質問「練習場で周りを見渡すと
 ドライバーは左足かかと、
 アイアンは真ん中、
 ウエッジは 右足寄り、と
 種類によって かボールの置き位置を
 大幅に変えている人が多いですが、
 これも シャフトの硬さ の影響でしょうか❓」

店主「特別に意図がある練習をしている場合もあると思いますが、
 概ね シャフトの硬さと比例している というか、
 シャフトの硬さに応じて ボールの位置は変ります。」
27157136_1465536103569591_817080633_n

質問「ドライバーとアイアンでは打ち方が違う、
 と考えている人も多いようですが、
 それも シャフトの硬さ の影響でしょうか?」

店主「それも大きいと思いますが、
 ドライバーとアイアンの重心距離、重心位置の格差は
 年々増している、どんどん異質になりつつあります。」

質問「打ち方を変えた方が良いのでしょうか❓」
店主「ひとつのスイングでも苦労するのに
 ふたつ…なんて 大変過ぎます。
 シャフトの硬さ/柔らかさ が
 共通している、同じような流れの中にあれば
 少なくとも リズムやタイミングは同じようなモノ
 に出来る
と思います。
 シャフトの硬さがバラバラ で それに応じて
 リズムやタイミングまで変えるのは難し過ぎます。」

IMG_0685

質問「クラブの流れ…の中で
 アプローチに使うウエッジはどうしたら良いのでしょう❓」

店主「ウッドからの流れ、アイアンの流れ、通り、
 ヘッドが若干、重めの分、数値(振動数)は
 低めの方が使いやすいと思います。」
質問「柔らかめ。。。というコトでしょうか❓」
店主「そうですね。流れから外れない程度、に。
 フルショットをする事の少ないウエッジが
 アイアンの流れ より 硬い って やはり変です。
 通常のショットのように、勢い で!
 って言うがし難いですから、ヘッドは重め、
 シャフトは柔らかめ の方が スイングの始動がし易い
 と思います。」
質問「そうなんですか?」
店主「ヘッドの重さ が同じであっても、
 シャフトが柔らかい方が ヘッドが効いて『感じます』。
 アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
 また、通常のショット であっても
 ヘッドが軽い、シャフトが硬くヘッドが軽く感じる、
 方が動かし易い👉と思いガチ ですが、
 実は ヘッドが重い、
 シャフトが柔らかく👉ヘッドが重く感じる クラブの方が
 格段に動き出しが圧倒的に楽です。

 逆に言えば、ヘッドが軽い、
 シャフトが硬く、ヘッドが軽く感じるクラブは 始動がし辛く、
 イップス って言葉がありますが、
 おそらく ヘッドが軽い/軽く感じる クラブ を
 緊張した場面で使用すると 起こる と思います。」

質問「おおおお パターやアプローチのような
 勢いのない動きだと 余計、その可能性は高そうですね。」

店主「ハイ✋
 柔らかいシャフトの利点の一つ に
◉スイングの始動がし易い
◉イップスになり難い
 がありますね。」