◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2017年09月


柔らかいシャフトでヘッドの重たいクラブというのが
 ハミングバードの基本のゴルフクラブですが、
多くのゴルファーは
柔らかいシャフトを使って
 
重いヘッドでボールを弾いて打つ という
使い方のイメージを持っていると思います。
u=341495341,3618090510&gp=0

そのイメージで
重たいヘッド・柔らかいシャフトを使うと
ハイボール・スライス・ダフリ
びっくりするほど飛ばないと思います。
当たらないかも…です。

重たいヘッド・柔らかいシャフトの効果は
良くも悪くも 打ち手の体の動きや姿勢に
多大な影響を与えます。
クラブの位置や姿勢によって ほぼ決まってしまう
と言っても過言ではないでしょう。
210フレームショット鼓笛隊 モデルケース-143フレームショット







上手に当たる、上手く打てる、楽に遠くに飛ばす
そういう体の姿勢にするのも
上手く当たらない、こすって飛ばない
そういう体の姿勢にするのも
ゴルフクラブの位置と姿勢で決まります。


自分の力量や運動性能で
長い棒の先に有る重さ・ヘッドを振りまわす
そう言う気持ちは分かりますが、
それをすることによって 当然 なにがしかの
自分への影響があるのです。

人間は機械ではなく、非常に優れた修正能力
しかも瞬時の演算能力を持っていますので
その影響を加味しながら 目的である
ボールを当て、目標の方向に飛ばそうとするものです。

なんと言って良いか難しいですが、
ゴルフクラブと仲良くする術と考えるべきで
傲慢にゴルフクラブをねじ伏せようとする限り
何も言わない・何もしてくれない軽いヘッド
何も言わない・何もしてくれない硬いシャフト
を使う他ないでしょう。


ですから
どんなに重いヘッドが付いて、
どんなにシャフト柔らかくても(製造限界があるかも…ですが)
運動の速度・ヘッドスピードを遅く
ゆっくり振る必要は一切ありません。
正しくクラブを扱うのであれば…ですけれど。
鼓笛隊1-01 (2)

クラブを重くしてしまうような使い方をするから
ゆっくり振らなくてはならなくなる訳で、
クラブの重さが変わらない使い方であれば
振動数120cpm、市販の平均値の半分の硬さでも
ヘッドスピード60msで打っても全く問題ありません。


想像通りです、ヘッドの重さの違いは余りに明白…。

弊社の悶絶クラブを手にした後で
市販のクラブを持つと まるでヘッドが付いていない
ような錯覚(錯覚ではないかも…ですけど)に陥ります。

その感覚の通り、ヘッドの場所
ヘッドの移動の仕方、
ヘッドの重さ、ヘッドの重さの変化
などを十分感じ取ることが出来、
それをスイングやショットの邪魔にするか
それとも味方にするか は自分次第です。

重さは自分の味方にすれば
動作の加速を誘発する要素として大きいですし、
クラブの本来、その形状によって
スイング動作の方向を示唆・誘導します。
20090801 2009_08_28_14_38_06-573フレームショット

勿論、打撃部の重さですから
ボールの質量に負けない
ボールを移動させる能力は長けています。
今までよりも 格段に楽に、遠くに
そして繰り返し打てる要素…なのですが、
本当に使う人次第、考え方次第 かも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




スイングが円弧であるイメージや
トップの位置と地面のボールの高低差 などを
考えると クラブを縦に、下に振りたくなるのは
分からなくはないです、、、
 が
クラブをそのように動かしてしまうと
クラブの動き と 体の回転
の関係は途切れてしまいます。
関連性の薄い、別な動作になってしまいます。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(4)







スイングは 体の回転で行われる のですが、
体さえ回しておけば
 自然にクラブが付いてくるものではありません。

クラブの重さには長さや運動も伴ないますし
腕の重さは両腕で10キロ前後あり、
それにも長さと運動が伴ってきますから
実際には 数十キロの重さのモノと考えても
良いかも知れません。

クラブを縦に振ろうとすれば
その位置は どんどん体の回転の進行に対し
右に右にズレていきます。
60a4c063-s

腕やクラブなどの重さが
体の中心から右にズレれば
ズレるほど 体の右サイドは自然に下がり
左サイドは上がります。
93564c62-s

ボールと打とうとする限り
その動きは防ぐことは出来ません。

スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)

自覚は無いかも知れませんが、
このように クラブを縦に振ろうとするには
体が動いている 体の回転が進行している状態では無理で、
体の動きを減速、止める必要が出てきてしまいます。

体が止まらないと腕は動かせないのです。
73f7bdaf-s

腕も一緒に、クラブも一緒に動いている と
信じていても ダウンスイング初期
体しか動いていません。
73f7bdaf-s

腕やクラブはだいたい置き去り
言い方を変えれば、体の進行方向に対し
腕やクラブは逆に動いている とも言えます。

前述の通り、そこに重さが加わりますか
右サイドは下がります。
右サイドの下がりは 体の開きに同一です。

クラブを縦に振れば 遠心力は
自分から離れていく 外に外に掛かります。
これは ボールを飛ばすのにはまったく役に立たず
スピンを無駄に増やす動きになる とも言え、
その重さによって 自分はどんどん上を向くことになります。
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

余程 力でねじ伏せるか
体の痛みなど無理を無視して、特殊に打つか しない限り
この時点で 弱弱しいこすり球が出るのは確定です。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(9)







体の回転に沿って クラブを動かすには
体の回転通りに クラブを動かすには
腕を その傾きに沿って 自分の上半身に対し
横に横に(斜めに斜めに)
体から離れないように押してあげること。
それを先行して、体が後追いするような形を
取らない限り 体の回転通りにはクラブは動かせません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



そうですね…、数えたことはありませんが
おそらく 数十万本のグリップを交換、装着した
と思います。

そんな数をやっていると
グリップの痛みとシャフトの硬さには相関関係
あることに気付いてきます。
IMGA0209

左手の親指の部分の痛みは
ハッキリと硬いシャフトを使っている というか
使う人にとって「オーバースペック」な硬さを使っている
証なのだと思います。

ハミングバードでは 20数年の歳月で
ドライバーシャフトの硬さ〜振動数では
240cpm 位から始まり
220 ➟ 200 ➟ 180 ➟ 160
4年サイクル位でこの位落ちてきています。
それに伴い グリップの痛み
数年使っても 痛みのあまり見られない状態に
どんどんとなってきており
それは確信になってきました。

スイングに至っては
シャフトの硬さが落ちてくると
ハッキリと アマチュアゴルファーの悩みの一つ
「オーバースイング」は減少、消滅していきます。
先日も書きましたが、
某女子プロのあのスイングは
幼少の頃に お父さんの使わなくなったクラブ
(使わなくなった…という時点でキツイのですが)
それを身長に合わせて 切られた
めちゃ堅い、めちゃヘッドの軽い クラブによって
作り出されたスイングです。

左手の親指の部分が痛む ということは
そこに特別な「摩擦」があるという事で
スイング中にそこが動いている、もしくは握り直し
があるということですから
硬いシャフトを しならせて しなりもどす
シャフトをしならせる ということは
グリップ部とヘッド部の移動量が大きく異なる
という意味ですから
先端に重さの付いたヘッド部をグリップ部よりも多く動かせば
それだけ強く握っていないと
クラブは放り出てしまいます。

不思議なのはグリップ(シャフト)には
テーパーが付いており、お尻…後端に向けて
緩やかに太くなっています。
シンプルに遠心力に逆らう のであれば
エンド部分が痛みそうなものですが、
左手の親指付近が支点になるような
何か特殊な摩擦が必要になる ということです。
エンド部に比べると細くなっていますから
接触面積が足らず、より強くチカラが必要
ということでもあります。
IMGA0214

ところが、距離が変わる訳でもなく
場合によっては伸びるケースも少なくないのに
シャフトが柔らかくなってくると
と、同時にヘッドも重たくなってきているのに
グリップの痛みはかなりはっきりと軽減されます。

細いグリップを好む理由 と
硬いシャフトを好む理由・・・・
なんだか 私にはよく分からないですが、
グリップを見る限り
硬いシャフトはより握力が必要で
より複雑な行程が必要になる と断言できます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ショット・スイングにとって
基礎、成功する土台として
十分な
『からだの右向き』があります。

それを司るのは 右肘の高さ
そして両肘の高さ関係
 です。
千人

何度も繰り返しますが
前傾姿勢があり
 ◎前傾姿勢⇒胴体/骨盤の前部の股関節の角度差
      ⇒胴体/骨盤の前部の骨盤と大腿骨の角度差

その前傾姿勢が保たれたまま
からだが右向きになると
体の右サイドの方が左サイドよりも
その傾き分高くなります


その分、両肘の高さとしては
右ひじの方が高い位置になる筈ですが、
右ひじの方が低い位置をとってしまうと
その両肘の関係通りの体さばき・回転が始まってしまいます。
4f49c81d

ダウンスイング以降、右サイドが下がりがちな人は
概ね テークバックやトップでの肘の関係に問題があります。


テークバックは
左サイドで右サイドで押す よりも
右サイドの動きで左サイドを引いた方
『十分な右向きは取り易い』と思います。

そう言う意味でも
アドレスの状態から
右ひじを 飛球線後方に膨らませず
アドレス時の後方(背後)に
傾き分 高めに肘鉄をしていくように
動かすことをお薦めします。
dW l (2)_Moment

グリップを右に送り込まず
右ひじが曲がる分、右にではなく
グリップの位置を体に対し高くするようにすると
シャフトがクロスすることなく
クラブの重さでグリップを下げやすい位置に
行き易いと思います。
スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)

右ひじは体の外、やや高めの位置を
スイング前に設定しておき
そこに直線的、ダイレクトに行けるようにしましょう。
右肘と右のお尻の連動感も大切です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


例え 市販の軽いヘッドであろうと
腕やクラブの長さ、そして運動が加われば
ゴルフクラブの重さは かなりのモノになる。

お客様の試算だと
 市販の軽量級ヘッドのクラブで 軟式野球用のバット
 弊社の悶絶クラブで 硬式野球用のバット
位の重さになるそうだ。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

『その重さをどう扱うか』
『どう腕…肘を動かすか』
 によって
体の動き、体の回転は決まってしまう!
と言って過言ではないだろう。

肘を曲げたり、伸ばしたり するのに
一番多く見受けられるが
一番避けたい方法は
両方の肘とグリップ
 右の肘・グリップ・左の肘
の位置関係を変える方法だ。
4bcbe6f4

アドレス時、そして体の関係から
右の肘と左の肘の間に"当然"グリップの位置は存在する。
右の肘の右や 左の肘の左、外にグリップがあるのは
位置関係としても、体の構造としてもとても不自然。

スイング中、体がどう回転しているのか
どのような方向・角度に回転しているのか
把握するのはとても難しい。
多くの人は自分がどう回転しているか把握出来ない。
ce17f420

体の回転は 両方の肘のつながり
両方の位置関係通りに進んでいく。


テークバックで 右ひじよりも右にグリップを出したり
左肘の方が右ひじよりも高い関係を造ると
腕やクラブの重さによって
体はアドレス時の傾きよりも ずっと上を向いて
斜め上の回転をしていくことになり
必ず 右サイドが下がり、
インパクトは大きく体を開いてすることになってしまう。

それが 自然な体の流れ だから。

スイングの円弧は 本来、
体の傾き、前傾姿勢通りの描かれるもの
体がその傾きに沿って回るのだから その通りだが…
 ✌両肘とグリップの位置関係を崩す
 ✌左肘の方が高いトップの位置
というのは その前傾姿勢を無視し
体をひねってあげているのだから
前傾姿勢使は関係ない、
アドレス時だけの飾り、ゴルフスイングの真似ごとに
なってしまうのは致し方ないのだろう
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

体の回転を望みの方向に
体の回転に遅れない腕・クラブを造るには
両方の肘の位置関係というのは
とても重要・肝心かなめである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


飛距離に悩むゴルファーの多くが
「飛ばしはヘッドスピードにある」と考えています。

ウソ! とは言い切れませんが、
半分はホント、半分はウソと言えるでしょう。
(もっと少ないかな…)
飛距離に悩むアマチュアゴルファーの飛ばない理由においては、ヘッドスピードを上げると飛ぶようになるか
には疑問符が沢山付きます。

ごくごく平均的なゴルフをする
成人男性(平均値59歳)のドライバーショットで
ヘッドにかかるボールの重さ、
ボールにかかるヘッドの加圧(質量)は
800キロにも及びます。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

その重さに耐えるクラブ扱いをしておかなくてはなりません。

多くのゴルファーが行うゴルフスイングは
インパクト付近で、体や左腕を止めた状況で
クラブと利き腕(右腕)だけを動かしている
俗に言う「手打ちの状態」です。

別な言い方をすれば
グリップそのものを体や腕さばきで動かして
グリップの移動が直接ヘッドの移動になる打ち方と
グリップを先に動かし、それを支点として
その後ヘッドだけを動かす打ち方は
極端には 打ち抜きの前後はクラブしか動いていません。

それでは動かしている総体の質量が低く
しかも、その打ち方ではボールの打撃力は
スピンに化けやすいので
スピードをアップしても 飛距離増加の効果は薄い
殆どないと言ってもイイでしょう。

インパクトで 体と言う一番質量の重いものを
原動力にして重さをどかす打ち方をした方が
ボールと言う質量に勝ち易くなります。
329500ce

腕や手だけで クラブを動かしてショットしている限り
その800キロと言う重さに勝てず
労力が飛距離に繋がらない だけでなく
その質量(ボール)に動きを止められてしまいやすいので
フォローやフィニッシュが取れない
というのもありますね。

ゴルフクラブは
その形状から クラブの重さはグリップをどう移動させるか
グリップを移動させるためのもの
 です。

➡グリップを移動させ
それから後にヘッドを動かして打撃すれば
クラブの重さやその形状の理由は
既に使われた後に、単なる「労力」で打つことになります。
クラブの機能が使われている時にボールを打たず
逆にその重さが負荷になる状態でボールを打つ訳です。

そして、とても重要になるのが
一番速度を上げたいところで
体の中に止めておく部分と動かす部分の二極が発生し
その境になる部位・箇所に負担が集中するということです。

それは人によっては左手首であり、左ひじであり
場合によっては首なんてことにもなりかねません。

質量に勝つ為にも、飛ばすためにも、
体を痛めないため、にも
グリップの移動そのもので打撃を心がけて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


腕と体の関係は
体を積極的に動かそうとすると
腕は動かさせなくなります。
その体の移動に伴って、腕も移動するだけ
になるのですが、
腕の重さは両方で10キロ以上
クラブもありますし、長さもあります。
移動が入れば、その重さは 加算/乗算されていきます。
ですので その重さ分、
体の移動の進行より遅れて、ずれていきます。
hiraki

👉インパクトのグリップの位置を
左股関節の前にイメージしておくと
結果として 右の股関節の前がゴールになるでしょう。
一般的なスイングではその位置です。
その位置ではボールに届かないので
体を開いて、グリップの位置を左にずらします。

最終的なインパクトのグリップ位置を
左股関節の前にするのには
イメージのグリップの終着点は
体の左外 と思ってよく、
そのイメージで 左股関節前位に収まります。

MVI_0741_Moment

浅い・深いはあっても
トップオブザスイングは
この辺りから始まる訳ですが、
右脇・右肩の前にあるグリップを
左腰の所へ動かすのは
このタイミングが一番のチャンスです。
MVI_0741_Moment(5)MVI_0741_Moment(6)








このタイミングで動かせば
横に移動させるグリップに縦が混じるので
クラブの重さを使って誘導が可能です。

ご自分でやってみると良いですが、
ダウンスイングにイキム必要はなく
逆にクラブの重さに対し 脱力するような場所に
グリップを「腕さばき」で先に送ってあげればいいのです。
MVI_0741_Moment(7)MVI_0741_Moment(8)







この写真で言う 左端 が壁 だと思って
グリップをどんどん左下に送り込んで
壁に当たらないよう
スイングの弧が 左端に絡まないように
イメージすると良いでしょう。

左の上腕の動きを皮切りに
グリップを左下に送り込んであげると
体を止めている、回転を止めているようでも
体は正面を向いていきます。
MVI_0741_Moment(9)

グリップが右斜め上から、左斜め下に移動に伴い
全体の重さもその方向に動くので
クラブや腕による体重移動を創り出し
それが正面向きを作っていきます。

腕さばきのみで 意識しない回転 を作って行けます。

 そして おそらく多くの人が感じるが
ここ『から』打ったのでは飛ばないのでは…ですが、
ここ『から』打つのではなく
これ そのものがインパクトです。
だから 上から潰せ、重さも使えるんです。

ここ『から』打ったのでは
ボールはこするだけになりますから、
より速く振る必要のスパイラルに入っていくのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


アイアンで説明しましょう。

現在 市販されているアイアンのシャフト(軽量スチール)
平均的な硬さは 5番アイアン(38インチ相当)で
 SR表記 290cpm です。
(一分間に290回振動するという意味)

Sシャフト SRシャフト Rシャフト
の際は 10cpm程度です。

この 290cpm という硬さに
   240g程度 のヘッドが装着されています。

IMG_0459


弊社の悶絶…と呼ばれるアイアンのシャフト(グラファイト)の
硬さは何種類かありますが(5番アイアン)
 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm



市販のモノから比べると 100cpm ですから
XXXSXSRAR
トリプルXシャフトとレディースシャフト程度の違いです。

IMG_0504


このシャフトに 弊社オリジナルのニューモデルヘッド
軟鉄鍛造 HBS-16 が装着されています。
ヘッド重量は 320g(5番アイアン) です。

ウエッヂでのヘッド重量は
市販品   290g
HBS-16  380g です。

トリプルXのシャフトの80g軽いヘッドが付いていて
レディース相当のシャフトに80g重いヘッドが付いている
そんな感じです。
なんだか 反対の方が良いような気もしますよね…



 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm


シャフトの硬さで言うと
❶の振動数 180cpm程度のモノであれば
ヘッドを振る スイングの弧を回転ではなく、
手さばきで作るスイングでもすぐに慣れて打てるようになります。
ヘッド重量の恩恵は大きく、
今までよりもずっと軽く振って同じ距離を打てます。

柔らかいシャフト/重いヘッドの一番の特徴は
とても体に優しいこと です。

弊社を訪れる多くのお客様は
市販品を長く使ってきて、どこかしら体の痛み
体の故障を持っていて、悩んでおられます。
柔らかいシャフト/重いヘッドのクラブは
その悩みを ほぼ100%解消します。


IMG_0624


重いヘッドの特徴は やはり慣性モーメントが高いので
ミスヒットやラフ・バンカーなどに強いことです。
特にウエッヂではそれが顕著です。
バンカーショットで言うと
柔らかいシャフト/重いヘッドのウエッヂでは
バンカーは簡単です。
逆に市販品では悩むのは当然かと…。

 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm

振動数❷160cpm位 からは
クラブの扱い方を考えるスペックです。
運動性能が高く、練習も豊富な方は今まで通りで大丈夫ですが、
目の前の結果よりも クラブの扱い方を変えていく
シャフトの使い方やヘッドの重さの使い方を変えていく
スイングを変えていく という趣向がより強くなります。

IMG_0625


振動数❸140cpm このクラスになってくると
従来通りの ヘッドを振る扱い方では
上がるだけ・スライス・飛ばない・ダフり を
連発することでしょう。
体の回転通りに軌道を造ることを強要します。
ステップアップして慣れた方は別ですが、
ファーストトライであれば
 スイング改造を主眼に置いたスペック です。
正しく扱うと成果もはっきり出ますが、ダメ出しも厳しいです。
ヘッドの重さもありますし、体で打ちますから
従来感じていた インパクト感・打感 はありません。

曖昧な表現ですが、従来の 6〜7割の力加減
振り加減で従来通りの距離を打てるようになれます。

言いにくいことではありますが、
同じ熱意を練習やレッ〇ンにかけるよりも
遥かにはっきりとした効果があります。



      ご検討下さいませ 店主

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


決して ハードな意味ではなく
ボールを叩けるスイングを造っておかないと
ボールを飛ばすことは出来ません。

俗に言う こすり打ち というのは
実際には『スライス』をさすことではなく
ボールをつぶせず こすって
必要以上のスピンを生んでしまうことを指します。

とは言うものの
昨今のプロなどで提唱される
煽り打ちは…スピンは減りますが、
元々の体力やスピードに自信のある人や
体を痛めても大丈夫な人以外には
とても お勧めすることは出来ません。


ボールをつぶす
というのは、イコール
上から打つ
という意味で、
上から打つ
というコトの真意は
ヘッドを上から入れる
というコトではなく、
スイングのメカニズム として
右を向いている時、
左サイドの方〜進行方向の方が低い間 に
インパクトに入る、
 という
時間や期間のことを指します。

そこを間違えてしまうと
気持ちは「上から打っている、上から入れている」つもりでも
逆に上から入れれば入れるほど
自分自身の姿勢が 上を向いて、体を開いてしまうので
解決しないばかりか
解決の糸口すら失ってしまいます。
上から打とうとしている人ほど
陥りがちな状態です。
MVI_0741_Moment(2)MVI_0741_Moment(3)







叩く という表現が少々荒っぽくはありますが、
ボールを叩く…というのは
ヘッドを上から入れる
ヘッドで叩く      …のではなく
グリップを上から入れる
グリップで叩く     …に近く
グリップが下がっている過程の中に
インパクトが存在する感じです。
MVI_0741_Moment(4)

グリップがいったん下がって『から』
もしくは、一番低くなって『から』
インパクトがあると
その『から』からの時間分、グリップはあがり
体は上を向きます。
ここが理解できるとかなり変化が表れます。

トップの高い位置から
どこか で グリップは一番低くなるわけですが、
その過程のどこかに 一番低くなる前位に
インパクトを造る
 グリップの移動軌道、移動の道のりを
 作っておかなくてはいけません。
MVI_0741_MomentMVI_0741_Moment(5)







多くのゴルファー…殆どと言えるゴルファーは
グリップが一番低い位置に入って『から』
インパクトがあるので、その時間分(時間差分)
ヘッドは横から、か 下から入って来ているので
上から入って来ている落下エネルギーや
加速エネルギーが上手く使えていません。
当然、そうなると 市販の超軽量ヘッドであっても
そのヘッドの重さを有効活用できません。

MVI_0741_Moment(6)MVI_0741_Moment(7)







せめて イメージだけでもいいですが、
グリップが下がっている過程にインパクトを
グリップを動かすことそのものが『叩くこと』 を
想像できると良いと思います。

MVI_0741_Moment(8)MVI_0741_Moment(9)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


多くのゴルファーは考えていない
気付いていないことですが、
スイングの概要は『クラブから』しか学べません。
d779f31a

その多くが ゴルフを始めた時のモノか、
ゴルフに熱中して夢中になっている時に使っていたモノ、
それらがゴルフスイングの基礎を造ると言って
間違いないでしょう。

例えば のはなしですが、
これは本人に確認はしていませんので推測に過ぎませんが
横峯さくらちゃんのスイングは
あきらかに 幼少の頃…小学校かそれ以前の体験でしょうね。
お父さんの使わなくなったクラブを
その時の身長に合わせ、切って使って
 スイングを覚えたのでしょう。
ジュニアゴルファーには多いパターンだと思います。


男性用のクラブを 小学生のサイズに切って使えば
元々男性のクラブですから 小学生の女子にはきついですが、
硬くて、ヘッドも感じにくい 長い棒 です。
シャフトが適切な硬さでヘッドの重さも感じられれば
あそこまで深いトップを造れば 
ひっくり返ってしまいますから
抑制されている筈です。

悶絶クラブを作り、
お客様にご提供させて頂いて
長い時間 お客様のスイングの変化を見ていると
例外なく お客様のスイング というか
『トップ位置はコンパクト』になってきます。
そこの部分は何もアドバイスしなくても
自然と、必要以上に深かったトップは
削り取られていくのだと思います。

硬いシャフトに慣れた方は
当然 硬いシャフトをしならせて しなり戻す
ことをスイングだと錯覚していますし、
ヘッドを返すスイングをしたい人にとっては
どちらが鶏で、どちらがタマゴかは人それぞれですが
アップライトな、小振りなヘッドを好むようになります。


小振りな 重心距離が短い クラブは
商品として 硬いシャフトが入っているケースが多く、
それに伴いヘッドも軽いですから
本能的に 速く振ることで打撃のエネルギーを作り出そう
としているのだと思います。

速く振ること自体に
良い悪いはありませんが、
その手のクラブを、その手のスイングでショットする人は
テークアウェイのリズム感も異様に速く
閉まりかけた電車の扉に間に合わせるか のように
急いでスイングしますから、
ミスのやり直せる練習場では良いのですが
コースへ行くと苦しむと思います。
maxresdefault

技術論 ということでなく
基礎論 として
ゴルフショットをやさしくするのは
,垢襪海箸鮓困蕕
△垢訛度を遅くする
スイングを必要最小限の大きさにする

という事だと思います。
グリーン周りの アプローチで
ウエッヂで無理に高い弾道を選ばず
8番アイアンで転がすのと同じです。

以上の3項目で
問題になるのは
することを減らし、する速度を遅くして
スイングをコンパクトにしても
望む距離が打てるか どうか であって
スイングは ヘッドスピードの数値なんてのは
ゴルフそのものに何にも関係ない訳ですし、
スロープレーは問題ですが
自分の番の、自分のスイングに
そんなに慌てて スイングする必要もありません。

することを増やして
する速度を上げて
スイングを大きくする

というのは一見すると良さそうに見えますが、
勿論、飛距離は重要ですが
ゴルフショットの場合、逆にいくらでも飛んでよい
という場面の方が 割合としては圧倒的に少なく
ショットの条件として
打つ距離があらかじめ決まっているケースの方が多い
という ゴルフのゲーム特性を考えると
それをしなくても 望みの距離を打てるクラブを選び
スイングを覚える というアイディアも
ゴルフを上達するための腕前の一つを考えられます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ