何年か振りで  Yさん(66歳)がやってきました。
Yさん「久し振り〜。」
店主「あ、どうもっス。
 どうしたんですかー❓」
Yさん「いやさ〜 最近、顕著にドライバーが飛ばなくってさ…。」
店主「なにか あったんです❓」
Yさん「イヤ、特にはなにもないんだけど
 しばらく 忙しくて。。。 そう、2年位
 ゴルフから遠ざかっていて、久しぶりにやったらさ、
 飛ばない、飛ばない、200ヤードも行ってないんじゃないかな。」

店主「そうなんですか…
 まずは 打ってみましょうか。

【ゴルフスイング】 20210701_Moment
Yさん「そうそう、
 当たった感触は悪くないのに
 コースでもこんな球ばっかり 出るんだよね。。。」

店主「弾道はどんな感じ❓」
Yさん「薄く左目に出て 少し左に曲がる感じ、
 高さが出ていないから キャリーが無いね。」

店主「なるほど。。。」
Yさん「ヘッドスピードはどう❓」
店主「ボールスピードからの逆算ですが、
 36.37.38ms と言った感じですが…。」
Yさん「思っているよりも 下がってはいないんだぁ…。
店主「そうですね。Yさん、今 66歳ですので
 すごく 低い と言う訳では無いと思います。」
Yさん「まあ 元々、飛ぶ方ではないから
 若い時のピークも 40ms越えるか、越えないか、
 と言うトコロだから ヘッドスピードは年齢なり、
 と言う感じなんだろうけど、距離は 30〜40ヤードは
 はっきり落ちた感じだなぁ。」

店主「そうですか。」
Desktop 2022.02.13 - 21.34.58.01_Moment(2)

Yさん「どうすれば良いの❓ 率直にお願い」
店主「もっと 重たいヘッドと柔らかいシャフト 使いましょう。
 ま、それは冗談として、
 フェースローテーション打法の最果ての終着駅 なので
 ソコを改善しましょう。」
Yさん「どういうコト❓」
店主「ざっくりと説明すると 弾道には
 _鹽/曲がり
 ⊇亠紊諒向 上下
 ➂出球の方向 左右
  があります。
 絡みがあるのは 確か ですが、
 原則としては それぞれ 独立したモノ です。

 ですので 右に出る球、左に出る球
 右に曲がる球、左に曲がる球
 は別々で
 右に出て左に曲がる球もあれば
 左に出て右に曲がる球 もある筈なのですが、
 フェースローテーションの場合は
 右に出る球は右に曲がり、
 左に曲がる球は左に曲がる。
 それに加え 右に出る時は極端にロフトが大きく、
 左に出る時は極端にロフトが小さくなるので、
 ヘッドスピード自体は大きく変わっていない、
 少ししか落ちていないのに、
 Yさん的にはツカマッタ弾道が
 浮力を得られず 失速してしまう。と言う現象です。」

店主「そして 困ったことに
 現在のドライバーはどれもこれも
 スピン抑制の強いモノばかりなので
 つかまえようとすると 浮力が得られず 失速してしまい、
 高さを出そうとすると 飛ばない の
 前門の虎後門の狼なのです。