◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2018年04月


良くウエッヂのソールなどで
『抜けがいい』と言う表現が使われます。

スイングの話の中でも
『振り抜け』みたいな言い方もされます。

これは大変誤解を生みだしやすいモノです。

スイングは「振り抜きません」

MVI_0796_Moment



少々、極端に言えば
インパクト以前で 腕の仕事はほぼ終わりです。
多くのゴルファーのイメージは クラブを
テークバックで「上げ」
ダウンスイングで「降ろし」
フォローでは「また上げる」
上げ〜下げ〜上げ

だと思っていると思いますが、
ヘッドを、とか そう言う意味でなく
グリップ/クラブ全体を
高くして(上げて)
低くする(下げる) で終りで
そのあとの 上げる というのはありません。

MVI_0813_Moment(5)MVI_0813_Moment(6)












コレ とても大きな誤解です。

アプローチなどのドリルでやって貰いたいのですが、
小さなスイング、もしくはゆっくりしたスイングで
クラブ、シャフトを地面に押さえつけるように動かし
ボールとヘッドが接触したら
基本、腕の仕事は終わりです。
俗に言う 「クラブのリリース」と言うのも
意図的にはほぼ一切ありません。
MVI_0670Trim(2)_Moment

極端ですが フェースを下向きに
フェースと地面(練習ではマット)に
挟み込んだら 腕の仕事は終わりです。

トップの位置からインパクトまで
腕でクラブを動かすイメージも
あくまでも シャフト、クラブを地面と平行まで
その状態で終りです。
IMG_0662

それでは届かない
届かないでしょうねー
だから 回転する のです。


そう言う順序です。


極端ですが
シャフトを地面と並行で終り、
フェースと地面でボールを挟み込む、
。。。。でも その先の「抜け」がない!
そうです…だから 打った後、体を左に向けるのです。
MVI_0670Trim(2)_Moment(5)

スイングには前傾姿勢がありますから、
左向きの時間帯では 進行方向は上、になります。
クラブや腕に付いた慣性はありますから
完全に止まる訳ではないですが、
俗に言う「振り抜く」と言う腕の作業は一切ありません。

回転が上向きになっていくから
クラブは抜けていくだけで
腕は インパクト付近で惰性以外 ほとんど動かないのです。
つまり 動作、意図的な動作としては
フォローと言う行為は体の回転だけ
腕の惰性以外 腕の動作は全くないに等しいのです。

それが分かってくると
クラブの扱いの本質、スイングの基礎も見えてきます。

多くの人のスイングは
本来存在しない フォローの腕の動きが
メインな打撃動作になっています。
おかしなモノで 打ち終わっている筈の区間の動作が
スイング動作のメインの動きなのです。
奇妙でショ?!


言葉遊びではないので よく理解してください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


実はアプローチのミスを減らす
最善の方法は「上から打つ」 コトなのです。



先に言ってしまうので、身も蓋もないのですが、
上から打つ (もしくはつぶす)
というのは
からだの回転がまだ右向きの最中で
進行方向(体の取って左サイド)がまだ低い
低い方へ動いている時にインパクトに入る(迎える)

コトを指します。
手で振って クラブを下に下がるとか 降ろすとか
ではありません。



写真にすると インパクト以前は
理想的には右向きの区間ですので
ハンドファーストがきつい ように見えますが、
それは右向きのせい での視覚効果
見ている角度によって より強くそう見えるだけです。
この時の 体の正面から撮影すると
見た目ほどハンドファーストはありません。

シャフトは振りません_Moment
この状況/環境ですから
当然シャフトは下向き です。

シャフトが上向き というのは
ボールにソールが向いてしまいます。
フェースでボールを打てません。


このシャフトが下向きの状態で
ボールに入って来れば、
フェースは下を向いていますから
最下点であっても、若干その手前であっても
大きな違いはありません。
似たようなロフトと入射角度でとらえられます。
そして、ボールの直径は45ミリ(4.5臓砲任后
2センチは少々オーバーですが
その位 ヘッドがボールに対し、
厚く入っても、薄く入っても
ボールは球体であるが故に 大きく差は出ません。
ミスになり難い と言うコトです。
IMG_0659

フェース上部(トップエッジ)が前に出ている状況です。
トップと言うのは
 リーディングエッジやソールで打つコトですが、
リーディングエッジの方が後方にあるため
トップのしにくい状況です。

ダフリ とは インパクト、もしくは インパクト以前に
ソールが地面と干渉してしまう状況ですが、
それも起こりにくい状況です。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




一方 ヘッドを返して、もしくは ヘッドがグリップを追い越して
打っていく打法では、
スイングの半分は シャフトが上向きです。
シャフトが上向きの状態では フェースがボールを向いておらず、
スイングの最下点が ボールより手前に入れば
トップか、ダフリに必ずなります。

また 最下点でとらえたとしても
ボールに対し リーディングエッジが前に出ていますから、
ヘッドが1センチ高くても、低くても ミスになります。

さらに 振り子で振る場合、
スイング中、入射角度とロフト姿勢が常時変化するため
当たるタイミングによって 全く異なる球質になり
距離間の把握が非常に難しくなります。

アプローチでの この捉え方は
そのままショットに反映します。
右手の使い方もそうです。

からだでもない、腕でもない 肩の揺さぶりで
振り子にスイングする限り 上手くなるには
部活並みの練習頻度と量が不可欠…。
オジサンゴルファーにはほぼ不可能です。

からだの回転を意識し過ぎて
からだの回転でクラブをひっぱれば
クラブ・腕の長さと重さで遅れますから
結局 体が回転している時期に
インパクトを迎えられず、手で振ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)




ならば 逆に 手をもっと動かして、
自由の利く右手(利き手)と『正しく』動かして
からだの回転を後追いさせるようにする
と言う考えも一つのアイディアだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ハミングバードスポルテの
ラインナップを幾つかご紹介しましょう。

rad-04-driver4


,泙困蓮.疋薀ぅ弌

ベガ RAD-04

rad-04-limited-edition-red4


日本ではあまり知名度は高くありませんが、
共栄ゴルフの外国向けのブランドです。

オーナーであり、デザイナーは
先代の共栄ゴルフの社長。

弊社のアイアンヘッドなどのアドバイバーでもあります。
rad-04-limited-edition-red

ヘッド体積 455cc
ロフト角度   9/10/11/12.5/14
ライ角度   59°
ヘッド重量 230〜250g
重心距離   39mm
重心高さ   38/22mm
重心深度   37mm
重心角度   20°
慣性MO   5100gcm2〜〜

rad-04-driver3


ややシャロー気味の非常にオーソドックスな形状

スピン抑制よりも安定度を最優先。
rad-04-driver

引っ掛けの出難い重心構造

rad-04-driver2


上がり易い性格を持っていますので
やや渋めのロフトを選んでよいと思います。

ベガらしいと言えば ベガらしいのですが、
ドライバーの中でも優等生の筆頭のようなヘッドです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一般的にスイングは 
「手を返す」
「ヘッドターンをする」
「ヘッドがグリップを追い越す」
「フェースターン-ローテンションがある」

と考えられています。
IMG_0624

ターンと言う言葉から考えても
クラブヘッドの形状から考えても
そのターンは 主にシャフトを軸に
横に回転すると思われている節がありますが、
実際には そのターンは上下の関係。

握り-グリップで言うと
トップやダウンスイング初期で
右グリップが左グリップよりも上に有ったものが
左グリップの下に入り込むことで行われています。

そう言う意味では スイングの体の回転による時間…
手で振るスイングの場合はそれも乏しいのですが、
インパクトで 右グリップの方が下、左グリップの方が上、
の関係を造るには、
からだが右を向いている時間にはそれが出来ません。
ですので 体に対して「意図的な」振り遅れを、
からだの回転による姿勢で右が下にある時に
インパクトを迎えられるようにするのだと思います。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)




常時なのですが、右グリップの方が左グリップに被さる、
上にある関係 でインパクトを造るには
スイングの時間帯として、右を向いている時間しか
チャンスはありません。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




フェースターン、右グリップを下に入れるスイングでは
その時間に振り出さないのは理由があった訳です。
わざと 振り遅れ にしているのです。

グリップが体の横断 右外から左外へ、横断しますから
からだをちゃんと回すことは出来ません。
からだを回さないのにも理由があった訳です。

ゴルフクラブの構造上
ヘッドの重さやヘッドの速度という打撃の破壊力は
本来、ボールの速度に変換されるのですが、
それが ロフトという逃げによって
打ち出しの角度やボールの回転にエネルギーが分散、
別な言い方をすれば 意図的にロスさせる ものです。
そのロフト角度の違いによって
同じように打っても、距離を技術で打ち分ける必要が
無くなる訳です。
スイングには 既に体の回転という円弧があるのですが、
それにさらに 手を使った円弧を二重に作ってしまうと
その円弧の分、より角度効果が強くなり
ボールの推進力〜速度ではなく、回転と打ち出し角度が
増えると考えると良いでしょう。
MVI_0581_Moment(2)MVI_0581_Moment(3)MVI_0581_Moment(4)





腕〜手〜肘さばきによって
自分の上半身・胸に対して 平行に、
やや右上から左下への横移動、スライドさせる行為を
からだの向きを変更しながらするのです。

右を向いている時に
かなり極端に 下方向〜斜め下方向に
それも体の回転よりも先に動かすイメージを持たず、
横方向に押す、
からだの回転から先に押せば、
右サイドの高さが維持できず、
結果、右手は左手の下に潜り込み、振り遅れます。

腕さばきだけのパターからイメージしてみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ほとんどの人が信じている
両腕で造る三角形を維持
このアプローチやパッティングから始まる、
これが基礎になるショットは
百害あって一利なし なのです。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5


腕で造る三角形を保ち
肩を揺さぶって打つ『ショルダーストローク』ですが、
今回たまたま撮影していて気付いたのですが、
撮影するカメラの距離感から 胸から上がカットされています。

とても分かり易いです。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)




MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




ショルダーストロークは見ての通り、
グリップが体の右外、体の中、体の左外 と
からだを横断していくように動きます。

丁度 胸から上がカットされています。
この映像で言う 体はずっと正面を向いたまま…
にもかかわらず グリップは体を横断していきます。
imageCAX9G566

自分で椅子にすわったまま やってみてください。

からだを使っている・・・というよりも
からだをひねっている と言う方が該当する動きですね。

動いているのは 肩や肩甲骨で
逆に 体はそれと反対方向に動きたいでしょう?!
・・・・危ない…ですから。
これでは この動きをするのが精いっぱいで
両方の腕の長さにも制約がかかるので
クラブの位置とか、クラブの姿勢どころではありませんよね

MVI_0813_Moment(4)MVI_0813_Moment(5)


この動かし方をするのに
この⇩グリップや
この⇩アドレスに
なると思います?

yjimage

あきらかに ⇩この動きをしようとするための
アドレスであり、グリップですよね?!
MVI_0813_MomentMVI_0813_Moment(2)







嫌味で言う訳ではないんですが、
ダウンスイング〜インパクトで
左手の甲を甲側に折って、打ったことがないので
この「しゃくり打ち」のテスターは
しゃくり打ちが上手じゃないんです。

3a2657cf2d5452e4b2914c204ab30a3c

実際には 多くの人がインパクト直後で左手の甲が
甲側に折れています。
まあ アドレス・グリップで既に折れてますからね

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223o0480048012502815891







そう考えていくと
このボールをさばく此処の部分が
スイングの全てを決定付けて行くと言っても
過言でないでしょう。

その位、このアプローチやパッティングなどの
ボールさばきと言うのは重要なのです。
ココが変わっていかないと
フルスイングは変化をしていきません。


弊社では『刷毛塗』と呼んでいますが、
からだから分離する形で
両腕を使って どうボールをさばくか
この動きはとてもとても重要です。
MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




スイングは体の回転が伴うから円を描きます。
からだの回転が伴わない場合、
両腕の使いによって 動かすクラブ、グリップは
あくまでも 体に水平(まあ やや斜め右上➟左下)
な横移動です。
✋円・弧は描かないのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
改めて…考えてみることは少ないと思いますが、
左右のグリップとクラブの関係というのは
前傾姿勢 というのが錯覚してしまいますが、
右手右グリップの方が上、左手左グリップの方が下
にあるのです。
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

アプローチやパッティングの
ショルダーストロークから始まる
肩の振り子のスイング。
多くの方が この延長線上でショットをしています。
振り子のアプローチの場合、
原則的に腕と胸で造る三角形は崩さないので
右手を使う と言う意識はない…というか
右手を使えばよりミスになり易い環境です。
それでも 遠くに飛ばすには右手/右腕は
使わねばならない…という葛藤に苦しむでしょう。


右手をつかう…と言う意識があるか、無いかはともかく
ショルダーストローク、それの延長線上でのショットの場合
右グリップは左グリップの下に潜り込もうとします。

フルショットなどで遠くに飛ばすため右手/右腕を使うと
 左腕は突っ張ら狩る習慣が身に付いているので
その圧力は 左サイドを上にあげてしまい、
からだの姿勢が左足上がりのような状況になります。
このような打ち方のプロを見ていると
無理やり左サイドの上りや離れを押さえ込んでるので
ものすごく不憫なスイングに見えます。
pc

本来、右グリップは左グリップの上にあり、
これから 右腕を使いますよー の段階は
トップオブザスイングですから
実質的にも右グリップの方が上にあります。
20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

クラブを持った左グリップを下に、
イメージですが、右グリップの方が上にある関係のまま
右手・右腕で押してあげると
その圧力で 左グリップ・左サイドは上ではなく
やや下目の横(飛球線方向)に押されることになります。
それが回転の補助になります。

二つを比較してみると とても分かり易いかも…です。
MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)




動画は 左右のグリップの関係だけを意識して
スイング動作は無視して撮ったのですが、
結果として その関係が体の姿勢も作ってしまっています。


ショルダーストロークで身に付く
左手の下に右手を入れる、
左右のグリップの上下関係 というのは
グリップにも、アドレスにも色濃く反映しますし、
ダウンスイングも作ってしまいます。
MVI_0817Trim_Moment

スイング…としては結果的に、傍から見れば
当然 右手の方が低い方に行ってしまうのですが、
左手よりも上、左手を上から下へ押さえ込む
という右手の使い方を覚えて
初めて 右手でボールを叩けるようになるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



かなり昔の記憶…になりますから
推測に頼るしかありませんが、

初めてクラブを持ち、ボールに当てる、打ってみる
そこまでさかのぼってみると
そこから スイングは分かれていくのだと思います。



始めっから 理屈を知っている人や
ゴルフスイングの用語、クラブのメカニズムを
知っている人はまずいません。
とりあえず 長い棒の先にある敵の塊で
ボールに当ててみる、打ってみるところから
始まる訳ですが、そこが問題になります。

MVI_0796_Moment



ちょっと横道に逸れますが、
右打ちの人は概ね9割がた右利きです。
にもかかわらず 多くの自称識者は
『ゴルフは左手・左腕のリードだ!』と言います。
私はへっぽこですが、元高校野球児でしたので、
「なら なんで 左打ちにしないの?」
「左打ちの人が少ないの?」

と常々思っていました。
確かに 用具などの制約はありますが、
用具などは売れ行き、数が支配していますから
左打ちのクラブ等用具の販売数や割合が増えれば
それ相応になっていきます。

右利きの人が右打ちするなら
右手・右腕を使わなくては パンチが効きません。
スナップショット 3 (2018-04-02 11-36)

ゴルフで言うアプローチやパッティングなど
距離を制限して打つ場合などにも
当然、利き腕である右手・右腕で覚える方が
圧倒的に楽な筈です。
564dfb4d

プロや通常の『パッティング』のレッスンを見ていて
両腕と胸で造る三角形を固定し、
肩や肩甲骨を揺さぶる、俗に言う
「ショルダーストローク」
この方式で 距離感は一体どこの部位、
何処の筋肉なんでしょうね?
トレーナーや体育の専門家に聞いてみたいですが、
その筋肉は 強い力を出したり、耐えたりするのに
有効な部位や筋肉で、
細かい距離調整をするには不向きなところ?
  ではありませんか?
なら 簡単に利き腕で距離調整を覚えた方が簡単でしょう?

スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)


ゴルフクラブの機能の観点から見て
その 一番はじめにボールに当てる、ボールを打つ、
その非常に拙いやり方を改めましょう。
その方法では
‘体を酷使するほど訓練する
飛ばすコトをあきらめ真っ直ぐ行かせる
クラブの機能を全く利用せずボールを打つ

 👉何を使っても、何に替えても代わり映えしない
は どんなに経験年数を積んでも変わりません。

この 一番はじめにやるやり方、
はじめの一歩、一個目のボタンの掛け違い が
あとあとものすごく響きます。
maxresdefault

からだ…ではなく、腕でもない、
その両方の中間にあたる肩や肩甲骨を動かすのは論外です。
スイングで肩が回る、もしくは肩が入るのが
肩の乗っている胴体、骨盤からその胴体が向きを変えるからで
肩だけを回すのは コブラツイスト です。

4c9a0689

まずは 全く論外 の
 ✋ゴルフを上手くなりたくなくて(上達したくない)
 ✋体を痛めることを覚悟する人向け、
 ✋何年やっても初心者のまま でいたい人向けの
.轡腑襯澄璽好肇蹇璽  から
これ…あくまでも個人的な意見ですが、
よく女性が生徒さんのゴルフレッスンで見かけるんですが、
チカラの無い女性にとっては特に最悪、
非常に言葉悪いですが、犯罪に近いレッスンと感じます。

腕を使わないようにする という意味不明な金科玉条が
信条なのか、宗教なのか、
両腕を伸ばし、胸とその腕出来る三角形を保ち
それを背中当たりの筋肉で 左右に動かす。

この動きには ゴルフをぶっ壊す すべてが詰まっています。

腕を使わない ということは 体を回す と言うコトですが、
アプローチやパターで インに引いたり 通常しません。
だいたいが、お決まり
pppputting
のように真っ直ぐ引け! です。

からだだから!と その三角形を真っ直ぐ引く行為 は
からだを回す動き(横)とは 90度立体的に角度の違う
単なる ぎったんばっこん です。

しかも この行為をするのに
はっきりした体の部位、この関節を稼働させる や
この筋肉を使う と言う場所が存在しません。
(当たり前ですが)
まあ 単に肩を揺さぶって、背骨を左右に歪めているだけ
なので、いずれ壊れる原因になります。

からだと言っている その肩の部分は
回る方向とは全然違う 上下の動きをしているだけで
その動きは 前屈とも異なる、
 単なる屈曲…無理に歪ませている動き。
からだが回るという横の運動で出来る筈の円弧を
肩の上下運動で再現するのです。
その動きをする確固たる体の部位もありませんから
元々不自然になりがちですし、横運動を縦運動で
似た動きにする(円弧を描く)のですから
そりゃ 複雑な動きになります。

スイングにはキーになる前傾姿勢があるのが理想ですが、
前傾姿勢は、読んで字のごとく
 自分の前に出来る傾斜の角度 ですが
これは 自分の横に出来る屈曲です。
show_img

ですので、お金を払ってレッスンを受けているとすれば
ギッタンバッコンをわざわざ習いに行ってる と言うコトになります。


からだを横に屈曲させる というのは
人間にとっては不自然な行為ですので、
自然な防衛本能が働き、
必ず 帰り(戻り)はスピードは速くなります。
動作速度の調整〜管理が重要なアプローチやパッティングには
最も不適切な方法です。

動画をよく見ると分かりますが、
無意識ですが、テークバックすると
量は兎も角、必ず頭は左に倒れます。
ダウンスイング〜フォロー時になると
今度は必ず頭が右に倒れます。
ですので アドレスしてセットアップした時は
ボール付近がスイングの最下点になりますが、
動作を始めると 軸が左右に常時動きますので
ほぼ間違いなく 毎度 最下点はボールより手前(右)になります。
この時点で ショット全般がしゃくり打ち/煽り打ち になります。
上から打つ とか、インサイドから打つ は
 生涯、実現不可能な謎になります。
ダフリ/トップ大量生産機 の完成です。


このショルダーストロークを覚えると
ほぼほぼ、その延長線上に『フルショット』が来ます。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

からだを回しているつもりで
単に肩をギッタンバッコンさせる。
ダウンスイングで 体を回しているつもりで
 単に右(右側帯)に屈曲しているだけ。
腕と体が曖昧ですから、
 良いことではアリマセンが、
 腕を降ろしているつもりが、
 クラブを下げているつもりが、
 単に右(右側帯)に屈曲しているだけ。
と言うスイングになっていきます。


プロも含めた 最近のゴルファーの9割前後のゴルファーは
このショルダーストロークの延長線上がスイングになり、
この方式のもう一つの大きな欠点は
距離と弾道が一定させるのは 不可能の領域 と言うコトです。

弾道は ボールの速度と打ち出し角度、そしてスピン
によって決定されるのですが、
それは ヘッドの入射/仰射角度とロフト姿勢 で
分配されていきます。
ショルダーストローク、いわゆる振り子打ちの場合
振り子の度合いや速度、番手による長さ、重心の位置、
コースであれば傾斜 によって
最下点だけでなく、円弧の大きさ・具合が毎度変わります。
最下点よりも前(ヘッドが下降過程)で打つコトは
ほとんどありませんが、最下点、
最下点より後(ヘッドが上昇過程)と
まったく性質の異なる球を 同じ速度で打つコトが可能です。
誰も、本人ですら 何が出るかわかりません。

これに 左右方向の打ちだし角度、
左右方向の曲がり まで入るのですから
一度打てるようになっても
継続的にスイング・ショットのメインテナンスは不可欠。
からだが擦り切れてしまいます。

某プロのスイングも典型的な高速ギッタンバッコンで
テークバックで右を向くのでなく
単に左に屈曲し、ダウンで右に屈曲する。
からだで振っていると本人は言うでしょうが、
インパクト付近のボールさばきでは手とクラブしか
動いていません。
このスイングは一定の弾道が大変打ちにくく、
それをするのには 正しく振るの10倍〜20倍の練習が必要で
あの年齢でも既に体は擦り切れてしまっています。
おいたわしや…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
初めて L型ブリストルパター進化版 を
手にすると そのヘッドの重さとシャフトの柔らかさに
例外なく ほとんどの人が驚くコトでしょう。
006

そして 弊社の他の悶絶クラブと同様に
そのシャフトの柔らかさで そのヘッドの重さを使って
ボールを弾けば 簡単に転がる…飛ぶ と感じるのでしょう。
BlogPaint
しかし、そうやって使うと
どんな距離が、どの方向に飛び出るか
ひじょーに把握し辛いモノになってしまいます。
パターだけではアリマセン。

パターでは、同じロフトでボールを打てる
動作を同じようにする と言う意味でなく
ファジーというか、アバウトというか
設定するインパクトポイントが多少ズレても
さして ロフトが変わらないような扱い方を
しておかないと パターとして効力を発揮しません。
これはドライバーでも、アイアンでも同じです。

特にパターも含め、アプローチなど
打つ距離がピンに近づき、距離が最重要視される場面では
方向の優先順位よりも 『打つ距離』の優先度が高くなります。
そんな場面で 打ってみないとどんな距離が出るのか、
上手く打てば打つほど 想定より飛ばない結果になる
 など言語道断。
ミスは仕方ないですが、そのミスも出来る限り出難い
クラブの扱いにするのは最優先課題です。
004

ですので 打ち手から
 パターヘッドが真っ直ぐ動いているように
『見える』コトよりも、
タイミングがずれても同じロフトで
 インパクト出来るようにするコト
の方がはるかに重要です。

弊社のセットをお使いになられて
パターが上手く行かない …と言う場合、
おそらく、柔らかいシャフト/重たいヘッドのクラブを
単にタイミングよく打っているに過ぎず、
逆に、現在パター"だけ"上手く打てている場合は
放っておいても ほかのクラブも打てるようになります。
例外は今のところ見当たりません。


とても重要になるのは
ハミングバードの言う『刷毛塗』
別な言い方をすれば、ショットに肘使いは重要ですが、
基本、右腕を積極的に使って打つモノです。

その右腕を使った時に、
『一体 右腕は何を押しているのか?』
『いつ 使うのか?』
 と言うのがポイントで
この例をパターではありませんが、共通しているので
ご紹介しましょう。
少々、長くなる話ですが、
 多くの悶絶中の方に有効な話です。
 ✋質問もお受けいたします。




二つの動画があります。ご覧ください。
先の人(Aさん)は 頑張ってるシリーズの方ですが、
からだの回転に対し、ぎりぎり駆け込み乗車で間に合っています。
厳しく言えば、この遅さというか道のりでは
現場では必ず遅れますので注意が必要です。
 

あとの方は(Bさん)は右向きの量も
ドリルとしての左上腕部の動き出しも
 Aさんよりも多く、早め です。
右腕を伸ばすタイミングの習慣の違いか、
右サイドの潜りは否めませんが
十分 体の回転に同期するタイミングの筈が…
肝心なところで 遅れを造ってしまい 
インパクト付近は結局手で振っています。

その違いは道のり というか、
右手の伸ばしで 何を押そうとしているか の違いが
ヘッドの弧の大きさ、左グリップの止まりを
造ってしまい、
道のりが長く、左グリップが止まらざるを得なくなっているので
からだの回転に同期しないのです。

で これはパターにも共通の話ですが、
Aさんは 
右手の伸ばしで、クラブを握っている左手、
左手の手首
 を押そうとしています。
腕も含め、クラブは重さですから、負荷がかかった時、
その場に留まろうとする力が働くので
結果として 左手の手首は平側に折れる形になります。
一方、Bさんは 
右手伸ばしによって
クラブ・グリップ・シャフトを押そう
 としています。
別な言い方をすれば 下に振ろう、もしくは届かせよう
とする本能、、もしくは従来の動きが抜けきれない
 とも言えます。
左手のグリップを支点とした、右手の動きによって
左手のグリップの移動は妨げられ
 からだの回転から離脱、体の回転に取り残される形になります。


左股関節の前傾がある状態で
右手の伸ばして クラブを下にリリースすればダフリます。
それを回避するため、左サイド伸びあがりをします。
人間はミスを記憶していますから

支点運動をして、右手の伸ばしと左サイドの伸びはパックです。
右手を伸ばすから 空間を造るため、
左サイド〜左股関節を解くのか
左股関節を解くから 
右手を伸ばして届かせようとするのか は
鶏と卵の関係ですが、
これによって 一番美味しい体の回転が利用できず、
届かせようとする と 離れようとする と言う相反する
本当は全く不必要な ゴルフ技術が
 スイングにとっての肝心かなめの動きになってしまう
 のです。

Aさんの方はいままで体の回転に同期して
からだが回ることによって ボールを打ったことがありません。
いままでは 体を開く、もしくは左サイドを伸びあがらせる動きと
右手の伸ばしで届かせる動きを その都度その都度して来ました。
前述の通り、ショットの是非はそこに掛かっているので
本人にとっては非常に大切な動きですが、
からだの回転でやらせてしまうと その動きは丸ごと無くなります。
おそらく その拍子抜け感、打撃の実感の無さは
しばらく惑わされるコトになります。
打った気がしないでしょうね。

Bさんの方は、体の回転に対し振り遅れていますので
インパクトがどうしても煽り気味になります。
煽ると言うコトは同時に体も開く…になりますから
左に引っかかった ローボール気味の左回転になります。
強く振るとそれは当然強く怖い玉になるので、
恐る恐るやります。
それが 結果、強く振ることを強要することになり、
その怖い玉が頻繁に出没します。
スイングは 振り遅れれば振り遅れるほど、
どこかで急加速が必要になります。
からだが開いて、上を向く というのは
クラブを通す空間をどんどん狭めるからです。

また この習慣が根付くと
右腕を伸ばすことでボールをさばく手順が身に付きますから
右腕を伸ばすタイミングが遅れ、
同時に右サイドの潜りが身に付き、
右腕を伸ばす空間不足によって 更なる遅れを生みます。

また お二人ともに 
腕にパワーのある方たちですので(羨ましい…)
この振り方をしても 
ときたま 凄まじい距離を打つコトがあるので
右手を伸ばすことによってシャフトを動かす、
左手を支点にしてヘッドをボールに届かせる、
行為の延長のフォローの縦振り
 が素振りになる傾向があります。
フォローでシャフトが縦に抜けてきて、
ヘッドから左肩に入ってくるフィニッシュは
自分の動きの一つの目安になりますので
結果として、右手の伸ばすタイミング、
右手で何を押すのか は
課題から消え去ってしまいます。

これは もちろんショットでも意識することですが、
パターや小さなアプローチでも とても大切で、
スピードで解決出来ないショットでは要とも言えます。

左手を支点にして シャフト…右人差し指を前に出すような扱いは
スイングの体の回転の円弧とは別に ヘッドの縦の円弧を描かせます。

一番肝心な
 インパクト付近で体の回転のターンテーブルに乗れていない
からなのですが、その代わりに手さばきで円弧を描きます。


それは ロフト姿勢 =バンス具合、
ヘッドの高低(上下)の円弧 を造り、
同時に体の姿勢にも影響を与えますから
ダフリ・トップの主要因ですし、
入射〜ロフト立ち ➟ 低い打ち出し 多いスピン
仰射〜ロフト寝る ➟ 高い打ち出し 少ないスピン
という弾道に対しては幅広く出る可能性を持っています。
全く異質な球筋です。
これに 各番手のロフトと長さの関係が絡みますから
この右手の使い方をする人の傾向は 速いスピードの人は
 ロフトの少ない 長いクラブの特にドライバーの場合、
そこそこ飛んでいきますが、フェアウェイウッドはスピード任せなので、
痛手…大たたきをするホールにかなり絡みます。
そのドライバーの飛距離に対し、ロフトが大きく、長さが短いモノは飛ばず、
スピードはあるのにスピンも入りません。
遅めのヘッドスピードの人は
 ロフトの少ない 長いクラブは 上がるばかりで弱い玉、
もっと遅くなると 球の上りも悪く、飛びは期待出来ません。
ロフトのある、短いクラブはスピードがないのでミスは少ないですが、
勿論スピンは効きませんし、バンカーは致命的になります。

スピードのある人は その右手によってクラブをリリースする動きによって
からだの上向きが強くなり、腰や首を痛めやすく、
スピードの遅めの人は スピードを上げても 高さが出るだけで
より飛ばない球質になるので 距離をあきらめざるを得ません。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現在は 一般的なアイアンヘッドとドライバーに
重心距離の格差が広がっているのも懸念材料ですが、
重心深度(重心位置がフェースより奥にある)も
意外に厄介なシロモノです。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


忘れ去られていますが、
ゴルフのクラブを設計する際、
ゴルフクラブの機能を説明する際、
『スイングは体の回転によって!』
『スイングの円弧は体の回転で!』

というのが基本条件で造られ、考えられています。

ですので 昨今の手振りスイング、
多くのプロを見てもそうですが、
からだの回転は単なるきっかけで
からだの回転で腕を引っ張りますから
肝心のインパクト付近は 腕でクラブを振るしかありません。
この振り方ですと、
正式な体の回転よりも 入射角度は緩く、
多くの場合は 入射(上から)ではなく、
仰射(下から)、読んで字のごとく 煽る"入り"になります。
👉クラブはこの振り方で有効に働くようには設計されていません。

重心深度が深いと
重心位置が 重さが一直線になろうとなる傾向から
ヘッドが進行方向の前にでやすくなります。
ヘッドが返り易くなる傾向も強いです。
それによって、自然に入射が緩くなり、打ち出しは取れるが
スピンは少なくなり易く、飛距離が出易い や
(無駄なスピンを抑制できる)
ボールが上がり易い が「売り」なのですが、
元々緩い入射や仰射でインパクトに入る方が
重心深度が深くなると 体が右に傾き、
スイングの円弧の最下点が右にズレすぎてしまいます。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

空中に浮いているドライバーはまだ良いのですが、
これでは 地面から打つフェアウェイウッドなどは
ダフッたり、トップしたりし易くなってしまいます。

これが 昨今、フェアウェイウッドが敬遠され気味、
ユーティリティ形状の奥行きのないクラブが
主流になっている 小さくない、一つの要因と思われます。
(単品価格差の問題もありますが…。)

昔ですが、ロイヤルコレクションと言うメーカーの
フェアウェイウッドが人気があったのが、
この ダフッて、地面に突っかかってしまう部分が
カット・削除されており、俗に言う抜けが良い構造に
尻もちをつきにくい形状になっていたからでしょう。

main


ですので 一概に重心深度が深いモノが易しいとは言えず、
上がり易いのを重視するのなら
 大きなロフトを選べば良いですし、
飛ばしたいのなら 重いヘッドを選べば済みます。

正しく 体の回転通りに、もしくは同期して
クラブの円弧を描ける人にとっては
重心深度は恩恵となりますが、
手で振る、振り遅れのゴルファーにとっては
深ければ良い…訳ではないので、
検討の余地のある部分です。
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)









ただ 同時に 重心深度は重心角度を形成します。
重心が深いほど重心角度が大きくなりますので
振り遅れの人にとっては ヘッドの返しやすい要素 に
なりますから 悩ましいところです。
ヘッドを返す行為は ロフトを減らしますが、
同時に 尻もちを誘発するヘッド先行を作り出しますので
どちらが優先するか微妙なところ…。
空中にあるボールを打つドライバーを優先させるため
地面にあるボールを打つコトを蔑ろにするか、
そして その振り方は 必ずアプローチ、
特にバンカーショットを得意にさせません。
どうしたものか…。

…そんなことをしなくてよいスイングにするのが一番でしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

 

.硬さを決める


 

 一般的な34インチのパターですと

 ヘッド重量   320g (ブリストル 480g)

 硬さ(振動数)  350cpm です

 

 シャフトの硬さは『好み』の場合もありますが、

 慣れてくると 柔らかいモノの方が

 ボールの伸び、ゆっくり転がるのに遠くまで転がる、

 ボールが直進性(ボールが曲がらない)が強いです。

 

 大きな違いは『慣れ』に要する時間だと思います。

 想像が難しいかも知れませんが、

 硬さい砲覆辰討ると かなりふにゃふにゃで

 始めの頃は不安に感じるかもしれません。

 

 長さに応じて 同じヘッド重量を使いますが、

 総重量と異なり、柔らかいものほどヘッドは重く感じられます。

 

 280cpm

 弊社オリジナルのアルミ製 140gのスチールシャフト

 全体の重量感が非常に重め 総重量は700g近くになります。

 

 220cpm

 弊社オリジナルの95g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック 濃い銀と黒の間の色です。

 

 170cpm

 弊社オリジナルの95g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック

 

 140cpm

 弊社オリジナルの70g グラファイトシャフト

 色はガンメタリック

 

 

.長さを決める

 

 32インチから36インチまで 1/4インチ毎に製作可能です。

 

 

.ライ角度・ロフト角度を決める

 

 標準的な ロフト角度4度 ライ角度71度で造られていますが、

 素材が 軟鉄S15Cのため変更可能です。

 短めにする場合、長めにする場合などご検討下さい。

 

 

.ヘッドの仕上げを決める

 

 :シャンパンゴールド/金色(Wニッケル) 艶消し

 :シルバー(クロムメッキ) 艶消し

 :ブラック(テフロン) 艶消し   です。

 

 打感等には一切影響がありません。

 順をおって メッキ及び加工が厚くなりますので

 防錆には強くなります。

 

 

5.グリップを決める

 

 お好みのモノで構いませんが、形状がオーソドックスですので

 あまり変形なグリップや派手な色柄のモノは似合わないかと思います。

 

 お薦めは ロイヤルグリップのパフォーラップ太目(80g) です。

 

 

 

 

 

 

 

手前味噌ではありますが、弊社のL型ブリストルパターは

多くの方に長く愛されているパターで

 一生お使いになることの出来るモノです。

始めのうちは慣れないかも知れませんが、

パター単品で! と言う観点でお選びになられるのであれば

 許せる限り「柔らかい」モノをお使いになられた方が

楽しいかと思います。

 

ただし パター以外のクラブに影響を及ぼすこともご考慮下さいませ。

 

 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

 046-804-1480  ハミングバードスポルテ

 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

 

👉地図

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1HnttYk5C88Z69NJ3GTrwhnuLhUw&msa=0&hl=ja&ie=UTF8&t=m&ll=35.237147030220356%2C139.675211&spn=0%2C0&source=embed&z=9

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ扱いの原則は

 
クラブが単独で動くのではなく、
 自分が動くから、結果、クラブが動く
のです。

20161215Trim(3)(2)(2)_Moment


 👉重さとはそこに留まろう とするチカラ です。

クラブ全体で言えば、
例えば ヘッドの重さが10キロだったとしたら
グリップを動かしても、それと同量動いてくれません。
移動量は、その重さ分少なくなります。

この原則は ヘッドにも当てはまります。

打ち手が動かすグリップと直接つながっているのは
クラブヘッドで言うと ヒール部 です。
重心位置、特に重心距離は そのヒール部(シャフト)
からのズレ、離れた距離を数値化しています。
IMG_0499

打ち手が体の向き等を変え、グリップを移動させる、
ヒール部を移動させても
重さの中心点である 重心位置は その重さ分、
そこに留まろうとする力を発揮します。
別な言い方をすると
クラブヘッドは トゥ部(先端)はヒール部よりも
動かないのです。動きたがらないのです。

自分で試してみると分かりますが、
アドレスの状態から ヘッドを動かそうとせず、
グリップだけ動かしていくと
ヘッドは左回転、閉じる方向に回転しようとします。
IMG_0640

前傾姿勢があり、右を向くと
左サイドの方が右サイドよりも相対関係として低くなる
のが テークバック時のナチュラルな「シャット」ですが、
それだけでなく 重心位置を『普通に』使ってあげると
やはり「シャット」が形成されるのです。
クラブヘッドは トゥ部を意図的に動かしてはいけないのです。

IMG_0612



👉こんなドリルはどうでしょう?
◯鏡やガラスなどで
ご自分のテークバックの初期初期の
グリップの移動ラインとヘッドの移動ラインを
比較してみてください。
クラブは手の上側に持っていますから
正しくは グリップの通るラインよりも
やや上方をヘッドが移動します。
ヘッドの方が下方を通るのは
 その時点で「駄目駄目」です。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

自然な前傾によるシャットだけでなく
ヒール部を動かそうとしない、重さによるシャットも
意識するとより良いのです。



アイアンとウッドの最大の違いは
重心深度です。
片や 数ミリと 30(3)ミリ以上
この違いは そのテークバックでの
重心位置の取り扱いに大きく出ます。
006

テークバック時、
重心の浅い(数ミリ)のアイアンは開きにくいですが、
重心が深い(30ミリ以上)のウッドは その初期、
一番初めの段階で 開いてしまう(右に回転させてしまう)
と当然シャットも作れませんし、その重さによって
必要以上に グリップ・手・腕も動かされてしまいます。
重心位置をシャフトよりも左(ボール側)に維持しておくのと
シャフトを跨いで右に行くのでは
かかる重さも全く異なりますし、その方向も違います。
当然、それによって姿勢や道のり、トップの行き所も
変わってくるのですから、
せめて シャドースイングや素振りの段階で
その重心位置とグリップなり、シャフトの関係を
掴んでおいて損は無いでしょう。
008


理想的には 出来るだけアイアン・ウッド双方
同じようなボールの位置で、同じように振りたい、打ちたい、
訳ですから このテークバック初期での
重心位置の取り扱いは注意が必要です。

トゥ部を動かそうとしない、を意識すると
より 双方の重心深度の違和感は薄れると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの打撃部分、クラブヘッドには
重心位置 と言って
他のスポーツではあまり聞かれないモノがあります。
IMG_NEW

これは 打撃部分のヘッドの重量の中心点が
それの装着されている、
打ち手が持っている棒(シャフト/グリップ)の延長線上になく
ズレている その量(距離など)を表す言葉です。

多くの人は勘違いしているか、と思いますが、
この重心位置は
 インパクト時になにがしかの形で
 ボールに作用する、影響を及ぼす
 のではなく、
その重心位置の違いによって
そこに入ってくるクラブの道のりやサマ が
影響を受ける、インパクトの物理的作用よりも
インパクトまでの時間や経緯に影響を及ぼす のです。
ボールではなく、シャフトに影響を及ぼす と
考えた方が良いかも知れません。

ですので どうクラブを扱っているか
によって その影響は様々で
人によって、だけでなく
装着されるシャフトの硬さや性格、クラブの長さ、
そして 
同じバックの中に入っている他のクラブたちとの
共存性/互換性
などによっても異なり、
一概に こうだからこう とは言い切れません。



スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


カタログなどに出てくる その用語の主なところは

✋重心距離
 シャフトから重量の中心点までの距離をmmで表します。
 一般的には フェース面上で計測します。

✋重心高さ
 ソール(もしくはリーディングエッヂ)から
 重量の中心点までの距離をmmで表します。

✋重心深度
 リーディングエッジから重量の中心点までの
 距離をmmで表します。

総称して 重心位置 と言いますが、
この数値は そのヘッドの性格・特色を表します。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7


―顛患離

 この数値の長い は 重い と同意語です。
 当たり前ですが、ヘッドの重さは重いほど破壊力を生みます。
 グリップに対し、ヘッドをたくさん動かそうとする人にとっては
 この長さ、この重さは扱い辛くなる可能性があり、
 どういったスイングをしているのか
 によって 善し悪しが分かれるところです。
 また 同時に 長いものほどモーメントが高く
 (重いのですから当然ですが…)
 ミスに対する耐性、安定度は高くなります。

 どの位の 重心距離の数値が適切か というのは
 とても難しいです。


 重心位置、重心距離は確かにスイング次第ではありますが、
 同時に ほかのクラブとの互換性 がとても重要に
 なって来ます。

スイング破壊兵器である"軽量スチールシャフト"装着の
アイアンが主流になったため、
アイアンの小型化が進み、大型のドライバーと
その重心位置の互換性が急激に乏しくなっています。

従来は シャフトが長く、ヘッドも大きくなり、
その形状から重心が深くなり易いコトもあって
ヘッドが重く感じやすく、シャフトも柔らかく感じやすい
ドライバーを含めた ウッドの方が
アイアンよりも重心距離が短めで
その時代のゴルフスイングは
割と真っ当な道を進んでいました。
アイアンの方が極端に重心距離が短くなり
シャフトの硬さ化が進み始めたあたりから
シャフトを意図的にしならせて打つ のが必要になり始め
それ以前の、昔のスイングに戻ってしまったようです。

IMG_0459


現在の アイアンヘッドの平均的な重心距離は37舒未任后
これと組み合わせて 
違和感のない使いやすいウッドの数値は35舒焚次
1995年 今から30年近く前のドライバーの数値です。
その頃のドライバーヘッドの体積は 230婉、
450佞離疋薀ぅ弌爾砲箸辰討
ほとんど実現不可能な、もしくは
450佞箸いβ腓さを無意味にしてしまうほどのモノです。


おそらく…いや 多分、その通りだと思うのですが、
ドライバーに悩まれる方の 本当の原因は
ドライバーそのものではなく、それと共存する
バッグの中にある他のクラブ、特にアイアンのせい、
アイアンのヘッド、シャフト、シャフトの硬
さなど
と言えるのではないか と思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングで、特にアプローチで
うまくいかない、
ダフル、
トップする、
ミスになる、
 大きな原因 は知識で解決出来ます。
607a83e4-s

アプローチにも種類がありますが、
グリーン周り位の距離から
番手にもよりますが、50ヤード位まででしょうか
この知識はとても有効です。

そして この知識は勿論フルショットにも
とても有効…というか ホントは『当たり前』
なのですが、多くの人は誤解?、錯覚して理解しています。



何度も何度も書きますが、
スイングは 最終的には円弧 を描きます。
その円弧に騙されてはいけません。

ゴルフクラブは機械仕掛けではありません。
弊社の取り扱う 柔らかいシャフト であったとしても
自発的には絶対に動きません。

クラブ扱いの基本中の基本は
持っている、打つ人が
なにがしかの運動/動作で
グリップを動かした分 その移動量分
ヘッドが動くのであって
グリップの移動量を ヘッドが上回ることは
意図的にしない限り 絶対にないのです。


この二つの写真をご覧ください。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)円弧 と言う意味ではグリップに対し
外周に当たるヘッドは、大きく移動したように
感じますが、このショットを
真上から俯瞰して見ていると
考えてみてください。
グリップの移動量に対し
ヘッドの移動量はさして変わりがありません。

スイングは体が回転するので
結果として 円弧を描き
それによって その外周に当たるヘッドの方が
最終的には 長い道のりを描きますが、
コト移動量そのものに対しては
グリップの移動量=ヘッドの移動量 です。



アプローチの方が分かり易いでしょうか
ここを スタート地点 します。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)

ここは通過点ですが、仮にゴールとします。
スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)

二つの写真を比較してみると
スタートのグリップの位置とゴールの位置
スタートのヘッドの位置とゴールの位置
双方の 移動量にさほど違いが無いのがわかるかと
思います。

何を言いたいか というと
グリップの移動分 以上に ヘッドを動かすような
持っているクラブの長さを最大(外周)とした
円弧を描くようなアプローチでは
そのヘッドの通る道のりが長すぎ、時間がかかり、
『スイング時間』の中で
からだの正面に間に合わない
 のです。

右を向いている分やややハンドファーストになる
コトを差し引いて、単純に考え
からだの正面でインパクトする とし、
大きなミスにならないのは その体の正面であると
両方の腕の長さからボールまでの距離が
アドレスのそれと似ているので ボールがさばけますが
『スイング時間』の体の正面を逃してしまうと
からだは上を向き、開き、
左サイドがボールから遠のき、右サイドは近づきます。

ですので ダフッたり トップしたりするのです。

極端にはこんな感じです。
スナップショット 1 (2018-04-19 18-11)
スイングの時間進行は
からだが向きを変えて移動するグリップの位置移動が
基本軸です。

そのグリップの移動量で得られるヘッドの移動量よりも
長い道のりを描けば、当然 所定の位置よりも遅れ
右打ちの人であれば ヘッドの位置は右にズレていきます。

MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)

典型的なアプローチの失敗例が
このような 肩腕で造る三角形を固定し
これを肩甲骨の揺さぶりで 振るパターンで
これでは 必ず 体は上を向いて
アドレス時よりもかなり右サイドがボールを近づきます。

ダフリ・トップも頻発しますが
これでは 本来の入射角度よりも緩い角度で入射し、
ロフトも上を向くので スピンも入りません。
👉バンカーショットには最悪な方法です( ゚Д゚)
 幾ら訓練しても これではバンカー苦手は克服できません。


正しく打つよりも 強い運動・速い速度が必要になりますから
ミスの可能性がぐんと上がってしまうだけでなく
非常に体に悪い不自然な動作なので
上手くなるために繰り返せば 体を痛めます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先日の腕の長さと共通する話…ではあるが、
とどのつまり 腕も含めたクラブの長さ
というのは
この 上から見た映像の長さ と言うコトになる。

意外にも この長さを勘違いしている人は多い。
2017-06-13 19-07-51
アドレスを決め、ボールと自分との距離を事前に確定
して時点で そのもっているクラブの有効な長さ は
決まってしまっているのだから
それを大きく、長く使おうとしても
それは単に 道のりが増え、遠心力の負荷が増えるだけで
ボールを飛ばすための 速度 にはつながって行かない。

道のりが増え、自分への負荷が増えるから
肉体を動かした充実感が増える だけで
ヘッドスピードが速くなるよりも
逆に ボールに対し有効な速度は遅くなる 可能性が高い。


アドレスの時点で 既にそのクラブの有効な長さ
は決まっているのだから 逆にその通り道
俗に言う円弧は 出来る限り 小さくした方が…
上の写真の円弧が その有効な長さ だとしたら
それに沿って クラブヘッドを動かすイメージよりも
どの道 ヘッドとボールはそのアドレスで当たるのなら
その内側を、最短距離で動かすイメージの方が
実質スピードは高くし易いでしょう

動かす道のりが短く、体への負担を減らせられレバ
モノを動かせる速度も上げられると考えませんか?


スイングで言えば
トップオブスイングで シャフトが立っていれば
…仮にシャフトが地面に垂直の状態であれば
この円弧よりも かなり内側にヘッドは位置している。
加我 (1)

そこから ボールへと結ぶ線を直線として考えると
その位置から 右側(飛球線の反対/後方)に
ヘッドの通り道を膨らませる必要は一切ない。

実際のスイングでは多少膨らんではしまうけれど
その脹らんでしまう大きさや量は
そのまま 体への重さ になるので
その円が大きいほど 右側で膨らめば膨らむほど
からだは右に残り易く
= 体の開きや上向きを誘発することになってしまう。


結果として 体でクラブを動かす為には
無意識な 左体重なシフトが欲しいのならば
その円の大きさ 通り道も重要な要素なんだ
と理解すると良いと思う。


クラブは短く使えば使うほど
からだには楽になるし、
からだの回転に対し 腕やクラブが同期し易い。
気持ちとして 円弧を大きくしたい というのは
理解出来ないではないが、
それはある部分 意識的にすることし難い
作為的にし難い インパクト以降のフォロー側であって
 ダウンスイング側では決してない。
MVI_0796_Moment

そのフォロー側であっても クラブヘッドの重さを
上下左右にリリースするには
 グリップの移動を止めなければいけなくなるので
かなり弊害が伴うモノなのだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ウエッヂ…サンドウエッヂのバンス角度やバンスソールに

なったのは 1930年頃です。


ウォルター・ヘーゲンがやり始め

ジーンサラゼンが量産型で使い始めました。

 

スタートはバンカーなどの地面潜り込まないようにするため

でしたが、 このバンスソールやバンス角度のせいで

安定した飛距離が打ち易くなったこと が

定着した原因です。

 

飛ばすものではないウエッヂですが

安定した距離が出ないと困りますし、

ピンと来ないかも知れませんが

飛ばないウエッヂは安定度が低いのです。


そのメカニズムは非常に簡単で、

飛ぶウエッヂは 
小さなスイング
遅いスイングでも

希望の距離を打ち易いですが、

飛ばないウエッヂは 
大きなスイング
速いスイングが

必要になりますから、安定度は当然低くなります。

 

その目安になるのがバンス角度・バンスソールです。

少々、単純ですが

機能としての ウエッヂのロフト角度機能は

(ロフト角度)−(バンス角度)  です。

つまり

 ロフト55度 バンス角度 6度(49) のウエッヂは

 ロフト58度 バンス角度12度(46) のウエッヂよりも

飛距離が出にくいのです。


バンス角度やバンスソールの役割ですが

どの道、地面と接触するウエッヂショットは

そ機能によって インパクト姿勢に補正をかけますから

均一なショットがし易くなるのです。

IMG_0610

バンス角度を選ぶ 一つの目安は
ウエッヂのヘッドの入射角度です。
バンス角度 14度であれば、
入射角度  14度以上 にすると
地面に対しては平行な0度なバンスになる訳ですが、
入射角度が それよりも緩いと
バンスは地面方向に張り出した形になり
ボールを打ち前に突っかかり易くなります。

ですので アイアンだけでなく
フェアウェイウッドも、
そのクラブの長さに応じたバンス角度になり
長いものほど 少ないバンス角度の数値になります。

本来、ヘッドの地面に対する入射角度は
体の前傾姿勢によって もたらされます。
全体の円弧が それこそ「円」になるのは
からだが回転するからです。
補助や誘導することはあっても
手や腕が その「円」そのものを造ることではありません。
ですので 入射角度 ☞上から打つ
は 手や腕でヘッド〜クラブを下に振ることではありません。
単に 体の回転通りに、
同期してクラブを移動させれば 良いだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 



バンカーが苦手でお嘆きのゴルファー江
 
IMG_0628


 多くの人のお使いになられている ウエッヂ

 ✋ヘッドが軽すぎるんです  
👉290g

 ✋シャフトが硬すぎるんです 👉320cpm


バンカーはボールが砂にあるコトよりも
自分が砂の上に立っているコトの方が
難易度を上げていることを気付いて下さい。
IMG_0627


 軽いヘッドの、硬いシャフトのウエッヂでは
 自分の打ちたい距離、打ちたい高さを出すのには
 必要以上に、正直 何割増し〜何倍 と言うほど
 振らなければならない
 足場の緩いバンカーでは
 体の姿勢が崩れて失敗するのです。



バンカーを簡単に、
アプローチを簡単にするのは
    至極 簡単!


 ✊重いヘッド   👉385g
 ✊柔らかいシャフト 👉165cpm


のウエッヂを使えばよいだけ。

 
IMG_0630



打ち方やテクニックなんて 何も要らない のです。

ホントに ホントに ただそれだけ です。

 

 

 

バンカーに限らず、アプローチでも、パッティングでも、ショットでも

ショットを簡単にしていくのは

お望みの距離や弾道を

 |戮ぅ好圈璽

 ⊂ない動作

 小さな動作

で達成することです。

これに例外はありません。

 

ゴルフクラブを選ぶ最大の条件は

この条件を崩さないコトが基本中の基本。

 

例えば 軽いクラブ の最大の売り文句は「速く振れるコト」です。

 👉速く振れるようになって どんだけ距離伸びるんですか?

 👉速く振ったら乱れませんか?

 👉ラウンド中、その速く振ることを 継続し続けますか?

 👉その軽さは他のクラブと整合しますか? ほかのクラブを乱しませんか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



昨年5月に到着した新セットですが、
そろそろ1年が経とうとしていますので、
その後の経過と伴に、以下報告したいと思います。

・前回報告の昨夏以降、ラウンドせず、
練習せずの時期があり、
冬に久々にラウンドしたところ、
キツイお仕置きモードを体験しました。

・思った以上に簡単に馴染めてしまったがために、
もっと強く打てるのではないか
→下への振りにつながっていた模様。

 ・これがラウンド中に発生。
打つ玉すべてダフリ、トップ、18H終了まで修正できず。

・翌日、練習場で一からやり直し。
  
👉右向き、前輪駆動を注意。
・グリップの移動量>ヘッドの移動量、
グリップが先にブレイクラインを越える、
これらが修正ポイントの肝。

・ボール位置の見直しを併せて実施。
・修正目的なら、ボール位置をボールもう一個分左側にすること。

二個位ずらしても良い。
(ティーアップのドライバーは左足つま先より左でもイケる)

・上記により1日で治りました。
・新クラブは、お仕置きは厳しいですが、治りも早いです。


402f5ee0


 もしできれば、コメントいただきたいのが、
 ボール位置についてです。

左足踵基本は分かっていますが、

ちょっとでも右によるとダウンの際に「ふんづまり感」
「通りこしちゃった感」があり、
それゆえ下に振らざるを得ないと現象が起きてないか?と思っています。

顕著なのはティーアップ時で、
これはないだろうと思いつつ、
いつもよりボール2個くらい左に置いたら、
スムースにダウンに行けました。 

私の場合、左足が弱いので、
ダウンの際、まだ右向いてるタイミングで
頭がボールを通り越しているのではなかろうかと推測しています。

ボールの置き位置は、悩ましい課題ですが、
アドバイスいただけると幸いです。


rimg0064


お手紙ありがとうございます。
✌お仕置きは厳しいですが、治りも早いです。
ニュータイプの悶絶クラブの特徴でもありますね(#^.^#)

ボールの位置…のお話しですが、
ハミングバードでお薦めしている ボールのセットの位置は
『左足のかかと付近 にボールの前面(前づら)位』です。

ボールの位置がそれよりも大きく中側
 右打ちの人ならば右、左打ちの人ならば左
になるのは 通常のショットではお薦めしていません。

そのボールの位置の基本になるのが、
 体の正面でボールをとらえ、
 回転による自然な(無意識)な左体重になるコト
 です。

アドレス時には 均等、やや右寄り 位の体重配分は
右を向くことによって 右
回転としては意識しなくとも、ダウン〜フォローにかけて
左に移行して、終わります。

からだが右向きから左に移行していく
体重配分が 右脚から左脚に移行していく
と言う意味合いで そのボールの位置 になります。

傾斜などで、体やクラブの重さのかかり方に影響が
ある場合は それに応じて 多少変化させる程度です。

始めから…アドレス時から ボールが体の真ん中
もしくは それよりも右(左)寄りに置く というのは
証とまでは言いませんが、
からだの回転でボールをさばく のを放棄し
手で振ります! と言っているのと同じですから
スイングを良くしていきたい、ショットを改善していきたい、
と思っている方には 適切ではありません。



で・・・今回はボールをもっと左(右)に置く と言う話です。
それは右寄りにするよりも ずっと良い…のですが…
仰られていることの総合判断からは間違っている…とは思えませんが、
ボールとより左に置く ということは
インパクトの体重移動、スライドが とても大きい と言うコトです。
身体的なことで申し訳ないのですが、
左足へかかる体重は、右足のそれとは異なり
運動の負荷がかかり かなりのモノになります。
身体的なことで申し訳ないのですが、
左足があまり強くない ということであれば、
それが本当に可能なのか、大丈夫なのか、ちょっと心配で
別な要因を少々疑ってしまいます。

やはり気になるのは 煽り癖 でしょうか…。

これも言葉で説明するのは難しいのですが、
多くの方はスイングを
テークバックで  上げて
ダウンスイングで 降ろして
フォローで また上げていく
クラブを、クラブヘッドを動作として 上げる下げる と言う意味ではなく
クラブが、ヘッドが、物理的に高くなる と言う意味での
上げ下げ だとはお思いますが、
動作としては 高くなったクラブは
低くなり切ったところで スイングは終わりです。

もしスイングが 斜めの回転運動でなければ
クラブやクラブヘッドは ボールを打った後
そのまま 地面に潜り込んでいく状態です
(ターフを取りなさい と言う意味ではアリマセン)
そこで終りなんです。
しかし そこに回転運動があり
からだが左を向いていくのは 進行方向が上が含まれるので
ヘッドは地面に潜り込まず、ケガをしてしまうような大きな衝撃
回避出来る仕組みなのです。
MVI_0670Trim(2)_Moment

スイングの動作 としては
特に腕の役割としては
クラブそのものを永遠に下方向に移動させる
(ヘッドを下に振る と言う意味ではアリマセン)
◯下に押し続ける
◯フェース面でボールを地面に押し込む
◯シャフトを地面に押さえつける
で 腕の役割は終わりなのです。

それが フン詰まり感 なのかな と感じます。
そこでスイングにとっての腕の大きな役割は終わりで、
そこから「抜け」を手で作ってはいけないのです。
それは体の役割です。

からだの回転で ボールをさばけるようになってくると
今まで 手で動かしてクラブの量は 半分
いえ 1/4 程度の移動量になります。
それが 理解出来てくると・・・・
 ボールの位置も正規の場所になってくるかも…しれません。


推測の部分もありますが、
この回答が少しでも役に立てると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフはミスショットの連続…
 と言っても過言ではないゲームです。

ナイスショットを狙うのではなく
 練習などによって 使えるミス
ミスの幅を狭めていくようにすると良いでしょう。
11100002

ミスを減らす三大要素があります。
これはショットの鉄則とも言えます。

―侏茲襪世叡戮て阿にする
⊇侏茲襪世云さな動きにする
出来るだけ少ない動きにする


これを念頭にクラブなどを選ぶと良いでしょう。

まあ 確かに概ねフルショットの方が
コントロールショットよりも楽なケースもありますから
100ヤードをドライバーで寄せろ とまでは
行きませんが、この3原則を覚えておいてください。


例えばグリーン周りのアプローチをする時、

高さ1mを出すというは、(少々オーバーですが)
 10m近い距離を打つエネルギーが必要です。

10mモノ高さを出すのには
100m打つエネルギーが必要になるのです。
目の前に打つのに…ですよ。

状況にもよりますが、
極力、高さを造らない方が
 ピンまでなり、グリーンまでなり、目標の着地点なり
その見た目に近い距離感で打つコトが可能です。

アバウトですが、目の前の10mを打つのに
3mの高さを出すのには 何倍もの力加減、
運動の速度が必要になります。
6816db4cbd3e4210

と同時に 距離に関して言うと
大きなロフトほど ヘッドの重さや速度など打撃の破壊力 が
ちょっとした違いで狂い易い性質を持っています。
数度の入射角度のブレや数度のロフト角度のブレで
距離だけでなく、球質も変わってしまうので
距離感が掴みにくいのです。
また ロフト角度とライ角度の複合から
インパクト時のロフトによって方向も狂いやすいのです。

002

ですので 許されるのなら ロフトの無いパター
そして 7番アイアン〜8番〜9番・・・ と
出来るだけ ロフトの少ないモノを使って打てないか
と言う選択から入った方が ミスを防ぎやすくなります。


転がし・・・と言う訳ではなくとも
あげて止める というのは一番難易度の高いショット
それ以外の選択が出来ない時に選ぶものなのです。

転がしに近いモノであれば、グリーンの感じも
掴みやすくなります。



そして 今度はラフやバンカーなどで
距離や方向よりも「脱出」を最優先とする場合、
打ち方は兎も角 芝や木、土などの重さが掛かり易いので
サンドウエッヂはイマイチかも知れませんが、
出来るだけ ヘッドの重さのあるモノを選択した方が
脱出はしやすくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



インパクト付近やフォローだけでなく
テークバックにおいても 腕を長く使う
腕を伸ばして! と言うのを信じている人が少なくない。

そもそも論として
他人にどう見えようとも、
遠くに、正確に、繰り返し、打てるのなら
自分のスイングの見栄えなど気にしなくても
良いと思うけれど…。

IMG_0378


スイングアーク、スイング軌道、ヘッドの軌跡
これらを大きくすると良いと思っている人が
とても多いけど、基本的には『勘違い』です。
imageCA07U19C

先日の記事で書きましたが、
スイングは 体の回転で するように見えますが、
実際に 体の回転でクラブを動かしているように「見える」
には 腕も含めたクラブの重さを使って、
先に、先に、腕やクラブを動かすように意識し
その重さによって、後追いで体が回っていく…、
上手に『体の回転と同期』させているに過ぎません。

その上で 腕を長く使えば、運動も加わり
重くなりやすく 即ち遅れやすくなります。
imageCAX9G566

勘違いしている多くの人は
からだを。。。この場合は骨盤から上の胴体 を
回す習慣がなく、腕〜肩回りだけを使って
からだの回転の真似ごとをしているだけなので
テークバックやトップの位置では
クラブが体の右に有りますから
右腕は短く、左腕は長く使わないと届きません、
クラブを両手で持っていることが出来ません。
インパクトからフォローにかけては
今度は クラブが体の左にズレますから、
反対の 左腕は短く、右腕は長く使わないと
クラブを両手で持っていられない だけ です。
imageCAJZ6XBV

例え 両肘が曲がっていたとしても
からだの回転…骨盤から上の胴体の向きの変更で
グリップ…クラブが動いていれば、
腕だけで左右の移動させて スイングの真似ごと を
するよりも 明らかに大きなスイングアークになります。

しかも 腕を短く使うので負担も少ない。

dW l (2)_Moment


加齢とともに落ちてくる筋力
握力も含め、腕周りの筋肉の落ちはかなりのモノです。
無理して 腕を突っ張らかって末、
からだを使えず、クラブの機能も使えないのなら
負担の少ない形で 腕は短く使った方が良い でしょう。


スイングの主な動作は
自分の希望や意志で行われることは少なく、
結局、重さの処理に追い回されるのですから。
0e363453-s

で あれば 始めから
上手に振らなければならないように
重さを使ってあげる という知恵で
スイングは作り出すべきです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングを考えるうえで
ショットのメカニズムを知っておきましょう!




ショットで出る球筋には

.棔璽襪僚腸鹽
▲棔璽襪硫2鹽
出球の方向
そ亠紊梁度


というのがあります。
これらは混じり合うのですが
同時に 相互に絡み合います。


.棔璽襪僚腸鹽

ボールの縦回転の量は
ヘッドの軌道 
入ってくる角度に対するヘッドの姿勢
によって決まります。
ですので、静止画で同じ姿勢であった(例えば30度)としても
上から下へ10度の入射角度であれば
その入射角度に対しては そのロフトは40度ですので
40度分の縦回転が生まれます。
逆に ヘッドが上から下に動いている(仰角10度)とすると
ロフトは20度ですので、20度分の縦回転が入ります。
IMG_0496

ですので 多くの人は
ヘッドの姿勢、特に静止画ぽいイメージのヘッド姿勢が
ロフトだと思いがちですが、実は
ヘッドの入射角度・仰角の方が縦回転を決める
と言う認識が必要です。



▲棔璽襪硫2鹽

ボールの縦回転と同じく、
ヘッドの静止画での姿勢よりも
ヘッド軌道に対するフェース面の状態で決まります。
IMG_0549

ですので アドレス時を基準とした時、のスクエアが
出来ていたとしても
インサイドから 5度の軌道で入って来ていれば
5度分の左回転
アウトサイドから 5度の軌道で入って来ていれば
5度分の右回転 になるのです。
IMG_0548

特に 最近のヘッドターン系のスイングでの注意では
どの軌道を描いても フェースはかなり開いて
入ってきます。
そのフェースを閉じるには
 グリップの移動に制約をかける必要があるので
(その結果 体を開く必要が出てくるので)
閉じ始めてきた時よりも
 さらに軌道はインに切り込もうとします。

軌道とフェースの閉じの追いかけっこになってしまい
閉じたから スライスを予防できるとは限りません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くのゴルファーは
スイングは「体の回転で‼」と思っているだろう

それは それで正しいでしょう。
スナップショット 4 (2018-04-02 11-36)

しかし、長さのある腕、長さのあるクラブ、
そして その先端には重さのある構造
これを 体の回転で引っ張るように動かそう…とすれば
右打ちの人であれば 体の右に
左打ちの人であれば 体の左に
クラブやヘッドはずれてしまい
クラブは開き、寝てしまう。

👉これではボールが打てないから
 フェースがボールに向いていない
 ソールがボールに向いた状態になってしまうから
 どこかで 体を止めて クラブを振らなくてはいけない

✋結局 腕(手)で振ることになってしまう。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-06)

からだの回転 と言う意識が
結果、手打ちをすることになり
振り遅れになり、体の正面でボールをとらえることが出来ず
からだは開き、体が上を向く に行き着いてしまう


ここに気が付かないと先に進めない。



最終的に 体の回転でクラブが動かせれば
(それも 体の回転"で"動かしているように見えているだけ)
からだの回転で済んでしまう筈の
 インパクト前後のボールさばき を
本題とは全く異なる 手さばきをしなくてはならず
そこが スイングの最大の課題になってしまう

絵にかいたような 本末転倒 である!


少し見方を変えて、考えを変えてみて
スイングは 一見すると 体の回転で!
行っているように見えるけれど
実際には 体の回転に同期しているに過ぎず
腕やクラブなどの 重量物を引っ張っているのではなく
腕やクラブが先行して動いて
その重さによって 体が引っ張られて
結果 同期しているように見える のだ。

✋体が重さを引っ張っているのではなく
 重さが体を引っ張っていると考えると良いだろう



腕やクラブを 自分の体の回転していくであろう
未来の場所に『先に』送ってあげれば
からだは自然に 特に意識しなくても それに付いていく

腕やクラブの重さを 負担にするような使い方 ではなく
逆に その重さで自分が動かされてしまう と考える方が
ずっと ずっと 楽になる。


からだで腕やクラブの重さを引っ張ろうとすると
必然的に 重さは体の右に掛かってしまうから
右サイドは下がり、空間は狭くなる。
からだを開いて、上を向いた姿勢を造るのは
当然の顛末になる ので
実は 考えは正しいけれど
 体「で」、 体の回転「で」
スイングしようとした結末なのだと思うなぁ…。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



コスリ打ちは 意図してる/してないに限らず
インパクトが 上がり軌道に なってしまうから です。
(下がり軌道が存在していない…というのが現状です)
スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)


スイングの仕組みを理解して欲しいのですが、
スイング軌道は傾いていますから
下がり過程もあれば、上がり過程もある筈…ですが
その ✋傾きは 体〜股関節の傾き があるからで
そして ✋その体が向きを変えるから あるので
それを 手で上下に振る限り
インパクトを 「下がり軌道」 上から、
迎えることは出来ないのです。

スイング軌道の 
下がり軌道は
右(左)を向いている時に
左右の体の左サイドが低くなっているコト

ですから、テークバックの右向きは必須
絶対条件なのですが それが無い
始めから 下がり軌道が存在していないスイング が
非常に多いのが気になります。

プロがそうしてる…から とか
色々考える人はいますが、
自分は自分です。

大きな体で 下り軌道の存在するスイングを造った方が
体は圧倒的に楽ですし、繰り返すチャンスは
高くなります。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

若さや練習量、痛みへの耐性
それらを踏まえた上で、自分の年齢や体力
ゴルフに使える時間を考えた上で
スイングは作った方がいいですね。


飛ばない、スライスする、アプローチが上手く行かない
と嘆いている人の殆どが
テークバックの初期の時点で
下り軌道が存在しない、体ではなく
手だけでスイング軌道を造っています。
3-5→3-19_中

これでは 上からも存在しないだけでなく
インサイドから も存在しません。

グリップもヘッドも クラブそのものが
概ね体の正面に有って
体ごと 右を向く 向きを変えるから
インサイドなのであって
体の右にクラブがズレる というのは
帰りは 外から にしかならないのです。

スイング と言う仕組みにとって
非常に大切であり、基礎である この部分を
蔑ろにして、なぞり易い 手先でそれを造っても
問題は解決しません。

体の概ね幅の中にあるクラブを
体が右を向いて インサイドにするのと
手で体の右にズラし、ループさせ
ボールに対してだけ 疑似のインサイドを造るのでは
クラブが寝かされてしまうので
全く異なりますし、ゴルフクラブと言う
全方向に対し偏重した形状のモノ、
打つクラブの「ロフト角度」が鍵になるゴルフクラブ
を扱う動きとしては とても推奨出来るモノでは
ありません。
hiraki

また この点も気になるのですが、
体の回転で 上から、インサイドから打つ
打撃は 単に 体を回転させるだけです。
(その方法はまた後ほど)
タイミングなんて微妙はモノは存在しません。

ところが スイングの弧を手で造る場合
ダウンスイングと(勝手に)呼ぶ箇所で
寝かしたクラブを元に戻し
ジャストタイミングにインパクト⒲を造る
必要が生まれ、そこが一番難易度の高い
そこそのものがスイング技術と呼ばれる方法です。

体でやる限り 全く要らない『タイミング』
なのです。
IMG_8497

人間ですから 曲芸のようなことを出来る人もいます。
それで満足している人に言う必要はないですが、
そうで無い人が その曲芸を真似る必要はありません。
より簡単な、よりシンプルな道はあるのです。

ただ おそらく 今までやってきたことと
かなり大きく異なりますが、覚えれば
微妙なタイミングも変な加速も
動作の一番速くなる箇所での「まるで無駄なテクニック」も
一切存在しないモノですから
ずっと簡単になると思いますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


結果論として…だけれど
コスリ打ち になってしまう要因は
ロフトそのものを寝かしてしまう(増やしてしまう)
ことよりも
軌道は緩く、いや 上向きで打ってしまう
 コトのほうが大きいでしょう。

今の風潮として
 上向き  →高い打ち出し〜低いスピン が良いように
思われているけれど、
無理が効く若い人が速いスピードで打てば
それなりの結果になるけれど
一般的なアマチュアや力のない人がそれを真似て
良い点は何一つなく、悪いコトばかり…。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(5)

ドライバーショットは ティーアップされた
空中にあるボールを打つので
多少の上向き軌道でも ボールは打てるけれど
 地面から打つショットへの大きな弊害
アプローチやバンカーなどへの弊害というか
副作用が大きく、どの点においても良い点は見当たらない。


アマチュアの最も避けたいミスショットの
ダフリ〜トップの大きな要因にもなる。



コスリ打ちは ロフトとヘッドの入射角度
という縦の要素が強いけれど
これに フェースの右()向きの横要素が加わると
まるで飛ばない球になってしまうから要注意。

 👉コスリ打ちだから と言って スライスとは限りません。


しゃくり打ち・煽り打ちの こすり打ちの辛いところは
スピードを上げれば上げるほど
上げる努力をするほど、より しゃくり打ちになってしまうことで
スピードを多少上げても 距離はほとんど変わらないコト。

そして、そのしゃくり打ちの元になるのが
ヘッド軌跡が上向き ということよりも
体の姿勢が上向き 要するに 振り遅れている ことで、
それに気づいていない点が これを改善できない所でもある。

振り遅れが故に 右回転が入るコトが多いけれど
その右回転を防ごうとして ヘッドを返せば返すほど
体が上を向いてしまう 堂々巡りが待っている。
     びっくりするほどの打ちだし角度⇩8番アイアン?
dohiraki

振り遅れが問題になるから
そう言う打ち方では シャフトの柔らかさ だけでなく
シャフトそのものを上手く利用することも出来ないし、
重いヘッドでなくても、
軽かったとしても『重さの存在するヘッド』を利用することも出来ない。

シャフトの機能もヘッドの重さも
単に スイングの…というか
クラブを動かすことの負荷にしかならない。
クラブには頼れないことも辛い…ね。


腰や首 肘など痛めてしまう可能性も高く、
言葉は悪いけれど 筋肉もたくさんあって
痛みに鈍感でいられるうちは良いけれど
アプローチや地面から打つショットの改善も含め
しゃくり打ちしてしまう のを
早い段階で気づいて治す方が良いと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


飛ばない…と悩む方の多くが
コスリ打ち からゴルフを始め、
コスリ打ち から逃れられずにいる。

コスリ打ち…とは
手にしているクラブ、番手 を
より大きなロフトや緩い入射角度(もしくは煽り打ち)
してしまうため、総じて出せるはずの距離が出せない。
スナップショット 1 (2018-04-02 15-13)スナップショット 2 (2018-04-02 15-14)スナップショット 3 (2018-04-02 15-14)






具体的に言うのならば
6番アイアンを持っているのに
8番アイアンとか、9番アイアンのロフトでインパクトし、
しかも、フェアウェイウッドのような入射角度で
打ってしまうことを指す。

おそらく、ゴルフを始める時
ボールが上がらないことを クラブでなく
スイングのヘッドターンによって解決したことが
スタートなのだろう…。



ある程度の年齢、体力までは
その打ち方でも ボールはほどほど飛ぶ。

しかし、体力が落ち、スピードが落ちてくると
その打ち方だと スピンが多く、打ち出しが高いが故に
ボールの推進力喰われてしまい
ボールも浮力を維持し難く、飛ばなくなり始める。
女性ゴルファーやキッズゴルファーにも当てはまる。

ここで 多くのゴルファーは
『ヘッドスピード』に着目し、それを伸ばそう とするが、
ほとんどの場合、功を奏することはないだろう。

そもそも ヘッドターンをするスイングは
ヘッドスピードを腕力に依存していることが多いし、
加齢などによる体力の低下は イコールと言って良いほど
持久力、耐久力にも影響を大きく及ぼすので
例え ヘッドスピードが 1ms 上げられたとしても
それを持続する能力は非常に低い。(現実的に申し訳ない…)

スナップショット 2 (2018-04-02 11-36)スナップショット 3 (2018-04-02 11-36)スナップショット 4 (2018-04-02 11-36)






ここで 本当に取り組まなくてはいけないのは
基礎的に 自分のボールスピードを上げられる
ヘッドスピードではなく、ボールスピードを上げる捉え方だ。

ボールスピードとヘッドスピードの関係は
一般的な機械計測などでは 
「ミート率」と表記されることも多く
ロフトが立った状態でインパクトするほど
 その数値は高くなり、
ドライバーのようなロフトの立ったクラブでは
ヘッドスピードの 最大1.5倍強 がボールスピードになり
使うクラブのロフトが増えてくるごとに その数値は下がり、
ロフト角度が55度以上に成ると ボール速度は
ヘッドスピードと同等になる。


根本的なクラブ扱いが変わるから大事業と言えなくもないが、
総じて ボールの上りとヘッドターンで造っている人は
余程 練習量、練習頻度がないと
アプローチショットも苦手としてしまうケースが多いので
それを同時に改善する大きなチャンスとも言える。



ヘッドスピードの出し方…と言うのもあるけれど、
現代のクラブとボール、重いヘッドなどを利用すれば
いままで 歯を食いしばって
ヘッドスピード40ms越えを狙ってキャリー180ヤード だったのが
ヘッドスピード38msで十分キャリー200ヤードを
狙えるようになる。
3-5→3-19_中 (7)

その差はドライバーだけでなく、
地面から打つフェアウェイウッドなどにも色濃く反映し、
しかも アプローチを苦手としなくなるので
総合的に ゴルフのスキルアップにつながるんだけど…。
多くの人が目先のヘッドスピード信仰と言う宗教に
 どっぷりつかっているのは痛いところだねー。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      
次にグリップには
ゴルフクラブの特性を生かす、という意味で
左右に握る位置のズレが存在します。
クラブを機能させるためにも
聞き手の右グリップが左グリップよりも
ややヘッド寄りをグリップします

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)


しかし、グリップはどのように握るか は
そのまま アドレス時の姿勢〜ポスチャアと直結し
グリップによってアドレスは決められてしまう
という言っても過言ではありません。
ずれがあると言っても 右手のグリップが
左手よりもより遠く、ヘッドの方を握れば
そのずれの分だけ 右サイドを下げるとか、前に出す
歪なポスチャアを生み出します。
故に その左右のズレは最低限、最小限に抑えなければ
ならないのです。

グリップの握り方の名称には
オーバーラッピングとか、インターロッキングとか
幾つかありますが、
特に推奨している訳ではありませんが
インターメッシュ という握り方があります。
これは そのインターメッシュのグリップをする・しないに
かかわらず グリップをするための参考に
とてもなるので、ご紹介しておきましょう。
スナップショット 6 (2013-09-07 13-16)
まず、
腕を伸ばした状態で
両方の掌をやや指を広げた形で自分に向けてください。
左手の人差し指と中指の間に右手の小指を挟みます。
両方の親指を除いて 8本の指が連続して横に並んでいます。
そのまま 両方の掌底 親指の付け根の膨らんだ部分を
合わせます。
この状態だと まるでそのために存在するかのように
左親指の付け根の膨らみ分、
右手の生命線や運命線のくぼみがぴったりあう筈です。

両方の指が曲がっている分、
その指で作るトンネルにグリップは入り込みます。

両方の掌は丸くならずに
少々オーバーですが、逆に外に反ったような状態
熊手のような状態で相対することになるとおもいます。

この左右のずれや相対関係
というのを 一度認識したうえで
それを自分のグリップに反映させてください。

今までの自分のグリップと比べると
指先に握っているのは当然ですが
左右の密着度、上下のずれの無さに
大きな違和感を持たれると思います。


多くのゴルファーは この左右の上下に対するズレを
左グリップを支点に 右グリップの押しによって
シャフト/クラブを回す ということに使っています。
故に その上下⒲のズレが激しくなり
それによって いびつなアドレスになってしまっています。

グリップの味方の中でも
この上下のズレが少ないか どうか というのが
スイングの指針にもなっていきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



握りの方のグリップは
左グリップでほとんどのことが決まってしまいます。

これも今すぐ治すー とかではなく
自分のクラブ扱いが変化〜進化していく目安として
観察し続けてください。
IMG_0772

そうですねぇ 自分の例だと
ああ こんなグリップにしたいなあ
というのは 2年位はかかります。
いつの間にか そういうグリップの出来るクラブ扱い
になったことによってグリップは変化する訳です。

左グリップの握り方…というか
理想論で言うと、小指、薬指、中指 〜この3本を主に
感情線よりも先の指部分で握りたいです。
問題なのは、ここで『指で』一度握っているのに
さらに 掌でもう一度「二度握り」していることです。
スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)

オンプレーンスイングが主流になって
軽量スチールシャフトのアイアンばかりになって
この「汚い」握り方しか見なくなりました。。。。
この「二度握り」はカタカなのゴルフ用語では
フックグリップ…なんて呼んでいますが、
そんな格好の良いものではないです。

これも繰り返しになりますが、
二度握りしてしまうと
本来 右グリップの入ってきたいところが塞がれてしまい
右のグリップを横から、真横から入れざるをえなくなります。
左のグリップは上、斜め上から入ってきているのに
右のグリップは横から入ってくる 
そして、この状態だと必要以上に 数センチ分
右手はより遠いところ、左手を離れたところを
握らなくてはならなくなります。
もう お分かりだと思いますが
この悪の二重効果はアドレス・構えに
ダイレクトに影響します。
yjimage

左のグリップの入り方 如何によって
アドレスも決まってしまう訳です。

勿論 その左手のグリップ 二度握りには
クラブの遠心力を グリップからヘッドにかけてしまう
クラブ扱いがあるから、思いっきり握れる状態に…
という理由もありますし、
テークアウェイを左腕のローリングで
安易にヒョイっと上げるという理由もあるでしょうから
その扱いが変わってこないとグリップも変わらないはずです。


そこで 結構忘れている、気づいていない面白い知恵を。

グローブを使わず、素手で握られる方もいるとは
思うのですが、自分のグリップ(握り)に不満があるようであれば
是非 左手だけはグローブを使って見てください。

私個人の意見ですけれど、
この ゴルフ専用のグローブ って
かなり グリップすることの補助器具になっていて
昔の概念というか、ルールでは ルール違反?
というほど 便利な代物です。

革 なんて高級品を使う必要はありません。
合成皮革で十分、十二分です。

まず サイズですが・・・
許せる限り 小さなもの。
手が痛くなく、装着で破れない程度に
小さいなものをお勧めします。

私 実は手は大きいのですが
それでも サイズで言うと新品で23
使い込んだものであれば 22でも21でも行きます。

グローブをしてみるとわかると思うのですが、
グローブは掌で握るようには出来ていません。

丸く握る というよりは
手のひらは 手のひら として使うように裁断されています。

そして 少々性能の良い
指の間なんかに収縮素材が使われているものでは
指の部分は手のひら側に曲げる加圧よりも
手の甲側に反らされる加圧が掛かっている筈です。
指・・・だけでグリップするように出来ています。
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)

まあ そう言ったことから
二度握りやくそ握りするゴルファーの多くは
緩いサイズのグローブを使うんでしょうねー

是非 ご自分で試して見てください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現代では SLE という
ドライバーだけに限らず、
『ロフト角度15度未満』のクラブの反発係数
この数値の上限が 0.83 
というルールがある。

ph01_15


そもそも論として、あまり意味のないルール… というか
工業製品としての日本、日本のメーカー潰しの匂う
 ルールではあるのだが、ま、ともかくルールではある。


SLE 反発係数に関していえば、
木製ヘッド/パーシモン当時、
その数値は平均しても 0.9 以上、
中には 0.96 なんてモノも流通していた。

41MVBbP5K-L__SL500_AA300_

当時はボールの材質ももっとゴム質に近く、
柔らかい、ゆがみ易いモノではあったが
流石に、その反発係数は 弾道にスピンを入れ辛く
プロの使うドライバーのロフトでも 11〜12度 あり、
10度を使って ハイボールを打っていた
グレッグノーマンは有名になるほど…。

余程のスピードや体力が無いと ボールが上がらず
かの有名な H氏のモダンゴルフ・スイングなど
ボールにスピンが入りにくい クラブを使って
ゴルフをする方法で… 今のゴルフクラブや
ゴルフボールにはイマイチ…適切ではない気がしてならないが
まあ いいでしょう。

余談ではあるけれど、
木製・パーシモンから メタル製、
当時はステンレス製のヘッドに移り変わる時は
まだ 科学的な研究が行きわたっておらず、
単に木製ウッドの形を真似るところからスタートしたが、
ヘッドが歪まず 打撃の衝撃をそっくり受けてしまうことから
ネック周りが破損してしまうケースが連発。
metal

その頃の練習場に行けば
ボールを回収する坂や溝に
毎日10個以上 シャフトでは無く、ヘッドが割れて、折れて
破損したヘッドがゴロゴロあって
練習場のボール回収係泣かせな時代もありました。

破損防止のため、ネックを長くし、ネック周りを太くし
重心の異様に短いドライバーやウッドが流通します。

変遷時の木製ウッドの重心距離が 25伉度でしたが
ネック周りに補強したメタル製ヘッドは 15〜20
ロフトスペックも木製に似せていたので 多めです。

このスペックを 今まで上がりにくい木製ウッドを
上がるように打っていた(ローテーション)人が打てば
そりゃ 天井知らずに上がります。 あがるばっかり…
そして メタルヘッドのロフトが下がって行ったのです。




rad-04-limited-edition-red4


SLEのルールで大変困ることは
ルールそのものは、まあ、ルールですから仕方ないのですが、
これによって すべてのヘッド(15度未満のモノ)は
完全登録制になってしまいました。

ヘッド上に掛かれている 文字はすべて登録します。
ですので 表記のロフト角度の数値もその一部 です。

それは手間もかかりますし、時間も要します。

反発係数を計測する方法上、
基礎設計を 一番売れる10度あたりに設定するので
同モデルのロフトの大きなものほど 上限数値を超えやすい、
不適合になり易い傾向が非常に強いので
数の売れない 大きなロフトは
自然淘汰的に メーカーは作らなくなります。

本来、チカラの無い人や女性、お子さんには
14度、15度、それ以上のロフト、
その手のドライバーの方が簡単ですし、楽しい筈ですが
商売上、その手のドライバーは絶滅傾向にあり、
シニアと共通の 12度前後を
 HT(ハイトラジェクトリー/高弾道)と言う表記で
統一して販売するに至っています。
スナップショット 2 (2016-07-03 0-22)

販売の絶対数の少ない、大きなロフトのヘッドを
開発し、申請し、もし適合にならなければ
再度 調整し、申請… カタログや発表に間に合わない
可能性も秘めている訳で
そのしわ寄せが 力のない人や女性、お子さんに行くのです。


そう考えると
ジュニアゴルファー 例えば小学校3年生 の子が
打つドライバーが 12度のロフト で
しかも短めに切られ、
シャフトも硬いでしょう。
その長さに対しては 軽いヘッドですから
ボールに与えられる破壊力も少ない…。
ヘッドを開いて閉じる ローテーションスイングを
しなければ ぼーるが上がらず、飛びませんから
難しい こねくり回しを覚えざるを得ない というのが
日本のゴルフの歩留まりを造っている気がしてなりません。





ところで、アメリカでも、日本でもプロの試合で
ランダムに SLEルールの適合不適合を計測します。
2割〜3割程度のモデルが「不適合」になのですが、
使用後で フェース面がすり減った結果(もしくは意図的に)
そうなるので 今のところ黙認している現状です。
その理由も意味不明ですが、
いったい ルールは何のためにあるのか???
ルールにあまり関係のないアマチュアの方が
そのルールに縛られて、
そのルールのあるスポーツをなり合いにしているプロの方が
ルールに甘い…というのはなんだかな って感じがします。

馬鹿らしい話ですが、反発係数は
フェース面ではなく 立体の構造としての
ヘッドの全体の歪みに左右されるので
フェース面を削って トランポリン効果を増やす
なんていう 都市伝説ですよ。 子供っぽ過ぎ…


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイング動作を言葉にする時、
その言葉そのモノの多くは『手段』で
最終目的ではないことが少なからずあります。


ダウンスイングで早めに右腕を伸ばすことは
右腕を伸ばすコト、そのモノが目的ではなく
高い右サイド、ボールから離れた右サイドの位置感、距離感を
掴むことが目的です。
スナップショット 4 (2018-04-02 11-36)


スイングは回転運動で
胴体、骨盤から上をワンユニットで向きを変える動作では
背骨が軸となりますが、
その背骨はスイング中、実感・把握し難く
そう言う意味でも 間違った動き方の元になる
「肩を回せ」と言う用語が使われるのかも知れません。
スナップショット 1 (2018-03-26 9-46)

イメージとすると
背骨そのものを軸 というよりも
背骨に沿った斜めに立っている柱(円柱)に
背中を押し付けながら 向きを変えるような感じの方が
最終的には 背骨軸に出来るのではないかと思います。

その円柱の一面に背骨をずっとくっつけているのではなく
向きに従って 側面を移動し、
トップの位置とフォロー/フィニッシュの位置では
円柱を介して、反対側にいるような感じです。
402f5ee0


ゴルフスイングにおいて 最終的に軸となる背骨の
延長線上は後頭部です。
目の付いている顔の部分は後頭部よりもかなり前に
15センチ近く前に位置しているため、
軸運動をすると 右向きと左向きでは
その15センチの半径分、30造皀坤譴燭箸海蹐砲△襪呂困任后

ですので テークアウェイからトップにかけて
アドレスよりも 目とボールの距離は離れます。
一定ではないのです。
198Trim_Moment

『ボールから目を離すな』
『ボールを良く見ろ』

と言われますが、
ボールは見ていなくても打てますし、
逆に見てさえいれば 上手く打てるはずもありません。
目は左右に付いていますから
目からの距離、奥行きに対してはあまり強い位置関係ではなく
ボールが 目から 125センチの距離にあるのか
128センチの距離にあるのか なんてことは
運動中には把握出来ませんから、
見ていたとしても
 トップダフリに関してはどうしようもありません。

テークバック時、右を向くのと並行して
顔や視線も右を向ける。
ダウンスイングの回転の『開放』も顔や視線でコントロールする。

骨盤の右向き〜左向きというのを 覚えるのが目的です。
顔や視線を向きと一緒に動かすと
体の向きの変更はずっと楽になります。



多くの人が 『ボールから目を離すな』を
ボールと目の距離を一定に保とうとする に間違えてしまい
軸が 目や顔になってしまいがち です。
dohiraki

最終的な自分のスイングに仕上げるのに
ボールを見るか、見ないか は好き好きですが
少なくとも 右利き(右打ち)の人であれば
アドレス時に 視界の真ん中にあるボールが
テークバックで視界の左にズレ
トップの位置では視界の左端
のような習慣は付けておくべきだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


このロフト/フェース面の上向き加減と入射角度
との関係を考えると
アプローチのような 大きなロフトを使った時に
起こる現象も見えてきやすい。

原則、ゴルフクラブは
ロフト0度と考え、ヘッドの動かす上下の軌跡に対し
フェース面を垂直に扱うように動かすと
そのクラブの本当のロフト分のスピン効果が生まれる。
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)
スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)
スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)

一方、よく間違えて考えられている使い方で
そのクラブのフェース面…特に大きなロフトのクラブで多いが、
そのフェース面で ヘッドの上下の軌跡をなぞるように
フェース面の沿ってヘッドを動かすような使い方だと
ロフトによるスピン効果は 90度 と同じになってしまい
その軌跡にもよるけれど 前に飛ばない可能性も出てくる。

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)
スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)
スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)
スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)

ラフなどでもそうだけれど
だるま落としのようになってしまうのは
軌跡に沿って、フェース面が動いてしまっているか
本来、短い長さのクラブなのに 緩い入射角度に
なり過ぎてしまっているかのいずれか である。

また ゴルフクラブのその構造上
ロフトを寝かして入れてくると(入射させてくると)
その入射角度は緩くなってしまう傾向がとても強いので
その双方が原因とも言える。

アプローチのように
特に速い動作の必要が無い場合、
自分の立っているライ(状況)や距離
そして落としどころ、止めどころ の立地条件など
ある程度 計算が立った方がミスも防げる状況なのだから
打ってみるまでどんな弾道になるか わからない のでは
難易度は上がってしまう。
スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)

クラブを動かさず、
軌道に対するヘッド姿勢・ロフト姿勢を固定し
体の回転だけで ボールを打つ習慣を付ければ
ミスは仕方ないとしても、概ね 出る球の高さや弾道
キャリーボールなどが読みやすくなる。

クラブだけを動かして打つ、ショルダーストロークをする
というのは ヘッドの入射角度とそれに対するロフト姿勢
というのがあまりにランダムな関係になり易いので
トップやダフリのミスをしなくても 
結果 ミスになる可能性が数段高まってしまう。

特にロフトの大きなクラブを寝かして使う、
開いて使う場合、そのロフト姿勢や入射角度に
非常に敏感で、双方 一度程度の違いであっても
弾道や距離、着弾点に大きな開きが起きやすく
アマチュアの現場経験の頻度では
 ギリギリのところを狙う
 のは単なるギャンブルショットになる可能性が非常に高い。

090804_01


ましてや
 ロフトを寝かして打つ場合、
寝かして打たない場合を比較すると
圧倒的に スピードが必要になり、
その分 動作速度も速く、大きく、忙しくなる。

クラブ、その番手、そのロフトの、その長さの、正しい使い方を
シンプルにすることが ミスを防ぐ最善の方法だと言える。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ