◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2017年10月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを効率よく、美しく飛ばすのは
ヘッドの下降過程にインパクトを迎えるのが理想です。

それは緩やかであったとしてもドライバーも同じです。
ティーアップされて、左に置いてあるから
結果として、レベルや微妙なアッパーになるのと
意図的にしゃくり・煽り振り(アッパー)に振る
のとでは 大きく大きく異なります。
IMG_0610

ボールの縦回転/スピン量のメカニズムは
 静止画像での ヘッド姿勢は同じでも

✊上から入って来れば
 出球ー低め スピンー多め 速度ー速め
✊下から入ってくると
 出球ー高め スピンー少な目 速度ー遅め

になります。

同じクラブであっても かなり違う球筋・球質です。

一見すると スピン過多に悩むアマチュアは少なくないので
下から入ってくる『煽り打ち』の方が
スピンが少なくなる ので良さそうですが、
打ち出し角度が必要以上に高い ということは
 ボールの実質移動距離が平行距離と乖離しており
水平方向に対するボールの移動速度が遅くなるので
全く意味がありません。
u=380704500,3118260285&gp=0

また、ティーアップされたボールはなんとかなりますが、
ドライバーを除いてほとんどのクラブは
地面に置いてあるボールを打つのですから
その 弊害を考えると、
ドライバーショットが10%余計に飛んでも
良いことはないと言えます。
(実際 煽り打ちで飛ぶ平均値は
 正しい上下の軌跡で入れるより落ちます)
バンカーショットに大きな問題
アプローチにも大きな問題 が生まれ
体を酷使し、とても負担が大きい割に飛ばないので
なにひとつ良いことはないと言えます。


ボールを上から打つ
ということは 左サイドの低い
右を向いている時に打つ
ということと同意語です。

ボールに横回転の入るメカニズムは
ヘッドの軌跡次第です。

同じヘッドの向きをしていても軌跡が
ボールに近づいていく のと
ボールから離れていく のでは
全く逆の回転が入ります。

IMG_0548

つまり 体の回転に対し振り遅れ
体が左を向き始めてから ボールを打つ状態では
より ヘッドの向きを左に向けないと
右回転を抑制する、抑えることはできない のですが、
右を向いているうちに
ボールに近づいていく過程で インパクトに入れれば
見た目、ヘッドがやや右を向いていても
右回転は入らないのです。
IMG_0549

することが少なく出来る ということなのです。


一番 悪いのは
ヘッド軌道の最下点、ボトムでとらえようとするイメージです。
ボトムでとらえようとすると
距離や高さに対する ボールの球質も種類が豊富、
左右の曲がり・回転に対する球質も種類が豊富、
になってしまい安定しません。
距離の管理はスピン量の管理とも言え
打ってみないと スピン量がどうなるか
始めから分かりにくいショットでは戦略し難いでしょう。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

意識していない人は多いですが、
ヘッドがグリップを追い抜き、
グリップエンドが体の右を向いたら
それは イコール 上を向き、体が開いている
というコトです。
それを意図的に、腕であろうが、肩でやろうが
やろうとしている ということは
自分から しゃくり打ち、体が開いて打つ
典型的なアウトサイドイン をしている というコトになります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は インサイドアウトやアウトサイドイン など
スイングを上から見た状況を気にします。
IMG_0685

しかし、それは冷静に見ると
自分の立ち・スタンスを向きを基準にして
インなり、アウトなりを指している可能性が否めません。

正しいスイングは アウトサイドアウト
もしくはインサイドインなのですが、クラブは構造上、
インパクト以前は短く見えるように使われ
インパクト以後は長く見えるように使われるので
他人の目からは インサイドアウト に見えるに過ぎません。

ボールは無機質なモノです。
打とうとしている人の アドレス、スタンスの向きなど
全く関知しません。
例え アウトサイドイン という
自分のスタンスの向きに対して
 そう振ってしまったとしても
ボールにとっては 単にその方向への物理介入が
あったに過ぎないのです。
その「振りなり」のスタンスに立って打ったのと
 大差はないのです。
IMG_0755

俗に言う
 
アウトサイドイン というのは
  スタンスの向き通りの
   体の回転でボールを打っておらず
    振り遅れていることが問題
で、
軌道を治すことが重要なのではありません。
振り遅れている状態で
ヘッドの軌道を治しても 何も解決しない と言えます。

体の回転通りに打とうとしないと
その スタンスの向きの意味が無くなってしまうから です。

そして スイングは本来
クラブやクラブヘッド、自分の体の重さも利用して
下方向にそれを使ってこそ のモノです。

スイング動作には 前傾姿勢があるので、
右を向いている間は 左サイドの方が低く
左を向いている間は 右サイドの方が低くなります。
その 高い低いの関係を利用するには
インパクトは概ね 右向き〜正面 辺りに持ってきたいのです。
MVI_0741_Moment(6)

そう言う意味で
アウトサイドイン というのは
✊体が正面を向いて『から』振り始める 
✊スイングにとって一番美味しい時期を失って『から』振り始める

から、お薦めではない ということなのです。

科学的が全てではありませんが、
そこを踏み違えてしまうと
治すつもりが より深みにはまる可能性が否めません。

より効率よく飛ばすには
進行方向が低い「時期」に
インパクトを迎えるイメージ
ボールにアプローチするイメージが
とても大切です。

それが巡り巡って スイング軌道の概念 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングを造ったり、直したりする時、
 どう考えて言ったり良いのでしょう?

確かに ショットはヘッドとボールと言う
物理的な衝突によって生まれますが、
全部が全部、科学的、物理的には解決出来ません。
IMG_1150

何分 それを行うのは
 運動不足がちなおじさん・おばさんゴルファーが
中心だからです。

ただ 動作を造る際、
物理的な理由 と言うのを考慮に入れておくべき です。

よく弊社のお薦めしてるテークバック・トップを
「フライングエルボー」だ と仰る方がいますが、
では質問したいのは
「それがフライングエルボーだとしても、
 なぜフライングエルボーがダメなのですか?」
「逆に 右ひじを下に向けクラブを寝かすことの
 メリットはなんですか?」
と。
dW l (2)_Moment

✋右ひじを外に張るのはクラブを寝かさないため です。
 クラブを寝かさなければ ダウンスイングの始動で
 クラブやクラブヘッドの重さが動作に利用できます。
 クラブの行きたがる方向と自分の行きたい方向に
 差が出るのが、無意識の『リキミ』の原因になるからです。
 また 進行方向が右のテークバックで
 右サイドが止まると 左肩や左腕だけが動き、
 背中の突っ張る にせものの体の回転が出来がち です。
 ですので 右ひじなどの前輪駆動の形で
 テークバックを取った方が良い場合が少なくないからです。

✋テークバックで左腕を突っ張らないのは
 グリップが体から遠くなると重くなるからです。
おじさんは重さに強くないですから。

high-buildding-in-nyc-16

最近、とみに気になるのですが、
ゴルフは趣味であり、楽しみです。
他の人に多大な迷惑をかけない限り、
個人が何をしようが、どんなスイングをしようが
自由です。少々、オーバーですが、自分の為に遊ぶのです。
他人の目を満足させたり、
何かにわざわざ属したりする必要は
一切ありません。
『なぜ ヒトと違うスイングは駄目なのですか?』
『なにか 迷惑ですか?』
『人と違うクラブを使うのは駄目なのですか?』

インパクトで
「結果として」左腕を伸ばすのは
 体の正面でボールを捕えたい と言う意味です。
しかし、左腕を伸ばすことを優先し、
体の回転を止めたり、右サイドが突っ込むようになったり
右腕の方が伸びていないのでは本末顛倒も良いところです。
確かに、型を覚えた方が良いタイプの人も
いるでしょう、それは否定しませんが、
全員が全員そうではありません。
結果として 左腕が伸びるようにするには
 ほかの要素で解決するべきです。
インパクトでかかるボールの荷重や
それに伴う 運動の負荷による減速を考えると
イメージとしては左腕を曲げてインパクトを迎えておいた方が
左サイドの高さや開きも防げ、結果 左腕は伸びるでしょう。
そう考える方が オジサンゴルファーの実情に合っているような
そんな気がします。

科学的な思考やオジサンゴルファーの実情を
考慮にいれて、自分なりのスイングを構築するのは
それはそれで 一つの楽しみ です。

多くの人は 型を作ってスイングを造ろう とした
スイング造りに失敗している現状を考えると
もうすこし 思考を使ったスイングを造るべきでしょう。

自分は自分の作った唯一のスイングで良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スタンスの向きは安易に考えてはイケマセン

ミスショットのほぼ半分の原因が
 ここにあると言っても決して過言ではないでしょう。

ボールの置き位置、地面にあるボールを打つ時は
 理想的には 左靴のかかと付近です。
002

そこを基準にして
 スタンスを向きを右に取ってしまっていると
ボールの位置が左にズレてしまうのと同じです。

向きは別にして、単純にボールの位置を
 1個分右左にずらしても
ミスショットの確率が大きく上がりますが、
無意識の スタンスの向きの間違いは
ボールの位置を 数個分も簡単にずらしてしまいます。
005

効き目の問題もありますが、
近くの距離よりも 遠くの距離を打つ時ほど
目標が取りにくいのもあり右を向きがちです。

ボール・クラブヘッドの目標と
スタンスの向きの目標は平行で交わらない関係ですが、
近い時は取り易いスタンスも向きも
遠い距離を取る時には その平行な関係が災いしたりします。
yjimage

ドライバーでは ボールとスタンスの距離間は
1m強程度ですが、
例えば ヘッドがピンを向いているからと言って
その左1mを目標にしたのでは
右を向いてしまいます。
人間の目の認識上、平行な線は交わってしまうからです。

150m、200m先では
目標がピンなら その10mも20mも
スタンスは左を向いていて正解です。

平行ですが平行ではない…ということです。
IMG_0755

近いモノでは上手に構えられる(向くことが出来ても)
遠い距離になると右を向いてしまう というのは
番手やクラブ、打つ距離によってボールの置き位置が
動いてしまうというコトになり
ミスショットを誘発する非常に大きな原因になります。

ご注意ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


u=3040139078,2324990219&gp=0

 

仕事もないし、出来ないし、棺おけに片足突っ込んでるし。

朝の3時には起きるし、暇だし。

で、ブログをはじめから読み返してみました。

いろいろ目から鱗がぼろぼろ落ちました。

前回投稿したのが平成15年でした。

横須賀には年に二回くらい詣でていますが。

 

初めて行ったのはお店の金網の向こうが米国だった頃です。

お店に行ってもクラブを握ることがないことが多かったような。

ゴルフも年に2回のコンペの人数あわせに参加する程度です。


しかし、大好きだったゴルフがこれでよいのかと
昨年からレッスンに年に2回ほど通いき始めました。
年2回かよ。

u=1496909236,281788952&gp=0

週に2回はラウンドしていたころは、
デビルイシイと呼ばれていましたが。ちょっと自慢。

あらためて刷毛塗りからはじめました。


クラブの女王さまはおっしゃいました。

『坊やいったい何を学んできたの。

わたしだってわたしだって疲れるわ。』

はい
今まで女王王様のおっしゃることがちんぷんかんぷんでした。

最近すこしは聞こえるようになりましたが、
だんだん耳が遠くなって申し訳ございません。

わたしの話は耳で聴くのではない。
心で聞くのだ。
心で感じるのだ。
考えてるうちはまだまだゴールは遠いな。

06

あーチェッカーは

まだかーーー耐久レースのゴールはまだかーーー。

まずは刷毛塗りからです。

 

お寺の鐘がゴーン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人が間違ってます。
この勘違いがスイングを壊している
もしくは作り間違えているのを多く見かけますし、
それを理解していないレッスンプロも少なくありません。

トーナメントを解説している元プロでも
よく理解していない人もいます。

とても重要なポイント、概念です。

IMG_0549アドレス方向、目標方向が
黄色い矢印として
ヘッドの移動している軌跡
に対し ヘッドの向きが
スクエアならば
ボールの横回転は入りません。
(実際には不可能に近いです)

ですので、
正しいスイングでは
体が右を向いている➡正面を向く
という過程の中でインパクトに入りますから
飛球線に対しては やや右を向いた状態 というのが
正規なダウンスイングです。

この軌跡、移動線、俗に言うスイングプレーンに対し
✋フェースが左を向いていると ボールには左回転
✋フェースが右を向いていると ボールには右回転

が入りますが、入りますが、入りますが、
これは単に 左右のボールの横回転に過ぎません

一般的には 右回転 イコール ボールが捕まっていない
と言われますが、ある意味 大間違い です。
(ある意味なのは後ほど説明します)


ボールのつかまりは横回転と直接的には関係ないのです。


スイングは立体ですので
これと同じことが ロフトにも発生します。

その時のことを理解するのに必要なので
 こちらを先に読んでおいてください
👉http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1948587.html


555
そのクラブの 正規なロフト作用 とは
そのクラブの長さによって 作り出される前傾姿勢分
(厳密にする必要は一切ありません)
上から入ってきます。
それに対し、シャフトが飛球線・左・進行方向前に
傾いた状態でインパクトに入ってくるのが正規な状態です。
(ロフトが立って見える状態〜見た目/ハンドファースト)
それよりも シャフトが前に、
  飛球線に傾いていない状態をロフトの寝た状態、
それよりも シャフトがさらに前に、
  飛球線に傾いた状態をロフトの立った状態、
と言います。

これが「ぼーるのつかまり」
 「ボールがつかまらない」です。
IMG_0482

よって インパクトが
このような状態では
正規のロフト作用にならないので
ボールが捕まりません。


これがゴルフクラブの構造上、
ロフトが立たない➡ボールが捕まらない
のと フェースが軌道に対し開いてしまう が
非常に関連しているので
つかまっていない時、右回転が「多い」に過ぎず、
左回転が入っていても、つかまっていない球は存在します。
IMG_0481

よって スイングとしては間違っていますが、
フェースターンとは フェースの向きを変えている
のではなく、
ロフト具合を変えているのです。
フェースターンそのものは脳みそ筋肉の人以外には
お薦めしませんが、その左右と上下の目的を間違えて
それをしようとすると絶対に答えは出てきません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近、とてもよく耳にするゴルフ用語です。

このスイングプレーンのというものに
基礎的な、そしてとても重要な齟齬というか、
勘違いというか、はっきり言えば
「大変大きな間違い」があると思います。

この写真をご覧ください。

IMG_0684この写真は
ヘッドの通る軌跡、軌道に
仮に線を付け足したものです。
撮影の為、
クラブは地面に置いてありますが
アドレス時の体の正面を想定して
撮影したものです。
黄色い線は 仮定ですが
ヘッドの通る軌跡を表しています。
このヘッドの軌跡は 結果的には円弧
滑らかな曲線になる訳ですが、
多くの人は この曲線、もしくは円弧
を自分で作り出そうとします。

伝わりにくいかもしれませんが、
想像力を働かせて、考えてみて下さい。
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)

理想論ではありますが、
スイング上でのヘッドの軌跡は
前傾姿勢があり、体が回転するから
斜めの円弧になります。

ボールを打つ、打たない、を抜きにして
素振りで考えると
クラブ自体を全く動かさず
自分が傾き通りに回れば、向きを変えれば、回転すれば
その円弧、斜めの円弧は描かれるのです

クラブ自体を全く動かさず…とも、です。

ゴルフクラブの構造上、打撃部分のヘッドにはロフトなどの
角度があり、それが距離や方向を決めるとても大切な
ショットのカギになる要素です。
人間ですから、ミスは当然ついて回りますが、
それを前提にしても、出来るだけミスの出にくい
ショットにばらつきの無い方法を模索しておくべきでしょう。




つまり ゴルフスイングは
クラブ自体を動かすのではなく、
クラブ自体は動かさず、
クラブを持った自分が動くコト
です。

ヘッドの描く軌跡は
からだが向きを変えるから 円弧になるのであって
それを手先に繕うモノではありません。
445
このように グリップの移動分だけ
ヘッドを動かしても 結果としては
円弧になって行くのです。
413
こうやって 自分の作為によって
円弧を描くと それは全く別なものになってしまいます。


特にほとんどの人は 下方向、
地面に置いてある低い位置にあるボールを打つのに
下に届かせたいのか、下に円を描こうとします。
スイングには前傾姿勢があるのですから
体の回転通りに進行していけば
時間とともに斜め➡下方向へも動くのです。


001

002

本来は 体の廻りを止めず、グリップを移動させれば
結果として 届くし、円弧も描けるのに…。

その下に振る、届かせようとするイメージは
体を上に向かせ、開かせます。
そして それは最下点を右にずらす(ボールの手前)
するだけでなく、煽り打ちを作り出すイメージなのです。
IMG_0491

全く何もしない という訳ではありませんが、
下に振ろうとする、届かせようとする振りに比べると
殆ど何もしないで ただ回転してグリップを移動させるだけ
なんだ というのはとても大きなスイングの基本です。

ショットにとって 一番高速になり
一番決め手になる 打撃・インパクトの直前で
それをする(下に振る)と複雑に多重に
体の姿勢やらいろいろなことが影響を受ける
とても難しいことをして、その成功率を上げよう
というのは おじさんアマチュアゴルファーは
目指すべき道ではないと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



スイングプレーンに関連しますが、
これに関しても 大きく勘違いしているのでは
ないかと思うのです。

それがハンドファーストです。
スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)

ハンドファーストの話をする前に実験を...
鏡やガラスの前で自分で実際にやってみて下さい。

クラブを持って立ちます。前傾は要りません。
グリップエンドをベルトやへそに固定します。
シャフトは地面と平行、体とは垂直の関係です。

ベルトやへそにグリップエンドを付けておく以外
腕は一切何もせず 固定です。

右を向きます。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)

鏡やガラスに写る風景は
『ハンドファースト』に見えます
鏡は逆ではありますが、
打つ方向にグリップがあり、
ヘッドはそのクラブの長さ分後方にあります。
(直立したまま、クラブ・シャフトは地面と平行です)

仮定のインパクトを経て、
左を向きます。
腕は何もしません。
グリップエンドをベルトに固定したまま です。

鏡に映る グリップとヘッドの相対関係は反転、
逆転しました。
仮の飛球線に対しては ヘッドの方が前にあり
グリップの方がその長さ分、後ろにあります。
IMG_NEW


で、質問です。
「ヘッドを返しましたか?」
「手を返しましたか?」

な訳ありませんよね、
単に体の向きを変えただけです。

 別件になりますが、別の意味でのこの「お遊び」
 その時、ヘッドをクラブの長さ分の弧を描かせると
 動かした量、動かした速度分、クラブヘッドの重さは
 増しますよね?
 ➡その重さが増えた分、体は必ず左に、上に引きます。
 引いて その重さが掛かった分調整をします。
 ですので、正式な形でこの「お遊び」をするのは
 グリップの移動した量分、移動した速度分しか
 ヘッドを動かさず、ボールを打つことをすれば
 クラブヘッド、クラブの重さの加算分は
 それに比べると大変少ないので
 自分の思った通りにクラブが動かせるようになります。
 クラブを振ってしまうと 自分はクラブのおもちゃ(従者)
 になってしまうのです。




元に戻りますが、
ですので、ダウンスイング〜インパクトにかけての
『ハンドフェースト』に見えるのは
体よりも無理やり 手を前に出しているのではなく
(遅れて打っている人は訓練として無理やり…も必要です)
『右を向いている時間』だから
そう見えるに過ぎないのです。

だから ハンドファーストの件で問題なのは
右を向いていないのに
インパクトでハンドファーストに見えている ことで
それは単なる「振り遅れ」「手遅れ」でしかありません。

2276add6


ですので 例えそれがプロのスイングであっても
この体の向きの時に
ハンドファーストになっているのは
スイングの参考にはならないのです。
この体の向きであれば、
ヘッドの方が前に出ていないとイケナイ…
つまり もう既に打ち終えていないとイケナイ…
単なる 振り遅れに過ぎません。 

これは ある種、特殊な教科書的ではない
特殊な個々の打ち方です。


スイングは本来、
体の向きが主になってクラブが移動します。
多くのゴルファーは
自分のスイングの参考にする為、
画像や動画などの視覚要素を参考にしますが、
その見方が間違っていると
スイングではなく 別なモノを作ることになります。

スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)この角度からの撮影のおいては
右を向いているから
 ハンドファーストに見えるに過ぎず
左を向いている場面では
当然 ヘッドファーストに見えます。
ただ それだけ です。
ヘッドを意図的に遅らせたり
ヘッドを返したり
と言う行為を指しているのではなく
ダウンスイング➡ボールへのアプローチは
 右を向いている時間にしましょうー!

というのが「ハンドファースト」の真意なのです。

例えば ↑上の写真であっても
体の正面からの撮影に変えれば
グリップとヘッドの左右位置関係は
アドレスの時とさほど違いはありません。


o0361056812059034776
藍ちゃんのこのフォローでも
この何コマ前は ハンドファーストに見えるコマ
になっているでしょうけれど、
ここでは ヘッドの方が飛球線に出ます。
前に出る形ですが、
ヘッドがグリップを追い越したのではなく
単に 左を向いたに過ぎません。

cap02
画像を体の正面に合わせ
正面から移動しながら撮影すれば
グリップとヘッドの左右位置関係は
殆ど何も動いていないのです。

それを 手さばき、肩さばきによって
造ろうとすれば 同じ動作を作り出すことは出来ません。
そこを間違えてはいけないのです。

だから 実際には
スイングテクニックに・技巧として
「ハンドファースト」というのは
存在しないのです。

それは単に体の向きが
 どっち向きなのかを示している
  用語に過ぎない のです。


    (^^)/ またね〜

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



軽いヘッドのクラブを使っていると
その軽さでも遠くに飛ばす
ヘッドスピード重視のスイングになります。
速く振らないとクラブそのものに
打撃力・破壊力がないから です。

特に可哀想なのは 意外かも知れませんが
ヘッドスピードで誤魔化しにくい
パターやアプローチ、バンカーショットです。
IMG_0002

あたりまえですが、パターやアプローチするのに
小さく、遅く動いた方がミスは減ります。
しかし、ヘッドの軽いクラブではそれでは飛びませんし、
場合によってはボールがあがりません。

勘違い甚だしいですが、
クラブヘッドの慣性モーメントなどによるミスの寛容性
なんてのは
打ち手が 
速く大きく動くの VS 遅く小さく動く の
それによる ミスの確率を補うなんて全く無理です。

クラブのミスの寛容性は
カップのふちで止まったボールが
 カップに入る程度の寛容性で
無駄に速く大きく動いて起こる ダフリやトップなどには
全くもって結果に影響を及ぼせません。

ヘッドをたくさん振る、速く振る スイングは
グリップを支点にして ヘッドを動かす、シャフトを動かす
スイングになるので、どうしてもインパクトは
体が開き、左が高くなり、上を向きます。

ですので ヘッドの最下点がボールの手前になり易く
空中にあるティーアップのクラブはまだ良いですが、
地面にあるボールを打つのに苦労しますから
地面から打つ場合はかなりボールを右に置くことになります。

軽いヘッドを使っている人で
アイアンで、ボールを左足かかとに置いて打っている人は
ごくごく稀、例外に相当します。

ヘッドを振ろうすればするほど 体が上を向き
ダフリ・トップが出やすい状況になり、
ヘッドを振ろうとすればするほど
体が開きやすくなりますから
どちらが成功しても、必ずどちらかが失敗します。
ljpo

アイアンなど地面から打つボールは真ん中や右、
ティーアップしたドライバーのみ左に置く練習は
スイングに統一性・共通性がなく、
どちらかを練習すれば、どちらかが上手く打てない
と言う練習に相当するのです。

そして コースではやり直し無しで
その交互をランダムに打つのです。

そのボールの位置せざるを得ないクラブは
あなたのゴルフを良くしていますか?
あなたの体に優しいですか?


シーソーに一人で乗って
バランスを取るような確率でしか
双方が思った通りの球は出ないでしょう


そのスイングは左ひじを痛め、腰を痛めます。
ヘッドスピードに必死になってすがり付き
無理に上げようとすると痛みは首にまで来ます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
トップオブスイング・切り返しから
ダウンスイングの始動

腕でグリップを下げるタイミングと
体を回し始めるタイミング というのを
イマイチつかめない方が多いと思います。

あらかじめ説明しますが、
体にとっての右から左への動作
トップからボール・飛球線方向への動作 をする際、
思っている以上の 腕とクラブは重いモノです。

静止状態でも 成人男性の両腕は10キロを超えます。
肩からだらんと下げている時は気にならなくとも
部活での練習・訓練のように 腕を地面と平行にしていると
その重さ、長さ分の重さは実感すると思います。
それに運動が加わるのです。

ですので、腕は先に動かして、
体の右向きをロックした状態で、
かなり先に動かす位で「やっと」同時のタイミングです。

実際のショットで 体の回転と同期、
体の回転通りに動いているのは
 かなり腕を先に動かす感覚から生まれてくると思います。



しかし、多くのゴルフ経験者にとっては
それは まるで『逆の動き出し』でしょう。

それをなんとなく掴む、その順序、タイミングを
掴むドリルがありますので試してみて下さい。
実はとっても奥深い重要なドリルです。

ボールは打ちませんので
家の中はちょっと危ないかも知れませんが、
庭先等、高ささえあれば可能です。
慣れてきたら『ブリストルパター』でやってみましょう。

今回は ゴルフを始めて1年のお嬢さんに手伝って頂きました^^

BlogPaintクラブを普通に持って
まず 想定のボールにアドレス
そこから 靴〜足を踏みかえて
飛球線にお尻・背中を向ける姿勢を造ります。
スタンスや例の前傾姿勢などは忘れて下さい。

体の廻りはじめとグリップの下げ始めの
関係を体感するドリルです。
BlogPaint
まだ この時点で右を向いたままです。

からだとの関係で言うと、
トップのグリップの高さ
アドレス時のグリップの高さ
殆どアドレス時のグリップの高さまで下がりました。

でも 未だ右を向いたまま です。

BlogPaintグリップは永遠に下げられません、どこかで止まりますから
このままでは 勢いがついたヘッドが
自分のすね・足を打つ可能性があります。

痛そうで もやもやする感じ。

そのタイミングになったら
右向きを解いて、正面経由の左向きを始めて下さい
ステップ・靴・足の踏みかえでOKです。
BlogPaint
右向きのまま、クラブの重さで
グリップを下げれば、下げるのに
どこかで限界が来ます。
そうなると 自分の足を殴ってしまうかも
しれませんし、手首も逆に折れてしまい
とても危険ですから
そこまでの我慢は要りませんが、
それに近いタイミングが『体を開放する時期』です。
MVI_0750Trim_Moment(6)
クラブヘッドを振ってしまうのが欠点のドリルですが、
✊ちゃんとした右向きでのグリップにかかる
クラブ全体の重さで スイングを造っていける
✊フォローまでその重さで一貫して完結できる
✊重さを使って回転を作っていける
とても分かり易いドリルだと思います。

多くの人にとって
体の回転が 恐ろしく『あと』『遅い』
自分のスイングタイミングは
体の回転が恐ろしく『先で』『時期が早い』と感じるでしょう。


慣れてきたら ブリストルパターにしてみましょう。
ブリストルパターの重さで 写真のようにヘッドを振ったら
左手を痛める可能性があります。
ですので、始めはクラブの重さで、あとには体の回転、
この場合はステップの踏みかえも使って
左上腕、左ひじ、グリップエンド移動を絶対に止めないように
ヘッドの移動よりもグリップの移動の方が多いように

逃がしておかないと危ないです。
どこかで左グリップの動きを止めると
肘を痛めますので注意が必要です。


段階を踏んで出来るように成ったら
ブリストルパターを左手一本で持って
トライしてみましょう。(上級者編です)
危険が伴いますので、慣れてない場合は
決して挑まないように。 ホントに危ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

柔道やプロレスの経験はありませんが、

見るからに「腕式逆十字」は痛そうです ><


膝もそうですが、肘も曲がる方向は決まっていて

逆になるのは想像するだけで辛いです。

 

ですが、私のみる限り

とても多くのゴルファーは 自分から積極的に

それをやろうとしています。

 

ヘッドがグリップを追い越す

というのはその状態です。

本当のところは ヘッドはグリップを追い抜かない けれど

体が左を向くので 「そう見える」だけなのです。

それを自分から率先的に行ってしまうと

自分の右手の伸ばしによって

腕式逆十字を「毎回・毎回」してしまうのですから

痛めてしまうのも納得です。

 

mh

また クラブヘッドが軽い というのも問題があります。

ヘッドが軽く、シャフトが硬いから

そう言う風に振らないと飛ばない と言うのも大問題ですが、

軽いヘッドは慣性力がありません。

慣性力とはこの場合、インパクトで受けるボールの重さに

対抗して、その運動を続けようとする力ですが、

それが少ない(ヘッドが軽い)ので

インパクト時に必要以上の減速が入ってしまいます。

なんだか 妙な話ですが、

ヘッドが軽くて、シャフトが硬いから

より速く、より強く振らなければならないのに

その分の痛みと衝撃をクラブが緩和してくれず、

より一層自分が受けるのです。

ご苦労なこってす…。

 

多くの人はインパクトで

左腕を伸ばし、突っ張らかった状態でするもの

という固定観念があるようですが、

現実は 体が上を向き、体が大きく開いているので

左腕を伸ばさないと届かないに過ぎません。

逆に 伸ばそうとするから 体が開き、

左サイドが上がる上向きになるのかも知れません。

 

前にも書きましたが、

ドライバーショットでの インパクトの衝撃は

800〜1200繊。鵜填瓩あります。

それを突っ張らかった左腕で受けるのです。

それはおそらく肘への負担になるでしょう。


IMG_0491

 

私は考えるのですが、

左腕を突っ張ら無ければならない原因の方に

問題があると思うのです。

本来、理想論ではありますが、インパクト付近は

左サイドがボールと一番近い時間帯であり

一番低くなる瞬間でもあります。

そして 形としてインパクト付近で左腕が

伸びているとしても(意識的ではなく)

それは 体の姿勢を形成するためにも

左肘を曲げたままインパクトする位の意識

左肘が曲がっている状態で ボールの重さを受けて

結果として真っ直ぐになる位の意識が

良いのではないかと思うのです。

 

左肘が曲がっている状態でインパクトに入れば

左サイドはボールに近く、低くなっています。

であれば 右サイドは高く、
体は下を向いた状態で(上から入れる)

同時に インサイドから入って来れます。

そう 理想通りには行きませんが、その姿勢の方が

逆を造るよりも良いのではないでしょうか

 

MVI_0741_Moment(7)

ダウンスイングで遅れガチな左腕も考えると

やはり ダウンスイングでは体よりも先に

左上腕が動き始めることが有効だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの役割を考えてみましょう

ここに
❶45インチ 11度のクラブ(ドライバー)
❷35インチ 55度のクラブ(ウエッヂ)

があったとします。

これを 長さなりのヘッド重量に調整し、
シャフトの硬さ等も合わせたとして

❸35インチ 11度のクラブ
❹45インチ 55度のクラブ


を用意します。

基本、ボールを打撃する破壊力は
❶〜❹ともに大きな差異はなく、似たようなものです。


これを 
正しく体の回転 で打つ!と仮定しましょう。

31954726

❶はごくごく普通のドライバーです。
では これを❸にするとどうなるでしょう。
長さが10インチ減っていますが、
その分ヘッド重量は増えていますので、
基本破壊力は変わりません。
❸は短さの分、クラブの入射角度はきつくなり
スピンは❶に比べ多めになりますが、
打ちだし角度はかなり低くなります。

❶で180ヤード位のキャリーとすると
❸では130ヤード位のキャリーになり
空中を飛ぶよりも、地面を転がる抵抗の方が強いので
総飛距離もかなり落ちることになります。

❶45インチ 11度のクラブ(ドライバー)
❷35インチ 55度のクラブ(ウエッヂ)
❸35インチ 11度のクラブ
❹45インチ 55度のクラブ

問題はこちら ウエッヂの方です。
想定ではウエッヂの話ですが、
この状況は 飛ばない…と悩んでいるアマチュアの
ドライバー/アイアンショットに相当する話です。

❷はごくごく普通のウエッヂです。
キャリーで60ヤード位飛ぶとします。
❸になると長さは増えます。
長さの分、ヘッド重量減衰してますから
破壊力そのものに大きな違いはありません。

❷に比べ ❸は打ちだし角度はかなり高くなりますが、
スピンは少なめになります。
飛ぶ距離はさほど差がありませんが、
全く異なる弾道になります。
20150506

ウエッヂ➡ロフトの大きなクラブだから
まだマシというか、距離に差が出にくいですが、
これが ロフトの少ないクラブ
ドライバーやフェアウェイウッド、アイアンなど
ロフトの少ないクラブになってくると
その差はより顕著になります。








 ➡そして、その続きです。

『高打ち出し・低スピン』
この概念は始めから矛盾があります。

クラブの基礎の機能も無視する考えです。
よく「物理で解決しろ」という意見の人がいますが、
ゴルフスイングを実践する6割以上の人が
50歳を超えた運動不足オジサンゴルファーです。
そのおじさんゴルファーにとって
『高打ち出し・低スピン』の実践は
不可能に近いか、もしくは体を酷使する覚悟が必要です。

この『高打ち出し・低スピン』と言う概念は
実質ヘッドスピード46ms以上
自称しているヘッドスピードでは50を超えていないと
全く機能しない理論です。

嫌味になってしまいますが、
日本のコースはヤーデージが上げ底、1割以上の上げ底が
多い影響なのか、それとも単に見栄っ張りなのか
ヘッドスピードは殆どの人が1割増しで自己申告しています。
また、誰のためにゴルフをしているのか と思うほど
他人の為に数字を繕う修正は感心しません。
高い球、スピンの多い球を造る為だけに
ヘッドやクラブだけをブリブリ振り回しているその数字は
偽物の数字です。
スナップショット 1 (2014-06-26 13-45)

高打ちだし・低スピンを実践するには
絶対的なヘッドスピードが必要です。
そのために ヘッドやクラブを振ると
ヘッドスピードの「数値」は上がりますが、
インパクトは大きなロフトで開いて当たる可能性が
その分増します。
大きくフェースターンをすると
 ヘッドは低さを保ち易く、
体は大きく上を向く矛盾が発生します。

今度は 低スピンは実践できますが、
高打ち出しが足りません。
ここから体を酷使する訓練が必要です。
👉…これは脳みそ筋肉のヘッドスピードが確保出来る場合、
  女性も含めた8割以上のゴルファーには目指すべきでない、
  目指しても実現不可能な道です。

❺55インチ 11度のドライバー

ヘッドスピードがごくごく普通の人にとって
クラブの長さを増やすような入射角度をとっても
ボールは ポコんと上がるだけです。
推進力が尽きた時点でボールは落ちますが、
高く打ちだされているので 地面への落下角度も大きく
ボールがそこから転がりません。
アマチュアに最も不適切な方法です。
兎にも角にも 体への負担が大きすぎる。

自分では気づいていませんが、
煽り打ち、しゃくり打ちは この55インチのドライバーで
打っているような球筋になります。
あるヘッドスピードに到達できない人にとっては
体を痛めて、わざと飛ばさない方法と言えます。
584506d7

これを推奨する人は
 自分以外のゴルファーが見えていないのでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私がゴルフをし始めた頃、
そして それ以前は
それは 当たり前、ゴルフスイングの常識 でした…。

ところが四半世紀・半世紀 経ち
ゴルフが変わってきたのか、
それとも常識を無視しているだけなのか
とかく 中身の伴わない形ばかりを追いかける傾向が強くなり、
よく分からなくなってきます。


u=341495341,3618090510&gp=0


では、私の知っている「
あたりまえ」を。

人間の体、胴体には横に回すはっきりした機能は
存在しません。
『あそび』として体を多少ねじることは出来ても
それを積極的にすると壊れてしまいます。
ですので、プロレスや柔道の技などが有効なのでしょう。

ゴルフで言う体は「骨盤から上の胴体」です。

体を回す とは 骨盤から上と骨盤から下の脚 に
向きの角度差を造る コトで、
胴体を捻ることではアリマセン。
スナップショット 1 (2017-06-30 12-39)


それにははっきりと理由があります。

❶まず 胴体をひねると それだけで
 両方の腕の長さにずれが発生してしまいます。


 👉俗に言う 胴体をひねる は
  肩甲骨を主とした胸と骨盤に向き差を造ることですが、
  これ 逆に出来る方が『おかしい』んじゃないですか?
  エクソシスト でしょ?!
  まあ、世の中には雑技団みたいな人もいますから
  出来る人もいるでしょうけれど
  私はゴルフ程度で日常に支障をきたすようなケガを
  したいとは思いません。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

 体の構造上、背骨には『臼』のような関節は存在しません。
 胴体をひねる ということは 水平に体を回転させる こと
 とは全くつながらず、上下左右立体的に捻ることになります。
 これでは 腕の長さも左右ずれ、前傾姿勢なども
 滅茶苦茶になる筈なのに… 理論付けをどうやってするのか…
 私には理解できません。


ゴルフクラブは角度の道具です。
打つ左右の方向や上下の方向が番手ごと、クラブごとに
存在し、そのオリジナルの状態はアドレスに近い
両方の腕の長さの都合のついた状態です。
例え 腕が短くなっている(肘が曲がっている)状態であっても
体が概ねクラブと正対していれば
オリジナルの状態に近い形で維持できます。

胴体をひねってしまうと それが…
なにがなんだか分からないモノになってしまいます。
ロフトやフェース面の向きですら
その製品のオリジナルを活用しないのであれば
クラブを買い替えて 何の違いを求めると言うのでしょう?

❷スイングにはとても大切な前傾姿勢があります。
 その前傾姿勢は 自分の体の「前」に対する傾いた姿勢ですが
 体をねじるとその「前」がどこだかわからなくなってしまいます


スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)例えば このトップ…。
格好つけていますが、ゴルフスイングの真似
をしているだけで、どこが前傾姿勢なのか
とても難しい状態です。
見た目には右を向いていますが、
へそや骨盤はボールやや後方を向いています。
では 体の『前』は一体どこなんでしょう?
画像では ボールの方に『前傾』らしくものを
見せていますが、それは体にとっては左側面です。

mh

mh

その延長線上に このインパクトがあります。
こちらは 右側面に 前?傾姿勢があると言うのでしょうか…。
二つが同じ系列のスイングだとしたら
左側面に有った 前?傾姿勢は
右側面に・・・自分の体を横切って
側面から側面に動く という
とても奇怪な 前傾姿勢…です。


胸の向いている方向、へその向いている方向、
骨盤の向いている方向が異なり
どこを基準に「傾き」があるのか理解できません。


言葉遊びかもしれませんが、
こうなると 前傾姿勢…という言葉の
どこの部分が「前」に相当し、
その「前」に傾く角度は一体どれを指すのか
定義付けして貰わないといけません。

スイングによって作られる ヘッド軌跡は
やや傾いた斜めの円弧です。
その「斜め」というのは 前傾姿勢が基になっているのですが、
それを失ってしまって 自分で勝手に作り出す となると
クラブの長さ によって作られる円弧の角度は
一体何を意味することになるのでしょうか?
IMG_0724










斜めに傾いたその円弧は ずばり『ヘッドの入射角度』です。
インサイドアウト とか アウトサイドイン とか
その見た目に派手に見える 左右の軌道ばかりを
話題にしがちですが、
スイングには上下の軌道という 等価に重要な要素があり、
それは クラブの長さによって出来るそれぞれの前傾姿勢が
基礎になるから、ショットが安定しやすいのです。

❸胴体はひねれない
 これは決定的です。
 訓練すればどうかなる問題ではありません。
 痛いです。
 壊れます。
 よくおじさんのゴルフ会話で「俺、体硬いからよー」って
 それでいいんです。
 人間は危ない動きには本能的に拒否する動きが働くんです。


以上の理由から 時代錯誤と言われようが
考えが古いと言われようが
 胴体をひねることを決してお薦めしません。

スイングで言う 体を回す は
股関節から上の骨盤と胴体を一体に回すこと
です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


またも グリップ関連のネタ…です。

これも錯覚しがちですが
右グリップは左グリップよりも上にある! のです。
前傾しして、下を向いてしまうと
確かに位置関係的には右グリップの方が下…
地面、ボールに近いですが
人間の手の指の親指は上、小指は下ですよね。
ですので、右グリップは左の親指の上、
左グリップの上に被さる形になっているのです。
dc9819c0

何気ない話なのですが、
実はとても重要なコトで、
意識したことはないかも知れませんが、
この認識はアドレスを、スイングを造る基になります。

右グリップは左グリップの上に位置し、
クラブを主に握っている左グリップを
下方向に押している時、効力を発揮します。
MVI_0581_Moment(2)

主に握っているのは左グリップですが、
大袈裟に言えば 右グリップは手のひらで
下に押している役割ですから、右を握る!という意識は
必要ないかも知れません。


その派生的な話になりますが…。
パターでもアプローチでも見られますが
お薦めしていませんがショルダーストロークであっても、
肘や腕さばきであっても
余程 長い距離を打たない限り
進行方向〜飛球線方向〜打球方向 に対し
右グリップが左グリップを追い抜き、前に出ることはありません。

注)長い距離だから良い というのではなく
 長い距離を打つとなると、体の回転も増えますから
 体の回転の左向きが増えれば、
 右グリップの方が前に出て『見えます』。


フォローを出したいのであれば
グリップ(ゴルフクラブの握るトコロ)自体を
前に出せばいい訳ですし、
より強く、より長い距離を打ちたいのであれば
その行為は逆効果です。

インパクト付近での
右グリップと左グリップの相対関係は
スイングの上下の軌道、入射や仰射の具合です。
左グリップよりも右グリップが前に出る ということは
スイング軌道が上向きになっている ということです。
5d625fee

より遠くへ より強く打ちたい と言っても
ヘッド軌道が上向きになると
下向きの状態と比べ
打ち出し角度は増えますが、スピンは減ります。
アプローチのように元々 大きなロフトで
強くない球を打つ場合、打ちだしが増えると
ボールが地面に着弾する角度がきつくなり
ボールが前に進まなくなります。

飛ばすために前に出すほど 上がって落ちるだけの球に
なる可能性が増えるだけでなく、
そのグリップの関係通りの体の姿勢になりますから、
体は左が高い、右に傾いた状態になり、
クラブの最下点は手前(右にズレ)
体に悪いばかりか、ダフリやトップの主原因になるので
なにひとつ良いことはありません。



冒頭にも書きましたが、
グリップの関係は 
❶右グリップは左グリップよりも上にある
❷クラブをグリップしている左グリップを斜め下に押す

ということです。
MVI_0741_Moment(9)

そして ゴルフのスイングで
理想論ではありますが、
ボールを打つまで、インパクトまでは 視覚要素としても
右グリップの方が左グリップよりも高い時間で
インパクト以降は 左グリップの方が高い時間 なのです。

総合的に考えても 右グリップの方が上にある
というコトがポイントなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング用語で
自分のアドレス・構えの方向
それとボールに対する垂直になるラインのことを
「ブレイクライン」と言います。
d11be403

ハンドファーストに! って話ではないのですが
このブレイクラインを
当然ですが、グリップが先に破ります。

どうも 一般のゴルファーのスイングを見ていると
このブレイクラインの手前でグリップが止まり
ヘッドが来るのを待っているような
そんな気配が漂っています。

テークアウェイを含め
 腕さばきでクラブを振ってしまう人にとって
このブレイクラインを先にグリップで破ろうとすると
多分 強烈に開いたヘッド姿勢になってしまい
もしかすると シャンク連発になってしまうかも
しれませんね。

このラインを破って
フェースが下向きなヘッド姿勢を作るのに
ちょっとした実験があります。

意外に簡単で。。。意外に難しいです。

ミスショットの一つに 「ダフり」というのがありますが、
ボールを基点に 飛球線後方・飛球線前方
自分側(ボールと自分の間)・その反対側(ボールのあっち)
と 4か所の場所に分けると
よほど 特殊なケースでない限り
一番目の 飛球線後方(ボールの手前)を
だふりますよね。

では ボールは空振りしちゃったけど
ボールの先・・・飛球線前方
ボールより先側をダフルこと できますか?


もちろん ケガをしたりしないために
遅めのスピードでよいと思います。
ボールでなく、スポンジでも 丸めた新聞紙でも
何でもいいでしょう。

これ 体の回転でクラブ。。。ヘッドを動かしていない限り
かなり難しいです。
41cce488-s

一見 手で振るスイングでも
体を先に回し、ボールを通り過ぎてから
クラブを振れば出来そう・・・と思うでしょうけれど
体の向きがボールを通り越すと
=左を向くと 体は右が低くなり左が高くなります。
その状況でクラブを振ると それはさらに強まりますから
ボールを空振りして ボールの前(先)をダフろうとしても
がっちり ボールに当たってしまいます。
もしくは いつもの場所をダフッたりするでしょうね。

まあ それは遊びですけれど、
ボールをつぶす
ボールを上から打つ
ロフトを立てる
これらは同じ行為を指した 違う表現ですが
いずれも このブレイクラインをグリップがまず
かなり早い段階で
そして ヘッドが破るのとかなり離れて(時間差)
破らないといけません。

そう考えると イメージではありますけれど
実は インパクトしていくクラブは
自分の体の向きを平行に
上の写真であれば マットと平行に抜けていく
そんな感じなんです。

たぶん 多くの人は
クラブ・シャフトはマットと垂直
このアドレスの姿勢に戻そうとしてる んでしょうね…。

ヘッドをグリップよりもたくさん動かすのには
グリップを止めなければなりません。
クラブで扇の動き、円を描こうとすれば
グリップは前へ、先へは進みませんから
ブレイクラインはグリップでは破れなくなってしまいます。

このパズルが解けるとスイングは飛躍的に簡単に
スイングの謎が解けるんですよ^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



右手/右腕が上手く使えない、どうすればいいのか?

という質問を受けました。

利き腕、普段よく使っている右手/右腕を使えない

というのは勿体ない話です。
微妙な距離感、タッチにも右手は有用ですし、

ゴルフの大きな魅力〜飛距離
ボールを遠くに飛ばすのは右手でボールをつぶしましょう。

 

8a862ab6

右手/右腕を活用するには

ゴルフの「あたりまえ」を再確認する必要があります。

ゴルフは両手で似たような部分を握っています。

腕の長さは左右ほぼ一緒です。

双方の腕の長さが運動中つり合っていないと

腕は使い辛くなり、そのお陰で体の姿勢も崩れます。

 

スナップショット 1 (2016-10-14 0-54)

腕の長さがつりあわなくなる 一番の原因は

体に対してのグリップの位置にあります。

アドレス時のグリップは 真ん中やや左

運動中の そのグリップが体の幅・骨盤の幅 wwの中にあれば

両腕の長さのつり合いは取れますが、体/骨盤から外れてしまうと…

👉ゴルフスイングの場合は
   左に外れることは殆どありません


腕は使えなくなってしまいます。

ここでのポイントは胸ではなく、
グリップの位置と骨盤の位置関係です。

 

スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)


ですので ゴルフスイングで右腕が使えなくなる原因は

👐 グリップの位置が骨盤の右にズレすぎる ということです。


その理由は二つあって

❶テークバック時に体ではなく、
左腕・左肩だけで動かしてしまう。

❷ダウンスイング時に体の回転に左腕を置き去りにしてしまう

…それとその複合です。

グリップのスナップロックの記事でも書きましたが、
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1957135.html

右手が左手の下に入るような形になっては
うまく右手は使えません。


その状態ではかならず 左手の方が長い状態ですから

その下に入り込む右手は、
使うほど左半身を上に押すことになります。

煽り打ち、しゃくり打ち、ダフリ、トップになります。

 

 

そうならないために

❶胸ではなく、骨盤とグリップの位置関係を意識するコト

真ん中、真正面である必要はありませんが、

骨盤の幅の中にグリップが無いといけません。

❷左腕は自分で意識している以上に体の回転から遅れます。

体の回転よりも先に、特に左上腕を動かしている意識、

体を止めておいて、ワンテンポ先に左上腕を動かす位で

結果、やっと同時位です。

体の回転で、当然その体から生えている腕は同調して付いてくる

と信じていても、腕には両方で10キロを超える重さ

それに運動分の加算が伴うのですから、当然遅れます。

遅れてしまうと、
グリップは骨盤の右よりも外にズレてしまいますから

グリップをしておくには
 右腕は短くしておかないと左手が届きません。

4bcbe6f4

既に長くなっている左腕、左手の下から右手が押していけば

左肘は反対には曲がりません
(この使い方が左ひじを痛める原因です)

逃げ場がないですから、左サイドは上に逃げることになるのです。

 

mh

左サイドが上に逃げるのは体が開くのと同意語ですから、

クビや背中、腰を痛める原因にもなります。

となれば ヒトは本能的に
その行為を躊躇してしまう可能性もあるのです。

 

ダウンスイングで 体の動きから遅れない左腕を造るには

慣れが必要なのは確かですが、テークバックの段階で

右手/右腕が活用できない位置にグリップを動かしているのは

意識さえすれば改善できます。


 骨盤とグリップの左右位置関係に注意して見て下さい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【直立脚】

今まではその場で右脚を斜めつっかえ棒のまま
(アドレス時の右脚の角度のまま)
骨盤を回旋していたのですが、
イメージを変えて右直立脚回旋としてみました。

スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

気持ち的にはアニカソレンタムのような感じですかね。笑

右臀部に張りができ内ももに重さが加わるのがわかります。

そしてここからが驚いたポイントなのですが、
右直立脚・右向きをしっかり作って
左肘を斜め下に動かしていくと

【オートマチックに左へ体の重さが移るのが感じられます!】

今までのその場で右に向ける感覚だと、
左肘から動かしていっても
体の重さは左方向へピクリともシフトしない。苦笑

自分なりに分析してみたところ、
右脚を斜めつっかえ棒で右向きを作ると

・左右高低差が作れない(むしろ右が低い?!)

・胸部の捩れ(二段)が生まれやすい

・右肘クランチが作りづらい(逆に右上腕の外旋は作りやすい)

等々理解することができました。

maxresdefault

しっかり右向きを作ることで、
その後の体の反応が変わるので
クラブを持っても感覚が随分と違ったものに変化しそうですね。



【店主】お手紙ありがとうございます。
体の構造上、右を向けば右足に体重が多くかかるのは
とても自然なことだと思います。

最近のスイングの主流は
体重移動の無い 胴体を捻るスイングなので
ややスタンスを広めにして
そう言う足使いでテークバックを取るのですが、
『ダウン』スイング…というコトを考えると
一度 右の足と左の足の高さ関係を
ハッキリと作っておいた方が
切り返しから インパクトまで入り易いと思います。

スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

当たり前ですが、重さは高い所から低い所に
行きたがるものです。
それは ゴルフクラブに限らず、自分の体にも
言えるのですから
しっかり立った右足(直立に近い形)に対し
短くなった状態の左足へ
体を移し易く出来ると思います。

また 右足を直立させず、
アドレスの状態のまま 斜めに突っ張った状態では
骨盤を回すことが出来ませんから
体の硬い、運動不足のおじさんには
かなり浅い右向きになってしまいます。
スイングの弧を大きくしたい と言う表れなのか

最近は アドレス初動からグリップを体から離す傾向が
強くなっているような気がします。
クラブの重さ、腕の重さ 運動で加わる分を除いても
10キロを超えるものが 長い形状をしているのです。
それを体から離せば、当然その重さを
体は自然に相殺、調整しますから
右には体重は乗せられないでしょう。
これも 右向き不足の原因になります。

スナップショット 1 (2014-01-17 0-17)

アドレスからの初動で
無理に右方向に体を動かさず
アドレスに対して背後、後ろに
右肘・右のポケット(お尻)を引き
骨盤のしっかりした右向きを作ることで
体重移動を結果として作り出すと良いでしょう。
骨盤の正しい右向き が出来れば
体の構造上、右に体重は乗ります。

6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

正直 私の眼には
最近のスイングの「どこ」がいいのか
全く分からず、古い頭の私には
過去 すべて 禁忌、やってはいけないことの
オンパレードのような気がしてなりません。

と、同時にプロゴルファーの寿命の短さ、若年化
アマチュアの 過去にはない体を痛める部分 というのが
大変気になります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これはとても気になることで
しかも かなりの頻度で見かけます。


ショットだけでなく、アプローチやパターなどでも
そうですが、アプローチやパターなどは
動作速度の余り速くありませんから
ます そちらから修正していくべきだと思います。
3a2657cf2d5452e4b2914c204ab30a3c

昨日のスナップロックの記事
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1957126.html
でありましたが、
ショットは原則「上から打ちます」

上から打つ という意味は
ダウンスイングからインパクトは
動作/打撃の進行方向である 右➡左 の
左が低くなっている時間に行うこと です。

左サイドが低くなっている時間はイコール
左右のグリップの 右が左に真上とは言いませんが
上にある、上からかぶさった状態です。

左上腕の先逃げ を薦めていますが、
利き腕の右腕を使った時
上にある右手は 「クラブを持った左手」を
下に向かって押す状態になります。
5a0eeaec

左右のグリップ、左右の手は
親指の掌底部分で向き合った形 ですので
右手の作用は 左の手首を押す形
左手が手のひら側に折れる形で押されます。
 まあ これがスナップロック です。


ところが 多くの人は
右手を使うと
右手が左手の下側に入り込み
シャフトを押す方を取ります。
結果 左手は甲側に折られる形になり
シャフトを振るスイングになります。
パターなどでよく見られます。

これは何を示唆するか というと
そのグリップの位置関係は
ボールを上から打つ ➡左サイドの低い時間に打つか
ボールを下から打つ ➡右サイドの低い時間に打つか
というコトです。

感覚、観念、概念の「インパクト」というのを
どういう形で作るかと表しています。
IMG_1632_Moment

左手の下に右手が入っている時点で
腕の長さの関係から右サイドは既に低くなり始めています。
右手を使って 左手を甲側に折る形を取れば
その左右の上下関係はさらに右が低く、左が高くなります。


構え、アドレスでは 概ね 左右の高さは均等です。
左手が甲側に折れるほどの 右の低さ、左の高さはありません。

些細なことにように思えますが、
これは非常に重要なことです。
アドレス時よりも 右が低くなる ということは
ヘッドの軌道の最下点は 想定しているものよりも
必ず ボールの手前、右にズレます。
そうなれば トップやダフリの原因になりますし、
インパクトは 上がり軌道になりますから
体の開き、ボールの飛ばない原因にもなります。

自分の勝手な思い込みから
左手首を支点に シャフトを振る、
シャフトそのものを押してヘッドを動かした方が飛ぶ
というのが、結果として トップやダフリを生み
飛ばない煽り打ち、しゃくり打ちを造っているのです。

そして これが
ボールを上から打つ 左サイドが低くなっている時間に打つのか
ボールを下から打つ 右サイドが低くなっている時間に打つのか
決めてしまいます。

それだけでなく 左右のグリップの距離感・位置関係は
それによって構築されますから
右手を左手の下に入れ、左手首を甲側に折るような動きを
する人は グリップの左右が上下に離れます。
上下に離れれば離れるほど アドレスの姿勢に影響し、
それは ボールの置く位置などにも影響していきます。
おそらく 離れている人ほど右を向いて構えている傾向は
強いと思います。
スナップショット 5 (2013-05-13 20-43)

それほど 影響が大きく、概念としてのショットを形成してしまう
両手の関係観なのです。

ミスで悩んでいる人、飛ばないで悩んでいる人、
かなり思い当たる節があるんじゃないですか?

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


お手紙有難うございます。

ハミングバード 野澤でございます。

 

私、個人の意見ではございますが、

世の中にあるスイング論やクラブ論は

少々残念な方向に進んでいるように思います。

道具を扱う遊び、ですので 
プレイヤーの体力や筋力などの体力中心の勝負ではなく

知恵や経験、正しい認識などが優先・反映されてこそ然りだと思うのです。

そういった意味でゴルフは大人の遊び と思っているのですが…。

 

 

早速お問合せ頂きました件ですが

お答えさせていただきます。

 

 

001


○レンタルクラブ(試打用)等を送って頂く事は出来るでしょうか?

 

 レンタルクラブをお送りすることは可能です。

ただ どのような仕様がよろしいか、事前に相談させて頂きませんと

市販の一般的なスペックに比べ、振動数も100cpm以上も低く

ヘッド重量も70gも重いという かなり大きな幅を持っております。

つかみにくいところではあるとは存じますが、ヘッドは重くてよいと思います。

シャフトの硬さ/柔らかさは真ん中の数値(100cpmの離れの)を目安に

それよりも一般スペックは近いセッティングは

クラブ扱い等をあまり考えず、できるだけ素早く結果を出し

重さや柔らかさを楽しむ実践的なものになると思います。

真ん中よりもより柔らかいセッティングとなりますと

少々クラブの扱い方も考えなければなりません。

すぐに! 結果を出す というよりも

ゴルフクラブを先生にして、クラブの扱い方を相談しあいながら

ゆっくりと楽しんでいくセッティングと言えると思います。

 

 想像は難しいかもしれませんが、

重いヘッド&柔らかいシャフトに慣れていただきますと

このクラブで打てる弾道は独特です。

市販の軽いヘッド・硬いシャフトでは絶対に出ない球質だと思います。

私は個人的には これが「強い球」と呼べるものだと思っています。

高さも市販のクラブを打つのとは異なり 中から低弾道目になります。

そういった『弾道のこだわり』

というのをハミングバードは目指しています。

重ければ重いヘッドほど 筋力に頼らず飛ばせるようになりますし、

柔らかければ柔らかいほど、スイング動作をクラブに任せられます。

 


とは言え、持てば魔法のようにすぐ出来るわけではないですから

段階を踏んで より重く柔らかいものにしていくか

それとも少しチャレンジ精神をもって最初から、

″激しい″ 重さと柔らかさに挑むか

はそれぞれの方の考え方次第だと思います。

 

 

○アイアンの単品販売も行っておりますでしょうか?

 はい。本数に限定はございません。

どちらにしましても ヘッドはお客様より注文をいただいてからの製造になりますから

納期はかかりますが、いろいろな自由度がございます。

アイアンですと ロフト・ライばかりでなく

メッキの仕上げも数種類用意しておりますのでお好みでお選びください。

 

 

ぜひご検討くださいませ。

また 遠慮なくメールなり、お電話でお問い合わせください。

 


 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  株)ハミングバードスポルテ   野澤 亨

    ☎ 046-804-1480 


006
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチだけに限らず
意外なナイスショットのコツは
右手の手首のロックに有ったりします。
(右手の手首を固定するコト)

ショット、ですぐ実践するのは
ためらいがあるかも知れませんので
まずはアプローチ、パターから
行ってみて下さい。
スナップショット 6 (2012-11-01 20-32)
上げるアプローチをしようとする時
多くの方は 右手首を甲側に折っているのを
横ビンタをするように 手の平側に折る
その過程の中でインパクトしようとします。
これは ダフリ ショート チャックり
スピン過多によるスピンが効かない
など 多岐に渡るミスの原因です。

それらを解消し、少しでも上から打て
ロフトの締まったインパクトを作る
その第一歩としては 右の手首の固定は
かなり 重要だったりします。

上げるアプローチであっても、転がし
であっても 右の手首はロック
ココにトライしてみて下さい
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)
まずは。。。。
手首でテークバックを取らず
体の向き 脚さばきでテークバックします
(アプローチですから小さ目に)
脚さばきで クラブは俗に言う インサイドに
動きます。前傾姿勢が有るので
その前傾姿勢に対して スクエアなロフト
になるように 注意しましょう
スナップショット 1 (2012-12-21 22-48)
切り替えし から肘動かし始める のも良し
脚で動かすのも良し
どちらにしても ヘッドを動かそうとせず
グリップだけ移動させます。
ヘッドを置き去りにすることで

右の手首を甲側に折る姿勢を作り出します

そして そのままインパクト

ココのポイントは 2つ
右の手首が甲側に折れている
ということは 自分からヘッドまでの距離が
アドレス時よりも近くなっている。。。
言い換えれば 腕を足したクラブの長さが
短くなっています。
ですから、ちょっと極端に書きましたが
このアングルで言うと、行きと帰りのクラブの長さが
異なっているので このように降りて来るイメージ
BlogPaint
になります。切り返しでヘッドを置いてくることに
よって 上から入ってくると言う意味です。

同時に クラブは短くなりますので
しっかり左へシフトする とか
あらかじめ 中目にボールを置いておく とか
スタンスを開き気味にして、その長さが短くなる
ということには備えておいて下さい。

ショットにつなげていく と言うことを
考えると、左にしっかりシフトしていく事が
大切になるのですが、
上手く出来ない間は アプローチのみ
始めから左体重にしておく など
少々 工夫もアリ! だと思います。

慣れて頂く必要があるのが
これが出来るようになると
ボールの出球のスピードが上がります。
今までよりも、締まった(立った)ロフトで
インパクト出来るようになるから です。
今までの振り加減 だと飛びすぎる恐れがありますので
距離感は練習で体験して頂く必要があるかと
思います。

ちなみに バンカーショットも
余程 特殊な場合を除いて、右の手首は固定して
打つことをお薦めします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


インサイドから打つ
インサイドから打ちたい

というのが多くのゴルファーの願望です。
ボールを飛ばし、スライスにならない
コスリ球にならないための必須条件とも言えるでしょう。
IMG_0549

しかし そのインサイドって何か?
というコトを理解していないと
全く意味のないモノになってしまいます。

多くの人はインサイドは
軌道の、ヘッドの軌跡の一環として
ボールの内側、自分側から入ってくるライン
と思っていますが 大間違い です!

それこそ スイングの要素の一つである
ヘッドの軌跡、道のりだけを満たす ことになって
ショット向上のためには本末顛倒甚だしいですね。
スイング/ショットは「自分の為に行っている」のであって
誰かの目を満足させるためのモノではアリマセン。
ある意味 軌道なんてなんでもよくて、
効率よく飛ばせて、繰り返せて、体の楽ならば
それでいいんです。


で インサイドとは何か? と言うと
それは 時間/期間 のことを指して、
スイング動作の中で
 右を向いている時間 を指します。
よってインサイドから入れる、インサイドから打つ
とは 右を向いている間にボールにアプローチする
というコトを指します。

👉ですので そもそも
 正しく右を向けていないゴルファーのとっては
 始めから「存在しない」モノで
 基礎を治さず、それを無理やり作り出しても無駄です。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)ですので ←この状態では
既に インサイドはありません。
体は既に開いている(左を向いている)のに
まだボールを打っていませんから
外から入ってくる アウトサイドインの軌道を
クラブを寝かすことによって無理やり
インサイドっぽく偽装しているに過ぎないのです。



👉腰を回して…それから打つ
 というのでは 腰を回した時点で
 既にインサイドはありませんから、不可能になります。

IMG_0548

体が正しく右を向き、その準備が出来
右を向いているうちに ボールにアプローチ出来ないのであれば
軌道だけを ボールの内側から入れ
その代わり ロフトを大きく開く(クラブを寝かす と言います)
方が 偽装のインサイドから入れるより性質が悪いです。
それなら 体の回転に沿って 外から入れてくる方が
数段、数倍マシです!


正しく 右を向いているうちに
ボールにアプローチして来れば
その分「飛球線に対しては」フェースの向きは
右を向いていて正解なのです。

ですので 正しくインサイドから入れてくる
俗世間で言われるインサイドアウト?なスイングには
ヘッドの開閉/フェースの開閉など無いのです。
IMG_0525

始めから ヘッドの開閉/フェースの開閉 がある理論に
とって ヘッド軌道のインサイドアウトなど
単なるお飾りの、意味不明の論理付けに過ぎません。

最低 手でクラブを振ってしまうとしても
トップの位置の右向きをロックしたまま
それをしてしまう位の感覚を身に着けるべきでしょう。
右を向いている時の空間と
正面を向いている時の空間では
『ふところ』の違い、有無があります。
その「ふところ」を通すことを覚えるのは意義があります!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずはこちらをお読みください

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1948555.html



忘れてはいけないのは
それがコースであっても、練習場であっても
u=3040139078,2324990219&gp=0無機質なボールはどちらに打たれるか分かりません。
物理的な力が加わった時のみ、その作用によって
移動するのみです。

ですので、ボールは打ち手の構えた方向など
全く分かりませんし、お構いなし です。


実はショットで捕まる というのは
フック・スライス とは関係ありません!
スライスであっても捕まったボールは存在します。


つかまる…というのは
打つその製品ロフトに対するボールの回転数
と考えてよいでしょう。

基本 ロフトとの関係なのです!


それはある意味、スライスも同じです。

IMG_0548IMG_0549










こすり球=スライス ではありませんが、
右回転が入るのは
そのヘッドの通ってきた軌道に対する
ヘッド姿勢・フェース面の向きです。


先日、説明した通り
インサイドというのは 体の右向きの時間を指し
アウトサイドというのは 体の左向きの時間を指します。
どの時間帯にインパクトが迎えられるか
 というのが スイング軌道の概念 です。

また 右向き=インサイドは 下向きの進行方向
左向き=アウトサイドは 上向きの進行方向が付いてくるので
それに付随する ボールの回転や出球の高さになる訳です。


スイングの軌道とは 体の向きそのもの です。
それを抜きに ヘッド軌道を作為的に作ってしまうと
ボールを打つのには必ずヘッドターンが必要になり
スライスを防ぐためには
「基準になる」動かしている軌道に対し
開いていない ヘッド姿勢が必要になります。

そもそも 体が正面を向いてから
クラブを振り始めた時点で間に合っていない訳で
俗に言うアウトサイドインから始まる訳ですが
無理やりインから入れるのに さらにロフトを開き
フェースを開いていますから
ヘッドターンの量も速度も必要になります。

ヘッドターンは性質上、より体を開くことを誘発するので
基準になる軌道がより インに切り込みやすく
ウサギと亀の追いかけっこのような状態になるのです。

ここに答えはありません。

上手く出来ても それは偶然待ちの状態で
次のショットにつながる目安が無いのです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブのロフト(角度)とは
非常に単純に言ってしまうと
005

各距離を 物理的な要素によって
打ち手の特別な技術でなく
打ち分ける為のモノ

と考えて良いでしょう。
004

ですので
ロフト0度を基点とすると
ロフトが増えるごとに
推進力たるボールの速度が
ボールの回転と上下角度に変換される
いわば 意図的なロス率発生装置 です。
BAUoIFgCcAA1GTf

よって 基準になるのは
地面にあるボールを
ヘッドスピードに関係なく
ロフト0度のクラブで打つと
ボールはほぼその場でワンバウンド、
下、地面に向かって飛び出す
 ということです。
その場合 地面との抵抗などを除くと
ヘッド重量などの破壊力にもよりますが
ヘッドスピードの1.6倍〜1.7倍のボールスピードを得られます。

それが ロフトの付くことによって
回転数は増し、上下の打ちだし角度は増え
その分 ボールスピードは 1.5〜1.4〜1.3倍
と下がってきます。

よくある ショット計測器 などの
ミート率は この ヘッドスピードとボール速度の
倍率関係を使っており…意味不明にはなりますが、
スイングやショット精度と関係なく
ロフトの立ったモノで打った方が ミート率の数字は上がる
と言ったものです。



多くの人のゴルフショットは
 ティーアップしたボールを
 ロフト0度/の無いクラブで打っても上がる打ち方
 です。
本来のゴルフのショットは
 地面にあるボールをロフトの付いたクラブで打つモノ です。

昔のゴルフ用語では ボールを上げるのはロフト
 自分のスイングで上げるものではない というのもあります。
IMG_0659
イメージではありますが、
このようにボールを捕えると
ロフト0度のクラブでは
ボールは地面にめり込みます。
ロフトがあるほど 球体であるボールは
ロフトと言う坂に逃げ、
それが回転になり、上下角度になるのです。


ロフトの作り出すロス率は
 よりそのロフトを増やしてしまうほど
 ロス度は上がっていくので
 飛ばし屋と自慢している人に限って
 飛ばすモノではありませんが、ロフトの寝た
 ウエッヂはその割に飛びません。

イメージだけで構いませんが
 地面にあるボールを ロフト0度のクラブで打つと
 下に向かって飛び出し、ほぼその場でワンバウンドする
 というゴルフスイングをする方が
 ボールを効率よく飛ばせると思います

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


とても大切なので 何度も同じテーマになります。

ゴルフスイングにおいて
ゴルフクラブの機能を有効に活用しながらボールを打つ には
テークバック・トップオブザスイングでの
「正しい右向き」はとてもとても大切です。
198Trim_Moment

正しい右向きを理解すれば
ラウンド中、疲労が溜まって来ても
テークバックが浅くなり、速くなることは
正しくない右向きの真似 に比べると
遥かに少なくなります。

正しくない右向きの真似 では
 ☞上半身を無理にひねる
 ☞体をへそから下と肩と分けて使う

体を回す その体の部位への回しの目安は
背中や首周りになります。
20140624_1195723

背中や首周りの筋肉や筋膜 が張る・引っ張られると
十分な体の廻りと勘違いしていますが
正しくは 右の股関節周り 太ももやお尻 が張ります。
その部分は 主に首や腕を動かす筋肉が集中していますから
体をひねるという行為は得意ではなく
疲労が顕著に表れ、
ラウンド後半ではかなり早く張りを感じるようになります
体の構造上、そこをひねるように出来ていないから です。

 からだ を回しているのですから
その基点になる部分は 体と足の境目です。


スイングウオッチの一つの目安ですが、
アドレスからトップまで
グリップの移動した経路
それよりもヘッドが上側を通るか
それとも下側を通るか
はとてもよく分かります。
MVI_0478_MomentMVI_0478_Moment(2)














体を無理に捻り、肩だけで、腕だけで
テークバックを取った際は
ほぼ 必ず下を通りますから
事実上、クラブは、ヘッドは、高くなっただけで
上がっていない というコトになります。


右ひじを外に張り目に テークバックが取れる人は
ほぼ必ずヘッドの移動した経路は グリップよりも上側になるので
ダウンスイング始動において、クラブの重さ、ヘッドの重さを
使えるようになります。



スイング全般で言えることですが、
私達、オジサンゴルファーは部活動がしたいわけではありません。
体も痛めなくないし、出来れば簡単に覚えたいと思うモノです。

体の回転 というのは
とても不器用な部位をコントロールしますから
なかなか覚えにくい でしょう。
股関節周りなんて 簡単には思い通りになりません。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

ですので
 体の回転は両肘の使い方で覚えると良いでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


運動性能に自信のない、体力のない、運動不足
などなど 色々ありますが、
女性も含めて、そう言った理由で
「軽いゴルフクラブ」を選ぶのは致命傷になります。

スナップショット 3 (2015-04-06 2-08)


シャフトの軽いのは問題ありません。
例えば ドライバーのシャフト…であれば
1m10センチ前後の長さがあります。

40gのシャフトであっても、70gのシャフトであっても
全体での差があっても 各10せんち単位では
2〜3gの差しかありません。
軽いシャフトの方が剛性の高い繊維を使っている可能性も高く
シャフトの重量は軽くても、重くてもOKです

逆にその同じ理論で
重いシャフトの方がスイングが安定する …なんてのは
ある意味、ウソともホントとも言えるんですが、
言葉悪く言えば クラブに頼らず、クラブの機能を無視し、
自分の動きでスイングをする方 が使うのですから…。



問題なのは 軽いヘッドのクラブ です。
女性や力のない方が
「振り易い」からという理由で
選ぶケースがとても多いと思うのですが、

振り易いクラブ というのは
 「振らなくてはならないクラブ」
というコトを忘れないでください。


軽いヘッドのクラブは
打撃部分のヘッドが当然軽い為
絶対的なスピードが必要です。
bcb3a5e8

ドライバーで ヘッド重量が15g軽い と
ヘッドスピード3m/s分 破壊力が減ります。
かと言って 15gヘッドが軽くなっても
 正直 ヘッドスピードなんてほぼ全く変わりません!
ヘッドが軽いですから ヘッドスピードを上げないと
破壊力が無いのですが、
残念ですが、ヘッドが軽くなっても
ヘッドスピードがそれを補う分
速くなることは絶対にありえません。

正直…最近のクラブで
 バンカーショットをさせられる女性には
 同情…というか、同業者として罪の意識が拭えません。
 出なくて当たり前、上手く行かなくて当然のクラブです。


20150313-00000006-jijp-000-3-view


それと長い時間と言う意味では
軽いクラブを使えば、出来るだけ速く振るスイングを
覚えて行くのですが、
速くクラブを振りまわす というコトは同時に、
その速く振り回すクラブを「握っていられる握力」
絶対必要になるのです。

スイング中、クラブを離さないようにする握力は
速くクラブを動かす、速くシャフトを振る と言う行為と
相反する、全く反対の行為で
「握る」イコール「止める」ですから
自分の握力が ヘッドスピードの限界を決めることになります。
003


では ヘッドの重いクラブはどうなのか
というと ヘッドの重いクラブは
クラブを振り回さなくても飛ばす方法を学びます。
ですので、握力イコール運動の速度 という
ゴルフスイングを学びませんから
加齢や体力低下による飛距離の落ちは少なく済むのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングにとって
テークアウェイ・テークバックでの
右を向く行為はとてもとても大切です。

MVI_0478_Moment(2)


その点に於いて
押さえておかなくてはならない箇所があります。

スイングにとって『からだ』とは
股関節から上の 骨盤と胴体が一緒の部分です。
上半身をひねることではアリマセン。
それにはたくさんの理由があって
大きなところでは
 ✊前傾姿勢というのが低い所にあるボールを
 より簡素な動きで打つことが出来る
 ✊前傾姿勢とは 股関節と足(大腿骨)の
 体の前に対する角度差のことです。
 体をひねってしまうと 体の正面・前というのを
 消失してしまうので論外

というところです。
e8e506c0-s

ちゃんと 骨盤ごと右を向く というのは
それをすることによって
 ◎上から打てる時間
 ◎インサイドから打てる時間

を確保します。
ですので 『正しい』スイング用語の
 ✋上から打ちたい
 ✋インサイドから打ちたい

を望むのであれば
出来うる限りの骨盤の右向きを取り
その時間を出来るだけ多く確保するべきです

上半身だけ捻って
胸や肩だけの右向きを作っても
ダウンスイングからインパクトにかけての
左サイド・・・打撃するための進行方向が(右から左)
『低い』というモノを造れませんし、
胸や肩、腕だけで引く今どきの
見た目だけのインサイドへのテークバックは
インサイドではなく 体の右にクラブを「倒している」に過ぎず
テークバックで上げれば上げるほど体の正面から外れ
ロフトは開き、帰りの作業を増やすだけ‼ です。
スナップショット 2 (2017-01-23 17-37)

また ゴルフクラブと言うのは
そのヘッドやクラブの重さを使って
グリップを動かしていくモノですので、
上下関係として 
グリップよりもヘッドが高くなる必要がある訳ですが、
今どきの 肩や腕だけで上げるテークバックでは
その本人が上げている『つもり』でも
その実、クラブは倒れているだけなので
何時まで経っても クラブは上がりません。
4bcbe6f4

👉最終的には上げも下げもしないのを理想としますが、
 少なくとも あがってなければ下げられません。


スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)

前傾姿勢の基本の乗っかって右向きを作れれば
ボールを上から打てるチャンス・時間が確保できます。

ボールを上から打てれば
腕も含めたクラブの重さだけでなく
上から下 と言う重力を伴った動きになり易く
よく言う「自分の体重」も打撃に使えます。
 体重を乗せて打つ なんて言われ方もします。

骨盤の右向きをしっかり取る
 ☞それを気にするだけでもスイングはかなり変わります

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の続き になりますが、
よくある例でお話しします。
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1956775.html

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

カット打ち、こすり打ち、アウトサイドイン
映像、画像で見ると
先に体が開いています から
 より意識することになるのです。

4289f9fa-sこの姿もそうです。
この体の姿勢からすると
「とっく」に打ち終わっていて
フィニッシュの手前位であっても良いのに
まだ ボールを打っていません。
単に「打ち遅れている」に過ぎません。

自分の映像などを見て
体が開いてしまっているから
その体の開きを止める練習をすれば、
それはそのまま 「体を痛める行為」に進みます。

体が開いてしまうことが原因ではありません。

✋開くことそのものが打つことになっていないコト
が原因なのです。

体は動いていて 回転している…
向きを変えているのに
その体から生えている腕が留まったまま
その位置に残っているのが問題なのです。
このように 体は使い切っていても
まだボールを打っていませんから、
必然的に「手打ち」にならざるを得ません。
この手のスイングを追いかけても
単に手打ちが上手くなるだけ…褒められたものではありません。

mhインパクト直前〜インパクト
の写真ですが、
この時点で既に
体は開ききっています。
ここからフィニッシュまでに
動いているのは 「自分」では
体と思っているのでしょうが、
肩と腕だけに過ぎません。
典型的な「パワフル手打ち」です。
どんな理屈をつけても 教科書に載るべきスイングでは
無いと思います。
本人は 体をどこだと思っているのでしょうか?


腰は開ききってしまっていて
その位置に上半身が有っては
左手がボールを打つのに届きませんから、
胴体とは違う方向の上に左肩を動かす
    左肩を縦に逃がすことによって
    届かない筈の左手を届かせる、横移動を消す
この方法はアマチュアにとっては
自殺行為は大袈裟としても自傷行為です。
スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)

ゴルフクラブは両手で持っています。
そして 概ね両腕の長さの都合がついている時、
そのクラブの上下左右の方向は製品通りになります。
体を歪め、腕の長さの都合がつかなくなる方法は
上手く打てないだけでなく、非常に体に痛めやすいでしょう。


スイングを修正する根本を間違えてはいけないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットに悩み、飛距離に悩み、スイングに悩んだ時、
注意しなくてはいけない点があります。

具体例で言うと、
✋体が開いてしまう
✋煽り打ち/すくい打ちになってしまう
✋右サイドが下がってします
✋体が突っ込んでしまう

という よくある悩みがあります。

この動作は根本的には
実は『合っていて』(正しくて)
実は『間違っています

なので その行為そのものは!治してはイケマセン!

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)


何が『合っている』か というと
スイングは体の向きを変える運動の
その過程の中でボールを打ちます。
よって 必ずいずれ 体は開く☞左を向きます
そして スイングには前傾姿勢があるので、
左を向けば、右サイドは低く、左サイドは高くなりますから
最後は上に向かって振るような時が来ます。
その状態では 右サイドは下がってしまっていますし、
右サイドはボールに近づいてしまっています。
mh

行為、動作そのものとしては
どこも間違っていません。正しい動きです。

何が『間違っている』か、というと
単に 打ち遅れている〜時機を逸している に
過ぎないのです。


体は開いていいんです。
ただし 開く前に打ってしまえばいいのです。
左サイドは上がります。右サイドは下がります。
ただし そうなる前に打ってしまえばいいのです。
俗に言う「突っ込み」、それもいずれ訪れますが
そうなる前に打ってしまえば良いだけのことです。

snap-lock_Moment

行為、行い、動作としては『正しくて』
単に時期だけが『間違っている』のが問題なのに、
その行為、行い、動作を制限してはいけないのです。
より一層問題が複雑化するだけです。


スイングはタイミングの生き物とも呼ばれますが、
スイングを修正、改良していくのは
動作を治すことではアリマセン。
動作手順を変えていくことです。
どう動かすか❓ ではなく、 いつ動かすか❓
の方が圧倒的に重要です。

👉どう動かすか は
 いつによってあまりに大きく異なります。
 体が開く前に打つことを理想としているとして、
 体が開いてから「誤魔化してボールを打つ」
 その技術を身に着けても、根本的に違いますし、
 その複雑な技術は後々の修正の邪魔にさえなります。


つまり スイングを改良し、違うモノにする ということは
自分の今までの手順〜タイミングを違うモノにすること
というコトになります。

タイミングやリズム、手順は今まで通りなのに
スイングのメカニズムを変えるのは不可能なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

よくあるケースで、
コースに出かけ、朝一のティーグラウンドが多少混んで
数組待っていたとしましょう。

何本かのクラブを握り
空いたスペースで素振りをする人を
見かけたりしますが、
その素振り、言いたくないですけど
✋やるだけ無駄!
✋しない方がミスし難い!

と断言できます。

まぁ 準備運動、ストレッチの方が重要である…かも
知れませんが、その素振りをする限り
ドンドンミスの可能性が増えていくでしょう。

まずは こちら↓をご覧ください。


ごくごくよく見る、普通の素振りに見えますよね?

だめ… 不合格です。

よくよくご覧ください



クラブを振ること自体 ダメダメなんですけど、
それはどうしてかの説明が必要な方は
是非、当ブログ…4000を超える記事がありますので
それを見て参考にしてください。

クラブを振るのは 万歩ゆずって 今回は割愛します。
問題は どこを! いつ! 振っているのか です。

ボールは当然ですが、
自分のスタンス、足と足の間にあります。
しかし、素振りを見ると
ボールのあるべきところを超えてから
スタンスの、アドレス時のポジションの左
打ち終わっている箇所で振っていますよね?
わかりますか?
orijinalTrim (2)_MomentorijinalTrim (2)_Moment(2)







ゴルフスイングは、ゴルフショットは
体の回転によって 結果的に円弧を描きます。
(決して 丸く振りなさい…と言う話ではありません)
ボールはやや左めとは言っても
体の幅、スタンスの中にあるのですから
スイングの円弧の 真ん中あたり
つまり スイングは(振る・振らないは別にしても)
円弧の真ん中あたりにボールがある筈です。
ボールを打つ前に半分・ボールを打ってから半分
そんな具合になる筈です。
スイング全体を 10 とすると
ボールの位置は 4〜6 あたりの時期になる筈です。

orijinalTrim_MomentorijinalTrim_Moment(2)






ところが この素振りでは
ボールを打つ直前までクラブが 活発に動きません。
まるで ボールを超えてから振っているようなサマ…。
10の位置で 1か2の辺りにボールがある感じです。

この時期にクラブを振ったら
ボールを目標方向 という水平方向ではなく
上に向かって振ることになるのですから
そりゃ 飛距離は望めませんし、
素振りで「振る箇所・時期」と
実際のボールの位置があまりに異なっているのですから
本当のショットになったらうまくいく筈もありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ