◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2018年06月



関東圏/千葉県 でのゴルフです 参加者募集します!

 ご連絡ください →046-804-1480
         hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

2018-06-02
 東京より  2名 Sさん、Sさん
 埼玉より  1名 Oさん
 神奈川より 2名 Aさん、Nさん、
 …参加予定です

358101-1


7月18日(水)ラ・ヴィスタ ゴルフリゾート

住所 〒297-0145
千葉県長生郡長南町佐坪373         
電話0475-46-2525
アクセス
【自動車】圏央道・市原鶴舞I.Cから約12分 

*地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/@35.3552033,140.2349455,14.49z/data=!4m5!3m4!1s0x6022ba754f0fc6eb:0xe8f9889beab2e6e1!8m2!3d35.3602291!4d140.2445137?hl=ja



8:56 インスタートから3組
   ☞セルフ・ランチバイキング付 \7,800




 (コンペフィーは別途\2,000程度を考えていますが
  コンペをするかどうかは未定)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフはゲームとして
本来、スコアを競うもので
マッチプレイであったり、ストロークプレイであったり
するので ショットの能力は大切ではあっても
ゲームメイク 知恵や経験、対処方法なども含めた
総合的なゲームであったはずです。

358101-1


いつ頃からなのでしょうか・・・
タイガーウッズの影響は少なくないのでしょうね・・・

今やスイング論もクラブも
脳みそ筋肉、筋力や運動能力を競う遊びになってしまっています。
特にクラブはそうです。

弊社は重いヘッド・柔らかいシャフトを専門とした
ゴルフショップなので 痛感するのですが、
ゴルフクラブや各部品を開発したり、製造する場合
アスリート志向 のものの方がコストは圧倒的に安上がりです。

cfc9c7ed


特にシャフトは硬いほうが圧倒的に安く済みます。

スチールシャフトのブームなんかは最たる例です。


例えば、よくある シャフト繊維の弾性 〇〇トン 何トン というのは
確かに入っていますが、その量、その割合に規定はありません。
マイナーな分野の商品ですので 明確な工業規格が存在しないのです。

ゴルフクラブのグラファイトシャフトの場合、
弾性何トンの繊維が一本しか入っていなくても
半分以上入っていても 同じ表記というか、同じ宣伝です。

チューブタイプのわさびは
わさびがその50%以上入っていると
本わさび使用と明記でき、
それ以下だと書けない のだそうです。
ホースラディッシュ〜西洋わさびに着色したものが
いまや わさび と言われていますね。

硬いシャフトの場合、かなりそれに近く
ゴルフクラブとしてのシャフトでなく
ただの鉄の棒、アクリルを焼いたグラファイトの筒
になりつつあります。

シャフトの硬いモノはおおむねシャフトが強いですから、
破損のための工夫、インパクトの衝撃を逃がす工夫が
あまり必要ありません。
アスリート『志向』の人はブランドに弱いですから
有名メーカーの宣伝をそのまま信じたりします。

IMG_0491


話を本題に戻しますが、
そう言ったことの影響
どちらかというと 使い手にとっての都合 ではなく
売り手にとっての都合 によって
クラブのハードスペック化は止まりません。

昔でしたら アイアンのグラファイトも半分を占めていましたので
スチール用のアイアンヘッドとグラファイト用のアイアンヘッド
二通り 用意されていました。
良心的です。

今はスチールシャフト用のアイアンヘッドしか存在しません。
グラファイトを装着する場合、装着時に重りを入れるだけ か
OEMで作るシャフトに スチールと同じようなバランス、
つまり 先端が重くなるようにして
形式的な スイングウエイトが出るようにしたりしています。
(今は後者が主流でしょうか…)
これは シャフトメーカーも安くシャフトが作れるので喜んで応じます。

アスリート『志向』のクラブが多くなっている昨今ですが、
それに比例するように ゴルファーの高齢化が進んでいます。
反比例と言った方が良いのでしょうか…。

力のない人や高齢な方、女性にとって
アスリート用の 軽いヘッドの付いたウエッヂ
スチールシャフトのウエッヂ は悲劇です。
正直、残酷でもあります。
IMG_0002

ラフやバンカーなど
ボール以外の負荷がかかりやすい状況で
軽いヘッドと硬いシャフトの組み合わせのウエッヂは
何一つ、本当に何一つ良いことはありません。
悪いことしかありません。

バンカーに悩む、もしくはバンカーが苦手な人に
レッスンをするよりも ある程度の重さのあるヘッド
ある程度硬くないシャフトのウエッヂを持たせれば
まず 5分で解決します。
何のテクニックも要りません。
(レッスンプロにはごめんなさいですが…)

確かに アスリート『志向』の
軽いヘッド〜硬いシャフト、軽量スチールのウエッヂの方が
単価も安く、買いやすい ですが、
それによって バンカーが嫌い、アプローチが苦手、
挙句の果てには ゴルフが好きになれない…辞める
 なんてことになったら売る側にとっても悲劇です。

ゴルフを始めて初期の頃に
その手のウエッヂを持って バンカー嫌い、アプローチ嫌い
が植えつけられてしまったら、後々たくさんお金を使っても
それを解消するのはとても大変です。

〇〇買いの銭失い とは言ったものです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



関東圏/千葉県 でのゴルフです 参加者募集します!

 ご連絡ください →046-804-1480
         hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

358101-1


7月18日(水)ラ・ヴィスタ ゴルフリゾート

住所 〒297-0145
千葉県長生郡長南町佐坪373         
電話0475-46-2525
アクセス
【自動車】圏央道・市原鶴舞I.Cから約12分 

*地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/@35.3552033,140.2349455,14.49z/data=!4m5!3m4!1s0x6022ba754f0fc6eb:0xe8f9889beab2e6e1!8m2!3d35.3602291!4d140.2445137?hl=ja



8:56 インスタートから3組
   ☞セルフ・ランチバイキング付 \7,800




 (コンペフィーは別途\2,000程度を考えていますが
  コンペをするかどうかは未定)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
スイング軌道を体の回転で造る
言葉で言うのは簡単ですが、
それをできている人を見つけるのは
トッププロも含めても
砂漠で針一本探すほどの確率…はオーバーにしても
多くはありません。

6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6


じゃあ どうしたら出来るのか?

は逆説的であるけれど

まずは スイングプレーン ヘッドの軌跡
 インサイドアウト とか、
 アウトサイドイン という概念を
忘れてしまうコトです。


体の回転で、
結果として体の回転と同期して
スイングの軌跡、スイングプレーンが出来るとすると
その軌跡・軌道を意識しても意味がありません。

体のまわり方 腕を振らない体のまわり方 は
もちろん 個性、個別では微妙な違いはありますが
大局的にはそんなに種類がある訳ではないので
似たような軌道が作れれば良いですし、
弾道を分析したり、修正するのに
結果論的に 用いられるに過ぎないのが「軌跡」です。

スライスするのは アウサイドイン だから
インサイドアウトに すれば解決する…
なんていう まじない に縛られないことです。
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a

体の回転で、
結果として体の回転と同期して
スイングの軌跡、スイングプレーンが出来るには
絶対条件が二つあります

々盤〜体の右向きが十分あること

 これは正確に言うと
 骨盤の右向きの『量』ではなく、
 それによって移動したグリップとヘッドの対比で
 十分な右向きの量 というのは
 グリップの移動量 > ヘッドの移動量
 という意味です。


 ↑ですので これでは 右向きの質としての量は足りていません


▲肇奪廚琉銘屬之垢通り 右ひじの高さが確保されているコト


この二つの条件を満たせば
誰でも体の回転通りに クラブを動かすことが可能です。

慣れや違和感を除けば、誰でも出来る
技術的に難しいことは何もありません。

そもそも 体の回転通りにクラブが動いていれば
円軌道は 体がするので
腕は円軌道を描く必要がなくなります。
動かす量も 土台である体がほとんどやってくれますから
腕でクラブを動かす量は 1mもありません、
おそらく 慣性や重力を除けば、50センチ程度でしょう。


また 球筋などにはいろいろありますから
修正は必要ですが、
一球一球のスイングで インパクト付近 という
高速な時間帯に何かをしよう というコト自体
馬鹿げている と気づくのは重要です。

まあ 参考になるか どうかはわかりませんが、
私個人は 体を回す という感覚はほとんどないです。
体の回転を止めはしない という程度です。
体で振る 体でクラブを動かす というよりも
肘さばき、腕さばきで クラブを動かしたら
体がくっついてきて、結果として同期している
という感じです。
o0361056812059034776

その点において 気になるのは
多くのゴルファーは 腕 と 肩(含む肩甲骨)の区別が付かず
腕を使うというと 肩を揺さぶり ます。
肩は 腕!とも、体!とも言えない
その中間にあるつなぎ手でですから
ものすごく中途半端な結果が待っています。

日本のゴルファーが特にそういうトラウマがあるのか
腕を使うのを極端に嫌う傾向にあり、
ギャグのようですが、
その結果 より腕で振ることになっているのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ