➀ 腕/肩

➁ 胴体 胸/腰
➂ 足首 靴/足首より上
➃ 股関節 太もも/骨盤より上

店主「複合ではありますが、
 だいたいの からだの回転の流派 です。」

店主「クラブを振るのに 本当の意味のカラダ、
 胴体を廻さず、腕だけを振る➀ は
 偏重したゴルフクラブの構造上、お薦めでは無い
ですね。」
質問「初めてゴルフクラブを持った人がしてしまいそうですね。」
店主「でしょうねぇ。
 ,➂ 足首の複合種は
 カラダの向きはは結構変わる、
 言い方を変えれば からだは廻るので、
 これから覚える人にお薦めはしませんが、
 決して、悪くは無いです。」
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)

質問「そうなんですね。」
店主「傾斜などのショットに難がありますが、
 足首が境目でからだを廻すのは
 からだの向きの変え、回転を結構大きく取れますし、
 疲労や加齢など の変化は少ないです。」

店主「スイングとして ,力咾世運兇襪里魯瀬瓩任垢、
 より悪いのは ,鉢△諒9隋,任后
 プロの多くが 腕を振らず、胴体を捻る、
 腰〜骨盤に対し、肩と言うか、胸を捻る、
 胴体式のからだの回転をしていますが、
 スポーツ選手であるというコト、若いというコト、
 を含めると 私たちおじさんおばさんゴルファーの参考に
 なるとは思えません。」
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)

質問「プロのスイングは真似しない方が良い訳ですね。」
店主「勿論、参考になる部分はありますが、
 コト からだの回転に関してはそうですね…。
 20代、30代のスポーツ選手はやっていることを
 50代、60代、70代の運動不足気味の我々がしても
 無理があるだけです。
 アマチュアゴルフ として お薦めはしませんが、
 多くのプロがやっている からだの回転は
 胸のラインと腰、お尻、骨盤のライン に
 回転差を造る、いわゆる 捻転 と言う奴
 です。
 骨盤はボールに向けたまま、
 カラダを捻じって 胸のラインと廻す と言うモノ、
 ところが それをアマチュアが真似てしまうと
 胸ではなく、肩、
 肩のある部分のライン、なら良いのですが、
 肩 となると 厳密にはそこは腕の一部です。
 肩甲骨だけを動かして…
 これって カラダは全く動いていない のに
 「カラダ」の回転な訳です。」

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)

質問「うわぁ。。。 腰などからだを傷めそうですね。」
店主「それもありますが、
 プロは胴体を捻っていますので、お薦めはしませんが
 良い悪いは別として カラダは回しています。
 それを真似る 多くのアマチュアは
 胴体は捻らず、腕だけ動かす のですから、
 全くの別物・・・・・・・
 プロの教えてくれる ノウハウ は 役に立たない、のです。
 胴体を捻る、も年齢や運動不足によって低下、劣化するのに
 始めから からだ は回さない のですから
 一般的に謳われている ゴルフスイングのセオリーが
 役に立たない のです。」
店主「怪我、故障に関してですが、
 胴体を捻る は腰などが危ない…ですが、
 カラダは回さず、肩から先の腕だけ で
 疑似的な回転を造ると 肘や手首なども故障も伴います。
 そして、困ったコトに
 ゴルフクラブは構造上、偏重、偏った形をしていますので
 腕のターンでクラブを振ると、
 安定性し難いうえに、飛距離も出し難い、
 それを 練習量、練習頻度で解決しなければならない ので
 より故障の可能性が高くなるわけです。