が必要でしょう。
 しかし それが一概にダメ とは言えないのは
 確かに 基地外のような反復練習は
 我々 オジサンおばさんゴルファーには体に毒ですが、
 その感情を殺した反復練習によって培われた自信や精神は
 スポーツには役に立つ場合があるのです、困ったものですが…ね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


花道から 薄い登りのグリーン面に
20ヤードのアプローチをするとします。

➀35度ロフト 8番アイアン
➁45度ロフト ピッチングウエッヂ
➂55度ロフト サンドウエッヂ

この3種類のクラブを使うとすると
一番 小さく 遅く 打つことが出来るのは
➀の8番アイアン
 です。



10109_169290996560973_105906599_n545503_169291013227638_259257507_n








そして これは の大きな勘違いですが
ゴルフクラブのロフト角度は
大きくなるほど 打つ自分にはたくさんフェースが見えてきます。
👉自分にフェースが大きく見える ということは
打たれるボールにとっては どんどんフェースが小さくなってくる
というコトです。
だから ロフトの大きなものほど
フェースそのものが大きくなる のです。 
 …知らなかった?!

大きなロフトのクラブほど
同じ距離を打つのに 大きく・速く振らねばならず
しかも ボールにとっての打つ面は小さくなります。
難易度は何重にも上がっていく というコトです。

 ですので アプローチの向上 とは別に
 その置かれた環境、シチュエーションにもよりますが
 まずは ロフトの立ったもの 👉パター
 👉8番アイアン 👉ピッチング から選ぶべきです

 ロフトの大きなものを選ぶ というのは
 その打つ環境が ほかの選択肢が選ばせない場合のみ
 と考えるべきで
 名称は アプローチウエッヂ と呼ばれていますが
 アプローチ = アプローチウエッヂ という考えは
 アプローチをうまくイカセマセンヨ。

スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)







肩を使って ヘッドに上下の弧を描かせてしまう ということは
例えば 55度の製品ロフトのウエッヂを持っていても
   ..........非常に大雑把な表現ですが…
➀55度相当で打つ
➁65度相当で打つ
➂75度相当で打つ

可能性が高くなり、しかも この➀➁➂、本当はその間もありますが
ほんの微妙なコトで どれにでもなってしまうのが
こすり打ち です。

また ロフトが大きくなる ということは
ヘッドの歯、リーディングエッジが前に出ます。
 →→→トップ

肩で弧を作るので 想定の最下点は右、手前にズレやすくなります。
 →→→ダフリ

それに加えて 大きなロフトで打つことになるので
大きく、かつ速く振るのですから
ミスするための振り方 とも言えるのです。 

正直 10mm〜1cm のズレによって トップにもダフリにも
なってしまうのです。

そして 上手くいったとき 必ずショートというおまけまで付いてくる のですから
これを教えるレッスンプロは……
アプローチが上手くなって レッスンに来なくなることを予防するために
これを教えているのか…と勘繰りたくなります。
 流行りの〇〇〇○〇もこの教え方ですね…



あまり 知られていませんが
日本のプロが欧米に行くと
一番困る、一番悩むのは
実は「距離」ではなく アプローチなのです。

欧米のゴルフ場はフェアウェイであっても
日本のような管理はされておらず
うす〜い絨毯のようなコケかと思うような芝か
逆に日本だと「ラフ?!」というコースが少なくありません。
090804_01

すくい打ちを常套としているプロも
沈みやすい芝の上で どこにヘッドを入れていいのか
沈んでいるので ヘッドを入れる場所がないのです。

勿論 プロですからなんとかはしますが、
欧米の芝で コンスタントに活躍できる「すくい打ち・こすり打ち」をするには
兎も角 数を打つしかありません。
それで 腰を痛めて 日本に帰ってくる・・・ というのが
とても多いパターンなのです。

また 距離が飛ばないのは 空中のボールを打つドライバーでなく
芝から打つショットが こすり打ち ダフリうち になるので
飛ばず、スピンが入らず というコトが本当のトコロ…なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アプローチは
その『とらえ方』を覚えると アプローチだけでなく
ショット全般、そしてパッティングにも良い影響を与えます。


特にグリーン周りの ちょこっとショットは
ショットの「インパクト付近」を抽出したようなモノ です。
スイングを治すよりも ここを治す方が効果的 でしょう。


とは言え スコアに関して言えば
パットも含め 50ヤード以内のショットが
全体の6割以上 7割近くになるのがゴルフです。
ここが改善されれば スコア も改善されますし
ショットの距離も伸びるようになってきます。

nojk_Moment


➀距離はグリップスピード次第

これはアプローチだけでなく、ショットであっても
当然 パッティングもそうです。
漠然としたイメージですが
多くの人は インパクトの強さ
衝撃の強さ というのを距離感と思っているか、
もしくは 機械的にスイングの大きさ みたいなものを
距離感にしているケースが多いようです。

スイングの大きさ に関しては
 なんと言えば良いのでしょうか…
正直に言えば   教えるための教え方  であって
教わる側の都合 ではなく 教える側の都合 に思えます。
どの道 現場ではまず上手くいきません₍理由はのちほど₎

パターもそうですが、ボールのスピードをイメージします。
それを作り出すのは ヘッドスピードではなく
あくまでも グリップスピードだ というコトです。

グリップスピードとボールスピードのつながり
そのイメージはとても大切です。





▲好ぅ鵐阿蓮〆脳限・最低限、最遅 で。


多くのアマチュアの ボールのとらえ方 は
アプローチに限りませんが、ものすごく非効率。
悪く言えば 
飛ばさないためのとらえ方 です。
ボールが飛ばない、振り加減より飛ばないので
どうしても 大きな速いスイングが必要です。

ボールが飛ばない方法は 当たり前ですが
1.大きく
2.速く  振らないと遠くに飛びません


そして これも当たり前 ですが
ミスは 
1.大きく
2.速く 振るほど 倍化して出ます


そして ミスした時の痛手も
1.大きく
2.速く 振るほど痛くなります


これは普通のショットでもそうです。

言葉で言うのは難しいですが、
アプローチでは ウエッヂ系の大きなロフトのクラブ を
使って行うことが多いので それで表現すると
フェースがずっと 自分の方を向いているような
ボールの底をこするような 打ち方
即ち、こすり打ち です。

こすり打ち…では 望みの距離を打つのに
必要以上に  大きく〜速く 振らなくてはなりません。
そして 方向性も悪く、当然ミスも頻発するうえ
こすり打ちは 同じ速度で動作しても
同じヘッドスピードであっても 距離が大きくバラつき
しかも うまく打てた時、必ずショートします。
IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)










このように ボールをとらえてしまうのが こすり打ちです。
こすり打ちでは そのクラブの そのロフト、その振り加減、ヘッドスピード が
ボールの距離→ボールの速度にならず
 回転と高さに化けさせるため の
意図的に距離を殺す方法
 です。

打ち方・・・ でいうと
この画像のように ヘッドは上下、縦の弧を描いていますが、
本来、その弧というのは
傾きのある体の回転によるもの な筈 なのに
肩の揺さぶりだけで打ってしまうケースによく見られます。

ここの部分は 技術的なコト よりも
先入観念 の方が強いような気がします。

 明日は こすり打ち でない 打ち方・とらえ方 を(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
ゴルフクラブのカタログなどを何気なく見ると
【重心距離】 ヘッドの重心… 重量の中心点
 そこから、シャフトの中心線までの垂線(垂直)な距離。


ここまでは 客観的な事実で、異論の挟みようがない
クラブを比較したりする時に、参考になる比較データの一つと言えます

ところが、この先にその用途を示すような
但し書きというか、非常に誤った解説が付いており
これが「ゴルフ取扱説明書」の意味合いも含んでいるので大変厄介である。

IMG_NEW

重心距離の短いモノはフェースが返り易く
操作性に富みます。長いモノは リストワークが使い辛い ですが
スウィング軌道は安定しやすく、スピン量が増えるため
ボールが上がり易く、かつ止まり易くなります。


こんな解説が添えられるのです。



ここには 二つのあまり芳しくない意味が内包されています。

ひとつは ➀ヘッドは回転させて使うモノ と言う意味。
このカタログの説明では あたかもヘッドは回転させて使うモノ
というのを想起させます。
ゴルフのスイングを作るイメージとして
このような 何気ない刷り込みが実は一番怖いような気がします。
IMG_8497

そして 二つ目は
▲肇ゥ瀬Ε鵝,箸いΕ皀里概念として存在していません
トゥダウン とは
 正しくゴルフクラブを使うと 速度が上がってきたとき
 自然に ヘッドの重量の中心点が
 握っている棒(グリップやシャフト)の軸線上、延長線上 に来る仕組みです。

ゴルフヘッドにとって 重量の中心点とは すなわち
一番効率の良い打点、
ファジーな言い方をすれば ヘッドの芯 です。

正しくゴルフクラブを使えば オートマチックに
ヘッドの芯が 握っている棒の先に来るので
ヘッドの種類や重心位置の違いなどを気にせず
棒そのもので打てば良い仕組みになっています。

そして シャフトは剛性さえあれば
 どんなに柔らかくとも その重心位置のズレ分しか
 トゥダウンしません。

ですので このサンプル動画では
44インチで 振動数102cpm という
市販のクラブの 1/3の振動数 という
俗に言う ふにゃふにゃ のシャフトであっても
インパクト時には そのズレ分だけ垂れている状態になります。
 まあ スイングを見ている限り、 その硬さ₍柔らかさ₎とは
誰も気づかないでしょう。


このトゥダウンがあれば
 自動的に一番美味しい所が打点に来るのです。



ですので アプローチなど 硬いシャフトを使っていると
 振りが速くない時 そのズレが解消せず
そこにネックが来てしまうのが シャンク です。
十分な柔らかさのシャフトを使っていれば
 振りが速くなくとも、そこに打点が自動的に来てくれるモノ なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


当たり前…かも知れませんが、
テークバックは ダウンスイング、そしてインパクトの為の前準備です。

ダウンスイングで 上から打てるため
インサイドから打てるため
クラブヘッドの重さがより使えるため
その準備をしておく方が楽に打てるようになります




▲董璽バックにはビジネスゾーンとデッドゾーンがあります。
MVI_0878(2)_Moment

まあ 左腕でクラブを上げるな と似た話になりますが
アドレス時に両腕とクラブで作る ワイングラス のような関係
この関係は 体・胴体・骨盤の回転で移動していれば
このワイングラスそのものが上がったり、高くなったり しますが
よじれることはありません。
からだが右を向いていくと この ワイングラスも向きを変えていきます。

ワイングラス・・・この写真上ですと 向かって左
 (右打ちのこの本人ですと右側ですね)
D-Zone と書かれた領域に クラブを入れてはいけません。

デッドゾーンにクラブを入れてしまうと
上げても上げても クラブが上がっていかず
動作は多いのに クラブが動くだけで 上がりません。

とどのつまり、 最後にヒョイッと上げることになったりします。

たくさん動かした時点で
もう 体の回転の時間進行から外れることになります。

D-Zone ではなく  自分でスイングする際
ワイングラスの左側にクラブを残しておいた方が
上げるつもりがなくても早めにクラブは起きます(立ち上がります)

視覚映像として クラブは右に送り込むイメージがあると思いますが、
それは体が向きを変えるからです。
この時点で 振り遅れを作っては 後から取り戻すのは不可能。
出来るだけクラブを早めに立ち上げ
かつ、出来るだけ少ない動作で行わないと
体の回転に対し遅れます。

今のスイングの主流は D-Zoneにクラブを入れ
それを無理やり出してくる方法で
人間が主 のゴルフスイングなのに
スイングプレーンが主になって 打ち手が犠牲になっています。
こんな姿勢で打つのは勘弁してほしいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 テークバックでの注意点の前に
漠然としているけれど イメージとして
スイングをミスしない考えを記します。

スイングは 体の回転という時間進行で進みます。
     右向き    〜右向きに戻り 〜正面を経て〜ず幻き
これが テークバック〜▲瀬Ε鵐好ぅ鵐亜銑インパクト 〜ぅ侫ロー
に相当します。

IMG_0049 (3)_Momentその体の回転に対し
 腕の動作量・運動量・移動量(道のり)が多すぎれば
体の回転から腕は遅れ
 結果として ボールは腕で打たざるを得なくなります。

また 腕も左右有りますから
 その左右の運動量に大きな差があると
やはり 体の回転の時間進行からは遅れます。

そもそも論…ですが 左右の腕の運動量・移動量に
差があるというコトは からだではなく手で動かしている証でもあります。

体の回転通りに、体の回転に同期してクラブが動かせれば
スイングには規則性が生まれますので
ラウンド中などでも簡易に修正することが可能です。
また ゴルフクラブは「当たり前」なのですが、
体の回転で使ったとき その機能を発揮します。
ですので 体力が落ちてきたときや苦しい時、
クラブに助けてもらうことが可能になります。





 テークバックの時点で
4190-1-2
骨盤・体・胴体をボールに向けたまま
腕でクラブを横に動かした時点で            
まさにこれ→
 振り遅れは確定、
右を向いていませんから
 インサイドから入れてくることも
 上から入れてくることも不可能になります。


右向き不足はテークバックにとっては論外
手だけで上げるのであれば
 それは自分だけのモノ、
自分だけで研究し、自分だけで研鑽するしか道はありません。
タイミングやその方法などは 誰に聞いても
トッププロに聞いたとしても参考にはならないでしょう。
また 手で振るのであれば
それが例え 紙のような重さのヘッドであっても
その重さは弊害にしかなりません。
クラブの助けを借りることはあきらめ
自分の動きのスピードで距離を稼ぎ
関節をすり減らすほどの練習量と頻度で
 方向性を極めるしかないのです。




スイング動作で
大幅に自分の意志を反映できるのは
テークバックだけです。
  ここは頑張りましょう。


➀まずは 右半身・右上半身をもっともっと動かしましょう。

✊✊意識としては右ひじが良いかもしれません✊✊


IMG_2813Trim(2)_Moment(4)多くの人は左半身ばかり
左肩を入れろ みたいなことばかり気にしていますが、
当たり前ですが、体は左右あります。
左半身ばかり動かしては
背骨ではなく、右半身が回転軸になってしまいます。

意識としては 両方の肘の移動量 を気にしましょう。

右ひじを虍梢箸鯱動させて背後に引く感じIMG_0013_Moment(2)
右ひじの高さを出しながら 引くことが前傾維持につながります。

左腕はそこに残したまま
右ひじと左足の連携も良いでしょう。
右半身に引かれ、左半身が動くから 左腕は動くのです。

左腕が単独で動く癖は
 ゴルフスイングの諸悪の根源とも言える動作

✋ココが改善できないと先には進めないかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年のスコットランドは、ターンベリーで締めくくった。

 

15日にAilsa チャンピオンコース、16日はグラスゴー15:20発のヒースロウ行きに間に合うように早朝7:32分にティタイムをセットしてもらった。コースの名は、”King Robert The Bruce” チャンピオンコースと引けを取らないタフなコースである。 途中でコースを間違えたりしないようにキャディを雇った。

 

キャディの名はフランク。コースから歩いて5分のところに住んでいる。子供の頃からこの近くの住人で、10年前くらいから今のところに移った。スコットランド人特有の人懐っこさを持った典型的な地元民だった。

 

丘の上のホテルでグルテンフリーのイングリッシュブレックファーストを食べて、ロッジ戻って顔を洗ってから1番コースに向かう。今日は風が強い。昨日のスタートの時も、チャンピオンコースのスターターが「アゲンストの時はプラス3番手、フォローの時はマイナス3番手」と言ってたが、少しオーバーな言い方だなと思ったが、途中で思い知らされることになった。今日は昨日よりもさらに強い風だ。

 

フランクと挨拶を交わして、ティショットを打つ。朝の始めはこの緊張がある。「悶絶」にしてから8年、かなり当たるようになって来てはいるが、スタート時には未だに確信が持てていない。今朝は幸いにして無難なスタートを切った。スタートは良かったが、2打目をラフに入れてしまい、そこから次のホールをホールアウトするまで、良いあたりにならなかった。

 

フランクは最初から少し妙な雰囲気だった。何かを私に言おうとしているが、遠慮しているような感じがする。やはり私の乱調を目にして、遠慮してたようだ。3ホール目から当たりが戻って来て、なごましい雰囲気になって来た。すると、フランクが私のドライバーを左右に振ってシャフトの柔らかさを確認して、ニコニコ笑いながら、「こんなクラブ初めて見ました。あなたが作ったんですか?」

「いや、クラフトマンに作ってもらったんだ。ものすごく柔らかいでしょっ?」

 

それから良い当たりが多くなって来て、自分でも気持ちのいい思いをしながら楽しいラウンドとなった。物凄いアゲンストの中でも吹け上がらずに、グリーンに向かっていく。やはり「悶絶」にして良かった。しかしちょっと気をぬくと体が先に開いてしまい、擦り玉が強烈なアゲンストで強調される。

 

私の当たりが良くなってくると、フランクは「エクセレント!パーフェクト!」と褒めてくれる。

私も調子に乗って、ハミングバードで教えてもらった、『グリップを止めずに、グリップから動かす』という事をジェスチャを加えて講釈する。「ヘッドに仕事をさせている。」と彼は言ってくれた。

 

 

 

フランクはとうとう我慢できなくなったらしく。「ちょっと私にもパットをさせてください。ボールを貸して。」と言ってパターを試している。ニコニコ笑いながら、首を振って「こんなの初めてだ。」を繰り返している。

 

ホールアウトして、握手をして時計を見ると、9:49だった。何と2時間と7分で18ホールを回ったとこになる。「私も20年キャディをやっているが、こんなに早いのは初めてだ。あなたは素振りもしないから、ものすごく早い。ターンベリー”King Robert TheBruce”の記録だよ。」と個人的に認定してくれた。

 

クラブハウスに戻ると、フランクはレセプションの仲間に声を掛けて、「今日は珍しいものをみたよ。これを見てくれ。」と私のパターを見せている。すると中の1人が「ちょっと試させてください。」とカーペットの上でパターを使って「何だこれ?」と笑っている。するともう1人奥から出て来て、ニコニコ笑っている。途端にレセプションは笑い声でいっぱいになった。

 

 

この後「悶絶」はフランクや彼らの友達の間でしばらく話題になる事だろう。

「この間クレイジーな日本人が来てね、そいつの持っていたクラブが信じられないくらい、ヘニャヘニャシャフトなんだ。」

「驚いたねー。」

「あんなの初めてだよ。そいつが言ってたんだが、そのクラブを使えるようになるまで8年もかかったそうだ。Crazy Japanese Guy!」

「またそいつのプレイが速いのなんのって、スタンスをとって後ろを向いたと思ったらもう打っている。早朝で誰もいなかったのもあるが、2時間と7分で18ホールを回ってしまったんだ。」

 

こうして2018年のスコットランド西海岸の旅は終わった。

ちなみに、前々日のプレストウィックでもキャディを雇った。彼も興味深そうにクラブをこねくり回していたが、何も言わなかった。全ての人が同じような反応を示すわけではない事を記しておく。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングがコースで出来ない、馴染まない、
今回は特に腕の使い方、肘の使い方の話ですが、
大きな理由の一つに
型と言うと格好がいいですが、
その格好の方ばかりを気にしている点があります。

トップの位置やテークアウェイやダウンスイングの途中など
恰好、その形ばかりにとらわれ
「腕や肘に機能を持たせていない」点があります。

左腕であっても、右腕であっても
それによって どうクラブを、どうからだを動かすのか、
事前に
 その「かたち」になっていると
次の行程で それはどんな役割を果たすのか

ある程度明確になっていないで
形を追いかけてしまうと 精神的に圧の高くなるコースでは
実行することは不可能でしょう。

710dcc57


まあ なんとなく なのですが、
生真面目な日本人ゴルファーは
『スイングは体で!』と言う呪縛にとらわれ
腕を積極的に使うことを忌避しているように感じます。
でも 結局、最後のところ、インパクトで
意識はしてなくても 腕だけで、手だけでクラブを振るのですから
始めから、もっと積極的に腕を使い
腕を使うことによって体の回転と同期するように
考えを切り替えた方が良いと思いますねー。

正直 スイングの全貌が理解出来てくるまで
理解出来始めるまで
動画や画像を見ても 良いスイング、お手本にすべきスイング
と言うのを判別できないモノです。
 トーナメントプロやレッスンプロも少なくないですね…。
また スイングの全貌は からだ だけでなく
クラブの形や重さも半分ある訳で
それを交えた 人間の動作を考えないとイケマセン。
人間の動作やクラブの重さに
クラブの重さ、それを作る位置やクラブ姿勢が
人間の動作の相互作用します。
「不可抗力」とも言いますが、不可抗力は
考え方によっては うまく打たせてくれない邪魔なチカラ にもなれば
無意識にうまく打たせてくれる助力にもなり得ます。
そう考えた方が楽じゃないですか?!
クラブと戦っても絶対に勝てませんよ。

クラブを持つのは腕、
クラブとつながっているのは腕、
そして 腕とクラブには共通して 長さ というものがあります。
長さは 重さを消すことも出来ますし、簡単に重さを増やすことも可能。
その重さは その方向によっては邪魔にも 味方にもなる。
そこは からだではどうにもできないトコロかも…ですよ。

460TL-3


トカク、体の動き、動作、型 ばかり追いかけやすくなってしまいますが、
スイングは パズルに近いほど頭のゲームで
ジグソーパズルは からだ…運動性能や筋力では解決しきれませんよー。

腕に正しい役割をさせてあげると
ゴルフクラブも体もそんなに好き勝手に動かせるほど
自由度のある構造はしていませんから
結果として 似たような動きに落ち着く ということです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


素振り・・・を見ていても…とても気になります。


多くの人のスイングでは
 インパクトに入ってくるのに
まずは 既定のグリップの到達ポイント があり
そこにグリップが入ってきて「から
ヘッドを入れてくる 2工程のショット
 です。

先にグリップが その「あるポイント」に入ってきますから
そのあとの ヘッドの入ってくる時間分 振り遅れます。

本来はその グリップが入ってくる時がインパクトな筈 です。

自分のある程度定めた グリップの着地/到達地点
そこに入ってからヘッドが入ってくるのですが
 そこから ヘッドは斜め上から斜め下に動きます。
ゴルフクラブは 先端に重さの付いたmの棒です。
それが斜め下方向に動きますから
 その方向に体が引っ張られるので
それを緩和、修正、相殺するため
 その反対方向に体を引っ張ります。
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)










その動きが グリップをその既定のポイントに留めておく行為とつながります。
その見方をすると このインパクトの姿勢も理解しやすいのではないでしょうか?



正しい インパクト とは
グリップのポイント、通過ポイントのみ です。
ヘッドスピード という言葉を使いますが、
誰もが インパクト付近は 最大のスピードを出したいのですから
それを導くのには グリップの移動スピードも最大 でなくてはならず
当然 絶えず グリップは移動させておかなくてはなりません。
ヘッドも当然、グリップも最大スピード、もしくは加速過程 となると
 それを作り出せるのは 体の回転でしかありません。

グリップを既定のポイントに入れてからヘッドを振るスイング(もどき)では
グリップの規定ポイントと
そのあとの調整度合い という二か所のチェックポイントが生まれてしまい
ショットの難易度を飛躍的に上げてしまいます。

シャフトは振りません_Moment


単に グリップが どの個所を通過するのか ということであれば
チェックポイントは一か所で済みます。
最大に高速になる付近で 修正 を入れ、
最大のヘッドスピードにするために グリップを止める
という相反する行為をするのは危険です。

また グリップが移動している最中にインパクトがあれば
自分の体も大きく動いている最中ですから
ボールの衝撃に負けにくくなります。
グリップを止め ヘッドだけ振るのでは
インパクト時に動いているのはクラブだけ になりますから
モーメントの低いショットになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ニュードライバーの紹介です。

ミステリーより  『PROTO460』
460TL-3

 ディープタイプなヘッドです。

〇ロフト角度  9  9.5  10  10.5  11  11.5度
460TL-5-1

〇ライ角度   59.0度
460TL-2

〇フェイス高さ 58.0mm   …厚みありますね〜

〇重心高さ   36.5mm   36/22
  重心率    62%   …スピン抑制性能は高くないです
                   …少な目、渋めのロフトを選んでも大丈夫

〇重心深度   37mm
460TL-4

〇重心距離   37mm

〇重心角度   22.0度   …重心も深く角度もありますから 捕まりは良いでしょうね

〇体積      458


460TL-1


非常にオーソドックスな形状 その形状通りの性格ですね。

見た目よりやや 重心距離は長く
 捕まりは悪くないけれど、左に出にくいタイプのヘッドです。
ややヒール目で打つのが好きな人には
 好みの形状かな…と思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体を支え その軸となる背骨
人間の内臓など 重みの部分は
それよりも前にある訳です。
  太めの私はかなり前に重さありますね・・・

osteologia


そして 上半身という重さの中心を支える脚
それの付け根は 背骨よりも各各左右に離れている
その構造が 体を回す動作の基準になります。

軸とか、支柱とか と考えると「全く微動だにしない」 
そう言ったイメージを持ちやすいけれど
実際のスイングでは その軸になる背骨も動いているから
軸は自分の体の中にある というよりも
背中の外にある柱、傾いた柱 と考えた方が
スイングはしやすい と思います。

からだをまわす というのを骨盤で!
骨盤から上の胴体を回す というのは
この骨の構造を見ると分かりやすいと思いますが、
脚は背骨の延長線上 とはずれた位置にあります。
股関節から上の胴体を回す に対し
土台になる 大たい骨から下があるのですね。

そして 見ての通り
股関節から上に 体を回す 機能は存在しません。
多くの人が行っている 体をまわす行為に似たモノ
は 体をねじっている・・・と言うよりも よじっている ので
横の動きではなく ねじれなので
水平に体が回るというよりも
どちらかの側帯が縮む という 縦の動きが多く混じります。

漠然とした表現ですが、
体をよじっている回り方は
大きな体 であるはずの欧米の選手が
トップでは小さな人になっているように思えます。
骨盤を回さず、腰から上を右に向けるのには
からだを縮めるように動かさないといけないでしょう。
それを整えるのに 無意識ですが、意図的に前傾を解いて
からだを起こしているケースも少なくありません。

からだをまわす という大原則を正しく しない限り
 動作としてのスイングを覚えてもあまり意味は無いのです。
それによって 空間や位置が全く違うのですから。

12_2_0
人間の動き・・・には見えないです…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「スライスが治らないんだよね」

『そうなの? で、スライスの原因は何だと思うの?』

「アウトサイドインで開いて打ってるから… かな」

『そうなんだぁ…。』




よく耳にする会話・・・ですよね。

当たり前ですが我々は人間で
自然なコトを自然にする方が馴染みやすいモノです。
モノの理屈/道理に逆らって使おうとすれば
チカラや無理が必要になります。

若い時、、無理の利く時、
元気のよい時、調子のよい時、
は良いかもしれませんが、
オジサンおばさんゴルファーにとっては
そうでない時の方が圧倒的に多いでしょう。
  ( ;∀;) 若くない訳ですし…

疲れてくる というのは意外に早く来ます。
それは単に肉体の疲れ だけではありません。

フェアウェイど真ん中からウッドでチョロしてしまったり、
グリーン周りでシャンク連続だったり、
3パット、4パットをしてしまったり、
2連発でOB打ってしまったり、
ざっくりで30センチしか飛ばなかったり、
疲労 というのは精神的にもやってきます。

そうなってくると 不自然なことは難しくなります。
無理やり…が効かなくなってきます。


IMG_0755例えば・・・・・・です
自分がこのような向きにスタンスを取ったとします。

しかし これは『自分が』スタンスを取ったに過ぎず
打たれるボールには関知しないトコロです。
俗に言う アウトサイドイン とは単なる 振り遅れ で
20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)-1








この向きにスタンスを取ってにもかかわらず
結果 左向きにスタンスをとって 打ったのと同じコト です。
ですので 振り遅れは
あくまでも 自分の始めのスタンス(の向き) に対し
アウトサイドインに見える訳ですが、
それは とても自然なコト、
放っておいたら そうなります。

 そもそも これをアウトサイドインと総称するのは
 単なる 打ち手のエゴに過ぎず
 ボールにとっては その体の向き通りに打たれたに過ぎません。


その 振り遅れ 自体を改善せずmh
単に スイングの軌道のアウトサイドイン
…実際には アウトサイドイン ではないのですが…
を無理やり インサイドイン という
見てくれだけを修正するのは無理やりな改善・・・
改善と言うより改悪に近い修正です。

本来は スタンスを取った通りにボールが打てる
インパクトを迎えられるのが望ましいのですが、
からだは開いている、左向きなのにもかかわらず
スイング軌道をインサイド から入れる 改善 は
肉体も疲労しにくい、精神も疲労しにくい
練習では無理やり出来るかもしれませんが、
肉体も疲労しやすく、精神も疲労しやすい
現場…コースでは 自然な流れに戻ります。

振り遅れ とはスタンスに対して! のモノですが
人間の体に対しては
ボールを中に入れて打つのと同じになりますから
準備不足のところで当たるので
(想定〜アドレスのボールの位置よりも中/右で当たるという意味)
色々な微調整が必要になりますから
体調の良い時、万全な時、元気な時、以外はまず無理と考えるべきでしょう。

ショットは、スイングは、
放っておいても出来てしまうよう
自然にしたらちゃんと打てるよう
にしておかないと 現場・コースでは通用しません。

そこを無視して 無理やりな不自然さを形成しても
それは 練習のための練習 に過ぎません。
実はスイングを治すとき とても大切なトコロですので
よくお考え下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



右利きの人が右打ちしているのは
やはり 右腕 右手を使えるコト。


遠くへ飛ばすための原動力になり、  かつ
アプローチやパットの時に距離を調整する能力も高い機関
が 右腕/右手。
MVI_0873 (2)(2)_Moment

その右腕を有効に使うには
「時間と空間」の確保がとても大切です。

出来るだけ活動する時間を与えてあげ
出来るだけ運動する空間を与えてあげないと
「右手を使うとミスになる」と言う羽目に・・・。IMG_0872
右手を使うことが問題なのではなく
右手を使える「時間と空間」が足りない、
もしくは無いコトだ問題なのだ

肩だけを捻って 腰〜骨盤を回さないと
ダウンの初期動作で 右サイドが下がってしまうので
時間も空間も失ってしまう。

空間を作るという意味でも 上から
ボールから離れて空間を作るという意味でも インサイドから
その準備がないと 右腕は使いようがない・・・
右腕を縮めるだけ というテークバックでは
単に右腕が短くなっただけで
長くなっている左腕に対し、
 伸ばしたくても その長さ₍右腕₎を持て余してしまうだけに なってしまうよ

✋ からだをちゃんと回す〜右を向ける と言う行為 では
 骨盤ごと 胴体を右に向けてあげると
 前傾姿勢通り 左サイドの方がやや右サイドよりも低い
✋ その関係通り、もしくはそれ以上右が高い
 両肘の関係を作ることは 右腕を活用する と言う意味でも
 しっかり からだで回る と言う意味でも
 非常に良い目安になります。

✊トップの位置で 右ひじの方が低い というのは
 その度合い分だけ 体が回っていない〜手で動かしている
 という証でもあります。

 右ひじややや外目に張り
 両方の肘の関係がアドレスよりも広がっており
 かつ 前傾以上の右ひじの高さの確保
 それは割に神経を配れる 右ひじで作ることが出来るのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ニュードライバーの紹介です。

ミステリーより  『PROTO460』
460TL-3

 ディープタイプなヘッドです。

〇ロフト角度  9  9.5  10  10.5  11  11.5度
460TL-5-1

〇ライ角度   59.0度
460TL-2

〇フェイス高さ 58.0mm   …厚みありますね〜

〇重心高さ   36.5mm   36/22
  重心率    62%   …スピン抑制性能は高くないです
                   …少な目、渋めのロフトを選んでも大丈夫

〇重心深度   37mm
460TL-4

〇重心距離   37mm

〇重心角度   22.0度   …重心も深く角度もありますから 捕まりは良いでしょうね

〇体積      458


460TL-1


非常にオーソドックスな形状 その形状通りの性格ですね。

見た目よりやや 重心距離は長く
 捕まりは悪くないけれど、左に出にくいタイプのヘッドです。
ややヒール目で打つのが好きな人には
 好みの形状かな…と思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



おそらく
アマチュアにとって
最大のミスショットを予防する方法は…
逆に言えばミスショットの原因、誘発する要素は
『右向き不足』『回転不足』だと思います。

そして その右向き不足・回転不足は
私が見る限り かなり深刻です。
80〜90度位右に向きに変えるのを理想とすると
10〜30度足らないのではなく
殆ど 右を向いていない、回転していないに等しいほど
ばかりが目につきます。


何度・・・と限定は出来ませんが、
右向き・回転をしっかり取ることで
スイング自体の改善がなされず
なにか根本的な問題を抱えていたとしても、
今のクラブの扱いやスイング・ショット通りであっても、
それを解決するだけで
随分とミスそのものの確率は減るでしょうし
ミスが出たとしても、そのミスの幅というか
全く挽回できないようなひどいミスを軽減出来る



どういうことか というと
ゴルフの回転をする基礎姿勢〜ポスチャア(アドレス)には
『前傾姿勢』が存在します。

その前傾姿勢とは
自分の体・胴体に対し 正面・前に有る角度で
具体的には 骨盤と大腿骨 との角度差、
股関節の角度差をことを指します。


ゴルフのショットの場合
その前傾姿勢と体の回転が伴うので
右を向いている時には
左サイドの方が右サイドよりも低い
トップの位置からボールを打っていく方向の方が
低くなっている というとても大切のポイントがあります。
ボールを打っていく、動作の進行していくサイドが低い
これを別な言葉で 「上から打つ」 と言います。

また スイング用語での
「インサイドから」 と言う意味は
体がしっかり右を向いて
自分とボールとの相対関係の中で
ボールから離れる〜遠ざかる 領域に
クラブが入ったり、そこから出たり することを指します。


しかし 体の右向きが足りなかったり(不十分)
殆ど右向きが取れていないと
ボールを上から打つチャンスも端からありませんし、
スイングに「インサイド」と言う領域が存在しないので
ヘッドの重さを利用したり
クラブの機能を利用したりするチャンスが生まれません。


f2350aac自分のスイングで
右向きが十分できているかどうか
体がちゃんと回っているかどうか
を見極めるのは
この角度から動画を取って
確認すれば 一目瞭然です。
自分で確認できます。


まずは アドレス時に
おおよそで良いですが 背骨のあるであろう位置に
ペンで線を引いたり、テープやシール(画面上の黄色い線)を
張ってみて下さい。

そして 同じ画面の中で
動画を進行させて、トップの位置で止めてみて下さい。

体が回っていれば
この線(画面上の黄色い線)を中心に
線の右側に右半身、線の左側に左半身が来るはずです。
なにせ これは背骨 の有った場所に引いた線なのですから。
体が右向きになるのとはそういう事です。

52442_360240


しかし ・・・
この黄色い線を軸に 右に右半身、左に左半身が来ている人は
かなり少ない・・・ほとんどいないのではないでしょうか。
おそらく アドレス時に引いた この背骨のあった場所の線
黄色い線の上に右半身が来て
背骨がボールの方に倒れ、左半身は体の幅分
ボールの方に近づいている筈です。

体を回したのでなく
ボールの方に屈曲したに過ぎないのです。

この原因になっているのは
体を回す というのを
肩〜肩甲骨を動かすこと
左肩を入れること を理解し、実行しているからで
それは腕だけ、体ではなく 腕だけ右に送っている
という認識がないから なのです。

左腕 左肩だけを押し込もうとすると
へそより上の 胴体の上側の
左サイドは右サイドよりも高くなろうとします。
背骨も前に、ボールに方に近づくように倒れていますから
ダウンスイング〜インパクトに入っていくのには
その近づいた分以上に ボールから離れながら
打たなくてはならなくなります。

テークアウェイの時点で前傾姿勢を失っているのも
ありますが、意図的に体を起こしながら
ボールを打つことになりますので
当然 前傾姿勢 というのが無くなります。

インサイドと言う領域も存在しない。
前傾姿勢を失うので 上から打つことも出来ない。
これでは ゴルフクラブの機能はただの邪魔
何の機能もしないばかりか異物のような存在になってしまいます。


骨盤から上の胴体が
骨盤が右を向くから 右を向くのであって
肩を捻って腰を引っ張るような動きでは
その時点で 体の中の位置(高さによって)
傾きもバラバラになってしまいます。

悪い言い方をすれば
ゴルフの真似ごとを手先でしていて
ただ そのまねごとの延長線上で
ゴルフスイングしているように見せているだけです。


ゴルフスイングには前傾姿勢が有って
それは骨盤と大腿骨の角度差です。
そして 同時に胴体には 体を横に捻って
それを捻る戻るような機能も機構も
部位としての関節も筋肉も存在しません。
体を ゆがめている だけに過ぎないのです。

体の向きを変える、そしてそれには前傾姿勢が伴うのですから
体の回転とは主にお尻なども含めたフットワークに寄るものなはずです。
胴体を捻って行うものではないはずです。

自分で体だと思っている肩は
実際には腕で、肩甲骨を使って
腕で、手で、疑似的なトップの作り出しているのですから
それを ゴルフスイング と呼ぶのは滑稽です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


★ダウンスイングで右サイドが下がる
★左サイドが上がる
(同じ意味ですが)
★体の開きが速い(これも同じ意味ですが)

この手の、俗に言うスイングがギッタンバッコンが
…地域によってはバッタんぎっこんだったり…いろいろだそうです。
◇フェアウェイウッドを苦手にしたり
◇アプローチをに苦手にしたり
◇ドライバーの苦手の要因だったりします。
スナップショット 1 (2015-06-14 18-02)

どの手のスイング論であっても
手でクラブを振ることや手打ちは忌み嫌われていますが
その一方 手打ちにしなければならない初動を容認したりもします。
その最たる例が 初動の「左腕のローリング」です。

その延長線上にいるのが トップ時の
「右ひじの下向き」「右ひじを体に付ける」だったりします。

左腕をローリングしてスイングを始めると
クラブや腕の重さが 右腕に覆いかぶさるようにかかりますから
本当は大変不自然なのですが「右ひじを下に向け」
その重さを支えなくてはなりません。
逆説的にいうのなら 
右ひじが下に向いているスイングは
スイングを左腕のローリングで始めている
  ということでもあります。

この右ひじを下に向けるスイングは
現在主流ですが、この動きが従来はなかった
ゴルフでの首の痛みなどを誘発するとにらんでいますし
多分…間違いないでしょう。


左腕をローリングして始めると
左肩関節は胸の一体の位置関係から外れ
体の前側にズレる形になります。胸が縮まるような形です。
この形では背中の筋肉や筋膜は引っ張られてしまいますから
かなり早い段階で テークバックの終わり
浅いテークバック、浅い体の回転を生み出します。

通常、ゴルファーはテークアウェイの深さを
背中の張り で感じるのですから…。



左腕のローリングは 同時に
先ほどの右ひじの下向き(体にくっつく)とペアの動きです。
テークアウェイ、右への動きで
進行方向の右ひじ〜右の上腕 が下を向き、体に張り付く
ということは運動がなく、止まる ということになりますから
右半身は止まります。
これもテークアウェイを浅くす原因の一つです。


本来 体の回転は その言葉の通り
体の回転〜向きの変更です。
背骨辺りを軸にして それを行うとすると
当然左右は同じように移動、運動するのですが
右を下に向き、右上腕を体に付け、右サイドを止め
左腕のローリングだけすると
体は前に(ボール側)倒れます。
コメントにも頂きましたが
左腕のローリングでスイングをスタートする
➡体の回転が浅くなる
(浅いのではなく体の回転がない んですけどね)
➡体が前(ボール側)に倒れるの
はある意味セットになった動きです。

今どきのスイング論は
始まりの「最低のミス」で起こる事後の現象を
レッスンや練習によって
スイングらしく「見せる」ためのものであって
問題解決には触れていません。

そして その動きにはまだ一連の流れがついてきます。
BlogPaint
スイングをこのようにとってしまうと
この時点で 前傾姿勢を失います。
前傾姿勢と体の回転のセットは
右を向いている時、左サイドの方が低く、
右サイドの方が高くなる 筈 なのですが
左腕のローリング 右ひじの下向き は
上半身の上の部分 その逆を作ってしまいますし
体がねじれた状態でボール側に倒れるので
左サイドを伸ばしていないと転んでしまいます。

前傾姿勢は クラブのヘッドの上下の 高さ変化を
一番大きく変えられるものです。
クラブを腕で上げなくても 前傾姿勢&右向きは
腰の高さ以上にヘッドの高さを上げますし、
前傾姿勢&正面向きはそれを地面の高さまで下げる
腕で上下に上げ下げする量よりも大きく高さを変化を
作り出す「機能」「機構」なのです。

と同時にクラブの長さを変えても(クラブを替えても)
原則、長さに応じた前傾姿勢を作り出すだけで
同じように扱うことが出来る という「機能」もあります。

たった初動の30センチで
それらをすべて放棄してしまうのです。


スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

前傾姿勢を失えば・・・
そもそも体を回す、向きを変えるというのを
放棄してしまっているのですが…
それによって 生み出されるヘッドの高さ変化も
自分で、自分の腕で処理しなくてはなりません。
本当であれば 下に振らなくても済む のに
下に振らなければ ボールに届かなく なります。

体の回転もほぼ何もないので
それによって 円の軌道を自動的に生むのに
これも それを使っていませんから
自分の手さばきによって
 円のスイング起動を作らなくてはならなくなります



スイングプレーンに関するゴルフ理論は
こう言うメカニズムなのです…。
単に 原因を無視し、それを見た目として繕うだけのもの…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





 ☑⊆粥素惺の感覚




カメラやスマホなどで 動画がとれたらスナップショット 1 (2013-11-30 11-57)
 線を描いたり、鉛筆を置いたり
動画ソフトがあれば線を引いたりして
からだがちゃんと右を向いているか
からだがちゃんと 軸運動しているか

確認してみると良いと思います。

アドレス時の背骨 背中あたりに
前傾・傾きに沿って 線を引きます。


背骨は体の厚みの真ん中よりやや後方・背中より
背中に沿って でもいいかもしれません。

 か・ら・だ が右を向く ということは
こちら(右)を向いた時に
背骨を境に 右半身は当然ですが線の右
左半身は線の茵,飽銘屬垢詒Α弔任垢、
そうなっている人はほとんどいません。
IMG_0049 (3)_Moment
おそらく アドレス時の背中や背骨に沿って描いた線
ほんとはそれをまたいで 体が半分半分 になる筈・・・ ですが
殆どの人は その線よりもボール側に ほとんどの体があり、
右を向いた時 背骨はアドレス時よりも傾きがきつくなり
👉体が右を向いた というより 単に前に倒れただけ です。

実際のスイングを ハイ直ぐに! とはイキマセンが
テークバックで しっかり右半身 右胸 右背中 を
背後、アドレスの後方に動かす意識は必要です。
アドレス時の背中、傾いてはいますが
そこに板があるとすると その反対側に右上半身を送る意識が必要です。

ゴルフ動作の軸 になるのは 背骨 ですが、
機械の軸棒や支点と異なり
その背骨も向きを変えたり、移動しているので
軸=背骨・・・と言う感覚はつかみにくいかもしれません。
MVI_0850TrimTrim(2)_Moment
感覚的には 背骨そのものを軸 と考えるよりも
背中に沿って傾いた支柱
そちらを軸と考えた方がつかみやすいかもしれません。

背骨を軸と考えて
その場で回る感覚よりも
背中に沿って立っている支柱に
背中をくっつけ
右を向いている時は 支柱のこちら側
左を向いている時は 支柱のあちら側に
背中をこすりつけているような感じ
 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


この写真は 上記の動画から抽出しているもので
コースで撮影されています。

IMG_8497

 左がアドレス ・ 右がインパクト です。

俗に言う トゥダウンは ピッタリ ヘッドの重心のズレ
 シャフトと重心位置のズレ分 しかありません。

しかも このドライバーは
✋44インチで 振動数 102cpm という
市販のドライバーを使っている人にとっては
 ひも か! と思えるほどの柔らかさのシャフト装着 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スマホや携帯などで手軽に動画が撮れるように
なったのですから
自分で出来る簡単なチェックポイントを・・・。



スマホなどでは動画に線の引けるモノ
 そんなアプリもあるかもなので
線を引く、もしくはシールを張るとか、鉛筆を置く
などで確認してみてください。

IMG_0013_Moment➀ディッシュアングル
ゴルフクラブと腕の関係には
ゴルフ用語でいう ディッシュアングル と言う角度があります。
その角度は 個人差はありますが、だいたい140〜150度位です。
アドレス時は前傾して構えているので錯覚しがちですが
実際には そのディッシュアングル と言う角度があるので
前傾を解き、直立して構え58337554-s
更に腕が地面と平行まで上げていくと
グリップよりもヘッドの方が高くなります。



この ディッシュアングル というものが存在する
という前提の元、(絶対条件…?) ゴルフクラブは設計され
ライ角度 というモノが存在します。
97b3a9ad

インパクト時に その角度、アドレス時のその角度のまま
とまではいかないですが、それに近い角度で
インパクトすることで アドレス時の方向、向き、スタンス というのが活きてきます。
厳密な角度はあまり気にする必要はありませんが
インパクト時に腕とシャフトが一直線 ということになると
ライ角度方向に 30度近くも落ちた フラットな状態になってしまい
それはロフト角度とのかかわりもありますが、
実際に自分のクラブで ライ角度を30度フラットにして
フェースがどの位 右を向くか と言うのを確認してみて下さい。

ロフト角度にもよりますが、
ヘッドそのものを10度右に向けるのと大きな差はありません。
IMG_0480IMG_0479









ボールをどこに飛ばしたいのか、飛ぶのか、
は そのヘッドそのものの向きとともに
ライ角度〜ディッシュアングル というのも大きく影響を及ぼします。

少なくとも 現在のゴルフクラブの機能や用途から考えると
このライ角度 というのは無くすことは出来ませんし、
概ね 60度前後のライ角度 というのも 
近い将来には大きな変化はないでしょう。

となると アドレス時に形成する
腕とクラブの角度 ディッシュアングル というのも
なくなりそうもありません。
インパクト時も出来るだけ維持したいモノです。


と前置きが長くなりましたが 
ディッシュアングルがあるので
からだを右に向けた時、
傾きに沿って グリップも高くなりますが
クラブを上げなかったとしても(コッキング方向)
始めのディッシュアングル通り
ヘッドの通るラインは その分 薄〜くですが
そのグリップの移動ラインよりも高くなります。
スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)

アプローチなどで ヘッドを特に上げていない
コッキングをしていない状況であっても、です。
(テークバックでコッキングを推奨しているのではありません)

クラブは 持つ場所であるグリップとヘッドの高低差IMG_0013_Moment(2)
というのがとても重要で
ただ 単にクラブを高くするよりも
 重さのあるヘッド部をよより高くした方が
その位置エネルギーを使い易く、強くすることが可能です。

その高低差、グリップとヘッドの高低差を大きく取らなくても
少なくとも ディッシュアングルがありますから
テークバック時にグリップの移動するライン の
下側をヘッドが通ることは 本来あり得ない…筈 なのですが
果たして 皆さんはどうでしょう???


度合いは人それぞれですが
少なくとも アドレス通り(ディッシュアング通り)〜もしくは、それ以上 は
ヘッドの方が高く通るのが クラブの正しい使い方 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




研究熱心な日本人の気質 かも知れません。
特に最近は スマホなど画像や動画を誰もが簡単に取れますから^^

動き は流れです。
今のその姿勢は 次の動作に影響を及ぼします。
また その姿勢、その位置 を作ることの意味
を知ることで やることが見え、
より その姿勢や位置が創れるようになるかも…しれません。

その形の意味 を考えるのも良いことです。

edd43161


インパクト姿勢というのは
意味不明かも知れませんが、
インパクトでは作れません。
インパクト付近は 高速で動いていますし
ボールを捕えるのは 1/2000秒以下 の刹那です。

その行為の 準備で決まってしまいます。

oto_Moment


理想的なインパクト姿勢 は
どんなのがいいですか?


ボールと正対しているのが望ましいですが、
回転〜横方向 に対してのモノだけではなく
回転〜上下 と言うのも存在します。

この忘れられがち、無視されがちな
上下〜縦方向の動きの方が
弾道や距離などには影響力は大きく重要かもしれません。

理想的なインパクト姿勢は
左右の体 まあ局所的に言えば両方の肩の高さ関係が
アドレスに近い状態です。

アドレスに比べ 左肩が高くなり、右肩が低くなるのを
望んでいる人は少ないでしょう。

少ないでしょ?

先日も書きましたが
右肩が低く、潜れば 右腕は伸ばせなくなりますから
大きなロフトで、ロフトを寝かして打つことになりかねません。

左肩が高くなっていると
平らなところで打っても
左足上がりのライ
 のようなところで打つのと似た弾道になりますから
飛距離が高さに化けてしまい易くなります。

この二つが重なれば
望みの距離を打つのには 必要以上のスピードが要りますから
それはミスの要因になるでしょう。

で 元の話に戻りますが、
インパクトの姿勢は テークバック〜トップの両肘の関係で
殆ど決まってしまいます。
まあ 最近のこの手のスイング
何がどういいのか メリットが何も見えないのですが
アマチュアが真似れる唯一の部分のこのテークバックは
アマチュアにとって最悪なインパクト
結果も悪いうえ、体にも悪い が待っています。
1212-1
自分の体に対し
左上腕・左ひじはかなり動いて(移動)いますが
右上腕・右ひじはほとんど動いていません。

ダウンスイング〜インパクト〜フォローに向けて
高速な動きになりますから
どちらかの腕だけ多く動かすとか
どちらかの腕だけを速く動かすとか 出来ません。
とても難易度が高く
プロですら このトップの肘の関係のまま
その関係がインパクトの体の姿勢になっているほどです。
トップまでの移動した上腕〜ひじの量は
同じ分量だけインパクトに向けて動きますので
このトップまでの移動量では 必然的に 左サイドの高い
右サイドの低いインパクトに行きつきます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転 でボールが打てるnojk_Moment
からだの回転 に同期してボールが打てる
ようになると 概ねではあっても
からだとボールが対峙した、
概ね 体の正面、ボールと正対した時期
インパクトが迎えられるようになります。

ここで間違ってはいけないのは
ボールと正対した状態で体を止めて
インパクトを迎えるコト という姿勢の問題ではなく、
体の向きが 正面〜右向き〜正面〜左向き
と移り変わっていく、向きが変わっていく
『正面の時間』にインパクトがある と言う時期の問題です

dohirakiそれはなぜか というと
無理に体を止め、正面を意識すると
このように 肩は残ってるけど、腰は開く など
どこが どこを向いているのか という基準値が
非常にあやふやになってしまいます。

体の正面でとらえることの重要性は
両手の長さが揃うコト
つまり 安定したインパクトロフトが創れること、
繰り返せるインパクト姿勢が創れることで
からだを止めてインパクトを作った場合
腕の長さ調整が必要になってしまうので
元々の意味を失ってしまいます。

最低限 インパクトまでに右腕が伸びているコト
それが即ち体の姿勢にもつながります。
ボールを飛ばす のには右腕の伸び
右腕の伸ばせる空間、即ち 右サイドの高さは必須です。

右腕はインパクトで伸ばすのではなく
インパクトよりも前で伸ばすのです。

インパクト で 右腕を伸ばしてはいけません
インパクト 前に 伸ばし切るのです。


ただし グリップは両手で持っていますので
その右腕の伸ばし に対し、前に位置する左グリップ・上腕が
止まっていると 伸ばしているつもりでも
単に右サイドが潜ることになるので注意が必要です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転で!
と考えている人が
始めの一歩 として
意識改革しなければいけないのは
それがパターであっても
アプローチであっても
インパクトでグリップを止めて
その反動でヘッドでボールを打つ
と言う感覚を消滅させなくてはいけません。
edd43161

極端に言えば ヘッドは忘れ
グリップの移動でボールを打つ感覚が
刷り込まれないと からだでボールを打つのは不可能です。

なぜならば グリップが止まり
その反動でボールを打つ
の グリップが止まる は
体の回転を止める のとほぼ同意語だからです。

これはテークバックでも同じです。
グリップの移動に対し
ヘッドが極端に動いている というのは
からだは止まっている証でもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 
o0480052513559073340

へ?! という話ですね。





体の向き、それに傾き(前傾姿勢)というのが
スイングにとってとても大切です。
edd43161

しかし、一般的な
体の回転で クラブや腕と言う重さ、
長さと運動が加わる重さを引っ張ろうとすると
その重さによって
 体の回転は狂わされます。

右向きから正面と言う過程を経て
左向きしていくのが 理想的なスイングの時間経過 ですが、
テークバックでの右向きが無い、足らないは論外として除外しても
腕やクラブの重さがかかり
それを引っ張ろうとすると
右向きは正面を経ず、いきなり左向きになってしまいます。
BlogPaint

右が下がる  = 左を向く のメカニズムですね。

スイングの基礎メカニズムを利用する機会を失い
これで 手遅れ は作られるので
結果として 体の回転で打つコト は叶わず
手で振る というのが ほぼ全員 プロも含めたスイング です。

振り遅れ というか、カット打ち、こすり打ち を
極めて 良く見せたい と言うのが現代のスイングです。
なんだか 痛ましい と言うか、苦しいですね…。


結果 として 体の回転のメカニズムを利用、
体の向きが変わっていく その時間経過に乗っかるには
腕とクラブ と言う重さを 逆に利用しなくてはなりません。

アメリカのアニメであります₍バックスバニーなど₎が、
足についた鎖付きの重り
こいつを先に落っことして 自分が谷に落ちるのです。
先に自分が谷に落ちて おもりを引きずるのではなく です。


足のちからは 腕の力の4〜6倍 と言われます。
そして 耐久力、持久力ははるかにあります。

その脚、つまり体で振るのには
腕を使って 
先に重さであるクラブや腕を送って
無自覚に体を動かさせてしまう方法が一番有効でしょう。

体の回転と同期することがポイント
体の回転で! クラブを動かすのは失敗に終わります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
 このブログに関連する中によく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

  人間にはアガナエナイ、逆らえない力 一般の事を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。
 そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が
  「仕方がなかった」
というのがあります。

GOLFsystemWORKS K99


車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます
 どのスピードからは 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。  確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います

自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
            {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。


良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです


☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている   ヘッドターンをしようとしている人の
不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれにアガナウか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です




道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
 答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
  そろそろ その行為 動作 
   そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃?
     じゃありませんかね


    楽する為    効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
 道具を持った方が上手く出来ない
  こんなコンピューターが進んだのに
   基本設計 基本構造は変わらず
    原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ
   
   それに「理由」が隠されているって思いません?
   それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
   こんなにやっても こんな人数でトライしても
   こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです



     自分の側から クラブを見るのではなく
     クラブの側から 自分を見つめる時が来たのでは
                   ないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショット・・・
確かにボールは地面に置かれていて
視覚的な印象、ではヘッドの一番高いところ 2mを超える高さから
地面に入ってきます。

スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)


上がったものを下げなければ
地面にあるボールは打てそうもない・・・
 
もっともな話です。

しかし、高くなっただけのヘッド。
傾きがあって、右を向くことによって
上げた訳でなく、高くなっただけのヘッド  は
傾きが維持され(ある意味、自動的に) 右向きが解け
正面を向けば(左を向いていく過程としての正面)
ボールにヘッドは届く! のです。
スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)

ちょっとややこしい話ではあるのですが、
左サイド  左の股関節の前傾が残れば、
存在すれば、必ずボールにヘッドは届きます。

しかし、ヘッドを、シャフトを、クラブを、
地面に有るボールに届かせようと、下に振れば
反応として…多分、防衛反応だと思うのですが、
必ず前傾姿勢は失います。
(多分、地面に下がるヘッドの量の経験的調整でしょうね)

前傾姿勢を失うから、下に振らなければいけないのか
下に振るから、前傾姿勢が失われてしまうのか
それは その人、その時それぞれだと思いますが、
兎も角、左股関節の前傾さえ残れば、ボールには届きます。

ヘッドやシャフトを下に振る動きをせず、最低限
傾きなりな(テークアウェイ〜ダウンスイングは左サイドが低い)
シャットが存在すれば、クラブの重さが
左下に懸かりやすく、前傾は意識しなくとも
維持されやすくなります。

しかし、下に振れば 前傾は消えます。
下に振る意識のあるゴルファーは
それをするために、下に振る為のテークアウェイを
取りますから、その時点で前傾を失う準備をしているとも言えます。

上から打つ
と言う気持ちは分かります。
しかし、ボールに当たるのはフェースです。
ご自分の下振り、下に向かって振っている
それを直ぐに取り止める と言うのはやさしくない
かも知れませんが、せめて、フェース面が下に向かっている時
にボールと当たるイメージを持たないと
今の状態では、重力に対して
ソールでボールを打つために下に動かしているのと
同じになってしまいますから
下に振っている分 プラス ロフト角度 の影響が
ボールに加わってしまい、距離には成りません。

前傾がある限り、ボールはベルト〜股関節の高さ
に有るのです。前傾が維持されるような
特に左股関節の前傾がインパクト時期付近まで維持されるような
クラブ使いをすれば、下に振らなくとも
地面に有るボールをさらうことが出来るのです。

そして、誤解を招きそうなので 付け加えておきますが
こんな解説をすると、インパクトを作ろう
正面を作ろうと 手先に意識が集中してしまう
と思うのですが、基本、地面に有るボールは回転するから
拾う、というか さらうことが出来るのです。
視覚的にヘッドの高さが上下に動くコトの
主エンジンは回転することに有るのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ