◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2018年02月




習慣化している…と言う問題はありますが、
ダウンスイング後半 下へ振る習慣と言うか
クラブヘッド、クラブの重さを
下方に向かって「リリース」する動きは
インパクト時に
『両腕を絞る動き』として記憶されます。

mh

本来であれば、インパクト付近の体の回転
それに伴うグリップの『横』移動は
最速・最大加速になるはずですが、
その下方へのリリースによって
その移動方向の縦方向への修正は余儀なくされます。

これは近年のトッププロのスイングにも見られます。

👉修整方法 としては
 フルスケールでゆっくりしたスイング
 7番アイアンで80ヤード位を打つスイングスピード
で、両肘の距離感を出来るだけ絞らず、
トップで造った両肘の距離感を維持したまま
スイングを終えるようにしましょう。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(8)








リリースすることが 打撃そのもの と言う感覚
なのは分かります。
ですので リリースの無いスイングは
 打つ実感の伴わないショットになるので
それは慣れで解決するしかありません。

ここも大きな障害ですね。




もう一つの障害、
 ここが一番説明の難しい
言葉で説明しても、感覚的に掴み難いところは
 スイングの、クラブの役割の縦横を
 逆に理解しているところです。
IMG_0727


傍から見れば、ボールは横から打ちます。
ボールとヘッドの接触関係は当然、横の並びです。
しかし、それは体の回転の役割です。

インパクト前後で体が回転しているから
上下にも、左右にも 弧を描いて
 ボールをとらえていくのです。

それを自分で作ってはイケマセン。
 手で弧を描く感覚 を持ってはイケマセン。

腕の補助もありますが、
 体の回転で『グリップ』が移動するから
 結果としてヘッドも弧を描く んです。

よって 感覚としては
 ボールを打つ為の準備段階として
 フェースが少々オーバーには地面を向いている
 そのままでいいのです。

 フェースは地面を向きっぱなしのまま
 体が回転するから
 ボールを拾い、
 ボールを横から捉える のです。
スナップショット 1 (2018-01-31 13-39)

少なくとも この場面で
 もっともっとシャットが必要です。

ですので、少なくとも
 この時点で フェースは横を向くのは駄目です。

シャットフェースと言うのは
 左右のグリップの上下関係によって作られますが、
それはそのまま 次の動作の
体の姿勢を決めてしまうモノです。

ボールを上から打つ時間帯
 というのは
右サイドよりも左サイドの方が低い時間帯
 が基本なのですから、
ボールを打つまでは
左グリップの方が右グリップよりも
 低い位置関係を維持しておく必要があります。
MVI_0741_Moment(6)


これも蛇足ですが、
飛ばない人
スライスに悩む人
引っ掛けやフックに悩む人
の多くは
 利き腕である右腕を使う時間が「遅い」傾向があります。
別な言い方をすれば、体の回転と腕を使うのが
別々な時期になっているとも言えます。

右腕を使うチャンスは
右グリップの方が高い、
左グリップごと 下〜斜め下に押す時間帯で
このリリースの打撃方法では横方向に押すことになるので
押せば押すほど、左グリップは上方向に逃げたがります。
これでは 右腕を使えば使うほど
逆球がでたり、ミスの原因になるので、
利き腕を使うことが出来ません。

シャットを維持するから
左グリップ・左サイドの低さが維持され
左サイドの低い時間帯が長く造れ
同時に、クラブやヘッドを動かすその重さが
グリップを左に押すのです。

MVI_0741_Moment(7)


やりたくはないですが、
ダウンスイングの手順を段階化すると
〆絃縅咾動き
 グリップが胸に対し左ズレる
 匹修離哀螢奪廚両絏爾郎献汽ぅ匹低いことで
 低くする
▲哀螢奪廚左にズレることによって
 重さが左半身に掛かり始めるので
 重さに伴い、体も左にズラしてあげる
◆姫ο咾鮨ばすことによって、
 グリップを左斜め下に押し込む
左ひじを体に付けず、曲げておくこと によって
 押されることを回転に代え、逃がしてあげる
 👉ここを維持してあげるには
  左腕が体側から離れ、左手の甲が地面を向いている
  そんな感覚が必要です。

,鉢△鰐棲里暴臀があります。

この感覚を掴むには
体の回転は「意識的」にしない 必要と言うか、
右向きが足らないのは論外ですが、
右向きが 体重を左に移すと自然に正面向きになる
体の回転をパックで覚えなければなりません。

ゴルフのスイングの意地悪なところで
 『リリースをするスイング』では
自分の意志で積極的に回転をしないと
腕を使うことを体を回転することの方向が
一致しないので どちらかをするとどちらかが阻害されます。
『リリースするスイング』は放っておけば
 スイングの中に正面が存在しません。
体幹の強さを使って無理やり 正面らしいものを造れば
 相当な無理がありますので、若いプロですら
長くゴルフを楽しめない程です。


左上腕から右腕
➟△領れが同時に体の向きを変える
腕を使うことによって、体の向きも変わっていく
グリップの有る位置が体の正面
そのグリップの位置を替えることによって
体の向きを変えていく と言う感覚を掴めると良いですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
 今回のテーマは
おそらく 殆どの人の
ゴルフスイングの肝 になる部分で、
ここが技術ではなく、感覚として掴めると
長年の疑問や矛盾も解決できる
 とてもとても重要な部分です。

✋説明の難しい部分ではありますが、
 頑張ってみますので、
 質問・コメント・メールなどお待ちしております✋



まずはこれをご覧ください


スイングの全体像を見ると
特に悪くない"よう"に見えますよね。 確かに…。

しかし 動画の中で色の変わる部分がありますよね
セピア ☞ シアン(青っぽい)
このシアンの部分が『要らない』のです。
ここで下に振ってしまうと すべてが台無し です。

この動画を撮るにあたって
ちょっと記憶があいまいなところもあるのですが、
ダウンスイングの初期、切り返しの始動を
『左の上腕・左の肘』から始めましょう! 

的な感じが課題になっていたと思うのですが、
その課題は実行されています。

そうですね、目的地の一個手前の駅で降りて
走って電車を追いかけている様な…そんな感じ。
これで遅れても仕方ないです。
意味のない寄り道であり、
 遠回りを自分でしているのですから。



よくハミングバードでは その課題、
『左の上腕・左の肘』から切り返しは始めましょう
をお薦めする訳ですが、
スイングの中では 体を止めて、
左の上腕だけを先に動かしたつもりで、
 見ての通り
体と同時進行で 腕も移動しています。
スナップショット 1 (2018-01-31 14-09)

蛇足ではありますが、ダウンスイングを
先に腰からとか、体からすれば
腕やクラブはその重さによって取り残されます。
今までやってきた手順の記憶…もありますから、
先に 左の上腕・左の肘から動かす
体は右向きをロックしたまま! 位で
やっと同時進行になります。



ところが シアン(青っぽい箇所)に替わる辺りで
クラブを、クラブヘッドを下に振り始めて、
下に振ってしまうお陰で
グリップの横移動が止まり、
👉横移動していたグリップが ヘッドの重さや
 ヘッドの通るルートの長さ によって
 縦移動に移行してしまい、横移動が減ってしまう
体の回転の流れから外れてしまいます。

グリップの横移動が止まることによって
ボールと正対するところで体の回転をとめないと
ボールは打てませんから
インパクト後、ヘッドが体の回転を追い抜くような
フォローになってしまいます。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-06)

体幹に力があり
自分のヘッドを振る遠心力を耐えられる人は
 体を開かず、上を向きます。
体幹に力がなく 遠心力に耐えられない人は
上だけでなく、体も開いてしまいます。

ヘッド、クラブを不必要に下に振る分、
ヘッドの道のりは 体の回転に対して
遠回り、道のりが長くなってしまうので
インから入ってくる時間は間に合いません。
よって 
〔詰やり体の回転をとめてボールの真後ろから入るか
良くはありませんが、自然な流れで
体が開いてからインパクトに入る アウトサイドイン
になるか どちらかです。

ある程度、長い年月ゴルフをやっている方は
✋体が開くこと
✋振り遅れるコト

を嫌うし、そうしないように訓練してくるので
だいたい 体の回転をとめ
「体の正面でインパクトしよう」とするので
体の回転は止まります。(正確には止めます

数度、動画を気にして見て頂ければ
全体の流れの中で、グリップの横移動が少なくなりはじめ、
ボールと正対したところで体の回転をとめるサマが
掴めるかと思います。



このダウンスイング後半の
ゴルフ用語的に言うと「リリース」のある人は
インパクトが
上下で言うと
 _執漾銑▲譽戰襦銑上昇
左右で言うと
 .譽戰襦銑▲▲Ε肇ぅ
の 3×2 種類のいずれかになりますから逆球が出ます。

練習頻度などにもよりますが、
この場合の逆球で問題になるのは
右左の曲がり よりも ヘッドの下降・上昇の球筋による
距離のブレが問題になります。
このスイングパターンでの
自分の主力球は
『やや右向きのスタンスから繰り出される曲がらない引っ掛け』です。
上昇軌道がキツイと スピン不足になり、チーピン
体の回転が止められず左を向けば 引っ掛けフック になるので
無理に体を止めようとすると
 体幹への負担が大きいので後半崩れる原因に。
 
 👉分析するとミスの原因が隠れているのです。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ