◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2018年05月


スライスは その蕾鹽召領漫△修靴峠弔硫鹽称漫▲棔璽襪琉榮安度
これらの兼ね合いで ある一定の割合を超えると
弾道として右に曲がるが発生します。

そして それは 軌道/軌跡 そのものでなく
その軌道/奇跡に対するヘッドの向き次第 で
その回転の量が決まるのです。

HBS 005


そのスライスを改善、治すのに
大きな勘違いをしている人が少なくありません。

スイングプレーン

…ヘッドの通り道/軌跡/軌道

は球筋を決める土台になるだけで
球筋やその方向はそれだけでは決まってきません。

と、同時に
スイングプレーンというのは
大原則として 体の向きで作り出されるもの です。
インパクトが「いつ」なのか
体の向きがどこを向いている時にインパクトがあるのか
というのが基本になります。

トップオブスイング以降、
右を向いている時の軌道 は インサイド で
左を向いている時の軌道 は アウトサイド になります。
IMG_0549IMG_0548














ですので 一般的に言われるアウトサイドイン とは
シンプルには 体の正面をとうに過ぎて
体が左を向いている、別な言い方では開いている時にインパクトがある
ようするに「振り遅れ」の状態です。

そして 球筋 ボールの回転等は
その軌道に「対して」 
どのようなヘッドの向き、
フェースの向き、
どのようなロフト具合なのか
によって決まってきます。


本来 体の向きそのものがスイング軌道の基礎 なのですが
それを 腕さばきで作ってしまうと
同時に二つのものが動く可能性
つまり、体の向きと関係なく
アウトサイドインをインサイドアウトに変えられるスイングは
その両方が発生する可能性が少なくない というコトなのです。

そして 球筋・弾道は その軌道に対してのヘッド具合 なので
そういう治し方では 不確定要素が多すぎて
ありとあらゆる球、例えば
右に出て右に曲がる球
右に出て左に曲がる球
左に出て右に曲がる球
左に出て左に曲がる球
すべてが出る可能性が生まれてしまうのです。

3-5→3-19_中 (7)


手の返しで スイングプレーンを形成している場合、
アウトサイドイン であれば、
その軌道はインに切り込みますから
 よりたくさんの フェースの閉じ が必要で、
今度はやはり手先で インサイドアウト を作ると
ダウンスイングのスタートで
 より開いた状態から始まるので
 結局、たくさんの閉じが必要になるので
どちらも大きな違いはないのです。

そして その結末には
かなりの種類の球筋が待っているのですから
メカニズムを理解して 基本から考える必要があると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


残念ですが、若くない、体力に自信がない、
練習も部活のようには…出来そうもない
そこは 知恵で解決しましょう

ミスショット…スライスには明解な理由があります。

MRa_Moment(4)


当たり前ですが、スライスは念力やおまじないでは発生しません。
なにがしかの 物理現象 によって生じます。

出した答えが間違っている(この場合→スライス) のではありませんが
気に入らない、治したい、修繕したい、
のであれば その物理現象を把握する必要があります。

スライスは 直接的には
人間の動きとは関係がありません。
体を開く、右肩が下がる、突っ込む、
これらもスライスだけでなくどのミスも出ます。
同じ状態でフックも打てます。

アウトサイドイン これも関係ありません。
アウトサイドインでフック(左回転入り)を打つことも可能です。

BlogPaint


少々、単純化しますが、ボールに右回転が入るのは
 平面上のヘッドの移動軌道/軌跡に対し
 立体的なヘッドの向き〜フェースの向き が
 軌道に垂直よりも右を向いている時にボールとコンタクトした場合 です。

例えば アウトサイドイン だったとしても
その軌跡に対し、フェースが垂直であれば
ボールはそのインパクト前後の軌跡に沿って
まっすぐ左に飛び出るだけです。

逆に、インサイドアウト だったとしても
やはり その軌跡に対し、
フェース面が垂直よりも蕕鮓いていれば右回転は入ります。

つまり ヘッドの軌跡そのものが原因ではなく
そのヘッド軌跡に対するヘッドの向き次第
という訳です。


右回転/左回転が入っていても
その割合  横の回転〜縦の回転〜ボールの移動速度
これらによって 弾道には現れない場合もあり
ある一定の割合や回転数を超えると それが弾道に現われます。


ここまでは理解できるでしょうか?

スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)


さて…出た答えが気に入らない それを治したい
治そうとする方の多く…ほとんどの人が
その治し方が間違っています。

風邪を引いているのに、おなかが痛い時の対処
間違えで より症状を混乱、深みにはまらせます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングをよくしたい

そのクラブですぐに結果を変える
というよりも スイングを良くすることに
重きを置いた場合、
あまり長く 一つのスペックを使い続ける のは
問題が生じる場合があります。

どの位か というと
使っている人の年齢や体力にもよりますが
5〜7年を超えてきたら
そのスペックが自分にとってキツクないか
再確認をする必要があるでしょう。
004

若いときはまだしも
中高年になって 10年は少々長すぎるかもしれません。

ヘッド重量もそうですが、
シャフトは物理的には変化しません。
スチールシャフトは劣化しますが、
グラファイトシャフトの場合、
よほど 致命的な傷がない限り、半永久的に
変わらずお使いになれます、 が 
がしかし 使う人は日々劣化していきます。

5年前に丁度良かったスペックというのは
5年分、年を取った分、自分にはオーバースペックな可能性が
秘めている というコトです。

弊社のお客様の場合、特にスイングを覚えたい という理由で
クラブをお造り頂いているケースが多いので
長く使っていただけるのは クラフトマン冥利には尽きるのですが、
あまり長く使いすぎて、結果 オーバースペックになり
本末転倒になってしまうコトがあります。
店長の私には○○さんはそろそろ…なんだけどなー
 というケースがたくさんあります。

目安としては
気づかないうちに ボールが中、右寄りになってきているコトです。
これは 弊社のクラブだけでなく
すべてのメーカー、すべての銘柄のクラブに対してですが、
例えば ドライバーであっても
ティーアップせず、地面から直接打つ とすると
どこにボールを置けるか がスペックの一つの目安です。

多少の許容範囲はありますが、
左足かかと付近〜1個程度右寄り が基準。

それよりも中(右寄り)であれば危険信号です。

004



一般的なスイング理論とは反対になりますが、
意図的に「溜め」を作らなければいけないようなスペックは
明らかに オーバースペック です。

溜め とは別な言葉にすれば
〜意図的な振り遅れ〜 です。

シャフトは選択して使うために
硬さに種類があるのです。
にもかかわらず 溜め〜意図的な遅れ を作らなければいけない
というのでは シャフトに硬さの種類がある意味がなくなってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの硬さ は ヘッドの感じ難さ でもあります。
005

同じ長さ、同じヘッドの重量が装着されている場合、
シャフトの柔らかいモノのほうが
ヘッドの位置や姿勢など感じやすく
〜ヘッド、ヘッドの重さを大事に使おうとするスイング〜
覚えやすいモノです。

例外もない…とは言えませんが、
シャフトの硬いモノを使うゴルファーほど
「シャフトはしならせて使う」と言いがちで
『なら 始めから 柔らかいモノを使えばいいじゃん!』
とハミングバードは感じます。

シャフトを意図的にしならせ、しなり戻す のは
ゴルフクラブという 上下左右の角度が重要な道具にとって
とても難易度の高い打撃を要求されることになります。
確かに そうやってゴルフクラブを扱ったほうが
"充実感は味わえるかもしれませんが、
練習に時間も頻度も割けない 普通のゴルファーには
かなり大変です。
002

とても残念ですが、オジサンゴルファーの体力は日増しに劣化します。
今日 新しく購入するクラブは
今日から未来にかけて使うクラブで
今日だけ使うのではありません。
体力にとって、 今日 は過去の産物でもあり、
長く楽しんでいくのには シャフトの硬い
 オーバースペックを選択して良いことは何もありません。


現在のゴルフクラブ事情は
売れない、売れない の連続のため
売る側の事情で 特に売れ行きの悪いアイアンセットは
本数も絞り、単価を安く抑えられるスチールシャフトを採用せざる
を得なくなっています。

軽量であろうがなかろうが
スチールシャフトの抱える問題は
実は大変深刻です。


スチールシャフトとグラファイトシャフトの大きな違いはかなりあります。
主に 硬さ と 強度 と ヘッド重量 です。

スチールシャフトは 強度が低いため、
柔らかいモノを作ることが出来ません。
5番アイアンで 頑張っても 振動数270cpm 程度が
柔らかさの限界…平均的には280cpm以上 でしょう。

長さの変化と硬さ(振動数)の変化から考えると
この硬さが 適合するドライバー(45インチ)は 260cpm
平均的な オジサンゴルファーにとって
 使いやすい ドライバーの硬さは 220〜230cpm
 (これでも十分硬いですが…)

アイアンに合わせて 260cpm のドライバー   ・・・
これでは硬すぎて飛ばないだけでなく
体も痛め、スイングも悪くなります。
スナップショット 1 (2013-11-07 19-47)

となると ドライバーはドライバー
アイアンはアイアン と別なものと考えなくてはならず
ボールの置く位置やタイミングなど
もともと複雑なスイングがより混迷を深める原因になります。

また スチールシャフトの場合、
細くなり、負荷のかかりやすい先端部を補強するのは
金属の厚み でするしかないので
グラファイトの比べ 重いヘッドが装着できません。
その差は 20g以上 あるのです。

ドライバーやウッドに比べ
はるかに硬いシャフトの装着されたアイアン

シャフトも硬いのでヘッドも軽く感じますが、
実際に グラファイトのウッド系に比べると
20g以上も軽めのヘッドがつけられています。

悪いことに アイアンは軟鉄全盛 の時代ですから
ヘッド自体も小ぶりです。

シャフトが硬く、クラブも短いほうのアイアンに軽い小ぶりなヘッド が付き
シャフトが柔らかく、クラブも長いほうのウッドに大型ヘッドが装着…

☞こんな組み合わせ うまく行く筈がない…というか
 うまく行く可能性はとても低い組み合わせ…なのです。

故に…実はドライバーに苦しんでいる人の
本当の原因は それと組み合わせるアイアン にあるかもしれない…のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフ用品に限らないかも知れませんが、
新商品の宣伝 っていうのは
新商品が普及されるまで…行われるもので
ある程度普及してしまうと
恥ずかしくて「その謳い文句」なんて表には出せません。

putter01


新商品ごとに、毎回10ヤード伸びるボールがあったら
既に人間は 500ヤード位のドライバーショットを打つことが
可能な訳で、分かっちゃいるけど騙されます(#^.^#)

006


そんな中 弊社のL型ブリストルパター
進化版になったとは言え、発表時のうたい文句は
まだまだ使える状態です。

010


パターに悩む人や
パッティングを覚えたい人
距離感がイマイチな人
にとって 理論や技術よりも
あきらかに この「進化版L型ブリストルパター」
手にし、使う方が簡単で早いですし
ナチュラルな距離感をあっという間に覚えられます。

008



|憤磴い縫棔璽襪伸びます。
 市販のパターと比べると
 ボールの出球はゆっくりです。
 転がりザマの緩やかで速くありませんが
 ボールが減速せず、気持ち悪いほどボールは伸びます。

距離が合います。
 弾いて打つ必要がまったくないので
 パッティングストロークに応じた自然な距離が打て、
 入る! とは言えませんが、
 距離ミスによる無駄なパット数を大幅に減らせます。
 下り、登り、逆目、順目…
 あまり影響なく 距離が合います。
 ものすごくオリンピックに強いパターです。

6覆りません。
 これは実際にコースで使用しないと実感できませんが、
 ともかく 曲がりません。
 カップ間際で切れる という事が極端に少なく
 逆に保険をかけて曲がりを予想すると そのまま真っ直ぐ抜ける
 そんな体験をされるかと思います。
 勇気をもってカップの中。
 市販のパターで打つ従来の曲がりの半分程度で
 狙ってみて下さい。

ぅ董璽バックの引きやすさは段違いです。
 まあ 手にしたことのないゴルファーにとっては
 宇宙人のような存在の

「進化版L型ブリストルパター」ですから、
 触ったことの無い方にとっては説明のしようがありませんが、
 一般的なパターと打ち比べてみると
 重い 柔らかいのにもかかわらず
 圧倒的に テークバック、初動の取り易さは段違いですね。


比較すると 一般的な市販のパターは
スタートがしにくく、動き始めてからもフラフラ と
特に最近流行っている大型のマレットタイプのモノは
軌道がループになってしまいます。

大袈裟に言えば パターイップス製造機…のようです。

 形状も一役買っていると思いますが、
 ともかくテークバックの初動が動かしやすいと思います。

007


ゥ僖奪肇潺垢減ります。
 小さな、ゆっくりしたストロークで
 十分な距離が打てますので
 狙い通りに打ちだしやすく、ミスも減ります。


ζ曳雫サ纂圓苦しみます。
 遅いボールの転がり、伸びる距離
 これを目にすると 自分のパッティングに迷いが生まれます。
 ここは速いの? ここは順目? 下り???
 「進化版L型ブリストルパター」のパッティングが
 参考にならないばかりか、同伴競技者を混乱させます。
 
 まして、朝一の練習グリーンで
 「進化版L型ブリストルパター」を打たせてしまうと
 その同伴競技者の一日は散々になってしまう可能性が…。


a08683cd


 買って頂いている私が言うのもなんですが
ここまで欠点の無いパターも皆無に等しく、
パッティングの悩みから生涯解消される
素晴らしい逸品だと自負しています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


平均的なオジサンゴルファー の
クラブ構成を推測、想像し、
どんなことが起こり得るのか考えてみます。

ドライバーは 某社の人気ドライバー
全体のパイが極端に減ってはいますが、
いまだ人気度は高く、
実はその秘密はシャフトの「柔らかさ」にあったりします。
他社メーカーに比べ 同じSシャフト・Rシャフトでも
振動数でいうと 20cpm以上低め に設定されています。
rad-04-driver

フェアウェイウッドを得意! というゴルファーは
多くないので ドライバーと別の銘柄 や
昔のものを バックの重し 程度に入れているケースは
少なくないようです。
ドライバーと比べ 1スペックも2スペックも硬めのシャフト…
それで「地面に置いてあるボール」を打つのですから
苦手の解消どころか、ゴルフバックの飾りになるのは
致し方のないところ・・・。
811-6

流行もありますが、単価もフェアウェイウッドに比べ安く
(アイアン用のシャフトの方が価格が抑えられますから)
フェアウェイウッドの構成やアイアンの番手始まり によって
1本〜3本位入っています。
このクラブの存在は微妙で
ドライバーよりもかなり硬く、フェアウェイウッドに近い硬さ、
そして アイアンよりもやや柔らか目の存在です。
たまに・・・ ですが 当たれば飛ぶけど
 いまいち不確定要素の高いクラブ といった感じになるでしょう。

問題なのは アイアン です。
メーカーの売る側の都合によって
単価を抑えるため
軽量スチールなど スチールシャフトのセットしか
店頭には並ばない状態です。
IMG_0491

理由は分からないのですが、
軽量スチールが主になって以来、
ヘッドは軟鉄、小振り化が促進され
どんどん ヘッドは軽く、小さくなっています。
ドライバーの大型化に反して…です。
・・・本格的志向・・・が理由かな???



ドライバーの硬さが230cpmとすると
アイアンはそれは 280cpm

230cpmに相当するアイアンの硬さ
同じ。。。と考えられるアイアンの硬さは 250cpm前後ですから
3スペックは硬い のです。
ドライバーを R シャフト とすると
アイアンは X 相当の硬さ ということです。

コースではそれを 交互交互、一球ずつ交互に打つのですから
ドライバーがうまく行けば
アイアンはトップ、ひっかけ
アイアンがうまく行けば
ドライバーはダフリ・天ぷら・右への押し出し(スライス?!)
になって当然と言えば当然なほどの違いです。

空中に浮いているボールを打つ 柔らかいシャフトのドライバー
地面に置いてあるボールを打つ 硬いシャフトのアイアン

練習でもアイアンがボールに届かないトップ
届かせようとして届きすぎるダフリ の頻度が多くなり
ドライバーに似たボールの置き位置ではうまく当たりませんから
徐々に徐々にボールは中、右寄りになってきます。
番手によっても違ってきたりします。

ボールを中に置くと
 トップ・ダフリの上下のミスは減るかも ですが
今度は 右左への左右のミスが増えてきます。
練習・・・は圧倒的にアイアンショットが多いですから
そのアイアンよりも かなり左に置いてあるドライバーにも
その左右方向へのミスが増えてきます。
ljpo

シャフトが硬い ということは
ヘッドの重さが感じにくい・・・ということでもあり、
アイアンはドライバーに比べ ヘッドが小振りですし
スチールシャフトなので ヘッドのそのものも軽い、
しかも 当たり前ですが、ドライバーよりも短いアイアンで
練習を繰り返すと クラブを振り回すスイングは自然に自然に
体に刷り込まれていきます。

有名メーカーのクラブは間違っていない
最新のクラブは間違っていない
間違っているのは自分、自分のスイングだ と
何が何だかわからなく、ただボールを打ち続けることが向上
を信じて 迷路の深みにはまっていくのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブを選び際 の
いくつかの注意点を挙げたい と思います。

ゴルフクラブはパターからドライバーまで
ルール上 14本 携帯することが出来ます。
001

その構成は 年齢や飛距離、コースや得手不得手など
いろいろあるので 今回は割愛しますが、
クラブを選ぶ際、最も注意しなければならないのは
「シャフトの硬さ」です。

平均的なオジサンゴルファーであれば
ラウンドを通じて ヘッドスピードは40msを維持することは
簡単ではなく、シャフトの硬さを選ぶ際
ベストの状態よりも、夕方の靴のサイズのように
゛ボトム゛の状態を基準にするのがお勧めです。

暑い日、寒い日、雨の中…
後半へばってきた時に無理をするスペック〜シャフトの硬さ で
良いことは何一つありません。

車や家でもそうですが、
自分の経済状態よりも 背伸びして 高額なものを買っても
あまり良いことは多くありません。
見栄のために、以降 維持することにくたびれてしまうケースは
少なくないのです。 ご注意ください。

また ゴルフクラブはその長さ…が故に
先端に打撃物がある! ということよりも
その長さそのものを振り回す特性が強いです。
シャフトの硬さによって
 硬いモノをしならせて使うのか
 柔らかいモノををしならせないで使うのか
クラブの扱いそのものを 教育 されてしまう部分が否めません。

☞あまり筋力・体力に頼らず 遠くに飛ばしたい
 という側面と
☞安定して 似たような球を、似たような方向に飛ばしたい
☞スコアをよくしたい

 という力側面があるのですから
どちらを選ぶのが良いかは簡単だと思います…けどね。


001


シャフトには 工業製品安全規格…以外
性能や特性に統一基準がありませんので、注意が必要です。
Rとか、Sとか
メーカーや機種によって まるでバラバラですので
基本 振動数 という数値で把握することをお勧めします。

平均的なオジサンゴルファーであれば
ドライバー(45インチ)を基準に
 硬くても 振動数 220〜230cpm(十分硬いけどね
 で抑えると
スイングにも悪影響は少なく、体の故障にもなりにくいでしょう。

その硬さあたりですと
1インチの長さでのちがいは 5〜8cpm位です。
46-212 45-220 44-228 43-236
それを目安にフェアウェイウッドなども選ぶとよいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


頑張ってる君のスイングも
かなり熟成度が上がってきています。

しかし、まだなかなかコースでは
高確率・・・という訳には行かず
悶絶の日々を送っているようです。

頑張ってる君だけでなく 多くのゴルファーがそうで
いまや トッププロまでもそうなのですが、
頻度よく、ボールを上から打つことが出来ません。

ボールを上から打てないと
必ずと言ってよいほど 「振り遅れ」になり
振り遅れは 体の開き あおり しゃくり と同意語ですから
ダフりやトップのミスの可能性も当然増えます。

中高年にとって 振り遅れは
インパクトという 自分の動作以外の大きな負荷が掛かる付近で
体の回転を止めなくてはならず、
にもかかわらず 腕はより早く振らなければいけない
という 体を痛める可能性の高い打撃方法 です。

MRa_MomentMRa_Moment(4)











上から打てない 打撃方法では
左グリップを回転軸に
その周りを右のグリップが周回するような形
をとります。

(キャスティング なんていう言葉も使われたりします)
これでも ボールは打てますし、
無駄にスピードがあれば 飛ばなくはありません。
ゴルフ経験が豊富な人ほど
この 過重な労働は「打ち応え」「振り応え」として
記憶していますから そこがスイングをよくする難敵だったりします。

左グリップの周りを 右グリップが周回しますから
当然 左グリップは強く握り、小さな塊にする必要があります。
右手を使って シャフトを回転させますから
左右の密着感は希薄で 双方が離れているので
アドレスの姿勢もゆがみ気味になります。

先日の記事でも書きましたが、
右向きが、骨盤〜体の右向きが足らないのは論外ですが、
右向きが足りている にしても
左グリップを軸に右グリップを周回させれば
ヘッドの通り道は大きく長くなりますから
適切なインパクト時間 には間に合いません。

スイングでは 本来
トップの位置で クラブの重さを使って
グリップエンドを下げる・・・落とすものですが、
この 打撃方法では
左グリップを動かすと それが軸・回転軸になるので
周回させつらくなりますから
左グリップ・グリップエンドを動かす癖がつき辛く
また 当然 その行為をするためのテークバック
をとる癖が強く出ます。
MVI_0842(3)(2)(2)_Moment(4)MVI_0842(3)(2)(2)_Moment

インパクトは単なる通過点ですが、
あえて言うのなら
左グリップ(手)のほうが右グリップよりも低く
左グリップのほうが微妙にボールに近い
そして グリップ自体が 下がっている過程
ボールに近づいている過程 
そんなインパクト通過点がほしいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



平成の頭頃、そしてそれ以前と比べ
パターも含め 全部を一括して買う とか
セットを同じ機種で揃える というが
だいぶ 減ってきているように思えます。

アイアンも セットになっているのが
昔は #3〜SW の 8〜9本であったのが
販売総価格を下げるためだと思うのですが
いまや #6〜PW 5本がスタートキット
であったりして
それが故に ウエッヂは全く違う機種
なんてことも少なくありません。

002


フェアウェイウッドの他に ユーティリティ
という微妙な存在も割って入って来て
今や定着していますから
バッグの中に 何種類ものブランドや銘柄
が雑多に入っている"時代"なんでしょう。

機種やブランドが違うことには何の問題もないのですが、
セットの流れ
ドライバーから始まり 出来ればパターまで
少なくともウエッヂまで
セットの流れ…として
似たような「シャフトの硬さ」
使われていることが
セット と呼べる最低条件だと思います。

各機種、各番手のシャフトの硬さが異なっても
コースでは
 それをやり直しや慣れるまで打つコトは出来ない
     一発勝負です。
シャフトの硬さが異なると
 硬い➟柔らかい 柔らかい➟硬い
では ある一定のミスショットが
かなりの確率で出るようになります。


厳密に見ると 同じブランド・銘柄のアイアン「セット」
であっても、かなりシャフトの硬さはバラついています。

ドライバー ・ フェアウェイウッド ・ ユーティリティ
アイアン ・ ウエッヂ、 そしてパター
これらが別々な シャフトの硬さ であると
その硬さに応じて 適切なタイミングやボールの位置
出る球の特性など それぞれ バラバラ ということですから
当然 ゴルフが上手く行き難くなる訳です。
004

総じて どこのメーカーも 飛ばさせるため
ドライバーのシャフトは フェアウェイウッドに比べ
やや柔らかめです。
ですので フェアウェイウッドがあまり好きでない方にとって
フェアウェイウッドはあまり扱い易いモノではないと言えます。
単価を下げるため…と言う理由だと思いますが、
いまや ユーティリティはウッド用のシャフトを
装着しているモノが少なくなり、
そのフェアウェイウッドよりも さらに 硬め です。
アイアンについては 言うに及ばず
軽量であろうが無かろうが、スチールシャフトである限り
ドライバーやウッド系とは かなりシャフトの硬さが異なり
単純には言い切れませんが、
シャフトのフレックス表示が Rとか、Sとか
何と表示されていようが
ウッド系に比べ、 5フレックス位 アイアンが硬い
と考えて良いと思います。
総体的な ボールの置き位置を見ても それは顕著です。


フルショットする頻度の少ない ウエッヂは
アイアンよりも ほのかに柔らかいモノの方が
使いやすいのですが、ウエッヂだけを別売りに買う場合
ブランドにこだわるケースが少なくないですから
逆に ウエッヂの方が硬め。。。 が故に
アプローチ苦手から脱出できない なんて
悲劇のような、喜劇のような・・・。

001


◯◯のブランドが好き とか
🔴🔴のブランドが嫌い など
それはそれで構わないと思うのですが、
少なくとも セット…である限りは
似たような
「シャフトの実質の硬さ」
もう少し意識を払うべきだと思いますよー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

まずはこちらの動画を見比べて貰いたい
見比べる場合、画像を右クリックし
双方『ループ再生』すると良いと思います。





多少、映像としては年月の隔たりはあるのだけど
同じ人、同じ人物である。
また 面白いことに あるアドバイス と クラブの違い 以外
来店された時はセピアのスイングに近かった。

左のセピアの画像は
よくある 「フェースローテーション」
「ヘッドの返しを意識している」スイングで
その結果、ヘッドは外から入る形〜振り遅れ になり
インパクト直前で右腕を伸ばそうとしている分、
急激に体をボールから離す形を取っています。

スイングのアドバイス としては
スイング軌道に関しては一切触れていません。

ヘッド重め/シャフト柔らかめのモノを持って頂き
ダウンスイングで 右向きの解放(体の回転)を
 出来るだけ我慢して頂き
フェースとボールの関係を横 の関係でなく
 縦の関係、、、練習場で言えばマット
 コースで言えば 地面にボールを押さえつける~押し付ける
 イメージを強くもって頂きました。


基本、アドバイスはそれだけ です。

おそらく ご本人は
相当 右向きをロックされ
腕の、特に左腕の始動を先にされている…
と思うのですが、
視覚的には さほど違いがありません。

一番の違いは
ダウンスイング後半の ヘッドの軌跡
ヘッドの通るルートです。
インサイドとかアウトサイド ではなく
自分から近い 軌道の大きくならない
小さな弧で入っているのと
俗に言う キャスティング
 自分から遠く 大きな弧になって入っている違いが
確認できるかと思います。

結果としての弾道はさて置き
ボールをスライスさせないため
一生懸命フェースターンをする方のスイングは
高い弾道と右回転を生み
そうで無いモノの方が 低い弾道と非右回転の球筋を生みます。

まだ 左上腕の動き出しを遅い…初めてですから…
ので 左グリップが内に入り込みながらのインパクトに
なってしまい 引っかかっていますが、
そこに慣れていけば 終生、スライスとはお別れ出来る
スイングを身に付けられると思います。
MRa_MomentMVI_0842(3)(2)(2)_Moment









MRa_Moment(3)MVI_0842(3)(2)(2)_Moment(3)










MRa_Moment(4)MVI_0842(3)(2)(2)_Moment(4)










少なくとも インパクト直前と言う
意識でどうにかなる場所でない箇所で
急激に体を起こし、頭がボールから離れるようなインパクト
よりも 安定度は高くなります。

テークバックでの 骨盤〜体の右向き不足は
スイングとしては論外 ですが、
それが満たされていれば
振り遅れ…そして それを解消するための
 ヘッドの返し〜フェースローテーションと言う
スイングにとって無駄で無意味なモノを無くすのは
ダウンスイングのルートの大きさ〜長さ
で決まるとも言える典型的な例です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的なスイングで! と言う話ですが
硬いシャフトのクラブを使った後で
柔らかいシャフトを使えばダブりや右、天ぷら
のミスが誘発されやすくなります。
その逆の順序で使えば、トップ気味、左、ひっかけのミスです。

例えばそのひっかけのミスが出た後で
あ、勿論コースですが
それを修正しようという意識が芽生えた時
今度はそれとは違う毛色のクラブを使って
それと違うクラブのせいで出たミスを修正しようとするのです。
感覚おかしくなりそうですよね。
なにがミスの原因なのか分からなくなります。
スナップショット 4 (2011-12-20 21-56)

典型的な例があります。
最近のパターはマレット型が多く
その多くがスチールのベント(曲りの入った)シャフトです。
マレット型は見た目は大きいですが
ヘッドはその見た目と異なり、ダイエットされていますから
とても軽いのです。(中空洞タイプも少なくないですね^)
そしてスチールだけでも十八分硬いのに
途中に曲りの入ったベントシャフトは
シャフトとしての機能は一切ないほど極上に硬い冷凍マグロです。
そして マレット&ベントシャフトの組み合わせの意図は
フェースバランスを取ることにあるので
ヘッドの重量の中心点はグリップの、シャフトの延長線上
つまり その重量の中心点とシャフト軸(センタ)までの
重心距離と言うものがゼロ、存在していないのです。
同じヘッドの重量であっても
重心距離の長いものほど重く感じます。
重量効果が高いということですね〜。

スナップショット 8 (2011-10-07 3-14)

コースで使うパターの頻度は
すべてのクラブの中で一番多いですが、
それと同時にラウンド中、一番手に持っている時間も
パターがダントツに長いのです。
コースレイアウトなど場合によっては
次のティーグラウンドまでパターをもったまま
なんていう事もあります。

そして、その次に使うのが
クラブの中では一番ヘッドが大きく(重心距離が長く)
十中八九 一番シャフトの柔らかいドライバーです。
一番シャフトが硬く ヘッドが感じにくいパターの次に
一番ヘッドが感じやすい、重く感じる上に
一番長いクラブを打つのです。

どうですか…、うまく行きそうですか?

ダメな可能性は非常に大きいですよね。

だから多くのゴルファーは
ドライバーの素振りをして感覚調整をしてるんです。
アイアンに比べるとワッグルする回数や時間も
長いことが多いですよね〜。

ドライバーに悩みを抱えるゴルファー
一度 パターのことも考えていいかも…ですよ^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードで取り扱っている
主になる フェアウェイウッド 2機種


.灰鵐札廛函W422V

 多くのフェアウェイウッドは小振りなモノが多いですが
 W422V は非常に大型のタイプ

 その形状通り、重心も深く、慣性モーメントも大きい
 ロフトも多めなので、上がり易く、癖のないタイプ
 フェアウェイウッドを苦手としない人にとっては
 もっとも 易しい ヘッドと言えるのではないでしょうか

 ロフト構成もバリエーションが多く
image03b

 14、16、17度
 ィ隠硬
 В横嘉
 25度
 28度   の7種類



▲戰 RAF-04

 上記、W422Vに比べ 飛距離重視タイプのモノになります。
 弾道の高めな人に良いでしょう
raf-04-fairway-wood

 15度
 ィ隠古
 В横嬰

raf-04-fairway-wood3




ユーティリティのバリーエーションも2機種

.潺好謄蝓次HT811

 つかまりの良いタイプのヘッド
 飛距離重視タイプです
811-6

 19度
 ぃ横嘉
 ィ横掬
 Γ横古

811-4


▲戰 VU-04

 形状やすわりもそうですが、
 左に行き難い性格を持っています。
vu-04

 21度
 ぃ横甘

 vu-04-image5





ドライバーのロフト、
アイアンの始まりの番手、
得手不得手、好き嫌い にもよりますが
フェアウェイウッドにしても
ユーティリティにしても
長さ等で はっきりと違いを造れないと
隣同士の番手 隣のロフト とは
距離差がはっきり出しにくいことも少なくありません。

ウッド2本であるのなら
 -17度 -22  とか
 -19  -25  のような
組み合わせで持たれた方が
使い勝手は良いかと思います。

ドライバーが好きか、嫌いかにもよりますが
 -17 -22 のウッド2本体制に
 -24 辺りのユーティリテイ を組み合わせるのが
 良いかな・・・ と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スライス とは 一般的には
右回転が多く入った 右に曲がる球を指します。


回転数はどの位? と言われても
回転は 横と縦が混じった状態なので
ボールの速度も含めた割合で
ある一定を超えると 右に曲がり始めます。


ショットの球質には
 ̄Σ鹽/左回転
 👉ヘッドの移動経路に対しての
  リーディングエッジではなく
  立体的なヘッドの向き(フェース面)で決まります。
  ほとんどあり得ませんが 垂直 を基準に
  右向きだと右回転、左向きだと左回転
  この回転が入るかは
  インサイドアウトやアウトサイドインなど
  軌道とは直接関係にありません。

▲棔璽襪糧瑤喀个詈向(左右)
  インパクト時のヘッド軌道とフェース面の向きの
  兼ね合いなので度合いにもよりますがが、
  同じような割合ならヘッド軌道の方が影響力は大きいです。

ボールの飛び出る方向(上下)
  インパクト時のロフト姿勢とヘッド軌道で決まります。

ボールの回転量
  ヘッド軌道に対するロフト角度で決まります。



ボールが飛ばない原因の多くは
,任呂覆  い任后



たまたま フェースが右を向いていると
クラブヘッドの形状上、ロフトも同時に開きますから
勘違いを生みやすいのです。
IMG_0549

インパクト直前直後に
スライス〜右回転を防止したいから
フェースターンをかけると
ヘッドがグリップを追い越すような形になり
その形は 右サイドが低い状態でないと
造ることが出来ません。
ですので フェースターンそのものが成功しても
多すぎれば 左に引っかかった低い球になり、
緩すぎても 曲がらないだけの
 単に高い緩い球になるだけです。
4f49c81d

そして 怖いのは その習慣は
地面からボールを打つ 特に長めの距離を打つショットに
良い影響を一切与えません。

スライスに悩む人の多くが
アイアンに比べ ソールの奥行きのあるフェアウェイウッドを
苦手のするのがここら辺にある訳です。

また ダフッてOK のバンカーはとりあえず出ますが、
スピードで解決できない アプローチショット
半端な距離を打たなければいけないショットが
ダフリトップザックリ
 上手く打てても毎度毎度ショート という
お約束なパターンになってしまいます。


左回転の弾道の方が飛ぶ 傾向にあるのは
右回転と同じく 左回転の入り易い状況は
ロフトが締まっているからに過ぎず
注意しなければいけないのは ロフトの造り方 なのです。

比較にはなりませんが、ヘッドスピードは兎も角
右回転でボールを飛ばしているプロやアマチュアも
たくさんいます。

スライスが忌み嫌われるのは心情的には理解できますが、
コースでスライスを避けるコトばかりに
スイングの練習の重点が置かれるのは
かえって 本番でスライスを生みます。

早く、速くヘッドターンさせるには
インパクトポイントが 手前(右打ちの人の右側)
ヘッド軌道の最下点もボールより手前になり易く
よって ボールの置き位置も右になりがちです。

ヘッドを返すには グリップをどこかで止めねばならず
体の回転を先に、
体がボールと正対してから
 腕でクラブを振ることになりがちです。

前述しましたが
インサイドアウトやアウトサイドインの軌道そのものとは
右回転/左回転は直線関係にありませんが、
そのように 体がボールと正対して『から』
スイングしたのでは アウトサイドイン
インに切り込む軌道になり
 その軌道に対しては
 必要以上にヘッドを左に向ける必要が生まれてしまいます。
ウサギと亀の追いかけっこのようなモノです。
IMG_0548

長年の実体験ですが、
スライスを克服した人は
その左右のヘッドの向き〜ヘッドターンではなく
ロフトの締め方を覚えると
あれ いつのまにかスライスが出なくなっている
というの ほとんどすべてで
余程練習を特訓のように 部活の頻度でやらない限り
フェースの左右の向きでスライスを克服しようと
トライする人は 永遠にやり続けることになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



このドリルは
筋力に頼らず、労力を増やさず、
チカラやスピードに頼らずに
地道に、ですが 飛距離アップ出来るドリルです。

そして さらに
アプローチの確率・安定性があがり
スコアアップにも大いに役立つ…、
どちらかというとこっちの効果の方がすぐに出ますが
そう言うドリルです。

練習場へ行って
50ヤード位のアプローチを
6番なり、7番アイアンでしてみましょう。
20ヤードでも30ヤードでもいいのですが、
それでは 飽きやすい…でしょ?!

実戦を優先するのなら
15~20ヤード を8番で! がいいかも です。

この目的は
 フェース面を地面に向けたまま インパクトに入る
ことです。
シャフトは振りません_Moment

体(骨盤~胴体)はフルターン 90度前後
 シャフトは地面と平行〜ややヘッド高め

アプローチを主に考えるなら
 このトップで ややオーバー気味のシャット
 …地面に相対するところまではオーバーですが
  体の傾きよりも多めのシャットを造ってください。

スイングが終わるまで、打ち終わるまで
そのトップで、グリップエンドの向いている向き
上下左右の向き は出来るだけ変えず(似た方向で)
特に そのグリップエンドの下向き加減は
 絶対に上向きにしないように!
クラブに弧を描かせず そこから
スライドもさせず
 このトップの位置でグリップエンドが指している
であろうところにある 穴に
 グリップをそのまま差し込むイメージを持ってください。


距離が距離ですから スピードは不要。
加速は逆に厳禁! 等速のまま 打ち終わりまで行きます。

フェースは打ち終わるまで 下向き が基本です。
体の回転が加わりますから 結果は その下向きは緩みますが
意図的には 特に腕さばきでは絶対にダメです。
そして ヘッドの見え方 でなく
 グリップエンドの向き(下向き)加減で それを掴んでください。


注意点 .哀螢奪廛┘鵐匹琉榮阿
弧を描かない 上下の弧を描かないよう
断続的に 下方向・斜め下方向に
 『直線』で移動するようにしてください。
✋グリップエンドが円弧を描いた瞬間
 グリップエンドの下向きは解かれ、上向きになり始めます。

注意点◆,佞砲磴佞砲磴箸気擦襦,噺世Π嫐ではありませんが
ヘッドのコトは一切忘れて下さい。
どのようなルート、どのような方向、どのような速度
で「グリップエンド」を動かすと
結果、ヘッドがどうなる、どんな球になる かが大切。
スイングや球筋を修整するには
打ち手は直接的にグリップエンド(グリップ)を動かすしかないのです。
ヘッドの移動は二次的なモノなのです。
スイングを修整したり、良くしたりすることを前提に
グリップエンドの移動を管理してください。
MVI_0817Trim_Moment

注意点 全員ではないと思いますが、
アプローチなどで ヘッドの意識があり過ぎ、
ヘッドとボールを衝突させる「力加減」で
距離を調整しようとする人が少なからずいます。
それはあまりに「勘」の世界で
 同じ距離を打ち続ける目安としては あまりに希薄です。
距離は ヘッドの重量とその運動速度の積算による重さ によって
決まってくるのですから
なにより 距離をそのグリップの移動させる速度で管理することを
覚えて下さい。



このアプローチは
動きの量や速度よりも 遥かに強く飛ぶ球が出ます。
これが そのままショットになっていく のです。
IMG_0745

一般的な振り子のアプローチと比較すると
1/3から 1/4の動作量・動作速度で
同じ距離が打てるのです。
アプローチに限りませんが 目的の距離を打つのに
小さな動き、少ない動き、遅い動き が
一番繰り返し易く、ミスを誘発し難い のは誰もが知っています。
どの位小さく どの位少なく どの位遅く
で その距離が打てるのか やってみてください。

ただし フェースは下向きですよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールの置かれている場所を基準に
トップオブスイング付近の
一番ヘッドが高くなる場所は 2m50近くになります。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

2m50の高さから 0に向けて
ヘッドは上から下へと向かうのです。

そして 目標物は地面にあるボール。


イメージになりますが、
打面であるフェースは
下を向けておかなくては駄目です。
IMG_0659

振る前から ボールと横の接触
フェース面を横に向けるようにすると
結果、必ずフェースは
構えた時以上に上を向きます。
…ロフトが増える…と言うコトですね。

フェース面を下に向けておいて、やっと
第3者から見た時横、
 斜め上からのコンタクトが成立するモノです。

極端に言えば
フェース面と地面でボールを挟んであげる
位のつもりで良いでしょう。
そう使ってあげることで
はじめて ロフトの効果が発揮されます。
IMG_0662

脇道に逸れますが、
ボールの飛び出す方向…というのがありますが、
多くの方が フェース面の方(リーディングエッジ)から
ボールが飛び出す・・・・・・うーん 説明し難いですが、
 と思っているのでは、と・・・・・・

ボールはトップエッジから トップエッジ方向に逃げます。
回転して逃げるというよりも
つぶされたものが その方向に 坂に沿った形で逃げる のです。

横から入るイメージでは
ロフトが大きすぎて、ボールは後方に逃げるような恰好になり
それは スピン、必要以上のスピンと言う形で表されます。

IMG_0491


ポイントは フェースが下を向いていることを
ボールとのコンタクト
・・・インパクトまで維持できるか どうか にかかっています。


✋このイメージで そりゃそうだ! と言う方は
良いですが、いや これでは当たらない
ボールに届かない と思っている方は
ボールを飛ばす…と言うコトにかなり問題も抱えている
可能性が否めません。


極端な例ですが
フェース面を地面に向けておくのは
シャフトが地面と平行…あたり と言うコトになります。
本来は、それでは届かないので 体が回る のです。
(スイングのタイミング 動作の手順としても重要なポイントです)
それを 手さばきで ヘッドを下に
シャフトの角度をアドレスのような状態に
クラブを下に振る ということは
その期間、時間 グリップを止めなくてはなりません。
グリップが移動し続けている限り
 シャフトを下に、ヘッドを下に動かすことは不可能です。
となると インパクト直前で体の回転も止まり
ボールを打つ と言う行為に 体の回転は
止まる反動以外 では 機能していないことになります。
IMG_0728

また グリップを止め
シャフトを動かす、ヘッドを動かす行為は
その量分 体が上を向くので
二重の意味でロフトが増える可能性が高いです。
これでは飛びませんし、
これでは 数値としてのヘッドスピードが高くても
 それは飛距離に反映されません。

インパクトまで
 フェース面を下向きを維持できるか、どうか、
そのイメージを持てるかどうかで
 飛ばし を 運動性能や若さに依存せず
可能かどうか、がかかっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在

✋長崎県 多数  


✋沖縄県 1名

✋愛知県 1名

✋埼玉県 5名

✋神奈川 8名

✋千葉県 3名

✋東京都 9名

✋マレーシア 1名

✋カナダ 1名

 
2018/05/20 と言う状態です。
ph01_15

 ラウンド予定・
日程などありましたらお知らせください 

 ◯月第三週 土日 埼玉付近であと◯名… とか
 ◇月第2周 土日 千葉県であと◯名… とか
 そんな情報も希望します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くのゴルファーのとって
飛距離、特にドライバーの飛距離は
いくら有っても困らない程
魅力的なモノでしょう。

そして その飛距離を出すためのメカニズムが
「正しく」出来ないことが
スイング地獄、ゴルフ迷路の始まり
とも言えます。

全員に当てはまるかどうかは別でしょうが
初めてゴルフクラブを握り
見よう見まねでスイングしてボールを打とうとし
ある程度の確率で当たるようになると
頻繁に発生するのが 「右曲がり」 の球です。

この『右曲がり』の球は
インサイドアウトとか、アウトサイドインとかに
全く関係なく、
ヘッドの進入(進行)軌道に対し
ヘッドが右を向いている量が多いことから
生まれるのです。
IMG_0548

重複しますが、飛ぶ球に右回転が入るコト、
これはインサイドアウトやアウトサイドイン
などのヘッドの全体軌道とは
全く関係ありません。


腕のターン、ヘッドターンで無理やり作る
疑似的なインサイドアウトの方が
右曲がりは大きくなる可能性すらあります。

問題はそこではありません。

ゴルフクラブ、クラブヘッドは
シャフトが端、ヒールに付いている形状のため
軌道に対しフェースが右を向いている と言うのは同時に
 ✌ロフトが大きく開いている状態 になります。
IMG_0515

『飛び』に影響するのは 主にそこなのです。

また この状況では
そのクラブの長さによる
本来の入射角度よりも緩い角度 で入って来ていますので
入射の軌道 だけで言えば
打ち出し角度の高い スピンの少なめ の球になる筈 ですが
ロフトが大きく開いている為
打ち出し角度の高い スピンの多い
 球になります。
これは飛びませんよね。
飛ばない上に ヘッドスピードを上げても
 それは距離につながりにくくなります。

👉右回転はおまけ なのです。

「飛び」に直結する部分を治さず
飛びに直結しない 右回転の方を治そうとする
コトが スイングを複雑化、迷路化してしまうのです。


特に クラブをテークバック、準備動作するのに
体の回転に同期して動かさず、手や腕、
もしくは自分で体だと信じている肩だけで動かしてしまう場合
アドレスに比べ、トップでは
クラブはロフトがなんだか意味不明なほど開かれてしまいます。
ボールに正対していたのはフェースだったのが
いつの間にかソールがボールと正対するような形に
してしまうのですから より厄介です。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)

いつもいつも思うのですが、
若くて、体を動かすのが好きで、無理の出来る層 は
ゴルフが好きであれば
放っておいても練習しますし、
反射行為も鋭く、スイング論など要らないも同然
こんな人たちは放っておけばいいのです。
頭悪いなー と思うのは、
この人たちのスイング論などを
私も含めた一般ゴルファーが真似ようとすること自体
愚かな話です。 無理なんです。
私の年齢でバク転しろ、前中しろ と言っているのに
等しい動作を幾ら真似ても答えは出ません。

例を取れば
成人男性の平均的なドライバーのヘッドスピードは 38ms
時速に換算すると 約140繊,任后
0.1秒の間に 約4m
0.01秒の間に 約40属榮阿靴泙后
開いたヘッドが 閉じ終わるまで 80センチかかるとすると
その時間は 0.02秒しかありません。
フェースローテーションを分かりやすく80度するとなると
0.01秒で40度 0.005秒で20度 0.0025秒で10度
の時間です。
4c546cb7

ドライバーを元に状態でインパクト出来るのは
フェースの向き ロフトともに ±5度位でしょうし
フェースの向きとロフト角度は完全に同じようには動かず
別なモノですから
0.0025秒のどこかで
 適切なフェースの向き
 適切なロフト角度
 適切なヘッドの高さ

これを目標にするのですから
 始めから無理があるのです。
これを出来る人は 理屈でやっていないのです。

体力も落ち、運動性能も落ち、
特に瞬間的な動きに自信が無くなり
継続するチカラにも自信がなくなっているのが
ゴルフをするほとんどの層ではないかと思うのです。

飛ばしは魅力的ですし
大切ですが、ロフトの造り方
ヘッドの上下の入射の仕方で造るモノです。
その上での ヘッドスピード です。

そもそも それをヘッドの向きと間違えて
しかも その調整方法は曲芸に近いのですから
答えが出ないのも当然!!
u=3040139078,2324990219&gp=0

また、大きなロフト/緩い入射角度 で打つと
ヘッドスピードアップが距離に反映されません。
速いスピードで打つロブショットのようなものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

これは断言できますが、
スイングさえ良くなればゴルフが良くなるわけでは
ありません。



ありませんが、人間は歳をとるモノで
つまり経年劣化は進むわけですから
体に優しい動き、理にかなった動き をした方が
ゴルフを良くし易いのも確かです。


また 年齢を重ね、体力〜持久力が落ちた時に
ゴルフクラブの助けを借りられるようにしておいた方が、
ゴルフクラブの機能を使えるようにしておいた方が、
楽できるのも確かです。



スイングを変えたくない人もいます。
自分のリズム、自分のテンポが大切だから…と
それにとやかく言うつもりはありません。
体を痛めず、楽しんで頂ければよいと思います。


スイングとクラブをオタクとして研究している私
からすると、多くのゴルファーのスイングは
運動性能・運動神経でカバー出来なくなる
 40代後半から50代後半で破綻をきたします。

飛ばなくなる、体を痛める、安定しなくなる、
バンカーが出なくなる、 そのあらわれ方はそれぞれですが
それには確固たる理由があります。

その例を挙げてみましょう。
例えば このスイングをご覧ください。


一見すると 全体の動きはスムースですから
良いスイングに見えますが、厳しく言えば
他人の共有できるスイングになっていません。
スナップショット 1 (2018-05-17 19-39)

一番問題なのは このインパクト直前で
10度前後のドライバーのロフトは サンドウエッヂ並
に寝た状態になっており、
ここから ほんの10数造里箸海蹐縫棔璽襪呂△蠅泙后
こんなにロフトが寝て、右を向いたフェースから
ほんの 3/5000秒先 で

✊インパクトを適切なロフト
✊インパクトで適切なヘッドの高さ(上下)
✊インパクトで適切な向き


にするのです。

この3つを 腕さばきのみ で
時間のない 高速なここで処理するのです。

この方法を 誰かに伝えることが出来るでしょうか?

この方法の 改善法を誰かに聞くことが出来るでしょうか?



正直 これをスイング技術…とは呼べないと思います。
そして とても多いゴルフスイングのパターンです。

そう この手のスイングにした場合、
誰からも、プロからですら
適切なアドバイスを貰うことは不可能で、
運動神経が落ち、運動性能が落ちたとしても
自分で切磋琢磨して この技を磨かなくてはなりません。

そして この技の難しいところは
振り遅れ が ヘッドターンで間に合った としても
やり過ぎてしまう可能性も含め
それこそ タイミングによって
ありとあらゆる球筋が
 ほんの1/2000秒単位のズレ で発生してしまうコト です。

このスイングである限り、
私からアドバイス出来ることは何もありません。
私には真似のできない、真似たくありません。

このスイングであると クラブの機能は
あればあるほど 自分の動作の阻害要素になりますので
機能の少ない… 例えば
 シャフトが硬い
 ヘッドが軽い・小さい
 慣性モーメントの小さい
 重心距離の短い
 重心深度の浅い

モノを選ばざるを得ません。


体を痛めず 頑張ってください
 と言うのが関の山です。



MVI_0796_Moment




ゴルフスイングを 理にかなった
自然なモノにする というのは
ゴルフを良くしていく「考え」の基礎になります。

振り遅れを 無理やり 小手先の「返し」で
取り戻そうとする考え方は
必ず そのスイングがゴルフそのものに反映します。
ゴルフクラブをねじ伏せようとする考えは
必ずプレイ、プレイの選択に反映します。

あるがまま とはそう言う事です。

出来るだけ /兇蠱戮譴鯊い蕕覆そ猗
△修靴董/兇蠱戮譴噺世Ε潺垢鷲ず出るんだ
そして そのミスをその場その場で修正するのではなく
  ミスが出ても 使えるミスに留めておくようしておく

という心構えが ゴルフを良くしていくんだ と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在

✋長崎県 多数  


✋沖縄県 1名

✋愛知県 1名

✋埼玉県 4名

✋神奈川 6名

✋千葉県 2名

✋東京都 8名

✋マレーシア 1名

✋カナダ 1名

 
2018/05/18 と言う状態です。
ph01_15

 ラウンド予定・
日程などありましたらお知らせください 

 ◯月第三週 土日 埼玉付近であと◯名… とか
 ◇月第2周 土日 千葉県であと◯名… とか
 そんな情報も希望します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ