◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2018年01月


その人のクラブの扱い方や持っているクラブの質
などによっても異なりますが、
スイング中のゴルフクラブの重さは
かなりのモノになると思います。

平均的な猫の重さが 3〜4キロ
トイプードルも同じくらいです。
この位なら暴れてもあまり問題なさそうです。

ミニチュアシュナウザーが 6~7キロ
かなり大型の猫もこの位でしょう。
ここら辺になると 抱き方次第では
人間もふらついてしまいます。

フレンチブルドッグになると重さは
10キロを超え、大きなものは13前幣
抱いている最中に暴れられたら抱いていられません。
もろとも転んでしまうかもしれません。

使い方にもよりますが、ゴルフのクラブは
瞬間的には シュナウザーとブルドッグの間位の
重さになると思います。



多くのゴルファーは
スイングをイメージするのに
クラブの重さが掛かることを想定に入れていません。
まずは 自分の動作のことばかりを気にかけます。
✋クラブを持たなければできるのに…。
✋ボールを打たなければできるのに…。
もう既に 万を超えるほど繰り返していませんか?


クラブは腕(手)で持ち、その腕は体から生え、
腕とクラブというモノは長さを持っていますから
どう扱うかによって その重さの変化は激しくなります。
プロであっても、クラブのある場所やその姿勢
の重さを影響を色濃く受けています。

体をどう動かすか
 ばかりを考えては
実際のスイング・ショットをする時、
クラブの重さの奴隷になってしまいます。

キッカケは与えてあげるにしても、
クラブによって重さを受けることからは逃げられないのですから、
逆に その重さによって
動かされてしまうことの方が簡単な筈です。

腕がクラブの重さを受け、
体はクラブも含めたその腕の重さを受ける。

腕がクラブの重さによって動かされれば
体はその腕の重さによって動かされる。


どうせ避けられないのですから
望ましくない不可抗力ではなく、
上手く打たされる不可抗力を造ってしまう ことを
考えてたほうがアマチュアには良いでしょう。

体の回転と腕の使い方を別々に考えるのではなく
クラブの重さによって、腕が動かされ
それそのものが体の回転になっていく方法が
アマチュアには適していると思います。

ですので、クラブの重さが運動で増した時、
支えらていられないグリップ、
ホールドしないグリップを造っておいて
その重さで腕を動かし、
その重さで体を回さざるを得ない
グリップを造っておく方が 結果シンプル です。

クラブを支えておけるグリップ
ホールドしておけるグリップを造り
クラブの重さが運動で増している最中に
腕や体を意のままに動かそうとするのは
おじさんアマチュアゴルファーには
 不可能に挑戦するに等しいと思います。



そこで そのためのポイント「左グリップ」
に付いてですが、注意点は3点です。
IMG_0772

中指と薬指の2本で握る が基本
 これは右手グリップも同じですが、
 握るメインになるのは この2本です。
IMG_0534

 ですので 手のひらはこのような形になります。

IMG_0532

グリップは二度握りません。
 スイング中は仕方ないですが、アドレス時、
 手のひらはグリップに触れません。
 第三節は伸ばしたまま、手の甲にこぶしを造りません。
 中指と薬指で握ったら、それ以上握りません。
 親指はシャフトに添えるだけです。
IMG_0531

手首に角度を付けてはイケマセン
 握手のような自然な形。
 手首が甲の方に折れないように注意です。

IMG_0529


ここを我慢して、スイングは重さに任せるか
クラブをがっちり握って
 自分で動作を管理するか
どちらかしか選択は無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昔から ゴルフは
『グリップに始まり、グリップに帰る』
と言われるほど グリップは大切です。

多くのゴルファーのグリップは
今のその形を目指したわけではなく
いつの間にか 今の形に落ち着いた という感じだと
思いますが、それはクラブの扱い方に準じます。


特に問題になるのが 左手のグリップ です。
現在の主流は 左右が相対することを放棄して
左手がフックと言うか ガブ握り
右手は添えるだけのような形が多いですね
IMG_0511

それは 左手グリップを支点に
クラブを跳ね上げる、クラブを振る からで
がっぷりと握っていないとクラブが飛んでしまいます。
IMG_0528

グリップは そのクラブの扱い方が変わって行かない限り
握り を変えても、数球も持たず 元の握りに戻ります。
よって 意識はしながらも、自分のクラブの扱いの変化
の目安として 『握り』に注意してみてください。

hand_kansetu


グリップは用語的に指で握ることを指し、
手のひらで握るのは「グラブ」です。
指は 先端部から 第一、第二、第三関節 とありますが、
第三関節 ✊ (俗に言うナックルの部分ですが) は
厳密には指ではありません。

よって クラブを握る際
とても大切になるのは
グリップは両手で握りますから
その密着度と位置関係です。

お互いの手のひらを向き合った関係になっていることは
とても大切で そのためには
左手を✊にして握るのはあまり感心しません。

左手にもしっかり手のひらが出来ているから
右手と相対しますし、それによって密着度もあがります。
IMG_0530IMG_0531









ですので 今すぐにとは言わないまでも
第三関節にナックルを造らない
左手にも手のひらを造れるようなグリップは欲しいところです。
左手を握り込むのであなく
手のひらは熊手のように外に反らせるような感じです。

慣れとともにクラブの扱いもあるので
目安として意識しておいてください。

IMG_0533IMG_0532











???疑問に思う人もいると思いますが、
この握りでは クラブが飛んでしまう
握っていられない・・・ のではと思うでしょう。

そこがポイントなのです。

左手を支点としてクラブを振ることが出来ず、
クラブを握っていられないから
左手、グリップ、体がどんどん回る!

左グリップがガブッと握る ということは
スイング動作中に体が止まることを示唆しているのです。


それと同時に
これも意識して貰いたいのは
左グリップの指と指を出来るだけ離して
✋ぱー で握って貰いたいのです。
IMG_0534

多くの人はグーで
指をつかって 掌の方にグリップを押し付けています。

そうではなく、出来るだけ指と指に感覚を開け
指も含め、左手の平を広く使って貰いたいのです。

グリップは 単純に 強さと接触面積の関係です。

グーで握る握り方は
その握りに反し、接している面積は少ないので
より力で握らなくてはならず、
指を開いて握る方が 実は少ない力で握ることが出来るのです。

ボールを打たない状態でトライしてみてください♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



表題にも書きましたが、
左右双方 グリップ全体も、アドレス姿勢も
そしてスイング・クラブ扱いそのものも
左手グリップ1個で決まってしまいます。


IMG_0528IMG_0529
クラブと人間の関係では
右手グリップの方が上 ☞ ヘッドに近い方を握りますが
地面からの高さと言う意味では
 左手の方が上で、右手の方が下、
右手の方が遠いところを握ります。

そのズレが、離れは、骨盤ソノモノが微妙に
右に傾くことで済まされる程度にしないと
歪んだ形でアドレスをすることになります。

yjimage

よく グリップは「握手をするように」と言う言葉で
表されたりしますが、
それは当然 左グリップにおいても同じで、
左手のグリップを拳骨にしてしまうと
右手のグリップが同じ形で入ってくるスペースが
左のげんこつ(親指の部分)によって 塞がれてしまいます。
スナップショット 4 (2013-09-10 1-45)

あたりまえですが 腕は肩から生えていますが、
肩から真っ直ぐグリップに入ってくるライン、三角形が
歪まないことは重要です。

スナップショット 5 (2013-09-10 1-45)斜め上から入ってくる筈の薀哀螢奪廚
横から入ってくることになり、
必要以上に 右サイドの低さが必要になってしまいます。






IMG_0533IMG_0532
そして、左手が握手する形、
第三関節を曲げず、手のひらを造ることによって
右手の手のひらと左手の平が相対する合掌の形が
形成できます。
拳骨を造ってしまうと 手のひらそのものが
なくなってしまいます。


そして ここで最大の疑問が生まれる筈です。
『そんな握りでは握っていられない!』

そう そこがポイントなんです。

その浅い、頼りない、チカラのは要らない 左手のグリップ
それでは クラブを支えていられない
だから そのグリップが重さを支えきれず
移動し続けて、逃げるのです。


左手のグリップが クラブの重さ
運動したクラブの重さを支えていられる と言うコトは
スイングのどこかの時点で
左手の移動が止まり、その重さを受け止める
と言うコトが条件になります。
 そうするためのグリップと言うコトです。

その重さを支えきれない、持っていられないグリップを
造ることが スイング変えていく
非常に高いハードルですが、一番最短の道でもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 トッププロも含め
最近のグリップ(握り方)はとても汚く見えます。
美しくないです。
煽り打ちが主流になっていますが
 どうもそれと時期が平行しているように思えます。

プロも含め 誰かがどんなスイングをしてるか
どんなアドレスをしてるかは その人の自由で
良い悪いの問題ではないですが
参考になるか、どうか という程度です
imageCA19VSPF

とは言え グリップを治すのは茨の道であるのも確かです。
その道を進むのも良し
グリップには『スイングの変化が一番表れます』ので
その変化を気にしながら
 練習をしても良いでしょう。
クラブの扱い方が変わると必ずグリップも変わってきます。

IMG_0052


フックグリップ が悪い と言う訳ではありませんが、
一般的なフックグリップをすると
左手と右手の持つ部分が上下に大きく離れます
機能上、やや離れたところを持つことにはなりますが、
それが できるだけ離れない方が良い です。

上下に離れているグリップを
『緩い』グリップと呼びますが、
総じて緩いグリップは体を使わず、腕で振るため
握力に依存している部分が多くなります。
それ故、ラウンド中後半に入ってくると
その緩さに拍車がかかり、上下の離れが増してくる
・・・これに例外がないほどです。
グリップがより上下に離れれば
 アドレス姿勢も崩れ、アドレスの向きも判り難く
どう構えるのが良いのか分からなくなります。
後半〜終盤になるに従って、
お決まりのミスが増えるのはそれが原因かもしれません。

swing102


本来、骨盤が微妙に若干だけ右に傾く程度で済む
左右のグリップの離れ
それが骨盤が傾く程度で済まない程、離れてしまうと
アドレス時、左サイドが高く、右サイドが低く
なった状況から始まってしまいます。
右側帯をつぶした状況でスイングを始めますから
体を機能通りに動きません。
また体が上下左右に複雑に捩じられた状況で
構えるので、ターゲットラインに平行に構える
と言うコトが身に付きにくくなります
スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

私個人の見方ではありますが、
『フックグリップは手が返しやすいから…』
という後付けの理由が付いていますが、
体を回さず、右ひじが曲げやすく、
手でヒョイっと上げやすいから…のフックグリップ。
と見ています。
42ea91fd

✋アドレス時に左が上がる
✋ターゲットにちゃんと構え辛い
✋手で上げやすい

スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)

説明し難いところですが、最大のデメリットは
その構えから始まるので
左に体重がかかる動きになり易く、
本来、骨盤なり、体の傾きなりに
平行と言うか、横の動きになるはずの回転が
縦の動きにすり替わってしまう…
回転の途中で回転方向が縦方向に替わってしまいます。

どちらが鶏で、どちらが卵か分かりませんが、
そういう体使いを、クラブ扱いをするから
 緩いグリップになってしまうのか
緩いグリップをするから
 …そう言うからだ使いになってしまうのか

どちらにしても この緩いグリップと
手で振る、体が俗言う「平行に回れない」は
パックで あまり例外を見ることはありません。

それらの悪い点を乗り越えるほどの
『緩いグリップ』であるフックグリップに
メリットがあるのなら考えてもいいんでしょうが、
正直、体にも悪いことが多いですから
お薦めする理由が見つからないのです。


グリップ一つと言っていいかも知れませんが、
昔から
「ゴルフはグリップに始まり、グリップに終わる」
と言われるほどですから
どのように 握ったらいいのか
 ご案内していきます (^_-)-☆


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




数少ないデータですが、
データを見る限り、
ヘッドをブリブリ振る状態ではないと思われます。
27157136_1465536103569591_817080633_n
ハミングバードのクラブを使われているお客様の中では
 ハードヒッターですね(^_-)-☆

このデータから読み取れる状態の前に
ドライバーショット全般の傾向ですが、
ドライバーショットは ティーアップされ
空中にあるボールを打ちますので、
その分 ボールをやや左目に置きます。

それを利用して
意識しないアッパーから 〜ダウン過程
と ショットの幅が地面から打つクラブより
やや広めですので、ショットとしての難易度は低いのです。

ヘッド重量の重いものは
慣性モーメントも非常に高いので(あたりまえなのですが)
フェース面のどこかの箇所で当たる必要もなく
まあ 大雑把に言えば、スコアラインのあるどこかに
当たれば問題ありません。

空中にあるボールを打つ
ですので ダウン軌道の終盤からアッパー軌道の始まり
アッパーになりかけの幅のある範囲で当たればいい訳ですが
球質 方向 と言う意味では少々意味合いが異なります。

アッパー軌道というのは
スイングの中では 左サイドの高い状況ですから
その分体も開いています。
ダウン軌道というのは
左サイドの低い状況ですから、その分体も閉じています。
27292676_1465536286902906_1876954938_n
🌟一番悪いのは インパクトは体の正面 という
形だけを追いかけ、体を止めてしまうコトですが
それは論外なので割愛します。

今の現状では その空中にあるボールを打つ
その曖昧さから
 スピン少なめ〜左回転〜出球低め の球は左に飛び出て
 スピン多め〜右回転〜出球高め の球は右に飛び出ています。
アバウトなゴルフであれば 問題ないのですが、
もっと精度をあげたい というのであれば
決め球と造り、絶対逆球のでない状況を造る必要があります。

,泙此.好織鵐垢慮きを修整しましょう。
 ボールを地面に置く位置で基準を造りますが、
 ボールの前面 を左足かかと付近にセットします。
 
 スタンスは ややオープン気味 左向きが良いでしょう。

 クローズからオープンに変えるには
 かなりの努力と辛抱が必要です。
 練習場だけでなく、構えだけのアドレス練習でも
 つま先基準であれば 指2本分左が引いている
 👉だいたい そこらへんがかかと基準スクエア です。
スナップショット 1 (2016-08-25 21-40)

 クローズ気味な構える癖は 疲れてくる終盤に
 クローズ度合いとボールの位置が必ず崩れます。
 逆球が出易い状況が発生します。




▲ぅ鵐僖ト後、もしくはインパクト直前から
 グリップを腕ではなく、体の回転で左に送りましょう。

 ✋体の回転は止めてはいけません
  ちゃんと左を向きましょう!


7晃として インパクトのタイミングの遊び が強いのは
 ダウンスイング後半で 下に振る癖があるから です。
 ボールは体で届かせるもの です。
 届かないから 体を回し それによって前傾姿勢が
 左に移行するので 届くようになるのです。
 
 疲れてくると ひっかけ
  そして、その防止措置としてのスライス がでるのは
 下に振る時間 グリップの横移動を止める時間が必要なので
 その間に体が回転が抑制され、
 逃げ場がないので体が起きるからなのです。

 腕を大きく動かさない
 肘を大きく曲げない
 ランニングアプローチ(数mでOKです)で
 グリップを腕と体で『早く』動かして(速くではありません)
 早い段階で グリップエンドがボールを追い越す、
 ヘッドを意識せず 『グリップを移動させる』ことで
 ボールを当てる感覚を身に付けましょう。

 ✊ここが苦手なのはわかりますが、
  体の大きな人は その体によって
  自分の腰を痛める可能性が高いです。
  ですので 起き癖は早い段階で
  芽を摘んでしまった方が良いと思います。




ぅ侫А璽耕未慮きに注意しましょう。

 インサイドから入ってくる限り、
 その軌道に対し「スクエア」な状態を維持する訳ですから
 もっと下向き、かつ 右向きです。  ☜これかな^^
IMG_0549

 静的なインパクトのスクエア と
 動的なインパクトのスクエア は
 同じではアリマセン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一休さんの問答みたいに思うかも知れませんが、
『グリップの極意は握らないコト』 です。


             は?!

になりますが、グリップはその言葉の通り
グラブではなく、グリップです。
指で握るのがグリップです。
そして 指で握れば
 そう強い力ではクラブを握ることが出来ず、
クラブを「ホールド」して行く訳にも行きません。
それがグリップです!  

?????? ですよね

dc9819c048f73101














ゴルフクラブと言う 長さがあり、
その遠いところに重さがある道具を
上手に利用するには
重さが自分から遠くに離れていくところに
掛かるように使うのは 不適切な方法です。
多くの二人は 打撃部のヘッドの速度アップにばかり
意識が行き、遠心力をかけ、
その結果、クラブが手から抜けないようにするのに
クラブそのものの移動速度を止めようとする
とても矛盾する行為をスイングを誤認識しています。

グリップを理解すると スイングの理解にもつながって行きます。
IMG_0531

ゴルフクラブは
長い棒の その先端に集中する重さを利用し
グリップを動かして、ヘッドを動かす構造になっています。
そのための ヘッドの重心位置…
 棒であるシャフトの延長線上に重さが無く
 ズレた位置にヘッドの重さがある と言うコト
でもあります。

同時に、シャフトの使い方は
グリップを支点として「ヘッドを動かすのではなく」
ヘッドの重さを利用して『グリップを動かす為』
グリップの移動がクラブの使い方であり、
スイングであります。

そのグリップを動かす 主なエンジンになるのは
体の向きの変更〜体の回転です。

腕は先導役にもなりますが、
そのつなぎ手にもなりますので
「ホールドしないで」クラブを使えば
ヘッドの重さがグリップの移動になり
それが体の回転の補助や先導になって行きます。

クラブ・ヘッドの重さを回転の補助にしていくため
グリップの移動を止め、グリップが支点になるような
握り方の方法グリップは スイングを良くしません。
スイングを覚えさせません。

握っていられないようにグリップ(意味不明?!)していれば
体の回転でグリップを逃がさなくてはならなくなります。
そこ、とても重要なんです。

そんなグリップでは クラブを持っていられず
スッ飛んでしまう と言うグリップが理想です。

実際に クラブをすっ飛ばしてしまうことを推奨する訳では
ないのですが、そうすれば すっ飛ばないような体使い
クラブ使いになり、体力に依存しないスイングになります。
飛ばすな と言う意味ではアリマセン。
飛ばす方法を変えましょう と言う話です。

殆どのゴルファーが体験していると思いますが、
自分の頭の中で思い描いている動き・スイングと
実際の動き・スイングにはかなりの隔たりがあります。
それは 実際にボールを打つ時に掛かる
自分が作り出す「不可抗力」に対処して
必然として、負荷に反応した動きをしているからです。
不可抗力によって せざるを得ない動きをしているのです。
であれば、良い動きをさせられてしまう
不可抗力を造れば良いのです。

IMG_0530


飛ばないと悩む多くの人は
おそらく「握力があまり強くない人」です。
女性や高齢な方、腱鞘炎に悩んでいる人には
左の手の握力が 20坩焚爾凌佑發燭さんいるでしょう。
ヘッドを振り回すスイングでいる限り、
握力の強さとヘッドスピード、そして飛距離は
かなり比例な関係にあります。
その握力では ヘッドスピード25ms辺りが限界になります。

それでは面白くありません。

握らないグリップを造り、クラブ・ヘッドの重さで
グリップを逃がすことを覚えれば
ヘッドスピード30㎳越えも可能です。
IMG_0529IMG_0528









下剋上…とまで行かないかも知れませんが、
握力・体力はあまりないのに飛距離は出る!
 可能性があるから
ゴルフは面白い訳で、脳みそを筋肉にするのでなく
知恵を使って ボールを飛ばす人がいるのも
ゴルフの醍醐味の一つだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


rad-04-limited-edition-red5

残りわずか…(恐らく残り数本…)となりましたので
 お知らせいたします。
rad-04-limited-edition-red

ベガ RAD-04 リミテッドエディション
rad-04-limited-edition-red4

   ロフト   10度表記
         …実質ロフトは11度強
   ライ角度  59度
   体積    455cc
   ヘッド重量 230g〜
   重心距離  39mm
   重心深度  37mm
   重心率   57%
   重心角度  20度

rad-04-limited-edition-red2

  特徴・・・ リミテッドエディションの色は
        お祭りの屋台のリンゴ飴の色ですね^^
        色は兎も角、非常にオーソドックスな外観と
        非常に優等生な性格
        上がり易い性格が強いので飛距離重視…ではありません。
        やや右に出やすい性格はあります。
        左に行き難く、過度な左回転を嫌う正確です。
        安定性、均一性に主眼を置いたベガらしい
        ドライバーですね。
        ノーマル…ブラック(飴色)仕様は継続中です。


  上がり易く、左に行き難い性格ですので
  今までよりも 数段階柔らかいシャフトで
  使用するのがお薦めです。(振動数150cpm以下かな)
  重心距離等から考えると 43インチ程度まで
  短くしても十分使えるヘッドですので
  ドライバーが好きでない、苦手の人には
  とても良いヘッドだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✊グリップをどうしていくのか
✊どんなグリップにするのか
  は 
 ✋どんなスイングにするのか
 ✋どんなクラブを使うのか
 と
同じ言葉、同じ意味と言っても過言ではないでしょう。

MVI_0581_Moment(2)


まず どういうことか というと
ゴルフクラブは 平均しても1m位の長い棒で
その先端に、全体の重さの6割以上が集まっています。

この形状の、この構造の道具を
 遠心力という
外に脹らませようとする力を増やすように使うのか、否か、
となると
必要になるのは 握力 です。
dc9819c0

普段の生活でも 握力がある方が良いでしょう、確かに。
しかし、握力を鍛えても維持するのが一杯一杯で、
握力を増やすほどには至らないと思います。

特に 遠心力を増やすような振り方では
利き腕でない 左手の握力が重要になります。

正直、日本のゴルフは 60歳を超えた方々で
もっているのが現状です。
全体の人数が急減していますから
女性の割合も高くなってきています。
その方々にとって 左手の握力を重視するような
振り方は避けなくてはならないでしょう。

『軽いクラブも然り』です。
軽いクラブは それだけでは飛びません。
振り易いから『飛ぶ』んでしょう( ゚Д゚)
軽いから「速く」振れるから というのが論理です。
となると やはり 左手の握力が鍵になります。

何度も書いていますが、握力があまりなく
クラブが飛びそうになってしまうのを
強く握って防ごう とする行為と
クラブを速く動かそう とする行為は
相反する、真逆の行為になります。

48f73101


握力に頼らなくてよいスイングは
クラブの重さ、ヘッドの重さを使って
グリップ、即ちクラブそのものを動かそう
 とすることです。
そのように使えば 重いクラブであっても
重いヘッドであっても、握力に関係なく
逆に、その重さで動かしやすくなります。

ゴルフ人口やゴルフ人口構成、性別構成の変化などを
考慮し、クラブ、スイングも含めて
そのような方向に勧める方が良いのでは無いでしょうか?

手袋もそうです。
ゴルフ用の手袋は現在、とても進んでおり
提起するつもりはさらさらありませんが、
正直、スイングの補助器具になっている(違反)
とも言えるほど進みました。
それは 金額の高くないモノでも十分優れています。
IMG_0532

その手袋は 手のひらを広げ、
軽く指で握るように形付けられています。
ですので、楽に手が入れられるサイズではなく
ややきつめ、ワンサイズ以上小さいモノをすれば
自分で握らなくても 自然に握力の補助になります。

しかし それをガバッと握ってしまうと
手袋に対しても握力を使わなくてはなりません。
そう握ると 大きなサイズの遊びの多い方が楽になりますから
手袋のその裁断、形状の良さも使えないのです。

クラブの扱い、スイングは手袋のサイズ選びにも
表れてきたりするのです(^_-)-☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ドライバーショットの場合、
『最大』スピンの量は概ねヘッドスピードと比例する
関係にあります。

ミスを除けば、4000回転を超えるようなスピン量は
低いヘッドスピードでは作り出すことが出来ません。

ショップでの弾道計測がごくごく当たり前になって以来
割と「スピンの量の多さ」というのが
ドライバーのショットの飛距離不足の「課題」として
考えられていますが、多くのゴルファーにとっては
「スピンが足りないケース」が飛距離不足を呼んでいます。

コチラのデータをご覧ください。
IMG_0771

70歳前後の二人の方と私を交えた
シニア〜 もしくは女性を想定した
ドライバーショットのテストケースです。

仕様クラブは
 ロフト角度 13度
 クラブ長さ 43インチ
 ヘッド重量 220g
 シャフト硬さ160cpm
 のモノです。

テストは平地での実測値ですので、
コースで仕様された場合 もう少し距離は稼げると思います。

✋ヘッド重量がしっかりある
✋ロフトが適正(多め)である


と言う条件を満たせば
 ヘッドスピード 30ms前後で 
 トータル 170ヤード
 (ランも含め) は
十分打つコトが出来る ということです。

ヘッドスピード 30ms では
キャリーの距離は 140ヤード前後になります。

ヘッドスピード 30msでは
そこそこちゃんと打てても
 ボールの速度は 45ms弱 です。
このボール速度で スピン量が3000cpm を
切ってしまうと ボールは浮力を失い、落下してしまうので
ランは稼げますが 飛距離が安定しない球になりがちです。


スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)


遠心力をどう使うのか にもよりますが、
どの道、遠心力はかかります。
チカラの無い人 はイコール
左手の握力の無い人 と言えますので、
遠心力<左手の握力 というのが保てるところが
飛距離の限界になり易いですが、
それを回避する方法として
遠心力のかかる時間を「短く」する
と言うのがあります。

その役割が「シャフトの柔らかさ」です。

速く振ることは
 実は「長い時間、遠心力の耐える」ことでもあります。
柔らかいシャフトは
 速く ではなく
「早く」インパクトに行くので
 遠心力のかかる時間は最短で済みます。
チカラの無い人は そこを耐えられないので
 結果として クラブの使い方やスイングの改良が進む
という良い点もあるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


アプローチやパターなどの距離感というのは
基本「ボールの移動スピード感」と言っていいのです。
力加減とはちょっと異なります。

が故に 例えばグリーン上で
そのストロークや全容を見ていなくとも
なかまのパッティングしたボールの移動スピードを
目にした瞬間(特に出球)
「あ! 大きい。」
「あ! ショートする。」
というのが分かってしまうのです。
2

L型ブリストルパターをお使いになられると
同じ距離を打つのでも
市販のパターとは ボールの転がりのサマ
スピードの変化が異なるのを感じると思います。

市販の平均的なパターのヘッド重量は 300g強
L型ブリストルパターのヘッド重量は 470g

シャフトの硬さにも大きな違いがあるのも要因ですが、
同じ距離を打つにしても
市販のパターは出球の速度は速いですが、
ブレーキがかかるように減速が早く
出球の速度の割に届かないことが多くなります。
IMG_0034 (2)

L型ブリストルパターは
出球は市販のそれよりも遅めですが
減速が緩く、速度変化が非常に少ないのです。
限りなく、手でボールを転がし投げたのに近いのです
ですので、パターストローク、ショットも
その移動するボールの速度通りに
自分が動作すればいいだけです。

これはウエッヂでも同じことが言えます。
市販のウエッヂの平均的ヘッド重量は290g
弊社の悶絶ウエッヂのヘッド重量は370g
この差は思っている以上に大きいです。

市販のヘッドの軽さ、シャフトの硬さでは
まあそれを打つ打ち方の違いもあるにはありますが、
ショット、ストロークする動作速度と
移動するボールの速度にあまり結びつきがなく
速度が非常に乖離しているので
やれ力加減とか、ストロークの大きさとかで
距離感を造りだそうとしてしまうのです。
IMG_0032 (2)


他のボールを使うスポーツ
野球でもテニスでもサッカーでも
投げ方や打ち方、蹴り方は解説できても
教わることも教えることは出来ても
その距離の投げ分け、打ち分け、蹴り分けは
どこにも書いてありませんし、
あくまでも個人個人が「感覚的」に経験で
覚えていくしかありません。

その元になっているのは
やはりボールの速度と動作速度の関係です。

詳しくはないのですが、
野球のチェンジアップなどは
動作速度とボール速度が合わないから
打者はタイミングが外されるのだと思います。
サッカーのキックのフェイントなんかもそうですね。

勿論、動作速度とボール速度はイコールではありませんが
その加減具合はある一定の比例関係であればあるほど
距離感を養うのはやさしくなります。
IMG_0031 (2)

ゴルフの場合、はっきり言って
その距離感を 市販のクラブ、パターの
ヘッド重量とシャフトの硬さが壊してしまっている
と言って間違いでないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    

テニスとか、バトミントンとか、卓球もそうでしょうか
正式な称号は分からないのですが、とりあえずドロップショット
というのがありますよね?!
ネット際にポトッと落とす奴です。

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)






こんな風にラケットを使うイメージですよね?!

動かし来る面をフェースでなでるように
クラブを扱うと、そのドロップショットになる訳です。

で、ドロップショットって
スピードを速くすると、それは距離になりますか?

なりませんよねぇ

より強くドロップショットになって、
テニスであったら、バウンドして、もう一度
自分のコートに返ってくるかも…

そう、こうやってフェースを使っている限り
どんなにスピードを上げても、スピンが増えるだけ
ボールには推進力も付きませんから
ボールは高くも上がりません。

へっど、フェースを動かすイメージはこちら
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






とりあえず ロフトは0度と仮定して
クラブを扱うことが肝心です。
ロフトはクラブの仕事。
自分でロフトを作ってしまっては
クラブの意味、番手の意味がありません。

ふたつを並べて比べてみましょう。
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






この使い方をすると、肘の使い方にも違いが出ます。
ロフトを開く使い方では、肘を伸ばすと
クラブが自分から離れる⇒クラブが長くなります。
クラブは長くなるとより重くなりますから
より遠回りして、より遅れて、より開きます。

またスタートの状況で、ロフトを開いてしまえば
テークバックやトップの位置でロフトを開いてしまえば
クラブは閉じている状態よりも重くなります。

重くなって、遠回りするんですから
インパクトは体の正面で合流。。。なんて不可能です。

重くなって、遅れるクラブ…
肘よりも手の部分が遅れてきます。
重くなったクラブによって、右サイドは下がりますから…
開いているロフト、下がった右サイド…
飛ぶ理由が見つからない。。。

前述の通り、スピードを上げたとしても
ドロップショットはドロップショット・・・

おっと、忘れちゃいけないのは
体なり、腕でスピードを上げれば
その二乗倍、クラブは重くなるんです。

ヘッドの重さが重力で落ちる力は
ボールを目標方向に飛ばすのには使えない。
残念ですが、ボールはソールでは打ちませんから…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


雪が…すごいことになっているかも…です。
お気を付けくださいませ



パッティングの「ショート症候群
全国各地に蔓延中のようです。

その症状は
 ショルダーストローク論 と
 マレットパター の浸透により
加速度的に早まり、深まっているように思えます。

843b5728


ヘッド重量 470g超の
弊社のL型ブリストルパターを持ったことの
ある人には分かると思いますが、
(思いっきり宣伝してます!)
市販のパターは
(平均して320g位でしょうか)
 まるでヘッドが付いていない
と思えるほど軽く、
まあ これでは 届かないのも納得でしょう。

そして それだけでなく
症状が重く、深まるような理論と呼べない説が
横行しており、アマチュアを苦しめてします。


パッティングストロークの場合、
あたり前なのですが、その距離をボールが移動するのは
飛び ではなく、地面を転がります。
ですので 浮遊するボールと比べると
逆の回転「オーバースピン」〜順回転で進みます。
(なぜ 逆回転をバックスピン・順回転をオーバースピンと
 呼ぶのか、訳すのかいまだ持って不明です)

正しい意味での良い転がり とは
その距離を進むのに 少ない回転数 の方が
✋摩擦も少なく
✋芝目の影響も受けにくく
✋少ないエネルギーで打つコトが可能
 です。

例えば ボールの外周を約15造箸垢襪
1m50 ボールが移動するのに
5回転なのか、10回転なのか、20回転なのか、
と言えば 5回転しかしないのに
 その距離を移動するのが理想です。

10回転、20回転させれば
摩擦抵抗〜ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も数倍受けることになり
強い力、速いヘッドスピードで打つ必要が出ます。

オーバーな参考例ですが、
砂の上、芝の上、氷の上をボールが転がる時
どれが 良い転がりと言うでしょうか?
同じ力で打った時に 届く距離が大きく異なります。
回転とは摩擦ですから、同じ考えなのです。

元々 必要以上に軽いヘッドのパターで
打っているのですから、
より強く、より速く打たなくてはならないオーバースピン絶対論は
症状を加速度的に悪くさせます。


pppputting

次に ショルダーストローク です。

パッティングだけに限りませんが、
良いスコアで回りたければ
ゴルフショットは「距離」を最優先に考えた方がよいです。

世界のトッププロが優勝争いをしていても
1mの距離のパットがカップの入る確率は5割前後です。
予選当落選 の状況であれば、当然 それ以下 です。
我々アマチュアは 当然当然 それ以下以下! です。
ですので ショットもそうですが、
パッティングはトータルで無駄なストロークを打たない
つまり 打とうとしている距離を打つコトが最優先事項
それがトータルストロークを減らしていきます。

真っ直ぐ打つ なんていうのは
 言ってしまえば どうでもよいコト なのです。
だいたいの方向に
 打ちたい距離、打たなければいけない距離を打っていれば
無駄なストロークはどんどん減って行きます


ショルダーストロークは
 真っ直ぐ打たせることを最優先にしたものです。
show_img

しかし ヘッドの上下の移動、上下変化
そして ロフトやヘッド軌道の変化が大きいので
結局は真っ直ぐ打てないのですが…。

言ってしまえば 打つ人本人に
「真っ直ぐヘッドが動いていているか、どうか」
だけを問う、
見た目のための見た目だけのストローク法です。


そして そのストロークは
前傾を深くし、首の付け根辺りを軸としますので
ある距離以上を打とうとすると
体が右に傾き、ヘッドの最下点が右にズレます・・・
つまり パターでも煽り打ち、しゃくり打ち になるので
多くの場合 パターの歯が入るトップになります。

ですので プロのパッティングをテレビやネットで
見ていても 歯がボールに当たる硬質な濁音が
インパクトになっています。

パッティングのトップは
通常のストロークの
 十倍以上のスピンが入ってしまうので
ボールは急激にブレーキがかかりますから
ボールがお辞儀するように止まってしまいます。


スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)

そして 極めつけは マレット型のパター です。

マレットの特徴は 重心が深いので
ヘッドが飛球線・進行方向 前に出易いコトです。

つまり ショルダーストロークで 煽り打ちになりがちな
その打撃を加速させることになります。

〃擇ぅ悒奪
▲ーバースピンをもっとかけろ
ショルダーストロークで煽り打ち
ぅ泪譽奪鳩織僖拭爾任気蕕棒り打ちし、トップを打つ

のですから ショートしない方がおかしいです。

おそらく プロも含め、半分以上のゴルファーが
この罠にずっぽりはまっています。

この「ショート病」の困るのは
登りのチャンスのパットはショートし、
届かせようとすると左のひっかけ、
長い距離のパッティングの距離感が掴めず、
下りや速いグリーンでは必要以上の伸びてしまう
ことになるので、パターがいつまで経っても
苦手項目から外れないことです。
何処にも何にもメリットがありません…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



練習場に通う多くのゴルファーは
あきらめている人を除けば
『手でボールを打とう』とは思っておらず
『からだの回転でボールは打ちたい』

おぼろげながら思っている事でしょう…おそらく。
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

ゴルフスイングは体でクラブを引っ張ろうと
すればするほど、結果、手で振らなくては
ならなくなります。

運動することによって、長くなりやすく
想像以上に重くなってしまう腕やクラブ…
自分では動かしているつもりでも
それら(腕やクラブ)はそこに残り易く
(トップの位置に取り残され易く)
体でボールを打つ時期を逃してしまい
やむを得ず、手でボールを打つことになる
というのが殆どの場合だと思います。

体の回転通り、体の回転で直にクラブが動いていれば
✌インサイドから打つコト
✌上から打つコト
✌重さで速度が増すコト
✌重さそのものが打撃力に出来るコト

これらは「逃して」しまいます。

手でクラブを動かせば
味方で在るはずの 長さや重さは 一気に敵になってしまい
安定して打つコトも、楽して飛ばすことも失いますから
本来要らない筈の「テクニック」で
体に無理させながら ショットすることになります。


そこで 考えを逆にしてしまうのも手 かもしれません。
MVI_0478_Moment(2)

どうせ 手で、腕で振るのなら
体を先に動かして、よりクラブが重くなってから
手で振るよりも、
クラブが重くなる前に、先に手で振ってしまう…
手を動かすことで 体を回すことが目的ですが、
先に手で振ってしまうのもアリではないでしょうか?!


この時に注意するべき点は1点。

腕は肘を境に 上側を上腕
手のひらのある下側を前腕と呼びますが、
手!のある前腕を動かす筋肉の多くは
 腕の中にあります。
上腕を動かす筋肉は 肩や背中が多く
上腕を動かすことは 半分体を動かしていくこと
につながるので この場合の手や腕
を指した場合、上腕を動かすコト だと
理解して下さい。

トップの位置〜ダウンスイングからフォローまで
かかる時間は およそ 0.3秒
この間、中で難しいことはほとんどできません。
198Trim_Moment(2)

へそから下の下半身は
体を守るための反射に長けています。
腕も含めた胴体は頭もありますから
体にとって大変大きな重さの部分です。
既に 大まかなゴルフの動作を体は覚えています。
大きな重さが動くのですから、下半身はあまり考えず
体を自然に守るのに任せておいた方がよいでしょう。

おじさん真ん中高め の年齢で
「腰を切る!」なんてのは 危ないですから
お薦めできマセンし、やらない方が色々良いでしょう。


手、腕を動かして行く場合、
トップからの切り返しになりますから
一番先頭になる 左の上腕 から
左の肘から動かしていくイメージが良いと思います。

左肘 と考えるとより分かり易いかもしれません。


その左ひじが動く方向
両肘の高さ関係が
そのまま 体の姿勢につながって行きます。

腕を動かせば、その重さを利用して
無意識でも 前傾姿勢を維持できます。
✋ダウンスイングで 左肘を上げていけば
 これも無意識で 前傾姿勢を解消出来ます…。

体の無理をさせないためには
自然な左足への重さの移行が理想的ですが、
左足に体重が乗る! と言うコトは
左腕は左足よりも左(外)に位置すると言うコトですから
左足の外側へと動いていく必要があります。
そこが経由地になります。
IMG_0684

インパクト付近 というのは
理想的には すべてのモノの動き・移動が
最大速になる箇所です。
腕や体を痛めないため にも
左腕を突っ張ったり・止めたりせず、
左足外側を迂回し、最後まで移動させましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


参考例…なのですが、
似たような年齢の 女性ゴルファー、
もしくは 男性シニア?(65歳以上)ゴルファーで
飛ぶ人と飛ばない人では
 ゆうに 30ヤード以上離れてしまうケース は
決して少なくありません。
091018_1257~02

で、これは全部のケースと言う訳ではないですが

飛んでいる人のクラブと
飛んでいない人のクラブ

を比較すると、
飛んでいない人の方が
 ✋ハードなモノ…
  (*_*;ロフトも立っており
  (*_*;シャフトも硬く
(例えば女性なら男性用だったり…)
 というのが少なくないのです。

だいたいのケース
 大きなロフトや柔らかめのシャフト
 そして 重たいヘッド重量

と使えている人の方が
飛ばし…というモノを体得し易い…というのもありますが、
そこはまず注意して貰いたいところです。


例えば…ですが、
30ヤードの距離を ヘッドスピードで解決しようとしたら
10ms はアップしないといけない訳で
それはまず現実的ではない です。

メーカーに踊らされて
長尺にすれば ヘッドスピードが上がる…
内実はヘッド重量が下がっているので、何も変わりはないですが、
数値だけがあがったとしても、
1インチ長くなって上がるヘッドスピードは1〜2㎳
30ヤードを逆転するには 5インチ以上長いモノ
 45インチに対し …50インチ ( ゚Д゚)
が必要になったりしますから
こうなると もう ギャグ の世界です。



また ドライバーの飛距離不足に悩む人は
バンカーも悩むことが少なくありません。
IMG_0002

こちらは長尺ではどうにもならないですね。


大きなロフトでも飛ばせる
柔らかいシャフトもでも飛ばせる人は
ヘッドの重たさも苦にしないことが多いです。
よって ウエッヂも重たいヘッドが使えるので
本人が「飛ばし◯◯」にならなければ
 アプローチやバンカーを苦手とすることは少ないのです。

とりあえず バンカーが嫌いにならない
 バンカーから出ることを最優先にする

というのであれば、
ウエッヂのヘッドの重さが十分ありさえすれば
楽々 バンカーは対処できます。
(ヘッド重量最低330g…は欲しいですかねー)


軽いクラブ
長尺なクラブは
最後は それをいかに速く動かせるかの
本人次第ですから それでは解決しません。

重いヘッドのクラブを使えれば
 その使い方の工夫次第で
運動能力とはちょっと別です。

ゴルフクラブで飛ばすヒントを探す時、
 自分が身体的に頑張らなくてはイケナイ
というのが 論外である と言うコトを念頭に置くべきです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイング迷路の始まり・入口は おそらく
『スライスを誤解しているコト』
から始まるのだと思います。

練習場などでボールを打ち始め、
ヘッドとボールが当たり確率があがり、
80mとか、100m位飛ぶようになると
ボールが右に曲がる
目標に対しボールが右に逃げていく球が増えてきます。
IMG_0515

その頃になると ゴルフ雑誌を見たり、
ネットを見たり、ゴルフ仲間から意見を聞いたりし
ゴルフやスイング、クラブなどの情報も
段々増えてきますから
「どうやら スライスは良い球ではない」
「スライス = 初心者」

のようなイメージを持ち易くなります。

それはいいんですが…。

正確に言うと
 スライスとコスリ球は異なります。

IMG_0525

スライスはボールに右回転が入っており
 その右回転がやや多めで右に曲がる球で
コスリ球は 使っているクラブのロフト角度
 でしっかりボールをとらえていないコト で
似ているようですが 実は大きく異なり
 問題なのは後者の『コスリ球』なのです。


ゴルフクラブ、特にヘッドはシャフトに対し、
片側のモノ、重量が偏る構造をしているので
コスリ球がスライスになり易い特性があります。
しかし、こすり球 = スライス と言う訳ではないのです。

ある程度の抑制、制約は欲しいところですが、
弾道・ボールに右回転が入っていても
多少右にボールが曲がっても、それは本来何の問題もありません。
問題なのは
 使っているロフト通りにボールをとらえられないコト です。

555

既に一歩目でボタンの掛け違いを始めていますが、
その対処方法で いよいよ迷路に突入します。

コスリ球は ヘッドの上下のボールへのアプローチ角度
ヘッドが上から入ってくるのに対しての
その『軌跡・上下軌道に対するヘッドの姿勢』です。
つまり 対象になるヘッドの軌跡は上下の高さ方向です。

ところが 一般的な「スライス対処方法」は
ヘッドの『左右方向の軌道・軌跡に対するヘッド姿勢』
ヘッド軌道に対し、過度にヘッドが右を向いているから
スライスするんだ と言う方法です。

 これの意地悪な所は スライスの対処方法としては
 完全に間違っている訳ではないことですね。


気付いた方はいると思いますが、
意識しなければならない、
対処しなければならない のは
本当は 「上下・高さ方向のヘッドの軌跡」が基準になるのに
それとは 90度異なる「左右・水平方向のヘッド軌跡」
基準にしてしまう所から始まります。

この時点で スイング迷路にどっぷりハマります。

少々、理解するのが難しいかも知れませんが、
ヘッドがボールに対し、
上から入ってくる というのは
「打ち手がクラブ・クラブヘッドを上から下に振る」
    と言う行為ではなく!
スイングの機構上、前傾姿勢が存在し、
テークバック、トップ、ダウンスイングは
右を向いている期間なので
 進行方向に当たる左サイドが低い から
  上から入って来れるのです。

なんと言えば良いか微妙ですが、
上からヘッドを『入れられない』のは
 技巧のミスではなく、時期のミス なのです。
IMG_0548

スイングの時間配分で
進行方向に当たる 左サイドが低い時間に
ヘッドが入って来れれば 自然に上から打てますし、
上から打てる時期にボールにアプローチできれば
 自然にロフトは締まります。
👉俗に言う『ロフトが立ち、ボールは潰れます』

ところが こすり球とスライスの対処を誤ると
やらなければいけないことが 全く異なり、
本当は、前傾を維持するテークバック
左サイドが低い時期にボールにアプローチをする
 体の回転でクラブを直に動かす ことがテーマになる筈…なのに
左右の軌跡とヘッド姿勢ばかりを気にし、
手先でヘッドの向きを変える
 本来、いかなくてはならない所からより一層離れていく修整
をすることになるのです。


ゴルフクラブは重さが長さの先端に
一極集中のような配分で付いています。
本来は 人間が握るグリップの移動の仕方 によって
先端部のヘッドを管理:操作する訳ですが、
スライスの対処方法の多くは
 グリップの移動を止め、ヘッドのみを修整する方法…。

IMG_0549


ゴルフクラブは ヘッドのみを動かせば
 その動かす方向が 下であっても、横であっても
テークバックでは 右腕の方が短くなっているので
必ず 必ず 体は上を向き、左を向きます。

✋スライス対処のヘッドを返す動きは
 体を上に向け、体を開くと連動しているので、
 ヘッドを返せば返すほど 
 体は上を向き、体は開くので
 いつまで経っても ウサギと亀の追いかけっこに
 答えは出てこないのです。

そして 行きつくところは
 体が開くのを無理やり止め、
 体の回転を止めてしまう末路です。

この動作を身に着けると
体の回転でクラブを直に移動させる ということから
全く離脱し、体の回転は単なる景気づけ というほど
腕を振るための勢い付け 程度の扱いになります。
アドレス時の前傾姿勢も意味をなさなくなりますし、
体の向きを変えることも意味をなさなくなる
実は 全く別な動きを覚えるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体の回転で直にボールを打つのには
とても大きなメリットが沢山あります。


その一つが『規則性を保ち易いコト』です。


スイングの円弧を手で作るスイングは
打撃の手順として、体・骨盤を正面に向けたまま
手や肩周りだけでテークバックを取るか
もしくは ダウンスイングに先に『腰を切って(回して)』
あとから 自分では体だと思っている肩・腕を振って
クラブを動かす と言う順序です。

スイング、そしてゴルフクラブの特性上、
この手順では スイングにボールと正対する
『正面』と言うのが存在しません。
dohiraki

スイングにとって『正面』というのが大切なのは
ボールと正対していれば、概ね両方の腕の長さのつり合いが取れ
ヘッド姿勢・ロフト姿勢などが均一になり易い コト と
正面のあるスイングは クラブの重さや腕の重さ、
良い意味での遠心力など、良い意味での不可抗力によって
強く意識をしなくとも
体の正面の傾き「前傾姿勢」が維持し易い と言うコトです。

 …逆を言えば、前傾姿勢がなくなってしまう というのは
  体の正面が存在しないスイング、
  インパクトがアバウトであっても 体の正面でない!
  と言う意味でもあります。
  よって 体の正面が存在しないのに、
  インパクトがボールと正対した時期ではないのに
  無理やり、前傾姿勢を維持しようと思っても不可能なのです。
  と、同時に体の正面を造り、それを止めたまま
  インパクトを待つ というのは
  体の回転でボールを打っていない証 でもあります。



ショットにおける 弾道 というのは
『ヘッドの上下左右のボールへのコンタクト角・入射角度』
IMG_0607

そして 『入射角度・軌道に対するヘッド姿勢』

そして 『その速度とヘッド重量の兼ね合い』

によって決まってきます。

IMG_0549IMG_0548













ヘッド軌跡とヘッド姿勢に大きく作用するのは
体の姿勢です。

ヘッドの軌跡、俗に言うスイングプレーンを
手で作ってしまう『振り遅れ』『正面の無いスイング』は
手で作るがゆえに それそのものも規則性を持ちにくい上、
その作用によって体の姿勢も毎回影響を受けてしまう
おそらく 似たような軌跡・ヘッド姿勢になるのは殆どなく
毎回 新鮮な組み合わせの連続になるでしょう
二度と打てない球を毎回打っている状態になります。

ですので それをやっている最近のプロは
それを極めるために 不必要な練習を
非常に負担の多いスイングで行い
若いうちに摩耗してしまう 消耗品状態です。

ゴルフを娯楽・趣味にしている 私達アマチュアが
真似ても 何も良いことはないでしょうね(*_*;

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)


体の回転で直にボールを打つ
 のに必要な考えは
腕やクラブに速度という要素が加わっても
想定内の重さで済み、
体の回転の進行に遅れないことです。


逆に その重さを利用して
先に先に 腕やクラブを移動させ,
体の回転でゴルフクラブを引っ張るのではなく
ゴルフクラブの、その重さで体を回していく
その重さを体の回転で逃がしていく
そんな発想に転換をした方が良いと思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


理解できるか微妙なところではありますが、
クラブヘッド、クラブの重さは
グリップを動かす為のモノです。
スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)

あたりまえですが、グリップを動かせば
必ずヘッドは動きます。
そして、人間とクラブの接点はグリップで
人間が動作をしないと グリップは動きません。
スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)

グリップの移動や動作を制限し、
ヘッドだけを動かそうとすると
ものすごく微妙な動き・動作で
ヘッドを管理しなくてはなりません。

遠くへ飛ばすことも重要ですが、
ある程度正確に、ある程度反復して
ショットすることも同様に重要です。

上手く打てた時、ミスした時、
それを繰り返したり、修正したりするのは
人間の動作です。
グリップを移動させず、ヘッドだけを動かす方法では
あまりに微細な修正や意識が必要になります。

ヘッドの重さで、
直接ヘッド/ヘッドだけを動かしてはイケマセン!


ヘッドの重さでグリップを動かして
ヘッドを動かせば、自分の動きでスイング管理できます。

ヘッドの重さで、直接ヘッドを動かしてしまうと
自分の動作は その重さの虜
その重さを処理することばかりに使われてしまいます。




imageCAX9G566



遠心力は作ってはイケナイ

体の回転に 腕やクラブが遅れてしまうのは
特にグリップが体の回転についていけなくなってしまうのは
クラブの重さが無駄に重くなるからです。
4bcbe6f4

体の回転に遅らせない ようにするには
クラブ、ヘッドの重さがグリップに掛かっている
ヘッドの方がグリップよりも高い時間帯に鍵があります。

ヘッドの方がグリップよりも低くなってしまうと
その重さは 位置関係上、スイングを留める
グリップを遅らせることに多く働きます。
クラブが重くなっていることもありますが、
道のりも長くなっているので
労力や気持ちばかり、速く多く動かしていると感じるだけです。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)
多くのゴルファーの「振る実感」「打つ実感」は
だいたい ここです。

ですので 最近のプロを見ていると
非常に強く感じるのは
「ヘッドスピードや動作は異様に速いですが、
 打つタイミングは異様に遅い」
です。

ショットにおいて 「一番美味しい時期」を逃して
まるで キャッチャーミットにボールが入ってから
振り始めているほど「遅い」「振り遅れています」

 そこからのスイングは異様に「速い」ですけどね…。

ショットは 速く振るより
 早く打つほうが 効率よく 飛ばせますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転でボールを打とうとしているのに
結果として「手で振る」ことになってしまうのは
クラブの重さが 無駄に、必要以上に、重くなり、
体の回転に取り残されてしまうからです。

体の回転で 腕やクラブと言う重さを
引っ張ろうとするのです。
それそのものが イコール 遅らせる の行動と
認知しないといけません。

スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)


体の回転に取り残されてしまったのでは
体はもう仕事を終えてしまっているのに
まだ、ボールを打っていませんから
手で打たざるを得ない のが現実です。

ですので、現在 手でクラブを振って
ボールを打っている人に
『手で振るな!』『手打ちは駄目だ!』
と言っても、それ以外にボールを打つ方法がなく
「ボールを打つな!」と言っているのと同じです

それを解消するには
重さはどう使うべきなのか 
まず、理解する必要があります。


スナップショット 9 (2017-04-20 16-38)


クラブには重さがあります。

そして それには長さが伴い、
重さが先端に付いているので
クラブを動かすと、
その重さは数キロ、十数キロの負荷
となって 打ち手に作用します。

多くの人は
ヘッドのその重さ × 速度 が
ボールを飛ばす破壊力
と思っていますが、
その意地悪なところは
半分正しく、半分間違っていることです。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

多くの人が信じている
長い棒 × 先端の重さ
で作り出す 遠心力は
想像以上に大きなものです。

現実として、遠心力は作れば作るほど
握力が必要になります。
スイング中に 強く握る ということは
グリップの位置の移動を止める のと
同意語です。

つまり スイング中にどこかで強く握れば
その期間、体の回転からグリップは取り残されます。

遠心力を増やす〜強く握る 
強く握る〜振り遅れる〜手で振る
  はパックの行為です。


IMG_0528

そして その遠心力は強く握るだけ で
処理できる量、重さではアリマセン。
ボールの置かれて位置は定点、動かない位置ですので
遠心力がかかると 立体的にその反対に求心力
引く力をかけないと
 ボールではない位置を振ることになります。

想像力を働かせて頂かなくはなりませんが、
スイング中に遠心力が掛かる方向と反対に
体を引く方向は
 ボール、そしてボールを打つ方向とは
全く別な 全く関係のない方向です。

最近では、地面を上に蹴る理論 なんてのを耳にしますが、
言葉は悪いですが、その人がそう打つのは自由ですが、
それを理論…と言う人の頭の中を覗いてみたいです。

mh
この状態の体の正面はどこなんでしょう
この状態での腰の傾斜と
肩の傾斜 そして足…
一体全体 どこを基準に考えればよいのか

体が痛くなる、痛める行為をしても
それでお金が貰えるなら まだマシ ですが、
お金を払って、体を痛めて
それも自分の責任・負担となると
真似する気にもなりません。。。
よくトーナメント中継の解説で
『体が止まりましたねー』と言いますが、
途中で止まったのではなく、最後まで行ってしまっていて
これ以上動かすと ボールが打てない行為?!
なのではないかと思うことが少なくありません。


ボール、ボールを打つ方向と違う方向にアクションすると
体の回転も止まります。
もしくは 回転の方向が変わり、軸ブレします。
ですので 最近のスイングはスイング途中から
いきなり アップライトになるのです。
ものすごく体に負担のある動作になります。




また、少々、端折った書き方をしますが、
メカニズムにおいては 遠心力を多く造る場合、
その遠心力をたくさん作っても
 ✋ボールにスピンがかかる
 ✋ボールが高くなる だけです。
平均的な「飛距離に悩む」アマチュアの場合、
✌ボールが高い とか
✌スピンが多い のが
飛ばない悩みの一つであるのに
飛ばすための努力〜遠心力を増やす〜スピンを増やす
になるのですから、ゴールがありません。


さあ そこでどうしましょう?!

.ラブは長く使ってはイケマセン。

スイングの弧が大きくなるのと
クラブを長く使うのは 同じものではありません。

スイングの弧が大きくなるのは
背骨を軸としてヘッドまでの距離の半径で振るから
であって、クラブを長く使うのとは違います。
遠心力などのお陰で
体の回転から腕やクラブが取り残されてしまい
結果、手で振らなくてはイケなくなってしまうのが
一番 スイングの弧を小さくしてしまうのです。

少なくとも
 グリップを必要以上に体から離してはイケマセン。


スイングの負荷、クラブの負荷によって
腕が伸びる瞬間は生まれますが、
スイング中、殆どの時間は
両方、もしくは片方の腕は曲がっています。

腕が曲がっていると言うコトは
 イコール「短くなっている」ことです。

ですので アドレス時よりもグリップは
自分の体からは離れません。

自分の胸とグリップの距離を再確認してみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングは
体を回転させることでクラブを直に動かし
ボールを打つ
 のが理想です。
手打ちです って言われるとガッカリしますもんね…。
   …少々 教科書っぽく書きます。

スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)


言葉や文章にすると難しいですが、
体の回転でボールを打つ
というのは
体の回転が直接、ダイレクトに打つこと そのもの
になるかどうかで
それが出来ると
そのクラブの長さなりの、そのクラブの構えなりの
スイング軌道が描け
正確!とは言えない アマチャアであっても
ボールを打つ行程に規則性が生まれ
似た球を打ち易くなります


また、ボールを飛ばすメカニズムには
クラブ、ヘッドの重さだけでなく
自分の腕の重さや自分自身の体重も利用できるので
より効率的に飛ばせ、体も痛めにくくなります。
IMG_8497
勘違いしている人が多くいますが、
スイング軌道の『インサイド』も
『ボールを上から打つ』やつぶすなども
すべて 体の回転通りにクラブが動いていることが
基礎になっている用語であり、意味なので、
それを 腕さばきで造ってはなんの意味もありません。


『インサイドから打つ』
『ボールを上から打つ』
全く同じことを言っているモノで、
これは 体の回転で直接クラブが動いている場合、
✋インパクトは右向きの間に訪れる
✋インパクト直前までは右向きであることと
スイングには前傾姿勢があるので
右向きの間は ダウンスイング〜インパクトの
進行方向、運動方向の左サイドが低くなっている こと
を指すので、意図的にどうこうするモノとは異なります。

だから インサイドから打つ も 上から打つ も
双方 何かの技巧・テクニックのようなニュアンスを
含んでいますが、 双方ともに時期を表し、
技巧面で言えば 始めから
インサイドも上から打つのも不可能な
インサイドも上から打つのも存在しないスイングもあり、
私の眼には大多数のゴルファーはそれに属します。

ljpo
例えば、このテークバック…。
もう既にこの時点で
このスイングには「インサイド」というものが
存在しません。
本人、もしくは評論の上で
インサイドと呼んでいるのは
単に クラブが寝ていることを指すだけで
存在しないインサイドから入れようとすれば
自分以外解決できない複雑さ と
尋常でない体への負担 を背負い込むだけです。

とここまで書いていますが、
あまりに優等生な的なお話しです。



問題はここからです。 

おそらく 既に体の回転で打つことを
あきらめてしまった少数の人を除けば、
誰もが
✊手でクラブを振りたい
✊手打ちで行きたい

と思っていないと思います。

そして、練習に行けば
「体で振りたい」
「体の回転で振ろう」
「手打ちはしたくない」

となんとなく思っている筈です。


ゴルフスイングのちょっと意地悪な所は
ちゃんとした理解が無いと
体で振ろうとすればするほど、
結果、手で振ることになるのです。


そして 困ったことに
👹無駄に距離を損するコト
👹正確性がないコト
👹繰り返しにくいコト
👹体を痛めやすいコト

を我慢すれば、妥協すれば
手で振っても ボールは打つことが出来、
その手で打つ行程は 体の回転で直にクラブを動かすのより
数十倍も複雑で、本来非常に難度が高いのを
時間をかけて馴染ませてしまったので
そこから抜け出しにくいコトなのです。

数本の糸が何重にもこんがらがって
結び目が沢山出来てしまっているような状態です。



🌟体でボールを打てるようになると
✋明らかに距離は伸びます
伸びるというより 本来の距離になります。
その手打ちの妥協度にもよりますが、
年齢や経験に関係なく、ドライバーで30ヤード取り戻せる
なんてことも決して少なくありません。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)

体の回転でクラブを動かしますので
スイングに規則性がたくさん生まれ、
同じ弾道、同じ距離、同じ球筋 が打ち易くなるので
安定性は格段に違います。


飛距離が伸びます。
それをそのまま飛距離にする選択もあれば、
今までの距離を 遅い動作、小さな動作、少ない動作 で
より安定性を狙う選択肢も生まれます。

スイング動作の行程が少なく、
あまり無理な動作がない上、
飛距離を造るのに運動の速度をあまり要しませんので
体を痛める可能性は格段に小さく、
まず 痛めることはなくなる と言えるでしょう。
その心配が無いのは とても大きく、
それが飛距離回復、アップの要因にもなり得ます。

スコアにおいて、ドライバーショット、アイアンショット が
アプローチやパッティングとつながりを持ってくるので
より 望み通りのゴルフがし易くなります。

体で打てれば
プロのようなアプローチも、プロのような弾道も
決して難しくありません。
逆に 最近のプロは 基礎になるヘッドスピードが速いだけで
アマチュアの球を打っているので参考にならない程です。


体の回転で直接クラブを動かして
体の回転で直接ボールを打てれば
ゴルフでよく言われる「用語の意味」がやっと理解出来、
よりスイング、ショットに対する理解が深まると思います。

手打ちの人にとって、良く使われるスイング用語は
こんがらがった糸の結び目を増やすだけの存在なのです。


クラブの機能を『正しく』使えるようになるので
ショットはずっと楽になりますし、
クラブの良い悪い含めて 違いや特性を実感することが出来ます。

手打ちである限り、クラブの性能の本体価格ではなく
消費税程度の恩恵しか受けられないのが現状なのです。


とまあ 良いコトばかりを書きましたが、
決して大げさではアリマセン。

その道に進むには
今、頭の中になる『思い込み』・『固定観念』が
一番の障害…のような気がします。

それを一つ一つ解説していきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パターを下手、苦手にするのは簡単です。
下記の取り扱い説明に従い、一か月もあれば
生涯を通しての「パター下手」の一丁あがり です。




まずは用具の面から

❶軽いヘッドのモノを探しましょう。

 特に見てくれが大きいのに
 実際の重さ(ヘッド重量)が軽いのは最高です。
 そう言う意味でもマレットは最高
 長く使えば イップスへの道 まっしぐら 迷わず進めます。

 軽いヘッドのモノは飛びませんから安心。
 
必要以上の大きなストロークが覚えられます。

 20mを超すようなパッティングの際、
 ダフリやトップも体験できますので
 大変スリリング かつ エキサイティング です。
スナップショット 2(2016-11-24 20-30)


❷硬いシャフトのモノを探しましょう。

 マレットのベント(曲がった)シャフトは良いですね〜!
 シャフトが硬いとヘッドを『より感じにくいので
 テークバックの初期が動かし難くて最高です。
 また 微妙なタッチが出来ませんから
 距離感を気にしなくてすみます。

スナップショット 1 (2016-11-24 20-30)


❸マレットの大きなヘッド は良いです。

 対称性の強いヘッドはテークバックの引くところが
 間違った方向で覚えやすいのでお薦めです!

 妙な飾りのついた 角の生えたようなタイプは
 パットすることが「トラウマ」になるほどの効果があります✋
スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)


❹ラインや模様のあるマレットは最高です!

 テークバックしていく方向や
 ボールを打っていく方向にラインや模様のあるモノは
 ラウンド中 引き方(テークバックの取り方)に
 迷いを生み出しますから最高です。




今度はパッティングストローク面で


〜扱校兩は出来る限り深く取りましょう。
 おでこがボールにかぶる位なんか最高です。
show_img

 この構えを覚えれば、辛いから練習しなくて済むか
 整体師さんや整骨院が儲かるのは間違いなし!
 世のため、他人のため です。

 …多少、腰が痛い位の方がベテランゴルファーらしくて
  良いかも知れませんよ✌


⇔章咾埜浤儼舛鯊い
 背中、肩を揺さぶってストロークします。

 
pppputting

 15造30臓下りの微妙なストロークも
 背中の大きな筋肉なら 微調整要らずで打てます。
 ビビって打てば良いだけです。
 👉巷ではこれを
ショルダーストローク
  と呼びますが和訳すると「ギッタンバッコン」です。


特に このショルダーストロークとマレットタイプの
   パターとの組み合わせは最高!


 
生涯を通して、距離感を身に着けずに済みます!
4c9a0689

 ショルダーストロークとマレットを組み合わせると
 ほとんどのショット(パッティング)が
 歯でボールを打つことになるので
 フェースにインサート(異素材)が入っているものなど
 そのインサートで打たず、摩耗しませんから
 とても長く使えますが、だいたいの場合、
 そのパターの価格や知名度がどんなであっても
 かなり早い頻度で買い替えることになりますので
 業界は大喜びです✋


❸振り子で振りましょう

スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)
パターを振り子で振ると
ヘッドが真っ直ぐ動いて見えます。
自分からは真っ直ぐ動いていますから
ボールが目標方向に行くような気がします
 から
とても安心です。

パターで重要なのは
「自分の打ちたい距離をしっかり打つ距離感」ではなく
狙った方向に真っ直ぐ転がる「ような気分」がすることです!
✊その期待は裏切りません✊

その代わり、アプローチの時、待望しているスピンが
雑誌やレッスンなどで言われる オーバースピンが
とても多く入り、お望みの通り とてもよく止まります
毎回 パターでアプローチしてると考えれば 良いのです。
下手にカップまで届かせようとすると
 概ね引っかかりますから、下手なあがきはしない方が良いです。


 重心が深く、ヘッドが前に出易いマレットと
 上下にゆりかごのように振るショルダーストロークの
 組み合わせは アッパースイングが強くなりますから
 ロングパットでは 手前をダフッたり
 空振りに近いようなトップも出ますのでご注意ください✊

 
スナップショット 2 (2013-04-13 23-00)スナップショット 1 (2013-04-13 23-00)






ストローク・・転がりの特徴

 おそらく 今一番多いであろう
 ギッタンバッコン…失礼…ショルダーストロークと
 マレットパターの組み合わせは

 初速は速いですが、スピンが効いて、ボールは良く止まります

 
ボールが伸びず、カップ手前で止まるので安心です✋


 カップ際の傾斜や目にも敏感ですので、
 キャディーさんの指示よりもワンカップ多めの曲がりを
 想定してください。

 また この組み合わせだと 特殊な場合を除き
 ほとんどがショート目のパットになりますから
 返しのパットをしなくて済むので安心です✋

 
注意点
 通常のパッティングや登りのパターでは
 スピンが効いて、良く止まりますが、
 下りにおいては よく伸びます。
 通常に打つより 少々ビビり目で打った方が得策です。
  

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ