◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2018年03月


 重さ』について考えてみましょう。

通常 ゴルフクラブは単純には
1:1:4(グリップ:シャフト:ヘッド)のような
重さの構成になっています。
5番アイアンで約95臓45インチのドライバーで約120
の長さがあります。
その先端に全体の2/3の重さの鉄の塊が付いています。
002

トップオブスイングの切り返しから
もしも ヘッドの重さが 👉10g・300g・1000g(1)
と3種類あった時、先端が動かしやすいのはどれでしょう?
1舛離皀里世隼廚い泙垢?
スイングの基本である 人間の動作によって
【グリップが動くことによってヘッドが動く】
はヘッドの重さ分、ヘッドの動きは小さくなります。
✋長い棒の先に重さがある
➟それを体の向きを変え、結果、円を描く
➟その重さの分、その棒の長さの外周よりも
 先端は内回りをして、グリップについていく形になります。

😄😄😄1舛離悒奪匹惑鵬力も凄そうですから魅力的ですが
   シャフトがもたない のは間違いないです…。


弾道は角度によって決まる。
グリップを支点にヘッドを振る
シャフトを扇のように使えば
左右だけでなく、上下の弾道も逆球が発生します。
方向も、曲がりも、距離も、…安定しないような
使い方では それを習得するための特訓で
体が壊れてしまいます。
先端に重さのあるゴルフクラブには
適さない使い方で上手く打とうと考えないコトです。
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)


0娚阿頬困譴蕕譴討い襪里
ハンドファーストにおいて、体の向き が重要になるのです。
MVI_0741_Moment(6)映像的に 右を向いていれば
この角度から撮影だと、何もしなくても
「ハンドファースト」の姿勢に該当します。
ここでポイントになるのが
体の回転の方法です。
多くの人は骨盤を動かさず
肩回り、腕周りだけを捩じって
疑似的な右向きを作ります。
その疑似的な右向きでは クラブはがっつり開きます。
クラブが右に倒れるような形にならざるを得ません。
ですので その手の回転をする人は「ハンドファースト」では
ボールを打つことが出来ません。
👉ハンドファーストを意識するとスライス/こすり球が強まる

インパクト直前近くまで右向きが維持されていれば
意識せずともハンドファーストは出来ます。

MVI_0741_Moment(7)

上からボールを抑える意識が必要です。
アイアンの方が分かり易いかも…ですが、
フェースでボールを地面・マットにおさえつけるのです。
この動作中も体は向きを変えていくので
結果として ボールとヘッドの関係は横対横
横からヘッドは入ってくるのですが、
 こと打ち手にとって 横から入れようとしてはイケマセン。

そう扱って来て 初めて、そのクラブのロフトが活きるのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋遠くに飛ばすためにも、
✋思った通りの方向に行かすためにも、
✋似たような弾道が繰り返し打てるためにも、
✋フルショットとアプローチ、共有して打つためにも、

正しい向きのアドレスで
いつも通りのボールの位置(左足かかと付近)で
 ➟(ドリルの色合いを濃くするのであれば、いつもより左がいいです)
プッシュストレートを打つ練習はとても有効です。
普通に打つ弾道よりも やや低めなライナー のイメージです。
スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)

ヘッドターンやヘッドがグリップを追い抜くスイングでは
左足かかと付近の地面にあるボールは
基本的に 届・き・ま・せ・ん

※この練習はフェアウェイウッドやドライバーですると良いでしょう。

左足かかと付近のボールを
 右に真っ直ぐ〜右に曲げず打つのには
ボールよりも内側(自分側)から
右にフェースを向けて打たなくてはなりません。

手でクラブを振る人が
正しくない 見た目だけのインサイドから
ヘッドを入れてくると 必ずフェースはダダ開きです。
このままではソールでボールを打つことになりますから
フェースで打つ為、ヘッドターンをする必要が生まれ
その結果、スイング軌道が急激にインに切り込みます。

👉今、トーナメント等で活躍プロは
この急激にインに入るヘッドを のけぞって
上を向いて緩和する痛いテクニックを使っています。
彼らと親子ほどの歳の差がある我々には
到底 やり続けられない曲芸です。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

始めはランニングアプローチのような感じで
やり始める必要があるかも…ですが、
体の回転で、体の回転通りに
ヘッドをインから、右に向けて ボールを押し出してあげる
と…この内容ですと やはり頭はヘッドのコトに行ってしまう
と思うのですが、グリップをインから入れるのです。
グリップの位置は 勿論、体の回転のせいですが
インパクト辺りが一番ボールの方へ近づく時間帯です。
アプローチに限りませんが
多くの人はインパクト付近で 飛球線と平行に真っ直ぐ
練習場のマットに沿って真っ直ぐ動く習慣、感覚があるようです。
スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)

フェアウェイウッドなどの練習で
ヘッドではなく、グリップがどのあたりを通過するのか、
グリップがどの位の高さ/低さになっていくのか、
あくまでも イメージで良いのですが
 仮想の、グリップの通る道のりと言うのも考えてみてください。
yakyuu

やや右方向… そうですね
野球で言うとこんな感じでしょうか

.侫Д▲ΕДぅΕ奪匹ドライバーで
地面/マットに置いたボールを
I畸閉未蠅虜限かかと、もしくはそれよりも左
ど畸閉未蠅茲蠅眥磴けΔ悗離薀ぅ福爾離ぅ瓠璽



この練習は傾斜地で
体が思うとおりに回せず、ボールを若干 中目に
おいた時のショットのためにも有効です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的によく使われる
『ヘッドが走る〜シャフトが走る』というのは
グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、
かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。
IMG_0776

気が付かないからも知れませんが、
別なゴルフ用語で、このことを
「ヘッドターン、ヘッドを返す」
「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」
とも言います。
ほぼ 全く同じ行為を指しています。


クラブの構造や機能を知ると
この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか

打ち手の差を除き、
ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には
✊左右の角度
✊上下の角度
✊ボールの回転
✊ボールの速度
が生まれる訳ですが、
ロフト角度・ライ角度で考えると
この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。

上記のクラブの入れ方ですと
打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから
この状態でインパクトが来れば
・・高く
・・回転数も多く
・・右に飛び出て
・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。
スナップショット 1 (2013-02-13 14-15)

これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は
・・低く
・・回転数も多く
・・左に飛び出て
・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。

ヘッドターンはクラブの構造上
✋ロフト角度 大きい➟小さい
✋ライ角度  多い➟少ない➟多い
✋フェースの向き ➟

と同時に変化していきます。

ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは
構造上かなり難しく、逆にその使い方では
ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。

ですので シャフトのしなり・しなり戻りには
必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける
ヘッド軌道も絡むので
全てのコトが揃うのは天文学的確率です。
そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。
002

ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも
ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒
この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?

何を言いたいか というと
シャフトを開発する、製造する という観点で
上記の使い方
「ヘッドを走らせる〜シャフトを走らせる」
のを強化していくと
一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない
と言うシャフトを造ることになります。
手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、
シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を
中から先に斜めに入れることになるでしょう。
手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト
ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。

また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や
グリップの移動速度を制限することは
即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから
単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの
シャフトのなる可能性も否めません。


スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)


ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが
グリップが動けば(移動すれば)
ヘッドも動きます(移動します)

✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば
 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。
 同じ姿勢のまま移動することが可能です。

✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって
 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから
 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が
 行いやすくなります。

✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は
 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト
 が 相反する関係になりますが、
 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃は
 それがイコールの関係にし易いです。

ヘッドとグリップの位置関係を
上下に反転させることを考えれば
クラブはどう扱う方がよりベターなのか
シャフトはどう扱う方がよりベターなのか
答えは見つかってくると思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


デフレの落とし子みたいな形で
アイアンの軽量スチールシャフト化が
定着してしまいました。

今や グラファイト(カーボン)シャフトのアイアンは
昔のフェンダーミラー(車の)時代の
ドアミラーのオプションのような存在かも知れません。
………年齢がばれますねー(*_*;;

正直 軽量スチールシャフトには
単価が安く済む…を倍返しで上回るような罪
しか 見当たりません。
ゴルフ用品界の貧すれば鈍する の典型的な商品です。
yjimage

スイングは覚えにくい…
飛ばしにくい…
故障を発生させやすい…
バンカー、アプローチを苦手にさせやすい…
ボールを上げにくい…

脳筋ゴルファーしか生み出さない軽量スチールの罪は
ゴルフ人口減少を加速させることになり
結局、ゴルフメーカーの首を自ら締めています。
多様性…多様性と叫ばれる昨今なのに
チカラや運動神経、運動性能を重視する用品ばかり
横行するのは……なんがかなぁ と思います。

487360_167526473397978_1043654355_n



一方、グラファイトシャフトにはスチールシャフト
特に軽量スチールシャフトでは実現出来ない
打ち手にとってのメリットがあります


.好ぅ鵐阿魍个┐笋垢
これは飛ばせると共通項なのですが、
スチールシャフト、特に軽量スチールシャフトは
シャフトの質量をダイエットするには
手元を軽くする以外の主な方法がありません。
細くなる先端を軽くするのは壊れてしまうから
プロダクトライアビリティの厳しい昨今では不可能です。

元来 スチールシャフトは先端重 ですが
軽量になって  さらに割合が増すので
重いヘッド、重めのヘッドが装着できません。


シャフトの硬さも相まって
ヘッドが感じにくいアイアン。


スイングの練習やスイングを覚えるのに
ドライバーやフェアウェイウッドを使うことは稀です。

そのヘッドの感じにくいアイアンで
スイングを覚えるのですから
目安になるのは『スイングの形』ばかり……。

ゴルフの用語でよく使われる『ノー感じ』
その言葉そのものの 軽量スチールアイアンは
ショットの、スイングの感覚をオフにさせる機能満載です。

IMG_0662


飛ばせる
 ,閥δ鵡爐任垢、ヘッドの質量が20g以上異なります。
20gというと ヘッドスピードで言うと
 👉2~3㎳アップの破壊力に相当します。

この差はものすごく大きく、ミスにも寛容になりますし、
チカラの無い人にとって ボールを浮かせる
弾道を高くする底力として非常に大きなモノです。



『ボールのスピン』を抑えるコトばかりに流れたゴルフ界
ところが、ゴルファーには少なくない割合で
『スピン不足』に苦しむ層がいらっしゃいます。
スピン不足層にとって 軽量スチールアイアンしか選択が無いのは
まるで何かの罰ゲームのような状態です。


 
アプローチ、特にバンカーに効く
やはりヘッド重量の差!によるものですが、
ヘッドの重いモノ の方がクラブそのものやヘッドを
下方向に導くチカラは大きくなります。
地面にあるボールが拾いやすくなります。
ヘッドの位置や振り感なども強くなりますので
距離感も覚えやすいです。

IMG_0660

ヘッドの運動慣性も大きくなりますから
地面への接触、バンカーなどではその差は絶大で
軽量スチールシャフト普及に伴い、
アプローチの苦手な、バンカーの苦手なゴルファーが
パンデミック(感染爆発)状態です。

正直、バンカーに関しては
100時間のバンカー練習よりも  30g
1000時間のバンカー練習よりも  80g
ヘッドが重い方が効果があります。


ショットもそうですが、特にスピードで解決し難いアプローチ
ボール以外にも重い物をどかさなければいけないバンカーショット
の悩みは ヘッドの重さで解決するのが一番です。




ぅΕ奪匹箸里弔覆りが良い
軽量スチールシャフトの場合、
安全に使える最低限の硬さがありますから
柔らかくするのには限界があります。
メーカーもドライバーは「シャフトが柔らかく」ないと
飛ばないのは知っており、
ドライバーの平均的なシャフトの硬さはかなり落ちています。
20年前であれば 45インチ換算で 260cpm の硬さが
今は 230〜240cpm は当たりまえ。
それに引き換え、アイアンはどんどん硬くなる一方で
Sシャフトを選べば 5番アイアンで 320cpm
SRで300cpm  Rで280cpm
ドライバーとの硬さの差は開くばかりです。

ドライバーが230cpmなら アイアンは250cpm
ドライバーが280cpmなら アイアンが300cpm越え
ドライバー換算で行くと スチールシャフトのSR以上の硬さは
すべて ダブルX トリプルXに相当します。
そりゃ 上手くいかない、飛ばない、痛いのは当たり前でしょう
  
そして 硬さの差 だけでなく、
前述のヘッドの重さの差
 は『クラブの振り感』に大きく影響します。


✋シャフトも柔らかく ヘッドも20g分重い
 ウッド系はクラブも長く、ヘッドも大きい です。
シャフトが硬く、ヘッドの20g分軽い
 アイアン系はクラブも短く、ヘッドも小さい です。

これをコースでは交互交互に打つのです。
上手くいき難いでしょう。
✋ドライバーの苦手はこれが主原因だったりします✋



ゥ轡礇侫箸旅鼎気縫譽僉璽肇蝓舎富です。
弊社のように アイアンであれば振動数130cpm から
最高350cpm位まで 好みや体力に応じて
超幅広いレパートリーを生むことが出来ます。

e00bf7e6


Ε轡礇侫箸寮格にもレパートリーを生めます。
キックポイントだけでなく、
シャフトの性格に多大な影響を及ぼすシャフトの形状、
テーパーの付け方など グラファイトシャフトは
無限な特性を生み出すことが可能です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


通常 軟鉄素材のアイアンヘッドの場合、
耐摩耗性や耐錆び性能のため メッキが施されます。
IMG_1366
軟鉄アイアンには素材として
S15〜20〜25 とありますが、
この数値は 鉄に対し炭素鋼がどの位の%で含まれるか というもので
数値の大きなものほど 硬め.耐錆効果高め です。
ほとんどの軟鉄アイアンと呼ばれるモノはS25cですが、
従来の熱間鍛造でない、切削による鍛造も増えてきたので
S30cも増えてきています。

弊社の HBS-16 は S20c
ピン型デール9L型ブリストルパター は S15c です。

006


003.ロームメッキ(銀色)

👉下地に一層、ニッケルメッキが入っているのが一般的です。

放っておくと錆が立ってしまう 軟鉄アイアンには
メッキ処理が施されますが、市販の多くのアイアンで使われるメッキです。

市販の平均的なアイアン ブリヂストン、タイトリスト、テイラーメイド 等は
メッキの厚み 50〜60μ
弊社のメッキ 30μ
耐摩耗や錆びに対する性能の為!というのもありますが、
メッキに厚みを持たせると 軟鉄素材の下処理にひと手間省けるので
そちらが主な理由と考えられます。

この厚み(50μ以上)のクロームメッキですと、
事後のライ・ロフト調整の際
メッキにひびが入る可能性があるので注意が必要です。
特に製造から3年以上経っているものは要注意です。


■廛縫奪吋襯瓮奪(金色)

クロムメッキの下地にも使われるメッキです。
IMG_0619
非常に薄い(10〜20μ)のが特徴で、クロムメッキに比べると
打音が素地に近い低質のモノになります。
欠点は薄いので 耐摩耗性が低いことと
クロムメッキに比べると錆が立ち易いコトです。

市販のアイアンでは 主に最後に使われたものは(古い…ですが)
ブリヂストンのJOEモデル、プロギアのDATA725あたりが最終で
下処理の人件費を考えると昨今のアイアンでは割高と言えるでしょう。
その手間を隠すため 最近ではキャビティ部にシールを貼るのが主流です。
正直、今ある市販のアイアンヘッドで Wニッケルメッキに耐えられるものは
皆無と言えるでしょう。  ぼこぼこザラザラ…です。  簾も立つしね…
010

✊弊社の HBS-16 には どのメッキにも下地に銅下が入っています。
 Wニッケルは摩耗性が低いので銅下は必需品と言えるかも知れません。

✋メッキによる打感…って言葉が使われますが、
 メッキによる打感…なんてものは存在しません。
 あえて言うのならば 厚みのあるクロームメッキはやや打音が硬質に
 なりがちなので硬めに感じるかも…と言う程度です。


✋また メッキにはおおまかに
 ☆ミラー仕上げ(ポリッシュ仕上げ)←艶あり
 ☆サテン仕上げ ←艶無し

 が存在します。
ミラー仕上げの方が目が細かいので汚れが付きにくく
メンテナンスする必要が低いと言えます。
どのメッキも事後にポリッシュするとミラーにすることが可能ですが、
サテンにするには再度の加工が必要になります。 
IMG_0628

テフロン・ボロン(黒)加工
 cea9c3ea弊社の HBS-16 の場合、 Wニッケルメッキの上に
 テフロン加工がされています。
 耐摩耗性が低いので ソールなどは擦り切れてしまいますが、
 キャビティ部などの箇所においては抜群の防錆性能をもちます。
 やはり 色が黒…ですので、やや小振りに見えます。

✋アイアンヘッドのメッキは好みにもよりますが、
 特にミラー(ポリッシュ加工)仕上げの場合、ヘッドが光り易いので
 ヘッドの形状…トップブレードの形状や面取りの方法・角度 などに
 合わせて選んだ方が良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


という題名で、まるで引っ掛けのようなモノですが
成人男性の平均的インパクトの
 ヘッドとボールの接触時間は 
1/3000秒

 
👉0.0003秒 でしかありません。
ですので その刹那の時間の恰好を意識して
良いことはほとんどありません。
特に「止まる」という姿勢というか、恰好を
本来、スイングの中で一番高い速度になる箇所において
「止まる」意識して、ショットは上手く行きません。

hiraki


どうでしょう?! スイング写真が手軽に取れるように
なってからでしょうか、
インパクトやインパクト以降にひじが曲がり
フォロー以降が小さくなるのを
必要以上に避けるようになった気がします。

アドバイスになるかどうかわかりませんが
インパクト時に左腕を意図的に伸ばそうとする行為は
スイングにとって良いことは何もありません。
クラブやスイングの不可抗力によって
結果!として そうなるのは良いと思いますが、
意図的に「インパクト時に左腕を伸ばす!」
✋意図的に右サイドを下げる
✋意図的に体を開く

しようとするのと同意語です。
mh

ディッシュアングルの話の続きであれば
意図的にディッシュアングルを解除する行為にもなります。

同じショットを繰り返す形を造るため
自分にとって 覚えやすい箇所に左グリップを送り
そこで止めて、クラブを振ってショットする
と言う手順が多いように感じますが
そこはあくまでも通過点です。

飛ばしたい人にとっては
インパクト前後は ヘッドだけでなく、
グリップや体の動作そのものも
最大スピードになる箇所です。

体やグリップを止めて、クラブだけを動かすショットは
動いている重量の総体が小さいですから
ボールの質量にも弱く、ミスにも弱くなります。

逆にインパクト時に左肘・左腕が曲がり
ある点を通過していくイメージの方が
右サイドも下がらず、体も開きにくくなります。

ディッシュアングルの話であれば
ここの手首の縦のアングル〜コッキングではなく、
スナップアングルに変えて、架空のテーブルを
左手の甲でなぞっていくようなイメージの方が
左サイドがボールから離れず、ある意味
スイングの中で一番左サイドがボールに近いので
結果としてディッシュアングルは維持されます。
MVI_0741_Moment(9)

スイングは ヘッドの遠心力に引っ張られるから
両腕がどこかで伸びるのではなく
ヘッドの重さ、クラブの重さによって
グリップが引っ張られるから
 両腕がどこかの箇所で伸びるのです。

ゴルフクラブの扱いで
『重さの基本は動きたがらないモノ』
だという認識が絶対に必要で
少なくとも ボールを打つまでは
ヘッドがグリップを追い越すことは無いのです。

とりあらず インパクトは通過点ですが、
前傾姿勢分程度 クラブは斜め上から入射してきます。
その分、シャフトは前に傾き、グリップは左にズレ、
腕も含めてクラブも左にズレるので
その分の重さがかかり 左荷重になります。
それがインパクトです。
MVI_0670Trim(2)_Moment(2)

ボールを打撃するスポーツですから
当然、体重が乗って行った方が
ボールを飛ばしやすいのは確かです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



クラブヘッド
そしてそれが描く軌跡
これを体の回転のすることの最大の利点は
効率よく飛ばせ(ロフトが立てられ、重さが使える)
そして 規則性に富んでいる
 コトです。


ヘッドも、グリップも
✋上下(縦)にボールに近づく/離れる
✋左右(横)にボールに近づく/離れる

この組み合わせで
ee6bd45f

体の回転が主で、グリップが動き、そしてヘッドが動けば
✋上下(縦)にボールに近づく/離れる
✋左右(横)にボールに近づく/離れる

これは共通の一つの構成に出来ます。

グリップやヘッドが下がっている過程は イコール
グリップやヘッドがボールに近づいている(インサイドから)
です。
動きの区分、時間区分では
これはダウンスイング、
右向きから正面、左向きになる過程の中にあり
それは体の左右の構成では左サイド、
進行方向の低い時間帯にあたります。
MVI_0670Trim(2)_Moment(2)


ところが 多くの人
悩めるアマチュアゴルファーやプロの少なくない人も
ヘッドの動き、ヘッドの軌跡を
グリップの動きでもなく、体の動きでもない
手さばきによる 単独の動き にしてしまいます。

体の回転を主にしていれば
個人差はあったとしても
ダウンスイングであれば
 体も下向き、グリップも下降過程、ヘッドも下降過程、
 俗に言うインサイド・横方向と言う意味でも
 ボールに近づきつつある過程で
 すべてが共通項の中で動きます。
ですので 概ね正面のインパクト逸してしまい
体が左向き、正面を超えてインパクト迎えてしまえば
 体も上向き・グリップも上昇過程、ヘッドも上昇過程
 望ましくはありませんが、やはり共通の動きになります。


体も痛めやすいので とても気になるのですが
手さばきでヘッド軌道を造る多くの人が
インパクト付近で グリップの動きを止め
腰は回ったとしても 肩回りの動きを止めてしまいます。
止まってしまったグリップでは
ヘッドの下降過程も上昇過程も
ヘッドのボールに横方向に近づく動きも、離れる動きも可能で
なんでもアリです。
これを修整するとすれば
1/300秒とか 1/500秒
例え1/100秒だったとしても 0.01秒ですからあまりに刹那。
ヘッド軌道に特別な規則性がないので
✊ヘッドが下降〜上昇
✊ヘッドがボールに近づく・離れる
それを決定する はっきりした動きはなく
あくまでも タイミングで決まります。 

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)例えばこの絵を見て下さい。
この状態で 体の回転を主にグリップを動かし
ヘッドを動かしているのであれば
既にボールは打ち終わっている体の姿勢ですが、
まだ ボールは打っていません。
ここから先 体はボールから遠ざかっていきます。
左サイドもより高くなっていくのに
それに反して ヘッドはボールに近づき
ヘッドは下に下がります。
正しい体の回転では 俗に言うアウトサイドインで振って
よい体の向きなのに、ヘッドだけはインサイドから入って来てます。
ほぼすべてのことが 体の姿勢とは真逆 です。

スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)ヘッドだけを考えて
内(インサイド)から入ってくるにしても
その左右の角度、上下の角度、弧の大きさ
ヘッド姿勢など 個性も含め
弾道の構成要素はたくさんあるのに
手さばきでそれを造ってしまうと
あまり 広い範囲の中に可動範囲が
ある形になってしまうのです。
逆球まで含めて… ミスの範囲が大きすぎます。


フルショットだけではアリマセン。
この手さばきでヘッド軌道を造る動きの最大の欠点は
スピードの制御の必要なアプローチに出てきます。
体の回転を主にグリップの移動の速度で
ヘッドスピードを管理するのであれば
単純に動作速度、回転速度、グリップの移動速度を
管理し、スピード感を覚えていけば済みます。

体を止め、グリップを止めた 反動で
ヘッドを送る、ヘッドをリリースするショットでは
体の動作速度やグリップの移動速度が
ヘッドスピードの直結した関係になりませんから
距離感を覚えるのが大変。
そして その上にヘッド姿勢やヘッド軌道の規則性が乏しいので
同じ距離感・弾道になり難いのですから
距離感を調整するのは神技に近くなります。
不可能…とまでは言いませんが、かなりの無駄な数の練習量
が必要で、前傾の深いアプローチの練習によって
腰を痛めてしまうゴルファーも少なくないかと思います…。

yjimage0IQ6BINQ100yard1この二つのスイングも
明らかに体が止まり
その反動でクラブ
肩から先だけ動かしている
不自然さが体に見られます。



ヘッドを振らないと飛ばない気がする・・・
というのは 確かに軽いヘッドの硬いシャフトのクラブしか
使ったことのない人には 仕方無いのかも知れないのですが、
飛ばす と
 思った方向に打つ と
  同じ球を繰り返す 
   そして 体を痛めない
どれもが等価に大切で
練習量に乏しく、運動性能にも自信のない
おじさんおばさんゴルファーがやれることは限られていますから
もう少し知恵を使って スイングを覚えると良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ディッシュアングルそのものでは無いのですが、
参考例として取り上げ、犯しがちな誤ったミスの解決法…
のお話しです。

f350b387-s

一般的にはデッシュアングルとは
左腕とシャフトの角度を指し
インパクト付近での角度が一直線にならず
角度が残っていることが理想的…と言われています。

しかし よくよく考えてみると
左腕とシャフトの角度・・・の問題なのではなく
左サイドとボールとの距離 な問題だと思います。

左手の手首なんて
運動中のクラブを制御できるほどの箇所ではないし
左サイドがボールと近ければ
 練習するうちに スナップアングル也、デッシュアングルを
残すよう…つまり左腕を短く使うようにすると思うし、
逆に 左サイドがボールと離れている、離れていく過程
であれば 目いっぱい左腕を伸ばさなくては届かない
のだから 結果としてデッシュアングルは消えてしまう
と言うコトなんだと思います。

hiraki


ディッシュアングルは左手首の角度
 ✕それをキープしようとする
 👉現実的ではありませんし、
左サイドがボールから離れる というのは
体が開くことでもあり、
右サイドが下がり、左サイドが上がる という
コトでもありますが、
それをまとめて「体が開く」としても
 ✕体の回転を中途で止めようとする
 👉これも大変困難ですし、
無理に体の開きを止めようとしても
問題の解決にはなりません。
yjimage0IQ6BINQ

この解決方法では
例えれば 砂糖が沢山入って甘すぎる紅茶に
塩をいれて 甘さを抑えようとしている様な
結果として飲めないモノになってしまいます。
根本が解決されないばかりか
より複雑になる上に、体も痛めます。

考えなくてはいけないのは
何故 体が開く時期にインパクトが来てしまうのか
体の時間進行に対し、なぜヘッドが時間がかかってしまう
もしくは遠回りになってしまうか の方です。

それを解決せず 見た目の恰好だけを整えても
なにもならないし、それ自体が
現場のラウンドの対処に役立ちません。

そこを考えてみるのが面白いところでもあるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 当時最新の悶絶セットを作って頂いてから早1年、
シャフトがぐにゃぐにゃの変なクラブを使う人間として
廻りから認識されながら、ゴルフライフを楽しんでいます。
(サンドウエッジは銅下が見えて消えていきました)
IMG_0491

 また、日々のブログの更新ありがとうございます。
目からうろこが何枚落ちたことやら、
本当にタメになる記事があふれています。
たまに自分の理解不足のため、
消化不良を起しダークサイドに落ちていきますが・・・・。

 さて、私なりの手ごたえですが、
左手一本の素振りがとてもしっくり致しました。

トゥが重たいことが体感でき、
今までどれだけ腕力に頼ってクラブを振っていたのか
思い知らされました。

しかしながら長年染み付いた癖は直りにくく、
クラブを力ずくでねじ伏せようと頑張る自分がいます。
クラブが行きたい所へ生かせてあげれば良いのに・・・。


それで、左手一本でボールを打ってみたりもしました。
その時、ボールを上から見たところの手前(体側)を
ヘッドが通り何度か空振りしたため、
その分ボールに近寄って打つたら当たりましたの
そのポジションで練習し、
両手で打っても良い感じでしたので、
練習とラウンドを重ねていました。

ところが、全てのクラブで時々シャンクが出るようになり、
特にラウンド後半疲れているとき。
自分としてはスイング時にクラブとの
ディシュアングル保てないのと、
ボールと正対したときのボールとの距離、
地面に対しての腕のポジション辺りに解決の糸口があるのかと
探っています。(これもまたすごく楽しい。)

もしよろしければ、ディシュアングルの上手な保ち方。
また、シャンクが出る仕組みなどブログで取り上げて
いただけたら幸いでございます。


以上、私なりの近況報告でございます。
また、横須賀にお邪魔できるのを虎視眈々と狙っていますので、
その際はよろしくお願いいたします。



✋お手紙ありがとうございます。
一般的な シャンク対策 はシャフトが硬いことが
原因で起こるのですが、今回はそれとは違いそうですね。
シャンク対策になるか…どうかは分かりませんが
それと類似した形で「ディッシュアングル」のお話を。

IMG_0567

ディッシュアングルとはなにか というと
腕とシャフト(クラブ)との薄い角度差
スープ皿程度の角度差を表します。
忘れて頂いて構いませんが、だいたい120〜140度位でしょう。

あくまでも結果論として…ですが、
上手にクラブが扱えれば、インパクト付近で
そのDアングルが残る…維持される形になりますが、
これからスイングする上で それを意識して良いことは
多くありません。
もしかすると 体の回転で打てない
体の回転でクラブがさばけない原因……
になっているかもしれない奥深いテーマです。
dohiraki


ディッシュアングルを具体的に言えば
クラブと手首…特に左手首の角度を指します。
手首の可動域 というのは実際には左右…
甲側に折るコト、手のひら側に折るコト、の二種類で
親指側
⇒甲側に折る・小指側⇒平側に折る を
腕を回して行っている に過ぎないと思います。
 ✋用語的には『コッキング』と呼ぶのでしょうか
 参考:トゥアップ サムアップ 起こす方は
    親指が二の腕に近づく動きです
    トゥダウン サムダウン 落とす方は
    親指が二の腕から離れる動きです。

傾向として…ですが、
インパクト付近でディッシュアングルを保てないパターン
多くは テークバック時に左手でクラブを押す
左手でクラブを自分の体から離す コトから始まっている
ように思えます。
意識してする必要は一切ありませんし、するべきではありませんが、
クラブを起こす、クラブを立てる… ⇒トゥアップさせる
コッキングする、親指側に折る、というのであれば
左の手は甲側に折れる筈なのですが、
多くの人は手のひら側に折れる
⇒トゥダウン側
におれて テークバックしています。
スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)

ゴルフクラブは握っているシャフトやグリップよりも
ヘッドの構造上、右側に重さがありますから、
平側の折ってしまうと より開き、より重たくなります。
振り遅れ が発生し易くなるうえ
テークバックの時点で トゥダウン側に動いているのですから
それをインパクト時にトゥアップ側に動かすのは不可能…
ダウンスイングでなんとかできる話ではアリマセン。

MVI_0670Trim(2)_Moment(2)

次に 多くの人の場合そうですが、
クラブは下に振るものだ と思っている場合です。
先ほども書きましたが クラブはしシャフトよりも右に
重量があるので、縦方向に動かそうとすると
自動的に開いてしまいます。
ロフトを開いた状態 というのがイコール トゥダウン
ということになります。
デッシュアングルのコトから離れるかもしれませんが、
スイングの時間進行は前傾は存在しても
横の動き、横の体の回転です。
それに対して 縦の動きは
単に その横の動きの高さが変わる過ぎない筈なのに
縦そのものにクラブを動かしてしまえば
その時間進行からズレますし、
回り道〜遠回りにもなります。
スイングの最大の高さ変化は
 傾きのある回転によって作られる ということを
ちゃんと理解していない可能性が否めません。



解決方法として
テークバック時に
〆玄蠅妊ラブを押さない
▲ラブを体から離さない

デッシュアングルとは
手首の上下角度〜コッキングですが、
上下ではなく左右のスナップ角度 スナップアングル だと
理解してください。
つまりは インパクト時に
『ディッシュアングルを存在させる』ということは
左手で言うのならば
手のひらが平側に折れている
右の手は甲側に折れている
 イメージが大切です。
8a862ab6



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


おそらく どの文献を見ても、読んでも、
どのレッスンを受けたとしても、
また 言語は違っても世界中で
スイングに関して一番使われている
ゴルフ用語は おそらく…ですが
『体の回転』
だと思われます。


間違った 体の回転を教える人が多いですが、
捻転 から想像できるのが
『胴体をひねる』ことです。
imageCAJZ6XBV

ストレッチと言う点では悪く無いのかも知れませんが
ゴルフクラブは角度を決める道具で
両手で持っているゴルフクラブは
胴体そのものをひねってしまうと
両腕の長さ の都合によって
 その姿勢が崩れてしまいます。
自分が望む ゴルフクラブの左右の向きや
ボールの飛び出る上下の角度は
スイングのタイミングではなく
ひねり具合…そしてそのひねりの戻し方具合で
決まってしまいます。
imageCAX9G566よって ゴルフ用語でよく出てくる
『開いてあげて、閉じて下げる』も
単に胴体をひねっている結果の話であって
体を右にひねっていれば
右腕を短くしないと両手で持ってられません。
体を左にねじれば、今度は左手を短くしないと
もっていられない ということを
ゴルフ用語っぽく 言っているに過ぎません。

本来 ゴルフクラブには前傾姿勢があるので
右を『正しく』向いていれば
その前傾姿勢に応じた平行に
右サイドの方が左サイドよりも高い位置関係になる筈ですが、
上の写真でも分かる通り、胴体をひねる動きでは
肩回りの左右関係が 逆に左が高くなるようになります。
52442_360240このテークバックの取り方
体のひねる方の典型例ですが、
これではいったい前傾姿勢の
その「前」と言うのが何処か分かりません。
腰はボールの方を向いていますが
肩回りはやや右向きです。
体の前は一体どこに当たるのでしょうか・・・?

ですので 捻転 と言う言葉を"もし”使ったとしても
それは胴体のねじれ ではなく
股関節部のねじれ にしないと
おじさんおばさんゴルファーの体はもちません。

胴体をねじって 左腕は目いっぱい伸ばし
右腕は左手が届くように短くする
この姿勢は体の左側帯を無理やり伸ばし
右の側帯をつぶす形になります。
BlogPaint

と、同時にクラブを右に倒すことになりますから
クラブの重さは右にばかり掛かるので
次の動きは 右サイドがもぐる姿勢に『必ず』なります。
不可避です。

体も右に折れる形になりますので
当然、体重は右に掛かったまま
胴体の捻転理論では体重移動は不可能です。

スイング中 右の側帯、右の腰に体重がかかったまま
そのまま動作しますので、
この手のゴルファーの痛める腰はほぼ右側です。
また 若く瞬発力のある方は
この姿勢でも無理やり振りますので
逆に 左側帯が伸び、左の背筋から首を痛めることになります。
おいたわしや。


定義として
からだ の回転 というのは
股関節から上の胴体が一体の
ゴルフで言う下半身とは股関節からしたの脚
のことなので
股関節から上を一体にして
背中や胴体を無理にひねらず回ること 
向きを変えることが
おじさんおばんゴルファーには必須項目です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ