◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2017年11月


ドライバーショットで遠くまで飛ばす
という魅力はゴルフ最大のモノかも知れません。
091018_1257~02

ただただ 振り回して
速いヘッドスピードを! と願っても
オジサンゴルファーにはそう簡単に行きません…。


そこは 少々科学的に「知恵」や「知識」で
飛距離を伸ばすことを考える時! なのかも知れません。
sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット

ドライバーだけでは勿論ありませんが、
一番気になるドライバーショットの飛距離は
どうすれば… を考えるのに
ドライバーと言うクラブを知らなくてはイケマセン。
意外にここが盲点だったりします。

ゴルフクラブを製造する立場からすると
ドライバーがスプーン(3番ウッド)や
クリークより飛ぶ(飛びやすい)のには『訳』があります。

一般的には フェアウェイウッドの方が短く、
ドライバーの方が長い…。 クラブの長さが鍵 と
思われている節がありますが、正確には ◎ ではありません。

そう考える人は ドライバーショットを
今よりももっと飛ばすには
 「さらなるヘッドスピードを!
という発想になるのは至極当然かもしれません。

しかし、それならば
5番ウッドのロフト 17〜20度位ですね、
これをドライバーの長さにしたら どうなるでしょう。
ヘッド重量や硬さなどをちゃんと設定して
実験してみると分かりますが、
5番ウッドのロフトを長くしても
立体的に飛ぶ「道のり」は増えますが、
飛距離はオリジナルの5番ウッドとほぼ一緒、
ほとんど変わりがありません。
より高く、もしくはよりスピンが増えるだけで
ボール速度は伸びないのです。

ハミングバードの悶絶クラブのドライバーは
やや短尺ですが、一般的なドライバーは
いまや 45〜46インチ…
5番ウッドとは3インチ近くも長いなっています。
3インチ長くなれば 理論上 ヘッドスピードは2ms弱
増えるには増えるのですが、
長くすることによってヘッドが軽くなる
と言うのも含めて、打撃の破壊力は殆ど増えず、
ボールがより高くあがるようになるだけ なのです。
35cb88f77052c597adb8-L

ロフトのことを割愛しても、
ヘッドスピード2ms伸ばして
伸びる可能性、あくまでも可能性ですが、
ドライバーショットで 6〜7ヤード前後 ですから
柔らかい地面の場所に落ちたり、
登り傾斜の場所に落ちれば、
誤差程度の差でしか無いのです。

まして ヘッドスピードを2msあげる というのは
相当な苦労が必要で、
ハミングバード風にクラブの重さ、ヘッドの重さを使って、
自分の体の動きをよりスムースにする というのなら
チャンスはあるかも知れませんが、
それを筋力・運動性能・力技で上げよう というのは
オジサンゴルファーには少々無理があります。


ドライバー>スプーン>クリーク
この関係が「飛ばすことのカギ」になります。
これは 実は長さによるヘッドスピードの差ではなく
『ロフト角度』に秘密があるのです。
sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

クラブを長くすると
ボールに対して入ってくる『ヘッドの入射角度』
は緩くなりますから、打ちだし角度が取り易くなります。
本当は長くするには、ヘッド重量が軽くするので
破壊力は同じなのですが、とりあえず
ヘッドスピードも少々あがりますから、
より 厳しいと思われるロフトも使えるチャンス が
生まれるのが、ドライバーの秘密 なのです。

故に 体力によって、筋力によって、
ヘッドスピードアップがかなり厳しい年齢、体力になっても
ロフト というモノをどう扱うか
というコトで飛距離は如何様に出来るかも?!
ということなのです。

それと同時に、長くしたとしても
自分の体力やヘッドスピードによっては
使いきれないロフト角度 と言うのが出てきますから、
逆に スプーンの方が飛んでしまう
と言うのもあるのです。

そこから考えると
 クラブに任せて「ボールを上げる」というのは
ゴルフにとってとても大切なコト ということになります。
自分の技術によって、クラブに頼らず
ボールを上げるのは ゴルフの中では最大の難易度 で
しかも、それは上げる代償として
 ミスの確率アップ
 飛距離ロス
 体への負担増
というのが付いて回ります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

ゴルフクラブは正しくは体の向きで動かします。
体の向きは背骨を軸とした回転動作です。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

アドレスを基本として
テークバックを取っていく過程で
体の向きを変えていくと
ヘッドは「IN」に引かれていきます。

多くのゴルファーはどこで聞いたのか
真っ直ぐ引こうとして、腕捌きで
ヘッドを真っ直ぐ引いてしまいます。
正しく出来ていなくて量自体は少なくとも、
体の向きは右向きになって行くわけですから
ヘッドを真っ直ぐ引くという事は
体からクラブ、グリップを離していくということに
なってしまいます。

ほんの5mなり、10mのグリーン周りのアプローチ
この練習、ドリルでクラブの初期の動かし方(移動のさせ方)
を覚えるといいと思います。

別の記事で書きましたが、
重量は 特に運動の始まりにとっては
そこに留まろうとする「エネルギー」です。
つまり体の向きでクラブを動かす
〜テークアウェイで右を向くとき
体の向きを変えて、グリップを移動させる量分と同じ
もしくはヘッド重量分ー
それよりも少なく
アドレス時からクラブ自体をスライドさせるように
「IN」に移動させる練習をするべき です。

スローな動作で これをすることは大変重要です。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

理屈で言うと
先端に質量の集中したものを
その移動根源であるグリップの移動「量」よりも
多く動かすという事は
結果として
 グリップの移動をどこかで止めなくてはならなくなります。
これが体の向きを変更を止め、
腕〜手でクラブを動かす習慣が付いてしまう「始まり」なのです。

同時に、長い棒の先に重さのあるものを
腕〜手というあまり大きくない筋肉で動かす訳ですから
初期クラブを動かし、グリップを止め
ヘッドに付いた「慣性」を利用して
テークアウェイを取る「癖」を付けてしまいます。

これによって「重さ」の間違った使い方も身につけてしまいます。

写真を見るとわかると思うのですが、
グリップとヘッドを同じ量動かしても
十分「円運動」に見える訳です。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
視覚的に円運動を造ろうとして
グリップの移動量よりも「重さが多い」ヘッド部を
多く、速く動かそうとする「概念」がスイングを壊します。

ヘッドの方をたくさん動かそうとすると
グリップを軸にヘッドで「円を描こう」とすると
同時にテークバック時点で逆フェースローテーションする事も
覚えてしまいます。
右にヘッドを回転させ、左にヘッドを回転させる。
言葉で言えば 往復二つの動作ですが、
行きと帰りでは速度も異なりますし、
ゴルフクラブヘッドには重心位置と言って
握っている棒の延長線上からずれた位置に重量点が
存在しているので、ヘッドの構造上 右に位置している
重心が 右行きと左行き では
まったく負担感も操作感も大きく異なります。

たった5m 手で投げても出来るグリーン周りのアプローチ

スイングの基礎をよくも悪くも作ってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


現場(コース)では、練習している時の
7割程度しか体が回らない ものです。
特に日ごろから、左腕、左手だけでテークアウェイして
いない人は、その差は更に増してしまい
特にラウンド後半になってくると余計
テークアウェイが浅くなる傾向になってきます。

スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)


上半身を捻らない、背骨を捻らない 
上半身を骨盤から上一体化させる
 と言う絶対条件の上で
日頃の練習から ちょっとオーバーなくらい
体を回しておく方が コースでもよく回るようになりますし
それは ラウンド後半ほど影響してきます。

お酒の上でのゴルフ談義などで
「体が硬くなってきたから 深くまで回らないよ」
みたいなことをよく耳にしますが、
左腕だけでテークアウェイし
背骨を捩じるのですから、それは回らなくて当然で
ストレッチ運動ならばいざ知らず
自分で自分のことを コブラツイスト している訳ですから
「体を守るため」自然に拒否するのです。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)


コースでも体をしっかり回せるようにするのには
骨盤から上を一体化させ動かすという条件の上
利き肘(右)によって 体の向きを管理する
利き肘の誘導によって、体を回す というのが
大変有効です。

腕であげなさい と言う意味ではありませんが、
左腕主体でクラブを動かすと
胸は縮められるように動くことになりますが
逆に右ひじでそれを管理すると
胸は開くような動きになってくるのです。

トップの位置の張りが『背中』というのは
それは"張り"と言うより 
回すことのできない部分なのですから、痛みの前段階と言えます。
体の向きの変更〜回転とは
股関節が境目になるのですから、
お尻や脚など股関節周りの張りが
回転の目安なのです。


体の前側が縮んで、背中側が伸びる 左腕だけの動きは
早期で体の張りを感じてしまうので
それを体が回っていると勘違いしやすくもあります。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)


体の向きの変更〜体の周りに対する「張り」は
骨盤〜大たい骨の 向き差を作る動きですから
「へそから膝の間の大きな筋肉」が感じるもので
左手だけでテークバック取るのは
へそから上ばかりが張りを感じる反対の動きです。

ともあれ、どちらへの回転もそうですが
肘で体の向きをコントロールする習慣をつけると
ラウンド、ラウンド後半も
しっかり体が回りやすくなります。

いつ?
上下左右も含めて どの方向に?
回転の大きさを決めるのも 上腕・肘の移動です。


ゴルファーの動作によるミスの原因の多くの部分を
防ぐことが出来るようになりますから 是非!
 レッツ トライ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ポンポンとすぐには変われないかも。。。だけれど
肘の使い方が変わるだけで
こんなにも変われる。。。と言う実例をご紹介しましょう。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)
以前のスイング…肘の使い方はこんな感じです。
後程「動画」をお見せしますが、
ワッグルの時点で、左手、左腕だけで
テークバックを取ろうとする素振りがありありで
結果、自分の上半身、背骨に対し 平行な位置関係で
あったゴルフクラブ、シャフトは
すでにこの時点で 垂直な関係 90度も立体的に
変化してしまっています。
一見すると ショットの準備として
テークアウェイ(バック)を取っているように見えますが、
基本、腕しか動いておらず
体の向きはその腕に引っ張られて動いたに過ぎません。

では ビフォア・アフターを
スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)
同じ人に見えない。。。
と言えるほど かなり画期的に変化しましたね〜
とってもいい感じ(*^_^*)

体の姿勢に対し、クラブが立った状態 になり
体自体もよく回るようになりました。

これがスゴイナ〜 と思うのは
片や うまく肘を使えていない画像は室内、鳥籠の中で
肘が使えるようになった画像はコースでのものな訳です。



若い力のある方ですので
以前も「当たれば」距離は出ていたとは思うのですが、
スライスも頻繁に出ていたわけで
まっすぐ飛ばすには ひっかけを打っていたのだと
思われます。
肘が下を向かなくなって、外目に張れるようになってからは
距離はもちろんのこと、
スライスをほとんど打たなくなったのではないかと
思いますね〜。

スナップショット 1 (2015-02-06 4-14)スナップショット 2 (2015-02-06 4-15)









二つのスイングでは
フォローの抜けていく
クラブの立ち上がっていく方向と言うか
角度があからさまに異なり
方向性も断然よくなっていると思われます。

色々な努力はあったとは思うのですが、
形だけ比較すると、
単に利き腕の肘が起きたか、寝ているか
それだけの違い。。。になるんですが
かなりショット、弾道、安定度 差があると思います。

がんばりましたね〜^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



コチラです
☛ 
http://blog.livedoor.com/10th/history/hbs


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットにとって
一番大切なのは
ドライバーで飛ばすにしても、
ウエッヂでアプローチするにしても、
 ロフト単体…ではなく
『ロフト効果の安定』です。

IMG_0724


多くのゴルファーは
インパクト時のロフト姿勢・ヘッド姿勢を
「ロフト」と信じ込んでいますが、
ボールの飛ぶさまは
 ボールの速度・角度・回転
で構成されるので
その安定化を図るのには
ヘッドの入ってくる道のり・軌跡も
弾道を決める大きな要素
です。

✋軌道とその軌道に対するヘッド姿勢で弾道は構成されます。

例えば インパクト時の
ヘッド姿勢が同じであっても
下降軌道でボールを捕えていれば
 ボールの速度は速く
 ボールの打ちだしの角度は低く
 ボールの回転は多め
 です。
上昇軌道でボールを捕えていれば
 ボールの速度は遅く
 ボールの打ちだし角度は高く
 ボールの回転は少な目
 ですので
二つは全く異なる球筋になります。
IMG_0726

そう言う意味で
 クラブの長さはヘッドの入ってくる角度・軌跡も決めるので
 ロフトの一部というか、
 弾道を決める大きな要素の一つなのです。


その弊害になっているのが
実は「映像」「視覚」だったりするのです。
それはまるでスイングを覚えようとしている人をだます
手品やトリックのようです。
それに騙されてはイケマセン!


スイングは体が向きを変えながら行います。
一旦 回転を始めれば、途中で止める方が難しく
フィニッシュに近づくまで断続的に向きを変えます。
そして、スイングの良い悪いはあったとしても
例え 振り遅れで在ったとしても
基本は、前傾姿勢があるので スイングプレーンは
斜めに傾き どこかに最下点があるのです。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)






ボールを打つ打たないを別にして、
前傾姿勢を無くせば、地面と平行な
平らな横の動きなのです。

スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)


ところが、 ↑ このような写真を見ると
スイングはまるで 下に振っているようなイメージを
想起させるわけですが、
実際には 下に振っているのではなく
その時期を逃さず 体の回転にともなえるように
クラブを移動〜スライドさせているだけ なのです。
スイングとはヘッドでスイング軌道を造るのではなく
体の回転によるスイング軌道に沿って
 ゴルフクラブ、もしくはシャフトをスライドさせるだけ
ということなのです。


体の回転の移動に伴う
 クラブのスライドによって
弾道に対する「ロフト効果は安定」します。

多少 ズレた時期に当たっても
ロフト効果に大きな差はありません。
スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)
スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)



(下側の写真)これを 体の回転とは別に
下に振ってしまい、それは円弧ですから
その先には上に振る も待っています。
よって インパクトの時期がずれてしまえば
下降軌道〜上昇軌道と幅を持ち
全く違う「ロフト効果」の
全く違う「球筋」になってしまうのです。

体の回転で造る円弧と違い
手で造る円弧(下に振ってしまって)では
例え 下降軌道であっても
クラブのオリジナルの長さ効果が
毎回ばらけてしまうので
(円弧による入射角度や円弧の大きさが一定しない)

そのクラブの持っている ロフト角度・長さ・ヘッド重量
という球筋を決める要素を発揮できなくなってしまいます。

これでは飛びませんし、
番手の差がはっきりしませんしません。
クラブにとって 最も大きなその要素を使っていなければ
クラブを買い替えても 違いは当然出て来なくなります

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テニスとか、バトミントンとか、卓球もそうでしょうか
正式な称号は分からないのですが、とりあえずドロップショット
というのがありますよね?!
ネット際にポトッと落とす奴です。

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)






こんな風にラケットを使うイメージですよね?!

動かし来る面をフェースでなでるように
クラブを扱うと、そのドロップショットになる訳です。

で、ドロップショットって
スピードを速くすると、それは距離になりますか?

なりませんよねぇ

より強くドロップショットになって、
テニスであったら、バウンドして、もう一度
自分のコートに返ってくるかも…

そう、こうやってフェースを使っている限り
どんなにスピードを上げても、スピンが増えるだけ
ボールには推進力も付きませんから
ボールは高くも上がりません。

へっど、フェースを動かすイメージはこちら
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






とりあえず ロフトは0度と仮定して
クラブを扱うことが肝心です。
ロフトはクラブの仕事。
自分でロフトを作ってしまっては
クラブの意味、番手の意味がありません。

ふたつを並べて比べてみましょう。
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






この使い方をすると、肘の使い方にも違いが出ます。
ロフトを開く使い方では、肘を伸ばすと
クラブが自分から離れる⇒クラブが長くなります。
クラブは長くなるとより重くなりますから
より遠回りして、より遅れて、より開きます。

またスタートの状況で、ロフトを開いてしまえば
テークバックやトップの位置でロフトを開いてしまえば
クラブは閉じている状態よりも重くなります。

重くなって、遠回りするんですから
インパクトは体の正面で合流。。。なんて不可能です。

重くなって、遅れるクラブ…
肘よりも手の部分が遅れてきます。
重くなったクラブによって、右サイドは下がりますから…
開いているロフト、下がった右サイド…
飛ぶ理由が見つからない。。。

前述の通り、スピードを上げたとしても
ドロップショットはドロップショット・・・

おっと、忘れちゃいけないのは
体なり、腕でスピードを上げれば
その二乗倍、クラブは重くなるんです。

ヘッドの重さが重力で落ちる力は
ボールを目標方向に飛ばすのには使えない。
残念ですが、ボールはソールでは打ちませんから…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフが良くなっていくのには
少々現実的でシビアな話になるかと思いますが、
『出来ることを行う』
というのが、とても大切になります。

飛距離に関しても
練習場などでは 5番アイアンが
160ヤードや170ヤード…と思える時もあるけれど、
車の最高速度と巡航速度にも差があって
平均して『出せる』『可能』な飛距離 というのを
しっかり把握する必要があるでしょう。
夢を!という気持ちは分からないではありませんが、
現実には出来ることしか出来ません
rimg0064

例えば その5番アイアン
平均して 150ヤード としましょう。
この時期 11月終りの小雨交じりの寒いラウンド、
17番ホールに来たとします。
かなり疲労も溜まっています。

160ヤード強 のキャリーが無いと
池越え、谷越え しないとすると
かなり打つクラブが少なくなるでしょう。

選択肢がない場合を除けば、
この場合、一番の問題になるのは
ショットの是非 ではなく
自分の判断、自分自身をどう見るか
ということになります。
打つ行為そのものよりも 事前の判断の方が
結果を大きく左右するのです。



よほど 若い元気な人でない限り
このシチュエーションで いつも通りの
自分の平均値のショットの距離や確率が
発揮されにくいでしょう。

high-buildding-in-nyc-16

よくあるこんな例もあります。
ミドルホール、ドライバーショットはそこそこで
フェアウェイの悪くないところから
130ヤード程度のショットを打ちました。
ちょっと こすり気味になり
グリーンには届かず、バンカーの手前のラフに落ちたとします。

バンカー越えのショットで
ピンは割に近めです。

理想ではフワッとしたショットを打ちたい
のはヤマヤマですが、
それが高確率で出来るのであれば
その前のセカンドショットをここに打たないでしょう。
l064-e1402138366603

割にチャンスのシチュエーションで、ミスをして
精神的にマイナスになった状態で
その フワッとしたショットをトライするのには
かなり無理があります。

総合的に自分を判断し
グリーンに乗れば良し! と言うショットを
選択するべき✋でしょう(^^)/

0-0763-1388

✋スイングを良くしていくのも同じ です。

今 こすり球が多く、飛距離を伸ばしたいとします

多くの人は ☆飛距離=☆ヘッドスピード
 と考えがちです。

ところが ドライバーですら
 ヘッドスピードが2ms増えても
  ☛6〜7ヤード程度しか伸びません。

(ヘッドスピード以外は同じ条件で)

 ヘッドスピードが2ms伸びたところで
 10ヤードも変わりは無いのです。


✊特に飛距離不足に悩んでいるゴルファーの場合、
 こすって ロフトを寝かして打つ傾向が強いので
 飛距離は伸びず、高さやスピンばかり増えたりします。

これがアイアンになると
更に伸びる量(飛距離)は減ります。
場合によって ヘッドスピードが4ms 伸びても
ひと番手分飛ばないケースも少なくありません。

私達 オジサンゴルファーの体力や持続力
運動神経・運動性能を考えて
平均で ヘッドスピード2ms 伸ばすのは
非現実的、不可能に近い所業です。
ましてや 4msなんてほぼ神技に近い…。

ところが ヘッドスピード2ms増えて
5ヤード飛ぶようにするのと同様に
インパクトのロフトを2度 立てられれば
同じ距離増える(伸びる)のです。


どちらが現実的でしょうか?
IMG_0518

多くの場合がそうですが、
ショットの飛ぶ方向やショットの是非
そう言うものを スイングが始まってから造る よりも
スイングをする前、構えに入る前の判断や心づもり
の方がよほど重要で影響が強いのと同じように、
スイングを造っていくのを
運動しながら、それの成熟を待つ のではなく
「自分にとって一番出来そうななのはなんなのか」
をしっかり把握する方がよほど重要なのです。

飛距離への憧れは否定できませんが、
その飛距離を「力技」「筋力」ではなく
  「知恵」で解決するのが
ゴルフの面白みなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
振り遅れ防止のため、意識して頂くことは

腕やクラブが体の回転と同期させるために

201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)








同時に動かそうとすると、腕やクラブの重さの慣性の増加や

 切り替え指示の方向への慣性が残るので
 体の回転に取り残されがちです。

 特にダウンスイングは弱い方の腕が前にあるので

 クラブの増えた重さを支えるのに右腕に頼りがちになります。

 

 そこで テークバックの時点から

 その全く反対の手順でスイングを始めて下さい。

 
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)








 まず 体の動きは止めたまま、アドレスの向きのまま

 グリップを左右どちらかに動かさず

 自分に向かって 少し高くします。

 太ももの前にあったグリップを
 みぞおちの高さに上げるような量です。

 シャフトの縦の角角度運動が起こりにくいよう

 グリップを上にあげた分だけのみ ヘッドも高くしてください。

 

 それが完了したら 右を向きます。

 

 そうすると クラブや腕に慣性が付かず

 体の右向きが終わると
 クラブの移動もぴたりとそこで終わります。

 慣性を付けませんから、自分
 の好きなポジションを造ることが可能です。

 

 今までと全く反対の手順です。
☛手順として非常に違和感を感じるとは思いますが
 ほとんどのゴルファー、全員と言って良いゴルファーは
 この全く逆の手順…ようするに手と体が
 全く別な時間で動いているのです。
 それを合流〜一つにさせるためのドリルです。


 

体の回転は 体ではしないコト!

 体の向き、骨盤の向きの変更は

 両方の上腕や肘によって管理してください。

 の話と似ていますが、

 進行方向側の上腕を動かすことによって

 体の回転が後追いするような形です。

 スナップショット 1 (2015-04-06 2-07)

 テークバックの時
 右ひじを外に張ることによって

 今までより体の右向きがし易くなった実感が
 あると思いますが、

 それによって 必要以上に左腕が呼ばれてしまい

 左側帯から左上腕が右に離れてしまえば
 結局、振り遅れの原因になりかねません。

 

 ですので 右ひじを外に張るのと同じよう

 テークバックでも 左肘も外に張って

 右ひじに呼ばれるのは 左前腕だけにすればよいのです


https://www.youtube.com/watch?v=SI40eBv1WHk


 テークバックの初期の段階で よく左上腕をご覧ください。

 

股関節を境に
 骨盤から上を上半身、
 股関節から下の脚を下半身 と定義すると

 右向きの時の前傾姿勢は 
 その軸足である右足/右股関節にあります。


☛ダウンスイング初期
 右の腕も手伝いますが、体は右を向けたまま、
 逆にダウンの方向ではなく、

 テークバックの方向に
 体をもう一度より深く向ける位の意識で
 右向きを残し

 左の上腕・左の肘をクラブの重さ通りの方に移動させ始めます。

 

 左が低く、右が高くなっていますので それを利用して

 『結果』斜めに移動させるのですが、

 移動方向は トップ時のクラブの位置や姿勢に作らせるべきで

 動作で方向を造ろうとしてはいけません。

 

 唯一気にしなければいけないポイントは

 体から離さない、クラブが重くなり、

 遠心力が掛かって離れやすくなることを考慮すると

 より一層体に近づけておいて正解です。

 

 ですので ダウンの左上腕の『先の動き出し』

 グリップを自分の胸やみぞおち に近づける感じで覚えます。

 体の向きが変わっていく進行方向・移動方向とも
 合致しています。

 

 ほんの少し(数センチ分)先に動けばいいのです。

 低くなっている左の太ももの先 辺りまで移動させる感覚です。

 そうすると腕も含めて 重さが左足に掛かり始めますから

 その時点でその重さに従って 左にズレて下さい。

 

 無理に頭も残さず 頭ごと左足の方に移る感じです

 

 そうすると 右の股関節の回転差は解かれ

 軸足が左へ、前傾姿勢が左股関節へ移行されます。

 マットにボールをフェースで押さえつけようとする感じです。

 

 左の股関節に前傾が移り、重さが左足に掛かったら

 止まることなく 左を向いて下さい。

 骨盤の向きでグリップの移動を継続させてください。

 ☛多くの人は インパクト前後でグリップの移動を
  止めてしまいます。
  (ヘッドがグリップを追い抜く と勘違いしてるから?)
 ☛また 体が先行して振り遅れているのに
  体を開くのを避けたいので 体の回転も止める傾向が
  非常に強く、とても体にとって危険な動きになります。


 ヘッドのことはユルユルにして置き去りにする 
 と言う意味ではありませんが、

 忘れてしまって結構です。

 

スナップショット 2 (2015-09-05 1-33)

 グリップをどこを通すか それがショットです。

 ヘッドとグリップの距離のズレはありますが、

 練習によって グリップをこのあたりを通過させると

 ボールとヘッドがぶつかるんだ という感覚を覚えなくては

 ショットは良くなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

骨盤の右向きが足らず、
切り返しからクラブが寝ているのが残念ですが、

その原因は大きく二つです。

 

一つ目は テークバックの取る時の腕使い です。

テークバック時での クラブを左手で持って、動かされています。

右手は添えモノ の状態です。

そうではなく、右手・右腕でクラブを持ち、

右ひじの外への張り
右ひじの背後方向への移動を主に右手とクラブをリンクさせ

左グリップはその補助 とすることです。

 スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)

左手は右手よりも弱く、右手よりも大きく曲げませんので

クラブの長さによる重さ、

向きを変えた時の不可抗力(遠心力)・重さに弱いです。

右ひじを外に張ること自体はとても良いことですが、

それに伴って、左手が右に呼ばれ過ぎてしまい、
左脇(側帯)を大きく外れ

この時点で振り遅れが始まっています。

そして それによって起こるシャフトクロスのせいで

切り返しからダウンスイングで その戻しの動き、
その重さによって
体からグリップが離されてしまい、

遠い道のりのため時間がかかり、
振り遅れがより増す形になっています。
 

 

 というのを 試打クラブで試しながら やってみてください。

 シャフトクロスそのものが悪者と言う訳ではありませんが、

 如何に 重さを感じず クラブを動かすと

 のちのち その重さによって動作は決められてしまいます。

 どの場面において 両方の手、
 各各の手にどのように重さがかかると

 この場所に行き着き、こうなるとそこに行き着く というのを

 それを利用して覚えてしまいましょう。

 

 左手が右に呼ばれ過ぎないようトライしてみてください。

 シャフトクロスを防げれば 
 ダウンスイングでの遅れはかなり解消すると思います。

 

惜しむらくは インパクト直前からフォローにかけて

体(骨盤)の向きの変更が止まり

肩だけが動くので
 しゃくり打ちのような形になってしまうことです。

その部分においては 切り返しから

まず、体は右を向いたまま、グリップが重さで動き始め

その後もスイングが終わるまで 腕の動きを体の回転が引き継いで

継続して グリップを移動させる、
グリップの移動を止めないコト、

ヘッド移動はグリップの移動量・方向・速度で管理
することを意識してください。

 

006

二つ目はそれに関連しますが、

 こちらに比べると 
一つ目の課題は小さなコト、と言えるかもしれません。

スイング全般にそうなのですが、

 体が動いている間は腕の動きが止まり

 体が止まってから腕が動き始める

 体→腕 と言う動作の順序が見られます。

 長年のゴルフの癖、なのだと思うのですが、

 多くの、ほぼ全員のゴルファーがこのパターンです
(それを自覚していない点が一番の難点でしょう…)

 この動作手順では 体の回転、向きの変更によって

 クラブや腕に慣性の重さの増量が生まれてしまいますから

 言葉悪く言えば
 意図的に『振り遅れ』を作り出すための手順とも言えます

 4190-1-2

 おそらく スイングは円、丸く振れ、
遠心力を造れ、ヘッドの重さを利用しろ

 その手の言葉によって
 いつの間にか自然に形成された動かし方です。

 始めに体の回転に腕やクラブに動きの慣性を付けさせ

 体を止め、その慣性を利用して腕やクラブを動かす。

 その手順が 
自分のスイングそのものになってしまっているように思えます。

 厳しく言えば テークバックの時点で

 遠心力などの不可抗力を使って、
楽をして、手抜きで腕やクラブを動かしているツケ

 が振り遅れというコトになります。

 自分の腕!は勿論、少なくともテークバック時では

 クラブの移動、姿勢などはあらかた管理していないと

 その先のダウンスイング、インパクトは 
高速になり重さも増しますから

 当然 より管理し辛くなります。

 腕もクラブも管理されていないのに 
飛ぶ球を管理するのは不可能です。

 

        ➡続く

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



弊社(ハミングバード)のオーダーメイドゴルフクラブの
最大の特徴は なんと言っても
世界で一番重たいヘッド(おそらく)
世界で一番柔らかいシャフト(間違いないでしょう)
を主力商品にしていることです。

004


比較すると
✋一般的な45インチのドライバーの
   ヘッド重量 190g
 シャフトの硬さ 240cpm  ←SR(フレックス) 位です。
✋弊社の44インチのドライバー  (最大値)
   ヘッド重量 255g
 シャフトの硬さ 110cpm

アイアンで比較すると
✋一般的な5番アイアンの
   ヘッド重量 240g
 シャフトの硬さ 290cpm  ←SR
✋弊社の悶絶アイアン   (最大値)
   ヘッド重量 325g
 シャフトの硬さ 125cpm

ウエッヂで比較すると
✋一般的なサンドウエッヂの
   ヘッド重量 290g
 シャフトの硬さ 330cpm  ←SR
✋弊社の悶絶アイアン   (最大値)
   ヘッド重量 390g
 シャフトの硬さ 130cpm

パターで比較すると
✋一般的な34インチのパターで
   ヘッド重量 320g
 シャフトの硬さ 350cpm
✋弊社オリジナルの 進化版L型ブリストルパター は
   ヘッド重量 480g
 シャフトの硬さ 130cpm

と言ったところです。


 市販のドライバー・アイアン・ウエッヂの
 ヘッド重量とシャフトの硬さ と 弊社のモノの間は
 ほとんど対応出来ます。


まあ 弊社は市販のクラブも知っていますし、
現在の弊社のスペックは時とともに 重くなり、柔らかくなり、
しているので その間もすべて体験済み、製作済み です。

とてもマイナーなクラブ種ではありますが、
殆どのゴルファーは弊社のスペックを打ったことも
触ったこともない訳で、体験したことのないモノを
自分の経験値の中だけで想像するのは大変なコトでしょうね^^


ヘッドの重さは その重さなり、その重さの数値の通りです。
しかし、シャフトの硬さにおいては
 硬さの目安である振動数の数値として
 市販のモノの半分以下…というのを想像するのは
 不可能に近いかもしれません。
初めての訪れて頂けるお客様も数値は知っていたとしても、
実際に触り、打って頂くと大変驚かれます。



そして、これはオーダーメイドだけでなく
本来のゴルフクラブとしては当たり前かも知れませんが、
重さにおいても、硬さにおいても、使い勝手においても、
ドライバーからフェアウェイウッド、ユーティリティクラブ、
アイアン、ウエッヂ、そしてパターまでも
『セッティング』の流れをしっかり数値で管理しています。

001


硬いシャフト、軽いヘッドの場合、
セットの流れがぶれていたり、硬さの統一感がなくても
気にされる方はいない?ようです。
嫌味半分ですが、そう言うのに鈍感でいられるから
棒のような硬さのシャフトや付いてないようなヘッドの軽さを
使えるのかもしれません。。。

ところが、シャフトが柔らかくなり、ヘッドが重くなると
その流れ、セットの流れに不具合があると
打たれる方の技量や経験、ハンディに関係なく
しっかりとその「ブレ」や「乱れ」は結果に出てしまいます。

例えば アイアンですが、
スチールシャフトのセッティングで言うと
始まる硬さは 300cpmに近い200後半です。
この硬さですと、ヘッドの重さが番手ごとに8g重くなるとして
番手間の硬さの差(ピッチ)は7〜8cpm
 280→287→294→301cpm こんな感じです。
これがもう少し柔らかくなってきて
始まりが250cpm位だと 6cpm位のピッチです。

柔らかくなってくる程 1cpmの持つ意味が
重くなってくる、大きくなってきます。

アイアンの場合、ロングアイアン➡ウエッヂ
になってくると フルショットで使う度合いよりも
ハーフショットや調整されたスピードでのショットが
増えてきますから、同じ流れ(硬さ)以上に
硬くなっていくと使いにくくなります。
ヘッド重量の流れに統一感があっても
シャフトが硬いと それを軽く感じてしまいますので
ガバッとフルショットするのなら兎も角、
ハーフショットするのに使い辛いモノになりがちです。

アプローチに苦労されている、悩まれているゴルファーの
多くがそこに気づいていない点 少なくないですね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



あるお客様から 『アイアンが少々引っかかり気味で
ライ角度の調整で修正ができるのであれば…。』との
お問い合わせを頂きました。

過去のブログ記事の中で、
アイアンフェースの打痕 と
ソールに付くコスリ跡
 の写真を送って頂きました。

IMG_3235
IMG_3232

二つの写真を縦に並べると
分かりやすいと思いますが、
ソールの傷跡とフェース面のボール痕の関係は
ある意味とても良好な状態で、
ライ角度の調整は「有効な状態」です。

ライ角度の調整であれば
全体的に、ですが 0.5度程度の調整で
結果が変わってくると思います。


この件…と言う訳ではありませんが、
気温が下がって『ひっかり始める』というのは
☛シャフトが硬い
☛ヘッドが軽い
少しきつくなり始めた兆候の可能性もあります。

ゴルフスイングとゴルフクラブのメカニズムは
シンプルに考えたいところですが、
ボールは立体に飛ぶので
上下の方向(角度)と左右の方向(角度)が
混じり合ったものです。
IMG_0610

それはスイングにおいても同じで、
正常な、正しいゴルフクラブの移動というのは
結果、はた目からは先端は円を描きますが、
何かの軸点があって『クラブが回転』するのではなく
クラブを持った自分が回転するモノです。
IMG_0685IMG_0684






イメージし難いかもしれませんが、
その大きな円弧に沿って
クラブはスライドしていくのが
クラブの機能としては正しい使い方です。
スライドとは グリップとヘッドが
概ね同じとは言わないまでも
似た量移動する と言うのが本当です。

それをグリップを動かさず
シャフトの角度だけ変えてしまう というのは
スイングのひどい錯覚から始まってたりもしますが、
ヘッドが軽い
シャフトが硬く

クラブそのものを移動させる機構・機能が薄い
クラブを使ったり、
ほのか〜に体力が落ちたり、
気温が低くなり、モノも堅く、体も堅くなったりすると
ボールに届かなくなるのです。
002

適正なスペックなクラブの場合、正しくは
クラブに誘導されて 体の左にグリップが、クラブが
押され 振り遅れないで済むので ボールに届きます。
届かなければ 何かをして届かせようとしますが、
殆どのケース 左グリップを支点として
右手を伸ばしたり、右サイドを下げたりして
届かせますから、その行為はイコール上向きを
造ってしまい、その分 体は開きます。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)


インパクトというのは
概ね…厳密にする必要はありませんが、
アドレスに似た、体の正面でボールを捕えます。
よほど個性的なスイングでない限り、
✋右向きは進行方向が下向き
✋左向きは進行方向が上向き

と言うのが必ず絡んできます。


スイングの問題はさて置いて
ボールが引っかかり始めている
というのは
そのクラブ~そのスペックでは
 ボールに届かなくなり始めてる兆候

と見て間違いないでしょう。


ヘッドを重くしてやる
シャフトを柔らかくしてあげる で
簡単に解決します☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの長年の進化
「やさしさ」の追求というのは
…主にヘッドの話しですが…
ヘッドの大型、つまり重量化 です。

ヘッドが大きくなれば慣性モーメントが高くなります。
同じ重さであっても、重心距離の長い大型ヘッドは
重さの効果が増したのと同じです。
重心が深いヘッドも同じコトが言えます。
アイアンのキャビティ効果も 全く同じこと です。
004

✋大型化する
✋キャビティになる
✋重心距離が長くなる
✋重心が深くなる

 とは 重量の効果が高くなる と言う意味で
それは 慣性モーメントの増大化 というコトです。



☛慣性モーメントとは
 ◎その運動の速度や方向を持続するチカラ
 ◎その運動中の姿勢を安定させやすいチカラ
 ◎ボールに対するエネルギーの伝達効力の高さ

などが 平たく言えばミスに寛容なチカラです。

数値とともに増えるので
『やさしい』クラブの代名詞 なのです。


003

ところが ヘッドの慣性モーメント とスイングの関係は
打ち手が自由気ままに動かしたくても
その数値が高くなると 動かしにくくなりますから
ヘッドを振りたい、シャフトを振りたい
「ヘッド」スピードを最優先させたい人にとっては
やさしいクラブとは言えないのです。

そこを理解していないと クラブの買い替えは失敗します。

010


例えば、
 マレット型のパター
マレット形状にする理由は
重心が深くなり、フォローが出しやすくなります。

慣性モーメントが高くなりますから
重量効果が増して、同じ速度のストロークであっても
 ボールをより遠くに打てるようになり
 飛ばせるようになる
というのが「やさしさ」の意味なのですが、
現在、主流のショルダーストロークで打つ人にとっては
重心が深く、フォローが出易いが逆に災いして
煽り打ち、上り傾向時でのインパクトによりなり易いので
ボールがより飛ばなくなったり
フェースに乗らず、ボールがこぼれてしまうので
初っ端からラインに乗らなくなります。
スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)

また、マレットタイプのパターは
フェースバランスを採用しているものが多く、
シャフトのベント(曲がり)が入っているので
通常のモノに比べて、相当硬いです
見た目にはヘッドは大きいのに、
重量は変わらないばかりか
シャフトが硬いので ヘッド重量が軽く感じます。

ボールが伸びない、ボールが飛ばない こともあり
同じ距離を打つのに
 速いストローク、大きなストロークをする必要が増し、
当然 ラインにも乗りにくいですし、距離も合わせにくく、
微妙な距離感など殆ど出せなくなってしまいます。

本来 パッティングなど
人間の感覚、距離感、本能、勘などを最優先にさせるべきなのに
上手く行かないパッティングを
機械のようなストローク練習で向上させようとしますから、
かなりの人が いずれイップスに足を踏み入れるでしょう。


まあ これはクラブの組み合わせとは
ちょっと違った話ですが、
ショットというのは クラブと打ち手の合わせ技
によって生まれてきます。

そして どんな謳い文句であったとしても、
クラブは無機質で、打ち手には合わせてくれませんから
打ち手が変化しなくてはいけないですし、
どのクラブであっても、
必ず 大なり小なり 打ち手の方がなにがしかの工夫や
変化を生み出して そのクラブを使えるようにするのです。

ですので、『今』も大切かも知れませんが、
自分の未来を出来るだけ 自分の思い描く方向に
導いてくれるクラブを選びたいものです。


スナップショット 1 (2016-11-26 1-11)

その上で クラブセット となれば
そのバッグの中に混載されている『セット』が
同じように使える ある一定の流れ
ある一定の共通性も持っていないモノは
ゴルフクラブ『セット』とは呼べず、
それはただの
 ゴルフボールを打つモノの寄せ集め
(ゴルフショット互助会)
に過ぎません。


とは言ってみるものの、
大手メーカーの 同じ銘柄、同じ機種のモノが
セットの流れになっていない などと
思っている人はいませんものね… (;´д`)トホホです…



同じ銘柄の、同じ機種のアイアン『セット』であっても
シャフトの硬さに統一感はありません。
スナップショット 2 (2016-07-03 0-22)

今のご時世、安い価格以外、買い替えの魅力はありませんから、
大量の工業生産品を
 何のセッティングもせずただ組付けたモノしか、
如何に製造コストを抑えたモノ、
組付けコストを抑えたモノ、しか買って貰えませんから
やむを得ず と言うほかないですね (;´д`)トホホ

シャフトの硬さが流れていないと
番手ごとのライ角度の流れは意味を無くします。
半インチごとに0.5度とか、1度数値で言うと
アップライトになっていく訳ですが、
それは セットが統一した硬さ である時「のみ」
有効なモノです。

自分のアイアンをソールが見えるように
机やいすなどに一列に並べた時、
ソールの傷が 他と違う箇所に集まっているモノ は
ライ角度そのものが合っていないか
シャフトの硬さがそれでか異質なモノ
 の可能性が非常に高いです。
特に後者はほぼどのセットでも のパターンです。

番手の中でも
練習場で頻繁に使う物を除いて、
ある番手だけが 右手の親指の当たる部分摩耗している
なんて言うのは、その番手だけが
流れの硬さから「はみだしている」証です。

クラブセッティングを考える時、
まず お使いのクラブの
 フェースの打痕
 ソールの傷の場所
 グリップの傷み具合
それを見れば だいたい答えが出ますから
一度 観察してみてくださいませ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



同じメーカーの、同じ機種を、同時に揃えたから
と言って、セッティングが流れ になっているとは限りません。
その場合であっても、
 9割がた ミスを誘発する要因は潜んでいます。

お客様の持ち込みのクラブを
長年見てきました。
数千セットは見たのではないでしょうか?

ある程度データを取って
そのデータと フェース面のボール跡、傷、
ソールの傷、グリップの傷み具合などを照らし合わせます。
007

スイングやショットを見る前に
おおよそ どのクラブが苦手、もしくは上手く行き難い か
どのクラブはよく使っているか、使っていないか、
ショット全般に置いての悩みも見当がつきます。


ものすごく硬いシャフトを使っている(好きな)人の傾向は
セットの中に
❶シャフトの柔らかい
❷ヘッドが重い/重く感じる
❸ヘッドが大きい、シャロー形状、重心距離が長い
❹ロフトの寝ているモノ
そう言うものが入っていると
 あまり得意な番手ではないようです。

逆に柔らかめなシャフトを使っている(好きな)人の傾向は
❶シャフトの硬い
❷ヘッドが軽い/軽く感じる
❸ヘッドが小さい、ディープ形状、重心距離が短い
❹ロフトの立っているモノ

市販のゴルフクラブの傾向としては
 総じて…ですが、同じ機種であっても
ドライバーよりもフェアウェイウッドの方が
ヘッドが軽め・シャフトが硬め が多く、
硬いシャフトの好きな人にとっては
 そのウッド系の中では ドライバーが苦手になります。

✋そのパターンだと その傾向の方は
 フェアウェイウッドよりもユーティリティを好みます。


✋同じ機種の同じ銘柄のアイアンセットであっても
 シャフトのセッティングにはかなりばらつきがあり、
 シャフトの硬さが玉石混交、
 数種類の硬さが混在するセットが殆どです。
 その傾向は
 均一なモノを作りにくい軽量スチールが強くなります。


スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)


硬めのシャフトを好んで使う人は
現在の一般的なゴルフクラブセットの組みあわせ

 デカヘッドのドライバー/グラファイトシャフト
 小振りな軟鉄のアイアン/スチールシャフト

というこの奇妙奇天烈なセットと呼べない
組み合わせでは
 スピードで解決できる 中距離系のクラブは得意 ですが
✊ヘッドが大きく、シャフトがアイアンに比べ
 極端に柔らかいドライバーはなかなか上手く行きません。

✊困ったことに 硬いシャフトを好み方は
 スピードで解決する傾向は強いので
 スピードで解決できない ロフトの寝たウエッジなどを
 不得手としているケースが多く、
 スコアの伸びの歩留まりはかなり早いです。


本来、スチールシャフト、特に軽量スチールは
番手が下になるほど 硬めになって行きます。
5番アイアンに比べると ウエッジが
1フレックス硬めの「同じ銘柄・同じ硬さ表示」
のセットと呼ぶもの、が標準品です。
ですので、硬いシャフトが好きな人にとって
好都合の筈なのですが、ウエッヂは万事が万事
スピードで解決できません。
煽り傾向も非常に強いので、
ウエッヂがロフト通りには距離が出ず、
番手の流れの中で
 ロフトが寝てくると どんどん距離差が広がります。

IMG_0459

ヘッドが軽く、シャフトの硬いクラブの特徴は
(使う人の特徴…ですね)
インパクト付近で クラブだけが動いていることです。
(ショットの、インパクトの慣性モーメントが低い)

ですので ラフやバンカー、ベアグランドなど
ヘッドにボール以外の負荷がかかるショットに弱くなり
それをさらにスピードで解決しようとして
動作が速くなったり、大きくなったり してミスるのです。

また 硬いシャフトを好み人の場合、
ヘッドスピードを上げても 高さが増す、スピンが増える、
余りにもロフトを寝かして煽っていると
逆にボールが低く、緩く、遅くなったりもするので
ヘッドスピードと距離の関係が確立できないため、
 グリーンに近づくほど苦労したりします。

と同時に シャフトは硬いの(ドライバーと比べ)に
 そのヘッドの形状が苦手なので
 フェアウェイウッドを嫌う人が多いですね。
バックにはユーティリティの花が咲いています^^



全体的に 練習量・練習頻度でゴルフを良くするので
ある年齢になると体が痛み始め、
その練習量と頻度に比例して、ゴルフの向上が止まります。

その時になって クラブに頼ろうとしても
兎も角 速くクラブを動かしてしまいたい人には
ゴルフクラブの、クラブヘッドのお助け機能は
邪魔のモノになるだけですから、
買い替えても、結局、同じ毛色のモノになるだけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブとゴルフスイングは
双方、とてもよく出来ています。
スイングは兎も角、ゴルフクラブのその形状は
ほぼ完成品と言って良いでしょう。

それがドンドン壊れる方に進み始めています。


例えば 昨今
ティーアップした。。。空中にあるボールを打つこと
それだけを考えたゴルフスイングが主流になっています。

ティーアップし、その分、ボールをやや左に置くので
意識せずとも 微妙な上がり軌道
かすかなアッパーになるのですが
それを意図的にやる時代です。

元はと言えば、人間の関節や構造などを無視した
単にヘッドやシャフトなどのテストのための、
スイングロボット・ヒッティングロボットから始まった
馬鹿の一つ覚え「高打ち出し・低スピン」
という相反する、矛盾する概念を取り入れた打撃法で
それを 人間にやらせるのですから
当然、壊れてしまいます。

意図的に煽り打ち アッパーを強くするのですが、
低いところにあるボールを打つ限り
アッパーを強くすると体は左を向きます。(開きます)

ボールは正対した状態で構えていますから
右を向いても、左を向いても
ボールから離れていく形になります。

ですので まだ、ティーアップして
少し高くなっている『ティー』ショットは打てますが、
直に地面に落ちているボールを打つのには
ボールを中に、右に置かないと届きません。

とても 面白いですが、
届かそうとすると 煽り打ちですから、
近づきながら、遠ざかる という手品のような打ち方になり、
同時に 煽れば煽るほど体は開くのです。
ljpo

上下の問題も ショットのミスとしてとても痛いですが、
それは同時に 左右のミス共大きくつながっており、
特に 地面のボールを打つ場合は
かなりボールを中に入れますから、
ボールが右に飛び出るか
軌道に対し大きく開いて右回転が強くなるか、
アマチュアにとって、大変大きな問題が秘めています。

煽り打ちしながら
フェースローテーション(ヘッドを返して)して
かつ 左に体を開いているのに左に生かせない
もう奇跡に近いような奇術と言えます。
とてもじゃないが 体への負担を考えると
それを技術とは呼べない代物です…。

均一なショットも出にくいですし、
空中にあるボールは兎も角、
地面から打つフェアウェイウッドやアイアン、
特にスピードで解決し辛い アプローチやバンカー
これに強烈にしわ寄せがくるでしょうね。。。

それを練習…おそらく尋常でない練習量で補う
昨今の若手プロは その体に悪いその動作のせいで、
若手とよばれたまま消えてしまう…。
擦り切れてしまうのでしょうね。。。

スイングの軌道の概念を無視して 煽り打ちし
スイングプレーンなる言葉を使いながら
ティーアップのドライバーと
 地面から打つアイアンでは
かけ離れたボールを位置…。

今になって フェースローテーションなんて のを
再び始める訳ですから、
ウッドがロフトが変えられる機能が付いてしまうのも
頷けてしまいます。
ロフト角度ですらちゃんと使えないのですから。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマチュアゴルファーの殆ど。。。
ほぼ全員と言って良い人が気付いていません、
知りません。

確かに ゴルフにおいて、現場で
精神的な理由や状態、スイングの問題、
アドレスの問題等 ミスを誘発する原因はあります。

しかし、結構な頻度(かなり高いと思います)で
ゴルフクラブ…
ゴルフクラブ単品ではなく、
クラブのセッティング、組み合わせの悪さによって
ミスが起こっているのです。

HBS 001


練習場と違い、
ゴルフコースでは OB等の打ち直しを除き、
同じクラブを二回連続で使うことはありません。

自分のプラン通りにいかないのが、
ゴルフの辛いところでもあり、楽しいところでもありますが、
使うクラブも予定通りにいかず
アトランダムと呼んでいい位の使う順序です。


練習場でこういう体験をしていませんか?
アイアンやウエッヂなどを練習し、
ドライバーやフェアウェイウッドに持ち替えると
上手く当たるようになるまで 2〜3球から数球掛かる。
そして、今度はドライバーの練習が終わり、
アイアンなどに持ち替えると
やはり 似たような『始まり』。

コースでは 持ち替えたその『一球目』が勝負です。

クラブの毛色、特色が異なると
当然 それはスイングにも影響しますし、
タイミングなどにも影響します。

例えば、
ヘッドの重さが異なる、
もしくは ヘッドの重さがより異なって感じる
ゴルフクラブ2本を交互に打ったらどうなるでしょう。

IMG_0104


軽い、もしくは軽く感じるクラブを打った後で
重い、もしくは重く感じるクラブを打てば
ダフリやすくなったり、右に出易くなったりします。

その逆に順序では
トップし易くなったり、引っ掛け易くなります。

良いショットが出た次は特にそうです。
軽く感じる方のクラブで良いショットが出て、
次に重く感じるクラブを打つ場合、
人間ですから 当然良いショットは繰り返したい、
今のショット、今のスイング、今の動作を繰り返したい。
ところが 重く感じるクラブを
それと同じようには扱えません。
タイミングも異なるでしょうし、
重く感じることによって人間の反応、動作も変わります。


軽い・軽く感じるクラブとは
❶実際にヘッドが軽い
❷シャフトが硬め
❸ヘッドが小振り、ディープ形状、重心距離が短い
❹ライ角度がアップライトめ

重い・重く感じるクラブとは
ー尊櫃縫悒奪匹重い
▲轡礇侫箸柔らかめ
ヘッドが大きい、シャロー形状、重心距離が長い
ぅ薀こ囘戮フラットめ


理想論ではありますが、
ゴルフクラブとゴルフスイングの関係は
出来るだけ同じ動作、同じタイミング、同じ感じで使った時、
その番手の距離に分かれる。
クラブによって タイミングを変えたり、
ボールの置き位置やアドレスなどを変えれば
それだけ複雑になり、ミスの可能性はあがります。

この番手だからこう振る …というのは
繰り返し それを打ち続けられる、
ミスをしても、やり直しの効く、
練習場の理論です。

ミスが出るのは仕方がないにしても
その確率が事前に高いセッティングで
コースに出てしまう例があまりに多すぎます。
ほとんど全員でしょう。


同じメーカーの同じ機種を
端から端までいっぺんに買ったから
と言って その問題は解消されません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近、私事で立て続けに色々ありまして…
詳細な調査、研究を怠っておるのですが…

ゴルフスイング関連のタイトルや検索ワードで
上位にあるのが「肩を縦に回す」です。

これを初めて聞いた(見た)時、
びっくりした というよりも
とうとうここまで来てしまったのか〜 という
非常に落胆というか、残念な印象を持ちました。


私個人は ゴルフはスポーツですが、遊びですので、
「お客様」や「生徒さん」、そして自分にとって
参考になる部分、反面教師な部分を除けば
プロや主流のスイングに興味は一切ありません。

他人がどんなスイングしているかは
私には全く関係ないからです。
私個人の事情ですが、私の家にはテレビがありません。
15年以上テレビを見たことが無いですし、
プロの試合を見たのは…
 たぶん…マークオメーラが全英?で優勝した時が
 最後で最新です。  何年前やねん…。

例え お客様にとって、自分にとって、
あまり好ましくないスイングを
 あるトッププロがしていたとして、
そのプロが活躍すること自体は
 ゴルフ界にとってとても良いことです。

そのプロがどんな経緯でそのスイングになったのか、
身体的、精神的にどんな特徴をもっているのか、
何に悩んでいて、何を課題としているのか、
そんなこと 一切うかがい知ることは出来ませんし、
職業人として 商売するのに その「選択」を
しているのですから、批評や評価できるモノでもありません。

単に自分たちにとって、何か参考になるかどうか
その着眼点だけです。


ただ…スイングとクラブを研究する立場のプロ視点で見ると
最近のプロゴルファーのスイングは非常にひどく
理にかなっていない部分が多すぎで、
しかし それでも距離も飛び、スコアも出るのですから、
練習量やトレーニング量はものすごい、桁違いなのでしょう。
体にもクラブにも悪い動かし方が多い、
しかし、それでもそれを訓練で克服する、
それはそれで真似のできることではアリマセンが、
それが故に 
若いうちに体を摩耗、
擦り切れさせてしまっている
 のがとても気になります。
20170920_matsuyama-650x435

自分がキャディをしている頃、
ウソのような、ホントの話、笑い話があります。
そこそこ長年シードを維持している中堅のプロがいて、
噂…評判ではそのプロはほぼ全く練習をしない…というのです。
プロですから、隠れて体のトレーニング等は
しているのでしょうが、スイング・ショットの練習は
殆どしないと言うのです。
割に仲の良いキャディ仲間が
シーズン最後の試合の18番ホールで
ドライバーを打った後、
隠れて 自分の食べたバナナの皮を
ドライバーヘッドにかけて ヘッドカバーをしました。
シーズンオフに使うかどうか調べたかったのでしょう。
・・・・それが、・・・・
次のシーズンの始めの試合、
試合会場の練習場で
ドライバーを使おうとした時、
ヘッドカバーを外したそのドライバーヘッドに
カビの生えたバナナの皮が張り付いて乾いてたのです。
そのプロは そのあとも何勝もし、
40前後までシードの中位を維持していましたね、
・・・名前は出てこないのですがアメリカのプロです。


話は元に戻りますが、
最近プロでもやっているという
「肩を縦に回す」というのはどういう事なんでしょう?

肩を縦に回したら
股関節に在るはずの前傾姿勢は失います。
股関節も含む、骨盤を縦に回したら
盛大に空振りするか、盛大に地面を打つのかのいずれか
 でボールは打てません。

骨盤はアドレス通りに回し、
肩だけ縦気味に回す と言う意味だと思いますが、
前述の通り、 では前傾姿勢は何処に行ってしまうでしょう?
その言葉の通り、自分の『前』は何処に当たるのでしょう?
腰(骨盤)は平行に、肩を縦に回す ということは
右サイド(側帯)をつぶし、左サイド(側帯)を伸ばせ
というコトになりますが、
学生さんにはなんとかなるやり方でも
例えば 65歳を過ぎた人にやれ! と言えるような
動作なのでしょうか?
で、冷静に考えると
ゴルフと言う遊びを支えているのは
どちらの年齢なんでしょう?

肩を縦に回す ということは
肩や胸がボールと正対している時にインパクトは迎えられません。
体が左を向いて、開ききった状態で
インパクトしないと 肩を縦に回せません。
体が左を向ききった状態では
右サイドがボールに近く、左サイドがボールから離れています。
この状態で 左腕がボールに届かない
右腕がボールに届きすぎている と思うのですが、
一体全体 地面にあるボールを打つのにどうするのでしょう?
mh

スイング用語では
体を開くな は 右サイドを下げるな 
と同意語とも言えるものがあります。

アマチュアが勘違いして そこを治し間違える…
より複雑化、深刻化してしまう理由は
体を開くな→体を開くのを防げ! 止めろ!ではなく
体が開く前に打ってしまえ! と言う意味で、
右サイドがさげるな→右サイドの下げを防げ!止めろ!ではなく
右サイドが上がる前に打ってしまえ! と言う意味です。

しかし 肩を縦に回せ! は
体を早めに開け! 右サイドを潜らせ! 左サイドを上げろ!
と言う同意語なのですが、
そこはどう解釈したらよいでしょう???



私にはほぼ全く理解できませんし、
端から研究する気にもなれません…。

おそらく。。。ですが、
これからゴルフのプレイ年齢はますます上がります。
若い人のゴルフ離れの加速は止められないのが現状です。
ますます、おじさん・おばさんの遊びです。
にもかかわらず
若い人しか出来ない、
どう考えても 体を痛めてしまうような動作を
推奨するその神経は一体なんなんでしょう?
若い人でもスコアや距離を維持するため
必要以上の、狂気の沙汰の練習量が必要で
その結果、擦り切れてしまうと思うのですが…。




・・・なんだかな の記事でした( ;∀;)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



テークバック時における
 習慣的な、意図的な振り遅れは
その時点でダメです。
4bcbe6f4

テークバック時での振り遅れは
 振り遅れが増すことはあっても
あとから取り戻すことは出来ません。

それが骨盤ではなく、体を捩じって右を向いたり、
腕だけが動いている時間が長かったり、
そこは改善しましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

体を痛めたくない人は
体の回転を「捻転」と呼んでいる人から
スイングを教わらない方が良いでしょう。
私達は雑巾でも、消しゴムでもないのですから。


ce17f420
振り遅れを治していく、
減らしていく方法には
幾つか あります。

前の記事にもありますが、
体の回転というモノを捉えた時、
多くの人は
 腕やクラブを体の回転で引っ張ろう と
していますが、
それそのものが「振り遅れ」です。
腕やクラブ、そして運動するとそれが重くなる
と言う概念がすっぽり抜け落ちてしまっています。

足やお尻周りの筋肉を使って
体の回転 というのは行いますが、
それらの部位は非常に強靭ですが、鈍感でもあります。
どちらかと言うと
 体を守る反射的な総合動作の方が得意です。

ですので 腰を切ったり
足を積極的に使って、体の向きを変えようとせず
両方の腕の肘なり、上腕で回転を作り出すのです。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

例えば 前傾は無かったとしても
右を向くことが前提で
右ひじが後方・・・
向きが変わることで想定される移動方向に動けば
自然と体 腰、股関節周りは
右を向く対処をします。

それを無理やり 骨盤・股関節の動きを押しとどめようとし
肩だけ回すのが捻転です。
ストレッチや事前準備動作では行いますが
それは体を痛めないための準備に過ぎず、
重さが増していく本番動作で行えば
当然 押しとどめようとする部分と 動こうとする部分の間に
歪み、ゆがみが生まれ 体を痛めます。
歳をとると分かると思いますが、
本能的に痛い行為は避ける習慣が強くなるので
「歳を取って体が回らなくなった…。」
という言葉が漏れ聞こえるようになるのです。
体は自分を護るため、正しいことを使用としているのに…。

正面を向いた状態から
右上腕、右ひじをやや高めに
外に張って行けば 自然に骨盤は向きを変えたがります。
右ひじの外への張りに引っ張られる左腕は
左上腕を残し →気持ち、左も外に張る感じで
前腕だけ引っ張られるにとどめ、振り遅れを防ぎます。

スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)

右を向いて
左の上腕、左の肘を
元に戻すよりも低い位置に動かそうとすると
それに応じて体は対処しようとします。

右を向いて 左サイドが低くなっているところに
先に 左上腕が動き、腕やクラブの重さが
左足に掛かり始めたら、その重さとともに、
体も自然に左に移します。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)










それが体の回転としてのダウンスイングです。
重さを受けて 左に逃げれば良いのです。
積極的に動作する必要はないのです。

重さが左足に移れば
行く場所が無くなりますから
あとは 骨盤を左に回転させ
運動を継続させればよいだけです。
重さの逃がし方 と言っても良いでしょう。

多くの人はここで 体の回転を止め、
ヘッドだけを動かそうとしますが、
そのヘッドの移動量をグリップの移動量で、
そのグリップの移動量を体の受動的な回転、
重さの逃げ、運動の逃げで行えば良いだけです。

お尻や腰、股関節周りを硬くせず、
進行方向の腕の肘、上腕が動く方向に
自然に動く習慣を付けましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



少々大雑把な表現ですが、
体の向きによる動作が 10
体の向きによる移動と腕の動きで 12
とすると 2 の分 振り遅れになります。

これがダウンスイングだけなら
許容範囲内でしょう。

201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment

ところが この振り遅れを
既にテークバックで作ってしまうと
スイングは 行きと帰りがありますから
その倍の 4…それ以上の遅れになります。

ゴルフスイングの良く出来たところであり
また困ったことであるのは激しい振り遅れで
 体の右に腕やクラブが来ると
本来 インパクトまで左よりも高い筈の右サイドが
低くなってしまいます。
そして 右が低くなるというコトは
 体が左を向く〜体が開くというコトなので
 体の回転が近回りしてしまい
 正しい体の回転の移動量、動作量が減り
 10が8に、10が7になってしまうので
より振り遅れが激しくなってしまうコトです。


☆事象として、振り遅れとは 
 左上腕の位置が骨盤に対し右にずれてします
     体の左側帯から右によっている
 というコトです。
MVI_0741_Moment(9)

ですから それを出来るだけ減らし、無くしていくために
テークバックの時点から振り遅れを
  造らないようにしなくてはなりません。
なにせ テークバックで振り遅れると倍、振り遅れ確定…。

だから 今流行りの
胴体をねじって、肩だけで回る
左腕ばかりが動くテークバックは
「振り遅れ」「打ち遅れ」「手遅れ」スイングなのです。
プロゴルファーがそれをしているのは自由ですが、
我々にとっては 悪しきお手本、反面教師に過ぎません。

スイングのテンポの記事でも書きましたが、
体が移動して、そのあと腕が動く のも改善しましょう。
体が止まって『から』 腕が動いている
その腕が動いている分、量、時間分振り遅れが出来ます。
動画などで見ると分かりますが、
体が止まっていから腕が動くテークバックは、
その腕が動いている分、
 左の側帯から左上腕が離れ、左側帯が空きます。
そして これには その後のダウンスイングも伴ないますから、
倍付で振り遅れる訳です。

骨盤が右を向かないテークバックは論外です。
この行為そのモノが振り遅れです。
orijinalTrim_Moment

正しいスイングの流れでは
 ダウンスイング以降は重量を伴う動作方向なので
クラブの重さによって 動作そのものや動作速度、
動作方向が助けられたり、促されたりします。
受け身で動いていると思っ手も良いでしょう。

しかし テークバックは重力に逆らう動作方向ですし、
 動作の方向も速度も量も管理が可能です。
非常の能動的な箇所です。
ですので 少なくとも
 その「自分が概ね管理する」テークバックの時点で
振り遅れを生み出すような
 左側帯と左上腕の離れ、
 骨盤に対する左上腕のズレ、

を造らないようにトライしてみましょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



この問題 実はとても重要 なのですが、
 とても分かりにくく、
 それぞれの方、ご本人、当人が
 認識、自覚していないことが多いです。

スコアの良い自称上級者の人たちも
 レッスンプロも それでスコアが出ているので
その点に於いて 何も感じていないし
疑問に思っていないのが殆どです。

その問題は漠然としていますが
「動作のテンポ」
「動作の手順感」
です。



例にとってみましょう。
これもよく言われるダメだよ!の見本ですが、
オーバースイング と言うのがあります。
スナップショット 1 (2017-11-13 14-55)

どこかの記事で書いていますが、
オーバースイングは 
その恰好、姿形、型に問題があるのではなく
左上腕が左の側帯から大きく右にズレてしまうことによる
振り遅れに問題が起こし易い というコトです。

で、そのオーバースイングを治そうとするとき
オーバースイングは 大きなスイング…だから
スイングを上げないコト、上げ過ぎないこと を注意点に
小さなトップ、上げない(上げ過ぎない)トップを心がけ
ようとして 必ず失敗します。


え! って思うと思いますが、
オーバースイング原因は
『上げていないコト』 にあります。

正しく説明をすると
動作に手順があり、
まず 体を少し回転させ、
 その間は腕は体の回転での移動以外止まっています。
体の回転が収まると その回転の慣性も利用して
 腕が動き始めます。
慣性を利用しているので、自分の想定よりも
 深いトップの位置になるから
 オーバースイング と呼ぶわけです。

つまり 動作手順が
 体 → 腕
と必ず分離して 別々な「テンポ」や「タイミング」で
動くことが問題なのです。
x459

ですから オーバースイングの原因は
「適切な時期に」クラブを上げていない、
腕を動かしていない こと
というコトになります。

今回のテーマに沿って 言えば
体と腕が別の時期、
特に体の後で、腕が動く手順が問題な訳です。
体の回転で慣性が付いた状態で腕を動かすこと、
もしかすると 腕を使ってはいけない と思っているから
その慣性で「結果」腕が動かされているのを
腕〜手を使っていない と思っている節もあります。
それをクラブの重さを使って
 スイングすると勘違いしている節もあります。
単なる「手抜き」なんですが…。


オーバースイングの話は単なる例…ですが、
ゴルフの仕事に携わって万人単位のスイングを見てきましたが、
プロも含めて90%を超えるゴルファーは
 体が動いている間は腕は止まっていて
 体が止まると腕が動き始める

という動作手順をしています。
 動作として 必ずどちらかが止まっているのです。

そういう目で自分やゴルフ仲間、プロゴルファーの
スイングを見てみてください。

おそらく…ですが、
多くの人はスイングは回転する動きで
クラブを引っ張るモノ、腕を引っ張るモノだと思っています。
しかし 腕や運動するクラブは
十数キロ〜20キロ位の負荷になります。
からだで引っ張っても 
両手の持っていられる最大後方(動いていく方向に対し)…
スイングの場合は右サイド、左手の握っていられる所に
張り付いてから体の回転の分移動しますが、
張り付きはそのままです。
それでは 円は描ききれませんから、(スイングにならない)
体の動きを止める…スイングの場合は
体の回転の終着点の減速する反動で
テークバックと同じ、回転の慣性を利用して
腕、クラブを振ることになるのです。

ですから 体が動いている間はクラブは止まり
腕が動いている間は体は止まっている
という 体→腕 体→腕 という
スイング手順になるのです。

dohirakihiraki









よくあるパターンですが、
この全体姿勢は、体だけが動いていて
腕がトップの位置からほとんど動いていません。
体はひねっていて 肩部だけがボールの方向の向いていますが、
胴体・腰・骨盤は 左を向ききっていて
これ以上体は回せず ほぼ終了地点です。
体は止まりますから
ここまで動いてきた慣性も使い、
腕だけが動くことになります。
これを一般的には「手打ち」と呼ぶのです。


腕を動かしているつもりでも
結局のところ、体の向きを変え
腕を移動させているだけです。
重さのある腕やクラブは
 体の向きの変更中は動かすことは不可能です。

この打ち方では
 前傾姿勢と右向きによるクラブが上から入ってくる、
 右向き➡正面 というコトによるインサイドから入ってくる

という そのクラブの長さに応じた規則性のあるスイングの弧を
利用できず、結局、訓練によって
腕でその軌道に近いモノをなぞっているに過ぎません。
訓練頻度の低いアマチュアにはとても不向きです。
運動性能の低下の著しいオジサンゴルファーには不向きです。


この問題は実はとても重要で深刻です。
腕が止まり、体が動き
体が止まり、腕が動く
と言う別々な手順は
アプローチなどでもそうですが、
テークバックの時点でほとんどのゴルファーが
これが「スイングの動き方・手順」 として
何も疑問を頂いていません。
ただ その動く場所や動く速度や方向などを修正しよう
としているだけですが、
そのバラバラに動く手順そのものを治さなくてはなりません。

どんな「う・ご・き・か・た」
   「う・ご・か・し・か・た」
をした所で、この手順では
絶対に「振り遅れ」になります。
逆に『振り遅れないと打てない』のです。

スイングの一番の課題は
 いつ 打つか? であって
 どう 打つか? ではないのです。

そう言う意味では
昨今の「ゴルフスイング理論」は
『振り遅れて
 どうやって打つか?!』
を教えているに過ぎません。



この基本中の基本の
動作手順を治さない限り
ゴルフクラブのスイング軌道など論じても意味はありません。
各各のゴルフクラブの弾道を生み出す機能・メカニズムは
基本、振り遅れを前提として
手でスイング軌道を造ることを前提として
設計・製造されてはいないのです。


心配なのは 最近では「このどう振り遅れて打つか」
がスイング理論の主流になりつつあります。
このままでは 本来の機能でなく
振り遅れて打つのに何が良いか
手で振ってスイング軌道を描く
ことを前提としたクラブになってしまう…
なりつつあることです。


ここの部分が一番大きな課題とも言えるでしょう。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ