◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2017年11月


ドライバーショットで遠くまで飛ばす
という魅力はゴルフ最大のモノかも知れません。
091018_1257~02

ただただ 振り回して
速いヘッドスピードを! と願っても
オジサンゴルファーにはそう簡単に行きません…。


そこは 少々科学的に「知恵」や「知識」で
飛距離を伸ばすことを考える時! なのかも知れません。
sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット

ドライバーだけでは勿論ありませんが、
一番気になるドライバーショットの飛距離は
どうすれば… を考えるのに
ドライバーと言うクラブを知らなくてはイケマセン。
意外にここが盲点だったりします。

ゴルフクラブを製造する立場からすると
ドライバーがスプーン(3番ウッド)や
クリークより飛ぶ(飛びやすい)のには『訳』があります。

一般的には フェアウェイウッドの方が短く、
ドライバーの方が長い…。 クラブの長さが鍵 と
思われている節がありますが、正確には ◎ ではありません。

そう考える人は ドライバーショットを
今よりももっと飛ばすには
 「さらなるヘッドスピードを!
という発想になるのは至極当然かもしれません。

しかし、それならば
5番ウッドのロフト 17〜20度位ですね、
これをドライバーの長さにしたら どうなるでしょう。
ヘッド重量や硬さなどをちゃんと設定して
実験してみると分かりますが、
5番ウッドのロフトを長くしても
立体的に飛ぶ「道のり」は増えますが、
飛距離はオリジナルの5番ウッドとほぼ一緒、
ほとんど変わりがありません。
より高く、もしくはよりスピンが増えるだけで
ボール速度は伸びないのです。

ハミングバードの悶絶クラブのドライバーは
やや短尺ですが、一般的なドライバーは
いまや 45〜46インチ…
5番ウッドとは3インチ近くも長いなっています。
3インチ長くなれば 理論上 ヘッドスピードは2ms弱
増えるには増えるのですが、
長くすることによってヘッドが軽くなる
と言うのも含めて、打撃の破壊力は殆ど増えず、
ボールがより高くあがるようになるだけ なのです。
35cb88f77052c597adb8-L

ロフトのことを割愛しても、
ヘッドスピード2ms伸ばして
伸びる可能性、あくまでも可能性ですが、
ドライバーショットで 6〜7ヤード前後 ですから
柔らかい地面の場所に落ちたり、
登り傾斜の場所に落ちれば、
誤差程度の差でしか無いのです。

まして ヘッドスピードを2msあげる というのは
相当な苦労が必要で、
ハミングバード風にクラブの重さ、ヘッドの重さを使って、
自分の体の動きをよりスムースにする というのなら
チャンスはあるかも知れませんが、
それを筋力・運動性能・力技で上げよう というのは
オジサンゴルファーには少々無理があります。


ドライバー>スプーン>クリーク
この関係が「飛ばすことのカギ」になります。
これは 実は長さによるヘッドスピードの差ではなく
『ロフト角度』に秘密があるのです。
sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

クラブを長くすると
ボールに対して入ってくる『ヘッドの入射角度』
は緩くなりますから、打ちだし角度が取り易くなります。
本当は長くするには、ヘッド重量が軽くするので
破壊力は同じなのですが、とりあえず
ヘッドスピードも少々あがりますから、
より 厳しいと思われるロフトも使えるチャンス が
生まれるのが、ドライバーの秘密 なのです。

故に 体力によって、筋力によって、
ヘッドスピードアップがかなり厳しい年齢、体力になっても
ロフト というモノをどう扱うか
というコトで飛距離は如何様に出来るかも?!
ということなのです。

それと同時に、長くしたとしても
自分の体力やヘッドスピードによっては
使いきれないロフト角度 と言うのが出てきますから、
逆に スプーンの方が飛んでしまう
と言うのもあるのです。

そこから考えると
 クラブに任せて「ボールを上げる」というのは
ゴルフにとってとても大切なコト ということになります。
自分の技術によって、クラブに頼らず
ボールを上げるのは ゴルフの中では最大の難易度 で
しかも、それは上げる代償として
 ミスの確率アップ
 飛距離ロス
 体への負担増
というのが付いて回ります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

ゴルフクラブは正しくは体の向きで動かします。
体の向きは背骨を軸とした回転動作です。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

アドレスを基本として
テークバックを取っていく過程で
体の向きを変えていくと
ヘッドは「IN」に引かれていきます。

多くのゴルファーはどこで聞いたのか
真っ直ぐ引こうとして、腕捌きで
ヘッドを真っ直ぐ引いてしまいます。
正しく出来ていなくて量自体は少なくとも、
体の向きは右向きになって行くわけですから
ヘッドを真っ直ぐ引くという事は
体からクラブ、グリップを離していくということに
なってしまいます。

ほんの5mなり、10mのグリーン周りのアプローチ
この練習、ドリルでクラブの初期の動かし方(移動のさせ方)
を覚えるといいと思います。

別の記事で書きましたが、
重量は 特に運動の始まりにとっては
そこに留まろうとする「エネルギー」です。
つまり体の向きでクラブを動かす
〜テークアウェイで右を向くとき
体の向きを変えて、グリップを移動させる量分と同じ
もしくはヘッド重量分ー
それよりも少なく
アドレス時からクラブ自体をスライドさせるように
「IN」に移動させる練習をするべき です。

スローな動作で これをすることは大変重要です。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

理屈で言うと
先端に質量の集中したものを
その移動根源であるグリップの移動「量」よりも
多く動かすという事は
結果として
 グリップの移動をどこかで止めなくてはならなくなります。
これが体の向きを変更を止め、
腕〜手でクラブを動かす習慣が付いてしまう「始まり」なのです。

同時に、長い棒の先に重さのあるものを
腕〜手というあまり大きくない筋肉で動かす訳ですから
初期クラブを動かし、グリップを止め
ヘッドに付いた「慣性」を利用して
テークアウェイを取る「癖」を付けてしまいます。

これによって「重さ」の間違った使い方も身につけてしまいます。

写真を見るとわかると思うのですが、
グリップとヘッドを同じ量動かしても
十分「円運動」に見える訳です。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
視覚的に円運動を造ろうとして
グリップの移動量よりも「重さが多い」ヘッド部を
多く、速く動かそうとする「概念」がスイングを壊します。

ヘッドの方をたくさん動かそうとすると
グリップを軸にヘッドで「円を描こう」とすると
同時にテークバック時点で逆フェースローテーションする事も
覚えてしまいます。
右にヘッドを回転させ、左にヘッドを回転させる。
言葉で言えば 往復二つの動作ですが、
行きと帰りでは速度も異なりますし、
ゴルフクラブヘッドには重心位置と言って
握っている棒の延長線上からずれた位置に重量点が
存在しているので、ヘッドの構造上 右に位置している
重心が 右行きと左行き では
まったく負担感も操作感も大きく異なります。

たった5m 手で投げても出来るグリーン周りのアプローチ

スイングの基礎をよくも悪くも作ってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


現場(コース)では、練習している時の
7割程度しか体が回らない ものです。
特に日ごろから、左腕、左手だけでテークアウェイして
いない人は、その差は更に増してしまい
特にラウンド後半になってくると余計
テークアウェイが浅くなる傾向になってきます。

スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)


上半身を捻らない、背骨を捻らない 
上半身を骨盤から上一体化させる
 と言う絶対条件の上で
日頃の練習から ちょっとオーバーなくらい
体を回しておく方が コースでもよく回るようになりますし
それは ラウンド後半ほど影響してきます。

お酒の上でのゴルフ談義などで
「体が硬くなってきたから 深くまで回らないよ」
みたいなことをよく耳にしますが、
左腕だけでテークアウェイし
背骨を捩じるのですから、それは回らなくて当然で
ストレッチ運動ならばいざ知らず
自分で自分のことを コブラツイスト している訳ですから
「体を守るため」自然に拒否するのです。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)


コースでも体をしっかり回せるようにするのには
骨盤から上を一体化させ動かすという条件の上
利き肘(右)によって 体の向きを管理する
利き肘の誘導によって、体を回す というのが
大変有効です。

腕であげなさい と言う意味ではありませんが、
左腕主体でクラブを動かすと
胸は縮められるように動くことになりますが
逆に右ひじでそれを管理すると
胸は開くような動きになってくるのです。

トップの位置の張りが『背中』というのは
それは"張り"と言うより 
回すことのできない部分なのですから、痛みの前段階と言えます。
体の向きの変更〜回転とは
股関節が境目になるのですから、
お尻や脚など股関節周りの張りが
回転の目安なのです。


体の前側が縮んで、背中側が伸びる 左腕だけの動きは
早期で体の張りを感じてしまうので
それを体が回っていると勘違いしやすくもあります。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)


体の向きの変更〜体の周りに対する「張り」は
骨盤〜大たい骨の 向き差を作る動きですから
「へそから膝の間の大きな筋肉」が感じるもので
左手だけでテークバック取るのは
へそから上ばかりが張りを感じる反対の動きです。

ともあれ、どちらへの回転もそうですが
肘で体の向きをコントロールする習慣をつけると
ラウンド、ラウンド後半も
しっかり体が回りやすくなります。

いつ?
上下左右も含めて どの方向に?
回転の大きさを決めるのも 上腕・肘の移動です。


ゴルファーの動作によるミスの原因の多くの部分を
防ぐことが出来るようになりますから 是非!
 レッツ トライ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ポンポンとすぐには変われないかも。。。だけれど
肘の使い方が変わるだけで
こんなにも変われる。。。と言う実例をご紹介しましょう。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)
以前のスイング…肘の使い方はこんな感じです。
後程「動画」をお見せしますが、
ワッグルの時点で、左手、左腕だけで
テークバックを取ろうとする素振りがありありで
結果、自分の上半身、背骨に対し 平行な位置関係で
あったゴルフクラブ、シャフトは
すでにこの時点で 垂直な関係 90度も立体的に
変化してしまっています。
一見すると ショットの準備として
テークアウェイ(バック)を取っているように見えますが、
基本、腕しか動いておらず
体の向きはその腕に引っ張られて動いたに過ぎません。

では ビフォア・アフターを
スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)
同じ人に見えない。。。
と言えるほど かなり画期的に変化しましたね〜
とってもいい感じ(*^_^*)

体の姿勢に対し、クラブが立った状態 になり
体自体もよく回るようになりました。

これがスゴイナ〜 と思うのは
片や うまく肘を使えていない画像は室内、鳥籠の中で
肘が使えるようになった画像はコースでのものな訳です。



若い力のある方ですので
以前も「当たれば」距離は出ていたとは思うのですが、
スライスも頻繁に出ていたわけで
まっすぐ飛ばすには ひっかけを打っていたのだと
思われます。
肘が下を向かなくなって、外目に張れるようになってからは
距離はもちろんのこと、
スライスをほとんど打たなくなったのではないかと
思いますね〜。

スナップショット 1 (2015-02-06 4-14)スナップショット 2 (2015-02-06 4-15)









二つのスイングでは
フォローの抜けていく
クラブの立ち上がっていく方向と言うか
角度があからさまに異なり
方向性も断然よくなっていると思われます。

色々な努力はあったとは思うのですが、
形だけ比較すると、
単に利き腕の肘が起きたか、寝ているか
それだけの違い。。。になるんですが
かなりショット、弾道、安定度 差があると思います。

がんばりましたね〜^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



コチラです
☛ 
http://blog.livedoor.com/10th/history/hbs


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ショットにとって
一番大切なのは
ドライバーで飛ばすにしても、
ウエッヂでアプローチするにしても、
 ロフト単体…ではなく
『ロフト効果の安定』です。

IMG_0724


多くのゴルファーは
インパクト時のロフト姿勢・ヘッド姿勢を
「ロフト」と信じ込んでいますが、
ボールの飛ぶさまは
 ボールの速度・角度・回転
で構成されるので
その安定化を図るのには
ヘッドの入ってくる道のり・軌跡も
弾道を決める大きな要素
です。

✋軌道とその軌道に対するヘッド姿勢で弾道は構成されます。

例えば インパクト時の
ヘッド姿勢が同じであっても
下降軌道でボールを捕えていれば
 ボールの速度は速く
 ボールの打ちだしの角度は低く
 ボールの回転は多め
 です。
上昇軌道でボールを捕えていれば
 ボールの速度は遅く
 ボールの打ちだし角度は高く
 ボールの回転は少な目
 ですので
二つは全く異なる球筋になります。
IMG_0726

そう言う意味で
 クラブの長さはヘッドの入ってくる角度・軌跡も決めるので
 ロフトの一部というか、
 弾道を決める大きな要素の一つなのです。


その弊害になっているのが
実は「映像」「視覚」だったりするのです。
それはまるでスイングを覚えようとしている人をだます
手品やトリックのようです。
それに騙されてはイケマセン!


スイングは体が向きを変えながら行います。
一旦 回転を始めれば、途中で止める方が難しく
フィニッシュに近づくまで断続的に向きを変えます。
そして、スイングの良い悪いはあったとしても
例え 振り遅れで在ったとしても
基本は、前傾姿勢があるので スイングプレーンは
斜めに傾き どこかに最下点があるのです。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)






ボールを打つ打たないを別にして、
前傾姿勢を無くせば、地面と平行な
平らな横の動きなのです。

スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)


ところが、 ↑ このような写真を見ると
スイングはまるで 下に振っているようなイメージを
想起させるわけですが、
実際には 下に振っているのではなく
その時期を逃さず 体の回転にともなえるように
クラブを移動〜スライドさせているだけ なのです。
スイングとはヘッドでスイング軌道を造るのではなく
体の回転によるスイング軌道に沿って
 ゴルフクラブ、もしくはシャフトをスライドさせるだけ
ということなのです。


体の回転の移動に伴う
 クラブのスライドによって
弾道に対する「ロフト効果は安定」します。

多少 ズレた時期に当たっても
ロフト効果に大きな差はありません。
スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)
スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)



(下側の写真)これを 体の回転とは別に
下に振ってしまい、それは円弧ですから
その先には上に振る も待っています。
よって インパクトの時期がずれてしまえば
下降軌道〜上昇軌道と幅を持ち
全く違う「ロフト効果」の
全く違う「球筋」になってしまうのです。

体の回転で造る円弧と違い
手で造る円弧(下に振ってしまって)では
例え 下降軌道であっても
クラブのオリジナルの長さ効果が
毎回ばらけてしまうので
(円弧による入射角度や円弧の大きさが一定しない)

そのクラブの持っている ロフト角度・長さ・ヘッド重量
という球筋を決める要素を発揮できなくなってしまいます。

これでは飛びませんし、
番手の差がはっきりしませんしません。
クラブにとって 最も大きなその要素を使っていなければ
クラブを買い替えても 違いは当然出て来なくなります

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テニスとか、バトミントンとか、卓球もそうでしょうか
正式な称号は分からないのですが、とりあえずドロップショット
というのがありますよね?!
ネット際にポトッと落とす奴です。

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)






こんな風にラケットを使うイメージですよね?!

動かし来る面をフェースでなでるように
クラブを扱うと、そのドロップショットになる訳です。

で、ドロップショットって
スピードを速くすると、それは距離になりますか?

なりませんよねぇ

より強くドロップショットになって、
テニスであったら、バウンドして、もう一度
自分のコートに返ってくるかも…

そう、こうやってフェースを使っている限り
どんなにスピードを上げても、スピンが増えるだけ
ボールには推進力も付きませんから
ボールは高くも上がりません。

へっど、フェースを動かすイメージはこちら
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






とりあえず ロフトは0度と仮定して
クラブを扱うことが肝心です。
ロフトはクラブの仕事。
自分でロフトを作ってしまっては
クラブの意味、番手の意味がありません。

ふたつを並べて比べてみましょう。
スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)






スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)スナップショット 14 (2013-07-04 23-39)






この使い方をすると、肘の使い方にも違いが出ます。
ロフトを開く使い方では、肘を伸ばすと
クラブが自分から離れる⇒クラブが長くなります。
クラブは長くなるとより重くなりますから
より遠回りして、より遅れて、より開きます。

またスタートの状況で、ロフトを開いてしまえば
テークバックやトップの位置でロフトを開いてしまえば
クラブは閉じている状態よりも重くなります。

重くなって、遠回りするんですから
インパクトは体の正面で合流。。。なんて不可能です。

重くなって、遅れるクラブ…
肘よりも手の部分が遅れてきます。
重くなったクラブによって、右サイドは下がりますから…
開いているロフト、下がった右サイド…
飛ぶ理由が見つからない。。。

前述の通り、スピードを上げたとしても
ドロップショットはドロップショット・・・

おっと、忘れちゃいけないのは
体なり、腕でスピードを上げれば
その二乗倍、クラブは重くなるんです。

ヘッドの重さが重力で落ちる力は
ボールを目標方向に飛ばすのには使えない。
残念ですが、ボールはソールでは打ちませんから…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフが良くなっていくのには
少々現実的でシビアな話になるかと思いますが、
『出来ることを行う』
というのが、とても大切になります。

飛距離に関しても
練習場などでは 5番アイアンが
160ヤードや170ヤード…と思える時もあるけれど、
車の最高速度と巡航速度にも差があって
平均して『出せる』『可能』な飛距離 というのを
しっかり把握する必要があるでしょう。
夢を!という気持ちは分からないではありませんが、
現実には出来ることしか出来ません
rimg0064

例えば その5番アイアン
平均して 150ヤード としましょう。
この時期 11月終りの小雨交じりの寒いラウンド、
17番ホールに来たとします。
かなり疲労も溜まっています。

160ヤード強 のキャリーが無いと
池越え、谷越え しないとすると
かなり打つクラブが少なくなるでしょう。

選択肢がない場合を除けば、
この場合、一番の問題になるのは
ショットの是非 ではなく
自分の判断、自分自身をどう見るか
ということになります。
打つ行為そのものよりも 事前の判断の方が
結果を大きく左右するのです。



よほど 若い元気な人でない限り
このシチュエーションで いつも通りの
自分の平均値のショットの距離や確率が
発揮されにくいでしょう。

high-buildding-in-nyc-16

よくあるこんな例もあります。
ミドルホール、ドライバーショットはそこそこで
フェアウェイの悪くないところから
130ヤード程度のショットを打ちました。
ちょっと こすり気味になり
グリーンには届かず、バンカーの手前のラフに落ちたとします。

バンカー越えのショットで
ピンは割に近めです。

理想ではフワッとしたショットを打ちたい
のはヤマヤマですが、
それが高確率で出来るのであれば
その前のセカンドショットをここに打たないでしょう。
l064-e1402138366603

割にチャンスのシチュエーションで、ミスをして
精神的にマイナスになった状態で
その フワッとしたショットをトライするのには
かなり無理があります。

総合的に自分を判断し
グリーンに乗れば良し! と言うショットを
選択するべき✋でしょう(^^)/

0-0763-1388

✋スイングを良くしていくのも同じ です。

今 こすり球が多く、飛距離を伸ばしたいとします

多くの人は ☆飛距離=☆ヘッドスピード
 と考えがちです。

ところが ドライバーですら
 ヘッドスピードが2ms増えても
  ☛6〜7ヤード程度しか伸びません。

(ヘッドスピード以外は同じ条件で)

 ヘッドスピードが2ms伸びたところで
 10ヤードも変わりは無いのです。


✊特に飛距離不足に悩んでいるゴルファーの場合、
 こすって ロフトを寝かして打つ傾向が強いので
 飛距離は伸びず、高さやスピンばかり増えたりします。

これがアイアンになると
更に伸びる量(飛距離)は減ります。
場合によって ヘッドスピードが4ms 伸びても
ひと番手分飛ばないケースも少なくありません。

私達 オジサンゴルファーの体力や持続力
運動神経・運動性能を考えて
平均で ヘッドスピード2ms 伸ばすのは
非現実的、不可能に近い所業です。
ましてや 4msなんてほぼ神技に近い…。

ところが ヘッドスピード2ms増えて
5ヤード飛ぶようにするのと同様に
インパクトのロフトを2度 立てられれば
同じ距離増える(伸びる)のです。


どちらが現実的でしょうか?
IMG_0518

多くの場合がそうですが、
ショットの飛ぶ方向やショットの是非
そう言うものを スイングが始まってから造る よりも
スイングをする前、構えに入る前の判断や心づもり
の方がよほど重要で影響が強いのと同じように、
スイングを造っていくのを
運動しながら、それの成熟を待つ のではなく
「自分にとって一番出来そうななのはなんなのか」
をしっかり把握する方がよほど重要なのです。

飛距離への憧れは否定できませんが、
その飛距離を「力技」「筋力」ではなく
  「知恵」で解決するのが
ゴルフの面白みなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
振り遅れ防止のため、意識して頂くことは

腕やクラブが体の回転と同期させるために

201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)








同時に動かそうとすると、腕やクラブの重さの慣性の増加や

 切り替え指示の方向への慣性が残るので
 体の回転に取り残されがちです。

 特にダウンスイングは弱い方の腕が前にあるので

 クラブの増えた重さを支えるのに右腕に頼りがちになります。

 

 そこで テークバックの時点から

 その全く反対の手順でスイングを始めて下さい。

 
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)








 まず 体の動きは止めたまま、アドレスの向きのまま

 グリップを左右どちらかに動かさず

 自分に向かって 少し高くします。

 太ももの前にあったグリップを
 みぞおちの高さに上げるような量です。

 シャフトの縦の角角度運動が起こりにくいよう

 グリップを上にあげた分だけのみ ヘッドも高くしてください。

 

 それが完了したら 右を向きます。

 

 そうすると クラブや腕に慣性が付かず

 体の右向きが終わると
 クラブの移動もぴたりとそこで終わります。

 慣性を付けませんから、自分
 の好きなポジションを造ることが可能です。

 

 今までと全く反対の手順です。
☛手順として非常に違和感を感じるとは思いますが
 ほとんどのゴルファー、全員と言って良いゴルファーは
 この全く逆の手順…ようするに手と体が
 全く別な時間で動いているのです。
 それを合流〜一つにさせるためのドリルです。


 

体の回転は 体ではしないコト!

 体の向き、骨盤の向きの変更は

 両方の上腕や肘によって管理してください。

 の話と似ていますが、

 進行方向側の上腕を動かすことによって

 体の回転が後追いするような形です。

 スナップショット 1 (2015-04-06 2-07)

 テークバックの時
 右ひじを外に張ることによって

 今までより体の右向きがし易くなった実感が
 あると思いますが、

 それによって 必要以上に左腕が呼ばれてしまい

 左側帯から左上腕が右に離れてしまえば
 結局、振り遅れの原因になりかねません。

 

 ですので 右ひじを外に張るのと同じよう

 テークバックでも 左肘も外に張って

 右ひじに呼ばれるのは 左前腕だけにすればよいのです


https://www.youtube.com/watch?v=SI40eBv1WHk


 テークバックの初期の段階で よく左上腕をご覧ください。

 

股関節を境に
 骨盤から上を上半身、
 股関節から下の脚を下半身 と定義すると

 右向きの時の前傾姿勢は 
 その軸足である右足/右股関節にあります。


☛ダウンスイング初期
 右の腕も手伝いますが、体は右を向けたまま、
 逆にダウンの方向ではなく、

 テークバックの方向に
 体をもう一度より深く向ける位の意識で
 右向きを残し

 左の上腕・左の肘をクラブの重さ通りの方に移動させ始めます。

 

 左が低く、右が高くなっていますので それを利用して

 『結果』斜めに移動させるのですが、

 移動方向は トップ時のクラブの位置や姿勢に作らせるべきで

 動作で方向を造ろうとしてはいけません。

 

 唯一気にしなければいけないポイントは

 体から離さない、クラブが重くなり、

 遠心力が掛かって離れやすくなることを考慮すると

 より一層体に近づけておいて正解です。

 

 ですので ダウンの左上腕の『先の動き出し』

 グリップを自分の胸やみぞおち に近づける感じで覚えます。

 体の向きが変わっていく進行方向・移動方向とも
 合致しています。

 

 ほんの少し(数センチ分)先に動けばいいのです。

 低くなっている左の太ももの先 辺りまで移動させる感覚です。

 そうすると腕も含めて 重さが左足に掛かり始めますから

 その時点でその重さに従って 左にズレて下さい。

 

 無理に頭も残さず 頭ごと左足の方に移る感じです

 

 そうすると 右の股関節の回転差は解かれ

 軸足が左へ、前傾姿勢が左股関節へ移行されます。

 マットにボールをフェースで押さえつけようとする感じです。

 

 左の股関節に前傾が移り、重さが左足に掛かったら

 止まることなく 左を向いて下さい。

 骨盤の向きでグリップの移動を継続させてください。

 ☛多くの人は インパクト前後でグリップの移動を
  止めてしまいます。
  (ヘッドがグリップを追い抜く と勘違いしてるから?)
 ☛また 体が先行して振り遅れているのに
  体を開くのを避けたいので 体の回転も止める傾向が
  非常に強く、とても体にとって危険な動きになります。


 ヘッドのことはユルユルにして置き去りにする 
 と言う意味ではありませんが、

 忘れてしまって結構です。

 

スナップショット 2 (2015-09-05 1-33)

 グリップをどこを通すか それがショットです。

 ヘッドとグリップの距離のズレはありますが、

 練習によって グリップをこのあたりを通過させると

 ボールとヘッドがぶつかるんだ という感覚を覚えなくては

 ショットは良くなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

骨盤の右向きが足らず、
切り返しからクラブが寝ているのが残念ですが、

その原因は大きく二つです。

 

一つ目は テークバックの取る時の腕使い です。

テークバック時での クラブを左手で持って、動かされています。

右手は添えモノ の状態です。

そうではなく、右手・右腕でクラブを持ち、

右ひじの外への張り
右ひじの背後方向への移動を主に右手とクラブをリンクさせ

左グリップはその補助 とすることです。

 スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)

左手は右手よりも弱く、右手よりも大きく曲げませんので

クラブの長さによる重さ、

向きを変えた時の不可抗力(遠心力)・重さに弱いです。

右ひじを外に張ること自体はとても良いことですが、

それに伴って、左手が右に呼ばれ過ぎてしまい、
左脇(側帯)を大きく外れ

この時点で振り遅れが始まっています。

そして それによって起こるシャフトクロスのせいで

切り返しからダウンスイングで その戻しの動き、
その重さによって
体からグリップが離されてしまい、

遠い道のりのため時間がかかり、
振り遅れがより増す形になっています。
 

 

 というのを 試打クラブで試しながら やってみてください。

 シャフトクロスそのものが悪者と言う訳ではありませんが、

 如何に 重さを感じず クラブを動かすと

 のちのち その重さによって動作は決められてしまいます。

 どの場面において 両方の手、
 各各の手にどのように重さがかかると

 この場所に行き着き、こうなるとそこに行き着く というのを

 それを利用して覚えてしまいましょう。

 

 左手が右に呼ばれ過ぎないようトライしてみてください。

 シャフトクロスを防げれば 
 ダウンスイングでの遅れはかなり解消すると思います。

 

惜しむらくは インパクト直前からフォローにかけて

体(骨盤)の向きの変更が止まり

肩だけが動くので
 しゃくり打ちのような形になってしまうことです。

その部分においては 切り返しから

まず、体は右を向いたまま、グリップが重さで動き始め

その後もスイングが終わるまで 腕の動きを体の回転が引き継いで

継続して グリップを移動させる、
グリップの移動を止めないコト、

ヘッド移動はグリップの移動量・方向・速度で管理
することを意識してください。

 

006

二つ目はそれに関連しますが、

 こちらに比べると 
一つ目の課題は小さなコト、と言えるかもしれません。

スイング全般にそうなのですが、

 体が動いている間は腕の動きが止まり

 体が止まってから腕が動き始める

 体→腕 と言う動作の順序が見られます。

 長年のゴルフの癖、なのだと思うのですが、

 多くの、ほぼ全員のゴルファーがこのパターンです
(それを自覚していない点が一番の難点でしょう…)

 この動作手順では 体の回転、向きの変更によって

 クラブや腕に慣性の重さの増量が生まれてしまいますから

 言葉悪く言えば
 意図的に『振り遅れ』を作り出すための手順とも言えます

 4190-1-2

 おそらく スイングは円、丸く振れ、
遠心力を造れ、ヘッドの重さを利用しろ

 その手の言葉によって
 いつの間にか自然に形成された動かし方です。

 始めに体の回転に腕やクラブに動きの慣性を付けさせ

 体を止め、その慣性を利用して腕やクラブを動かす。

 その手順が 
自分のスイングそのものになってしまっているように思えます。

 厳しく言えば テークバックの時点で

 遠心力などの不可抗力を使って、
楽をして、手抜きで腕やクラブを動かしているツケ

 が振り遅れというコトになります。

 自分の腕!は勿論、少なくともテークバック時では

 クラブの移動、姿勢などはあらかた管理していないと

 その先のダウンスイング、インパクトは 
高速になり重さも増しますから

 当然 より管理し辛くなります。

 腕もクラブも管理されていないのに 
飛ぶ球を管理するのは不可能です。

 

        ➡続く

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ