◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2018年06月



パッティングストローク
ボールを転がす〜移動させる 時、

その地面は
.汽鵐疋據璽僉₍2000番くらい₎の上
氷の面の上

このどちらが転がる、転がりが良い と言えるでしょうか?

まあ 当たり前ですが、氷の上 ですよね。


同じスピード、同じ力加減で打った時
サンドペーパーの上を転がるよりも
氷の面の上を転がる方が 遠くへ転がりますし、
ボールの減速も緩やか、滑らかです。

010


パッティングストロークにおいて
「良い転がり」とは 滑るように移動するコト であって
ボールの回転が多くなることではありません。

もちろん ボールが地面を転がる限り
ボールには順回転〜オーバースピンになりますが、
それは摩擦によって 引き起こされます。

つまり 回転の数が多ければ それだけ摩擦は多く、
同じ距離、同じボールのスピードを作るのに労力を要します。

回転の数が多ければ それだけ地面とたくさん、
長い時間触れますので 逆目や順目などの芝生の状態にも
左右されやすくなりますし、
なにより 同じ距離を打つのに
 強いストローク
 速いストローク
 大きいストローク

が必要になります。

スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)スナップショット 4 (2013-04-13 23-00)









パッティングの要は
自分の望む距離を打つことであって
ボールの転がり₍回転₎はその手段で、目的ではありません。

シンプルに 自分の打ちたい方向に
打ちたいだけ 押して 移動させてあげましょう。

ボールを弾くように打って 結果、うまくいっても
その結果は次のパッティングに反映されません。
一度限りのパッティングになってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはご存知の通り、
重さのほとんど 7割近くが
長い棒の先、シャフトの先端のヘッドに集中しています。
IMG_0459

ゴルフスイングにとって
『 長い × 速い 』 という掛け算は
その重さを増やすには増やしますが、
打ち手、打ち手の負担になるばかりで
ボールを打撃する力に使うことが出来ません。

重さ とは確かに重力方向〜縦方向にかかる力ですが、
重さの集中するヘッド部単独を その重さを使って
縦に動かしてしまうと フェース面で打つのが難しくなり、
打ち手の動作と切り離されたものになりがちです。

良いショットをしたい ですが、
ゴルフというゲーム性から考えると
出来るだけ繰り返し、使えるショットをする のを優先させるには
重さと動作が切り離されたのでは偶然待ちになってしまいます。

これからショットをします というトップオブスイングでは
重さのあるヘッド部の方が 握っているグリップよりも高い位置にあり、
ヘッドの、クラブの重さはグリップを下方向に誘導するよう
掛かっているのですから それを利用しましょう。
 ✋そのためにその形を作ったのです。

ヘッドに掛かる、クラブに掛かる 重さ
✊縦の力を グリップを動かすコトによって
 回転☛横方向の力に変換してあげるのです。


c1fa68b7-s


その際、クラブを長く使おうとしてはいけません。
クラブを長く使おうとすると
当然 クラブはどんどん重くなり、道のりも長くなりますから
体が自然に回転していく時間に対し 遅れることになりがち です。

トップの位置で 自分のグリップ部
その先に壁があると思って
その中で クラブを動かせるようにイメージしましょう。

IMG_2813Trim(2)_Moment


スイングは前傾姿勢がありますから
右を向いているときは
 左サイドにあるモノの方が右サイドにあるモノよりも低い位置関係にあります。

それの位置関係を利用することによって、その時間をより長く保てます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


車で 移動するとしましょう。

自分一人で使うの と 定員いっぱい 4人なり、6人 乗ったのと
比較してみると クラブヘッドの重さの意味が見えてきます。

どちらが加速が良いでしょうか?
        もちろん前者です。


どちらが燃費が良いでしょうか?
        もちろん前者です。

カーブを曲がるとき、どちらが膨らみ易いでしょうか?
        後者です。 

ブレーキをかけた時、止まりにくいのはどちらでしょうか?
        もちろん後者です。 

重さとは そこから動きたがらない力 です。
同時に 動き始めると その動き自体も止まりにくくなります。


6a874f9f-s


「重さ」 「ヘッドの重さ」
ボールを飛ばすために うまく使うポイントが見えてきます。

こと ボールを打つ ということに限っては
その重さは ダウンスイング という 落下方向が助けてくれます。
その落下方向を利用する ということで
加速の鈍さ・燃費の悪さは解決出来ます。

出来ますが、落下を利用するための姿勢・位置
というのは 重要です。

「ボールを!」「フェース面で」打つ
「ボールを目標方向に」打つ
というのが目的で、ヘッド自体を落下させることが目的ではなく手段
ですので、ここをはき違えてはいけません。

IMG_2813Trim(2)_Moment

クラブヘッドには 重心位置 と言って
重量の中心点(重量の真ん中)が存在します。
ですので クラブを動かしたときに
意識していれば 両手に伝わる重さの感じ によって
ヘッドが大体どこにあり、フェースがどこを向いているか分かります。
(軽いヘッド・硬いシャフトのクラブの場合 その限りではありません)

テークバック時に フェースを開いて動かすと
左腕には上がる感じ、右腕には下がる感じ が伝わってきます。
フェースを閉じて動かすと その逆です。

スイング動作の多く
半分以上は その重さや負荷 による不可抗力によって作られてしまいます。

全部・・・と言っても過言ではありません。

テークアウェイやトップの位置で
フェースが空を向いているような 重さのかかり方 では
ほぼ例外なく その重さの伝わり方通り、左サイドは上がり、右サイドは下がります。
よって そのクラブ姿勢から始まる ダウンスイングは
その重さ通りの体の姿勢になっていきます。

スイングは体の回転 が最大の逃げ になりますので、
左サイドが上がれば
前傾姿勢との絡みで ほぼ必ず体は左を向く、開くということです。


ですので ダウンスイングで右サイドが下がる とか
体の開きが早い とか
体が突っ込んでしまう とか

これらの症状は テークアウェイの初期に作られたヘッド姿勢によって
原因はすでに出来ており、症状が発生した時には
読んで字のごとく 不可抗力 ですので もう間に合わない、
ダウンスイング時に修正することができないのです。

4bcbe6f4


スイングで遠心力 …カーブで外に膨らもうとする力
それを意図的に増やすようにクラブを使えば
その重さによって 体はそちらに引っ張られます。
それでは ヘッドではく、シャフトでボールを打つ ようになってしまいますから
引っ張られた分、打ち手は引っ張り返して
ヘッドがボールと当たるように調整します。

遠心力がかかったであろう方向を想像すれば
どのようになるかは明白です。




スイングは 自分の思っているように体を動かすコト よりも
圧倒的に クラブの作り出す重さへの対処
不可抗力への対処 に左右されます。
ほとんどが クラブによって作り出されてしまいます。

望んでいない動きも そのクラブの作り出す負荷 によって作られるように
望んでいる動きも そのクラブの作り出す負荷 によって作れるのです。

ダウンスイングで右サイドが下がらないようにするには
右サイドがそうなる負荷を、不可抗力を事前に用意すれば
場合によっては 左サイドが下がるような負荷、不可抗力を用意すれば
意識しなくとも 右サイドは下がらなくなります。

そういう意味でのクラブの利用なのです。

傲慢に 自分でクラブを振り回すのではなく、
自分が望んだように動ける 不可抗力を クラブによって作り出すのです。


 まあ きっとこれがゴルフが大人の遊び と言われる所以でしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

リッター10キロ走る車があったとしよう。

目的地まで 100キロ
平地であれば 11リッター強 あれば 行き着く


では 山道で 例えばアルプス越えなら・・・

気圧とか 気温はちょっと 置いといて
まず 15リッター位無いと怖いよね
読みにくい というか

また 同じ平地の100キロであったとしても
信号などのない 一本道なのと
都心部の信号の多いところでは
同じ 燃費にならないよね〜〜〜


アプローチも全く同じ

自分のイメージしている
「距離」 と言う言葉は
平地の直線距離で
これから 20mを打とうとする
カップまで、目標まで 20m
ってイメージしているでしょ

でも 実際には 打たれる弾道は
直線ではなく 山道の越えのような曲線
山道が険しければ 険しい程
燃費も到着時刻も読みにくいでしょ。

sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

というコトで
アプローチの基本は 地上戦
出来るだけ 読みにくくならないように
平地の地上戦で考えてみるコト。

諸所の事情により 峠越え 高さを出さなければ
ならない場合も 出来るだけ 低く
限りなく ゴロ に近いモノを考えるコト

当たり前のコトだけれど
ボールを水平に1メートル動かす
ボールを垂直に1メートル動かす
は 垂直に動かす方が エネルギーが要る
これに ボールの回転という エネルギーの変換
も加わるのだから 出来るだけ
出来るだけ 高さを取らず
スピンも少なめに これが基本。

sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット


目的を忘れないで欲しい
アプローチに限らず ゴルフショットは
与えられた もしくは 望んでいる 距離を打つ
距離を進んでいく 陣地取りのようなゲームだ。

確かに 高さを取ったり スピンを掛けたり
するのは 見栄えがいいかも知れないけれど
ショーの要素が強く そちらの意識が強いと
自分ではなく 他人に見せるため 見られるため
を意識することになるので
ショットの事前の精神にも圧力がかかる。 


これが ショットの基本でもあるし
距離 を 一番の目的 優先順位にする
そして 無駄な 不必要な高さやスピンを
出来るだけ 与えないようにする

となると どう クラブを動かし
どう ボールとコンタクトさせるのか
概ね決まってくると思うけれど。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日、クラブを見たい という初めてのお客様がお店を訪れました。

そのお客様との会話の中で
「いま65歳だから あと何年出来ることか…」と仰いましたが
実際には日本の本当にプレイしているゴルファーの

『平均年齢ど真ん中ストライク』
なのではないかと思います。

あと何年出来るか、ではなく
まだ半分に到達したばかりなのです。

IMG_2813Trim(2)_Moment


何を言いたいか というと私も既に半世紀は生きましたが、
私の年齢で ショットをするのに
高校の部活のような調子には行きません。

出来ること、出来そうなこと、
出来そうもないことは ぼんやりですがわかります。



ボールを飛ばす のに 身体能力に依存していれば
どうしても限界が目の前にありますし、
おそらく 自分の感想…ですが、
たぶん共有感覚だと思いますが…、
なんとか 一発は出来たとしても、持久力というか、耐久力というか
それを持続し続ける能力は 年々・・・
悪い意味で劇的に落ちているのを実感します。


そこで 当然 ゴルフクラブの助け を借りたい訳です。
願わくば ゴルフクラブが勝手に打ってくれても…とも思うでしょう。

そして、
 『それは十分可能』 です。

それは どうクラブを扱うか によります。

残念ながら クラブが勝手に打ってくれる というのは
無機質で、機械式でもないゴルフクラブでは不可能ですが、
ゴルフクラブによって 自分自身が動かされてしまう という意味では可能です。

そういう意味では
ショットは クラブの遠心力によって打つ という
物理原則を無視した、小学生並みの発想からは卒業しましょう。

遠心力は ゴルフクラブにとって
グリップからヘッド方向、つまり 外へ、外へと膨らもうとする力です。
その力は ボールの存在する方向、
ボールを打つべき方向とは全く異なる方向に掛かります。

その遠心力がボールの及ぼす影響は
ボールの速度、移動速度ではなく、ボールの回転が増える程度です。
MVI_0850-0001-1

ボールに及ぼす影響よりも
圧倒的に 握力や遠心力によって
予定の経路から外れようとするのを制御する
自分自分に掛かる方が多いでしょう。

賢い人はもう気づくと思いますが、
クラブを使う、クラブを利用する とは
クラブが勝手にボールを打つこと ではなく
クラブの機能を使って いかに楽に、素早く、簡素に、
自分を動かすか という二次的というか、受動的なモノなのです。

そこが掴めず、自分が動かず
クラブばかりを振り回している限り
クラブの機能とは格闘するのみ、
特に 年齢とともに下がる握力や筋力によって
本能的に スピードは抑制することになるのが
飛ばなくなっていく一般的なプロセスです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



関東圏/千葉県 でのゴルフです 参加者募集します!

 ご連絡ください →046-804-1480
         hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

2018-06-12
 東京より  5名 Sさん、Sさん、Tさん、Iさん、Mさん、
 埼玉より  1名 Oさん
 神奈川より 3名 Aさん、Nさん、Mさん、
 千葉より  1名 Yさん

      現在/10名 …参加予定です

358101-1


7月18日(水)ラ・ヴィスタ ゴルフリゾート

住所 〒297-0145
千葉県長生郡長南町佐坪373         
電話0475-46-2525
アクセス
【自動車】圏央道・市原鶴舞I.Cから約12分 

*地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/@35.3552033,140.2349455,14.49z/data=!4m5!3m4!1s0x6022ba754f0fc6eb:0xe8f9889beab2e6e1!8m2!3d35.3602291!4d140.2445137?hl=ja



8:56 インスタートから3組
   ☞セルフ・ランチバイキング付 \¥7,800-

     ☆集合は現地です


 (コンペフィーは別途\2,000円程度を考えていますが
  コンペをするかどうかは未定、パーティは現地での判断です)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「パターが一向に上手くならない。」
「パターを変えても、大きな変化がない。」
という声を良く聞きます。


スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)スナップショット 2(2016-11-24 20-30)
まあ 嫌味も込めて言うのなら
軽いパターヘッド
しかも 軽いのに大きなパター を硬いシャフトで
振り子のストロークでしている限りは
仕方ないでしょう。
意味のないパターの買い替えを続け、ゴルフ用品界にご貢献くださいませ。




パッティング の肝は
打つロフトがいつも均一であるコト と
距離感〜スピード感 です。


均一とは言っても
いつもピッタリ とは行きませんので
そこら辺は ファジー(曖昧)でも
良いと思います。



それはこう言う仕組みです。
駄目なストロークの代表
多くのゴルファーがこのような
パッティングストロークが正しい
と信じ込んでいると思いますが。。。


BlogPaint


これはショットにも共通します。
(繰り返しで申し訳ないですが、とても重要なコトなのです)


ボールの打たれるエネルギー というのは
ヘッドの重さ と ヘッドの速度 というのが
打撃力・破壊力の基礎になります。

それが 当たり方(ヘッドのどこにあたる…ということで無しに) によって
ボールの速度・ボールの上下角度・ボールの回転
に分散します。

基礎になる 打撃力・破壊力が一定であるのなら
その 速度と角度と回転は
何かが増えると、何かが減る、
総体的は一定になる関係です。

それは .悒奪謬案
▲悒奪匹両絏爾竜案擦紡个垢襯蹈侫罰囘
Eたる場所 などによって決まってきます。

ヘッドを振り子のように動かすと
´↓それぞれが一定しません。
下がり軌道で当たる//最下点で当たる//上がり軌道で当たる
によって 速度・角度・回転 の割合は
かなり大きく変化してしまいます。

スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)

ですので ボールの距離感を把握しにくくなるのです。
微妙に・・・であっても その割合の変化は少なくないので
練習量を増やしても 距離感を刷り込みにくくなります。

特に 軽いヘッド
であれば その振り子で弾かないとボールは飛びませんし、
重心が深く、ヘッドが前に出やすい(うたい文句はフォローの出やすい)
マレット形状のものであれば その振り子の度合い
速度と角度と回転の変化は激しくなります。


パッティングもショットです。
テークアウェイを取り 少々高くなったヘッドを
斜め下方 に あくまでも直線で 下方向に
弧を描かないように ボールを押してあげられる

そういうストローク、
そういうストロークのできるパター、
を 使って覚えないと
腰痛が伴うほどの練習が必要・・・
腰痛が伴うほどの練習をしても身につかない 可能性があります。

パッティングに型なし と言われるのは
アプローチも含め、パッティング のような
距離調整の必要なショットにとって
一番重要になるのは 感覚的な距離感 です。
そこは 技術で補いきれない、
誰からも教われない部分が少なくありません。

距離感という いわば あいまいな感覚 を身に着けるのに
打つたびに どんな球が出るかわからないストロークをしていては
あいまいな部分が多すぎて 基準点が作れなくなります。

ショットで言うと 一般的には左右や曲がり の左右方向のばらつき
ばかりを気にする傾向が少なくありませんが、
パッティングストロークやアプローチ、そしてショットにおいても
最も重要なのは 上下のばらつき、一定の弾道に「なり易い」
打撃方法を目指す、身に着けることです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



私、店主はほんのお遊び程度でしか、テニスはしたことありません。
ラケットも所有したこともありません。 が、
きっとボールは ガットの張ってある面で打つものだ! と理解しています。

あまりに初歩的なコトで
テニスを長年やっている方にお叱りを受けそうですが、
ものすごく大真面目に『そう思う』のです。


テニスはボールが動いていますから
その動いて来るボールの飛球角度に対し
なにがしかの角度を作って「ラケット面」でボールを打つのでしょう。

その角度の差やラケットの動かした軌跡とボールの軌跡の関係によって
よくわかりませんが、意図的なスピン系の球にもなるのでしょう。

ともかく ガットの張ってある面で打つのもので
ガットを張っているフレームで打つものではないと理解しています。



一方、ゴルフの場合
プロやトップアマと称している人でも、ショットをするのに
ボールとヘッドの当たるインパクト 直前、本当に直前まで
ソールを向けています。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

トップオブスイングのヘッドの位置は
打つボールに対し 2m以上も高い所にある訳ですが
「そこ」から地面に置いてあるボールを打つのが
まず ショットの第一の目的であるのに
まるで 何をしようとしているのか 悟らせないかのように
直前まで フェースをボールに向けません。

と言って 打ちたい方向に向けている訳でもなく、
正直 ゴルフというスポーツに対し
なんのイメージも知識もない人にとっては
打撃後、出ない限り、何を目的をしているのか見えてきません。

その点がとても とても不思議に思う ところなのです。

img20070608_1

上半身の向き、下半身向き。。。
体が複雑にねじられていて とても分かりにくい。
そのうえで 打たなければいけないボールがあり
打ちたい方向ある・・・ にもかかわらず
また その打つ面であるフェース面とボールは対峙した関係でなく
非常に難しい位置関係・相対関係にあります。
ここから ボールをフェース面で当てるだけでも 高難易度なのに
飛ばそう・思った方向に行かせよう という
もう理解の範疇を超えた動きです。
私はこれを 念力 に等しいものだと感じます。
とても…とても… これを技術だと思えません。。。 



ゴルフクラブの構造から
ヘッドを下に振るのは「正しい扱い」ではありませんが、
その行為そのものが間違っている だけでなく
打撃面であるフェースではなく、本来底面にある その言葉の通りの
ソールをボールに向けて 上から下に動かして
結果 その横面・90度違う位置にあるフェースで打つ…というのは
何のためのトリックショットなのでしょうか?
まったく 意味不明 です。

ドライバーショットで 平均的な成人男性ゴルファーで
ボールの手前 50センチからインパクトまでの時間は
0.01秒程度です。
スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

その段階で まだソールがボールに向いているケースも
決して少なくないのですが・・・
そこから 0.01秒 というゼロにも近い時間で
90度位置の違う フェース面でボールを打ち、
かつ その左右角度だけでなく、上下角度
人によっては当たる位置まで 調整する のが
果たして 普通の人が挑むべき ゴルフショット。。。なのでしょうか・・・

フェース面は テニスで言うところの ラケット面・ガット面でしょう。
直前まで フレームをボールに向けていて
間際で ラケット面で打つ…のは大変リスキーなトリックショットでしょう。
テニスはよくわかりませんが、相手のいる対人競技なので
どこに、どんな球を打つのか悟らせない という意味では有効・・・なのかも知れませんが、
ゴルフはそういう意味での対人競技ではありませんから
リスクを背負ってまで そんなことをする必要もありません。
002

 打つ場所₍フェース面₎を 打つモノ₍ボール₎に
早めに向けておいた方が安全で、確実です。

ショットの重要性は 打つことそのものでなく
上下左右・距離も合わせた ボールの球質なのです。
そのうえで その精度、練度を上げなくてはならないのです。


ヘッドを下に振ること自体は
ゴルフクラブの機能として正しい扱いとは言えません
 が、
どうしても クラブヘッドを振りたいのなら
下に置いてある ボールに打撃面・フェースを向けて
振るべきだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



関東圏/千葉県 でのゴルフです 参加者募集します!

 ご連絡ください →046-804-1480
         hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

2018-06-09
 東京より  5名 Sさん、Sさん、Tさん、Iさん、Mさん、
 埼玉より  1名 Oさん
 神奈川より 3名 Aさん、Nさん、Mさん、
 千葉より  1名 Yさん

      現在/10名 …参加予定です

358101-1


7月18日(水)ラ・ヴィスタ ゴルフリゾート

住所 〒297-0145
千葉県長生郡長南町佐坪373         
電話0475-46-2525
アクセス
【自動車】圏央道・市原鶴舞I.Cから約12分 

*地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/@35.3552033,140.2349455,14.49z/data=!4m5!3m4!1s0x6022ba754f0fc6eb:0xe8f9889beab2e6e1!8m2!3d35.3602291!4d140.2445137?hl=ja



8:56 インスタートから3組
   ☞セルフ・ランチバイキング付 \¥7,800-

     ☆集合は現地です


 (コンペフィーは別途\2,000円程度を考えていますが
  コンペをするかどうかは未定、パーティは現地での判断です)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングプレーン理論が蔓延して以来
腕でクラブを振るために
ボールと体の間に大きなスペースを確保する
そんな構え・ポスチャーが多くなっているように思えます。

その最たる例が
アドレス時のグリップをボールの方に出す
体から大きくグリップを離して構えるモノです。

スナップショット 1 (2016-10-05 23-31)

まだ この位であれば マシな方なのかもしれませんが、
人によっては アドレス時にシャフトを腕が一直線な人もいます。



これの何が問題なのか・・・というと・・・


学生の頃、運動部でしたから
楽しかったような、辛かったような思い出で
空気椅子というのがありました。

背中を壁につけて
存在しない椅子に座るように我慢し続ける・・・
うちの学校では順番に歌を歌っていたと思います。

グループごとに分かれ
その全員が歌い終わるまで 空気椅子がもたなければ
今度は そのグループに
腕を前習えにしての空気椅子の罰ゲームが加わります。
疲れているのもありますが、腕を伸ばすと
その重さは想像以上に体にかかります。
スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)

本来 アドレス時、
腕 左手は肩からダランと下がったあたりが理想です。
この位置であれば 放っておいても あまり負担にはなりません。

ところが このグリップの位置を ボールの方、前に出してしまうと
なにがしかの筋力で 腕を吊っていないといけません。
そうなると ラウンドが進み 体が疲れてくると
無意識に体を起こして構えたり
出している腕の量を調整したり、
人によっては前傾が深くなる人もいます。
dW l (2)_Moment(6)

これに傾斜などが絡みますから
構え方、ボールとの距離₍間合い₎が
ばらばらになる可能性が高くなります。
これでは 打つ技術と関係なく
ミスショットしてしまう原因になってしまいます。

また 腕の重さが必要以上に掛かれば
アドレスだけでなく スイング中にも
その重さを緩和するような動き
例えば 体を起こして伸び上がりながら打つ など
本能的な動きが多く入ってくるようになります。
スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)

ボールの左右の置き位置もそうですが、
厳密!とまでいかなくとも
大体似たような位置、 その位置が崩れることによって
不本意なミスは事前に避けることが可能なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ソールのフェース面側にある角を リーディングエッジ
その反対、奥行きにあたる奥にある角を トレーリングエッジ
と呼びます。
IMG_0591
構えた時に、
リーディングエッジの方が高く、トレーリングエッジの方が低い
俗にいう バンスの出ている バンスの張っているソールを バンスソール
逆に リーディングエッジの方が低く、トレーリングエッジの方が高い
ドライバーやフェアウェイウッドのようなソールを スクープソール と言います。
プラスマイナスありますが、その角度を バンス角度と呼びます。

ロフト角度…ではなく クラブの長さに応じて
長いクラブから短いクラブになるにつれ
そのバンス角度はプラス(バンスソール)に増えていきます。

最近では 小手先で振るために
バンス角度の少ない ウエッヂが多くなっていますが、
仲良くすれば バンス・バンス角度は非常にお役立ち機能を持っています。

バンスの役割として 地面への干渉、
地面への食い込みを抑制、抑える というのがありますが、
一番の機能は そのソールによって
インパクト付近の姿勢を一定に保ちやすく
インパクトロフト角度のばらつきを抑える役割を持っています。
wedge-bounce

よって バンス角度の張ったウエッヂほど距離が飛びやすく
バンス角度の少ないものほど飛ばす、抜けてしまう傾向があります。

数値で言うと ウエッヂを10度以下で使っている場合、
自分のスイングに疑いを持つといいかも…しれません。



バンス角度は その角度通り、もしくはそれ以上の
入射角度で入れてくることを示唆するものです。

バンス角度分、シャフトが前に倒れている
というのが 理想なウエッヂショットです。
555

アプローチの際、ヘッドを丸く振れば
その丸く振った分、フェースが上を向いた分、
バンスは張ってしまい、地面と干渉し易くなります。

アイアンは ウエッヂほどではありませんが、
バンス角度を持っています。

番手の番号くらいの角度です。 5番〜5度・・・
ですので グリーン周りのランニングで使う場合、
バンス角度10度を超えるウエッヂで打つよりも
7〜10度くらいのバンス角度のある 8番・9番あたりが
丁度良いころ合いではないかと思います。
IMG_0492

グリーン周りで あげるアプローチをウエッヂで多用する方は
総じて バンス角度の少ないものを好みます。
そのアプローチでは バンス角度があるとそれが邪魔で
トップダフリが頻発するからですが、
バンス角度の少ないものは うまく当てられた時、
ショートする、かなり大きくショートする傾向が強いモノです。

実はスコアの伸び悩みはここら辺にあるのかも…しれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





基本として アプローチの弾道のメカニズム、
ヘッドスピードによる積算・加算を除外して考え
単純にして  ピッチングウエッヂ 45度を例にすると

df713d9f-s
このような形になります。

例…ですが、入射角度が10度 とすると
ボールの打ち出し角度は 45-10=35度です。
ボールにかかるスピン量は 45度ロフト相当
ボールの初速は速めです


👉これが逆に しゃくり打ち・煽り打ち、ヘッドの上昇過程でのインパクト
 になると
813ca594-s

例…ですが 煽り(上昇)角度を10度とすると
ボールの打ち出し角度は 45度+10度=55度
ボールにかかるスピン量は 45度相当よりもやや少なめ、
ボールの初速は遅めです


ですので 45度はピッチングウエッヂ相当のものですが
サンドウエッヂの弾道で飛び出て
 ピッチングウエッヂのスピン量
・・・ということになります。

打ち出しが35度と55度では
ボールの道のりはかなり違います。
55度の方が長い道のりを辿ることになり、
ボールの初速も遅めですから
当然、ボールが着地・着弾する頃には
スピンは解け、惰性で飛んでいる状態になり易いでしょう。

これが アマチュアのアプローチにスピンがかからない仕組みです。


そして 当然、この写真を見ていただくとわかりますが、
煽り打ちの方は 一体全体 地面にあるボールをどうやって打つんだろう。。。
ということになりますよね。
まあ イメージとすると ボールを最下点で拾おう
と思っているのでしょうが、そのイメージはほぼ100%煽り打ちになります。
IMG_0610

また ボールの手前の状況を見ると
下降過程でボールを打とうとしているときは
フェースがボールを見ており、リーディングエッジも後ろに下がった状態です。
一方、煽り打ち、もしくは最下点でボールを捕えようとする場合、
時が進み、インパクトに近づくほど リーディングエッジが出てきます。
IMG_0665

下降過程であれば ヘッドとボールの関係が
1センチ程度 高めであっても、低めであっても
ボールはまずフェースとぶつかりますが、
煽り打ち、もしくは最下点でボールを捕えようとしている場合、
タイミングやほんのちょっとした狂いで 1センチもずれれば トップになります。

正しい下降過程 というのは
その下降角度・入射角度分だけ ロフトが立つ形になりますが、
煽り打ち、もしくは最下点でボールを捕えようとしている場合、
どんどんロフトは上を向いていきますから
その分 バンスも張っていく、増えていく形になります。
ちょっとしたズレで ボールを打つ前に バンスが尻もち、
地面と接触する可能性も非常に高いでしょうね。
002

ヘッドが前(飛球線方向)に出る、ということは
グリップが後ろに下がる とほぼ近似値ですから
想定の、願望としている最下点は
ボールの手前になり易いんじゃありませんか?

トップとダフリのミスの可能性が非常に高く、
うまく打ててもスピンも効かず、ただホワンと高い球になる
好き好んで このアプローチを選ぶ理由は多くないと思いますけれど…ね。


そういう意味でも 許されるのならば
アプローチの番手選択は ロフトの立った、
ウエッヂ W ではなく 8番とか、9番を使った方が
スイングもゆっくり、小さくできますから
安全なんじゃないでしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



60〜70ヤード以内のアプローチ、グリーン周りのアプローチでは
大きくボールが曲がったり、大きく左右に飛んでしまったり
というのは滅多にないが、
フルショットの時と同じように
 逆球が出やすいアプローチをしている人がほとんど…
全員と言ってもいい状態なほど…です。

アプローチで逆球が出やすい動き、スイングは
同時に トップやダフリ、チャックリなどを生みやすく
ここが一番スコアに直結する箇所かもしれません。

o0361056812059034776


まず 物理的にアプローチのミスを減らすには
できるだけ大きなロフトのクラブを手にしないコトです。
フルショットで丁度 という場合はよいと思いますが、
距離調整が必要な場合、
大きなロフトのクラブは ライ角度とロフト角度の関係から
思っているよりも繊細な道具になります。
距離に関しても 地面を転がる〜横の移動距離に比べ
はるかに強く打たなくてはいけなく、
ミスをすれば 大ショート、大オーバーもありますから
出来ることならば 程よくロフトの立ったクラブを選択することです。


そして 出来るだけ逆球の出ないショットを練習しましょう。
ショット全般でもそうですが、特にアプローチでは
縦の逆球 というのがとても問題です。

多くの人が スイングの、ヘッド軌道の最下点で
ボールを捕えようとしていますが、
それでは ヘッドが下降途中、上昇途中
で当たる可能性も同時に秘めています。
先日も書きましたが、
下降途中で当たれば
 打ち出しは低め、スピンは多め、
上昇途中で当たれば
 打ち出しは高め、スピンは少なめ、

と全く別な、まったく反対な球筋になります。

その二つのショットは
同じスピードで打ったとしても
状況によって 全く違う距離になりますし、
そもそも 上昇途中でインパクトすれば
 着弾時にスピンがかかるような 球筋には成りえません。

俗にいうショルダーストロークのような形で
両腕で作るの三角形を固定し、肩を揺さぶる というのは
同時に 自分の体も揺さぶっているのですから
円弧は縦のつぶれた卵のような軌道になります。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)








スイングの時間進行とともに
右が下がり、左が上がりますから
ダフリ、トップ、チャックリ、だるま落とし、
それらのショットの隙間に
 まあまあうまく打てるショットが存在するようなトライなのです。


レッスンやプロがこの形でアプローチをするのも
よくよく見かけますが、 「なんだかなー」 という思いで一杯です。

ショットは あげる 下げる あげる の三行程ではなく
あげると下げるでお仕舞です。
下げるまま だと地面につっ変えてしまうので
その姿勢のまま 体が左を向くから 軌道通り
クラブは高くなり 地面につっかからないに過ぎません。

スイングもそうですが、ヘッドを上げる〜下げる〜上げる
と考えている限り、飛ばすには無駄なほどのスピードが必要になりますし、
ミスの頻度も非常に多く、体も痛めやすくなります。
アプローチでは スピンが効かない 効かない という
ボヤキをよく耳にしますが、そうやって打って
スピンが効くほうが不思議です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットをいくつかに分類すると

 ̄Δ帽圓球
 左に行く球

右に曲がる(右回転)球
 左に曲がる(左回転)球

使用のロフトに対し高い球
 使用のロフトに対し低い球

せ藩僂離蹈侫箸紡个轡好團鵑多い球
 使用のロフトに対しスピンの少ない球


トップやダフリなどを除くと
微妙に関連づいている部分もありますが
この4種類、合計16通りの球があります。

スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)


多くの人は 左右であれば フェース面の向き →真っ直ぐ
上下であれば ヘッドの軌道 最下点でのインパクトを願望、
理想としている向きが見受けられますが、
その理想は 恒久的に答えが出ません。

ヘッドターン、ヘッドの返しをする場合、
スライスを避けようと ヘッドを閉じれば
その度合いやタイミングによっては
今度は引っかけフックになります。
それを避けようとするば 元の木阿弥でスライスになります。

また ヘッドターンは
フェースの向きだけでなく
ヘッド軌道にも影響を及ぼすので
ボールの左右の回転を作る基準がいつも動いている
サッカーでの動いてしまうゴールと同じです。



本当はこちらが重要なのですが
その左右の回転を作るのと同じ原理が
ボールの出球の角度、回転にもあります。

ボールを下がり行程でとらえれば
スピンは多くなりますが、出球は低くなります。
ボールを上がり行程でとらえれば
スピンは少なくなりますが、出球は高くなります。

上がり・下がりではなく、長さによる入射角度差ではありますが、
同じ 25度のロフトの フェアウェイウッドとアイアンの弾道特性
に似ているかもしれません。
006009








二つは全く違う球筋です。

どちらが飛ぶか も一概には言えませんし、
地面にあるボールを あおり打ち・しゃくり打ち するのには
痛いミスのリスクが大変大きくなりますから
そのクラブの長さなりの 入射。。。
つまり下がり行程 を基本にするべきです。


弾道を安定させる、ショットを安定させるのに
なにがしかの 修正はあるでしょう。
しかし その修正そのものが
今度は逆の球、方向や回転、球筋が逆になってしまう
となると その度合いやタイミングに非常にが神経を使わねばなりません。

ゴルフクラブはその特性上、
当然 下がり行程で、ドライバーの長さであっても
それによってゆるくなったとしても下がり行程で打つ のが
そのクラブの本来の球筋で
ボールには左回転が入るように出来ています。


ですので その左回転を活かしていくのには
ボールの出球は右め でなければなりません。

その量や度合などを修正、調整する範囲であれば
逆の球は出ませんから、ショットに計算が立ち易いのです。
IMG_0548IMG_0549













 そもそも 度合は兎も角 すべて と言えるショットは
何らかのミスです。
そのミスショットが使えるミスなのか?
計算がミスなのか?
それとも夢を追いかけてて
 出るはずもないナイスショットを追い求めるのか…
現実的で夢がないかもしれませんが、
 ゴルフは数字を競うゲームです。

打ってみないと
右に出るのか/左に出るのか
右回転がかかるのか/左回転がかかるのか
スピンが少なくなって出球がたかくなるのか
スピンが多くなって出球が低くなるのか

分からない というのは
 目隠しでボールを打っているのとあまり変わらないのです。

目隠ししてもボールが打てることを極めるのが
ゴルフの上達…というのは
なんだか亜流な気がしてなりません。

そういうゴルファーに限って 理想の球は
『真っ直ぐ』と言いますね(*^_^*)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



関東圏/千葉県 でのゴルフです 参加者募集します!

 ご連絡ください →046-804-1480
         hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

2018-06-05
 東京より  5名 Sさん、Sさん、Tさん、気気鵝Mさん、
 埼玉より  1名 Oさん
 神奈川より 3名 Aさん、Nさん、Mさん、
 千葉より  1名 Yさん
      現在/10名 …参加予定です

358101-1


7月18日(水)ラ・ヴィスタ ゴルフリゾート

住所 〒297-0145
千葉県長生郡長南町佐坪373         
電話0475-46-2525
アクセス
【自動車】圏央道・市原鶴舞I.Cから約12分 

*地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/@35.3552033,140.2349455,14.49z/data=!4m5!3m4!1s0x6022ba754f0fc6eb:0xe8f9889beab2e6e1!8m2!3d35.3602291!4d140.2445137?hl=ja



8:56 インスタートから3組
   ☞セルフ・ランチバイキング付 \¥7,800-

     ☆集合は現地です


 (コンペフィーは別途\2,000円程度を考えていますが
  コンペをするかどうかは未定、パーティは現地での判断です)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショットは飛ばすにしても、
希望の方向に打つにしても
グリップ『エンド』のコントロールはとても大切です。

確かに 感覚的というか、物理現象としては
ヘッドとボールが当たるので
兎角、ヘッドの意識が高まってしまうのはわかります。

しかし、そのヘッドとて
勝手に、自動的に動いてくれる筈もなく
どの道、自分の動作によって
 グリップエンド(グリップ)が移動した結果、
ヘッドが動く…微妙に間接的に関係です。
IMG_1150

ゴルフクラブ、特にクラブヘッドは 上下、左右、前後
どの方向にとっても対称性はなく、
重さも特出して備わっていますから
ヘッドを単独で、動かせば動かすほど
その後処理は複雑に、大変になります。


長い距離を打たない ランニングアプローチのような状況で
ヘッドを下に振れば、その振った分だけ
体はボールから離れ 
ボールと自分の間に適切な量の空間を『創造』しないと
ミスになってしまいます。
造りすぎればトップですし、足りなければダフリです。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)









俗称で言う『ダウン』スイングは
おおむねすべてのものが 低くなっている工程に
インパクトがあるのが理想で、
ヘッドは下がっているけれど、グリップは上がっている、
右肩は下がっている(ボールに近づいている)けれど、
左肩は上がっている(ボールから離れている)では
毎度毎度 その調整は微妙過ぎて、
誰からもアドバイスをもらうことも出来ませんし、
再現する目安すら 勘と経験に頼るコトになります。

飛ばす…というコトにもつながっていくのですが、
ショットは「モーメントの高いショット」の方が飛ばせますし、
ミスにも強くなります。

アバウトですが、大きなもの(体など) が同じ進行方向に
動いている方がより「モーメントの高いショット」になります。


スイングプレーン信仰者は ヘッドばかりの軌道を追いかけますが、
手先でそれを作っている人のほとんどが、
プロも含めてその多くの人が
インサイドからと言いながら、グリップはボールから離れるタイミングに
インパクトを作っているのがとても気になります。
MVI_0842(3)(2)(2)_Moment(3)MRa_Moment(3)













アプローチで考えるとわかりやすいですが、
なにがしかの修正をする際、
自分で直接動かすことのできる グリップ/グリップエンドを移動させる
その方向や高さが リニアにヘッドに直結していないと
折角、スイングを修繕したと思っても
今度は 逆の問題が発生し始めてしまいます。

グリップが上がり過程なのに、ヘッドは下がり過程では
薄すぎる当たり、厚すぎる当たりの改善を勘とタイミング頼ることになり
再現性が乏しくなります。

グリップがボールから離れ過程なのに、ヘッドはインサイドでは
その軌道もヘッド姿勢も 直接的に改善する術がありません。

そして 忘れてはいけないのは
ゴルフショットにとって飛ばすことも大切ですが、
コースでは 実にショットの 1/3〜半分 はフルショットしない、
なにがしかの加減の必要なショットばかりなのです。

加減はもちろん スピード によってするものですが、
グリップの移動とヘッドの移動がまったくイコールとは言いませんが、
なにがしかの関係性がない スピードのコントロール は
やはり 勘に頼ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(5)

多くのスイングではインパクト付近で
グリップエンド(グリップ)の移動を止め、
その反動でヘッドを動かすので
これでは スピードのコントロールをするのは曲芸レベルになってしまいます。

グリップエンドの移動、移動速度、移動方向
それをコントロールするのがショットです。

そして ゴルフクラブは そのグリップエンドの移動を手助けする
そういう構造になっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



関東圏/千葉県 でのゴルフです 参加者募集します!

 ご連絡ください →046-804-1480
         hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

2018-06-04
 東京より  4名 Sさん、Sさん、Tさん、気気鵝
 埼玉より  1名 Oさん
 神奈川より 3名 Aさん、Nさん、Mさん、
 千葉より  1名 Yさん
      現在/9名 …参加予定です

358101-1


7月18日(水)ラ・ヴィスタ ゴルフリゾート

住所 〒297-0145
千葉県長生郡長南町佐坪373         
電話0475-46-2525
アクセス
【自動車】圏央道・市原鶴舞I.Cから約12分 

*地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/@35.3552033,140.2349455,14.49z/data=!4m5!3m4!1s0x6022ba754f0fc6eb:0xe8f9889beab2e6e1!8m2!3d35.3602291!4d140.2445137?hl=ja



8:56 インスタートから3組
   ☞セルフ・ランチバイキング付 \¥7,800-

     ☆集合は現地です


 (コンペフィーは別途\2,000円程度を考えていますが
  コンペをするかどうかは未定)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの本質として
振り遅れている コトを補う
のちのち、それを手の返しで補整するスイングを目指すよりも
始めから「振り遅れ」のない、もしくは少ないスイングを
目指す方が合理的でしょうし、
からだにも負担が少ないと思います。


あるSNS(ソーシャルネットサービス)で
いろいろな方のゴルフスイングを拝見させて頂いてますが、
いまや 振り遅れのスイングが主流 のようで
それはそれで困ったコトかな と思います。

ご存じのとおり、振り遅れの基準は
インパクトタイミングが体の正面〜ボールと正対した あたり
ということで
振り遅れ とは明らかに
 それ以降、つまり 体が開く〜左を向く〜上を向く
タイミングに常時インパクトがあることを指します。
BlogPaint

ゴルフクラブは特性上
両腕の長さが釣り合った状態 で
本来の ロフト性能 を発揮しますし、
体の回転で!という名目ですが、
下がり軌道のどこかにインパクトが
あることを基準に考えられ、構成されています。

ですので 体が左を向いている…というコトは
左腕が目イッパイ長く、右腕が短い状態での
インパクトになり、ロフトもより空を向き、
ヘッドの進行も上がり過程の中に入りますから
出ているヘッドスピードが上げ底 のような
そのスピードの7割〜8割が
実際の飛距離に反映される状態、
そして この方法ですと ヘッドスピードが遅めの人には
非常に飛ばしにくい状況です。
…ある年齢になると 突然、飛距離が落ちる のはそういうコト。

スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)









振り遅れ〜体が開かないようにするために
インパクト以降 体の回転を止めてスイングするのも
とても体に悪い、危険ですから 出来れば避けたいですし
逆に、腕を振るため 体を止め
そのために テークバックの右向きも出来るだけ『しない』
というのは 甚だ本末転倒です。


テークアウェイで しっかり胴体〜体〜骨盤 を
右に向けるのは 絶対条件
 ですが、
それ以降 体の回転に
左腕が付いて行っていない のが振り遅れの要素になります。

体の回転で! という想いはわかるのですが、
長さのある腕、長さのあるクラブ、
その先端に重さの集中した構造がゴルフクラブですから
体の回転で動かそうとすると
その運動分、腕もクラブも重くなり、遅れてしまいます。
    タコ踊りのような状態ですね…。
クラブは遅れると 腕もクラブも実質長くなる特性がありますから
その境目を超えると はっきり振り遅れるか、振り遅れないか
のいずれに分かれるほどの差で 曖昧な個所はないと考えられます。
imageCAJZ6XBVimageCAX9G566






せっかく トップオブスイングの位置で
クラブが立ち→クラブが実質短く(垂直ならば長さゼロ)
しかも グリップエンドが下を向き、
クラブの重さによって左腕・左グリップが動かしやすい
その形を作ったのですから、
体の回転!ではなく、その左グリップ、グリップエンドから動かす
つもりで ようやく 体の回転と同期する のです。

私を置いて行かないで
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



関東圏/千葉県 でのゴルフです 参加者募集します!

 ご連絡ください →046-804-1480
         hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

2018-06-02
 東京より  2名 Sさん、Sさん、気気
 埼玉より  1名 Oさん
 神奈川より 2名 Aさん、Nさん、
 千葉より  1名 Yさん
      現在/7名 …参加予定です

358101-1


7月18日(水)ラ・ヴィスタ ゴルフリゾート

住所 〒297-0145
千葉県長生郡長南町佐坪373         
電話0475-46-2525
アクセス
【自動車】圏央道・市原鶴舞I.Cから約12分 

*地図
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/@35.3552033,140.2349455,14.49z/data=!4m5!3m4!1s0x6022ba754f0fc6eb:0xe8f9889beab2e6e1!8m2!3d35.3602291!4d140.2445137?hl=ja



8:56 インスタートから3組
   ☞セルフ・ランチバイキング付 \7,800




 (コンペフィーは別途\2,000程度を考えていますが
  コンペをするかどうかは未定)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   
クラブを選ぶ際、よく使われる言葉に
『自分に合ったクラブ』 があります。

そこで 一度確認してほしいことがあります。

この二つのスイングをご覧ください。


頑張ってる君ですが、
この二つは同じ人物の  荳 / 蕋欧月前  です。

右の映像の状態で来店された頑張ってる君は
飛ばず・当たらず・スコアにならず・へなちょこスライス でした。

よくあるケースですが、
こういう場面で 心機一転 クラブを入れ替える
 →結果をよくするためにクラブを入れ替える となると
頑張ってる君の体力や年齢・経験
仮にスコアやハンディをゴルフの技量とするのなら その技量とも関係ない
このスイングに合っているクラブ・スペックが必要になります。



MVI_0796_Momentスナップショット 1 (2018-03-26 9-46)










右のスイングであれば
 ボールは高め、回転は右回転
左のスイングであれば
 ボールは低め、回転は左回転です。

右のスイングの状態でクラブを買い替えれば
 →ロフトは少なめ
 →重心距離短めの右に行きにくいヘッド
 →スピンの入りにくいヘッド
 →振り遅れが過多の状態なので
  シャフトはやや硬め
 です。

左のスイングの状態であれば、ある種まったく逆の
 →ロフトは多め
 →重心距離長めの左に行きにくいヘッド
 →スピンの入り易いヘッド
 →振り遅れが少ないので
  シャフトは柔らかめ
 です。

二つのスイングに対応したクラブ・スペックは
まったく反対の特性だけでなく
右のスイングの方が ハードなセッティングになります。
俗にいう アスリート(もどき)のセッティングです。
同じ人であるにもかかわらず…です。

右映像のスイング状態で
そのスイングに適応したスペックを買い替えた場合、
スイングを改造して(クラブが伴わないと…無理ではありますが)
左の映像のスイングになったら
まるで結果の出ないクラブになってしまいます。

逆に 左の映像のスイングに適したクラブを持っていれば
左の映像のスイングにせざるを得ません。

二つの映像は まったく同じ人の
たった2か月の違いです。

自分に合った…という言葉が
体力を指すのであれば、二つの映像は同一人物なのですから
おかしなことになります。

技量…というのをスコアとか、ハンディで言うのなら
今の頑張ってる君の状態は
どちらのスイングでも結果は似たようなモノです。
結果・・・として出るにはまだ時間がかかります。
スイングのレベル、クラブ扱いのレベルで言うと
左のクラブ扱いの方が格段に上 ですが、
クラブのスペックでは 右の映像のスイング(素人調)
に適したクラブの方が明らかにハードなモノになります。

007

また 自分に合った ・・・という言葉が
スイングを指すのであれば
自分の「今」のスイング〜クラブ扱いを肯定することになり、
改善することが難しくなる
 というか、
スイング〜クラブの扱いを変えたら
うまく行かないクラブ・スペックということになります。


そして ややこしいことに
クラブの「自分に合った」というのは
体力でもあり、スイングでもあります。

しかし そこには 時間 というものが含まれるので
自分が目指しているスイングに「合った」クラブを選ぶのか
自分の今のスイングに「合った」…
つまりスイングは変えないクラブを選ぶのか
そして 双方ともに体力には無理をさせない範疇で
ということが 自分に「合った」クラブ  と言う意味です。

ですので 自分にとって合ったクラブ の
その「合った」の部分を何に照準をあてるのか
いつに照準をあてるのか を
その時々でちゃんと選んであげる必要があるのです。


MRa_Moment(4)MVI_0842(3)(2)(2)_Moment(4)












 補足…ではありますが、
よって うまく行っていない時、
結果を出すため に
そのうまく行っていない時の
 クラブ扱いに合わせたクラブ、適したクラブ とは
イコール そのクラブ扱いを容認する
そのクラブ扱いを変えないスペックになります。
スイング改造を許容しないクラブ というコトになります。
ですので うまく行ってない時に
 よほど問題のあるスペック・クラブでない限り
安易に買い替えるのはとても危険が伴うのです。
その危険は すぐに現れるのではなく
薄めた毒薬のように 時間をかけて現れるので厄介です。

それを理解したうえで 買う時期、買う目的、
いつに照準 を合わせるのか お考えください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ