◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2018年07月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






からだ というのは その言葉の通り
からだです。
皆さんが動かそうとしている部分は 肩で、
それは腕の一部で体ではありません。
922a6798

ほぼ9割近いゴルファーは
腕だけでテークバックし、
そのせいで クラブが大きく開き
ロフトがどうなる、以上に 
フェースがボールに向いていないので
フェースで打つため、ヘッドターンをします。

そのヘッドターンですら、
基本は クラブを持った自分が からだを回せば済む
筈の問題です。

アドレス・・・ というのは
その構えが打撃の基準になり、
打ちたい方向によって
スタンスの向き 等が決まってきます。
ミスは致し方ないにしても
結果のズレ を 修正しながら
スイングの確率、ミスの防止、ミスのパターンなどを
掴んでいくものです。

よく言われますが
「ゴルフは 止まっているボールを打っているのに…。」
まあ 野球やテニスとの比較だと思うのですが、
皆さんは 本当に止まっているボールを打っていますか?

アドレス時、
ボールはだいたい 左股関節〜左ひざ の前辺りにあります。
スナップショット 1 (2018-02-13 13-07)

 脇道に逸れますが、
アドレスの向きの スタンスがクローズ、オープン によっても
からだに対するボールの位置がかなり大きくズレます。
その曖昧な クローズ度合いやオープン度合い によって
ボール2個程度は簡単にズレてしまいます。 これ要注意です。

アドレス時の ボールを左靴かかと/左ひざの正面 としておきましょう。
スタンスの幅によっても異なりますが、胴体にとっては左胸の前 あたりですね。

しかし 振り遅れてしまい、体が大きく開いて インパクトを迎えると
靴〜スタンスにとっては 左靴かかと ですが、
脚にとっては かなり中(右)に入ります。
右靴までズレたでしょうか・・・。
mh
そして 胴体にとっては
茲龍擦料阿砲△辰身Δ離棔璽襪
右の胸よりもさらに右になってしまいます。

この時に注意する・・・いや 注意しても無駄なんですが、
単に体が開いただけで ボールは大きく中に入る形になりますが、
これに更に 体が上を向く動作 が入ると
更に ボールは右に移動する形になります。

そして 困ったことに 手で振るスイング、フェースターンするスイングの場合
からだが開くのと
からだが上を向くのに
関連はありますが、規則性がないので
毎回 その度合い、関係はバラバラ。

つまり インパクト時のボールと自分の体との位置関係に
規則性がないのです。

✋これって ボールが動いているのと同じじゃないですか?


体の回転に同期して、体の回転で打つのであっても
タイミングのズレなどによって ボールと体の位置関係はズレますが
それはシンプルに一種類のモノで済みます。
シンプルなミスで済むので 修正が容易、
自分で気づけば ラウンド中でも修正することが可能です。

oto_Moment


振り遅れの手打ちのスイング(スイングと呼ぶのが正しいかどうかは割愛します)では
ダウンスイングと呼ばれる行為が始まるところが
一番左サイドがボールに近く
インパクトに近づくにつれ、左サイドはボールから離れていきます。(体が開く)
イコール どんどん ボールが中に入ってきます。
そこから 肩で上に振りますから
からだが上を向くので さらにボールが中に入ります。

ですので ショットのたびに ボールの位置が動いていることになります。

結果、アドレス時 左胸の前にあったボールを
体の右横 90度近くも中に入れて打つのですから
いったい ぜんたい アドレス時のスタンスの向きや
アドレス時のボールと体の位置関係には何の意味があったのか
というほどのモノです。

そうなると 深刻な問題は・・・
勿論 体のねじれによる故障は深刻ですが、
技術的な部分で深刻な問題が発生します。

 アドレスの構えや向きに重要性が薄くなるので
アドレスの意味がどんどん消失していくでしょう。
トッププロ…と呼ばれている人たちのアドレスを見ても
なんだか 奇妙なものが増えています。

昔 某大物プロが
「プロが練習するのは当たり前。
 練習して体を壊すようなスイングじゃあ
 プロとして飯が喰っていけないぞ!」と言っていたのを思い出します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


グリップ…クラブの握る場所(ゴム質)でなく
人間の握りの方の話です。

IMG_0772

シャフトはしなると ヘッドではなく グリップを押します。
グリップが移動すれば、当たり前ですがクラブ全体も移動します。

インパクトで 強い球を打つのには
それは速く動ける方が良いですが、
それには身体能力としての限界もありますし、
長丁場のゴルフで瞬発性能だよりでは無理があります。
インパクトで 強い球を打つのには
打ち手の運動性やクラブの持っている飛ばす力を
出来るだけ無駄なく 飛距離にするには
そのクラブの 正しい、望ましいロフトで打つ のが肝心です。
スナップショット 1 (2018-01-31 14-09)

どんなに速く振れたとしても
ロフトを寝かしてしまえば ボールは上がるか、回転が増えるだけ…
ボールの飛んだ 道のりを競うのであれば それでもいいですが、
距離はシンプルに水平移動の量です。

望ましいヘッド姿勢、ロフト姿勢で打つのには
打ち手の姿勢も 出来るだけ 左サイドが開かず、低い
右を向いている時間にボールにアプローチしたいですし、
インパクトは両腕の長さの都合がついている
正面に近い所でボールを捕えたいです。
👉体が開けば 左足上がりの様な体の姿勢になりますし、
 開いた分 右サイドそのものがボールに近づき
 右腕が伸ばしにくくなりますから、開いたロフト
 左足上がりの飛びにくい条件が増えます。

体の正面、望ましい姿勢 には時間的な期限があります。
いつまでも その姿勢が続くわけではありませんし、
体を傷めるコトを覚悟でその姿勢で止める なんてのは
本末転倒も良い所です。
 ✋若者に任せましょう
からだにもとても危ないので 無意味なそのことに
トライするのは辞めましょう。

体の正面、望ましい姿勢 はある意味一瞬で通り過ぎます。
ですので 出来ればそこに間に合うようにするため
寄り道や無駄な道のり、無駄な動作は避けたいのです。

MVI_0854_Moment


ゴルフクラブは主に左手で握っています。
ですので 概ねグローブは左手だけ します。
そして シャフトはグリップを押す、
つまり 茱哀螢奪廚魏,垢里
押された場合、それをホールド、受け止める のではなく
それを利用して 茱哀螢奪廚鬚匹鵑匹麁┐す ように
しておく必要があります。

切り返しからフィニッシュに至る
打撃時の推進方向に対し 茱哀螢奪廚
全体進行の先頭に位置する存在です。
シャフトがしなり そしてそれの復元によってグリップを押す
という助力は その先頭をどんどん遅れさせず
逆に先導としての役割の補助に成り得ます。
IMG_0819

シャフトの仕事によって 押される茱哀螢奪廚
受け止めてはいけません。
どんどん逃がしてあげれば
その移動が回転の力にもなります。

トップでのクラブ姿勢にもよりますが、
ある程度 良い方向に茱哀螢奪廚押されれば
左サイドが低い時間も維持、確保しやすく
上から打てる、ロフトを締められる、開きにくくなる可能性も上がりますし、
左サイドが低い時間を自然に保てれば
体全体の体重も自然に左に移り易くなるので
それも一層の ダウンスイングの時間 を確保につながります。

そう考えると クラブががぶっと受け止められる
左グリップ(握りの方)にしてしまうのは もったいないでしょう。
クラブをすっ飛ばすわけには行きませんが、
クラブの重さを止めてしまい、支点とするような握り方や使い方 をするより
クラブの重さやシャフトのしなりを 茱哀螢奪廚琉榮亜逃がしにしてしまう方が
手遅れになりにくいです。

からだの回転でクラブを引っ張るのではなく
左グリップの押され、下がり、によって からだが回る と考える方が
色々なつながりは良いと思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーですと
45インチ基準で シャフトの硬さ₍振動数 240cpm
 これに ヘッド重量が190g のモノが装着され
悶絶クラブですと 45インチ相当にすると 140pm
 と100cpm柔らかいものに ヘッド重量 240g
が装着されているのですから
 その柔らかさとヘッドの重さは比較しようがないほど
 大きな差でしょう。


数値で書いていますが
 かなり苦労して探しても
 45インチで 振動数200cpmを切るモノもほとんどありませんし
 ヘッド重量 240gは鉛では補いきれず 存在しません。

ドライバーでスイングを作るというのは ちと非現実ですが
シャフトの本当の性能 となると 振動数170cpm は下回らないと
どれもこれも ただの棒 ですので
シャフトの使い方を覚えたくとも 機能のない棒ですから 無理かも…。

しならない棒を 無意味にしならせて しなり戻して
希望のロフトで毎回打つなんてことにトライするなら
元々 しなる棒を使う方が合理的だと思いますがねー。
シャフトをしならして しなり戻して使う限り
 飛ばすのに速く振る と 安定させる は生涯相反する関係なのでは?


MVI_0850-0001-1


 まあ 正直 この手のクラブ(柔らかい・重いヘッド)が合わない人もいます。
👉合わないというよりも好まない人が正解かな…。
 いますが、悶絶クラブを使って 体は傷める人は皆無。
 市販のクラブで体を傷め、腰や肘などを傷めた人を 
 例外なく全員助けてきたのは大袈裟ではなく、事実です。

飛ばせるクラブというよりも
希望の距離を今までの 半分・・・は明らかにオーバーですが
6割とか7割の力感で打てるようになりますから
当然 安定度も高く、体も痛めなくなりますよね。

あとは 柔らかいシャフト・重いヘッドの効果は
フェアウェイウッドが苦手な人
バンカーショットが苦手な人
アプローチが苦手な人の改善に
ものすごく有効です。

嫌いだったフェアウェイウッドが好きになりますよ。

IMG_0491


打ち比べてみると分かりますが
アプローチ、特にバンカーショットに関しては
正直 市販のシャフトの硬さ・ヘッドの軽さ では拷問
嫌いに、苦手にならない方がおかしい と言えるほど酷い。

バンカーショットでの最大の問題は足場です。
軽いヘッド、硬いシャフトでは
大きく 強く 速く振らなくてはなりません。
基礎体力というのは足腰に一番出ます。
まして体重の軽い女性には 大きく強く速く振らなくては出ない
サンドウエッヂは残酷な代物・・・。
IMG_0002

のちのち その一本が影響して 波及してしまう
というコトは 往々にしてありますが
(大歓迎ですが(^_-)-☆
せめて バンカー用の悶絶クラブ一本あるだけでも
ゴルフの楽しさは全然変わります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どこ位の「シャフトの硬さ」から というのは人によって異なるかも知れませんが、
一般的なゴルフクラブの「シャフトの硬さ」であれば
シャフトは ヘッドとグリップをつなぐ単なる長い棒 です。
   ・・・人間は長い棒を持つと何かの理由で振り回したく なるのかも しれません。

アイアンシャフト(5番)で比べてみると
✋弊社の 悶絶アイアン(グラファイト)であれば 38インチ 160cpm
✋軽量スチールシャフト/スイング破壊兵器 であれば 38インチ 280cpm

となると その数値が 270cpmであっても、300cpmであっても
しなりのない長い単なる棒状の物体 に違いはないでしょう。
IMG_2813Trim(2)_Moment(4)IMG_2813Trim(2)_Moment(7)IMG_2813Trim(2)_Moment(9)






ゴルフスイングという動作の中では
長い 特に何も機能のない ヘッドとグリップのつなぎ手である 長い棒
となると どちらかというと 邪魔な存在になり易いでしょう。
長い棒であると しならせたくなる…のかもしれませんが
しならせる というのは 全長を長くしたり、短くしたり ということでもあり
ゴルフクラブの場合、角度 というのがありますから
 上下のロフトや左右を司るライ、左右上下の向きそのものも
その しならせる〜しなる戻す という中では 不安定というか、不確定要素
にしてしまいます。

しならせる というのは スイング動作においては
ロフトを開き、フェースを開くことにつながります。
そのまま打てば 飛びません、上がります、スライス という
ゴルフでは最も嫌われる球になってしまうので
閉じなければならない というのはパックで必要です。

本来のシャフトの意味合いは
クラブヘッドの異質なその形、その特殊な形状は
ゴルフショットを楽にするために特化したモノ
です。
非対称性の強いその形状を しなるしならせる という
対称性の強い動作 とは相性が悪いです。

その形状が作る重さを 打ち手に伝達し
より簡単に、より確実に、より力強く 打つことを
サポートする のがシャフトの役割でもあります。

つまり シャフトは しなりが起こった時、
その復元を利用して グリップを押すためのモノです。

グリップを押す方が 打ち手そのものの動作も
その動作方向も阻害しにくくなります。
ショットは 大きなもの、重いものが 一定の方向に
移動、動作している方が 安定度は当然高くなります。
MVI_0850-0001-1

しならせる、しなり戻す という行為は
クラブだけ、もしくはヘッドだけ 動いて打つことにありますから
打撃においては 一番モーメントの低い打撃法になります。
  ……お約束の本末転倒丸出しです。



紙のように軽い市販のヘッド、
伝達性能が低い市販の超硬シャフトでは
感じ取るのは至難の業かもしれませんが
一番 ヘッドの重さ、クラブの重さを利用してスイングしやすい
グリップを押されやすい、グリップが低くヘッドが高くなった
トップオブスイングの位置で
どの方向にグリップが押されると良いか、
いつ押されるとダウンスイングに移行しやすくなるか、
インパクトの所定の位置を通過させやすいのか
感じて、試してみてください。
切り返しの力みもここで生まれます。
クラブが自分の動作の邪魔(な重さ)にならず
その助けであれば 力みも生まれません。

シャフトのしなりは ヘッドを動かすモノではなく
グリップを動かすモノです。  本来は。


シャフトがしなれば グリップを押します。
グリップを押せば 早い時期にインパクトが来易く
正規のインパクトタイミングに遅れ辛くなります。
グリップが押されますから 動作も遅くなり難いですし
その押される方向から 打ち手の姿勢も作り易いでしょう。

IMG_0360


人間の体の姿勢 とか 型 ではなく
次の動作をし易いクラブ位置/姿勢に、次の動作に移行しやすいクラブ位置/姿勢 が
トップオブスイングです。
それを感じておく というのは
練習であっても、コースであっても
一つの目安というか、悩んだ時、迷った時などに
そういう指針があるのはとても重要です。


しなり難いシャフトを無理やりしならせるのか、
放っておいても しなる柔らかさのモノを使うのか、
また しなった時に そのしなりでヘッドを動かすのか、
それともグリップ、クラブそのものを動かすのか、
スイングを動作!として行う前の概念というか
思い込みが スイングを決めてしまうのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


某SNS で アマチュアの方のスイングを
毎日チェックしているんですけど
すごいですねー。

動画・画像等は乱用になってしまうので
ここに転用することは出来ませんが、
ドライバーなどのフルショットは
例外なく 手振り・手打ちの振り遅れ で
 体は手を振るためのきっかけの為、動かしているだけで
打撃そのものには何も利用されてない
 です。
IMG_0347

上げ方…テークバックは
体は1mmも右に向かないで
手だけ、って言うか 左手だけ で上げるので
トップに近づくにつれ 前₍ボールの方₎に倒れてますねー。
これでは 体幹に筋力のない年齢の人や女性など
フェアウェイウッドを多用する人にとって
相当な数の練習量が必要ですし
打てるようになっても メンテ的に練習が不可欠。
それでも この手の動きは疲労や傾斜に弱くなりますね。

手で裏に上げてしまうと
言葉遊びのようですが、
全体は高くなっていますが
ヘッドはグリップに対し上がっていない、逆に下がっているので
重さがスイングに利用できないばかりか
逆に ヘッドの重さが抵抗というか、負荷にしかなりません。
いくら 紙の様な重さのヘッドの軽さ
全くしならないシャフトとは言え、これではクラブの手助けが借りられません。



あと めっちゃ 気になるのは
いったい どこに向かって打っているのか
というコトです。

時計で言うと
i320
マットは12時に向いていますが
からだ、スタンスは1時〜1時半
でも 飛び出る球は 10時半〜11時

の方向という 広角打法というか
これって 目安がないコースで
何をもって修正したり するんでしょうかね・・・・

手振りの激しい人ほど この度合いは酷いです。

人間ですからミスは当然出ますが、
スタンス向きに対し 40度以上も違う方向に
ボールが飛び出る訳ですが
何を目安にすればいいのか・・・
何を基準に治せばいいのか・・・

そのスタンス通りにボールが飛んでしまったら
ミスになるって 何をどうアドバイスすればいいのか???

そのマットに対し 振っているのか?
そのスタンスに対し 振っているのか?
スタンスよりも、マットの向きよりも左に飛び出る
 その方向に対し振っているのか?
誰からもアドバイスが受けられない方法を選んでませんか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングのボヤキのひとつに
右手を使いすぎ」や「右手を使ってしまった」の様な
なにか スイングは右手を使ってはいけない様な
ニュアンスの言葉を耳にします。

しかし ゴルフは右手で覚え
右手と使わないと 飛びません。



それはいつ、どんな時なんでしょう?!

加我 (1)

スイングはアドレス時
右手の方がコブシ一つ遠くを握っているので
左手よりも右手の方が下にあるように感じますが、
原則論として 右手の方が左手よりも上にあります。
それが グリップの基本でもあります。
スイングには時間区分として
右手の方が左手よりも「はっきりと」上の時間があり、
その時間帯が唯一 右手を使える、有効に使える時間です


右手が左手よりも「はっきりと」上にある時間
イコール ヘッドの方がグリップよりも高い
グリップの方が低い時間帯です。
IMG_2813Trim(2)_Moment

そして その時間は 体が右向き
左サイドの方が低く、右サイドの方が高い時間です。
ここでも 骨盤の右向きは重になります。
それが しっかり、はっきり 作れるからです。

右手を使う とは
右上腕が上がり、右ひじが曲がり
 右腕が短くなっているものが元の長さになるコト です。

元の長さに戻すのに グリップを体から離してはイケマセン。

通常 グリップはアドレス時、肩からブランと下がったところ辺り
から始まりますから、腕を使える領域は そこが最大に体から離れる
そこと自分との間 懐の中です。

右を向いている時間帯は
下の動きに横が、横の動きに下が混じる時間帯ですから
上にある右グリップが 茱哀螢奪廚魏次⊆个甓次,鵬,好灰
フェース面をボールに
フェース面でボールを地面(練習であればマット)に
押さえつけるために 伸ばします。

体が正面を向いて「からスナップショット 2 (2018-04-02 15-14)
右手を使って(伸ばして)は 横に移動に下が混じりませんし
下の移動に横が混じりません。
右手を使い、右腕を伸ばすのと その先にある茱哀螢奪廚邪魔に
なりますが、そのタイミングで伸ばすと邪魔になっても
そこに残して置かないとボールに届かなくなりますから
右手を伸ばすと 横にグリップを移動させ
体を屈曲させ、右サイドを下げ、下を補いながらスナップショット 3 (2018-04-02 15-14)
横に押される茱哀螢奪廚鯑呂せるために
上に逃しながらボールを打つ 
という曲芸をしなくてはならなくなります。



右腕を使う〜伸ばすのには
そのきっかけとして 茱哀螢奪廚鮠し 少しでいいですが
からだよりも先に、右手よりも先に
少しだけ動かしておく意識が必要です。
MVI_0854_Moment

その行先に目安は
左腕と体の間の空間
ボールの方ではなく 莽咾搬里龍間です。
グリップエンドをその空間に入れる通過点に向けて
左グリップを先に動かしたら 右腕を伸ばしましょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現場、コースでの多くの方のスイングを見てみると
圧倒的な右向き不足が大変目立ちます。

体の部位で言うと
左肩の移動に比べ
圧倒的に右肩の移動が少ない感じ。

スナップショット 3 (2015-03-12 14-58)


それは即ち手だけ 左腕だけ、左肩だけの
テークアウェイ! というコトでもありますが、
手ぶり 手打ち 手上げ を推奨はしませんが
最悪、そうであったとしても
右向きの量 がある程度あれば
かなり 救われる可能性が高くなりますし、
ラウンド後半に崩れるのを予防できる可能性

圧倒的に高くなります。

右向き 理想的には骨盤の右向き が足らないと
疲れてきた時など ラウンドの後半での
✊長物〜ドライバー・フェアウェイウッド のミス
✊傾斜地などからのミドルショット 130ヤード以上

の大きなミスにつながりますから
普段から意識しましょう。



具体的には
.董璽アウェイでは右肩・右腰を後方に積極的に移動させましょう
理想的には テークアウェイでは
左グリップでなく、右グリップを主にクラブを持ち
右グリップをインサイドの方に速めに移動させたい、です。
右手のひらは出来るだけ ボールを向きながら
空に向けず ボールから離していく感じ、です。

bcb3a5e8





右ひじはやや外目に、やや高めに移動させましょう。
こちらは練習で習慣付けていれば
コースでの 瞬間的な修正方法として大変有効 です。
アバウトではありますが、大半のミスは 右向き不足から始まります。
思い出せれば 右ひじを外に、やや高めに移動させれば
自動的に右半身も移動しますから
ダウンスイング時の クラブを通し空間が確保でき、
インサイドから、とは言わないまでも
振り遅れになる可能性、振り遅れの量が軽減できます。
上から打てる可能性も上がりますから
距離の確保も可能です。
スナップショット 1 (2013-11-19 11-20)スナップショット 3 (2013-11-19 11-20)












👉右ひじの下向きは イコール 手上げ//右向き不足の証 です。

イメージする トップの右ひじの位置へ
アドレスから回り道せず ストレートにひじを移動させる。
右ひじが下を向く ということは
右グリップの上に茱哀螢奪廚被った₍上に乗っかった₎
グリップの移動差の証でもあり
そのあと 多くの問題を生み出します。
スナップショット 1 (2013-11-07 19-47)

右向き不足是正・右ひじの外目、高め は
かなりの確率で スイングを大幅に改善します。
しかも 思い出せれば コースでの修正として大変有効です。
もしかしたら コースで修正できる唯一の方法かもしれません。

覚えておいてくださいね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
 ちょっと難しい話題かも知れませんが…。
根本的なクラブの扱い方、そしてイメージとしては
とても重要です。

トップの位置・・・から考えてみましょう。
 まずは動画からご覧ください。

骨盤がしっかり右を向いて
ある程度クラブの起きた状態、立った状態が作れれば
スイング クラブが重さ。。。という意味では一番軽くなった状態です。

そこから 腕であっても、体であっても
動作を始めれば、どの動作分、クラブの長さ姿勢も変わりますから
重さはどんどん増していきます。

計量器で測れば 重くても400gのモノが
運動や長さによって 十キロ以上にもなるのです。

例えばです
空のバケツを持っていて 移動させ あるところに置く としましょう。
移動途中に 水を増やしていけば
初期の想定の場所に置こうとしたままだと
結果、手前にバケツは降ります。
まだ 一定の水の増え方ならまだしも
急に増えたり、今回は増えなかったり すれば
目的の場所にバケツを置こうとするには当然難しくなります。
クラブも同じです。

例え その増え方が一定だったとしても
減る方ではなく 増える方に変化するのですから
クラブはより一層そこに留まろうとします。

198Trim_Moment

例えば ですが、このトップ姿勢から始めるとすると
からだとクラブ(シャフト)の関係は 垂直 90度近い関係です。
腕のさばきも手伝い、グリップを体の回転で移動させていくと
右側にくっつくように その体との角度は鋭角になっていきます。
最後は体と平行とまでいかないまでも
 それに近い所に収まります。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)






これが 先端に重さの付いたモノ と 体の回転の正しい関係 です。


👉グリップが体の回転から遅れないようにする方策としては
シャットフェースを作れるか・・・ というのもあります。
シャットフェース 体で言うと左サイドが低い状態・・・を作れれば
ヘッド・クラブの重くなっていくその負荷を使って
 それをグリップを押す方向に、下げる方向に使えるので
体の動作・体の回転に対し、グリップが外れにくくなります。




2017-06-13 19-07-51
ですので これが縦であっても、横であっても
このような円弧を描けるのは 先に重さのないものを動かすイメージであって
先端に重さのあるものを このように動かすには
早めに体を開いたり、グリップの移動を制限しなくては出来ないのです。

非常に大事なイメージです。
これがある意味 インサイドアウトの正体でもあります。

これが唯一 体の正面でボールを捕える
体の回転で手遅れにならない〜グリップを遅れさせない クラブの扱い です。

この扱いよりも ヘッドを縦であっても、横であっても 動かしてしまう
円弧を描いてしまう〜道のりが遠くなる・長くなると
手さばきでの円弧の作用は
 ヘッドの道のりを増やす + グリップの移動を止める
 にさらに 体も開く
  はパックの動きですから
量自体が少しであっても 振り遅れになります。
量自体が多くなると 体の回転で打てる時期を逸するので
全体と腕で振らなくてはならず、
最近では 開き直って それをスイング論と論じているケースも多々見られます。


よく見かけるスイング・・・ではyjimage0IQ6BINQ
からだとシャフトとの角度が
どんどん 左サイドにくっついていく
つまり 自分の体の向きに対し
それをクラブが追い越していく という あり得ない というか
体の運動とは関係ない動きをします。
体を止めて 手だけで振らないと それは起こり得ません。
筋力・腕力に依存するだけでなく、自然な法則に逆らうので
体も痛めやすくなります。


20161215Trim(2)(2)(2)_Moment(2)


体の回転で打ちたいのなら、
クラブの機能を利用したいのなら、
体を傷めたくないのなら、
安定と飛距離を両立させたいのなら、
こうするしかないのですが

( ;∀;) ヘッドをたくさん動かさないので 飛ばないのでは という
疑念も湧きやすいでしょうね
。 
 ・・・道具を使いますから 距離は筋肉でなく、物理で飛ばすのですがね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

プロも含め、誰も彼ものアプローチなどを見ていても
とても気になるところ があります。
これはスイングというか、ゴルフクラブを扱う際の約束事に等しく、
この約束事を守れないと
罰とまで言いませんが、要らないはずの動作が急増
多種多様の動作で補正しなくてはならなくなります。




それはなにか? というと
スイングは最終的には体が回って円弧を描きます。
円弧を描くから その外周にあたるヘッドの軌道が
グリップの軌道よりも長く、大きくなります。
それはあくまでも 体が回るから
 であって

,修梁痢骨盤から上の胴体と肩と間違えていれば 論外ですし

⊆蠅気个でヘッドの道のりの方が多く、長く、なっては
 体の仕事を取ってしまうばかりか
 その作用によって 体の姿勢は崩れます。 

👉つまり 腕によって縦であっても、横であっても
 円弧は描かない というコト! 


約束事:腕で円弧を作ってはダメ!


☆アプローチで気になるのは564dfb4d
 ヘッドでなく グリップが円弧を描いて移動しているコトです。
 もちろん その移動が体、骨盤の回転を伴ってであれば
 問題はないのですが、
 俗に言う 肩の揺さぶり(それは腕のさばきの一部です)である場合
 その揺さぶりは左右のねじりではなく、上下のギッタンバッコンですから
 回転(厳密にはひねりですが)に不必要な上下動が加わりますから
 ミスだけでなく、距離の安定・均一への影響も非常に大きくなります。
 この絵であれば、体が回転、骨盤の向きの変更であれば  →→→
 問題がないですが、肩の揺さぶりで グリップが円弧を描いていれば
 ダフリ・トップは必然、ちゃんと当たる方が奇跡的な確率と言えます






腕とクラブとの関係は
体の回転 の補助が目的ですが、
なにがしかの形(刷毛塗)で動かした場合も
グリップの移動の量だけ
グリップの移動の方向
グリップの移動の速度

も ヘッドの重さ、運動や長さの変化に応じた ヘッドの重さ分
グリップよりもヘッドの移動は少なくなります。

ましてや 円弧は
それが縦であっても、横であっても
体の回転の仕事で
体の回転無しの 腕のドリルの状態であれば
グリップの移動分 ヘッドは立体的にも直線でしか移動しません。
どの方向にも弧を描いたりしないのです
MVI_0873 (2)(2)_MomentMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)











腕の役割は クラブの構造を使って
クラブやクラブヘッドの重さ、
縦方向に掛かるその重さを横方向、回転方向に変換し、
運動や長さの変化で重くなるクラブの重さ〜留まろうとする力で
グリップが体の回転より遅れそうになるのを避け
グリップが体の回転に追随、同期していくためのモノです。

腕でヘッドをグリップよりもたくさん動かそう
腕でクラブヘッドに円弧を描かせてしまうと
体の仕事を取ってしまうばかりか、体の姿勢も崩れてしまうので
より複雑に、より高速に 手打ちしなくてはならなくなります。



スナップショット 1 (2018-05-19 20-35)👈真似てはいけない 素振りもダメ
このように素振りしたり
振ったりすれば
縦横の体の役割を取ってしまうばかりか
前傾姿勢なども含め
すべてのアドレスに存在するはずの角度
姿勢を崩してしまうので
クラブの機能や人間の自然なメカニズムを
無視し、自分の技〜曲芸で
ボールを打ち、飛ばさなくてはなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ