◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2017年08月


一般的なパターストロークで
とても気になる点があります。

ごくごく平均的なゴルファーに
パターストロークをして頂くと
おそらくほとんど、全員に近い人が
肩を揺さぶります。
いわゆる
「ショルダーストローク」と言う奴です。
show_img

これにおいて 私は3点大きな問題が秘めてると思います。

まずはショルダーストロークをいうのを
『何をしているか?』ということです。
その揺さ振っているその姿を
✊体と思っているのか?
✊腕だと思っているのか?
✊肩を揺さぶっているのか?
✊背骨を揺さぶっているのか?

です。

ゴルファーの多くは 腕を使って
ショットやストロークすることを
良しとしていない節があります。
564dfb4d

確かにそれは体ではありますが、
スイングにおいても パターストロークにおいても
❶いろんな意味でとても悪い体の動かし方です。

背骨を左右に揺さぶっているのです。
 ☞自分でやってみて下さい

その背骨を左右に歪ませる動作は
パターストロークでなく、ショットでも
禁忌な行為ですし、
故障や痛みを生み出し易い動作です。
多くのプロが 上手く行かないパターのせいで
沢山練習し、体を痛める
引退への道を造る動きなのです。

ショルダーストロークがまるでダメなのは
ショルダーストロークは
一見すると、打ち手にとって
ヘッドが真っ直ぐ動いているから
真っ直ぐボールが行くように感じるけれど
上下に大きく弧を描くので
インパクトロフトが大きく変化します。
気付いていない人は多いですが、
ゴルフクラブはパターとは言え
ロフト角度とライ角度の複合によって
上下も左右のボールの飛び出し方向・角度が決まります。
例え 見た目真っ直ぐヘッドが動いていても
こう ヘッドが弧を描いてしまうと
❷ヘッドが左右に回転しているのと同じなのです。
その錯覚、というか これ無知に匹敵します。


また ショルダーストロークは
小さなストロークでは気付き難いですが
背骨を左右に歪ませて行うことによって
頭を振ることになります。
ヘッドが左にあれば 頭は右に
ヘッドが右にあれば 頭に左にズレます。
それによって ストロークが大きくなると
頭は右に傾き、想定のヘッド軌道のボトムは右にズレ、
❸インパクトがアッパーブロー/上昇期に入ります。

短い距離を打とうとすると分かると思いますが
フルショットでのダフリやトップは
そのスピードによって誤魔化せるというか
ボールが球体であるため フェースの上に
ボールは乗りますが、遅い速度では
それは そのままはっきりとミスになります。
アッパー軌道でインパクトに入ると
歯が入ります。音が硬いのもそのせいです。
❸パターでのトップ気味になった場合
通常のストロークの10倍のスピンになり
それが逆に推進力を喰います。
4c9a0689

パッティングの場合、
非常に愚かなというか とても頓珍漢な理論が
横行していますが、ボールをよりオーバースピンさせる
回転を増やそうとする風潮がありますが、
それこそ それはボールが伸びない原因です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パターストロークだけに限りません。
フルショットであっても、アプローチであっても同じです。
BlogPaint

距離感とは自分で管理する動作速度です。

打ち手が直接的な 移動/運動の管理できるのは
その接続点である「グリップの移動」だけです。
ヘッドの移動は直接管理できません。

つまり 距離感は動作によるグリップの移動速度の管理です。

フルショットでもそうですが、
確かにゴルフのスイングは円運動ですが、
基本は横移動させているに過ぎません。
スタンスを動かさず 安定的に運動速度を確保するために
回転運動を採用しているに過ぎませんから
ヘッドの方がグリップよりもたくさん、そして速く動く
という意識を持つのは大変危険です。

短いショット・ストロークではなんとかなる
しかし、長い(フル)ショット・ストロークになると
上手く行かない というのは
その 短い・遅いショットで
グリップとヘッドの移動速度の差が少ないに過ぎず
まだ ヘッドを動かそう ヘッドの速度重視で
距離感を造ろうとしている可能性が否めません。

特にパターストロークの場合、
視覚的な要素もあり、ボールを弾いて打つ感じが
残り易いですが、
ボールを横/水平に移動させるのが距離 です。
弾いて打つのは ボールを回転させる行為で
直接的な距離につながりません。
BlogPaint

ボールの回転とは空中であっても、地面であっても
摩擦によって、抵抗によって生まれるのですから
その摩擦や抵抗という速度加減を非常に大きく左右するものを
計算に多く取り込むのは非常に難しく
緊張した場面、大事な場面で失敗する可能性が高くなります。

L型ブリストルパターであれば
小さなストローク・遅いストロークでも
十分な距離は打ち易いです。
市販のパターでは難しくとも
ブリストルパターであれば
直接持っているグリップ、もしくは自分の手の移動そのものを
距離感に結びつけやすいので
その感覚に慣れていくのが重要だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自習、独学でクラブの扱い方を覚えて行くのには
『体』というのは使いにくいかもしれません。
スナップショット 2 (2012-10-29 14-08)

確かに 体の向きの変更そのもので
グリップを移動させ、結果、ヘッドも動かすわけですが
ちょっと意地悪なところは
率先的な体の回転によって クラブヘッドを引っ張る
というのではないところです。
体の回転で引っ張れば、クラブの重さ、ヘッドの重さ
それに加え 移動の速度分加算される重さによって
クラブは留まり、体の向きに対し遅れ
それは体の右へのズレ、つまりロフトやフェースの開きに
つながってしまいます。

そう言った意味では
腕の使い方でクラブを扱う事を優先的に覚え
その結果、体の回転に同調させる といった考えの方が
掴みやすいかも知れません。

腕の使い方で
始めから 腕でのクラブさばき によって
ヘッドで円弧を造る、もしくは
ショットは遠心力の増加によって飛ばす
と信じている人には無駄かも知れませんが
腕でクラブをさばくのは
❶すべて 横/体に対し平行な動き です。
しつこいかも知れませんが スイングには
前傾姿勢というのが存在しますから
この 横/からだに平行な動きというのは
その傾きに沿った斜めなものである ということ。
スナップショット 4 (2012-12-27 17-50)スナップショット 2 (2012-12-27 17-49)








そして 主に動かさなくてはいけないのは
ヘッドではなく ❷グリップである ということ。

そして ❸そのグリップと胸の出来るだけ保つ、
胸から上下は兎も角、左右には離さない
ということ。

この点で注意しなくてはいけないのは
腕を動かす場合、基本上腕しか積極的には動かしません
手首のある前腕側を動かそうとすると
縦であっても、横であっても 
グリップの移動は円弧を描いてしまい
必ず体から離れていこうとします。
クラブは元より、腕というのは左右で10キロを超える重さ
それに遠心力が加われば かなりのモノで
その重さを相殺しつつ ボールを打つのには
必ず体を起こし、前傾姿勢を失うばかりか
グリップやヘッドの通り道が長くなりますから
必ず右サイドが下がりますので
飛ばない、ミスするばかりか、体への負担も増大します。
スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)

グリップを自分に胸に沿って
左右に移動させる。
その移動距離は体の幅以下…
スイングは回転動作なので
傍目にはグリップがたくさん移動しているように
見えますが、その実、自分で動かしている量は
多くて50臓△そらく30堕度でしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイング・ゴルフショット
これを行うのに とても重要なのに忘れられている、
もしくは無視されていることがあります。



確かに ミスショットをしたり、当たり損ねたりすれば
ボールはヘッドとコンタクトしますから
ヘッドの通り道や姿勢などヘッドばかりに意識が行きますが、
クラブヘッドは勝手に動くわけではありません。



それは何かというと、
クラブ、そしてクラブヘッドは
グリップの動かし方次第
 だという事です。

例えば です
多くの人は テークバックの取り方を
体そのものの動きやヘッドの動きで考えがちですが、
本来考えてみることは
 グリップの移動のさせ方 なのです。
MVI_0670Trim(2)_Moment(2)

モノの道理でいけば
グリップを動かした方向に ヘッドの動きます。
ヘッドの移動源だからです。
にもかかわらず ヘッドとグリップが反対方向に
動く場合が多々発生します。

テークバックでヘッドターンさせれば
ヘッドは体の右側に、ボールから離れようとしますが、
その反作用でグリップは体の左側、ボールに近づこうとします。

ダウンスイングで ヘッドターンさせれば
ヘッドはボールに近づいていこうとしますが、
グリップはボールから離れていこうとします。

ディッシュアングル方向、ライ方向、トゥ~ヒール方向に
ヘッドを下げようとすると
グリップは上がろうとします。

ヘッドターンはヘッドは回転させますが、
必ず クラブも回転させます。
この動きは クラブそのものの移動を妨げる
後ろに留まる動きになるので
スピードは減退し、ショットのモーメントを下げます。

このように 意志を持って
『ヘッドを』、『ヘッド単独を』動かそうとした時
グリップが必ずその動かしたい方向と反対に動き、
結局、動きそのものを減退・相反・相殺させてしまい
必要以上の量や速度の動きが必要になります。
002

飛ばすには速度は必要かもしれませんが、
不必要な道のりや不安定なショットになりがちな
余計な動作や速度を取り入れなくてはなりません。


ゴルフクラブの使い方として
ヘッドとグリップが違う方向に行こうとする場合
基本、扱い方を誤っています。
e00bf7e6

ゴルフクラブは長い棒状の形状です。
先端部のみを意識して動かそうとすると
どうしても 支点 が必要になります。
棒そのものを動かす意識が必要なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング中、ゴルフクラブの実質的な長さ
というのがあります。
97b3a9ad

ゴルフクラブの物質的な長さは
ドライバーでヘッドのも含めると 約120
ウエッヂで90造任后

それがトップの位置に来ると
  長さが消える、ゼロになる訳です。
dW l (2)_Moment

ここの使い方がクラブの使い方の鍵になるでしょう。

長さは イコール重さ です。

打ち手が受ける クラブの重さは
👉ヘッドの重さ × 長さ × 移動速度の二乗
長さゼロ と 長さ100臓,任
かなり異なります。

しかも その重さは ボールへの方向でもなく、
ボールを打ちだす方向でもなく、
クラブの長さ方向に対するモノで
ボールを打つことにもボールを飛ばすにも
負荷・邪魔としてかかる訳です。

皮肉なことに ボールを飛ばすために
長く使うと速度が上がる意識が強いと思いますが、
それは同時に 速度を上げるのに妨げとなる負荷を
増やす行為でもあるのです。

感覚として掴みにくいかも知れませんが、
ゴルフクラブの長さ…というのは
ヘッドスピードを変えるためが主目的ではありません。
その長さによって アドレス姿勢を変え、
入射角度を変えることによって
使えるロフトを変えられることが主眼で
ヘッドスピードの変化は付加的な要素に近いです。
hiraki

長さを増やそうとしてスイングすると
自分には労力・負荷が増すので
実感として 飛ばせるように感じるだけに過ぎません。

ゴルフクラブの長さがゼロに近くなり、
クラブ全体の重さがグリップに掛かったところで
その重さも利用し グリップが体の回転に遅れないよう
先に先に グリップエンドを動かしていく
ということが、結果 運動の速度にもつながって行きます。
スナップショット 1 (2013-06-12 22-56)
この姿勢を見れば理解しやすいかも知れませんが、
利き手に当たる右腕は曲がっています。
そして、左グリップの上に乗っかっているのです。
右腕を伸ばせば そのまま 左グリップを運動方向へ押す
それに クラブの重さが助力として働くのです。

左上腕や左ひじの逃げもポイントになりますが、
この時期が右腕の使いどころです。
この時期を失えば
 体の回転にグリップの移動が取り残され、
右腕の使えば クラブや腕の長さ…
 体からクラブやグリップが離れる方向に動かすことになり
重さが増すだけ(より一層取り残されます)
になってしまいます。
スナップショット 3 (2013-06-02 23-15)スナップショット 4 (2013-06-02 23-16)

取り残されたクラブの重さは
右半身にかかりますから
右半身はどんどん下がり、
例え腕力で 腕を伸ばせたとしても
どんどん左足上がりの状況を生み出す だけです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オーバースイング。。。
大きく振りかぶったスイングが悪いとは思いません。
自分の思ったテンポで、繰り返せるのなら
何も言う事はありません。
ありませんが、気にしている方は多いみたいです。
x459
全部のケース…という訳ではないですが、
オーバースイングの始まりは
「軽く感じるヘッド」 も原因の一つだと思います。


軽く感じる…とは 実際にヘッドの軽いモノ、
シャフトが硬く、ヘッドが感じにくいモノ、そしてその複合

ゴルフを始めたころは自分のクラブでなく
他人から借りたゴルフクラブで練習することも多い訳で
特に女性やお子様は 成人男性用のクラブを使って
見よう見まねでボールを打とうとし始めますから
少なくない原因なのではないかと思います。

弊社の試打クラブで
同じ硬さのシャフトの入った ヘッド重量の大きく異なる
二種類のアイアンをお客様に打って頂くと
その二種類のクラブであからさまにスイングが変わります。

軽いヘッド⇒重いヘッドにクラブを移すと
数球で トップの位置がコンパクト になってきます。
これは誰が見ても分かるほど です。
逆に 重いヘッド⇒軽いヘッドになると
やはり数球でトップの位置が深くなってきます。
双方を同じように感じるよう
打ち手が調整するのだと思います。
480px-John_Daly_at_AmEx_Crop

同じヘッド重量で 硬いシャフト/柔らかいシャフト でも
同じことが起こります。

そこはクラブで解決しても良いでしょう。

オーバースイングが
なにか上手く行かない原因そのものではないですが、
体が開きやすくなるのは確かで
そう言う意味で改善したい方は
より重いヘッドのクラブ、より柔らかいシャフトのクラブに
移行すると劇的に変わると思います。



考え方の部分ですが、
オーバースイングをしている人は
「上げ過ぎ」 と思っています。
しかし、逆にそれがオーバースイングを助長している面が
あるのです。
ショットはどの道、テークバックで上げることになります。
上げざるを得ないでしょう。
   ・・・正しくは上げなくても良い道 なのですけどね・・・
1636261

上げ過ぎ意識で、上げを抑制すると
体を回転させる、体をひねる
という運動が加わり、速度が上がってきた後半
クラブを上げることになるので
ゴルフクラブに慣性が付きやすくなります。
そうなると 自分の動作以上にクラブが深くまで
行くことになります。
もしも 上げるのならば
 初期のクラブに慣性が付いていない状態で
上げてしまった方が 管理しやすくなりますよ。

廻ってから上げる という感覚を
上げてから廻る の方がよいでしょうね。

体を回し、回し終わる反動で
クラブを上げ下げするゴルファーがいますが、
この打ち方では ボールにスピンが掛かるだけで
無駄に速く動かないと距離が出ませんから
お薦めできマセン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングに悩みが発生したり、問題が起こったら
必ずここに戻ってください。

002まず ボールの位置ですが
ボールの前面が左の脚の踵付近
これが基本です。
これは持つ番手やクラブに関係なく
この位置を維持しましょう。
クラブの長さによって変わるのは
右靴、右足の位置であって
左靴とボールの関係は一定にします。


ドライバーなどティーアップしたものを打つ場合
そのティーアップ分を目安に
その量分だけさらに左に置く 感じです。


次にたぶん問題の原因…になっているのが
スタンスの向きです。
多くの人は右目が利き目です。
色々な要素が含まれますが、利き目が右の人は
放っておくと クローズスタンス になります。
構えが右向きになる という事です。
右向きのまま 左足踵にボールをセットすると
必要以上にボールは外(左)に出た形になるので
普通に振ると届かなくなるので スイングの順序や形態が
それに応じて変化してしまいます。
005

普段からそれを心がけておく必要があります。

スタンスの向きは つま先ではなく 踵ライン
両方の踵を結んだラインです。
それをクローズではなく ややオープンにして
慣れていく必要があります。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

飛球線に対し平行を時計の12時とすると
疲れてきたり、緊張したりしてくると1時位
時計の針1時間位右を向き易くなりますから
練習では 11時くらいを目安に左を向いておくことを
慣れておいた方が良いと思います。

多くの人は 両つま先で左足のつま先の方が開き目
であるので余計です。つま先で見た時にどの位オープン
左向きになるのが 正規のスクエアか把握しておく
必要があります。

とてもシンプルなことですが
スイング基盤になるものです。
体の向き、ボールの位置によってグリップも変わります。
オーソドックスですがクラブなどを置いて
十字を作って確認してみるのも良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


まず ゴルフクラブを上手に扱うには
ゴルフクラブの基本的な…
物理的な「約束」を振り返ってみる必要があります。

005


当たり前…ですが
ゴルフクラブは率先的に自分からは動きません。

例えばこのような状況で
クラブを離すと 同じ姿勢のまま落下します。
決して ヘッドの方が先に地面に着くことはありません。
ここで クラブが反転してしまうのは
物理的な働きではなく、打ち手の動作なのです。
 👉打ち手がグリップ部を掴んでいるという行為で
  クラブの機能・働きではありません✋

全てのゴルフクラブの動きは
打ち手の動きです。

そして 観念として間違っていることは
「重さ」とは 動きたがらない値 です。
質量の数値は そこに留まろうとするエネルギー値 です。

それをゴルフクラブに当てはめると
打ち手が動作をして
✋グリップを動かした分
 👉重さ分を差し引いて ヘッドは移動します。
ab743f55-s

重さがある分、ヘッドは動きたがらない のです。
想像してみて下さい。
ドライバーヘッドは 通常200g前後 です。
そのヘッドが 10舛世辰燭蕕匹Δ任靴腓Α
30舛世辰燭蕁.悒奪匹諒が沢山動く感じがしますか?
その重さは 200g程度ではありますが、
そこには特出して重さが付いている事には変わりません。

それは グリップとヘッドの関係だけではありません。
ゴルフクラブの ヒールとトゥの関係 も同じです。
ヒールは直接シャフトにつながっている部分ですが
トゥ部はそれに対しての重さ部分です。
IMG_0499

ゴルフクラブには 重心と言って
接続分のシャフトよりもズレたところに
重量が配分されています。
それには大きな意味があり、一塊と考えるよりも
その重さを利用した方がスイング動作は楽になります。


重さという概念から考えると
トゥ部…ヘッドの先端は
シャフトの移動量・運動量よりも
重さ分 少なく動こうとします。


ゴルフクラブの物理的な約束事は
 ヘッドはグリップよりも多く移動せず
 ヘッドのトゥ部はヒール部よりも動きません。




グリップとヘッドの関係もそうですが、
ヒールとトゥの関係も間違って把握しています。
その物理的な約束を無視して動かせば
当然、物理原則に基づいて考えられている
ゴルフクラブは機能しません。

ヘッドの方がグリップよりも速くたくさん動き
ヘッドのトゥ部分の方がヒールよりもたくさん動く
というのは 単なる打ち手の作為 であって
ゴルフクラブという物理的な特徴を無視している動きなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーであっても、アイアンであっても
ユーティリティであっても
シャフトの硬さを除いて
ゴルフクラブの機種ごとの特徴・違いは
そのヘッドの重量構造・重心位置構成
 にあります。
31954726

✋スピンのかかり易いヘッド
✋上がり易いヘッド
✋つかまり易いヘッド
✋ミスへの寛容性の高いヘッド
 などなど
それらはすべて 重量配分・重量構成によって生じます。

宣伝のうたい文句ではなく、物理的なものであって
魔法でも、手品でもありません。
勘違いしてはいけないのは
その重量配分や重量構成が勝手に何かをしてくれる
という 他力本願的なところではなく
その重心配分や重量構成が打ち手に何かを働きかけ
その結果として生み出されるものだ
 という事です。

ですので 打ち手が好き勝手に使って
そのクラブ、そのヘッドの特徴が助けてくれる
などという事は一切なく、
逆に それを活かす使い方をしないと
大体において その重量配分や構成は
望みと反対に作用するでしょう。


スイングにおいて
そのクラブ、特にヘッドの重量配分や構成を活かすのは
一度きりのチャンスと言えます。

それは ヘッドの方が高く、グリップの方が低い
トップオブザスイング辺り(時期) という事です。
MVI_0478_Moment(2)

そこ自体では 重量配分や構成は
単なる「重さ」ですが、
そこでスタンバイしておかないと、
以降に その効果は発揮されません。

それは 重力方向に対し、
概ね シャフトの真上に重心位置が来る
フェースが特に上も下も見ないような状況です。

👉実際には ヘッドには重心深度と言って
本当の重量の中心点はフェース面よりも奥側にあるため
ややシャットが出来るような状況ですが、
厳密にする必要はなく、重心位置の方が
シャフト(ネック)よりも高い位置にある
トゥの立った状況です。  
 糖が立つ........…( ;∀;)
IMG_0712

トップオブザスイングは
クラブやヘッドの重さで
グリップを動かす・移動させる準備の箇所です。
006
グリップを動かしにくいヘッドの重量位置では
スイングがし辛く、力みの原因…必然の力みが
起こってしまいます。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)ここでこのように場合だと
重心位置の方がシャフトよりも低くなり
これから下げたい筈のグリップに
上がる負荷がかかってしまいますし
ヘッドやクラブの重量負荷そのものも
増えてしまいます。
このトップでは、もしくはこの位置に来るような
テークバックでは力みは必然
ダウンスイングで右サイドが突っ込み
体が開くのも当然の帰結なのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアンで説明しましょう。

現在 市販されているアイアンのシャフト(軽量スチール)
平均的な硬さは 5番アイアン(38インチ相当)で
 SR表記 290cpm です。
(一分間に290回振動するという意味)

Sシャフト SRシャフト Rシャフト
の際は 10cpm程度です。

この 290cpm という硬さに
   240g程度 のヘッドが装着されています。

IMG_0459


弊社の悶絶…と呼ばれるアイアンのシャフト(グラファイト)の
硬さは何種類かありますが(5番アイアン)
 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm



市販のモノから比べると 100cpm ですから
XXXSXSRAR
トリプルXシャフトとレディースシャフト程度の違いです。

IMG_0504


このシャフトに 弊社オリジナルのニューモデルヘッド
軟鉄鍛造 HBS-16 が装着されています。
ヘッド重量は 320g(5番アイアン) です。

ウエッヂでのヘッド重量は
市販品   290g
HBS-16  380g です。

トリプルXのシャフトの80g軽いヘッドが付いていて
レディース相当のシャフトに80g重いヘッドが付いている
そんな感じです。
なんだか 反対の方が良いような気もしますよね…



 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm


シャフトの硬さで言うと
❶の振動数 180cpm程度のモノであれば
ヘッドを振る スイングの弧を回転ではなく、
手さばきで作るスイングでもすぐに慣れて打てるようになります。
ヘッド重量の恩恵は大きく、
今までよりもずっと軽く振って同じ距離を打てます。

柔らかいシャフト/重いヘッドの一番の特徴は
とても体に優しいこと です。

弊社を訪れる多くのお客様は
市販品を長く使ってきて、どこかしら体の痛み
体の故障を持っていて、悩んでおられます。
柔らかいシャフト/重いヘッドのクラブは
その悩みを ほぼ100%解消します。


IMG_0624


重いヘッドの特徴は やはり慣性モーメントが高いので
ミスヒットやラフ・バンカーなどに強いことです。
特にウエッヂではそれが顕著です。
バンカーショットで言うと
柔らかいシャフト/重いヘッドのウエッヂでは
バンカーは簡単です。
逆に市販品では悩むのは当然かと…。

 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm

振動数❷160cpm位 からは
クラブの扱い方を考えるスペックです。
運動性能が高く、練習も豊富な方は今まで通りで大丈夫ですが、
目の前の結果よりも クラブの扱い方を変えていく
シャフトの使い方やヘッドの重さの使い方を変えていく
スイングを変えていく という趣向がより強くなります。

IMG_0625


振動数❸140cpm このクラスになってくると
従来通りの ヘッドを振る扱い方では
上がるだけ・スライス・飛ばない・ダフり を
連発することでしょう。
体の回転通りに軌道を造ることを強要します。
ステップアップして慣れた方は別ですが、
ファーストトライであれば
 スイング改造を主眼に置いたスペック です。
正しく扱うと成果もはっきり出ますが、ダメ出しも厳しいです。
ヘッドの重さもありますし、体で打ちますから
従来感じていた インパクト感・打感 はありません。

曖昧な表現ですが、従来の 6〜7割の力加減
振り加減で従来通りの距離を打てるようになれます。

言いにくいことではありますが、
同じ熱意を練習やレッ〇ンにかけるよりも
遥かにはっきりとした効果があります。



      ご検討下さいませ 店主

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まずはコチラをご覧ください。


マークオメーラですね。
個人的には好きなスイングをする選手のひとりです

スローで見た方が、ある意味騙されやすいと思うのですが
彼のスイングは今は絶滅危惧種の属する
体の回転、和製英語では「ボディターン」で
ショットする選手です。



スナップショット 3 (2013-03-29 23-00)スナップショット 4 (2013-03-29 23-01)






この写真を見る通りに、
体の向きが変わるから、クラブの向き、シャフトの向きが
変わっていて、世間でよく言われる
手を返している」訳ではありません。

ゆっくりした動きに比べると
クラブの作り出す重さや遠心力などの「不可抗力」が
増してしまうことによって、それを補う
腕や手回りのアクションがあるに過ぎず
原形はこの写真と同じことをしているに過ぎません。

スナップショット 1 (2013-03-29 22-59)スナップショット 2 (2013-03-29 23-00)






体では無く、腕の返し、かいな とも言いますね
その動作によって、クラブの向きを変えているのでは
ありません。

それを踏まえたうえで
コチラもご覧ください。 今度はジャンボです。

解説を聞くと 「よく腕が返っています」
との言葉がありますが、
決して 「よく腕で返しています」と言っているのでは
ありません。
言葉足らずの部分もあるのかも知れませんが、
体の回転、向きの変更に対して
腕やクラブをずらさず、遅れさせず
体の回転に応じて」腕が返っています、
と言っているのかも知れませんし、
動作と言う意味で「返っている」のではなく
単に 位置関係と言うか、相関関係として
ボールに対し「腕が返っています」
体の回転によって 腕の向きが変わっています
と言う意味かも知れません。

しかし、見る側の人は
これを参考にしよう! とした時に
腕が返っている 返すんだ
腕をひねるんだ と言う固定観念があると
腕周りの部分しか注視せず
全体像で、体の向きが変わるから
クラブの指す向きも変わる ということを
見落としてしまいます。


はす斜め上からのスロー映像を
全体像をちゃんと掴みながら見ると
腕は殆ど動作をせず、その腕、クラブを持った腕を
脚の動きでの体の回転で動かしています。

インパクト、その直後
そこら辺の映像は アドレス時の上半身と
殆ど違いが無いのが分かりますでしょうか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


素振りもし、練習場にも通い
いざ、コースに行くとなかなか上手くいかない
まぁ、だからこそゴルフが楽しいんだけれど
コースでのミスショットの原因を
7割近く削ることの出来る2点を覚えてほしい。

何度も繰り返していることではあるけど
「基本」とも呼べることなので
それがスタンダードになるまで
繰り返し意識すると、かなり効果あります。

.▲疋譽垢慮き
疲れてきたりすると注意力も散漫になったり
右利きのゴルファーの7割は右が利き目だそうで
多くの人が右を向いて構える。
002

この体の向きは
ボールの位置の直結するので
体の向きのズレはミスの直結しやすい。
001

普段から意識しておく必要はあるけれど
アドレス時の体の向きは
両足のかかとのラインが基準。
つまさきではない。
疲れてくるとつま先の開き具合や閉じ具合も
曖昧になってきがちなので
そこらへんも踏まえ、注意して貰いたい。

まあ これも定番ではあるけれど
例えば130ヤード位のショットで
グリーンの真ん中を狙っている場合は
体の向きはグリーンの左、
場合によってはグリーンの左外もあり得る。
フェースの目標ラインと体の目標ラインは
永遠に交わることのない平行関係が理想だから
その習慣もしっかり見つけ置きたい。

また疲れてきて危うくなって来たら
胸にクラブを付けて確認してみるのも手だろう。

立ち方によっては ボールの位置は一個以上
ずれてしまい、多いミスの右向きになってしまうと
ボールは必要以上に左にズレて届かない…チョロ
なんてことにもなりかねない。
d11be403

これでミスショットの要因の半分は削れる。


テークアウェイは右ひじで‼
スイング改造に挑んでいる方や
従来のスイングが抜けきれない場合、
そしてほぼ9割のゴルファーは左腕、左肩だけで
テークアウェイを取ってしまう。
左腕でテークアウェイを取ると
背中はかなり早い段階で『張り』を感じてしまう。

テークアウェイを右ひじで‼  のココロは
トップの浅さ である。


残り半分のミスショットの原因はその浅さにあるので
そこに注意して貰いたい。

左腕一本で取るスイングに
メリットは何一つない、デメリットのバーゲンセール
特に状況が変わり、疲労も伴なうコースでは特にそう。

右ひじ・右腕で始めるテークアウェイの習慣
コースでの意識を持つと
それは トップの深さ につながるので
それ以降に時間を稼げるから余裕も生まれる。
疲れてくると兎角浅く、速くなりがちなので
そこは意識しておく方が良い⦿
IMG_0378

右ひじはアドレス時 自分の背後に
ボールから離れる方向に肘鉄するような
そして普段から右ひじの動きというのを
肘の曲げ伸ばしではなく
上腕の上げ下げ のような感じで掴んでいくと
その肘さばきが≒体の周りになっていくので
意識し辛い体の周り〜向きの変更を
利き腕で作れるようになるから良いと思う。

トライしてみて欲しい♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そうですね、
ゴルフスイングのおおかたは
テークバック時、特に初期の
テークアウェイ時の
重心位置の取り扱い
で概ね決まってしまいます。

クラブヘッドはゴルフクラブ全体の6割以上の重さが
偏重して備わっています。
腕の長さを割愛しても、ドライバーで約1m(110僉砲
遠いところにその重さが集中しているのです。
弊社の平均的なドライバーの重さで考えても

 240g × 110
 
ということになります。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフスイングには進行していく
移動していく方向というのがありますね。
テークバック時は 飛球線と反対の右方向への移動です。
ダウン〜フォローにかけては 飛球線方向、左方向への移動です。

ゴルフクラブの非常に便利なところは
そのヘッドの重さ
そして、それが重心位置と言って移動させる棒(シャフト)の
延長線上にないところです。

これを上手に使えば
スイングの進行方向への促進剤
運動速度の加速というか 
運動そのものに対する プラスアルファの材料に
なりえます。

ところが この使い方を知らない
もしくは誤解していると
その重さは 運動速度のブレーキになるばかりでなく
運動そのものの邪魔になってしまいます。

昨今のゴルフクラブのヘッドがどんどん軽くなり
シャフトがどんどん固くなっている というのは
誤ったクラブ扱いの概念が
アマチュアであるユーザーだけでなく
プロフェッショナルである作り手の方に
深く浸透してしまっている証とも言えます。
003
まず テークアウェイ時に
スイングの全容を決めるため
説明しにくいですが、
クラブヘッドの重さを 単なる棒(シャフト)の先端にある
ひとくくりの重さ と考えず、
シャフトの延長線上になり 重心点(重心位置)という
概念をしっかり持つことです。
006

テークアウェイをスローにしなさい
ということではありませんが、
重心点と移動させている棒(シャフト)の
相関関係を感じてもらいたいのです。
シャフトに対して、重さがどのように
そしてどの方向にかかっているのか
感じようとすれば、自ずと
ピュッ
勢いでテークバックを取ることはできなくなって
しまうと思います。
006

ご自分で実際にやってみるとわかります。
シャフトに対して極端に重心点を右にもってくるのと
左に持ってくるのでは腕や体にかかる重さ具合、
008

そしてその方向というがかなり違うはずです。

テークアウェイとは
これからボールを遠くに、狙った方向に飛ばすための
準備というか、下ごしらえの部分 箇所です。
ですから その先端にあるヘッドの重さ
そしてシャフトとずれたところにある重心点というものを
どう使うかによって はっきりと白黒別れてしまいます。

その重さを促進剤にするか
それとも負荷、邪魔なものにするか
はテークアウェイ時の初期でほとんど決まってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の回転…の続き のような記事ですが、
『振り遅れ』してしまうゴルファーの最大の問題は…、

振り遅れ てしまうことではなく
振り遅れを自主的にしていることに気づいていない ことです。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)


✋体重移動をしてから…
✋腰を切ってから…
✋体を回してから…

    ……ボールを打つ


✋体重移動をしてから…
✋腰を切ってから…
✋体を回してから…

 これらがすべて打撃・打つ行為そのものだと
 いう事に気づいていません。

骨盤やベルトのバックルがボールを向いている、
のにもかかわらず 胸や肩がまだ右を向いている。
それを「溜め」と感じているのかも知れませんが、
背骨にはそれを率先的にする機能が備わっていません。
ですので それをサポートする主な筋肉もありません。
ある意味、鍛える場所がないのです。
ですので 腕を速く振る しかなくなります。

✋体重移動をしてから…
✋腰を切ってから…
✋体を回してから…

これらは すべて
右向き➡正面 という 1/4円の動き です。
スイング軌道には斜め(上下左右)も伴ないます。
体の動きで 横の1/4円
そして 同じく体の動きで 高いモノを低く出来る
唯一の時期・・・・・・・・・・
それを逃してしまっている のですから
その分を腕さばきでそれを補わなくてはならず、
足回りなどの大きな筋肉ではなく
肩周りの腕の筋肉という小さな筋肉でやることになります。
故に身体能力や年齢などが大きく左右する訳です。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

足・腰などの下回り、だけ左にズレますが、
胸から上の重いモノは右に置き去りですから
当然、体重は右に残り すぐに上を向くことになります。


困ったものですが、
背骨を捻り、背中をひねり、
遠心力を感じながら 腕でゴルフクラブを振る
という実感が伴うので
一度覚えるとその実感から逃れられません。
ゴルフクラブの構造を無視した使い方ですが
この打ち方でも そこそこ打てる瞬間は生まれます。
継続するのはとても難しいですが、
それは反復練習で練度を上げる訳で
それが 自分のタイミング…自分の当たり前になっていきます。
無理して腕で振る その行為が自分の打撃になってくるのです。

腰から下だけをまわし
へそから上の胸や肩をあとから回す
という二重の回転、2動作の回転

自分の「体の回転の当たり前」になっています。
自分の自主的・意図的に「振り遅れ」を作っているのです。
ですので
肩とは言いませんが クラブの重さで先に
上腕・肘を先に送り、あとから体が追いかける 位の
感覚でないと修正されません。


私から見ると 月曜日の朝9時集合に
金曜日の夕方6時にやってくる程、振り遅れています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全員に近い、殆どの人が
スイングにおいて、体の回転において
ダウンスイング以降、左に体重を移せない。
左に体重を移すのを拒む人も少なくない。

右に乗ったまま スイングをしている。
hiraki


色々とやることや意識することの多い
実際のショットやスイングでは
ダウンスイングの体の回転、体重移動は
なかなか難しい・・・・ので
シャドースイングなり
足さばき、股関節さばきで
左股関節をトレーニングしましょう!


スナップショット 3 (2012-03-02 19-53)スナップショット 2 (2012-03-02 19-53)











まずは しっかりした右向き
胴体を捻らない右向きを作る。

次に 右向きを維持した状態で
頭も含めた胴体を左足に預ける。
オーバーに言えば 背中側に倒れ込むような
そんな預け方をしてもいい。
スナップショット 6 (2012-03-02 19-54)スナップショット 8 (2012-03-02 19-55)












かなりの重さが左足、軸足になる左足にかかる。

ので その左足はムリにがっちりさせず
重さに応じて 重さの方(飛球線方向)へ逃がしてあげていい。
スナップショット 9 (2012-03-02 19-56)

このドリルは
体重移動というよりも
前傾姿勢を 右脚から左脚に移すドリルに近い。

トップの位置、右を向いている時に
手を右の股関節あたり
右のズボンのポケットあたりに当てておいてみるとわかるが
意識として回転していなくても
右向きを維持している意識であっても
左へ体重移動をすると
右の股関節の向き差が解かれるのが感じられるだろう。

これがダウンスイング右向きの解放〜正面向き で
自分から積極的にクルンと回る必要は一切ない。

逆に回る意識を持たず 重さを左に移してあげれば良いだけで
実際のスイングの際は それをクラブの重さ、腕の重さに
誘導させればよいだけ。

左股関節・左の膝の逃げ道を確認できれば
動作として強く意識する必要はなく
重さがその逃げ道に沿って 逃げていくことが
回転になっていく。
スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)

実際のショットでは
この左に移る・逃げる行為
それそのものが打撃、インパクトです。
左に移ってから打つ という行為は
結局、腕でボールを打つことになります。

ダウンスイング時での回転 というのは
あまり易しい動作ではないので
クラブを持たない、ボールを打たないトレーニングで
その逃げ道を作っておくドリルで覚えた方が楽でしょう。

ゴルフだけに限りませんが、
股関節の可動域は出来るだけ広い方が
色々と故障やケガなどを防ぎます。
お相撲さんの四股を踏むような動作も有効で
スタンスを開き 両肘が両ひざにつくような姿勢を取り
体を左右に揺さぶってみるのもいいかもです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



手前みそではありますが、
弊社の
『進化版L型ブリストルパター』
使ってみたことのない人には
全く理解が出来ないし、実感も出来ないことですが
パッティングストロークというのは
つかってきた、もしくは使っているパターによって
決定付けられてしまうものです。

一般的な市販の
 軽いヘッドの硬いシャフトのパターでは
パッティングをするのに『強く弾いて打つ』必要があります。

単純に「飛ばないから」です。
     …宙を飛ぶではなく、距離が出ない の意味

パターそのものにボールを遠くに飛ばす
遠くに移動させるチカラ がないので
打ち手の強く打つ、もしくは速く振る
というのが 必須条件になってしまい、
それしか 知らない のですから
それが一般的なパターストロークとなっていきます。
スナップショット 1 (2016-01-17 16-25)

ですので 「パッティングの転がり」 の言う言葉
を ボールの回転・回転数 に結びつけてしまう
とても滑稽な道に進んでしまうのです。

言葉遊びになりますが、
パッティングにおいて
ボールの転がり とは ボールの移動 を示し
球体が面を移動するので、
結果としてボールが回転するだけで
ボールの回転は 状態や環境であって
目的ではありません。

その距離を打つのに 適切なボールの速度があり
そのボールの速度に対し 適切なボールの回転 
が存在するに過ぎず、
ボールの速度に対しての 「適切な」回転を無視し
ボールをより回転させることをパッティングと思い込んでしまうと
本末転倒も甚だしいと思います。


パッティングだけでなく、ショットもそうですが
ストロークやショットの基本は
ボールを横(水平)移動させること です。
横移動させることによってゲームを進めていくのです。

ですので 横移動させることを主眼に置くか
ボールを回転させることに主眼を置くか
では 打ち方やイメージも大きく異なってきます。
009

ロフトとは
 そのヘッドの移動してきた道のりの対しての
 フェース面の角度差 と
 その軌道そのものの角度 の
合成されたものです。


例えば ロフト角度0度、垂直のロフトであれば
正しく振れば 浮力
(縦)スピン量はゼロに近いでしょう。
しかし、それを振り子に振ると
正しく振るよりも 必ず円弧は小さくなり
入射角度が激しく変わるので
 より色々な種類の浮力スピン量が生まてしまいます。
 スピン量の幅が広くなってしまうのです。

これでは ボールの移動距離が安定しません。
ですので 距離感も身に付きにくくなります。

ミスショットは兎も角、どのロフト作用で打つか確定しない方法は
ショットの本来の目的 横移動距離が把握し難いので
ゴルフの向上、コースの攻略にはとてもマイナスです。
010

ですので パターを上手くなって行くのは
ボールを弾いてあげ ボールの回転を増やしてあげる
ことではなく
打ちたい方向に ボールを押してあげること
そして それが可能な道具を使うこと
というのが一番簡単な上達方法
一番簡単なストロークの習得方法 だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


実際のスイングやショットをする前に
「体の回転」
 特にトップオブザスイングフォローについて
マメ知識として知っておいて欲しいことがあります。


体の回転にはゴルフクラブだけでなく
腕や体の重さも回転・向きを変えることによって
重さを増し、好き嫌い、意図的・無意識にかかわらず
遠心力の影響を受けます。

IMG_0607

ゴルフのショットは止まったボール
動かない定点をクラブヘッドによって
当てる・打つ・打ち抜く・通過せねばならず
運動中にかかる負荷に
その定点を正確に、繰り返し打つのには
あまり有りがたいものではありません。

遠心力は ダウンスイング中、ボールへの方向
そして ボールを打ちたい方向とは立体的に90度以上異なり
方向だけでなく、その重さも常時移り変わる
大変厄介なものですが、
人間の反応力・演算力はとても優れたもので
その不可抗力に対し 常時計算して定点のボールを打とうとします。

よって 体の回転をした時
背骨を軸にしていようが、いまいが
回転の外へと膨らむチカラに対し
必ず 逆の補正をかける動きを入れがち です。
da454685

ですので 体への負担をできるだけ少なくするため
背骨を軸として回転するのには
常時 遠心力も頭に入れておかなくてはなりません。
✋もちろん 積極的に遠心力を増やそうとする動きは
 ゴルフスイングには良い動きではなく、お薦めしませんが。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

人間の体は 背骨を軸とした時
頭も含め、体の重たい部分は 胸〜腹側
前側にあります。
ですので 体の向きを右向きにすれば
 その重さは右足に多くかかり
左に向きにすれば左足に多くかかります。

最終的には 体の回転と体重移動は同意語とは言えないまでも
とても似た、同一に近い動作になります。

回転無しで正面を向いたまま
 体重移動をすると、直立の状態から
頭も含めた胴体を 右の骨盤に載せれば 右体重
左に移せば 左体重になります。
スナップショット 3 (2012-03-02 19-53)スナップショット 5 (2012-03-02 19-54)







その際、右体重では右腕は右足よりも外(右)に位置し
左体重の時は左腕は左足よりも外(左)に位置します。

両方の腕が脚よりも中、体の中に位置している場合
体重は移り切っておらず、必ず体は傾いて
左体重願望状態では 右に体は倒れ(傾き)、
右体重願望状態では 左に体は倒れます。
腰の部分だけが その願望する体重の方向の足にずれる状態です。
多くの人が ちゃんと用語を知らずに使っていますが
これを スウェイ と言います。

腰だけが 移動させたい足の方にズレて
気分だけ体重移動した状態の事です。


この動きは 前傾姿勢が必ず消え
その分 体が横に傾く姿勢です。
最近のプロにはとても多いですね。


この回転方法、この打撃方法では
ショットのも複雑になるだけでなく
潰れた腰に常時体重がかかる時間が長く、
筋力や運動性能、若さで補う部分が多く
長く楽しみたい方やおじさんにはかなり苦痛が伴います。

ゴルフで腰痛、もしくは首を痛めている人の
とても多いパターンです。
4f49c81d

体は回転させる しかし 体重は移さない
という最近ある幾つかのスイング理論がそうですね。

まして 実際のショットになれば
体や腕、クラブなどの重さ・遠心力を補正する動きが
入るので、意識として大袈裟に体重移動しようとしても
実際には半分程度の動作に修まります。

最終的に 背骨を軸にして
その場でくるりと回る と実現するには
かなり大きく 頭も含め胴体を動かしておく意識が必要です。
始めから その場でくるりと回る意識で
実際のショットを行うと 補正動作分
必ず体には 必要ですが、不必要な横の傾きが生まれてしまいます。

ここが体の回転のトリックとも言えますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



体の回転の一番重要なポイントは
スイングの動作基盤は 斜めに傾いている
という事です。
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

水平でも、垂直でもありません。

そして、その傾きは ❶アドレス時の前傾姿勢
によってもたらされます。

スイングにおける前傾姿勢とは
❷胴体(骨盤より上)と足の角度差
部位で言うと ❷´骨盤と軸足大腿骨の角度差 です。
股関節の角度 とも言えます。
MVI_0478_Moment(2)

スイング中にこの前傾姿勢が保持されることによって
スイングにおいて ゴルフクラブの重さ
ゴルフクラブの構造・機能が有効に使えるように
なっています。

この前傾姿勢を失ってしまうと
本来、しなくて済むことを 動作として
技巧として打ち手がしなくてはならなくなり
スイングはより複雑になり難易度があがり
苦労するばかりか、体を痛める動きになり易くなります。

何度も書いていますが、
スイングに前傾姿勢が保持されていると
トップの位置からインパクトにかけて
進行方向である左サイドが低くなり
重さを利用しやすくなるばかりか
ボールを上から、インサイドから打てるようになるので
飛距離と安定を保つ規則性を保ち易くなります。

逆に言えば 前傾姿勢が保持されていないと
インサイドから打つ、
 には開いたフェースを閉じるがついて回り
上から打つ、
 には ヘッドを下げても
 体を上に向けない無理やりが必要が生まれます。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

それらは 前傾姿勢を維持していれば
それだけで 排除できる のです。

それを大前提に考えると
準備としてのテークバック時に
骨盤ソノモノが右を向けないと
その時点で前傾姿勢を失うことになります。

上半身を捩じり、骨盤を正面に向けたまま
肩だけを捻ると 前傾姿勢による左右の位置関係が作れず
ダウンスイングに入った途端
左サイドは上がり、左サイドは開く ので
(特に骨盤周り)
それを無理やり 筋力体力で押さえつけるか
その不規則な状態の中でも
強く、安定したインパクトを造る超人的な訓練が必要になります。

インパクトを ボールと正対する状態で
絶対に迎えられないため
ゴルフクラブの持っている距離性能や方向性能は
オリジナル状態で発揮されないため
各人独自のモノになります。

☆テークバック時の最も重要なことは
 骨盤をしっかり右に向けることです。

千人

それによって ダウンスイング時の
上から打てる時間の確保
インサイドから打てる時間の確保
が出来ますから、
出来るだけ たくさん右を向けることです。

肩だけ回しても その時間は増えないばかりか
インパクト時に正面を向けにくくなります。
(より高速な復元が必要になります)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くの人は
✊体の回転で打つ
✊ボディターンで打つ

というと 腰というか、足さばきによる体の回転リードで
腕やクラブを引っ張る
というイメージを抱くでしょう。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

しかし、これが結局 あとから腕で振る
事を導き出すことになります。
体でクラブを引っ張ると
イメージでは ヘッドも含めた丸ごとっ引っ張る…ですが
結果としては グリップだけが回転についてきて
ヘッドの重量(運動で増えた分も含め)の分
遅れたり・留まったり するので ヘッドの遅れの分
シャフトを振らなくてはいけなくなります。
もう体の回転では出来ないので 腕で振るしかなくなるわけです。




骨盤...股関節の中でも
へそから上にはかなりの重量があります。
ダウン時、腰を回しても その重量物は留まろう としますから
腰が正面を向いても 上はまだ右を向いたままです。
体でクラブを引きずる・引っ張ろうとすると
重さの分 ヘッドが留まろう とするのと同じで
体も重さの分、上半身の上側は留まろうとするのです。

73f7bdaf-s




言葉では 体の回転そのもので打つ とは言いますが、
まずは へそから上とへそから下を同期
させるところから始める必要があります。


人間は自分の体の姿勢を安全に保つための
防衛本能があります。
背骨を軸として 体を綺麗に負担なく回すには
体重移動が必須になります。
体重移動が回転そのもの とは言い切れませんが
少なくとも 背骨軸の回転 となると
体重移動と体の回転は 同意語に近い存在です。

しかし 動作の感覚として背骨は意識し辛いですから
その回転を覚えるには まずは体重移動でしょう。

0e363453-s


そのためには両方の上腕・肘使いが大切になります

低速動作ですし 打つことそのものから離れていますから
テークバックの右向き・右への体重移動は
決して難しくない筈です。
✊しっかり 骨盤を右に向ける、
✊飛球線後方の人に左ポケットまで見せる、
✊右のお尻ポケットを後ろに下げる、

という動作です。

後々の為に 左ひざは出来るだけ右ひざに近づけておく
ボールの方に左ひざを出すのではなく
骨盤を回すために 右ひざに寄せておくような感じです。

クラブを持たない動作 では
アドレスから 右上腕・右ひじを
飛球線後方に膨らませず
その場で 後ろ(背中側)に引くような
肘鉄するような動作が必要です。

左腕を伸ばすような 左肩を入れるような動作
をしてしまうと 背中が引っ張られてしまい
かなり早い段階で 肉体限界が来てしまい
体が十分に右向きすることが出来ません。注意です。
千人

右の上腕・右の肘を
飛球線後方に膨らませず、アドレス時の後方(背中側)に
動かすことによって 左半身を引きづる 付いてこさせる
ような感じになり、左上半身の積極的な動きは厳禁です。

アドレス時に比べ 両方の肘の間隔・距離を取るように
しておくと良いかも知れません。

背中やみぞおちにひねり・張りが感じられるような
動作ではイケマセン。
右向きでキツクなるので
お尻も含めた右股関節周りだけです。
背中が張るのはひねっている証です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフの魅力の一つに『飛距離』があります。

多くのゴルファーは
飛距離➡ヘッドスピードと直結してると思っていますが
それは間違いです。


色々な条件がイコールであるのなら
それはヘッドスピード次第となりますが
多くの人はヘッドスピード自体を出すためのヘッドスピード
飛距離を出すためのヘッドスピードになっていません。

そして重要なことは
本当の意味での飛距離を目指したクラブの使い方は
同時、安定性、方向性も両立しやすい
ということなのです。
裏を返せば ヘッドスピードだけの向上を目指すだけの
スイングは 飛距離も得られず、安定性も得られない
ということです。


413445







この二つのクラブの使い方を見て下さい
少々オーバーではありますが
左側は多くの人がイメージしている
支点のあるクラブ使い
右はヘッドとグリップの移動の量が等しい(似ている)
クラブの使い方です。

同じような始発点からスタートしても
ヘッドを回す方のクラブの扱い方は
グリップに比べて 極端に  …1/4円×長さ×3.14
ヘッドの方が多く動いています。
これを作り出すのには
ヘッドの進行方向と反対に
グリップを動かす作用があるので
ヘッドを移動させている量(労力)なりに
ヘッドの移動速度は稼げません。

✴ショットをする時に忘れてはいけないのは当たり前ですが
ボールを打つことです
ボールを打つ 飛ばす 移動させる というのは
質量との対決です。
より遠くへ飛ばすには より重い力が掛かりますし
早くヘッドを動かせば、
インパクト時の衝突質量は高くなります。
グリップを止めてヘッドだけを動かす方法だと
クラブヘッドだけが進行方向に進んでいて
クラブ全体は進行方向に進んでいません。

故に クラブや腕などの慣性力が低く
インパクト時に受ける重さの『逃げ』が出来てしまいます。
右のクラブの扱いだと
クラブ全体が進行方向に進んでおり
それは同時に腕という質量も伴ないますから
インパクト時の質量に対し慣性力が強いので
質量負けし難くなります。
002

想像できると思いますが
ヘッドだけが大きく動く振り方だと
ロフトや向き、ヘッドの立体的な位置などが
ほんの少しの移動で大きく変わるので
それぞれが理想的なインパクトに収まるのは
非常にレアな確率になります。

クラブそのものの違いも乗っかってきます。
ヘッドを振るスイングをする人は
その行為がしやすいクラブ≒軽いヘッドを好みますから
それもインパクト時の慣性力の低下につながります。

クラブを下に振れば
その遠心力分、上に体を引いていないと
ボールよりもはるか手前をダフルことになりますから
ヘッド以外はいつも違う方向、
反対の方向に動いていることが少なくありません。
001

一方 クラブごとインパクトに入ってくる場合は
野球などでも言われる言葉ですが
体も含めて 動作がほぼ同じ方向に移動しているので
インパクトに体重が乗せやすくなります。

ヘッドを振るスイングは
冒頭で書いた通り
重さをどかす という事を忘れてしまい
ただ単にヘッドスピードを上げるためだけの
無意味な罠にはまってしまっているのです。



そして このイメージで忘れられてしまうことは
ゴルフショットでは 角度が重要 です。
支点運動をイメージで振る方法では
あまりに 角度の変化が激しすぎます。
上下の角度であれば 隣の番手とは 4度程度の違い
しかありません。
左右の角度にしても 150ヤードのショートホールで
許される左右の角度は 左右10度程度です。
どちらも(上下左右) 5度もぶれる可能性の高い
ショット方法は 偶然待ち のようになってしまいます。

飛ばしたい という気持ちはとても大切ですが、
✊繰り返せること
✊同じ方向・同じ距離が打ち易いこと
✊そして体の自然な動きで飛ばせること

というのを両立させる必要がある ということを
念頭に置くべきです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ